最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ウォリアーズクロス」の148件の投稿

2018年5月24日 (木)

マイペースの逃げに持ち込んだのが大正解。完璧だった前走以上の走りを見せて3勝目を挙げる。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京8R 4歳上500万下(ダ1400m)優勝(1番人気) H.ボウマンJ

シャドーロール着用。好ダッシュを見せて先手を取り切り、道中は1馬身ほどのリードを保ってレースを先導、そのままの隊列で直線に入り仕掛けられると、1度も先頭を譲ることなくゴールまで駆け抜け、見事に3勝目を挙げています。

H.ボウマン騎手「前回乗せてもらってこの馬の事を掴んでいましたし、今日も落ち着きがあっていい雰囲気でした。ゲートが速かったですし、絡んでくる馬もいませんでしたから、マイペースで進められました。道中のプレッシャーがなかった分、直線に向いてからも余力がありましたし、追ってからもしっかりと伸びてくれました」

国枝調教師「ポンとゲートを出てくれましたし、かなりスローペースで進められましたからね。この流れで勝てなければ仕方がないと思っていましたが、直線でもしっかり伸びてくれました。この中間は何とか左トモの状態をキープ出来ていましたが、レース後どれだけダメージがあるか分かりませんし、間隔を詰めて頑張ってくれましたから、馬体をしっかりチェックしてから放牧に出したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好馬体。スーッとハナへ行き、マイペースの単騎逃げに持ち込む。ペース自体は楽だが、好位組を突き放した内容は強く、メリハリの利いた走りで完勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

国枝師「先週はありがとうございました。放牧を挟まず続けて使ってきたということもあると思いますが、レース後は全体的に疲れが見られますね。特に元々あまり良くは見せない左トモの歩様に、より疲れが感じられます。頑張って結果を残してくれましたし、さすがにこの状態で続けて使っていくのは可哀そうですから、いったん放牧に出してリフレッシュさせたいと考えています」(5/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後に詰めの甘さを覗かせるも、馬群の内で脚を溜め、直線最内から抜け出すシーンを演出した前走のウォリアーズクロス。完璧なレース運びでしたが、上位馬が強く、距離も微妙に長かった印象です。

その前走と相手関係こそ違うも、同枠番+同鞍上で臨んだ今回。検査の為、H.ボウマンJが5・6Rと乗り替わりになった時は少しヒヤヒヤしましたが、ウォリアーズクロスのレースから騎乗再開。正直ホッとしました。

レースは前走と同じく好発。今回は主張する馬がいなかったので無理に控えることなくハナへ。終わってみれば、この判断が全てでした。

道中、競りかけられることなく淡々とした逃げ。上手に脚を温存しながら府中の長い直線を先頭で向きました。そして残り400mからじわじわ仕掛けていって、残り200mあたりで勝負ありという脚色。H.ボウマンJは連続騎乗で前走の敗因を分析し、完璧だった前走を更に上回る完璧さ。さすがの騎乗技術です。

また、当日の東京のダートは風で砂埃が舞い上がるパサパサの馬場。時計が掛かってくれたのも、ウォリアーズクロスにはプラスに働いたことでしょう。懸念した中2週のローテも辛抱してくれました。

レース後のウォリアーズクロスですが、一生懸命走った+放牧を挟まず使ったことで全体的に疲れが見られ、左トモの歩様もクタッとしている様子。無理をできる状態ではないですし、クラスが上がることを踏まえても、放牧に出して状態を立て直すのが賢明。近日中にNF天栄へ移動することになっています。

今回、正直相手関係に恵まれましたし、展開・馬場等でも色んな恩恵を受けたウォリアーズクロス。それを生かしてキッチリ勝てたことは褒めてあげたいです。ただ、1000万下で通用するには経験を積む必要もありますし、地力をもっとつけないと。それには体質の強化が必須となってくることは言うまでもありません。

2018年5月19日 (土)

完璧な立ち回りを見せた前走と同騎手&同枠番。レースはしやすいと思うも、久々の在厩調整で前走から中2週。詰めて使ったことが吉と出るか凶と出るか。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京8R 4歳上500万下(ダ1400m)3枠6番 H.ボウマンJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで16日に時計

国枝師「16日に南Wコースで追い切りを行いました。併走馬をリードする形から6ハロン過ぎからペースを上げていき、直線で外に併せると余力十分に同入しました。この馬なりにいい動きを見せていましたよ。左トモの状態も大きく変わっていませんし、状態はいい意味で平行線です。何よりこれだけ出走間隔を詰めて使えるということが状態が安定している証拠だと言えるでしょう。前走後にボウマン騎手が話していたように、今回は叩き3戦目で更に上積みが見込めると思いますので、良い結果を期待しています」(5/17近況)

助 手 13南W良 74.4- 57.9- 42.4- 13.1 馬なり余力 レッドローゼス(古1600万)馬なりの外1.4秒先行同入
助 手 16南W良 83.7- 67.5- 51.9- 37.5- 12.6 馬なり余力 ケイブルグラム(古1000万)一杯の外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京9日目(05月19日)
8R 4歳上500万下
サラ ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ユアザスター 牡5 57 北村宏司
1 2 リリーグランツ 牝6 52 木幡育也
2 3 ロードブレイク 牡4 55 武藤雅
2 4 デザートトリップ 牡4 57 的場勇人
3 5 グラスブルース 牡4 57 柴田善臣
3 6 ウォリアーズクロス 牡5 57 H.ボウマン
4 7 プライムコード 牡4 57 黛弘人
4 8 ポントス 牡6 57 杉原誠人
5 9 カンタオール せ5 57 江田照男
5 10 リネンジェット 牡5 57 高野和馬
6 11 ヤマイチジャスティ 牝5 55 横山和生
6 12 バスカヴィル 牡4 57 戸崎圭太
7 13 クインズラミントン 牡4 57 石橋脩
7 14 ノートルスウェ 牡5 57 長岡禎仁
8 15 アースオブフェイム 牡4 57 石川裕紀人
8 16 レンズフルパワー 牡6 57 柴田大知

○国枝師 「前走も頑張っているけど、もうひと押し。詰めて使えるように状態はいい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折明けの3月の中山戦を惨敗し、再度一息入れて臨んだ前走の東京戦。正直、東京コースで良いイメージがなかったので、苦戦覚悟でレースを見守っていました。

しかし、実際のレースぶりは良い意味で期待を裏切る好内容。ポンとゲートを出ると、スッと先行。行きたい馬の後ろで我慢させ、キックバックが顔に当たらない位置で追走できました。そして最後の直線、内の開いたところを抜け出し、残り100mあたりでは完全な勝ちパターン。ただ、勝った馬は地力上位の存在。力で外から捻じ伏せられると、同じシルク馬のクワッドアーチにも差し込まれての3着に終わってしまいました。

レース運びはホント完璧でしたが、最終的に詰めが甘くなったのは距離が微妙に長かったということでしょう。

その前走を叩いて中2週で臨むウォリアーズクロス。馬体に弱いところを抱えているも、詰めて使えることは一般的には○。大型馬なので、前走を叩いた上積みは見込めるでしょう。ただ、その一方で連戦で臨むことは故障前の3歳時以来かと。目に見えない疲れを溜め込んでいて、思ったほどのパフォーマンスが出来ない可能性もあります。今回に関しては、このローテが明暗を握りそうです。

そんなウォリアーズクロスですが、今回もH.ボウマンJとのコンビは魅力。そして今回も前走と同じ3枠6番。相手は違えど、レースプランは明確でしょうし、前走の反省を踏まえて乗りやすいと思います。

1度このクラスを勝っているようにウォリアーズクロス自体も元々地力上位の存在。脚の使いどころは難しいですが、好結果を残して、今週レースに使う馬達へ良い弾みとなるレースにして欲しいです。

2018年5月11日 (金)

シルクなお馬さん(国枝厩舎)

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に南Wコースで追い切り
・次走予定:5月20日の東京・オークス(G1)・C.ルメールJ

国枝師「9日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアーモンドアイが追走していき、直線は内に併せて追い出しに掛かるといい反応を見せて最後は1馬身ほど先着してくれました。ちょうどルメール騎手がこちらに来ていたので感触を確かめてもらいましたが、『直線はスッと反応していい脚で伸びてくれました。息遣いも良好ですし、上がり運動中も落ち着いているのがいいですね。彼女は自分の仕事は何なのか分かっているから、必要な時だけ走ってくれます。グッドコンディションだと感じました』と好感触を得てくれたようです。ジョッキーの言うように、何より普段ドッシリとしているのが素晴らしいですね。気持ちに余裕があって雰囲気はいいですし、ここまで順調に来ていると思います」(5/10近況)

助 手 6南W良 57.2- 42.2- 13.9 馬なり余力
ルメー 9南W重 82.3- 66.6- 52.0- 38.4- 12.6 馬なり余力 レッドアルカナ(古500万)強目の内0.4秒追走0.2秒先着

【オークス】【ルメール騎手に聞く】アーモンドアイ、直線で鋭く伸びた(スポーツ報知より)

第79回オークス・G1(20日、東京)で2冠を目指す桜花賞馬アーモンドアイが9日、美浦のWコースで1週前追い切りを行った。栗東から駆けつけたルメール騎手に感触などを聞いた。

―追い切りは6ハロンから82秒3―12秒6。外レッドアルカナ(5歳500万)を2馬身追走し、馬なりで1馬身先着。シャープな伸びが光りました。

「道中は手前をしっかり替えて、最後は自分から加速していった。いい反応だったね」

―状態面はどのように感じましたか。

「頭がすごく良くて、いつも静かな馬。必要なときだけしっかり走って、追い切り前も後も、リラックスしていた。自分の仕事をよく分かっているよ(笑)」

―今回はマイルから2400メートルに距離が延びます。

「スタートは速くないけど、ラスト300メートルの脚がすごい。跳びが大きいから、エンジンがかかるのは遅いけど、最後の一番大事な局面で脚を使える。そのぶん、距離も大丈夫だと思う」

―ジョッキー自身はオークス連覇がかかります。

「ソウルスターリングは桜花賞(3着)で負けて、オークスの距離も分からない部分があった。でも今年はラッキーライラックを倒して、桜花賞を勝った馬。ライバルをリスペクトするけど、オークスを勝つ自信はあるよ」

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:5月19日の東京・ダ1400m

国枝師「その後も軽めのメニューで調整を進めていますが、左トモの歩様は依然として気に掛かる部分はありますね。ただレースを使って悪化しているわけではありませんし、上手くケアしながらであれば進めていけるレベルだと思いますので、このまま続戦させていただく方向です。来週の東京にダ1400mの番組が組まれていますので、そこを目標に調整していきたいと思います」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定している国枝厩舎2頭の近況をまとめて。

アーモンドアイは9日にオークス1週前追い切りをWコースで消化。映像でその動きを見ましたが、直線半ばまでは前との差を残し、そこから仕掛けられると瞬時に先着。重い馬場でもお構いなしです。父ロードカナロアも香港でG1を勝ってから自信を付け、貫禄が出てきました。アーモンドアイも桜花賞の勝利で自信を付けた感じを受けました。あとはこの雰囲気をレースまで維持してもらえれば十分です。

ウォリアーズクロスは軽めのメニューで脚元の状態を見極めてきましたが、どうやら来週の東京・ダ1400mにGOサインが出そう。週末と来週の追い切りで状態を整えてもらえればと思います。あとは微妙に長いこの距離を最後まで辛抱して欲しいです。

2018年5月 5日 (土)

砂を顔に被らずに追走できたのが好走の要因。最内から抜け出した時点で勝利を意識するも、最後の最後で力尽きての3着に。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京8R 4歳上500万下(ダ1400m)3着(2番人気) H.ボウマンJ

シャドーロール着用。好スタートを切ると一旦は先頭に立ちますが、向正面で捲ってきた馬を行かせて、その直後で流れに乗ります。直線は最内から脚を伸ばし、残り300m付近で先頭に立つと、そのまま粘り込みを図りますが、ゴール寸前で2頭に交わされ、惜しくもコンマ1秒差の3着でゴールしています。

H.ボウマン騎手「道中はかなりプレッシャーを受ける展開になりましたが、馬は我慢して冷静さを保っていました。直線は狭いところを割って抜けてくる根性を見せてくれましたし、力のあるところを見せてくれたと思います。休み明けを一度叩いたとはいえ、正直まだ7分程のデキだったと思いますから、叩き3戦目の次は更に良なってくると思います。機会があれば次も是非騎乗したいですね」

国枝栄調教師「いい形で競馬が出来たと思いますが、もう一押しでしたね。最後は本命馬が外から飛んできたから2着でしょうがないと思っていたところ、まさかもう1頭同じ勝負服の馬に交わされるとは思いませんでした。でも左トモに不安を抱えながらもよく頑張っていると思います。ボウマン騎手の言うようにまだ上積みはあると思いますが、今後の方針はレース後の馬体・脚元の状態をよくチェックしてから判断したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好位の内でロスなく立ち回り、直線も最内から脚を伸ばすこれ以上ない競馬だったが、最後の最後で甘くなる。1400mは少しだけ長いのかもしれない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

国枝師「レース後も左トモの状態はいつもの感じで、大きく悪化しているわけではありません。もう少し経過を確認してから、続戦か放牧か判断したいと思いますが、いずれにしても東京開催中には出走させたいと思っています」(5/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、馬群での追走で戦意喪失する形での敗戦だったウォリアーズクロス。負け方が悪すぎましたし、また、ピリッとした脚を使える馬ではないので、直線の長い東京での今回も苦戦するものと思い込んでいました。

レースではポンとスタートを決めてハナへ立つ勢い。掛かるような素振りはなく、自然と先頭に立ったような形だったので余裕綽々。そこから捲ってくる馬がいて好位の内に控える形になりましたが、キックバックを顔に掛からずに済んだことで、ウォリアーズクロスは我慢して冷静さを保ってくれたんだと思います。

そして最後の直線。最内の1頭分のスペースに飛び込み、ボウマンJの叱咤激励に応えて抜け出すウォリアーズクロス。残り150mぐらいでは何とか後続の追撃を抑え切ったと思ったのですが、最後の最後で力尽きることに。見せ場十分でほぼ完璧なレースだったのですが、3着に終わってしまいました。

レース後のウォリアーズクロスですが、ウィークポイントの左トモは我慢が利いた状態。即放牧に出すような状況ではありません。ひとまずもう少し様子を観察するようですが、コメントの感触では続戦が有力かなと思います。

勝利が見えた中での敗戦で残念な思いはありますが、最後の直線でしっかり反応して頑張ってくれた姿を見て、安心もしました。500万下では力上位ですから、再度このクラスを勝ち切って、まだまだ上を目指していって欲しいです。

2018年4月28日 (土)

骨折明けを叩いて状態は確実にアップ。ただ、直線の長いコースは合っている感じがなくて…。今回も苦戦してしまうかも。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京8R 4歳上500万下(ダ1400m)3枠6番 H.ボウマンJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで25日に時計

国枝師「25日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行し、直線は外に併せて最後は同入しています。雨が降って重い馬場の中、最後まで余力のある脚取りで走れていましたし、動きは悪くなかったと思いますよ。左トモの歩様も決していいとは言えませんが、上がりに問題はなかったですし、この馬なりに維持できています。前走は砂を被ったことで走る気を失くしてしまいましたが、現にこのクラスを勝っているように力が上なのは間違いないと思いますし、久々を叩いた上積みも見込めますから、何とか巻き返したいところです」(4/25近況)

助 手 4.22南W良 55.9- 40.8- 13.4 馬なり余力 キングスヴァリュー(三500万)馬なりの外1.0秒先行同入
助 手 25南W重 68.6- 54.0- 40.0- 12.7 馬なり余力 アンティノウス(古1000万)馬なりの外2.0秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京3日目(04月28日)
8R 4歳上500万下
サラ ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タニガワ 牡5 57 田中勝春
1 2 バスカヴィル 牡4 57 戸崎圭太
2 3 ファインダッシュ 牡6 57 横山典弘
2 4 ブレヴェスト 牡5 57 田辺裕信
3 5 ユアザスター 牡5 57 北村宏司
3 6 ウォリアーズクロス 牡5 57 H.ボウマン
4 7 モンスターキング せ5 57 三浦皇成
4 8 フォーティプリンス 牡4 57 岩田康誠
5 9 リアリゾンルレーヴ 牝5 55 松岡正海
5 10 エレクトロポップ 牡5 57 C.ルメール
6 11 サンマルバロン せ6 57 蛯名正義
6 12 タイキダイヤモンド 牡4 55 武藤雅
7 13 カワキタピリカ 牡5 57 江田照男
7 14 クワッドアーチ 牡5 57 石橋脩
8 15 ポントス 牡6 57 大野拓弥
8 16 オールイン 牡4 57 吉田隼人

○国枝師 「前走は久々が応えたのか、追走で一杯になっていた。変わり身を期待したいけど、距離はギリギリかもしれない」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走+前々走は骨折明けのレースだったウォリアーズクロス。久々を苦にせず、力を発揮した前々走の内容から、同じような境遇で臨んだ前走でも力のあるところを発揮してくれるものと期待していたのですが、内枠で揉まれ込んで戦意喪失。最後の直線を迎える前に勝負が決してしまうほどの大敗を喫するとは正直ショックでした。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。左トモは相変わらずパンとしませんが、調整自体は順調。4月6日に帰厩し、ここへと備えてきました。帰厩後は放馬するアクシデントこそあったも、これまでの坂路オンリーの調整ではなくWコース中心の追い切りを消化。それだけ脚元の状態はこの馬とすれば安定しているのでしょう。ひと叩きして状態・動きに上積みを見込めるでしょう。

また、このクラスを勝っているように地力上位の存在。揉まれ込まずに気分良く追走できれば、勝ち負け出来るでしょう。ただ、デビュー2戦の東京の走りを見ると、1400mの距離とはいえ不安が一杯。不器用な馬で追って伸びる感じではないので、合っている感じはしません。再度、内枠が当たってしまったので、H.ボウマンJには道中叱咤激励して、ウォリアーズクロスが戦意喪失しないように促し続けて欲しいです。

相手関係に関しては、大敗した前走よりも揃っているのは確か。頑張って欲しいところですが、見通しは厳しいように思います。

それ故、今回に関しては、最後までしっかり脚を伸ばすことが出来るかを重視。結果は二の次で内容のある走りを見せて欲しいです。前走に引き続き、大敗を喫することだけは勘弁して欲しいなあというのが本音です。

2018年4月23日 (月)

シルクなお馬さん(関東馬・今週末出走予定馬)

Photo ウォリアーズクロス

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Wコースで12日に時計
次走予定:4月28日の東京・ダ1400m

国枝師「11日に追い切る予定でしたが、角馬場で準備運動中、ゲート練習をしている馬に驚いて、放馬してしましました。幸いすぐに捕獲できましたし、馬体にも異常はありませんでしたので、日を改めて12日に追い切りました。併走馬をリードする形から直線は外に併せて余力十分に動いていました。左トモの歩様は相変わらずですが、この馬なりに状態は悪くありません。予定している東京2週目に向けて、このまま進めていきます」(4/12近況)

助 手 12南W良 73.1- 57.6- 42.2- 14.3 馬なり余力 ダイワチャーチル(古500万)馬なりの外1.1秒先行0.1秒先着
助 手 15南坂重 58.4- 42.5- 27.8- 13.9 馬なり余力 ダイワチャーチル(古500万)馬なりに0.5秒先行同入

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで18日に時計
・次走予定:4月28日の東京・ダ1400m(H.ボウマンJ)

国枝栄調教師「18日に南Wコースで時計を出しました。併走馬を追走から内に併せて同入しました。長めから行きましたが、最後までしっかり動いていましたし、1週前としてはしっかりと負荷のかかった追い切りができたと思います。左トモの歩様は気になるものの、これはケアしながら上手く付き合っていくしかないでしょう」(4/19近況)

助 手 18南W重 84.2- 69.2- 54.5- 40.4- 13.1 強目に追う アークアーセナル(障未勝)馬なりの内1.3秒追走同入
助 手 22南W良 55.9- 40.8- 13.4 馬なり余力 キングスヴァリュー(三500万)馬なりの外1.0秒先行同入

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで12日に時計
・次走予定:4月28日の新潟・障害オープン(五十嵐J)

尾関師「帰厩後も特に問題なく順調で、12日に南Wコースで時計を出しました。帰厩後、初めての本格的な追い切りでしたので、あまり無理はさせずに、併走馬に先行し、直線は外に併せて楽に流しました。前走からそれほど間隔が空いていないので、いつもの放牧明けに比べても馬体はスッキリしています。これなら新潟1週目から行けるでしょう。鞍上は五十嵐騎手に依頼しました」(4/12近況)

助 手 12南W良 70.8- 55.5- 41.0- 14.1 馬なり余力 ドレサージュ(三未勝)直強目の外1.8秒先行0.2秒遅れ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで19日に時計
・次走予定:4月28日の新潟・障害オープン(五十嵐J)

尾関師「17日に五十嵐騎手が騎乗して障害練習を行い、19日には五十嵐騎手が騎乗し南Wコースで単走で時計を出しました。時計が出やすい馬場状態だったこともあり、思っていたよりも速くなりましたが、最後までしっかり動いていましたし、五十嵐騎手も『何も問題はなく、動きは良かったです』と言っていました。来週は輸送があるので、調整程度にサッと流すぐらいでいいでしょう。右前球節に若干の張りが確認できるものの、調教後も特に変化はないですし、上手くケアしていけば問題ない程度のものです。来週の競馬に向けて順調に仕上がってきています」(4/19近況)

助 手 15南坂重 56.0- 41.0- 27.2- 13.9 馬なり余力
五十雄 19南W重 83.1- 67.4- 52.3- 38.5- 13.3 直強目追う
助 手 22南坂良 64.3- 46.7- 30.4- 14.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後の動きを伝えることが出来ていなかったウォリアーズクロスとリミットブレイクの近況をまとめて。両馬共に今週末の出走を予定しています。

ウォリアーズクロスは中間放馬するアクシデントがあったようですが、大事には至らず。ただ、ゲート練習をしている馬に驚いたとのことで精神面の弱さを窺わせます。左トモに関しては可もなく不可もなく。ここがパンとする可能性は低そうなので、上手にケアしながら、レースを使っていくしかありません。能力的に500万下では地力上位ですが、歯車が狂うと前走のような結果が待っています。

リミットブレイクは球節の若干の張りが気になりますが、ケアを欠かさず、対処してもらえればと思います。今回鞍上が五十嵐Jに戻ります。色々工夫をして1勝させてくれた騎手ですし、今回も課題を持ってレースへ臨んでもらえればと思います。4・5着狙いよりも、勝ちを意識したレース運びを見せて欲しいです。

2018年4月10日 (火)

6日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:6日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:4月28日の東京・ダ1400m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路調教でしっかり負荷をかけていましたが、予定のレースに向けて6日に帰厩しました。その後も左トモの状態に変化はありませんでしたし、緩めることなく順調に調整できました。良い形で送り出せたと思います。馬体重は547キロです」(4/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で次週の帰厩が示唆されていたウォリアーズクロスですが、6日に無事美浦へ。ウィークポイントの左トモ・右膝は良い意味で変わりませんし、3月に1度仕上げてレースを使っているので今度は調整はしやすい筈。

あとはレースでキックバックを嫌がるところが相変わらずあるので、その対応をどうするか。馬具の工夫を検討するのも良いでしょうし、追い切り・調教でチップや砂を被らせることも積極的に行って欲しいです。

2018年4月 5日 (木)

シルクなお馬さん(5歳上関東牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:5月12日の東京・緑風S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回周回コースで6ハロンから14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週2回の坂路調教に加え、週1回は周回コースで長めからハロン14秒の調教を行っています。脚元は落ち着いていますし、状態も上がってきているので、今後もしっかり負荷をかけて次走に備えていきます。馬体重は478キロです」(3/30近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月28日の東京・ダ1400m
・調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も順調に調教を続けており、今週から坂路調教を一日置きに週3回行い、運動量を増やしています。左トモの歩様はこの馬としては悪くありませんので、今後も坂路コースで進めていけると思います。来週中に帰厩する予定と聞いています。馬体重は547キロです」(3/30近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「レース後はいつも通り背腰に疲れが見られますが、大したことはないので、すぐに乗り運動を開始し、今週から坂路コースにも入れています。毛艶など体つきを見ると良い状態を維持していますので、新潟開催を目指して緩めないように調整を続けていきます。馬体重は545キロです」(3/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは坂路だけでなく周回コースを併用しての調教。刺激を与える意味でも良いことかなと思います。この良い雰囲気を維持して帰厩へ向けてドンドン進めてもらいたいです。

ウォリアーズクロスは週2回から週3回の登坂へ。負荷を高めても、左トモの歩様は我慢が利いています。近々帰厩することになるので、良い状態で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

リミットブレイクは相応のダメージが見られましたが、想定内。すぐ乗り運動を再開し、坂路へ連れ出すことも出来ています。次走は春の新潟開催を予定しているので、そこへ向けて状態を上げていってもらいたいです。

2018年3月30日 (金)

シルクなお馬さん(牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:5月12日の東京・緑風S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後はあまり疲労が見られず、脚元にも変化はありませんので、すぐに乗り出し、坂路調教も開始しています。武市調教師とは東京4週目の緑風ステークス目標で打ち合わせていますので、そこを目標に調整を続けていきます。馬体重は477キロです」(3/23近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月28日の東京・ダ1400m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースを終い2ハロン13秒ペースまで伸ばしています。ペースを上げても最後までまずまずの手応えで登坂しています。左トモの歩様に変化はなく、右前の膝も問題ありません。次走については東京2週目のダ1400m目標で、国枝調教師と打ち合わせています。馬体重は546キロです」(3/23近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「この中間はトレッドミルも併用し、週2回は周回コース、週1回はトレッドミルで強めの運動を行っています。ここまで歩様の悪化はありませんので、この調子で東京開催に向けて調整を続けていきます。馬体重は509キロです」(3/23近況)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14を2本、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路コースを2本ずつ登坂し運動量を増やしています。脚元の状態に変化はありませんが、引き続きケアを続けていきます。馬体は太くなってしまったので、これから絞っていきたいと思います。馬体重は575キロです」(3/23近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週はハロン13秒までペースを上げましたが、トモの状態がまた少し気になり出したので、今週はハロン14秒ペースに落しています。これぐらいのペースでもう少し様子を見る方が良いかもしれません。馬体重は492キロです」(3/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは7歳になり、レースでのパフォーマンスは落ちてきたかもしれませんが、元気一杯。コンスタントにレースを使ってもらい、コツコツと頑張ってもらえればと思います。

ウォリアーズクロスの次走は次の東京2週目のダ1400mに決定。直線の長いコースはどうか?と思いますが、広いコースで伸び伸び走ってくれれば、500万下なら力上位。次走では改めて力のあるところを見せて欲しいです。

ブロードアリュールも次の東京を目指しているので、近々目標レースが決まるかと思います。体質が強くなればまだまだパフォーマンスは上がってくると思うので、長い目で見守りたいです。

リゾネーターは膝裏の張りを懸念して調整を緩めたこともあり、馬体にだいぶ余裕がある状況。ただ、無理は禁物なので、時間をかけて馬体を作っていくしかありません。

ヴェルトゥアルはハロン13秒台までピッチを上げ、帰厩を視野に入れたかったところですが、少しトモに反動が…。幸い、大事には至りませんでしたが、当面はコツコツと体力・体質強化に努めてもらえればと思います。

2018年3月20日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後はトレッドミルの運動だけにして疲労回復を図ってきましたが、それほど大きなダメージがなかったことから、今週から坂路調教を開始しています。左トモの歩様は相変わらずですが、この馬としては良い方だと思います。長期休養明けを一度叩いて、次はどれだけ変わってくるかですね。東京開催を目標に進めていきます。馬体重は546キロです」(3/16近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週3回周回コースで5ハロンから70-40、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き周回コース中心に進めており、一日置きに5ハロンから70-40ぐらいの時計を出しています。歩様に関しては先週と変化はありませんので、東京開催に向けて徐々にピッチを上げていきます。馬体重は510キロです」(3/16近況)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は一日置きに坂路調教を行い、ペースをハロン14秒まで上げています。その後も左前脚の膝裏の状態に変化はありません。馬体は緩んでしまったので、脚元の状態を確認しながら、徐々に進めていきたいと思います。馬体重は573キロです」(3/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは内で揉まれ、他馬のキックバックで戦意喪失した前走。力を出し切れないままレースを終えたことで、脚元等へのダメージは軽減。早速坂路入りできているのは何よりです。直線の長い東京コースは正直合わないかなと思いますが、前走の敗戦を教訓に巻き返してきて欲しいです。

ブロードアリュールも次走で2回東京での出走を予定。前走はちょっとガッカリな敗戦でしたが、最後の最後で3着に差し込んできたことは一応評価。上を目指すには体質がパンとしてくることが条件になるでしょうが、今しばらくは大事に使ってもらい、切磋琢磨して地力を付けて行って欲しいです。

リゾネーターはトレッドミルの調整を外し、1日置きにNF天栄の坂路を登坂中。左前脚の膝裏は引き続き注意は必要でしょうが、良い意味で落ち着いてきています。丹念に乗り込みを重ねつつ、緩んだ馬体を整えていってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ボンディマンシュ | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ