最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ウォリアーズクロス」の206件の投稿

2019年7月15日 (月)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海ステークス
・調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回に登坂回数を増やして乗り込んでいます。年齢的なこともあり、歩様には少し硬さがありますが、乗り進めていて悪くなっているわけではありませんし、新潟開催に向けて順調に進められていますよ。馬体重は473キロです」(7/12近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの運動をスタートしています。外傷についてはもう問題ありませんが、馬体は緩んでしまっていますから、状態を見ながら徐々に立ち上げていきたいと思います。馬体重は512キロです」(7/12近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週2回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、良い意味で状態に変わりありませんし、順調に立ち上げることが出来ています。この調子でまずは中身をしっかりと整えることに重点を置いて進めていければと思います。馬体重は562キロです」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは次走まであと1ヶ月ということで帰厩へ向け、乗り込みを強化。年齢とキャリアを重ねて、柔らかみは薄らいでしまいましたが、入念にケアを行うことによって弱点を補ってもらえればと思います。

馬房内で額をぶつけるアクシデントのあったブロードアリュール。傷の方はもう問題ないようですが、その間、調教を緩めてしまったので、トレッドミルを併用しながら慎重に立ち上げています。焦ることなく、今後も1つ1つ段階を踏んでいってもらえればと思います。

ウォリアーズクロスは先週と同メニューながら、トモの具合は良い意味で安定。少しずつでも体を上手に使えるようになってきたのかなと想像します。ただ、暑さに強い馬ではないと思うので、これから鍛え直していった際、疲れ・反動が出てしまわないかが心配。550キロを超える大型馬なので1つリズムを乱すと、他馬よりもリカバーに時間を要してしまうのが悩ましいものです。

2019年7月10日 (水)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海ステークス
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も脚元を含めて特に問題はありませんが、予定のレースはまだ先ですし、今週は週2日に坂路入りを止めています。動きは良い意味で変わりありませんし、今後も状態に合わせてメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は473キロです」(7/5近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「引き続きトレッドミルでの運動を行っていますが、脚元に問題があるわけではないので、速めのペースでしっかりと負荷と掛けるようにしています。外傷の方も段々と治まってきていますし、今後は獣医の許可が出れば乗り運動に移行する予定となっています。馬体重は510キロです」(7/5近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週2回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ここまで周回コースでの軽めの運動で様子を見ていましたが、トモの状態は維持できていますし、今週から坂路コースでの調教を始めています。現在は終いハロン14秒まで脚を伸ばしており、今のところ疲れは見られないものの、引き続きしっかりとケアしながら進めていきます。馬体重は568キロです」(7/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走予定まで1ヶ月以上あるグランドサッシュは調教内容を微調整しながら、動きと馬体重の維持に努めています。今のところ暑さにクタッとした感じはなし。年齢的にもう多くは望めませんが、順調には来ています。

馬房で頭をぶつけてしまったブロードアリュール。外傷が出来た為、引き続き軽めの調整で様子を見ている現状です。脚元等の不安ではないので、外傷が治まればスムーズに調教メニューを取り戻せるでしょうが、許可が下りるまではのんびり行きましょう。

トモの具合がもう一つだったウォリアーズクロスですが、この中間から坂路入りを再開。馬体重を絞っていくのに苦労するでしょうが、ひとまずは良い方へ進んでいると思います。このまま負荷を高めていっても、トモ・歩様に悪い兆候が現れないことを願うばかりです。

2019年6月29日 (土)

シルク&ロードなお馬さん(6歳上関東牡馬・牧場組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。脚元を含めて疲れは見せず、順調にメニューを消化できています。まだ予定のレースまで時間はありますし、じっくりと中身を整えていければと思います。馬体重は475キロです」(6/28近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間もこれまでと同様のメニューで進めています。乗り進めて悪くなっているわけではありませんが、まだトモの感じを含めて歩様はもう一つといった印象です。しばらくは時間を掛けながら、じっくりと良化を促していく方が良さそうですね。馬体重は567キロです」(6/28近況)

Photo_6 ロードプレミアム

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。先週一杯は余裕を持たせました。そして6月24日(月)より軽く跨り始めるように。ひとまずはコレと言って気に掛かる点も見当たりませんね。短期間の滞在で厩舎へ戻る予定。積極的に乗り進めて行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは予定しているレースまで時間があるのと年齢を考慮して週2回の登坂メニューを続けていますが、この馬なりに順調。ただ、暑さに強い馬ではないので馬体重が減り過ぎてこないように注意はして欲しいです。

ウォリアーズクロスは先週と変わらないメニューを消化できていますが、トモの状態に関しては不安を感じるもの。見た目は元気でも、内面に疲れ・ダメージが残っていると思うので、地道なケアを続けていってもらえればと思います。あとはどのタイミングで上向いてきてくれるか。今の感じだと無理することなく秋の東京開催を視野にじっくり進めて欲しいものです。

プレミアムは函館で1戦しただけなので元気一杯。帰厩すれば10日から2週間以内でレースへ使うことになるでしょうから、緩めることなくしっかり乗り込んで良い状態を保ってもらえればと思います。

2019年6月25日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海ステークス
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は登坂回数を週3回に戻しています。先日、来場された武市調教師と今後について相談したところ、次走は新潟開催に組まれている日本海ステークスが良いだろうということになり、そこを目標に進めていく方針となっています。馬体重は479キロです」(6/21近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの乗り込みを開始しています。依然として歩様に硬さは見られるのでよくケアしながら進めていかないといけませんが、徐々に乗り運動の頻度を増やしていきたいと思います。馬体重は503キロです」(6/21近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの運動を始めています。周回での走りを見てもまだ硬さがありますし、今後も状態に合わせて徐々に進めていきたいと思います。馬体重は557キロです」(6/21近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。念のため先週一杯は軽めの運動に止め、今週から乗り出しを開始し、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。このまま徐々に坂路中心のメニューへ移行していければと思います。馬体重は472キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは復帰戦こそ決まりましたが、約2ヶ月先のレース。そこまで暑さに負けることなく、淡々と進めていければ良いのですが、油断は出来ません。

ブロードアリュールはトレッドミルを併用しながらも、攻めは順調に前進中。歩様の硬さは仕方ないので、調教後のメンテナンスは時間を掛けて行ってもらえればと思います。また、暑さに強いタイプではないので、体調面の変化にも気を配っていって欲しいものです。

ウォリアーズクロスは内面に疲れを抱えているようで身のこなしに硬さが残るとのこと。まだまだ調教の負荷を高めていける段階ではないので、控え目な調教に終始し、状態が上がってくるのを気長に待ってもらえればと思います。

アンブロジオはなかなか結果が伴わなくなってきていますが、それは気持ちの面が影響している感じ。状態面は特に不安はありません。1つキッカケ・リズムを掴むと上昇してくれると思います。集中力を高める意味でチークピーシズやブリンカーの着用を視野に入れておくのも有りかなと思います。

2019年6月19日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は背腰に疲れが溜まり過ぎないように、坂路入りは週2回に止めています。脚元の状態に変わりはありませんし、飼い葉もしっかりと食べて体調面も良い状態を維持できています。馬体重は481キロです」(6/14近況)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの運動を始めています。楽をさせていたこともあり、今のところ歩様には良い意味で変わりありませんが、今後もしっかりとケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は559キロです」(6/14近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースで乗り込みながらもケアを続けてきたことで、背腰の状態はだいぶ上向いてきていたことから、今週から坂路コースでの調教を開始しています。動きに問題はないものの、しばらくはこれくらいのところで乗り込みながら良化を図っていく予定です。馬体重は492キロです」(6/14近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらでも改めて状態を確認しましたが、相変わらず歩様には硬さが見られるものの、レースを使って極端に悪くなった印象はありません。現在はトレッドミルで軽めに進めていますが、まずはレースの疲れをしっかりと取ってから次のステップへ向かいたいと考えています。馬体重は490キロです」(6/14近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、トレセンでの走りが今一つで、中身があまり良くなかったようですし、無理せずトレッドミルでの運動に止めています。飼い葉食いには問題ありませんが、体調面が上向いてくるまでは少し楽をさせてあげた方が良いでしょう。馬体重は552キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは坂路入りを週2回にセーブしていますが、暑さに強くないですし、年齢を考慮すれば賢明な判断かなと思います。帰厩へ目指して状態を上げていってもらえればと思います。

リミットブレイクは急に負荷を掛け過ぎることなく、トレッドミルを併用というのが好感。すぐに坂路入りさせず、段階を踏んでいるのも勿論悪くありません。とにかく休養が長引かないようにお願いします。

ヴェルトゥアルもこの中間から坂路入りを再開。疲れが溜まっていた背腰の不安は和らぎましたが、動きの質が一息なので本数を重ねていく必要がある様子。それでも夏の新潟には十分間に合ってくれそうです。

ブロードアリュールは歩様の硬さは残るも、この馬とすれば許容範囲。ただ、リミットブレイク同様に急に負荷を高めるのは危ういので、1歩1歩段階を踏んでいってもらえればと思います。

1度使った後、続戦することが出来なかったウォリアーズクロス。トレセンでの動きがピリッとしていなかったことから、現在はトレッドミルでの運動のみでリフレッシュ中。これ以上、状態が落ちないようにまずは防いでもらえればと思います。

2019年6月 7日 (金)

5日に追い切りを行うも、引き続き苦しがる仕草を覗かせる。ここで無理をするのは避けてNF天栄で再調整することに。★ウォリアーズクロス

201811_5

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:美浦トレセン/7日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:5日に南Wコースで時計

国枝師「5日に南Wコースで追い切りました。単走で長めから時計を出しましたが、少し苦しがるような仕草を見せていましたし、良い頃に比べると動きはもう一つでしたね。行ければ第3回阪神開催最終週の花のみちステークスと考えていましたが、今週の動きを見ると出走させたとしても良い結果は望めないでしょうし、無理せず時間を置いて立て直した方が良さそうです。一旦ノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただきたいと思います」(6/6近況)

助 手 5南W良 85.0- 70.2- 54.8- 40.2- 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の麦秋Sを状態面の不安から自重したウォリアーズクロス。そのまま放牧に出るのかなと見ていましたが、状態が上向けば23日の阪神・花のみちSへ向かうプランもあったとのこと。ただ、5日に追い切りをかけてみて、引き続き苦しがる仕草を覗かせていたことから、本日7日にNF天栄へ放牧に出されることが決まりました。

この状態で使っても結果は伴わないでしょうし、疲れがドッと出てしまう筈。そうなってしまうと、状態の立て直しにかなりの時間を要するでしょう。余力を多少なりとも残していれば、少しなりともスムーズな回復が叶うでしょうし。ただ、獣医師にチェックしてもらい、状態が上がってこない要因をしっかり掴んでおいて欲しいものです。暑さに弱いのなら北海道まで連れて行くのも1つの手だと思います。

2019年5月31日 (金)

トモの嵌りが悪いなど疲れを感じさせる為、日曜東京・麦秋Sへの出馬投票を見送っています。★ウォリアーズクロス

201905_23

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:未定
・調教内容:29日に南Wコースで時計

国枝師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せの2番手を追走して、直線では真ん中に入れられると、最後は何とか同入しています。少しコーナーでモタつくところがあり、前走後の疲れがまだ残っているのか息遣いもあまり良くなかったですね。また、トモが嵌まっていないような感じで、体を上手く使えていませんから、6月2日の東京・麦秋Sに出馬投票を行いませんでした。今年に入ってから鼻出血を発症していることも踏まえて、無理にレースに使うことはありません。今後についてはもう少しこちらで様子を見て考えたいと思います」(5/30近況)

助 手 26美坂良 57.9- 42.8- 28.0- 14.0 馬なり余力
助 手 29南W重 69.0- 52.8- 38.0- 12.8 馬なり余力 サトノキングダム(古馬3勝)末強目の外0.9秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の更新で前走時の疲れが残り、場合によっては出走を見送ることが伝えられていたウォリアーズクロス。ただ、特別登録を済ませ、29日に追い切りを行っていたので出走へGOサインが出たのかなと見ていましたが、息遣いの悪さ+トモの嵌りが一息などの理由から、日曜東京・麦秋Sへの出走を見合わせることとなりました。

再度、実績のある東京・ダ1400mでの出走だったので期待はしていたのですが、暑さが応えているようですし、仮に使った後の疲れ・反動を考慮すると、賢明な判断だと思います。今後についてはもう少し様子を見て判断するようですすが、欲張らずに一息入れて立て直しを図ってもらいたいです。

2019年5月26日 (日)

シルクなお馬さん(4歳上関東馬・入厩組)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に南Wコースで時計
・次走予定:6月1日の東京・ダ1400m 

尾関師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はブロードアリュールが先行する形で、直線に入って外目に持ち出されると、最後は半馬身ほど遅れて終えています。時計的には十分動けていたと思いますし、併せた格上馬も調教で動く馬ですから、その馬に最後まで食らいつけていたのは良かったと思います。今回の調教でブリンカーを試して見ましたが、一見効いているように見えたものの、乗り手はあまり効果を感じなかったようですね。実際のレースで着用するかはもう少し考えたいと思います。今週の追い切りですと、来週の競馬は使えそうですから、6月1日の東京・ダ1400mに向かいたいと思います。また、少し出だしに硬さがありますので、そこは注意しながら進めていきます」(5/23近況)

助 手 22南W重 83.2- 67.6- 53.0- 39.1- 12.6 馬なり余力 ロサグラウカ(古1600万)強目の外1.4秒先行同入

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:6月2日の東京・麦秋S

国枝師「この中間も様子を見てきましたが、ハッキング時に少し息遣いが良くないですね。まだ疲れが残っているのかもしれませんので、週末から速めのところを行う予定です。 飼い葉はしっかり食べることが出来ていますし、体調面が悪いわけではありませんが、今後も状態が上がってこないようであれば、予定している6月2日の東京・麦秋Sの出走を止めて、いったん牧場へお戻しすることも考えています」(5/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

そろそろ具体的な番組を決めるところまで状態を上げてきたブロードアリュール。22日の追い切りは先週と同じくロサグラウカとの併せ馬。6ハロンの長目から時計を出して動き自体は良好。ただ、レースへ行くと集中力に散漫な面が見られるのが悩ましいところ。この中間の追い切りではブリンカーを試しているようですが、乗り手の感触が一息ということで実戦で装着するかはまだ流動的です。また、今週の追い切りの動きを確かめた後、来週の東京・ダ1400mへ向かうことが決定。丹念に乗り込んできたので仕上がりは進んでいるので、これからの調整はレース当日に硬さを目立たせないようにセーブ気味の調整へ切り替えて、良い雰囲気のままパドックへ出てきて欲しいです。

ウォリアーズクロスは来週の東京・麦秋Sへの出走を予定していますが、息遣いに荒いところがあったりと前走の疲れが尾をひいている感じ。このまま回復がスローなら出走を回避し、状態を立て直すことを視野に入れています。ただ、ここを使わないと、なかなか適鞍が見当たらないので、判断に迷うレベルなら目をつぶって出走させて欲しいです。

2019年5月17日 (金)

五分のスタートから二の脚が付いてハナを奪うことに成功。ここ数走のように自分のリズムで直線を向くことは出来たも、久々+鼻出血明けでビシビシ攻めることが出来なかった分がさすがに響いて、直線での伸びと粘りを欠いてしまう。★ウォリアーズクロス

20190511

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)9着(8番人気) 石橋脩J

まずまずのスタートから徐々にポジションを上げて、自らレースを先導していきます。直線では懸命に粘り込みを図りましたが、残り200mあたりで先頭を譲ると、その後は後退してしまい中団で流れ込んでいます。

石橋脩騎手「スタートはまずまず出てくれましたし、その後も無理せず先手を取れました。それほどペースを上げずに道中は良い感じに回ってこられたのですが、直線もう一踏ん張り出来そうで出来ませんでした。以前、鼻出血を発症したようですが、そういった苦しさは感じられなかったです。今回は休み明けでしたし、叩いて馬体にシャープさが増してくればもっと良くなりそうな雰囲気を感じましたよ」

国枝調教師「先手を取る形になりましたが、それなりにペースを落とせましたし、良い感じで運べていたと思います。ただ、その割には残り100mくらいでパッタリ止まってしまいましたし、久々の分はあったでしょうが、準オープンでそのまま押し切るのはそう簡単ではないのでしょう。上がりでは鼻出血は見られませんでしたが、トレセンに戻ってからもよく確認しておきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:6月2日の東京・麦秋S

国枝師「先週は良い形で運べたのですが、さすがにこのクラスのメンバーではそう簡単に逃げ切らせてもらえませんね。それでも上位と着順ほど差はありませんでしたし、良い内容のレースでした。こちらに戻って馬体を確認したところ、右前膝裏にむくみがありますが、大きな問題はありません。もう少しこちらで様子を見させていただき、問題無ければ6月2日の東京・麦秋Sに向かいたいと思います」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血明けの1戦ということで、追い切りでビシビシ攻めることが出来なかったウォリアーズクロス。今回は太目が残るかなと見ていましたが、当日の馬体重は前走と同じ。日々の運動等で上手に調整し、思った以上に仕上がりは進んでいたようです。

レースでは五分のスタートからスッと出脚が付いて前へ。人気の一角・ハルクンノテソーロが内から先手を奪おうとしたところをそれを封じる形で石橋脩Jは逃げの手へ。キックバックを嫌がる馬なのでスンナリとした展開へ持ち込むことは想定内。外からプレッシャーを掛けてくる馬も見当たらず、この馬のリズムで4角を回って直線を向くことは出来たと思います。あとは追い出しを我慢し、直線でひと伸びするだけでした。

ただ、早目に後続がドッと押し寄せてきたのは誤算。アッサリ交わされまいとウォリアーズクロスと石橋脩Jは残り400mあたりから抵抗しなくてはなりませんでした。そしてアーバンイェーガーに前へ出られた後、しばらくは渋太く食い下がってはいたのですが、残り200mあたりから勢いが弱まり、最後は完全に脚が上がってしまったウォリアーズクロスは9着に終わってしまいました。

率直なところ、もう少し上位へ食い込んで欲しかったのですが、今回は久々と鼻出血明けで加減した攻めに終始した影響が大きかったと思います。さすがに完調手前のデキで準OPで好走できるなんて甘くないですよねぇ。

レース後のウォリアーズクロスですが、鼻出血の発症は認められず。膝裏の浮腫みはちょっと心配ですが、今のところは大きな問題には至らず。このまま変わりがなければ、中2週のローテで来月2日の東京・麦秋Sを予定しています。ひと叩きしたことで今度は中身が伴ってくると思うので、少なくとも今回のような止まり方はしない筈。あと個人的には逃げるよりも揉まれない外目の2・3番手で我慢した方が最後のひと伸びに繋がってくるのかなと見ています。

2019年5月12日 (日)

実績のある舞台で好枠をゲット。前走ぐらい走れればここでも十分チャンスはあるも、今回は鼻出血明けの1戦。過度の期待は控え、まずは無事に走り終えて欲しい。★ウォリアーズクロス

201811_2

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜東京12R BSイレブン賞(ダ1400m)2枠3番 石橋脩J 

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計

国枝師「2日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行して行き、最後は馬体を並べる形でゴールしています。時計的にはそれほど無理をしていませんので、最後まで馬なりのまま軽いフットワークで登坂できていました。鼻出血に気を付けながら調整を進めてきましたが、ここまで体調面にも変わりなくきています。本数は積んできていますし、走れる態勢は整っていると思いますが、まずは怪我なく無事に回ってきてくれればと思います」(5/8近況)

助 手 8美坂稍 54.3- 39.2- 25.5- 12.8 馬なり余力 レレマーマ(古1600万)馬なりに0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京8日目(05月12日)
12R BSイレブン賞
サラ ダ1400メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ターゲリート 牡6 57 武藤雅
1 2 ハルクンノテソーロ 牡5 57 三浦皇成
2 3 ウォリアーズクロス 牡6 57 石橋脩
2 4 タイセイプレシャス せ7 57 松岡正海
3 5 メガオパールカフェ 牡8 57 川島信二
3 6 ヴォーガ 牡5 57 M.デムーロ
4 7 アーバンイェーガー 牡5 57 戸崎圭太
4 8 マイネルラック 牡6 57 丹内祐次
5 9 グロワールシチー 牡5 57 岩田康誠
5 10 ルッジェーロ 牡4 57 武豊
6 11 ミックベンハー 牡4 57 津村明秀
6 12 ドリュウ 牡4 57 大野拓弥
7 13 イーグルバローズ 牡5 57 D.レーン
7 14 ハニージェイド 牝5 55 川田将雅
8 15 ディープオーパス 牡6 57 坂井瑠星
8 16 ビックリシタナモー 牡5 57 吉田豊

○国枝師 「休み明けで8分くらいの仕上がり。前走は昇級戦を考えれば悪くない内容だった。ゲートが安定して崩れなくなっているし、ペース次第では残り目があっても」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の初戦を2月の東京・銀蹄Sを予定していたのですが、1週前に熱発を発症。回復は早かったですが、一頓挫あったのは事実なので、予定を2週間スライドして京都・河原町Sへ回ることに。初めての関西圏のレースでどういう走りを見せてくれるのかに楽しみを切り替えていたのですが、今度は追い切り後に肺からの鼻出血を確認。まずは静養に努めることになり、出走予定は白紙になってしまいました。昇級戦でクラス突破にメドを立て、6歳となった今年はいよいよ本格化と青写真を描いていたのに見事に出鼻をくじかれることとなってしまいました。

NF天栄へ移動後のウォリアーズクロスは暫くの間、静養に努めるために軽めの調整。坂路調教を再開後も、一気に負荷を高めないように慎重を期してきました。そして本日まで鼻出血を再発することなく、復帰戦を迎えることが出来ました。ビシビシ鍛えられない分、丹念な乗り込みでリカバー。最初は息遣いが重かったのですが、この点もだいぶ解消されてきました。国枝師のジャッジでは8分程度ということですが、実際はもう少し出来ているように思います。

ウォリアーズクロスにとって東京・ダ1400mは500万下と1000万下で2勝している舞台。昇級戦もこの舞台で見せ場たっぷりでした。また、この条件を使う時は内枠を引き当てる強運を発揮。ひと叩きが必要そうな今回も2枠3番と枠は申し分ないと思います。腰が少しずつ強化されてきたことで二の脚が付くようになってきているので、五分のスタートでもスッと前へ行けると思うので、他馬の出方次第では逃げるのもアリでしょう。ただ、大型馬ですがキックバックを嫌がるタイプ。控える競馬になっても、外から被せられたりして内へ押し込められるのは避けて欲しいです。

相手関係に目をやると、前走ぐらい走れればここでもノーチャンスではありませんし、大型馬ながらポン駆けは利くタイプ。しかしながら今回は鼻出血明け。レースへ行っての再発は避けないとダメですから、まずは無事に走り終えることを優先してもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ