2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードセッション」の62件の投稿

2020年3月25日 (水)

不安視していたようにデキは一息だったと思うも、向正面で外目に出してからレースぶりは一変。早めにポジションを押し上げていくと4角で余裕を持って外めへ。直線は右手前のままでモタれ加減でしたが、終わってみれば8馬身差の快勝。相手に恵まれたのは事実も、そのチャンスをモノにしたことを評価したい。☆ロードセッション

2020031800_20200325055501

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

3月20日(金)阪神2R・3歳未勝利・ダ1800mに和田Jで出走。13頭立て1番人気で2枠2番からハイペースの道中を7、7、4、4番手と進み、直線では外を通って1秒3差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は良。タイム1分55秒8、上がり39秒4。馬体重は増減無しの494キロでした。

○高橋調教師 「ゲートを出ても二の足が利かずに、砂を被ると頭を上げるような格好。序盤の感じを見ると厳しいかな・・・と思ったものの、上手く外へ出せましたからね。全体的な緩さが目立つのに加え、口向きも含めて課題も多い現状。今回は随分と相手関係に恵まれた印象ながら、まずは1つ勝てたのが何よりかも知れません。適度に間隔は空けるべき。この後は短期放牧の予定です」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押してもあまり行かずに前半は中位。向正面に入ってからポジションを上げて3角では4番手に。勝負どころは3頭の直後で虎視眈々。4角で外に進路を取り、右手前のままでもあっさりと抜け出してきた。一戦毎に良化。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。3月21日(土)に京都・宇治田原優駿ステーブルへ移動。1、2ヶ月後のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○高橋調教師 「脚元を含めて大きな問題は無さそう。それを確認した上で近郊の育成場へ移しています。3歳馬限定で戦える間に、レースを使いたい気持ち。順当に回復が図れれば2、3週ぐらいで厩舎へ戻し、3回京都あたりでの復帰を視野に入れましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走、ダートで3着と変わり身を見せてくれたロードセッション。ただ、この中間は調整が手緩く、デキ落ちが心配でした。実際、パドックに登場したセッションは目立つ気配ではなく、少しトボトボ歩いている印象。相手に恵まれているのは分かっていましたが、それでも期待よりは不安が先立ちました。

スタートは好発を決めましたが、2度ほど躓くようなところがあってロス。和田Jは促してポジションを取りに行こうとしましたが、セッション自体は行く気がなく、1角を回る時には早くも1~2発、鞭が入っていました。不安が現実なものになってきたなあとレースを見ていましたが、隊列がバラけて淀みない流れになったのは幸い。向正面半ばからジワッと押し上げて行き、3角あたりでは早くも4番手へ。その後は直線を向くまでは内でジッと我慢。4角のコーナーリングで外へ持ち出すと、鞍上の指示に応えてジワジワ加速。前走は手前を替えていたと思いますが、今回は右手前のままで内へモタれ加減。それでも後続との差は見る見る広がっていき、ゴール前は少し流す感じで2着馬とは8馬身差。ここでは力が違ったとも言えますが、同日の新馬戦の方が走破時計&上がり3ハロンの時計が速かったことからも、やはり相手に恵まれたというのが妥当でしょう。まあ、そういうチャンスを取りこぼすことなく、しっかりモノにしたことを評価したいです。

レース後のセッションですが、早速21日に宇治優駿STへ放牧に。脚元は問題なさそうですが、デキ落ちかな?という中でしっかり走り抜いたので疲れ・反動は心配。日が経ってからそういう面が出てくることもあるので、まずはしっかり休ませて回復に努めてもらえればと思います。今後は3歳馬同士で走れる内に1勝クラスへ使いたいようですが、欲張ることなく、状態をしっかり見極めてから判断してもらえればと思います。まだまだ良くなる余地を多く残している馬ですから。ゆくゆくは芝の中距離で活躍できる馬へとステップアップしていって欲しいです。

2020年3月20日 (金)

ダートで変わり身を見せた前走から中2週のローテ。調整過程を見ると状態面で若干不安は残るも、正直、相手関係には恵まれた1戦。大崩れはなさそうも、出来ればここで良い区切りを付けたい。☆ロードセッション

2020031800_20200317202001

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

3月20日(金)阪神2R・3歳未勝利・ダ1800mに和田Jで出走します。3月17日(火)稍重の栗東・坂路コースで1本目に56.4-40.8-26.9-13.7 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「実戦で変わる馬」でした。発走は10時20分です。

○高橋調教師 「変則開催を考慮。3月17日(火)に追い切っています。休み明けを使ったものの、目に見えて良化した印象は無し。前回のように走れるか・・・は半信半疑ですね。怖がりで幾らか集中力に欠ける面も。シャドーロールを装着するかも知れません」

≪調教時計≫
20.03.17 助手 栗東坂稍1回 56.4 40.8 26.9 13.7 馬なり余力

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神7日目(03月20日)
2R 3歳未勝利
ダ1800メートル 指定 馬齢 発走10:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レラシオン 牡3 56 高倉稜
2 2 ロードセッション 牡3 56 和田竜二
3 3 ソルトクリスタル 牡3 53 亀田温心
4 4 スマートコマンダー 牡3 55 斎藤新
4 5 ルールオブサム 牡3 56 福永祐一
5 6 フウジンジョー 牡3 56 幸英明
5 7 メイショウヒトハル 牝3 54 武豊
6 8 サクラサーブル 牡3 55 岩田望来
6 9 ローレルオルブラン 牡3 56 浜中俊
7 10 ヒッポカンポス 牡3 56 酒井学
7 11 ロードデルタ 牡3 56 藤懸貴志
8 12 キングダムウイナー 牡3 56 佐藤友則
8 13 ジョウショーカーブ 牡3 56 国分恭介

○矢野助手 「まだ未完成ですが、ダートに替えた前走が好内容。馬も良くなってきています」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝のデビュー戦ではゲートで立ち遅れるとフワッとしてしまい、レースの流れに乗れず、後方に沈んだままだったロードセッション。一息入れて2戦目はダートへ切り替えてレースに臨むことになりましたが、追い切りの動きはガラッと変わってきた感じはなかったですし、デビュー戦の惨敗ぶりから2戦目もレースの流れに乗れないまま終わってしまうことを覚悟していましたが、五分のスタートから少し促すとセッションは先行態勢へ。ちょっとビックリする対応ぶりで5番手でレースの流れに乗ることが出来ました。

そして道中の行きっぷり・手応えは悪くなく、3角過ぎからはスッと馬なりで進出。4角を回る時は少しズブさを覗かす場面はありましたが、直線を向いた時には前は射程圏。ただ、トモがしっかりしていない分、4角で外へ若干膨れてしまうと、その空いたスペースを勝ち馬に抜けられてしまいました。何とか食らい付こうという姿勢を見せたセッションですが、残り150mぐらいからはだんだん苦しくなって内へモタれてしまうと、前2頭との差がジリジリ開いてしまいました。ただ、交わされてからもパタッと止まることなく、この馬なりの渋太さを発揮。4着以降には6馬身と確かな差を付け、未勝利脱出へメドの立つ競馬を見せてくれました。

その前走から中2週のローテで臨む今回。この中間、時計は3本マークしていますが、トモがパンとしていないこともあって平凡な内容。前走時に喉が荒れて吸引治療を行いましたが、今回は息遣いが少し荒れ気味とのこと。まだまだ内面がパンとしていませんし、前走の疲れが尾を引いているのかも。叩いて順当に上積みとはいきません。パドックで活気があるかどうかチェックは必要でしょう。

相手関係に目をやると、前走で掲示板に乗っているのがセッションとメイショウヒトハルの2頭のみ。走破時計からはサクラサーブル・キングダムウイナーあたりがライバルになってくると思いますが、不気味なのは初ダートとなるルールオブサムでしょうか。

状態面で少し不安は残るも、正直、相手関係には恵まれた1戦。前走くらい走って少し時計を詰めてくれれば、勝ち負けになってくると思いますし、まあ、大崩れはしないでしょう。馬具を工夫した効果にも期待。ここで何とか良い一区切りを。

2020年3月13日 (金)

ロードなお馬さん(3歳上関西馬・入厩組)

Photo_3 ロードエース

3月11日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に54.2-38.9-25.1-12.5 叩き一杯になっています。短評は「坂路コースで入念」でした。3月22日(日)阪神・なにわS・混合・ダ1200mに和田騎手で予定しています。

○松下調教師 「レースの1週前。3月11日(水)はビシッと気合いを付けてます。降雨の影響で時計の掛かる馬場だったのに加え、休み明けで身体にも幾らか重さが感じられる状態。でも、この一追いで変わるでしょう。硬さは無し。ここまでは計画通りです」

≪調教時計≫
20.03.11 助 手 栗東坂重1回 54.2 38.9 25.1 12.5 叩き一杯

Photo_3 ロードセッション

3月11日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に56.9-41.3-27.1-13.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。3月20日(金)阪神・3歳未勝利・ダ1800mに和田騎手で予定しています。

○高橋調教師 「3月11日(水)は約57秒。今朝は時計の掛かる重い馬場でしたからね。トモに力が備わらぬ分、余計に走り辛そうな感じに。とは言え、馬自身の状態面に何ら問題は生じていませんよ。鞍上のスケジュールを確認。金曜日のレースを予定します」

≪調教時計≫
20.03.11 助手 栗東坂重1回 56.9 41.3 27.1 13.7 馬なり余力

Photo_6 ロードフェローズ

3月11日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に56.2-40.9-26.4-12.9 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して0秒1遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。3月21日(土)阪神・3歳未勝利・芝1600mに予定しています。

○藤岡調教師 「降雨の影響で3月11日(水)は重い馬場に。もう少し本来は動けると思いますよ。でも、だいぶ気持ちが前向きに。この感じならばマイルぐらいを試したいですね。来週を目標に進める方針。仕上がり途上の場合は、繰り下げればOKでしょう」

≪調教時計≫
20.03.11 助手 栗東坂重1回 56.2 40.9 26.4 12.9 一杯に追う ドミナシオン(3歳未勝利)一杯に0秒1先行0秒1遅れ

Photo_6 トルネードフラッグ

3月11日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に55.3-39.8-25.9-12.9 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2先行して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。3月28日(土)中京・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに予定しています。

○田代調教助手 「すぐに時計を出せているように、その後は体調も安定しています。3月11日(水)は55秒ぐらい。ピッチを上げて行けそうです。中京の最終週を目標に。時間は十分に残されるだけに、あとは無事にさえ運べれば・・・。そこに尽きるでしょう」

≪調教時計≫
20.03.11 岡田祥 栗東坂重1回 55.3 39.8 25.9 12.9 馬なり余力 ストーンリッジ(3歳オープン)馬なりに0秒2先行0秒2遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは来週のレースへ備え、11日の坂路追いはビシッと。全体時計は平凡ですが、馬場の重い中でしっかり負荷を掛けられたので、この後の良化度に期待。時計面での限界を何とか打破して欲しいのですが、血統的に伸びシロがないかなあ。

和田Jとスケジュールの打ち合わせをして、セッションは来週20日のダ1800mへ向かうことに。11日の追い切りは平凡な時計ですが、トモに力がついていない現状では馬場が重ければ動けません。まあ、それでも1週前に時計を出せるほど状態面の回復は進んでいます。

出走態勢を整えてきたフェローズは来週21日の阪神・芝1600mで3戦目を迎えることに。前走の芝2200mから一気の距離短縮ですが、これぐらいの方が合っていそう。デビュー戦はポジションを押し上げて行く際にキラッと脚は光ったので、溜めればシュッとした脚を使えそう。マイルで相手は強化されそうですが、この距離で新味を引き出してもらいたいです。

トルネードフラッグは安心こそ出来ませんが、丹念に時計を出せるように。痰を取り除き、洗浄した作業は何気に大きかったと思います。このまま順調に進むようなら再来週の中京・ダ1800m(牝馬)で2戦目を迎えることに。良いスピードを持っているのは確かなので、牝馬同士なら地力は上の筈。出来れば2戦目で勝ち上がりを決めたいです。

2020年3月 5日 (木)

今回も苦戦を覚悟していたも、ダート替わりでレースの流れに乗れたことで変わり身を見せる。最後は苦しくなって内へモタれてしまうも、渋太く脚を使って3着。ひとまずメドの立つ競馬が出来て素直に嬉しい。☆ロードセッション

201912_20191224045701

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

2月29日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダ1800mに和田Jで出走。10頭立て5番人気で3枠3番から平均ペースの道中を5、5、4、3番手と進み、直線では大外を通って0秒9差の3着でした。馬場は稍重。タイム1分55秒9、上がり38秒4。馬体重は4キロ増加の494キロでした。

○高橋調教師 「返し馬の雰囲気が良好で、この感じならば・・・と積極的な競馬を試みた様子。レースでは思ったよりも進んで行かなかった模様ながら、ゆったりしたペースも手伝って相応の位置で運べました。初戦と比べると内容を含めて随分と前進。先々は芝でも走れる可能性を秘めるとは言え、この条件が現状ではチャンスを見出せそうです。大きな問題が無ければ続戦の予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

二の脚は速くなく中団から。3角から動いて接近していくが、4角で微妙に外に膨れ、内から勝ち馬に出られてしまう。離れた3着だが、自身も後続に差をつけた。ダート替わりで1歩前進。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月20日(金)阪神・3歳未勝利・ダ1800mもしくは3月21日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1800mもしくは3月22日(日)阪神・3歳未勝利・ダ1800mに和田騎手で予定しています。

○高橋調教師 「3月4日(水)に軽く跨って具合を確認。大丈夫そうな感じですね。厩舎で調整を続ける方針。中2週でスタンバイしましょう。今度も和田騎手に打診。同条件が3鞍ほど組まれています。乗り役の都合とメンバーを見て絞り込めれば・・・」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦は見せ場なく大敗。一息入るも、追い切りの動きは平凡で喉に炎症を確認と正直踏んだり蹴ったりで2戦目も厳しい結果になると覚悟して見ていたロードセッション。パドックの気配は可もなく不可もなくという感じでしたが、追い切りの本数はそれなりに重ねていたので仕上がり自体は良かったかなと思います。

今回もゲート出は良かったセッション。二の脚もマズマズでしたが、少しズブさを覗かせるも、和田Jはそこで軽く気合を付けつつ前へ。フワッとしそうなところを上手に対応して5番手で今回はレースの流れに乗ることが出来ました。向正面では鞍上の手がさほど動くことなく追走。3角あたりでペースアップしたのですが、その際に手応え良く楽に対応できたのはちょっとビックリ。4角手前ではズブさ対策の為に鞭は入っていましたが脚色には余力を感じました。

そして最後の直線、コーナーリングで少し膨れた時に出来たスペースから人気のハンメルフェストが抜け出しに掛かると、和田Jとセッションも外から抵抗。2頭一緒に伸びてきて欲しかったのですが、残り150mくらいからジリジリ離されることに。セッションは苦しくなってしまい、内へモタれ出してしまいました。ただ、パタッと止まることなく、行儀は悪かったですが、懸命に脚を使っていました。よく食い下がったと思います。4着以降には6馬身差を付けている訳ですし。

レース後のセッションですが、目立った疲れは感じられず。今回の3着と優先権を確保出来たので、中2週のローテで再度阪神・ダ1800mへ向かうこととなりました。今回、最後は厳しくなってしまいましたが、勝ちに行く競馬をしたことは今後に繋がる筈。叩いた上積みはさほどないかもしれませんが、次走では後退することなく更に1歩2歩前進する走りを見せてもらいたいです。ダートとは言え、ひとまずメドの立つ競馬が出来たことは素直に嬉しいです。

2020年2月29日 (土)

何も出来ずに終わったデビュー戦からそれほど時間は経っていないですし、追い切りの動きもガラッと変わってきた感じはなし。今回も苦戦は避けられませんが、ワンペースな走りなのでダートは合いそう。結果は二の次で今回、まずはレースにしっかり参加して欲しい。★ロードセッション

201905_20200228075201

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

2月29日(土)阪神3R・3歳未勝利・ダ1800mに和田Jで出走します。2月26日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に54.2-39.9-26.5-13.5 強目に追っています。追い切りの短評は「反応鈍い」でした。発走は10時55分です。

○高橋調教師 「荒れ気味の喉は、吸入治療でケア。中間に体温の上昇が認められたものの、こちらに関しても一過性でしたからね。2月26日(水)も無事に追い切りを済ませ、予定通りに今週の競馬へ向かう方針。ダート替わりで少しでも良い面が出れば・・・」

≪調教時計≫
20.02.26 助手 栗東坂稍1回 54.2 39.9 26.5 13.5 強目に追う

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月29日)
3R 3歳未勝利
ダ1800メートル 指定 馬齢 発走10:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タマモイチバンボシ 牡3 53 亀田温心
2 2 ハンメルフェスト 牡3 56 四位洋文
3 3 ロードセッション 牡3 56 和田竜二
4 4 レトロフューチャー せ3 56 藤井勘一郎
5 5 タガノビーザライト 牡3 56 松山弘平
6 6 エルファルコン 牡3 56 幸英明
7 7 トゥルブレンシア 牡3 56 古川吉洋
7 8 ブルベアカイリ 牡3 56 国分優作
8 9 ムーンレース 牡3 56 坂井瑠星
8 10 ミトノベルーガー 牡3 56 松若風馬

○高橋忠師 「前走後は短期放牧へ。成長が遅くて緩さが残っている。ダートに替えて」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー前、坂路での追い切りは平凡だったも、下(CWコースや芝)で時計を出すと、マズマズの時計をマークしていたロードセッション。ですので、芝の実戦へ行って良いタイプだと密かに期待して臨んだデビュー戦だったのですが、スタートが一息で。緩い流れなのに追走に余裕なし。ただ、もう少し促していけば違った走り・結果になったのかなと思うのですが、追い切りで跨り、緩すぎるのを懸念した武豊Jは無理をさせず。その結果、終始後方のままでデビュー戦を終えることになってしまいました。

その後は栗東近郊の宇治田原優駿STで立て直し。本当はもっと時間を掛け、造り直すぐらいの意気込みが欲しかったのですが、早めにダート適性を確認するためにデビュー戦からたった1ヶ月半での2戦目となりました。

栗東へ帰厩後の動きを見ると、正直良化度は感じ取れないですし、今度は息遣いに違和感を覚えるように。走行時の息遣いを確認したところ、喉なりの診断は下りませんでしたが、喉が荒れ気味とのこと。吸引治療でケアを行っていますが、実戦へ行っての不安は拭えません。若い頃、セッションと同様に喉が荒れ気味だったロードダヴィンチはのちに喉の手術を行っていますし。また、この中間、すぐ下がったようですが、幾らか体温の上昇も確認。緩さだけでなく全体的な弱さを感じてしまいます。

それ故、今回も苦戦は避けられないと思いますが、バテずに脚を使える点ではダート替わりは良さそうですし、手前の替え方に関しては進歩が窺えます。砂を被った際の心配はありますが、10頭と手頃な頭数で競馬が出来るのはプラスでしょう。あとは和田Jが道中で甘やかさず、レースにしっかり参加させて欲しいです。その結果、最後止まってしまっても、体力不足が敗因と割り切って、力を付けてきてくれることを待ちましょう。

2020年2月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードセッション

2月20日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-40.1-26.1-13.3 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月29日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1800mに和田竜二騎手で予定しています。

○高橋調教師 「時折、息遣いに違和感を覚える場面も。念の為に2月20日(木)の追い切りで、走行時の喉の動きを確認しました。結果的に大きな問題は無し。来週へ向けて進めましょう。和田竜二騎手と予定を擦り合わせ。土曜日のレースへ向かう方針です」

≪調教時計≫
20.02.20 助手 栗東坂良1回 54.6 40.1 26.1 13.3 強目に追う

Photo_6 ロードベイリーフ

2月19日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.5-39.6-26.2-13.3 末強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○森田調教師 「2月19日(水)は坂路で。ある程度は気合いを付けて行きました。まだ幾らか緩さが感じられる状態。そのあたりは一息を入れた分かも知れませんね。出走態勢を整えるまでには、もう少し本数が必要かな・・・と。レースは再来週以降でしょう」

≪調教時計≫
20.02.19 助手 栗東坂良1回 53.5 39.6 26.2 13.3 末強目追う

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末の出走を予定しているセッション。喉に違和感を感じて検査をしたようですが、喉が荒れているとのこと。治療を行いつつ、出走態勢を整えています。ガラッと変わってくるのは難しいかもしれませんが、2戦目はレースの流れに乗せていって、最後まで脚を繰り出してもらいたいです。

帰厩してまもないベイリーフは16日に早速坂路で意欲的な時計をマークし、19日も全体の時計はマズマズ。元々攻めでピリッとした動きを見せない馬ですが、ラスト1ハロンは時計を要し気味。これまでと違い、じっくり疲れを取り除いてきたことで、馬体の緩めが大きいのでしょうし、重めが残っているんだと思います。まあ、意欲的に攻めることが出来ているのでひと追い毎の上昇度は大きい筈。レース当日しっかり動けるように造っていってもらいたいです。

2020年2月16日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(3歳・高橋義忠厩舎)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中京2月29日・芝1600m(吉田隼J)

高橋忠師「帰厩した後も順調に進められていましたので、12日に坂路で追い切りました。最後まで楽な手応えでしたし、帰厩後1本目としてはまずまず動いてくれました。道中は力むこともなく、リラックスして走っていましたし、リフレッシュの効果が感じられます。このまま順調に仕上がるようなら、2月29日の中京・芝1600mに向かいたいと思っています。なお、ジョッキーは吉田隼人騎手に依頼しています」(2/13近況)

助 手 12栗坂良 54.9- 40.0- 26.0- 12.9 馬なり余力

Photo_6 ロードセッション

2月13日(木)稍重の栗東・坂路コースで1本目に55.0-40.5-26.4-13.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月29日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1800mもしくは3月1日(日)阪神・3歳未勝利・混合・ダ1800mに予定しています。

○高橋調教師 「上昇度がスローとは言え、決して後退している感じは無し。帰厩後も順調に乗り込めており、条件替わりで少しでも良さが出せれば・・・と思っています。状況次第では繰り上げる可能性も。ただ、今のところは阪神開催の1週目が本線でしょう」

≪調教時計≫
20.02.13 助手 栗東坂稍1回 55.0 40.5 26.4 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは帰厩後の初時計を12日にマークしましたが、サッと伸ばした程度でこれぐらい楽に動ければ上々。力みも薄れてきたのは好感です。また、今回の更新で早速次走の予定が決定。右手前で走るのが好きな馬だと思うので、現状は左回りの方がレースがしやすいかも。ただ、厩舎のHPを見ると、1600mは若干長いかもと言われていたので、1週スライドして8日の中京・芝1400mへ回ることかもしれません。

セッションは実が詰まってこないと変わり身を期待し辛いところですが、手前の替え方は幾らか進歩が窺える様子。今は1番底辺にいると思うので、これから上昇していくのみ。その中で早く1つ勝てるところまでは来てほしいです。

2020年2月10日 (月)

5日に栗東・高橋忠厩舎へ帰厩しています。☆ロードセッション

201904_20200210231801

Photo_6 ロードセッション(牡・高橋忠)父ジャスタウェイ 母ジャズキャット

2020.02.05
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高橋調教師 「さすがに短期間で急激に変わらぬものの、それでも徐々には良化を遂げている印象。2、3週後のダ1800m戦を見据え、調整を進めて行きたいと思っています。和田竜二騎手に打診中。乗り役の予定も照らしつつ、目標を絞り込む方針です」

2020.02.04
2月4日(火)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「週2回の割合で15-15の稽古を消化。無難な対応を見せており、反動も認められません。移動の段取りが組まれ、2月4日(火)に栗東へ。元々、短期の予定でしたからね。無事に送り出せそう。あとは厩舎スタッフに任せればOKでしょう」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追走に手一杯で終えてしまったデビュー戦後、京都・宇治田原優駿ステーブルでコツコツ乗り込んでいたロードセッションは4日に栗東へ。馬体の緩さは簡単に解消できる問題ではありませんが、ひとまず順調に調教を重ねてきました。

2戦目に関して、まだ絞り込みは出来ていませんが、ダ1800mの番組を予定。和田Jに騎乗依頼しているようで乗り手の都合を優先してきまってくるかなと思います。ダート適性は何とも言えませんが、芝と比べると相手関係は落ちると思うので、和田Jには緩さを気にし過ぎ、レースへしっかり参加させることを重視して乗ってきてもらいたいです。

2020年1月30日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・栗東近郊組)

Photo_6 ロードセッション

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ「運動量を増やすと共に、ペースも速めるように。着実にステップアップが図れており、今のところは概ね順調だと思います。今週末ぐらいにはハロン15秒レベルまで課せれば・・・と。滞在は短期間の見込みだけに、積極的に乗り進めましょう」

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「ここに来て坂路調教もスタート。まだペース自体は非常に緩やかですけどね。トモに幾らかパワーが足りぬ印象。その部分の強化も念頭に進めて行ければ・・・と思っています。藤岡先生は定期的に来場。意見を交わしながら取り組みましょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ「現在の馬体重が505キロ。乗り進めながら徐々にボリューム回復も図れているでしょう。しっかりとアイシングを行ない、ひとまずは脚元も落ち着いた状態。コンディションは安定しており、週2回の割合で速いペースを・・・と考えています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セッションは先週の見立て通りにスムーズにハロン18秒までペースアップ。特に疲れ・反動は見られないので、週末にはハロン15秒まで負荷を高める予定。しっかりしてくるのは時間が掛かるでしょうが、鍛え上げて行くことで成長を促すことが出来ればと思います。

馬体の回復を優先していた為、フェローズの乗り込みは緩やかですが、この中間から坂路での乗り込みを開始。トモを中心に非力さが残るので、普通キャンターでひとまず地道に乗り込んでいってもらえればと思います。

セッション・フェローズより早めの始動でキャリアを重ねている分、ベイリーフは完成度の高さは感じますが、伸びシロはまだまだ残している筈。スピードを秘め、良い先行力があるので、それがより生きる舞台を再度検討してもらえればと思います。1200mでも十分対応できると見ています。

2020年1月27日 (月)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・栗東近郊組)

Photo_6 ロードセッション

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング1800m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「競馬を終えたばかりなのを踏まえ、先週一杯は余裕を持たせる形に。1月20日(月)より軽く跨り始めています。ひとまずはハッキング程度の内容ながら、特別に気に掛かるような部分も無し。18-18ぐらいまではスムーズに運ぶのでは・・・」

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを終えて日が浅い状況も踏まえ、先週一杯はウォーキングマシンの調整。十分にリラックスを図りました。1月20日(月)より軽く跨り始めるように。外見的に幾らか細く映る印象だけに、まずはボリューム回復を優先に・・・でしょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「順当にステップアップが図れており、先週末より15-15も交えるように。その後も特に反動は認められぬだけに、この調子で本数を積みたいと思います。右前脚球節が張り易いものの、しっかりケアすれば大丈夫そう。進めて行けるでしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セッションはデビュー戦で無理をしていない分、疲れ・ダメージは少ない筈。焦る必要はないですが、普通キャンターまではそう時間は要さないでしょう。当面は普通キャンターを丁寧に乗り込みながら、心身の成長を促してもらえればと思います。

フェローズは少し細くなっているで馬体の回復を優先中。脚元等に異常はないですし、ひとまずマイペースで進めてもらえればと思います。

ベイリーフはハロン15秒の調教を課すように。コンスタント使われているのでそれなりに体力を備えています。ただ、少し球節に弱さがあるようなので入念なケアは欠かさないようにお願いします。また、どこかのタイミングでダートの走りを確認して欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ