出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ウォリアーズクロス」の198件の投稿

2019年5月17日 (金)

五分のスタートから二の脚が付いてハナを奪うことに成功。ここ数走のように自分のリズムで直線を向くことは出来たも、久々+鼻出血明けでビシビシ攻めることが出来なかった分がさすがに響いて、直線での伸びと粘りを欠いてしまう。★ウォリアーズクロス

20190511

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)9着(8番人気) 石橋脩J

まずまずのスタートから徐々にポジションを上げて、自らレースを先導していきます。直線では懸命に粘り込みを図りましたが、残り200mあたりで先頭を譲ると、その後は後退してしまい中団で流れ込んでいます。

石橋脩騎手「スタートはまずまず出てくれましたし、その後も無理せず先手を取れました。それほどペースを上げずに道中は良い感じに回ってこられたのですが、直線もう一踏ん張り出来そうで出来ませんでした。以前、鼻出血を発症したようですが、そういった苦しさは感じられなかったです。今回は休み明けでしたし、叩いて馬体にシャープさが増してくればもっと良くなりそうな雰囲気を感じましたよ」

国枝調教師「先手を取る形になりましたが、それなりにペースを落とせましたし、良い感じで運べていたと思います。ただ、その割には残り100mくらいでパッタリ止まってしまいましたし、久々の分はあったでしょうが、準オープンでそのまま押し切るのはそう簡単ではないのでしょう。上がりでは鼻出血は見られませんでしたが、トレセンに戻ってからもよく確認しておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:6月2日の東京・麦秋S

国枝師「先週は良い形で運べたのですが、さすがにこのクラスのメンバーではそう簡単に逃げ切らせてもらえませんね。それでも上位と着順ほど差はありませんでしたし、良い内容のレースでした。こちらに戻って馬体を確認したところ、右前膝裏にむくみがありますが、大きな問題はありません。もう少しこちらで様子を見させていただき、問題無ければ6月2日の東京・麦秋Sに向かいたいと思います」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血明けの1戦ということで、追い切りでビシビシ攻めることが出来なかったウォリアーズクロス。今回は太目が残るかなと見ていましたが、当日の馬体重は前走と同じ。日々の運動等で上手に調整し、思った以上に仕上がりは進んでいたようです。

レースでは五分のスタートからスッと出脚が付いて前へ。人気の一角・ハルクンノテソーロが内から先手を奪おうとしたところをそれを封じる形で石橋脩Jは逃げの手へ。キックバックを嫌がる馬なのでスンナリとした展開へ持ち込むことは想定内。外からプレッシャーを掛けてくる馬も見当たらず、この馬のリズムで4角を回って直線を向くことは出来たと思います。あとは追い出しを我慢し、直線でひと伸びするだけでした。

ただ、早目に後続がドッと押し寄せてきたのは誤算。アッサリ交わされまいとウォリアーズクロスと石橋脩Jは残り400mあたりから抵抗しなくてはなりませんでした。そしてアーバンイェーガーに前へ出られた後、しばらくは渋太く食い下がってはいたのですが、残り200mあたりから勢いが弱まり、最後は完全に脚が上がってしまったウォリアーズクロスは9着に終わってしまいました。

率直なところ、もう少し上位へ食い込んで欲しかったのですが、今回は久々と鼻出血明けで加減した攻めに終始した影響が大きかったと思います。さすがに完調手前のデキで準OPで好走できるなんて甘くないですよねぇ。

レース後のウォリアーズクロスですが、鼻出血の発症は認められず。膝裏の浮腫みはちょっと心配ですが、今のところは大きな問題には至らず。このまま変わりがなければ、中2週のローテで来月2日の東京・麦秋Sを予定しています。ひと叩きしたことで今度は中身が伴ってくると思うので、少なくとも今回のような止まり方はしない筈。あと個人的には逃げるよりも揉まれない外目の2・3番手で我慢した方が最後のひと伸びに繋がってくるのかなと見ています。

2019年5月12日 (日)

実績のある舞台で好枠をゲット。前走ぐらい走れればここでも十分チャンスはあるも、今回は鼻出血明けの1戦。過度の期待は控え、まずは無事に走り終えて欲しい。★ウォリアーズクロス

201811_2

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)2枠3番 石橋脩J 

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計

国枝師「2日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行して行き、最後は馬体を並べる形でゴールしています。時計的にはそれほど無理をしていませんので、最後まで馬なりのまま軽いフットワークで登坂できていました。鼻出血に気を付けながら調整を進めてきましたが、ここまで体調面にも変わりなくきています。本数は積んできていますし、走れる態勢は整っていると思いますが、まずは怪我なく無事に回ってきてくれればと思います」(5/8近況)

助 手 8美坂稍 54.3- 39.2- 25.5- 12.8 馬なり余力 レレマーマ(古1600万)馬なりに0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京8日目(05月12日)
12R BSイレブン賞
サラ ダ1400メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ターゲリート 牡6 57 武藤雅
1 2 ハルクンノテソーロ 牡5 57 三浦皇成
2 3 ウォリアーズクロス 牡6 57 石橋脩
2 4 タイセイプレシャス せ7 57 松岡正海
3 5 メガオパールカフェ 牡8 57 川島信二
3 6 ヴォーガ 牡5 57 M.デムーロ
4 7 アーバンイェーガー 牡5 57 戸崎圭太
4 8 マイネルラック 牡6 57 丹内祐次
5 9 グロワールシチー 牡5 57 岩田康誠
5 10 ルッジェーロ 牡4 57 武豊
6 11 ミックベンハー 牡4 57 津村明秀
6 12 ドリュウ 牡4 57 大野拓弥
7 13 イーグルバローズ 牡5 57 D.レーン
7 14 ハニージェイド 牝5 55 川田将雅
8 15 ディープオーパス 牡6 57 坂井瑠星
8 16 ビックリシタナモー 牡5 57 吉田豊

○国枝師 「休み明けで8分くらいの仕上がり。前走は昇級戦を考えれば悪くない内容だった。ゲートが安定して崩れなくなっているし、ペース次第では残り目があっても」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の初戦を2月の東京・銀蹄Sを予定していたのですが、1週前に熱発を発症。回復は早かったですが、一頓挫あったのは事実なので、予定を2週間スライドして京都・河原町Sへ回ることに。初めての関西圏のレースでどういう走りを見せてくれるのかに楽しみを切り替えていたのですが、今度は追い切り後に肺からの鼻出血を確認。まずは静養に努めることになり、出走予定は白紙になってしまいました。昇級戦でクラス突破にメドを立て、6歳となった今年はいよいよ本格化と青写真を描いていたのに見事に出鼻をくじかれることとなってしまいました。

NF天栄へ移動後のウォリアーズクロスは暫くの間、静養に努めるために軽めの調整。坂路調教を再開後も、一気に負荷を高めないように慎重を期してきました。そして本日まで鼻出血を再発することなく、復帰戦を迎えることが出来ました。ビシビシ鍛えられない分、丹念な乗り込みでリカバー。最初は息遣いが重かったのですが、この点もだいぶ解消されてきました。国枝師のジャッジでは8分程度ということですが、実際はもう少し出来ているように思います。

ウォリアーズクロスにとって東京・ダ1400mは500万下と1000万下で2勝している舞台。昇級戦もこの舞台で見せ場たっぷりでした。また、この条件を使う時は内枠を引き当てる強運を発揮。ひと叩きが必要そうな今回も2枠3番と枠は申し分ないと思います。腰が少しずつ強化されてきたことで二の脚が付くようになってきているので、五分のスタートでもスッと前へ行けると思うので、他馬の出方次第では逃げるのもアリでしょう。ただ、大型馬ですがキックバックを嫌がるタイプ。控える競馬になっても、外から被せられたりして内へ押し込められるのは避けて欲しいです。

相手関係に目をやると、前走ぐらい走れればここでもノーチャンスではありませんし、大型馬ながらポン駆けは利くタイプ。しかしながら今回は鼻出血明け。レースへ行っての再発は避けないとダメですから、まずは無事に走り終えることを優先してもらえればと思います。

2019年5月 6日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上関東馬・入厩組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計
・次走予定:5月12日の東京・BSイレブン賞(石橋脩J)

国枝師「2日に南Wコースで併せて追い切りました。3頭併せの最後方を追走して、直線に入って最内に進路を取ると、最後まで良い手応えで重賞ウイナーのロジチャリスと同入しています。以前に鼻出血を起こした経緯がありますので、あまり負荷を掛けすぎないように進めていますが、走りは良いですね。重苦しさを感じさせず、息遣いもまずまずです。来週のレースに向けて、少しずつ状態が上がってきていますので、この調子で進めていきます。鞍上は石橋脩騎手にお願いしています」(5/2近況)

助 手 28南W重 60.1- 44.3- 14.6 馬なり余力
助 手 2南W重 68.3- 52.3- 37.6- 13.4 馬なり余力 ハヤヤッコ(三オープン)一杯の内0.5秒追走0.4秒先着

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計
・5月18日の新潟・ダ1800m・若手(伴J)

加藤征師「2日に南Wコースで、併せて追い切りを行いました。道中はヴェルトゥアルが先行する形で、直線では外目に進路を取ると、重賞馬のグレンツェントと同入しています。前日に降り続いた雨の影響で、かなり馬場状態は悪かったですが、動きはまずまずだったと思います。4月29日に同じコースで追い切った時よりも走りは軽くなっていますし、このまま目標のレースに向けて更に状態を上げていきたいですね。鞍上はこの馬の癖を良く分かってくれている、伴啓太騎手に依頼しています」(5/2近況)

助 手 29南W稍 56.7- 41.6- 14.2 馬なり余力
助 手 2南W重 83.8- 68.0- 52.9- 38.9- 13.2 馬なり余力 グレンツェント(古オープン)馬なりの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土曜の東京・BSイレブン賞で復帰予定のウォリアーズクロスは、2月に鼻出血で出走を見送った経緯があるのでビシビシとはやられていないも、動きそのものは軽快。あとは中身が伴っているかどうかですが、重目は間違いなく残りそう。8割ぐらいのデキでの出走かな? 地道に力は付けて来ているので、今回は地力に期待したいです。

ヴェルトゥアルはやはり18日の新潟・ダ1800mの若手限定戦へ向かうとのこと。鞍上は引き続き伴J。追い切りの動きは可もなく不可もなくという感じですが、まだ時間はあるのでひと追い毎に上向いてきてくれれば。脚質的に展開に左右されますが、自分のスタイルを継続していってもらえればと思います。

2019年4月29日 (月)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Wコースで時計
・次走予定:5月12日の東京・BSイレブン賞

国枝師「24日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線は最内に入れて脚を伸ばして、同入する形で終えています。動きそのものは悪くなかったものの、息はまだゼーゼー言っていて重い印象を受けましたね。鼻出血を発症した経緯があるので無理は出来ませんが、まだ予定しているレースまで時間はありますし、徐々に負荷を掛けていき態勢を整えられればと考えています」(4/25近況)

助 手 21美坂良 59.3- 43.4- 28.0- 13.8 馬なり余力
調教師 24南W良 66.3- 51.4- 37.8- 12.7 馬なり余力 サトノラディウス(三オープン)馬なりの内0.6秒追走同入

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで時計

堀師「先週の金曜日に無事にゲート試験に合格しています。兄姉がそれほどゲートが上手いタイプではないということですし、サリオスも入りに躊躇するような面が見られますから、ゲート内でわざと音を鳴らす等して我慢できるよう工夫しています。また、普段から我がままなところがあるので、そこは今後も注意して躾けていく必要がありますね。ゲート試験後もそこまでガタっときた様子はありませんので、時計を出していきながらこのままデビュー戦に向けて進めていけるかどうか見極めていきたいと考え、25日には坂路コースでサラッと脚を伸ばしています。この調子で徐々に進めていければと思います」(4/25近況)

助 手 21美坂良 61.1- 45.1- 29.6- 14.6 馬なり余力
助 手 25美坂稍 57.1- 40.8- 26.4- 12.8 馬なり余力 ポンデザール(古500万)強目を0.3秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月12日の東京・BSイレブン賞を予定しているウォリアーズクロスは21日に坂路でサラッと乗り、24日はWコースで3頭併せの追い切りを消化。動きそのものはマズマズですが、馬体にかなり余裕があるので息遣いはまだまだ。また、追い切り後に肺からの鼻出血を発症した前回のことがあるので、急激な負荷は危ういところで…。日々の運動をこれまでより時間を掛けていくなど調教メニューを今一度考えて、出走態勢を整えていってもらえればと思います。

ゲート試験に合格したサリオスは、ゲート練習・試験の疲れは見られず。次の段階としてデビューへ向けて時計を出し始めていますが、このままデビューへ向かうのか一息入れるのかは動き次第といったところ。牧場時代は堂々とした賢い馬という印象でしたが、入厩後は我儘なところを見せたりと変わってきているので、悪い方へ進んでいかないように気を付けてもらいたいです。

2019年4月20日 (土)

18日に美浦・国枝厩舎へ帰厩しています。☆ウォリアーズクロス

201904_20

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:18日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:5月12日の東京・BSイレブン賞

国枝師「18日の検疫でこちらに帰厩いたしました。まずは馬体の確認を行い、問題なければ、明日から目標のBSイレブン賞に向けて進めていきます。前回は追い切り後に鼻出血を発症した経緯がありますから、その点はよく気を付けていきます」(4/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血発症によってNF天栄で休養・再調整を行っていたウォリアーズクロス。実績を残している東京・ダ1400mのBSイレブン賞出走へ向け、逆算した形で18日に美浦・国枝厩舎へ帰厩しています。

状態に問題がなければ、早ければ今週末から時計を出し始める筈。ただ、いつもの放牧帰りより馬体重が増え過ぎているのが気になるところ。鼻出血明けなので追い切りでビシビシやる訳には行かないので、日々の運動・調教を見直す必要があるのかなと思います。まあ、その辺のサジ加減は国枝厩舎の厩舎力にお任せするしかありませんが、レースまでの1日1日を有意義に過ごしてもらいたいです。

2019年4月15日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:5月12日の東京・BSイレブン賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同じメニューで進めていますが、本数をこなすに連れて徐々に状態・動きともに良化してきている印象ですね。国枝調教師とは来週帰厩させる方向で打ち合わせていますので、少しでも良い状態で送り出せるよう努めていきます。馬体重は575キロです」(4/12近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「まだ15-14ペースではありますが、今週から坂路コースでの調教を始めました。歩様には相変わらず硬さはありますが、乗り進めていく分には問題なさそうなので、徐々に坂路での負荷を強めていければと思います。馬体重は503キロです」(4/12近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も手応えはまずまずですし、歩様の方も変わりはありませんね。飼い葉もしっかりと食べており、体調面にも問題はなさそうです。馬体重は487キロです」(4/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは今週中の帰厩となりそう。状態は着実に上がってきていると思いますが、馬体がかなり立派なのがちょっと心配。帰厩後は馬場での調教だけでなく、プール調教を取り入れるのも有りでしょう。鼻出血でレースが開きましたが、OP入りを目指してまだまだ頑張って欲しいです。

ブロードアリュールは調教の負荷を高めることは出来ていますが、まだまだ良い頃の動きは戻ってこず。ガラッと変わってくることは期待薄なので、レースを使いつつ、自然と状態が上向いてくれるのを待つしかなさそう。本調子を取り戻せば、500万下は再度勝てる筈ですから。

ヴェルトゥアルはNF天栄の坂路で意欲的な調整。本数を重ねて動きの質を良くしていってもらえればと思いますが、新潟開催への出走は十分間に合いそう。あとは調子に乗り過ぎてオーバーワークに繋がらないようにだけ注意して欲しいです。

2019年4月 6日 (土)

シルクなお馬さん(関東馬・NF天栄在厩組)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:5月12日の東京・BSイレブン賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めています。動きは徐々に上向いてきていますが、まだレースに向かっていくには乗り込み不足な印象を受けます。国枝調教師と相談し、東京4週目を目標に、もう少しこちらで状態アップを図っていく予定となっています。馬体重は565キロです」(4/5近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター、トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「トレッドミルで強めのところを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの乗り運動を開始しています。歩様には依然として硬さがありますが、これまでと比べて大きく悪くなっているわけではありませんので、引き続き十分にケアしながら進めていきます。馬体重は502キロです」(4/5近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースでの調教を開始しており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。まだ、少し歩様に硬さはありますが、乗り進めていく分には問題なさそうなので、今後もケアしながら調整していきたいと思います。馬体重は492キロです」(4/5近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースでの調教を開始しています。まだ15-15とペース的にそれほど速いわけではありませんが、一歩前進できて良かったですね。今のところ左前の状態は維持できていますが、今後もよくケアしながら進めていきます。馬体重は546キロです」(4/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

21日の東京・鎌倉Sでの復帰を望んでいたウォリアーズクロスですが、馬体が絞り切れないことも影響したのか間に合わず。GW明けの東京・BSイレブン賞へ目標を切り替えることとなりました。さすがにここは間に合うと思うので、出来れば早目に美浦へ戻して力を出し切れる態勢を作っていって欲しいものです。

ブロードアリュールはトレッドミルでの調整がメインも、この中間から周回コースでの乗り込みを開始。ただ、前走の疲れが残っているのか歩様に硬さが目立つようです。もうしばらくは脚元のケアをメインにした調整に終始して欲しいです。

ヴェルトゥアルは前走の疲れがまだ歩様に残っていますが、ケアを施しながら順調に攻めを消化。動きは悪くないようですし、状態面は大丈夫そう。この感じだと順調に行ってくれるでしょう。

ジーナアイリスは坂路コースでの調教を再開。ソエと左前の膝に不安を残すも、今のところは我慢が利いた状態です。ただ、油断は禁物なので、脚元へのケアは必要以上に入念に行ってもらいたいです。

2019年4月 1日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしていますが、体調面には変わりありませんね。次の東京開催には1週目に適鞍が組まれていますが、そこに向かえるかは今後の動き次第になると思います。馬体重は566キロです」(3/29近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、脚元に大きな問題は見られませんでした。ただ、歩様を見ると硬さがあるので、現在はトレッドミルでの調整に止めています。まずはレースでの疲れを取ることを重点に進めていきます。馬体重は498キロです」(3/29近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、連闘した疲れからか少し歩様にゴトゴトした感じはありましたね。そこまで長引きそうな感じではありませんが、現在は周回コースで軽めに乗りケアに努めているところです。今後も状態に合わせて進めていきます。馬体重は491キロです」(3/29近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしていますが、調教をこなすに連れて段々と気持ちの面で前向きさが出てきて良くなってきているように思います。先日、加藤調教師が来場されたので今後について相談したところ、東京開催での出走を目指して、来週入厩させる予定となりました。馬体重は525キロです」(3/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは帰厩へ向けて急ピッチ。21日の東京・鎌倉Sは視野に入っているようですが、間に合うかは微妙なところ。そうなるとGW明けの来月12日のBSイレブン賞が目標になってくるのかなと思います。

ブロードアリュールは使ってまもないということもあって歩様が硬め。まずはしっかり疲れを取り除くことが大事です。その後は気持ちと体のバランスを整えながら、コツコツ乗り込むことで良かった頃の姿に近づけていって欲しいです。

ヴェルトゥアルは連闘で使ったこともあり、ブロードアリュールより疲れが目立ちますが、深刻な疲れとまではいかないので大丈夫だと思います。今の状態・雰囲気でも新潟の後半戦なら間に合うでしょう。

ロイヤルアフェアは速いところを乗るようになって大分前向きさが出てきた様子。状態は着実に上がってきていることもあり、今週中に帰厩することになっています。笠松ではダ1400mばかりを使われてきましたが、3歳時はダートの長丁場を使われてきました。まずはどの距離に照準を合わせてくるのか注目したいです。

2019年3月26日 (火)

2回東京開催での復帰を目指すことになりました。☆ウォリアーズクロス

20181014003

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回東京開催
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3回坂路コースでの調教をこなしています。動きはこの馬なりにしっかりしていますし、脚元の状態も落ち着いています。国枝調教師とは次の東京開催を目標に進めていきたいですねと話しています。馬体重は566キロです」(3/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2月の京都・河原町特別へ向けての追い切り中に鼻出血を発症したウォリアーズクロス。NF天栄で静養後、じっくり進められてきましたが、週3回坂路で速いところを乗っても悪い兆候が見られないことから、次の東京開催での復帰を目指すことが決定。番組表を確認したところ、4月21日に東京・鎌倉S(ダ1400m・ハンデ)が組まれているので、ここへ使ってくるのかなと思います。そうなると、来月早々には帰厩することになると思うので、正式に声が掛かるまでは無理のない範囲で状態の維持に努めてもらえればと思います。

6歳とはいえまだキャリア13戦。腰がしっかりしてきたことで力を付けていますから、まだまだ成長の余地はある筈。復帰戦から好走を期待するのは酷ですが、早い段階で準OPを卒業し、OPでも通用する馬へと育ってくれることを期待しています。

2019年3月22日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から週1回終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。状態に合わせて段々と負荷を強めていますが、動き・体調面ともに問題は見られません。ここまでは順調に立ち上げられていると思いますよ。馬体重は569キロです」(3/15近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ここまで軽めの運動で様子を見てきたことで、徐々に背腰の疲れは取れてきている感じだったので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。まだそれほど速いペースではないものの、動きはまずまずですし、状態を見ながら徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は518キロです」(3/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血を発症した為、慎重に調教を進められてきたウォリアーズクロス。ビシビシ攻めている感じとはちょっと違いますが、丹念に乗り込みを重ねて動き・状態は上昇中。この調子で進めていってもらえればと思います。

ロイヤルアフェアは軽めの調整で背腰を中心に疲れの解消に時間を掛けてきましたが、ここにきてようやく坂路での追い切りを開始。気性面でピリッとした馬なので仕上がりは早いタイプ。ウォリアーズクロス同様に帰厩へ向けて前進あるのみです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Poetic Richesの17 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マイティースルーの17 マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ローブティサージュの17 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ