最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ウォリアーズクロス」の184件の投稿

2019年2月14日 (木)

シルクなお馬さん(3歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から登坂回数を週3回に増やし、その内の2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。坂路での動きに年齢は感じさせますが、徐々に負荷は強められていますし、このまま順調にいけば中山開催での出走が一つの大きな目標になってくるでしょう。馬体重は487キロです」(2/8近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「鼻出血を発症しこちらに戻ってきましたから、しばらくは軽めのメニューで様子を見ていましたが、体調面に特に問題は見られなかったので、今週半ばから周回コースで軽めの乗り運動を始めています。歩様にも問題はありませんが、無理せずじっくりと立ち上げていきたいと思います。馬体重は552キロです」(2/8近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回中京開催
・調教内容:週2回周回コースで5ハロンから70-40、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も周回コースでの運動をメインに据えながら、坂路コースでの軽めのキャンターを取り入れつつ調教を行っています。体調面にも良い意味で変化は見られませんし、このまま乗り込んでいき、さらに状態を上向かせていきたいですね。馬体重は511キロです」(2/8近況)

⇒⇒15日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(14日・最新情報より)

Photo_3 ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。普段は坂路で併せたりしていますが特に問題なく、こちらでは気の悪いところは見られませんね。このまま乗り込んでいき、しっかりと鍛えていきたいと思います。馬体重は480キロです」(2/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年齢を感じさせるようになってきたグランドサッシュですが、乗り込みに関しては順調。今後の予定はもう少し進んでからになるでしょうが、春の東京開催までに1戦することになりそうです。また、2200mの前走が案外だったので、番組は2500mに限られてくるのかなと思います。

ウォリアーズクロスは鼻出血を発症した為、ひとまず軽めの調整。脚元等は特に気になる点がないので、内面が回復次第、調教のピッチを上げていくことが出来るでしょう。まあ、寒い時期は無理する必要はありません。

ブロードアリュールは引き続き周回コースメインで仕上げられていますが、坂路での軽く乗るように。去勢してこの馬なりに多少丈夫さが増したのかなと思います。記事にするのが遅れましたが、明日美浦へ帰厩する予定です。

ジェラーニオは週3回ハロン15秒以上のところを乗って鍛錬中。NF天栄の環境に馴染んっだことで集中力は出てきているのかなと思います。ただ、背腰にまだまだ甘さのある馬なので、コツコツ乗り込みことで地道な強化を進めていってもらえればと思います。

2019年2月 2日 (土)

30日の追い切り後に今度は肺からの出血による鼻出血を確認。予定を白紙に戻し、NF天栄へ放牧に出ています。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:30日に南Wコースで時計

国枝師「30日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行し、直線は外に持ち出して同入しています。3コーナーあたりから少し動きが重苦しいような感じもしましたが、内から並ばれると勝負根性を見せていました。しかし、追い切り後しばらくしてから鼻出血を発症してしまい、すぐに診療所に連れて行き獣医に診てもらったところ、肺からの出血が確認されました。その為、予定していた2月16日の京都・河原町Sは回避させていただきます。この中間は熱発もあり、なかなか上手く調整することが出来ず、会員様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。もう少しこちらで様子を確認させていただいた後、一旦NF天栄へ移動させる予定にしています」(1/31近況)

助 手 27美坂良 59.3- 43.1- 28.5- 14.2 馬なり余力
助 手 30南W良 86.6- 71.5- 56.4- 42.1- 13.3 馬なり余力 サトノルーラー(古500万)馬なりの外0.8秒先行同入

⇒⇒1日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(1日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当初、今週末の東京・銀蹄Sへの出走を目指していたウォリアーズクロスですが、熱発を発症した為、16日の京都・河原町Sへ次走を変更。順調に時計を出し始めていたので安心していたら、今度は30日の追い切り後に肺からの出血による鼻出血を発症。症状は深刻ではなさそうも、予定しているレースへの参戦は不可能に。一旦、NF天栄へ戻り、静養・回復に努めることになりました。

昇級戦の前走で準OP突破のメドが見えたので、6歳になった今年はいよいよ本格化と期待しているのですが、まさかのつまづき。運のない馬だなあと思いますが、ここで負の連鎖をしっかり断ち切り、内面のケアだけでなく、馬体全体のメンテナンスをこの休養時に行って欲しいです。

2019年1月26日 (土)

先週末に熱発を発症。現在症状は落ち着いているも、当初の予定を2週スライドして来月16日の京都・河原町Sへ向かうことになりました。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:2月16日の京都・河原町S

国枝師「先週末に坂路コースで15-15程度の時計をサラッと出したのですが、その後に熱発してしまいました。獣医に診てもらい無理せず楽をさせたことで、週明けには症状は治まったことから、23日には角馬場で軽めに跨ってみたところ、特に問題はなさそうでした。今のところこのまま在厩させて次走に向けて進めていきたいと考えていますが、当初の予定だった東京2週目だとさすがに厳しいので、2週スライドさせて京都4週目に目標を切り替えたいと思います」(1/23近況)

助 手 19美坂良 61.3- 44.8- 29.4- 14.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週3日の東京・銀蹄Sへ向けて調整を進めていたウォリアーズクロスですが、19日の追い切り後に熱発を発症。獣医師に診てもらい適切な処置を行った結果、症状は治まり、23日に跨った時も大丈夫そう。ただ、一頓挫あったのは事実ですし、さすがに来週のレースへ向うのはリスクが大きく、良い状態ではレースへ臨めないでしょう。

その為、実績のある東京・ダ1400mの銀蹄Sへの出走は見送り、その2週後の京都・河原町Sへ次走の予定を切り替えました。

昇級初戦となった前走の好内容から来週の銀蹄Sへ使えなくなったのは正直痛いです。しかしながら、もう少し長い目で見ると、関西への長距離輸送の経験+右回りのダ1400mは可能性の幅を広げることにもなると思うので、現実を受け止め、前向きに考えていきたいです。

2019年1月21日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場、ゲート練習
・次走予定:東京1月27日・芝1800m

矢作師「この中間はレースで少しでも集中力が出るように、ゲート練習に加え、角馬場で横木を飛ばしています。それが良い結果に結び付くかどうかレースに行ってみないことには何とも言えませんが、ここ最近のレース振りを見ると、集中力に欠けるところが目立つので、少しでも良い方に向けばと思っています。状態に関しては引き続き好調を維持しているので、後はレースで真面目に走ってくれるかどうかに尽きますね」(1/17近況)

坂井瑠 16栗E良 13.6- 12.4 ゲートなり
坂井瑠 17栗E良 13.7- 12.7- 14.3 ゲートなり
助 手 18栗坂稍 52.4- 37.7- 25.0- 12.6 末強目追う

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:16日に南Wコースで時計
・次走予定:1月26日の東京・ダ2100m(木幡巧J)

牧師「16日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はリゾネーターが先行していき、直線で外に出して脚を伸ばし、最後は同入しています。強めに追った相手に対して、リゾネーターは馬なりのままでしたし、しっかりとした脚取りで最後まで走れていましたよ。先週末にダートコースで追い切ったのですが、その時の動きも良かったですし、リフレッシュさせたことで馬には活気があって状態は良さそうですね。これなら来週のレースで走れる態勢は整うと思いますし、出来る限り良い状態で出走できるよう努めていきたいと思います。鞍上は巧也(木幡巧也騎手)でいかせていただければと思います」

木幡巧騎手「16日の追い切りに乗らせていただきました。道中は持ったまま良い手応えで走れていましたし、終いもしっかりと反応してくれました。動きに重たさは感じませんでしたし、リフレッシュして良い状態だなと思いましたよ」(1/17近況)

助 手 12南D良 65.1- 50.6- 37.3- 13.0 馬なり余力 リパーカッション(古1000万)馬なりの内を0.4秒追走4F併同入
木幡巧 16南W良 82.0- 67.8- 53.9- 40.2- 13.3 馬なり余力 エンジニア(古オープン)一杯の外を0.6秒先行4F付同入

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:2月3日の東京・銀蹄S
・調教内容:17日に南Wコースで時計

国枝師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、直線で大外に出すと最後は2番手でゴールしています。先週、南Wコースで単走で時計を出した際の動きは少し渋い感じだったのですが、今回は併せたこともあってか最後までしっかりと走れていて良い動きだったと思いますよ。予定しているレースまでまだ時間はありますし、この感じで徐々に状態を上げていければと思っています」(1/17近況)

助 手 14南W良 57.1- 41.6- 13.8 馬なり余力
助 手 17南W良 86.4- 70.3- 55.5- 41.4- 13.1 馬なり余力 セリユーズ(三未勝)馬なりの外1.0秒先行0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは週末のレースに備え、集中力アップを兼ねてゲート練習等に着手。体枠を講じてくれているのは有難い限りですが、ナイトバナレット自身がレースへ行って、真面目に走ってくれるかとなると怪しい限り。次走で着用するブリンカーが命運を握ります。

リゾネーターも週末の出走を予定。ここ数走は坂路中心の追い切りでしたが、帰厩後はコース中心の追い切りへ。長目から追うことで馬体を絞ることを意識しているのかなと思いますが、脚元の状態は以前より着実に良化しているのでしょう。去勢効果がジワジワ出てきています。ただ、レース内容に関しては淡白なモノ。追ってから1段ギアが上がれば良いのですが…。次走の鞍上は木幡巧Jに戻りますが、リゾネーターを良く知っている騎手なのでこのチャンスを生かして欲しいです。

ウォリアーズクロスは追い切り内容は地味も、来週のレースへ向けて着々と時計を出せているのは○。ひと追い毎に絞れて素軽さが出てきてくれればと思います。雰囲気自体は良さそうなので、準OP2戦目で更に勝ち負けに近づいて欲しいです。

2019年1月 9日 (水)

8日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:8日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:2月3日の東京・銀蹄S

国枝師「8日にこちらへ帰厩させていただき、特に脚元等に問題はなかったので、翌日から早速騎乗運動を開始しています。次の東京開催2週目に適鞍が組まれていますし、そこに向けて徐々に進めていきたいと思います」(1/9近況)

助 手 10南W良 57.0- 41.8- 13.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ひとまず順調に乗り込めていたウォリアーズクロス。再度、東京・ダ1400mへ使ってくるという想像から次走は来月3日の銀蹄Sが有力かなと見ていましたが、京都へ浮気することなく、正式に次走でそこを目指すことに。

ちょっと時計が速いと割引ですが、昇級初戦の前走でも見せ場たっぷりの6着。追い出しをもう少し我慢できていれば、結果は違っていたと思います。脚元に弱さを抱えていますが、馬体は腰を中心に芯が入ってきた感じで本格化を感じさせます。早めに良い騎手を押さえ、次走でOP入りできるように策を講じてもらいたいです。

2018年12月24日 (月)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックで軽めのキャンター、トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「今週もミニトラックとトレッドミルを併用しながら進めています。慎重に様子を見ながら進めているので、右前の状態は徐々に良化してきています。これくらいのペースであれば特に問題はないですが、引き続き状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は512キロです」(12/21近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も良いとは言えませんが、歩様はこの馬なりに維持できています。おそらく2月の東京・京都開催あたりが大まかな目標になってくるのではないでしょうか。馬体重は560キロです」(12/21近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「今週からトレッドミルでダクをスタートしましたが大きな問題はないので、現在はキャンターを行っています。楽をさせているので右前の状態は徐々に良くはなってきていますが、まだ歩様には見せていますので引き続きしっかりケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は552キロです」(12/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前脚に疲れが出たモンドインテロは先週と変わらずミニトラックとトレッドミルを併用しての調整。今のところ悪い兆候は見られませんが、もう少しの間は軽めの調整に止めてもらえればと思います。

ウォリアーズクロスは2月の東京戦だけでなく京都戦も視野に。京都での出走となると、2月19日の河原町S(ダ1400m・ハンデ)が有力になってくるのかなと思います。ただ、スピード決着よりもパワー決着が合うタイプなので京都よりも東京での出走を望みます。

リミットブレイクはトレッドミルでの乗り込みを開始。状態の底は脱したと思うので、ここからは着実に前進していってもらわないと。急いで進めると、またまた歩様に違和感を出してしまうので、それだけは出来る限り、回避していってほしいです。

2018年12月19日 (水)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路コースでの調教を開始しています。現在はハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、今のところこの馬なりに歩様は維持することが出来ています。この調子で坂路中心に乗り込みを続けていければと思います。馬体重は558キロです」(12/14近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「引き続き右前のケアをしながらの調整を続けており、現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。マシンを始めてからも今のところ問題はないですし、歩様も段々と良化してきていますから、今後はトレッドミルでの運動も取り入れる予定です。馬体重は547キロです」(12/14近況)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックで軽めのキャンター、トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認したところ、右前脚に少し疲れが見られますね。先週までは軽めの調整で様子を見ていましたが、歩様には出していませんし、今週からミニトラックで軽めに乗り始めています。今後もよくケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は514キロです」(12/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは順調に回復。坂路で早速速いところを乗ることが出来ていますし、この馬なりに歩様は安定しています。この感じなら来年2月3日の東京・銀蹄Sには間に合いそうです。来年6歳になりますが、ここ最近の1戦ごとの充実度は頼もしいです。

リミットブレイクは脚元のケアが欠かせない現状ですが、ウォーキングマシンでの運動を開始。少しずつでも良くなっているので寒い時季は我慢を重ね、4・5月頃の復帰を目指す感じでゆっくり進めてもらえればと思います。

モンドインテロは右前脚に少し疲れが出ているとのこと。幸い、歩様に違和感等は出ていないので、しっかり休ませて治療に当たれば、問題ないでしょう。春先の阪神大賞典or日経賞あたりを次走の候補として進めていってもらえればと思います。

2018年12月11日 (火)

シルクなお馬さん(国枝厩舎)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきていますが、右前膝は入場当初には熱感が見られたものの、今は特に気になりませんね。全体的にもそれほど問題はなさそうですが、まずはしっかりと疲れを取ってから、乗り出しを開始していきたいと思っています。馬体重は481キロです」(12/7近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター、トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、レース後のダメージとしては歩様を見てもいつもくらいの感じですね。今週は周回コースとトレッドミルでの運動を一日おきに行っており、まずはレースの疲れを取ることに重点を置いて進めていきたいと思います。馬体重は552キロです」(12/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンCの高速決着の反動で右前膝がややモヤモヤしていたアーモンドアイですが、移動当初の熱感が解消し、今はもう気にするようなレベルではない様子。その他は特に問題ないようですが、まずはしっかり休ませ、来年の更なる活躍の為に英気を養ってもらえればと思います。

ウォリアーズクロスは相変わらず頼りない歩様をしているようですが想定内のレベル。アーモンドアイ同様にまずはしっかり疲れを取り除くことが最優先。その後、順調に乗り込むことが出来れば、来年2月3日の東京・銀蹄S(ハンデ・ダ1400m)へ向かうことになると思います。

2018年11月30日 (金)

6着という結果に終わるも、昇級戦から見せ場たっぷり。追い出しを我慢できる位置で追走できていたなら結果は違っていた筈。ここに来てコツコツ力を付けてきています。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京10R 銀嶺S(ダ1400m)6着(6番人気) W.ビュイックJ

ブリンカー着用。まずまずのスタートから押して先行争いをしますが、控えて3番手からレースを進めます。そのままの位置で直線に入り馬群から抜け出しを図りますが、後続の脚色が良く、昇級初戦は6着で終えています。

W.ビュイック騎手「スピードが有って、作戦通り前目の位置で競馬をすることが出来ました。追ってから反応が若干鈍いところはありましたが、直線もジリジリ脚を使ってくれて懸命に粘っていました。ただ、ラスト100m辺りで力尽きてしまいましたので、距離は1200mくらいが丁度良いのかもしれませんね」

国枝調教師「昇級初戦でしたが、スピードを活かして良い位置に収まることが出来ましたね。前走と比べると鞍上の手が動くのが早かったので、一杯になってしまったのかなと思いましたが、最後まで諦めず良く頑張ってくれています。このクラスでもメドの立つ競馬をしてくれましたので、展開さえ向けばオープン入りするチャンスは十分にあるでしょう」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンの行きっぷり良く、好位でうまく流れに乗れた。終いは一瞬、伸び掛けたが、最後は他馬と同じ脚色に。この距離にも実績はあるものの、本質的にはもう少し短い距離の方がしっくりくる印象だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:27日に福島県・NF天栄へ放牧

国枝栄師「レース後は右前膝に熱感が見られました。それでも、こちらでは特に歩様に見せる感じはありませんでしたし、いつもの左トモに関しても多少の疲れが見られたくらいで大きな問題はありませんでした。昇級戦でもよく頑張ってくれたので、無理をさせたくありませんから、疲労回復させるべく27日にNF天栄へ放牧させていただきました」(11/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

準OPに昇級後の1戦目となった今回。即通用する程、甘くはないと見ていましたが、実績のある東京・ダ1400mでどのくらいの差があるのかを確かめたかった1戦でした。

まず昇級してゲート出からの流れに乗れるかどうか心配でしたが、二の脚が利いてハナヘ行きそうなぐらいの勢い。ハナを主張する馬がいたので3番手からの競馬となりましたが、スッと流れに乗れたのは正直ビックリ。ここに来て腰がしっかりしてきていると言われていましたが、その効果でしょうか。

ただ、そこで誤算も発生。3番手追走ながら、馬群の内へ押し込まれた点。前へ行きたい馬を行かせてそこでスッと外へ持ち出せていれば。他馬のキックバックを気にする面がまだ残っているので、4角を回ってくる時は追っ付け通し。それによって脚使いどころが早くなってしまったのが痛かったです。

それでも最後の直線では早仕掛けを強いられながら、窮屈な位置から馬群から抜け出そうかという場面を演出。見ていて力が入りましたが、その勢いは長くは続かず。結果は6着に終わりましたが、交わされてからも渋太く頑張っていましたし、見せ場たっぷりで中身の濃い1戦になりました。テンのスピードが出てきた今なら距離を短縮しても良いのかもしれませんが、乗り方・展開1つでこの条件を勝ち上がる可能性は十分見せてくれました。

レース後のウォリアーズクロスですが、タフな競馬になったことで右前膝に熱感。過去2度骨折している箇所なので嫌な予感はしますが、歩様には見せていないとのこと。27日にNF天栄へ移動済ですが、少し時間が置いてから、レントゲン検査を改めて行ってもらいたいです。大事に至らないことを願うばかりです。

来年6歳になるとはいえ、まだキャリア13戦。右前・左トモに弱さを残すも、馬体・精神面は本格化してきたと思います。来年は何とか準OPを卒業し、OPでも通用するところまで成長してきてもらいたいです。

2018年11月24日 (土)

実績のある東京・ダ1400mで迎える昇級戦。ようやく充実期を迎えたとはいえ即通用するほど甘くはなさそう。現状でどこまでやれるのかを冷静に見守りたい。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

土曜東京10R 銀嶺S(ダ1400m)4枠7番 W.ビュイックJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計

国枝師「21日に三浦騎手に手伝っていただき、南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが外目を先行し、直線で並び掛けられると、最後は4馬身ほど離されてゴールしています。相手はジャパンカップに出走予定のアーモンドアイですから、手応えは見劣っているように感じますが、この馬なりに頑張って食らいついてくれました。大外を運んだということもあり、着差はついているものの、トモの状態は前走時より良いですし、得意の東京コースで再度良い結果を期待したいですね。鞍上につきましては当初、北村宏司騎手を予定していましたが、先日マイルCSを制したビュイック騎手が空いているとのことでしたので変更しております」

三浦騎手「国枝先生から聞いていたよりも左右のブレが少なく、トモがしっかりしていました。体が大きくて緩んでいるように見えますが、中身はしっかり出来ていますし、良い状態だと思います。この状態であれば自身の力は発揮出来そうですね。今日は併せた相手がアーモンドアイでしたから、直線の見た目は見劣りしているものの、時計は想定していたくらいでした。最終追い切りとしては、非常に良い調教を行えましたので、良い結果が出ると良いですね」 (11/21近況)

助 手 18南W良 58.9- 43.8- 14.5 馬なり余力
三 浦 21南W良 85.3- 69.2- 54.3- 40.0- 13.4 強目に追う アーモンドアイ(古オープン)馬なりの外0.4秒先行1.0秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京7日目(11月24日)
10R 銀嶺S
サラ ダ1400メートル 3歳上1600万下 指定 混合 ハンデ 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メリートーン 牝5 51 木幡巧也
1 2 エレクトロポップ 牡5 55 C.ルメール
2 3 レイダー 牡4 56 R.ムーア
2 4 ペイシャルアス 牝3 51 鮫島克駿
3 5 エイシンビジョン 牡5 55 岩田康誠
3 6 プリサイスエース 牡7 54 田辺裕信
4 7 ウォリアーズクロス 牡5 55 W.ビュイック
4 8 アシャカダイキ 牝4 53 津村明秀
5 9 エルフィンコーブ 牝5 51 石川裕紀人
5 10 パイルーチェ 牝4 53 横山武史
6 11 スピーディクール 牡4 57 横山典弘
6 12 パラダイスガーデン 牝6 52 武藤雅
7 13 マイネルエスパス 牡6 54 柴田大知
7 14 スティンライクビー せ6 53 江田照男
8 15 スマートダンディー 牡4 57 戸崎圭太
8 16 レッドオーガー 牡4 54 木幡育也

○国枝師「いろいろ弱いところがあって出世が遅れていたけど、ここに来て腰がしっかりしてきた。相手が強くなってどうかだが、この条件は合うのでどこまで通用するか」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走の内容から1000万下で通用するにはもう少し時間が掛かるなあと見ていたウォリアーズクロスですが、結果を残している東京・ダ1400mで一変。ゲートから出していって2番手を取り切った鞍上の好判断・好騎乗によるところが大きかったとはいえ、府中の長い直線を押し切った内容は着差以上の完勝ぶり。トモのクタクタ感は相変わらずも、Wコースで調教が出来るようになるなどこの馬なりに地道に力は付けてくれています。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。ひとまず状態優先で進めてきましたが、大きな問題なく来ていたので、実績のある東京・ダ1400mのココで昇級戦を迎えることとなりました。

今月3日に美浦へ戻ってきたウォリアーズクロスですが、坂路で1本速い時計を出した後はWコースでの追い切りへ移行。1週前はプロディカルサン、今週の追い切りはアーモンドアイと調教駆けする馬を先導し、直線で併せると見劣っていますが、この馬自身は十分な負荷が掛かり、この馬なりに踏ん張ることが出来ています。状態はむしろ今回の方が良いかもしれません。

意外性のある馬なので実績のある条件でいきなり大駆けする可能性は秘めていますが、持ち時計が平凡な馬。ようやく充実してきたとはいえ昇級即通用するほど甘くはないでしょう。今回は過度の期待は控え、現状でどこまでやれるのかを確かめる1戦と個人的には見ていますし、いずれはこのクラスでも十分通用する感触は持っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エルスネル | エレンボーゲン | オーサムゲイル | クァンタムリープ | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サリオス | シグナライズ | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | ハーツクリスタル | パラダイスリーフ | パーフェクトルール | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ベルラガッツォ | ボンディマンシュ | ポレンティア | マカリカ | ミスビアンカ | モンドインテロ | リミットブレイク | ルコントブルー | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴァンタブラック | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フォーエバーローズ | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)リゾネーター | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ロードヴォラーレ | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ