出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ポレンティア」の28件の投稿

2019年6月23日 (日)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、厩舎から報告を受けていた右トモについては、大きな腫れは見られず特に問題ありません。現在はトレッドミルで軽めに動かしているところですが、しばらくはこれくらいの運動に止め、疲れを取ることに重点を置きたいと思います。馬体重は494キロです」(6/21近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回坂路コースで乗っており、内2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。思ったよりも疲れは見られなかったことから、積極的に調教をこなしていますが、この感じならそれほど時間を空けず次走に向けて進めていけるかもしれませんね。馬体重は541キロです」(6/21近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路コースでの運動をスタートしています。まだハロン15秒程度とそれほど速くはないので何とも言えませんが、今のところ動きそのものは悪くありません。今後も徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は489キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは外傷した右トモの腫れは引いてきたようで問題なさそう。馬体もフックラ良い感じで戻ってきていると思います。あとは暑さに負けないように進めていってもらえればと思いますが、まずはしっかり疲れを取り除いてもらい、十二分にリフレッシュを果たしてもらえればと思います。

ジーナアイリスは順調に負荷を高めることが出来ているのは何より。悩まされてきたソエはもう大丈夫そうです。ただ、次走を使うならどの距離に照準を合わせるのかが難しいところ。新潟で使うのならダ1200mかダ1800mの2鞍のみ。個人的には迷わずダ1200mでスピードを生かしてもらいたいです。また、順調に仕上げっていくのなら、中京の最終日(7/21)尾頭橋特別(ダ1400m)を目指していくことになるのかなと見ています。

脚元に少し疲れが見られたポレンティアですが、時間と共に解消されてきた様子で大丈夫そう。それを受け、この中間から坂路でハロン15秒のところを乗り出しています。あとは本数を重ねて動きの質を高めていってもらえればと思います。物事に少し敏感な面があるところも改善していって欲しいです。

2019年6月16日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・本州組)

Photo ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回中京開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「入場当初は集中力に欠けるところが目立っていましたが、ここ最近はだいぶ精神的に落ち着いてきたなと感じます。調教では集中して走ってくれますし、それに伴って動きもしっかりしてきました。トレセンに戻るのもそう遠くないと思いますので、この調子で乗り込みながら態勢を整えていきます。馬体重は537キロです」(6/14近況)

Photo ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「2歳馬らしくトモに緩さがありますが、バランスが取れた馬体で、センスの良さが窺えますね。こちらに移動後も体調を崩すことはなく、乗り出した後も順調に進められています。ペースを上げていくというよりは、しっかり長めの距離を乗って入厩に備えたいと考えているので、今の状態を維持しながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は491キロです」(6/14近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックでハッキング

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、少し脚元に疲れが見られたため、ここまでは無理せずミニトラックで軽めに乗っています。段々と疲れの方は取れてきていますし、今後は様子を見ながら次のステップへ移行していきたいと考えています。馬体重は491キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

具体的な番組は未定も、次の中京開催でのデビューを視野に入れているヴァンタブラック。物見をして集中力に欠ける面が目立っていましたが、学習能力はある馬なので本数を重ねるごとにだいぶ改善されてはきた様子。動きは元々良いモノがあります。帰厩はそう遠くないと思うので、オーバーワーク等による頓挫には十分気をつけてもらいたいです。

ベルラガッツォは新しい環境に来ましたが、戸惑うことなく日々の調教をこなすことが出来ているのは何より。オルフェーヴル産駒ですが、落ち着きがあるのは1つ武器になってくると思います。引き続き、距離をコツコツ乗り込んで体力強化に努めてもらえればと思います。

8日にNF天栄へ移動してきたポレンティア。ゲート試験等で少し脚元に疲れが見られるのは心配ですが、時間の経過と共に良くなってくると思うのでそれまでは無理することなく体をほぐすイメージで進めてもらえればと思います。

2019年6月 7日 (金)

8日にNF天栄へ放牧に出る予定。牧場でしっかり乗り込んでデビューを目指すことになりました。☆ポレンティア

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:美浦トレセン/8日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:6日に坂路コースで時計

田中博師「先週のゲート試験合格後は、左前脚に少し疲れが出てきてしまいました。ただ、大きな問題になる程ではありませんし、6日に坂路コースで時計を出しました。単走で行い、前半ゆっくり入って終いサッと脚を伸ばす形でしたが、動きは悪くなかったですよ。そうは言っても、脚元に疲れが出てしまったようにまだ全体的にしっかりとしていませんし、この後はノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、乗り込んでもらいたいと思います」(6/6近況)

助 手 6美坂良 56.8- 40.3- 25.8- 13.0 馬なり余力 プモリテソーロ(新馬)馬なりを0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験合格後は牧場へ戻して乗り込みを進めることが決まったポレンティア。ゲート練習に力を入れてきたことで左前脚に少し疲れが出てしまったとのことですが、適切な処置をして、6日に時計を出しているぐらいなのでそう心配は要らないでしょう。また、厩舎の期待馬相手に追走して同入できているので脚力は水準級のモノは秘めていそう。体をしっかり使えるようになれば更なる良化を遂げてくれるでしょうし。

今後は8日にNF天栄へ放牧予定。再度左前脚の状態をチェックしてもらい、ケアが必要ならまずは優先してもらいたいですし、変わらず問題ないならこれまでの疲れをしっかり取り除いた後、段階を踏んで負荷を高めていってもらえればと思います。

2019年6月 2日 (日)

31日にゲート試験に初挑戦。無事合格しています。☆ポレンティア

201905_27

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/坂路で軽めのキャンター

田中博師「この中間もゲート練習を中心に調教を進めています。練習を積むに連れて段々と発馬の方も上達してきていますし、近い内にゲート試験を受けることも検討したいと思います。時折何かを気にすることはありますが、どちらかと言うと牝馬にしてはドッシリとしているタイプで扱う側からすると助かっています。徐々に動きには躍動感が出てきてはいますが、まだ体の使い方等の細かい部分に甘さが残りますから、ゲート試験合格後は牧場にお戻しして、もう少し時間を掛けながら鍛えていった方が良いように感じています」(5/30近況)

助 手 28美坂良 62.0- 45.8- 30.0- 14.7 馬なり余力

⇒⇒31日(金)にゲート試験を受けて合格しています。(31日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

引き続き、ゲート練習中心で調教を進められてきたポレンティア。少し怖がりな面がある馬ですが、新しい環境&ゲートに対して、ゆっくり慣らしていってくれたおかげで、最近はドッシリ構えることが出来るように。ポレンティアにとっては良い厩舎に入ることが出来たなあと見ています。

また、先週の段階で練習がてらに試験を受けてみようという声が出ていたので、31日に挑戦してみるのかなと様子を窺っていたところ、実際にゲート試験に初挑戦。時計等の細かいことは分かりませんが、無事1発で合格することが出来ました。まずは良い1歩を切れたことに感謝です。

今後はおそらく近日中にNF天栄へ放牧に出て、夏の新潟あたりを目標に鍛え上げていくことになるでしょう。身のこなしが若干硬いというかぎこちないので、体力が付いてくると共に動きにしなやかさ・柔らかみが出てきてくれれば、楽しみな存在になってくれそうです。

2019年5月25日 (土)

JRAの競走馬登録が完了しました。☆ポレンティア

201905_19

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/坂路で軽めのキャンター

田中博師「この中間もゲート練習を中心に進められています。こちらの環境にも素早く適応してくれましたし、素直で手の掛からない感じですね。少し物事に敏感な面はありますが、基本的にはどっしりと構えてくれており、肝の据わった馬です。駐立や出の方もこの時期にしてはまずまずだと思いますから、近々練習がてらゲート試験を受けてみても良いかもしれません」(5/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ポレンティアは引き続きゲート練習中心の調教メニューを消化中。怖がりな面・物事に敏感な面は繊細な牝馬なので仕方ないと考えますが、それほど酷いものではなさそう。これからの成長と慣れで改善されていってくれるでしょう。ゲートの一連の動作は概ねスムーズ。近々練習がてらに試験に挑戦するとのことだったの24日に早速挑戦するのかなと見ていましたが、ゲート試験・合格馬に名前はなかったです。ただ、最新情報でゲート試験に不合格という知らせもなかったので、ゲート試験への挑戦は来週以降になりそうです。

また、16日登録分でJRAの競走馬登録が完了したポレンティア。晴れてJRAの一員になることが出来ました。おそらくゲート試験合格後はNF天栄で鍛え直すことになるので、デビューとなると早くて夏の新潟かなと予想します。そしてその頃には動きの良さで注目を集める馬として名前が売れていて欲しいものです。

2019年5月18日 (土)

シルク&ロードなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_6 ロードクラージュ

2019.05.16
5月16日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に54.8-39.2-25.3-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

≪調教時計≫
19.05.16 北村友 栗東坂良1回 54.8 39.2 25.3 12.5 馬なり余力 レッドヴェイパー(2歳新馬)馬なりに0秒2先行同入
2019.05.15
栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは良い意味で安定しており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。5月16日(木)に追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○安田調教助手 「中間も順調に乗り込めています。5月16日(木)に再びペースを速める予定。そろそろ出走プランの検討を始める段階かも知れませんね。素軽い走りだけに、芝で大丈夫そう。距離に関しては未知数ながら、血統的に短い方が合うのでは・・・」

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第3回東京開催
・調教内容:16日に南Wコースで時計

堀師「かなりの大型馬ですから、少しずつ負荷を掛けた調教を行っていますが、少しずつ馬体重も絞れてきました。調教前で549キロと先週よりも10キロ以上絞れていますね。そして、16日に南Wコースで併せて追い切りを行いましたが、素軽い動きをしており、重苦しさを感じさせません。性格も普段は大人しくて、手の掛からない馬ですし、ズブさも感じず鞍上の意のままに操縦出来るタイプだと思います。引き続き、ゲート練習も行っていますが中で暴れること無く、出の方もそれなりにしっかり出てくれていますよ」(5/16近況)

助 手 12美坂良 58.3- 42.4- 27.0- 13.4 馬なり余力
助 手 16南W良 68.3- 52.4- 38.0- 12.6 馬なり余力 スマイル(三500万)馬なりの外0.6秒先行同入

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/坂路で軽めのキャンター

田中博師「先週にこちらに入厩させていただきましたが、トレセンの環境には少しずつ慣れてきていますね。以前は気難しい面があったと牧場から聞いていましたが、そのような面はあまり無く、強いて言うなら怖がりな面があるくらいです。それでも、ゲートでは牝馬にしてはどっしりと構えてくれますし、出の方もまずまずだと思います。走りに関してですが、まだバランスが良くなくて体を使えない部分がありますので、そこは改善させていかないといけません」(5/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードクラージュはそろそろCWコースでの追い切りへ移行し、実戦を意識したものに変わっていくかなと見ていましたが、16日は2歳馬同士で坂路での併せ馬を消化。こちらが少し先行し、相手が追い掛ける感じでしたが、脚色等はこちらにちょっと分があった感じ。ただ、馬体が合って、少し気にする素振りが見えたようにも思います。まあ、2歳の若駒なので仕方ないかも。デビュー戦については発表されていませんが、JRA-VANの情報では来月8日の芝1200mを北村友Jとのコンビで予定しているようです。

サリオスのデビュー戦はまだハッキリしませんが、追い切りでは順調に負荷を高めることが出来、16日は先行したとはいえ相手より外を回る形で上々の時計をマーク。軽く仕掛けると馬体が沈む感じなのも好感です。完成度が高いので伸びシロがどうかも、楽しみな素材には違いありません。

入厩して約1週間のポレンティアは怖がりな面があるので、新しい環境に慎重に慣らしているところ。乗り込みと共に進めているゲートに関してはひとまず無難な感じ。ゲートが開く音にビックリするようなところはなさそうかな? ただ、馬体をしっかり使いこなせていないということなのでゲート試験に合格後はNF天栄へ戻されて鍛え直されることになりそうです。

2019年5月10日 (金)

9日に美浦・田中博厩舎へ入厩しています。☆ポレンティア

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:9日に美浦・田中博康厩舎へ入厩

田中博師「ノーザンファーム早来で順調に乗り込みをこなせていたので、9日に入厩させていただきました。北海道からの輸送ですから、まずはしっかりと疲れを取ってあげるところから始めていき、徐々にこちらの環境へも慣らしていければと思います」(5/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週明けの情報で7日にNF天栄へ移動することが発表されていたポレンティア。入厩へ向けて1歩前進だなと見ていましたが、ワンクッション置いただけで9日に入厩してくるとはちょっとビックリ。個人的にはまだまだ体力不足だと思いますが、早い段階でトレセンの環境を経験することはプラス。物音等に怖がる面を見せているポレンティアには特に有効かと思います。

まずは北海道からの移動による疲れをしっかり取り除き、他馬以上に新しい環境に時間を掛けて慣らしていってもらえればと思います。

2019年5月 6日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・関東馬)

201905_3

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「4月中旬にリフレッシュのためウォーキングマシンのみの運動に止めましたが、下旬から坂路コースでの運動を再開しています。現在は週4日登坂していますが、しっかりとリフレッシュ出来たことで、跳びの大きくパワフルなフットワークで最後まで駆け上がれていますね。大型馬ということもあり、まだまだ緩くトモに力が付き切っていない現状ですが、継続した乗り込みで少しずつ競走馬らしい体付きに変わってきている印象を受けます。脚元や飼い葉食いに問題はなく順調に進められていますので、この波を崩さず調整していきたいですね。馬体重は526キロです」(5/1近況)

201905_4

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1,200m、週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間も乗り込み量を減らさず、順調に調教を積めています。調教後もへこたれる様子は無く、非常にタフですね。ただ、乗り込んでいる割にはなかなか緩さが解消してこないのが気になります。それに伴って、乗っていても非力さを感じますね。これから更に鍛えていけば解消してくるものだとは思いますが、成長を促しながら進めていくことになるでしょう。体調は引き続き良好で、飼い葉も残さず食べてくれていますし、冬から春にかけての寒暖差に上手く適応してくれました。馬房内で落ち着きはありますが、物音に少し怖がるところがあり、周囲をキョロキョロする点はそろそろ直していかなくてはいけません。もう少し乗り進めれば移動も近いと思いますので、引き続きしっかりと体を強化していきます。馬体重は497キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リフレッシュを挟む時期はあったようですが、ルコントブルーは週4回登坂するメニューへ移行。まだまだ馬体を持て余している印象も、この馬なりに脚取りはしっかりしてきた様子。ダートの中距離戦が主戦場になってくると思うので、番組が充実してくる2歳秋頃のデビューかなと想像しますが、今後も継続して乗り込むことで馬体の完成度・充実度を高めていって欲しいです。

ポレンティアは淡々と乗り込むことが出来ているのは好印象も、それに比例するような成果はまだまだ。思いのほか成長曲線が緩やかかもしれません。また、ここ最近は怖がりな面を指摘され続けているので、能力を秘めていても、レースで力を出し切れないケースが考えられます。メンコ着用で多少の効果は見込めるでしょうが、今の内に弱点は矯正し、操縦性を高めていってもらえればと思います。

2019年4月18日 (木)

【近況】【動画更新】速いところだとまだ余裕を持って対応できているとは言えず。本数を重ねて動きの質を高めていって欲しい。☆ポレンティア

↑↑↑

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間も坂路コースと周回コースでの調教を織り交ぜながらコンスタントに調教を積んでいます。まだ走りのバラつきを多少感じることもありますが、時期的なことを考えればまずまず動けていると言えるでしょう。ほぼ毎日休まず乗り込んでいますが、飼い葉も食べて馬体重は維持できているように、少しずつしっかりとしてきている印象です。調教をこなすに連れて段々と体をしっかりと使って走れるようになり、全体的に良くなってきている印象ですから、移動の予定を立てられるよう今後もこの調子で乗り進めていきたいと思います。馬体重は495キロです」(4/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここがセールスポイントというところは正直見当たらないのですが、牝馬ながら立派な馬格を誇るポレンティア。速い調教を重ねていくと、どうしても馬体重は減りがちですが、リフレッシュを設けずにしっかりメニューをこなしているのは○。

動きに関してはそれなりの迫力を備えていますが、速いところを楽に駆け上がってきている感じではありません。促したり気合をつけてハロン14秒をマーク出来ているだけ。本数を更に重ねて、動きの質を高めることを意識して取り組んで欲しいです。

2019年4月 2日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・関東馬)

201904_1

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2250m

担当者「この中間は登坂回数を週3回に戻して、精力的に乗り込みを行っています。先月上旬にリフレッシュのため、ダートコースのみの調整に止めました。その分、少し馬体に余裕が出ていましたが、それも乗り込むに連れて段々と締まってきています。しっかりと心身ともにリフレッシュ出来たからか、元々前向きな走りを見せていましたが、より力強いフットワークで登坂してくれています。堀調教師とは早期に入厩させる方向で話していますので、引き続きそれを目指して調整していきたいと思います。馬体重は554キロです」(4/1近況)

201904_2

Photo_3 クァンタムリープ(牡・鹿戸)父ロードカナロア 母プルーフオブラヴ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回トレッドミルで軽めのキャンター、週1回トレッドミルでダク、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間もトレッドミルとウォーキングマシンでの運動を続けています。引き続き左飛節の状態を確認しながらの調整ですが、良い意味で状態に変わりはなかったので、それまでは常歩だったトレッドミルのペースをダクと軽めのキャンターへ、徐々に上げています。無理に進めて悪化してしまってもいけませんから、しばらくはこれくらいのところで様子を見ていくことになると思いますが、乗り込みを休んでいるこの時期を、後で思い返すと成長を促す良い機会だったと前向きに捉えられるようにしていきたいですね。馬体重は468キロです」(4/1近況)

201904_3

Photo_3 ポレンティア(牝・田中博)父ハーツクライ 母ポーレン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター1200m、週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みに加え、引き続き周回コースでも長めの運動を取り入れて、基礎体力強化に努めています。坂路でも周回でも、スピードに乗れば集中して走れていますが、厩舎から調教場へ移動する際など、色々な物を見て少し怖がるようなところがあるので、そのあたりは気掛かりですし修正していきたいポイントです。ただ、普段は大人しくてこちらの手を煩わせるようなところはありませんし、ここまで順調に進められていますから、夏頃のデビューをイメージしながら今後のトレーニングに励んでいきたいと思います。馬体重は492キロです」(4/1近況)

201904_4

Photo_3 ルコントブルー(牝・勢司)父キズナ 母シェアザストーリー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「3月上旬にリフレッシュを挟みましたが、現在は週3回の坂路調教を行い、それに加えて周回コースでの乗り運動も開始し、休養前から運動量を増やしました。坂路では週2回は15-15の調教を行っており、何とか対応していますが、スタートは少しモタモタするので、その辺りはまだ改善の余地がありますね。ストライドの大きいダイナミックな走りをするので、それを更に伸ばしつつ、同時に力を付けていければと思います。馬体重は534キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは3月上旬に一旦軽めの調整を挟んだようですが、その後は週3回の登坂に戻して意欲的に乗られています。550キロ台の馬体重ですが、皮膚の薄さ+馬体の張りは上々。早期デビューへ向けて進めて欲しいですが、脚元に疲れ・反動が出ないようにケアも入念にお願いします。

クァンタムリープは再発した左飛節の腫れの影響で乗り運動を行っていませんが、トレッドミルでじわじわ負荷を高めています。ただ、再発を繰り返すばかりではダメですし、新たな症状へ繋がる恐れもあるので、もうしばらくの間は我慢強く行きましょう。

ポレンティアは物見をして少し怖がる面があるとのこと。このあたりは繊細な牝馬という感じなのでレースへ行っての脆さにならなければ良いのですが。乗り込み自体は周回コースでの距離を延ばしたり、順調に進めることは出来ています。

ルコントブルーはサリオス同様に3月上旬に一旦リフレッシュさせ、週3回の坂路に加え、周回コースでの乗り込みを開始。運動量を増やしたことで今後馬体にメリハリが出てきてくれるでしょう。そうなれば力強さも増してくれる筈。現状はメニューについていくのがやっとでモタモタしていますが、丹念に繰り返していくことで少しずつ余裕が出てきてくればと思います。

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ