2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「クァンタムリープ」の44件の投稿

2019年12月 5日 (木)

ダートの走り自体は悪くなかったも、道中でキックバックを気にしたのか息遣いが急に悪くなったのか、3角過ぎから反応が鈍り出して4角ではアラアラの手応え。距離が長いのは覚悟していたも、まさかの最下位に沈む。★クァンタムリープ

2019111800

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

土曜中山4R 2歳未勝利(ダ1800m)16着(6番人気) W.ビュイックJ

シャドーロール着用。まずまずのスタートから、好位の外目を追走します。3コーナー付近から手応えが怪しくなり後退していくと、初めてのダート戦は最後方で終えています。

W.ビュイック騎手「今日のペースを考えると、理想的な位置で競馬は出来たと思いますが、4コーナーで息遣いが悪くなり、ずるずる後退してしまいました。砂を被ることが嫌なわけではありませんし、途中までは良い形で運べたにも関わらずここまで下がってしまうのですから、息遣いだけでなく距離も長かったのではないかと思います」

鹿戸調教師「前走や調教では息遣いは気にならなかったですし、今日の返し馬でも問題無かったのですが、レースに行くとかなり苦しがっていたようですね。追ってから全く伸びてくることが出来ませんでしたから、喉の状態次第では手術を行った方が良いかもしれません。新馬・未勝利と続けて使ってきましたし、このような負け方になってしまいましたから、この後はトレセンで馬体を確認した後、牧場へお戻しさせていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。体つきは良かったが…。バラけた先団の一角。中団で前に入られ、キックバックを気にしてズルズル後退。まったくレースにならず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

鹿戸師「調教で速いところを行っても、そのような兆候は見られなかったのですが、レースでは息遣いが苦しくなってしまったようですね。レース後は脚元を含めて大きな問題はありませんが、一度詳しく診てもらった方が良さそうです。馬の状態を見ながら、今後の段取りを組んでいきたいと思います」(12/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離の1800mは長いのは覚悟の上でしたが、芝の瞬発力勝負で反応し切れなかった分、ダートで潰しが利けばと思っていたクァンタムリープ。パドックの雰囲気はデビュー戦の方が良かったと思いますが、予定していたレースが結果的に2週延びてしまった影響もあったと思います。仕上がり・状態は悪くなかったと思います。

レースに関してはマズマズの発進からスッと前へ。外からこすられるシーンはありましたが、行きっぷりは悪くなく、淡々とレースの流れにの乗っていたと思いますが、向正面の半ばくらいからサンビュートが外目をジワッと押し上げていき、クァンタムリープの右前にいたコスモスーべニアがフワッとして外へヨレたことで今度はちょうど目の前に。外からも蓋をされることになったことで、キックバックをモロに受けてしまうことに。その直後からモタモタし始め、4角を回る時点で最後方でアラアラの手応え。ここまで惨めな敗戦(最下位)を経験するとは夢にも思いませんでした。

W.ビュイックJのコメントを見ると、息遣いが悪くなってズルズル後退したとのこと。ここまで喉については気になる指摘は1度もなかったですし、デビュー戦の失速も集中力を欠いたもの。キックバック自体は気にしていなかったということですので、敗因が明確になりません。

レース後のクァンタムリープはひとまず回復を優先。脚元に気になるところはありませんが、喉に関して早目に1度診てもらうべき。安静中だけでなく走行中の喉の状態をしっかり検査を行って欲しいです。また、敗因に繋がる材料とすれば気性面の難しさ。色々と悩まされたプルーヴダモールの半弟なので血は争えんということでしょう。改善の余地はあるでしょうが、早目に去勢することも検討すべきでは?

デビュー前の雰囲気では地道に力を付けていき、上のクラスを目指して行けると高ジャッジでしたが、デビューして1ヶ月でこの有様。改めて馬選びの難しさを痛感すると共にもう下がりようがありません。悪い流れを放牧に出すことで一旦遮り、最初から作り直すぐらいの意気込みで取り組んでもらいたいです。

2019年11月30日 (土)

幼さを覗かして力を出し切れなかったデビュー戦。1度実戦を経験した慣れを見込んで変わり身に期待。距離延長は微妙も、今回は追い出してからしっかり脚を使い、最後まで踏ん張る姿を見せて欲しい。☆クァンタムリープ

201910_20191129125901

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

土曜中山4R 2歳未勝利(ダ1800m)7枠13番 W.ビュイックJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に坂路コースで時計

鹿戸師「27日に坂路コースで追い切りを行いました。縦列の後ろから進めて、55-40くらいで終えています。前日の雨の影響で、重たい馬場の中でも脚取りは良かったですね。前に馬を置いても嫌がることなく、集中して登坂出来ていましたから、実戦は2度目ですし、多頭数になっても調教通り走ってくれるのではないでしょうか。想定を見て検討したところ、11月30日の中山・ダ1800mにW.ビュイック騎手で挑むことになりました。初めてのダートに加えて距離延長と決して楽な条件ではありませんが、この馬の能力を考えれば勝ち負けを期待出来るでしょう」(11/28近況)

助 手 27美坂重 55.5- 40.5- 26.5- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山1日目(11月30日)
4R 2歳未勝利
ダ1800メートル 指定 馬齢 発走11:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ネオボーゲン 牡2 55 津村明秀
1 2 ベアジェット 牡2 55 木幡初也
2 3 イノセントグラム 牡2 55 宮崎北斗
2 4 セブンミラクル 牡2 55 江田照男
3 5 シアンフィデール 牡2 55 三浦皇成
3 6 トミケンアラバール 牡2 54 武藤雅
4 7 ベスビアナイト 牡2 55 O.マーフィー
4 8 エコロタイガー 牡2 52 菅原明良
5 9 コスモスーベニア 牡2 55 丹内祐次
5 10 ケンシ 牡2 55 木幡巧也
6 11 フジコウキ 牡2 54 野中悠太郎
6 12 サンビュート 牡2 55 松岡正海
7 13 クァンタムリープ 牡2 55 W.ビュイック
7 14 ジオパークアポロ 牡2 55 田中勝春
8 15 ジチュダケテソーロ 牡2 55 田辺裕信
8 16 ショウナンアサヤケ 牡2 55 池添謙一

○鹿戸雄師 「前走を見ると、芝で上がりが速くなると厳しいようだ。もっと走っていい馬なので、ダートで変わり身を期待したい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦のパドックでは外々を前向きに歩き、強い相手でもこれは楽しみと期待値アップで見守ったクァンタムリープ。レースでも好発から前々で流れに乗り、直線を向いた時も悪くない手応え。あとは追われてしっかり脚を使うだけだったのですが、幼さを覗かせて瞬発力勝負に反応できず。三浦Jも懸命に立て直そうと頑張ってくれたのですが、最後は集中力も欠いてしまった感じでした。正直、ちょっとショックの大きい敗戦でした。

その後は在厩調整で中1週or中2週のローテで東京のダ1600mを視野に入れていましたが、除外の可能性があるということでどちらにも参戦せず、今週の競馬へ回ることとなりました。中間の調教・追い切りに関しては動きに少し物足りなさを感じていますが、緩めたりすることなく本数は消化。1度実戦を経験した慣れを見込みたいです。

ダートの適性に関しては実際に走ってみないとハッキリしませんが、稽古はそれなりに動くタイプ。砂を被った際に心配は残りますが、外目の枠を引き当てたのは良かったです。ただ、中山だと2歳未勝利の条件はダ1200mとダ1800mの二択。ゆくゆくは前者の方が良さそうですが、キャリア2戦目から慌てさせるような競馬はさせたくないということで後者になったと思います。距離延長は陣営も不安に感じている筈です。その辺りを潜在能力と鞍上の手腕でリカバーしてもらいたいです。

ダート&距離を克服して最後まで真面目に取り組んでくれれば楽勝のシーンまであるかもしれませんが、砂を被ったり揉まれることになった際に幼さを出してしまうと大きく沈んでしまうことも。そうなってしまうと後々まで響いていくでしょうから、自滅での大敗だけは勘弁を。

デビュー戦では追ってからが案外だったので、今回は勝利まで手が届かなくても、ジワジワと脚を繰り出し、最後まで集中して渋太く踏ん張る姿を見せて欲しいです。

2019年11月26日 (火)

シルクなお馬さん(2歳関東牡馬・入厩組)

Photo_3 クァンタムリープ

・入厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南Wコースで時計
・次走予定:11月30日の中山・ダ1800m、もしくは12月1日の中山・ダ1800m

鹿戸師「20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せで行われて、道中はクァンタムリープが誘導する形で、直線では大外に運ばれると、同入で終えています。レース時に伸びていた歯を治療したことで、ハミ受けは全く気になりませんし、先頭で走っても物見をすること無く集中力を持続出来ています。ただ、欲を言えばもう少し気持ちが乗って欲しい部分がありますし、今週の東京・ダ1600m戦は除外の可能性が高かったことも踏まえて、1週スライドさせて来週の中山・ダ1800m戦に向かおうと思います」(11/21近況)

助 手 20南W良 69.6- 53.7- 39.2- 12.4 馬なり余力 レッドライデン(二歳1勝)馬なりの外1.0秒先行同入

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計
・次走予定:12月15日の阪神・朝日杯フューチュリティS(G1)・R.ムーアJ

堀師「ここ最近はかなり寒くなってきましたが、飼い葉を良く食べていますから、毛艶が良くて体重も560キロ前後で落ち着いています。スムーズに環境の変化にも対応してくれて、健康そのものです。また、21日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。こちらのGPSのタイムでは全体で66秒6、そして終いは12秒3と帰厩後初めてのWコースでの追い切りと考えればまずまずですね。右にモタれるような面も見せていませんし、終いまで気持ちが乗っていますから、目標のレースに向けて順調に仕上がってきています」(11/21近況)

助 手 17美坂良 56.3- 40.9- 26.4- 13.4 馬なり余力
助 手 21南W良 83.8- 67.2- 52.7- 38.9- 12.9 馬なり余力 ブライドグルーム(新馬)馬なりの外0.2秒先行0.2秒先着
助 手 24美坂不 58.2- 42.2- 27.4- 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

東京開催で2戦目を予定してクァンタムリープですが、先週も除外の可能性が高いということで自重。今週末の中山へ矛先を向けてきました。ただ、中山だとダートの番組は1200mか1800mのどちらか。現状少し前向きさに欠けるので後者を選んできましたが、血統や体型からちょっと長そうな気も。また、馬群で揉まれ込むことで集中力を乱すようなことは避けて欲しいです。

寒くなると馬体が絞りづらくなりそうなサリオスですが、今のところは肌艶が良く、馬体重も560キロ前後と許容範囲。これからも丹念に時計を出したり、普段の調教では運動量をしっかり確保するなどして走れる態勢を築き上げてもらいたいです。

2019年11月18日 (月)

シルクなお馬さん(2歳入厩馬・父ロードカナロア)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:11月24日の東京・ダ1600m(三浦J)

鹿戸師「その後も脚元や体調面に問題はなかったので、13日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で終いハロン15秒を切る程度と軽めではありますが、動きにはレースでの疲れは見られませんでした。今週の出走も視野に入れていましたが、もう1週間隔を取った方がしっかりと態勢を整えて出られると思いますから、24日のダ1600m戦を目標に進めていきたいと思います。鞍上は引き続き、皇成(三浦皇成騎手)に依頼しています。伸びてしまっていた歯については、この中間に治してもらったので、それが良い方に出てくれれば良いですね」(11/14近況)

助 手 13南W良 59.9- 43.8- 14.8 馬なり余力

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:角馬場、CWコースでキャンター
・次走予定:第5回阪神開催、もしくは第4回中京開催

担当助手「この中間も角馬場でハミ受けに時間を掛けながら調整していますが、以前のように頭を上下に振ることが減りましたし、良いところでハミを受けてくれるようになってきましたよ。フォームが固まれば溜めが利く様になるはずなので、もう少し時間を掛けながら進めていきたいと思います。レースはこのまま問題なく進められるなら、第5回阪神開催、もしくは第4回中京開催あたりを考えています」(11/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末の出走も視野に入れていたクァンタムリープですが、もう1週空けることとなり今週末の出走へ。状態面で特に変化は窺えませんが、歯を治療したことでハミ受けがスムーズになってくれればと思います。ダートに関しては砂を被った際に不安はありますが、攻めで動く方ですし、ダート替わりは悪くはないのかなと思います。

ミスビアンカはデビュー戦で追ってギアを上げることが出来なかったことから、ハミ受けなど改めて基礎を確認。元々センスの良い馬だと思うので、丁寧に教え込んでいってくれれば変わって来てくれると思います。引き続き、時間を掛けて進めてもらえればと思います。

2019年11月 9日 (土)

良い雰囲気でレースへ臨むことが出来ていたと思ったら、気性面の幼さが災いして直線は伸びあぐねて最後まで集中力が維持できなかった様子。9着に沈むとは予想外だったも、今回の経験をしっかり次走以降に役立てて欲しい。★クァンタムリープ

2019111600_20191108102601

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1600m)9着(3番人気) 三浦J

シャドーロール着用。スタートを決めて、好位から競馬を進めます。楽な手応えで直線に向くも、追ってから伸びは見られず、デビュー戦は9着で終えています。

三浦騎手「ゲートも落ち着いて、まずまずのスタートを決められましたし、良い形で競馬出来たと思うのですが、スピードが上がったところで置いていかれてしまいました。それに、馬の後ろに入ろうとすると頭を振っていましたから、その辺りの幼さはまだありますね。また、デビュー戦ということもあるのでしょうが、最後まで集中力が続いてなかったですし、1度使って変わってくるタイプだと思います」

鹿戸調教師「ポジション取りは悪くなかったと思いますが、直線で追い出してからは全く良いところがありませんでしたね。前にいた3頭も上位に残っているくらいですから、展開的にはそれほど厳しく無かったと思いますし、ここまで負けるとは思っていませんでした。皇成(三浦皇成騎手)は1回使ったことで、次はもっと良い競馬を出来そうだと言っていましたから、トレセンでの状態次第にはなりますが、続戦させていただくことも検討しています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。太目感なく仕上がる。外の馬を行かせて先団。道中の雰囲気は悪くなかったものの、直線に入ると踏ん張り切れなかった。そのままズルッと後退。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:11月17日の東京・ダ1600m、もしくは11月24日の東京・ダ1600m

鹿戸師「レース後は脚元に問題はないものの、口の中を確認すると歯が伸びてしまっていて、もしかすると道中変な格好で走っていたのは、それを気にしていたからなのかもしれません。この後は予定通り続戦したいと思いますが、適性を見る意味でも次はダートを試してみたいと思います。スッと先行できたように、芝スタートは悪くないでしょうから、今のところ中1週か2週での東京・ダ1600m戦を予定しています」(11/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックでは太目感のない好仕上がりで外々を気分良く周回することが出来ていたクァンタムリープ。何頭か強そうな馬はいる中でも良い勝負をしてくれるかなと期待値は上がっていたのですが、レース後のパドックの画像を見ると、耳を絞っているので、初めての環境に気を遣っていたところがあったんでしょう。

レースは五分以上のスタートからハナにも行けそうな程でしたが、行きたい馬を先にやって好位からの競馬。淡々と追走できていたと思いますし、直線を向いた時の手応え・雰囲気は悪くなかったです。ただ、直線で仕掛けるとモタモタしてしまい、スッと反応が出来ず。三浦Jは叱咤激励をして懸命に立て直そうとしてくれましたが、直線を向いてギアを上げて行った上位馬には太刀打ちできませんでした。最後は失速気味で9着。キレ負けしても、もう少しやれるかと思っていました。残念。追い切りでは操縦性の高さを感じていましたが、今回の走りは気難しさというか幼さが目立った1戦だったなあと思います。一方でこのレースを豪快に差し切ったサトノフウジンは大きなところを狙える馬に育っていきそうです。

レース後のクァンタムリープですが、脚元等に異常は見受けられないも、歯が伸びてしまっていたとのこと。それが仕掛けてからのモタモタに少なからず影響は合ったのかなと思います。この後は一旦NF天栄へ放牧に出して立て直すのかなと見ていたら、在厩調整で早速ダートの適性を探ることに。それ自体は悪くないと思いますが、幼さが残るので砂を被るような展開になると不安も。まあ、スピードは良いモノがあるので、気分を損ねないように逃げの手に出れば、結果はガラッと変わってきてくれると思います。

ミスビアンカ同様に期待していたロードカナロア産駒の惨敗は悩ましいですが、脚力はそれなりに秘めているので、あとは気性面の成長がどう転ぶか。精神的に追いこむとダメだと思うので、ゆっくりゆっくりでもいいので良い方へと導いていってもらえればと思います。

2019年11月 3日 (日)

2度の左飛節の腫れを経験した為、デビューが少し遅れてしまいましたが、追い切りでは素軽くキレのある動きを見せるなど素質は高そう。ビシビシやれていない現状が結果にどう響くかですが、欲張らずに大事に乗ってきて欲しい。☆クァンタムリープ

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

日曜東京4R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1600m)6枠8番 三浦J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:30日に南Wコースで時計

鹿戸師「30日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクァンタムリープが追走する形から、直線では内に進路を取ると、同入で終えています。霧のため動きは直線のみしか確認出来ませんでしたが、先週よりも末脚は光っていました。騎乗していた皇成(三浦皇成騎手)も『先週より動きは良くなってきていますし、これならデビュー戦から良い勝負になると思います』と太鼓判を押してくれました。これまでの調教からもマイルくらいが合っていそうですので、初戦から勝ち負けを期待したいと思います」

三浦騎手「30日の調教に乗せていただきました。先週と比較すると、終いの反応が良くなりましたし、それに伴い動きも更に良化しました。距離に関しては父のことを思えばこれくらいが合っていそうな感じで、加えて操縦性が高いですから、調教での走りを実戦で活かせればデビュー戦から良い勝負になると思いますよ」(10/31近況)

助 手 27美坂重 55.0- 40.4- 26.4- 13.1 馬なり余力
三 浦 30南W重 キリ 12.2 馬なり余力 ディーグランデ(古馬1勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京2日目(11月03日)
4R メイクデビュー東京 2歳新馬
芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 キャプティベート 牡2 55 C.ルメール
2 2 サイヤダンサー 牡2 55 戸崎圭太
3 3 ウインセブリオン 牡2 55 原田和真
4 4 オシリスブレイン 牡2 55 福永祐一
5 5 トーセンロンド 牡2 54 武藤雅
5 6 サトノフウジン 牡2 55 石橋脩
6 7 フェスティヴスーリ 牡2 55 松岡正海
6 8 クァンタムリープ 牡2 55 三浦皇成
7 9 アルファジップ 牝2 54 田辺裕信
7 10 グローバリズム 牝2 54 北村宏司
8 11 ダノンファスト 牡2 55 横山典弘
8 12 ソラン 牡2 55 吉田豊

○鹿戸師 「放牧に出して立て直した甲斐があり、体が締まって動けるようになった。素直で真面目な馬。初戦から楽しみ」(競馬ブック)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

色々と記憶に残るプルーヴダモールの半弟にあたるクァンタムリープ。これも大きな出資要因ですが、白斑のない鹿毛一色の馬体で良い意味でピリッとした感じ。全体的にマ丸みを帯びた馬体なのも父らしさが出ているのかなと思って申し込みました。

育成当初は人に従順で大人しく扱いやすい性格から順調にペースアップ。内容の濃いメニューを淡々とこなしてくれていたのですが、今年の1月中旬にに左飛節が腫れているのが確認。その後、トレッドミルを併用しながら坂路で普通キャンター以上のところまで調教内容を戻してきたのですが、2月中に左飛節の腫れが再発してしまうことに。折角、早い組に入っていたのにじっくり立て直す羽目になってしまいました。

その後はウォーキングマシンやトレッドミルでの運動を併用しながら、常に左飛節の状態を気に掛けながらの調整へ。3度目のアクシデントは回避できましたが、無理にペースを上げることなく1歩1歩積み重ねるように進めてきました。また、そうすることで心身の成長を促すことも出来、操縦性は高く、バネの利いた力強い走りが出来るようになってきました。

そして初入厩となったのが7月下旬。ゲートに関しては最初少し出が鈍かった程度で練習を重ねると1発でゲート試験に合格。そのままデビューへ向けて進めていくことも視野に入れていましたが、結膜炎を発症+緩さが目立つことからNF天栄へ戻して再調整。約1ヶ月半ほど鍛え直して10月頭に美浦・鹿戸厩舎へ舞い戻ってくることが出来ました。

戻ってきた後の追い切りではオーバーワークに繋がらないように幾分セーブしながらも、時計は水準以上のモノをマーク。併せ馬で真ん中に入れても怯むことなく勝負根性を発揮して先着と中身も濃いです。デビュー戦で手綱を取る三浦Jが2度追い切りで感触を掴んでくれているのも心強いところ。

相手関係に目を遣ると、予定を1週延ばしてきたサトノフウジンに大物の予感が漂い、オシリスブレインやキャプティベードあたりも素質は高そう。その他にも血統馬がいますし、開催替わりの芝1600mはやはり相手が揃ってしまいます。素質や将来性はこれらとそう見劣らないと思いますが、現状ビシビシやれていないのが実戦でどう響くか。このメンバー相手に勝ち切れば先々が非常に楽しみになりますが、まずはレースの流れにスムーズに乗り、直線でしっかり脚を繰り出すといった調教通りの走りを見せることが出来るかどうかが大事でしょう。三浦Jはデビュー戦から無理をさせない騎手のタイプだと思うので、大事に乗って来てもらえればと思います。

2019年10月26日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路コースで追い切り
・次走予定:京都11月17日・メイクデビュー京都・芝2000m

担当助手「23日に坂路で追い切りました。負荷を掛けて時計を出すのは今回が初めてでしたので、最初はじっくり入り、終い重点で脚を伸ばす形で行いました。初めてにしては反応は悪くなかったですし、動きも良かったですよ。レースまでまだ少し時間がありますし、この調子で負荷を掛けながら動きを更に良くしていきたいと思います」(10/24近況)

助 手 23栗坂良 57.5- 42.2- 26.9- 12.8 馬なり余力 ジェミオス(新馬)一杯を0.1秒追走アタマ先着

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:23日に南Wコースで時計
・次走予定:11月3日の東京・芝1600m(三浦J)

鹿戸師「23日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。3頭併せの2番手を追走から、直線では真ん中に入れると、外の馬と同入で終えています。来週にレースを控えていますから、今週はしっかり負荷を掛けましたが、動きは良いですね。乗り手の指示に素直に反応してくれており、操縦性の高さを感じるのと同時に、左右に囲まれた状態で勝負根性を見せてくれました。これくらい動いてくれれば、来週はサラッと流す程度で問題無いでしょう。また、週末には念のためゲート練習を行っておきます。デビュー戦の鞍上は、調教でも跨ってもらった三浦皇成騎手に依頼しています」(10/10近況)

三 浦 23南W良 68.6- 53.5- 39.5- 12.8 馬なり余力 グラナタス(古馬2勝)強めの外0.9秒先行0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫あったシャダルは別記事に書いたので、それ以外のシルク2歳牡馬・入厩組の近況をまとめて。

ハーツクリスタルは20日に帰厩後の初時計をマークし、23日は坂路で少し終いを伸ばす追い切り。特に調教できる時計ではなかったですが、僚馬をあしらっている内容なので余力は十分残していそう。気性面での幼さは残るも、NFしがらきでの調教動画では素軽い走りを見せていました。芝の実戦で更に良さが出てくれれば嬉しいです。

来週の東京・芝1600mでデビュー予定のクァンタムリープ。1週前追い切りはデビュー戦で手綱を取ることになった三浦Jを背に3頭併せで行われた様子。両方から挟まれる形になっても動じなかったようですし、最後はスッと年輩馬を突き放す好内容。以前、時計が速くなってしまった芝の追い切りでも最後に良い反応・キレを示していたので、単に調教駆けする馬ではないと思います。あとは初めての実戦でも真面目に駆けてくれることを願うばかりです。

2019年10月23日 (水)

来月3日の東京・芝1600mでのデビューを予定しています。☆クァンタムリープ

201910_20191022094602

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計
・次走予定:11月3日の東京・芝1600m

鹿戸師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はクァンタムリープが追走し、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。相手は1勝クラスで着に来ている馬で、調教も結構動くタイプなのですが、その相手に対してしっかりと最後まで食らい付いてくれましたね。跨った太一(小島太一騎手)も『大きく外目を回ってこれだけ走れるのですから、大したものですね。まだ強いところは2本目ということですし、あまり負荷が掛かり過ぎないように気を付けて乗りましたが、追えばいくらでも動けそうな感じがしました』と好感触を得てくれました。ゲート合格後に坂路コースで時計を出した際は、まだかなり緩さが目立っていましたが、その時に比べると馬がしっかりとしてきた印象です。おそらく、あと2週ほどあれば仕上がってきそうですし、次開催東京1週目の芝1600m戦でのデビューを目標に進めていきたいと思います」(10/17近況)

助 手 14南W稍 68.7- 54.5- 40.2- 13.2 馬なり余力 ルッジェーロ(古馬3勝)馬なりの内0.8秒追走0.4秒遅れ
小島一 17南W良 84.1- 68.6- 54.9- 40.8- 13.0 馬なり余力 シャドウセッション(古馬1勝)馬なりの内を0.4秒追走4F併同入
助 手 20美坂重 55.5- 40.1- 26.0- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りではまだビシッと追っていないクァンタムリープですが、丹念に乗り込まれて時計自体は水準以上。気の良いタイプなので、やればもっと時計は出そうですが、調子に乗って攻めていると目に見えない疲れ・反動が心配です。実際、春先に何度か頓挫を重ねているだけにその二の舞は避けねばなりません。

あと、ハッキリ決まっていなかったデビュー戦ですが、来月3日の東京・芝1600mを予定。開催替わりのマイル戦ということでレベルの高い1戦になりそうですし、頭数も集まりそう。出走するには抽選を突破しないとダメかもしれません。その時(除外)は次はどこへスライドさせるかなど緻密なプランを用意しておいて欲しいです。

2019年10月13日 (日)

シルクなお馬さん(2歳関東牡馬・入厩組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計

栗田師「先月末に腹痛を起こしましたが、それは薬を飲ませていることで今は問題ありませんね。また、左前管の内側の外傷に関してもほぼ完治した状態で、歩様には見せていませんし、心配は要らないでしょう。そして、先週末から乗り運動も行っており、その後も変わった様子が無いことから、10日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭併せの真ん中で、最後は同入で終えています。まだ余力たっぷりの走りでしたし、父産駒らしい力強い動きを見せていますね。ただ、具体的な番組については、来週の状態や動きを確認してから決めたいと思います」(10/10近況)

助 手 6南W良 60.7- 44.8- 14.8 馬なり余力
助 手 10美坂良 54.4- 39.9- 25.6- 12.7 馬なり余力 ダルムシュタット(新馬)一杯を0.8秒追走同入

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:9日に南芝コースで時計

鹿戸師「先週末に軽く坂路で時計を出して、その後も順調に進められていたため、9日に南芝コースで追い切りを行いました。前に併せ馬を行っている組がいましたので、それを目標に5ハロンから軽く流すようなイメージだったのですが、思ったよりも時計が出てしまい、終いは12秒0まで脚を伸ばしています。全体でも65秒くらいのところで纏めることが出来ており、まだまだ余力たっぷりの中でこの動きですから、これから動かしていけば更に時計は詰められるでしょう。また、デビュー戦までにゲートも再度練習させておきたいと思います」(10/10近況)

助 手 4美坂良 61.6- 45.7- 30.1- 14.5 馬なり余力
助 手 9南芝良 65.1- 49.8- 36.6- 12.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオス以外の美浦トレセンで調整中の2歳牡馬2頭の近況をまとめて。

腹痛を発症したり、馬房内で暴れて外傷を負うなどトラブル続きだったシェダルでしたが、症状自体は軽いもので、6日に坂路で軽く時計をマーク。その後も変わりなく来ていたことから10日は少し負荷を高め、併せ馬を敢行。一杯の僚馬に対してこちらは終始余力たっぷりに併入。思っていたよりも動きことが出来たなあというのが率直なところ。これから本数を重ねていけば、更に力強さが増してくれるでしょう。あとはトラブルなくデビューまで突き進んで欲しいです。

3日に帰厩したばかりのクァンタムリープですが、4日に早速坂路で脚慣らしを行い、9日は芝コースで初めての本格的な追い切り。本当はもう少しゆったり走らせたかったようですが、前を追い掛けてしまった為に好時計をマークしてしまうことに。その後の疲れ・反動は気になるところですが、非凡な脚力を示してくれました。案外切れ味も秘めているかもしれません。現段階でこれだけ動けるのですから、追い切り本数を重ねていった際の動きには期待が高まります。あとは実戦で気性面の幼さ等を覗かせなければ。

2019年10月 4日 (金)

3日に美浦・鹿戸厩舎へ戻っています。☆クァンタムリープ

201909_20191003031901

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も先週と同様のメニューで調教を続けていますが、このペースでも徐々に対応できるようになってきました。鹿戸調教師と打ち合わせ、11月の東京開催を目標に近日中に帰厩することになりましたので、それまで更なる状態アップに努めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(9/27近況)

⇒⇒3日に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(2日・最新情報より)

・在厩場所:3日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第5回東京開催

鹿戸師「3日に美浦トレセンへ帰厩いたしました。まずは輸送による疲れが無いかを確認させていただき、問題なければ翌日から乗り運動を行っていきます。第5回東京開催を目標に進めていく予定ですが、具体的な番組に関してはこれから調教での動きを見ながら検討していきます」(10/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

緩さが目立つこと+軽度の結膜炎を発症した為、NF天栄で鍛え直してからデビューを目指すことになったクァンタムリープ。目はスムーズに回復を果たし、ハロン15秒以上のところを丹念に乗り込むことで地道に体力強化&体質強化に努めてきました。更新された調教動画を見ると、馬の間でプレッシャーが掛かる中でも良いフォームで弾むように駆けていたのは好印象。ただ、最後は余裕がなかったように、まだまだモッサリした動きにも見えたので、撮影された9月10日から約1ヶ月でどこまで進化してきてくれているか。

この中間、鹿戸師と牧場で打ち合わせが行われ、来月の5回東京開催でのデビューを目指していくことが決定。近々帰厩するということでしたが、本日3日に美浦トレセンへ戻ってきています。ゲート試験は既に合格しているので、ここからデビューへ向けての本格的な追い切りが開始されることに。スピードは良いモノがあると思いますし、実戦の芝で更に良さそうな馬ですが、それらを裏付けるように追い切りでも動くタイプかと思います。逆に追い切りで目立たないようだと黄色信号かと。追い切りでの動き・時計の良さによって期待が膨らむことを願っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ