出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ジェラーニオ」の51件の投稿

2019年5月19日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいますが、最後まで脚取りはしっかりしており動きは安定していますね。飼い葉を食べて体調的にも悪いところは見られませんし、このまま緩めないように乗り進めていければと思います。馬体重は505キロです」(5/17近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでダク

天栄担当者「ここまで無理せずに進めてきた甲斐あって、トモの歩様は良化傾向にあったことから、今週からトレッドミルでの運動を始めています。まずは常歩からスタートし、その後も状態は落ち着いていたので、現在はダクまで進めています。一歩前進できて良かったですし、今後も状態に合わせたメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は518キロです」(5/17近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。特に悪いところはなく順調なのですが、大きく良くなってきた感じも正直ありませんから、もう少し乗り込みつつ良化を図っていきたいところです。馬体重は487キロです」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週3回ハロン14秒のところを意欲的に行っていますが、安定した脚取りで元気いっぱい。さすが血統馬というポテンシャルを示していると思います。ただ、これから暑さが増していくと思うので、疲れの兆候を掴んだら、すかさず楽をさせてあげて欲しいです。

フロントラインはゆっくりながらもトモの歩様は良化。この中間からトレッドミルでの運動を開始し、現在はダクまで進んでいるとのこと。まだまだ慎重を期して進めてもらわないといけませんが、このままスムーズに馬場での乗り込みを開始できるところまで進んで欲しいです。

ジェラーニオも坂路で意欲的に鍛えられていますが、もう一つその成果が感じられず。馬自身の成長力が足りないのか、気性面でズル賢いところが脚を引っ張っているのか。3歳未勝利馬なのでゆっくりはしていられませんが、現状の調教内容を維持して、もう少しの間、良くなってきてくれることを待ってもらえればと思います。

2019年5月14日 (火)

シルクなお馬さん(関東3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3日に登坂回数を増やしています。ここまで順調に立ち上げられていますが、前走後は全身に疲れが見られたことや、成長を促す意味も含めて、今回は少し間隔を空ける方向で木村調教師とは打ち合わせています。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「引き続き曳き運動での調整ですが、少しずつ運動時間を延ばすことが出来ています。まだダクをさせると歩様に見せてしまいますが、着実に良化はしてきていますから、このまま動かしながらケアしていきたいと思います。馬体重は516キロです」(5/10近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回14-14ペースで登坂し、少し全体的な負荷を強めています。このまま緩まないように乗り込んでいきたいと思いますが、こちらで乗っている分にはレース時ほどキックバックを嫌がるような感じはありませんね。馬体重は486キロです」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは早速坂路週3回のレベルまで調教を高めていますが、まだまだ体質がパンとせず、精神面でも幼さを残すことから、コツコツ乗り込んで成長を促すことに。個人的にもこの方針は大賛成です。器用さはないので、復帰は夏の新潟の後半戦ぐらいで良いのかなと思います。

フロントラインはすぐに回復というのは難しいも、少しずつでも良い方へ向かっているのは確か。引き続き入念なケアを行って、回復のスピードを少しでも速めてもらいたいです。

ジェラーニオはこの馬なりに順調。適度に速いところを行って、良い意味で刺激を与えていってもらえればと思います。そうすることで走ることへの前向きさがもっと出てきてくれればと思います。次走の予定は立っていませんが、前走の走りと騎手のコメントから芝2400mに照準を合わせてくるのかなと見ています。

2019年5月 8日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきた当初は歩様にも硬さがありましたし、全体的にレースでの疲れが見られましたが、それも順調に回復してきていたことから、今週半ばから坂路コースでの調教をスタートしています。どちらかと言うと太くなりやすいタイプですし、このまま緩まないように調整していきたいですね。馬体重は504キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「今週も曳き運動を継続しています。左トモの歩様にはまだ違和感はあるものの、楽をさせていることで少しずつ良化傾向にはありますね。まだ断定は出来ませんが、トモの筋肉に痛い部分があるようなので、まずはそちらの治療をしっかり行っていきながら経過を見ていきたいと思います。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、馬体にそこまでダメージは見られませんでしたし、もしかすると本気で走っていないのかもしれませんね。すぐに乗り出しを開始していて、現在は週3日ハロン14秒まで脚を伸ばしています。今後もあまり緩めないように乗り込んでいければと思います。馬体重は484キロです」(5/3近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後もソエを気にすることはありませんし、動きも登坂回数を重ねてピリッとしてきましたよ。この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしていますが、運動後も状態は変わりないので、後は反応と動きが良くなれば帰厩の目途が立てられそうです。馬体重は519キロです」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体質がパンとしていない中、好時計で新緑賞を勝ったことで、少し疲れ・反動が出たパラダイスリーフですが、日にちの経過と共に症状は改善。既に週1回とはいえ坂路へ連れ出しているので心配はもう要らないでしょう。また、次走に関してはハッキリしていませんが、緩まないように調整していきたいということなので、それほど先のことにはならないのかなと思います。

最悪、骨折まであり得るかなと見ていたフロントラインですが、今の感じだとトモを痛めた感じ。骨折の心配は回避できたかなと思います。ただ、歩様の違和感は相変わらず。獣医師に改めて診てもらい、原因と症状を早く確定することができればと願っています。

ジェラーニオの前走は上がりだけの競馬になったことでレースの疲れ・ダメージは少なく済んだ感じ。ただ、一癖ある性格なので、本気を出していない可能性は確かにありそう。それ故、馬具の矯正を検討する余地はあるでしょうが、非常に怖がりなので、チークピーシズやブリンカーを装着して視野が狭くなってしまうとパニックを起こしてレースどころではなくなってしまうかも。まあ、試す価値はあると思います。

クレッセントムーンは帰厩へ向けて順調にペースアップ。動きも徐々に良くなっている様子。3歳馬同士で走る間に1戦できるように厩舎へ送り届けてもらえればと思います。心身共に若い馬なので、まだまだ伸びシロは多く残していると思います。

2019年4月25日 (木)

後方からの競馬になってしまうも臆病な性格を考慮すると仕方ない面も。デビュー戦から着順を落とす結果も、勝ち馬との差自体は詰める。可もなく不可のなくの2戦目を終える。★ジェラーニオ

2019041800

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

土曜東京6R 3歳未勝利(芝1800m)13着(10番人気) 武藤J

五分のスタートを切りますが行き脚が付かず、道中は最後方からの追走、直線は大外から上がり3ハロン33秒9の脚を使ったものの上位との差を詰めるには至らず、13着でゴールしています。

武藤騎手「スタートで他馬に寄られたのをかなり気にして、後ろまで下がってしまいました。調教で乗せてもらった時にわざと砂を被せてみたところ嫌がる面を見せていて、今日も芝の跳ね返りを嫌っていましたね。本当は直線で内を突きたかったのですが、他馬を嫌ってしっかり走れなさそうだったので、外に出して行きました。さすがに開幕週の馬場だとあそこまで詰めるので精一杯でした。キックバックを受けていない時の道中の走りは良かったですし、スタミナはありそうなので距離を延ばしてみるのも一つの手かなと思いました」

大竹調教師「初戦に比べると普通にレースが出来ていましたし、この馬なりに前進はあったのかなと思います。ただ、調教でも他馬を気にして頭を上げたり、キックバックを嫌がっていましたし、そういった面をレースでも見せてしまったのは今後の課題ですね。さすがに開幕週の馬場で大外を回っては、あそこまで差を詰めるので一杯だったでしょうが、それでも33秒台の脚を使ってよく頑張ってくれたと思います。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか検討させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/25日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

大竹師「先週は申し訳ありませんでした。こちらに戻って状態を確認しましたが、レースによる疲れからか右トモ飛節に少し腫れが見られました。もうしばらくこちらで様子を見させていただき、その後はいったんNF天栄へ放牧に出してよくケアしてもらいたいと思います」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

放馬のあったデビュー戦と比べると、行儀の良い競馬は出来たと思いますが、デビュー戦の9着を下回る13着に沈んでしまったジェラーニオ。仕上がりは悪くないように見えたのですが、普段から見受けれる他馬を気にする点・キックバックを嫌がる点が実戦でも足を引っ張ってしまったなあというのが率直な感想です。

他馬に寄られたことで二の脚は付きませんですが、他馬に囲まれないように運びたかったでしょうから、後方からの競馬は想定内。画面上からの印象はマイペースで気分良く走れていたと思います。ただ、勝負どころで追い上げに入ると、鞍上の指示に少し反抗する面も。ここでスムーズに差を詰めることができれば、もう少し上の着順に来たのかなと思います。そして最後の直線は距離ロス覚悟で大外へ。前との差は詰まらないも離されない形でジェラーニオはジリジリ脚を使ってくれました。ただ、残り150mからはさすがに苦しくなって、なだれ込むようにゴールしています。

レース後のジェラーニオですが、右トモ飛節に少し腫れが見られるとのこと。疲れが出た様子で今のところ深刻な感じはありません。特に変わりがなければ25日にNF天栄へ放牧に出る予定です。

2戦目で着順を下げることになりましたが、勝ち馬とのタイム差は詰まっているのでそれほど悲観することもないのかなと。ワンターンの競馬が合うかなと見ていましたが、この距離ではキレ負けは避けられず。スタミナが本当にあるのなら、次走は芝2400mが面白いのかなと思います。臆病な性格の改善は正直難しいと思いますが、その悪い面が出来るだけレースへ悪影響を及ぼさないように戦法や馬具をしっかり見直して欲しいです。

2019年4月20日 (土)

かなりの臆病さを見せたデビュー戦を踏まえ、NF天栄でキックバック対策など実戦を想定した調教を経験。ある程度の慣れは見込めるも、デビュー戦からの一変となるとさすがに難しそう。★ジェラーニオ

201904_19

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

土曜東京6R 3歳未勝利(芝1800m)5枠10番 武藤J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計

調教助手「17日に南Wコースで草野騎手に手伝ってもらい、追い切りを行いました。調教でメンコを着用したことで、チップのキックバックを受けてもそこまで怯まないようになりましたね。普段の調教ではハミを受けられるようになりましたし、新馬戦の時よりも精神的に成長が見られます。また、スタミナも付いてきたことで、今のところ脚元含め調教後に疲れは出ていません。この後は武藤騎手にも癖を知ってもらいたいので、レース前日までに騎乗してもらい、軽めの運動で調整していく予定です。デビュー戦は若さを見せた走りにはなってしまいましたが、今の状態であれば、この馬の力を存分に発揮してくれるでしょう」(4/18近況)

助 手 14美坂良 55.9- 41.0- 26.4- 12.7 馬なり余力
草 野 17南W良 54.3- 39.2- 13.2 馬なり余力 アルチェーレ(三未勝)馬なりの外を0.2秒先行3F付0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回東京1日目(04月20日)
6R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走13:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブルーザリオン 牡3 56 吉田豊
1 2 プロース 牡3 56 武士沢友治
2 3 サトノエルドール 牡3 56 川田将雅
2 4 カミノシルヴィ 牝3 54 内田博幸
3 5 アースドラゴン 牡3 54 野中悠太郎
3 6 ロンリーソルジャー 牡3 56 M.デムーロ
4 7 オーレア 牝3 51 藤田菜七子
4 8 カナロアガール 牝3 54 大野拓弥
5 9 キングアゲン 牡3 56 岩部純二
5 10 ジェラーニオ 牡3 55 武藤雅
6 11 ミラキュラスパワー 牝3 54 柴田大知
6 12 サツキミラクル 牝3 51 大塚海渡
7 13 スズロザーナ 牝3 54 三浦皇成
7 14 デルマガルニエ 牡3 56 伴啓太
8 15 デュオビギン 牝3 54 酒井学
8 16 レッドクレオス 牡3 56 C.ルメール
8 17 サクラデュエル 牡3 56 横山典弘

○大竹師 「休ませたがあまり変わっていない。もっと体重が増えていいし、テンションも心配。(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1月の京都でのデビュー戦はロードの出資馬・ロードアドミラルが追走に手一杯という派手な負け方をしたので、ジェラーニオの走りはちょっと霞んでしまったのですが、改めて振り返ると、馬場入りの際にまさかの放馬。そして道中はハミ受けが悪く、ウナギのように頭を振りながらの追走ぶり。こんな走りをする馬がいたんだなあと逆に感心するほどの有り様。育成時から人に関心がなく、なつかないと言われてきて、気難しさを感じていましたが、それと同時に他の馬を気にして過敏な動きを見せるなどかなりの臆病さを痛感することとなりました。ただ、こういう状態でも最後までジリジリ脚を繰り出し、ロスの大きい中で9着に来たのは良化の余地がある証拠でもあります。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。デビュー戦でキックバックを嫌がる素振りが目立ったことから、ジェラーニオは馬の後ろに付けてキックバックに慣らす練習を入念に消化。まだ完璧ではありませんが、だいぶ慣れてはくれた筈。実際、帰厩後の追い切りでは単走だと良いリズムを刻んで走ってくれます。ホントは馬具で対策を練れば良いのですが、臆病な性格なので視界が狭くなることでまたパニックを起こしそう。

レース運びに関しですが、馬群での競馬はやはりマイナスでしょう。逃げるぐらいの勢いで先行するか、腹を括って後方待機からの追い込み一手に賭ける戦法のどちらか。個人的には後者の形が良いのかなと考えています。デビュー戦は4つコーナーを回る芝2000mでしたが、性格を考えるとワンターンの今回の方が力を出せそう。

1度実戦を経験し、NF天栄では実戦を想定した調教を取り入れてきたジェラーニオ。デビュー戦からガラッと変わってくるのはさすがに無理だと思いますが、デビュー戦のような醜態はなさそう。武藤Jには追い切りで1度感触を掴んでおいて欲しかったですが、厩舎スタッフと相談してジェラーニオの良さ・力を引き出して欲しいものです。まずは前走以上の着順に来ること、そして未勝利突破へメドの立つ走りを期待しています。

2019年4月13日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都4月21日・比良山特別(松山J)

斉藤崇師「10日にCWコースで追い切りました。馬なりでサッと時計を出しましたが、馬場が悪い中でも最後まで余力がありました。ただ、これまでと比較すると今回は敏感なところがあり、走りに対して気持ちが集中していない感じなので、この中間は改善策としてメンコを着用しています。体調面に関してはこの馬なりに飼い葉を食べていますし、元気の良さが窺えるので、気持ちが良い方に向くように調整していきたいと思います。当初、北村友一騎手にお願いしていましたが、都合が付かなかった為、松山弘平騎手に依頼しました」(4/11近況)

助 手 10CW重 89.0- 73.0- 57.4- 42.0- 12.9 馬なり余力

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に南Wコースで時計
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞(川田J)

木村師「10日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を進み、直線で真ん中に入れて追い出すと、最後は少し遅れる形でゴールしています。直線では強めに追う形になりましたが、全体で6ハロンから85秒くらいを予定していて、馬場が重い中、それを切る形で頑張って走ってくれました。終いの反応等を見るとまだ子供っぽい部分はありますが、少しずつ何をすべきか理解できるようになってきている印象です。来週の鞍上は川田将雅騎手に依頼しています」(4/11近況)

助 手 7美坂良 57.4- 41.9- 27.7- 13.8 馬なり余力
助 手 10南W稍 84.2- 69.4- 54.3- 39.6- 12.8 直一杯追う ロシュフォール(古オープン)馬なりの内0.4秒追走0.1秒遅れ

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計
・次走予定:4月20日の東京・芝1800m(武藤J)

大竹師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進める形で、最後まで追い付けずにゴールしています。最初は乗り手としっかりコンタクトが取れていましたが、3コーナーから段々とペースアップしていくタイミングで頭を上げるところを見せてしまいました。先週のように単走であれば大丈夫なのですが、他馬がいると折り合いを欠く面を出してしまいますね。体調面に問題はないので来週の東京開催で出走させたいと思いますが、長い距離だと折り合いを欠いてしまう恐れがありますし、芝1800mを目標にしたいと考えています。また、特に追い切り後は右前の中筋と右トモの繋ぎに疲れが出やすいので、そのあたりはよくケアしながら調整していきたいと思います。鞍上は武藤雅騎手に依頼しています」(4/11近況)

助 手 7美坂良 56.8- 41.3- 26.2- 12.9 馬なり余力
草 野 11南W不 83.2- 67.3- 52.7- 38.0- 13.6 馬なり余力 ロジペルレスト(古1000万)末強目の内0.2秒追走0.6秒遅れ

Photo サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/ダートコースで軽めのキャンター

堀宣行調教師「先週こちらへ入厩させていただきました。到着当初は微熱が出て飼い葉食いも落ち気味だったのですが、すぐに平熱に下がり、その後は食欲もしっかりあって問題ありません。初めての場所ということもあって、最初は精神的に昂ってしまい変な汗をかくようなところがありましたが、それも時間の経過とともに段々と落ち着いてきています。この中間はゲート練習を中心に調教を進めており、入りや扉を閉めての駐立にも問題は見られません。発馬に関しては、まだどうしたら良いか分かっていないようなので練習が必要ですが、扶助を使えばスッとキャンターへ入っていけますし、大型馬ですが鈍い感じはそれほどありませんよ」(4/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定している3頭と入厩して数日が経ったの2歳馬1頭の近況をまとめて。

ヴィッセンは馬場の悪化を考慮して10日の追い切りはサラッとやった程度ですが、動き自体は軽快。状態も良さそうです。ただ、周囲に気を遣う面が見受けられ、走ることへの集中力が一息。レースではブリンカーを装着するので悪い影響は少ないと思いますが、来週の追い切りは終いだけでもビシッとやった方が良さそう。鞍上の予定が変わりましたが、松山Jは何度も騎乗経験があるので心配は要らないでしょう。

パラダイスリーフは10日にWコースで長目からビシッと。3頭併せで遅れてしまったようですが、時計は悪くありませんし、デビュー前と比べるとだいぶ動けるように。このひと追いでグッと良くなるでしょうから、良い仕上がりでレースへは臨めそう。あとは1勝している馬に混じってどこまで通用するか。川田Jが乗ってくれるのは楽しみです。

ジェラーニオは併せ馬だと周りの馬が気になって、頭を上げて折り合いを欠く素振り。乗り難しさは一筋縄ではいかなさそう。切れる脚は使えないも、レースでは後方でまずは折り合いに専念して末脚勝負に徹した方が良さそうな気がします。

育成時は若駒離れした落ち着きを見せていたサリオスですが、北海道からの長旅+トレセンという新たな環境に精神的な昂りを見せたり、体調を崩したりと不安な面を覗かせましたが、時間の経過と共にサリオスらしい姿が戻ってきています。また、第一関門のゲートに関しては、現状は可もなく不可もなくといった感じですが、学習能力の高い馬なので、日に日に上達していってくれるでしょう。

2019年4月 4日 (木)

シルクなお馬さん(牡馬・厩舎調整組)

Photo_3 インペリオアスール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日にCWコースで追い切り
・次走予定:福島4月14日・ダ1700m・若手(川又J)

渡辺師「4日にCWコースで追い切りました。レース1週前なのでしっかり負荷を掛けておきましたが、遅れをとったものの、自分からハミを取って走ろうとする姿勢が窺えました。まだ少し馬体に余裕があるので、この中間はプール調教を取りいれています。今回の追い切りで更に引き締まってくると思いますし、来週には態勢が整うと思いますよ。ジョッキーは引き続き川又騎手に依頼しています」(4/4近況)

助 手 31栗坂良 59.2- 41.3- 26.8- 13.2 馬なり余力 ヴァルディゼール(三オープン)馬なりと同入
調教師 4CW良 85.2- 68.8- 53.3- 39.3- 12.3 強目に追う ヴァルディゼール(三オープン)一杯の外1.0秒先行0.4秒遅れ

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:障害練習、4日にCWコースで追い切り
・次走予定:福島4月14日 障害未勝利・芝2750m(熊沢J)

担当助手「4日に障害練習を行った後にCWコースで追い切りました。太目だった馬体も徐々に引き締まり、以前にも増してしっかり動けるようになっています。障害練習では最後まで集中力を保ち、先週よりも飛越は安定していましたよ。熊沢騎手は今週でも出走できるぐらい仕上がってきていると言っていましたし、このまま変わりなければ来週の福島で復帰させたいと考えています」(4/4近況)

熊 沢 4CW良 83.1- 67.1- 52.6- 38.9- 12.3 馬なり余力

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に南Wコースで時計
・次走予定:第2回東京開催、もしくは第1回新潟開催

調教助手「3日に南Wコースで追い切りを行いました。帰厩後の初時計となりますし、単走で5ハロンから70-40くらいの時計を出しました。これくらいであれば変に頭を上げたりせず、ハミをちゃんと取って走れていましたね。今後、併せ馬を行った時や、もっと時計を詰めた時にも同じように走れるかが課題になってくるでしょう。まだ馬体には一回り余裕がある感じがしますが、肌艶は綺麗ですし体調面は良好ですね。まだ具体的な番組は決まっていませんが、ゆったりと走ることが出来そうな東京、もしくは直線平坦な新潟での出走を検討していきます」(4/4近況)

助 手 3南W良 69.7- 54.6- 39.7- 13.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の福島戦を予定しているインペリオアスールは厩舎の看板馬と言えるヴァルディゼールとの併せ馬を敢行。年下とはいえ脚力の違いで遅れてしまいましたが、この馬とすれば悪くない時計。来週のひと追いで力を出せる状態へ持っていける筈。前走は内枠で窮屈な競馬をさせられた分と時計の速い決着がマイナスに働きました。前々でスムーズに流れに乗ることが出来れば、前々走くらい走ってくれるでしょう。

ブライトクォーツは4日、熊沢Jを背にCWコースで追い切りを消化。障害練習の効果が出ているのかどうかはハッキリしませんが、この馬とすれば上々の動き。今週でも使えそうなほどです。スタミナとタフさは誇れるものがあるので、障害2戦目で飛越がどこまで進歩しているか。ガラッと変わってきていたら、障害馬としての未来は明るいのですが・・・。

ジェラーニオは3日の南Wコースで帰厩後の初時計をマーク。時計はそれほど強調できるものではありませんが、この馬なりに集中して走り切ることが出来たことは評価。あとはペースを速めた際、併せ馬で追い切りを行った際に、周りに左右されることなく集中して走ることが出来るかどうか。常識に掛かってくれば、未勝利を勝てる力はあると思うので、2戦目となる次走では初勝利へメドの立つ走りを見せてもらいたいです。

2019年3月29日 (金)

28日に美浦・大竹厩舎へ帰厩しています。☆ジェラーニオ

201903nf_1

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

・在厩場所:28日に美浦トレセンへ帰厩

大竹師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り進められていたようですし、28日にこちらへ戻させていただきました。具体的な番組については今後の調教の動きを見ながら決めていきたいと思いますが、精神面を考慮すると広いコースでノビノビと走らせた方が良いのかなと考えています」(3/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦の疲れが癒えた後は、キックバック対策など精神面の幼さの改善・解消に努めてきたジェラーニオ。その効果はジワジワ出てきていると思いますが、実戦経験を積んでいくことで学習能力が低目のジェラーニオでも慣れていってくれるでしょう。

乗り込み量に関しては淡々とこなしてきましたし、帰厩直前では週3回ハロン15秒を切る速いところも経験済。量・質ともに十分だと言えると思います。それ故、仕上げに関してはスムーズに行くと思いますが、精神面で追い込み過ぎないように注意して欲しいです。早ければ次の東京開催の開幕週に間に合うかな? 勿論、相手関係が多少なりとも恵まれる新潟へ連れていくのも有りです。

2019年3月24日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に進めることが出来ています。もう少し乗り込んでいった方が良化を図れるとは思いますが、この馬なりに悪くはありませんので、帰厩についても頭に入れながら進めていければと思います。馬体重は477キロです」(3/15近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やしています。全体的な負荷を強めましたが、疲れが出ることなく良い手応えで登坂しています。この調子で進めながら、帰厩の目処が立つように態勢作りに努めていきたいと思いますは477キロです」(3/22近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から予定通り坂路コースでの登坂回数を増やしています。まだ気持ち的にとぼけたようなところはありますが、競馬を一度使って少し良くなってきているようには感じます。このまま緩めずに乗り込んで、良化を図っていければと思います。馬体重は501キロです」(3/15近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだピリッとしてこなくて全体的に子供っぽいですが、前回もそのような感じでしたし、この馬なりには動けています。木村調教師とは東京1週目の新緑賞を目標に進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は500キロです」(3/22近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出してからは左前肢に張りが出ることもなく、状態は安定していることから、この中間から15-15の乗り込みをスタートしています。動きとしてはまだまだこれからですが、運動後も脚元の状態は変わりないので、登板回数を重ねていきながら良化を促して行きたいと考えています。ペースを上げても疲れを見せることはなく、飼い葉をよく食べていますよ。馬体重は500キロです」(3/15近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒まで脚を伸ばすようにしてからも、脚元の状態は変わりなく進めることが出来ています。動きも楽をした割にはしっかりしていますし、この調子で登坂回数を重ねていけば復帰の目途も立てられるようになるでしょう。馬体重は490キロです」(3/22近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒のキャンター2本

厩舎長「去勢手術をした後も体調は変わりなく、獣医師から調教を開始しても良いとのことでしたので、14日から坂路で乗り出しています。手術の影響もなく、坂路では元気いっぱい過ぎて抑えるのに苦労しているぐらいです。去勢の効果が表れるのはもう少し先になると思いますが、順調に調教がスタート出来ていますし、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきたいと思います。馬体重は547キロです」(3/15近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒のキャンター2本

厩舎長「乗り出した後も順調に調教が進められており、現在も1日置きにトレッドミルと坂路調教を行いハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。術後の状態も安定していますし、体調も崩すことなく元気よく過ごしています。すぐ調教を開始することが出来たことで、馬体は緩んでいませんし、これから徐々にペースを上げていきながら、帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は543キロです」(3/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは次走の話がまだ出てきませんが、この中間から週3回の登坂。負荷を高められても、クタッとすることなく対応できているのは何より。キックバックはだいぶ慣れてきたでしょうから、帰厩へ向けて状態を上げていってもらえればと思います。

パラダイスリーフはハードな攻めに耐えることが出来ているのは良いのですが、気性面の若さは相変わらず。将来性は高いと思いますが、1勝馬クラスに入って即通用出来るかとなると正直悩ましいです。

アマネセールはハロン15秒の調教へ負荷を高めていますが、左前脚は我慢が出来、動きも上々。帰厩となるともう少し本数を重ねる必要はありますが、良い感じでここまで進めることが出来ています。この良いリズムを維持してもらえれば。

去勢手術後のボンディマンシュですが、体調面は安定。トレッドミルを併用中ですが、普通キャンターで登坂することが出来ています。現時点で未出走の身なので、1日でも早くデビューできるように積極的に進めていきましょう。

2019年3月13日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から終いのペースをハロン13秒まで上げています。ペースアップ後もしっかりとした脚取りで走れていますし、今の感じであれば当初の予定通り中山開催での出走を視野に進めていけそうです。馬体重は502キロです」(3/8近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで調整しています。調教をこなすに連れて、徐々に動きの方は良化してきている印象ですね。まだ完全ではないものの、キックバックにも慣れてきている感じはしますから、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は487キロです」(3/8近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元に大きなダメージはなかったので、今週から坂路コースでの運動を開始しています。一度競馬を使ったものの、体は少し重いくらいの印象なので、坂路での乗り込みを増やしていければと思います。馬体重は500キロです」(3/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フロントラインは疲れを覗かせることなく、与えられたメニューを消化することができているのが何より。スピードは良いモノがあるので、1本調子の馬にならないように、追ってひと伸びできる溜めを利かせた走りを意識して日々の調教に取り組んで欲しいです。

ジェラーニオは根気よくキックバックに慣らしつつ、速い調教を重ねてきたことで、動きはじんわり良化といった感じ。キックバックを気にするところはまだあるも、この馬なりに我慢もできつつあるようです。まあ、実戦へ行って、どう変わってきてくれているかを見ないとダメですが。

パラダイスリーフは大きな疲れが出なかったことで、早速坂路での調教を開始。心身の幼さが残る現状ですが、本気を出した時の走りはポテンシャルの高さを窺わせました。今のところ体質の弱さは感じないので、コツコツ鍛えることでの上昇度は大きい筈。まずは走ることへの意欲を失わないように丁寧に接していってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Poetic Richesの17 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マイティースルーの17 マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ローブティサージュの17 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ