最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードドミニオン」の5件の投稿

2019年7月17日 (水)

12日にゲート試験を受けて無事合格。JRAの競走馬登録も完了しています。☆ロードドミニオン

201902_20190713033001

Photo_6 ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロア 母サウンドオブハート

2019.07.16
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「こちらへ移った後も特別な問題は無さそう。10日程度の短期間でゲート試験の合格を果たして戻ったばかりなだけに、以前との比較で変わった部分を見付けるのはまだ難しいでしょう。ひとまずは疲労を取り除くところから。具合に応じて跨ります」

2019.07.12
7月12日(金)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。今後は7月13日(土)に千葉・ケイアイファームへ移動して秋以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

2019.07.10
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○西浦調教師 「入厩後はゲートを中心。枠入りと駐立まではスムーズに運んでおり、7月10日(水)は扉の開く音を聞かせました。相応の背丈を有する反面、もう少し幅が欲しい印象。まずは試験突破を目指す方針ながら、クリアしたら成長を促したいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4日から栗東・西浦厩舎でトレセン生活を送っていたドミニオンですが、着実にゲート練習を重ねていって、12日にゲート試験に初挑戦。時計など詳しくは分かりませんが、無事合格することが出来ました。ひとまずホッとしましたし、カナロア産駒として操縦性の高さは備えている様子。現在は千葉・ケイアイファームへ戻り、秋へのデビューへ向けて乗り込みを進めつつ、馬体の成長を促すこととなりました。

また、11日付でJRAの競走馬登録も完了。晴れてJRAの仲間入りが出来ました。これからこの名前が注目を集めることが出来るように今は地道に素質を磨いていってもらえればと思います。

2019年7月 9日 (火)

4日に栗東・西浦厩舎へ入厩しています。☆ロードドミニオン

201903_20190705050801

Photo_6 ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロア 母サウンドオブハート

2019.07.04
7月4日(木)に栗東・西浦勝一厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○西浦調教師 「準備OK・・・との連絡が届いてスケジュールを調整。受け入れ態勢の整った7月4日(木)に厩舎へ迎えています。三石で何度か視察したものの、実際に触れるのは今回が初めて。トレセンの環境に慣れさせつつ、少しずつ進めて行きましょう」

2019.07.02
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「梅雨らしい毎日で広いトラックの馬場状態がもう一つ。この中間は普通キャンターをコンスタントにこなしました。乗り込むに連れて心肺機能の向上が叶っている印象。この先にまだまだ変わりそうな印象が強いものの、至って順調に運んでいます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集締切になって早い段階で入厩するのかなと見ていたロードドミニオンでしたが、その後も千葉・ケイアイファームで1本強めを乗ったりと緩急織り交ぜての調教を実施。線の細さは相変わらずですが、余裕を持って調教メニューを消化し、体調の維持に努めてきました。

ただ、これ以上待たされると状態の維持に不安を感じていましたが、4日の更新で栗東・西浦厩舎への入厩を確認。直前の頓挫なく入厩することが出来て、ホッとしています。

今後についてはまずは新しい環境に順応してもらい、第一関門のゲート試験合格を早い段階で叶えて欲しいところ。そして血統馬らしい資質の高さを感じさせていって欲しいです。

2019年6月28日 (金)

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「強目を交えた後は両トモが疲れた感じで特に左にダメージが残っており、ケアを中心に据えて十分に回復を図りました。先週は1日のみ普通キャンターを行ない、基本的には角馬場でのダクとハッキングまで。具合に応じて改めてピッチを速めます」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週は6月18日(火)に15-15を交え、21日(金)は半マイル52秒4、ラスト12秒5のタイムで回って来ました。馬なりで余裕を持って対応。注文は特に浮かんでいません。生まれ持った線の細さが残るとは言え、動きに関しては上々でしょう」

Photo_6 ロードセッション

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「快方へ向かっており、普通に歩かせる分には大丈夫。ただ、ダクでは脚の送りがもう一つだった点を考慮し、現在はウォーキングマシンに制限しています。念には念を押して6月22日(土)にレントゲン検査を実施。異常は認められませんでした」

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「経過は至って良好。獣医師の指示に従い、6月19日(水)より人間を背に迎えています。ひとまずは角馬場でリハビリを兼ねたダクとハッキングを繰り返しているところ。ホルモンバランスが崩れた影響で減ってしまった馬体を徐々に戻しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ユリシスは14日にトレセンでの追い切りに近い強めの調教を行いましたが、その反動が出てしまったようで両トモに疲れが感じられるように。その為、今週は1日のみ普通キャンターを乗っただけで軽めの調整に終始。こういうのを繰り返して強くなっていくんだと思いますが、大きな故障へ繋がらないように十分気をつけてもらいたいです。

ドミニオンは21日に強めの調教を行っていますが、馬なりでマズマズの時計をマーク。線の細さは相変わらずですが、中身は伴ってきていますし、血統馬らしい動きは見せてくれているかと思います。検疫が混雑しているようですが、そろそろ声が掛かると思うので、張り切り過ぎないようにお願いします。

セッションは少しずつ歩様は良化しているようですが、乗ってみて感触を確かめたところもう1つ。検査を行っても異常は見つからなかったようですが、まずはしっかり回復を促してもらえれば思います。

去勢手術を終えたクラージュは19日から騎乗運動を再開。ひとまず感触を確かめる程度ですが問題なさそう。ただ、馬体重が減っているようですし、気持ちと体を慣らしていく必要があります。脚力は間違いなく非凡なモノを持っているので、秋の京都開催ぐらいを目標に心身の成長を促しながらコツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

2019年6月22日 (土)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。6月13日(木)測定の馬体重は470キロ。

○当地スタッフ 「6月14日(金)に半マイル52秒4、ラスト12秒4をマーク。トモの緩さや精神面の幼さが残る影響で、直線では幾らかフラ付き気味でした。良いモノを持っている一方、まだ成長途上なのも確か。乗り込んで全体的なパワーアップを叶えましょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。6月13日(木)測定の馬体重は453キロ。

○当地スタッフ 「6月14日(金)にハロン15秒のキャンターを消化。ウェイトが思うように増えて来ないのは北海道時代と変わりませんが、体力は十分に足りている感じ。ロードカナロア産駒らしい操縦性に秀でたタイプで、ここまでは至って順調に運んでいます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュ・セッション以外の千葉ケイアイファームで調整中のロード2歳牡馬の近況をまとめて。

ユリシスは相変わらず心身の幼さを覗かせていますが、それなりの時計をマーク。やはり脚力には良いモノがあります。それ故、デビューは秋以降に定め、今はコツコツ乗り込むことが大事でしょう。ひと夏越して心身共に成長を遂げた姿を見せて欲しいです。

募集締切となってそろそろ声が掛かりそうなドミニオン。もう少し幅が出てきてくれると尚良いのでしょうが、操縦性の高い動きを見せてくれているのは好印象。良い流れで来ているのは確かなので、声が掛かるまでは無理のない調整に止めてもらえればと思います。

2019年6月16日 (日)

募集締切のアナウンスを受けてポチッと

201906_15

Photo_6 ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロア 母サウンドオブハート

2019.06.11
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月4日(火)に15-15を実施。フットワーク等に注文は浮かんでいません。入厩時期が近付いているだけに、ビシビシと攻め過ぎて疲労を溜め込むのは避けたいところ。そのような意味合いで、先週後半はペースを幾らか落として楽をさせました」

2019.06.04
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「5月28日(火)にハロン15秒ペースを消化。そして、31日(金)は半マイル54秒6、ラスト12秒7のタイムを記録しています。無理をせずにしっかり動けており、水準以上の評価を与えられそう。スマートに映る部分もそこまで気になりません」

2019.05.28
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「5月24日(金)に15-15を行なう形。十分な前向きさが感じられる中でラストまで余力たっぷりの走りでした。三石滞在時から課題に再三挙がっていた通り、一層の身体の成長を叶えたいところ。毛艶についてももう1、2段階は良くなるはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2019.06.13
2018年募集馬No.3 サウンドオブハート'17、No.14 ヴィーヴル'17は募集締切となりました。たくさんのお申し込みを下さいまして誠に有り難うございました

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

止めておこうかと思ったのですが、2歳の中で期待値の高かったロードクラージュが案外なデビュー戦に終わり、すぐさま去勢手術へ。ユリシスも気性に難がありそうですし、セッションは体力不足を露呈。先日入厩したベイリーフは長い目で見れば楽しみな存在も、父はヴァンセンヌ。多くは望めないと思います。そうなると、ロードの2歳牡馬は3歳世代に続いて厳しいように思えてきて、募集締切のアナウンスを受け、サウンドオブハートの17ことロードドミニオンに出資することにしました。

正直、馬体に幅が出てこず、良化に物足りないところはあります。結果的に負債を増やしてしまうかもしれませんが、血統的な魅力は大きいです。動画を見ると、少し頭の高い走法なので母の父アグネスタキオンの母方の血がどちらかというと強く出ている感じ。半姉チビラーサンは決め手を秘めているタイプですし、半弟のドミニオンにもそういう面が受け継がれていて欲しいところ。稽古は地味でも良いので、実戦の芝へ行って、血統馬らしいポテンシャルを発揮できるように今後も地道に鍛えていってもらえればと思います。

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ