最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「オーサムゲイル」の68件の投稿

2020年6月 3日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上・北海道組)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「この中間はペースこそ上げていませんが、坂路の登坂回数を増やしています。乗り込み量を増やしたことで、硬さは解消されてきていますね。ただ、脚元に掛かる負担は増えますから、運動後のケアをしっかり行いつつ進めていきます」(5/29近況)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週4回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「出だしの硬さが徐々に解消させてきたことから、この中間からはハロン15秒ペースに入っています。体が絞れたことでスッと反応することが出来ており、併せ馬でもしっかり勝負根性を見せています。負荷を高めても脚元は問題無さそうですから、この流れを大事にしていきたいですね。馬体重は514キロです」(5/29近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「先週はロンギ場での乗り運動を行いましたが、その時の感触が良かったことからこの中間は坂路調教を開始しています。この馬にとって脚慣らし程度のスピードではありますから、手応え余裕で登坂しており、前向きさもあって依然として好調をキープしています。馬体重は489キロです」(5/29近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでダク

担当者「引き続きトレッドミルにてダクを行っています。先週から大きな変化はありませんが、脚元含めて状態は良いですし、来月には次のステップに移れそうですね。今後も患部の状態を見ながら慎重に進めていきます」(5/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロはこの中間から本数を増やして乗り込みを強化。硬さはだいぶ解消されてきたようですが、負荷を高めたので脚元への注意は怠らないようにお願いします。ここを乗り越えて行けば、帰厩へ向けてのスピードはアップされると思います。

ブロードアリュールの歩様の硬さは元々そういうところがある馬なので、さほど気にしなくても良いと思います。この中間はハロン15秒のところを乗り出していますが、脚元は落ち着いた状態。前向きさが出ているのも好印象です。ただ、夏場はダ1400mの適鞍がないので、どのあたりでの復帰を検討しているかを知りたいです。

ブライトクォーツはじっくり進められてきましたが、ここに来て坂路調教を開始。ひとまず普通キャンター程度で感触を探っていますが、タフさが身上のこの馬ですから元気一杯。動きも問題なさそう。ただ、目標はかなり先なのでじっくり進めていきましょう。

パラダイスリーフは引き続きトレッドミルでダクを踏む調教。脚元は落ち着いた状態をキープしているので、近々トレッドミルでキャンターを始めると思います。まだまだじっくり進めていかないとダメですが、復帰へ向けて光が見えてきているのは嬉しい限りです。

2020年5月31日 (日)

シルクなお馬さん(3歳・北海道組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:舎飼

担当者「この中間も舎飼で様子を見ています。運動を制限している割には落ち着きがありますし、今のところ手の掛かるようなところはありません。来月から運動を開始出来ると思いますが、今後も脚元の状態を見ながら進めていきます」(5/29近況)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、残りの日はトレッドミルでキャンター

担当者「右トモの飛節の腫れが引いたことから、坂路調教を再開しています。少し休んだ期間がありましたので、終いは多少甘さがあるものの、この馬なりにはトモを使って走れていますし、動きは及第点です。来月からもう一段階ペースを上げていきたいと考えていますが、脚元の状態を見ながら慎重に進めていく方針に変わりはありません。馬体重は490キロです」(5/29近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・次走予定:第1回函館開催
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「先週は楽をさせましたので、馬に活気が戻って飼い葉も残さず食べてくれるようになりました。ですので、この中間は坂路・周回コースにて乗り運動を開始しています。まだそれほど負荷の掛かるメニューではありませんし、運動後の息遣いも良好ですね。これからペースを上げつつ動きを上向かせていきます。馬体重は440キロです」(5/29近況)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「引き続きトレッドミルでキャンターを行っています。先週より幾らか捌きの重たさは解消されており、この馬なりには良化が見られます。また、この中間は経過観察のため、左前膝のレントゲン検査を行いましたが、特に異常はありませんでしたので、これから更にペースアップを図っていけそうです。馬体重は534キロです」(5/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは舎飼が続いていますが、ストレスを溜め込んだ様子がないのは何より。来月から曳き運動を始めていくと思いますが、急激な負荷とならないように注意して進めてもらえればと思います。

右トモの飛節の腫れが認められたリアンティサージュは立て直すことになるのかなと見ていましたが、腫れが引いたことで坂路でハロン15秒前後の乗り込みを再開。無理は禁物ですが、何とか今度は帰厩までこぎつけて欲しいです。

北海道への輸送で少しクタッとしてしまったオーサムゲイルですが、楽をさせて活気が戻ってきたことから騎乗運動を開始。ひとまずサッと乗っている感じですが、動きは問題なさそう。これから本数を重ねていって状態を上げていってもらえればと思います。

ハーツクリスタルは引き続きトレッドミルでのキャンター調整ですが、脚元は順調に回復している様子。もう少しの間はトレッドミルの負荷を高め、内面の強化が進んでから騎乗運動へと移行できればと思います。とにかく後退することがないようにお願いします。

2020年5月28日 (木)

シルクなお馬さん(3歳・北海道組)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・次走予定:第1回函館開催
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「先週末にこちらへ帰場しました。多少輸送による疲れがありましたから、この中間はウォーキングマシンでの運動に止めています。それでも、日毎に状態は上がってきていますから、来週から乗り運動を行って、函館開催に向けてピッチを上げていきます」(5/22近況)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もトレッドミルでキャンターを行っています。脚捌きを見るとやや硬さはある印象ですが、概ね問題ありません。ただ、状態が良いので飼い葉をモリモリ食べていますから、体重が増えてしまっていますね。脚元のことを考えるともう少し絞れた方が良いでしょうから、無理のない程度で更に負荷を掛けていきます。馬体重は538キロです」(5/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫あった須貝厩舎以外の3歳・北海道組2頭の近況をまとめて。

1回函館開催での出走へ向けて17日に北海道へ移動してきたオーサムゲイル。早速乗り始めて欲しかったですが、輸送による疲れがあった様子。おそらく馬体重も減ってしまったのでしょう。その為、この中間はウォーキングマシンでの運動のみと軽めの調整。まあ、日に日に回復はしているので、そう遠からず騎乗運動を再開できるでしょう。おそらく10日競馬でレースへ行くと思うので、こちらでしっかり仕上げて、帰厩後は微調整ぐらいでレースへ臨んでもらえればと思います。

ハーツクリスタルの旺盛な食欲はオーサムゲイルに分けてあげたいぐらい。脚捌きの硬さはなかなか改善しないと思うので、日々の調教の際はまずはしっかり解してもらえればと思います。砂を被るとパニックになるかもしれませんが、相手関係を考えると次走はダートでも良いのかなと考えています。騎乗運動を開始するにはあと1~2週間ぐらい必要なのかな?

2020年5月20日 (水)

1回函館開催での出走へ向け、17日にNF空港へ移動しています。☆オーサムゲイル

202005_20200520032501

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:15日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動
・次走予定:第1回函館開催

厩舎長「この中間も順調に進められていましたので、高柳大師と今後について相談したところ、第1回函館開催を目標にNF空港へ移動させることになり、15日にこちらを発ちました。減った馬体は回復しましたし、良い状態で送り出すことが出来たと思います」

高柳大師「輸送競馬よりは滞在競馬の方が負担も軽く済むと思いましたので、第1回函館開催を目標に早めに移動させることにしました。向こうでコンディションを整えてもらい、状態を確認しながら函館競馬場に帰厩させるタイミングを見計らいたいと思います」(5/15近況)

⇒⇒17日に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。(18日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきで次走へ向けて乗り込んでいたオーサムゲイル。ただ、強めの調教を課すと馬体重はすぐ減ってしまいますし、トレセンへ帰ると馬体減も加速してしまうことに。脚力はソコソコ持ち合わせていても、牝馬特有の難しさが脚を引っ張っています。

そこで次走以降では馬体減を食い止める為に滞在競馬で臨むことに。これはひとまず効果的だと思います。オーサムゲイルは先週半ばにNF天栄へ移動し、17日にNF空港へ到着しています。

慣れ親しんだ場所なのでイライラすることはないと思うので、北海道までの輸送で減ってしまった馬体はまずはしっかり戻してから、函館開催の前半戦から出走できるように調教のピッチと状態を上げていってもらえればと思います。正直、未勝利を勝つのは難しいと思いますが、何とか滞在競馬で変わって来て欲しいものです。

2020年5月12日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週からさらに負荷を強め、週2回とも終いのペースをハロン13秒まで上げています。まだ乗り込みは必要ですが、このままスムーズに進められれば、6月の東京開催や函館開催での出走も視野に入ってくるでしょう。馬体重は516キロです」(5/8近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間は坂路でラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。負荷を掛けたことで馬体重は少し減っていますが、運動後も飼い葉を食べているので心配ないでしょう。時間もないことですし、移動に備えて徐々に負荷を掛けて動きを良くしていきたいと思います。馬体重は439キロです」(5/8近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「この中間もまだペースは上げずに先週と同じメニューで調教を続けていますが、この馬なりにコンディションは安定していますし、馬体も維持できているので、そろそろ負荷を掛けて行こうかなと思っています。暖かくなるにつれて良くなってきていることを考えると、これから更に状態は上がってくるでしょうから、今後も馬の状態に合わせながら進めて行きたいと思います。馬体重は472キロです」(5/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは引き続きハロン14秒のペースで乗り込みながら終いは13秒まで伸ばすように。動きに関しては問題ないので、本数を重ねていけば予定が組まれていくと思います。この調子で進めてもらえればと思います。

オーサムゲイルはハロン15秒の調教を開始。動きに関しては気になる点はなさそうも、やはり負荷を高めると馬体重が減ってしまいます。この点を何とか改善・解消したいのですが、効果的な手立てはなさそうですね。

ミスビアンカは引き続き普通キャンターでの乗り込み。馬体重の回復など良い方へ進んでいますが、そのスピードが非常にスロー。もう少し我慢の調整を続けて、良い意味での活気が出てきてくれるのを待ってもらいましょう。

2020年5月 2日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週は週2回坂路コースで、ハロン14秒ペースで乗っています。前回がタフな競馬になってしまいましたし、徐々にペースを上げるようにしていますが、今のところ精神的にも特に問題はなさそうなので、このまま軌道に乗せていければと思います。馬体重は508キロです」(5/1近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も運動後は飼い葉を食べてくれていることもあって、先週より更に馬体重が増えて良い体つきになってきましたよ。温厚な性格ながらも活気があって雰囲気は良いですし、今の状態を維持しながら徐々に負荷を掛けて動きを良くしていきたいと思います。馬体重は444キロです」(5/1近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「まだ本調子とまではいかないですが、少しずつ良化が見られるようになってきましたよ。馬体重が少しずつ回復し、萎んでいた体もふっくらとしてきました。気持ちの面でも穏やかですし、今の状態を維持しながら徐々にペースを上げて行ければと思っています。馬体重は470キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは前走の勝負どころで接触したりとゴチャゴチャしてしまったので、馬体重の回復と共に精神面のケアにも着手。馬の雰囲気・状態は着実に良くなってきていると思うので、そろそろ予定を組んでいっても。夏の札幌でデビュー戦を快勝していることから洋芝の適性を生かして、函館→札幌と転戦していく形がベターなのかなと思います。

オーサムゲイルは普通キャンターで乗り込みを進めながら、微増とはいえ馬体重が増えているのは○。牧場でのんびり過ごしているときは温厚なんでしょうが、1つピリッとし出すと、イライラしてしまい、カイ食いが落ちてしまうんでしょうねえ。

ミスビアンカは引き続き良化待ちの状態。少しずつ良くなっているとは思うのですが…。思い切って1週間だけウォーキングマシンのみの運動に止めるなど調教に変化をつけるのもありかと思います。

2020年4月28日 (火)

シルクなお馬さん(関西3歳牝馬)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

調教主任「坂路で乗り出した後も順調に進められており、運動後も飼い葉食いが悪くなることもなく、馬体重はキープできています。ここから更に負荷を掛けて今の状態を維持できるかがカギになってきますが、あまり時間もないことですので、負荷を掛けながらより動きを良くしていきたいと思います。馬体重は438キロです」(4/24近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「少しずつ良化しているのは確かですが、良い頃と比較するとまだ馬体が寂しく、気持ちの方も落ち着きがないですね。ペースを上げるのはもう少し待って、今はしっかりコンディションを整えてあげる方がこの馬には良いと思います。これから暖かくなるにつれて良くなってくると思うので、それまでじっくり進めて行きます。馬体重は469キロです」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルは引き続き坂路で普通キャンターを消化していますが、今のメニューなら馬体重は維持できています。ただ、これからハロン15秒の調教へ移行すると、正直減ってきてしまうでしょうねえ。動きの質を高めるためには攻めの調教は必要ですが、オーサムゲイルの場合はこれぐらいのペースで止めて、厩舎で仕上げていった方が良さそうな気もします。

ミスビアンカは3歳馬同士の間にもう1戦という意向でしたが、前走の疲れが尾を引いている感じの現状ではちょっと間に合わなさそう。気持ちを追い詰めると走らなくなる恐れがありますし、ここは我慢の調整でジワっと状態が上がってくるのを待ってもらえればと思います。

2020年4月19日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「乗り出し開始後も体は萎まず、体調面に問題はなさそうなので、今週半ばから坂路コースで軽めに乗り始めています。トモの状態にもこれまでと比較して特に気になるようなところはありませんから、少しずつペースを上げていければと思います。馬体重は507キロです」(4/17近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

調教主任「馬体回復に専念しながらトレッドミルで運動を行っていましたが、徐々にフックラしてきましたので、この中間から坂路で乗り出しています。馬体の張り・艶はまだ良化途上ですが、あまり時間もないことですし、しっかり乗り込みながら良くしていきたいと思います。馬体重は436キロです」(4/17近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は馬体回復に専念しながら軽めの運動を行っていましたが、徐々に馬体が戻ってきましたので、今週から坂路・周回コースで乗り出しています。まだ本来の姿と比較すると、物足りなさを感じますが、疲れが取れて元気が戻ってきましたので、もう少し馬の状態に合わせて進めて行けば、更に良くなってくると思います。馬体重は466キロです」(4/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは先週から少し馬体は減らしていますが、乗り込みを始めたことで馬体の張り等は良くなってきている筈。状態は緩やかに上昇中と言えるでしょうが、もう少しの間は体調と相談しながらコツコツ乗り進めてもらえればと思います。

オーサムゲイルはトレッドミルを併用する形ですが、坂路で普通キャンターを開始。馬体重が減っていないのは○ですが、毛ヅヤや張りはまだまだ。変わり身を求めるのは酷かもしれませんが、暖かくなってきたことで良化スピードが上がってくれることを願っています。

ミスビアンカは前走で減ってしまった馬体が徐々に回復。それに伴い、周回コース&坂路で乗り出しています。ただ、馬体はもっとフックラして欲しいですし、これから力をつけていくタイプ。土台がしっかりしてくれば、持ち前のスピードに磨きが掛かってくると思います。

2020年4月11日 (土)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:坂路コースでキャンター

西園師「次走に向けて普通キャンターの調整を行っていますが、良い意味で状態は変わりありません。ただ、今週の想定を見ると節を空けないと使えそうにないので、一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出し、確実に出走できるようになるまで牧場でコンディションを整えてもらおうと思います」(4/8近況)

⇒⇒10日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(10日・最新情報より)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「だいぶ元気が戻ってきましたし、馬体も良くなってきましたので、この中間は坂路のペースを少し上げてみました。ペースアップ後も問題ないですし、これならより負荷を掛けても大丈夫でしょう。あまり時間もないことですし、しっかり乗り込みながら帰厩に備えて行きたいと思います。馬体重は506キロです」(4/10近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「この馬なりに飼い葉を食べて、少しずつふっくらとしてきましたが、まだいい頃と比べると、張り・艶が物足りないですね。まだ目に見えない疲れがあるのかもしれませんから、もう少し時間を掛けて馬の状態に合わせて進めていこうと思います。馬体重は430キロです」(4/10近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場で軽めの調整

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、今週に入っても馬体が萎んで疲れも見られるので、トレッドミルと角馬場で軽く運動を行っています。飼い葉はまずまず食べてくれているので、もう少し時間を掛けて良化を図っていきたいと思います。馬体重は458キロです」(4/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エルスネルは前走後も在厩調整を続けていましたが、どうやら節を空けないと使えそうにないということで一旦NFしがらきへ放牧に出ることに。10日に移動済です。状態面での不安はないので、馬体を緩めることなく、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。あとは馬体重が減少傾向にならないように気をつけてもらいたいです。

ようやく元気が出てきて、坂路での乗り込みを始めていたベルラガッツォはこの中間は更にペースアップして乗り込み中。それでいて馬体重が増えているのも好感です。もう本調子と見ていいと思うので、ここからは帰厩へ向けてどんどん進めていってもらえればと思います。

オーサムゲイルは引き続きトレッドミルでの軽めの運動ですが、馬体重が増加傾向なのは○。ただ、張り・毛ヅヤが一息なので、内面の疲れは完全に取り除くことは出来ていないのかなと思います。もう少し良くなってくるのを待った方がベターでしょう。

ミスビアンカは馬体重を減らした中、レースで3着と力を出し切ったことで、内面からクタッとしている様子。もう少しの間は軽めの調整に止め、馬体重の回復+馬体の張り・毛ヅヤの良化+この馬らしい活気が戻ってくるのを待ってもらえればと思います。

2020年4月 5日 (日)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン18秒

厩舎長「ここまでじっくり時間を掛けて運動を行っていましたが、調子が上向いてきましたので、今週からトレッドミルの運動に加えて、坂路にも入れています。疲れが取れるまで少し時間は掛かってしまいましたが、元気も戻ってきましたので、この調子で徐々に運動量を増やしていきたいと思います。馬体重は499キロです」(4/3近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯は馬体回復に専念していましたが、徐々にフックラしてきましたので、今週からトレッドミルで運動を開始しています。特に疲れた様子は見られませんし、あまりゆっくりもしてられませんから、このまま乗り出して鍛えていきたいと思います。馬体重は419キロです」(4/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の大敗で肉体的なダメージよりも精神面でのダメージが大きいベルラガッツォ。なかなか活気が戻って来てくれませんでしたが、ここに来てようやく上向きに。これまでトレッドミルでの運動のみでしたが、坂路で乗り出しています。帰厩となると、動きの質と状態を高める必要があるので、もう少し時間が掛かっても良いので、コツコツと乗り進めていってもらえればと思います。

園田での地方交流戦で惨敗を喫したオーサムゲイルは軽めの運動に終始し、まずは馬体の回復に専念。力を出し切っていない分、疲れは感じさせません。ただ、前走の成績から未勝利を勝ち上がるのは相当難しい現状です。食欲がガラッと良くなってくれないと変わり身は見込めないでしょうねえ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アクウェイントの18 アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グレイシャーパーク サファリミスの18 サリオス シェダル シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ ラッキートゥビーミーの18 リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ ロコポルティ ロッシェノワールの18 ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 週末の競馬より (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)トルネードフラッグ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)グランドサッシュ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シグナライズ (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レインドロップス (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴェルトゥアル (引退)ヴォルケンクラッツ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ