2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「バラキエル」の18件の投稿

2020年3月15日 (日)

【動画更新】バラキエル

↑↑↑

Photo バラキエル

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

敏感な気性なのかなと思うバラキエルですが、非凡な脚力は秘めています。気性が悪い方へ向かなけば…。動画では最後苦しくなって内へモタれ加減だったので、今しばらくはペースアップは控え、コツコツ乗り込むことで心身の成長と基礎体力の向上を図ってもらえればと思います。

2020年3月 5日 (木)

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・父初年度産駒以外)

202003_20200305061203

Photo バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「リフレッシュ期間を経て、この中間は元の調教メニューに戻して乗り込んでいます。現在は週3回坂路で16-16のペースで登坂しており、そのうちの2回はハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。手応え的にはまだ物足りなさがあるものの、動きは良く、このまま登坂回数を重ねていけば更に力強さが増してくるでしょう。飼い葉食いが旺盛なことから、以前より馬体に幅が出て逞しくなり、コンディションが良好で不安なところはありません。気性面はまだ幼く、以前より大人になってきましたが、まだまだ子供のようなところがあるので、今後も意識しながら調教を続けていきたいと思います。馬体重は489キロです」(3/1近況)

202003_20200305061201

Photo ヒーズオールザット(牡・藤原英)父ブラックタイド 母シーイズトウショウ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「前回同様の調教メニューで調整を続けていますが、ハロン15秒にも慣れてきたようで、徐々に体全体を使うことができるようになり、バランス良くブレることなく走れています。少し硬さのあったトモの動きも、最近はとても柔らかくなってきて、同時に力強さも出てきました。馬体重も増加傾向にありますが、決して太っているわけではなく、成長が感じられる体つきになってきています。精神的には少しチャカチャカすることがありますが、運動中は我慢してしっかり常歩ができているので、現状では問題ないと思います。脚元に不安はなく毛艶も良好で、健康状態に心配はありません。飼い葉もしっかり食べてくれるので、順調に進めることができています。今後も適度に休養を入れつつ、メリハリを付けた調整を続けていきます。馬体重は510キロです」(3/1近況)

202003_20200305061202

Photo ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教のペースを更に上げて、ハロン16秒から日によってはハロン15秒まで伸ばしています。身のこなしが良く、このペースでもしっかりと対応することができており、良化スピードが速いなと感じています。特に体の使い方が上手で、ダイナミックなフットワークはパワーを感じますね。トモにはまだ緩さがあり、前重心になりがちなのですが、そういう面が解消されてもう少し上体が起きてくれば、走りの質は更に良くなっていくと思います。馬体重が増えつつも無駄な肉がなくなり、かなり引き締まった体つきになってきましたが、全体的にもう少し筋肉量が増えてくれば言うことはないですね。性格は少し我の強さこそあるものの、調教中は素直で大人しく、大きな問題はありません。しばらくは今のペースでしっかり乗り込み、鍛えていきたいと思います。馬体重は504キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

バラキエルは身体能力の高さを感じる1頭ですが、鍵を握るのは精神面の幼さ。気持ちが悪い方へ向いてしまうと立て直しに窮すると思うので、少しずつでも子供っぽさを解消・緩和へ尽力してもらいたいです。また、体の使い方も雑なところを感じるので、フォーム固めが必要かなと思います。

ヒールオールザットは調教のペースアップは控えられていますが、コツコツ乗り込むことが出来たことで力強さが加わってきた様子。馬体重も増加傾向ですが、お腹回りはもう少し重厚な造りでも良いかも。性格はまだまだ子供っぽいと思うので、牡馬でもあるので、堂々と構えることが出来るような精神面の逞しさが伴ってきて欲しいです。

ロコポルティはトモの緩さを残しますが、身のこなし自体は競走馬としてのセンスの良さを感じます。また、今回更新された画像を見ると、毛ヅヤ・張りとは前回から一変。コツコツ鍛えられてきたことで内面の強化が進め、体調も頗る良さそうです。今の雰囲気を維持して更なるパワーアップを図ってもらえればと思います。

2020年2月29日 (土)

【動画更新】グレイシャーパーク&バラキエル

↑↑↑

Photo グレイシャーパーク

↑↑↑

Photo バラキエル

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グレイシャーパークは小気味よい走りを見せてくれていますが、馬体の成長に物足りなさも。今のところはオンオフの切り替えが上手に出来ているようですが、レースを使っていくとピリピリしてきそうな気もします。良いモノはあるので、心身の成長度が同馬の活躍を左右してくるのかなと思います。

バラキエルはトモが流れたり、馬場に脚を取られる場面が目立ちますが、スピード感はなかなか。脚捌きは硬めに見えるので、ダートの方が合っているかもしれません。私が出資しているボンディマンシュに近いタイプかなと思います。

2020年2月 5日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・関西馬)

202002_20200204083001

Photo アリーヴォ(牡・杉山)父ドゥラメンテ 母エスメラルディーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「年明けにリフレッシュ期間を設けましたが、その後は坂路コースと周回コースでのトレーニングを行っています。少しずつ力が付いてきていることから、徐々に緩さも取れてきており、坂路でも安定した走りを見せるようになってきています。それでも、まだ緩いところは残していますし、5月生まれということ考えれば、今後さらに成長して良くなってきそうですから楽しみですね。調教が進んで少し気の強い部分は出てきましたが、手の掛かるような感じではありませんし、変にテンションも上がらず飼い葉食いは安定しています。脚元も問題はありませんし、しばらくはこれくらいのところで乗り込んで基礎強化に努めていきたいと思います。馬体重は471キロです」(2/1近況)

202002_20200204083701

Photo バラキエル(牡・大久保)父ロードカナロア 母スリールドランジュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「今はリフレッシュのため乗り運動は控えていますが、ハロン16秒ペースでも段々と手応えが上向いてきていたことから、この中間は坂路コースではハロン15秒まで脚を伸ばしていました。ペースアップ後は手応えという点では見劣りますが、動き自体は先月よりも増々良くなってきている印象です。このままハロン15秒ペースのトレーニングを継続していれば、さらなるパワーアップを期待できますし、この調子で順調に進めていきたいところです。馬体重は少し増えましたが、無駄な脂肪が付いたわけではなく、馬体が大きくなり幅も出て来て、良い感じにメリハリが出てきています。馬体の方は良い成長曲線を描けていますが、精神的には幼いところがありますから、今後も我儘をさせないように気を付けて進めていきます。馬体重は483キロです」(2/1近況)

202002_20200204084701

Photo ヒーズオールザット(牡・藤原英)父ブラックタイド 母シーイズトウショウ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も歩様の状態を確認しながら調教を進めてまいりましたが、最初は硬さがありながらも、日に日に良化が窺えたことから、元の調教メニューに戻しています。現在は坂路で16-16から、速い日はハロン15秒まで脚を伸ばすようにしていますが、負荷を掛けた後も歩様が乱れることはなく、登坂回数を重ねていくにつれて力強くなってきた印象を受けます。ややピリッとしたところがあり、調教を進めてテンションが上がり過ぎないように心掛けていますが、前向きさを見せながらも、鞍上の指示に対応してくれますし、柔軟な性格の持ち主ですから、今の雰囲気のまま進めて行けそうです。寝違いはありましたが、馬にとってはいいリフレッシュ期間になったようで、馬体も大きくなって成長が感じられますし、気持ちの方も元気いっぱいの様子です。後はひと息入った分、馬体が緩くなってしまったので、それがフィットすれば更に良い馬体になってくるでしょう。馬体重は502キロです」(2/1近況)

202002_20200204090701

Photo ピクシーナイト(牡・音無)父モーリス 母ピクシーホロウ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「1月初めにリフレッシュを取り入れましたが、その後は坂路コース中心の乗り込みを行っています。この中間からペースをハロン15秒まで上げており、まだ終いは少し手応えが甘くなる部分はあるものの、この1ヶ月で調教の動きはだいぶ良くなってきたように感じます。乗り込みを継続していることで、段々と馬体の緩みが取れてきていますし、この時期にしては毛艶が良好で、体調の良さが目に見て取れますね。相変わらずこちらの指示を素直に聞いてくれるため、特に問題が起こることなく調教を進められており、今後は登坂本数を増やすことも視野に入れながら調整していければと思います。馬体重は503キロです」(2/1近況)

202002_20200204081501

Photo ロコポルティ(牡・西園)父ヘニーヒューズ 母サダムグランジュテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「調教メニューとしては前回と同じですが、先月と比べてまだ一段とパワーアップしたように感じられ、よりダート馬らしい前肢の掻き込みとなってきましたよ。力強く坂路を登坂している姿は迫力十分で、雄大な馬体に更に筋肉が付き始め、緩さを残しながらもメリハリが利いた体つきになってきました。時期的なこともありますが、他の馬と比較すると馬体の艶がもう一つですから、体調管理には気を付けておきたいですね。ただ、飼い葉をしっかり食べていますし、コンディションも悪くないので、体調に合わせて進めていけば、徐々に張り・艶も元に戻ってくるでしょう。ここまで想像していた通りに成長してくれているので、良化が窺えるまではこれまで通り、じっくり馬の状態に合わせながら調教計画を立てて行きたいと思います。馬体重は499キロです」(2/1近況)

202002_20200204082301

Photo イルデレーヴ(牡・池添学)父ミッキーアイル 母デイトユアドリーム

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も先月と同じ坂路でハロン16秒のペースで乗り込んでいますがが、疲れを見せることもなく最後までブレずに力強く登坂していますよ。血統的に前向きでスピードのあるタイプですから、気持ちだけが先行しないようにコントロールしながら調教に取り組むように心掛けています。ここまでじっくり進めていますが、今のペースなら気持ちが悪い方に向くことはなく、力みや折り合いを欠くこともないですし、ここまで順調そのものです。脚元や飼い葉食いが悪くなることはないですし、運動後も元気いっぱいの様子ですから、基礎体力も段々と身に付いてきているのでしょう。馬体も徐々に成長しているので、この調子で大事に育てていきたいと思います。馬体重は477キロです」(2/1近況)

202002_20200204080801

Photo グレイシャーパーク(牝・高橋忠)父Dawn Approach 母カリスペル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回ロンギ場、残りの日は軽めの調整

担当者「適度にリフレッシュ期間を設けていることもあって、この中間も順調に調教に取り組むことが出来ています。現在も週2回坂路2本目に15-15のペースで乗り込んでいますが、最後まで疲れを見せることもなく元気いっぱいに駆け上がっています。欲を言えば、もう少しトモの踏み込みに力強さが付いて欲しいのと、ラスト1ハロンの手応えが更に良くなって欲しいところですが、登坂回数を重ねて徐々に良くなってきているので、この調子で鍛えて行きたいですね。馬体重は数字こそ大きな変動はないですが、今年に入って全体的に馬体に幅が出てきた印象を受けますし、この時期としては張り・艶も良いので、コンディションは良いと思います。精神的にも普段から落ち着いて穏やかに過ごしていますし、飼い葉も残すことなく完食しているので、今後も体調管理には気を付けながら、調教を進めていきたいと思います。馬体重は444キロです」(2/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アリーヴォは骨格の割にまだまだ華奢な馬体。全体的にボリュームアップして欲しいですが、一応先月と比べると10キロ増。良い傾向ではあります。また、最新の動画では少し力んだ走りにも見えたので、馬体を大きく使える走りをしっかり習得してもらえればと思います。前捌きを見ると、やはりダートの方が良さそうです。

バラキエルは現在リフレッシュさせていますが、坂路でハロン15秒の調教は経験済。精神面の幼さが多く残っている分、最新動画でもバタバタした走りでフォームの纏まりが一息でしたが、それでもそれなりの時計が出ているように身体能力の高さの証明でしょう。気性面で落ち着きが出てきて、操縦性が高まって来てくれれば、良い動きを見せてくれると思います。気持ちが悪い方へ向かないように注意し、焦ることなくマイペースを貫いてもらえればと思います。

寝違いから歩様に少し違和感が出たヒーズオールザットですが、その後は症状がぶり返すことなく、淡々と乗り込むことが出来ています。馬体も大きく成長してきてくれているので、もう少しの間は土台づくりということで、負荷を高めることはせず、心身の成長を最優先してもらえればと思います。芝の中距離で活躍して欲しい馬ですが、父ブラックタイドなので芝で通用する速い脚に持ち合わせていないかもしれません。

血統を見ると、気難しいところがあっても不思議ないピクシーナイトですが、動画を見ても、全く乗り難しさは感じませんし、フットワークの軽さは目立ちます。少し頭の高い走法は母父キングヘイローの血が出ているのかなと思います。あとは500キロを誇る雄大な馬体に力強さが加わってきてくれれば、父を彷彿とさせるダイナミックな走りへと進化していってくれるかなと想像します。また、距離は2000mまで克服して欲しいですが、マイルがベストな馬かなと見ています。

ロコポルティは先月と同様のメニューでコツコツ乗り込み中ですが、馬体重が増えたのは良い筋肉が付いてきた証拠かなと。食欲もしっかりしているので鍛え甲斐はあると思います。毛ヅヤについては先月の写真も冬毛が伸びていたので、寒い時季よりは暑い時季の方が合っているタイプ? まあ、内面がしっかりしていないことを証明していると思うので、動きに迫力が出てきたと言っても、慌ててはいけません。その辺はしっかり把握してくれているのは頼もしいです。

イルデレーヴも更新された画像を見ると、毛ヅヤが一息。コツコツ乗り込むことは出来ていますが、内面はパンとしていないのでしょうねえ。それでも調教は前向きに取り組んでくれているので、芝でも通用する軽さが備わって来てくれれば…。現状はちょっとダート向きかなと見ています。

グレイシャーパークはごく短期間でリフレッシュさせつつ、乗り込みは継続中。終いが少し甘くなるのは気持ちに体が付いてきていないのが大きいのかなと思いますが、体をしっかり使って走ることが出来るのはこの馬の長所。今後もコツコツ乗り込みながら、カイバをもっと食わし込んでも良いのかなと思います。

2020年1月31日 (金)

【動画更新】アリーヴォ&バラキエル

↑↑↑

Photo アリーヴォ

↑↑↑

Photo バラキエル

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アリーヴォは行きっぷりの良さは好印象ですが、足腰がしっかりしていない分、最後は失速気味。力んで走っている分もあるのかなと思います。ひとまず丹念に乗り込みながら、良い意味で走りに余裕が出てきてくれればと思います。

バラキエルはガムシャラな走りでフットワークが綺麗とは言えませんが、何とか併走馬に食らい付こうという気持ちの強さは感じます。幼さが抜けていけば、フットワークにまとまりが出てきてくれるでしょうか。

2020年1月 4日 (土)

シルクなお馬さん(明け2歳・関西牡馬)

202001_20200104041301

Photo ピクシーホロウの18(牡・音無)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1800m、残りの日は軽めの調整

担当者「左前肢の蹄の状態は順調に回復し、獣医師から調教を開始しても良いと許可をいただきましたので、この中間から乗り出しています。現在は週2回坂路で16-16のペースで登坂していますが、すぐ元の調教メニューまで戻すことが出来ましたし、この調子なら遅れはすぐ取り戻せるでしょう。運動後も蹄を気にすることはありませんし、良いコンディションを保っていますので、この調子で負荷を掛けながら馬体を引き締めて行きたいと思います。まだ緩さが残っていますが、この時期としては気にするほどではないですし、乗り込んでいけばしっかりしてくるでしょう。普段は従順で、いざ走りだすと一生懸命ですから、良い性格の持ち主だと思います。馬体重は515キロです」(12/31近況)

202001_20200104041701

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間は坂路でハロン16秒のペースまで上げています。負荷を掛けた後も対応して走っていますが、もう暫くは今のペースで乗り込みながら調教を積んでいきたいと考えています。動きとしてはまだ力が付き切っていないですが、全体的なバランスは悪くないですし、これから成長して力を付けていけば、もっと良い走りを見せてくれるようになるでしょう。遅生まれでもありますし、成長に伴ってバランスも変化していくでしょうから、それに対応しながら調教を行っていきたいと思います。この馬なりに飼い葉を食べていますし、コンディションも良いので、この調子で調教を継続しながら、体の使い方や力の出し方を向上させていきます。馬体重は460キロです」(12/31近況)

202001

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「リフレッシュ期間を設けながら調教を進めていますが、馬体は以前より全体的にボリューム感があって、良い方に成長していると思います。現在は週2回坂路でハロン16~17秒のキャンターを2本登坂していますが、まだうまく体を使って走れない感じがありますが、まだ1歳のこの時期でもありますし、登坂回数を重ねていけば、手応えや気持ちはあるだけに、もっと質が上がってくると思います。アクセルやブレーキ、そして口向きがまだ定まっていないところがあるので、今後もじっくり時間を掛けて日々の調教で教えていきたいですね。ここまで進めている限り、脚元やコンディションは変わらず良いですから、調教を進めるとともに、成長を促して行きたいと思います。馬体重は472キロです」(12/31近況)

202001_20200104041401

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週2回常歩、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、寝違いから歩様に少し違和感があったので乗り運動を中止して少し様子を見ていましたが、すぐに歩様も良くなりましたので、ウォーキングマシンから常歩と乗り運動を開始しており、先週から坂路での調教も再開しています。乗り運動を少し休んだので、馬は元気ですが扱い難い感じはなく、精神的には落ち着いています。馬体も増えてはいますが、休んだ分といった感じで体形は崩れていません。毛艶も良好ですし、体調面に不安はない状態です。少し背が伸びてきており、4月産まれですから、これからもう少し成長してくれそうですね。こういうタイミグでは、バランスが整うまではあまり無理をさせないほうが最終的には移動が早くなるケースが多いので、成長に合わせた調教を行っていくつもりです。馬体重は500キロです」(12/31近況)

202001_20200104041501

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「先月に短期のリフレッシュを取り入れたことで、体調面に回復したので坂路での運動を再開しています。坂路での調教は2本と負荷を高めていますが、動きが明らかに休養前よりもパワーアップしており、前肢の動かし方などにダート馬らしい力強さが出てきました。このような動きの良化に伴い、体全体が引き締まり、良質な筋肉が少しずつ付くべきところに付いてきました。全体的な馬体のメリハリだけでなく毛艶も良化しており、馬体からは一山越えたことが見て取れます。精神面では、走る時のONとそれ以外での余計な力を使わないOFFがこの馬の長所だと考えていますが、この部分はペースを上げてもこれまで変わらずにきており、継続してよい精神状態で調教を行えています。課題であった馬体面に良い変化が感じられますので、徐々に負荷を高めていくつもりです。馬体重は488キロです」(12/31近況)

202001_20200104041601

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、順調に乗り込めており馬体重も増加傾向にありましたので、坂路でのペースを1秒早めて乗り込んでいます。以前と比べて背が伸びて馬体のバランスが良くなりました。それに伴って走りのフォームに柔らかみがでてきて、ストライドも徐々に大きくなってきていますね。先月から調教中の精神面に良い変化が見られましたが、ドッシリとしているだけでなく、登坂中に力んだり、他馬を意識し過ぎてムキになったりする事も少なくなり、コントロール面での不安が無くなりつつあるのはとても良い傾向です。いまのところ脚元にも気になる点はなく、飼い葉食いも良好です。馬体的にはコンパクトにまとまってきた感じがあるので、もう少し成長を促していければと考えています。今後はここまで順調にペースを上げてきたので、ハロン16秒の調教を継続し焦らずに基礎体力を養っていきます。馬体重は476キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄をぶつけて内出血してしまったピクシーホロウの18ですが、その後は順調に回復。リフレッシュ程度の休みでホッとしています。馬っぷりの良さは際立っていますが、調教動画を見ると、まだまだ心身の幼さが目立ちます。楽しみな素質を秘めた1頭だと思いますが、今は心身の成長を促すことを最優先に、走りの基礎をしっかり固めてもらいたいです。

調教動画では粗削りながらも、非凡な脚を感じさせるエスメラルディーナの18。化ける可能性を秘めていますが、当面の課題は線の細さ。この馬なりに食べているようですが、実際、馬体重は大きく増えてはきていません。ひとまず現状のペースを継続し、馬体に幅が出てくるように手を考えていって欲しいです。

スリールドランジュの18は順調にペースアップ出来ている一方で、精神面で幼いところが多く見受けられる現状。精細なところはあるのでしょう。脚元は丈夫そうな馬です。

12月に更新された調教動画が案外だったのが気になっていたシーイズトウショウの18。近況を見ると一頓挫あったので、そこからの回復過程だったというのもあるのでしょう。馬体に良い変化が窺えるようなので、当面は成長を促すことを1番に考え、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

サダムグランジュテの18は先月から少し馬体は減っていますが、更新された画像を見ると、無駄肉が削がれて筋肉が付いた感じ。表情も良い感じです。適距離はダートの短めだと思うので、あとはどのくらいのスピードを持ち合わせているかでしょうねえ。

デイトユアドリームの18の最新画像を見ると、成長途上でアンバランスな馬体に見えますが、走りに関してはスライドが徐々に大きくなったり、操縦性が高まってきているのは好感。ただ、馬体の成長は物足りないところがあるので、ひとまずコツコツ乗り込みながら心身の成長を進めてもらえればと思います。

2019年12月19日 (木)

【動画更新】サダムグランジュテの18&スリールドランジュの18

↑↑↑

Photo サダムグランジュテの18

↑↑↑

Photo スリールドランジュの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サダムグランジュテの18は頭を上げたりすることなく、真面目に坂路を駆け上がっているのは好印象。時計もジワッと詰めています。

逆にスリールドランジュの18は幼い面が目立ちます。今のうちに操縦性を高める努力をお願いします。フットワーク自体はトビが大きめで素軽そう。スピードの持続力が武器の馬に育って欲しい。

2019年12月 5日 (木)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

201912_20191205053401

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回トレッドミルでダク~軽めのキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間は徐々に坂路調教のペースを上げ、週2回ハロン18秒ペースで登坂し、週1回は周回コースで2500mの距離をスローペースでじっくり乗り込んでいましたが、11月下旬から、リフレッシュ目的でトレッドミルとウォーキングマシンの運動に止めています。ここまで順調に乗り込めていますし、坂路コースでは気持ちの入った走りをしてくれています。周回コースではまだ体全体を使った纏まりのある動きができていない状況ですが、それでも少しずつバランスの取れた走りになってきています。馬体を見る限り、まだ幼くメリハリがないですが、それも徐々に変化しつつありますよ。飼い葉食いや脚元の状態ともに問題ありませんが、まだ全体的に幼さが残るので、適度に休養を挟みつつ色々と教えていきながら調教を進めていきたいと思います。馬体重は467キロです」(12/1近況)

201912_20191205053801

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も疲れを見せることはなく、順調に進められていましたので、この中間はより負荷を掛けています。現在は坂路でハロン16~17秒までペースを上げていますが、堪えることもなく、運動後は飼い葉をしっかり食べています。コンディションに関しては、馬体がフックラとして成長を感じられますが、負荷を掛けていくにつれて課題が見えてきましたね。調教中は集中して走ってくれますが、キャンター前後の歩いている時にゴネたり暴れたりして、わがままな一面を見せるようになってきましたから、その点には気を付けて進めていかないといけませんね。馬の雰囲気を見ると、ストレスからくる精神的なダメージは感じられませんが、ここまで順調に進められていることもありますし、適度にリフレッシュを挟みながら成長を促して行きたいと思います。馬体重は484キロです」(12/1近況)

201912_20191205054001

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター1600m、週1回ロンギ場、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたが、これまでの疲れが表面に見られましたので、この中間はリフレッシュ期間を設けました。現在は週1回周回コースで軽めのキャンターとロンギ場で調教を行っています。疲れと同時に毛艶も落ちましたが、休ませたことで徐々に戻ってきました。馬体はまだトモ高な感じですが、成長期とあって背が伸びてきましたし、徐々に競走馬らしい体つきになってきましたよ。ペースを上げて行こうと考えていたところで疲れが見られた為に一旦楽をさせましたが、成長期でもありますし、馬体の変化を見極めながら慎重に調教を進めていきたいと考えています。馬体重は493キロです」(12/1近況)

201912_20191205054201

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められており、調教を積む毎に精神的にドッシリとしてきましたね。この中間から坂路で週2回17秒のペースで2本登坂していますが、以前なら気持ちが入り過ぎていたところが、今では解消されてコントロールがしっかり出来るようになりました。今のペースでも脚取りよく走ってくれますし、最後まで余裕を持って登坂していますよ。馬体の方は大きく変わっていないものの、負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることもなくしっかり食べていますし、脚元・体調面は問題ないので、このまま調教を進めつつ成長を促して行きたいと思います。馬体重は467キロで」(12/1近況)

201912_20191205054501

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も馴致は問題なく進められ、現在は周回コースと坂路コースでの乗り運動を開始しています。メニューとしては、週1回は周回コースで2500mの距離を軽めのキャンターでじっくりと乗り込み、週2回は坂路コースでハロン18秒のキャンターを行っていましたが、手応えが良いのですぐにハロン17秒までペースアップすることができました。まだペースとしては軽めですが、その中でもバランスの良い走りを見せてくれるので、これから力を付けていけば更に安定感が増していくでしょう。遅生まれということもあり、まだひ弱な面がありますし、心身ともに幼さも残っていますので、しっかりしてくるまでは少し時間がかかりそうだと感じています。今後の成長に期待といったところですが、脚元の状態は問題なく、飼い葉もしっかり食べてくれているので、これからも馬の体力に合わせて調教強度を上げていけるでしょう。馬体重は464キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スリールドランジュの18はハロン18秒で坂路を乗っていましたが、11月下旬にリフレッシュ期間を設置。心身共に幼さが目立つ現状なので、今後も適度にリフレッシュさせながら成長を促す形で進めていってもらえればと思います。スピードの持続力はあると見ています。

シーイズトウショウの18は引き続き乗り込みは順調。ただ、気の悪さを覗かせる場面が増えてきているようなので、ドンドン進めていくことで気持ちを追い込まなければ良いのですが。緩急を交えつつ、良い方へ成長させていって欲しいです。

サダムグランジュテの18は少し疲れが出てしまった様子。現在は回復を促して、徐々に乗り進めて行こうという状況。馬体面で良い成長が窺えるので、年内はピッチを上げることなくマイペースを貫いてもらえればと思います。

デイトユアドリームは日々の調教にようやく慣れてきた様子。それによって操縦性は高まっています。ただ、馬体面の成長は一息に見えるので、適度にリフレッシュを交えて成長を促すことを第一にお願いします。

エスメラルディーナの18は相変わらずヒョロッと見せ、ボリューム感が乏しいですが、体質がパンとしていない割に動きは悪くありません。速い脚があるかどうかは別も、心臓等に良いモノを持ち合わせているのでしょう。育成厩舎へ移るのも遅かったですし、早い組を意識し過ぎず、マイペースでお願いします。先々は楽しみな馬に育って欲しい。

2019年11月18日 (月)

【動画更新】シーイズトウショウの18&スリールドランジュの18

↑↑↑

Photo シーイズトウショウの18

↑↑↑

Photo スリールドランジュの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シーイズトウショウの18は4頭で坂路を駆け上がってきていますが、1頭だけ少し周りを気に掛けている感じがしますし、重心は高め。フットワークはそれなりにしっかりしていると思うので、慣れていってくれればと思います。

スリールドランジュはやや右へモタれたりとフワフワ走っていますが、手応え自体は余裕を感じます。敏感なところはあるようですが、走ること自体は好きそう。母系から良いスピードを受け継いでいて欲しいです。

2019年11月15日 (金)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬/新種牡馬以外)

201911_20191114041403

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「鞍付け馴致・ロンギ場でのグランドワークは順調に進められていましたので、この中間から週2~3回周回コースで軽めのキャンター1500mと坂路コースで軽めのキャンター1本登坂しています。初めてコースに入っても躊躇することはなく、落ち着きを保ってくれました。周回コースではバランスの取れたフォームで走っていますし、坂路ではチップに脚を取られて走りづらそうにしていたものの、気持ちが逸れることもなく、最後まで一生懸命走っていますよ。調教を積み重ねていくにつれて馬体に幅が出て良い体付きになってきましたし、これから更に成長してくれそうです。気性面では少し敏感なところを見せているので、その点は今後の課題ではありますが、馬体・コンディションともに良好で、ここまで問題なく進められていますから、この調子で負荷を掛けながら鍛えていきたいと思います。馬体重は457キロです」(11/1近況)

201911_20191114041402

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「順調に坂路調教を継続していて、現在はハロン17~18秒のキャンター2本を週3回行っています。相変わらず芯のしっかりとした走りを披露しており、馬体に目をやるとトモと肩にしっかりと筋肉がついてバランスの取れた好馬体になって来ています。心配していた気性面ですが、調教のペースが上がっても煩い面を見せることなく、乗り役の指示にも素直に従ってくれていますよ。短距離志向の強い血統なのですが、父がブラックタイドといこともあってある程度の距離の融通性も感じさせます。脚元や体調面は心配ないですし、このまましっかり乗り込んで行きたいと思います。馬体重は477キロです」(11/1近況)

201911_20191114041401

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「先月から開始した坂路調教ですが、徐々にペースアップを図り、現在はハロン17~18秒のキャンター2本を週3回行えるところまでになりました。父の産駒らしくフットワークはやや硬さを感じるものの、前のめり気味だった走りは徐々にバランスが良くなってきました。ただ、まだ馬体はトモ高で力強さにも欠けますので、今くらいの時計でしっかり乗り込んでから次のステップへ進みたいですね。負荷が強くなってからも相変わらず大人しく扱いやすいのは、本馬の強みの一つだと思います。馬体重は468キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

騎乗馴致を概ねスムーズにクリアしたスリールドランジュの18は周回コースと坂路で軽めのキャンターを開始。少し敏感な面は窺えるようですが、慣らしていってもらえればと思います。乗り手の感触はマズマズといったところでしょうか。

いきなり臆病な面があると指摘されていたシーイズトウショウの18ですが、早くから騎乗運動を開始し、順調に乗り込むことが出来ているので少なからず効果を感じる様子。母はスプリント戦で活躍しましたが、息子のこちらは2000mまでは距離をクリアして欲しいです。

サダムグランジュテの18は良くも悪くも父の影響を多く受けている印象。操縦性が高そうなのは武器になるでしょう。あとはコツコツ乗り込んでいって動きに力強さが備わって来てくれれば。そしてどこまでスピードを持ち合わせているか、ダートのスプリンターとして活躍してもらいたいです。

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ