2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「シェダル」の43件の投稿

2020年3月31日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は徐々に坂路コースのペースを上げており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも脚元を含めて疲れは見られませんし、ここまでは順調に立ち上げることが出来ていますよ。馬体重は529キロです」(3/27近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回坂路コースでコンスタントに乗り込んでいますが、しっかりと最後まで駆け上がることが出来ていますね。今の感じだと、第1回福島開催での出走を念頭に入れられそうですので、このまま状態アップを図りつつ進めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(3/27近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回周回コースで3ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間に右トモ球節に少し浮腫みが見られたので、調教の負荷を若干セーブしています。獣医に処置を行ってもらいましたが、歩様には見せていませんし、運動も行えていますから、この調子で様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は543キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シェダルは坂路でのメニューを順当に高めることが出来ています。ただ、馬体重が増え過ぎるのは良くないと思うので、これ以上行かないように気に掛けてもらえればと思います。

クァンタムリープは週3日坂路で丹念に乗り込み中。右前の深管も悪さをすることがないので、このまま福島開催での出走を目指して状態を上げていってもらえればと思います。おそらく次走は芝1200mへ使うことになると思うので、この条件が合うところを見せて欲しいです。

ディランズソングは慎重に進めていますが、ここに来て右トモの球節に浮腫みの症状。調教の負荷をセーブして乗り込みは続けることが出来ています。このあと、歩様に気になる点が見られれば早めに軽めの運動へ切り替え、適切な処置を行ってもらいたいです。

2020年3月22日 (日)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。今週から乗り出しており、現在は坂路コースで軽めのキャンターを行っていますが、徐々にペースアップを図りながら進めていきたいと思います。馬体重は516キロです」(3/20近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週はさらに調教の負荷を強め、週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。右前脚の状態は良い意味で変わりありませんし、次の目標が立てられるように、この調子で乗り込みながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は482キロです」(3/20近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて馬体に大きな問題はありませんでした。先週一杯は楽をさせてレースの疲れを取り、今週から乗り運動を開始しています。現在は坂路コースで軽く乗っていますが、今後は徐々にペースアップを図っていきたいと思います。馬体重は529キロです」(3/20近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで5ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ペース的にはハロン15秒と変わりないものの、今週は距離を5ハロンまで延ばして、少し全体的な負荷を強めています。楽をさせていた割に動きは悪くありませんし、トモの状態も維持できていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は536キロです」(3/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自らタフな流れを演出して押し切ったシェダル。疲れ・反動が心配でしたが、今のところは問題なし。ただ、目に見えない疲れもあると思うので、ゆっくり体を解しながら、負荷を高めていってもらえればと思います。競馬ブックの情報ですが、次走は5月17日の東京・青龍Sを予定しているようです。

クァンタムリープはこの中間から週2日は終いを13秒台まで伸ばすように。右前の深管は落ち着いていますし、負荷を高めても馬体重を微増できているのは好感。体調に関してはグングン上がってきているようです。あとは動きの質を高め、帰厩へと繋げてもらえればと思います。

シェダル同様に前走で勝利してNF天栄へ移動してきたルコントブルー。こちらも疲れ・反動は大丈夫そうです。ただ、焦る必要はないのでじわじわ負荷を高めていってもらえればと思います。1勝クラスの牝馬限定・ダ1800mとなると、5月9日の京都で1鞍組まれていますが、ここを目標にしてくる牝馬は多く、レベルは高くなりそう。関東馬なので使うとなると輸送のリスクもあります。それなら次走は牡馬相手でも東京・ダ1600mが無難でしょう。また、現段階で芝を使うのは時期尚早かも。

ディランズソングは引き続き坂路入りは控え、周回コースでの乗り込み。この中間は5ハロンから15-15を行っている様子。トモの状態は安定しているようですから、長目をコツコツ乗り込むことで基礎体力を養ってもらえればと思います。

2020年3月12日 (木)

ハナへ行くのを事前に決めていた様子で出脚が速かった相手に競り掛けて行く。強引過ぎて褒められた騎乗ではなかったも、能力の高さで後続の追撃を凌ぎ切る。デビュー戦から2連勝。☆シェダル

202003_20200310215601

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

日曜中山6R 3歳1勝クラス(ダ1800m)優勝(1番人気) L.ヒューイットソン

昇級初戦。最内枠から五分のスタートを切ると、押して先手を取ります。淀みない流れを自ら作って直線へ向くと、最後までしぶとく脚を使ってデビュー戦と同舞台で2連勝を飾っています。

栗田調教師「今日も馬の力が一枚抜けていました。あのペースで行って、最後まで後続に飲み込まれずに頑張ってくれるのですから、能力の高さを改めて感じました。それに、重馬場ではあったものの、この時計も優秀ですね。また、ジョッキーは『2番手の馬に絡まれて、少しペースが速くなってしまいました。結果的に馬の能力が高くて勝てましたが、上手く乗れずにすいません。今日の勝ち方からも、上のクラスで十分通用すると思います』とのことでした。最内枠で揉まれたくなかったのでしょうが、あそこまで付いてこられるのであれば、2番手から競馬をしても良かったですね。とは言え、しっかり勝ちきることが出来ましたし、特に難しい癖もありませんから、このタイトな競馬をしたことが昇級して活きてくれればと思います。今後も大事に使っていきたいと思いますので、トレセンに戻って馬体を確認させていただいてから、いったん放牧へ出させていただく予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好馬体。落ち着きもあり好仕上がり。5番の出足が速く1角の入りは併走の形もハナへ行き切る。道中はずっと外からプレッシャーを受ける厳しい形。前半1000mは61秒3と息が入らずラストは13秒8を要したが、凌ぎ切る。ここでは素質上位だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:11日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

栗田師「先週はおめでとうございました。自ら速いペースを作ってそのまま押し切れるのですから、能力は上のクラスで通用可能だと思いますし、先々が楽しみですね。トレセンに戻って馬体を確認させていただき、脚元含めて特に異常は無かったものの、かなりタフな競馬をしましたので全体的に疲れが見られます。ですので、無理をさせずひと息入れさせてあげたいと思います」(3/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1度実戦を経験して、ピリピリして煩い面が出てくると嫌だなあと思っていたシェダルですが、大人びた感じで落ち着き払った周回。一息入ってプラス2キロでの出走でしたが、デビュー戦よりも引き締まった好馬体。同日の阪神6Rに1勝クラスのダ1800mが組まれていたことで、能力の高い関西馬の遠征がなく、少頭数の1戦。条件面で恵まれていたので、パドックの雰囲気通りなら連勝できるかなと思いました。あとは最内枠だったので、スタートを決めて揉まれこまなければ大丈夫かなと…。

その懸念したスタートは五分に出るも、少し躓いて前のめりの態勢に。モタモタしてしまうかなと心配しましたが、そこは鞍上が上手にリカバー。前へ促すとシェダルも反応して行き脚はスッとつきました。ただ、5番のスペロデアは出足が鋭く、そのまま主導権を奪いそうに。10頭立ての少頭数でしたし、先に行かせて外目に持ち出せるスペースもあったので揉まれない2番手で問題なしだったのですが、鞍上のL.ヒューイットソンJは最初から逃げることを決め打ちしていた感じで内から押していってハナ争いを仕掛けて行くことに。2・3ハロン目のラップが11秒3ー12秒2とビックリの数値を叩き出し、その後も12秒後半~13秒前半台を刻むことに。結果的に追い上げてくる後続も脚を使わされて厳しくなりますが、さすがに強引で褒められた騎乗ではないでしょう。直線でも終始セーフィティリードを保ってはいましたが、さすがに最後の1ハロンは13秒8と掛かってしまいました。終わってみれば力が上だったと思いますが、相手にも少し恵まれた感じはします。

レース後のシェダルですが、脚元は今のところ大丈夫そうも、全体的に疲れを覗かせて続戦は難しいと判断。11日にNF天栄へ放牧に出ています。時間が経過して痛いところが出てくることもあるので、まずはそういうことがないように願っています。

タフな流れを演出し、最後もビシッと追われたシェダル。自らシビアな競馬を演出したことが上のクラスへ行っての持久力に繋がれば良いのですが、時間が経過していく中でドッと疲れが出てしまうと大変。ズルズルと負の連鎖が起きないように、まずはしっかり休ませ、馬体の疲れ・ダメージを完全に拭い去ってもらえればと思います。揉まれてどうかの心配はありますが、操縦性の高さと大人びた気性から好位で脚を溜めて、直線でひと伸びするような競馬は出来る筈。逆に逃げ1本だと息詰まるのは目に見えているので、こういう競馬が出来ないと上へ行くと通用しなくなるでしょう。今回の競馬で心肺能力の高さは十二分に分かったので、レースの上手な馬へと進化していって欲しいです。

2020年3月 8日 (日)

1度競馬を使い、順調に乗り込むことが出来たことで少し芯が入ってきた印象。昇級戦ですが前走ぐらい走れれば結果は付いてきそう。ただ、スタートに怪しいところが残るので最内枠をどう乗り切ることが出来るか。その点に不安も。☆シェダル

2020011800mj

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

日曜中山6R 3歳1勝クラス(ダ1800m)1枠1番 L.ヒューイットソン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計

栗田師「4日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進め、直線では最内に入れて脚を伸ばして、最後はしっかりと同入しています。直線は持ったままでも豪快なフットワークで最後まで走れていましたし、具合は良さそうです。以前はもう一つ調教で動き切れないところが目に付きましたが、一度レースを経験したことでそういった部分が徐々に解消してきているように感じます。1つクラスが上がることで相手関係は濃くなりますし、そう簡単ではないと思いますが、前走の内容からここでも良い結果を期待したいですね」(3/4近況)

助 手 1美坂稍 59.6- 44.1- 29.2- 14.1 馬なり余力
助 手 4南W良 67.0- 53.0- 39.3- 13.3 馬なり余力 チビノヴァルタン(古馬1勝)強めの内2.0秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中山4日目(03月08日)
6R 3歳1勝クラス
ダ1800メートル 特指 馬齢 発走13:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シェダル 牡3 56 L.ヒューイットソン
2 2 ラマトリス 牝3 54 大野拓弥
3 3 ジャッジ 牡3 56 丸田恭介
4 4 ビービーレガロ 牡3 56 三浦皇成
5 5 スペロデア 牝3 54 田辺裕信
6 6 アイスナイン 牡3 56 吉田豊
7 7 キングスバーンズ 牡3 56 C.ルメール
8 8 ニーズヘッグ 牝3 54 横山和生
8 9 ロンドンデリーエア 牡3 56 武豊

○栗田師 「緩さがなくなって、動きも素軽くなった。少し器用さに欠けるけど、前走の内容も時計も優秀なので、緒戦から楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦は幾らか相手に恵まれた印象+鞍上の好リードによって、2着以下に大差をつける圧巻の走りを見せてシェダル。父の産駒にありがちな硬さを感じさせる走りではなく、モッサリ感もなし。トビはそれなりに大きいも、体の使い方が上手で回転の速いフットワーク。それでいて前捌きは軽やかと生まれ持ってのセンスを感じさせてくれました。ゆくゆくはもう少し短い距離の方が良さそうかも。

前走後は無理することなく一旦NF天栄でリフレッシュ。乗り出してからも気になる点はなく、コツコツ鍛えることが出来ました。そしてレース約2週間前に帰厩。追い切りではビシビシとはやっていないも、動きはひと追い毎に良化。1度使ったことで少し芯が入った感じもあるので、昇級戦のここでも期待は十分でしょう。

相手関係に目をやると、9頭中シェダルを含めて7頭が前走で初勝利。勢いがあるのは怖いですが、同日の阪神で1勝クラスのダ1800mがあることで、関西馬の遠征が少なかったのはラッキーかも。頭数も揃わなかったですし。

ただ、今回の課題は最内枠。デビュー戦もスタートで怪しいところがあったので、五分のスタートを切ることが出来るかどうかが大きなポイントに。また、外枠なら内の馬の出方を見ながら競馬を進めることが出来るのですが、最内枠なのでやや強引にでもハナへ行くのかな? 自分のリズムで競馬が出来なくなった時に対応できるかどうかが心配です。レース序盤を上手に運んで、前走ぐらい走れば、結果は付いてきそうですが…。

デビュー戦の走りを見て、期待値がグンと上がったシェダル。今回の走りでその期待が更に高まるような結果・パフォーマンスを見せてくれることを願っています。

2020年2月28日 (金)

2戦目は来月8日の中山・ダ1800mに決定。鞍上は短期免許で来日予定のL.ヒューイットソンJ。☆シェダル

201912_20200228043601

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Wコースで時計
・次走予定:3月8日の中山・ダ1800m(L.ヒューイットソン)

栗田師「26日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。新馬の時よりも水っぽさが抜けて、馬体の緩さを感じなくなりましたし、やはり1度使ったことでかなり良化しました。調教での動きも最後まで手応えに余裕があり、モタつくことなくとても前向きな走りが出来ていたと思いますよ。クラスが上がって競馬の質は変わってくるでしょうが、この状態であれば問題なく対応してくれそうで、来週のレースが今から楽しみです。なお、鞍上は短期免許で来日予定のL.ヒューイットソン騎手に依頼しています。南アフリカのトップジョッキーで年間200勝をしている若手のホープのようですから、どのような手綱捌きを見せるかそちらも楽しみです」(2/26近況)

助 手 22美坂重 55.1- 40.8- 27.2- 13.8 馬なり余力
助 手 26南W重 66.2- 52.1- 39.2- 13.3 馬なり余力 シェイドオヴペイル(三未勝)強めの内1.0秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、順調に時計を出し始めたシェダル。26日の追い切りは僚馬を大きく追走した為、並ぶところまで行きませんでしたが、余力を残した内容でマズマズの動き。これから順調に追い切りを重ねていけば、レース当日には良い状態でレースへ臨めるかと思います。

また、次走は競馬ブックの近況に示されていたように来月8日の中山・ダ1800mに決定。鞍上は短期免許で来日予定のL.ヒューイットソンJとのこと。南アフリカとはいえ年間200勝しているのは凄いですし、若さは魅力。ダートに戸惑うかもしれませんが、シェダルは乗りやすい馬なので、馬の気分を損なうことなく乗ってくれればと思います。レース前に1度追い切りに乗ってもらいたいです。

2020年2月20日 (木)

19日に美浦・栗田厩舎へ帰厩しています。☆シェダル

202001_20200220032101

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

・在厩場所:19日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第2回中山開催

栗田師「19日の検疫が回ってきましたので、こちらへ戻させていただきました。まずはよく馬体を確認させていただき、問題なければ明日から乗り運動をスタートする予定です。具体的な番組については、調教の動きを見ながら検討させていただければと思います」(2/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で次の中山開催での出走を目指していることが正式に決まったシェダルは19日の検疫で美浦・栗田厩舎へ帰厩しています。

具体的な番組については少し濁していますが、競馬ブックの情報(3月8日・ダ1800m)が先に出ており、レース2週間前に帰厩したことを踏まえると、これから追い切りを重ねていく中で不安を発症しない限り、8日の出走となるでしょう。

デビュー戦はセンスの良さを存分に感じさせる走りで2着馬に大差をつける圧勝。勿論、昇級戦となる次走でも大いに期待はしています。ただ、今度は1つ勝っている馬同士ですし、力のある関西馬の遠征も考えられます。揉まれずに楽に勝ってしまったことは次走へ臨むにあたっては逆に不安点に。前向きさに溢れる馬でもないだけに気持ちの弱さがあるかも。個人的にも2戦目を重視しているので、1つ躓いてしまうのか跳ねのけて先々への期待・展望が更に広がるのか。どちらに転ぶことやら…。

2020年2月14日 (金)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースをハロン14秒まで上げていますが、走りに問題はありませんし、これくらいのペースで動かしながら良化を図っていきたいですね。トモの具合は良い意味で変わりないものの、右前膝には少し張りがあるので、よくケアしながら進めるようにしています。馬体重は503キロです」(2/7近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースを週3回とも14-14まで上げています。少しだけ全体的な負荷を強めていますが、疲れは見せず前向きに走れています。今後もこれくらいのペースで乗り込んでいきながら、内面の良化を図っていきたいと思います。馬体重は520キロです」(2/7近況)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回中山開催
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も状態に変わりはなかったため、今週から登坂回数を週3回に増やし、ペースもハロン14秒まで上げています。負荷を強めてからも動きはしっかりしていますし、この感じであればそれほど間を空けず次走に向けて進めていけそうなので、栗田調教師と相談した結果、中山開催を目標にする方針となりました。馬体重は518キロです」(2/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは負荷を高めても無難に対応は出来ていますが、右前の膝に張りが出てきている様子。今のところは大事に至っていませんが、我慢が利くように日々のケアを重点的にお願いします。

ディランズソングは週3日坂路でハロン14秒で乗り込み中。前向きに取り組んでくれているのは何よりですが、動きはもう少しピリッとしてきて欲しい感じも。コツコツ乗り込むことで馬体を引き締め、基礎体力のアップを。そして脚の回転力を高めてもらいたいです。

シェダルはディランズソングと同じく週3日、坂路でハロン14秒のペースで乗り込むことに。特に気になる素振りはありません。次走に関しては2回中山ということですが、競馬ブックの情報では来月8日のダ1800mを予定しているようです。弥生賞・ディープインパクト記念当日なので関西の有力Jに乗ってもらうことになるのかな? どういう騎手を手配してくるのか楽しみにしています。

2020年2月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「乗り運動開始後も大きな問題はなかったので、予定通り今週から坂路コースでの調教を開始しています。現在は15-15程度のところでサッと脚を伸ばしていますが、動きはしっかりとしていますし、さらなるペースアップも視野に入れて進めていきたいと思います。馬体重は500キロです」(1/31近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回中山開催 
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めていますが、この馬なりに動きは段々と良化してきていますね。馬体もスカッと見せていて徐々に状態は上がってきている印象ですから、3月の中山開催を目標にこのまま態勢を整えていければと思います。馬体重は524キロです」(1/31近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「予定通り今週から坂路コースでの調教をスタートしており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。坂路ではしっかりとした脚取りで最後まで走れていますし、この調子で乗り込みながら基礎強化を図っていきたいと思います。馬体重は518キロです」(1/31近況)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きなダメージは見当たりませんでした。念のため先週一杯は軽めの運動に止め、今週から坂路コースでの運動を始めており、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、今後も状態に合わせて徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は519キロです」(1/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは順調さを欠かないか心配でしたが、順調にステップアップ出来ているのは何より。坂路でハロン15秒のところを乗っても、余裕十分で対応してくれています。次走についてはハッキリしませんが、今の感じで進めていければ、3月の中山・アネモネSかフラワーSが候補になってくるのかなと思います。

ルコントブルーは次の中山開催での復帰を予定。コツコツ乗り進めて馬体は戻っていますし、次走で勝ち上がることが出来るように帰厩の声が掛かるまでは少し意欲的に乗っても良いのかなと思います。

ディランズソングは坂路での乗り込みを開始し、順調にハロン14秒まで伸ばせるように。デビュー戦は馬体に余裕がありましたし、動きもモッサリ。コツコツ乗り込むことで馬体を引き締め、良い筋肉を纏えるようにビルドアップしていってもらいたいです。

デビュー戦で大差勝ちを決めたシェダル。直線でも少し気合を付けていたので、疲れ・反動が出ないか心配でしたが、目立った疲れはなし。既に坂路でハロン15秒のところを乗れているので状態面で心配は要らないでしょう。ただ、デビュー戦で負かした馬が先週の競馬で3着に敗れていましたし、1勝クラスで即通用となると、シェダル自身のレベルアップが必要です。特にタフな流れ・競馬に耐えられる精神面を備えていってもらわないといけません。

2020年1月23日 (木)

スタートは若干怪しかったも、鞍上の手腕で上手にリカバー。身のこなしが良くて回転の利いたフットワークにはちょっとビックリ。終始手応え良く進めて、直線で気合を付けると1段ギアが上がって後続を突き放していく。2着馬に2秒の差をつける大差勝ち。☆シェダル

2020011800m

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

土曜中山3R メイクデビュー中山 3歳新馬(ダ1800m)優勝(1番人気) O.マーフィーJ

まずまずのスタートを切ると、道中は2番手からレースを進めます。4コーナーで早くも先頭に立つと、直線では後続との差をグングンと広げて、2着以下に大差を付ける圧巻の走りでデビュー勝ちを飾っています。

O.マーフィー騎手「調教の時から良い感触を得ていましたし、今日はその良さをそのまま出すことが出来ましたね。ゲートも調教時に練習させてもらっていたのでこれくらい出られればと思っていたくらいのスタートを切ることができ、その後も良いポジションで進めることが出来ました。揉まれた時にどうなるかという部分はありますが、強いレースだったと思いますし今後が楽しみですね」

栗田徹調教師「調教からしっかりと動けていて期待していましたし、その通りの良い内容で勝ってくれたと思います。レースでも鞍上の言うことを聞いて素直に走れていましたし、マーフィー騎手が評価してくれたように、これからが楽しみになるレースだったと思います。まだ全体的にしっかりとしていませんし、この後は一旦放牧に出してリフレッシュさせたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

余裕残しも好馬体。芝でも走れそうな柔軟なフォーム。スッと行き脚がついて楽に2番手。操縦性が高く、コーナーワークも抜群。4角で抑えたまま先頭、直線楽にギアを上げてぶっち切る。ラスト12秒9→12秒8で大差勝ち。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:22日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

栗田師「調教から良い動きを見せていましたから、初戦から良い競馬をしてくれるかなと期待していましたが、結果的に2着馬に大差をつける圧勝でしたね。これだけのパフォーマンスでしたので、レース後の状態が心配でしたが、脚元含めて大きな問題はありませんでした。ただ、しっかり勝ちきってくれましたし、まだ成長の余地もあることから無理をする必要もないので、22日にノーザンファーム天栄へ放牧させていただきました」(1/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦を迎えるまでにちょこちょこ試練を経験してきたシェダル。お腹回りは若干余裕があるかなと見えましたが、毛ヅヤは良くて落ち着き十分。1週除外になりましたが、良い雰囲気でレースへ臨むことが出来たかなと思います。

懸念したゲートですが、スタート間際で若干怪しい素振りを見せて前脚を上げかけましたが、マーフィーJの騎乗技術なのかやや強引に前脚を着地させると二の脚がついてスッと前へ。トビは大きくも、モッサリしたフットワークをイメージしていたのですが、トモの蹴っぱりが良くて、それが推進力となって首や前脚へと連動。回転の利いたフットワークにはちょっとビックリ。それでいて前捌きは軽やか。1角で外目の2番手を確保した時点でこの走りなら距離さえ大丈夫なら勝てるかなと思いました。道中はそれなりに流れていましたが、余裕を持って追走。4角手前で痺れる手応えで先頭を窺いましたが、後続に目をやると追走に手一杯と対照的でした。

そして最後の直線は楽に流すのかなと見ていたら、マーフィーJは鞭を2発入れて遊ばせないように気合をつけての追い出し。シェダルは少し沈み込むような走りにギアチェンジして、後続を見事にちぎってくれました。育成時は前向きさに対して注文が付くことが多かったですが、今回の走りに関しては何ら注文はありません。あとは強い相手と揉まれた際に我慢強さを発揮できるかどうかですね。

レース後のシェダルですが、反動・疲れを心配しましたが、トレセンにいる間にはそういう面は窺えず。ただ、デビューへ向けてそれなりにきっちり仕上げられていたので、欲張らずに22日にNF天栄へ放牧に出ています。個人的にはこの判断は大賛成です。まずはこれまでの疲れをしっかり取り除き、状態に合わせて次走の予定を組んでもらえればと思います。2戦目も良い走りが出来れば本物だと思うので、デビュー戦以上にきっちり仕上げて連勝を飾ることが出来るように、準備を進めていってもらえればと思います。

2020年1月18日 (土)

馬房で2度暴れて外傷を負うなどしてデビューが遅れてしまいましたが、父を彷彿とさせる外見でトビの大きい推進力のある走りは好感触。ゲートを決めて、スピードの持続力と体力を生かしてデビュー勝ちを決めて欲しい。☆シェダル

Photo_3

Photo_3 シェダル(牡・栗田徹)父ゴールドアリュール 母マイティースルー

土曜中山3R メイクデビュー中山 3歳新馬(ダ1800m)7枠14番 O.マーフィーJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:15日に坂路コースで時計

栗田師「15日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。ここまで本数的にもしっかりやってきていますから、そこまで時計的には速くなかったかもしれませんが、馬場の重い中でしっかり走れていました。また、現状まだ緩さがある体つきではありますが、しぶとく脚を使える馬ですし、切れ脚勝負ではなくスタミナの活きるような展開になれば、よりこの馬の良さが出てくると思います。それに、ゲートも練習ではある程度出てくれていますので、枠次第にはなるもののポジションは良いところを取ってくれそうですし、デビュー戦からとても楽しみですね」(1/15近況)

助 手 15美坂稍 54.2- 39.4- 25.8- 12.9 一杯に追う チビノヴァルタン(古馬1勝)強めに0.3秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中山6日目(01月18日)
3R メイクデビュー中山 3歳新馬
ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走11:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キューブリック 牡3 56 F.ミナリク
1 2 サバイバルボス 牡3 56 井上敏樹
2 3 ビビットラブ 牝3 54 横山和生
2 4 メジャーブレイク 牡3 56 武藤雅
3 5 ショウナンアニメ 牡3 56 M.デムーロ
3 6 スエーニョルシード 牡3 56 丸山元気
4 7 シュペルブルート 牡3 56 高倉稜
4 8 ピサチョウサン 牝3 54 宮崎北斗
5 9 カフェスペランツァ 牡3 56 北村宏司
5 10 セイリングバリュー 牝3 54 津村明秀
6 11 サクラトラジャー 牡3 56 石橋脩
6 12 フォーキャスト 牡3 56 内田博幸
7 13 サンペンドルトン 牡3 56 松岡正海
7 14 シェダル 牡3 56 O.マーフィー
8 15 ブランブランブラン 牝3 54 田中勝春
8 16 ゲステルン 牝3 54 武士沢友治

○栗田徹師 「追う毎に良化している。切れる感じはないけど、体力はあるので長くいい脚は使えそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週のデビューを予定していたシェダルですが、残念ながら除外に。今週も除外の可能性はありましたが、無事に出走枠に収まることが出来、頼りになるO.マーフィーJを背にデビューを迎えることとなりました。

第2次の追加募集で募集されたマイティスルーの17ことシェダル。既に出資済みの同世代の馬を見渡したところ、ダート馬が手薄ということ+距離に融通性がありそうということで出資へと傾きました。体高があって脚の長さが目をひき、トビの大きいワンペースの走り。やはりダートの中距離が合っています。ただ、兄姉に喉の疾患や体質面の弱さを抱えていた馬が多いのは気掛かりも。

育成時のシェダルは雄大な馬体を生かし、推進力のある走りを披露。その一方で前向きさが足りず、スッと反応して動いて行くことがなかなか出来ず。まあ、大型馬で馬体を持て余していた部分もあったとは思います。その後はコツコツ乗り込みを重ねていって7月20日に初入厩を果たすこととなりました。

初めて美浦へ入ってきたシェダルは大人しい馬なので新しい環境にはすぐに順応。その一方で前向きさが足りないので、ゲートに関しては二の脚が一息。暑さにも弱いところを覗かせ、徐々にクタクタした面が目立つように。ゲート試験も2度不合格になり、出直した方が無難かなと見ていたら、何とか3度目で合格を手にしてNF天栄で立て直すこととなりました。

NF天栄へ移動後は悪い流れが続くかなと思っていましたが、しっかり楽をさせたことで状態は徐々に回復へ。緩さや前向きさが足りないといった課題は残しつつ、9月末に再入厩することが出来ました。これでデビューへと進めて行けると思った矢先、輸送の疲れがあったのか腹痛を起こし、苦しくて馬房内で暴れたのか左前管の内側に外傷を負うアクシデント発生。腱に近い箇所でドキッとさせられましたが、怪我の程度は思っていたよりも軽くて良かったです。その後は11月の福島ダ1700mでのデビューを目指して追い切りを開始。ひと追い毎に態勢を整えて行きましたが、デビュー間近になって、また馬房内で暴れてしまったようで、今度は左前膝の部分に外傷を発症。イライラした面が目立ち、外傷の回復が今度は遅かったのでデビュー予定を白紙に戻し、NF天栄で再度の立て直しとなりました。

幸い、前回のようにNF天栄へ戻ってからはリズムを取り戻し、順調にV字回復へ。脚元へのケアは入念に行いながら、約1ヶ月の外厩生活で美浦へと戻ってくることは出来ました。そして今度は順調に追い切りを重ねていって、デビューをようやく迎えることが出来ました。肝心の動きですが、最初はモタモタした面が目立ちましたが、慣れて体力が備わってくると、推進力のある走りが出来るようになり、水準以上の時計を余力を持ってマークできるように。ゲートに関しては不安はありますが、外目の偶数枠を引き当てたので、リカバーはしやすいでしょう。あとは追い切りで感触を掴んでいるO.マーフィーJの手綱捌きに託すのみ。1番のライバルは関西馬のショウナンアニメかなと思いますが、勝負どころから仕掛けていき、スピードの持続力とスタミナ・体力を生かして押し切ってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ