2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「オーサムゲイル」の45件の投稿

2019年12月15日 (日)

大きなトラブルなく育成生活を送ってくるも、人に対する反応心の強さ+周囲に過敏な面は引き続き大きな課題に。追い切り時計もなかなか詰まってこず、厳しい結果が待っていそうなデビュー戦となりそう。鞍上の手腕には期待したいも…。★オーサムゲイル

Photo_20191215031501

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

日曜阪神6R メイクデビュー阪神 2歳新馬・牝馬(ダ1400m)1枠1番 O.マーフィーJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日にCWコースで追い切り

高柳大師「11日にCWコースで追い切りました。動きとしては追い切りを重ねつつ良くなってきているものの、同じ2歳新馬相手に遅れを取っているように、まだ動き切れないですね。前向きさはありますが、まだそれに体が付いてこない感じなので、レースに行ってどれだけ流れに乗って行けるかがカギになりそうです。初戦からというよりは使いつつの感じですが、一度レースを経験すればピリッとしてくると思うので、あとはマーフィー騎手がこの馬の良いところを上手く引き出してくれることを期待したいですね」(12/12近況)

助 手 8栗坂良 59.7- 43.1- 28.0- 12.9 馬なり余力 トウケイミラ(新馬)馬なりに0.1秒先行0.6秒遅れ
助 手 11CW良 86.0- 68.9- 53.1- 39.3- 13.2 稍一杯追う トウケイミラ(新馬)一杯の外1.1秒先行0.6秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神6日目(12月15日)
6R メイクデビュー阪神 2歳新馬
ダ1400メートル 指定 牝馬 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オーサムゲイル 牝2 54 O.マーフィー
2 2 クインズヴィヴィ 牝2 54 福永祐一
3 3 ケリーズアリュール 牝2 54 武豊
3 4 オーシャンズ 牝2 54 岩田康誠
4 5 スズカパイロット 牝2 54 幸英明
4 6 モズタンポポ 牝2 54 坂井瑠星
5 7 ミッシーコルザ 牝2 54 国分優作
5 8 サンシャインワン 牝2 54 和田竜二
6 9 クロリ 牝2 52 岩田望来
6 10 メタモルフォーゼ 牝2 54 C.ルメール
7 11 セルシアナ 牝2 54 岩崎翼
7 12 ゼットピアレス 牝2 54 川須栄彦
8 13 サウンドポポ 牝2 54 松岡正海
8 14 カレンリズ 牝2 54 松山弘平

○平助手 「小柄で現状はまだ少し非力な感じがあって…。」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヒーズインラブの半妹という血統背景、ツアー時の評判、芝の短いところが向いていそうということで出資を決めたオーサムゲイル。ピリッとした面が実戦へ行って良い方へ向いて欲しいなあと見ていましたが、育成当初は人の指示に対して反抗心の強さが非常に目立つことに。そして周囲にも過敏で集中して走ることが出来ませんでした。これらの課題は育成生活を送っていく中で幾らかは解消・緩和していますが、今も悩ましい材料に。気持ちの面で落ち着き・余裕が出てきてくれれば、馬体のボリュームアップも叶うのでしょうが、現状は線の細さを感じてパワー不足は否ません。大きなトラブルなくコツコツと乗り込むことは出来ていましたが、良化度・成長力を感じ取れません。

夏の札幌で一旦入厩してゲート試験に合格。その後は北海道+NFしがらきでの乗り込みを経て、11月20日に初めて栗東へ。早くからここをデビュー戦として追い切りを重ねてきましたが、追い切り時計は全体&上がり共に平凡。正直時計が詰まってきていません。そして併せ馬だとほとんど先行して遅れる形に。栗東トレセンでの画像がアップされていましたが、少しお腹が巻き上がり気味で集中力アップを狙ってチークピーシズを着用しています。実戦へ行って良いタイプの可能性はありますが、現状を見つめ直すと前途多難です。

今回の唯一の希望はO.マーフィーJが乗ってくれる点のみ。ポンとスタートを出ればハナへ行って欲しいですが、先々を見据えた騎乗なら馬群の中で進めて、キックバックや他馬からのプレッシャーを意識的に経験させるのもありでしょう。それに対してオーサムゲイルはどういう反応を示すのか。ズルズル後退してしまう可能性は高いと思いますが、それを踏まえて次走以降のレースでの組み立て・番組選びなどに反映させていってもらえればと思います。レース経験を積みながら、良い方へ進んでいけることを今から願うばかりです。

2019年12月 9日 (月)

シルク&ロードなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神12月15日 メイクデビュー阪神・ダ1400m・牝馬(O.マーフィーJ)

高柳大師「4日に坂路で追い切りました。先週の追い切りと比較すると、だいぶ動きに余裕が出て、最後までしっかり走ってくれるようになってきました。ただ、54秒台で上がってきたのであれば、ラスト1ハロンは12秒台でまとめてほしいですから、今週の追い切りでどれだけ動きがピリッとしてくるかですね。飼い葉食いは良い方ではありませんが、極端に馬体が寂しくなったりはしていませんので、今の状態をキープしながら来週の競馬に備えたいと思います」(12/4近況)

助 手 1栗坂良 55.4- 40.7- 26.8- 13.4 馬なり余力 ミントティー(二歳1勝)馬なりを0.2秒追走同入
助 手 4栗坂良 54.0- 40.0- 26.3- 13.3 一杯に追う カプリシャス(新馬)一杯に0.1秒先行0.3秒先着

Photo_6 ロードユリシス

12月5日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に55.7-40.2-26.3-13.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「12月5日(木)にサラッと。あまり単走だと動けないですね。一方、実戦では揉まれると他馬を気に掛けたり・・・。そのあたりが難しい部分でしょう。レース出走へ向けて在厩で調整を続ける予定。ただ、番組に関しては改めて検討を重ねます」

≪調教時計≫
19.12.05 助手 栗東坂良1回 55.7 40.2 26.3 13.2 馬なり余力

Photo_6 シベール

12月4日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.3-52.9-39.5-12.8 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では直線強目の相手の外を0秒7先行して0秒4先着。短評は「先着で脚色に余裕」でした。12月22日(日)中山・2歳未勝利・混合・芝1600mに三浦騎手で予定しています。

○久保田調教師 「12月4日(水)は私自身が手綱を取り、ウッドで約67秒の時計を出しました。まだ気持ちが先行しがちでトモがバラけてしまう感じ。また、飼い葉が細い部分にも注意が必要です。再来週のマイルへ。デビュー戦と同じジョッキーで臨みましょう」

≪調教時計≫
19.12.04 調教師 美南W稍 67.3 52.9 39.5 12.8 馬なり余力 サクセスハーモニー(2歳新馬)直強目の外0秒7先行0秒4先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルは順調に乗り込めているも、追い切り時計は平凡。伸び自体も物足りません。現状はパワー不足を感じるので、使いつつ馬体のボリュームを増してきてくれれば良いのですが。今の感じだと厳しい競走生活が待っていそう。

ロードユリシスはひと叩きして変わってきた感じはないも、デキ落ちはなさそう。良いスピードは秘めているも、気難しさと他馬を気にする面が悩ましいところ。馬具を工夫して操縦性を高めることを考えていって欲しいです。

シベールは気持ちと動きが噛み合っていないところは残るも、余力十分に併せ馬を消化。脚元の不安で少し休むことになりましたが、動きの良さは健在。ただ、デビュー戦時同様にビシビシやることが出来ていないので、実戦ではひと押しが課題になりそう。あとはゲートが開く音に反応してしまうので、スタートでのロスをどう補うかを予め想定しておいて欲しいです。

2019年12月 1日 (日)

15日の牝馬限定・ダ1400mでのデビューを目指していくことに。鞍上はO.マーフィーJを予定。★オーサムゲイル

201910_20191129132001

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:28日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神12月15日 メイクデビュー阪神・ダ1400m・牝馬(O.マーフィーJ)

高柳大師「28日に坂路で追い切りました。先行し、途中から併せていきましたが、追い出しに掛かるともう一つ伸び切れなかったですね。体がまだしっかりしておらず、動き切れない感じですが、心身ともに成長して行けばしっかり走ってくれるようになるでしょう。これからの動きにもよりますが、順調に仕上がるようであれば、12月15日の阪神・ダ1400mでデビューさせたいと考えています。なお、ジョッキーはマーフィー騎手に依頼しています」(11/28近況)

助 手 26栗坂良 65.6- 46.8- 29.8- 14.1 馬なり余力
助 手 28栗坂良 55.6- 40.0- 26.2- 13.4 一杯に追う テーオーケインズ(二歳1勝)一杯に0.4秒先行1.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

11月20日に栗東・高柳大厩舎へやってきたオーサムゲイル。早速3本ほど時計をマークしていますが、動き自体は正直まだまだ。もう1段階は良化を遂げないと苦しいと思っていたので、デビューは年明けになるのかなと勝手に想像していたところ、新たな近況更新で15日の牝馬限定・ダ1400mでのデビューを目指していくことに。O.マーフィーJを早速手配しているので、よほど動きが悪くなければ、このレースでのデビューとなりそうです。個人的には芝の1200mでデビューさせてあげたかったですが。

また、よくよく考えるとビシッとやれるのは週中の2本。微調整で週末・火曜日に時計を出してくるでしょうが、この2本で確かな進歩を見せてもらわないといけません。今は不安ばかりですが、追い切りを経て着実に素軽さを増してきてくれることを願っています。

2019年11月27日 (水)

20日に栗東・高柳大輔厩舎へ入厩しています。☆オーサムゲイル

201911nf

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:20日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:第5回阪神開催

高柳大師「20日の検疫が回ってきましたので、帰厩させていただきました。まずはよく馬体を確認させていただき、問題なければ明日から乗り運動をスタートしていく予定です。阪神開催でのデビューを考えていますが、具体的な番組は追い切りの動きを見ながら検討していきたいと思います」(11/20近況)

助 手 24栗坂良 56.1- 40.2- 26.1- 12.9 馬なり余力 ペルリナージュ(二未勝)馬なりを0.2秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の札幌で一旦入厩し、ゲート試験に合格していたオーサムゲイル。その後は9月にNFしがらきへ移動してきたのですが、体力不足やカイ食いの細さが影響して動き自体の良化がスロー。脚元等には異常はなかったのですが、秋デビューの見込みはズルズル延びてしまうことになりました。ですので、今回の帰厩の知らせは嬉しい気持ちと共にビックリもしました。

NFしがらきでの調教動画を見ると、逆手前で走ったり、右へモタれたりとまだまだ幼さは残りますが、スピード感ある動きは○。ピッチ気味の走法なのでいずれは1200mがベストになってくるのかなと思います。

栗東入りしたオーサムゲイルは早速24日に坂路での初時計をマーク。体調の良さは伝わってきますし、新しい環境にもそれほど戸惑っていないのでしょう。良いモノは秘めていると思うので、それを開花させる土台(体力)をデビュー戦までに培っていってもらいたいです。

2019年11月20日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていますし、今の調教メニューなら最後まで余力十分ですよ。ペースを上げても問題なさそうですが、反動が出てしまうといけませんから、段階を踏みながら徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は554キロです」(11/15近況)

Photo エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。心身共に幼さが残りますが、その中でもしっかり動けるようになってきましたし、力強さも出てきましたよ。あとは飼い葉食いが実になって、もう一回り大きくなってくれると、更に馬体が良くなってくるでしょうから、帰厩の声が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は445キロです」(11/15近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も先週と同じペースで調教を行っていますが、コンディションは良いですし、順調に進められていますよ。術後は馬体が萎むこともなく、安定していますし、この調子ならそろそろペースを上げて行っても問題なさそうですね。馬体重は507キロです」(11/15近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「もう一回りフックラしてほしいところですが、負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることはありませんし、ここまで順調に進められていますよ。皮膚病もケアを行っていることで、酷くなることはありませんし、引き続き治療を続けていけば治まってくるでしょう。動きとしては段々と良くなってきましたから、帰厩の声が掛かるまでこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は458キロです」(11/15近況)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「坂路で乗り出した後もトモの状態は変わりありませんし、運動後も疲れを見せることはありません。このままペースを上げて行っても問題ないと思いますが、焦ってぶり返してしまうといけませんから、もう少し時間を掛けてから、徐々に負荷を掛けていきたいと考えています。馬体重は480キロです」(11/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは普通キャンターなら悠々と対応してくれていますが、大型馬ゆえの緩さが目立つ1頭なので、焦ってしまうとここまで積み重ねてきたことが台無しになりかねません。コツコツ乗り込みながらまずは馬体を引き締めてもらいたいです。

エルスネルはコツコツ乗り込んできて、動きは確実に良くなってきている様子。素質はそれなりにあると思うので、課題点の解消がより重要に。まあ、こればかりは時間を掛けていかないとダメですが。

気難しさを発散することはないベルラガッツォ。それだけに掴み切れない面が多いと思います。また、去勢手術を終えてしまいましたが、それが走ることへの闘争心を低下させることにならなければ良いのですが。血統馬なので巻き返して欲しいですが、現状は期待よりも不安が先立ちます。

オーサムゲイルは乗り込み自体は順調ですが、それに比例して馬体が良くなってきているかとなると…。物足りないのは内面の弱さを抱えているのでしょうねえ。胃潰瘍の有無を調べたり、1度調べても良いのかなと思います。

リアンティサージュも先週と同じ調教メニューを消化。疲れを見せることなく元気一杯ですが、焦ってトモに疲れ・反動が出てしまってはやり直しになるので、これぐらいのペースで土台を築いていくことになりそう。もどかしさはありますが、ここでの我慢が先々に繋がってもらいたいです。

2019年11月12日 (火)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やし、ペースも15-14まで上げて全体的な負荷を強めています。徐々に調教強度を上げられているように、もう蹄は大丈夫だと思いますから、この調子で乗り込んで緩んでしまった馬体を引き締めていければと思います。馬体重は510キロです」(11/8近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も坂路で負荷を掛けながら良化を図っていますが、動きそのものはしっかりしてきましたね。体調を崩すこともなく、状態は安定していますが、少し皮膚病の症状が見られますので、これ以上酷くならないようにケアをしておきます。馬体重は458キロです」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは更に負荷を高めて乗り進められていますが、蹄等に反動はなし。あとは緩んでしまっている馬体を丹念に乗り込むことで引き締めていってもらえればと思います。ようやく軌道に乗ってきたのでこの良い流れを継続していってもらえればと思います。

オーサムゲイルは動きの良化を狙って乗り込み中。少しずつでもしっかりしてきているのは好感。ただ、少し皮膚病の症状が出てきているように内面の疲れが蓄積しつつあるので、クタッとする前にリフレッシュ期間を設けることを選択肢に加えておいて欲しいです。

2019年11月 6日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回中山開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで調教を続けています。だいぶ体力が付いてきて動きも良化してきましたので、勢司調教師と相談し、来週か再来週ぐらいに帰厩させる方針となりました。それまで更に状態を上げていきたいと思います。馬体重は520キロです」(11/1近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで17-17、週1回トレッドミルでキャンター、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き蹄の状態は落ち着いていましたので、先週末から坂路コースでハロン17秒のキャンターを開始し、トレッドミルでもある程度の運動を行いました。その後も問題なく、坂路調教中心に進めていっても大丈夫そうです。今後も様子を見ながら調整を続けていきます。馬体重は503キロです」(11/1近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「今週から周回コースが補修工事のため、トレッドミルで運動を行ってから坂路に入れるようにしています。馬体重こそ増えていませんが、ここに来て飼い葉食いが良くなり、フックラとした体つきになってきましたよ。調教も休まず行っていますし、性格も従順で扱い易くなりました。継続して乗り込んでいけば筋肉が付いてより良い体付きになってくるでしょうから、この調子で進めていきたいですね。馬体重は450キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ルコントブルーはまだまだ動き切れていないところはあると思うも、しっかりメニューを消化中。この馬なりの成果は見込めますが、デビュー勝ちを狙っていけるレベルにはまだないと思います。大型馬ですし使いつつ良くなるイメージで進めていきましょう。

ポレンティアは蹄・球節の治療を進めてきましたが、この中間からトレッドミルで脚慣らしをした後に坂路入りするように。油断は出来ませんが、このまま軌道に乗って行けそうなのでマイペース調整を続けていってもらえればと思います。

オーサムゲイルはそろそろ帰厩しても良い頃かなと思いますが、馬体重を減らしていたのでちょっと予定がズレてしまいました。今の力の要る京都の馬場はもう一つ合わない感じがするので、暮れの阪神に間に合わす感じで軌道修正していってもらえればと思います。

2019年10月29日 (火)

シルクなお馬さん(牝馬・NFしがらき組)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取るために軽めの運動に控えていましたが、思いのほかダメージはなく、体調も問題ありませんでしたので、今週から周回コースで乗り出しています。調教後も変わった様子は見られませんので、来週から坂路にも入れて徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は482キロです」(10/25近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15から、ラスト1ハロンは14秒まで脚を伸ばすようにしていますが、動きとしては段々と良くなってきましたね。ただ、飼い葉食いがそこまで良い方ではない為に、先週より馬体重が減ってしまっているので、適度にリフレッシュを挟みながら進めていく方が良さそうです。調教の動きやコンディションはいいので、後は飼い葉食いが実になってくるようになれば、更に良くなってきそうです。馬体重は449キロです」(10/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、厩舎へ戻らずその足でNFしがらきへ放牧に出されたインヘリットデール。早速周回コースで乗り運動を開始し、近々坂路入りも始めるということなので、真面目に走っていない分、レース後の疲れ・ダメージは少なかった様子。年内にもう1戦出来るように態勢を整えていってもらえればと思います。

オーサムゲイルはこの京都開催でのデビューが視野に入っていましたが、馬体重が減ってしまった為に一旦白紙に。もう少し時間を掛けながら心身の成長を促していく必要がありそうです。また、カイバに関しては量を調整しつつも、他馬よりも1日に与える回数を増やしてみるなど工夫していって欲しいです。

2019年10月21日 (月)

シルクなお馬さん(関西2歳牝馬)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日に坂路コースで追い切り
・次走予定:京都11月2日・メイクデビュー京都・芝1600m(牝)

高橋忠師「17日に坂路で追い切りました。先週と比較すると、道中は頭を上げたり、フォームのばらつきがましになってきましたし、走りと気持ちが徐々に噛み合ってきましたね。それに伴って動きもしっかりしてきましたし、時計の掛かる馬場でもラスト1ハロンは12秒台で上がってくるのですから、この馬なりに良化が窺えます。レースまでに都合が合えば一度岩田騎手に感触を確かめてもらいたいと思っていますので、良い状態で乗ってもらえるように調整していきたいと思います」(10/17近況)

助 手 17栗坂良 56.8- 41.2- 25.8- 12.8 馬なり余力
難 波 20栗坂重 52.7- 38.5- 25.6- 12.8 馬なり余力

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回京都開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も順調に進められており、引き続き同じ調教メニューで乗り込みながら鍛えています。この馬なりに飼い葉を食べているものの、まだ実になってこないので、その点が成長して行けばもっと良い体付きになりそうですね。走りそのものは良い動きをしていますから、心身共に伴うまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は456キロです」(10/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

岩田康Jを背に来月2日の京都・芝1600m(牝)でデビュー予定のミスビアンカ。気持ちと体がまだまだ噛合っておらず、控え目な追い切りに終始していますが、少しずつ動けるようになってきている様子。そして20日には難波Jを背に馬なりで52秒7をマーク。上がりもしっかり12秒台でまとめているので、ようやく非凡な脚力を見せてくれました。岩田康Jにはデビュー前に1度跨ってもらえればと思いますし、CWコースや芝でどういう動きを見せてくれるかチェックして欲しいです。

栗東トレセン入りの声が届かないオーサムゲイルは馬体の成長・良化が一息。動きにはスピード感が出てきているので、引き続きコツコツ乗り込んでもらえればと思います。良いモノは秘めていると思うので、無理に年内デビューさせる必要はありません。

2019年10月15日 (火)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースで14-13ペースで乗る日を2日に増やし、少し全体的な負荷を強めています。その後もしっかりとした脚取りで走れていますし、早くデビューの予定を立てられるよう、このまま乗り込んでいきたいと思います。馬体重は522キロです」(10/11近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間もトレッドミルで軽めのキャンターを行っていますが、蹄の状態は落ち着いていますね。もうしばらくトレッドミルでの運動を続けていく必要はあると思いますが、徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は515キロです」(10/11近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回京都開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間はより動きを良くしていくために、坂路で15-15からラスト1ハロンは14秒まで脚を伸ばすようにしています。動きとしてはまだまだですが、この馬なりにしっかりしてきましたから、この調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は458キロです」(10/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ルコントブルーは週3日ハロン14秒のところを乗るようにし、その内2日は終いを13秒まで伸ばすことに。じわじわ負荷を高めつつ、ルコントブルー自身もしっかり応えてくれていると思います。今の良い雰囲気を維持し、地道に力を付けていってくれればと思います。

ポテンティアは引き続きトレッドミルで軽めの調整。蹄の状態が完全に落ち着くまでは無理は禁物なので、もう少しの間は現メニューを淡々とこなしていってくれればと思います。

オーサムゲイルは次の京都開催でのデビューを視野に調整中。この中間はラスト1ハロンを14秒まで伸びしていますがひとまず無難な対応。本数を重ねていけば、動きの質も良くなってくれるでしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ