2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「オーサムゲイル」の58件の投稿

2020年3月27日 (金)

地方交流戦で前進を見込んでいましたが、まさかまさかの11着。繊細な牝馬の悪い面(輸送による馬体減+周りを気にする)が出てしまった感じ。★オーサムゲイル

202001nf_20200327072201

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

3/26園田6R 摩耶山特別(ダ1400m)11着(6番人気)田中学

ブリンカーを着用しています。まずまずのスタートを切りますが、流れに乗り切れず中団やや後方7~8番手を追走します。3コーナーを過ぎたあたりで押し上げて行こうとしますが前が詰まり、最後の直線もジリジリとしか伸びず11着でゴールしています。

高柳大師「状態としてはこの馬なりに良くなっていると思っていましたが、飼い葉を食べている割には実にならず、それに園田までの輸送で馬体重が減ってしまいました。レースではスタートはそこまで遅くなかったものの、流れに乗り切れなかったことと、内の馬場が軽いことから、ジョッキーの判断でロスなく立ち回ったようですが、結果的に早く外に出していれば勝負どころで前が壁になることもなく、もう少しスムーズに仕掛けて行けたと田中学騎手が言っていました。それに周りの馬を気にして怯むところも見せていたようですし、最後の直線で馬群がばらけてやっと力を出したようですから、結果的に脚を余す形になってしまいました。この馬なりに良くなってきていますが、もう少し成長を促す必要がありますし、馬体重も減ってしまいましたから、この後は一旦牧場へ戻して立て直してもらってから、次走の予定を考えて行きたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

あとから調べると予定通り23日も時計を出して、ここへ臨んできたオーサムゲイル。陣営のやる気は感じるのですが、結果的にそれが裏目に出たのか、馬体重は7キロ減の407キロでの出走に。小さい馬だけにマイナス7キロでも痛いところです。

映像を見ると、レースは中団追走で向正面まではさほど悪くなかったと思いますが、ペースアップした3角からの反応は一息。外枠なら動いていけたかもしれませんが、最内枠だったのでモタモタと。ブリンカーを装着していても、周りの気配で怯むような面も覗かせていたようです。馬群がバラけた最後はちょこっと伸びたようですが、結果は12頭中11着。地方交流戦でここまで負けていては正直どうしようもありません。

今後についてはまずは馬体の回復が先決。近日中にNFしがらきへ放牧に出ることになるでしょう。また、硬さがあるとはいえ、非力さも目立つ現状からダートでは辛そう。変わり身は期待できないでしょうが、次走では芝を試して欲しいです。その為にはしっかり節を稼ぎ、その間に心身の成長を促してもらえればと思います。何とか食べたものが実になってくれるように熟考してもらいたいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

⇒⇒27日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(27日・最新情報より)

2020年3月24日 (火)

26日の園田・摩耶山特別へ出走することになりました。☆オーサムゲイル

2019121400_20200324054801

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:園田3月26日・摩耶山特別(田中学J)

高柳大師「3月26日の園田・摩耶山特別に入りましたので、メンバーを考慮した結果、そちらに向かうことにしました。競馬が来週の木曜日ですから、19日に坂路で時計を出し、23日にも時計を出す予定です。この馬なりに本数を重ねていくにつれて時計を詰めてきていますし、動きも良くなっています。集中力を高める為にブリンカーを着けていますが、横の馬を気にすることもなく、最後まで真面目に走っていますし、初戦の頃より走りに対して集中しているので、この馬なりに良くなっていると思います。抜け出して1頭になるとフッと気を抜くところがありますが、初戦はそこまでスタートが速くなかったことを考えると、ハナに立つことはないでしょうし、好位で上手く流れに乗ることが出来れば良いですね。園田競馬場のコースを熟知している騎手に乗ってもらいたいと思ったので、園田競馬所属で昨年地方通算4000勝を挙げられた田中学騎手に依頼しました」(3/19近況)

助 手 19栗坂良 53.8- 39.0- 25.6- 13.0 一杯に追う ゴーンホーム(三未勝)強めに0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

園田か笠松の地方交流戦へ入るならそちらを優先しようということだったオーサムゲイルは26日の園田・摩耶山特別の出走枠に入ることが出来たので、JRAでの出走を見合わせてこちらへ回ることとなりました。

19日の追い切りに関しては、オーサムゲイルとすれば動いた方かなと。併せているうちは集中力を維持できているのは好感。ブリンカーの効果は認められるでしょう。ただ、予定していた23日の時計を見送っているので、カイバ食いが徐々に落ちてきているのでしょう。どこまで馬体を維持してレースへ臨めるかがやはりポイントにはなってきそう。また、非力な馬なので園田の力の要るダートがどう出るかでしょう。

ここで苦戦するようだと厳しいですが、何とかキャリア2戦目で前進してくれることを願っています。

2020年3月12日 (木)

今週の出走は見送り、笠松と園田の地方交流戦へ登録予定。★オーサムゲイル

201912_20200312055201

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで追い切り

高柳大師「11日の追い切りでは、ブリンカーを着けて坂路で時計を出してみましたが、併走している間は集中して走ってくれたものの、抜け出しに掛かるとフッと力を抜いて相手を待つところがありました。仕掛けに入るまでは良い手応えだったと騎乗者が言っていましたから、レースでは早めに抜け出さなければ問題ないでしょう。今週末に笠松と園田の地方交流戦の特別登録があるので、頭数が少ない方に申し込む予定です。もし、どちらも入らない場合は来週の阪神か中京で出走させようと思います」(3/11近況)

助 手 8栗坂稍 54.0- 39.6- 26.3- 13.0 馬なり余力 アヴグラン(新馬)馬なりを0.2秒追走同入
植 野 11栗坂重 54.1- 40.0- 26.6- 13.4 一杯に追う サワーソップ(三未勝)一杯に0.1秒先行0.6秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

月曜日の段階では週末のレースを視野に入れていたオーサムゲイル。11日の追い切りでは先週同様にブリンカーを装着して併せ馬を敢行。時計は地味で最後はフワッとしてしまったようですが、一応先着。抜け出すまでの雰囲気は良かったようです。そして週末のレースへGOサインが出るのかなと見ていたら、今週は自重して週末の地方交流戦の登録を行うことに。笠松と園田の両睨みですが、頭数が少ない方へ申し込むとのこと。もし、枠に入らない場合は来週の競馬へ回る方針になりました。ただ、来週は3日間開催なので中京では競馬はありません。

仮に地方交流戦で勝ったとしても、1勝クラスでは荷が重いでしょうし、地方交流戦で負けてしまったら、3歳未勝利が終わるまでに1勝を挙げることはほぼ不可能かもしれません。いばらの道しか待っていませんが、レースを経験しつつ、心身ともにタフさを備えていってくれることを願っています。

2020年3月 9日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・入厩組)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日に芝コースで追い切り

高柳大師「4日に適性を確認するために芝で追い切ってみたところ、走りそのものは悪くなかったですが、捌きや道中の走りを見る限りやはりダートの方が良さそうですね。良くなるのはもう少し先かもしれませんが、この馬なりには動けるようになってきています。飼い葉食いが良い方ではなく、あまり時間をかけたくないので、地方交流戦も含めて少しでも有利な番組に投票していきたいと思います」(3/5近況)

助 手 4栗芝稍 86.7- 70.4- 53.8- 39.1- 12.1 強め余力 アヴグラン(新馬)強めの外同入

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計
・次走予定:3月20日の中山・フラワーカップ(G3)・池添J

田中博師「4日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はポレンティアが追走して、直線では内に入れて脚を伸ばし、最後は同入しています。半マイルからの追い切りで、時計的にもそれほど目立つものではなかったですが、走りは最後まで力強かったですし、良い動きだったと思います。この馬のウィークポイントの右トモも、悪い時だとダクをさせると結構歩様に見せてしまうのですが、今はそういったこともなく良い状態だと言えるでしょう。また、精神的にも前走時は馬が少し怒っているような感じがあったのですが、今回は落ち着いていて飼い葉もしっかりと食べていますし、心身ともに良い状態だと思いますよ。フラワーカップの鞍上は、引き続き池添謙一騎手に依頼しています」(3/5近況)

助 手 1美坂稍 57.1- 41.5- 27.1- 13.2 馬なり余力
助 手 4南W良 53.6- 39.5- 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルは帰厩後、ひとまず順調に時計をマーク。4日の追い切りでは芝の感触を確かめたようですが、柔らかみに欠けるところがあるので、ダートの方が無難な様子。洋芝とかならありかもしれません。また、競馬ブックの調教の短評を見ると、ブリンカーを着用していた様子。効果があるようなら、次走から早速着用して臨むことになってくるでしょう。

ポレンティアはまだ少しレースが先なので、無理をさせない程度で追い切りを重ねていますが、一息入ったことで精神面で余裕が窺えますし、馬体面での疲れは解消できています。これから体質が強くなってくれれば更に良くなると思うのですが、良い雰囲気を維持できているので、次走のフラワーCでも良いところはある筈。未定だった鞍上は引き続き池添Jに。しっかり手の内に入れてくれているので頼もしいです。1ハロンの距離延長は問題ないので、追走が楽になることで道中の機動力が生き、粘り強さをレースで見せてもらいたいです。

2020年3月 3日 (火)

25日に栗東・高柳大厩舎へ帰厩しています。☆オーサムゲイル

202002_20200229060201

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:25日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:坂路コースでキャンター

高柳大師「放牧に出した後は牧場で鍛え直してもらっていましたが、態勢が整ったことから25日の検疫でトレセンに戻しました。飼い葉食いが良い方ではないですし、あまり時間を掛け過ぎると良くないので、その辺りに気を付けながら仕上げて行こうと思います。具体的な予定は動きを見て決めていく予定ですが、良い番組があれば地方交流戦にも申し込んでおこうと思います」(2/26近況)

助 手 27栗坂重 55.9- 41.0- 26.8- 13.3 馬なり余力 アヴグラン(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 1栗坂重 59.1- 43.3- 28.8- 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体のボリュームアップ・維持に苦労しつつ、NFしがらきでコツコツ乗り込んできたオーサムゲイル。先月25日の検疫で栗東・高柳大厩舎へ帰厩しています。

早速坂路で乗り出せているようにオーサムゲイルとすれば状態は良さそう。ただ、トレセンへ入るとピリピリし出すでしょうから、ここからの馬体重の維持が1つ課題に。追い切りも行わないといけませんから。

早ければ来週にも出走となるのでしょう。ただ、地方交流戦にも視野を入れているように、未勝利突破は現状では難しいと言わざるを得ません。

2020年2月25日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「ペース自体は先週と同じですが、息づかいはしっかり出来ていますし、調教を続けていても疲れを見せることはありません。予定が決まるまでもう暫く今の感じで進めていくことになっているので、周回・坂路コースでじっくり乗り込みながら鍛えていこうと思います。馬体重は574キロです」(2/21近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「順調に進めていたのですが、週明けに熱発してしまったために現在は軽めの運動に控えています。ただ、すぐ熱が治まり、体調も安定していますので、このまま問題なければ来週から再び乗り出して行けると思います。馬体重は474キロです」(2/21近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も疲れを見せることはないですし、この中間は馬体重が増えてきているぐらいですから、ようやく中身がしっかりしてきましたね。それに伴って動きも良くなってきているので、ここまで時間を掛けてきた甲斐があります。高柳大師から、来週か再来週には帰厩させたいと連絡を受けているので、今の状態を維持しながら移動に備えておきたいと思います。馬体重は443キロです」(2/21近況)

⇒⇒25日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(24日・最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは引き続き普通キャンターで周回コース&坂路での乗り込みを消化。元々、土台のしっかりした馬ですが、地道な取り組みで内面の強化が進んでいるのは何より。3月になれば早々に帰厩の声が届くと思うので、体調管理に重点を置いてもらえればと思います。

パーフェクトルールは帰厩へ向けてピッチを上げていましたが、この中間に熱発を発症。幸い、すぐ熱が治まったようなので、後々への影響は少ない筈。前向きに捉えると良いリフレッシュになったのかなと思います。

オーサムゲイルはそれなりの負荷を高めながら、馬体重がフックラしてきたのは好感。少しずつ内面が強化されてきたのでしょう。また、近々帰厩ということでしたが、24日の最新情報で本日25日に栗東へ戻る予定となりました。

2020年2月15日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も負荷を掛けて鍛えていますが、この馬なりに動きが良くなってきました。後は飼い葉食いが実になってもう一回り大きくなってくれると、力がついて動きも更に良くなってきそうです。体調は変わりありませんし、飼い葉食いもこの馬なりに安定しているので、帰厩の声が掛かるまで乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は437キロです」(2/14近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースを終いハロン13秒まで上げていますが、ペースアップ後も動きはしっかりとしていますね。坂路で乗らない日にはトレッドミルで強めのところを行って、内面の強化に努めています。馬体重は507キロです」(2/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルは先週同様に負荷を掛けていますが、馬体重を何とか維持して対応。ひと追い毎に動きは良くなっているようですが、帰厩後に追い切りを重ねるごとに馬体重が減ってしまうようでは心配。食べたものが少しずつでも筋肉として実になってもらいたいです。

ポレンティアは1歩前進する形でハロン14秒のペースで乗って、ラストは13秒まで伸ばすように。膝を含め脚元のケアは念入りに行って欲しいですが、動き自体は良好。今後もトレッドミルを有効活用してもらい、帰厩後の追い切りに耐えられる下地をコツコツ整えていってもらいたいです。

2020年2月13日 (木)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「乗り出した後も順調に進められており、坂路のペースを少しずつ上げているところです。こちらではこれまで通り落ち着いて調教が行えていますし、コンディションも良いので、ここまで理想通りに進めることが出来ていますよ。馬体重は571キロです」(2/7近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「段階を踏みながら調教を行ってきましたが、その後も順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。ペースを上げた後もしっかり動けていますし、これならより負荷を掛けても大丈夫だと思いますので、週末から更にペースを上げていきたいと思います。馬体重は447キロです」(2/7近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じ調教メニューで乗り運動を続けていますが、段々と動きが素軽くなってきましたし、引き締まって良い体付きになってきましたよ。もう少し乗り込んでいく必要がありますが、ここまで順調に進められているので、負荷を掛けて更に動きを良くしていきたいと思います。馬体重は482キロです」(2/7近況)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、特に目立った疲れはなかったので、今週からトレッドミルで運動を開始し、週半ばから坂路にも入れています。須貝師はこのまま問題なければ3月あたりのレースを目標に帰厩させたいと仰っていましたから、徐々に坂路のペースを上げて行きたいと思います。馬体重は542キロです」(2/7近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じ調教メニューで乗り込みながら鍛えていますが、まだ力が付き切っていないのか、最後の方はフラフラになってしまいますね。前半の動きは悪くないので、体力が付く様にしっかり鍛えていきたいと思います。体調面は、飼い葉食いが細いものの、馬体重は維持できていますが、もう一回りフックラしてくれると良いですね。馬体重は436キロです」(2/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは騎乗運動を開始してそれほど時間は経っていませんが、現在は坂路で普通キャンターで乗れるまでペースアップ。馬体重は571キロと増えていますが、これから負荷を高めていけば良い感じに絞れていってくれるでしょう。順調に進んでいるのが嬉しいです。

エルスネルは坂路でハロン15秒のところを乗り出し、帰厩へ向けて1歩前進していますが、肝心の動きには目立った変化はなし。馬体重は減らずにキープ出来ていますが、450キロ→460キロと増えていく気配がありません。背中の良さは褒められますが、良化度が物足りません。

パーフェクトルールは時間が掛かっていますが、着実に良化中。ここから更に負荷を高めることになると思うので、しっかり踏ん張って、乗り越えて欲しいところ。そして今月中には栗東へ戻ってきてもらいたいです。

ヴァンタブラックはデビュー勝ちしてNFしがらきへ。ひとまず軽めの調整で余裕を持たせた後はトレッドミルを併用しながら、坂路で普通キャンターまでペースアップ。特に気になるところはないので、2戦目へ向けて、甘やかすことなく鍛えていってもらえればと思います。

オーサムゲイルは調教メニューをこなすことは出来ていますが、動きの質に関しては相変わらず「うーん」といったところ。カイバをよく食べるようになってくれれば全てが好転すると思うのですが、それが難しくて、叶わない現状です。

2020年2月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関西馬・NFしがらき組)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間から坂路で17-17から、ラスト1ハロン15秒までペースを上げています。成長を促すためにじっくり時間を掛けて運動を行っていますが、もう一皮むけてほしいところです。でも、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、このまま負荷を掛けて鍛えていきたいと思います。馬体重は443キロです」(1/31近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「徐々に動けるようになってきましたので、この中間から坂路で15-15から、ラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。まだもっさりとした感じですが、この馬なりに素軽くなってきていますので、このまま登坂回数を重ねながらピリッとしたところを引き出していきたいと思います。馬体重は484キロです」(1/31近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「テンションが上がらないようにじっくり進めてきましたが、気が逸れることもなく落ち着いており、順調に進められていますよ。この馬なりにしっかり動けるようになってきましたし、成長が感じられます。高橋忠師とは2月上旬の帰厩を目標に置いて話を進めているので、今の状態を維持しながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は477キロです」(1/31近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「坂路のペースを15-15まで上げた後も順調に進められましたので、この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばしています。開始して日が浅い為に、まだそこまで良い手応えで登坂出来ていませんが、これから本数を重ねていくにつれて余裕をもって駆け上がってくれるようになるでしょう。負荷を掛けた分、馬体重はやや減ってしまっていますが、飼い葉食いは良いので、そこまで気にしなくていいと思います。馬体重は439キロです」(1/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エルスネルは順調にメニューを消化していますが、馬体面での変化が乏しいのが寂しいところ。やはりこの辺りは早生まれなんでしょうねえ。また、カイ食いも旺盛とは言えないので、何とか食べる量を増やす努力をお願いします。

パーフェクトルールはコツコツ乗り込んで体力不足を解消されることが重要。良いモノはありそうなので、下地作りに精を出してもらえればと思います。

ミスビアンカは近々帰厩となりそう。長い目で見れば走ってくる1頭だと思いますが、心身共に良い方向へ進んでいけるように細心の注意を持って接してもらえればと思います。

オーサムゲイルは調教の負荷を高めましたが、それによって馬体が減ってしまうのが悩ましいところ。加減してしまうと体力が付いてきませんし。食の細い牝馬の難しさを改めて勉強することになっています。

2020年1月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂しています。負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることもなく、馬体重は維持できていますし、コンディションは良いですよ。ガラッと変わった感じはしませんが、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、帰厩の予定が決まるまでこの調子で成長を促していきたいですね。馬体重は475キロです」(1/24近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックでハッキング

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少しトモに疲れはあったものの、大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めの調整に止め、今週から乗り出しを開始していますが、今後は坂路入りも視野に入れながら進めていく予定です。馬体重は496キロです」(1/24近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、大きな変化はないものの、この馬なりにしっかりとした動きを見せてくれています。脂肪が付きやすい時期ですが、馬体のコンディションは良好で、乗り込むに連れて徐々に締まってきている印象です。
馬体重は519キロです」(1/24近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に調教が進められていましたので、この中間から坂路で15-15までペースを上げています。動きとしてはまだ力強さに欠けますが、この馬なりに良くなってきているのは確かなので、帰厩の予定が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。負荷を掛けた後も飼い葉食いは悪くなることもなく、馬体重は維持できているので、コンディションは良いですよ。馬体重は445キロです」(1/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは引き続き坂路でハロン15秒で乗り込み中。馬体重をキープできているのは良い傾向でしょう。地道に鍛えながらパワーアップしてきてくれればと思います。また、手前の替え方が下手な馬なので、この点についてもしっかり教育していってもらいたいです。

ポレンティアはレース後の疲れが少し残るぐらいで、脚元等には異常は見受けられず。早速ミニトラックで跨っているようですが、まずは感触をしっかり確かめ、それから坂路へと連れ出してもらえればと思います。それほど疲れはないのかもしれませんが、慎重を期してお願いします。

ルコントブルーは週3回登板し、引き続き鍛えられている様子。ルコントブルー自身もしっかり応えてくれているので、現状のメニューを2~3週間ほど継続できれば次のステップ(帰厩)へと進めるでしょう。まずは早めに1つ勝っておきたいです。

オーサムゲイルは坂路でハロン15秒の調教を開始。非力さを感じる動きなのは物足りないですが、根気よく乗り込んでいってパワーが備わってくれれれば。カイ食いが良ければ、実になってくれるのでしょうが、牝馬らしい性格の持ち主なので思うようには成長していってくれません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ