出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「シャトーブランシュの17」の11件の投稿

2018年12月 5日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

Photo_3 シャトーブランシュの17(牝・高橋義)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒〜18秒ペースを2本。残りの日は軽めの調整

担当者「この中間からハロン17秒〜18秒までペースを上げ坂路調教を行っています。坂路に入ると体の使い方が上手く、鞍上が促すとスッと鋭く反応してくれるので非常にセンスの良い馬ですね。まだ体質に弱さがあるためか毛艶やハリは今ひとつではありますが、以前と比べると徐々に良化傾向にあります。負荷を掛けても飼い食いが落ちていませんし、疲れを見せていないことから冬場はじっくり乗り込めそうなので、今のうちから強い馬体作りに努めていこうと思います。力強い走りができるようにするため今後は馬の成長を促しながら徐々に負荷を掛けていき、背腰の強化を図っていきます。馬体重は450キロです」(12/1近況)

Photo_3 シーズインクルーデッドの17(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「まだ人の指示に対して反抗心は強いのですが、以前よりは前向きに調教を行うことが出来るようになっています。動きも力がついてきたことで、手応え良く登坂出来るようになってきました。欲を言えばもう少し集中して走ってくれると良いですね。馬体に関しては、他馬と比べると体高が低いものの全体的に筋肉がついてきて、逞しくなって印象を受けます。特に肩から首にかけての太さを見ると、まだまだ体が大きくなってきそうですので、これから更にパワーアップするとなると非常に楽しみです。また、以前は周りの環境にかなり敏感な部分がありましたが、余裕が出てきたのか最近はとても冷静になって、精神的にひと回り成長した印象です。これからもペースを上げていくなかで、どのように逞しく成長していくか期待したいのと共に、適度にリフレッシュを挟んで疲れを溜めないよう努めていきます。馬体重は436キロです」(12/1近況)

Photo_3 シェアザストーリーの17(牝・勢司)父キズナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路調教に移行した後も順調に進められていたことから、この中間からハロン16~18秒のペースまで上げて運動を行っています。動きとしてはトモの力強さがまだ物足りないですが、登坂回数を重ねていく毎に今の調教メニューでもしっかりと対応してくれるようになるでしょう。乗り込んでいくにつれて以前より完歩が大きくなり、安定した常歩が行えるようになりました。適度にリフレッシュ期間を設けていることで精神的にも悪いところは見せていませんし、ここまで順調に調教が進められています。先月より馬体重は増えていますが、徐々に引き締まってメリハリのある体つきになってきましたので、飼い葉がしっかり実になっています。いずれは長い距離や力のいる馬場などで活躍してくれると思いますので、今後も成長を促しながら鍛えていきたいと考えています。馬体重は530キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これからの課題は体質面の強化に尽きるシャトーブランシュの17。更新された画像を見ると、皮膚病の跡が目立ちます。そういう状態でも坂路ではセンス溢れる走りを披露。これは天性のモノです。この冬は過度に攻めず、定期的にリフレッシュを挟みながら、じっくり進めてもらえればと思います。春先にグッと馬体に実が入ってくれば、かなり楽しみな馬へと成長してくれそうです。

シーズインクルーデッドの17の課題は我の強さ。活躍馬の下で良いモノを持っていると思いますが、もっともっと人間との信頼関係を築く必要があります。この課題は根気よく対応していくしかありませんが、改善の幅が大きいほどレースでの活躍に繋がる筈です。あと、立ち姿が前かがみなので、コツコツ乗り込んでトモの強化にも努めてもらいたいです。

お腹がポコッと出ているシェアザストーリーの17。これから馬体にメリハリをつける必要はありますが、食欲があるというのは牝馬には大きな武器。先日更新された動画では癖のないまとまったフォームで駆け上がっていたのも好印象でした。立派な馬格をしていますが、張り等は一息なので、地道な乗り込みで体質強化を成し遂げてもらいたいです。

2018年11月24日 (土)

【動画更新】シャトーブランシュの17

↑↑↑

Photo_3 シャトーブランシュの17

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前進気勢が強く、回転の速いピッチ気味の走法のシャトーブランシュの17。母よりも短い距離に適性があるのは確かでしょう。マイルまで何とか守備範囲に入れて欲しいものですが…。

それでも動きは間違いなく良いので、無事にデビュー出来れば、それなりの活躍が見込めそうな馬。気性面でオン・オフの切り替えが出来るようにメリハリのある調教を意識して取り入れてもらえればと思います。

2018年11月 6日 (火)

シルクなお馬さん(1歳・関西牝馬)

Photo_3 シャトーブランシュの17(牝・高橋義)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間は週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒ペースでの調教を行っています。まだ坂路に入れてから間もないですが、走りやハミの取り方にセンスが有り、良いものを持っていますよ。前向きな馬ですが、力みは無く、非常に良い内容の調教が出来ていると思います。ただ、これからペースを上げていった時にテンションが高くなりそうな雰囲気がありますので、そこは気を付けて進めていかなくてはいけませんね。また、一時期、馬体に疲れが出たのか全身に皮膚病が出てしまったことがあり、体質に関してはもう少し調教等で鍛えて、強くしていかなくてはいけませんね。それでも今は飼い食いや毛艶は良好で、調子は徐々に上向いてきています。今後は適度にリフレッシュを与えて、気性面や体質面を考慮しつつ進めていく予定です。馬体重は448キロです」(11/1近況)

Photo_3 シーズインクルーデッドの17(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「その後も順調にステップアップ出来ており、現在は週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整といったメニューをこなしています。初めて坂路に入った日には、周りの環境にかなり影響を受けている感じがしましたし、今もまだ完全に集中しているとは言えませんね。どちらかと言うと気が強い性格で、人の指示に対して反抗するところも見受けられます。でも跨った感触としては走りに柔らかさを感じますし、これから調教を進めてどんな走りを見せてくれるようになるのか楽しみですよ。体はまだ大きくないですが、調教の負荷が強くなってきていても飼い葉を残さず食べていますし、体調面や馬体などに問題は見られません。馬体重は443キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シャトーブランシュの17は弱さを抱えていますが、適度にリフレッシュを挟んで、じわじわと心身の充実を図っていってもらえればと思います。走ることに関しては、両親から良いセンスを受け継いでいるので、怪我さえなく育成が進んでくれれば、かなりやれそうな手応えを感じています。

シーズインクルーデッドの17は先の動画で受けた印象どおり、気性面の幼さと周囲を気にするところがある模様。気の強さはレースでの勝負根性に繋がってくれればと思いますが、人とのコンタクトを今一度丁寧に確認する必要がありそう。このまま悪い方へ進めば、自由気ままに走り、嫌気が差してしまうと、全く走らない恐れが出てきそうです。

2018年10月30日 (火)

【動画更新】シャトーブランシュの17&シーズインクルーデッドの17

↑↑↑

Photo_3 シャトーブランシュの17

↑↑↑

Photo_3 シーズインクルーデッドの17

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ1歳馬の調教動画がアップされだしています。各馬で差は出てきていますが、マイペースで進めていってもらえればと思います。まずは関西1歳牝馬の2頭をまとめて紹介します。

シャトーブランシュの17は勝気な面を秘めているので、調教の負荷を高めていった際にテンションが上がってこないかが心配。動きに関してはチップに脚を捕られながらも、推進力のある走り。シルクで活躍した牝馬の初仔ですが、良いところを受け継いでいると思います。

シーズインクルーデッドの17も兄が重賞勝ち馬ですが、現状ちょちょこ走っている感じ。少し周囲を気にしているのかな? 非力&気性面の幼さが目立っているので、じっくり乗り進めていった方が良さそうに思います。これからどういう風に走りが変わっていくか注目したいです。

2018年10月 3日 (水)

シルクなお馬さん(1歳牝馬)

Photo_3 シャトーブランシュの17(牝・高橋義)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動後も環境の変化に戸惑いを見せることもなく、調教を開始後からここまで順調に進められています。現在は周回コースと坂路コースで調教を行っていますが、精神的にも落ち着きを保ち、気性的な難しさも今のところ感じられません。調教では従順で乗りやすく、手が掛かることはありません。ただ、非力なところがあり、トモもまだしっかりしていないので、暫くは馬の状態に合わせながら乗り込みを行っていきたいと考えています。調教を進めていても、飼い葉食いや馬体等に問題ないので、適度にリフレッシュ期間を設けながら徐々に調教メニューを増やしていきたいと考えています。馬体重は452キロです」(10/1近況)

Photo_3 シーズインクルーデッドの17(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「こちらに移動した当初は環境の変化に少し戸惑っていましたが、現在ではだいぶ環境にも慣れて馬房内ではリラックスしています。馴致を開始後は順調に進められており、現在は跨るところまでスムーズに行えています。乗り出したばかりとあって、細かい動きにはまだ体が付いてこない感じで不器用も見られますが、身のこなしや体捌きは日を追うごとに軽さが感じられるようになってきました。普段は非常に人懐こく扱い易い本馬ですが、馴致をしていく中で気の強い一面を見せるようになってきました。馬の気持ちが高まった時に見せる一瞬の動きには良いバネを予感させるので、上手く伸ばせるように大事に育てていきたいと思います。馬体重は440キロです」(10/1近況)

Photo_3 ポーレンの17(牝・田中博)父ハーツクライ

・在厩場所:北海道・早来ファーム

早来ファーム担当者「9月初めの地震の影響もなく、順調に夜間放牧を行いながら体洗いや装鞍などの初期馴致を進めました。皮膚病が出ていましたが、症状は落ち着いてきており現在は良化しています。毛艶も回復してきていて、馬体にはだいぶ力強さが出てきましたよ。奥が深そうで、伸びしろもまだまだありそうですから、今後のトレーニングを経てどのような姿に成長してくれるのか、とても楽しみにしています。9月27日にノーザンファーム早来へ無事に送り出しました。馬体重は445キロです」(10/1近況)

Photo_3 シェアザストーリーの17(牝・勢司)父キズナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「この中間もとても順調に進められ、現在は週2回、周回コースで軽めのキャンターを1600m、週1回は坂路コースにも入れてハロン20秒ペースで1本登坂しています。坂路コースに初めて入った時でも物見などせず、力みなく登坂できていましたが、徐々にコースにも慣れてきて、更にリラックスして運動を行うことができています。大きな馬格で骨格はしっかりとしており、性格は素直でとても落ち着いています。飼い葉食いも良好で、それがしっかりと実になってくれており、馬体重も大幅にアップしました。まだ緩さがありますが、大型馬らしく大きなストライドで一歩一歩力強い動きが出来るように、今後も調教に取り組んでいきます。馬体重は512キロです」(10/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シャトーブランシュの17は新しい環境にも動じず、着実に課題を消化中。馬体重が先月より10キロほど増えているのも好感。非力さが残るのは仕方ないので、まずは乗り込みを継続していくことを重視してもらえればと思います。

シーズインクルーデッドの17はシャトーブランシュの17とは逆で、新しい環境に慣れるのに少し時間を要した様子。その為、先月と比較すると8キロほど馬体重を減らしてしまいました。まあ、一般的に繊細な牝馬なので許容範囲と言えるでしょう。秘めている気の強さが勝負根性へ繋がるように丁寧に扱っていって欲しいところです。

ポーレンの17は先月末に育成厩舎へ移動。垢抜けた馬体から楽しみな能力を秘めていると思いますが、気性面で一癖秘めていそうなタイプでもあります。我の強さがあると思うので、自由気ままにさせないように人とのコミュニケーションを綿密に取っていってもらいたいです。

シェアザストーリーの17は早くも坂路でハロン20秒のところを乗れるまでに。大型馬で動きにぎこちなさは残るでしょうが、真面目に取り組んでいる姿は○。ただ、一気に馬体重が増えてきたのは少し悩ましいところ。また、更新された最新画像を見ると、目の周りに皮膚病の痕みたいなのが見えます。ここからはある程度、じっくり進めていった方が良いのかなと見ています。

2018年9月 5日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西牝馬)

Photo_3 シャトーブランシュの17(牝・高橋義)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「準備が整ったことから、8月20日に空港育成厩舎へと無事に送り出しています。この夏の夜間放牧を順調に過ごしたおかげで心身ともに立派に成長してくれました。放牧地で見せる前進気勢に富んだ身のこなしの軽さに、本馬の身体能力の高さがうかがえました。こちらでは鞍を付けて廊下を歩くところまで馴致を進めており、与えられた課題に前向きに取り組んでしっかりと覚えることができていましたよ。ここまで問題なくきているので、育成厩舎へ移動してもスムーズに進めていけることでしょう。馬体重は438キロです」(9/1近況)

Photo_3 シーズインクルーデッドの17(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

Yearling担当者「こちらでは夜間放牧を行っていましたが、準備が整ったことから8月20日に育成厩舎へ無事に移動して、あちらでもウォーキングマシン運動と馴致を行っています。物覚えがよく順調にイヤリング厩舎での馴致を進めることが出来ましたので、育成厩舎でこれから開始される騎乗馴致もスムーズに進めていけるのではないでしょうか。重賞制覇を成し遂げた半兄のヒーズインラブのように大きな舞台で活躍してくれることを期待しています。馬体重は448キロです」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両馬共に先月20日育成厩舎へ移動していますが、両馬共に学習能力は高そうで、基本穏やかな性格なのかなと見ています。

今月中には騎乗トレーニングを開始できると思いますが、血統馬にありがちな体質の弱さを抱えていないか気に掛け、臨機応変に進めていって欲しいです。

2018年8月13日 (月)

【出資理由】シャトーブランシュの17

Photo_3 シャトーブランシュの17(牝・高橋義)父ロードカナロア

○馬体重 430キロ 体高 151.0センチ 胸囲 172.5センチ 管囲 20.2センチ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「夜間放牧と週3日のウォーキングマシンでの運動により、基礎体力が養われ、逞しい馬体へと成長してきました。馴致は馬体を洗う練習を行っており、素直に受け入れて進めることができています。ツアー時には3日間通して大人しく、人だかりでも興奮するようなところはありませんでした。母も夏を迎えてぐっと身の入りが良くなったように、今後の成長も期待できそうですね。馬体重は435キロです」(8/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資できそうな範囲の牝馬で1番欲しかったのがこの馬。母馬には出資していませんが、鋭い決め手を武器に重賞を勝った活躍馬の初仔です。サイズ的に小さ過ぎることもなく、胸囲の発達が目を惹きます。血統馬らしい心肺機能の高さを受け継いでくれていることでしょう。

ツアー動画や近況から基本穏やかな性格だと思いますが、所々にピリッとした感じも。これがレースへ行っての勝負根性に繋がって欲しいです。歩様は滑らかというよりは力強い感じ。案外ダートでも走れる馬になるかもしれません。

どちらかと言えば、牝馬の活躍が目立つ父ロードカナロア。マイルの距離が合いそうなので、桜花賞路線へ乗っていける馬へと育っていって欲しいです。また、父母同様に丈夫で息の長い活躍を期待しています。

2018年8月 8日 (水)

【シルク】第1次募集の抽選結果

昨年同様に週明けの月曜日に満口馬・必要実績の案内。そして出資馬の当落が判明するのかなと見ていましたが、午後7時過ぎにマイペースに入ってみると、上記の抽選結果がアップロードされていました。

これまで全く抽選で恩恵を受けてこなかったのですが、抽優馬のプチノワールの17はまたもダメかなと目をやると、当選口数の欄に赤い数字。走る走らないは別にして1番欲しかった馬なので正直ホッとしました。

そして上から順に確認していくとダメ元で申し込んでいたベッラレイアの17にも当選口数のところに赤い数字。実績でギリギリ滑り込むことが出来たようです。高実績者の10口攻撃は少なく、全体的に申し込みが多かったみたいですね。抽優馬の抽選に突破した同様に嬉しかったです。

あとは満口に届いていなかった馬(5頭)、サロミナの17・シャトーブランシュの17・ポーレンの17も実績で大丈夫でした。

その結果、10頭申し込んで10頭の出資が確定。ちょっとやり過ぎた感は正直ありますが、募集DVDでの歩様・前後の連動、雰囲気を見て気に入った馬たちなので満足しています。ご一緒の方はどうぞよろしくお願い致します。

【シルク】第1次募集で満口となった募集馬の必要出資実績

500口を超えるお申込みをいただき抽選となりました募集馬で、実績枠でご出資いただくために必要でした過去3世代(2014年産、2015年産、2016年産)の出資実績(ボーダーライン)は以下のとおりです。

[抽選となりました募集馬の必要出資実績(単位:円)]
1.モシーンの17  1,564,000
3.ピラミマの17  1,464,000
5.サロミナの17  906,000
6.ポーレンの17  596,000
10.ローマンエンプレスの17  1,312,000
11.ロザリンドの17  5,252,000
12.アイムユアーズの17  10,618,000
13.ウインフロレゾンの17  902,000
14.ウィズザフロウの17  508,000
18.アドマイヤセプターの17  7,894,000
21.スナッチドの17  1,042,000
22.ラトーナの17  1,268,000
25.ウルトラブレンドの17  2,370,000
27.レースウィングの17  574,000
28.ユキチャンの17  718,000
29.エンプレスティアラの17  766,000
31.シャンボールフィズの17  652,000
33.ポルケテスエーニョの17  866,000
35.ミュージカルウェイの17  2,616,000
36.リアアントニアの17  4,106,000
39.マンビアの17  580,000
40.メジロアリスの17  1,048,000
41.シーイズトウショウの17  1,936,000
42.ルージュクールの17  2,780,000
44.シャトーブランシュの17  950,000
45.チアズメッセージの17  1,130,000
46.タイタンクイーンの17  7,712,000
47.ベッラレイアの17  1,452,000
51.モンローブロンドの17  412,000
54.ディープストーリーの17  1,260,000
56.サダムグランジュテの17  622,000
57.レスペランスの17  1,326,000
60.プチノワールの17  3,514,000
61.アーデルハイトの17  974,000
62.アンティフォナの17  3,142,000
63.プロミストスパークの17  1,050,000
65.テーブルロンドの17  968,000

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アイムユアーズの実績が1000万超え。アドマイヤセプター・タイタンクイーンは700万台、ロザリンド・リアアントニアなども私には手に負えません。また、これらは抽優馬の申し込みが200口の倍以上になっているので、獲得を目指すとなると抽優馬という切り札を使っての運頼みになってきます。

その一方、募集馬検討会の段階で満口ギリギリのラインと想定される馬(ディープインパクト産駒以外)は満口になったとしても実績は2桁で収まっています。この辺りで動きの良さそうな馬を第一次募集の段階でしっかり押さえていかないとダメなのかなと思います。

【シルク】第1次募集★満口馬が37頭に

集計の結果、以下の37頭の募集馬は申込口数が500口を超えましたので、300口は過去3世代(2014年産、2015年産、2016年産)への出資実績、200口は抽選で出資者を決定させていただくこととなりました。

◆満口馬および申込口数(申込口数順)◆
募集馬名        総お申込み口数 うち抽選時優先馬口数
18.アドマイヤセプターの17  2629       1193
12.アイムユアーズの17    2426         1036
46.タイタンクイーンの17    2029       724
11.ロザリンドの17       1898          753
62.アンティフォナの17     1695          479
42.ルージュクールの17    1667        574
54.ディープストーリーの17  1611        611
25.ウルトラブレンドの17   1599          315
41.シーイズトウショウの17  1447       492
57.レスペランスの17            1355       351
35.ミュージカルウェイの17  1338       594
47.ベッラレイアの17      1306       478
36.リアアントニアの17     1275       527
60.プチノワールの17      1188      437
22.ラトーナの17         1127      232
40.メジロアリスの17      1101       278
61.アーデルハイトの17     991       196
13.ウインフロレゾンの17    974       256
65.テーブルロンドの17     974       123
10.ローマンエンプレスの17  964        244
45.チアズメッセージの17    904       189
21.スナッチドの17        850       203
33.ポルケテスエーニョの17  844        166
63.プロミストスパークの17   835       137
28.ユキチャンの17        760       142
44.シャトーブランシュの17    721       147
6.ポーレンの17          689        87
3.ピラミマの17           683       213
31.シャンボールフィズの17   674        92
29.エンプレスティアラの17    646       58
39.マンビアの17          643      115
56.サダムグランジュテの17   643       77
14.ウィズザフロウの17      629       87
27.レースウィングの17      626       70
5.サロミナの17           585      164
1.モシーンの17           583      190
51.モンローブロンドの17     511        56

上記以外の募集馬はお申込み口数が500口以内でしたので、お申込みいただいた皆様のご出資が決定しております。抽選となりました募集馬の必要実績(300口のボーダーライン)は抽選結果反映時に発表させていただく予定にしておりますので、しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

65頭の募集馬中、第一次募集で37頭が満口に。1年ごとに勢いは増していきますね。早い段階でランクインしていた馬は凄まじい口数ですし、次の記事で紹介する実績も桁違いです。

ただ、個人的には良血馬とはいえ、繊細さを抱えている牝馬に現段階で期待を掛けるのはリスキーな気も。素質が開花すれば大きいところを意識できるんでしょうが…。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ