2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「パーフェクトルール」の47件の投稿

2020年1月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「この中間も乗り運動開始に備えてウォーキングマシンでしっかり運動量を取るようにしています。いつもと変わらずゆったりと過ごしていますし、良いコンディションを保っていますよ。今週いっぱいは同じメニューで進めていき、問題なければ来週あたりから乗り運動を開始していく予定で考えています。順調そのものです。馬体重は560キロです」(1/24近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「この中間も坂路で17-17のペースで登坂しています。動き自体は悪くありませんが、強いて課題を挙げるとすれば、もう少し基礎体力をつけていかないといけませんね。コンディションに関して特に気になるところはありませんので、帰厩に向けて乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は441キロです」(1/24近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、徐々に動けるようになって体力がついてきましたね。馬体は良いものを持っていますから、中身をしっかり鍛えてあげれば、走ってくる馬だと思うので、もう暫くは馬の状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は483キロです」(1/24近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、大きなダメージは見られなかったです。今週は周回コースで軽めのキャンターを行っていますが、その後も問題はなさそうですし、徐々に坂路調教へと移行していければと考えています。馬体重は524キロです」(1/24近況)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「こちらに戻って右トモの状態を確認しましたが、歩様を見ても少し気になるので、獣医師に詳しく診てもらいました。ただ、ブロック注射などして痛めている部位を探してみましたが、こちらで確認する限り、はっきりとした原因が分かりませんでした。このまま進めても同じことの繰り返しになってしまうので、もう少し状態を確認して良化が見られないようなら、施設が充実している北海道の牧場に戻して、詳しく精密検査を行うことも考えています。馬体重は470キロです」(1/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは引き続きウォーキングマシンのみですが、時間を掛けることで運動量は確保している様子。そろそろ乗り運動を開始するようなので、ここまでじっくり進めてきたことが良い方へ出てきてくれることを願っています。

エルスネルは牡馬とすればやはり線の細いタイプ。それ故、非力なところが目立ってしまうのかなと思います。まずは鍛える土台として馬体を膨らませる必要も。それにはカイバをバリバリ食べるようになってきてもらわないと…。

パーフェクトルールは現3歳世代で唯一の未出走に。ただ、この馬なりにリズムを掴んでコツコツ乗り込むことが出来ているので、新馬戦がある内には間に合わないでしょうが、4月までには態勢は整う筈。芯が入ってくれば走って来そうな雰囲気はあるので、今はじっくり素質に磨きを掛けてもらえればと思います。

ディランズソングはドッと疲れが出るようなことがなかったのは何より。デビュー戦は少し馬体は立派でしたし、背腰がパンとしていない分、脚の回転力には物足りなさを感じました。1度実戦を経験したことでガラッと変わってきて欲しいところ。それには馬体を洗練していくことが必須になってくるのかなと思います。

歩様に気になるところは窺えるも、検査を行っても原因は特定できず。筋肉の内部に痛いところがあるのでしょう。ひとまず軽めの調整で歩様の良化を促すことに。それでも良くならなければ北海道へ戻して詳しく検査をすることに。ズルズル復帰が延びてしまうことは避けて欲しいです。何とか原因を特定してもらわないと…。

2020年1月22日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「この中間も朝昼ウォーキングマシンの運動を行っており、じっくり時間を掛けてリフレッシュさせるように専念しています。こちらでは本当におっとりしてリラックスしてくれていますし、運動開始に備えて今月いっぱいはゆっくりさせたいと思います。馬体重は561キロです」(1/10近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「引き続き乗り運動に備えて、ウォーキングマシンでじっくり時間を掛けて運動を行っています。運動量を増やした分、馬体重は減っていますが、飼い葉食いは良いですし、体調も良好です。いい精神状態を保っており、普段はとてものんびりしていますよ。順調そのものです。馬体重は549キロです」(1/17近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター

厩舎長「こちらに移動後も大きなダメージは見られませんでしたので、トレッドミルでの運動を開始し、今週から周回コースで乗り出しています。跨った感触は悪くないですから、このまま進めていっても問題ないでしょう。馬体重は441キロです」(1/10近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「周回コースで乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間から坂路にも入れています。現在は坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、動きそのものは悪くありませんし、徐々に負荷を掛けて行っても問題ないと思います。馬体重は445キロです」(1/17近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~16秒

厩舎長「こちらに移動後も状態は変わりなかったので、周回コース・坂路コースで乗り出しました。運動後も順調に進められていましたので、今週からラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばしてみましたが、まだ体力的に物足りなさが感じられます。ここで焦っても仕方ないですから、乗り込み量を増やして体力強化に努めていきたいと思います。馬体重は476キロです」(1/10近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。体力が徐々についてきましたし、この馬なりにしっかりしてきましたよ。体調は良いですし、それ以外も特に気になるところはないので、このまま乗り込みながら鍛えていけば、更に動きが良くなってくるでしょう。馬体重は483キロです」(1/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは引き続きウォーキングマシンのみの運動でリフレッシュに努めています。2月から本格的に乗り出すようなので、マイルから1ハロン延長となるスプリングS(3/22・芝1800m)から始動することになるのかなと思います。

エルスネルは順調にペースアップ中。理想を言えば、馬体重はもう少し増えてきて欲しいところ。そして牡馬らしい逞しさが備わってきてもらわないといけません。

パーフェクトルールはハロン15秒の調教を開始。本数を重ねながらラストの粘りが出てきているのは好感です。今度は更に負荷を高めて帰厩を意識していくことになりそう。関西圏の芝の新馬戦は3月1日の芝2000mがラスト。焦っても仕方ありませんが、一応ここを目指して調教を重ねていってもらえればと思います。

2019年12月28日 (土)

26日にNFしがらきへ放牧に出ています。☆パーフェクトルール

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:26日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

小崎師「先週ゲート試験に無事受かりましたが、普段の調教の感触から、そのままデビューに向けて進めていくとなると、体力的にも厳しい感じなので、一旦牧場へお戻しさせていただくことにしました。先週末に馬房内で額をぶつけて軽度の外傷を負いましたが、化膿することもなく治まってきているので心配ないでしょう。もう少し成長を促して行けば馬っぷりが良い馬だけに更に良くなってくると思いますので、もう少し馬の状態に合わせて大事に育てていきたいと思います」(12/25近況)

⇒⇒26日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(26日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

20日にゲート試験に合格し、競走馬としての第1歩を踏み出した訳ですが、今後についてはやはり一度牧場へ戻して乗り込みを進めることに。心身共に成長の余地が大きい馬なので、デビューとなるとまだ少し時間が必要そうですが、緩さが解消されてくれば動きもピリッとしてくる筈。まだ焦る時期でもないので、パーフェクトルールには与えられた課題を着々とクリアしていってもらいたいです。

2019年12月24日 (火)

20日にゲート試験に初挑戦。無事合格しています。JRAの競走馬登録も完了。☆パーフェクトルール

201908_20191224061101

Photo_3 パーフェクトルール(牡・小崎)父ルーラーシップ 母パーフェクトジョイ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習

小崎師「こちらに入厩後も環境の変化に戸惑うこともなく、調教を開始した後も問題なく進められています。まだトモの甘さがあり、もう少し時間を掛けていかないといけませんね。でも、ゲート練習では音を聞かせて出すところまで進めていますから、近日中にはゲート試験を受けられると思います」(12/19近況)

⇒⇒20日にゲート試験を受けて合格しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

12日に栗東へやってきたパーフェクトルールですが、新しい環境に戸惑うことなく、日々の乗り込みとゲート練習を消化。トモの甘さがあり、体力面で途上なところを窺わせますが、ゲート練習に関しては着実に上達。これなら近日中にゲート試験を受けられるとのことでしたが、早速翌日にゲート試験に初挑戦。その詳細は現段階で分かりませんが、無事合格することが出来ました。今後については週中の更新でハッキリするでしょうが、1度牧場へ戻して鍛え直されることが濃厚でしょうか。

また、19日付でJRAの競走馬登録も完了。晴れてJRAの一員になれたパーフェクトルール。紙面に名前が踊るような活躍を期待しています。

2019年12月17日 (火)

12日に栗東・小崎厩舎へ入厩しています。☆パーフェクトルール

201911_20191217061101

Photo_3 パーフェクトルール(牡・小崎)父ルーラーシップ 母パーフェクトジョイ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン 

担当者「ここまでハロン14秒ペースでしっかり乗り込んできたことから、この中間はウォーキングマシンでの運動に止めています。トモに疲れが出やすいので、このリフレッシュで回復してくれるでしょうし、それに伴い更に動きも良くなってくるはずです。また、最近の動きから近々移動の声が掛かると思いますので、引き続き疲れを溜めないよう努めていきます。馬体重は466キロです」(12/6近況)

⇒⇒11日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、12日に栗東・小崎憲厩舎へ入厩する予定です。(11日・最新情報より)

・在厩場所:12日に栗東・小崎憲厩舎へ入厩

小崎師「態勢が整いましたので、12日の検疫で入厩させていただきました。今週いっぱいはこちらの環境に慣れさせて、来週から調教をスタートしていきたいと思います。環境の変化に戸惑わなければ、ゲート練習も並行して進めていきたいと思います」(12/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年内にNFしがらきへ移動できればといいかなと思っていたパーフェクトルールですが、北海道から直接厩舎へ入ることとなり、12日に無事入厩しています。

左前の歩様を悪くし、復調してきたと思ったら対角の右トモの歩様を乱してしまったりとモタモタが続きましたが、トモの緩さ・甘さを解消するためにコツコツ乗り込んできました。そして一時期は500キロを超えていた馬体は466キロまで絞れました。着実に力を付けていると思いますが、調教動画を見ると、トモが流れ気味で馬場に脚を取られるシーンがあります。まだまだ鍛えないといけませんが、重心が低く、前向きに走っている姿は好印象です。

ひとまずは新しい環境に慣らしながら、パーフェクトルールはゲート試験の合格を目指すことになります。そしてゲート試験に合格すれば、NFしがらきへ出して、鍛え直されることになるでしょう。新馬戦がある時期までにデビューしてもらいたいです。

2019年12月 2日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:曳き運動

担当者「今週から獣医の許可の下、曳き運動を始めています。多少ぎこちなさは有りますが、久々に運動している分でしょうから、心配は要りません。1歩前進出来たのは良かったですし、今後も脚元の状態を見ながら進めていきます。馬体重は488キロです」(11/29近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「こちらでもエコー検査を行いましたが、左前脚の状態に良化が見られませんね。この感じですと、しばらくは最小限の運動で様子を見ていくことになるでしょうから、上体が重くならないよう気をつけていきます」(11/29近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン14秒ペースですとややパフォーマンスが落ちてしまいますが、この馬なりに徐々に良化は見られます。もう少し乗り込んでいけば、更に良くなってくると思いますし、トモをしっかり使えた走りをしてくれそうです。馬体重は464キロです」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールはこの中間から曳き運動を開始。これでストレスを溜め込むことはないでしょう。1歩前進は出来たので、ウォーキングマシンでの運動→トレッドミルでの運動と着実に前進していってもらえればと思います。

パラダイスリーフはこの中間に屈腱炎を発症した箇所を再検査。正直、患部は思わしくなく、時間がかなり掛かりそう。今後も1ヶ月単位で検査を行うと思うので、何とか少しでも良い兆候が見られることを願うばかりです。逆に良化が見られなければ、進退問題へと発展してしまいます。

パーフェクトルールは調教の負荷が高まるにつれ、馬体重は減少傾向。特に細くなっているということではなく、一時期太り過ぎていたのでしょう。年内は北海道で過ごすことになりそうですが、年明け早々にはNFしがらきor入厩できるように更に負荷が高まっても、クタッとすることなく、踏み止まってもらいたいです。

2019年11月28日 (木)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「引き続き舎飼で様子を見ています。この馬なりには落ち着きを感じますし、良い精神状態を保てていると思います。また、運動を行っていないものの、体重があまり変わってきませんから、その点も良いですね。そろそろ曳き運動を行えそうです。馬体重は486キロです」(11/22近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:曳き運動

担当者「この中間からは曳き運動を開始しています。まだ運動時間は少ないものの、前向きに取り組む姿勢を感じますし、飼い葉もしっかり食べてくれていますから、体調に関しては良好ですね。引き続き脚元に気を付けて進めていきます」(11/22近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「引き続きメニューに変わりはありませんが、運動時間を増やしています。両前膝の状態に関しては、依然として問題ありませんし、先週より更に捌きは柔らかくなってきたと思います。あとはもう少し体が絞れてくれれば、より素軽くなってくるでしょう。近々、トレッドミルでの運動を開始する予定です。馬体重は580キロです」(11/22近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「先週は少し力強さが足りないと感じていましたが、乗り進めていく内にしっかり登坂出来るようになりました。徐々にパワーが付いてきて、終いも良い手応えで上がってきています。全体的に緩さも無くなりつつありますから、この調子で進めていきたいですね。馬体重は470キロです」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは引き続き厩舎で静養していますが、ストレスを溜め込んだ様子はなく、落ち着きがあるのが何より。次のステップへ行くために今の良い雰囲気を維持してもらえればと思います。

パラダイスリーフはひとまず曳き運動を開始。体を動かすことが良いリフレッシュとなっている感じです。あとは患部の回復がどうなのか。1ヶ月に1回は詳しく検査をすることになるでしょうから、そこで回復が思わしくなければ厳しいジャッジがもあり得ます。それは回避したいので、復帰へ向けて良い兆候を示してくれることを今から願っています。

ジーナアイリスは引き続き慎重なスタンスで進めていますが、骨折した両膝の状態は問題なし。少しずつ絞れて来ていた馬体重がちょっと戻ってしまったのは誤算でしたが、トレッドミルでの運動を開始するために整えていってもらえればと思います。

パーフェクトルールは継続して乗り込むことで地道に良化を遂げていくのみ。良い方向へ向かっているのは確かなので、それと併行する形で気性面での成長も見せていってくれればと思います。

2019年11月18日 (月)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「先日行われた手術から1週間以上経ちましたが、概ね体調面含めて変化はありません。術後すぐは少し食いが細いと感じましたが、今は全く問題ありませんね。この調子で曳き運動開始を目標に進めていきます。馬体重は487キロです」(11/15近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:舎飼

担当者「先週の木曜日にこちらへ入場してきてからは、これまでの調教や輸送による疲れがありますので、無理に動かしていません。エコー検査では、浅屈腱炎の診断を受けたとのことですし、今後も状態に合わせて進めていきます。馬体重は503キロです」(11/15近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は両前膝のレントゲン検査を行いました。最近は歩様が安定している通り、順調に回復しているようですし、獣医の触診でも痛みはありません。このまま進められれば、予定通り今月中に次のメニューに向かえそうですね。馬体重は576キロです」(11/15近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「少しずつ走りが安定して、動きも良くなってきましたので、この中間からはペースを上げています。週1回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、先週よりもやや力強さに欠けるところがありますから、しばらくはこのペースで進めていった方が良いでしょう。それでも、手応えは悪くないですし、慣れればもっと動きは良化してくると思います。馬体重は476キロです」(11/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは手術後、カイ食いが少し細くなったようですが、時間の経過と共に元気は回復。食欲も戻っています。今後は患部が落ち着くまでは舎飼の生活が続きます。ストレスを溜め込まないように注意していってもらいたいです。

パラダイスリーフは輸送による疲れがあったので、現在はそれを取り除くことを優先中。回復すれば、牧場でも1度脚元の検査を行って欲しいです。全兄ゼーヴィントも屈腱炎になりましたが、患部の良化が思わしくなかったことで牧場時に引退となりました。全弟のこの馬にはそういうことがないように願うばかりです。

ジーナアイリスは骨折した両脚をチェック。ここまで少し時間を要してしまいましたが、触診でも痛みはないまでに回復。そろそろトレッドミルで軽く動かしていけるかと思います。

パーフェクトルールはジリジリ前進中。負荷を高めながら馬体が引き締まってきています。今年もあと1ヶ月ちょっとですが、丹念に乗り込んでいって芯が入って来てくれれば思います。

2019年11月14日 (木)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで乗り込んでいますが、しっかりとした脚取りで登坂してくれるようになりました。前走から大きく変わった感じがなく、良くなるのはもう少し先だと思いますが、この馬なりに力を付けていますし、後はレースを経験しながら成長を促して行けば、背中の良い馬ですから、先々は走ってくれると思います。馬体重は443キロです」(11/8近況)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、左前の外傷については徐々に治まってきています。また、同じ左前に骨瘤も出てきてしまったものの、そちらも症状的には大したことはないので、今週から坂路コースでの調教をスタートしています。今後もよく脚元をケアしながら、状態に合わせて進めていきます。馬体重は513キロです」(11/8近況)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「ペースは上げていませんが、走りの質は先週から良くなりました。体重が絞れてきたことで体を使って走ることが出来ていますし、以前よりトモの緩さも解消して力強い走りを見せています。この調子で乗り込みを重ねていきたいですね。馬体重は483キロです」(11/8近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「術後の経過も順調で、体調も変わりありませんでしたので、今週から坂路で乗り出しています。運動後も変わった様子はありませんし、このまま進めていっても問題なさそうです。様子を見ながら徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は506キロです」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エルスネルはハロン15秒の調教を丹念に消化中。本数を重ねて力強さが出てきた様子。ただ、この馬の懸念は精神面の幼さ。背中の良さなど走る要素は持ち合わせているので、この点の成長が結果を大きく左右してしまうと思います。

シャダルはNF天栄へ移動してまもないですが、外傷を負った左前脚は回復傾向。ただ、同じ箇所に骨瘤が出来てしまったのは悩ましいところ。早速坂路でハロン15秒のところを乗り出しているので大した問題ではないでしょうが、大きくなったりしないようにケアは怠ることなく続けてもらいたいです。

パーフェクトルールは馬体重が絞れてくるにつれてスタッフの評価も上昇。緩さについてはまだまだ上手に付き合っていかないとダメでしょうが、本州への移動へ向けてドンドン進めていって欲しいです。

ベルラガッツォは坂路での乗り込みを再開。体調面で手術をした影響は感じられないものの、ホルモンバランスなどは崩していると思うので、体調の変化がないかどうか注意しつつ、乗り進めていってもらえればと思います。

2019年11月 7日 (木)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間からは再度坂路調教に入っています。リフレッシュした効果もあって、以前より活気が出てきましたね。加えて、周回コースでより実戦的な調教を行っていますが、息の入れ方やハミの取り方は悪くないですね。このまま状態に変わりなければ、近々ペースを上げていきたいと思います。馬体重は494キロです」(11/1近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「変わらずウォーキングマシンでの運動を行っています。数字上でも体が絞れてきたことが確認できますし、腹回りを中心に少しシュッとしてきました。また、この中間は両前膝のレントゲン検査を行いましたが、獣医によると『経過は良好で、徐々に回復している』とのことでしたから、近々トレッドミルでの運動を再開していきます」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リフレッシュを挟んだパーフェクトルールはこの中間から乗り込みを再開。活気が出てきたようで前向きに取り組んでいる姿は好感。坂路と周回コースを上手に併用して実戦での操縦性アップを図ってもらえればと思います。

ジーナアイリスはウォーキングマシンでの運動が続きますが、ほんの少しだと思いますが馬体は絞れてきた様子。体質がそれほど強くない馬なので他馬よりも復帰に時間を要すかもしれませんが、軌道に乗るまでは根気よく進めていくしかありません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ