出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードアブソルート」の29件の投稿

2018年12月13日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo ロードラウレア

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。12月7日(金)測定の馬体重は483キロ。

○当地スタッフ 「楽をさせて疲労が取り除けた様子を踏まえ、12月4日(火)に角馬場へ連れ出しました。跨った際にも違和感を覚えなかった為、7日(金)以降は広いダートコースを周回。当面は現在のトレーニングを続け、具合を見ながら徐々に負荷を高めます」

Photo ロードアドミラル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。12月7日(金)測定の馬体重は511キロ。

○当地スタッフ 「12月4日(火)に15-15を交え、7日(金)は半マイル55秒3、ラスト12秒3を記録。合図に対する反応が鈍く、そのまま垂れそうになりました。でも、ステッキを入れるとギュンと加速。不器用で荒削りながら、結構な素質を秘めていそうです」

Photo ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。12月7日(金)測定の馬体重は444キロ。

○当地スタッフ 「骨折箇所に熱感や痛みが生じていないのは何より。ポジティブな経過を踏まえ、12月10日(月)より歩かせる時間を60分に変更しています。以前にも触れた通り、体重計に苦手意識を持っているタイプ。でも、今回はスムーズに乗ってくれました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩時の疲れが抜けたラウレアは7日からダートでの乗り込みを開始。普通キャンターよりも遅いペースですが、特に気になる点はなさそう。乗り込みの絶対量が不足しているので、コツコツ乗り進めることで確固たる土台を築き上げてもらえればと思います。素質は良いモノを秘めていると思います。

アドミラルは動きにムラがありますが、真面目に走った際の脚力はなかなか。操縦性を高めることが出来れば出世できるでしょうが、集中力を保つことは現状難しそう。ラウレア同様に乗り込み量を高めつつ、今一度走りの基礎をしっかり植えつける感じで丁寧に教え込んでいってもらえればと思います。

アブソルートは骨折箇所の熱感・痛みが解消できているのが何より。現在はウォーキングマシンのみの運動に止めていますが、早速運動時間を延長することが出来ています。本当はトレッドミルという施設があれば、よりスムーズに進めていくことが出来のですが、今のところは導入の予定はない模様。JRAの育成施設でも最近導入したようですし、取り入れることを前向きに検討して欲しいです。

2018年12月10日 (月)

ロードなお馬さん(2歳牡馬)

Photo ロードラウレア

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「11月28日(水)にバトンタッチ。栗東からの輸送を済ませた後も熱発等の症状は生じていません。現在はウォーキングマシン内の運動に止めて回復を図っている段階。この先は十分に成長を促しつつ、全体的なパワーアップを叶えたいところです」

Photo ロードアドミラル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「11月28日(水)と12月1日(土)にもハロン14、15秒程度のキャンターを消化しています。段々と体力が備わって来た一方、現状は幼さを見せて集中力に欠ける印象。また、急に噛んでしまうハミの取り方が不安定な部分は改善が必要でしょう」

Photo ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分。

○当地スタッフ 「12月1日(土)に獣医師の診察を受けた際に許可が下りた為、3日(月)にウォーキングマシン内の運動をスタートしました。今のところは悪い変化も無し。現状は30分までに止めているものの、様子を見ながら徐々に運動量を増やしましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラウレアは先月28日に千葉へ。ひとまず輸送熱等見舞われず、無事到着して何よりです。まずはゲート練習の疲れをしっかり癒し、コツコツ乗り進めることで心身の成長を遂げていってもらえればと思います。

アドミラルはそれほど緩めずに乗ることが出来ていますが、心身の幼さが目立つ現状。非凡な能力を秘めていると思うのですが、課題が多そうです。何とかこの1ヶ月で入厩できる準備を整えて欲しいです。

アブソルートは獣医師の許可が下り、ウォーキングマシンの運動を開始。骨折の症状が軽いだけにもう少し辛抱出来れば、案外早く軌道に乗っていってくれるのかなと見ています。また、牡馬とすれば小柄な馬なので、この休養期間を上手に生かして馬体のパワーアップを図っても欲しいです。

2018年11月30日 (金)

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_6 ロードアドミラル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「11月20日(火)に前回よりも長目に15-15を行なったところ、直線を向いて幾らか苦しくなった模様。右へモタれる面の修正を掛けながら走らせています。その後に疲れが認められた右トモに対し、24日(土)に消炎剤による治療を実施しました」

Photo_6 ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。

○当地スタッフ 「引き続き、手入れを行なう時間を除いて休養に徹しています。左前脚膝の骨折箇所は剥がれておらず、骨片も認められない症状。程度としてはヒビと捉えてください。この先も獣医師のアドバイスに従い、動かし始めるタイミングを検討したいです

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「肉芽ができていた部分もスッキリしており、右前脚に作った傷は概ね元の状態に戻っています。11月24日(土)に角馬場で歩様の確認を行なったところ、レースで痛めた球節も問題は無さそう。当面はダクとハッキングで丹念に乗り込みましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーエバーローズ以外のロードの2歳・牧場組の近況をまとめて。

調教を重ねつつ、前向きさが出てきたアドミラル。この良い流れで入厩への道筋を辿って欲しかったのですが、20日の調教で体力的に苦しくなったのか右へモタれる仕草。そして数日後に右トモに疲れを確認。消炎剤での治療を行っています。ここでの足踏みは痛いですが、加減した調教ばかりでは強くなりません。多少の疲れ・反動には目をつぶり、鍛えていかないとダメですから。これをしっかり乗り越えて、早い段階で軌道修正できるように進めていってもらいたいです。

左前脚の膝部分の骨折でデビュー戦を見送ることになったアブソルートですが、症状とすれば骨にヒビが入った程度。ごくごく軽い怪我というのは不幸中の幸いですが、休養に専念している馬房でストレスを溜めないようにお願いします。馬房で暴れてしまい、骨片が剥がれたりと症状が悪化しては元も子もありません。日々の管理をしっかりお願いします。

マカリカはレースで痛めた球節、ウォーキングマシンの運動中に暴れて負ってしまった外傷は共にほぼ完治。歩様をチェックしてみても、気にする素振りは見られません。それを受け、角馬場でのダクとハッキングを開始しています。元気が有り余っている状況なので張り切り過ぎないようにブレーキを掛けつつ、1つ1つ課題を丁寧にクリアしていってもらえればと思います。

2018年11月23日 (金)

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_6 ロードアドミラル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週は11月13日(火)と16日(金)に5ハロンからペースを速めています。負荷を高めて行く中で段々と気持ちが乗って来たのはプラス。現状において翌日に極端なダメージも出ていませんので、この調子で一層のレベルアップに努めるだけです」

Photo_6 ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。休養。11月17日(土)に栗東トレセンより移動しました。

○当地スタッフ 「11月17日(土)にこちらへ移っています。馬運車を降りた際の歩様が幾らか不自然だった他、痛めた左前脚に熱感が認められる状況です。到着後に撮ったレントゲン写真でも軽度の骨折との診断。北海道までは戻さずに戦列復帰を目指しましょう」

Photo_6 フォーエバーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1000m→ハッキング2000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター1400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「広いトラックへ入れる頻度が増えている他、ここに来て2日続けて利用するパターンも試しています。乗った後にダメージが生じた場合でも、回復が早くなったのは以前とは明らかに異なるポイント。慎重なスタンスで着実な前進を心掛けたいです」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「右前脚の膝下に生じた外傷は完治へ。獣医師の許可が出た部分を踏まえ、11月17日(土)よりウォーキングマシンに入れ始めました。もうしばらくの間は同様のパターンを続けるつもりながら、今週末には人間を背中に迎える計画も立てています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アドミラルは定期的に15-15を乗られていますが、極端にダメージ・疲れが出ることはなし。北海道時は反動が大きかったようですが、少しずつ体力的に強化されてきているのだと思います。また、それに伴い、気持ちの面でピリッとしてきたのも好感。素質は良いモノを秘めている筈なので来年の活躍に向けて、まずは土台をしっかり構築してもらいましょう。

アブソルートは17日に千葉・ケイアイファームへ到着。改めてレントゲン検査を行って、軽度の骨折であることを確認。北海道まで戻さず、千葉で立て直しを図ることとなりました。まずは患部の熱感が1日でも早く治まってくれることを願っています。

フォーエバーローズはこの馬なりに良い方へ向かっていますが、その前進の幅が小さいのが悩ましいところ。まあ、ひとまずは大きな反動・ダメージが出なければ良いのかもしれませんが…。どのくらいの時期に再入厩出来るのかが掴み切れない現状です。

マカリカは傷が塞がったことで、ウォーキングマシンでの運動を開始。パワーが有り余っていると思うので、暴れたりして怪我をしないように十分注意して欲しいところです。また近々、騎乗運動を始める予定みたいですし、後退することなくスムーズにピッチを上げていってもらいたいです。

2018年11月16日 (金)

土曜京都・芝1600mでのデビューが決まるも、木曜の夕方に歩様の違和感を確認。診断の結果、左前脚の膝部分の骨折が判明。枠順発表前に出走を取消しています。★ロードアブソルート

Photo ロードアブソルート(牡・藤原英)父キングカメハメハ 母パーフェクトトリビュート

2018.11.15
ここに来て歩様に幾らか違和感が認められます。レントゲン検査を受けたところ左前脚の骨折で全治3ヶ月の診断が下されました。今後は近日中に千葉・ケイアイファームへ移動して春以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○田代調教助手 「予定通りに出馬投票は済ませたものの、夕方のチェックで歩様に幾らか違和感。念の為に行なった検査で左前脚の膝に骨折が判明しています。残念。出走は取消です。全治3ヶ月の診断からも、症状としては軽度な部類。育成場へ移して治療に努めましょう」

2018.11.15
11月17日(土)京都5R・2歳新馬・芝1600mに岩田Jで出走します。11月14日(水)稍重の栗東・芝コースで5ハロン67.7-50.7-36.6-11.4 2分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「仕上がり良好」でした。発走は12時20分です。

○田代調教助手 「11月14日(水)は本馬場へ入れました。徐々に気持ちが前向きに。また、集中力も保てている感じです。この様子ならばゴーサインを出せそう。相応の調教量も消化しており、今週のレースへ向かいましょう。どれぐらい現状で走れるか・・・」

≪調教時計≫
18.11.14 岩 田 栗東芝稍 67.7 50.7 36.6 11.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りを重ねながら、徐々に動けるようになってきたロードアブソルート。その動きを見て、土曜京都・芝1600mでのデビューへ踏み切り、無事出走が確定した訳ですが、まさかの再度の更新で左前脚の膝の骨折が判明。現状でどれぐらいやれるか楽しみであり不安でもあったのですが、まさかまさかの展開にショックでしかありませんし、喉頭蓋エントラップメントに続いてのトラブルにまたかあという気持ちで…。

診断では全治3ヶ月ということですが、膝の骨折なのでもう少し時間が掛かると見るのが妥当かと。藤原英厩舎の預託馬ということで出資する際にそれが後押しになるのですが、小さな馬はリスクが高いです。

トラブルに見舞われてばかりですが、来春以降のデビューが叶った際、遅れを取り戻せるような活躍を見せて欲しいです。

2018年11月12日 (月)

ロードなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_6 ロードアブソルート

11月7日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.8-69.3-54.1-39.9-12.2 9分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒9先行して首遅れ。短評は「脚いろ見劣る」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「11月7日(水)は相応に気合いを付ける形で。及第点の動きは見せています。少しずつ良化を遂げているものの、こちらが求めるレベルを考えると・・・。まだ幾らか物足りませんね。目標を挙げるのは尚早。今しばらくは本数を積みましょう」

≪調教時計≫
18.11.07 岡田祥 栗CW良 85.8 69.3 54.1 39.9 12.2 一杯に追う ヴァンドギャルド(2歳500万)馬なりの外0秒9先行首遅れ

Photo プレミアムギフト

11月7日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に57.2-41.7-26.9-13.1 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒2追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「先週よりも一段階アップ。11月7日(水)は約57秒で坂路頂上へ達しています。最後まで手応えは良かったものの、一頓挫あったのを踏まえて慎重に。追わずに終えた形です。出走プランは未定。本格的な追い切りへ移行してから考えましょう」

≪調教時計≫
18.11.07 助 手 栗東坂良2回 57.2 41.7 26.9 13.1 馬なり余力 ローズリベル(古馬500万)馬なりを0秒2追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートはデビューへ向けて負荷を高めていますが、動きはまだ物足りない様子。もっと前向きさが欲しいです。目標を挙げるのは尚早ということで京都開催でのデビューはなさそうです。

右トモの筋肉を痛め、2戦目が先送りになったプレミアムギフト。その不安はほぼ大丈夫と思いますが、反動が出ないように慎重に追い切りの負荷を高めています。このまま変わりないようなら、来週ぐらいから本格的な追い切りへ移行すると思うので、2戦目は12月1週目の阪神or中京あたりになってくるのかなと想像しています。

2018年11月 3日 (土)

ロードなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_6 ロードアブソルート

10月31日(水)良の栗東・芝コースで5ハロン69.2-51.7-37.1-11.6 2分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒8先行して0秒1遅れ。短評は「トモ甘い」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「10月31日(水)は芝コースで。水準の時計は出ており、概ね順調には来ています。上向いているのは確かながら、まだまだ良化の余地を残していそう。適性に関しても探っている段階です。現時点で出走プランは全く白紙。乗り進めましょう」

≪調教時計≫
18.10.31 鮫島良 栗東芝良 69.2 51.7 37.1 11.6 馬なり余力 アーデンフォレスト(2歳新馬)馬なりの外0秒8先行0秒1遅れ

Photo_6 プレミアムギフト

10月31日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に59.7-43.4-28.1-13.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「10月31日(水)は15-15程度を乗りました。ウッドチップの入れ替えが行なわれ、最近は時計の掛かる馬場状態に。でも、これぐらいは余裕ですね。歩様も大丈夫そう。目標を挙げる段階とは違うものの、確実に良い方向へ進んでいるでしょう」

≪調教時計≫
18.10.31 助手 栗東坂良2回 59.7 43.4 28.1 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートは先月31日の追い切りで本日デビューするアーデンフォレストとの併せ馬を消化。遅れてしまいましたが、時計自体はマズマズ。非力な馬なので坂路よりは動くことが出来ていました。今後はもう少し本数を重ねて力強さが出てきて欲しいですが、同時に小柄な馬なので馬体重を維持できるかが1つポイントになってきそうです。

一頓挫あったプレミアムギフトですが、その後の初時計を31日にマーク。時計の内容は別にして順調に回復できているのは何よりです。この京都開催はパスして暮れの阪神or中京で2戦目を迎えることができるようにじわじわ状態を上げていってもらえればと思います。

2018年10月29日 (月)

ロードなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

10月24日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.2-40.1-25.4-12.8 叩き一杯になっています。短評は「坂路コースで入念」でした。11月3日(土)京都・3歳上1000万下・混合・ダ1200mに和田竜二騎手で予定しています。

○松下調教師 「10月24日(水)は終い重点。時計が掛かり気味の馬場でも、しっかり動けていたと思います。一方、まだ息遣いには良化の余地を残す感じ。来週もビシッと攻めるべきかも知れませんね。幾らか駐立が不安。ゲートの確認も行っておきましょう」

≪調教時計≫
18.10.24 助手 栗東坂良1回 56.2 40.1 25.4 12.8 叩き一杯

Photo_6 ロードアブソルート

10月25日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に56.0-40.5-26.0-12.9 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「10月25日(木)は最後に軽く促すような格好。息遣いは気に掛からぬ感じですね。一方、まだ幾らか非力な印象。その分だけ坂路では動き切れないのかも知れません。今しばらくは本数が必要。当面は目標を定めずに乗り込みを重ねましょう」

≪調教時計≫
18.10.25 小 崎 栗東坂良1回 56.0 40.5 26.0 12.9 一杯に追う カントル(2歳未勝利)馬なりに0秒2遅れ

Photo_6 プレミアムギフト

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。歩様の違和感は段々と良化の傾向を窺わせており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「10月24日(水)は坂路を2本。少しずつ負荷を高めています。ここまでは問題なし。時計こそ出していないものの、前進は図れている印象です。このまま厩舎で調整を続け、改めてレース出走を目指す予定。ペースアップの機会を窺いましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末の出走を予定しているロードエース。レース1週前追い切りとなった24日の坂路の時計は物足りないですが、ビシッとやれたことは評価。このひと追いで息遣い・馬体は良化してきてくれるでしょうが、素軽さが増すように直前もしっかり攻め、レースへ臨んでもらいたいです。

ロードアブソルートはデビューへ向けて追い切りを重ねている段階ですが、25日の内容は平凡。併走馬はワグネリアンの全弟でデビュー戦2着と頑張っている素質馬カントルですが、完全に弄ばれている感じ。体力面で途上な段階なので仕方ない面もあるでしょうが、水準クラスの時計・動きを見せることが出来るまで根気よく追い切りを重ねてもらいたいです。

歩様の違和感から2戦目を一旦白紙に戻したプレミアムギフト。じわじわ負荷を高めている段階ですが、今のところは問題なし。まだまだ慎重を期してもらいたいですが、時計を出し始める日はそう遠くないでしょう。

2018年10月24日 (水)

18日に栗東・藤原英厩舎へ帰厩しています。☆ロードアブソルート

Photo ロードアブソルート(牡・藤原英)父キングカメハメハ 母パーフェクトトリビュート

2018.10.18
10月18日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「喉の手術も無事に終えて、順調に乗り込めていた様子。準備OK・・・との報告を踏まえ、10月18日(木)に厩舎へ戻しています。既にゲート試験はパスしており、今後はレースへ向けて進めるのみ。まずは実際に跨って感触を確かめましょう」

2018.10.16
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。10月18日(木)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「10月9日(火)に15-15を交え、12日(金)は半マイル約52秒のタイムを記録。十分に気持ちの入った走りで、フットワーク等に気になる点は浮かんでいません。スムーズにトレセンの追い切りへ移行できるはず。17日(水)に栗東へ向かいます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7月に喉頭蓋エントラップメントの診断が下り、切開手術を行ったロードアブソルート。術後は順調な経過が確認され、乗り運動を進めることが出来ました。脚元には何ら不安はなかった訳ですから。

8月末に千葉へ移動後、息の入りは良くなかったですが、調教を重ねる毎に重苦しさは良化。それに伴い、軽快な動きを見せてくれるようになっていました。そしてこの度、栗東・藤原英厩舎へ戻ってきました、

診断が下った時はもっと時間が掛かることを覚悟していましたが、約3ヶ月でここまで辿り着いたのは良い誤算。ただ、乗り込み量は豊富とはいえないので、しっかり土台を再構築してから追い切りへ移行していってもらえればと思います。暮れの阪神あたりでデビューできればと見ています。

2018年10月11日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイF組)

Photo ロードラウレア

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。10月4日(木)測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「10月5日(金)に15-15を試しました。広いトラックでのスピード調教にまだ慣れていないだけに、こちらでの1本目と言う部分を考慮すれば及第点を与えられる動き。この先も一定の頻度でピッチを速め、更なるレベルアップに努めるのみです」

Photo ロードアブソルート

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。10月4日(木)測定の馬体重は432キロ。

○当地スタッフ 「10月2日(火)にハロン15秒レベルを消化。そして、5日(金)には全体52秒5、ラスト12秒5の時計をマークしています。併せた古馬に手応えで勝るなど、良い頃の雰囲気に戻った感じ。帰厩を意識できる状態へ着々と近付いている印象です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉へ到着後、じっくり進めてきたラウレアですが、この中間に15-15の調教を消化。新しい環境で不慣れな面を覗かせたようですが、動き自体はマズマズ。本数を重ねていけば、集中力を増し、スムーズな動きになってくれるでしょう。幼さを多分に残しますが、血統馬らしい学習能力は持ち合わせている馬です。

アブソルートは定期的に15-15の調教を消化していましたが、動き自体は物足りなさを感じてきましたが、本数を重ねる毎にじわじわ上昇。5日はトレセンでの追い切りを想定した調教を行われましたが、上々の時計+動きを見せてくれたようです。あとはもう少し馬体重が増えてきて欲しいところです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ