出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「プチノワールの17」の10件の投稿

2018年12月 4日 (火)

シルクなお馬さん(1歳牡馬・関西馬)

Photo_3 ベッラレイアの17(牡・中内田)父オルフェーヴル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「周回コースでゆっくりと下地を作ったことで、この中間からスムーズに坂路調教を開始することが出来ました。先月と比べると動きは随分良くなってきており、体全体を使ったダイナミックな走りで元気良く登坂しています。ただ、人が跨った瞬間はビクビクしている感じがあり、まだ完全に人に慣れていないようですから、コンタクトをしっかり取って改善していきたいと思います。馬体に関しては、トモ高でこれから更に成長してきそうですし、飼い葉をしっかり食べていることから体重以上に見た目もふっくらとしてきました。また、毛艶も格段に良くなってきましたので、状態は上がっているように思えます。このまま順調にペースアップしていければと思いますが、くれぐれも状態面を優先して進めていきます。馬体重は459キロです」(12/1近況)

Photo_3 プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日はウォーキングマシン

担当者「その後も順調に調教を進めることが出来ており、この中間からハロン16秒までペースを上げています。まだ体力が付き切っていないですし、あまりやり過ぎて疲れを溜め込んでしまわないよう、メニューにメリハリを付けて進めていますが、飼い葉はしっかりと食べて健康状態は良好です。まだ左右にフラフラして坂路での動きに頼りなさは残りますが、乗り味はさすが良血馬だけあるなと思わせますし、これから乗り込んでいけばもっとしっかりと走れるようになるでしょう。兄姉に比べれば扱いやすい印象ですが、周りに敏感なところがあるのでよく気を付けて進めていきたいと思います。馬体重は483キロです」(12/1近況)

Photo_3 パーフェクトジョイの17(牡・小崎)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター3200m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から坂路と周回コースの調教を始めました。まだ全体的に頼り無さは残るものの、走りのバランスや動きに関して特に問題はありません。初期馴致で少し疲れが溜まっていたので休ませた期間もありましたが、その分状態は上がっていますし、元気に日々を過ごすことが出来ています。馬体は多少コンパクトに映りますが、産まれも早い方ではありませんので、これから鍛えていけば筋肉がついて見映えのする体になってくるでしょう。今後は少しずつペースアップしていく予定ですが、あくまでも馬の状態を第一に進めていきたいと思います。馬体重は429キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベッラレイアの17は相変わらず人を乗せるのに躊躇するところがありますが、走り出せば、動きは問題ない様子。人とのコンタクトが良くなってくれば、前向きさも出てくると思います。また、馬体も成長期で少し崩れも見られるので、寒い時季は無理せずマイペース調整を継続していってもらえればと思います。まあ、2歳の秋口のデビューを目指す感じで良いのかなと見ています。

プチノワールの17は周囲に敏感なところがあるので、物見をしたり、坂路でフラつく面を覗かせるのでしょう。まあ、この点については慣らしていくことで改善を図っていくしかありません。学習能力はあるので丁寧に接してもらえれば。垢抜けた馬体は惚れ惚れします。

他馬と比べると、非力さが目立つパーフェクトジョイの17ですが、この馬なりには馬体重を増やし、良い方へと向かっていると思います。素直な気性も魅力の1つ。血統的に奥行きはあるので、今は我慢の時期。まずは大きな怪我・トラブルがないように進めていってもらえれば十分です。

2018年11月25日 (日)

【動画更新】プチノワールの17

↑↑↑

Photo_3 プチノワールの17

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教動画がアップされるのを楽しみに待っていた1頭のプラノワールの17。いきなりのカメラ目線で始まりましたが、1歳の若駒らしく幼さ満載。右へ左へフラフラしつつ、他馬の動きにも過敏に反応。最後は手応え・反応も鈍くなっていますが、前進気勢は○。まあ、調教を重ねていくことで学習し、幼さが抜けてくれば、力強いフットワークで坂路を駆け上がってくれるでしょう。これからの変化・成長を楽しんでいければと思います。

2018年11月 8日 (木)

シルクなお馬さん(1歳牡馬・NF早来組)

Photo_3 プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「この中間はロンギ場でのフラットワークに加え、週2回は坂路コースでハロン17~18秒ペースで登坂しています。調教の負荷を少しずつ上げていますが、飼い食いが落ちることなく、逆に体重が増えており好馬体を維持しています。物見をするなど、メンタル面で少し余裕のないところがありますが、基本的に素直な性格ではあるので、慣れてくれば解消されてくると思います。馬体は立派ですし、動きもしっかりしており、乗り味も抜群です。後は気持ちに余裕が出てくれば言うことはないですね。坂路調教時の手応えにはまだ余裕がありますので、これから少しずつ調教強度を上げていきます。馬体重は492キロです」(11/1近況)

Photo_3 サロミナの17(牡・堀)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「調教開始後も順調に進められていることから、この中間は週に1回坂路で軽めのキャンターを開始しています。それ以外の日は周回コースとトレッドミルでの運動を行っており、調教メニューを濃くしてもしっかり対応してくれていますし、この調子でどんどん進めて行けそうです。こちらの指示に嫌気を差すこともなく素直に応えてくれていますし、大人しく扱い易い気性の持ち主です。動きに関してはまだ自分から動き切れていないので、引き続き乗り込みながら鍛えていきたいと思いますが、背中の感触はいい馬なので将来性を感じています。馬体重は554キロです」(11/1近況)

Photo_3 プルーフオブラヴの17(牡・鹿戸)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「坂路調教を開始後も順調に進められていたことから、この中間はハロン18秒までペースを上げて乗り込みを強化しています。ペースアップ後も苦しいところを見せることもなく、前向きに調教に取り組めていますし、悪さもせず賢くこちらの指示に応えてくれています。乗り込んでいくにつれて体力がついてきたことで、力強さも身についてきたように感じます。体調面に関しても飼い葉をしっかり食べており、健康状態は良好ですので、この調子で調教を継続しながら成長を促していきたいと思います。馬体重は454キロです」(11/1近況)

Photo_3 サンドミエシュの17(牡・西園)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに入場後も順調に進めることが出来ています。現在はロンギ場で軽めの運動に加えてウォーキングマシンでの運動も取り入れています。大人しい性格で、こちらの手を煩わせることはありませんし、特に悪さをすることもありません。飼い食いもまずまずなことから馬体も数字以上にふっくらとみせており、良い状態をキープ出来ていると思います。今後もロンギ場で基礎体力をしっかりつけてから坂路コースでの調教に臨みますが、焦ってペースを上げることはせず、体の成長に合わせて進めていきます。馬体重は414キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの17は幼い面を多く残していますが、調教の負荷を高めていってもクタッとするところはなく、馬体を更に増やしているのは好感。凛とした佇まいをしています。走ってもらわないといけない馬なので、素質を開花できるように早い段階から色々教え込んでいってもらいたいです。

早い段階で育成厩舎へ移動したサロミナの17ですが、調教のピッチはなかなか上がってこず。550キロ超えまで増えた馬体重の持ち主なので、脚元に負担が掛かり過ぎないように慎重に進めているのでしょう。年明けぐらいからピッチを上げていってもらえればと思います。

父に似て真面目な性格のプルーフオブラヴの17。調教でも乗りやすい面が窺え、順調にペースアップすることが出来ています。今のところ気になる点はなし。総合力の高い競走馬になって欲しいです。

プルーフオブラヴの17と同じ父を持つサンドミエシュの17。基本、行儀の良い馬みたいですが、神経質なところがあるのか馬体重が減ってしまいました。繊細な面がレースへ行って悪い方へ作用しないように軌道に乗るまではより慎重に進めていってもらいたいです。

2018年10月 3日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

Photo_3 プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに移動してきてから環境にもすぐに慣れ、体調面や精神面に問題が出ることもなく落ち着いて過ごせております。現在は、ウォーキングマシン1時間にロンギ場でフラットワークを行っており、予定のメニューを毎日しっかりと取り組むことが出来ています。性格的には慎重なタイプですね。ロンギ場で初めて運動した時は、ロンギ場に入る時など動きにぎこちなさがありましたが、慣れるのが早く、いまではスムーズに運動することができています。この時期の1歳馬にしては立派な馬体ですし、背中にも安定感がありますから今後ビッシリと調教していくことが出来そうですよ。まずは、基礎体力をつけるべく、運動を継続していきます。馬体重は478キロです」(10/1近況)

Photo_3 ベッラレイアの17(牡・中内田)父オルフェーヴル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「先日の台風および震災の影響を受けることもなく、放牧地では活発な動きで駆け走っていました。こちらでは夜間放牧を継続し、日中はウォーキングマシンで週2~3回30分の運動を行っていました。先月より馬体重は順調に増えており、いい状態を保っていましたし、馴致の方は鞍付けまで進めていますが、非常に利口でスムーズに進めることが出来ました。態勢が整ったことから9月18日に育成先のノーザンファーム空港へ移動しましたが、移動後のトレーニングにもしっかりと対応してくれると思います。馬体重は451キロです」(10/1近況)

Photo_3 ペンカナプリンセスの17(牡・高野)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「骨片摘出手術後もすこぶる良好で、この中間はパドック放牧とウォーキングマシン30分まで運動量を増やしています。平行して鞍付けや体洗いなどの馴致も行っておりますが、基本的に大人しく何事にも動じない精神面の強さを見せています。思っていたよりの術後の回復が早く、声がかかればいつでも育成厩舎に移動できる状態まできています。馬体重は471キロです」(10/1近況)

Photo_3 パーフェクトジョイの17(牡・小崎)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「先日の台風ならびに震災の影響もなく、順調に深夜放牧を継続していました。馬体の方は遅生まれで少し小柄ですが、この馬なりに成長しており、先月より馬体重が19キロ増えました。気性面では特に問題なく、物覚えが早いタイプで、洗い馴致や鞍付けなども素直に受け入れてくれました。態勢が整ったことから9月26日にノーザンファーム空港へ移動しましたが、移動後のトレーニングにもしっかりと対応してくれることでしょう。馬体重は409キロです」(10/1近況)

Photo_3 サンドミエシュの17(牡・西園)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

早来ファーム担当者「態勢が整ったことから、9月20日にノーザンファーム早来へ移動しました。先日の台風ならびに震災の影響を受けることもなく、こちらでは順調に夜間放牧を行いながら体洗いや装鞍などの初期馴致を行っていました。この中間も飼い葉食いが悪くなることもなく、順調に放牧を重ねたことによって、体高が伸びて幅も出てきており、順調に成長してくれました。肌艶も冴えていい状態で育成先に送り出すことが出来ましたので、移動後も問題なく次のステップへと進めていくことが出来ると思います。馬体重は414キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの17は慎重な性格というのはちょっと意外ですが、飲み込みは早いので慣れてくれば大丈夫。また、この時期の1歳とすればしっかりしているようなので、本格的な騎乗運動が始まるのが楽しみです。

ベッラレイアの17は先月18日に育成厩舎へ。父オルフェーヴルによく見られる我の強さは見せず、教えられたことを素直に受け入れることができるタイプのよう。雰囲気の良さはずっと持ち合わせて欲しいものです。

ペンカナプリンセスの17は唯一育成厩舎へ移動していませんが、術後の回復が良いようなので当初の見込みより早目に移動が叶いそう。また、それほど運動をさせていないので腹回りはボテッと見せますが、肌艶の良さ・馬体の張りは上々。目力があって気持ちの強い馬なんでしょう。半兄ピボットポイントよりも競走馬向きの性格をしています。

パーフェクトジョイの17も育成厩舎へ移動してそれほど時間は経過していませんが、馬体重が20キロほど増えてきたのは何よりも○。また、今のところ父ルーラーシップのように気難しい面は見せていません。コツコツ乗り込むことで地道に体力を養っていってもらえればと思います。

じわじわ馬体重が増えてきているサンドミエシュの17。小柄な馬ですが、体高が伸びているというのは頼もしいです。今後も他馬以上にカイバを食わし込んで、馬体のボリュームアップを最優先で進めてもらえればと思います。

2018年9月12日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西牡馬)

Photo_3 プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

Yearling担当者「8月27日にノーザンファーム早来へ移動しています。こちらでは放牧地で発生した虫の影響で過剰運動量の為に夜間放牧を一時控え、日中放牧を行っていました。厩舎の中にいる時間が長い分、馴致を行う時間が増えていましたが、いい意味でポジティブに捉えています。負けん気が強い反面、性格的にはてこずらないタイプなので、スムーズに馴致を行うことが出来ました。いい状態で送り出すことが出来ましたので、ノーザンファーム早来へ移動した後もスムーズに進めていくことが出来ると思います。馬体重は472キロです」(9/1近況)

Photo_3 ベッラレイアの17(牡・中内田)父オルフェーヴル

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「放牧地で発生した虫の影響で夜間放牧が出来ない時期が数日ありましたが、現在は夜間放牧を再開しています。虫が多いと走り回ってしまって、一晩で体重をかなり減らしてしまう場合があるので日中放牧にして馬の体調を維持することを優先していました。放牧時間を切り替えたことで影響を少なくできたので、コンディションを落とすことなく順調に成長することが出来ています。洗い馴致の方も順調で、大人しく洗えています。近々、育成厩舎への移動に向けて鞍付けの馴致を始める予定です。馬体重は432キロです」(9/1近況)

Photo_3 パーフェクトジョイの17(牡・小崎)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「先月より馬体重の大きな変動はありませんが、毛艶は良好ですしいい健康状態にありますよ。この中間はウォーキングマシンの運動は控え、天候を確認しながら夜間放牧を継続していますが、元気いっぱいに走っています。馴致の方は煩いところを見せることなく順調に進められており、一人で洗うことが可能になりました。まだ鞍付けは実施していませんが、育成厩舎への移動に備えて体調を整えていきたいと思います。馬体重は390キロです」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プチノワールの17は先月27日に育成厩舎へ。他馬に対して負けん気の強いところを引き続き見せているようですが、堂々とした佇まいで兄姉のようなピリピリした感じは今のところ窺えません。同産駒のキタサンブラックも他馬を圧倒するオーラを放っていたので、この馬にもそういうところが出てきてくれれば嬉しい限りです。

ベッラレイアの17はこれから大きくなっていきそうな馬体の雰囲気。その中で皮膚が薄そうなのは○。身体能力は間違いなく高いと思うので、学習能力が備わっていれば大きく化けそうな気はするのですが…。地震による影響で育成厩舎への移動は遅れるでしょうが、ストレスを溜め込まずに日々過ごしてもらえればと思います。

パーフェクジョイの17は状態自体は良さそう。ただ、夜間放牧で元気に駆けまわっている影響なのか馬体重が増えていないのはちょっと心配。馬体のバランスは整っている1頭だと思うので、全体的にボリュームアップできるように取り組んでもらえればと思います。

2018年8月13日 (月)

【出資理由】プチノワールの17

Photo_3 プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

○馬体重 455キロ 体高 156.0センチ 胸囲 173.5センチ 管囲 21.5センチ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「こちらでは順調に夜間放牧を行えていました。他馬に対して負けん気が強い面がある為、軽度の擦り傷が絶えませんが、特に問題はありません。馴致に関しても、もともと頭の良い馬ですので順調進められていますし、洗いと鞍付け馴致まで終えています。父産駒の中では柔軟な関節を持ち、しなやかかつ力強い走りが出来ていますね。最優秀2歳牝馬を獲得した半姉に劣らない能力の高さが既に垣間見えます。馬体重は460キロです」(8/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集カタログ&DVDを見ていて、1番最初に目に留まったのが同馬。青鹿毛の毛色が余計に洗練されたイメージを与えているとは思いますが、他馬にはない雰囲気の良さ。ピリッとした面を持っていた兄姉とちょっと違い、堂々とした立ち振る舞っているのは頼もしい限りです。バランスの取れた馬体も勿論目立ちます。

多少、踏み込みが甘いのかなとDVDでは見えましたが、ツアーの動画ではそういう面はなし。近況でも触れられているように関節が柔軟なので、前脚の可動域が大きいです。芝で素軽い走りを見せてくれそうです。

シルクでは人気の母系ですが、父ブラックタイド+価格で票数はそれほど伸びないのかなと見ていましたが、最終的には1200口に迫る勢い。実績は高くなりそうな予感がしていたので、獲得を目指すために抽優馬に指定。437口の抽優票があり約50%の確率でしたが、何とか出資できることとなりました。

あとはとにかく無事に育成が進んでいくことを願うばかりです。そしてその中で楽しみな資質を示し、私の期待感を高めていってもらいたいものです。

2018年8月 8日 (水)

【シルク】第1次募集の抽選結果

昨年同様に週明けの月曜日に満口馬・必要実績の案内。そして出資馬の当落が判明するのかなと見ていましたが、午後7時過ぎにマイペースに入ってみると、上記の抽選結果がアップロードされていました。

これまで全く抽選で恩恵を受けてこなかったのですが、抽優馬のプチノワールの17はまたもダメかなと目をやると、当選口数の欄に赤い数字。走る走らないは別にして1番欲しかった馬なので正直ホッとしました。

そして上から順に確認していくとダメ元で申し込んでいたベッラレイアの17にも当選口数のところに赤い数字。実績でギリギリ滑り込むことが出来たようです。高実績者の10口攻撃は少なく、全体的に申し込みが多かったみたいですね。抽優馬の抽選に突破した同様に嬉しかったです。

あとは満口に届いていなかった馬(5頭)、サロミナの17・シャトーブランシュの17・ポーレンの17も実績で大丈夫でした。

その結果、10頭申し込んで10頭の出資が確定。ちょっとやり過ぎた感は正直ありますが、募集DVDでの歩様・前後の連動、雰囲気を見て気に入った馬たちなので満足しています。ご一緒の方はどうぞよろしくお願い致します。

【シルク】第1次募集で満口となった募集馬の必要出資実績

500口を超えるお申込みをいただき抽選となりました募集馬で、実績枠でご出資いただくために必要でした過去3世代(2014年産、2015年産、2016年産)の出資実績(ボーダーライン)は以下のとおりです。

[抽選となりました募集馬の必要出資実績(単位:円)]
1.モシーンの17  1,564,000
3.ピラミマの17  1,464,000
5.サロミナの17  906,000
6.ポーレンの17  596,000
10.ローマンエンプレスの17  1,312,000
11.ロザリンドの17  5,252,000
12.アイムユアーズの17  10,618,000
13.ウインフロレゾンの17  902,000
14.ウィズザフロウの17  508,000
18.アドマイヤセプターの17  7,894,000
21.スナッチドの17  1,042,000
22.ラトーナの17  1,268,000
25.ウルトラブレンドの17  2,370,000
27.レースウィングの17  574,000
28.ユキチャンの17  718,000
29.エンプレスティアラの17  766,000
31.シャンボールフィズの17  652,000
33.ポルケテスエーニョの17  866,000
35.ミュージカルウェイの17  2,616,000
36.リアアントニアの17  4,106,000
39.マンビアの17  580,000
40.メジロアリスの17  1,048,000
41.シーイズトウショウの17  1,936,000
42.ルージュクールの17  2,780,000
44.シャトーブランシュの17  950,000
45.チアズメッセージの17  1,130,000
46.タイタンクイーンの17  7,712,000
47.ベッラレイアの17  1,452,000
51.モンローブロンドの17  412,000
54.ディープストーリーの17  1,260,000
56.サダムグランジュテの17  622,000
57.レスペランスの17  1,326,000
60.プチノワールの17  3,514,000
61.アーデルハイトの17  974,000
62.アンティフォナの17  3,142,000
63.プロミストスパークの17  1,050,000
65.テーブルロンドの17  968,000

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アイムユアーズの実績が1000万超え。アドマイヤセプター・タイタンクイーンは700万台、ロザリンド・リアアントニアなども私には手に負えません。また、これらは抽優馬の申し込みが200口の倍以上になっているので、獲得を目指すとなると抽優馬という切り札を使っての運頼みになってきます。

その一方、募集馬検討会の段階で満口ギリギリのラインと想定される馬(ディープインパクト産駒以外)は満口になったとしても実績は2桁で収まっています。この辺りで動きの良さそうな馬を第一次募集の段階でしっかり押さえていかないとダメなのかなと思います。

【シルク】第1次募集★満口馬が37頭に

集計の結果、以下の37頭の募集馬は申込口数が500口を超えましたので、300口は過去3世代(2014年産、2015年産、2016年産)への出資実績、200口は抽選で出資者を決定させていただくこととなりました。

◆満口馬および申込口数(申込口数順)◆
募集馬名        総お申込み口数 うち抽選時優先馬口数
18.アドマイヤセプターの17  2629       1193
12.アイムユアーズの17    2426         1036
46.タイタンクイーンの17    2029       724
11.ロザリンドの17       1898          753
62.アンティフォナの17     1695          479
42.ルージュクールの17    1667        574
54.ディープストーリーの17  1611        611
25.ウルトラブレンドの17   1599          315
41.シーイズトウショウの17  1447       492
57.レスペランスの17            1355       351
35.ミュージカルウェイの17  1338       594
47.ベッラレイアの17      1306       478
36.リアアントニアの17     1275       527
60.プチノワールの17      1188      437
22.ラトーナの17         1127      232
40.メジロアリスの17      1101       278
61.アーデルハイトの17     991       196
13.ウインフロレゾンの17    974       256
65.テーブルロンドの17     974       123
10.ローマンエンプレスの17  964        244
45.チアズメッセージの17    904       189
21.スナッチドの17        850       203
33.ポルケテスエーニョの17  844        166
63.プロミストスパークの17   835       137
28.ユキチャンの17        760       142
44.シャトーブランシュの17    721       147
6.ポーレンの17          689        87
3.ピラミマの17           683       213
31.シャンボールフィズの17   674        92
29.エンプレスティアラの17    646       58
39.マンビアの17          643      115
56.サダムグランジュテの17   643       77
14.ウィズザフロウの17      629       87
27.レースウィングの17      626       70
5.サロミナの17           585      164
1.モシーンの17           583      190
51.モンローブロンドの17     511        56

上記以外の募集馬はお申込み口数が500口以内でしたので、お申込みいただいた皆様のご出資が決定しております。抽選となりました募集馬の必要実績(300口のボーダーライン)は抽選結果反映時に発表させていただく予定にしておりますので、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

65頭の募集馬中、第一次募集で37頭が満口に。1年ごとに勢いは増していきますね。早い段階でランクインしていた馬は凄まじい口数ですし、次の記事で紹介する実績も桁違いです。

ただ、個人的には良血馬とはいえ、繊細さを抱えている牝馬に現段階で期待を掛けるのはリスキーな気も。素質が開花すれば大きいところを意識できるんでしょうが…。

2018年8月 1日 (水)

【シルク】第1次募集・申し込み

Photo プチノワールの17(牡・須貝)父ブラックタイド

⇒⇒抽優馬

Photo サロミナの17

Photo ポーレンの17

Photo プルーフオブラヴの17

Photo ペンカナプリンセスの17

Photo サンドミエシュの17

Photo シャトーブランシュの17

Photo ベッラレイアの17

Photo パーフェクトジョイの17

Photo シーズインクルーデッドの17

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

慌ただしくしておりまして、募集馬についてあまり触れてなかったのですが、上記10頭に出資申し込みしました。

抽優馬は走るかどうかは別にして、単純に1番気に入った馬のプチノワールの17へ。最終的にどこまで集まるか分かりませんが、何とか縁があればと思います。

ベッラレイアの17は取れないと思いますが、一応申し込み。あとは出資申し込み状況を見ながら、出資できそうな馬を囲い込みにいく作戦(笑)。ペンカナプリンセスの17は骨片の摘出手術を行うことでリスクを伴いますが、もう1回騙されてみようかなという心境。サロミナの17も大型・短い繋ぎは懸念材料ですが、シンメタリーの流星で端正な顔立ち。馬体はまとまりがあると思うので。スピードがあるかどうかは何ともですが…。ポーレンの17はロードで出資していたデルフィーノに近い印象。また、シルクメビウスでシルクに入会した身とすれば、タナパク厩舎に還元しようかなと。

あとは懲りずに父ロードカナロア産駒を。プルーフオブラヴの17・シャトーブランシュの17は個人的にデキが良さそうに見えました。サンドミエシュの17は我慢すれば良かったのですが、気の強そうな点とトモの踏み込みが良い点を評価して。

パーフェクトジョイの17も小さいですが、こちらは遅生まれ。何気にルーラーシップ産駒は毎年出資しています。馬体の雰囲気&歩様は個人的に好感。ドレークのように芝の中長距離で息の長い活躍を期待したいです。

シーズインクルーデッドの17は芝で切れそうなイメージ。美人なのも好感。現2歳のエレンボーゲンに近いイメージを持っています。

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ