2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードベイリーフ」の67件の投稿

2020年3月31日 (火)

ロードなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

3月26日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.0-37.8-24.3-12.1 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月5日(日)中山・春風S・混合・ダ1200mに丸山騎手で予定しています。

○松下調教師 「出走プランに変更が生じた為、追い切りにも調整を加える形。3月26日(木)の一追いで態勢は整った印象だけに、長距離輸送が控える来週はサッと流せばOKです。大阪杯(G1)の裏で乗り役が限られる状況。丸山騎手と新コンビで臨みます」

≪調教時計≫
20.03.26 助手 栗東坂良1回 53.0 37.8 24.3 12.1 一杯に追う

Photo_6 ロードベイリーフ

3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.5-39.2-25.3-12.6 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。4月4日(土)中山・3歳1勝クラス・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○森田調教師 「3月25日(水)は54秒5。余力を残してコース頂上へ達しています。普段は結構のんびりタイプ。そのような性格の影響なのか、見た目は大きく変わりませんね。でも、それ自体も良い意味で捉えて大丈夫そう。好調キープと言えるのでは・・・」

≪調教時計≫
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.5 39.2 25.3 12.6 強目に追う

Photo_6 ヴィースバーデン

3月24日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.3-44.0-28.0-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、3月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-39.5-25.9-13.4 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒4先行して0秒3遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。4月12日(日)阪神・忘れな草賞(L)・国際・牝馬限定・芝2000mに松山騎手で予定しています。

○小滝調教助手 「実質、3月25日(水)が1本目。幾らかピリッとした面に欠けたのは、短期放牧を挟んだ分かな・・・と思います。急激に増えた感じこそ受けぬものの、決して見た目にも寂しい印象は無し。再来週へ向けて徐々にピッチを上げて行きましょう」

≪調教時計≫
20.03.24 助手 栗東坂良1回 61.3 44.0 28.0 14.1 馬なり余力
20.03.25 助手 栗東坂良1回 54.6 39.5 25.9 13.4 一杯に追う ブラックアモーレ(3歳未勝利)馬なりに0秒4先行0秒3遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは除外で出走が延びましたが、状態は高いレベルで維持できているようですし、追い切りの動きは上々。本数を重ねることが出来ているのも好材料かなと思います。週末の中山・春風Sは丸山Jとの初コンビに。操縦性の高い馬なのでテン乗りでも苦労するこなく乗ってくれるでしょう。あとは時計の掛かる馬場になってくれれば、上位を窺うチャンスは十分残されていると思います。

ベイリーフも今週末の中山を予定。初勝利を挙げた後も状態は変わりなく、落ち着きがあるのは好印象。これなら輸送も問題なくこなしてくれそう。ただ、次走は昇級戦。相手なりに走れるタイプですが、まずは1勝クラスでも通用するところを見せてもらえればと思います。

ヴィースバーデンは帰厩して1週間。順調に調教を積むことは出来ています。そして25日には坂路でビシッと。内容は褒められたものではありませんが、体調やカイバ食いは良好なんでしょう。本数を重ねていって素軽さが出てきてくれればと思いますが、ピリピリし過ぎないように見守りたいです。

2020年3月28日 (土)

ロードなお馬さん(牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着から数日間はウォーキングマシン。そして先週末より軽く跨り始めています。背腰に幾らか疲れが認められ、ショックウェーブ治療を実施。ひとまずはセーブ気味の内容に止めているものの、遠からずに次のステップへ移れるのでは・・・」

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先々週にそれなりの時計を出してからもダメージは認められず、計画に沿って3月20日(金)に15-15を交えました。劇的に良くなった印象こそ受けないものの、着実に上昇カーブを描いているのは何より。帰厩へ向けた最終段階へ入っています」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。放牧3時間。

○当地スタッフ 「3月19日(木)以降は屋外で日を浴びるように。これまでもストレスを溜め込んだ様子を見せなかったとは言え、適度な気分転換も図れるでしょう。安静に努めている間は、悪い変化さえ生じなければ大丈夫。獣医師の指示に従って接するのみです」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「3月19日(木)に乗り運動を開始。20日(金)も違和感を覚えなかった為、21日(土)にダクを取り入れました。23日(月)よりハッキングも交える形。元々が跛行も生じていなかったものの、傷を負った箇所を含めて今のところは大丈夫でしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは18日にグリーンウッドへ。背腰に疲れが残る為、ショックウェーブ治療を行っていますが、脚元等は大丈夫そう。ひとまずはレースの疲れをしっかり取り除くことに専念してもらえればと思います。

クラージュはまだまだ心身の幼さを感じさせますが、こと調教に関しては悠々と対応。順当に良くなっていると思うので、来月半ばまでには厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

ユリシスはサンシャイン放牧で療養と共にリフレッシュ中。近々、患部のレントゲンを撮ることになっているので、そこで良好な回復ぶりが確認できることを願っています。

ドミニオンはコースには出していないも、この中間から騎乗運動を再開。右前脚の蹄球の傷もぶり返してはいません。おそらく現在はコースへ連れ出していると思いますが、焦りは禁物。馬体のボリュームをキープしながら、徐々に負荷を高めていってもらえればと思います。

2020年3月24日 (火)

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_6 ロードベイリーフ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4月4日(土)中山・3歳1勝クラス・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○森田調教師 「ドバイへ遠征するメンバーに加え、中京と中山で重賞が行なわれる日。候補に挙げた阪神のレースは、適当な鞍上が見付かりません。翌週の中山ならば三浦騎手が乗れそう。こちらへ行きましょう。3月18日(水)は普通キャンター。順調です」

Photo_6 トルネードフラッグ

3月19日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.1-68.8-53.8-39.5-12.5 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒5先行して0秒1遅れ。短評は「時計以上の動き」でした。3月28日(土)中京・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに西村淳也騎手で予定しています。

○田代調教助手 「3月19日(木)は次走でコンビを組む西村淳也騎手を背にウッドへ。まだ目一杯とは違うものの、相応に気合いを付けています。デビュー前と比べれば多少しっかり。一方、もっとボリュームも増せば・・・。良化の余地を多分に残す印象です」

≪調教時計≫
20.03.19 西村淳 栗CW良 85.1 68.8 53.8 39.5 12.5 馬なり余力 ストーンリッジ(3歳オープン)馬なりの外0秒5先行0秒1遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベイリーフは今週末の阪神・芝1400mも視野に入れていましたが、検討の結果、来月4日の中山・芝1600mへ回ることに。距離は1400mが1番良いかと思いますが、小回りでトリッキーな中山は先行力が生きるかもしれません。昇級しても相手なりに走れると思うので、何とか内枠を引き当てたいです。

トルネードフラッグは今週末の中京・ダ1800m(牝馬)を予定。馬体はフックラしてきた欲しいようですが、動き自体は良好。1度実戦を経験した慣れは見込めそう。先々を睨むと逃げではなく好位からの競馬を心掛けて欲しいです。

2020年3月12日 (木)

立て直した効果で雰囲気は良かったも、このメンバー相手に押し切るとは正直ビックリ。後続を待たずに早めに仕掛けていった鞍上の好騎乗が光る。☆ロードベイリーフ

2020031600

Photo_6 ロードベイリーフ(牡・森田)父ヴァンセンヌ 母ショウナンアオバ

3月8日(日)阪神5R・3歳未勝利・混合・芝1600mに池添Jで出走。16頭立て3番人気で3枠6番から平均ペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒1差で優勝。初勝利を飾りました。馬場は稍重。タイム1分35秒6、上がり35秒4。馬体重は2キロ減少の486キロでした。

○森田調教師 「スパッと切れるよりは、長く脚を使うイメージ。早目に動いて後続を封じに行った・・・と乗り役は述べていました。相応のメンバーが集まった中で、3着以降を大きく離す格好に。立て直した効果が得られた印象です。戻って来た様子を見る限りは、さほど息も上がっていない感じ。まだ余力が残っていたのかも知れませんね。ようやく1つ勝ててホッと。レース後の状態を確認し、次のプランを考えましょう」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。前とは離れた2番手でスムーズ。直線に向いてすぐに先頭に立つと、直線は微妙に内にモタれながらもマルカエイペックスの追い上げを凌いで押し切った。レースが上手。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月29日(日)阪神・3歳1勝クラス・混合・芝1400mもしくは4月4日(土)中山・3歳1勝クラス・混合・芝1600mに予定しています。

○森田調教師 「これまでの戦績と父ヴァンセンヌを考えると、クラシックよりはNHKマイルCかな・・・と。2勝目を挙げてトライアルへ向かえればベターでしょう。脚元に疲れが出易いのは今までも同じ。回復具合も踏まえつつ、次走を絞りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相手関係よりも騎手の手配を優先して阪神のマイル戦へ出走してきたロードベイリーフ。粒の揃った前走で少し崩れてしまった後だったので、同じことは繰り返したくないなあと思っていましたが、再度のマイル戦で詰めの甘さが残ることから好走するイメージは沸いていませんでした。

パドックに登場したベイリーフはこれまで1戦ごとに馬体重を増やしてきていましたが今回はマイナス2キロ。前走は少し立派に見えたのでこれは良い傾向かなと。また、これまでパドックでチャカチャカする時もありましたが、今回は立て直してきた効果+無観客で適度な落ち着き。レース前の気配は良かったと思いますが、3番人気に支持されていたのは出資者でありながらちょっと買いかぶり過ぎではと思っていました。

今回もゲート出・二の脚共に上々。内から主張すればハナへ行けるほどでしたが、競り合うことなく行きたい馬を先に行かせ、少し離れた2番手で追走。池添Jは実戦で初めてベイリーフに跨ることになりましたが、変に引っ張ることなく、当たりの柔らかい騎乗ぶり。3角過ぎから徐々に前との差を詰めていき、直線を向いて内回りと外回りの合流地点あたりで早くも先頭へ。少し内へモタれる素振りを見せるも、ラチを上手に頼らせることでリカバー。残り200mからハミをかけ直して追い出すと、じわじわと粘り腰を発揮。外からマルカエイペックスが懸命に追いすがるも、1馬身ほどの差をなかなか詰めさせず、着差以上に余裕を持ってゴールへ。抜けた馬はいなかったも、前走で2着に来ている馬が5頭いたメンバー構成でマイルを勝ち切るとは嬉しいよりもビックリの気持ちが大きかったですし、ベイリーフにはごめんなさいと思いました。また、池添Jとは手が合いそうと勝手に思っていましたが、さすがの好騎乗だったと思います。

レース後のベイリーフですが、相応の疲れは残っているようですが、ひとまず続戦の方向。NHKマイルCを目指していきたいようですが、仮に出走できたとしてもその頃には状態面でのお釣りは残っていないでしょうから、個人的にはこれまでどおり成長を促しながら、大事に使っていってもらいたいです。

スパッと切れる脚はないも、スタートを含めてレースが上手なロードベイリーフ。距離はこれから短い方へシフトしていった方が良いとは思いますが、今回のような競馬を繰り返していけば大崩れはない筈。昇級戦となる次走後もタフな競馬を経験しつつ、地道に力を付けていってくれればと思います。また、今回の勝利で出資しているロード・3歳牡馬勢では初めての勝ち上がり。上の世代の牡馬は勝ち上がることが出来なかったので、正直ホッとしました。

2020年3月 8日 (日)

良いスピードを秘めるも、マイルだと詰めの甘さが目立つ現状。今回はしっかり休ませて立て直した効果+手が合いそうな騎手を配して、これまでと違った面を見せることが出来るかどうか。★ロードベイリーフ

2020011600_20200307061501

Photo_6 ロードベイリーフ(牡・森田)父ヴァンセンヌ 母ショウナンアオバ

3月8日(日)阪神5R・3歳未勝利・混合・芝1600mに池添Jで出走します。3月4日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.5-67.9-52.6-38.5-12.6 6分所を強目に追っています。併せ馬では強目の相手の外を0秒5先行して0秒4先着。追い切りの短評は「一息入れ立て直す」でした。発走は12時20分です。

○森田調教師 「3月4日(水)はウッドで。これで十分に態勢は整ったでしょう。相手関係だけを考えれば中京の方が恵まれそう。ただ、枠順に影響されるコースです。適当なジョッキーも見当たらぬ状況。池添騎手との新コンビで阪神へ向かおうと思います」

≪調教時計≫
20.03.04 助手 栗CW良 84.5 67.9 52.6 38.5 12.6 強目に追う チェルアルコ(3歳新馬)強目の外0秒5先行4F付0秒4先着

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神4日目(03月08日)
5R 3歳未勝利
芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ストロングバング 牡3 56 国分優作
1 2 ラウンドレイ 牡3 56 鮫島良太
2 3 エトワールミノル 牡3 53 泉谷楓真
2 4 ゼットグローリ 牝3 54 太宰啓介
3 5 トーホウラデン 牡3 56 福永祐一
3 6 ロードベイリーフ 牡3 56 池添謙一
4 7 アドマイヤパンドラ 牝3 54 幸英明
4 8 マルカエイペックス 牝3 54 和田竜二
5 9 ユメイッキ 牡3 56 松田大作
5 10 ルヴュー 牡3 56 松山弘平
6 11 ノーセキュリティ 牡3 56 古川吉洋
6 12 スマートルシア 牝3 54 藤岡佑介
7 13 ムーンライト 牝3 54 川田将雅
7 14 スワッグレコード 牡3 54 団野大成
8 15 ダブルアンコール 牝3 54 水口優也
8 16 タツオウカケンラン 牝3 54 岩田康誠

○森田師 「いつもそんなに負けていない。放牧に出していたが、仕上がりはいいし、メンバー次第のところまできているからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦以来、堅実な走りを見せてくれているロードベイリーフ。前走は6着と初めて掲示板を外すことになってしまいましたが、相手が揃っていたというのもありますし、マイルを正攻法で押し切れるほどの地力はなし。良いスピードは認めるところなので、1400m以下に狙いを定めて欲しいというのが個人的な希望です。マイルを使うのなら1200mを試して欲しいです。

ですので、今回は適当な騎手が見当たらない+枠に左右されない条件ということで、再度マイルに使ってきたことは正直『う~ん』といった感じ。期待はこの次かもしれません。ただ、これまで短期放牧を重ねながら使ってきたことで目に見えない疲れが取れないままレースを走っていた節もあります。それに対して今回はしっかり休ませたので、立て直した効果は見込める筈。未勝利のレベルも少しずつ落ち着いてきたと思うので、どこまで食い下がることが出来るか。全くのテン乗りになりますが、好位で脚を溜めるのが上手な池添Jとのコンビも魅力です。

相手関係に目をやると、ベイリーフと同様に詰めの甘さを抱える馬が多い印象。力も拮抗していると思います。展開等でも着順は変わってくることでしょう。まあ、今回もマイルで案外な結果に終わったとしたら、この距離へ使うことはなくなると思うので、それはそれでベイリーフの将来には良いことでしょう。今回に関しては肩肘を張らず、第3者の目線でレースを楽しみたいと思います。

2020年3月 2日 (月)

ロードなお馬さん(3歳牡馬)

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「冬毛に覆われて冴えない姿に映るのは、少し前まで真冬の北海道で過ごしていた影響で仕方が無いでしょう。でも、トレーニングについては無難にクリアできており、18-18も交えています。順を追って負荷を高めるのみ。ここまでは計画通りです」

Photo_6 ロードベイリーフ

2月26日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に54.1-39.0-25.2-12.6 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒5先行して0秒3先着。短評は「坂路コースで入念」でした。3月8日(日)阪神・3歳未勝利・混合・芝1600mもしくは3月8日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝1400mに予定しています。

○森田調教師 「2月26日(水)は及第点。一追い毎に順当に上向いていると思います。順調に運べば次週にゴーサインを出せそう。距離はマイルでも1400mでも対応が可能です。2鞍を両睨みで。鞍上の兼ね合いも踏まえて絞り込むのがベターかも知れません」

≪調教時計≫
20.02.26 助手 栗東坂稍1回 54.1 39.0 25.2 12.6 一杯に追う ワンダースアダーオ(3歳未勝利)一杯に0秒5先行0秒3先着

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュは冬毛が伸びて見た目は悪いようですが、普通キャンターまでペースアップして乗り込み中。元々身体能力は高いので、これぐらの乗り運動はへっちゃら。ただ、骨折した事実はあるので、脚元のケアは怠らないようにお願いします。

ベイリーフは坂路で終い甘くなることが多かったですが、26日の追い切りは辛抱できているのは好感。ひと追い毎に上向いている様子で来週の出走へGOサインが出ています。阪神と中京の両睨みですが、やはり相手関係が楽になりそうな後者に使えるように段取りを組んでもらいたいです。

2020年2月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードセッション

2月20日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-40.1-26.1-13.3 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月29日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1800mに和田竜二騎手で予定しています。

○高橋調教師 「時折、息遣いに違和感を覚える場面も。念の為に2月20日(木)の追い切りで、走行時の喉の動きを確認しました。結果的に大きな問題は無し。来週へ向けて進めましょう。和田竜二騎手と予定を擦り合わせ。土曜日のレースへ向かう方針です」

≪調教時計≫
20.02.20 助手 栗東坂良1回 54.6 40.1 26.1 13.3 強目に追う

Photo_6 ロードベイリーフ

2月19日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.5-39.6-26.2-13.3 末強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○森田調教師 「2月19日(水)は坂路で。ある程度は気合いを付けて行きました。まだ幾らか緩さが感じられる状態。そのあたりは一息を入れた分かも知れませんね。出走態勢を整えるまでには、もう少し本数が必要かな・・・と。レースは再来週以降でしょう」

≪調教時計≫
20.02.19 助手 栗東坂良1回 53.5 39.6 26.2 13.3 末強目追う

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末の出走を予定しているセッション。喉に違和感を感じて検査をしたようですが、喉が荒れているとのこと。治療を行いつつ、出走態勢を整えています。ガラッと変わってくるのは難しいかもしれませんが、2戦目はレースの流れに乗せていって、最後まで脚を繰り出してもらいたいです。

帰厩してまもないベイリーフは16日に早速坂路で意欲的な時計をマークし、19日も全体の時計はマズマズ。元々攻めでピリッとした動きを見せない馬ですが、ラスト1ハロンは時計を要し気味。これまでと違い、じっくり疲れを取り除いてきたことで、馬体の緩めが大きいのでしょうし、重めが残っているんだと思います。まあ、意欲的に攻めることが出来ているのでひと追い毎の上昇度は大きい筈。レース当日しっかり動けるように造っていってもらいたいです。

2020年2月16日 (日)

12日に栗東・森田厩舎へ帰厩しています。☆ロードベイリーフ

2019121400

Photo_6 ロードベイリーフ(牡・森田)父ヴァンセンヌ 母ショウナンアオバ

2020.02.13
2月12日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○森田調教師 「1ヶ月ちょっとの放牧期間を経て、すっかり疲れは取り除けた印象。順調に乗り込めていた最近の様子を踏まえて、2月12日(水)に再び厩舎へ戻しています。事前に触れた通り。中京にも番組は組まれるものの、阪神をメインに据えましょう」

2020.02.10
京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○森田調教師 「順当に回復を遂げている様子。リフレッシュして馬自身は元気一杯ですね。コース状態の悪い京都は見送るものの、阪神開催では戦列復帰させたいところ。移動スケジュールの調整に入っており、そう遠からずにトレセンへ・・・と考えています」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で6着に敗れ、優先権を逃してしまったロードベイリーフ。その為、今回の放牧はじっくり進めてきましたが、右前の球節のケアを行い、馬体のボリュームも回復。乗り込みを重ねることでじわじわ状態を上げてくることが出来ました。これまでの単なるリフレッシュだけでなく、心身の成長も少なからず促すことは出来たのかなと思います。

そして宇治田原優駿STで森田師の視察を受けたベイリーフは13日に栗東へ。馬場の悪い京都はパスして、次の阪神開催での復帰を目指すことになりました。ただ、芝1400mという条件が少ないのが悩ましいところ。来月8日なら中京で1鞍組まれてはいますが…。早めに1勝をと考えるのなら、ダ1400mへ向かうのもありかなと思います。ダ1400mなら毎週1鞍は組まれていますから。また、芝1600mは相手がグッと強くなりますし、好走出来たとしても勝ち切るのは容易ではありません。陣営が次走にどこを選んでくるのか楽しみでもあり不安でもあります。

2020年2月 9日 (日)

ロードなお馬さん(3歳・栗東近郊組)

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「ここに来て坂路調教もスタート。まだペース自体は非常に緩やかですけどね。トモに幾らかパワーが足りぬ印象。その部分の強化も念頭に進めて行ければ・・・と思っています。藤岡先生は定期的に来場。意見を交わしながら取り組みましょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ「現在の馬体重が505キロ。乗り進めながら徐々にボリューム回復も図れているでしょう。しっかりとアイシングを行ない、ひとまずは脚元も落ち着いた状態。コンディションは安定しており、週2回の割合で速いペースを・・・と考えています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体に関しては順調に回復が見られるフェローズ。現在は普通キャンターで脚慣らしをしていますが、まもなく負荷を高めてみる様子。緩やかな乗り込みでは良化度は遅いと思うので、甘やかすことなく、体力アップを目指していってもらいたいです。

ベイリーフは淡々と与えられたメニューを消化中。本数を重ねることでじんわり上向いています。森田師は定期的に視察に来ているようですが、牧場スタッフとの連携を密にして良い状態で帰厩できる段取りをお願いします。

2020年1月30日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・栗東近郊組)

Photo_6 ロードセッション

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ「運動量を増やすと共に、ペースも速めるように。着実にステップアップが図れており、今のところは概ね順調だと思います。今週末ぐらいにはハロン15秒レベルまで課せれば・・・と。滞在は短期間の見込みだけに、積極的に乗り進めましょう」

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「ここに来て坂路調教もスタート。まだペース自体は非常に緩やかですけどね。トモに幾らかパワーが足りぬ印象。その部分の強化も念頭に進めて行ければ・・・と思っています。藤岡先生は定期的に来場。意見を交わしながら取り組みましょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ「現在の馬体重が505キロ。乗り進めながら徐々にボリューム回復も図れているでしょう。しっかりとアイシングを行ない、ひとまずは脚元も落ち着いた状態。コンディションは安定しており、週2回の割合で速いペースを・・・と考えています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セッションは先週の見立て通りにスムーズにハロン18秒までペースアップ。特に疲れ・反動は見られないので、週末にはハロン15秒まで負荷を高める予定。しっかりしてくるのは時間が掛かるでしょうが、鍛え上げて行くことで成長を促すことが出来ればと思います。

馬体の回復を優先していた為、フェローズの乗り込みは緩やかですが、この中間から坂路での乗り込みを開始。トモを中心に非力さが残るので、普通キャンターでひとまず地道に乗り込んでいってもらえればと思います。

セッション・フェローズより早めの始動でキャリアを重ねている分、ベイリーフは完成度の高さは感じますが、伸びシロはまだまだ残している筈。スピードを秘め、良い先行力があるので、それがより生きる舞台を再度検討してもらえればと思います。1200mでも十分対応できると見ています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ