2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「クァンタムリープ」の58件の投稿

2020年3月31日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は徐々に坂路コースのペースを上げており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも脚元を含めて疲れは見られませんし、ここまでは順調に立ち上げることが出来ていますよ。馬体重は529キロです」(3/27近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回坂路コースでコンスタントに乗り込んでいますが、しっかりと最後まで駆け上がることが出来ていますね。今の感じだと、第1回福島開催での出走を念頭に入れられそうですので、このまま状態アップを図りつつ進めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(3/27近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回周回コースで3ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間に右トモ球節に少し浮腫みが見られたので、調教の負荷を若干セーブしています。獣医に処置を行ってもらいましたが、歩様には見せていませんし、運動も行えていますから、この調子で様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は543キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シェダルは坂路でのメニューを順当に高めることが出来ています。ただ、馬体重が増え過ぎるのは良くないと思うので、これ以上行かないように気に掛けてもらえればと思います。

クァンタムリープは週3日坂路で丹念に乗り込み中。右前の深管も悪さをすることがないので、このまま福島開催での出走を目指して状態を上げていってもらえればと思います。おそらく次走は芝1200mへ使うことになると思うので、この条件が合うところを見せて欲しいです。

ディランズソングは慎重に進めていますが、ここに来て右トモの球節に浮腫みの症状。調教の負荷をセーブして乗り込みは続けることが出来ています。このあと、歩様に気になる点が見られれば早めに軽めの運動へ切り替え、適切な処置を行ってもらいたいです。

2020年3月22日 (日)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。今週から乗り出しており、現在は坂路コースで軽めのキャンターを行っていますが、徐々にペースアップを図りながら進めていきたいと思います。馬体重は516キロです」(3/20近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週はさらに調教の負荷を強め、週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。右前脚の状態は良い意味で変わりありませんし、次の目標が立てられるように、この調子で乗り込みながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は482キロです」(3/20近況)

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて馬体に大きな問題はありませんでした。先週一杯は楽をさせてレースの疲れを取り、今週から乗り運動を開始しています。現在は坂路コースで軽く乗っていますが、今後は徐々にペースアップを図っていきたいと思います。馬体重は529キロです」(3/20近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで5ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「ペース的にはハロン15秒と変わりないものの、今週は距離を5ハロンまで延ばして、少し全体的な負荷を強めています。楽をさせていた割に動きは悪くありませんし、トモの状態も維持できていますが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は536キロです」(3/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

自らタフな流れを演出して押し切ったシェダル。疲れ・反動が心配でしたが、今のところは問題なし。ただ、目に見えない疲れもあると思うので、ゆっくり体を解しながら、負荷を高めていってもらえればと思います。競馬ブックの情報ですが、次走は5月17日の東京・青龍Sを予定しているようです。

クァンタムリープはこの中間から週2日は終いを13秒台まで伸ばすように。右前の深管は落ち着いていますし、負荷を高めても馬体重を微増できているのは好感。体調に関してはグングン上がってきているようです。あとは動きの質を高め、帰厩へと繋げてもらえればと思います。

シェダル同様に前走で勝利してNF天栄へ移動してきたルコントブルー。こちらも疲れ・反動は大丈夫そうです。ただ、焦る必要はないのでじわじわ負荷を高めていってもらえればと思います。1勝クラスの牝馬限定・ダ1800mとなると、5月9日の京都で1鞍組まれていますが、ここを目標にしてくる牝馬は多く、レベルは高くなりそう。関東馬なので使うとなると輸送のリスクもあります。それなら次走は牡馬相手でも東京・ダ1600mが無難でしょう。また、現段階で芝を使うのは時期尚早かも。

ディランズソングは引き続き坂路入りは控え、周回コースでの乗り込み。この中間は5ハロンから15-15を行っている様子。トモの状態は安定しているようですから、長目をコツコツ乗り込むことで基礎体力を養ってもらえればと思います。

2020年3月15日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やし、ペースもハロン14秒まで上げています。負荷を強めてからも右前深管の状態は維持できていますが、今後も運動後のケアは入念に行いながら調整していきます。馬体重は481キロです」(3/13近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで3ハロン15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「右トモの歩様を悪くしてしまった経緯があるので、今週も坂路入りは控え、周回コースメインに調教を進めています。ペースも上げて負荷を強めていますが、歩様は維持できていますし、この調子で状態アップを図っていきたいところです。馬体重は531キロです」(3/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クァンタムリープはこの中間、登坂回数を増やし、ハロン14秒までペースを上げていますが、先週治療を行った右前の深管は我慢が利いた状態。チクチクしてくると歩様に硬さが出てくると思うので、症状が悪化しないように日々のケアを入念に行ってもらいたいです。

ディランズソングは周回コースを利用して体力づくり。現状だと坂路調教はトモに負担を増すだけみたいなので、馬体がパンとしてくるまでは控える形になってくるのかなと思います。ただ、鍛えていく上では坂路調教は欠かせないと思うので、右トモの状態と成長度を見極めながら、再開できるようにお願いします。

2020年3月 8日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・本州牧場組)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

騎乗スタッフ「乗り出した後は熱発の影響もなく、順調に進められています。運動後も状態は変わりありませんが、徐々に運動量を増やす方が馬にとっては負担も軽く済むと思います。ですから、もう暫く周回コースで長めの距離を乗りながら、体力強化に努めていきたいと考えています。馬体重は476キロ」(3/6近況)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認したところ、右前の歩様に少し硬さが見られ、獣医に診てもらったところ深管が気になるようだったので、治療を行ってもらいました。今週から坂路コースで乗っており、ハロン15秒まで脚を伸ばしていますが、引き続きしっかりとケアしながら進めていきます。馬体重は477キロです」(3/6近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯まで軽めの運動に控えていましたが、徐々に回復してきたことから、この中間からトレッドミルで運動を開始しています。運動後も状態は変わりありませんが、まだ良い頃の覇気が見られないので、もう少し馬の状態に合わせて進めてあげる方が良いかもしれません。馬体重は504キロです」(3/6近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間も周回コースでの運動を続けています。先週よりも少し周回数を増やす等して、少しずつ調教強度を強めています。さらに負荷が強まってどうなるかですが、今のところ良い意味で状態に変わりはないので、このまま進めていきたいと思います。馬体重は540キロです」(3/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パーフェクトルールは熱発の影響は少なく、順調に乗り進めていますが、一気に負担を掛けるのは逆効果ということで徐々に運動量を高めている現状です。帰厩が視野に入っていたと思いますが、まだまだ体力強化に努めた方が良さそう。これから3月いっぱいはしっかり乗り込んでもらえればと思います。

クァンタムリープは順調に回復して乗り出していましたが、右前の歩様に硬さ。深管を気にしているようですが、治療を行ってひとまず我慢は利いています。大事には至らないと思いますが、もう少しの間は慎重に進めてもらえればと思います。

ベルラガッツォはこの中間ドレッドミルでの運動を始めたようですが、馬自体の活気が乏しい様子。まだ疲れが抜け切っていないようなので、軽めの運動に戻して回復を優先して欲しいです。

ディランズソングは周回コースで軽く体を動かしていますが、先週よりも距離を乗っているとのこと。今のところトモの感じは悪くなさそう。ただ、こちらも一気に負荷を高めるのは正直危ういので、探り探りの調教で慣らしていってもらえればと思います。

2020年2月28日 (金)

スタートを決めきれずに内で揉まれる形。キックバックが顔に当たるようになるとかなり嫌がってしまって追走に余裕がなくなり、早めに仕掛けていくことで今度は喉に負担が掛かってしまう。直線では前走のような粘りを発揮することは出来ず、最後は脚が上がってしまって12着に敗れる。★クァンタムリープ

2020021400_20200227023201

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)12着(10番人気) 木幡育J

シャドーロールに加えてチークピーシズ着用。五分のスタートから押していくも、中団からの競馬になります。3コーナーで手応えが怪しくなり、直線でも大きく伸びることなく後方でゴールしています。

木幡育也騎手「スタートしてから出して行ったのですが、あまり進んでいきませんでした。それに、キックバックに対してかなり嫌がっていたこともあって、3コーナー辺りから促していかないと追走出来ない形になり、最後も止まっていましたね。また、早めから促したことで息が乱れ、喉の弱さも出ていました。スムーズな競馬が出来ればもっと走れる馬なだけに、上手く運べなかったことが悔やまれます」

鹿戸調教師「砂を被ったことで、今日は全く進んでいきませんでしたね。前走のような粘りもありませんでしたし、揉まれる競馬は良くないのでしょう。ダートでの走りは悪くないはずですが、内枠を引いて周りに速い馬がいるとこの競馬になってしまう確率が高いので、次は芝のレースも視野に入れたいですね。今後は、優先出走権を獲ることが出来ませんでしたから、いったん放牧させる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/27日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

鹿戸師「先週は砂を被って全く進んでくれませんでしたね。この条件が悪いわけではありませんが、キックバックのことを考えると、次は芝に戻すことも検討しないといけませんね。レース後は全体的に疲れがありましたので、予定通り放牧へ出させていただきます」(2/26近況)

⇒⇒27日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(27日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で4着とこの舞台への適性を示していたクァンタムリープ。ただ、今回は相手強化の1戦で走破時計自体もかなり詰めないと厳しいのはよくよく分かっていましたが、連続して好走(掲示板入り)してくれれば、今後の展望が広がると密かに期待していました。

最内枠だったので、前走ぐらいのスタートを決めれば前へ行けると見ていましたが、重心が後ろへ傾いた時にゲートが開いてしまい、二の脚がスッと付かず。内から押して押していくも、今回は他馬も速くて内で揉まれる形に。序盤は砂が顔にかかっていなかったことも追走出来ていましたが、前との差が少し開き、キックバックが顔にかかるとかなり嫌がっていた様子。それに対して木幡育Jは挽回しようと早めに仕掛けていくも、今度は弱点のある喉に負担が掛かってしまい、最後の直線では前走のような粘りを発揮することは出来ず、脚が上がってしまいました。前走でようやく明るい兆しが窺えたのに、現実はまだまだ厳しいことを実感させられる競馬になってしまいました。

レース後のクァンタムリープは脚元等に異常は見受けられないも、この馬にとってはタフな競馬になったことで全体的に疲れが感じられる様子。精神面でもリフレッシュが必要でしょうし、一旦NF天栄へ放牧に出して再調整することとなりました。

ダートの走り自体は悪くありませんが、砂を被ると厳しいということで、次走では芝へ戻すことに。ただ、芝の短距離を使うとなると、2ヶ月ぐらいはしっかり節を稼がないとダメだと思うので、この機会に改めて心身の成長を促すようにじっくり乗り込んでもらえればと思います。

1つ勝つのは正直難しくなってきていると思いますが、短距離は合っていると思うので、適距離の芝で何とか変わり身を見せてもらいたいです。

2020年2月23日 (日)

前走4着とこの条件への適性を示すも、今回は明らかに相手強化。走破時計をかなり詰めないと着順を落とすことになりそう。逆にここでも良い勝負が出来れば、未勝利脱出は時間の問題になってくるのですが。どういう結果が待っているのか…。★クァンタムリープ

2020021400_20200219104701

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)1枠1番 木幡育J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に南Wコースで時計

鹿戸師「19日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクァンタムリープが先行し、直線では外に出して脚を伸ばし、同入しています。相手は3勝クラスのダイワダグラスでしたが、それに見劣りしない動きで最後までしっかりと走れていました。状態はキープ出来ていますし、育也(木幡育也騎手)も前走でこの馬のことを掴んでくれたでしょうから、さらなる前進を期待したいところです。なお、前走は少し気を抜くようなところが見られましたし、今回はチークピーシズを着用することも検討しています」(2/20近況)

助 手 16美坂良 59.5- 42.5- 26.4- 12.2 馬なり余力
助 手 19南W良 69.0- 54.1- 39.9- 12.6 馬なり余力 ダイワダグラス(古馬3勝)馬なりの外1.0秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京8日目(02月23日)
1R 3歳未勝利
ダ1400メートル 指定 混合 馬齢 発走10:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クァンタムリープ 牡3 54 木幡育也
1 2 マイネルグッドデイ 牡3 56 津村明秀
2 3 スイ 牝3 54 M.デムーロ
2 4 タイキラッシュ 牡3 56 大野拓弥
3 5 ショウナンアサヤケ 牡3 56 和田竜二
3 6 グロリアスブレイク 牝3 54 江田照男
4 7 アースウルフ 牡3 56 横山典弘
4 8 ダイシンウィット 牡3 56 福永祐一
5 9 レディトゥラン 牝3 54 佐藤友則
5 10 プリマジア 牡3 56 C.ルメール
6 11 ヌンカプト 牡3 56 S.フォーリー
6 12 ダイワリチャード 牡3 55 野中悠太郎
7 13 カッチョカバロ 牡3 56 木幡巧也
7 14 グーガルドリームズ 牡3 56 北村宏司
8 15 ヨシオドライヴ 牡3 56 大庭和弥
8 16 ムーンダイアローグ 牡3 56 F.ミナリク

○鹿戸雄師 「ノドも大丈夫だったし、前走は距離を短くして良さが出た。再度上位争いを」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離を1400mへ短縮してレースへ臨んだ前走。追い切りでは喉の不安は感じさせなかったも、追い切り以上に負荷が掛かる実戦でどうかと心配したクァンタムリープ。走破時計は地味で相手に恵まれた感は強いのですが、楽に先行することが出来ましたし、交されてからもそれなりの粘りを発揮。前々走の最下位負けから大きく前進する4着と格好をつけてくれました。やはり短距離タイプの馬です。

その前走から中2週で臨む今回、引き続き木幡育Jとのコンビです。追い切りは2本消化し、最終追いとなった19日は大きく先行する形でしたが、直線は3勝馬を簡単に前へ出さずに抵抗。活気ある動きを見せてくれています。上積みはさほどなくても、デキ落ちを心配する必要もありません。

ただ、相手関係を見ると、勝利まであと1歩のところまで来ている馬が多く、自然と走破時計は速くなりそう。先行タイプのクァンタムリープには流れが厳しいですし、タフな流れになると喉に負担が掛かって、直線でパタッと止まってしまうシーンも。レースでの上積みがないと、着順を落としてしまうことになるでしょうねえ。逆にここでも5着以内に食い込めれば、未勝利脱出は時間の問題になってくることでしょう。

また、今回は集中力アップを図るためにチークピーシズをおそらく着用。それによって追い出されてピリッとした脚へと繋がってくれれば。前走からの良い流れを継続したいです。

2020年2月14日 (金)

シルクなお馬さん(牡馬/父ロードカナロア・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月1日・阪急杯(G3)・北村友J

安田隆師「13日に坂路で追い切りました。しっかり負荷を掛けてみたところ、先週より反応が良くなり、迫力ある動きでしたよ。馬体も引き締まって良い体付きになってきましたし、ここまで順調そのものですね。短期放牧を挟んだことでフレッシュさが窺えますし、気持ちの方も乗ってきましたので、あと2週間しっかり乗り込み、阪急杯で良い走りをお見せできるように調整していきたいと思います。来週は北村友一騎手に跨ってもらって、しっかり負荷を掛ける予定です」(2/13近況)

助 手 9栗坂重 58.1- 41.7- 26.5- 13.0 馬なり余力
助 手 13栗坂稍 53.0- 38.9- 25.3- 12.3 馬なり余力

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にポリトラックコースで追い切り
・次走予定:京都2月23日・ダ1400m(坂井瑠J)

中内田師「この中間も疲れが出ないか状態を確認していましたが、硬さもなく元気いっぱいの様子なので、予定通り来週の競馬に向かっても問題ないでしょう。13日にポリトラックコースでサッと時計を出しましたが、反応・動きともに良かったですし、良い状態を維持していますよ。なお、前走に引き続きジョッキーは坂井瑠星騎手に依頼しています」(2/13近況)

助 手 13栗P良 86.7- 71.4- 54.9- 40.3- 12.3 馬なり余力

Photo クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター
・次走予定:2月23日の東京・ダ1400m(木幡育J)

鹿戸師「この中間は慌てず、坂路コースでの軽めのキャンターを中心に様子を見ていますが、良い意味で状態面に変わりはありません。飼い葉もしっかりと食べていて体調面にも問題はなさそうです。来週のレースに向けて、今後は徐々にピッチを上げて仕上げに入っていきたいと思います」(2/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックはまだビシッとは追われていませんが、13日の追い切りは馬なりで上々の時計。このひと追いでグッと良くなってくれるでしょうし、1週前追い切りとなる来週は北村友Jに乗ってもらい、更に負荷を高め、感触を確かめてもらうとのこと。寒い時季なので硬さが気にはなりますが、今のところはリフレッシュさせて理想的な仕上がり過程を踏んでいるのかなと思います。

東京戦を使って中2週のローテで次走に臨むことになるボンディマンシュ。疲れ・反動を心配しましたが、硬さが出ることなく元気一杯。サラッと伸ばす程度でも1週前に追い切りを行うことが出来たのは好印象です。次走の鞍上は引き続き坂井瑠Jということで、前走の経験・感触を生かし、前走以上の結果を目指して欲しいです。

クァンタムリープも来週の競馬を予定していますが、こちらは時計を出さずに日々の調教を消化。上積みは期待できないかもしれませんが、状態は高いレベルで安定していると言えるでしょうか。週末に1本時計を出して、最終追いに備えてもらいたいです。

2020年2月 9日 (日)

幾らかメンバーに恵まれた感じはするも、距離短縮を味方に最後まで頑張り通して4着に食い込む。これぐらいの距離なら喉も大きな問題はなさそうでホッと一安心。☆クァンタムリープ

2020021400

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)4着(7番人気) 木幡育J

シャドーロール着用。五分のスタートから、行き脚ついてスッと2番手を取ります。直線に入ってからも懸命に粘りこみを図ると、2着馬とコンマ3秒差の4着で終えています。

木幡育也騎手「スタートを決めて、無理せず馬なりで好位を取ることが出来ました。ルメール騎手のドロスを目標に進めて、良い形で直線に入ったのですが、外からのプレッシャーを終始受けていた分、最後は捕まってしまいました。また、調教時と同様に息遣いは気になりませんでしたが、自分からハミを取ってくれないところがありますので、チークピーシズなど馬具を何か着けても良いのかもしれません。距離に関してはこれくらいか、もう少し短くても良いと思いますよ」

鹿戸調教師「早めに人気馬を交わそうとして、勝ちに行く競馬をしましたし、交わされてからももうひと伸び見せてくれましたから、内容は良かったですね。育也(木幡育也騎手)によると喉も全く問題無かったと言っておりましたから、これくらいの距離であれば息遣いが苦しくならないようで安心しました。後はもう少し集中力が増せば、反応も良化すると思いますので、次走は馬具を工夫することを検討しています。トレセンに戻っての状態次第にはなりますが、優先出走権を獲れましたので続戦させたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好仕上がり。スピードタイプで、距離短縮でも楽に先行態勢に入れたし、粘りも上々。ダートもきちんとこなした。今後の進路は決まったよう。(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:2月23日の東京・ダ1400m(木幡育J)

鹿戸師「レース後はトレセンに戻って馬体を確認しましたが、それほどダメージは無いですね。明日から乗り運動を再開する予定で、その後の状態次第にはなるものの、優先出走権を獲れたことから続戦する方向で考えています。来週に前走と同条件はありますが、喉の事もありますから中2週空けさせていただきたいと思います。鞍上は前走で良い競馬をしてくれましたので、引き続き木幡育也騎手にお願いしています」(2/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りでは息遣いに気になるところは見せなかったクァンタムリープ。追い切り以上に喉に負担の掛かるレースで喉の不安がどう転ぶか心配でしたが、人気馬を目標に道中は進め、直線を向いてからは早めに前を捕まえに行く勝ちに行く競馬をクァンタムリープと木幡育Jは選択。直線で追われるとジリジリ脚を使って奮闘。ただ、クァンタムリープが早めに前を捉えにいこうとした為、展開は差し・追い込み馬有利に。クァンタムリープが一旦先頭へ躍り出ようかとしたその瞬間には差してきたダイチヴィットの脚が違っていました。

交されたことで集中力が切れるかなと見ていましたが、クァンタムリープは最後まで粘り強さを発揮して4着と健闘。走破時計は地味でメンバーに恵まれた感は強いですが、前走の最下位負けからジワッと巻き返してくれました。心配された喉の具合ですが、距離短縮によって幾らかでも負担はマシだった様子。鞍上からは気にならなかったとコメントを頂きました。その一方で周りを気にしたり、集中力維持に課題を残す現状。次走ではチークピーシズ等の馬具の工夫を検討中みたいですが、レースで着用することで好影響をもたらせて欲しいです。

レース後のクァンタムリープですが、しっかり走り切ったことで相応の疲れはあるでしょうが、どこかが痛くなったような不安は生じていません。今後も在厩調整を続けて中2週のローテで再度ダ1400mを視野に。ひと叩きした上積みはさほど望めないでしょうし、デキの維持が1つポイントになってくるでしょうが、この条件2度目で前進を見込みたいところ。ただ、本当は1200mが1番合っているように思います。

まあ、今回に関しては、喉に大きな不安が生じることなく、メドの立つ走りが出来たことが嬉しかったですし、ホッとしました。

2020年2月 2日 (日)

追い切りの時点では息遣いに問題はなさそうも、喉への負担が増大する実戦へ行ってどう転ぶか。距離短縮は絶対良いですし、ここへ向けてひと追い毎に動きは良化中。★クァンタムリープ

201911_20200131091701

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京1R 3歳未勝利(ダ1400m)5枠9番 木幡育J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計

鹿戸師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクァンタムリープが先行して行き、最後は馬体を並べる形でゴールしています。ラストまで持ったまま、楽な感じで走り切れていましたし、併せた相手は芙蓉S2着馬でしたが、それに対して見劣りしない動きを見せてくれましたよ。調教の走りからすれば、息遣いさえ悪さしなければもっと走れて良いはずですし、距離短縮と減量が良い方に向いて少しでも前進を見せてもらいたいところです」

木幡育也騎手「29日の追い切りに乗せていただきました。後ろから追い掛けられると自らハミを取って走れていましたし、最後まで手綱を抑えていたので差は開きませんでしたが、促していれば楽に先着できていたと思うくらい手応えは良かったですよ。レースでどうなるか分かりませんが、調教では息遣いは気になりませんでしたし、レースで騎乗するのが楽しみです」(1/29近況)

助 手 24美坂稍 61.3- 44.7- 29.5- 14.9 馬なり余力
助 手 26美坂良 55.9- 40.5- 25.4- 12.4 馬なり余力
木幡育 29南W重 68.8- 54.0- 40.1- 12.6 馬なり余力 ウインカーネリアン(三歳1勝)末強めの外0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京2日目(02月02日)
1R 3歳未勝利
ダ1400メートル 指定 混合 馬齢 発走10:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マロンジェム 牡3 56 内田博幸
2 2 ドロス 牡3 56 C.ルメール
2 3 トーセンレビュー 牡3 56 木幡巧也
3 4 ネイチャーローズ 牡3 56 井上敏樹
3 5 グローサーベア せ3 56 津村明秀
4 6 フィーバス 牡3 56 F.ミナリク
4 7 キンバリープロセス 牡3 56 石橋脩
5 8 エバーバリュー 牝3 54 松岡正海
5 9 クァンタムリープ 牡3 54 木幡育也
6 10 パレット 牝3 54 北村宏司
6 11 ダイチヴィット 牡3 56 江田照男
7 12 キタノタカワシ 牡3 56 吉田豊
7 13 トーセンリヤン 牡3 56 横山和生
8 14 チェリーガイア 牝3 53 野中悠太郎
8 15 スタニングビスタ 牝3 54 武藤雅

○鹿戸師 「喉に難があるから1800mは長かった。ダートは大丈夫なので、1400mで改めて」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離の1800mは長いかなと見ていたも、瞬発力勝負で分が悪い分をダート替わりで前進を期待した前走のクァンタムリープ。まずまずのスタートから揉まれない位置でレースの流れに乗れていたと思ったのですが、向正面で押し上げていく馬がいた際、ちょうど同じようなタイミングで前にいた馬が外へヨレて、窮屈な位置に収まってしまいます。そしてキックバッグを浴びることになると、それを気にしたのか息っぷりが悪くなってズルズル後退。騎手のコメントでは息遣いが悪くなってしまったとのこと。どちらが正解というのではなく、両方が失速の原因だと思いますが、最下位の16着まで沈んでしまったのはショックが大きかったです。

レース後、喉の具合を確かめたところ、喉なりの診断は下りませんでしたが、喉の状態はかなり良くないことを確認。元々咽頭が小さいことで負担が掛かりやすいとのことですが、キックバックで浴びた砂が口から入ってしまったのかなと想像します。それで苦しくなってしまって…。
NF天栄へ移動後、改めて喉の検査を行いましたが、喉なりの症状は認められず、早急に手術する必要はないとのことでした。ひとまずは手探りな状態ながらも、レースへ使っていこうということになりました。

1月10日に美浦へ戻ってきたクァンタムリープは距離適性+喉の負担を考慮し、ダ1400mへの距離短縮を選択。追い切りでは息遣いに異音を覚えるようなことはなく、格上相手に食らい付く姿を披露。ひと追い毎に動きに軽快さが加わり、良い仕上がり・雰囲気で3戦目を迎えることが出来そう。ただ、追い切りと実戦とでは喉の負担は相当違う筈。実際、前走後に喉の状態が悪かったのは事実ですし。正直なところ、走ってみないと分かりません。喉にやはり問題が生じれば、前走のような大敗を喫することでしょう。

不安な気持ちで一杯な1戦ですが、まずは掲示板確保を目指して、頑張ってもらいたいです。

2020年1月27日 (月)

シルク&ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に南Wコースで時計
・次走予定:2月2日の東京・ダ1400m(木幡育J)

鹿戸師「22日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3歳1勝クラスの馬相手に2馬身ほど先行して、最後までしぶとく脚を使って同入で終えています。乗り手には終いだけある程度スピードに乗せてもらいましたが、それでも息遣いは特に問題ありませんね。稽古では喉が鳴っている感じはありませんから、やはり実戦でどう出るかでしょう。来週の東京・ダ1400mの鞍上ですが、減量の効く木幡育也騎手に依頼しています」(1/22近況)

助 手 22南W良 68.6- 53.0- 38.9- 12.0 強めに追う ウインカーネリアン(三歳1勝)馬なりの外0.4秒先行同入
助 手 24美坂稍 61.3- 44.7- 29.5- 14.9 馬なり余力

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:小倉2月9日・和布刈特別
・調教内容:22日に坂路コースで追い切り

渡辺師「22日に坂路で追い切りました。これまでより歩様の硬さが気にならず、シャキシャキ歩いていますし、それが走りにも良い方に出ていますね。馬なりで楽に上がってきましたし、強めに追えばもっと時計が出ていたと思います。レースまでまだ時間がありますし、今の状態を維持しながら動きを良くしていきたいですね」(1/22近況)

助 手 22栗坂良 56.8- 41.5- 26.7- 13.0 馬なり余力

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に坂路コースで時計
・次走予定:2月2日の東京・早春S(津村J)

武市師「22日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。気負うことなく体を使えており、動きは良かったと思います。まだ息遣いに少し重たさを感じるものの、今週の追い切りである程度時計は出しましたし、これから長めの距離を乗って良化を促したいと思います。来週の早春Sの鞍上ですが、ここまでグランドサッシュの癖を一番分かってもらっている津村騎手が空いているとのことですので、彼に依頼させていただきました」(1/22近況)

調教師 17美坂稍 55.9- 41.2- 26.9- 13.1 馬なり余力
助 手 22美坂良 53.3- 39.1- 25.5- 12.7 強めに追う

Photo_6 シベール

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この中間も至って順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月8日(土)東京・春菜賞・牝馬限定・芝1400mにM.デムーロ騎手で予定しています。

○久保田調教師 「1月22日(水)も緩やかなペースで走らせる格好。ここに来てダートとポリトラックに加え、坂路やウッドにも入れ始めました。先々週、先週の測定値が456キロだったように、馬体を上手くキープ。そろそろタイムを出しても・・・と考えています」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走最下位負けからの巻き返しを期すクァンタムリープ。ダートの走り自体は悪くなかったので、適距離に戻ってどこまで巻き返せるか。喉に関してはゴロゴロ鳴るようなところはないようですが、追い切り以上の負荷が掛かる実戦でどう出るか。それに尽きると思いますが、未勝利突破にメドの立つ走りを見せて欲しいところ。

インペリオアスールは帰厩後の初時計を22日にマーク。サラッと流した程度ですが、歩様の硬さは随分軽減されているようで一息入れた効果は感じられます。あとは速い追い切りを重ねていった際にも今の雰囲気を維持できれば、レースでの変わり身が見込めるかも。

グランドサッシュの次走の鞍上は引き続き津村Jに決定。癖等を掴んでくれているのは頼もしい反面、状態に不安を感じると無理をしない面も。前走からそれほど間隔が空いていないので、少し急仕上げかなと思いますが、あと1・2本追い切りを重ねてどこまで上向いてくるか。まあ、寒い時季ですし、硬さは軽減されないでしょうが。

シベールは時計を出すのを控えていますが、日々の調教は順調に消化。馬体重を維持できているのは○ですが、この馬の骨格ならもっと増えてもいい筈。これ以上は容易ではないでしょうが、カイバの与え方を工夫してみても良いのかなあと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ