2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ノワールドゥジェ」の19件の投稿

2020年3月17日 (火)

【動画更新】ルージュセリーズ&ノワールドゥジェ

↑↑↑

Photo ルージュセリーズ

↑↑↑

Photo ノワールドゥジェ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ルージュセリーズは身のこなしに課題があると言われていますが、トモに力がついてくれば走りのバランスは良くなってくると思います。今回の動画は馬体を接して登坂していますが、根性を出して頑張っている姿は好感。スピードはまずまずあると思います。

ノワールドゥジェは軽く気合をつけながらの登坂ですが、3頭並びの真ん中で怯むことなく頑張ってくれています。この母系は頭の高い走法のイメージがありますが、ノワールドゥジェは追って沈みそうな雰囲気。本数を重ねていけば最後まで手応え良く駆け上がってくれるでしょう。

2020年3月 4日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

202003_20200304032401

Photo ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は再度坂路と周回コースで体力強化を図っています。熱発前と大幅な変わり身はありませんが、全体的に少しずつ力を付けてきており、前進気勢が増してきましたね。気持ちの高ぶりは相変わらずあるものの、勢いだけで走っている訳ではありませんし、人の指示にもしっかりと反応してくれていますから心配は要りません。徐々にではありますが、調教の内容が濃くはなってきたかなと感じますし、もっと馬体は大きくなってきそうですので、無理をさせずにこの馬の成長曲線に沿って進めていった方が良いのでしょう。また、食がやや細いところがありますので、その点に気を付けていきます。馬体重は449キロです」(3/1近況)

202003_20200304033201

Photo ルージュセリーズ(牝・手塚)父ロードカナロア 母フィロンルージュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「依然として体の使い方に課題はあるものの、チップの深いところでもしっかりとした脚取りで登坂しており、パワーのある走りを見せていますね。ただ、やはり前に頼ってしまうところがありますから、そこが今後の課題となるでしょう。背中が段々と柔らかくなってきて以前よりも乗り味が良くなってきていますので、この馬なりには成長を感じますし、これから更なる成長が見込めそうです。体重以上に馬体はふっくらと見せており、飼い葉も残すことはありませんし、脚元を含めて状態はとても良好ですから、この調子でどんどん進めていきたいですね。近々15-15に近いところまでは行いますが、それ以上ペースを上げるかは今後の動きを見て決めたいと思います。馬体重は463キロです」(3/1近況)

202003_20200304034201

Photo ベルエポック(牝・黒岩)父モーリス 母アドマイヤテンバ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースのペースをハロン15秒まで上げ、登坂本数も1日2本に増やしています。相変わらず繋ぎから来る歩様の硬さはありますが、ハロン15秒を切る調教を継続していても、脚元はスッキリと見せていますし、特に問題はなさそうです。完歩が大きいので、感覚以上に時計が出ているような印象があり、今後負荷を強めてもそういった良い特徴がなくなってしまわないよう意識して進めていきたいですね。性格的には相変わらず気難しいところはあるものの、ハミ受けには良化が見られますし、坂路での走りも良い感じです。ペースアップ後も馬体はフックラとしていて張りも良好で、少し皮膚病が出ていたものの、それも治まってきています。息遣いにはまだまだ良化の余地を残しますが、動き・質ともに向上していますし、このままの流れで乗り込んでいければと思います。馬体重は515キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月中旬に熱発を発症してしまったノワールドゥジェですが、現在は順調に回復を果たし、坂路と周回コースを併用しながら体力強化に努めています。この母系の牝馬らしくピリッとした気性+線の細さは受け継いでいますが、馬体はまだまだ大きくなりそうだということで、早期デビューは意識し過ぎず、心身の成長を促すことを最優先に引き続きコツコツ進めて行きましょう。

ルージュセリーズは前のめりの走法で体を上手に使いこなせていない現状。この課題を克服できるかできないかは大きな分かれ目でしょう。馬自体は淡々と乗り込むことで着実に良化中。更新された画像を見ると、頭の高さは若干気になるも、肌艶の良さ+適度なフックラ感は好印象。目付きも穏やかなので気性面の不安はなさそうも、レースでの気の弱さに繋がらないように闘争心を引き出してもらいたいです。

ベルエポックは登坂本数を2本に増やして負荷を高めていますが、クタッとすることなく対応できているのは何より。繋ぎの立ち具合から来る歩様の硬さは蹄鉄を工夫したり、日々のケアによって上手に付き合ってくれればと思いますが、調教動画を見ると前脚を叩きつける感じで走るので脚元に不安を生じる可能性は正直高いかもしれません。また、蹄鉄を履き、調教が進んでいる割に、毛ヅヤは一息で馬体自体もモコッとしているので、内面の強化をより意識して乗り込みを進めて行ってもらえればと思います。

2020年3月 1日 (日)

【動画更新】ノワールドゥジェ&ルージュセリーズ

↑↑↑

Photo ノワールドゥジェ

↑↑↑

Photo ルージュセリーズ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ノワールドゥジェはハミ受けに繊細な面が残り、登坂中に制御しにくそうなところを覗かせています。体力が付いてくると、引っ掛かるような面を見せるかも。実戦での折り合いが課題になりそうな1頭です。また、半兄ヴァンタブラックはパワフルな走りですが、こちらは牝馬特有の切れを期待できるかなと見ています。

ルージュセリーズは血統のイメージではダートの短距離馬ですが、走りはピッチではなく、ストライドの利いた走り。距離は1600mまで辛抱してくれたら良いのですが。また、若干力んだ走りなので、暖かくなるまでは伸びやかに走らせることを重視してもらえればと思います。

2020年2月 4日 (火)

1月中旬に熱発した為、トレッドミルとウォーキングマシンでの運動に止められています。★ノワールドゥジェ

202002_20200204055801

Photo ノワールドゥジェ(牝・宮田)父ハーツクライ 母プチノワール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回トレッドミル、残りの日はウォーキングマシン

担当者「1月中旬に熱発してしまった為、現在はトレッドミルとウォーキングマシンでの運動に止めています。熱発前は週3回、坂路コースでハロン16秒をベースにハロン15秒台も織り交ぜながら調教していました。コースではまだ気持ちが先行していて、体がついてこない感じでしたが以前に比べて脚捌きが力強くなってきましたよ。体力もついてきていて登坂後の息使いも日ごと良くなってきていたので、そう休んでいませんし乗り運動を再開すればすぐに息使いも戻ってくるものと思います。コース内でのテンションは相変わらず高めでしたが、許容範囲内で収まっていましたし、現在は運動量が減っても馬房でうるさい面は見せていません。もともと腹回りに余裕があるタイプではありませんので、今後は積極的にリフレッシュを取り入れながら体調面に注意するとともに、心身のバランスが崩れないように調整し、厳寒期を乗り切っていきたいと思います。脚元に問題はありません。馬体重は446キロです」(2/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月に更新された調教動画を撮った後ぐらいのタイミングでノワールドゥジェは熱発を発症した模様。それから約半月ぐらい経っていますが、現在もトレッドミルとウォーキングマシンでの運動のみに軽めの調整を続けています。

それまでは週3回坂路でハロン16秒の調教を重ねてきたので良いリフレッシュとなればいいと思います。ただ、現状の課題として1つ、線の細さを挙げることが出来ると思うので、そこをどう改善していくかをしっかり考えていってもらいたいです。ピリッとしたところは走る原動力でもあるでしょうが、体力がないと素材の良さは発揮できませんから。しっかりしてくるまではリフレッシュを多く取り入れる他にも、少しでもカイバを食べてもらうように1日の与える回数を増やすなどノワールドゥジェにあった対策を講じていってもらえればと思います。

2020年1月30日 (木)

【シルク】2歳馬の競走馬名が決まりました(関東馬)

Photo マチカネタマカズラの18

競走馬名:アンダープロット 欧字表記:Underplot 意味由来:物語の伏線。母名より連想

Photo ブロンシェダームの18

競走馬名:セラフィナイト 欧字表記:Seraphinite 意味由来:斜緑泥石。安眠をサポートするとされる。母名より連想

Photo シーズインクルーデッドの18

競走馬名:ドゥラモンド 欧字表記:Dura Mondo 意味由来:父名より+世界(伊)

Photo シンプリーディヴァインの18

競走馬名:シンプリーシャイン 欧字表記:Simply Shine 意味由来:たやすく光る。父名、母名より連想

Photo プチノワールの18

競走馬名:ノワールドゥジェ 欧字表記:Noir de Jais 意味由来:漆黒(仏)

Photo フィロンルージュの18

競走馬名:ルージュセリーズ 欧字表記:Rouge Cerise 意味由来:母名の一部+赤色(仏)

Photo アドマイヤテンバの18

競走馬名:ベルエポック 欧字表記:Belle Epoque 意味由来:良き時代(仏)

Photo メジロトンキニーズの18

競走馬名:クールキャット 欧字表記:Cool Cat 意味由来:素敵な人。母名より連想 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少し記事にするのが遅れてしまいましたが、先週24日にシルク2歳馬の競走馬名の発表が行われました。まず出資している2歳関東馬の競走馬名一覧です。

名前と〇〇〇〇〇〇の18を一致させるのに時間は掛かるでしょうが、記事アップする度に徐々に馴染んでいければと考えています。まずは無事にデビューしてもらい、その中で名前がクローズアップされるような注目馬へと育っていってもらえればと思います。

2020年1月26日 (日)

【動画更新】プチノワールの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

半兄ヴァンタブラックは重厚さが備わった分、芝向きのスピードに欠ける現状ですが、プチノワールの18は牝馬らしい体型の分、切れはありそう。ただ、現状の動きに関しては、フラフラする若さを覗かせ、足腰に力が備わっていない様子。ピリピリしやすい気性でもあるので、早期デビューにこだわらず、コツコツ乗り込むことで心身の成長を促すことを最優先でお願いします。

2020年1月 4日 (土)

シルクなお馬さん(明け2歳牝馬)

202001_20200104094801

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も意欲的に調教に取り組んでいます。現在は基礎体力をつけるべく、ハロン15秒のペースでしっかり乗り込まれています。早めの日の登坂でも力むこともないので、動きに硬さもなく前向きに走ることができていますね。周回コースでは、前の馬との距離を保ってリズム良く走れていますよ。馬体面はリフレッシュ後に運動を再開してから数週間で一回り大きくなったように感じています。ペースアップにも問題なく対応するといったよりも、まだまだ走れるといった様子で馬体重も増えており心身ともに充実期に入ったようです。飼い葉も良く食べていますし、肌艶も良く脚元にもいまのところ問題はありません。今後も適度にリフレッシュを取り入れながら、基礎体力をつけていく運動を中心に焦らず進めていくつもりです。馬体重は441キロです」(12/31近況)

202001_20200104094901

Photo プチノワールの18(牝・宮田)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「12月上旬にリフレッシュを挟むと、現在は週3回、周回コースと坂路コースで乗り運動を行っています。まずは周回コースを軽めのキャンターで乗り込み、その後坂路コースに入って、日によってはハロン16秒まで脚を伸ばしています。さすがにこのペースではスタート直後の勢いを最後まで持続することがまだできていないですが、以前よりも加速力が付いてきた印象を受けます。時折、馬場に脚を取られてリズムを崩すことがあるので、引き続きパワーアップを課題として取り組んでいきたいと思います。キャンター中は集中して走ることができているのですが、普段の所作に煩いところが見受けられるようになってきました。調教での前向きさは損なわないよう、精神面にも気を付けて調教を続けていきます。先月同様、ピカピカの毛艶が示す通り体調は安定しており、脚元の不安もありません。馬体重は451キロです」(12/31近況)

202001_20200104095001

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も坂路調教を週2回行っており、現在は1本目ハロン18秒、2本目ハロン17秒ペースで登坂しています。坂路コースでは、少しずつではありますが全身を使って走れるようになってきましたし、まだトモに緩さが残るものの、パワーがどんどん付いてきて走りに力強さを感じるまでになりました。周回コースでは自らハミを取って良いバランスで走れていますし、併せ馬をしても力むことなくリラックスして走れているのも良い傾向です。今後も更なる良化を追求しながら進めていきたいですね。調教量を増やしたせいか先月より体重が減りましたが、筋肉量は徐々に増えてきて見映えのする馬体に変化してきました。あとはトモがもっとしっかりしてくれば更に良くなるでしょう。飼い葉をしっかり食べていますし、脚元・体調に不安はありません。馬体重は458キロです」(12/31近況)

202001_20200104095002

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「相変わらず繋ぎが立ち気味なことから、歩様に硬さが見られるものの、走り出せば幾らか改善されていますし、今のところ脚元の状態は変わりません。動きの面で言えば、体の大きい馬ですが素軽さが有り、特にトモの使い方が非常に上手いですから、パワーも兼ね備えています。また、気になる点と言えば、調教中に耳を絞ることが多々あり、気難しさがあります。これから更にペースを上げていく中で、十分に注意する必要があるでしょう。飼い葉食いが良いことで、引き続き馬体の張り・艶は良好ですし、体調面の心配は要りませんね。今後も脚元にはくれぐれも気を付けていきつつ、坂路での乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は505キロです」(12/31近況)

202001_20200104095101

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めていましたが、ここまでコンスタントに進めてきた疲れがさすがに出てきたことから、今週はリフレッシュのために軽めのメニューに止めています。坂路では速い日にはハロン15秒近くまで脚を伸ばしていましたが、相変わらず素軽いフットワークで走れていましたし、コントロールもちゃんと利いています。精神的にも段々と大人になってきていますが、テンションが上がると煩いところが出てくることがあるので、よく注意して接していきます。ここまで脚元を含めて特に不安なくこられましたが、年明けからはさらなるペースアップを図っていきたいと考えていますので、怪我には気を付けて進めていきます。馬体重は526キロです」(12/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

カリスペルの18は馬体の充実が求められますが、動きに関してはマイナスコメントがないように、センスの良さを感じます。あとは欧州血統なので日本のスピード競馬に合うかどうか。

プチノワールの18は非力な面が残り、ちょっと体力不足。走ることに関しては教えられたことを少しずつ吸収出来ているように思います。ピリッとしたところは母系の特徴ですが、走ることに悪影響を及ぼしていないかを常に気に留めてもらえればと思います。

フィロンルージュの18は馬体重を少し減らしていますが、お腹のボテッとした感じが薄れて、凛々しい立ち姿。背も少し伸びたのかな? ただ、トモに緩さが目立って非力さを感じさせるので、まずはコツコツと乗り込むことで基礎体力を養ってもらえればと思います。

アドマイヤテンバの18は繋ぎが立っているので脚元の疲れが心配ですが、今のところは大丈夫そう。手先が意外と軽いのが負担を軽くしているのかなと思います。モガミの血が気難しさを引き出していると思いますが、適度にリフレッシュを挟みつつ、気持ちに余裕のある状態で日々の調教に取り組んでもらいたいです。

メジロトンキニーズの18は前回の調教動画が常歩のみだったので一頓挫を覚悟していましたが、疲れが出てしまった様子。幸い、早目にリフレッシュを挟んだことで持ち直してきていると思うので、徐々に遅れを取り戻してもらえればと思います。

2019年12月22日 (日)

【動画更新】ブロンシェダームの18&プチノワールの18

↑↑↑

Photo ブロンシェダームの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来年3月4日付で美浦で小手川準、宮田敬介、栗東で新谷功一、吉岡辰弥が厩舎を開業するとJRAからの発表を受け、ブロンシェダームの18とプチノワールの18は美浦・宮田厩舎の所属となることが発表されています。

これまで幼い面が目立ったブロンシェダームの18。ですので、坂路調教ではフラフラしたり、頭を上げたりする仕草が目立つんだろうなあと動画を見てみると、思いのほか真面目に駆けていたのは良い意味でビックリ。体高は低いですが、癖のないフットワークを見せてくれています。

プチノワールの18は寒くなってきても黒光りしている馬体は魅力的。内面はしっかりしているのでしょう。坂路を駆け上がる様は手応えに少し余裕がない分、気合を付けたりしていますが、こちらも真面目に走ってくれているのは好感。コツコツ乗り込んで体力が付いてくれば、更に良い動きを見せてくれると思います。今のところ、テンションの高さは大丈夫です。

2019年12月 4日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

201912_20191204063701

Photo プチノワールの18(牝・新規開業)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ペースアップを図りましたが、スピード面では問題なくしっかりと対応してくれていますね。ただ、以前よりもリズム良く登坂してくれてはいますが、パワー不足からか理想的なバランスで走ることが出来ていません。そして、その影響からかハミ受けに繊細なところがありますし、こつこつと力を付けて改善を図っていきたいと思います。体調面ですが、飼い葉を良く食べてくれて、この寒い時期でも毛艶がピカピカです。調教のルーティンに慣れてきたことあって、落ち着きも保てていますから、良好な精神状態のまま今後も進めていきたいですね。馬体重は446キロです」(12/1近況)

201912_20191204062901

Photo フィロンルージュの18(牝・手塚)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「周回コースのみならず、この中間からは坂路調教を開始いたしました。坂路では少しバランスが前になって走ってしまう面があり、躓く時がありますね。そして、左にモタれて走ってしまう点もありますから、それらの点はこれから修正が必要でしょう。馬体以上にストライド大きく、のびのびと走らせてあげれば、かなり良い走りをしてくれそうですし、これから課題を修正出来れば楽しみな馬の一頭です。また、周回コースでは慣れてきたこともあって動きは良くなってきた印象です。しかし、体重こそ増えたもののパワー不足で反応がやや遅い気がしますから、乗り込みを強化して鍛えていきます。馬体重は469キロです」(12/1近況)

201912_20191204062101

Photo アドマイヤテンバの18(牝・黒岩)父モーリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン17秒ペースではだいぶ良い手応えで上がって来られるようになってきていたため、この中間から坂路コースのペースをハロン16秒まで上げています。繋ぎがやや立ち気味なことから、前捌きは硬く常歩の歩様は良く見せませんが、コンスタントに乗り込みながらも疲れが出ることはありませんので、この馬なりに良い状態だと言えるのではないでしょうか。段々と寒さが増してきているので冬毛が出てきましたが、馬体の張り・艶ともに良く、体調面は良好です。馬房内では耳を絞るなど気難しい一面を見せていますが、扱う側が手こずることはないので、このまましっかりとコンタクトを取っていきたいと思います。今後もよく脚元に気を付けながら進めていきます。馬体重は501キロです」(12/1近況)

201912_20191204061601

Photo カリスペルの18(牝・高橋忠)父Dawn Approach

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、週1回ロンギ場

担当者「この中間は週2回坂路でハロン16~18秒のペースで2本登坂しており、負荷を掛けた後も疲れを見せることもなく、元気よく調教に取り組んでいます。周回コースではゆっくりと駆歩が出来ており、リズムよく運動をこなしてくれています。以前は精神的な幼さが見られましたが、適度にリフレッシュを挟んでいることもあって、精神状態が安定してきましたし、馬房でも扱い易くこちらの指示をきちんと聞いてくれます。少しずつ寒くなってきたことで冬毛が伸びてきましたが、コンディションはよく、飼い葉もよく食べています。今後も体調管理には気を配り、運動を続けていきながら心身ともに成長を促して行きたいと思います。馬体重は439キロです」(12/1近況)

201912_20191204061001

Photo メジロトンキニーズの18(牝・奥村武)父スクリーンヒーロー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に乗り込んでおり、坂路でのペースを上げることができています。週2回は登坂回数を2回とペースだけでなく調教量も増やして地力強化に努めています。手応えですが、ハロン16秒でもまだ余裕がありますよ。馬体重の増加分は1週間リフレッシュを取り入れたので、その分でしょうからこの調教量であればすぐに絞れてくると思います。大型馬で見た目がドッシリとしていますが、見た目の印象と違って、走りは手先が軽く柔らかい走りをしますね。ただ、先頭で走ると少し物見をしたり、テンションが上がった時は派手に立ち上がったりする時もあり、幼い面は残していますから注意して騎乗しています。また、脚元や飼い葉食い等に問題はありません。寒くなりましたが毛艶も引き続き良好で体調の良さがうかがえます。今後もリフレッシュを取り入れながら、負荷を高めていきます。馬体重は532キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの18は調教の負荷を高めて楽に対応出来ていますが、芯が入っていないので動きの質はまだまだ。地道に脚力を付けていくことが先決でしょう。また、今後負荷を高めていった際、馬体が細くなったりすると思うので、状態が落ち込む前にリフレッシュを挟んでもらえればと思います。また、そうすることで良い精神状態が保たれ、心身の成長にも繋がっていくと思います。

育成厩舎へ移動するのが遅くなった分、フィロンルージュの18はこの中間から坂路調教を開始。前のめりの走りになったりモタれたりするのは脚に力が付いていないことによるものなので、癖にならないように修正しつつ体力を養ってもらえればと思います。また、更新された馬体を見ると、牝馬とは思えないマッチョぶり。やはりダートでこその馬になりそうです。

アドマイヤテンバの18は腰高でアンバランスな横の姿。前の繋ぎが立っているので、今後馬体重がジリジリ増えて行った際に脚元への負担は増していく筈。早め早めにリフレッシュを入れて、負担が掛かり過ぎないように予防線を張ってもらえればと思います。動きに関しては血統馬らしいポテンシャルの高さは感じます。

カリスペルの18は順調に調教メニューを強化中。真面目に取り組んでくれているのが何よりです。あとはカイバをしっかり食わし込んで、馬体の成長を遂げていってもらえればと思います。

メジロトンキニーズの18は一時期リフレッシュ期間を設けたようですが、週3回登坂し、その内2回は2本乗る形。普通キャンターから少し早めていますが、無難な対応を見せてくれています。ただ、気性面で少し幼さを覗かしているので、悪い方へ向かないように注意して進めてもらいたいです。

2019年12月 1日 (日)

【動画更新】マチカネタマカズラの18&プチノワールの18

↑↑↑

Photo マチカネタマカズラの18

↑↑↑

Photo プチノワールの18

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マチカネタマカズラの18は立派な馬体を誇りますが、気性面ではかなり幼い面が残ります。坂路で乗ってはいますが、他と離れたところからスタート。序盤はフラフラ走っていましたが、最後の方は推進力を感じさせるところがありました。パワーで押し切るタイプだと思いますが、スピードの持続力を身に付けていって欲しいです。

プチノワールの18はこの母系らしくピリピリした面は目立ちますが、兄姉と違って重心の低いフォームでチップの跳ね上がりもちょっと目立ちます。脚が溜めれば、末脚はかなり切れそうです。

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ