2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードクラージュ」の63件の投稿

2020年3月20日 (金)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。3月5日(木)測定の馬体重は479キロ。

○当地スタッフ 「先週は3月3日(火)と7日(土)に15-15のラップで駆けています。両日共に最後まで楽な感じだったように、及第点を与えられる内容。ここまでは順調そのものでしょう。様子を見ながら速いところも交える方針。慎重に段階を引き上げたいです」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。

○当地スタッフ 「舎飼い生活を続ける状況。依然として痛みは生じておらず、洗い場へ向かう際の歩様もスムーズです。春らしい暖かな気候へ変わりつつあるだけに、具合に応じてパドック放牧を取り入れるのも一案。今週か来週に改めてレントゲン写真を撮ります」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。引き運動15~20分。

○当地スタッフ 「歩行を20分まで延ばしたぐらい。生活スタイルに目新しい変化は生じていません。無理をせずにもう少しだけ我慢しましょう・・・との獣医師の指示に従っている状況ながら、依然として問題は浮かばないまま。次の段階へそろそろ進められるはずです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュはこの中間、トレセンの追い切りを意識した強めの調教を消化。時計は上々だと思いますが、右に張る面が見られたようにまだまだ若さを残す走り。また、急ピッチで進めている分、中身が伴っていないようですが、引き続き意欲的に攻めていってもらえればと思います。

ユリシスは先週と変わらず舎飼で療養中。骨折した箇所は軽度なので、痛みはなく、洗い場へ向かう際の歩様もスムーズとのこと。ストレスを発散する意味でパドック放牧は取り入れてもらいたいです。

ドミニオンは曳き運動の時間が5~10分ほど延びたぐらいで大きな進展はなし。思っていた以上に時間を要する怪我になってしまいましたが、獣医師に指示を仰ぎながら、現状は我慢の調整を続けていきましょう。

2020年3月12日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。3月5日(木)測定の馬体重は479キロ。

○当地スタッフ 「先週は3月3日(火)と7日(土)に15-15のラップで駆けています。両日共に最後まで楽な感じだったように、及第点を与えられる内容。ここまでは順調そのものでしょう。様子を見ながら速いところも交える方針。慎重に段階を引き上げたいです」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。

○当地スタッフ「輸送を無事に済ませ、3月4日(水)より管理を任されています。報告を受けていた右前脚については、熱感が若干認められる程度。冷却等を行なって回復に努めましょう。当面は馬房の中で安静に努める予定。獣医師の指示に従って接しましょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。引き運動10分。

○当地スタッフ 「右前脚の傷は概ね塞がっている様子。良好な経過を踏まえ、ここに来て引き運動へシフトしました。今のところは煩い面が窺えず、思ったより真面目な態度で取り組めている印象。他馬の出入りの少ない時間帯を選んだ部分も大きいかも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュは週2回ハロン15秒の調教を課しているも、へこたれることなく対応。非凡な脚力は認めるところ。あとは、去勢手術と骨折での休養によってどこまで気性が大人になってきてくれているか。難しいところが解消されていれば、復帰後ポンポンと勝ちを重ねることが出来るかもしれません。

ユリシスは島上牧場でワンクッション置く形になりましたが、4日に無事千葉・ケイアイファームへ。長距離輸送は問題なくこなしてくれましたが、患部にはまだ熱感が残るとのこと。まずは冷却等で患部の回復を促してもらえればと思います。

怪我に関してはさほど重く受け止めてなかったのですが、ドミニオンは1から立て直さないとダメなのかな? ひとまず傷は塞がったようですが、今後どういう調整過程を踏んでいくのか注視したいです。

2020年3月 8日 (日)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードユリシス

滋賀・島上牧場在厩。休養。当初のプランを変更して2月29日(土)に栗東トレセンより移動しました。3月4日(水)に千葉・ケイアイファームへ移動の予定です。

○当地スタッフ 「2月29日(土)にウチへ。高野先生から経緯を伝え聞いていた通り、やはり右前脚は幾らか熱っぽい感じですね。次なる移動へ向けたワンクッション。出来る限りのケアを・・・との話を踏まえ、炎症を抑えるべくアイシングを徹底しています

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月25日(火)と29日(土)にハロン15秒ペースを消化。トータルの本数が足りないのは事実ながら、ひとまずはスムーズな走りを見せているでしょう。今週も同様のパターンを行なうつもり。特に問題が生じなければ、移動時期を話し合います」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。

○当地スタッフ 「右前脚の蹄球の傷が回復へ向かっているのは確か。獣医師のアドバイスに従い、定期的に消毒を行なって清潔を保つ状況です。依然として馬自身は気にする素振りを見せていないとは言え、テンションが結構高い感じ。少しずつ動かし始めましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ユリシスは栗東のすぐ近くの島上牧場へ移動し、骨折箇所の治療に当たっています。そして4日に千葉へ移動予定ということなので、問題が生じてなければ千葉・ケイアイファームに到着していることでしょう。軽度の骨折なので熱感が取れれば乗り出せると思うで、ひとまず患部の治療・ケアに集中してもらえればと思います。

クラージュはこの中間、ハロン15秒の調教を2本消化。乗り込み量は足りていませんが、身体能力の高さで走り自体は問題なさそう。引き続き同パターンで調教を行うようなので、ここを乗り越えてくれればそう遠からず帰厩となるでしょう。

ドミニオンは獣医師の指示を受けながら、右前脚の蹄球の傷を対処中。ドミニオンは気にする素振りは見せていないも、テンションが上がっているのは気掛かり。折角、フックラして良い感じの馬体になってきていたのに、カイバ食いが落ちなければ良いのですが…。

2020年3月 2日 (月)

ロードなお馬さん(3歳牡馬)

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「冬毛に覆われて冴えない姿に映るのは、少し前まで真冬の北海道で過ごしていた影響で仕方が無いでしょう。でも、トレーニングについては無難にクリアできており、18-18も交えています。順を追って負荷を高めるのみ。ここまでは計画通りです」

Photo_6 ロードベイリーフ

2月26日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に54.1-39.0-25.2-12.6 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒5先行して0秒3先着。短評は「坂路コースで入念」でした。3月8日(日)阪神・3歳未勝利・混合・芝1600mもしくは3月8日(日)中京・3歳未勝利・混合・芝1400mに予定しています。

○森田調教師 「2月26日(水)は及第点。一追い毎に順当に上向いていると思います。順調に運べば次週にゴーサインを出せそう。距離はマイルでも1400mでも対応が可能です。2鞍を両睨みで。鞍上の兼ね合いも踏まえて絞り込むのがベターかも知れません」

≪調教時計≫
20.02.26 助手 栗東坂稍1回 54.1 39.0 25.2 12.6 一杯に追う ワンダースアダーオ(3歳未勝利)一杯に0秒5先行0秒3先着

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュは冬毛が伸びて見た目は悪いようですが、普通キャンターまでペースアップして乗り込み中。元々身体能力は高いので、これぐらの乗り運動はへっちゃら。ただ、骨折した事実はあるので、脚元のケアは怠らないようにお願いします。

ベイリーフは坂路で終い甘くなることが多かったですが、26日の追い切りは辛抱できているのは好感。ひと追い毎に上向いている様子で来週の出走へGOサインが出ています。阪神と中京の両睨みですが、やはり相手関係が楽になりそうな後者に使えるように段取りを組んでもらいたいです。

2020年2月20日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「右前脚に生じたソエは一過性の症状。トレーニングの再開に至り、早々にハロン18秒のキャンターも交えています。これまでの調教の積み重ねを考えれば、時間を掛けずに出発の準備が整いそう。厩舎側と具体的なタイミングを話し合いましょう」

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「遠からずに厩舎へ・・・との話を受けて、ハロン13秒レベルまで踏み込むように。及第点の動きを見せていますよ。検疫馬房が混み合っている模様で、具体的な移動スケジュールは未定。相応のデキに達しており、いつ連絡が届いてもOKです」

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月11日(火)に1周1800mのトラックへ連れ出し、現在はハロン20秒レベルのキャンターを消化しています。引き続き、跨った際に気になる点は浮かばないだけに、この調子で徐々にピッチを速めるつもり。獣医師の意見も参考に進めましょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ハロン18秒ペースのキャンターを入念に繰り返す形。出発に備えて現状を維持するイメージで構わないでしょう。約3ヶ月の放牧期間にそれなりの成長を遂げており、以前よりボリュームのある馬体に。西浦調教師の指示が届くのを待つばかりです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で右前脚のソエがぶり返してしまったユリシス。結構痛がる素振りを見せていたので、回復に時間を要してしまうかなと見ていましたが、症状は一過性だったようで回復へ。ぶり返す前は定期的にハロン15秒の調教を行っていたので、大きなロスには至らずに帰厩できることでしょう。ひとまずホッとしました。

フェローズは近々帰厩ということで、牧場でハロン13秒までペースアップした調教も消化。マズマズの動きを見せており、あとは出来るだけ足止めを出来るだけ食らわないように早めに検疫が回って来て欲しいです。

クラージュは1つ1つ段階を踏みながら負荷をアップ中。デビュー前から追い切りの時計・動きは目立っていたように心肺機能は高い馬なので、これぐらいの緩やかな調教は何てことないと思います。骨折箇所も落ち着いているようですが、去勢手術を行ったことによる変化がどうなのかが知りたいです。

ドミニオンもあとは西浦師から声が掛かるのを待つのみ。前走から約3ヶ月。良い成長を遂げているようなので次走がちょっと楽しみですが、前走が最下位負けという現実。脚が急に速くなることは考えにくいですし、レースでの変わり身は果たして期待できるのかなあ…。

2020年2月16日 (日)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードフェローズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「強目のトレーニングを課すように。ひとまずは無難な対応を見せており、その後も大きな反動は生じていません。脚元等にも不安は覚えぬ印象だけに、このまま本数を重ねて行くばかり。その過程で藤岡先生と移動プランを相談・・・でしょう」

Photo_6 ロードクラージュ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。2月6日(木)測定の馬体重は473キロ。

○当地スタッフ 「2月4日(火)にバトンタッチ。到着後の歩様チェックで違和感を覚えず、体温の上昇も認められませんでした。輸送の疲れを取り除いた上で、6日(木)に角馬場へ。ひとまずはダクとハッキングを繰り返し、様子を見ながらダートへ向かいます」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は480キロ。

○当地スタッフ 「先週は2月4日(火)に6ハロンの15-15を消化。相応に前向きさが窺えるなど、意欲的に稽古に臨めている部分に好感が持てます。厩舎サイドと移動日を相談中。馬運車が迎えに来るタイミングが近付いて来ただけに、健康管理を徹底しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フェローズは順調に攻めを強化中。ただ、トモの緩さ等は急に良くなる訳もないので…。レースを経験させていく中で力強さが加わってくれればと思いますが、それと同時に気持ちが悪い方へ向かないように気を配っていってもらいたいです。

千葉に到着したクラージュですが、体温の上昇等もなく、ひとまず良い雰囲気。角馬場で身のこなし等をしっかり確認の上、馬場での乗り込みを進めていってもらえればと思います。

ドミニオンは意欲的に乗り進めながら馬体重は480キロまで到達。素直に良い成長を遂げていると思いたいところですが…。次走で変わり身が見られるかどうか、ドミニオンの競走馬生活を左右するような1戦になってくるのかなと見ています。また、前向きさが出てきたのなら、距離は改めてマイルに戻してみて欲しいです。

2020年2月 5日 (水)

3日に北海道を出発して千葉・ケイアイファームへ移動中。☆ロードクラージュ

201903_20190621042401

Photo_6 ロードクラージュ(セ・安田隆)父ロードカナロア 母レディルージュ

2月3日(月)に三石・ケイアイファームを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。

○当地スタッフ 「騎乗トレーニングも交える形で約1ヶ月が経過。更に土台を固めて送れれば理想的ながら、ある程度の下地までは整いましたからね。時間が限られている部分も考慮。あとは千葉の分場で最終調整を行ない、その上でトレセン帰厩を目指す方針です(三石・ケイアイファーム)」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当初はもう少し北海道で乗り込み、下地を整えてから千葉へ移動する方針だったようですが、ロードクラージュは少し疲れを覗かせながらも意欲的に乗り込みを消化。未勝利という立場でもあるので、早目に移動させた方が賢明という判断に至ったと思います。

本日5日には千葉へ到着すると思うので、まずは長旅の疲れをしっかり癒してから帰厩へ向けての仕上げへと進んでいってもらいたいです。また、高いポテンシャルを秘めているのは確かなので、千葉での育成において去勢効果を感じることが出来れば一安心なのですが…。

2020年1月28日 (火)

ロードなお馬さん(3歳・ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードクラージュ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター2500~3000m→並脚300mもしくはポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「ちょっと飼い葉が落ち気味に。でも、このあたりは想定内ですね。胃薬を与えると同時に、調教内容にも微調整。その甲斐あって持ち直しています。このような流れを何度か繰り返すかも。日々の雰囲気を見ながら、メリハリを付けましょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週は1月21日(火)にハロン15秒のラップを刻む形。今までより長い距離を走らせてもスムーズに走り切っています。コンスタントに相応の負荷を掛けつつ、思い描いた通りに上昇カーブを描いている様子。2月の帰厩を考えても良さそうです」

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「1月21日(火)に15-15を行なった際もスムーズな走り。息遣いに重さが窺えるものの、元々がそう言った傾向を幾らか持つタイプ。喉の疾患とは全く異なる話です。この先はテンションが上がり過ぎないようにも注意。至って順調だと思います」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「1月27日(月)より18-18を織り交ぜるように。ピッチを速めて間も無い状況とは言え、ひとまずは悪い変化は何も浮かんでいません。もうしばらくの間は同様のパターンを続け、丁寧に土台を作る方針。精神面にも気を配りながら接しましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆

*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 

クラージュは負荷が高まるとカイ食いが落ちるところがあるようなので、ストレスを軽減しながら、その都度リカバーしていってもらえればと思います。

ドミニオンは少し馬体は成長してきている様子。また、乗り込みに関してはコツコツ乗り込んできた成果で、動きに余裕が出てきています。2月中の帰厩を視野に入れているようなの、声が掛かるまではじっくり鍛え込んでもらえればと思います。

レインドロップスはこの中間ハロン15秒の調教を課したようですが、息の入りは一息も、動き自体は良好。今後ピリピリしてきそうですが、操縦性に支障を来さないように注意していってもらえればと思います。

ユリシスはこの中間からハロン18秒の調教を開始。数を使ってきているのでこれぐらいの調教は楽々と対応できています。ただ、精神面での成長が顕著になってこないと、レースでの変わり身は見込めません。今一度、操縦性を高める方法を考えてもらいたいです。

2020年1月26日 (日)

ロードなお馬さん(3歳・ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードクラージュ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター2500~3000m→並脚300mもしくはポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「今のところはヘコ垂れずに頑張っています。ただ、長期ブランク明け。また、ハイペースで進めているので・・・。そろそろ疲れが出る頃合いかも。今月一杯ぐらいはメニューに幅を持たせつつ、柔軟なスタンスで対応するのがベターでしょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「1月14日(火)に15-15を行なっています。動きについて驚くような進歩は窺えないとは言え、調教を積みながら身体が成長して大きくなっている印象。最近は馬場状態が芳しくない日が多いものの、タイミングを見計らって本数を重ねましょう」

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「馬場状態を考慮して先週はピッチを速めなかったものの、計画に沿ってハロン17、18秒ペースをしっかりと積み重ねています。段々と具合は上向いており、負荷を高めても問題が無ければ移動時期を相談。可能な範囲で早目に準備を完了したいです」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「広いトラックでハロン20秒程度のキャンターを入念に繰り返しており、今のところは動きに関する課題は認められないままです。右後脚飛節に関節液が溜まり易い特徴を持っている馬。その点に十分注意を払いつつ、帰厩の態勢を整えて行きたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュは高い身体能力を誇る分、ハードな攻めにも対応できていますが、骨折明けという現実を踏まえ、疲れが出てしまう前にリフレッシュを挟んでもらわないといけません。日々の様子をしっかり観察していってもらえればと思います。

ドミニオンは動きに変化は見られないも、前回の計測で470キロ台へ増量できていました。コツコツ乗り込んできた効果は感じます。引き続き丹念な乗り込みを課して、馬体だけでなく精神面でも充実させていって欲しいものです。

レインドロップスは普通キャンターで乗り込み中。近々、強めの追い切りを課す予定でそこでの動きが良ければ、厩舎と帰厩へ向けての打ち合わせを行う方針とのこと。ここは踏ん張りどころなのでクタッとすることなく乗り越えていってもらいたいです。

ユリシスは右トモの飛節に弱点を抱えているようですが、軽めの調整で乗り込んでいる現状は問題なし。日々、入念なケアを行い、未勝利馬ですから早めに帰厩できるように努力していってもらいたいです。

2020年1月17日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードクラージュ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、トレッドミル・並脚200m→ダク1000m→キャンター2000~3000m→並脚300mもしくはポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~1600m(1ハロン25~27秒ペース)。12月下旬測定の馬体重は487キロ。

○当地スタッフ 「少しずつ運動量を増やしています。脚元は良い意味で変わりなし。どの段階で千葉の分場へ移すか・・・は現時点で未定ながら、この調子で下地を整えて行きたいですね。勿論、無理は禁物。ただ、未勝利の立場も踏まえつつ取り組みましょう」

Photo_6 ロードドミニオン

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。1月9日(木)測定の馬体重は474キロ。

○当地スタッフ 「時間が経つに連れて左トモに認められた浮腫みは改善。改めて跨ってからも気になる点は認められず、先週末に掛けてハロン17、18秒のキャンターを交えました。近日中に更にピッチを速める計画。元々のスケジュールへの影響は微少だと思います」

Photo_6 レインドロップス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。1月9日(木)測定の馬体重は456キロ。

○当地スタッフ 「この中間もコンスタントに普通キャンターを消化。硬さについてはそこまで気にならないだけに、遠からずにタイムを出すつもりです。3歳未勝利戦のリミットも頭に入れつつ、慎重に仕上げを進める方針。引き続き、着実な良化を心掛けましょう」

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。1月9日(木)測定の馬体重は502キロ。

○当地スタッフ 「1月10日(金)に人間を背に迎える形。角馬場の試運転でネガティブな問題が特に浮かばなかった部分を踏まえ、13日(月)より1周1800mのダートコースへ連れ出しています。もうしばらくは同様のパターンを継続。徐々にペースを速めましょう」

Photo_6 ロードベイリーフ

京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング2400m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着から数日間は歩行運動のみ。競馬を走り終えて日が浅いのを踏まえ、十分に心身のリラックスを図りました。先週末より軽く跨り始めたものの、ひとまずは感触を確かめる程度に。具合を探りながら少しずつ進めて行ければ・・・でしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クラージュはトレッドミルとポリトラックコースでの騎乗運動を併用中。脚元の我慢は利いています。あまり裕著に構えることは出来ませんが、寒い時季なので1歩1歩着実に進める感じで良いのかなと思います。

左トモの浮腫みでウォーキングマシンのみの運動へ一旦止められていたドミニオンですが、時間の経過と共に解消へ。既に跨り始めて、感触も悪くありません。大きな頓挫にならなくて良かったです。

レインドロップスは丹念に普通キャンターを乗り込み中。やり過ぎると硬さが出てきてしまうので、調教のさじ加減はホント難しいでしょうが、着実な歩みを選択していってもらえればと思います。ここはしっかり踏ん張って欲しいです。

ソエが完全に癒えたユリシスは10日から騎乗運動を開始。ひとまず感触を確かめる程度ながらスムーズにペースアップは可能でしょう。脚力は秘めているので、この充電期間で気性面の成長が伴ってきて欲しいものです。

前走で掲示板を外してしまったベイリーフ。相応の節が必要でしょうから、焦ることなくまずはしっかりリフレッシュを図ってもらえればと思います。そしてコツコツ乗り込むことで心身の成長を促していければ。マイルだと甘くなってしまうので、1400mにこだわって使っていって欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ