最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「フロントライン」の48件の投稿

2019年2月14日 (木)

道中は良いスピードを見せて軽快な逃げを披露するも、残り200m手前で勝ち馬に競り落とされると我慢し切れずに後退。人気を裏切る8着に終わるも、敗因は距離が長かっただけ。悲観する走りではなく次走での巻き返しに期待。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

日曜東京3R メイクデビュー東京 3歳新馬(ダ1600m)8着(1番人気) C.ルメールJ

スッと行き脚を付けて、道中は1馬身ほどのリードを保ってレースを先導、そのままの形で直線に向きますが、残り300mを切ったあたりで先頭を譲ると後退してしまい、中団で流れ込んでいます。

C.ルメール騎手「良いスタートを切れましたし、直線までは自分のリズムで進めることが出来ましたね。ただ、その割には直線で段々と疲れてきてしまいましたし、距離が長かったのだと思います」

小笠調教師「直線まで自分の形で進められたのに、最後はパタッと止まってしまったところを見ると、ルメール騎手の言う通り距離が長かったのだと思います。ただ、スタートを決められて、競馬の形としては悪くなかったですし、すぐにチャンスは回ってくるはずです。除外で予定が延びてしまいましたし、優先出走権も獲れませんでしたから、この後は一息入れる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

スピード1番。大柄でも軽快な走りで楽にハナに立つ。後続が競りかけてきても手応えに余裕が感じられたが、残り1ハロンでパッタリ。この止まり方を見ると、距離がひとつ長いかも。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/14日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

小笠師「先週は一番人気に応えることが出来ず、申し訳ありませんでした。レース後は脚元を含めて馬体に大きな問題は見られませんが、予定通りいったんノーザンファーム天栄へ移動させ、心身ともにリフレッシュさせたいと思います。具体的な番組は牧場での状態を見ながら検討しますが、次は距離を短縮する方向で考えています」(2/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

C.ルメール騎乗で1番人気になるのは分かっていたフロントライン。ただ、2倍を切るほどの支持を得てしまったのは正直ビックリ。パドックの映像を見ると、2度の除外で仕上がりは進んでいましたが、重心の低いコロンとした体型。さすがにマイルは長そうも、新馬戦なら能力で押し切れるかな?と見ていました。

懸念していた芝スタートでしたが、モタモタすることなくスッと先頭へ。ハナを奪うのは想定済。道中はやや力んでいた程度で自分のリズムで走れていたと思います。そして最後の直線は残り400mぐらいから追い出しを開始。すぐに外からミッキーセオリーが襲い掛かってきて2頭での激しいせめぎ合い。フロントラインは内から渋太く抵抗して差し返そうという場面もありましたが、残り200m手前で前へ出られると、そこでギブアップ。他馬の勢いに抵抗する脚は残っておらず8着まで沈んでしまいました。

終わってみれば、C.ルメールJの“直線で疲れた”のコメント通り、距離が長かったということ。レース内容にはそれなりに収穫はあったと思います。良いスピードは見せてくれました。ただ、当初のデビュー予定だったダ1400mでも気持ち長いのかなと思いました。スピードを存分に生かすならダ1200mがベストでしょうか。

レース後のフロントラインですが、現状気になるところは見当たらず。ただ、優先権を取ることが出来ませんでしたし、除外続きで内面に疲れが溜まっているかもしれません。ここで一息入れるのは正解でしょう。

今回のレースでフロントラインの適性は掴めたと思うので、今回の結果・内容を踏まえて2戦目できっちり変わってきてくれると信じています。

2019年2月10日 (日)

除外によって乗り込みが進んだことで今週の坂路追いが激変。スピードタイプなので距離克服が1つ鍵も、追い切りの動きを信頼すれば恥ずかしい競馬にはならない筈。☆フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

日曜東京3R メイクデビュー東京 3歳新馬(ダ1600m)5枠10番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで時計

小笠師「6日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。こちらは新馬ですが1000万クラスの馬を相手に先着して、全体で52秒を切るくらい優秀な時計が出ました。ここまで除外で2週延びてしまいましたが、むしろその分動きは良くなってきたと思います。体つきもシャープになってきてラインも綺麗に見えますよ。距離に関しては、1600mくらいまではこなしてくれそうですが、どちらかと言うと馬体的には短いところの方が合いそうですね。それでも持ち前のスピードを活かした競馬をしてくれれば初戦から良い結果が付いてきてくれると思います。鞍上は先週と同様にC.ルメール騎手で投票させていただきました」(2/7近況)

助 手 3美坂良 60.1- 45.4- 30.5- 14.7 馬なり余力
助 手 6美坂稍 51.9- 37.7- 24.8- 12.5 一杯に追う ペイシャエヴァー(古1000万)一杯に0.9秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京6日目(02月10日)
3R メイクデビュー東京 3歳新馬
サラ ダ1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ペイシャキュウ 牝3 51 山田敬士
1 2 シホノフォルテ 牡3 54 菊沢一樹
2 3 メイプルクリーク 牝3 54 三浦皇成
2 4 ジェイケイエース 牡3 56 内田博幸
3 5 ヒラボクソニック 牡3 56 村田一誠
3 6 レッドグラティアス 牡3 56 北村宏司
4 7 トレジャークエスト 牡3 56 大庭和弥
4 8 デルマモンマルトル 牝3 54 小野寺祐太
5 9 フィストバンプ 牡3 56 田中勝春
5 10 フロントライン 牡3 56 C.ルメール
6 11 レジーナスミス 牝3 54 杉原誠人
6 12 サンチルネッタ 牝3 54 伊藤工真
7 13 クワドラード 牡3 56 F.ミナリク
7 14 ペシュジェイド 牝3 52 野中悠太郎
8 15 アズールスカイ 牝3 54 津村明秀
8 16 ミッキーセオリー 牡3 56 大野拓弥

○小笠師 「除外で延びたことで乗り込みが進みました。スピードはあるので距離をこなせれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追加募集時の動画を見たとき、癖の強い歩様から故障するリスクの高さが真っ先に頭に浮かんできた1頭でしたが、その一方でダート馬らしいパワフルな馬体+出資する機会の少ない父産駒+気持ちが強そうな前向きな気性というセールスポイント。天秤にかけた時、長所を優先することにして出資を決めました。

育成時のフロントラインは初入厩するまでは頗る順調。2歳時に新馬→フェニックス賞を連勝したシングルアップよりも早く、この世代では1番乗りで美浦・小笠厩舎へとやってきました。

ただ、入厩してまもなくトモに疲れ。それが回復してきたと思ったら、今度はフレグモーネで左前脚が腫れてしまったりとトラブル続き。一旦、NF天栄へ放牧に出して立て直しを図ったのですが、騎乗運動を開始しようとした途端に左トモを跛行する有様。骨折等には至らなかったのは幸いも、歩様の違和感が和らいでくるのに2ヶ月ほど要しました。

その後、騎乗運動を開始してからは概ね順調に来て10月に再入厩。1週間ちょっとでゲート試験を突破してデビューへの道筋が見えてきたと思ったら、右前に骨瘤が出掛かっていること+休養が長引いた経緯から再度NF天栄へ。余裕のあった馬体の引き締め、体力強化による終いの粘りの強化に努めてきました。そして3度目の入厩で今日のデビューへと繋がることが出来ました。

今にして思えば、前向きな気性で仕上がり早というイメージで前のめりに進めてきましたが、それに対応する体力が根本的に備わっていませんでした。

年が明けてからの新馬ラッシュで2週連続で除外を食らっていたフロントライン。2回東京で唯一、今週だけダ1400mの番組が組まれていなかったのでどうするのかなと見ていたら、ダ1600mのここへスライドする形で進んできました。今週も除外の可能性はありましたが、3度目の正直で出走を決めはしましたが、本質的にスピードタイプだと思うので、微妙にこの距離は長いかも。そして芝からのスタートにも不安が残ります。

そんな中、除外で出走が延びた分、追い切りを積み重ねることが出来たことで仕上がりが進み、6日の坂路追いは激変。先週とは別馬かと疑う程の好時計を叩き出し、古馬を圧倒しています。これがフロントラインの能力の一端と見て良いのかな?

レースぶりに関しては、スッと行き脚が付けば小細工なしに逃げた方が良いのかなと思いますが、そこはC.ルメールJの手腕におまかせ。先々を見据えて乗れば、好位差しが理想なんでしょうが。距離適性から最後甘くなる可能性はありますが、まずは不利なくスムーズな競馬が出来ることを願っています。また、能力を出し切れば、恥ずかしい競馬にはならないと見ています。

2019年2月 1日 (金)

2日の東京・ダ1400mに出馬投票するも非当選。2週連続で除外になりました。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:30日に南Wコースで時計

小笠師「30日に南Wコースで小野寺騎手に手伝ってもらい、併せて追い切りを行いました。今週もチップが乾いて時計を要す馬場でしたが、全体で54秒くらいとまずまずの動きを見せてくれましたね。終いもバテることなく、前向きな走りで良かったのですが、欲を言えば、鞍上が促してからもう少しシュッと動けるようになって欲しいですね。2月2日の東京・ダ1400m戦にC.ルメール騎手で投票させていただきましたが、除外となってしまいましたので、来週以降での出走を目標にしたいと考えています」

小野寺騎手「30日の追い切りに乗せていただきました。今まで長めから追い切りをしていたことで体力が付いたのか、今日の半マイルからの追い切りはスピードを持続したまましっかり動けていました。相変わらず真面目で一生懸命走ってくれているのですが、時折前のめりになって走ろうとするところがありますので、そこは注意していった方が良いでしょう。それでも1週除外で延びたことで、動きはかなり良くなったと思います」(1/31近況)

助 手 27美坂良 59.4- 44.2- 29.1- 14.8 馬なり余力
小野寺 30南W良 54.1- 39.3- 13.0 一杯に追う トーセンクロノス(古500万)一杯の内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

除外の権利1つ持ちで2日の東京・ダ1400mの新馬戦に出馬投票したフロントラインでしたが、残念ながら出走が叶わず、2週連続で除外となってしまいました。折角、C.ルメールJを確保できていたのですが、運がなかったです。

ただ、除外で出走が延びた分、追い切りを重ねることができるので、動き自体はじわじわ上昇中。真面目かつ前向きな馬なのでイライラするような面は見せていません。

来週の新馬戦ですが、東京のダートは1600mしか組まれておらず。京都だと9日にダ1400mの新馬戦があるのでそちらへ向かうことも考えられます。また、1週待てば東京・ダ1400mの新馬戦があります。ただ、新馬戦を使うとなると3度目の除外の可能性も残っている様子。確実にデビューする為、そろそろ未勝利でデビューさせることも検討されるかもしれません。

まあ、ひと追い毎に動きが良くなっている現状なので、焦って使う必要はないのかなと思います。まずは最終週のダ1400mの新馬1本で調整を続けていって欲しいです。

2019年1月25日 (金)

26日の東京・ダ1400mへ出馬投票するも除外に。来週以降のデビューへ。☆フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:2月2日の東京・ダ1400m
・調教内容:23日に南Wコースで時計

小笠師「23日に南Wコースで小野寺騎手に手伝ってもらい、併せて追い切りを行いました。まだ体つきが立派な分、手応えは少し鈍ったものの、この馬なりには走れていましたね。また、全体時計で70秒くらいだったと思いますが、チップが深いところを走ってしっかりと負荷を掛けることが出来ましたので、重苦しさは感じませんね。今週の想定を見ると頭数がかなり多かったですし、調教での動きや除外の権利を得ることも含めて総合的に判断して、26日の東京・ダ1400m戦に石川裕騎手で投票させていただきました。その結果、除外となってしまいましたので、来週の東京・ダ1400mでの出走を目標にしたいと考えています」

小野寺騎手「23日の追い切りに乗せていただきました。チップが重かったことで時計的には70-40くらいだったと思うのですが、少し脚を取られるところがありましたね。それでも先週乗せていただいた時よりも動きは良くなっていますから、状態は徐々に上向いています。また、道中フワフワするところを見せず、前にいる馬をしっかり追いかけようとしていますので、そこは良い意味で新馬っぽくなく、この馬の長所だと思います。ただ、前脚と後脚の連動がなかなか取れず、手先だけで走ろうとすることがありますので、もうひと追いあった方が良いでしょう」(1/24近況)

助 手 20美坂良 59.1- 43.9- 28.8- 14.4 馬なり余力
小野寺 23南W良 70.5- 55.0- 40.2- 14.3 一杯に追う ヨンク(三未勝)馬なりの内0.4秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関東では新馬戦の出馬投票が殺到中。除外の権利がなければ、抽選の5頭枠に賭けるしかなく、実際はほぼほぼ出走するのが難しい状況です。フロントラインはそういう状況を見越し、追い不足の中で今週末のダ1400mへ出馬投票。今回無事に除外の権利を1つ獲得することが出来ました。

23日の追い切りは70-40の内容で終いを伸ばす予定だったみたいですが、チップに脚を取られるしまい、ラスト1ハロン14秒3。走ることに気持ちが向いていても、体がついてきていない感じ。まだ馬体に余裕がある分、追ってから案外過ぎるのでしょう。まあ、今回ビシッと1本やったことで幾らかでも素軽くなるでしょうし、今週末と来週の追い切り2本で更に良化は進んでくれる筈。良い雰囲気で4日の東京・ダ1400mへ臨めればと思います。

ただ、このレースで除外になったフロントラインを含む25頭の大半は次週の同条件の新馬戦へ出馬投票する筈。除外の権利1つでは再度除外になる可能性を秘めています。

2019年1月18日 (金)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都1月26日・梅花賞(川田J)

斉藤崇師「17日にCWコースで追い切りました。柴山騎手に調教を手伝ってもらいましたが、全体の時計・ラスト1ハロンともにしっかり時計が出せましたし、1週前としては良い負荷を掛けることが出来ました。手応えの割には、スッと動けないところがありましたが、スピードが乗るとしっかり加速していたので、先週の追い切りより動きは良くなってきていますよ。来週は時間の都合が付けば川田騎手に感触を確かめてもらう予定になっています」(1/17近況)

助 手 13CW良 88.7- 72.1- 56.7- 41.4- 12.4 馬なり余力
柴 山 17CW良 81.7- 67.4- 52.5- 39.1- 12.4 一杯に追う リュヌルージュ(古1000万)強目の内2.5秒追走同入

Photo_3 フロントライン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計
・次走予定:1月26日の東京・ダ1400m

小笠師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。500万クラスの馬の内に併せて、最後は馬体を並べる形で終えています。動きそのものは悪くなかったのですが、体はまだ500キロ近くあって少し立派に映りますから、もう少し絞っていきたいところですね。でも跨ってもらった小野寺騎手の感触では走りにはまだ余裕があったということですし、動けないわけではないですから、予定通り来週から投票させていただきたいと考えています。ジョッキーに関しては現在調整中です」(1/17近況)

助 手 13美坂良 59.7- 44.5- 30.1- 15.1 馬なり余力
小野寺 17南W良 70.6- 55.3- 40.7- 13.6 馬なり余力 ナスノカンザン(古500万)一杯の内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

17日にレース1週前追い切りを消化したアマネセール。柴山Jを背に意欲的な併せ馬で追走併入と上々の動きを披露。追い切り毎に着実に良くなっているのは逞しいです。ただ、今の京都開催は非常にタフな馬場。どちらかというと軽い走りをする馬なので正直合わないと思いますし、2400mでスタミナが必要となります。活躍を期待する1頭ですが、悪い面が重なると惨敗のシーンもあるかもしれません。

フロントラインは来週のデビューを予定していますが、関東は新馬がかなり混み合ってるので、普通に行けば除外になると思います。これまでの調整過程はそれを見越している様子。時計は徐々に詰まってきていますが、馬体に余裕があり、ビシッと攻めてはいません。実戦で力を発揮してくれることを期待していますが、今のところは使いつつ良くなってくるのかなあという印象です。

2019年1月10日 (木)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都1月26日・梅花賞(川田J)

斉藤崇師「9日にCWコースで追い切りました。帰厩後長めに時計を出すのは今回が初めてでしたので、馬なりでサッと時計を出す程度に抑えましたが、最初にしては軽快な動きでしたよ。調教を開始した当初は、トレセンの重いウッドチップに苦しがって、前だけで走ろうとしていましたが、すぐ慣れてバランスの取れた走りになってきました。デビューした頃と比較すると、垢抜けて一皮むけたなと思わせる馬体に成長してくれましたね。予定しているレースに向けて進めて行けそうなので、徐々にピッチを上げていきたいと思います。ジョッキーは川田騎手に依頼しました」(1/10近況)

助 手 9CW稍 88.1- 71.9- 56.5- 42.2- 13.1 馬なり余力

Photo_3 フロントライン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:1月26日の東京・ダ1400m

小笠師「10日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はフロントラインが追走していき、最後は少し強めに追って同入する形で終えています。まだ乗り込んでいく必要はありますが、馬体が大柄な割には動きにモタモタしたところはそれほど見られず、前向きに走れているのは良い点ですね。この調子でデビューに向けて態勢を整えていきたいと思います」(1/10近況)

助 手 10美坂良 56.1- 40.5- 26.1- 12.7 末強目追う ヴァガルーナ(三未勝)強目を0.1秒追走同入 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4日に栗東へ戻ってきたアマネセールは9日にCWで帰厩後の初時計をマーク。サッと流した程度ですが、軽やかな動きを見せて順調に来ています。また、次走の鞍上ですが、引き続き川又Jが乗ってくれるのかなと見ていたら、川田Jを新たなパートナーとして迎え入れることに。1勝馬クラスでも末脚は通用すると思うので、アマエセールの良さをしっかり引き出してもらいたいです。

フロントラインはまだ余裕を持たせて調整中ですが、じわじわ良化中。前向きな気持ちがあるのは大歓迎。あとはひと追い毎に動きに素軽さが出てきてくれれば。まあ、ここまでは順調と言えるでしょう。

2019年1月 6日 (日)

シルクなお馬さん(3歳関東牡馬・入厩組)

Photo_3 フロントライン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計
・次走予定:1月26日の東京・ダ1400m

小笠師「こちらに帰厩させていただいた後は、昨年末に坂路コースで15-15くらいのところでサッと脚を伸ばしましたが特に問題はなかったので、4日に南Wコースで追い切りを行いました。半マイルから55-40程度とそれほど強いものではなかったですが、動きとしては最後まで馬なりのままで走れていて悪くなかったと思いますよ。デビュー戦については、東京1週目にダ1400mの番組が組まれているので、そこから投票できるように態勢を整えていければと考えています」(1/4近況)

助 手 12/31美坂良 56.8- 42.1- 28.2- 14.1 馬なり余力 トーセンダイキリ(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 4南W良 55.7- 40.3- 13.8 馬なり余力 ヴァガルーナ(三未勝)馬なりの内同入

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に南Wコースで時計
・次走予定:1月13日の京都・芝2000m(F.ミナリクJ)

大竹師「3日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はジェラーニオが追走していき、直線で内に入れて追い出しましたが遅れてしまいました。直線で思ったよりも伸びなかったのでどうしたのかと思ったのですが、騎乗した助手によるとどうやら道中でチップを被ったのを嫌がって頭を上げてしまい、フットワークがまとまらず動き切れなかったようです。背中の感触は良いですし、トモも甘さが残る割にはそこそこ動けていて感触は悪くないだけに、もっと走る方に気持ちを乗せていけるよう、馬具を工夫する等しながら調教していきたいと考えています。トモのことを考えると、急坂のある中山競馬場よりは直線平坦な京都競馬場の方が良いでしょうから、今のところ来週の京都・芝2000mを目標にしたいと考えています。鞍上は短期免許で来日しているミナリク騎手に依頼しています」(1/4近況)

助 手 12/31美坂良 57.6- 42.7- 27.6- 13.3 馬なり余力
助 手 3南W良 68.2- 53.3- 38.8- 13.8 強目に追う ロジシルキー(三未勝)馬なりの内0.4秒追走0.8秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末(12/27)に美浦へ戻ってきたフロントライン。徐々に負荷を高めながら追い切りを2本消化し、マズマズの動きを見せています。デビュー戦に関しては26日のダ1400mを予定。ただ、関東はデビュー予定の馬が詰まっているようなので、1・2度除外にならないと出走できないかもしれません。

良い感じに動けていると見ていたジェラーニオですが、3日の追い切りはチグハグな動き。チップを被ったのを嫌がって、頭を上げたりと走りのバランスを欠いた様子。そうなると、気難しい面を出してしまうのでしょう。人懐っこい馬ではないので気持ちが悪いほうへと進んでいかないようにフォローしていく必要があるでしょう。デビュー戦に関しては来週の京都・芝2000mを予定。鞍上は短期免許で来日中のF.ミナリク。もう少し本数を重ねた方がベターかなと思いますが、GOサインが出たからには前向きに応援したいと思います。

2018年12月30日 (日)

27日に美浦・小笠厩舎へ戻っています。☆フロントライン

Photo フロントライン

⇒⇒27日に美浦トレセンへ帰厩しています。(27日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年末ということで、帰厩についての詳細・コメントはありませんが、フロントラインは27日に美浦・小笠厩舎へ帰厩。来月1月26日から始まる1回東京開催中のデビューを目指すことになっています。

具体的な番組は未定ですが、ダ1400mまたはダ1600mの新馬戦は週1鞍は組まれているので、仕上がり具合&鞍上の都合で柔軟に考えていってもらえればと思います。

2018年12月25日 (火)

シルクなお馬さん(2歳関東牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調教を消化しています。まだ乗り込んでいく必要はありますが、ここまで良い感じでステップアップ出来ていると思います。休まず乗り込んでいますが、脚元を含めて疲れは見られず、飼い葉もしっかりと食べています。馬体重は500キロです」(12/21近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:2019年第1回東京開催
・調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回ハロン13秒まで脚を伸ばし、さらに負荷を強めています。体力的にはこれからかなといった印象ですが、走りそのものは前向きで良いですよ。小笠調教師とは来週帰厩させる方向で打ち合わせています。馬体重は506キロです」(12/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは引き続き負荷をしっかり掛けることが出来ていますが、まだモタモタする面がある様子。それだけ心身に成長の余地があるのでしょう。焦りは禁物ですが、攻めの調教を引き続きお願いします。

フロントラインは近々帰厩の予定。終いの踏ん張りなど物足りなさはありますが、走ることには前向き。使いつつしっかりさせていく方が良いのかもしれません。距離はやはり短いところが良さそうです。

2018年12月18日 (火)

デビュー戦は年明けの東京開催をひとまず予定しています。☆フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:2019年第1回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週も同様のメニューで調教を行っています。本数を積むに連れて、ハロン13秒ペースでも段々と動けるようにはなってきている印象です。大まかではありますが、今のところ年明けの東京開催を目標に進めていく予定となっています。馬体重は506キロです」(12/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調に攻めを強化できているフロントライン。本数を重ねることで最後までだいぶ粘れるようになってきました。馬体も徐々に絞れてきて良い感じです。あとはオーバーワークにならないように日々の状態を気に掛けながら乗り込みを継続していってもらえればと思います。

また、具体的な番組は未定も、年明けの東京開催でのデビューをひとまず予定。個人的には1600mぐらいまで対応して欲しいと思っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エルスネル | エレンボーゲン | オーサムゲイル | クァンタムリープ | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サリオス | シグナライズ | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | ハーツクリスタル | パラダイスリーフ | パーフェクトルール | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ベルラガッツォ | ボンディマンシュ | ポレンティア | マカリカ | ミスビアンカ | モンドインテロ | リミットブレイク | ルコントブルー | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴァンタブラック | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フォーエバーローズ | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)リゾネーター | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ロードヴォラーレ | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ