出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「フロントライン」の61件の投稿

2019年5月19日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいますが、最後まで脚取りはしっかりしており動きは安定していますね。飼い葉を食べて体調的にも悪いところは見られませんし、このまま緩めないように乗り進めていければと思います。馬体重は505キロです」(5/17近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでダク

天栄担当者「ここまで無理せずに進めてきた甲斐あって、トモの歩様は良化傾向にあったことから、今週からトレッドミルでの運動を始めています。まずは常歩からスタートし、その後も状態は落ち着いていたので、現在はダクまで進めています。一歩前進できて良かったですし、今後も状態に合わせたメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は518キロです」(5/17近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。特に悪いところはなく順調なのですが、大きく良くなってきた感じも正直ありませんから、もう少し乗り込みつつ良化を図っていきたいところです。馬体重は487キロです」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週3回ハロン14秒のところを意欲的に行っていますが、安定した脚取りで元気いっぱい。さすが血統馬というポテンシャルを示していると思います。ただ、これから暑さが増していくと思うので、疲れの兆候を掴んだら、すかさず楽をさせてあげて欲しいです。

フロントラインはゆっくりながらもトモの歩様は良化。この中間からトレッドミルでの運動を開始し、現在はダクまで進んでいるとのこと。まだまだ慎重を期して進めてもらわないといけませんが、このままスムーズに馬場での乗り込みを開始できるところまで進んで欲しいです。

ジェラーニオも坂路で意欲的に鍛えられていますが、もう一つその成果が感じられず。馬自身の成長力が足りないのか、気性面でズル賢いところが脚を引っ張っているのか。3歳未勝利馬なのでゆっくりはしていられませんが、現状の調教内容を維持して、もう少しの間、良くなってきてくれることを待ってもらえればと思います。

2019年5月14日 (火)

シルクなお馬さん(関東3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3日に登坂回数を増やしています。ここまで順調に立ち上げられていますが、前走後は全身に疲れが見られたことや、成長を促す意味も含めて、今回は少し間隔を空ける方向で木村調教師とは打ち合わせています。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「引き続き曳き運動での調整ですが、少しずつ運動時間を延ばすことが出来ています。まだダクをさせると歩様に見せてしまいますが、着実に良化はしてきていますから、このまま動かしながらケアしていきたいと思います。馬体重は516キロです」(5/10近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回14-14ペースで登坂し、少し全体的な負荷を強めています。このまま緩まないように乗り込んでいきたいと思いますが、こちらで乗っている分にはレース時ほどキックバックを嫌がるような感じはありませんね。馬体重は486キロです」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは早速坂路週3回のレベルまで調教を高めていますが、まだまだ体質がパンとせず、精神面でも幼さを残すことから、コツコツ乗り込んで成長を促すことに。個人的にもこの方針は大賛成です。器用さはないので、復帰は夏の新潟の後半戦ぐらいで良いのかなと思います。

フロントラインはすぐに回復というのは難しいも、少しずつでも良い方へ向かっているのは確か。引き続き入念なケアを行って、回復のスピードを少しでも速めてもらいたいです。

ジェラーニオはこの馬なりに順調。適度に速いところを行って、良い意味で刺激を与えていってもらえればと思います。そうすることで走ることへの前向きさがもっと出てきてくれればと思います。次走の予定は立っていませんが、前走の走りと騎手のコメントから芝2400mに照準を合わせてくるのかなと見ています。

2019年5月 8日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきた当初は歩様にも硬さがありましたし、全体的にレースでの疲れが見られましたが、それも順調に回復してきていたことから、今週半ばから坂路コースでの調教をスタートしています。どちらかと言うと太くなりやすいタイプですし、このまま緩まないように調整していきたいですね。馬体重は504キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「今週も曳き運動を継続しています。左トモの歩様にはまだ違和感はあるものの、楽をさせていることで少しずつ良化傾向にはありますね。まだ断定は出来ませんが、トモの筋肉に痛い部分があるようなので、まずはそちらの治療をしっかり行っていきながら経過を見ていきたいと思います。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、馬体にそこまでダメージは見られませんでしたし、もしかすると本気で走っていないのかもしれませんね。すぐに乗り出しを開始していて、現在は週3日ハロン14秒まで脚を伸ばしています。今後もあまり緩めないように乗り込んでいければと思います。馬体重は484キロです」(5/3近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後もソエを気にすることはありませんし、動きも登坂回数を重ねてピリッとしてきましたよ。この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしていますが、運動後も状態は変わりないので、後は反応と動きが良くなれば帰厩の目途が立てられそうです。馬体重は519キロです」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体質がパンとしていない中、好時計で新緑賞を勝ったことで、少し疲れ・反動が出たパラダイスリーフですが、日にちの経過と共に症状は改善。既に週1回とはいえ坂路へ連れ出しているので心配はもう要らないでしょう。また、次走に関してはハッキリしていませんが、緩まないように調整していきたいということなので、それほど先のことにはならないのかなと思います。

最悪、骨折まであり得るかなと見ていたフロントラインですが、今の感じだとトモを痛めた感じ。骨折の心配は回避できたかなと思います。ただ、歩様の違和感は相変わらず。獣医師に改めて診てもらい、原因と症状を早く確定することができればと願っています。

ジェラーニオの前走は上がりだけの競馬になったことでレースの疲れ・ダメージは少なく済んだ感じ。ただ、一癖ある性格なので、本気を出していない可能性は確かにありそう。それ故、馬具の矯正を検討する余地はあるでしょうが、非常に怖がりなので、チークピーシズやブリンカーを装着して視野が狭くなってしまうとパニックを起こしてレースどころではなくなってしまうかも。まあ、試す価値はあると思います。

クレッセントムーンは帰厩へ向けて順調にペースアップ。動きも徐々に良くなっている様子。3歳馬同士で走る間に1戦できるように厩舎へ送り届けてもらえればと思います。心身共に若い馬なので、まだまだ伸びシロは多く残していると思います。

2019年5月 2日 (木)

左トモを跛行するアクシデント発生。後日詳しく検査を行うことになりました。★フロントライン

201901_3

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「今週中の帰厩を目標に乗り込んでいたのですが、この中間に左トモを跛行してしまいました。現在は軽めのメニューで様子を見ていますが、歩様にも出してしまっています。もう少し時間を置いて状態に変化がなければ、後日詳しく検査を行う予定となっています。馬体重は499キロです」(4/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

優先出走権のある内にレースに向うために調整を進めていたフロントラインですが、左トモの跛行が判明。現在は軽めの運動で様子を見ているようですが、歩様にもその影響が出ているとのこと。後日、詳しく検査を行うようですが、最悪の場合は骨折まであるかもしれません。

短距離向きのスピードを秘め、2戦目で3着と巻き返し、次走で更に前進を期待していたので、このアクシデントは残念というか勿体無いという気持ちです。とにかく今は軽症であることを願うばかりです。

2019年4月24日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でラスト1ハロンは15秒まで脚を伸ばすようにしていますが、最後まで余裕を持って登坂しています。ソエの状態も気にすることはなくなりましたし、触っても嫌がることはないので、もう心配ないと思います。週末から坂路で15-15を開始していく予定なので、帰厩に向けて乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は518キロです」(4/19近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、全体的に硬さが目立ちますね。どこかに痛みがあるわけではないようなのですが、しばらくは楽をさせてケアに努め、今週半ばから乗り出しを開始しています。優先出走権のある内にレースに向かえるかどうかは、今後の動き次第になるでしょう。馬体重は499キロです」(4/19近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「去勢手術後からここまで進めてきましたが、体調の変化もなく、良い状態を保っています。引き続き坂路で15-15の乗り込みを行っていますが、登坂回数を重ねていくにつれて力強さが出てきましたし、ここまで順調そのものですよ。トモの緩さはこちらに入場した頃より良くなっていますし、後はトレセンで鍛えてもらえば更に良くなってくると思います。帰厩の予定が決まるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は538キロです」(4/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエに悩まされてきたクレッセントムーンですが、この中間は触診で嫌がることもなく、ほぼ心配なさそう。ハロン15秒の調教を課しても我慢が利いています。あとは本数を乗り込んでいって、帰厩態勢を整えていって欲しいです。

フロントラインは前走を使った疲れが尾を引いている様子。しばらくは楽をさせて硬さが和らいでくれないと。優先権が勿体ないですが、ここで無理強いする必要はありません。大きな故障・怪我をしてしまったら、元も子もないですから。

去勢手術後、体調を崩すことなく、すぐに坂路等で乗り出すことができたボンディマンシュですが、この中間も変わらず順調。トモの緩さは少しずつ良くなっています。あとはどのタイミングで帰厩の声が届くか。現在まで未出走の身ですから、とにかく早めに1度実戦を経験させてあげて欲しいです。

2019年4月11日 (木)

今回も抜群のダッシュ力を生かしてマイペースの競馬に持ち込むも、強気に動き過ぎた為に最後はフットワークがバラバラに。適距離の分、パタッと止まらず、何とか3着に踏みとどまる。☆フロントライン

20190412003

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

日曜中山1R 3歳未勝利(ダ1200m)3着(2番人気) 大塚J

スタートを決めると、二の脚を活かしてハナに立ちます。直線に入っていったんは差を広げるも、残り100m付近で交わされて、3着でゴールしています。

大塚騎手「スピードが有って、楽に先手を奪えました。その後も自分のリズムで運ぶことが出来たのですが、少し仕掛けが早かった分終いは止まってしまったのだと思います。そして、最終的に勝ち馬の良い目標になってしまいました。とても状態が良いように感じましたし、ハミを噛んだりすることもなく、非常に乗りやすい馬でしたよ。また、今回は距離短縮だったようですが、フロントラインの良さを活かせるこの条件は合っていると思います」

小笠調教師「ハナに行った後はもう少しじっくりと行って欲しかったですね。それに4コーナーはもう少し仕掛けを待っても良かったのではないでしょうか。ジョッキーに少し焦りがあったのかなと思いますが、この馬の良さを活かしてくれた騎乗だったとは思います。やはり距離はこれくらいが良いのかなという印象を受けましたし、中山のダ1200mで1分12秒台を出せていれば、このクラスならどこかでチャンスは回ってくると思います。優先出走権を獲りましたが、まずはトレセンでの状態を確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ダッシュ1番。この中ではテンのスピードが抜けて速かったが、終いに追われてから少し甘くなる。距離はこれぐらいがしっくりくるが、勝ち切るにはもうひと押しが課題。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:10日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

小笠師「強気に行き過ぎてしまった分、最後は止まってしまいましたが、力があるところは見せてくれたと思います。レース後は脚元には問題はなかったものの、歩様にゴツゴツした感じはありますね。コズミが出やすいタイプでまだ体質的にしっかりしているとは言えませんし、優先出走権を獲ったものの、いったんノーザンファーム天栄に出してケアしてもらった方が良いでしょう。牧場での状態次第では、それほど間隔を空けずにレースに出走させることも検討したいと考えています」(4/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

まだ少し立派な馬体に見えましたが、1度実戦を経験したことでそれなりにメリハリのある姿だったフロントライン。歩きに前向きさ+力強さが出て、順当に良くなっていることは伝わってきました。

ゲート出は普通ぐらいですが、二の脚が突出しているフロントラインはデビュー間もない大塚Jが乗った今回もひと際目立つスタート。楽々とハナへ行けましたが、他馬が競りかけてこないのにその後も気分良く行き過ぎたのが最初の誤算。この日の最終レースを勝って大塚JはJRAでの初勝利を飾るのですが、勝ちたいという焦りがあったでしょうし、どういうペースで逃げれば良いのかも難しかったのかなと思います。また、4角を回って直線を向いてからは追い出しを待つぐらいで良かったのですが、入り口で早々に突き放そうと脚を使った為、残り200mからはフォームがややバラバラになって失速。上位2頭に交わされた後、パタッと止まらなかったのは良かったですし、3着は死守してくれました。

レース後のフロントラインですが、脚元に大きな問題はなさそうも、体質の弱さからコズミやすく、実際歩様はゴツゴツした様子。優先権を確保しましたが、まずはレースでの疲れ・反動をしっかり取り除くことが先決。10日にNF天栄へ移動済です。回復が早いようなら、優先権の効果がある期間内での出走もゼロではない様子。春の新潟開催の後半戦には間に合って欲しいです。

乗り方次第でもっと上位へ肉薄、ひょっとしたら逃げ切ることが出来たかもしれませんが、改めて距離の短いところが合うことを見せたフロントライン。追ってから甘いのが大きな課題になりますが、馬体に良化の余地がありますし、まだまだキャリアの浅い馬。良い方へ変わってきてくれる筈です。まあ、このまま勝ち切れなくても、夏の函館or札幌のダ1000mへ使えば、勝てる力は現状でもあると思います。また個人的な見解ですが、コズミやすい体質が改善されてくれば、芝1200mや新潟千直に挑戦してみても面白そう。ダート路線で行き詰れば、是非とも試して欲しいです。

2019年4月 7日 (日)

まだまだ不慣れな鞍上は心配も、デビュー戦で見せたスピードは未勝利では上位。適距離の今回は渋太く粘り切って欲しい。☆フロントライン

201903_5

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

日曜中山1R 3歳未勝利(ダ1200m)5枠10番 大塚J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計

小笠師「3日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。4歳1勝馬を相手に最後は少し先着してくれましたし、動きもキビキビとしていて良かったですよ。コズミが出やすいタイプですので、追い切りから少しでも間隔を空けたかったことから、日曜の中山・ダ1200mに大塚海渡騎手で投票させていただきました。前走は直線でバタッと止まってしまいましたし、距離が長かったことが敗因だと思いますので、改めてこの条件で巻き返しを期待したいですね」

大塚騎手「3日の追い切りに乗せていただきました。乗った感触としてはサウスヴィグラス産駒のような感じでしたし、中山のダ1200mという今回の条件は合いそうですね。調教での動きは良かったですし、状態は良さそうだなと感じましたから、この馬の持ち味を活かした騎乗が出来るように頑張ります」(4/4近況)

大 塚 3美坂良 52.4- 38.4- 25.4- 12.7 末強目追う ルーチェソラーレ(古500万)一杯に0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中山6日目(04月07日)
1R 3歳未勝利
サラ ダ1200メートル 指定 馬齢 発走09:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 スズカキッド 牡3 56 村田一誠
1 2 デュアリティ 牝3 54 柴山雄一
2 3 ブラックアマゾン 牡3 56 江田照男
2 4 リネンエイコウ 牝3 54 高倉稜
3 5 ゼネラルスターク 牡3 56 宮崎北斗
3 6 レッドアデニウム 牝3 53 武藤雅
4 7 ロンリーウェイ 牡3 56 嘉藤貴行
4 8 ラキウラ 牡3 56 柴田大知
5 9 ジョグジャカルタ 牡3 54 野中悠太郎
5 10 ラディアント 牡3 56 田中勝春
6 11 フロントライン 牡3 53 大塚海渡
6 12 アブシンス 牝3 54 中谷雄太
7 13 キンショーヘイロー 牡3 56 内田博幸
7 14 ケイスター 牝3 51 菅原明良
8 15 ナムラアイアイサー 牡3 56 菅原隆一
8 16 シャインオンアテナ 牝3 54 石川裕紀人

○小笠師「初戦は距離が長かったようです。それでいていいスピードを見せたし、距離短縮して減量騎手起用ならもっと走れていいはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

本当は東京・ダ1400mでデビューしたかったのですが、新馬ラッシュの煽りを受けて2度の除外を経験したフロントライン。直前の追い切りで動いたこと+C.ルメールJが乗れるということでダ1600mのデビューへ。

映像でデビュー戦のパドックに映ったフロントラインはやや太目残りでコロンとした体型。さすがにこれは距離が長いだろうなあと思う程。それでいて単勝1.5倍は過剰すぎる人気でした。

レースは不安視した芝スタートを難なくこなし、スピードを生かす形でハナヘ。Hペースで逃げる形になってもそれなりに手応えを残しての追走。直線を向いて勝ち馬が迫ってきた際、残り400mあたりから追い出すと、内から渋太く抵抗する姿を見せていました。ただ、残り200mちょっとになると、耐えきれない形で失速。ズルッと後退してしまい8着まで沈んでしまいました。

形とすれば、人気を裏切る競馬になりましたが、その中でフロントラインの本質(特徴)は見ることは出来ました。スピードはホント良いモノがあるので、馬体がもう少し絞れて距離短縮となれば結果は違ってくる筈です。

前走後はNF天栄でリフレッシュを図って3月上旬に帰厩。帰厩後はそれほどビシビシやってはいないも、それはコズミやすい体質を考慮してのもの。丹念な乗り込みでそれなりに中身は整っていると思います。また、今回一気に2ハロンの短縮となりますが、これは勿論大歓迎。デビュー戦で見せたスピードを再現してくれれば、今度は勝ち負けの争いに持ち込める筈。

ただ、不安というか心配はやはり大塚J。成績が上がらず、回りが見えていないのかなと思います。まあ、フロントラインで勝つことで余裕が出てくれればと思いますが、無駄な力が入ってしまうと惨敗というケースも。緊張はするでしょうが、舞い上がり過ぎないようにお願いします。

2019年3月29日 (金)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・入厩組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に南Wコースで時計
・次走予定:4月6日の福島・芝2600m(津村J)

鹿戸師「27日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はエレンボーゲンが追走し、直線で内に入れて追い出しましたが、最後は少し遅れてゴールしています。同入できませんでしたが、相手は調教駆けするタイプですし、時計的には5ハロンで67秒台と十分なものを消化できています。それに、以前なら直線で差を詰められなかったところを、今回は2馬身ほど詰めてくれましたから、エレンボーゲンなりにしっかりとした走りは見せてくれましたよ。来週のレースの鞍上は津村明秀騎手に依頼しています」(3/28近況)

助 手 22美坂良 59.7- 44.3- 29.3- 14.5 馬なり余力
助 手 24美坂稍 55.7- 40.9- 26.8- 12.9 馬なり余力
木幡初 27南W良 67.3- 52.1- 38.7- 13.7 強目に追う ゴージャスランチ(古1000万)馬なりの内0.8秒追走0.4秒遅れ

Photo フロントライン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に南Wコースで時計
・次走の予定:4月6日もしくは4月7日の中山・ダ1200m

小笠師「27日に南Wコースで追い切りを行いました。3歳未勝利馬と併せましたが、最後は5馬身ほど離して先着してくれました。先週よりも息遣いは上向いてきていますし、フットワークも最後まで力強くて、順調に態勢が整ってきているように思います。来週の出走を予定していますが、レースについては相手関係や乗り役の都合等を考慮しながら検討していきたいと思います」(3/28近況)

助 手 24美坂稍 54.5- 40.2- 26.8- 13.6 馬なり余力 トゥルボー(三未勝)馬なりに0.4秒先行同入
小野寺 27南W良 52.9- 38.6- 13.1 馬なり余力 ショーシンイ(三未勝)一杯の外0.8秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定している3歳関東馬2頭の近況をまとめて。

寒い時季、じっくり充電してきたエレンボーゲンですが、正直なところガラッと変わってきたとは言えず。変わり身を求めるのなら、出走条件を見直していくしかありません。芝2600mに関しては歓迎とは言えないも、追って伸びずバテずの特徴がマッチすれば前進が見込めるかも。小回り+軽い芝の福島自体は良さそうです。調整過程は1週前にビシッとやることが出来き、力を出せる状態で出走できるでしょう。

フロントラインは距離の壁は妙実にあるでしょうが、スピードに関しては未勝利では上位。ただ、1本調子の逃げ馬には育って欲しくありません。スッと先行して直線でひと伸びできる馬が理想です。攻めは動く方がですが、27日の動きは上々。このひと追いで更に良化が見込めると思うので、デビュー戦から幾らか引き締まった馬体で2戦目を迎えてもらいたいです。

2019年3月25日 (月)

ロード&シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードアブソルート

3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に63.9-46.7-30.2-14.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。現在は栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。当初のプランを変更して馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「3月20日(水)が幾らか速いタイムに。21日(木)は普通キャンターの調整に止め、週末に改めてペースを上げて行く予定です。放牧前に比べると、全体的に結構しっかり。馬自身も元気一杯な様子だけに、このまま進めるのみ・・・でしょう」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 63.9 46.7 30.2 14.4 馬なり余力

Photo_6 ロードラウレア

3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.0-38.9-24.9-12.4 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手を1秒0追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。3月30日(土)阪神・3歳未勝利・混合・芝2000mに池添騎手で予定しています。

○辻野調教助手「3月20日(水)は坂路で追い切りました。もう少しピリッとした脚を使えれば・・・と思うものの、まだ見た目にも幼さの残る身体つき。経験を積みながら・・・でしょう。空いている中から選定。今度は池添騎手と新たにコンビを組む予定です」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 54.0 38.9 24.9 12.4 一杯に追う エアウィンザー(古馬オープン)馬なりを1秒0追走同入れ

Photo フロントライン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南Wコースで時計
・次走の予定4月6日もしくは4月7日の中山・ダ1200m

天栄担当者「この中間から終いのペースをハロン13秒まで上げています。ペースアップ後もしっかりとした脚取りで走れていますし、今の感じであれば当初の予定通り中山開催での出走を視野に進めていけそうです。馬体重は502キロです」(3/21近況)

助 手 20南W良 52.1- 38.3- 13.3 馬なり余力 トーセンクロノス(古500万)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートは21日に追い切りを行う予定でしたが、20日に時計になるところを乗ってしまった為、21日は無理することなく追い切りを自重。誤算というものでもありません。自身の体調と骨折箇所の状態を確かめつつ、改めてデビューへの道を進んで欲しいです。

今週末に2戦目を迎えるラウレア。1週前追い切りとなる20日は坂路でビシッと追われましたが、格上相手に併入。ただ、時計は自体はやや平凡。きっちり乗り込んでデビュー戦へ臨んだので使った上積みはそれほど期待できません。気持ちの面でも、もう1つピリッとしてきていない様子。まだまだ目を覚ましてくれません。芝替わりで2戦目はどういうレースを見せてくれるか冷静に見守りたいです。

フロントラインは20日に帰厩後の初時計をWコースでマーク。脚取りには余裕があったようですし、悪くないと思います。これから本数を重ねていって絞り込んでいってもらえればと思います。また、2戦目は4月1週目を予定。1200mがベストだと思うので、今度こそ持ち前のスピードを生かした競馬で後続を捻じ伏せて欲しいです。

2019年3月18日 (月)

14日に美浦・小笠厩舎へ帰厩しています。☆フロントライン

Photo フロントライン(牡・小笠)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:14日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第3回中山開催

小笠師「ノーザンファーム天栄でも順調に調整を行えていたということなので、14日にこちらへ帰厩させていただきました。次は中山・ダ1200m戦へ出走させたいと考えていますが、具体的な番組は調教の動きを見ながら検討していきたいと思います」(3/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1番人気に支持されたデビュー戦で8着と結果を裏切ったフロントラインですが、この1戦で守備範囲(距離適性)がある程度絞ることも出来ました。それだけでも次に繋がったと思いますし、道中で見せたスピードはなかなかのモノと言えるでしょう。

その後は、NF天栄でデビュー戦までの疲れを癒してきましたが、疲れが少し尾を引いた程度で乗り込みはほぼ予定どおりかと。状態が上がってきた良いタイミングで厩舎へと戻ることが出来ました。

復帰戦についてはこれからの調整次第ですが、ダ1200mの未勝利は毎週1鞍はあると思うので、満足の行く動きを見せることが出来るようになってから予定を組んでいく形で良いでしょう。適距離と思えるダ1200mを持ち前のスピードで圧逃してもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Poetic Richesの17 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マイティースルーの17 マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ローブティサージュの17 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ