2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「デイトユアドリームの18」の14件の投稿

2020年1月 4日 (土)

シルクなお馬さん(明け2歳・関西牡馬)

202001_20200104041301

Photo ピクシーホロウの18(牡・音無)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1800m、残りの日は軽めの調整

担当者「左前肢の蹄の状態は順調に回復し、獣医師から調教を開始しても良いと許可をいただきましたので、この中間から乗り出しています。現在は週2回坂路で16-16のペースで登坂していますが、すぐ元の調教メニューまで戻すことが出来ましたし、この調子なら遅れはすぐ取り戻せるでしょう。運動後も蹄を気にすることはありませんし、良いコンディションを保っていますので、この調子で負荷を掛けながら馬体を引き締めて行きたいと思います。まだ緩さが残っていますが、この時期としては気にするほどではないですし、乗り込んでいけばしっかりしてくるでしょう。普段は従順で、いざ走りだすと一生懸命ですから、良い性格の持ち主だと思います。馬体重は515キロです」(12/31近況)

202001_20200104041701

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間は坂路でハロン16秒のペースまで上げています。負荷を掛けた後も対応して走っていますが、もう暫くは今のペースで乗り込みながら調教を積んでいきたいと考えています。動きとしてはまだ力が付き切っていないですが、全体的なバランスは悪くないですし、これから成長して力を付けていけば、もっと良い走りを見せてくれるようになるでしょう。遅生まれでもありますし、成長に伴ってバランスも変化していくでしょうから、それに対応しながら調教を行っていきたいと思います。この馬なりに飼い葉を食べていますし、コンディションも良いので、この調子で調教を継続しながら、体の使い方や力の出し方を向上させていきます。馬体重は460キロです」(12/31近況)

202001

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「リフレッシュ期間を設けながら調教を進めていますが、馬体は以前より全体的にボリューム感があって、良い方に成長していると思います。現在は週2回坂路でハロン16~17秒のキャンターを2本登坂していますが、まだうまく体を使って走れない感じがありますが、まだ1歳のこの時期でもありますし、登坂回数を重ねていけば、手応えや気持ちはあるだけに、もっと質が上がってくると思います。アクセルやブレーキ、そして口向きがまだ定まっていないところがあるので、今後もじっくり時間を掛けて日々の調教で教えていきたいですね。ここまで進めている限り、脚元やコンディションは変わらず良いですから、調教を進めるとともに、成長を促して行きたいと思います。馬体重は472キロです」(12/31近況)

202001_20200104041401

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週2回常歩、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、寝違いから歩様に少し違和感があったので乗り運動を中止して少し様子を見ていましたが、すぐに歩様も良くなりましたので、ウォーキングマシンから常歩と乗り運動を開始しており、先週から坂路での調教も再開しています。乗り運動を少し休んだので、馬は元気ですが扱い難い感じはなく、精神的には落ち着いています。馬体も増えてはいますが、休んだ分といった感じで体形は崩れていません。毛艶も良好ですし、体調面に不安はない状態です。少し背が伸びてきており、4月産まれですから、これからもう少し成長してくれそうですね。こういうタイミグでは、バランスが整うまではあまり無理をさせないほうが最終的には移動が早くなるケースが多いので、成長に合わせた調教を行っていくつもりです。馬体重は500キロです」(12/31近況)

202001_20200104041501

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「先月に短期のリフレッシュを取り入れたことで、体調面に回復したので坂路での運動を再開しています。坂路での調教は2本と負荷を高めていますが、動きが明らかに休養前よりもパワーアップしており、前肢の動かし方などにダート馬らしい力強さが出てきました。このような動きの良化に伴い、体全体が引き締まり、良質な筋肉が少しずつ付くべきところに付いてきました。全体的な馬体のメリハリだけでなく毛艶も良化しており、馬体からは一山越えたことが見て取れます。精神面では、走る時のONとそれ以外での余計な力を使わないOFFがこの馬の長所だと考えていますが、この部分はペースを上げてもこれまで変わらずにきており、継続してよい精神状態で調教を行えています。課題であった馬体面に良い変化が感じられますので、徐々に負荷を高めていくつもりです。馬体重は488キロです」(12/31近況)

202001_20200104041601

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、順調に乗り込めており馬体重も増加傾向にありましたので、坂路でのペースを1秒早めて乗り込んでいます。以前と比べて背が伸びて馬体のバランスが良くなりました。それに伴って走りのフォームに柔らかみがでてきて、ストライドも徐々に大きくなってきていますね。先月から調教中の精神面に良い変化が見られましたが、ドッシリとしているだけでなく、登坂中に力んだり、他馬を意識し過ぎてムキになったりする事も少なくなり、コントロール面での不安が無くなりつつあるのはとても良い傾向です。いまのところ脚元にも気になる点はなく、飼い葉食いも良好です。馬体的にはコンパクトにまとまってきた感じがあるので、もう少し成長を促していければと考えています。今後はここまで順調にペースを上げてきたので、ハロン16秒の調教を継続し焦らずに基礎体力を養っていきます。馬体重は476キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄をぶつけて内出血してしまったピクシーホロウの18ですが、その後は順調に回復。リフレッシュ程度の休みでホッとしています。馬っぷりの良さは際立っていますが、調教動画を見ると、まだまだ心身の幼さが目立ちます。楽しみな素質を秘めた1頭だと思いますが、今は心身の成長を促すことを最優先に、走りの基礎をしっかり固めてもらいたいです。

調教動画では粗削りながらも、非凡な脚を感じさせるエスメラルディーナの18。化ける可能性を秘めていますが、当面の課題は線の細さ。この馬なりに食べているようですが、実際、馬体重は大きく増えてはきていません。ひとまず現状のペースを継続し、馬体に幅が出てくるように手を考えていって欲しいです。

スリールドランジュの18は順調にペースアップ出来ている一方で、精神面で幼いところが多く見受けられる現状。精細なところはあるのでしょう。脚元は丈夫そうな馬です。

12月に更新された調教動画が案外だったのが気になっていたシーイズトウショウの18。近況を見ると一頓挫あったので、そこからの回復過程だったというのもあるのでしょう。馬体に良い変化が窺えるようなので、当面は成長を促すことを1番に考え、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

サダムグランジュテの18は先月から少し馬体は減っていますが、更新された画像を見ると、無駄肉が削がれて筋肉が付いた感じ。表情も良い感じです。適距離はダートの短めだと思うので、あとはどのくらいのスピードを持ち合わせているかでしょうねえ。

デイトユアドリームの18の最新画像を見ると、成長途上でアンバランスな馬体に見えますが、走りに関してはスライドが徐々に大きくなったり、操縦性が高まってきているのは好感。ただ、馬体の成長は物足りないところがあるので、ひとまずコツコツ乗り込みながら心身の成長を進めてもらえればと思います。

2019年12月25日 (水)

【動画更新】デイトユアドリームの18&マチカネタマカズラの18

↑↑↑

Photo デイトユアドリームの18

↑↑↑

Photo マチカネタマカズラの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デイトユアドリームの18は気難しさはないも、心身共に幼い現状。動きに関しても正直地味な感じ。早期デビューを目指すよりも、心身の成長を促しながらマイペースで進めて行った方が良さそう。じっくり育て上げて欲しいです。

マチカネタマカズラの18は自分からグイグイ行く感じはありませんが、促されながら最後は良い感じで駆け上がっています。雄大な馬体を生かしての心肺機能の高さが武器。体をしっかり使って走れるように引き続き丁寧に教え込んでいって欲しいです。

2019年12月 5日 (木)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

201912_20191205053401

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回トレッドミルでダク~軽めのキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間は徐々に坂路調教のペースを上げ、週2回ハロン18秒ペースで登坂し、週1回は周回コースで2500mの距離をスローペースでじっくり乗り込んでいましたが、11月下旬から、リフレッシュ目的でトレッドミルとウォーキングマシンの運動に止めています。ここまで順調に乗り込めていますし、坂路コースでは気持ちの入った走りをしてくれています。周回コースではまだ体全体を使った纏まりのある動きができていない状況ですが、それでも少しずつバランスの取れた走りになってきています。馬体を見る限り、まだ幼くメリハリがないですが、それも徐々に変化しつつありますよ。飼い葉食いや脚元の状態ともに問題ありませんが、まだ全体的に幼さが残るので、適度に休養を挟みつつ色々と教えていきながら調教を進めていきたいと思います。馬体重は467キロです」(12/1近況)

201912_20191205053801

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も疲れを見せることはなく、順調に進められていましたので、この中間はより負荷を掛けています。現在は坂路でハロン16~17秒までペースを上げていますが、堪えることもなく、運動後は飼い葉をしっかり食べています。コンディションに関しては、馬体がフックラとして成長を感じられますが、負荷を掛けていくにつれて課題が見えてきましたね。調教中は集中して走ってくれますが、キャンター前後の歩いている時にゴネたり暴れたりして、わがままな一面を見せるようになってきましたから、その点には気を付けて進めていかないといけませんね。馬の雰囲気を見ると、ストレスからくる精神的なダメージは感じられませんが、ここまで順調に進められていることもありますし、適度にリフレッシュを挟みながら成長を促して行きたいと思います。馬体重は484キロです」(12/1近況)

201912_20191205054001

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター1600m、週1回ロンギ場、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたが、これまでの疲れが表面に見られましたので、この中間はリフレッシュ期間を設けました。現在は週1回周回コースで軽めのキャンターとロンギ場で調教を行っています。疲れと同時に毛艶も落ちましたが、休ませたことで徐々に戻ってきました。馬体はまだトモ高な感じですが、成長期とあって背が伸びてきましたし、徐々に競走馬らしい体つきになってきましたよ。ペースを上げて行こうと考えていたところで疲れが見られた為に一旦楽をさせましたが、成長期でもありますし、馬体の変化を見極めながら慎重に調教を進めていきたいと考えています。馬体重は493キロです」(12/1近況)

201912_20191205054201

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路で乗り出した後も順調に進められており、調教を積む毎に精神的にドッシリとしてきましたね。この中間から坂路で週2回17秒のペースで2本登坂していますが、以前なら気持ちが入り過ぎていたところが、今では解消されてコントロールがしっかり出来るようになりました。今のペースでも脚取りよく走ってくれますし、最後まで余裕を持って登坂していますよ。馬体の方は大きく変わっていないものの、負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることもなくしっかり食べていますし、脚元・体調面は問題ないので、このまま調教を進めつつ成長を促して行きたいと思います。馬体重は467キロで」(12/1近況)

201912_20191205054501

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も馴致は問題なく進められ、現在は周回コースと坂路コースでの乗り運動を開始しています。メニューとしては、週1回は周回コースで2500mの距離を軽めのキャンターでじっくりと乗り込み、週2回は坂路コースでハロン18秒のキャンターを行っていましたが、手応えが良いのですぐにハロン17秒までペースアップすることができました。まだペースとしては軽めですが、その中でもバランスの良い走りを見せてくれるので、これから力を付けていけば更に安定感が増していくでしょう。遅生まれということもあり、まだひ弱な面がありますし、心身ともに幼さも残っていますので、しっかりしてくるまでは少し時間がかかりそうだと感じています。今後の成長に期待といったところですが、脚元の状態は問題なく、飼い葉もしっかり食べてくれているので、これからも馬の体力に合わせて調教強度を上げていけるでしょう。馬体重は464キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スリールドランジュの18はハロン18秒で坂路を乗っていましたが、11月下旬にリフレッシュ期間を設置。心身共に幼さが目立つ現状なので、今後も適度にリフレッシュさせながら成長を促す形で進めていってもらえればと思います。スピードの持続力はあると見ています。

シーイズトウショウの18は引き続き乗り込みは順調。ただ、気の悪さを覗かせる場面が増えてきているようなので、ドンドン進めていくことで気持ちを追い込まなければ良いのですが。緩急を交えつつ、良い方へ成長させていって欲しいです。

サダムグランジュテの18は少し疲れが出てしまった様子。現在は回復を促して、徐々に乗り進めて行こうという状況。馬体面で良い成長が窺えるので、年内はピッチを上げることなくマイペースを貫いてもらえればと思います。

デイトユアドリームは日々の調教にようやく慣れてきた様子。それによって操縦性は高まっています。ただ、馬体面の成長は一息に見えるので、適度にリフレッシュを交えて成長を促すことを第一にお願いします。

エスメラルディーナの18は相変わらずヒョロッと見せ、ボリューム感が乏しいですが、体質がパンとしていない割に動きは悪くありません。速い脚があるかどうかは別も、心臓等に良いモノを持ち合わせているのでしょう。育成厩舎へ移るのも遅かったですし、早い組を意識し過ぎず、マイペースでお願いします。先々は楽しみな馬に育って欲しい。

2019年12月 1日 (日)

27日に帰厩。今月22日の中山・ダ1200mでのデビューを目指すことになりました。☆ディランズソング

201911nf_20191129131901

Photo_3 ディランズソング(牡・萩原)父Summer Front 母Poetic Riches

・在厩場所:27日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:12月22日の中山・ダ1200m

萩原師「27日の検疫でこちらへ帰厩させていただきました。まずは馬体をチェックさせていただき、問題なければ明日から乗り運動を行う予定です。調教での動き次第にはなりますが、12月22日の中山にダ1200mの混合戦が組まれていますので、そこを目標に進めていきたいと思います」(11/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

見た目の緩さとは違い、調教では思ったよりも動けているということでNF天栄での充電期間をアッサリ切り上げ、約2週間ほどで美浦へ舞い戻ってきたディランズソング。また、デビュー予定にも触れられ、22日のダ1200mを目指していくこととなりました。思いのほか早い帰厩にもビックリしたのですが、デビュー予定まで示されるとは思いもしませんでした。

ただ、前回入厩時は時計を出していませんし、これからデビューへ向けて本格的な追い切りへ開始する段階。外国産馬らしいスピードは備えていると思いますが、乗り込み量は多くないので最後の踏ん張りなど課題は出てきそう。また、他馬を気にする面があると北海道時は指摘されていたので、その改善・解消にも努めないといけません。ですので、デビューへ向けてのチェック項目を幾つか決め、それらをクリアした上でデビューへ向けてのGOサインを出すという感じでお願いしたいです。

2019年11月21日 (木)

【動画更新】サダムグランジュテの18&デイトユアドリームの18

↑↑↑

Photo サダムグランジュテの18

↑↑↑

Photo デイトユアドリームの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サダムグランジュテの18は近くでバタバタしている馬がいましたが、さほどそれに惑わされることなく登坂。走ることに関しては真面目な印象です。これから本数を重ねて言った際に自分からグイグイ行くような面が見られても良いのかなと思います。

デイトドリームの18はやや前屈みで走っているのが気になるところ。特殊な馬具を着けているのでそれを矯正しようとしているのでしょう。体をもう少し起こして走れるようになれば…。今の内に理想的なフォームを身に着けて欲しいです。

2019年11月14日 (木)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬/父新種牡馬)

201911_20191114040303

Photo ピクシーホロウの18(牡・音無)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間、予定通りに調教を進めることができています。先月はロンギ場での運動のみでしたが、今月は最初に周回コース、次に坂路コースでのスクーリングを問題なく対応し、現在は週2回ハロン16~17秒で登坂するほど順調にきています。ここまで一気に進めてきましたが、乗り手にとても従順で、まったく手がかかりませんでした。馬体重はかなり増えていますが、しっかりと運動している中での増加ですから、成長分と捉えています。これから更にトレーニングを積んでいけば引き締まってくると思いますし、競走馬らしい体型に変ってくることでしょう。まだまだ精神面や馬体にも余裕がありますから、今後は更に坂路でのペース上げ、運動量を増やして負荷を高めていくつもりです。馬体重は502キロです」(11/1近況)

201911_20191114040301

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在はハロン20~22秒のキャンター1本を週3回行っています。まだ体型が幼くて跨ってすぐの背中の感触はあまり良くないものの、以前に比べるとだいぶしっかりとはしてきたと思います。馬房では落ち着きがあって飼い葉をしっかり食べてくれますし、乗っていて煩いということはないのですが、他の馬と並んで走ると一生懸命になりすぎる一面がありますから、そういったシチュエーションでもリラックスして走れるように工夫していきたいですね。坂路調教にもだいぶ慣れてきましたから、今後は本数を増やしたり周回コースでの調教も取り入れたりして行きたいと思います。馬体重は470キロで」(11/1近況)

201911_20191114040302

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動後も問題なく、すぐ馴致を開始しましたが、鞍付けは抵抗することなくスムーズに行うことが出来ましたので、現在はロンギ場で跨って乗り運動を行っています。跨った反応も悪くなく、スムーズに行えましたので、今はキャンターまで進めています。こちらの厩舎へ移動してからここまで手間を掛けることなく進められていますが、時折気難しい部分を見せる時があるので、その点には気を配りながら今後も時間を掛けて行っていきたいですね。環境の変化にもすぐ対応してくれましたし、運動を開始した後も馬体に大きな問題はなく、コンディションも良いので、このまま順調に進めていきたいと思います。まだまだ非力なところがありますが、その中でも芯のある部分は見られますので、調教を進めていくにつれてしっかりしてくることでしょう。馬体重は453キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピクシーホロウの18は周回コースでの乗り込みを経て坂路調教を開始。既に週2回ハロン16~17秒までペースアップ出来ているのは立派。父モーリス×母父キングヘイローで一癖ありそうな血統背景ですが、思いのほか従順で操縦性が高いのは好印象です。ただ、馬体を持て余している現状なので、無理に調教のピッチを上げることをせず、淡々と乗り込んで土台を築いてもらえればと思います。

デイトユアドームの18は乗り手の感触は一息も、走ることに対しては真面目な性格みたいです。ただ、父のように単調な逃げ馬にならないように好位差しできるような器用さを身に付けていってもらえればと思います。

育成厩舎へ移動するのが遅くなったエスメラルディーナの18は焦ることなくマイペースで騎乗馴致を進めている状況。父ドゥラメンテなので気の強さ・我の強さはあるようですが、許容範囲で収まるようにしっかり躾けてもらえればと思います。また、ダート馬かと思いますが、馬体のバランスは非常に整っていると思います。

2019年10月24日 (木)

【動画更新】サダムグランジュテの18&デイトユアドリームの18

↑↑↑

Photo サダムグランジュテの18

↑↑↑

Photo デイトユアドリームの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サダムグランジュテの18は用心して歩いている感じはありますが、脚取りは軽やか。落ち着いて臨めているのも悪くないでしょう。

デイトユアドリームは実が詰まった馬体なので、やはり短めの距離が合いそう。父は現役時芝オンリーでしたが、こちらはダートをむしろ得意とするかもしれません。

2019年10月 9日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

201910_20191009060401

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動後は環境の変化に戸惑うこともなく、脚元・体調ともに良好です。また、飼い葉食いも残すことなく完食しています。現在は腹帯に慣れさせるために、背中に毛布を敷き、鞍の形をしたダルマゼッケンを置いて、ウォーキングマシンでの運動を行っています。開始当初はビクビクするところを見せていましたが、回数を重ねていく毎に慣れてリラックスして運動が行えるようになりました。今後はロンギ場でグランドワークと馴致を行っていきたいと考えていますので、引き続き馬の様子を見ながら慎重に進めていきたいと考えています。ロードカナロア産駒とあって、常歩のフットワークが柔らかく軽いので、調教では素軽い走りを見せてくれそうです。馬体重は441キロです」(10/1近況)

201910_20191009060601

Photo ピクシーホロウの18(牡・音無)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに移動後は環境の変化に戸惑うこともなく、体調も問題ありませんでした。馴致の方は背慣らしの為に馬房で鞍を付けるなどして、それ以外はロンギ場でダク、キャンターを行いながら口向きを作っています。柔らか味のある動きを見せていますが、この時期の1歳馬とあって非力なところがまだありますね。これからトレーニングを積んでいけばドンドン良くなってくるでしょうから、調教を進めながら成長を促していきたいと思います。人に対して従順で素直ですし、コントロールが利いてキャンターの動きも良いものを持っているなと感じさせられます。引き続きロンギ場で乗り込みながら、他のコースに入れていくタイミングを見計らっていきたいと思います。馬体重は478キロです」(10/1近況)

201910_20191009060602

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間から坂路での調教を開始しました。現在は、ハロン20秒のペースで週3回乗り込んでいます。とても順調でこちらが思っていたより短期間で坂路での調教を開始することができました。ロンギ場での動きは、首の使い方が上手でストライドが大きく、見た目よりも騎乗している時の動きは大きく感じました。坂路でも、しっかりとしたブレない背中からダイナミックに動きますし、その動きの中の身のこなしにセンスの良さも感じます。先頭に立っても集中して登坂することができていますよ。坂路調教を開始しても、馬体重を大きく増やしておりますし、疲れた様子もなく体力面、精神面どちらも問題ありません。今後、ペースが上がることによってストレスが増した時に、この馬がどういった反応をするのか、そこで課題も見えてくると思います。馬体重は462キロです」(10/1近況)

201910_20191009060603

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間から坂路での調教を開始いたしました。馴致では、敏感で周囲の壁などを物見することが多かったので、落ち着くまで待ったりしながら馬のテンションを上げないよう注意しておりました。坂路での調教に移行した際の動きは前向きで、とても乗りやすいですよ。少し前掛かりになって走るところがあるので、バランスをとって走ることを馬が意識するようにコンタクトをしっかり取りながら騎乗しています。調教を進めていっても体重が減ることなく継続した運動ができていますから体調面は良好です。少し寂しがり屋なところがありますが、テンションが上がる面もなく大人しい性格なので、飼い葉食いがしっかりと身に付いているのだと思います。ここまで大きな問題もなく進めることが出来ていますので、今後も馬の状態優先で進めていきます」(10/1近況)

201910_20191009060701

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間、環境の変化による疲れからか皮膚病が出てしまい、少しの間リフレッシュを取り入れておりましたが、現在は皮膚病も回復して乗り運動を再開しています。再開後の馴致に関しては、少しデリケートな面を見せていましたが馬の様子を見ながら進めていったので、テンションが上がることもなく進めることができました。飼い葉食いも良く、だいぶ状態も上向いてきましたので、先週からは坂路での運動を開始しハッキングを行っています。坂路入りが始まりましたが、馬房などの普段の様子としては、とても扱い易く落ち着いています。休んでいた時期もありますから馬体重は増えてしまっていますが、運動量が増してくれば引き締まってくることでしょう。今後も馬の状態に注意して負荷を高めていきます。馬体重は461キロで」(10/1近況)

201910_20191009060702

Photo エスメラルディーナの18(牡・杉山)父ドゥラメンテ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「この中間も夜間放牧を行いながら馴致の方も進めています。遅生まれながらもこの1ヵ月でスクスク育っており、先月より30キロほど増えて競走馬らしい体付きになってきましたよ。洗い馴致も今では問題なく洗える状態になりましたし、その他の馴致も段階を踏んで進めていけば、学習能力の高さから今後も順調に進めていくことが出来るでしょう。育成厩舎への移動に向けて、このまま順調に育ってくれればと思っています。馬体重は454キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スリールドランジュの18は少し繊細な面を持ち合わせているようなので、馴致は1つ1つ確実にクリアさせていく感じでゆっくり目。学習能力は備えてくれていると思うので色々と教え込んでいけば習得していってくれるでしょう。

ピクシーホロウの18はパッと見の外見で父はモーリスかなと感じされる馬体の持ち主。全体のバランスは良いので、これからボリュームが備わってきてくれれば、力強さも出てくると思います。あとは父のスピードを受け継いでて欲しいです。

シーズトウショウの18は骨格を考えるとボリューム感のない馬体。臆病な性格で見える物・聴こえる音に敏感な面が足を引っ張っているのかなと思います。走ることに対しては血統馬らしいセンスの良さを見せてくれているので、色々と手を尽くして精神面のタフさを備えていって欲しいです。

サダムグランジュテの18は馴致の際、敏感な面を覗かせていたようですが、時間を掛けることで対処。坂路での乗り込みをスタートさせているので深刻に考える必要はないと思いますが、こういう性格を持ち合わせていることが知れたのは良かったです。

デイトユアドリームは皮膚病を発症し、馴致によるストレスが出てしまったようですが、リフレッシュを与えて今は回復。同馬も少し敏感な面を持ち合わせているようですが、人間とのコミュニケーションは良好な様子。根は素直な馬です。更新された画像は楽をさせたことでボテッと見せていますが、来月にはこれがどう変わってくるか注目したいです。

エスメラルディーナの18は9月27日に育成厩舎へ。この1ヶ月で30キロほど増えましたが、画像を見ると多少お腹回りに余裕がある程度で全体的にボリュームが備わったのかなと思います。性格に関しては特に問題ないかなと思いますが、少し繊細なところを持っているのか馴致はゆっくり目で進めています。教えられたことはしっかり吸収して、操縦性の高さへと繋いでいって欲しいものです。

2019年9月 4日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

201909_20190904050001

Photo スリールドランジュの18(牡・大久保)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「この中間も怪我することなく、順調に夜間放牧を継続していました。まだ薄手ではありますが、バランスそのものは非常に良いですし、放牧地では軽やか且つしっかりと大地を捉えて、スピード感のある走りを見せてくれていましたよ。初期馴致の方は洗い馴致まで済んでいますが、最初は煩いところを見せていたものの、慣れてくれば大人しく洗わせてくれるようになりました。8月26日にノーザンファーム空港へ移動しましたが、鞍付けや騎乗馴致も、慎重に行っていけば問題なくこなしてくれると思いますよ。馬体重は435キロです」(9/1近況)

201909_20190904050002

Photo ピクシーホロウの18(牡・音無)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

Yearling担当者「この中間は夜間放牧と初期馴致を順調に行っていました。ここまで休むことなく夜間放牧を重ねられていることから、馬体は一段と逞しくなってきました。また、初期馴致の方は鞍付けや背慣らしもスムーズに進められていますから、育成厩舎に移動後も問題なく騎乗馴致に移行できるのではないかと考えています。現段階でもしっかりとした馬格を有して素晴らしい見映えを誇っていますが、5月生まれということを考えるとまだまだ成長してくれるでしょうから、良い成長曲線を描けるよう進めて行って欲しいですね。8月26日にノーザンファーム早来へ移動しています。馬体重は480キロです」(9/1近況)

201909_20190904050101

Photo シーイズトウショウの18(牡・藤原英)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらへ移動後も健康状態は良好です。現在はウォーキングマシンで60分の運動に加え、洗い場で慣らしを始めていますが、特に問題なく進められています。やや敏感なところが窺えるので、馴致を進めながら色んな物事や環境の変化に慣れていけばと思います。飼い葉食いは良いですし、健康で丈夫な馬体をしているので、今後はロンギ場での運動に備えていきたいですね。馬体重は442キロです」(9/1近況)

201909_20190904050102

Photo サダムグランジュテの18(牡・西園)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

早来ファーム担当者「8月20日に無事にノーザンファーム空港へ移動しました。こちらでは夜間放牧を行いながら、体洗いや装鞍、そしてウォーキングマシンで常歩の初期馴致を行っていました。蒸し暑い中でも疲れを見せることなく、飼い葉食いが落ちることもありませんでした。順調に放牧を行うことが出来たこともあり、筋肉の発達が良く、馬体のバランスが整ってきました。これまでの経過から育成先でも順調に進められるでしょうし、馴致や騎乗調教を経て、更なるパワーアップを果たした姿が楽しみで仕方ありません。馬体重は468キロです」(9/1近況)

201909_20190904050103

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「移動後はテンションが上がることはなく、飼い葉食いが良いですし、体調も良好です。現在はウォーキングマシンで30分間の運動を行っていますが、問題行動をとることもなく、素直に馴致が進められています。まだ幼さがありますが、これからこちらで馴致・調教等を進めていくにつれて心身ともに成長してくれればと思います。毛艶・コンディションは良いですし、馬体に大きな問題も見られませんので、今の状態をキープしながら馴致を進めていきたいですね。馬体重は432キロで」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スリールドランジュの18は洗い馴致まで済ませて育成厩舎へ。少しやんちゃなところがあり、素直に受け入れてくれないようですが、時間を掛けてあげれば大丈夫だと思うので、気分を損ねないように慣らしていってもらえればと思います。また、頭部が軽くて馬体のバランスの良さは光るので、これから全体的に肉付きが良くなってくれるのを楽しみにしたいです。

ピクシーホロウの18は馬体の充実が目立つ1頭。5月生まれですし、馬体重はもっと増えていくと思います。外見上は少し気難しいところがあるのかなと見えますが、初期馴致ではスムーズに受け入れてくれています。学習能力は高そうなので、実戦で操縦性の高さが1つ武器になる競走馬になって欲しいです。

シーズトウショウの18は8月15日に育成厩舎へ移動していますが、新しい環境には過敏な面を覗かせ、HPの数字があっているかは分かりませんが、前回時より大きく馬体重を減らしています。更新された画像を見ても、肌艶は悪くないのですが、腹回りはスッキリし過ぎているのかなと思います。活躍するにはこの課題が解消・緩和してくれないと…。学習能力自体はそれなりに高いとは思いますが。

サダムグランジュテの18は8月20日に育成厩舎へと旅立ちましたが、それまでは夜間放牧を継続しながら体洗いなどの初期馴致を進めてきました。早生まれの分、同期の馬よりしっかりしている印象。馬体に関しても、着実に逞しさを増しているようです。順調なら早目のデビューになりそうです。

デイトユアドリームの18は心身の幼さが少し目立つようなので、馴致に関しては最初は丁寧に教えていく必要はありそうですが、納得してくれれば素直に受け入れてくれるタイプ。競走馬とすれば芝・ダート問わずに短距離で活躍しそうな馬なので、操縦性の高さがレースでの成績に結び付くところがあるかと思います。今の内に丁寧に教え込むことでスピードを存分に生かした走りを見せていって欲しいです。

2019年8月18日 (日)

【出資理由】デイトユアドリームの18

201908_20190815104202

Photo デイトユアドリームの18(牡・池添学)父ミッキーアイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「やや小柄で幼かった馬体も夜間放牧を重ねて、確実に成長してきています。放牧地では体の柔らかさを十分に確認でき、まだ成長の余地もたっぷり残していますので、今後の変化が楽しみな一頭です。また、現在は洗い馴致を行っています。最初は頑固な面を見せていましたが、今では落ち着いて洗う事ができ、学習能力の高さを見せています。馬体重は436キロです」(8/8近況)

○馬体重 424キロ 体高 151.5センチ 胸囲 171.5センチ 管囲 21.5センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

気性面で一癖あるタイプかもしれませんが、募集に名前が載った時から出資したいと思っていたのがデイトユアドリームの18。実際、馬体重は430キロちょっとながら、全体的に肉付きが良く、馬体を大きく見せるのは好印象。また、トモの踏み込みが良く、力強い歩様。父ミッキーアイルはダートを走ったことはありませんが、母系の血が強く出てる感じの同馬は芝以上にダートで楽しみな存在になってくれそうです。あとはスピード豊かな両親の血をどこまで受け継いでくれているかでしょう。

また、現状は幼さを多分に残しているので、気分を損ねることなく、集中して走れるように今の内からしっかり教え込んでいってもらえればと思います。

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ