2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ルコントブルー」の59件の投稿

2020年3月30日 (月)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「24日にこちらへ入場していますが、熱発もなく体調面は落ち着いています。早速、周回コースで軽めに乗っていますが、動きを見ても大きな問題はなさそうですし、帰厩に向けて徐々にピッチを上げていきたいと思います」(3/27近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースを徐々に上げて行き、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も戸惑うことなくしっかりと対応できていますし、このままコンスタントに調教を重ねていければと思います。馬体重は527キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

24日に北海道からNF天栄へ移動してきたジーナアイリスですが、輸送熱に見舞われることなく、周回コースでの乗り込みを開始。楽をさせ過ぎると馬体重が急増するので、状態に変わりがなければ、ドンドン進めていってもらえればと思います。

ルコントブルーは週3日坂路でハロン15秒の乗り込みを開始。思いのほかスムーズに対応できているようなので、前走の疲れはもう大丈夫でしょう。コツコツ乗り込みながら心身の更なる成長を促していって欲しいです。

2020年3月22日 (日)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。今週から乗り出しており、現在は坂路コースで軽めのキャンターを行っていますが、徐々にペースアップを図りながら進めていきたいと思います。馬体重は516キロです」(3/20近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週はさらに調教の負荷を強め、週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。右前脚の状態は良い意味で変わりありませんし、次の目標が立てられるように、この調子で乗り込みながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は482キロです」(3/20近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて馬体に大きな問題はありませんでした。先週一杯は楽をさせてレースの疲れを取り、今週から乗り運動を開始しています。現在は坂路コースで軽く乗っていますが、今後は徐々にペースアップを図っていきたいと思います。馬体重は529キロです」(3/20近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで5ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ペース的にはハロン15秒と変わりないものの、今週は距離を5ハロンまで延ばして、少し全体的な負荷を強めています。楽をさせていた割に動きは悪くありませんし、トモの状態も維持できていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は536キロです」(3/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自らタフな流れを演出して押し切ったシェダル。疲れ・反動が心配でしたが、今のところは問題なし。ただ、目に見えない疲れもあると思うので、ゆっくり体を解しながら、負荷を高めていってもらえればと思います。競馬ブックの情報ですが、次走は5月17日の東京・青龍Sを予定しているようです。

クァンタムリープはこの中間から週2日は終いを13秒台まで伸ばすように。右前の深管は落ち着いていますし、負荷を高めても馬体重を微増できているのは好感。体調に関してはグングン上がってきているようです。あとは動きの質を高め、帰厩へと繋げてもらえればと思います。

シェダル同様に前走で勝利してNF天栄へ移動してきたルコントブルー。こちらも疲れ・反動は大丈夫そうです。ただ、焦る必要はないのでじわじわ負荷を高めていってもらえればと思います。1勝クラスの牝馬限定・ダ1800mとなると、5月9日の京都で1鞍組まれていますが、ここを目標にしてくる牝馬は多く、レベルは高くなりそう。関東馬なので使うとなると輸送のリスクもあります。それなら次走は牡馬相手でも東京・ダ1600mが無難でしょう。また、現段階で芝を使うのは時期尚早かも。

ディランズソングは引き続き坂路入りは控え、周回コースでの乗り込み。この中間は5ハロンから15-15を行っている様子。トモの状態は安定しているようですから、長目をコツコツ乗り込むことで基礎体力を養ってもらえればと思います。

2020年3月12日 (木)

終わってみればここでは力が違ったという完勝劇でしたが、強引な競馬ぶりで負担も大きかったのが気掛かり。まだまだ良化の余地が大きいですし、精神面で追い詰めないように丁寧に乗ってきてほしい。☆ルコントブルー

2020031800

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

日曜中山1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)優勝(2番人気) L.ヒューイットソンJ

大外枠。スタートしてやや促す形から、行き脚ついてハナを奪います。道中も先頭をキープして直線へ向くと、最後まで脚色が衰えることなく待望の初勝利を挙げています。

勢司師「大外枠からハナに行く形にはなりましたが、その分スムーズな競馬が出来ましたし、この馬にとっては楽なペースで走れました。それに最後はまた突き放す勝ちっぷりでしたので、先々も楽しみですね。乗っていただいたヒューイットソン騎手からも『ゲート入りは特に気になりませんでしたし、スタートしてからもリズム良く運べて、難しい癖は無かったですね。また、距離はもっと延びても良いと思います』と褒めていただけました。この仔のこれからの課題はゲート入りを含めて、どんどんレースに対して前向きさを損ねる雰囲気があることです。これまでもそうですが、精神的に追いつめたりしない方が良いタイプだと思いますので、今後もその点を踏まえて育てていきたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大外枠から自然体でハナヘ。4角の手応えも十分だったが、ラスト100mでやっと手前変換。巨体でモサッとしているし、まだまだ良化の余地を残すが、牝馬同士なら素質だけで圧倒。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

勢司師「デビュー戦は惜しくも敗れてしまいましたが、2戦目で見事勝ちきってくれましたね。スタートから道中の運びまで、ヒューイットソン騎手が上手くエスコートしてくれました。レース後は全体的に疲れが見られますし、今後の事を考えるとこのまま続戦させずに、心身共にリフレッシュした方が良さそうですので、いったん牧場へお戻しさせていただきます」(3/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、順調に追い切りを重ね、動きもひと追い毎に良化。1番人気を集めていたジェロボームとの前走時の時計の比較から、力を出し切れば勝ち負けへ持ち込めると思っていたルコントブルー。あとは砂を被ったり、不利を受けたりして気持ちを損なわなければと見ていました。

パドックに登場したルコントブルーは無観客も良い方へ働いたのか、落ち着いた周回。ただ、1度使って馬体は引き締まってくると思っていたのでプラス4キロでの出走はちょっと意外。また、大外枠だったので、ゲートは最後入りかと思っていたら奇数枠と同じ扱い。ソコソコ自信はあったのですが、レースが近づくにつれて不安が増していきました。

懸念したスタートはほぼ五分には出ましたが、小脚が利かないので少し鈍い反応でしたが、鞍上のL.ヒューイットソンJが気合をつけていくとグンと反応。ちょうど目の前に当面のライバル・ジェロボームがいたのでそれを見る形で進めていくのかなと見ていたら、1角を回るところで内の2頭を一気に交わしていった時は正直ちょっと無茶するなあと思いました。そして、向正面へ入る時にはハナを奪い切ったルコントブルーですが、その後もさほどペースを落とすこくなく逃げ、レースは消耗戦へ。4角を回ってくる時の反応はもう1つでしたが、後続馬は鞍上の手が動いていたのでほぼ勝負あり。直線で追われてフラフラする若さを覗かせましたが、残り100mあたりで手前を替えるともうひと伸びをして2着馬以降を更に突き放しての5馬身差。ここでは力が違ったという1戦でした。

レース後のルコントブルーですが、どこか痛いということはなさそうも、しっかり走り切ったことによる疲れが窺えるとのこと。ここは無理せずに一旦NF天栄へ放牧に出ることとなりました。次走に関してはまずは回復を図り、その後、乗り出してからの状態・仕上がりに応じて、番組を絞っていってもらえればと思います。焦って使う必要はありません。

勝負どころでの反応や俊敏さに課題が残り、まだまだ良くなる余地を残すルコントブルー。その一方で気持ちが悪い方へ行くと走ることが嫌になってしまう恐れが高いです。今回のレースでも道中の強引さや直線で抜け出しているのにモタれるのを立て直すのに過度に鞭が入っていました。目先の勝利も大事ですが、今はレースでの負担を抑え、放牧を挟みながら大事に使っていくことが最重要事項。起用する鞍上にその旨をしっかり伝えておいてもらいたいです。

2020年3月 8日 (日)

気難しさは抱えているも、一息入れて乗り進めてきたことでデビュー前よりも動きはしっかり。体力もついてきた。仕上がりも良さそうなので、再度の牝馬限定戦で順当に前進して欲しい。☆ルコントブルー

201912_20200307061201

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

日曜中山1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1800m)8枠15番  L.ヒューイットソンJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に北Cコースで時計

勢司師「4日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。相手は新馬でしたが、直線ではルコントブルーが外を回る形になりながらも、ゴールまで馬なりのまま楽に走り切れていましたね。最後まで手応えはしっかりとしていて良かったですし、上がりもすぐに息が戻り、これで態勢は整ったと思います。まだ心身ともに幼い部分が残ってはいますが、初戦から良い走りを見せてくれましたし、今回も力を出してくれれば勝ち負けを期待できるはずです。鞍上は今週から短期免許で騎乗予定のL.ヒューイットソン騎手に依頼しています」(3/4近況)

助 手 1北C良 72.7- 56.7- 42.0- 13.1 馬なり余力
助 手 4北C良 69.8- 54.0- 39.5- 13.3 馬なり余力 アトムヴェローチェ(新馬)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中山4日目(03月08日)
1R 3歳未勝利
ダ1800メートル 指定 牝馬 馬齢 発走10:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アポロファルコン 牝3 54 横山和生
2 2 モアナグレイス 牝3 52 木幡育也
2 3 ディアデイジー 牝3 54 内田博幸
3 4 ミューズ 牝3 51 原優介
3 5 セイウンヒロイン 牝3 54 大野拓弥
4 6 エドノスカッシュ 牝3 54 津村明秀
4 7 ラブマリリン 牝3 54 田辺裕信
5 8 シャーレ 牝3 54 石橋脩
5 9 タレントバイオ 牝3 54 木幡巧也
6 10 タマサイ 牝3 54 杉原誠人
6 11 アオイサンゴショウ 牝3 54 武藤雅
7 12 ロッソビアンコ 牝3 54 三浦皇成
7 13 ナゲキッス 牝3 51 小林凌大
8 14 ジェロボーム 牝3 54 C.ルメール
8 15 ルコントブルー 牝3 54 L.ヒューイットソン

○勢司師 「成長途上で臨んだ初戦で2着と好走。当時より体力がついて、使われた上積みが見込める。再度牝馬限定。好勝負」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体質の弱さと隠し持っている気難しさを考慮し、ビシッと攻めきれないままデビュー戦を迎えたルコントブルー。見た目に余裕残しの造りでしたし、最初から無理に攻めないだろうと見ていましたが、道中、中団よりやや後方で進めて、3角過ぎで鞍上が仕掛けるとスッと反応。勢いをつけて前を射程圏に入れると、最後の直線では先に抜け出した勝ち馬を渋太く追撃。その差はなかなか詰まりませんでしたが、3着馬には5馬身差をつけて2着は安泰の内容。牝馬限定の新馬戦とはいえ、良化途上の中でこれだけやれれば合格点でしょう。

その後は続戦することなく、一旦NF天栄へリフレッシュ放牧。脚元に疲れ・反動が出ることはなかったですが、背肉が少し落ちてしまうことに。その為、コツコツ乗り込みながら馬体を戻す作業を優先的に行い、その後は状態アップと動きの質を高めるために取り組んできました。2戦目を迎えるにあたり、少し時間は要してしまいましたが、地道に取り組んできた成果は感じます。

帰厩後はスムーズに追い切りへ移行し、ひと追い毎に動きは良化。順調な仕上がりを見せている一方で、馬場入りを嫌がったりと精神面の気難しさを覗かせてもいます。レースへ行って、プレッシャーが掛かることになれば、自分から止めてしまうケースがあるかもしれません。まあ、その辺のさじ加減については、短期免許で今週から騎乗開始したL.ヒューイットソンJのお手並み拝見。大外枠が当たってしまいましたが、却って良かったのかなと思います。ライバルとなるC.ルメールJの馬が隣に入ってくれましたし。

デビュー時より格段と状態は上がっていますし、コツコツ乗り込んできて体力も備わってきています。それ故、集中して走ってくれれば勝ち負けに持ち込める筈。ここで初勝利を決めたいという思いは強いですが、仮に負けたとしても、『良い負け方(追い比べで少し見劣る)』をして欲しい。そして1番悪いのが自滅する形でレースを止めてしまうこと。これだけは絶対避けてもらわないといけません。

2020年3月 2日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路コースで追い切り

西園師「26日に坂路で追い切りました。終い重点で時計を出しましたが、反応良くビュッといい脚を使ってくれましたよ。この馬なりに成長が感じられますし、これだけ動けばレースまでそこまで時間が掛からないでしょう。具体的な番組はもう少し時計を出してみてから検討したいと思っていますが、再来週あたりには出走の目処が立てられそうです」(2/27近況)

助 手 26栗坂稍 54.1- 39.0- 24.6- 12.1 一杯に追う サトノギャロス(古馬3勝)末強めに0.1秒遅れ
助 手 1栗坂重 60.1- 43.7- 28.2- 13.8 馬なり余力 サトノギャロス(古馬3勝)馬なりを0.1秒追走同入

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中京3月15日・沈丁花賞(C.ルメールJ)

須貝師「26日に坂路で追い切りました。古馬のブレイニーランと併せましたが、格上相手に引けを取らず最後まで力強く走ってくれました。一度レースを経験したことで、以前のようにモタモタするところもなく、しっかり動けるようになっているので、この馬なりに成長が感じられますよ。レースまで時間もありますし、それまでしっかり乗り込みながら鍛えていきたいと思います」(2/27近況)

畑 端 20CW良 86.1- 69.8- 54.4- 40.3- 12.5 馬なり余力 ベイキングヒート(三未勝)馬なりの内0.8秒追走同入
助 手 23栗坂重 58.9- 43.4- 28.8- 14.3 馬なり余力
助 手 26栗坂稍 52.3- 37.6- 24.2- 12.2 一杯に追う ブレイニーラン(古馬2勝)一杯を0.5秒追走0.2秒先着

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Bコースで時計
・次走予定:3月8日の中山・ダ1800m・牝馬

勢司師「いつも通り北Cコースでの追い切りを予定していましたが、雨の影響で馬場が悪くなっていたことから、新しくなった南Bコースで併せて追い切りを行い、同じ3歳未勝利馬を相手に同入で終えています。精神的に追い詰めないよう心がけている効果もあって、馬場入りはそこまで嫌がりませんし、先週よりメンタル面は良好ですね。それに伴い、調教でもしっかり動けていますから、来週のレースに向けて良い雰囲気でここまで進められていますよ。なお、鞍上は調整中です」(2/27近況)

助 手 23北C稍 75.6- 59.6- 44.8- 14.5 馬なり余力
助 手 26南B重 55.7- 41.2- 13.6 馬なり余力 クィーンアドバンス(三未勝)馬なりの外同入
助 手 1北C良 72.7- 56.7- 42.0- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エルスネルは帰厩後、順調に時計をマーク。併せ馬では見劣っていますが、相手は年輩馬で能力の高いサトノギャロス。よく食らい付いていると言えるでしょう。ただ、気性面での幼さが残るので、ゲートが不安定だったり、周囲を気にするところがありました。この点が改善されてこないと、なかなか前進は出来ません。

ヴァンタブラックはコース追いだと切れのなさを感じますが、パワーが生きる坂路調教では動くタイプ。ただ、それでも26日の時計は全体&上がり共に優秀。1度使って良い意味でピリッとしてきているのは頼もしいです。次走は昇級戦となりますが、上昇度は大きいですし、時計の掛かる馬場ならいきなり通用しそう。連勝してダービーTRへ進みたいです。

ルコントブルーは今週末の出走を予定。追い切りの動きは目立ちませんが、馬場入りを嫌がる面はマシになってきたようですし、精神的には安定しています。良い雰囲気を維持できれば、牝馬同士の未勝利なら力が上というところを見せてくれると思います。

2020年2月23日 (日)

シルクなお馬さん(牝馬・入厩組)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神2月29日・芝1600m(A.シュタルケJ)

高野師「19日に坂路で追い切りました。やや遅れたものの、目一杯に追っていたわけではないですし、最後まで余力十分で動きは良かったですよ。短期放牧明けでも変わらず良い状態を維持していますし、前向きさも見られるので、来週の競馬ではしっかり力を発揮してくれると思います」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 57.3- 41.8- 27.3- 13.0 末強め追う カーテンコール(三未勝)馬なりにクビ遅れ
助 手 19栗坂良 54.8- 39.7- 25.6- 12.4 一杯に追う アトリビュート(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.2秒遅れ

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中京2月29日・ダ1400m・若手(荻野極J)

高橋忠師「19日に坂路で追い切りました。レースが来週に控えているので、しっかり負荷を掛けて時計を出しました。道中は引っ掛かり気味でグイグイ自分からハミを取っていったことで、かなりの時計が出ましたね。時計が出やすい馬場とはいえ、これだけ行きっぷりが良いと、1600mでも折り合いが心配です。前走で騎乗した福永祐一騎手も距離はもう少し短い方が競馬はし易いかもしれないと言っていましたが、力をつけてきたことで段々とスプリンターのようになってきましたね。当初は2月29日の中京・芝1600mを予定していましたが、今の感じだと距離を短くする方が賢明だと思います。もう1週待てば中京に芝1400mの番組がありますが、来週の競馬を目標にしていただけに調整が難しくなってくるので、それなら今のうちにダート適性を試すのも手だと思います。いくつかダートの番組がありますが、相手関係を考慮して2月29日の中京・ダ1400m(若手騎手)に向かわせていただきます。なお、ジョッキーは荻野極騎手に依頼しています」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 58.3- 41.5- 26.5- 12.7 馬なり余力
荻野極 19栗坂良 51.1- 37.0- 23.9- 11.9 一杯に追う

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に北Cコースで時計
・次走予定:3月8日の中山・ダ1800m・牝馬

勢司師「こちらに戻ってきた後は先週末に北Cコースでサッと脚を伸ばしましたが、その後も特に問題はなかったので、19日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。道中はルコントブルーが追走し、直線では内に入れて脚を伸ばし、最後は馬体を並べてゴールしています。徐々にマシにはなってきているものの、帰ってきてから馬場入りを嫌がるようなところを見せているので、あまり精神的に追い詰めないようにサッと脚を伸ばす程度で動かしました。フットワークは最後までしっかりしていて良かったですし、あくまでもこの仔の状態に合わせてですが、今後はレースに向けて段階を踏みながら調教の負荷を強めていければと考えています。今のところ、中山2週目に牝馬限定のダ1800mの番組が組まれているので、そこを目標に進めていく方針です」(2/20近況)

助 手 15北C良 60.4- 44.5- 15.2 馬なり余力
助 手 19北C良 68.7- 53.7- 40.3- 13.7 馬なり余力 ワンモアエフォート(三未勝)馬なりの内1.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定しているインヘリットデール。順調に時計を出すことは出来ていますが、併せ馬で僅かとはいえ遅れるケースが続いているのが気になるところ。高野師のコメントでは前向きさはあるようなのですが…。2勝クラスを卒業して次のステージ(繁殖)へ歩んで欲しいですが、ここまで来ればまずは無事に現役を終えてもらいたいです。

厩舎HPでマイルは長そうと言われていたミスビアンカ。29日の中京・芝1600mから翌週の中京・芝1400mへスライドすることになるのかなと見ていたら、ピリピリしてきていることからスライドは避け、同日の中京・ダ1400m(若手)へ向かうことに。以前は非力な印象が強かったですが、追い切りでこれぐらい動けるのならダートでも悪くないのかなと思います。ただ、砂を被ったりすると気難しさを覗かせると思うので、レース運びには注文が付きそう。先々は控える競馬をマスターして欲しいですが、次走ではスピードで圧倒する展開へ持ち込んでもらえればと思います。まずは1つ勝っておきたいです。

ルコントブルーは徐々に追い切りの負荷を高めていますが、動き自体はマズマズ。ただ、心配なのが馬場入りを嫌がったりと気性面で後向きなところが出ています。デビュー戦で2着と力のあるところは見せてくれましたが、次走で大きく崩れてしまうと立て直すのが難しくなるかも。次走の予定が出たので、そこへ向けて気を抜くことなく仕上げを進めていって欲しいです。

2020年2月14日 (金)

13日に美浦・勢司厩舎へ帰厩しています。☆ルコントブルー

201906_20190706041601

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回中山開催
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回の坂路コースでの乗り込みを中心に調教を行っています。脚元を含めて疲れは見られませんし、勢司師とは来週の検疫でトレセンに帰厩させる方向で打ち合わせています。馬体重は518キロです」(2/7近況)

・在厩場所:13日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第2回中山開催

勢司師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込みを消化できているということだったので、13日の検疫で戻させていただきました。次の中山開催での出走を目指して、明日から乗り運動をスタートしていきたいと思います」(2/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦2着後、NF天栄へ移動して状態を立て直していたルコントブルー。背中の肉が落ちてしまい、調教の動きもモタつく面が見られたので、態勢が整うのに時間を要してしまいましたが、1月半ばぐらいからじわじわ上昇。馬体も良い感じに引き締まってきたように思います。

そして先週末の更新で予告されていたように13日の検疫で美浦・勢司厩舎へ。結構、仕上がりは進んでいると思うので、来月1日or8日の牝馬限定・ダ1800mで2戦目を迎えることになるのかなと思います。

デビュー戦は実戦へ行って良さが出たルコントブルーですが、少し気難しいところを残しているので、1度実戦を経験したことが悪い方へ出ないように十分気を付けながら進めていってもらえればと思います。出来れば次走で勝ち上がって欲しいです。

2020年2月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「乗り運動開始後も大きな問題はなかったので、予定通り今週から坂路コースでの調教を開始しています。現在は15-15程度のところでサッと脚を伸ばしていますが、動きはしっかりとしていますし、さらなるペースアップも視野に入れて進めていきたいと思います。馬体重は500キロです」(1/31近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回中山開催 
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めていますが、この馬なりに動きは段々と良化してきていますね。馬体もスカッと見せていて徐々に状態は上がってきている印象ですから、3月の中山開催を目標にこのまま態勢を整えていければと思います。馬体重は524キロです」(1/31近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「予定通り今週から坂路コースでの調教をスタートしており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。坂路ではしっかりとした脚取りで最後まで走れていますし、この調子で乗り込みながら基礎強化を図っていきたいと思います。馬体重は518キロです」(1/31近況)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きなダメージは見当たりませんでした。念のため先週一杯は軽めの運動に止め、今週から坂路コースでの運動を始めており、現在はハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、今後も状態に合わせて徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は519キロです」(1/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは順調さを欠かないか心配でしたが、順調にステップアップ出来ているのは何より。坂路でハロン15秒のところを乗っても、余裕十分で対応してくれています。次走についてはハッキリしませんが、今の感じで進めていければ、3月の中山・アネモネSかフラワーSが候補になってくるのかなと思います。

ルコントブルーは次の中山開催での復帰を予定。コツコツ乗り進めて馬体は戻っていますし、次走で勝ち上がることが出来るように帰厩の声が掛かるまでは少し意欲的に乗っても良いのかなと思います。

ディランズソングは坂路での乗り込みを開始し、順調にハロン14秒まで伸ばせるように。デビュー戦は馬体に余裕がありましたし、動きもモッサリ。コツコツ乗り込むことで馬体を引き締め、良い筋肉を纏えるようにビルドアップしていってもらいたいです。

デビュー戦で大差勝ちを決めたシェダル。直線でも少し気合を付けていたので、疲れ・反動が出ないか心配でしたが、目立った疲れはなし。既に坂路でハロン15秒のところを乗れているので状態面で心配は要らないでしょう。ただ、デビュー戦で負かした馬が先週の競馬で3着に敗れていましたし、1勝クラスで即通用となると、シェダル自身のレベルアップが必要です。特にタフな流れ・競馬に耐えられる精神面を備えていってもらわないといけません。

2020年1月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂しています。負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることもなく、馬体重は維持できていますし、コンディションは良いですよ。ガラッと変わった感じはしませんが、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、帰厩の予定が決まるまでこの調子で成長を促していきたいですね。馬体重は475キロです」(1/24近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックでハッキング

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少しトモに疲れはあったものの、大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めの調整に止め、今週から乗り出しを開始していますが、今後は坂路入りも視野に入れながら進めていく予定です。馬体重は496キロです」(1/24近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、大きな変化はないものの、この馬なりにしっかりとした動きを見せてくれています。脂肪が付きやすい時期ですが、馬体のコンディションは良好で、乗り込むに連れて徐々に締まってきている印象です。
馬体重は519キロです」(1/24近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に調教が進められていましたので、この中間から坂路で15-15までペースを上げています。動きとしてはまだ力強さに欠けますが、この馬なりに良くなってきているのは確かなので、帰厩の予定が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。負荷を掛けた後も飼い葉食いは悪くなることもなく、馬体重は維持できているので、コンディションは良いですよ。馬体重は445キロです」(1/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは引き続き坂路でハロン15秒で乗り込み中。馬体重をキープできているのは良い傾向でしょう。地道に鍛えながらパワーアップしてきてくれればと思います。また、手前の替え方が下手な馬なので、この点についてもしっかり教育していってもらいたいです。

ポレンティアはレース後の疲れが少し残るぐらいで、脚元等には異常は見受けられず。早速ミニトラックで跨っているようですが、まずは感触をしっかり確かめ、それから坂路へと連れ出してもらえればと思います。それほど疲れはないのかもしれませんが、慎重を期してお願いします。

ルコントブルーは週3回登板し、引き続き鍛えられている様子。ルコントブルー自身もしっかり応えてくれているので、現状のメニューを2~3週間ほど継続できれば次のステップ(帰厩)へと進めるでしょう。まずは早めに1つ勝っておきたいです。

オーサムゲイルは坂路でハロン15秒の調教を開始。非力さを感じる動きなのは物足りないですが、根気よく乗り込んでいってパワーが備わってくれれれば。カイ食いが良ければ、実になってくれるのでしょうが、牝馬らしい性格の持ち主なので思うようには成長していってくれません。

2020年1月20日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「背腰の治療を行いながら進めてきましたが、張りも取れて状態が上向いてきましたので、この中間から坂路にも入れています。現在はハロン17秒のペースで登坂していますが、運動後も疲れを見せることはないので、来週から徐々に負荷を掛けて行きたいと思います。馬体重は472キロです」(1/10近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間からハロン15-15までペースを上げています。開始したばかりですので、動きはこれからといったところですが、これから登坂回数を重ねていけばピリッとしたところが見られるようになるでしょう。具体的な番組は、もう少し乗り込んでから高橋義忠調教師と相談することになっていますので、それまで負荷を掛けて鍛えていきたいと思います。馬体重は474キロです」(1/17近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は徐々に坂路コースでの負荷を強めており、現在は週3回ハロン14秒ペースで乗っています。動きとしてはまだモタつきが見られますが、乗り込みながらもトップラインは徐々に良化してきていますし、このまま進めていくことが出来そうです。馬体重は523㎏です」(1/10近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後もまずまず動けていますし、この調子で内面の強化を図りながら調整していきたいと思います。馬体重は518キロです」(1/17近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「張り・艶はまだひと息ですが、馬体は徐々にふっくらとしてきました。この中間からコースで乗り出していますが、動きとしてはまだ物足りないものの、運動後は飼い葉をまずまず食べているので、中身がしっかりしていけば走ってくるようになるでしょう。馬体重は443キロです」(1/10近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「馬体は少しずつふっくらしてきましたし、コンディションは悪くないですよ。動きとしてはもう少しピリッとしてほしいところですが、今後も刺激を与えて良い走りが出来るように鍛えていきたいと思います。馬体重は447キロです」(1/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは背腰の疲れが軽減されてきたことから、坂路での乗り込みを開始。普通キャンター→ハロン15秒の調教へと着実にステップアプ出来ていますが、厩舎のHPで紹介されていた来月2日の京都・芝1600m(牝馬)へ間に合わすのは難しそう。近々、高橋忠師と相談するようですが、具体的な番組はもう少し乗り込んでからで十分かなと思います。

ルコントブルーは馬体面での不安はありませんが、体質の弱さを残しているので他馬と比べると負荷の掛け方がスロー。まあ、こればかりは仕方ないので、着実に1歩1歩と前へ進むことが大事です。この馬なりには順調に来ています。

オーサムゲイルはデビュー戦の疲れが少し尾を引いている様子。馬体重が少しずつでも増えてきているのは良いことですが…。また、動きに関しても非力さが目立ち、ピリッとした面も物足りず。まあ、急激に変わることはないので、ひとまず暖かくなるまではじっくり進めてもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ