2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ミスビアンカ」の62件の投稿

2020年3月29日 (日)

トモの甘い走りなので本質的に芝の方が良さそう。ただ、今回は昇級戦ですし、現状は前へ行って粘り込みを図るしかできないので、即通用とは行かなさそう。厳しい結果は覚悟の上でマイペースの競馬に持ち込んでどこまでやれるか。★ミスビアンカ

2020031400_20200327024301

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

日曜阪神7R 3歳1勝クラス(芝1400m)4枠5番 荻野極J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで追い切り

高橋忠師「25日に坂路で追い切りました。先週負荷を掛けているので、今週は馬なりでセーブしましたが、気持ちが走る方に向き過ぎている為に自然と時計は出ますね。でも、以前に比べるとだいぶ収まりが付くようになり、我慢して走ってくれるので、この馬なりに成長しているなと感じます。ただ、少し負荷を掛けると蕁麻疹が出たりして、内面がまだしっかりしていない感じが窺えます。動きは良くなっていますが、体質がしっかりすれば、より良い馬体に成長してくれると思うので、もう少し馬の状態に合わせて使っていく方が良いでしょう。前走はダートで結果が出ましたが、本質的には芝向きの走りをしているので、ここでどれだけの競馬を見せてくれるか楽しみにしています」(3/26近況)

助 手 22栗坂良 57.5- 41.4- 26.9- 13.3 馬なり余力
助 手 25栗坂良 54.6- 40.2- 25.4- 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回阪神2日目(03月29日)
7R 3歳1勝クラス
芝1400メートル 特指 混合 馬齢 発走13:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エコロアーサー 牡3 56 水口優也
2 2 ソーユーフォリア 牝3 53 川又賢治
3 3 ボンボヤージ 牝3 54 浜中俊
3 4 パフェムリ 牝3 53 西村淳也
4 5 ミスビアンカ 牝3 54 荻野極
4 6 メイショウチタン 牡3 53 泉谷楓真
5 7 マートルフィールド 牡3 56 藤井勘一郎
5 8 スワーヴドン 牡3 56 坂井瑠星
6 9 ヴィルトゥオシタ 牝3 53 岩田望来
6 10 カワキタアジン 牝3 54 吉田隼人
7 11 ウインカムトゥルー 牡3 56 高倉稜
7 12 ライチェフェイス 牡3 55 斎藤新
8 13 アサケエース 牡3 56 太宰啓介
8 14 ビアイ 牝3 54 国分恭介

○高橋忠師 「ダートで勝ち上がったけど、芝でもと思っていた馬だからね。やはり距離は1400mが合っている。もう少し成長してくると思うし、順調に使っていけば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は勝ち上がる手段としてダートを選択。芝スタートでハナを奪うと、ダートでもリズム良く走ることは出来ましたが、ゴール前は少しフワッとして1完歩ごとに迫られてドキッとしましたが、何とか凌ぎ切ったミスビアンカ。ひとまず狙い通りに未勝利を勝ち上がることが出来てホッとしました。

その前走から中3週で臨む今回。距離は引き続き1400mですが、芝へ戻しての昇級戦。前捌きはダート向きの力強さはありますが、トモの甘い走りなので本質的に芝の方が良さそう。将来性は見込める1頭ですが、溜めの利いた走りが出来ていない現状なので、前へ行って粘り込むしか手はありません。スピード自体は通用するでしょうが、1勝している馬同士の競馬となると楽な展開は見込めません。まずはこのクラスで揉まれることでじわじわ力を蓄えていくといった地道な作業が必要かなと思います。

まあ、今回に関しては現状の力関係を把握する意味で、失速を恐れずにハナを奪って競馬を進めて欲しいところ。前へ行きたいのはウインカムトゥルー・ビアイぐらいなのでゲートを決めて主張していけば案外楽な逃げになる可能性も。道悪に関してはピッチ気味の走法なので、雨で滑るような馬場でなければこなしてくれそう。有力馬が苦にしてくれればラッキーです。

厳しい結果になることは覚悟の上なので、その中でキラッと光るものを見せてもらい、このクラスでも通用するメドの立つ走りを期待しています。

2020年3月24日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月29日・芝1400m(荻野極J)

高橋忠師「19日に坂路で追い切りました。レースが来週に控えていますので、それなりにしっかり負荷を掛けておきましたが、動き・反応ともに良かったですよ。最初の頃はハミ受けの難しさや、気持ちの幼さが目立っていましたが、レースを経験する毎に改善されて当たり前に調教が行えるようになりました。それが追い切りにも表れて、動きに無駄がなく、最後までしっかりハミを取って走っています。ここまで理想通りに進められているので、来週の競馬がとても楽しみです」(3/19近況)

助 手 15栗坂良 63.0- 44.2- 27.3- 13.0 馬なり余力
助 手 19栗坂良 53.6- 39.3- 25.4- 12.5 馬なり余力
助 手 22栗坂良 57.5- 41.4- 26.9- 13.3 馬なり余力

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に南Wコースで時計
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)

堀師「引き続き飼い葉食いは良好で、馬体の張りや艶も良い意味で変わりません。先週末に坂路コースで軽く追い切りを行いましたが、休ませていた割に心肺機能は落ちていませんでしたし、心拍の数値も思っている以上に良かったです。ですから、19日には帰厩後初めて南Wコースで追い切りを行いました。時計的にも70-41くらいとそこまで速いものではありませんが、目標の皐月賞に向けてじっくり立ち上げているところですから、問題ありません。ただ、元々ウィークポイントである右トモに関しては、運動後に少し疲れた様子を見せますね。特に飛節の内側が弱いので、意識的にケアをしていく必要がありそうです。馬体重は555キロです」(3/19近況)

助 手 15美坂重 58.0- 42.1- 27.4- 13.9 馬なり余力
助 手 19南W良 70.1- 54.8- 41.2- 13.8 馬なり余力
助 手 22美坂良 56.4- 41.5- 26.4- 13.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは今週末のレースへ向けて、ビシビシとはやられていないも、雰囲気は良好。昇級して即通用するかとなると何とも言えないですが、レースを経験しつつ洗練されてきているので、良化の余地は大きいです。現状は手前の替え方にぎこちなさが残るので、脚を溜めてひと伸びする感じはないので、逃げて押し切る形がベターでしょうか。

サリオスは15日に坂路で帰厩後の初時計をマークし、19日には早速Wコースで脚慣らし。ひとまず感触を確かめる延長戦上でサラッとやった感じですが、この馬らしい心肺機能は健在。これなら余裕を持ってレースまで仕上げていけると思います。ただ、550キロ台の大型馬で右トモに弱さを残しているので、オーバーワークになってしまうと怖いので、微妙なさじ加減は厩舎力におまかせするのみです。また、レーンJが来日できない可能性が高まっているので、早めに代役を手配しておいて欲しいです。

2020年3月12日 (木)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・入厩組)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計
・次走予定:3月20日の中山・フラワーカップ(G3)・池添J

田中博師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せの最後方を追走して、直線では内目から脚を伸ばすと、最後は同入で終えています。まだモタモタして反応が遅れるところはありましたが、重たい馬場でもまずまずの動きだったと思います。トモの左右差が無くなってきて体質が徐々に強化されてきましたし、使っていく毎にしっかりしてきたかなと思います。また、飼い葉を残さず食べてくれて、調教後の馬体重は490キロと理想的な数字をキープしており、それに毛艶も良好ですので、ここまで体調面の心配はありません。このひと追いで更に動き・状態共に上昇してくれるでしょうから、来週のフラワーカップがとても楽しみです」(3/11近況)

助 手 8美坂良 56.9- 41.4- 26.9- 13.1 馬なり余力
助 手 11南W重 54.5- 40.0- 12.1 馬なり余力 キャルベイ(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計
・次走予定:阪神3月29日・芝1400m(荻野極J)

担当助手「レース後は軽めの運動に控えてコンディションを整えていましたが、その後も問題なかったことから、11日に坂路で軽く時計を出してみました。コースに入っても特に力みはなく、むしろ前走より落ち着いていますよ。動きも良くなっていますし、上積みが十分感じられるので、今の状態でどれだけ芝でやれるか今から楽しみです。なお、ジョッキーは引き続き荻野極騎手に依頼しています」(3/11近況)

助 手 11栗坂重 58.5- 42.5- 27.9- 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の金曜日の出走を予定しているポレンティア。1週前追い切りとなる11日の追い切りは4ハロンから時計を出す形になりましたが、直線は内に併せてラスト1ハロン12秒1で併入。少しモタモタしていたようですが、このひと追いでグッと良くなってくれるでしょう。弱さを抱えていた体質・トモが徐々に強化されてきている様子。馬の雰囲気は良さそうなので、今からレースが楽しみです。

中3週のローテで再来週の競馬を予定しているミスビアンカ。未勝利を勝った疲れ・反動は大丈夫そうですし、1度使ったことで力みが和らいできたのは好印象。11日は坂路でサラッと走らせた程度ですが、早速、前走後の初時計をマークして元気いっぱい。現状は不器用なのでハナへ行った方が良さそうですが、素質は1勝クラスでもヒケは取りません。芝に戻しますが、1400mなら見せ場以上があっても。

2020年3月 5日 (木)

スタートを決めてマイペースの競馬に持ち込めたのが全て。直線で最後にフワッとしてドキッとさせられましたが、何とか後続の追撃を凌ぎ切って1着。格好良く決めることは出来ませんでしたが、ここでしっかり勝ち上れたことに価値あり。☆ミスビアンカ

2020031400

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

土曜中京5R 3歳未勝利・若手騎手限定(ダ1400m)優勝(1番人気) 荻野極J

互角のスタートから先頭に立ちます。最後の直線でそのまま粘り込みを図ると、後続馬の猛追を振り切り、デビューから3戦目で待望の初勝利を挙げています。

高橋義忠調教師「おめでとうございました。このメンバーならダートでも良い競馬をしてくれると思っていましたが、芝スタートも良かったと思いますし、この馬の持ち味であるスピードでしっかり結果を出してくれましたね。荻野極騎手は「スタートがよく、その後もスピードを活かしてスムーズな競馬が出来ました。ゴール手前で内ラチに寄って行きましたが、フラフラとしていた訳ではなく、まだ余力が残っていたことで物見をしたものです」と言っていました。無観客レースだったこともあって、パドックからレースを終えるまでリラックスしていましたし、この馬にとっては良い方に向いてくれました。まずは一つ勝つことが出来ましたが、しっかりするのはもう少し先だと思います。今後も成長を促しながら、厩舎に牝馬重賞をプレゼントしてくれた母のシャトーブランシュと同じように、いずれは大きな舞台で競馬が出来るように育てていきたいですね。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえでそのまま続戦させるか検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

気合をつけてハナ。終始楽な感じで逃げて、残り300mから追い出す。突き放しはしなかったが、外の追い上げを凌いで押し切った」(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:阪神3月29日・芝1400m

担当助手「最後は遊んでソラを使ったぐらい余裕がありましたから、レース後もケロッとして疲れは見られませんでした。軽めの運動で様子を見ていますが、むしろレース前より馬の雰囲気がいいですし、飼い葉もよく食べています。ダートでもあれだけ良い競馬をしてくれましたが、本質的には芝の方が良いタイプだと思っているので、このまま問題なければ3月29日の阪神・芝1400mに向かいたいと考えています」(3/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダート適性については半信半疑でしたが、坂路の追い切りであれだけ動けば大丈夫かなと見ていたミスビアンカ。一息入っていましたが、仕上がり自体は上々。ただ、トモの踏み込みが甘い馬なので、タフな馬場+展開だと終いが甘くなりそうですし、砂を被るとやはり心配だなと見ていました。

ですので、スタートは完璧に決めて逃げの手に出て欲しいと思っていましたが、五分のスタートから少し押していくと芝の地点でハナをキープ。ダートに入ってからもリズム良く走れていましたし、競りかけてくる馬もいませんでした。ホント、道中は楽な感じでマイペースで行けたと思います。

そして最後の直線の入り口で少し後続を引き離すと、追い出しを待つ余裕。残り300mあたりで左手前から右手前に替わったのですが、そこからジワッと追い出しを開始。グッと引き離すことは出来ませんでしたが、残り200mぐらいではセーフティーリード。この時点で何とか凌ぎ切ったかなと少し安心していたところ、残り100mを切ったあたりで左手前に戻るとフワッと。ソラを使って前へ進まなくなり、ひと追い毎に詰め寄られていたのでドキッとしましたが、クビ差まで詰め寄られたところがゴールでした。最後は格好良く決めることは出来ませんでしたが、着差以上の完勝とは言えるでしょう。

レース後のミスビアンカですが、思ったほどの疲れ・ダメージは感じられずに元気一杯。1度使って雰囲気も良くなったようで在厩調整で次走を目指すこととなりました。予定では中2週のローテで阪神・芝1400mへ。ダートでとりあえず1つ勝ちましたが、トモの甘い走りなので芝の方が合っていると思います。ただ、先々を見据えると逃げの競馬ではなく好位追走からひと伸びできるような走りを習得しないと。まあ、今回は直線でしっかり手前を替えることが出来ていたので、馬体がしっかりしてきてくれれば出来るようになってくれるかな?

とにかくここで1つ勝っておきたかったので、予定通りに初勝利を収めることが出来たのは何より。重賞を勝った母のところまで辿りつくのは容易ではありませんが、大事に使っていけば花開く素質をまだまだ秘めていると思うので、気持ちが悪い方へ向かないように気をつけながら、大事に育てていってもらえればと思います。

2020年2月29日 (土)

1週前の坂路での追い切りで圧巻の時計をマーク。逞しさが増して行きたがるところが出てきたので距離短縮はプラス。ダートの適性は走ってみないと分かりませんが、今回も逃げの手に持ち込み、後続の追撃を封じ込んで欲しい。☆ミスビアンカ

201911_20200229001601

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

土曜中京5R 3歳未勝利・若手騎手限定(ダ1400m)5枠7番 荻野極J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:26日に坂路コースで追い切り

担当助手「26日に坂路で追い切りました。先週しっかり時計を出しているので、今週は気負わない程度に調整しました。気負い過ぎないようにゆっくりコースに入っても前向きさを見せて進んで行こうとしていましたし、力を付けてきたことで更に気持ちが入り易くなってきましたね。ただこの馬なりに落ち着きが出てきましたし、動きそのものは最後まで良い手応えで登坂していましたので、仕上がりは良いと思います。しっかりするのはもう少し先だと思いますが、まずは一つ早く勝たせないといけませんから、スピードを活かした競馬をしてもらいたいと思っています。ダート適性があるかどうかレースに行ってみないことにははっきりしたことは言えませんが、先週坂路で好時計を出しているぐらいですから、対応してくれるのではないかと期待しています」(2/27近況)

助 手 26栗坂稍 55.4- 40.6- 26.5- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京1日目(02月29日)
5R 3歳未勝利
ダ1400メートル 若手 馬齢 発走12:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トーセンリーブル 牡3 56 井上敏樹
2 2 カミノホウオー 牡3 55 川又賢治
3 3 オウケンアマゾネス 牝3 54 鮫島克駿
4 4 レーニンテソーロ 牡3 55 斎藤新
4 5 ユイノリオン 牡3 56 城戸義政
5 6 ワンダーカムラング 牡3 55 西村淳也
5 7 ミスビアンカ 牝3 54 荻野極
6 8 ヴェッツラー 牡3 54 岩田望来
6 9 ブラッククリスマス 牡3 53 服部寿希
7 10 テランガ 牡3 54 団野大成
7 11 セントガブリエル 牝3 53 菊沢一樹
8 12 キタノギャラクシー 牡3 53 小林凌大
8 13 フィエールボス せ3 53 三津谷隼人

○高橋忠師 「リフレッシュ放牧明け。マイルでも走っているが、距離が短い方が我慢できそうなので、今回はダートの1400mを試す」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦は好位追走で競馬を進めるも、最後の直線で手前を替えず、ギアを上げることが出来なかったミスビアンカ。そのレースぶりを見ると、軌道に乗ってくるには時間が掛かるかなと見ていましたが、前走で手綱を取った福永Jは好スタートから逃げの競馬を選択。道中のプレッシャーも少なく、余力を持って直線を向くと、直線ではラチを頼りにジワジワ加速。今回も手前を替え切れなかった分、最後に勝ち馬に捕まってしまいましたが、2戦目で2着と変わり身を見せてくれました。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。しっかり走り切った分、背腰の疲れが抜け切るのに時間を要した為、当初の予定より帰厩は遅れましたが、乗り出してからはスムーズにペースアップ。状態面での不安なく逞しさを増して今月8日に帰厩へ。

帰厩後はスムーズに追い切りを開始し、先週19日の追い切りでは坂路で51秒1-ラスト1ハロン11秒9をマーク。体重の軽い荻野極Jが跨っていたとはいえ圧巻の時計。力が付いてきた分、距離は短い方へシフトしてきた様子で、攻めでこれだけ動けるのならダートでもやれそうということで芝の1600m予定から今回のダ1400mへ矛先を変えてきました。レースでの走りは少し頭の高いピッチ走法。溜めて切れるというよりはスピードで押し切るのが合っていると思います。

ダートに関しては実際走ってみないと分かりませんが、この舞台は芝スタートなのでゲートを五分に出ればスッと行き脚は付く筈。砂を被ると嫌がりそうな雰囲気がしているので小細工なしに逃げの手に持ち込んで欲しいです。右手前で走るのが好きなので左回りへ替わるのもプラスかと。気分良く走ることが出来れば圧勝まであるかと思いますが、その一方で悪いことが重なると惨敗までありそう。どちらへ転ぶかは今の段階では神のみぞ知る形ですが、荻野極Jは追い切りで感触を掴んでくれているのでミスビアンカを好リードしてくれるものと信じたいです。

まだまだこれから力を付けてくれるかと思いますが、出来れば早い段階で1つ勝っておきたいです。それが今回であることを願うばかりです。

2020年2月23日 (日)

シルクなお馬さん(牝馬・入厩組)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神2月29日・芝1600m(A.シュタルケJ)

高野師「19日に坂路で追い切りました。やや遅れたものの、目一杯に追っていたわけではないですし、最後まで余力十分で動きは良かったですよ。短期放牧明けでも変わらず良い状態を維持していますし、前向きさも見られるので、来週の競馬ではしっかり力を発揮してくれると思います」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 57.3- 41.8- 27.3- 13.0 末強め追う カーテンコール(三未勝)馬なりにクビ遅れ
助 手 19栗坂良 54.8- 39.7- 25.6- 12.4 一杯に追う アトリビュート(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.2秒遅れ

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中京2月29日・ダ1400m・若手(荻野極J)

高橋忠師「19日に坂路で追い切りました。レースが来週に控えているので、しっかり負荷を掛けて時計を出しました。道中は引っ掛かり気味でグイグイ自分からハミを取っていったことで、かなりの時計が出ましたね。時計が出やすい馬場とはいえ、これだけ行きっぷりが良いと、1600mでも折り合いが心配です。前走で騎乗した福永祐一騎手も距離はもう少し短い方が競馬はし易いかもしれないと言っていましたが、力をつけてきたことで段々とスプリンターのようになってきましたね。当初は2月29日の中京・芝1600mを予定していましたが、今の感じだと距離を短くする方が賢明だと思います。もう1週待てば中京に芝1400mの番組がありますが、来週の競馬を目標にしていただけに調整が難しくなってくるので、それなら今のうちにダート適性を試すのも手だと思います。いくつかダートの番組がありますが、相手関係を考慮して2月29日の中京・ダ1400m(若手騎手)に向かわせていただきます。なお、ジョッキーは荻野極騎手に依頼しています」(2/20近況)

助 手 16栗坂稍 58.3- 41.5- 26.5- 12.7 馬なり余力
荻野極 19栗坂良 51.1- 37.0- 23.9- 11.9 一杯に追う

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に北Cコースで時計
・次走予定:3月8日の中山・ダ1800m・牝馬

勢司師「こちらに戻ってきた後は先週末に北Cコースでサッと脚を伸ばしましたが、その後も特に問題はなかったので、19日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。道中はルコントブルーが追走し、直線では内に入れて脚を伸ばし、最後は馬体を並べてゴールしています。徐々にマシにはなってきているものの、帰ってきてから馬場入りを嫌がるようなところを見せているので、あまり精神的に追い詰めないようにサッと脚を伸ばす程度で動かしました。フットワークは最後までしっかりしていて良かったですし、あくまでもこの仔の状態に合わせてですが、今後はレースに向けて段階を踏みながら調教の負荷を強めていければと考えています。今のところ、中山2週目に牝馬限定のダ1800mの番組が組まれているので、そこを目標に進めていく方針です」(2/20近況)

助 手 15北C良 60.4- 44.5- 15.2 馬なり余力
助 手 19北C良 68.7- 53.7- 40.3- 13.7 馬なり余力 ワンモアエフォート(三未勝)馬なりの内1.6秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定しているインヘリットデール。順調に時計を出すことは出来ていますが、併せ馬で僅かとはいえ遅れるケースが続いているのが気になるところ。高野師のコメントでは前向きさはあるようなのですが…。2勝クラスを卒業して次のステージ(繁殖)へ歩んで欲しいですが、ここまで来ればまずは無事に現役を終えてもらいたいです。

厩舎HPでマイルは長そうと言われていたミスビアンカ。29日の中京・芝1600mから翌週の中京・芝1400mへスライドすることになるのかなと見ていたら、ピリピリしてきていることからスライドは避け、同日の中京・ダ1400m(若手)へ向かうことに。以前は非力な印象が強かったですが、追い切りでこれぐらい動けるのならダートでも悪くないのかなと思います。ただ、砂を被ったりすると気難しさを覗かせると思うので、レース運びには注文が付きそう。先々は控える競馬をマスターして欲しいですが、次走ではスピードで圧倒する展開へ持ち込んでもらえればと思います。まずは1つ勝っておきたいです。

ルコントブルーは徐々に追い切りの負荷を高めていますが、動き自体はマズマズ。ただ、心配なのが馬場入りを嫌がったりと気性面で後向きなところが出ています。デビュー戦で2着と力のあるところは見せてくれましたが、次走で大きく崩れてしまうと立て直すのが難しくなるかも。次走の予定が出たので、そこへ向けて気を抜くことなく仕上げを進めていって欲しいです。

2020年2月16日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(3歳・高橋義忠厩舎)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中京2月29日・芝1600m(吉田隼J)

高橋忠師「帰厩した後も順調に進められていましたので、12日に坂路で追い切りました。最後まで楽な手応えでしたし、帰厩後1本目としてはまずまず動いてくれました。道中は力むこともなく、リラックスして走っていましたし、リフレッシュの効果が感じられます。このまま順調に仕上がるようなら、2月29日の中京・芝1600mに向かいたいと思っています。なお、ジョッキーは吉田隼人騎手に依頼しています」(2/13近況)

助 手 12栗坂良 54.9- 40.0- 26.0- 12.9 馬なり余力

Photo_6 ロードセッション

2月13日(木)稍重の栗東・坂路コースで1本目に55.0-40.5-26.4-13.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2月29日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1800mもしくは3月1日(日)阪神・3歳未勝利・混合・ダ1800mに予定しています。

○高橋調教師 「上昇度がスローとは言え、決して後退している感じは無し。帰厩後も順調に乗り込めており、条件替わりで少しでも良さが出せれば・・・と思っています。状況次第では繰り上げる可能性も。ただ、今のところは阪神開催の1週目が本線でしょう」

≪調教時計≫
20.02.13 助手 栗東坂稍1回 55.0 40.5 26.4 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは帰厩後の初時計を12日にマークしましたが、サッと伸ばした程度でこれぐらい楽に動ければ上々。力みも薄れてきたのは好感です。また、今回の更新で早速次走の予定が決定。右手前で走るのが好きな馬だと思うので、現状は左回りの方がレースがしやすいかも。ただ、厩舎のHPを見ると、1600mは若干長いかもと言われていたので、1週スライドして8日の中京・芝1400mへ回ることかもしれません。

セッションは実が詰まってこないと変わり身を期待し辛いところですが、手前の替え方は幾らか進歩が窺える様子。今は1番底辺にいると思うので、これから上昇していくのみ。その中で早く1つ勝てるところまでは来てほしいです。

2020年2月10日 (月)

8日に栗東・高橋忠厩舎へ帰厩しています。☆ミスビアンカ

202001_20200210233701

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき/8日に栗東トレセンへ帰厩予定
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「ここまでじっくり時間を掛けて進めてきましたが、走る方に気持ちが向いていますし、動きもしっかりしてきました。また、この放牧期間に一回り成長したように感じますし、心身ともに逞しくなりましたね。8日の検疫でトレセンに戻ることが決まりましたが、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は478キロです」(2/7近況)

⇒⇒8日に栗東トレセンへ帰厩しています。(8日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

背腰の疲れを取り除くのに時間を要した為、当初の見立てより遅い帰厩となったミスビアンカですが、騎乗運動を開始後は良い雰囲気で乗り込むことは出来ました。さすがにガラッと変わってきた感じはありませんが、走ることへの集中力は確実に良化中。

ただ、NFしがらきでの調教動画を見ましたが、終始右手前のままで坂路を駆け上がっています。血統馬らしいポテンシャルは秘めていると思いますが、デビュー当初からの課題はなかなか解決できていません。左回りのレースを使った方が良いのかなあ?

2020年2月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関西馬・NFしがらき組)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間から坂路で17-17から、ラスト1ハロン15秒までペースを上げています。成長を促すためにじっくり時間を掛けて運動を行っていますが、もう一皮むけてほしいところです。でも、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、このまま負荷を掛けて鍛えていきたいと思います。馬体重は443キロです」(1/31近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「徐々に動けるようになってきましたので、この中間から坂路で15-15から、ラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。まだもっさりとした感じですが、この馬なりに素軽くなってきていますので、このまま登坂回数を重ねながらピリッとしたところを引き出していきたいと思います。馬体重は484キロです」(1/31近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「テンションが上がらないようにじっくり進めてきましたが、気が逸れることもなく落ち着いており、順調に進められていますよ。この馬なりにしっかり動けるようになってきましたし、成長が感じられます。高橋忠師とは2月上旬の帰厩を目標に置いて話を進めているので、今の状態を維持しながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は477キロです」(1/31近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「坂路のペースを15-15まで上げた後も順調に進められましたので、この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばしています。開始して日が浅い為に、まだそこまで良い手応えで登坂出来ていませんが、これから本数を重ねていくにつれて余裕をもって駆け上がってくれるようになるでしょう。負荷を掛けた分、馬体重はやや減ってしまっていますが、飼い葉食いは良いので、そこまで気にしなくていいと思います。馬体重は439キロです」(1/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エルスネルは順調にメニューを消化していますが、馬体面での変化が乏しいのが寂しいところ。やはりこの辺りは早生まれなんでしょうねえ。また、カイ食いも旺盛とは言えないので、何とか食べる量を増やす努力をお願いします。

パーフェクトルールはコツコツ乗り込んで体力不足を解消されることが重要。良いモノはありそうなので、下地作りに精を出してもらえればと思います。

ミスビアンカは近々帰厩となりそう。長い目で見れば走ってくる1頭だと思いますが、心身共に良い方向へ進んでいけるように細心の注意を持って接してもらえればと思います。

オーサムゲイルは調教の負荷を高めましたが、それによって馬体が減ってしまうのが悩ましいところ。加減してしまうと体力が付いてきませんし。食の細い牝馬の難しさを改めて勉強することになっています。

2020年1月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂しています。負荷を掛けた後も飼い葉食いが悪くなることもなく、馬体重は維持できていますし、コンディションは良いですよ。ガラッと変わった感じはしませんが、この馬なりにしっかりしてきているのは確かですから、帰厩の予定が決まるまでこの調子で成長を促していきたいですね。馬体重は475キロです」(1/24近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックでハッキング

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、少しトモに疲れはあったものの、大きな問題はありませんでした。先週一杯は軽めの調整に止め、今週から乗り出しを開始していますが、今後は坂路入りも視野に入れながら進めていく予定です。馬体重は496キロです」(1/24近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、大きな変化はないものの、この馬なりにしっかりとした動きを見せてくれています。脂肪が付きやすい時期ですが、馬体のコンディションは良好で、乗り込むに連れて徐々に締まってきている印象です。
馬体重は519キロです」(1/24近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に調教が進められていましたので、この中間から坂路で15-15までペースを上げています。動きとしてはまだ力強さに欠けますが、この馬なりに良くなってきているのは確かなので、帰厩の予定が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。負荷を掛けた後も飼い葉食いは悪くなることもなく、馬体重は維持できているので、コンディションは良いですよ。馬体重は445キロです」(1/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは引き続き坂路でハロン15秒で乗り込み中。馬体重をキープできているのは良い傾向でしょう。地道に鍛えながらパワーアップしてきてくれればと思います。また、手前の替え方が下手な馬なので、この点についてもしっかり教育していってもらいたいです。

ポレンティアはレース後の疲れが少し残るぐらいで、脚元等には異常は見受けられず。早速ミニトラックで跨っているようですが、まずは感触をしっかり確かめ、それから坂路へと連れ出してもらえればと思います。それほど疲れはないのかもしれませんが、慎重を期してお願いします。

ルコントブルーは週3回登板し、引き続き鍛えられている様子。ルコントブルー自身もしっかり応えてくれているので、現状のメニューを2~3週間ほど継続できれば次のステップ(帰厩)へと進めるでしょう。まずは早めに1つ勝っておきたいです。

オーサムゲイルは坂路でハロン15秒の調教を開始。非力さを感じる動きなのは物足りないですが、根気よく乗り込んでいってパワーが備わってくれれれば。カイ食いが良ければ、実になってくれるのでしょうが、牝馬らしい性格の持ち主なので思うようには成長していってくれません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ