最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「フォーエバーローズ」の21件の投稿

2018年8月17日 (金)

ロードなお馬さん(2歳牝馬)

Photo_6 プレミアムギフト

8月15日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.7-39.2-25.2-12.5 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。2回新潟もしくは4回阪神を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「8月15日(水)は併せ馬で遅れたものの、これはパートナーが動き過ぎただけ。プレミアムギフト自身の内容にも、十分に及第点を与えられるでしょう。調教を積みながらボリュームを増している部分にも好感。良い感じで来ていると思います」

≪調教時計≫
18.08.15 助手 栗東坂良2回 54.7 39.2 25.2 12.5 一杯に追う

Photo_6 フォーエバーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「8月11日(土)に試しに跨った際のトモの緩さは昔と同じ。ただ、ゲート試験までの過程が精神的に苦しかったのか、馬場でキツそうな面を覗かせました。また、獣医師の触診時に右後脚の膝に若干反応が認められた為、並行してケアを施しましょう」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「8月11日(土)に5ハロンから15-15を消化。ポジティブなニュアンスで以前と動きは変わっておらず、成長曲線が緩やかな点を除いて気になる点も浮かびません。この先も久保田調教師と連絡を取り合い、秋の始動へ向けて本数を積みましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムギフトは大柄+トモに緩さが残る現状から坂路ではそう動けないと見ていますが、この馬なりに動き・時計で進歩を見せているのは好感。追ってからそれなりの脚は使えそうです。今週ビシッと追って更に良化を遂げると思うので、早ければ来週の新潟・芝1600mでデビューということもあるかも。本線は再来週の新潟・芝1800mかなとも思いますが。

フォーエバーローズは藤原英厩舎とすれば異例の速さでゲート試験に合格してくれましたが、千葉へ戻ってきた雰囲気を見るとちょっと急ぎ過ぎた気も。心身共にダメージを感じるのでまずはメンテナンスをきっちり行い、それから騎乗運動を始めて行って欲しいです。

マカリカは暑さに負けずに乗り込みを継続。ただ、成長曲線が緩やかということで目立って良くなってきた感じはないのかなと思います。秋の東京でのデビューを目指して引き続きマイペースで進めていって欲しいです。

2018年8月 8日 (水)

4日に千葉・ケイアイファームへ放牧に出ています。☆フォーエバーローズ

Photo フォーエバーローズ(牝・藤原英)父ロードカナロア 母ワンフォーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。8月4日(土)に栗東トレセンより移動しました。

○田代調教助手 「トモに力が備わり切らず、前輪駆動で走っている感じ。良化の余地が大きい印象です。無理を強いぬのがベター。育成場へ戻して成長を促しましょう。先週末に千葉のケイアイファームへ。移動後の様子に応じて、再入厩の時期を検討します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

数日間の様子を見て、デビュー戦へ向かうか否かを決めることになっていたフォーエバーローズですが、アッサリ4日に千葉・ケイアイファームへ移動しています。

大型馬でトモを中心に緩さが残る現状。精神的に強い母系ではないので、中途半端な状態でレースを使っても良いことはありません。賢明な判断だと思いますし、それなりに期待もしてくれているのかなと思います。

2018年8月 5日 (日)

JRAの競走馬登録完了。1日にゲート試験に挑戦し無事合格しました。☆フォーエバーローズ

Photo フォーエバーローズ(牝・藤原英)父ロードカナロア 母ワンフォーローズ

8月1日(水)良の栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。ゲートから13.8-14.7 馬なりに乗っています。結果は合格でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○田代調教助手 「着実に上達を遂げて8月1日(水)に試験をパス。幾らか怖がりな面は窺えるものの、学習能力は高そうですね。入厩から2週間での合格ならば上々。このままレースまで向かえるか否か・・・。数日間の様子を踏まえて判断したいと思います」

≪調教時計≫
18.08.01 助手 栗東E良 13.8 14.7 ゲートなり

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲートに関しては、大柄でトモに緩さを残す現状からじっくり取り組んでいく予定だったと思うのですが、着実な進歩が見られるということで1日にゲート試験に初挑戦。ゲートからの時計はそう強調できるものではありませんが、ひとまず普通には出てくれそうです。幾らか怖がりな面はこの母系ならではでしょう。

また、先月26日付でフォーエバーローズという競走馬名の登録が完了。晴れてJRAの一員となりました。今後については数日間の様子を踏まえ、デビューへ向かうのか一息入れるのかを決めることに。個人的には早く使う必要はないと思いますが、そこは精鋭ぞろいの藤原英厩舎にお任せします。

2018年7月29日 (日)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・入厩組)

Photo フォーエバーローズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○田代調教助手 「色々なコースへ入れて、慣れさせながら・・・と言った状況。ゲートへも向かっているものの、まだ始めたばかりの段階です。ひとまずは順調。大柄でトモを含めて緩さが残る印象だけに、ある程度じっくり取り組むのがベターかも知れません」

Photo プレミアムギフト

7月25日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に58.8-41.7-26.7-12.9 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒2先行して0秒2先着。短評は「坂路コースで入念」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「順当に回復を遂げており、軽く時計を出せるように。とは言え、急激なペースアップはリスクが大きいですからね。7月25日(水)は15-15程度。ラストだけ無理を強いずにスッと伸ばしています。悪くない感じ。徐々にピッチを上げましょう」

≪調教時計≫
18.07.25 助手 栗東坂良2回 58.8 41.7 26.7 12.9 馬なり余力 ダノンアモーレ(3歳未勝利)馬なりに0秒2先行0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーエバーローズはゲート練習を始めていますが、まずは新しい環境に慣らすことに重きを置いた調整。ひとまず無難に対応できているのは何より。ただ、馬体に幼さを残す現状なので、急がせると負担が大きそう。マイペースで当面は進めてもらえれば思います。

フレグモーネが良くなったプレミアムギフトは25日に時計をマーク。終いを少し伸ばした感じですが、それなりに素軽い動き。体力が伴ってくると、更に良い動きを見せてくれそうです。おそらくこのままデビューへ向けてピッチを上げていくと思います。

2018年7月24日 (火)

18日に栗東・藤原英厩舎へ入厩しています。☆フォーエバーローズ

Photo フォーエバーローズ(牝・藤原英)父ロードカナロア 母ワンフォーローズ

2018.07.18
7月18日(水)に栗東・藤原英昭厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○田代調教助手 「千葉の育成場へ移ってからも、調整は順調に運んでいた様子。そんな連絡を受けて7月18日(水)に厩舎へ連れて来ています。ある程度の状態は聞いているものの、実際に本馬に触れるのは初めて。特徴を探りながら、少しずつ進めましょう」

2018.07.17
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。7月18日(水)に栗東・藤原英昭厩舎へ入厩の予定です。

○当地スタッフ 「7月10日(火)に長目からハロン15秒のラップを刻んだところ、前回よりスムーズな脚捌き。確かな上達が認められました。ゲート試験を突破できるだけの体力を備える点を踏まえ、17日(火)の夜にトレセンへ出発。頑張ってくれると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体力的に途上な面が見受けられ、入厩はもう少し先かなと見ていたフォーエバーローズですが、調教の動き等を踏まえて18日に栗東へ。ひとまず輸送による疲れ・ダメージが見受けられないのは何よりです。

今後は新しい環境に慣らしながら、この厩舎らしく徐々にゲート練習を進めていくことになるでしょう。先に入厩したロードアブソルートはゲート試験合格後、デビューへ向けて進められなした(結局、喉頭蓋エントラップメントで放牧へ)が、フォーエバーローズはゲート試験合格後は一旦千葉へ戻されることになるのかなと見ています。

2018年7月13日 (金)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。7月5日(木)測定の馬体重は437キロ。

○当地スタッフ 「騎乗トレーニングをスタート。7月6日(金)と7日(土)は角馬場でハッキングを行ない、9日(月)に広いダートコースでハロン20秒ペースのキャンターを消化しました。以前の滞在時と比べても変わり無し。このまま進められそうな感触です」

Photo フォーエバーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。7月4日(水)測定の馬体重は508キロ。

○当地スタッフ 「7月3日(火)にペースアップ。広いダートで15-15を消化するのは初めてで、コーナリングがアンバランスだったのは慣れの問題が大きいと思います。引き続き、反動も生じていませんので、具合を探りながら同様のパターンを繰り返しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同期の中で暑さに参っている馬が多く見られる中、マカリカとフォーエバーローズは共に順調。ただ、これから更に暑さが増していく中で油断は出来ません。

マカリカはひとまず脚慣らし程度の調教を消化。この馬なりに馬体をフックラ見せているのは好感。1つ1つ段階を踏みながら、デビューへ向けての体力を備えていってもらいたいです。

フォーエバーローズは試しにダートで15-15を消化。コーナーリングに拙さを覗かせましたが、初めての環境に戸惑った面があったんだと思います。これから回数を重ねていけば問題ないでしょう。その後、疲れ・反動が出なかったのは何よりです。

2018年7月 8日 (日)

ロードなお馬さん(藤原英厩舎・牝馬)

Photo フォーエバーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○ウ当地スタッフ 「ここまでは順調に進行。北海道のスタッフから聞いていた通り、跨った際にトモの緩さが目立つのは確かです。でも、本馬の特徴の一つと考えられる面でもあるだけに、過度に気にしないように取り組む方針。現在は普通キャンターを交えています」

Photo シグナライズ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「左前脚の骨瘤は落ち着いた状態。ひとまずは同様のパターンを繰り返しているものの、今週中には次のステップへ進めようと思っています。仮に順調に運んだ場合でも、さすがに開催前半は難しいかも。札幌後半を見据えつつ行きたいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フォーエバーローズは体調を崩すことなく、千葉での乗り込みを開始。大型馬で晩成タイプですから緩さが残るのは仕方ないところ。その分だけでも伸びシロはあります。父・母系ともに暑い時季は苦手と思うので、日々の様子をしっかり窺い、クタッとする前に適切な対応をお願いします。

再放牧の要因となった骨瘤は徐々に落ち着いてきたシグナライズ。状態は問題なので、患部さえ固まってくれれば調教のピッチを上げていけると思います。ただ、油断してぶり返すと厄介なので、今しばらくはケア最優先で進めてもらえればと思います。

2018年6月29日 (金)

23日に千葉・ケイアイファームへ移動しています。☆フォーエバーローズ

Photo フォーエバーローズ(牝・藤原英)父ロードカナロア 母ワンフォーローズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。6月23日(土)に三石・ケイアイファームより移動しました。

○当地スタッフ 「6月後半も定期的に速いところを消化。飼い葉を食べている割に馬体重が減り始めた点を踏まえて餌を増やしても、ペロリと平らげていた部分に逞しさが感じられるように変わりました。当然ながら活躍を意識する血統。姉3頭に続いて欲しいです(三石・ケイアイファーム)」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

『準備が整っているようであれば可能な範囲で早目に厩舎へ』ということで、ロードアブソルート・アルテラローザは既に北海道を出発していますが、1番成長がゆっくりのフォーエバーローズも23日に千葉へ到着。移動後の様子は分かりませんが、ひとまず新しい環境に慣らしてもらい、輸送の疲れ・ダメージもしっかり回復してもらえればと思います。

その後、入厩へ向けての調整を本格化させることになりますが、北海道と本州では暑さが違い過ぎますし、フォーエバーローズが発する疲れの兆候を見逃さないようにお願いします。

2018年6月20日 (水)

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo_6 ロードラウレア

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は470キロ。

○当地スタッフ 「トレーニングに制限を加えたことで、徐々に回復へ向かっている模様。もうしばらくは同様のパターンを続け、本来のエネルギッシュな姿を取り戻しましょう。一夏を越えての成長が楽しみ。この先も素質を開花させられるように上手く育てたいです」

Photo_6 ロードアドミラル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は504キロ。

○当地スタッフ 「この馬なりに順調に運んでいる一方、しっかりするのはまだ先でしょう。焦らずに大事に進めることで、前後の連動性が更にスムーズに変わるはず。基本的には今のトレーニングを続け、疲れが出て来るようであれば小休止を挟もうと考えています」

Photo_6 フォーエバーローズ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は504キロ。

○当地スタッフ 「追い切りでも問題なく動けている状況。何かもう一つ変身を残していそうな雰囲気を持つとは言え、2歳6月時点で十分なトレーニングを積んで来ましたからね。検討の結果、新しい環境で更なる成長を促す方針に。順番を待って千葉の分場へ移します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新でクタっとした姿を覗かせたラウレアですが、早目に楽をさせたことが正解。不調の底は抜けたと思うのでじわじわ上向くように進めてもらえればと思います。

左前にソエを抱えているも、この中間も順調に来ているアドミラル。調教を重ねて馬体に締まりが出てきているのは好感。ラウレアよりは先に北海道を脱出すると思いますが、デビューは秋競馬になってくるのかなと思います。じっくり素質を磨いていってもらいたいです。

フォーエバーローズは近々千葉へ移動すると思いますが、ここまで強い負荷にもへこたれず、順調に来ているのが何より。それでいてまだ変身しそうというのは奥深さを感じます。活躍馬の姉よりも身のこなしが良く、スピードの絶対値が高そうな感じ。あとはこの母系を良く知っている藤原英厩舎にお任せするのみです。

2018年6月 3日 (日)

ロードなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo_6 フォーエバーローズ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「少し前に藤原調教師のチェックを受けた際に、準備が整っているようであれば可能な範囲で早目に厩舎へ・・・とのリクエスト。現在のメニューに対応できている一方、同期の預託予定馬3頭の中では最も成長が遅い印象。慎重に判断を行ないましょう」

Photo_6 プレミアムギフト

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ハロン13、14秒のペースを一定の割合で消化しています。この調教を取り入れた当初に比べるとトモのパワーアップが叶っており、最後まで余裕を持って頂上へ。昨秋のリニューアル工事で坂路の傾斜がキツくなった効果も得られていると思います」

Photo_6 ロードアドミラル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「昨秋に坂路コースをリニューアル。傾斜角度が最大8%を超える勾配になった為、2本に増やさなくても十分な負荷が掛かっていると思います。左前脚のソエは良い意味で安定。この先も日々の具合に応じて柔軟に調教メニューを組み立てたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

藤原英調教師の視察を受け、所属の2歳馬に動きが出てきましたが、成長が遅いフォーエバーローズはマイペースを貫いて欲しいところ。ただ、ゲート試験合格だけを目指すのなら、早い段階でトレセンという環境を経験させるのはありでしょう。まあ、あと1ヶ月ぐらい現状のペースで乗り込んだ後、再検討してもらえればと思います。

プレミアムギフトは休まず鍛えることが出来ているのが何より。この父の仔なのでテンションの高さは気になりますが、指摘されていないので許容範囲なんでしょう。まあ、煩い面が目立ってくれば、早目にリフレッシュ期間を設けてもらえれば思います。

ロードアドミラルは左前のソエが気になりますが、ひとまず我慢の利いた状態。柔軟に日々の調教メニューを組み立ててもらえればと思いますが、治療&入念なケアは怠ることなくお願いします。

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ