最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「フロントライン」の22件の投稿

2018年8月 4日 (土)

ようやく左トモの違和感が快方へ。後戻りすることは避けないといけないので、もう少しの間、我慢の調整を続けて欲しい。☆フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

担当者「この中間はトレッドミルにてキャンターを行っています。左トモの歩様がようやく良化してきました。時間を掛けて歩様の良化を待ったことで、精神的に余裕が感じられます。負荷を掛けた調教を行っているわけでは無いですから、体は馬体重の通り緩んできていますね。それでも、これからペースを上げて運動量も増やしていけば自然と体は引き締まってくるでしょう。順調に回復してくれば8月から乗り運動を再開出来ると思いますが、ここまでと同様、状態を見て進めていきます。馬体重は502キロです」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左トモの違和感がなかなか解消できないでいたフロントラインでしたが、ようやくここに来て歩様が良化。また、苦しいところが薄らいで精神的に余裕も出てきた様子です。

ただ、馬体重が500キロを超えるところまで増えてしまっていますし、今しばらくは慎重を期して進めていかないとダメでしょう。後戻りしてしまうことは絶対避けてもらわないと。まずはトレッドミルでの運動の負荷を高めていき、騎乗運動再開の時期を探っていってもらえればと思います。

2018年7月20日 (金)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「ハロン14秒を始めてからも、順調に乗り込めていましたので、この中間は坂路調教の回数を更に増やしています。調教では集中力が増してきて、最後までしっかりとした脚取りで登坂することができています。運動量を増やしても馬体が減るどころか、ますますボリュームアップしており、だいぶ実が入ってきたことが実感できます。疲れが出るようなら適度に休みを入れようと思っていますが、今のところ状態は安定していますし、夏中には移動できるように調整を進めていきます。馬体重は496キロです」(7/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでダク

担当者「その後も軽めの調整で様子を見てきましたが、依然として左トモの歩様の違和感が抜け切らない状況ですので、この中間はトレッドミルのペースをダクに落としています。歩様が良化しない限りは乗り運動を再開するのも難しいので、今後も軽めのメニューで体調維持に努めながら回復を促していきたいと思います。体調面には問題なく飼い葉は食べてくれていますが、運動量が多くない分、少しずつ馬体重が増えてきている状況ですので、気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は492キロです」(7/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週4回坂路で速いところを乗っていますが、クタッとすることなく対応。以前はチャカチャカして幼い面が目立ちましたが、この馬なりに集中力が出てきました。また、しっかりカイバを食べてくれているので馬体が増えてきているのも好感です。全兄は屈腱炎でリタイアしてしまいましたが、その分まで弟のパラダイスリーフに期待を託したいです。

フロントラインは軽めの調整に終始していますが、左トモの歩様の違和感は相変わらず。再度、獣医師の診断を受けた方が良いとは思うのですが…。暑さが応えている面があるのかな? 何とか早く歩様が改善できるように色々手を尽くしてもらいたいです。

2018年7月 7日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「この中間も一日置きに週3回の坂路調教を継続しており、前回からペースを上げてハロン15秒をベースに週1回はハロン14秒まで伸ばしています。ペースを上げても最後までまずまずの手応えで登坂していますし、負荷を強めてからも飼い食いが落ちることなく耐えてくれていることからも、徐々に体力が備わっていることがわかります。今後もこれぐらいのメニューで、しっかりと乗り込みを続けていきます。馬体重は485キロです」(7/2近況)

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

担当者「引き続きトレッドミルでのキャンターを行っています。この中間には状態確認のために周回コースで軽めに騎乗してみたのですが、元気いっぱいだったので乗っている分には気になりませんでした。ただ、通常時には左トモの歩様が依然として良くない状況が続いているので、歩様の違和感が抜けるまではこのまま様子を見ながら進めていきたいと考えています。飼い葉はしっかりと食べており、体調面に問題はありません。馬体重は481キロです」(7/2近況)

Photo ジェラーニオ(牡・大竹)父ブラックタイド 母アンプレヴー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は1週間ほどトレッドミルでのキャンターに止めてリフレッシュを取り入れ、再び坂路での乗り込みをスタートしています。ハロン14秒ペースでもだいぶ楽に動けるようになってきました。トモの緩さは相変わらず残っていますが、それでもこの馬なりにしっかりしてきているように思います。引き続き毛艶は良好で、ボディコンディションに問題は見られません。この調子で乗り進めていければ移動の目途も立ってくるでしょうから、引き続き精力的に乗り込んでいきたいと思います。馬体重は464キロです」(7/2近況)

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、周回コースで軽めのキャンター1600m

担当者「乗り込みを続けていくとトモに疲れが出易い為に適度に休みを挟みながら調教を行っています。ただ以前よりだいぶしっかりしたところが出てきているので、今は焦らず時間を掛けて乗り込んでいきながら馬体を良くしていきたいと思います。現在は他の馬と一緒に併せて調教を行っていますが、最初は気にして集中力を欠いていたものの、徐々に慣れて今では気にせず走っています。今の調教メニューで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は521キロです」(7/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは更に調教の内容を充実させていますが、無難に対応。これから本数を重ねていけば動きに余裕が出てくるでしょうし、力強さも増してくれる筈。力をつけてきている段階ですから、継続して乗り進めることで心身の成長を図っていって欲しいです。

フロントラインは引き続きトレッドミルでの調整。状態は良くなってきていますが、左トモの歩様に違和感がまだ残っている様子。ここで焦っても仕方ないので、現状のメニューをこなしながら、不安の緩和・解消を待つしかありません。

ジェラーニオは定期的にリフレッシュを挟むのがちょっと気になるところですが、ハロン14秒のペースでも楽に動けるようになってきているとのこと。着実に力は付けていると思うので、今月中の移動を目指して更に鍛えてもらえればと思います。

ボンディマンシュは馬体を持て余し気味ですし、トモがパンとしていない状況。全体的にまだまだ芯が入ってきていません。他馬を気にする面が徐々に緩和されてきているのは○。移動までまだまだ時間を要しそうですが、1つ1つ課題を克服できるように進めていって欲しいです。

2018年6月18日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整 

担当者「この中間もメニューは変わらず調教を行っています。以前よりも体がしっかりしてきて芯が入ってきたように思えます。登坂している時もトモの力強さを感じますし、上がってくる時の手応えも良くなってきました。課題であった調教前のイレ込みは改善してきて、調教中も集中力を保っています。体重も増えてコンディションも悪くないですので、更にペース上げて7月入厩を目標に進めて参ります。馬体重は484キロです」(6/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回トレッドミル、週3回ウォーキングマシン

担当者「6月2日に早来に入場しました。左トモの状態ですが、やはりまだ本調子とは言えませんね。天栄でもトレッドミルでの調整を続けていたということなので、こちらでも継続してトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。馬の覇気や気配からも疲れを感じますので、ここはしっかりとリフレッシュした方が良いと考えています。今後もトレッドミルでの運動を中心に行いながら、まずは疲れをとることに専念していくつもりです。馬体重は481キロです」(6/15近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉8月11日・フェニックス賞
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン18秒のキャンター2本

厩舎長「先週一杯は軽めの調整でレースの疲れを取りました。今週初めに跨って状態を確認したところ、特に背中の状態も悪くありませんし活気もあることから、現在は坂路で乗り出しています。口の硬さがあって乗りづらいところがあるので、この休養期間に改善できるように努めていきたいと思います。最初のうちは能力だけでも結果が伴いますが、いずれ苦労する時期がくると思うので、そのようなことがないように今のうちにじっくり乗り込みながらハミ受けを直していきます。馬体重は531キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

心身に幼い面が残っているパラダイスリーフですが、徐々に馬体がしっかりしてきたことで精神面でもゆとりが出てきた様子。ガラッと変わってきそうな雰囲気があるのはさすが血統馬です。攻めを強化しつつも、心身の成長を促すことを忘れずにお願いします。

フロントラインはNF早来から再出発。左トモの状態は一息みたいですし、馬自身が疲れている様子。まずはしっかり休ませることが1番です。骨折休養からの立ち上げみたいに慎重に進めてもらえればと思います。

デビュー戦を快勝し、NFしがらきで充電中のシングルアップ。早速坂路で乗り出しているように元気一杯です。ハミを換えて臨んだデビュー戦は問題なかったですが、トモの緩さもあってコーナーリングに課題を残しています。その要因としてハミ受けの拙さもあるようなので、変な癖をつけない意味でも基礎を叩き直して操縦性を高めてもらえればと思います。

2018年6月 1日 (金)

シルクなお馬さん(2歳・NF天栄組)

Photo ロジャーズクライ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:7月1日の福島・芝1800m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に坂路調教を継続しています。この時期の2歳馬としては水準以上の動きを見せていますし、心配された気性面も今のところ悪い方に向いていません。近日中に帰厩する予定と聞いていますが、初戦から好勝負できると思いますよ。馬体重は483キロです」(6/1近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・NF天栄/2日に北海道・NF早来へ移動予定
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「その後もトレッドミルの運動を続けています。左トモの歩様はある程度までは良化が見られたのですが、ケアを続けても思ったほど良くなってきません。ここは少し時間をかけて立て直す必要がありそうですので、ノーザンファーム早来へ戻すことになりました。馬体重は477キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロジャズクライはデビューまで1ヶ月。順調に坂路での乗り込みを継続していますし、気の悪い面も見せていません。良い雰囲気で厩舎へ戻ることが出来そうなのは何よりです。あとは厩舎で追い切りを重ねていった際も我慢が利くかどうか。集中して走れれば、結果は付いてきそうですが…。

フロントラインは左トモの状態が一息。じっくり立て直す必要があるとのことで2日にNF早来へ戻ることになってしまいました。1つ歯車が狂ってから悪い方へ悪い方へ進んでしまっています。この感じだと年内デビューも黄色信号ですが、トモの治療と併行して心身の成長をこの機会にしっかり促していくしかありません。

2018年5月29日 (火)

乗り運動を進めていこうとした矢先、今度は左トモを跛行するアクシデント発生。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週から坂路調教を開始していましたが、先週末に左トモを跛行してしまいましたので、ウォーキングマシンの運動に落しました。歩様には少しずつ良化が見られるので、今はトレッドミルで軽めのキャンターの運動を行っています。上の方の筋肉疲労だと思われますので、治療を続けていきます。馬体重は467キロです」(5/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

放牧の原因となったフレグモーネの症状は回復していたので、騎乗運動を進めていたフロントライン。6月中にゲート試験に挑戦できるように進めていこうとした矢先にですが、左トモを跛行するアクシデントが発生してしまいました。

幸い、骨折等の怪我には至りませんでしたが、脚元には疲れが蓄積していると思うので、早期デビューは白紙に戻し、1から立て直すべきでしょう。ここ最近の負の連鎖はここでしっかり決着をつけてもらわないといけません。

2018年5月22日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・本州組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神6月3日・メイクデビュー阪神(芝1400m)・松山J

寺島師「16日に坂路で追い切りました。先行し、ラスト1ハロンで併せにかかる予定でしたが、後ろの馬が来るのが少し早くなってしまったので、気負ってムキにならないか心配しましたが、この馬なりに我慢してくれました。追い出してからの反応も良かったですし、こちらが思っていたより抑えが利いていました。来週は周回コースで実戦形式の形で追い切ってみようと思います。馬体はまだ2歳馬らしく幼さが残りますが、走り出せばかなりいい動きをしてくれるので、今からデビュー戦が楽しみです。ジョッキーは松山弘平騎手にお願いしています」(5/16近況)

助 手 13栗坂良 57.4- 41.8- 27.2- 12.9 馬なり余力
助 手 16栗坂良 54.0- 39.4- 25.6- 12.8 強目に追う スフィーダエース(三未勝)一杯を1.1秒先行0.5秒先着
調教師 18栗E良  13.7- 14.4 ゲートなり
助 手 18栗坂良 59.9- 44.6- 30.3- 15.6 馬なり余力
助 手 20栗坂良 60.0- 44.3- 28.7- 14.4 馬なり余力

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「フレグモーネに関してはトレセンでしっかり治療をしてから移動してきたようで、入場時には特に気になりませんでした。すぐに乗り運動を開始し、今週から坂路調教も行っています。ただ毛艶が一息なのは体調を崩していた名残りなのでしょう。その辺りの様子を見ながら進めていきたいと思いますが、6月中にはゲート試験を受けられるように送り出したいと思っています」(5/18近況)

Photo ロジャーズクライ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースを上げ、ハロン14秒ペースで週3回登坂しています。ペースを上げても余裕の手応えで駆け上がっており、良い動きを見せています。本質的には良いものを持っていると思いますが、我の強さは相変わらずで、気性面には十分に注意しながら進めていきます。国枝調教師と打ち合わせ、福島デビューを目指すことになりました。馬体重は478キロです」(5/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週末に日本ダービーがあり、それが終わると次週から2歳戦がスタートする訳ですが、その開幕週にいきなり登場することになっているシングルアップ。先週あたりからデビューへ向けて、負荷を高めていますが、ビシッとやれば速い時計が出そうな雰囲気はあります。また、未定だったデビュー戦の鞍上が松山Jに決定。G1・安田記念の裏開催なので、残っている騎手から選ぶとなると、妥当なところかもしれません。

フロントラインはNF天栄へ移動後、すぐに乗り運動を開始。動きに気になる点はないようですが、フレグモーネによって体温上昇があったので内面は弱っているところがあるかもしれません。まずはコツコツ乗り進めて下地を整える必要があります。

ロジャーズクライは週3回速いところを乗る意欲的な調整。それに対してサラッと対応できているように身体能力の高さは中々のモノがありそう。課題はやはり1つ間違うと切れちゃいそうな気性。また、デビューは福島開催を予定していますが、競馬ブックの情報では7月1日の福島・芝1800mみたいです。

2018年5月13日 (日)

フレグモーネの症状は良化も、NF天栄へ移して1から立て直すことに。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:美浦トレセン/12日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

小笠師「その後は左前脚のフレグモーネは治まりましたし、その点に関してはもう心配はいりませんが、調教のペースを落としていたため馬体が緩んでしまっています。ここからまたやり直していくとなると時間が掛かってしまいますし、いったん放牧に出して心身ともにリセットしてから進めていく方が馬への負担も軽く済むと思います。出来ればゲート試験に合格してから放牧に出させていただきたかったところですが、外見に比べてまだ中身が成長していないのでしょうし、ここは焦らず馬の状態に合わせて進めさせていただきたいと思います」(5/10近況)

⇒⇒12日(土)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(12日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

発症したフレグモーネが徐々に良くなっていたフロントライン。今はもう心配いりません。また、今後について状態を観察してきた訳ですが、調教を緩めたことですぐに進めていける状態ではないとのこと。ここで無理する必要はないですし、NF天栄へ移して1から立て直すことは妥当な判断でしょう。12日にNF天栄へ到着しています。

まずは入厩して進めてきた疲れを取り除くことが大事。しっかりリフレッシュを図ってから再始動をお願いします。鍛え直す良い機会が与えられたと思い、コツコツ乗り進めていって欲しいです。

2018年5月 9日 (水)

JRAの競走馬登録完了。左前脚にフレグモーネの症状が出てしまいました。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:曳き運動

小笠師「その後はトモの状態は回復に向かっていたのですが、週明けに今度はフレグモーネで左前脚が腫れてしまいました。体温が上がる前に投薬治療を行ったので、一日だけ体温が上がっただけで治まりましたし、元気はあります。腫れはまだ残っていますが、それも膝下から徐々に下がってきていて、3日から曳き運動を行っています。育成時は順調に来ていたようですが、入厩後の経緯を見ていると、まだこちらで進めていけるだけの体力が付いていないのかもしれません。症状が治まってから、ゲート試験まで進めるか、それともすぐに放牧に出すか判断させていただきます」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロジャーズクライ、シングルアップと同じタイミングでJRAの競走馬登録が完了したフロントライン。僚馬2頭がゲート試験という第1関門を突破していった中、同期で1番最初に厩舎へと辿り着いたフロントラインは足踏み状態が続きます。

前回の更新でトモに疲れが出て為、軽めの調整へ切り替えられいたのですが、週明けに左前脚にフレグモーネの症状。早目に投薬治療を行ったので、体温の上昇は1日で食い止めることが出来たとのこと。3日から厩舎回りでの曳き運動を開始しています。

今後についてはすぐ放牧に出してリフレッシュさせるのか、とりあえずゲート試験合格まで進めて見るのかを症状が治まってから改めて検討するとのこと。個人的には1度ゲート試験を受けてみて、不合格の場合はリフレッシュ放牧を挟んでから再挑戦という形で良いのかなと考えています。

2018年5月 2日 (水)

トモに疲れが出たので、軽めのメニューで様子を窺っています。★フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

小笠師「先週の金曜にゲート練習を行ったところ、まずまず出てくれたのでこれなら近々ゲート試験を受けられると考えていたのですが、その後トモに疲れが出てきてしまいましたので、現在はそちらのケアを優先したメニューに切り替えています。先週に比べると段々と良化傾向にはあるものの、トモの回復具合を見ながらゲート試験の予定を組んでいきたいと思います。普段は馬房の中でも大人しくしていますし、ここまで特段手が掛からず扱いやすい印象ですね」(4/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シルク・ロードの出資済2歳馬で1番最初に入厩したフロントライン。その後も順調に来て、そろそろゲート試験に挑戦という段階だったのですが、ゲート練習を重ねてきたことによるトモの疲れが判明。

幸い、大事には至っていませんが、仕上がり早な1面があっても、中身は弱さを残す現状。焦る必要はないので、回復が遅れそうなら、放牧に出して立て直すことを検討してもらいたいです。

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ