出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ウォリアーズクロス」の102件の投稿

2017年6月27日 (火)

シルクなお馬さん(牡馬・北海道調整組)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回トレッドミルでダク、残りの日はウォーキングマシン

担当者「ウォーキングマシンで様子を見てきましたが、脚元の状態は良い意味で落ち着いていますので、この中間からトレッドミルでダクを始めています。一つステップアップできたのは良かったですし、様子を見ながらキャンターに移行していくタイミングを図っていきたいと思います」(6/23近況)

Photo ディグニファイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回トレッドミルで常歩、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間もトレッドミルで15分の常歩を中心に調教を行っています。運動量が多くないので仕方のないところがありますが、馬体重562キロの数字が示すように、馬体を見ても緩さが目に付きますし、脚元への負担を考えてもあまり大きくは増やしたくないところですね」(6/23近況)

Photo ワンダフルラスター

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・次走予定:札幌開催
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、残りの日はトレッドミルでハロン22~30秒のキャンター

担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。坂路では手応え良く登ってこれていますし、やはり力がある馬だと感じますが、結果を見るとそれがレースに行って上手く繋がっていない感じがしますね。こちらでも出来るだけ、精神的な部分によく注意を払いながら、調教を進めていきたいと思います」(6/23近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:舎飼

担当者「この中間は舎飼で様子を見ている状況ですが、患部に腫れ・熱感は見られるものの、良い意味で状態は安定しています。獣医とよく相談し、ゴーサインが出れば、曳き運動等の軽めのところから動かしていくことになると思います」(6/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールはウォーキングマシンのみの生活から半歩前進。トレッドミルで軽く動き出しています。トントン拍子には行きませんが、着実に前進を図っていって欲しいです。

ディグニファイドは骨折箇所の抜糸を終え、引き続きトレッドミルで運動中。良い感じに進んでいますが、馬体重が増えすぎないように上限を決めておいて欲しいです。

ワンダフルラスターは札幌開催での出走を目指して、攻めを強化中。動きは500万下にいる馬ではありませんが、集中力の途切れ方が激しい同馬。それを改善するのは至難の業です。

ウォリアーズクロスは術後で静養中。まずは患部の腫れ・熱感が取れてくるまでは無理はできません。素直に大人しく退屈な日々を過ごして欲しいです。

2017年6月17日 (土)

13日に社台ホースクリニックで骨片摘出手術を行っています。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「13日に社台ホースクリニックで関節鏡による骨片摘出手術を行いました。実際に手術を行ってみると、前回の骨折箇所とは異なり、橈側手根骨と中間手根骨に骨片がありそれを摘出しました。骨折の程度から、トレッドミルでのリハビリ開始までには3ヶ月程度かかる見込みです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

再度の骨折が判明し、NF空港へ移動していたウォリアーズクロス。早速13日に社台ホースクリニックで骨片摘出手術を行っています。

無事終えたようですが、関節鏡で内部を覗くと、2箇所に骨片の剥離が判明。当初の診断は全治6ヶ月でしたが、トレッドミルでのリハビリ開始まで3ヶ月程度要するとのことなので、復帰へとなると半年では無理でしょう。順調に行ったとして9ヶ月くらいかな? 骨折の程度も軽いとは言えないようですし。

まあ、起きてしまったことは仕方ないので、今はしっかり静養に努め、運動開始後は復帰への道筋を着実に歩んでもらいたいです。また、この機会に骨折箇所だけでなく、弱さが残る左トモへのケア・治療を積極的にやって欲しいです。

2017年6月 9日 (金)

3日の調教後、右前の膝に腫れと熱感。前回と同じ右第三手根骨の骨折が判明しました。★ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:7日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

国枝師「3日の調教後、右前の膝に腫れと熱感が出て、歩様にも出たのでレントゲン検査を行ったところ、右第三手根骨の骨折が見つかりました。前回と同じ骨ですが、剥離したのは前回とは違う場所で、今回も全治6か月の診断がおりました。左トモの弱さ故に、どうしても右前の負担が大きくなるのだと思います。7日に一旦天栄へ放牧に出しますが、近々北海道に移動し社台クリニックで手術を行う予定です」(6/7近況)

⇒⇒9日(金)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動する予定です。(8日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の東京・ダ1300mで連勝を期待していたウォリアーズクロス。坂路オンリーの追い切りながら丹念に時計を出していました。これなら良い感じでレースへ行けると思っていたのですが、3日の調教後に右前の膝に腫れ・熱感。歩様にも違和感が出て、詳しい検査を行ったところ、右第三手根骨の骨折が判明してしまいました。

前回と同じ骨を骨折した訳ですが、場所自体は違うとのこと。ただ、左トモに弱さを抱えるので、対面となる右前への負担が大きいです。

現在、ウォリアーズクロスはNF天栄へ移動済。そして本日NF空港へ向けて出発するとのこと。

再度、レースが開いてしまいますが、今にして思うと、前回いきなり勝てたことは大きいですね。今は手術を無事終え、淡々と復帰へ向けての道のりを歩んでくれることを願っています。また、この機会に左トモのケア・治療を併行して進めてもらいたいです。

2017年6月 1日 (木)

シルクなお馬さん(国枝厩舎)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで31日に時計
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m

国枝師「31日に坂路コースで時計を出し、併走馬を追走・同入しています。余力十分でいい動きを見せていました。強めの調教を行った日の午後には、ダクをさせると相変わらず左トモの歩様はぎこちないですが、以前と比べても悪くはならないので、引き続きケアをしながら進めていきます」(6/1近況)

助 手 28南坂良 57.7- 42.9- 28.5- 14.4 馬なり余力
助 手 31南坂良 52.1- 38.9- 26.1- 13.1 馬なり余力 モクレレ(三未勝)馬なりを0.5秒追走同入 

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めのキャンター/ゲート練習

国枝師「入厩後はゲート練習を中心に調教を進めていますが、環境の変化に戸惑うことなく飼い葉食いは良好ですし、キャンターでも良い動きを見せてくれ、さすがは良血馬だなと思わせてくれます。ただ少し周りに気を使うところがあり、角馬場で運動していても他馬を気にする素振りを見せますし、ゲート練習でも最初は素直に通過していたのが、段々と警戒するような面が出てきていますから、ここは焦って進めるよりもじっくりと慣らしていきながら調整していった方が良いと思います」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは相変わらずビシビシやれませんが、坂路でそれなりに速い時計はマーク。追い切り後、多少反動は窺えますが、許容範囲でしょう。現状維持のメニューでレース当日まで順調に進んでいって欲しいです。

調整自体は順調なアーモンドアイ。キャンターの動きにはやはり良いモノがある様子。ただ、一方でこの母系に見られる気の小ささが課題。周囲への警戒心が強すぎるみたいなので、時間をかけて教えることでアーモンドアイに競馬というのものを納得・理解してもらないといけません。

2017年5月25日 (木)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで24日に時計
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m

国枝師「帰厩後はプール調教も行いながら様子を見ていましたが、歩様はこの馬なりに悪くないので、24日に坂路コースで単走で時計を出しました。今後も様子を見ながら、予定している東京3週目に向けて進めていきます」(5/25近況)

助 手 24南坂良 57.1- 42.5- 27.7- 13.2 馬なり余力

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:6月10日の東京・障害未勝利(五十嵐J)

尾関師「前走の疲れがなかなか取れないようなら、一息入れることも考えましたが、先週いっぱい様子を見ていたところ、順調に回復しているようなので、予定通り東京2週目に向かいたいと思います。中間に障害練習をするかどうかは、五十嵐騎手と相談して決めたいと思います」(5/25近況)

Photo_3 マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:24日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神6月10日・芝1200m(森裕J)

橋口慎師「24日に坂路で追い切りました。テンからビッシリ仕掛けて行きましたが、終いもバテることなく、これまでにない動きを見せてくれましたよ。以前ならテンから出して行くと、終いは甘くなっていましたから、それだけトモがしっかりしてきたと言うことでしょう。ここに来てグングン良くなっているのは確かですし、あとはこの馬に合った適性を探してあげれば、どこかで嵌ってくれるはずです。あと2週間しっかり仕上げられるので、いい状態でレースに向かえるように調整していきたいと思います」(5/25近況)

助 手 21栗坂良 55.9- 40.8- 26.5- 13.1 馬なり余力 クィーンズロード(三未勝)馬なりに0.1秒先行0.1秒遅れ
助 手 24栗坂良 52.6- 38.3- 25.1- 12.7 叩き一杯 クィーンズロード(三未勝)一杯に0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは帰厩後の初時計を24日にマーク。ひとまず無理のない範囲ですが、数をしっかりこなして状態を上げていってもらえればと思います。また、脚元の不安+大型馬ということを踏まえると、プール調教は有効だと思います。上手に併用していって欲しいです。

リミットブレイクは軽めの調整で回復を促しています。今の感じだと続戦可能そう。ただ、厩舎に滞在して連戦すると、決まって着順を落とすタイプ。そこが悩ましいところです。

マンボビートは坂路追いで併走遅れが続いていますが、この馬なりには動けています。ビシビシやれているように、体調には何ら不安はありません。あとは芝の短距離で持ち味・良さを出し切ることができるかどうか。まあ、この点はレースへ行ってみないとハッキリしません。

2017年5月24日 (水)

16日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:16日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m

国枝師「16日に美浦トレセンへ帰厩しました。左トモの状態は、この馬なりに悪くないので、予定のレースに向けて状態を見ながら進めていきたいと思います」(5/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩の話はまだ出ていなかったウォリアーズクロスですが、16日に美浦へ。よくよく考えれば、前走もレース1ヶ月前に戻って、丹念に乗り込んでの出走でした。今回もその流れを汲んで、レースへ向けての態勢を整えていくことになるのでしょう。

ウィークポイントの左トモは良くも悪くもなっていない感じ。これからもこういう感じで推移していくでしょうから、上手に付き合っていくしかありません。

次走は再度500万下への出走。連勝を期待したいところですが、直線の長い東京はあまり良いイメージはありません。逆に東京でも結果を出せれば、先々への期待が高まります。

2017年5月14日 (日)

シルクなお馬さん(NF天栄組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回周回コースで6ハロンから15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調で、引き続き坂路コースと周回コースを併用して調教を進めています。動きに関しては問題ありませんし、強めを行っても左トモの状態は悪くなっていません。予定のレースに向けてこのまま進めていけると思います。馬体重は543キロです」(5/12近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月17日の東京・ジューンS
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整されています。乗り込みつつ動きはだいぶ上向いてきました。脚元は今のところ落ち着いていますが、今後も注意は必要でしょう。武市先生と相談し、3回東京3週目のジューンSを目標に進めていくことになりました馬体重は482キロです」(5/12近況)

Photo パブロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで常歩

天栄担当者「皮膚病の症状が落ち着いてきたことから、週明けに右前の球節に消炎剤を入れて治療を行いました。そのため、今はトレッドミルで常歩の調整にセーブしています。来週ぐらいからトレッドミルのペースを上げていけると思います。馬体重は476キロです」(5/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは今の感じだと予定のレースへ間に合いそう。再度500万下なので勿論好走→連勝を期待したいです。

グランドサッシュは正式に来月17日のジューンSへ。ただ、脚元の不安は解消できていないので、オーバーワークに繋がることは避けて欲しいです。

パブロは消炎剤を用いての治療を敢行。ひとまずトレッドミルでの軽めの調整で様子を見ています。この治療で少しでも腫れ等が落ち着いてくれれば。

2017年5月10日 (水)

シルクなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m
・調教内容:週1回坂路コースで15-14、週1回周回コースで5ハロンから15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も特に変わりなく順調です。左トモに弱さがあるので、坂路コースと周回コースを併用して強めを行っています。左トモの状態はまずまずというところなので、予定のレースに向けてこのまま進めていけると思います。馬体重は549キロです」(5/5近況)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースで15-15の調教を始めています。今のところ左前球節の状態は変わらず落ち着いていますので、今後も様子を見ながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は502キロです」(5/5近況)

Photo パブロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでキャンター

天栄担当者「脚元の状態はあまり良化してこないので、消炎剤を入れることを検討しています。ただ治療を行うと抵抗力が落ちることが予想されますが、今ちょうど皮膚病が出ていて、それが悪化してしまう可能性が考えられるので、皮膚病が落ち着いてから治療を行う予定となっています。馬体重は480キロです」(5/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは坂路でやり過ぎるとトモに疲れが出やすいので、周回コースで長めも乗っています。トモの弱さはこれからも付き合っていかないとダメですから、この馬なりの調整法を確立していって欲しいです。

ゼーヴィントは坂路で速いところを乗り出しました。慎重に進めてきたので、脚元への反動は大丈夫そう。これからも段階を踏んでいって、帰厩のメドが立ってくれれば。

トレッドミルで徐々に負荷を高めてきたパブロですが、脚元の良化が一息。それを受け、体調が整い次第、消炎剤の使用を予定しています。去勢手術をして、気性だけでなく体質の強化も期待したのですが、正直効果は薄いように思います。今は1日でも早く騎乗運動を再開できることを願うばかりです。

2017年5月 2日 (火)

次走はクラス再編成後の東京・ダ1300mを予定。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月17日の東京・ダ1300m
・調教内容:週1回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「競馬の後も特に大きなダメージはありませんでしたので、今週から坂路コースにも入れています。左トモの状態も送り出す前と比べても、大きく悪くなっているわけではありません。国枝先生と打ち合わせ、500万クラス降級後の3回東京3週目のダ1300mを目指すことになりました。まずは疲労回復に努めてから、目標に向けて調整していきたいと思います。馬体重は550キロです」(4/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後のウォリアーズクロスですが、大きな反動なく、坂路入りを開始。弱いところを抱えていますが、これは上手に付き合っていくしかありません。

前走を勝って1000万下の身ですが、まもなく行われるクラス再編成で500万下へ戻ります。1度1000万下を使うのかなと見ていましたが、無理することなく降級後の来月17日の東京・ダ1300mに照準を合わせることに。勝っているクラスなので連勝を狙うぐらいの意気込みで臨んでもらえればと思います。

2017年4月20日 (木)

正直勝てるとは思ってなかったも、鞍上のソツのない騎乗が光り、3番手追走から楽に抜け出しての2勝目。☆ウォリアーズクロス

Photo ウォリアーズクロス(牡・国枝)父Warrior's Reward 母Dattts Cool

日曜中山6R 4歳上500万下(ダ1200m)優勝(1番人気) ルメールJ

シャドーロール着用。まずまずのスタートからスッと行き脚を付け、道中は好位の3番手を追走、直線に向いて追い出され、残り200m付近で先頭に立つと、そのまま後続の追撃を凌ぎ切り、約9ヶ月ぶりのレースを勝利で飾っています。

C.ルメール騎手「砂を被らないようにして欲しいということでしたのでスタートから押して行ったら、いいポジションを取ることができました。ペースが速かったですが4コーナーで上手く息を入れることができましたので、最後の直線で追ってからもいい脚を使ってくれました。大きな馬で休み明けだったのにこれだけ走れたのですから、次走はもっと良くなると思います」

国枝調教師「1200mは少し忙しいかなと思っていましたが、スタートからいいスピードを見せてくれましたし、十分に対応してくれましたね。どうしても左トモの弱さがネックになっていて、競馬前日に確認した時も出がけの歩様が硬かったのですが、それは今後も上手く付き合っていくしかないと思います。今回は久々の競馬で頑張ってくれたので、一旦放牧に出してリフレッシュさせる方がいいでしょう。放牧先での状態を見ながら次走を検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

久々の競馬でも楽に先行でき、揉まれないポジションで流れに乗れた。速いペースで追いかけた分、ゴール前で脚が上がったが、きっちり押し切っての快勝。ここではスピードが上だった。(G誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:19日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

国枝師「レース後も馬体・脚元に大きな変化はありませんでした。左トモも競馬の後だからと言って、そこまで大きく疲れているというわけではありません。ただ、長期休養明けでもよく走ってくれたので、予定通り一息入れてあげたいと思います」(4/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折休養から9ヶ月ぶりの実戦。それでいて馬体がパンとしない中での出走だったので、結果は二の次で無事に走り終えてくれれば良かったウォリアーズクロス。プラス18キロと大きく増えての出走でしたが、元々500キロを超える雄大な馬体の持ち主なので、パドックでの姿は太目感なし。ビシビシやれてはいませんでしたが、丹念に乗り込んできた成果でしょう。

スタートはそう速くなかったですが、芝で二の脚が付く予想外の走りでダートへ移る時にはハナへ行けそうなくらいの勢い。ひとまず行きたい馬を行かせ、揉まれない位置での追走できたのは大きかったです。このあたりはさすがルメールJですね。また、勝負どころからセレノグラフィーが被せてきましたが、内からしっかり抵抗して進路を確保。最後の直線で追われると、手応え通りに先頭へ。スッと後続を離すことはできませんでしたが、余力十分の走り。最後2着馬が強襲してきましたが、着差以上の完勝だったと思います。

終わってみれば、1番人気に支持されての2勝目。相手関係に恵まれた面もあったかなと思いますが、クラス再編成を前に1つ勝てたのは大きいです。不安を抱えながらのこの頑張りは頭の下がる思いです。

レース後、反動が出ることを心配しましたが、今のところ大丈夫そう。あとは時間が経って、ドッと疲れが出ないことを願うのみ。次走に関しては焦る必要はないので、しっかり時間を取って、馬体のメンテナンスに取り組んでもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンダフルラスター | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ