2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ヴィースバーデン」の56件の投稿

2020年3月31日 (火)

ロードなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

3月26日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.0-37.8-24.3-12.1 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月5日(日)中山・春風S・混合・ダ1200mに丸山騎手で予定しています。

○松下調教師 「出走プランに変更が生じた為、追い切りにも調整を加える形。3月26日(木)の一追いで態勢は整った印象だけに、長距離輸送が控える来週はサッと流せばOKです。大阪杯(G1)の裏で乗り役が限られる状況。丸山騎手と新コンビで臨みます」

≪調教時計≫
20.03.26 助手 栗東坂良1回 53.0 37.8 24.3 12.1 一杯に追う

Photo_6 ロードベイリーフ

3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.2-25.3-12.6 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月4日(土)中山・3歳1勝クラス・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○森田調教師 「3月25日(水)は54秒5。余力を残してコース頂上へ達しています。普段は結構のんびりタイプ。そのような性格の影響なのか、見た目は大きく変わりませんね。でも、それ自体も良い意味で捉えて大丈夫そう。好調キープと言えるのでは・・・」

≪調教時計≫
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.5 39.2 25.3 12.6 強目に追う

Photo_6 ヴィースバーデン

3月24日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.3-44.0-28.0-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-39.5-25.9-13.4 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒4先行して0秒3遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。4月12日(日)阪神・忘れな草賞(L)・国際・牝馬限定・芝2000mに松山騎手で予定しています。

○小滝調教助手 「実質、3月25日(水)が1本目。幾らかピリッとした面に欠けたのは、短期放牧を挟んだ分かな・・・と思います。急激に増えた感じこそ受けぬものの、決して見た目にも寂しい印象は無し。再来週へ向けて徐々にピッチを上げて行きましょう」

≪調教時計≫
20.03.24 助手 栗東坂良1回 61.3 44.0 28.0 14.1 馬なり余力
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.6 39.5 25.9 13.4 一杯に追う ブラックアモーレ(3歳未勝利)馬なりに0秒4先行0秒3遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは除外で出走が延びましたが、状態は高いレベルで維持できているようですし、追い切りの動きは上々。本数を重ねることが出来ているのも好材料かなと思います。週末の中山・春風Sは丸山Jとの初コンビに。操縦性の高い馬なのでテン乗りでも苦労するこなく乗ってくれるでしょう。あとは時計の掛かる馬場になってくれれば、上位を窺うチャンスは十分残されていると思います。

ベイリーフも今週末の中山を予定。初勝利を挙げた後も状態は変わりなく、落ち着きがあるのは好印象。これなら輸送も問題なくこなしてくれそう。ただ、次走は昇級戦。相手なりに走れるタイプですが、まずは1勝クラスでも通用するところを見せてもらえればと思います。

ヴィースバーデンは帰厩して1週間。順調に調教を積むことは出来ています。そして25日には坂路でビシッと。内容は褒められたものではありませんが、体調やカイバ食いは良好なんでしょう。本数を重ねていって素軽さが出てきてくれればと思いますが、ピリピリし過ぎないように見守りたいです。

2020年3月20日 (金)

18日に帰厩。次走予定の阪神・忘れな草賞は松山Jとの新コンビで臨むことになりました。☆ヴィースバーデン

202003_20200317201401

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2020.03.18
3月18日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月12日(日)阪神・忘れな草賞(L)・国際・牝馬限定・芝2000mに松山騎手で予定しています。

○酒井調教助手「育成場での順調な様子を確認し、3月18日(水)に再びトレセンへ。放牧前に触れた忘れな草賞(L)から逆算し、概ね計画通りのスケジュールでしょう。年始から好調で、既に重賞も4勝。次走は松山騎手との新コンビで臨みたいと思います」

2020.03.17
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。3月18日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「週2回の割合で15-15の稽古を行なっています。ペースを速めてからも馬体に減少傾向は無し。そこは評価できる部分かも知れません。短期間の滞在だったものの、最低限の形は作れたかな・・・と。あとは厩舎スタッフに任せればOKですね」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここにきて馬体のボリュームアップorキープができるようになってきたヴィースバーデン。追い切りを重ねていくとジリジリ減らしていくことになるでしょうが、良い雰囲気を保って18日に栗東・角居厩舎へ戻っています。

次走に関しては、以前に挙がっていた来月12日の阪神・忘れな草賞へ。ここまで和田Jとのコンビを継続してきましたが、今回は今年に入って一皮むけた感じがする松山Jとの新コンビで向かうことに。手が合いそうという直感はありませんが、レースまでに1~2回は追い切りで跨ってもらい、ヴィースバーデンの特徴を掴んでもらえればと思います。

鮮やかなデビュー戦勝ち後、尻すぼみの成績となっていますが、この放牧を経て雰囲気は良くなっていると思うので、10キロ近く増えた状態で出走できれば、変わり身が見込めるかもしれません。

2020年3月11日 (水)

ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング4000~5000m。3月5日(木)測定の馬体重は454キロ。

○当地スタッフ 「前走時との比較で僅かな増量に止まる通り、シルエットは大きく変わっていません。与えた分の餌を綺麗に平らげている割に、なかなか反映されない流れ。このまま進めても恐らくキツいだけに、馬自身の状態に合わせて取り組むのが妥当でしょう」

Photo_6 ヴィースバーデン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週半ばより登坂を開始。3月7日(土)にはハロン15秒レベルも課していますよ。及第点の動きを見せており、馬体重も440キロまで到達。乗り進めながら増えているのは喜ばしい材料でしょう。来週ぐらいに帰厩の指示が届くのでは・・・」

Photo_6 レインドロップス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク500m→キャンター2500m。2月下旬測定の馬体重は447キロ。

○当地スタッフ 「3月5日(木)の再検査で、術後は問題なし・・・との話。調教メニューの強化にゴーサインが下され、6日(金)よりトレッドミルを始めています。ひとまずは慣れさせる程度。今週一杯ぐらいは同様の形を繰り返すのが良いかも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シベールは前走の疲れはほぼ取り除けたと思うのですが、出走時から馬体重は4キロと微増。ほとんど変わっていないと言えます。暖かくなって実が入ってくれば食欲が出てくるかもしれませんが、当面は長めをゆっくり乗るぐらいで進めた方が良さそうです。

ヴィースバーデンも馬体増が課題ですが、週末に速いところを消化。マズマズの動きを見せてくれた様子。速いところをやり出すとピリピリしてきてカイバが細くなるかと思いますが、一応440キロまで増えたのは好感。近々帰厩となるようですが、次走ではどのくらいの馬体重で出てくるのか今から注目しています。

レインドロップスは術後、体調の安定しない時期がありましたが、5日の再検査では喉の具合は問題なしとのこと。ひとまずホッとしました。現在はトレッドミルで脚慣らし中。来週ぐらいから馬場での乗り込みを開始するようなので、順調に上昇カーブを描いて行ってもらいたいです。

2020年3月 5日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_6 ヴィースバーデン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初と比べて10キロ程度プラスに。見た目も多少フックラしましたね。背腰の疲れはショックウェーブでケア。それ以外に大きなダメージは無さそうです。ひとまずは同様の形を続けているものの、遠からずに坂路コースへも連れ出す予定」

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング4000~5000m。

○当地スタッフ 「十分な元気を有する他、飼い葉をいつも完食。ただ、思うように線の細さが解消せず、回復がスローな印象は否めません。先週末にチェックへ訪れた久保田調教師も同意見。将来の為にも無理を避けるべき・・・との考えで基本方針は一致しています」

Photo_6 レインドロップス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「抗生物質等を与えつつコンディション維持に努めています。ただ、どうも術後は体温が不安定。飼い葉も食べたり食べなかったりで・・・。その日の状態に応じて、運動を見合わせる場合も。今しばらくは経過観察の時間が必要かも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンはひとまず10キロ馬体は戻ったとのこと。ただ、背腰の疲れは残るようなので、軽めの乗り込みに止めながら、状態の回復+更なる馬体のボリュームアップを着実に遂げてもらいたいです。

シベールは前走の疲れは解消。この馬なりに食欲はありますが、枝葉の長い馬体の造りなので余計に線の細さを感じさせる様子。あと30キロぐらい増やしてレースへ臨めればベストなんでしょうねえ。次走では最低でもプラス10キロで出走できるように持っていってもらいたいです。

レインドロップスは術後まもなくは体調面の不安定さが出ていましたが、時間の経過と共に良い方へ落ち着いてきました。近々、経過チェックをするようなので良好であると診断されるのを願うばかりです。ここさえクリアできれば、調教の負荷は案外早く高めていけるかなと見ています。

2020年3月 3日 (火)

ロードなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_6 ヴィースバーデン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「与えた分量の飼い葉はキッチリ食べています。一方、それが数字に繋がらぬ感じ。なかなか増えてくれませんね。僅かにキャンターを延ばしたものの、ひとまず坂路入りは見合わせる形。もう少しの間は馬体回復を優先するのが妥当では・・・」

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「こちらでしっかりと休ませ、2月24日(月)に騎乗トレーニングをスタート。手始めに角馬場でダクとハッキングを行なっています。依然として大きな問題は浮かんでいないものの、450キロ台の割には外見が骨っぽい感じ。慌てずに進めたいです」

Photo_6 レインドロップス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「抗生物質等を与えつつコンディション維持に努めています。ただ、どうも術後は体温が不安定。飼い葉も食べたり食べなかったりで・・・。その日の状態に応じて、運動を見合わせる場合も。今しばらくは経過観察の時間が必要かも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンはまずまずカイバは食べてくれているのですが、運動することでその分を消費。食べたものがなかなか実についてくれません。次走は忘れな草賞を予定していますが、予定を白紙に戻し、馬体の回復+心身の成長に時間を要してもらいたいです。現状の精神状態でレースに使ったとしても良い結果は得られないでしょうし。

シベールも騎乗運動を開始していますが、骨格に似合ったボリューム感が備わっていない現状。1つ勝っている訳ですし、このタイミングで心身の更なる成長を促すべきだと思います。そして日々の調教では脚を溜めることを憶えさせていって欲しいです。

レインドロップスは喉頭蓋エントラップメントの切開手術を終えていますが、体調が安定しない様子。手術は無事終わったと思うのですが…。まずはカイバ食いや体温を安定させることに専念してもらいたいです。

2020年2月20日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牝馬・1勝馬)

Photo_6 ヴィースバーデン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週一杯はウォーキングマシン。競馬を走り終えて日が浅いのを踏まえ、ひとまずは十分に余裕を持たせました。そして2月17日(月)より跨り始めるように。ボリュームアップを・・・との指示が出ており、それを意識しながら進めましょう」

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。2月14日(金)に美浦トレセンより移動しました。

○当地スタッフ 「2月14日(金)より管理を任されており、ひとまずはウォーキングマシンに止めて様子を窺っています。事前に伝えられていた通り、脚元については大丈夫そう。一方、頑張って走ったなりに身体が絞れているだけに、楽をさせて取り戻しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィースバーデンは前走の疲れを取り除く為に軽めの調整に終始してきましたが、17日から軽く乗り出しています。体調は問題ありませんが、この馬の課題は馬体重の維持。ピリピリしやすい気性の分、追い切りを重ねるとカイバ食いが落ちてくるので、そういうのを見越して、牧場時はフックラ以上にゆとりを持たせた馬体でいられるように工夫していって欲しいです。

シベールは14日に千葉・ケイアイファームへ到着。特に馬体面で異常は見受けられないので、軽めの調整に終始してもらい、細くなってしまった馬体の回復に集中してもらえればと思います。馬格に似合ったボリュームを保つのはなかなか難しいとは思いますが、気性面でピリピリし過ぎてこないようにオンオフの切り替えも意識して接してもらえればと思います。

2020年2月16日 (日)

試金石の1戦と位置付けて臨むも、手応えは残っているのに、いざ追われてからが案外。非力な馬なのでタフな馬場が応えたとは思うも、それを差し引いても物足りない末脚。内へモタれる面が目立ったし、内面に苦しいところがあるのかも…。★ヴィースバーデン

202002_20200215062501

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2月8日(土)京都10R・エルフィンS(L)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田Jで出走。12頭立て5番人気で7枠9番から平均ペースの道中を7、4、3番手と進み、直線では中央を通って1秒7差の9着でした。馬場は良。タイム1分35秒3、上がり36秒3。馬体重は4キロ減少の416キロでした。

○角居調教師 「調教の感じは悪くないのに加え、荒れているとは言え乾いたコース。それなのに一体どうしたのか・・・。先行グループを掴まえ切れず、後続にも差される形ですからね。まずは馬体を含めて一通りのチェックが必要。その上で対応を検討する方針ながら、いずれにせよ作り直したいと思います」

○和田騎手 「上手くスタートも決まって、望み通りに好位置を確保。向正面は前に壁も作れて、イイ形で運べたでしょう。そして4コーナーではスムーズに外へ。まだ手応えも十分でした。ただ、ゴーサインを出してから全く伸びずに・・・。何とも敗因がハッキリ分からぬところ。申し訳ありません」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位直後で折り合いをつけ、ジワッと動いて4角でも余力は十分に映ったが、追い出されると内へモタれて伸びあぐねる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は2月14日(金)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して4月12日(日)阪神・忘れな草賞(L)・国際・牝馬限定・芝2000mへ向けて態勢を整えます。

○酒井調教助手 「無事にトレセンへ。大きな問題は生じていません。母ワイルドココの戦績からも、スタミナは相応に秘めるはず。距離を延ばして良さが出れば・・・。幾らか間隔が空くだけに、近日中に近郊の育成場へ。目標から逆算して帰厩させる予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦をピークに徐々に成績&内容が悪くなっているヴィースバーデン。ここへ向けては一旦放牧を挟んでリフレッシュし、帰厩後の動き&仕上がりも上々。デビュー戦の走りを取り戻せば、ここでも十分やれると思っていましたが、逆にここでも成績が冴えなければ、深刻だなと見ていました。今年の初戦にしてヴィースバーデンには試金石の1戦だったこのエルフィンS。結果は後者の悪い方へ出てしまいました。

一息入れてフックラした姿を見せて欲しかったですが、マイナス4キロでの出走。馬体重はギリギリの線で維持できたかなと思いたいも、やはり食べたものが実になってくれないのは苦しいです。

レースはマズマズのスタートから中団あたりを追走。折り合いは付いていたと思いますが、デビュー戦と比べると追走に余裕がない感じ。距離が忙しいのか気持ちの問題なのかはハッキリ分からないのですが。3角過ぎからジワッと前との差を詰め、4角を回ってくる時の手応えは悪くなかったと思います。そして最後の直線を向いて追われると、一瞬ビュッと伸びたのですが、すぐに苦しくなったのか内へモタれる仕草。非力な馬で今の京都のタフな馬場は不向きなのは重々分かっていますが、それを差し引いても、物足りない走りとしか言えません。

レース後のヴィースバーデンですが、脚元等に異常はなし。個人的には北海道まで戻して夏競馬からの復帰で良いのかなと思うのですが、放牧を挟んで4月12日の阪神・忘れな草賞へ向かう予定です。追走に余裕が出る分、距離延長は良い方へ出るかもしれませんが、期待はかけづらいです。まあ、まずは馬体を十二分に戻すことに専念し、内面で苦しいところがないか調べてみて欲しいです。血統馬だけに何とか再浮上してきてもらわないと…。

2020年2月 8日 (土)

ここ2走は案外な結果が続いたも、今回は放牧に出してフレッシュな状態。仕上がり&動きは上々。デビュー戦のような走りが出来れば、ここでも見劣らない筈。ただ、今の京都の力の要る特殊な馬場は明らかに不向きそうで…。★ヴィースバーデン

202001_20200205043401

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2月8日(土)京都10R・エルフィンS(L)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田Jで出走します。2月4日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に60.0-43.8-28.3-13.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、2月5日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.5-68.6-52.9-38.6-12.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒6先行して0秒2遅れ。追い切りの短評は「馬体フックラ」でした。発走は15時00分です。

○小滝調教助手 「先週に相応の負荷を掛けて、ある程度は仕上がった状態。2月5日(水)は無理を強いずに確認程度の内容です。どうも現在の京都は特殊な馬場コンディション。その点への対応は何とも言えぬものの、良い雰囲気でレースへ臨めるでしょう」

≪調教時計≫
20.02.04 助手 栗東坂良1回 60.0 43.8 28.3 13.6 馬なり余力
20.02.05 和田竜 栗CW良 85.5 68.6 52.9 38.6 12.0馬なり余力 アイアンバローズ(3歳未勝利)一杯の外0秒6先行0秒2遅れ

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回京都3日目(02月08日)
10R エルフィンS(L)
芝1600メートル 3歳OP 特指 国際 牝馬 別定 発走15:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ウインマイティー 牝3 54 A.シュタルケ
2 2 ライティア 牝3 54 武豊
3 3 ホープホワイト 牝3 54 松田大作
4 4 リネンファッション 牝3 54 秋山真一郎
5 5 ラヴォアドゥース 牝3 54 坂井瑠星
5 6 メタモルフォーゼ 牝3 54 藤岡康太
6 7 スマートリアン 牝3 54 幸英明
6 8 デアリングタクト 牝3 54 松山弘平
7 9 ヴィースバーデン 牝3 54 和田竜二
7 10 ファーストフォリオ 牝3 54 川田将雅
8 11 エーポス 牝3 54 池添謙一
8 12 グリンデルヴァルト 牝3 54 S.フォーリー

○小滝助手 「2週続けてジョッキー騎乗でコース追いを。いい感触を伝えてもらえましたよ。前走は熱発明け。その点、今回は一息入れてフレッシュな状態ですし、改めて」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦では追い出しを待つ余裕があり、追われてからは馬体をしなやかに使って良い決め手を披露したヴィースバーデン。その時は楽しみな牝馬が出てきてくれたと胸躍ったのですが、その後の2戦がもう1つ。まあ、2走前は牡馬の強いところと戦っての結果ですし、前走は熱発で阪神ジュベナイルFを自重し、放牧に出さずに微調整を施してのレース参戦。展開も向きませんでしたが、ピリッとしたところが見えなかったのは本調子を欠いていた為だと思います。

前走後はすぐにここへの参戦を決め、一旦、千葉ケイアイファームでリフレッシュ。レース後の疲労&馬体の回復に専念し、牧場では普通キャンターでの乗り込みに止めました。そしてレースまで約3週間となって栗東へと戻ってきました。帰厩後は坂路で丹念に時計を出し、ここ2週の週中の追い切りは和田Jが跨ってCWコースでの併せ馬を消化。もっともっと馬体はフックラしてきて欲しいですが、動き自体は軽快で立て直した効果は感じます。

エルフィンSはリステッド競走ですが、ここから台頭していきそうな血統馬はいるも、出走馬は全て1勝馬。ヴィースバーデンは立場上、見劣ることはありませんし、デビュー戦に近い走りが出来ればチャンスは十分。ただ、ドイツ血統とは言え420キロ前後の小柄な馬体。走りっぷりは軽い馬場で良さが出そうなタイプ。今の力の要る特殊な馬場は明らかに向いていないでしょう。

ここが今年の緒戦となるヴィースバーデン。いきなり試金石の1戦を迎えますが、仕上がり自体は良いので、リフレッシュ効果でイライラした面が薄れた状態でまずはレースへ臨んで欲しいところ。競馬の走りに関しては未知な面が大きいも、ここ2走よりは前目でレースの流れに乗って欲しいです。実力を発揮できれば、それなりの結果は付いてくると思いますが、逆に凡走してしまうのなら、牝馬クラシック参戦は諦め、心身の成長を促すことを第1に考えていって欲しいです。

2020年2月 3日 (月)

ロードなお馬さん(3歳牝馬・週末出走予定馬)

Photo_6 ヴィースバーデン

1月29日(水)重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.9-68.6-53.3-38.6-12.6 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒1先行して0秒3先着。短評は「細いが動き良く」でした。2月8日(土)京都・エルフィンS(L)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○小滝調教助手 「1月29日(水)はジョッキーが直接に跨って感触を確かめています。合図に対しての反応も含め、なかなか具合は良さそう・・・との談話。1週前の内容としては申し分ないかも知れませんね。ここまではイメージ通り。仕上げを進めましょう」

≪調教時計≫
20.01.29 和田竜 栗CW重 85.9 68.6 53.3 38.6 12.6 馬なり余力 レッドウィズダム(古馬3勝)一杯の外1秒1先行0秒3先着

Photo_6 シベール

1月30日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン68.9-54.0-40.3-11.6 8分所を馬なりに乗っています。短評は「末の伸び素晴しい」でした。2月8日(土)東京・春菜賞・牝馬限定・芝1400mにM.デムーロ騎手で予定しています。

○久保田調教師 「1月30日(木)は2、3馬身後ろからパートナーを見つつ、直線の立ち上がりだけ軽く仕掛ける形。ラストは若干抜けてゴールしました。テーマに掲げていた折り合い面も大丈夫。来週は坂路コースでサッと追い切り、レース本番を迎える予定です」

≪調教時計≫
20.01.30 調教師 美南W稍 68.9 54.0 40.3 11.6 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末に出走を予定しているヴィースバーデンとシベール。共に1週前追い切りでは上々の動きを見せてくれています。

ヴィースバーデンはこれまでずっと手綱を取ってくれている和田Jが跨ってCWコースでの併せ馬を消化。サッと動かした程度ですが、軽快な動きを披露。これでカイバをバリバリ食べてくれれば、大きいところを狙える馬だと思うのですが、繊細な面はこの母系ならではです。あとはタフさを増している今の京都の馬場でどこまで力を出し切れるか。枠は外目が欲しいです。

シベールは前走後、時計を出さずに色んなコースでコツコツ乗り込んできました。そして1週前ということで30日に久々の時計をマーク。併せ馬という形ではないも、前に目標を定めてサッと末を伸ばしています。馬場の8分どころを通ってラスト1ハロン11秒6は出色かも。ただ、この追い切りでスイッチが入ると思うので、日々のテンションがアップ・カイ食いの減少という課題に上手に対応していって欲しいです。

2020年1月27日 (月)

16日に帰厩。引き続き和田Jとのコンビで来月8日の京都・エルフィンSへ☆ヴィースバーデン

201912_20200127063201</p

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2020.01.23
1月21日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.1-43.4-27.4-13.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、1月22日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.3-39.8-25.6-12.8 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月8日(土)京都・エルフィンS(L)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○小滝調教助手「最初は気持ちが緩んでいたものの、本数を重ねるに連れてピリッと。1月22日(水)は無理を強いずに予定よりも速い時計が出ています。まだ本来の行きっぷりには及ばぬ印象ながら、この感じならば問題なく進めて行けそう。概ね順調です」

≪調教時計≫
20.01.21 助手 栗東坂良1回 61.1 43.4 27.4 13.6 馬なり余力
20.01.22 助手 栗東坂良1回 54.3 39.8 25.6 12.8 強目に追う

2020.01.16
1月16日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月8日(土)京都・エルフィンS(L)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○酒井調教助手 「1月16日(木)に再び栗東トレセンへ戻しています。3週間での帰厩は当初からの予定通り。放牧前に挙げていたプランに沿って、エルフィンS(L)へ進める方針です。まずは実際に跨って確認。具合を見ながら徐々にピッチを上げましょう」

2020.01.14
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。1月16日(木)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。1月9日(木)測定の馬体重は429キロ。

○当地スタッフ 「トラックへ通ってからも順調に運び、先週はハロン20秒のキャンターを消化しました。そして、1月13日(月)に18-18を行なった際は、適度な前向きさが感じられる走り。15日(水)の夜に関西へ向けて出発するスケジュールが決まっています

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末の阪神・千両賞5着後、千葉のケイアイファームで回復に努めてきたヴィースバーデン。牧場での乗り運動は普通キャンター程度までと控え目に止めていましたが、少しフックラした姿で16日に栗東・角居厩舎へ戻ってきています。

そして帰厩後もすぐに時計をマークし、前向きに取り組んでくれているのは好感。ただ、競馬を経験する度に煩い面が出てきているのは悩ましいところ。この点が改善・解消されてくれば、馬体もフックラしてくるでしょうし、競馬での力強さ・キレが増す筈。何とかオンオフの切り替えが上手にいくように手を尽くしてもらいたいです。

次走で予定している来月8日の京都・エルフィンS。引き続き和田Jとのコンビで臨むことが決まっています。トビの綺麗な馬+非力さが残ることから、今の京都の芝では正直厳しそう。相手関係と想定を見ながら、翌週の東京・クイーンCへ矛先を向けることも選択肢に加えて欲しいです。

デビュー戦のパフォーマンスから、もっともっと頑張ってもらわないといけないヴィースバーデン。このまま停滞し続けることがないようにお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ