2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ヴァンタブラック」の60件の投稿

2020年1月25日 (土)

4月の初入厩からかなり時間を要してのデビュー戦。追い切りを重ねてだいぶ動けるように。前向きさが足りないので砂を被ると心配も、パワフルな走りで早め先頭からの押し切りを期待。デビュー戦からしっかり結果を出して欲しい。☆ヴァンタブラック

Photo_20200124063601

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

土曜京都6R メイクデビュー京都 3歳新馬(ダ1800m)4枠8番 C.ルメールJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで追い切り

担当助手「22日にCWコースで追い切りました。坂路だとそれなりに動いていましたが、周回コースだとまったく動けなかったので、ここまで時間を掛けて鍛えましたが、その甲斐あって今週は最後までしっかり動いてくれましたね。自分から進んで行くほどの前向きさはありませんが、ダートならスピード不足を補えると思いますし、芝よりメンバーも手薄になりますから、チャンスは十分あると思います。初めてのレースだけに、砂を極端に被ると嫌がってしまう恐れがあるので、なるべく揉まれないポジションでレースが出来ると良いですね。これまでの兄姉と比べるとタイプはまた違いますが、能力は秘めていると思うので、初戦から良い競馬を期待したいですね」(1/23近況)

助 手 18栗坂稍 60.6- 44.4- 29.1- 14.8 馬なり余力
畑 端 22CW良 84.2- 67.5- 52.4- 38.1- 11.9 一杯に追う レッドミダス(三未勝)一杯の内を0.4秒先行3F付0.8秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都8日目(01月25日)
6R メイクデビュー京都 3歳新馬
ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トルネードフラッグ 牝3 52 岩田望来
1 2 アスワンサンセット 牝3 54 福永祐一
2 3 マテラジニアス 牡3 56 川須栄彦
2 4 カズモンタルチーノ 牡3 56 松山弘平
3 5 ブルベアエーカー 牡3 56 A.シュタルケ
3 6 アンジュブーケ 牝3 54 小崎綾也
4 7 セルファース 牡3 56 藤井勘一郎
4 8 ヴァンタブラック 牡3 56 C.ルメール
5 9 メイショウガロンヌ 牡3 53 三津谷隼人
5 10 タンカノキミ 牝3 54 国分恭介
6 11 タガノトランキーロ 牡3 56 岡田祥嗣
6 12 メイショウソウモウ 牡3 56 太宰啓介
7 13 ジュアン 牡3 56 高倉稜
7 14 キーンウィット 牡3 56 国分優作
8 15 アンセッドヴァウ 牡3 56 岩田康誠
8 16 メートルソヴァール 牡3 56 松若風馬

※緑字は他クラブ出資馬

○須貝師 「追う毎に上向いてきた。走法からダートはこなせそう。まずはこの条件から」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この世代から始まったシルクの抽優馬制度。その最初の年に指名して縁が叶ったのがプチノワールの17ことヴァンタブラック。募集カタログ&DVDを見ていて、1番最初に目に留まったのがこの馬。青鹿毛の毛色が余計に洗練されたイメージを与えたと思いますが、他馬にはない雰囲気の良さ。ピリッとした面を持っていた兄姉とちょっと違い、堂々とした立ち振る舞い。それでいてバランスの取れた好馬体と"大物感"に惹かれての出資となりました。

北海道での育成は早いグループで属して順調に乗り込みを消化。4月12日に初入厩を果たすと約2週間ほどでゲート試験に合格。楽しみが増すばかりでしたが、基礎体力不足でNFしがらきへ放牧に出た頃から雲行きは若干怪しくなって…。7月の中京開催でのデビューを視野に帰厩を果たすも、追い切りを行ったところ、追ってからが案外で背腰の甘さを露呈。再度NFしがらきへ放牧に出されると夏の間は丹念に乗り込みを消化。10月の京都開催でのデビュー予定がようやく決まり、牧場での仕上げに取り掛かると程なく疲れが表面化することに。再度デビュー予定を白紙に戻し、立て直す羽目になってしまいました。

その後は何とか頓挫なく丁寧な乗り込みを課し、12月13日に再入厩。初入厩してから約8ヶ月の時間が過ぎてしまいました。帰厩後の追い切りでは坂路でそれなりの時計は出るようになりましたが、自分から走ろうとする気持ちはまだまだ。前向きさを引き出すように併せ馬を多く取り入れてきました。そしてCWコースだと体力不足を露呈していましたが、乗り込みを重ねる毎に徐々に対応できるように。冬場で馬体は絞りづらいようですが、中身は詰まってきていると思います。

ただ、期待馬なので芝ではなくダートからの始動というのは正直寂しいところ。芝で追い切ったところ動けなかったですし、担当助手さんがサラッと言ってるようにスピード不足なんでしょう。まあ、馬体が洗練されてきて1本芯が入って来てくれると変わってきてくれるものと信じたいところです。あとは頼りになるC.ルメールJの手腕に期待。スパッと切れることはないので、早目にアクセルを吹かして行って4角先頭ぐらいから押し切りを狙うイメージで良いのかなと個人的には思います。前向きさが足りないので、出来る限り砂を被らない位置取りで。ここまで時間が掛かってしまいましたが、期待馬なので好発進となるように切に願っています。

2020年1月17日 (金)

25日のデビューへ向け、1週前追い切りにC.ルメールJが騎乗して感触を掴んでくれています。☆ヴァンタブラック

201912_20200122031801

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都1月25日 メイクデビュー京都・ダ1800m(C.ルメールJ)

須貝師「16日にCWコースで追い切りました。レースが来週に控えているので、ルメール騎手に感触を確かめてもらいましたが、最後までしっかり伸びてくれましたし、これで態勢がほぼ整うでしょう。CWコースでこれだけ動けるようになれば十分だと思いますし、あとはレースに行ってどれだけ前向きさを見せてくれるかですね。同じ番組に出走を予定している馬が多く除外の心配がありますが、延びる分には問題ない馬なので、態勢だけはしっかり整えておきたいと思います」(1/16近況)

助 手 15栗坂良 62.2- 44.7- 28.5- 13.6 馬なり余力
ルメー 16CW良 82.9- 67.1- 52.5- 38.9- 12.3 強めに追う カリボール(古馬3勝)馬なりの内を0.2秒追走4F併クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよデビューが近づいてきたヴァンタブラック。芝の追い切りでジリジリとしか脚を使えなかったのはちょっと寂しかったですが、矛先をダートへ向けてどういう結果を残すことが出来るか。

16日の追い切りではデビュー戦で手綱を取るC.ルメールJに感触を確かめてもらい、追走してクビほどの遅れ。欲を言えばもう少し末脚に鋭さが出てきて欲しいところですが、併せたカリボールは力のある馬ですし、この馬なりに食らい付いてくれたと思います。このひと追いでグッと良くなってきてくれればと思います。

ただ、ダートの中距離戦ということでこのレースでのデビューを予定している馬が多い様子。出走するには抽選をクリアしないとダメなので、除外の可能性もそれなりに高そう。まあ、500キロを優に超える馬体+前向きさが足りない馬なので、追い切りを更に重ねることが出来ることはヴァンタブラックには悪くありません。抽優馬として指名して出資が叶った馬なので頑張ってもらわないと。

2020年1月11日 (土)

C.ルメールJを背に25日の京都・ダ1800mでのデビューを予定しています。☆ヴァンタブラック

202001_20200111061201

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日に芝コースで追い切り
・次走予定:京都1月25日 メイクデビュー京都・ダ1800m(C.ルメールJ)

須貝師「8日に芝コースでどれだけ動けるか確かめたところ、雨の影響で馬場が悪かったとはいえ、もう一つ動けなかったですね。持ったままの相手に対し、こちらは目一杯でしたから、芝のスピードがまだ足りない印象を受けました。坂路では動けるようになってきているものの、追ってジリジリとしか脚が使えないことを考えると、最初のうちはダートの方が良いかもしれません。ゆったりした距離の方が競馬はし易いと思うので、このまま順調に進められるようなら、1月25日の京都・ダ1800mでデビューさせたいと考えています。なお、ジョッキーはルメール騎手に依頼しています」(1/8近況)

助 手 8栗芝稍 66.1- 50.7- 37.2- 12.5 叩き一杯 レッドミダス(新馬)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、丹念に時計を出しているヴァンタブラック。徐々に動けるようになってきていますが、8日の芝の追い切りでは伸びが一息。緩い馬場が影響したのか芝でのスピードが足りないのか…。正直『う~ん』という感じで悩ましいです。大型馬ですし、現状ではドタバタ走っている感じなんでしょう。

ジリジリとしか脚を使えない現状を踏まえ、デビュー戦は25日の京都・ダ1800mを目指すことに決定。鞍上にC.ルメールJを確保してくれているのは有難いです。ただ、前向きさに欠ける馬なので、砂を被る形になった時にパニックを起こさないか心配も。パワーは十分あるので、レースまで約2週間。ビシビシ追うことで体力を更に養い、引き締まった馬体でレース当日を迎えてもらいたいです。

2020年1月 5日 (日)

シルクなお馬さん(明け3歳牡馬・追い切り時計)

Photo_3 ハーツクリスタル

助 手 28栗坂稍 58.5- 42.4- 26.9- 12.8 馬なり余力 レノヴァール(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 31栗坂稍 56.1- 40.8- 26.4- 12.8 馬なり余力 モーニングデュー(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 3栗P良 84.1- 67.4- 51.5- 37.3- 11.8 一杯に追う モーニングデュー(新馬)一杯の内0.3秒追走クビ先着

Photo_3 ベルラガッツォ

助 手 3栗坂良 56.7- 40.4- 26.1- 12.5 強めに追う

Photo_3 リアンティサージュ

助 手 28栗坂稍 61.1- 43.9- 28.3- 14.2 馬なり余力
助 手 31栗坂稍 56.4- 40.4- 26.4- 13.4 馬なり余力
助 手 3栗坂良 53.0- 38.1- 25.1- 12.7 馬なり余力 アドマイヤパンドラ(新馬)一杯にクビ先着

Photo_3 ヴァンタブラック

助 手 31栗坂稍 57.6- 42.4- 27.4- 12.6 一杯に追う
畑 端 3CW良 82.8- 66.9- 51.8- 37.3- 12.3 一杯に追う レッドミダス(新馬)一杯の外0.2秒先着

Photo_3 ディランズソング

助 手 28美坂良 55.6- 40.0- 25.6- 12.3 馬なり余力
助 手 3南W良 68.7- 54.2- 40.3- 13.0 馬なり余力 ロジマジェスティ(三未勝)直強めの内0.4秒追走0.2秒先着

Photo_3 シェダル

助 手 28美坂良 59.1- 43.6- 28.6- 14.1 馬なり余力
助 手 31南W稍 70.9- 55.9- 41.9- 12.9 馬なり余力 ブラックプラチナム(古馬3勝)馬なりの外1.0秒先行同入
助 手 3南W良 67.5- 52.6- 38.9- 12.2 強めに追う シャインガーネット(三オープン)馬なりの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年末年始、厩舎で調教を行っている明け3歳牡馬の追い切り時計を一覧で。

ハーツクリスタルやヴァンタブラックはビシッと追われているのは好印象も、まだまだ自分から走ろうという姿勢は乏しいのかも。

ベルラガッツォは帰厩後の初時計なのでひとまず感触を確かめる内容。追い切りを重ねつつ、良い意味でピリッとしてきて欲しい。

リアンティサージュはトモに疲れが出やすいので無理はしていませんが、動き+時計はマズマズ。良いモノを持っているのは確かなので、じっくり仕上げていってもらいたいです。

ディランズソングとシェダルは上々の時計をマーク。デビュー戦から人気を集めるでしょうが、それに応えることが出来るように仕上げを進めていって欲しいです。

2020年1月 1日 (水)

シルクなお馬さん(明け3歳関西牡馬・在厩組)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日にポリトラックコースで追い切り
・次走予定:京都1月11日・芝2200m(S.フォーリーJ)

高野師「25日にポリトラックコースで追い切りました。先行し、古馬のマジストラルと併せましたが、力むこともなく最後まで集中して走ってくれました。追い出してからの反応は良かったですし、動きも軽快でした。あと2週あれば十分態勢が整うでしょうし、良い状態でレースに向かえそうです。なお、ジョッキーは短期免許で来日予定のフォーリー騎手に依頼しています」(12/26近況)

助 手 25栗P良 85.3- 66.9- 51.0- 37.2- 11.8 強めに追う マジストラル(古馬1勝)一杯の外0.5秒先行同入

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路コースで追い切り

須貝師「時計としてはまだ目立つほどではないですが、この馬なりに良くなってきています。ただ、周回コースで乗っていると普通キャンターにも関わらず途中で苦しくなってくるようなので、その辺りはもう少し体力を付けていかないといけませんね。ゆっくりではありますが、良化が窺えるので、もう少し時間を掛けながら仕上げて行きたいと思います」

吉田隼騎手「26日の追い切りに乗せていただきましたが、道中は周りの馬を気にするなど、少し繊細なところが窺えました。急にスピードを乗せていこうとすると、トモの嵌りが遅いためにモタモタしていましたが、加速すると良い走りを見せてくれたので、連動がしっかり出来るようになればもっと走ってきそうです」(12/26近況)

助 手 25CW良 75.6- 60.3- 45.7- 15.7 馬なり余力
吉田隼 26栗坂良 53.3- 38.7- 24.9- 12.2 一杯に追う ベイキングヒート(二未勝)叩一杯に0.3秒先行0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハーツクリスタルの2戦目の鞍上は短期放牧で来日予定のS.フォーリーJに決定。まだまだ促さないと動き切れないので、腕力のある外国人Jの起用は合っていると思います。折り合いは苦労しませんし。先月25日の追い切り・時計は悪くありませんが、仕掛けなくてもスッと動けるようになってきてくれれば嬉しいです。

ヴァンタブラックの先月26日の時計は悪くないと思いますが、繊細なところを覗かせたり、体の連動がもう1つなどと課題も。また、基礎体力がまだまだ備わっているとは言えません。まあ、現段階でも水準以上の走りは見せていると思うので、素質は確か。勝ち負けできるレベルに達してからデビューの予定を組んでいって欲しいです。

2019年12月25日 (水)

シルクなお馬さん(在厩組・年明け出走予定)

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日にBコースで追い切り
・次走予定:京都1月6日・芝2000m(福永J)

斉藤崇師「帰厩した翌日から調教を開始していますが、当初は力みから頭を丸めて窮屈な走りでしたので、18日の追い切りではダートコースに入れて、1周目はゆっくり目にキャンターに入り、2周目に時計を出しました。騎乗した団野大成騎手の話では『最初は力みがありましたが、帰厩した時と比べるとすぐ収まってくれるようになりましたし、ペースが上がるとリズムよく走ってくれました。動きそのものは悪くなかったので、このまま落ち着きを取り戻してくれればもっと良い走りを見せてくれそうです』と言っていました。予定しているレースまでまだ少し時間がありますし、その期間に少しでも修正出来るように努めていきたいと思います。なお、ジョッキーは福永祐一騎手に依頼しています」(12/18近況)

団 野 15CW良 58.7- 43.2- 14.1 馬なり余力
団 野 18栗B良 70.5- 54.3- 40.0- 12.1 馬なり余力
団 野 20栗B良 74.4- 58.2- 43.0- 13.5 馬なり余力

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に障害コースで追い切り
・次走予定:京都1月6日・障害未勝利(森一J)

寺島師「19日に障害練習を行った後に時計を出しました。特に気難しいところを見せることもなかったですし、最後まで安定した飛越でしたよ。追い切りの動きも力強い走りでしたから、これならすぐ態勢が整いそうです。森一馬騎手と相談した結果、翌年1月6日の京都・障害未勝利で復帰させることになりましたので、そこを目標に進めていきたいと思います」(12/19近況)

森 一 19栗障良 52.6- 36.8- 11.8 馬なり余力
森 一 22CW良 84.5- 71.0- 57.2- 43.4- 14.0 馬なり余力

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り

須貝師「19日に坂路で時計を出してみましたが、強め一本目としてはまずまず動けましたね。以前より動けるようになっていますが、まだ自分から進んでハミを取っていくところがなく、前向きさに欠けるので、普段の調教からなるべく気持ちを乗せていくように心掛けています。具体的な番組を決めるのは楽に時計が出るぐらい動けるようになってからの方がいいでしょうから、もう少し時間を掛けて鍛えていきたいと思います」(12/19近況)

助 手 18栗坂稍 61.7- 44.8- 29.3- 14.6 馬なり余力
助 手 19栗坂良 53.8- 38.6- 24.9- 12.5 一杯に追う ベイキングヒート(二未勝)末強めに0.1秒先行同入
助 手 22栗坂良 60.2- 44.3- 28.8- 14.4 馬なり余力

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター
・次走予定:2020年1月13日の中山・フェアリーS(G3)

田中博師「ここまで坂路コースでの普通キャンターを中心に調整を行っています。牧場で確認した際は特に気にならなかったものの、以前から弱さのある右トモは動かすとやはり気になる部分がありますね。ただ、今すぐにパンとしてくるものでもないですし、調教後のケアをしっかりと行いながら進めていきたいと思います。前回挫跖してしまった左前については、今はもう気になりませんし、今週末くらいから徐々にピッチを上げていければと考えています」(12/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

12日に帰厩したアマエセールですが、この馬らしい力みが目立っていたようですが、調教・追い切りを重ねることでだいぶリズムを取り戻してきた様子。案外、ダートも合う馬かも。次走に関しては年明け6日の芝2000mを予定。引き続き団野Jとのコンビかなと思っていたら、デビュー戦以来の福永Jに。脚を溜めて進めるのが上手な福永Jは合うと思うので、いつもよりもじっくり構えて末脚を生かして欲しいです。

シングルアップは気難しさを出して、バタバタした追い切りにならないか心配でしたが、しっかり立て直したことで精神面のリセットが出来ているのは○。スタミナに関しては実戦を経験しながら備わってくれれば。あとは落ち着いてレースへ臨めれば、すぐ未勝利は勝てる馬です。

ヴァンタブラックは19日に坂路でビシッと。動きに鋭さ・素軽さはまだまだみたいですが、この馬とすれば良い時計が出てかなと。引き続きしっかり攻めながら、自分から走ろうとするように気持ちを掻き立てていって欲しいです。

ポレンティアは池添Jとのコンビで年明けのフェアリーSを予定しているようですが、週末は時計を出さず。トモの状態が一息なら、無理にここへ間に合わそうとせず、コツコツ乗り込むことで地道に状態アップを叶えて行って欲しいです。そして1勝クラスから再出発を。

2019年12月17日 (火)

13日に栗東・須貝厩舎へ帰厩しています。☆ヴァンタブラック

201910_20191217063501

Photo_3 ヴァンタブラック(牡・須貝)父ブラックタイド 母プチノワール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~16秒

厩舎長「補修工事中だった周回コースが今週から使えるようになったので、そこでじっくり体を解してから坂路に入れるようにしています。この中間も坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、余裕をもって登坂出来るようになってきましたので、週末あたりから15-15を開始していこうと思っています。これまで疲れが出ることもなく、順調に進められています。馬体重は556キロです」(12/6近況)

・在厩場所:13日に栗東トレセンへ帰厩

須貝師「牧場でも疲れを溜めずに、順調に進められていましたので、13日の検疫でトレセンにお戻しさせていただきました。まだ牧場でも動き切れないところがありましたので、こちらでしっかり乗り込んだうえで、具体的な予定を相談させていただきたいと思います」(12/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

10月の京都でのデビュー予定が出て帰厩間近でしたが、その後に疲れが表面化。回復が思いのほか時間を要してしまいましたが、ヴァンタブラックは何とか年内に帰厩することが出来ました。

ただ、現状で550キロ前後と馬体を持て余しているので、デビューへ向かうにはコツコツ乗り込み、ひとまず馬体を絞り込んでいかないといけません。また、ピリッとしたところを出す為に早目に1度使うことも検討されるでしょうが、抽優馬として選んだ馬なのでデビュー戦から勝ち負けできるレベルまで態勢を整えて欲しいところ。坂路で徐々に時計を詰めて行きながら、体力が整ってくればCWや芝で操縦性を高めてもらえればと思います。

2019年12月 3日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~16秒

厩舎長「年明けのレースを目標に徐々にピッチを上げていますが、ここまで順調そのものですね。トモに疲れが出ることもなく、順調に進められていますから、いつ声が掛かってもいいように乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は485キロです」(11/29近況)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~16秒

厩舎長「徐々に負荷を掛けているところですが、脚元に疲れが出ることはなく、コンディションも良いですよ。馬体はまだ緩いですが、乗り込んでいくにつれてしっかりしてきているのは確かですから、坂路で乗らない日はトレッドミルでじっくり時間を掛けて運動を続けていきたいと思います。馬体重は561キロです」(11/29近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに移動後も目立った疲れはなく、体調も問題ありませんでしたので、先週末から調教を開始しています。跨った感触は悪くありませんし、このまま進めていっても問題ないでしょうから、週末にラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばして行こうと思います。馬体重は518キロです」(11/29近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も疲れを見せることはないですし、動きの方も登坂回数を重ねていくにつれて良くなってきましたよ。去勢した後もホルモンのバランスが崩れることもなく、良い体付きを維持していますし、コンディションは安定しています。馬体が緩むこともなかったですし、この調子で乗り込みながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は493キロです」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リアンティサージュは夏の小倉戦以来、実戦から遠ざかっていますが、1度使っている分、仕上げやすさはあると思います。トモに疲れが出ないように日々のケアをお願いします。

ヴァンタブラックは淡々と乗り込むことが出来ているのは○ですが、馬体重が更に増えているのが悩ましいところ。それだけ食欲旺盛なのでしょうが、これ以上増えるようだとカイバの量の調整など手を打つべきかなと思います。

ハーツクリスタルはデビュー戦の疲れを見せることなく、すぐに普通キャンターを開始。ハロン15秒の調教もそう遠からず始められそうですし、心身の成長を促しつつ、鍛え上げていって欲しいです。また、1度使ったことで良い意味でのピリッとした感じが出てきてもらいたいです。

ベルラガッツォはホルモンバランスを崩すことなく、与えられたメニューをしっかりこなしています。走ることに関しては良いモノはあると思うので、気性面で隠し持っているズルさがこの去勢手術によって緩和・解消へと繋がってくれればと思います。

2019年11月28日 (木)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・須貝厩舎)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~16秒

しがらき担当者「トモの具合もだいぶ良化が見られますし、今週から坂路コースのペースを速い日ではハロン15秒まで上げています。まだ動きについては上向かせていかないといけない部分があるものの、この馬なりに順調にはきていますし、年明けの出走を目指して状態を整えていきたいですね。馬体重は482キロです」(11/22近況)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~16秒

しがらき担当者「ここまで慎重にハロン17秒ペースの乗り込みを続けてきましたが、この馬なりにだいぶしっかりと動けるようになってきましたので、今週からハロン15秒まで脚を伸ばしています。一歩前進できたのは良かったですが、馬体はまだ緩さが目立ちますし、しばらくはこれくらいのところで乗り込んで引き締めていきたいですね。馬体重は554キロです」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リアンティサージュは坂路でハロン15秒を乗り出していますが、今のところは疲れ・反動はなし。動きに関してはこれから磨きを掛けていかないとダメですが、焦る必要はありません。また、1度実戦を経験していることで心身の成長が伴っていれば嬉しいのですが。

ヴァンタブラックも坂路でハロン15秒までペースアップ。ひとまず無難に対応できたようですが、馬体にはかなり余裕がある現状。当面はこれ以上のペースアップは避け、丁寧に本数を重ねていってもらえればと思います。夏の中京デビュー予定から大きくズレ込んでしまいましたが、ここまで立ち直ってきたのでもう後退することがないようにお願いします。

2019年11月20日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていますし、今の調教メニューなら最後まで余力十分ですよ。ペースを上げても問題なさそうですが、反動が出てしまうといけませんから、段階を踏みながら徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は554キロです」(11/15近況)

Photo エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。心身共に幼さが残りますが、その中でもしっかり動けるようになってきましたし、力強さも出てきましたよ。あとは飼い葉食いが実になって、もう一回り大きくなってくれると、更に馬体が良くなってくるでしょうから、帰厩の声が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は445キロです」(11/15近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も先週と同じペースで調教を行っていますが、コンディションは良いですし、順調に進められていますよ。術後は馬体が萎むこともなく、安定していますし、この調子ならそろそろペースを上げて行っても問題なさそうですね。馬体重は507キロです」(11/15近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「もう一回りフックラしてほしいところですが、負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることはありませんし、ここまで順調に進められていますよ。皮膚病もケアを行っていることで、酷くなることはありませんし、引き続き治療を続けていけば治まってくるでしょう。動きとしては段々と良くなってきましたから、帰厩の声が掛かるまでこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は458キロです」(11/15近況)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「坂路で乗り出した後もトモの状態は変わりありませんし、運動後も疲れを見せることはありません。このままペースを上げて行っても問題ないと思いますが、焦ってぶり返してしまうといけませんから、もう少し時間を掛けてから、徐々に負荷を掛けていきたいと考えています。馬体重は480キロです」(11/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは普通キャンターなら悠々と対応してくれていますが、大型馬ゆえの緩さが目立つ1頭なので、焦ってしまうとここまで積み重ねてきたことが台無しになりかねません。コツコツ乗り込みながらまずは馬体を引き締めてもらいたいです。

エルスネルはコツコツ乗り込んできて、動きは確実に良くなってきている様子。素質はそれなりにあると思うので、課題点の解消がより重要に。まあ、こればかりは時間を掛けていかないとダメですが。

気難しさを発散することはないベルラガッツォ。それだけに掴み切れない面が多いと思います。また、去勢手術を終えてしまいましたが、それが走ることへの闘争心を低下させることにならなければ良いのですが。血統馬なので巻き返して欲しいですが、現状は期待よりも不安が先立ちます。

オーサムゲイルは乗り込み自体は順調ですが、それに比例して馬体が良くなってきているかとなると…。物足りないのは内面の弱さを抱えているのでしょうねえ。胃潰瘍の有無を調べたり、1度調べても良いのかなと思います。

リアンティサージュも先週と同じ調教メニューを消化。疲れを見せることなく元気一杯ですが、焦ってトモに疲れ・反動が出てしまってはやり直しになるので、これぐらいのペースで土台を築いていくことになりそう。もどかしさはありますが、ここでの我慢が先々に繋がってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ