2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「サリオス」の63件の投稿

2020年3月28日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo_3 ヴァンタブラック

在厩場所:栗東トレセン
調教内容:26日にCWコースで追い切り
次走予定:中山4月11日・ダ1800m(C.ルメールJ)

須貝師「26日にCWコースで追い切りました。併せて負荷を掛けましたが、最後までしっかり伸びていましたし、この馬なりに動きは良かったですよ。今回からチークピーシズを着けていますが、調教ではそこまで効果があるようには感じなかったですね。でも、着けないよりはある方がレースで集中してくれると思うので、次走は試してみたいと考えています。当初、4月4日の中山・ダ1800mにルメール騎手で向かう予定でしたが、そこはルメール騎手が乗れなくなったことから、もう1週延ばして4月11日の中山・ダ1800mまで待つことにしました。そこならルメール騎手が乗れるとのことですし、予定が延びてもそれだけ時間を掛けて仕上げられるので、そこを目標に進めて行きたいと思います」(3/26近況)

助 手 26CW良 84.6- 67.9- 52.2- 38.0- 12.2 稍一杯追う シャイニングデイズ(古馬1勝)馬なりの内を0.3秒追走5F併アタマ遅れ

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に南Wコースで時計
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)

堀師「先週末に坂路コースで時計を出した後も、右トモ飛節は大きく熱を持ったりすることはありませんし、悪化せずに調整することが出来ています。強めの運動を行った後は、午後のチェックで少し気にする素振りを見せるものの、獣医からも特に治療を行わなくても大丈夫だと言われていますので、今のケアを続けながら調整していきたいですね。徐々に負荷を強めながらも飼い葉食いも旺盛で、馬体重は556キロと先週と大きな増減はありません。26日は南Wコースで、皐月賞に向けての3週前となる追い切りを行いました。先週よりさらに一歩ステップアップして、今週は併せる形で行いましたが、ここまでは内面的な部分も含めて、順調に調整できている印象です。なお、騎乗予定のD.レーン騎手サイドからは、予定通り来日できるよう手続きを進めているとの連絡を受けています」(3/26近況)

助 手 22美坂良 56.4- 41.5- 26.4- 13.3 馬なり余力
助 手 26南W良 70.1- 55.3- 40.8- 13.3 馬なり余力 イヴ(三未勝)馬なりの内0.2秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンタブラックは中2週のローテで来週の中山を予定していましたが、C.ルメールJがドバイ帰りで2週間自宅待機ということで乗れなくなった為、予定を1週繰り下げて11日の中山・ダ1800mを使うことに。状態面に関してはハッキリしたことは言えませんが、レースからさほど時間が経っていない中、26日にCWコースで終いを伸ばす感じで時計をマーク。その際、チークピーシズを着用したようですが、大きな変化は見られなかったとのこと。個人的にはレース経験を積みつつ、若さが抜けてくれば大丈夫かなと思いますが、ひとまず次走では着用して、レースでの効果を探ることになっています。馬体はまだまだ絞れる余地はあるので、あと2本はビシッと追って、更に動ける態勢を作っておいてもらいたいです。

この中間もサリオスは週末には坂路、週中はWコースで70-40のペースで追い切りを2本マーク。サラッと追っている程度ですが、馬体重が増えていないことから相応の負荷は掛かっている様子。来週は皐月賞・2週前追い切りとなるので、週中のWコースでの追い切りはより実戦を想定したものになってくると思います。右トモの飛節に関しては我慢が利いているようですが、追い切り後はより入念なケアをお願いします。また、鞍上に関しては、D.レーンJサイドが動いてくれているようなので、無事来日が叶うことを願っています。ダメな場合は騎乗経験のある石橋脩Jとなるのかな?

2020年3月24日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月29日・芝1400m(荻野極J)

高橋忠師「19日に坂路で追い切りました。レースが来週に控えていますので、それなりにしっかり負荷を掛けておきましたが、動き・反応ともに良かったですよ。最初の頃はハミ受けの難しさや、気持ちの幼さが目立っていましたが、レースを経験する毎に改善されて当たり前に調教が行えるようになりました。それが追い切りにも表れて、動きに無駄がなく、最後までしっかりハミを取って走っています。ここまで理想通りに進められているので、来週の競馬がとても楽しみです」(3/19近況)

助 手 15栗坂良 63.0- 44.2- 27.3- 13.0 馬なり余力
助 手 19栗坂良 53.6- 39.3- 25.4- 12.5 馬なり余力
助 手 22栗坂良 57.5- 41.4- 26.9- 13.3 馬なり余力

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:19日に南Wコースで時計
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)

堀師「引き続き飼い葉食いは良好で、馬体の張りや艶も良い意味で変わりません。先週末に坂路コースで軽く追い切りを行いましたが、休ませていた割に心肺機能は落ちていませんでしたし、心拍の数値も思っている以上に良かったです。ですから、19日には帰厩後初めて南Wコースで追い切りを行いました。時計的にも70-41くらいとそこまで速いものではありませんが、目標の皐月賞に向けてじっくり立ち上げているところですから、問題ありません。ただ、元々ウィークポイントである右トモに関しては、運動後に少し疲れた様子を見せますね。特に飛節の内側が弱いので、意識的にケアをしていく必要がありそうです。馬体重は555キロです」(3/19近況)

助 手 15美坂重 58.0- 42.1- 27.4- 13.9 馬なり余力
助 手 19南W良 70.1- 54.8- 41.2- 13.8 馬なり余力
助 手 22美坂良 56.4- 41.5- 26.4- 13.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ミスビアンカは今週末のレースへ向けて、ビシビシとはやられていないも、雰囲気は良好。昇級して即通用するかとなると何とも言えないですが、レースを経験しつつ洗練されてきているので、良化の余地は大きいです。現状は手前の替え方にぎこちなさが残るので、脚を溜めてひと伸びする感じはないので、逃げて押し切る形がベターでしょうか。

サリオスは15日に坂路で帰厩後の初時計をマークし、19日には早速Wコースで脚慣らし。ひとまず感触を確かめる延長戦上でサラッとやった感じですが、この馬らしい心肺機能は健在。これなら余裕を持ってレースまで仕上げていけると思います。ただ、550キロ台の大型馬で右トモに弱さを残しているので、オーバーワークになってしまうと怖いので、微妙なさじ加減は厩舎力におまかせするのみです。また、レーンJが来日できない可能性が高まっているので、早めに代役を手配しておいて欲しいです。

2020年3月13日 (金)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)

堀師「7日にこちらへ無事に帰厩しています。今までで一番輸送によるダメージが少なかったかなと思いますし、右トモ含めてとてもフレッシュな状態で牧場から戻していただけました。休ませて体重が大きく増えるのかなと思いましたが、到着した時点で566キロ、乗り運動を進めて12日の段階では559キロまで絞れてきており、まだ本格的に速いところをやっていない中で順調に体重を落とせているのは良い傾向です。後は、牧場でいったん完全に緩めてもらいましたので、どれくらい心肺機能が落ちているかですね。予定している皐月賞までは時間がありますので、今週いっぱいは時計を出さずに、環境に慣らすことや内面の状態把握に重点を置いて進めていきます」(3/12近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:11日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

松下師「6日にゲート練習を行いましたが、その際は特に煩いところを見せず、駐立している間も硬直することはありませんでした。メンタルの方は大丈夫ですが、いつもに比べると硬さがまだ少し残っているので、このまま続戦させるより、一旦放牧に出して心身ともにリフレッシュさせる方が良いと判断しました。次走の予定につきましては、牧場で馬の状態を確認しながら決めて行きたいと思います」(3/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは7日に無事美浦へ到着。輸送熱に見舞われることがなくて何より。じっくり休ませたことで右トモの具合もよさそうです。馬体重は560キロ近くありましたが、これから追い切りを重ねていけば、無駄肉は削がれていってくれると思います。ただ、牧場時は普通キャンターをコツコツ乗り込んできただけで速いところは不足しています。それが次走の仕上げに影響しなければ良いのですが。

ピボットポイントは先週末にゲートを確認したようですが、その際は煩いところも見せず、中で我慢が利いていた様子。また、前走は気難しさを出して、その分、レースでの疲れは少ないと見ていましたが、歩様に硬さが残る現状。この状態でレースへ使っても結果は見えているので、一旦放牧に出して立て直すこととなりました。既に11日にNFしがらきへ移動済です。

2020年3月 8日 (日)

7日に帰厩。次走は皐月賞に直行することになりました。鞍上は短期免許を取得予定のD.レーンJ。☆サリオス

202002_20200307060201

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき/7日(土)に美浦トレセンへ帰厩予定
・次走予定:4月19日の中山・皐月賞(D.レーンJ)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

牧場スタッフ「堀師から周回・坂路コースでじっくり長めに乗り込みながらコンディションを整えておいて欲しいと指示が出ていますので、調教を開始後は同じメニューで進めていました。飼い葉をよく食べている割には、馬体重の変動はなく、馬体にメリハリがあって体調の良さが窺えますよ。この調子で今の状態を維持しながら移動に備えて行きたいと思います。馬体重は577キロです」

堀師「ノーザンファームしがらきへ放牧後は、しばらくはウォーキングマシンでの運動のみに止めてしっかりと疲れを取ってもらい、その後は坂路コースと周回コースで順調に乗り込みを積めていると報告を受けています。そこで次走について協議した結果、皐月賞を目標に進めさせていただく方針となりました。ここまでの3戦は全てマイルを使わせていただいていますが、実際に手綱を取ったD.レーン騎手、石橋脩騎手、そしてR.ムーア騎手の3人とも、現状であれば2000mはもつのではないかという見解でした。また、性格的にもとてもクレバーで、この3戦は乗り手の指示に対して従順に動いてくれていますし、これまでの調教でも変にスイッチが入ったりせず穏やかに取り組めていましたから、中山の2000m戦であればこなしてくれるのではないかと考えています。今までよりも少し時間的な余裕はありますが、前走からの間隔も空いていて牧場サイドからも早めに戻して欲しいとリクエストされていることから、7日の検疫で帰厩させていただく予定です。なお、鞍上については実際に免許がおりるまでは確定できない部分が残っているものの、この春に来日予定のD.レーン騎手に再び乗ってもらいたいと考えています」(3/4近況)

⇒⇒7日に美浦トレセンへ帰厩しています。(7日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオス、レーンとのコンビで皐月賞直行(スポニチより)

デビュー3連勝で昨年朝日杯FSを制したサリオス(牡3=堀)は、レーンとのコンビで皐月賞(4月19日、中山)に直行する。所属するシルクホースクラブがHPで発表。レーンは昨年6月の新馬戦V以来3戦ぶりの騎乗となる。同馬は現在、滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧中。7日に帰厩する予定となっている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牧場では普通キャンター止まりも、乗り込みに関しては順調は順調だったので、皐月賞TR・スプリングSへの出走を目指してそろそろ帰厩するのかなと見ていたサリオス。そして実際、堀師から声が掛かったのですが、次走はスプリングSではなく皐月賞へ直行することに。個人的には徐々に距離を延ばして欲しかったのですが、G1の舞台で400mの距離延長という課題に直面しないといけなくなりました。

厩舎サイドとすれば、皐月賞も狙っていきたいと思っているでしょうが、本音はNHKマイルCは落とせないというところだと思うので、こういうローテになったのかなと思います。まあ、皐月賞まで少し時間は残されているので、厩舎でじっくり仕上げていってスタミナ強化を図っていってもらえればと思います。鞍上については短期免許で来日予定のD.レーンJを予定。まずは予定通りに免許が下りて、コンビの再結成が叶うことを願っています。

2020年3月 3日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・本州牧場組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

騎乗スタッフ「この中間も先週と同じ調教メニューで進めていますが、リラックスして走ってくれていますし、馬の雰囲気は良いですよ。咄嗟に反応してスイッチが入る時がありますが、根は従順で扱いやすい馬なのですぐ落ち着いてくれます。乗り込んでいても今の馬体重をキープ出来ていますし、コンディションは良いので、このまま乗り込みながらペースアップに備えていきたいと思います。馬体重は574キロです」(2/28近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週は熱発の影響から軽めの運動に控えて様子を見ていましたが、その後もぶり返すことなく体調は安定していましたので、今週から周回コースで乗り出しています。一息入った影響もなく、調教再開後は順調に進められています。このまま問題なければ来週から坂路にも入れていこうと考えていますので、今週一杯は距離を長めに乗りながら体力を付けておきたいと思います」(2/28近況)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「先週一杯疲れを取っていましたが、まだ良化がゆっくりですので、今週も乗り運動は控えてウォーキングマシンで調整しています。飼い葉はこの馬なりに食べているので、もう暫くは馬の状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は497キロです」(2/28近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「その後は段々と歩様が良化傾向にあったことから、徐々に調教の負荷を強めています。トレッドミルで動かしても問題はなかったので、今週半ばから乗り運動を開始し、現在は周回コースで乗っています。今後もよく様子を見ながら、少しずつ調教メニューを強めていければと考えています。馬体重は540キロです」(2/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスはマイペース調整。20日の中山・スプリングSへ使う予定なら今週中にも帰厩となるでしょうが、『ペースアップに備えたい』というコメントからはその可能性は低いのかな? そうなると皐月賞へ直行かマイル路線(ニュージーランドTからの始動)へ専念となるのかな? そろそろ具体的な予定・方針を知りたいです。

先週、熱発を発症して軽めの運動に止めていたパーフェクトルールですが、体調面が安定してきたことから、周回コースでの乗り込みを開始。このまま疲れ・反動がなければ、坂路調教へスムーズに移行できることでしょう。

小倉で大敗を喫したベルラガッツォですが、NFしがらきで回復を優先中。少しそのスピードは遅いですが、ストレスを感じながらの敗戦だったこともあるのでしょう。気持ちを悪い方へ向かないよう、まずは心身のリフレッシュをじっくり促してもらえればと思います。

右トモの筋肉を痛めた様子だったディランズソング。その影響が尾を引くかなと見ていましたが、少しずつ歩様は改善へ。まずはトレッドミルで感触を確認し、問題なかったことから、周回コースでの乗り込みを始めています。坂路調教の再開もそう遠くはないでしょうが、体を持て余している部分もあると思うので、コツコツ乗り込みながら馬体を引き締めていって欲しいです。そして良い意味でピリッとしたところも出てきて欲しいです。

2020年2月25日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「ペース自体は先週と同じですが、息づかいはしっかり出来ていますし、調教を続けていても疲れを見せることはありません。予定が決まるまでもう暫く今の感じで進めていくことになっているので、周回・坂路コースでじっくり乗り込みながら鍛えていこうと思います。馬体重は574キロです」(2/21近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「順調に進めていたのですが、週明けに熱発してしまったために現在は軽めの運動に控えています。ただ、すぐ熱が治まり、体調も安定していますので、このまま問題なければ来週から再び乗り出して行けると思います。馬体重は474キロです」(2/21近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も疲れを見せることはないですし、この中間は馬体重が増えてきているぐらいですから、ようやく中身がしっかりしてきましたね。それに伴って動きも良くなってきているので、ここまで時間を掛けてきた甲斐があります。高柳大師から、来週か再来週には帰厩させたいと連絡を受けているので、今の状態を維持しながら移動に備えておきたいと思います。馬体重は443キロです」(2/21近況)

⇒⇒25日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(24日・最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは引き続き普通キャンターで周回コース&坂路での乗り込みを消化。元々、土台のしっかりした馬ですが、地道な取り組みで内面の強化が進んでいるのは何より。3月になれば早々に帰厩の声が届くと思うので、体調管理に重点を置いてもらえればと思います。

パーフェクトルールは帰厩へ向けてピッチを上げていましたが、この中間に熱発を発症。幸い、すぐ熱が治まったようなので、後々への影響は少ない筈。前向きに捉えると良いリフレッシュになったのかなと思います。

オーサムゲイルはそれなりの負荷を高めながら、馬体重がフックラしてきたのは好感。少しずつ内面が強化されてきたのでしょう。また、近々帰厩ということでしたが、24日の最新情報で本日25日に栗東へ戻る予定となりました。

2020年2月17日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も周回コースと坂路コースで乗っていますが、気が入り過ぎることもなく、とても落ち着いていますよ。乗り出した後も順調に進められていますし、コンディションが良く、乗り出して間もない割にはいい体付きをしていますよ。この調子で徐々に運動量を増やしていきたいと思います。馬体重は575キロです」(2/14近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も順調に進められており、動きも良くなってきました。西園師は来週か再来週には帰厩させたいと仰っていましたので、今の状態を維持しながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は446キロです」(2/14近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「乗り込んでいくにつれて動きが素軽くなってきましたし、馬体もメリハリが出てきましたよ。この中間も坂路で15秒から14秒のペースをコンスタントに行っていますので、この調子で帰厩に向けて鍛えていきたいと思います。馬体重は480キロです」(2/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスはこの中間も普通キャンターでリラックス調整。馬体は少し立派ですが、じっくり立て直してきた効果で以前よりも更にオンオフの切り替えが上手に付くように。大人びた気性は大きな武器です。次走に関して、発表はありませんが、漏れ伝わってくる情報ではやはりスプリングSからの始動みたいです。

馬の良化度に関しては不満のあるエルスネルですが、調教自体はコツコツと消化。そろそろ帰厩させたいということなので、正式に声が掛かるまでは無理のない範囲で乗り進めてもらえればと思います。

引き続き攻めの調教を行っているパーフェクトルールはしっかり耐え、着実に馬は良くなっています。ただ、目に見えない疲れがあるかもしれないので、いつもと違う仕草が見受けられたら臨機応変に対処してもらえればと思います。

2020年2月13日 (木)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「乗り出した後も順調に進められており、坂路のペースを少しずつ上げているところです。こちらではこれまで通り落ち着いて調教が行えていますし、コンディションも良いので、ここまで理想通りに進めることが出来ていますよ。馬体重は571キロです」(2/7近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「段階を踏みながら調教を行ってきましたが、その後も順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。ペースを上げた後もしっかり動けていますし、これならより負荷を掛けても大丈夫だと思いますので、週末から更にペースを上げていきたいと思います。馬体重は447キロです」(2/7近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じ調教メニューで乗り運動を続けていますが、段々と動きが素軽くなってきましたし、引き締まって良い体付きになってきましたよ。もう少し乗り込んでいく必要がありますが、ここまで順調に進められているので、負荷を掛けて更に動きを良くしていきたいと思います。馬体重は482キロです」(2/7近況)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、特に目立った疲れはなかったので、今週からトレッドミルで運動を開始し、週半ばから坂路にも入れています。須貝師はこのまま問題なければ3月あたりのレースを目標に帰厩させたいと仰っていましたから、徐々に坂路のペースを上げて行きたいと思います。馬体重は542キロです」(2/7近況)

Photo_3 オーサムゲイル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も同じ調教メニューで乗り込みながら鍛えていますが、まだ力が付き切っていないのか、最後の方はフラフラになってしまいますね。前半の動きは悪くないので、体力が付く様にしっかり鍛えていきたいと思います。体調面は、飼い葉食いが細いものの、馬体重は維持できていますが、もう一回りフックラしてくれると良いですね。馬体重は436キロです」(2/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは騎乗運動を開始してそれほど時間は経っていませんが、現在は坂路で普通キャンターで乗れるまでペースアップ。馬体重は571キロと増えていますが、これから負荷を高めていけば良い感じに絞れていってくれるでしょう。順調に進んでいるのが嬉しいです。

エルスネルは坂路でハロン15秒のところを乗り出し、帰厩へ向けて1歩前進していますが、肝心の動きには目立った変化はなし。馬体重は減らずにキープ出来ていますが、450キロ→460キロと増えていく気配がありません。背中の良さは褒められますが、良化度が物足りません。

パーフェクトルールは時間が掛かっていますが、着実に良化中。ここから更に負荷を高めることになると思うので、しっかり踏ん張って、乗り越えて欲しいところ。そして今月中には栗東へ戻ってきてもらいたいです。

ヴァンタブラックはデビュー勝ちしてNFしがらきへ。ひとまず軽めの調整で余裕を持たせた後はトレッドミルを併用しながら、坂路で普通キャンターまでペースアップ。特に気になるところはないので、2戦目へ向けて、甘やかすことなく鍛えていってもらえればと思います。

オーサムゲイルは調教メニューをこなすことは出来ていますが、動きの質に関しては相変わらず「うーん」といったところ。カイバをよく食べるようになってくれれば全てが好転すると思うのですが、それが難しくて、叶わない現状です。

2020年2月 4日 (火)

この中間から満を持して騎乗運動を開始しています。☆サリオス

201909_20200204044001

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハッキング

厩舎長「先週までじっくり時間を掛けて進めてきましたが、その後も順調に進められていましたので、今週から乗り運動を開始しています。コースに入れても力むこともなく、リラックスして調教が進められているので、このまま徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は565キロです」(1/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

朝日杯フューチュリティSを勝った後、NFしがらきで充電生活を送ってきたサリオス。長らくウォーキングマシンのみの運動だったので、少しモヤモヤした気持ちはありましたが、この中間から満を持して騎乗運動を開始。ひとまず体をほぐす程度の軽い内容ですが、力むような面を見せずに黙々と対応。相変わらずオン・オフの切り替えが上手で無駄なことをしません。この利口さで距離延長に対応していってもらえればと思います。

怪我には十分気をつけてもらいながら、ここからはドンドン状態を上げていってもらえればと思います。具体的な予定もそれに伴い、決まってくることでしょう。

2020年1月27日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「この中間も乗り運動開始に備えてウォーキングマシンでしっかり運動量を取るようにしています。いつもと変わらずゆったりと過ごしていますし、良いコンディションを保っていますよ。今週いっぱいは同じメニューで進めていき、問題なければ来週あたりから乗り運動を開始していく予定で考えています。順調そのものです。馬体重は560キロです」(1/24近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

調教主任「この中間も坂路で17-17のペースで登坂しています。動き自体は悪くありませんが、強いて課題を挙げるとすれば、もう少し基礎体力をつけていかないといけませんね。コンディションに関して特に気になるところはありませんので、帰厩に向けて乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は441キロです」(1/24近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、徐々に動けるようになって体力がついてきましたね。馬体は良いものを持っていますから、中身をしっかり鍛えてあげれば、走ってくる馬だと思うので、もう暫くは馬の状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は483キロです」(1/24近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、大きなダメージは見られなかったです。今週は周回コースで軽めのキャンターを行っていますが、その後も問題はなさそうですし、徐々に坂路調教へと移行していければと考えています。馬体重は524キロです」(1/24近況)

Photo_3 リアンティサージュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「こちらに戻って右トモの状態を確認しましたが、歩様を見ても少し気になるので、獣医師に詳しく診てもらいました。ただ、ブロック注射などして痛めている部位を探してみましたが、こちらで確認する限り、はっきりとした原因が分かりませんでした。このまま進めても同じことの繰り返しになってしまうので、もう少し状態を確認して良化が見られないようなら、施設が充実している北海道の牧場に戻して、詳しく精密検査を行うことも考えています。馬体重は470キロです」(1/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオスは引き続きウォーキングマシンのみですが、時間を掛けることで運動量は確保している様子。そろそろ乗り運動を開始するようなので、ここまでじっくり進めてきたことが良い方へ出てきてくれることを願っています。

エルスネルは牡馬とすればやはり線の細いタイプ。それ故、非力なところが目立ってしまうのかなと思います。まずは鍛える土台として馬体を膨らませる必要も。それにはカイバをバリバリ食べるようになってきてもらわないと…。

パーフェクトルールは現3歳世代で唯一の未出走に。ただ、この馬なりにリズムを掴んでコツコツ乗り込むことが出来ているので、新馬戦がある内には間に合わないでしょうが、4月までには態勢は整う筈。芯が入ってくれば走って来そうな雰囲気はあるので、今はじっくり素質に磨きを掛けてもらえればと思います。

ディランズソングはドッと疲れが出るようなことがなかったのは何より。デビュー戦は少し馬体は立派でしたし、背腰がパンとしていない分、脚の回転力には物足りなさを感じました。1度実戦を経験したことでガラッと変わってきて欲しいところ。それには馬体を洗練していくことが必須になってくるのかなと思います。

歩様に気になるところは窺えるも、検査を行っても原因は特定できていないリアンティサージュ。筋肉の内部に痛いところがあるのでしょう。ひとまず軽めの調整で歩様の良化を促すことに。それでも良くならなければ北海道へ戻して詳しく検査をすることに。ズルズル復帰が延びてしまうことは避けて欲しいです。何とか原因を特定してもらわないと…。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ