2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「トルネードフラッグ」の48件の投稿

2019年12月 9日 (月)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

12月4日(水)良の美浦・ニューポリトラックコースで3ハロン42.4-13.1 8分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。当初のプランを変更して12月14日(土)中京・3歳上1勝クラス・混合・ダ1800mもしくは12月15日(日)中京・3歳上1勝クラス・ダ1900mもしくは12月15日(日)中京・3歳上1勝クラス・若手騎手限定・ダ1800mに予定しています。

○新開調教師 「12月4日(水)はポリトラックでサラッと。締まったシルエットに映るものの、ここに来て数字的には十分戻ってくれました。中山4週目まで間隔を開けるよりも来週の競馬へ向かった方が良さそう。適鞍が多く組まれる中京への参戦を考えましょう」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 美南P良 42.4 13.1 馬なり余力

Photo_6 ロードフェローズ

12月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.9-39.4-25.3-12.8 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して0秒4遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。12月21日(土)中山・2歳新馬・芝2000mもしくは12月28日(土)中山・2歳新馬・混合・芝2000mもしくは12月28日(土)阪神・2歳新馬・混合・芝2000mに予定しています。

○藤岡調教師 「12月4日(水)は53秒9。だいぶ時計を詰めており、最後まで踏ん張りました。幾らかフォームがバラ付くものの、乗り込みを重ねるに連れて良化。もう一歩・・・と言った感じですね。年末には使いたい気持ち。東西の2000mを見据えましょう」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 栗東坂良1回 53.9 39.4 25.3 12.8  一杯に追う クレイス(2歳新馬)一杯に0秒1先行0秒4遅れ

Photo_6 トルネードフラッグ

12月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.3-39.1-25.7-13.0 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒3先行して首遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「12月4日(水)は53秒3。しっかり負荷を掛けています。馬場が重くてラストは幾らか時計を要した格好ながら、段々と前向きさも出始めたように一定の評価は与えられそう。良いリズムで進んでおり、この調子で上昇カーブを描ければ・・・」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 栗東坂良1回 53.3 39.1 25.7 13.0 一杯に追う ディメンシオン(古馬オープン)馬なりに0秒3先行首遅れ

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体重の回復が遅れているロードダヴィンチですが、この中間の調整は軽めに止め、回復を優先。喉の負担を考えると、若干細めの方がむしろ良いかもしれません。また、状態に関しては不安はないので、週末の中京へ矛先を変えています。

ロードフェローズは相変わらず渋い時計しか出ませんが、この馬なりにじんわり良化中。トモの緩さが目立つ中でしっかり負荷を掛けることが出来ているのは○。調教量は足りているだけにあとは藤岡師のGOサイン町です。

トルネードフラッグはもう少し踏ん張って欲しいというのが率直なところですが、全体時計は水準のものはマークできるように。ゆくゆくは芝の短距離での活躍を期待するも、パンとするまではダート中心で番組を選んでいった方がベターな印象。また、現状ではスパッと切れる脚は使えないと思うので、スピードの持続力を生かした競馬で他馬を封じてもらいたいです。

2019年12月 1日 (日)

ロードなお馬さん(2歳牝馬)

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「先週一杯はウォーキングマシン内の歩行運動まで。輸送等の疲労を十分に取り除いた上で、11月25日(月)に角馬場へ連れ出しています。手始めにダク、ハッキングで歩様をしっかりとチェック。日々の気配を探りつつ、次の段階へ進めましょう」

Photo_6 トルネードフラッグ

11月28日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン69.7-53.9-38.7-12.0 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して0秒2遅れ。短評は「気合乗り上々」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「11月28日(木)はウッドへ。長目から息を作りつつ、終いを伸ばしています。トモに緩さが残る分だけバランスの整い切らぬ感じの走り。でも、初めてなのを考えれば及第点です。徐々に良化。本数を積みながら出走プランを検討しましょう」

≪調教時計≫
19.11.28 岡田祥 栗CW良 69.7 53.9 38.7 12.0 馬なり余力 リンドブラッド(2歳新馬)馬なりの内0秒6追走0秒2遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レインドロップスはこの中間もウォーキングマシンのみの運動に止めて、回復を優先。そして25日から角馬場で軽く動かしています。まもなくコースへ連れ出すでしょうが、目に見えない疲れが残っていないかをしっかりチェックして次のステップへ踏み出してもらえればと思います。

トルネードフラッグはこれまで坂路オンリーで時計を出してきましたが、28日の追い切りでは初めてWコースへ。もう少し末が伸びて欲しい気はしますが、初めてだったことを考慮すれば悪くありません。態勢が整うのにもう少し時間は掛かりそうですが、焦ることなく自分のリズムで前進していってもらえればと思います。

2019年11月22日 (金)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・入厩組)

Photo_6 トルネードフラッグ

11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.6-38.8-24.6-12.3 一杯に追っています。併せ馬では末強目の相手に0秒8先行して0秒4遅れ。短評は「この一追いで良化」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「11月20日(水)は相応の時計に。乗り手の体重が軽かったのは一因かも知れません。でも、段々と動けるように。少しずつ素軽さを増していると思います。今後はトラックコースでの追い切りも交え、その過程で適性等を見極められたら・・・」

≪調教時計≫
19.11.20 岩田望 栗東坂良1回 53.6 38.8 24.6 12.3 一杯に追う この一追いで良化 ミヤマザクラ(2歳1勝)末強目に0秒8先行0秒4遅れ

Photo_6 ヴィースバーデン

11月19日(火)稍重の栗東・坂路コースで1本目に63.1-45.5-29.7-14.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.3-40.9-27.4-14.5 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒2追走して1秒0遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。12月8日(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)・国際・牝馬限定・芝1600mに和田竜二騎手で予定しています。

○辻野調教助手 「2週間ぐらいの放牧だったものの、良くも悪くも気持ちが緩んだ感じ。11月20日(水)は本来の前向きさに乏しい走りでした。仕上げを進めて行く中で、ピリッとした面が戻れば・・・と言った印象。前日のエリカ賞にも登録しようと思います」

≪調教時計≫
19.11.19 助手 栗東坂稍1回 63.1 45.5 29.7 14.2 馬なり余力
19.11.20 助手 栗東坂良1回 56.3 40.9 27.4 14.5 一杯に追う ロータスランド(2歳1勝)馬なりを0秒2追走1秒0遅れ

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

時間を掛けながらジワジワ上昇を遂げているトルネードフラッグ。20日の追い切りは体重の軽い岩田未Jを背に坂路でミヤマザクラとの併せ馬を消化。その模様を映像で見ましたが、最後は脚力の差が出て遅れてしまいましたが、この馬なりに最後まで渋太さを発揮。軽い岩田未Jが跨っていたとはいえ、及第点の動きだと思います。

ヴィースバーデンは淡々と追い切りを重ねていますが、動きには物足りなさを感じます。これからジワッと上向いてくれれば嬉しいですが、寒い時季はそれほど良くないのかもしれません。

2019年11月19日 (火)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 シグナライズ

11月13日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.7-40.0-26.0-13.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中京・鳥羽特別・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「11月13日(水)は軽く仕掛けるような内容でした。中京2週目に組まれる芝1200m戦へ向けて仕上げを進める方針。以前に4着と好走した実績からも、コースは問題ないでしょうからね。ここまでは概ね順調。ジョッキーの選定に入りましょう」

≪調教時計≫
19.11.13 助手 栗東坂良1回 54.7 40.0 26.0 13.0 馬なり余力

Photo_6 ロードユリシス

11月13日(水)良の栗東・芝コースで6ハロン81.5-64.7-50.0-36.8-12.1 4分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒3先行して首遅れ。短評は「末の粘りひと息」でした。11月24日(日)京都・2歳未勝利・芝1600mに予定しています。

○高野調教師 「適性に確信を持ちたいな・・・と。11月13日(水)も芝コースへ入れました。しっかりハミを取って駆けていた印象。悪くないですね。以前に比べて気性も幾らか真面目に。順調でしょう。G1レースの裏開催ながら、上位の騎手を配せれば・・・」

≪調教時計≫
19.11.13 助手 栗東芝良 81.5 64.7 50.0 36.8 12.1 一杯に追う ハーツクリスタル(2歳新馬)一杯の外0秒3先行首遅れ

Photo_6 トルネードフラッグ

11月14日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に56.6-40.8-25.9-12.6 馬なりに乗っています。併せ馬では強目の相手を0秒6追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○荻野調教助手 「11月8日(金)にゲート合格。ひとまずは第一段階をクリア出来ました。レース出走へ向けて在厩で調整を続け、14日(木)は軽く気合いを付ける内容。馬自身は段々しっかり・・・そんな印象ながら、もう少しの間は下地作りが必要でしょう」

≪調教時計≫
19.11.14 助手 栗東坂良1回 56.6 40.8 25.9 12.6 馬なり余力 サマービート(2歳未勝利)強目を0秒6追走同入

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

復帰戦は中山の芝orダ1200mのどちらかかなと見ていたシグナライズですが、よくよく見ると暮れの中京開催に鳥羽特別(芝1200m)という適鞍がありました。4走前に4着と健闘した舞台。冬の開催なので風の影響で幾らかでも時計が掛かってくれれば面白いでしょう。ただ、前走が最下位に沈んだ大敗。精神面が鍵になる馬なのでしっかり立ち直っているかは気になるところです。

ロードユリシスは日曜京都の芝1600mへ。芝は大丈夫だと思いますが、外へ逃げ加減など気性面の幼さがまだまだ残るので、1600mよりも距離を縮めた方がベターなのかなと思います。スタートは速い馬ですし。まあ、週末の走りをまずは見てみましょう。

トルネードフラッグはゲート試験合格後、クタッとくることを覚悟していましたが、今のところは我慢出来ている様子。14日の坂路での追い切りは全体時計こそ地味も、良い感じで追走して併入することが出来ています。暮れの阪神開催の番組表を見ると、12月7日に芝1400m、15日にダ1400mと2鞍牝馬限定戦が組まれています。このまま順調に仕上がって行けば、どちらかでのデビューかなと見ています。

2019年11月13日 (水)

時間は掛かりましたが、8日にゲート試験に初挑戦。無事合格しています。☆トルネードフラッグ

201910_20191113054701

Photo_6 トルネードフラッグ(牝・藤原英)父キングカメハメハ 母ハリケーンフラッグ

2019.11.08
11月8日(金)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。

≪調教時計≫
19.11.08 助手 栗東E良 12.7 12.0 14.3 ゲート強目

2019.11.07
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○荻野調教助手 「追い切りも交えながら、体力アップを図る現状。今のところはヘコ垂れず、何とか踏ん張っていますね。さすがに急激には変わらぬものの、少しずつスタートも出られるように。来週ぐらいに試験を受けられたら・・・。そのぐらいの段階です」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの緩さが原因で体力強化を図りつつ、ゲート練習に取り組んできたトルネードフラッグ。一旦放牧に出して成長を促してきましたが、なかなか解消に至っていませんが、それでも少しずつは良化。7日のコメントでは翌週くらいにゲート試験に挑戦できればという感触でしたが、8日に練習を兼ねてゲート試験に挑戦したんだと思います。

そしてその結果が合格。ゲートからの時計を見ると、出は普通で二の脚は上々。トモの緩さを残す現状でこれぐらい動けるのは素質・センスを秘める証拠だと思います。今後については一旦放牧を挟みそうな感じはしますが、そこは厩舎力の高い藤原英厩舎なので適切な判断をしてくれるものと思います。何とか第一関門をクリアでき、正直ホッとしています。

2019年11月 7日 (木)

シルク&ロードなお馬さん(2歳未デビュー馬・入厩組)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:30日に坂路コースで追い切り
・次走予定:京都11月17日・メイクデビュー京都・芝2000m

高野師「30日に坂路で追い切りました。2歳1勝クラスの馬と併せ、追走し、途中から併せていきましたが、最後は先着してくれました。まだ自分からグッとハミを取っていくほどの前向きさは見られないですが、動きそのものは悪くなかったですし、レースまで後2週あることを考えれば上々の内容だったと思います。涼しくなってコンディションが上がってきましたし、これからドンドン良くなってきそうですね。兄達は年齢を重ねて良くなっていることから、本馬も大事に育てていけば先々は良い競馬をしてくれるのではないかと期待しています」(10/30近況)

助 手 27栗坂稍 57.4- 41.0- 26.0- 12.5 馬なり余力 ネブロシティ(二未勝)馬なりに0.1秒先行同入
助 手 30栗坂稍 53.9- 39.2- 25.4- 12.7 一杯に追う コスミックエナジー(二歳1勝)一杯を0.1秒追走0.2秒先着

Photo_6 トルネードフラッグ

2019.10.30
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○荻野調教助手 「乗り込みを重ねつつ、並行してゲート練習も。枠入りと駐立は大丈夫ながら、後肢にパワーが備わり切らず・・・。その分だけダッシュが利きません。あまり無理を強いると大きな反動が出る可能性も。試験へ臨むタイミングを慎重に探ります」

≪調教時計≫
19.10.31 岡田祥 栗東坂良1回 53.5 39.1 25.8 13.5 一杯に追う レッドアクトレス(古馬1勝)馬なりに0秒2先行同入

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハーツクリスタルは水準級の時計をマーク出来ていますが、まだ自分から走ろうとする気持ちが薄い感じ。若さが多分に残っています。デビュー時期を見直す感じはないので、早目に1度使ってみて、競馬とはこういうものだと教えることになりそうです。

トルネードフラッグはまだまだトモのパワーが不十分。そこさえ良くなってくれればスムーズに運んでいくと思うのですが…。まだまだ時間が掛かりそう。また、追い切りに関しては週2本時計を出さない代わりに、週1本坂路でしっかり負荷を掛けています。終いの踏ん張りがやはり物足りないですが、全体の時計自体はマズマズです。

2頭共に良い素質を秘めていると思いますが、本当に良くなってくるのは3歳春以降でしょうねえ。

2019年10月29日 (火)

ロードなお馬さん(牝馬・入厩組)

Photo_6 トルネードフラッグ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○荻野調教助手 「まだトモに緩さが感じられる状態。育成場で成長を促しつつ入念に乗り込んだものの、なかなか急激には変わらぬ部分かも知れませんね。ある程度は時間を掛けながら、じっくり取り組むのが良さそう。体力強化を念頭に進めて行きましょう」

≪調教時計≫
19.10.24 北村友 栗東坂重1回 55.0 39.8 25.8 12.7 一杯に追う グレートウォリアー(古馬2勝)馬なりに頭先着

Photo_6 レインドロップス

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○安田調教師 「入厩後はゲート中心。枠入りと駐立までは大丈夫ですね。一方、スタートは反復が必要。試験合格へ向けて訓練しましょう。小柄なタイプ。今のところは何とか食べているものの、ペースを速めた後に飼い葉が落ちないか・・・。注意を払います」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トルネードフラッグは心身の成長を促してきたとはいえまだトモに緩さを感じられる現状。ひとまず淡々と乗り込んでいき、地道な体力強化が必要です。脚力は良いモノを秘めていると思うのですが。

第一関門のゲート練習を優先して行っているレインドロップス。素直な馬なので枠入り・駐立は問題。あとはスタートダッシュですが、練習を重ねながら体に染み込ませていってもらえればと思います。また、ゲート試験に合格すれば、心身のリフレッシュの為に短期放牧に出すことを選択肢の1つとして用意しておいて欲しいです。

2019年10月23日 (水)

19日に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。☆トルネードフラッグ

201909_20191022060202

Photo_6 トルネードフラッグ(牝・藤原英)父キングカメハメハ 母ハリケーンフラッグ

2019.10.21
10月19日(土)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○当地スタッフ 「トラックでの稽古も取り入れ、最終的には結構な運動量を消化。何とか最低限の形は作れたかな・・・と思います。検疫馬房のキャンセル分が確保できた模様で、先週末にトレセンへ向けて無事に出発。あとは厩舎スタッフに任せればOKです」

2019.10.15
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ウチへ来た当初と比べれば、トモの感じは随分と良化。乗り込みの成果は得られているものの、まだ上昇の余地も多分に残しています。これだけピッチを速めても、テンションが上がる様子は無し。普段から大人しくて、本当に扱い易いです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの力強さに欠け、良化スピードも遅かったことから、ゲート試験を受ける前に外厩で鍛え直しを通告されたトルネードフラッグ。それから約2ヶ月の間、コツコツと乗り込みを重ね、最終的に週2回は14-14の調教をこなしていたようなので、少しずつでも逞しさが出てきたのかなと思います。あとは厩舎から声が掛かるのを待つのみでしたが、検疫馬房を確保できたことから先週末に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。

まずは久々のトレセンの環境に慣れてもらい、中途半端の状態でやり残してしまったゲート練習を仕上げてもらえればと思います。素直な性格の馬なので枠入り+駐立は問題なので、あとはゲートからの出脚が付くようになれば。牧場での成果を発揮して、早目に試験が受けられるように頑張ってもらいたいです。

2019年10月15日 (火)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。10月2日(水)測定の馬体重は452キロ。

○当地スタッフ 「ショックウェーブを打った後の普通のレベルで右前脚がモヤ付き気味。冷却によるケアをしっかり施しつつ、60分間は歩かせています。獣医師の許可が下りた段階で騎乗トレーニングへ移る計画。早ければ今週中にそのタイミングが訪れると思います」

Photo_6 トルネードフラッグ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントに強目を交えながらも疲れた素振り等は無し。脚元が落ち着いた状態を保っているのも何よりです。及第点を与えられそう。このまま乗り進めて欲しい・・・と厩舎サイドから指示が出ており、調子を崩さぬように鍛錬を重ねます」

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。10月2日(水)測定の馬体重は444キロ。

○当地スタッフ 「必要以上に気持ちが乗ってしまいそうな様子だった為、この中間はハロン18秒ぐらいに敢えてセーブ。引き続き、身体面に心配な部分は認められず、あくまでもメンタルの整理が目的です。早ければ今週末にも出発の予定。準備を進めておきます」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シベールは脚元のケアを重点的に取り組んでいる現状。少しずつ良いほうへ進んでいると思いますが、騎乗トレーニングを開始する際には慎重さを期して欲しいですし、乗り出してからも焦りは禁物。とにかく症状がぶり返してくることは避けねばなりません。

トルネードフラッグは強めの調教を織り交ぜながら進めているようですが、脚元等に悪い変化はなし。この馬なりにしっかりしてきてくれています。あとはどのタイミングで帰厩できるかですが、コメントを見る限り、あと1ヶ月くらいはこちらで乗り込むことになるのかなと思います。

レインドロップスは近々入厩へ。その為、この中間は速い調教を手控えて余力を持たせています。また、乗り込みが進んできたことでピリッとしてきている様子。競走馬としてそれは悪いことではないので、必要以上にテンションが上がることがないようにだけ注意してもらえればと思います。

2019年10月 8日 (火)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo_6 シベール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「美浦から移った当初に比べると、ダメージを負った右前脚の反応は薄まっています。9月27日(金)には繋靭帯に対してショックウェーブ治療を実施。この先は1、2週間単位でウォーキングマシンの運動を続け、状況に応じて跨り始める方針です」

Photo_6 トルネードフラッグ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。週2回の割合で14-14ぐらいまで踏み込んでいますよ。体調自体は問題なし。本数を重ねて体力アップを求めるのみでしょう。藤原先生は定期的に来場。どの時点で帰厩のジャッジを下されるか・・・ですね」

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「9月24日(火)と27日(金)に15-15を消化しました。ペースを速めても余裕を持って対応できている他、適度な前向きさも感じられるように。考えていた通りにガラッと変わっています。扱い易い性格も魅力。このまま運べば楽しみな存在です」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シベールは引き続き無理を控えて患部のケアを優先中。もう少し時間は掛かるでしょうが、良い方へ向いているのも確か。獣医師に判断を仰ぎながら、じっくり進めてもらえればと思います。

パンとするには時間が掛かるであろうトルネードフラッグですが、この中間も意欲的な攻めを敢行。反動・疲れは見られず、この馬なりに丈夫さは増しています。栗東近郊なので定期的に視察を受けることが出来るのは何気に大きいと思います。

レインドロップスはこの中間からハロン15秒の調教へ1歩強化。速いところを乗ることで素質の片鱗が窺えるのは頼もしいです。あとは更に強い調教を課した時にどういう時計をマークできるか。怪我には十分気をつけながら今後も進めていって欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ