2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「プチノワールの18」の14件の投稿

2020年1月26日 (日)

【動画更新】プチノワールの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

半兄ヴァンタブラックは重厚さが備わった分、芝向きのスピードに欠ける現状ですが、プチノワールの18は牝馬らしい体型の分、切れはありそう。ただ、現状の動きに関しては、フラフラする若さを覗かせ、足腰に力が備わっていない様子。ピリピリしやすい気性でもあるので、早期デビューにこだわらず、コツコツ乗り込むことで心身の成長を促すことを最優先でお願いします。

2020年1月 4日 (土)

シルクなお馬さん(明け2歳牝馬)

202001_20200104094801

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も意欲的に調教に取り組んでいます。現在は基礎体力をつけるべく、ハロン15秒のペースでしっかり乗り込まれています。早めの日の登坂でも力むこともないので、動きに硬さもなく前向きに走ることができていますね。周回コースでは、前の馬との距離を保ってリズム良く走れていますよ。馬体面はリフレッシュ後に運動を再開してから数週間で一回り大きくなったように感じています。ペースアップにも問題なく対応するといったよりも、まだまだ走れるといった様子で馬体重も増えており心身ともに充実期に入ったようです。飼い葉も良く食べていますし、肌艶も良く脚元にもいまのところ問題はありません。今後も適度にリフレッシュを取り入れながら、基礎体力をつけていく運動を中心に焦らず進めていくつもりです。馬体重は441キロです」(12/31近況)

202001_20200104094901

Photo プチノワールの18(牝・宮田)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「12月上旬にリフレッシュを挟むと、現在は週3回、周回コースと坂路コースで乗り運動を行っています。まずは周回コースを軽めのキャンターで乗り込み、その後坂路コースに入って、日によってはハロン16秒まで脚を伸ばしています。さすがにこのペースではスタート直後の勢いを最後まで持続することがまだできていないですが、以前よりも加速力が付いてきた印象を受けます。時折、馬場に脚を取られてリズムを崩すことがあるので、引き続きパワーアップを課題として取り組んでいきたいと思います。キャンター中は集中して走ることができているのですが、普段の所作に煩いところが見受けられるようになってきました。調教での前向きさは損なわないよう、精神面にも気を付けて調教を続けていきます。先月同様、ピカピカの毛艶が示す通り体調は安定しており、脚元の不安もありません。馬体重は451キロです」(12/31近況)

202001_20200104095001

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も坂路調教を週2回行っており、現在は1本目ハロン18秒、2本目ハロン17秒ペースで登坂しています。坂路コースでは、少しずつではありますが全身を使って走れるようになってきましたし、まだトモに緩さが残るものの、パワーがどんどん付いてきて走りに力強さを感じるまでになりました。周回コースでは自らハミを取って良いバランスで走れていますし、併せ馬をしても力むことなくリラックスして走れているのも良い傾向です。今後も更なる良化を追求しながら進めていきたいですね。調教量を増やしたせいか先月より体重が減りましたが、筋肉量は徐々に増えてきて見映えのする馬体に変化してきました。あとはトモがもっとしっかりしてくれば更に良くなるでしょう。飼い葉をしっかり食べていますし、脚元・体調に不安はありません。馬体重は458キロです」(12/31近況)

202001_20200104095002

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「相変わらず繋ぎが立ち気味なことから、歩様に硬さが見られるものの、走り出せば幾らか改善されていますし、今のところ脚元の状態は変わりません。動きの面で言えば、体の大きい馬ですが素軽さが有り、特にトモの使い方が非常に上手いですから、パワーも兼ね備えています。また、気になる点と言えば、調教中に耳を絞ることが多々あり、気難しさがあります。これから更にペースを上げていく中で、十分に注意する必要があるでしょう。飼い葉食いが良いことで、引き続き馬体の張り・艶は良好ですし、体調面の心配は要りませんね。今後も脚元にはくれぐれも気を付けていきつつ、坂路での乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は505キロです」(12/31近況)

202001_20200104095101

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めていましたが、ここまでコンスタントに進めてきた疲れがさすがに出てきたことから、今週はリフレッシュのために軽めのメニューに止めています。坂路では速い日にはハロン15秒近くまで脚を伸ばしていましたが、相変わらず素軽いフットワークで走れていましたし、コントロールもちゃんと利いています。精神的にも段々と大人になってきていますが、テンションが上がると煩いところが出てくることがあるので、よく注意して接していきます。ここまで脚元を含めて特に不安なくこられましたが、年明けからはさらなるペースアップを図っていきたいと考えていますので、怪我には気を付けて進めていきます。馬体重は526キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

カリスペルの18は馬体の充実が求められますが、動きに関してはマイナスコメントがないように、センスの良さを感じます。あとは欧州血統なので日本のスピード競馬に合うかどうか。

プチノワールの18は非力な面が残り、ちょっと体力不足。走ることに関しては教えられたことを少しずつ吸収出来ているように思います。ピリッとしたところは母系の特徴ですが、走ることに悪影響を及ぼしていないかを常に気に留めてもらえればと思います。

フィロンルージュの18は馬体重を少し減らしていますが、お腹のボテッとした感じが薄れて、凛々しい立ち姿。背も少し伸びたのかな? ただ、トモに緩さが目立って非力さを感じさせるので、まずはコツコツと乗り込むことで基礎体力を養ってもらえればと思います。

アドマイヤテンバの18は繋ぎが立っているので脚元の疲れが心配ですが、今のところは大丈夫そう。手先が意外と軽いのが負担を軽くしているのかなと思います。モガミの血が気難しさを引き出していると思いますが、適度にリフレッシュを挟みつつ、気持ちに余裕のある状態で日々の調教に取り組んでもらいたいです。

メジロトンキニーズの18は前回の調教動画が常歩のみだったので一頓挫を覚悟していましたが、疲れが出てしまった様子。幸い、早目にリフレッシュを挟んだことで持ち直してきていると思うので、徐々に遅れを取り戻してもらえればと思います。

2019年12月22日 (日)

【動画更新】ブロンシェダームの18&プチノワールの18

↑↑↑

Photo ブロンシェダームの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来年3月4日付で美浦で小手川準、宮田敬介、栗東で新谷功一、吉岡辰弥が厩舎を開業するとJRAからの発表を受け、ブロンシェダームの18とプチノワールの18は美浦・宮田厩舎の所属となることが発表されています。

これまで幼い面が目立ったブロンシェダームの18。ですので、坂路調教ではフラフラしたり、頭を上げたりする仕草が目立つんだろうなあと動画を見てみると、思いのほか真面目に駆けていたのは良い意味でビックリ。体高は低いですが、癖のないフットワークを見せてくれています。

プチノワールの18は寒くなってきても黒光りしている馬体は魅力的。内面はしっかりしているのでしょう。坂路を駆け上がる様は手応えに少し余裕がない分、気合を付けたりしていますが、こちらも真面目に走ってくれているのは好感。コツコツ乗り込んで体力が付いてくれば、更に良い動きを見せてくれると思います。今のところ、テンションの高さは大丈夫です。

2019年12月 4日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

201912_20191204063701

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ペースアップを図りましたが、スピード面では問題なくしっかりと対応してくれていますね。ただ、以前よりもリズム良く登坂してくれてはいますが、パワー不足からか理想的なバランスで走ることが出来ていません。そして、その影響からかハミ受けに繊細なところがありますし、こつこつと力を付けて改善を図っていきたいと思います。体調面ですが、飼い葉を良く食べてくれて、この寒い時期でも毛艶がピカピカです。調教のルーティンに慣れてきたことあって、落ち着きも保てていますから、良好な精神状態のまま今後も進めていきたいですね。馬体重は446キロです」(12/1近況)

201912_20191204062901

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「周回コースのみならず、この中間からは坂路調教を開始いたしました。坂路では少しバランスが前になって走ってしまう面があり、躓く時がありますね。そして、左にモタれて走ってしまう点もありますから、それらの点はこれから修正が必要でしょう。馬体以上にストライド大きく、のびのびと走らせてあげれば、かなり良い走りをしてくれそうですし、これから課題を修正出来れば楽しみな馬の一頭です。また、周回コースでは慣れてきたこともあって動きは良くなってきた印象です。しかし、体重こそ増えたもののパワー不足で反応がやや遅い気がしますから、乗り込みを強化して鍛えていきます。馬体重は469キロです」(12/1近況)

201912_20191204062101

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン17秒ペースではだいぶ良い手応えで上がって来られるようになってきていたため、この中間から坂路コースのペースをハロン16秒まで上げています。繋ぎがやや立ち気味なことから、前捌きは硬く常歩の歩様は良く見せませんが、コンスタントに乗り込みながらも疲れが出ることはありませんので、この馬なりに良い状態だと言えるのではないでしょうか。段々と寒さが増してきているので冬毛が出てきましたが、馬体の張り・艶ともに良く、体調面は良好です。馬房内では耳を絞るなど気難しい一面を見せていますが、扱う側が手こずることはないので、このまましっかりとコンタクトを取っていきたいと思います。今後もよく脚元に気を付けながら進めていきます。馬体重は501キロです」(12/1近況)

201912_20191204061601

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回ロンギ場

担当者「この中間は週2回坂路でハロン16~18秒のペースで2本登坂しており、負荷を掛けた後も疲れを見せることもなく、元気よく調教に取り組んでいます。周回コースではゆっくりと駆歩が出来ており、リズムよく運動をこなしてくれています。以前は精神的な幼さが見られましたが、適度にリフレッシュを挟んでいることもあって、精神状態が安定してきましたし、馬房でも扱い易くこちらの指示をきちんと聞いてくれます。少しずつ寒くなってきたことで冬毛が伸びてきましたが、コンディションはよく、飼い葉もよく食べています。今後も体調管理には気を配り、運動を続けていきながら心身ともに成長を促して行きたいと思います。馬体重は439キロです」(12/1近況)

201912_20191204061001

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に乗り込んでおり、坂路でのペースを上げることができています。週2回は登坂回数を2回とペースだけでなく調教量も増やして地力強化に努めています。手応えですが、ハロン16秒でもまだ余裕がありますよ。馬体重の増加分は1週間リフレッシュを取り入れたので、その分でしょうからこの調教量であればすぐに絞れてくると思います。大型馬で見た目がドッシリとしていますが、見た目の印象と違って、走りは手先が軽く柔らかい走りをしますね。ただ、先頭で走ると少し物見をしたり、テンションが上がった時は派手に立ち上がったりする時もあり、幼い面は残していますから注意して騎乗しています。また、脚元や飼い葉食い等に問題はありません。寒くなりましたが毛艶も引き続き良好で体調の良さがうかがえます。今後もリフレッシュを取り入れながら、負荷を高めていきます。馬体重は532キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの18は調教の負荷を高めて楽に対応出来ていますが、芯が入っていないので動きの質はまだまだ。地道に脚力を付けていくことが先決でしょう。また、今後負荷を高めていった際、馬体が細くなったりすると思うので、状態が落ち込む前にリフレッシュを挟んでもらえればと思います。また、そうすることで良い精神状態が保たれ、心身の成長にも繋がっていくと思います。

育成厩舎へ移動するのが遅くなった分、フィロンルージュの18はこの中間から坂路調教を開始。前のめりの走りになったりモタれたりするのは脚に力が付いていないことによるものなので、癖にならないように修正しつつ体力を養ってもらえればと思います。また、更新された馬体を見ると、牝馬とは思えないマッチョぶり。やはりダートでこその馬になりそうです。

アドマイヤテンバの18は腰高でアンバランスな横の姿。前の繋ぎが立っているので、今後馬体重がジリジリ増えて行った際に脚元への負担は増していく筈。早め早めにリフレッシュを入れて、負担が掛かり過ぎないように予防線を張ってもらえればと思います。動きに関しては血統馬らしいポテンシャルの高さは感じます。

カリスペルの18は順調に調教メニューを強化中。真面目に取り組んでくれているのが何よりです。あとはカイバをしっかり食わし込んで、馬体の成長を遂げていってもらえればと思います。

メジロトンキニーズの18は一時期リフレッシュ期間を設けたようですが、週3回登坂し、その内2回は2本乗る形。普通キャンターから少し早めていますが、無難な対応を見せてくれています。ただ、気性面で少し幼さを覗かしているので、悪い方へ向かないように注意して進めてもらいたいです。

2019年12月 1日 (日)

【動画更新】マチカネタマカズラの18&プチノワールの18

↑↑↑

Photo マチカネタマカズラの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マチカネタマカズラの18は立派な馬体を誇りますが、気性面ではかなり幼い面が残ります。坂路で乗ってはいますが、他と離れたところからスタート。序盤はフラフラ走っていましたが、最後の方は推進力を感じさせるところがありました。パワーで押し切るタイプだと思いますが、スピードの持続力を身に付けていって欲しいです。

プチノワールの18はこの母系らしくピリピリした面は目立ちますが、兄姉と違って重心の低いフォームでチップの跳ね上がりもちょっと目立ちます。脚が溜めれば、末脚はかなり切れそうです。

2019年11月13日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

201911_20191113103601

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「その後も坂路調教を継続し、現在は先月から少しペースを上げて週2回ハロン17~18秒で登坂し、週2回は周回コースで2500mの距離を軽めのキャンターで乗っています。最初はフラフラしていた坂路調教ですが、今ではハミを取って前向きにまっすぐに走れるようになってきました。ただ、まだ先頭を走ると物見をしてフワフワしてしまうので、そこが今後の課題ですね。相変わらず見映えのする好馬体をしていますし、コンディションは良好です。普段は少しピリピリした様子を見せていますが、この馬なりにオン・オフの切り替えがしっかりできているようで、精神面はまずまずと言えるでしょう。脚元は今のところ問題なく、少し寒くなって冬毛が出始めていますが、体調自体は良好です。今のところ前向きに調教に取り組めているので、今後も適度にリフレッシュを挟みながら調整を続けていきます。馬体重は497キロです」(11/1近況)

201911_20191113103701

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間は本格的な坂路コースでの調教へと移行しており、現在は週2回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整を行っています。まだまだ非力でふらつきながら登坂していますが、芝向きの捌きの軽いフットワークを見せてくれています。伸びやかな身のこなしからはスピード能力の高さを感じることができ、今後のトレーニングで力が付いてきた時の走りを想像するとワクワクしますね。テンションが高めで落ち着きがないのは、血統的にある程度は仕方がないと思いますが、それでももう少しリラックスした時間を作れるよう工夫していきたいと思います。調教負荷が上がってから皮膚病が出たりして、ストレスに対する耐性はあまり強くない印象ですので、今後の調整は慎重に進めていきたいと思います。馬体重は442キロです」(11/1近況)

201911_20191113103801

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「その後も順調に調教をこなしており、現在は週2回、ハロン17~18秒ペースで2本ずつ登坂し、週2回は周回コースで2500mの距離を軽めのキャンターで乗り込んでいます。坂路コースでは以前よりも前と後ろが連動してしっかり走ることができるようになりましたし、周回コースでもリラックスして、リズム良くスムーズに走れています。ただ、コースに向かう時にしっくりしないところがあるのか、ムズムズした変な動きを見せる時があるので、きちんと常歩ができるように心掛けていきます。やや小柄な馬体も先月より一回り大きくなり、筋肉も付き始めバランスが良くなってきました。以前は毛艶があまり良くない時期もありましたが、それもだいぶ改善されてきました。引き続き脚元・体調面に問題はなく、飼い葉もよく食べています。今後も体調管理をしっかり行い、乗り運動を継続しながら、走りにもっと力強さが備わるようにしていきたいです。馬体重は431キロです」(11/1近況)

201911_20191113103802

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「体力が付いてきたことから先月よりも更にペースを上げて、ハロン17秒まで脚を伸ばしました。移動してきた当初から馬格が有ってどっしりと構えており、乗っていると大人しくて扱い易い馬ですね。調教を進めてもケロッとしているくらいです。ただ、馬房の中では少し煩い面を見せていますから、そこは注意しないといけないでしょう。また、脚元や飼い葉食い等に問題はありませんし、毛艶も良好で状態面に気になるところはありません。これから更に負荷を掛けていきますが、動きを見ている感じですと、難なく対応してくれると思いますよ。馬体重は521キロです」(11/1近況)

201911_20191113103803

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「入場時からとても大人しくて手の掛からない優等生タイプだったことから、騎乗馴致は難なく終えることができ、この中間から予定通り騎乗運動を始めています。まずはロンギ場でのフラットワークから基礎体力強化を図っていき、現在は週3回周回コースで軽めのキャンター2500mを行うところまで進められています。騎乗していても素直な性格に変わりはなく、ちゃんとハミを受けてくれて、コントロールが利きやすいですね。背中の筋肉がしっかりしていて馬格があるので、乗っていて安定感がありますし、キャンターはどちらかと言うと力強さが勝っているタイプですね。飼い葉食いは良好ですし、脚元にも問題はありませんから、今後は徐々に坂路コースにも入れていきたいと思います。馬体重は459キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アドマイヤテンバの18は着々と進んでいるようで、普通キャンター程度で坂路を駆け上がるところまで到達。先頭で走っていると物見が目立っているようですが、乗り込みを重ねていけば慣れていってくれるでしょう。あとは繋ぎが立ち気味なので一気に負荷が掛からないように注意してもらえれば思います。

プチノワールの18は高い資質を備える一方で、この母系らしいピリピリ感。体質は幾らか弱いところもありそうです。ひとまずは丹念に乗り込みながら、心身の成長を促していってもらえればと思います。

カリスペルの18は小柄な馬ですが、育成・調教はマズマズ順調。非力さは感じてしまいますが、地道な取り組みで馬体のボリュームアップを図っていってもらいたいです。

メジロトンキニーズの18は気の悪さを隠し持っている感じがするも、立派なフォルムに似合った体力を持っているのは1つ武器に。スタミナ+パワー型だと思うので、これまであまり出資してこなかった牝馬のタイプ。化けてほしい1頭です。

出資している牝馬の中で1番最後に育成厩舎へ入ったのがフィロンルージュの18。坂路入りはまだですが、周回コースで距離を乗り込むことは出来ているので、遅れを取り戻しつつあると思います。父ロードカアロアの仔らしく操縦性が高いのは魅力。芝よりもダート向きかと思いますが、常に堅実に駆けてくれる競走馬に育ってくれそうです。

2019年10月26日 (土)

【動画更新】プチノワールの18&スリールドランジュの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

↑↑↑

Photo スリールドランジュの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの18はこの母系らしくピリピリしていますが、毛色も相成ってパッと見の雰囲気の良さは惹かれるものがあります。どういう走りをするのか早く見たいです。

スリールドランジュの18は父の産駒ではやや異色のスラットした体型。また、気性面ではオンオフがハッキリして操縦性の高いタイプと幼さと繊細さからレースで気難しさを覗かせるタイプの両極端が特に牡馬に多い印象。動画からの印象では後者側かな?

2019年10月 7日 (月)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

201910

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は、週3回坂路コースでハロン18~19秒のキャンターを2本、週1回は周回コースで軽めのキャンター2500mを中心に進められています。まだ体を持て余したような走りではあるものの、とても前向きですし、良い動きを見せていますよ。ただ、普段からピリピリしているところがあり、時折騎乗時も気の悪さを出すことがありますので、そこは今後の課題です。また、この中間に皮膚病が出てしまいましたが、ペースを落として休ませたことで今はその心配は要らないですね。今後も適度に休みを挟みつつ、良い状態をキープして進めていきたいと思います。馬体重は499キロです」(10/1近況)

201910_20191007061001

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらへ移動後は、ストレスのせいか飼い葉食いが一時的に落ちましたが、現在は完食するようになりました。環境の変化にストレスを感じやすいタイプのように思われるので、この先新しいことをする時はメンタル面に気を付けていきます。ロンギ場での騎乗馴致では、この母系特有の気難しさを感じることもありましたが、概ね順調に進めることができました。現在は週2回坂路コースでハロン20秒のキャンターを2本と、週1回は周回コースで軽めのキャンター2500mの運動を行っています。先日、左トモ球節付近をぶつけて外傷を負ったのですが、検査でも異常は見つからなかったので、問題なく進めていけるでしょう。センスに溢れる身のこなしから、スピードがありそうな印象を受けているところですので、今後の本格的な調教でどのようなパフォーマンスを見せてくれるのかとても楽しみですね。肌の質感は姉のローブティサージュに良く似ていますよ。馬体重は444キロです」(10/1近況)

201910_20191007060902

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間から坂路での調教を開始しています。イヤリングで少し背慣らしをしてくれていたので、こちらでの馴致はとてもスムーズに行うことができました。まだまだ人に頼るところはありますが、この時期の1歳馬ですから少しずつ学習していってくれることでしょう。馬体は小柄ですが、全体のバランスは良いですし、体を上手に使えているので非力さを感じることはありません。躍動感があり、常歩で見るよりも登坂時の時の方が大きく見せていますよ。毛ヅヤも良く体調面は良好ですし、脚元にも今のところ問題はなく進めてこれています。これから成長してくるでしょうし、運動によって体力もついてくると思いますので、徐々に運動量を増やしていく予定です。馬体重は417キロです」(10/1近況)

201910_20191007060901

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動してきてからもスムーズに馴致を進められ、現在は週3回屋内坂路コースでハロン20秒のキャンター1本と、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1500mを消化しています。大型馬なので馬体に多少の緩さはありますが、精神的には落ち着きがあって何事にもドッシリと構えてくれています。馬体は骨太でガッチリとしていて、パワー型の雄大な体付きをしていますが、ここまで進めていても脚元や体調面に問題はありません。今後は徐々にペースを上げて乗り込んでいき、基礎体力強化を図っていく予定です。馬体重は519キロです」(10/1近況)

201910_20191007060801

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は毎日ウォーキングマシンの運動を60分行いながら、騎乗馴致を開始したところです。まずは騎乗した時の体の使い方を教えている段階ですが、最初はぎこちなさが目立っていたものの、少しずつ柔らかさが出てきました。後は人に対する注意力がもう少し上がってくれば良いですね。馬体の緩さはありますが、サイズがあってガッシリしているので、調教を重ねていけば良い体つきになると思います。飼い食いは良く、脚元にも不安な点はありません。性格は大人しく、マイペースという感じがします。この調子であれば順調に進められそうですし、そろそろ騎乗運動も始められると思います。馬体重は435キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アドマイヤテンバの18は早くも週3日坂路でハロン18秒ぐらいペースで駆け上がり、あと1日は周回コースで長目をじっくり。勝気な性格はレースへ行っての勝負根性に繋がるように教えていってもらえればと思います。ただ、馬体はボテッと見せ、脚元への負担が心配。ここまでは1番早い組かもしれませんが、今後は成長等を見極めながらじっくり進めてもらいたいです。

プチノワールの18は兄姉同様に神経質な面を覗かせていますが、一時期減ってしまった馬体は回復して先月よりも増えているのは何より。ただ、この中間に左トモ球節付近をぶつけて外傷するアクシデントも発生。幸い、大事には至りませんでしたが、まずはしっかり患部の回復を促してもらえればと思います。走ることに対しては良いセンスを秘めていそうですし、更新された馬体は出資している牝馬では1番洗練されていますし、バランスも上々。素質を磨いていけば楽しみな存在になってくれるでしょう。

カリスペルの18は外国生まれの良いお嬢さんという感じで性格は問題なさそう。課題はやはり小柄な馬体をどう膨らませていくか。顎があまり発達していないことから食欲旺盛ではまずありません。調教を重ねつつ、馬体を増やしていけるのかに今後注目していきたいです。

メジロトンキニーズの18も気性面の課題は少なく、操縦性が高そうなタイプ。他の出資している牝馬はマイル以下が守備範囲になってくると思いますが、こちらは血統だけでなく馬体も長距離向き。あとは芝に対応できるスピードがあるかどうか。どういう走りをするか早く見てみたいです。

フィロンルージュの18は育成厩舎へ移動してまもないですが、身のこなしにぎこちなさを感じますが、性格は概ね素直なので騎乗馴致を完了すれば、スムーズに調教メニューへ移行できるかなと思います。馬体重は430キロ台ながら、まとまりのある好馬体。ダートの短距離が主戦場になってくると思うので、これから乗り込みを進めていって全体的にボリュームアップされた馬体へと育っていって欲しいです。

2019年9月 4日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

201909_20190903121101

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「現在は初期馴致を無事に終えて、ロンギ場でハッキングまで進めています。性格は気が強いところがありますが、どっしりとしていてロンギ場の中でも動じることはありませんでした。人には素直で馴致もスムーズに進めることができましたよ。こちらに移動してきてから、馬体重が10キロ以上増えていますから、体調面は良好です。ですが、今後の脚元の負担を考えますと増えすぎるのも良くないので、飼い葉や運動を工夫して馬体重の増減を意識していきます。今後はハッキングからキャンターへと移行していく予定です。とても雰囲気の良い馬ですし、騎乗していて背中の感触も良く素質を感じますので、このまま順調に進めていけるよう注意していきます。馬体重は502キロです」(9/1近況)

201909_20190903121102

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「8月16日に無事に育成厩舎へ送り出すことが出来ました。こちらに在厩していた際は、夜間放牧を継続しながらウォーキングマシンとトレッドミルを併用して運動をしていたため、更に体力がついてきましたね。この馬なりに気性も落ち着きが出てきたことで、各馴致も大変受け入れが良く、スムーズに物事を行えましたので、この先も問題無く進められるでしょう。馬体重は437キロです」(9/1近況)

201909_20190903121103

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「8月29日にノーザンファーム空港へ移動しています。こちらでは引き続き夜間放牧を続けながら馴致の方も進めていました。人の指示に対して受け入れが良く、洗い・鞍付け馴致等順調に進めることが出来ていましたよ。放牧地では躍動感ある動きで馬体を大きく見せているのには好感が持てました。馬体重は423キロです」(9/1近況)

201909_20190903121104

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「こちらでは夜間放牧に加え、ウォーキングマシン1時間の運動も行っていたところ、29日にノーザンファーム空港へ移動しました。雄大な馬格の持ち主ですが、重苦しさは微塵も感じられず、放牧地では柔らかいキャンターを披露していました。落ち着いた性格のため馴致も順調で、鞍を付けて廊下で曳き運動をするところまでスムーズに進める事が出来ました。体調面含め万全の状態で、育成厩舎へ移動しました。馬体重は512キロです」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

会報に出ている近況では右前膝骨端痛を発症していたようなことが書かれていたアドマイヤテンバの18ですが、前回の近況更新前にそういうことがあったのかなと思います。人間でいう成長痛で一時的なものだったと思うので、今はその症状自体は落ちついている様子。ただ、これから騎乗運動を進めていくと、その症状が再度顔を覗かせるかもしれません。500キロ前後の大型馬ですし、土台づくりは慎重に行ってもらえればと思います。血統馬らしい雰囲気を醸し出しているのは頼もしいです。

プチノワールの18は8月16日に育成厩舎へ。それまではイヤリングで夜間放牧を継続しながらウォーキングマシン等で軽めの運動を行い、地道な体力強化を遂げてきました。ピリピリしたところがある母系ですが、今のところはそういう素振りはなく、初期馴致をスムーズにこなせたのは嬉しい限り。これから進めていってもオンオフの切り替えが上手な馬でいて欲しいです。

カリスペルの18はこれからもっと馬体が充実してきてもらわないとダメですが、性格自体は素直で人間との信頼関係をしっかり築けそうなタイプ。脚が速いか遅いかは分かりませんが、芝の実戦へ行って良さそうです。

メジロトンキニーズの18は着実に大きくなっていますが、イヤリング時の動きは思いのほか素軽いところを見せていた様子。サンデーサイレンスの3×3という配合を懸念していましたが、これまでにしっかり手が掛かっているので人間との信頼関係は良好。気弱なところはあるかもしれませんが、人間に反抗するような気難しさはないでしょう。競走馬のタイプとすれば一瞬の切れ味よりも長く良い脚を使えそうな馬。オークスを密かに狙っていって欲しいです。

2019年8月10日 (土)

【出資理由】プチノワールの18

201908_20190810093101

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「ここまでは順調に夜間放牧が出来ています。春先まで幼く見えていた馬体は、夜間放牧で体力がつき運動量も増えたことから、見映えのする良い馬体になってきました。放牧地ではしなやかでダイナミックなキャンターで走り、更に良化してくるとなると今後の成長が楽しみです。馴致に関してですが、現在は洗いと鞍付けまで進めています。馬体重は430キロです」(8/8近況)

○馬体重 414キロ 体高 152.0センチ 胸囲 168.5センチ 管囲 20.0センチ(募集時)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの18は半兄ヴァンタブラックに続いての出資となりますが、まず血統的に父ハーツクライが合いそうと思ったので最初から気に入っていた馬の1頭。この母系らしくピリッとした面があり、前捌きは硬めですが、バランスが非常に整っており、尾離れが良くてトモの踏み込みは上々。溜めが利けば良い決め手を繰り出してくれるイメージを持っています。

また、半兄ヴァンタブラックのモタつき、預託先が新規開業厩舎ということで、それほど人気はしないと見ていたので、申し込めば実績から大丈夫だろうと思い、実際に無事出資が叶うこととなりました。預託先については他の会員の方がチラホラ挙げていたように、技術調教師としてアーモンドアイのドバイ遠征に携わっていた宮田調教師でしょう。最初からそれなりの血統馬を預けられるということはそれだけでも支援が厚い証拠ですから、これから伸び行く厩舎として期待しています。まずはプチノワールの18とブロンシェダームの18で結果を残してもらいたいです。

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ