2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ハーツクリスタル」の34件の投稿

2019年10月 8日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯は馬の状態を確認しながら進めてきましたが、まだ本調子には遠く、獣医師ももう少しじっくり進めていく方が良いとのことでしたので、この中間はトレッドミルで軽めのキャンターに控えています。飼い葉食いは悪くなく、そこまで元気がないという訳ではないので、もう暫く馬の状態に合わせながら進めていきたいと思います。馬体重は551キロです」(10/4近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回京都開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も順調に進められており、現在も坂路で15-15からラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしています。登坂回数を重ねていくにつれて心身ともにピリッとしてきましたよ。このまま問題なければ、第5回京都開催を目標にトレセンへ帰厩させると高野師が仰っていましたので、移動に備えて態勢を整えておきたいと思います。馬体重は523キロです」(10/4近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で15-15を開始した後も問題なく進められていますが、動きの方はまだ力強さに欠けるので、もう少し時間を掛けて鍛えていく必要がありますね。馬体に関しては気になるところもなく、コンディションは良いので、引き続き乗り込みながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は455キロです」(10/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

疲れが見られたヴァンタブラックは軽めの調教で様子を見ていましたが、本調子を欠く動き。意欲的に乗ってきましたが良化度がやはりスローな様子。その結果、調教疲れのような状態になってしまったんでしょう。じっくり立て直してもらいたいです。

ハーツクリスタルは引き続き順調。次の京都開催中のデビューを目指すことになりました。素質は高いものがある一方で精神面の幼さが他馬よりも目立つ現状。そこが実戦へ行ってどう出るか。長い目で見れば、今の段階で基礎を固めた方がベターなのかなとは思いますが。

オーサムゲイルは良いスピードを秘める一方で非力さが残る現状。負荷の高い調教をこなしつつ馬体増を叶えていければ、動きにも力強さが出てきてくれるでしょう。しっかりカイバを食べさせることもトレーニングの一環です。

2019年9月30日 (月)

【近況】【動画更新】ハーツクリスタル

↑↑↑

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ここまで順調に進められましたので、この中間はより負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。現在は坂路で15-15からラスト1ハロン14秒まで伸ばすようにしていますが、緩さがある中でもしっかりとした脚取りで登坂していますし、ハーツクリスタルなりに力を付けていますよ。具体的な予定は決まっていませんが、いつ声が掛かっても対応できるように乗り込みを続けていきます。馬体重は518キロです」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきでコツコツ乗り込んでいるハーツクリスタル。この中間からハロン15秒の調教からラスト1ハロンは末を伸ばしていますが、反動が出ることなく順調そのもの。ただ、更新された調教動画を見ると、脚捌きこそシャープな印象も、手前を急に替えたり、内へモタれたりと幼さが目立つ動き。併せ馬だと違った形になったのかなと思いますが、若干不安を感じました。まあ、良い方へ捉えれば、これぐらいのペースは余裕綽々なのかもしれません。

デビュー時期or帰厩時期が『涼しくなった11月あたりかな』と言われていたので、順調に仕上がっていくのなら10月の連休明けぐらいの帰厩があるかもしれません。まあ、復帰戦を先に定め、そこへ向けて帰厩させるのではなく、満足のいく状態・動きに到達してから番組を選定していくようにお願いしたいです。また、精神面の幼さが悪い方へ向かないようにくれぐれもお願いします。

2019年9月25日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都10月12日 メイクデビュー京都・芝1600m
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~14秒

騎乗スタッフ「この中間も帰厩に備えて坂路でラスト1ハロン13秒まで負荷を掛けています。まだ自分からハミを取っていくほどではありませんが、この馬なりに前向きに走ってくれるようになっているので、後はレースを経験していけばピリッとしたところが見られるようになるでしょう。来週か再来週にはトレセンに帰厩することになると思いますので、いつ声が掛かっても良いように調教を続けていきます。馬体重は541キロです」(9/20近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も順調に調教が進められていますし、体調面も安定してきましたので、今後は更に負荷を掛けて帰厩に備えていきたいと考えています。具体的な予定はまだ決まっていませんが、涼しくなった11月あたりかなと高野師と話し合っていますので、それまで引き続き乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は525キロです」(9/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは走ることに気持ちが出てきたようですが、どの程度のものかは追い切りや実戦へ行ってみないとハッキリしないところ。好馬体の持ち主なので使いつつ良くなってくれるとは思うのですが…。また、デビュー戦が決まっているので、1日でも早く帰厩してレースへ向けて調教・追い切りを重ねてもらいたいです。

ハーツクリスタルは順調に乗り込むことが出来ていますが、デビューに関しては少し先延ばしになった様子。NFの有力牡馬との兼ね合いもあるのでしょう。良いように考えれば、じっくり鍛えることが出来るので、デビュー戦から能力を全開できるように土台を強固なものにして欲しいです。

2019年9月18日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、その後も良いコンディションを保っていましたので、今週から調教を開始しています。レースのダメージはすぐ回復しましたし、調教の雰囲気も良いので、今後は坂路にも入れて負荷を掛けていきたいと思います。状態が変わりなければ、すぐトレセンへ戻したいと須貝師から連絡を受けていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきます。馬体重は465キロです」(9/13近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「暑い時期はもう一つ苦手のようでしたが、涼しくなってきたことで、活気が出てきましたね。走りも段々としっかりしてきましたし、この調子で乗り込んでいけば更に良くなってきそうです。具体的な予定はもう少し乗り込んでからになると思うので、それまでしっかり鍛えていきたいと思います。馬体重は525キロです」(9/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューの予定が出たヴァンタブラックは別記事で紹介しましたが、それ以外のNFしがらきで調整中のシルク2歳牡馬の近況をまとめて。

デビュー戦の疲れを癒しているリアンティサージュですが、順調な回復ぶりを見せて周回コースでの乗り込みを開始。悪い兆候は見られないので、このままスムーズに負荷を高めていけると思いますが、今回の更新を見ると速いところを乗る前に帰厩する可能性もありそうです。

ハーツクリスタルは暑さから少し元気がなくなっていましたが、涼しくなるにつれて活気が戻ってきたのは何より。動きに関しては着実に進歩が見られるのは頼もしい限りです。ただ、まだまだ緩さが残る現状ですから、更なる上昇を目指して乗り込みを進めていってもらえればと思います。

2019年9月10日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回京都開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「引き続き坂路でハロン15秒の乗り運動を行っていますが、動きが良くなってきましたし、この短期間に成長していますね。中内田師から来週の検疫でトレセンへ帰厩させたいと連絡を受けていますので、今の状態を維持しながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は499キロです」(9/6近況)

⇒⇒10日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(9日・最新情報より)

Photo ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~14秒

騎乗スタッフ「この中間から更に負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。現在は坂路で14-14からラスト1ハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。この馬なりには良化が窺えますが、まだ気持ちと走りが伴っていない感じですね。状態を確認した須貝尚介調教師も『もう暫く予定は決めずに時間を掛けて鍛えてください』と仰っていましたので、負荷を掛けつつ鍛えていきたいと思います。馬体重は535キロです」(9/6近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間から坂路で15-15を開始しています。ここまで順調に乗り込むことが出来ていますが、まだ全体的に幼く、今は馬の成長に合わせて進めていく方が良いでしょう。体調は良いですし、特に手が掛からない馬なので、今の調子で乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は473キロです」(9/6近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しました。兄と同じで緩さは感じられますが、その中でも動きは良いですし、ペースアップ後もしっかりと対応しています。このまま変わりなければ第4回京都開催、もしくは第5回京都開催あたりでデビューさせたいと高野師が仰っていましたので、いつ声が掛かっても良いように乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は515キロです」(9/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルラガッツォは9日の最新情報で本日10日に栗東・中内田厩舎へ戻ることに。この中間も順調にメニューをこなし、緩さが残る中でも動きは良くなっているようなので楽しみは膨らみます。デビューに関しては僚馬との兼ね合いもあるでしょうが、順調に仕上がるのなら4回京都・開幕週(10月5日の芝1800mまたは6日の芝2000m)でのデビューが有力かなと見ています。

ヴァンタブラックはもう1段負荷を高めていますが、クタッとした感じはなし。その一方でまだまだ動きに物足りなさが残る現状です。ここまで我慢の調整を続けてきたので、こうなればとことん鍛え上げてから帰厩させるように覚悟を決めましょう。

ミスビアンカはハロン15秒の調教にもスムーズに対応。動き自体は悪くないと思いますが、幼さを残す現状なので一気に詰め込み過ぎるのは逆効果でしょう。高橋義忠師と連携をしっかり取りながら、まずはぼんやりと帰厩時期を定め、状態や動きの良化度に応じて移動のタイミングを柔軟に考えていってもらえればと思います。

ハーツクリスタルもハロン15秒の調教を開始。この母系らしく緩さは目立ちますが、ハーツクリスタルは競走馬向きの気性を備えているのが魅力。馬格にも恵まれているので、半兄ピボットポイントだけでなくOPで活躍中のトリコロールブルーの上をいくような活躍を期待したいです。ただ、今の段階から脚元には十分気を配ってもらえればと思います。

2019年9月 2日 (月)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで乗り込んでいますが、しっかりと対応しており、緩さがある中でも動きは良いですよ。スクミなどの症状は見られませんし、飼い葉をよく食べているので、調整に関しては何の心配もありませんよ。帰厩の予定が決まるまで負荷を掛けながら鍛えていきたいと思います。馬体重は495キロです」(8/30近況)

Photo ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「引き続き坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。促さなくても進んで行くようになってきていますが、他の馬と比較すると前向きさに欠けますね。まだ中身がしっかりしていないところもありますので、乗り込みを続けながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は537キロです」(8/30近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに移動後も目立つほどの疲れは見られず、飼い葉食いも問題ありませんでしたので、今週から調教を開始しています。現在は周回コースでの運動に加え、坂路でハロン17秒のペースで登坂していますが、まだ全体的な緩さがあり、まだまだこれからの馬だなと感じました。でも、センスの良さが窺えますし、これから成長していけば良い走りが期待出来そうですね。馬体重は475キロです」(8/30近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、特にダメージ等見当たりませんでしたので、この中間からコースで乗り出しています。現在は周回コースに加え、坂路で17-17のペースで登坂していますが、緩さがありながらも素質の高さが窺えますね。良くなるのはもう少し先だと思いますが、楽しみの方が大きいので、帰厩の予定が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は515キロです」(8/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルラガッツォは変わらず順調にメニューを消化中。緩さが残り、体質もそれほど強くないと思いますが、その中でも動きの良さが光るのはセンスの良さと心臓の強さなんでしょう。入厩時に併せ馬を行ったミッキーメテオがデビュー勝ちしましたし、9月にデビューする中内田厩舎の馬は軒並み1番人気になりそうな雰囲気。厩舎内での競争も激しいですが、順調に行ってさえ行けば、それらに負けない馬だと思っています。

ヴァンタブラックは心身の幼さが目立ちますが、学習してきたようで前向きさが出てきたのは○。これなら引き続き根気よく続けて行けば更に良くなってくれるでしょう。マイルから1800mぐらいが合う母系ですが、前向きさが足りない分、兄姉よりも長目の距離で良さが出てくれるでしょう。

気性面で勝ち過ぎた面があるので丁寧に接していく必要があるミスビアンカですが、食欲がしっかりしているのは牝馬では大いに有利。センスの良さは天性のものがあると思うので、不要な怪我さえしなければ、それなりの結果は付いてくると思います。牝馬のエース格として頑張ってもらわないといけません。

ハーツクリスタルは新馬→1勝クラスを連勝といった馬ではなく、実戦を重ねながらジワジワ力をつけていきそうなタイプ。伸びシロの大きさが魅力の1つなので、長期展望で鍛えていくのが得策かなと思います。今の内にハミ受けなど走りの基礎を再確認しておいて欲しいです。

2019年8月24日 (土)

JRAの競走馬登録完了。21日にゲート試験に初挑戦し、無事合格しています。現在はNFしがらきでリフレッシュ中。☆ハーツクリスタル

201908_20190824043301

Photo_3 ハーツクリスタル(牡・高野)父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:栗東トレセン/22日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・調教内容:21日にゲート試験合格

高野師「入厩後はここまで何の問題もなく、本当に手が掛からず人に対して従順で扱い易い馬です。ゲート練習を開始した後も枠入り・駐立は問題なく、出の反応も良くなってきたことから、21日にゲート試験を受けたところ、無事合格しました。先週末に坂路で時計を出してみたところ、いい手応えで上がってきましたし、素質の高さを感じました。ただ、今の暑さに少し堪えているようところが窺えるので、このまま進めていくより、一旦牧場へお戻しさせていただき、涼しくなったあたりでデビューさせる方が良いと判断しました。デビュー時期は牧場で状態を確認しながら検討していきたいと思います」(8/21近況)

助 手 18栗坂良2回 56.8- 41.2- 26.6- 13.0 馬なり余力 ビュブリス(三未勝)馬なりに0.1秒遅れ
助 手 21栗E稍 14.3 ゲートなり

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

15日付でJRAの競走馬登録が完了したハーツクリスタル。新しい環境にも舞い上がることなく、人に対しても従順な面を見せていたので、競走馬としての第一関門・ゲート試験合格も手間取ることはないと見ていましたが、21日にゲート試験に挑戦したところ無事合格。それほど速いとは言えませんが、普通にはゲートを出てくれる感じです。また、18日には坂路での初時計をマーク。若干遅れはしましたが、坂路2本乗りで無理なく動けているので悪くはありません。

ただ、ここに来て暑さが応えているようなので、無理することなく一旦NFしがらきへ。22日に移動済で涼しくなってからのデビューを目指すことになりました。11月頃の京都または東京での始動となるのでしょう。まずはゲート練習による疲れを癒し、時間の経過と共に活気が戻ってきてくれればと思います。そして元気さを取り戻せば、心身の成長を促しながらコツコツ乗り込んでもらえればと思います。逞しさを備えて栗東へと戻ってきて欲しいです。

2019年8月18日 (日)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路コースで追い切り
・次走予定:小倉9月1日 メイクデビュー小倉・芝1800m(武豊J)

担当助手「14日に坂路で追い切りました。3歳未勝利馬相手に最後まで持ったままの手応えでしたよ。先週の追い切りで51秒台を出しているように、やればいくらでも時計が出そうですし、素質の高さが感じられます。まだ伸びしろがあるだけにどのように育っていくかとても楽しみです。ジョッキーは武豊騎手に依頼しているので、都合が付けばレースまでに感触を確かめてもらう予定です」(8/15近況)

助 手 11栗坂良 59.3- 43.1- 28.0- 13.7 馬なり余力
助 手 14栗坂良 53.4- 38.6- 25.0- 12.6 馬なり余力 オーラクルム(三未勝)一杯に0.6秒先行0.4秒先着

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:14日に坂路コースで時計

鹿戸師「その後も坂路コースでの運動を中心に調教を行っており、14日には坂路コースで時計を出しました。単走で15-15くらいのところをサラッと登ってきましたが、最後まで馬なりのまま良いリズムで走れていましたね。ただ、動き自体は悪くないのですが、まだ全体的に緩さを残しているのが現状です。前に跨がってもらった時に皇成(三浦皇成騎手)も『能力は良いものを持っていそうだけど、まだ緩さが目立ちますね』と話していましたし、このままデビューまで進めていけないこともないでしょうが、その後のダメージがどう出るか心配な部分があります。来週にかけて、もう少しこちらで様子を見ながら考えたいと思いますが、今は無理する必要はないのかなと考えています」(8/14近況)

助 手 14美坂良 59.4- 44.2- 29.6- 15.1 馬なり余力

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター、ゲート練習

高野師「入厩後も環境の変化に戸惑いを見せることはなく、人に対しても従順で素直な馬ですね。今週からゲート練習を始めていますが、特に手を焼くこともありませんし、このままゲート試験に向けて進めて行けそうです。背中の感触など素質の高さは窺えますが、良くなるのはもう少し先だと思うので、それまで大事に育てていきたいですね」(8/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月1日の小倉・芝1800mでのデビューを目指すことが発表されたリアンティサージュでしたが、その鞍上に武豊Jを迎えることに。切れ味よりもスピードの持続力を生かすタイプかなと思うので手は合いそうです。14日の坂路追いは3歳馬の目標になってサラッとやられましたが、引き続き軽快な動きを披露。スピードは間違いなくありそうです。あとは追い切りを重ねていって、煩い面が出てこなければより楽しみが増すのですが。

ゲート試験に合格後、NF天栄へ出るものと見ていたクァンタムリープですが、在厩調整を続けて坂路での15-15の動きを確認中。動き自体は軽快な脚取りで悪くないと思いますが、全体的な緩さが目立つ現状。一頓挫あった過去も考えると欲張ることなく早くNF天栄へ出した方が賢明かなと思います。折角、復調してきたのにここで無駄な怪我をされてはたまりませんから。勿論、厩舎でじっくり作っていくのなら反対はしません。

入厩してまもないハーツクリスタルですが、スムーズにトレセンという環境に馴染んでくれている様子。乗り込みと併行して進めているゲートに関しても、今のところ順調そう。来週中にはゲート試験に挑戦することになるでしょう。ただ、成長がゆっくりな母系ですし、一気に詰め込むことも向いてなさそう。良いモノは秘めているのは確かなので、焦ることなく素質の芽を磨いていって欲しいものです。

2019年8月14日 (水)

9日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆ハーツクリスタル

201901_20190814042701

Photo_3 ハーツクリスタル(牡・高野)父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:9日に栗東・高野厩舎へ入厩

高野師「ノーザンファームしがらきに移動後も順調に調教が進められていましたので、9日の検疫で入厩致しました。移動後も問題がなければ週末から調教を開始し、来週からゲート試験に向けて練習を開始していきたいと思います」(8/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先月27日にNFしがらきへ移動してきたハーツクリスタル。全体的に緩さがあり、良くなるのはもう少し先だということでじっくり乗り進めていくのかなと見ていましたが、高野師の意向で9日に栗東へ。まずは早目にトレセンの環境に慣らし、ゲート試験の合格を目指そうということでしょう。

また、ゲート試験合格後は九分九厘の確率でNFしがらきへ。デビューへ向けての体力づくり・動きの良化を進めていくことになると思います。この母系なので長い目で成長を見ていく必要はあるでしょうが、競走馬としての資質は良いモノがあるので、1勝クラスでモタモタしている半兄の分も、稼げる存在になってくれれば頼もしいです。

2019年8月 7日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「この中間も坂路でハロン15秒のペースで乗り込みながら鍛えていますが、2本目の最後の方になると一杯になってしまいますね。素質の高い馬なのは間違いありませんが、まだそれに体が追いついていないだけなので、もう少し成長に合わせながら進めていく方が良さそうです。馬体重は537キロです」(8/2近況)

Photo ハーツクリスタル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15~17秒

厩舎長「先週こちらに無事到着しました。輸送熱が出ることもなく、こちらの環境にもすぐ慣れてくれたことから、今週から乗り出しています。まだ全体的に緩さがあり、良くなるのはもう少し先という印象を受けますが、乗り味が良く、素質の高さが窺えるので、成長の邪魔をしないように、入厩に向けて乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は526キロです」(8/2近況)

Photo エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後も順調に進められていましたので、この中間はより負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。現在はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしていますが、まだ頼りなさが残るものの、この馬なりに良くなってきていますよ。牡馬の割には飼い葉をモリモリ食べる方ではありませんが、馬体重は維持しているので、今の状態を維持しながら入厩に備えていきたいと思います。馬体重は430キロです」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは順調に調教を重ねることが出来ている一方で他馬と比べると良化スピードが遅い感じ。体力的にキツくなると甘さを覗かせてしまいます。期待度の大きい馬なので奮起してもらわないとダメですが、つぼみのままの素質を地道な取り組みで開花できるように長期的な視野でお願いします。

ハーツクリスタルは輸送の疲れが癒え、新しい環境にも慣れてきたということで、周回コースと坂路での乗り込みを開始。良いモノを秘めている一方でまだまだ未完成な現状なので、地道な取り組みで心身の成長をまずは促していってもらえればと思います。

エルスネルは負荷を高めても馬体重の維持に努めることが出来ているのが何より。ただ、牡馬とすれば馬体のボリュームが寂しいのも事実なので、攻めの調教だけでなく、ペースを落として抜く調教を上手に織り交ぜていってもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ