2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)プレミアムギフト」の75件の投稿

2019年8月 9日 (金)

放牧を経て、だいぶしっかりしてきたなあと楽しみにしていた1戦も、レース中にまさかの鼻出血発症。2度目の経験で症状も目立つものだったことから、今後も再発が免れないということで登録抹消が決定。繁殖馬として第2の馬生を歩むことに。★プレミアムギフト

2019081700

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

8月4日(日)小倉8R・3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1700mに川田Jで出走。14頭立て1番人気で8枠14番から平均ペースの道中を9、11番手と進み、競走中に鼻出血を発症し、向正面で競走中止となりました。馬場は良。馬体重は8キロ増加の530キロでした。なお、競走中に鼻出血を発症したため10月4日(金)まで出走が認められません。

○高野調教師 「レース中に鼻出血。パトロールVTRでも判別できるぐらいの結構な量が出ています。止血剤と抗生剤を投与。大事には至らぬ模様ながら、2度目の発症ですからね。これだけ注意を払っても再発するように、今後も繰り返す可能性は高いので・・・。そのあたりも踏まえて対応を相談すべきかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も鼻出血が認められます。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○高野調教師 「ダメージは少ない感じ。早々に止めたのが良かったのでしょう。ただ、競走馬として復帰を目指すのは難しいかも。協議の結果、登録抹消の方針が決まっています。所定の手続きを経た上で、8月7日(水)に退厩へ。本当に申し訳ありません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右トモの飛節に違和感を感じ、前走から少しレースが開いていたプレミアムギフト。プラス8キロの出走でしたが、太目感のない仕上がりで、パドックではこれまでと違い活気のある周回。自分からグイグイ歩くようになっていたので良い感じに成長してきたなあと見ていました。

レースに関しても、五分に近いスタートを決め、内の行きたい馬を先にやって無理なく追走。良い雰囲気で1角を回っていったと思うのですが、向正面へ入ったところで川田Jは流すような感じで徐々にペースダウン。まさか競走を止めてしまうまでとは…。止まり方を見ると馬体に故障を発症した感じではなかったので、どうしたんだろうと見ていたら、レース中に鼻出血を発症してしまったとのこと。2戦目の阪神戦でも、レース後に鼻出血が認められたので2度目となりますが、今回はレース中に気付くほどですから、プレミアムギフトは苦しい思いをしたんでしょう。結果的に無理せず競走中止にしたことで最悪のケースは免れたと思います。

しかしながら、今後も競走生活を続けていくと再発は免れないということで、今後について協議した結果、JRAの登録を抹消することに。ロードから通知は届いていませんが、繁殖入りすることは間違いありません。ダノンプレミアムの半妹ですし、母インディアナギャルは牡馬ばかりを送り出し、プレミアムギフトが今のところ唯一の後継牝馬。立派な馬格をしていますし、上質な才能を持った仔馬を生み出していって欲しいものです。競走馬としては大成出来ませんでしたが、第2の馬生(繁殖)がプレミアムギフトにはより大事な仕事です。1つ上の世代から適用されている母馬優先制度が大いに生きることを今から楽しみにしたいです。お疲れ様でした。

2019年8月 4日 (日)

右トモの飛節の違和感でレースが開くも、精神面でのリフレッシュを感じさせ、デキ自体は良さそう。前走はスタートの失敗で大敗を喫するも、未勝利勝ちの内容なら1勝クラスでも通用して良い筈。仕切り直しの1戦でどこまでやれるか。☆プレミアムギフト

2019031800_20190801133401

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

8月4日(日)小倉8R・3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1700mに川田Jで出走します。7月31日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に55.0-39.6-25.5-12.3 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒1追走して0秒1遅れ。追い切りの短評は「太目も力強い」でした。発走は13時55分です。

○高野調教師 「ラップを見ても分かる通りに、7月31日(水)も段々と加速。元々が多少ワンペース気味のタイプながら、しっかりギアチェンジが出来ていましたよ。前走は相手も強かった感じ。今回は具合が良いのに加え、斤量面の恩恵も大きいのでは・・・」

≪調教時計≫
19.07.31 藤 懸 栗東坂良2回 55.0 39.6 25.5 12.3 一杯に追う ロードユリシス(2歳新馬)一杯を0秒1追走0秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉4日目(08月04日)
8R 3歳上1勝クラス
ダ1700メートル 指定 牝馬 定量 発走13:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンマルメジャール 牝7 52 三津谷隼人
2 2 イチザティアラ 牝4 55 小牧太
3 3 クロフネプリンセス 牝4 55 義英真
3 4 ワインレッドローズ 牝3 52 酒井学
4 5 ハクサンライラック 牝3 52 鮫島良太
4 6 ノーチラス 牝3 52 武豊
5 7 ペプチドフシチョウ 牝3 49 亀田温心
5 8 ハナソメイ 牝4 54 西村淳也
6 9 タガノエルフ 牝4 52 斎藤新
6 10 テーオーパートナー 牝4 52 岩田望来
7 11 サルサレイア 牝3 52 和田竜二
7 12 サイモンミラベル 牝5 55 川須栄彦
8 13 クイーンブロッサム 牝3 52 松山弘平
8 14 プレミアムギフト 牝3 52 川田将雅

○高野師 「前走より体調は断然いいですよ。このクラスでどうか、改めて楽してみたいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2・3番手追走から楽に抜け出してきた初勝利の好内容から、昇級戦の前走でも十分通用するものと考えていたプレミアムギフトですが、前走は1枠2番からスタートで失敗したのが全て。砂を被って前に進んでいきませんでしたし、外目に切り替えてからもモタモタ。鞍上も最後は無理をしていなかったこともあり勝ち馬から約4秒引き離された13着とまさかの大敗を喫してしまいました。

その後は在厩調整を続け6月頭の出走を目指してきましたが、追い切り後に右トモの飛節に違和感を発症。予定を一旦白紙に戻し、滋賀のグリーンウッドで立て直してきました。症状としては捻挫の可能性が高く、程度としては幸いにして軽め。時間と共に不安は解消されていき、今回の出走へ辿り着くことが出来ました。帰厩後の追い切りではそれほど目立つ時計は出ていませんが、ビシビシやれているのは好感。小倉への長距離輸送で太目だった馬体も幾らか解消してくるでしょう。精神面でのリフレッシュも十分感じさせてくれます。

今回は初勝利時の鞍上だった川田Jに手が戻ります。大外を引き当ててしまいましたが、ここならダッシュ一息でも砂を被る心配は要りません。かなり状態は良さそうなので改めて牝馬同士の1勝クラスでどこまでやれるのかを見守りたいです。未勝利勝ちのレースが出来れば、十分通用する筈ですし、古馬とは初対決とはいえクラス2戦目でメドの立つ競馬を見せて欲しいです。

2019年7月31日 (水)

ロードなお馬さん(関西牝馬・入厩組)

Photo プレミアムギフト

7月24日(水)重の栗東・坂路コースで2本目に54.4-39.6-25.7-12.7 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手に0秒2先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。8月4日(日)小倉・3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダート1700mに予定しています。

○高野調教師 「7月24日(水)は坂路で。最後の1ハロンで気合いを付ける形です。前走時と比べても馬自身がフレッシュな感じ。コンディションは良好だと思います。このデキで如何なる走りを見せられるのか・・・。来週には十分に出走態勢が整うでしょう」

≪調教時計≫
19.07.24 助手 栗東坂重2回 54.4 39.6 25.7 12.7 馬なり余力 ボニーゴールド(3歳未勝利)一杯に0秒2先行同入

Photo シグナライズ

7月24日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に58.9-43.0-27.8-13.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○西浦調教師 「段々と疲れは取り除けて来た感じ。15-15ぐらいで具合を探る程度ながら、7月24日(水)に時計を出しています。来週の小倉に組まれるスプリント戦から特別登録を行なおうかな・・・と。ただ、実際の出否は今後の様子を見て判断しましょう」

≪調教時計≫
19.07.24 助手 栗東坂重1回 58.9 43.0 27.8 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、ソフトな追い切りが続くプレミアムギフトですが、24日の坂路追いはマズマズの動き。スッと末を伸ばすことが出来ています。一息入ってフレッシュな状態で週末のレースへ臨めそうです。ただ、前走が案外すぎたので強気には考えられません。

前走の中京・フィリピンSで良化の兆しが窺えたシグナライズ。その後は控え目な追い切りに終始していますが、暑さが応えている節はなく、好調をキープ。出走へ踏み切るかどうかは31日の追い切り後に判断することになるかと思いますが、4日の小倉・RKB賞へ特別登録を済ましています。

2019年7月24日 (水)

18日に栗東・高野厩舎へ帰厩しています。☆プレミアムギフト

2018121800_20190724044701

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

2019.07.18
7月18日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉に組まれたダート1700m戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「右後脚飛節は大事に至らず一安心。順調に進んでいた最近の様子を踏まえ、7月18日(木)に厩舎へ戻しています。ダート1700mがベターかな・・・と。牝馬限定戦を含めて番組は多く組まれており、仕上がり具合に応じて目標を定める方針です」

2019.07.16
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週と同様のパターン。及第点の動きを見せており、歩様も何ら問題ありません。念の為に首から肩周りを中心にショックウェーブ治療を実施。帰厩が近付いているのを踏まえ、しっかりケアも行なっています。仕上げに取り掛かりましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右後脚飛節の腫れで栗東近郊のグリーンウッドで再調整を行ってきたプレミアムギフト。その不安はほぼ解消し、夏の小倉開催へ向けて態勢を整えてきていましたが、先週の18日に栗東・高野厩舎へ戻っています。

早速週末に坂路で時計をマークしているので状態は良さそうですが、体質面でまだまだ弱さを抱える現状。1勝クラスなら通用する力は秘めている筈ですが、前走の走りはちょっとガッカリするものでしたし。まあ、少しずつでも力は付けていってくれるでしょうが、レースの流れに乗れないようだと次走でも良いところなく敗れてしまいそう。負け癖が付いてしまわないかが心配です。

2019年7月16日 (火)

ロードなお馬さん(放牧・グリーンウッド組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。体調も安定していますね。ある程度のデキに達したのに加え、これから一段と暑さが増す時期に。オーバーワークを招かぬように注意が必要でしょう。上手く強弱を付けながら、新たな指示に備えるばかり」

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「週2回の割合でハロン15秒レベルまで踏み込んでいます。幾らか疲れが出たものの、持ち直しており大丈夫そう。上手く強弱を付けながら、乗り進めて行く方針です。いつ声が掛かっても対応できるように・・・。しっかり準備を整えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは淡々と与えられたメニューを消化中。そろそろ帰厩の声が届くでしょうから、無理することなく体調維持に努め、その時を待ってもらえればと思います。

小倉開催での出走を予定しているプレミアムギフトは帰厩を意識した調整へ。幾らか反動が出たようですがリカバーは出来た様子です。能力的には1勝クラスでもやれるものはあると思うので、馬体の成長・充実が伴ってきて欲しいところです。

2019年7月 6日 (土)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードアブソルート

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「中間も順調。集中して駆けられており、動きも悪くないと思います。一方、もう一段ギアが上がりそうな感触も。具合は更に上向くはずですよ。ただ、時間も残されぬ状況。もう少し乗り込むか、早目に帰厩させるか・・・。その判断でしょう」

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「無理の生じぬ範囲で進めて来たものの、この感じならば更にペースを上げられそう。遠からずに15-15を試す予定です。小倉開催で戦列復帰できれば・・・と高野先生からプランが示されており、スケジュールも念頭に入れて取り組みましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートはこの中間も順調な調整過程。集中して日々の稽古に向かってくれているのは好印象です。次走は北海道で競馬をする予定なので、牧場で更に仕上げを進め、帰厩後は2週間ぐらいで使えるようにする感じがベターかも。ここまで芝で大崩れなく頑張ってくれていますが、相手関係が楽になるダートで勝ち上がりを狙うのも一考して欲しいです。見た目以上にパワーはある馬だと見ています。

プレミアムギフトは520キロを超える大型馬。飛節の腫れがぶり返さないように慎重に進めていく必要がありますが、ここまでは順調に進めることが出来ていると思います。この良い流れを維持して早目に戦列復帰できるようにお願いします。前走は良いところなく敗れましたが、未勝利の勝ちっぷりから1勝クラスでも通用する力は秘めている筈。巻き返しを期待しています。

2019年6月28日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードアブソルート

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「本数を重ねるに連れて着実に上昇カーブを描いている印象。気合いが乗っており、反応も良化しています。トモに力強さが備われば理想的ながら、そのあたりは急激には変わらぬ部分なので・・・。厩舎サイドと移動のタイミングを協議中です」

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週後半より登坂を開始。時折、ハロン18秒より速いペースでも走らせています。今のところは反動も無さそう。及第点を与えられるでしょう。通常のケアで済んでおり、脚元も落ち着いた状態。この調子で調教レベルを高めて行ければ・・・」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アブソルートはハロン13秒のところまで進められていますが、本数を重ねるごとに着実に上昇。膝・トモに疲れ・反動は出ていません。あとは厩舎と連絡を密に取ってもらい、スムーズに次のステップ(入厩)が叶うようにお願いしたいです。時間が少し必要ならオーバーワークに繋がらないように気をつけてもらいたいです。

プレミアムギフトは段階を踏んでいく必要が大いに有りだと思いますが、普通キャンター程度で乗る分には大丈夫そう。ただ、乗り込み量自体が不足しているでしょうから、ペースはこれぐらいに一旦止めて、コツコツと下地を作ることを優先してもらえればと思います。

2019年6月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳上牝馬)

Photo_6 シグナライズ

6月19日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に57.7-42.5-27.7-13.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月14日(日)中京・フィリピンT・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「6月19日(水)は最後まで手綱を抑えたまま。放せば一気に飛んで行きそうで、やはり短距離が合うイメージです。息遣いに幾らか重さが残る現状だけに、もう少し乗り込む時間も欲しいところ。中京3週目の芝1200mを予定したいと思います」

≪調教時計≫
19.06.19 助手 栗東坂良1回 57.7 42.5 27.7 13.5 馬なり余力

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「具合を探りながら徐々に運動量を増加。身のこなし、フットワークにも特に気に掛かる部分は見受けられません。ここまでの様子を踏まえると、大事には至らずに済むのかな・・・と。このまま問題が生じなければ、坂路へも連れ出しましょう」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。6月13日(木)測定の馬体重は445キロ。

○当地スタッフ 「6月14日(金)に半マイル52秒6、ラスト12秒4を記録。デビュー前の2歳と併せる形で最後はそれなりに促しています。いつでも送り出せるものの、検疫が非常に混み合っている模様。急な移動にも対応できるように態勢を整えておきましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

西浦厩舎に替わって、シグナライズはどういう距離に使ってくるのか興味がありましたが、小細工なしに芝1200mに使うことを決断。近走を見ていると集中力を維持できていない感じもあるので、この判断は妥当かなと思います。能力は秘める馬なので転厩が良いキッカケになって欲しいです。

飛節の状態を気に掛けながら、プレミアムギフトはゆっくりゆっくり進めてきましたが、そろそろ次のステップへ行けるかなという手応え。ただ、大型馬で緩さが残るので慎重を期していくスタンスは崩さないようにお願いします。

マカリカは帰厩を待たされていますが、牧場での乗り込みが進み、動き自体は良好。帰厩できれば10日で使えるぐらいのデキにはあると思うので、帰厩→出走とスムーズに事が運んでほしいところ。そして念願の芝1200mへ無事使えることを願っています。

2019年6月15日 (土)

ロードなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週一杯は軽い乗り運動に止めて慎重に観察。飛節に幾らか腫れは残るものの、歩様に違和感は認められません。6月10日(月)よりキャンターを開始。今のところは大丈夫そうです。すぐに特別な治療は要らぬ感じ。少しずつ進めましょう」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月5日(水)も気合いを付けて全体52秒4、1ハロン12秒8をマークしています。稽古駆けする相手に1、2馬身遅れたのは想定済み。及第点を与えられる走りでした。少し前に久保田調教師が仕上がりをチェック。次の指示に備えるのみです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムギフトは乗り運動を行っているも、飛節に幾らか腫れが残っているということで無理に進めるのはどうかと正直思います。500キロを優に超える大型馬でもありますから。症状が悪化しないようにとにかく慎重なスタンスでお願いします。

マカリカは引き続き週1本は時計になるところを意欲的に消化。暑さに強い牝馬らしく元気一杯です。近々帰厩することになると思うので、馬体のボリュームを損なわないように十分気をつけてもらえればと思います。

2019年6月 7日 (金)

歩様の違和感は大方解消されてきたも、4日に一旦グリーンウッドへ放牧に出ています。★プレミアムギフト

2018092000

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

6月4日(火)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動。歩様の違和感は段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「だいぶ腫れは引いており、乗り運動も出来るように。追い切り時に捻った可能性が高いものの、程度としては軽症の部類だと思います。早々に回復が図れるならば栗東近郊で調整を続ける予定。時間を要す場合には千葉の育成場へ移しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右トモの飛節に違和感を発症してしまったプレミアムギフト。厩舎でもう少しの間、経過観察を続けるのかなと見ていたのですが、4日に滋賀・グリーンウッドへ移動しています。

症状とすれば、やはり捻挫のようで腫れ自体はだいぶ引いてきたとのこと。このまま進んでいけば6月中には帰厩できるでしょう。ただ、馬自体が未完成なので、早目にレースに使ったところで結果が伴いとは思いません。長い目で見れば、千葉まで戻し、夏場は継続して乗り込むことで地道なパワーアップを図る方がやはり賢明でしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ