最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「プレミアムギフト」の68件の投稿

2019年6月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳上牝馬)

Photo_6 シグナライズ

6月19日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に57.7-42.5-27.7-13.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月14日(日)中京・フィリピンT・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「6月19日(水)は最後まで手綱を抑えたまま。放せば一気に飛んで行きそうで、やはり短距離が合うイメージです。息遣いに幾らか重さが残る現状だけに、もう少し乗り込む時間も欲しいところ。中京3週目の芝1200mを予定したいと思います」

≪調教時計≫
19.06.19 助手 栗東坂良1回 57.7 42.5 27.7 13.5 馬なり余力

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「具合を探りながら徐々に運動量を増加。身のこなし、フットワークにも特に気に掛かる部分は見受けられません。ここまでの様子を踏まえると、大事には至らずに済むのかな・・・と。このまま問題が生じなければ、坂路へも連れ出しましょう」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。6月13日(木)測定の馬体重は445キロ。

○当地スタッフ 「6月14日(金)に半マイル52秒6、ラスト12秒4を記録。デビュー前の2歳と併せる形で最後はそれなりに促しています。いつでも送り出せるものの、検疫が非常に混み合っている模様。急な移動にも対応できるように態勢を整えておきましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

西浦厩舎に替わって、シグナライズはどういう距離に使ってくるのか興味がありましたが、小細工なしに芝1200mに使うことを決断。近走を見ていると集中力を維持できていない感じもあるので、この判断は妥当かなと思います。能力は秘める馬なので転厩が良いキッカケになって欲しいです。

飛節の状態を気に掛けながら、プレミアムギフトはゆっくりゆっくり進めてきましたが、そろそろ次のステップへ行けるかなという手応え。ただ、大型馬で緩さが残るので慎重を期していくスタンスは崩さないようにお願いします。

マカリカは帰厩を待たされていますが、牧場での乗り込みが進み、動き自体は良好。帰厩できれば10日で使えるぐらいのデキにはあると思うので、帰厩→出走とスムーズに事が運んでほしいところ。そして念願の芝1200mへ無事使えることを願っています。

2019年6月15日 (土)

ロードなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_6 プレミアムギフト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週一杯は軽い乗り運動に止めて慎重に観察。飛節に幾らか腫れは残るものの、歩様に違和感は認められません。6月10日(月)よりキャンターを開始。今のところは大丈夫そうです。すぐに特別な治療は要らぬ感じ。少しずつ進めましょう」

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「6月5日(水)も気合いを付けて全体52秒4、1ハロン12秒8をマークしています。稽古駆けする相手に1、2馬身遅れたのは想定済み。及第点を与えられる走りでした。少し前に久保田調教師が仕上がりをチェック。次の指示に備えるのみです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムギフトは乗り運動を行っているも、飛節に幾らか腫れが残っているということで無理に進めるのはどうかと正直思います。500キロを優に超える大型馬でもありますから。症状が悪化しないようにとにかく慎重なスタンスでお願いします。

マカリカは引き続き週1本は時計になるところを意欲的に消化。暑さに強い牝馬らしく元気一杯です。近々帰厩することになると思うので、馬体のボリュームを損なわないように十分気をつけてもらえればと思います。

2019年6月 7日 (金)

歩様の違和感は大方解消されてきたも、4日に一旦グリーンウッドへ放牧に出ています。★プレミアムギフト

2018092000

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

6月4日(火)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動。歩様の違和感は段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「だいぶ腫れは引いており、乗り運動も出来るように。追い切り時に捻った可能性が高いものの、程度としては軽症の部類だと思います。早々に回復が図れるならば栗東近郊で調整を続ける予定。時間を要す場合には千葉の育成場へ移しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右トモの飛節に違和感を発症してしまったプレミアムギフト。厩舎でもう少しの間、経過観察を続けるのかなと見ていたのですが、4日に滋賀・グリーンウッドへ移動しています。

症状とすれば、やはり捻挫のようで腫れ自体はだいぶ引いてきたとのこと。このまま進んでいけば6月中には帰厩できるでしょう。ただ、馬自体が未完成なので、早目にレースに使ったところで結果が伴いとは思いません。長い目で見れば、千葉まで戻し、夏場は継続して乗り込むことで地道なパワーアップを図る方がやはり賢明でしょう。

2019年6月 1日 (土)

29日に坂路で追い切りを消化するも、その日の午後になって右トモの飛節を気にする素振り。来週の出走は難しくなりました。★プレミアムギフト

201811_3

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

5月29日(水)重の栗東・坂路コースで2本目に54.8-39.7-25.5-12.7 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒4先行して0秒1先着。短評は「坂路コースで入念」でした。その後の歩様に幾らか違和感が認められます。レントゲン検査を受けたところ骨折等の診断は下されませんでした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「5月29日(水)の動きからも、順調に来ている印象でした。しかしながら、午後のチェックで右後脚飛節に違和感。真っ直ぐ歩かせる分には大丈夫ながら、曲がる際に気遣う素振りが窺えます。次週の出走は流動的に。経過観察が必要でしょう」

≪調教時計≫
19.05.29 助手 栗東坂重2回 54.8 39.7 25.5 12.7 一杯に追う グランソード(障害未勝利)一杯に0秒4先行0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の牝馬限定の1勝馬クラスへの出走へ向けて追い切りを重ねてきたプレミアムギフト。29日は重い馬場でもしっかり加速することが出来、良い感じに時計を出せているなあと見ていましたが、その日の午後のチェックで右トモの飛節に違和感を確認。レントゲン検査の結果、骨折等の診断は下りませんでしたが、歩様に出ているので、さすがに来週の出走となると厳しそう。1勝していますし、ここで無理をする必要はありません。残念ではありますが、近日中に放牧に出して、立て直しを図ってもらいたいです。

2019年5月26日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(高野厩舎)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神6月8日・ダ1800m(川田J)

高野師「22日に坂路で追い切りました。古馬1000万クラスの馬と併せましたが、テンから負荷を掛けた割には最後までしっかり伸びてくれましたよ。放牧先でも緩めずしっかり乗り込んでもらっていたこともあって、息づかいはしっかり出来ていますし、後2週あれば十分態勢が整いそうです。6月8日の阪神・ダ1800mに川田騎手で向かう予定です」(5/23近況)

助 手 19栗坂良 55.6- 39.9- 25.8- 12.5 馬なり余力 バレーロ(古1000万)馬なりと同入
助 手 22栗坂良 52.1- 37.4- 24.7- 12.6 末強目追う ショウナンカイドウ(古1000万)末強目と同入

Photo_6 プレミアムギフト

5月22日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に57.3-41.1-26.6-12.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。6月8日(土)阪神・3歳上1勝クラス・牝馬限定・ダ1800mに予定しています。

○高野調教師 「5月22日(水)は15-15ちょっと。ラップ的には徐々に加速できており、一叩きの上積みも見込めそうです。でも、まだ最後にグッと伸びる感じが無し。そのあたりは力を付けながら・・・なのかも知れません。再来週へ向けて在厩で進める予定」

≪調教時計≫
19.05.22 助手 栗東坂良2回 57.3 41.1 26.6 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

16日に栗東へ戻ってきたクレッセントムーンは早速19日に坂路で時計をマークし、22日の追い切りでは格上の胸を借りて上々の時計をマーク。テンから出していったようですが、ラスト1ハロンが12秒6と踏ん張りが利いているのは好印象です。ソエを気にするところがなくなって1段動きが良くなってきたのかもしれません。また、この追い切りの動きを受けて、次走は来月8日のダ1800m(1勝馬クラス)へ向かうことが決定。今度は同世代だけでなく古馬とも対戦することになりますが、川田Jが乗ってくれるということですし、クラス2戦目での2勝目をしっかり意識してレースへ臨んでもらえればと思います。

レースが少し開くことから短期放牧を挟むことも視野に入れていたプレミアムギフトですが、来月8日の1勝馬クラス・牝馬限定へ向かうことが決定。今のところ、無理のない範囲で時計を出していますが、このまま在厩調整を続けて出走態勢を整えていくことになりました。これから力を付けていく余地の大きい馬ですが、前走の内容だと古馬相手の次走は更に厳しそう。改めてクラスの上位馬とどこまで力量差があるのか、まずは知っておきたいです。

2019年5月19日 (日)

ロードなお馬さん(3歳牝馬)

Photo_6 プレミアムギフト

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「十分に余裕を持たせてから騎乗トレーニングを再開。大きなダメージも認められず、状態は悪くないと思いますよ。番組表も照らして考えた結果、次走は早くても阪神2週目以降に。ちょっと間隔が空くだけに、短期放牧を挟むかも知れません」

≪調教時計≫
19.05.16 助手 栗東坂良2回 62.9 45.6 28.9 14.1 馬なり余力

Photo_6 マカリカ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。5月9日(木)測定の馬体重は440kg。

○当地スタッフ 「計画に沿ってメニューを消化。課題は浮かびません。帰厩時期は出走に必要な節との兼ね合いを踏まえて決まると思うものの、可能な範囲で状態を上げておきたいところ。久保田調教師と情報を共有し、15-15を始めるタイミングを見極めたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大敗を喫したプレミアムギフトですが、時間を掛けて状態を見守ってきましたが、特に気になる点はなし。やはり力を出し切れぬまま前走は敗れてしまったんでしょう。ただ、次走に関してですが、早くても次開催の阪神2週目以降とのこと。短期放牧を挟むかもということですが、16日に坂路で前走後の初時計をサラッとマークしたので、このまま在厩調整を続けていくのかなと見ています。

マカリカは順調に攻めを強化することが出来、雰囲気は良さそう。ただ、芝の短距離に使うとなると、かなりの節(レース間隔)が必要に。それ故、仕上げの調整へ踏み込むタイミングが難しくなっています。カイ食いの良い馬ではないだけに余計にです。個人的にはやはり滞在競馬となる函館で使うのが良いのかなと考えますが、非力なタイプなので洋芝の適性がどうか。また、北海道へ連れていくことで馬体を大きく減らしてしまうことにも。どちらの道へ進むにも難題が待っています。それなら一層、先行力を生かせる新潟・千直まで待つのもありかもしれません。

2019年5月 9日 (木)

ダッシュが付かず後方からの競馬を余儀なくされるも、むしろ展開は向いたのに…。3角過ぎに早くも鞭が入って4角で外へ膨れてしまうと、直線は無理をすることなく流してゴールへ。前走と同じ馬とは思えない敗戦となってしまう。★プレミアムギフト

2018121800_1

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

5月4日(土)京都5R・3歳500万下・牝馬限定・ダ1800mにM.デムーロJで出走。16頭立て3番人気で1枠2番からハイペースの道中を14、15、14、12番手と進み、直線では大外を通って3秒8差の13着でした。スタートでダッシュ付かず不利を受けました。馬場は稍重。タイム1分56秒9、上がり42秒0。馬体重は2キロ減少の522キロでした。

○デムーロ騎手 「返し馬の雰囲気は上々。ただ、いざスタートを切ると進んで行きませんでした。集中力を欠いているのとは異なるものの、デビュー戦の時も同じような感じで・・・。まだ馬自身が非常に幼い印象。今日は全く走っていないでしょう。前回が強い内容だっただけに、楽しみにしていたのに・・・。残念」

○高野調教師 「厳しい流れだっただけに、どれぐらい差し込めるか・・・を見たかった気持ちも。ただ、最後は鞍上も無理を強いずに終えた感じですね。まだ成長途上の段階で、これからの馬なのは確か。異常が生じていないか・・・をチェックしてから今後のプランを検討したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「慎重に経過を観察中。今のところは鼻出血を含めて大きな問題も見当たりませんよ。3歳限定のレースと言っても、結構メンバーは強いので・・・。今年は降級制度も廃止されただけに、古馬との混合戦の方が組み易いかも。検討を重ねましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相手はかなり揃っている印象も、前走の鮮やかな勝ちっぷりから牝馬同士の500万下なら十分楽しみはあると見ていたプレミアムギフト。ただ、トモに緩さが残る現状から出脚が付かず、揉まれ込んで内枠が仇にならないかが心配ではありました。

パドックに登場したプレミアムギフトはトモに皮膚炎の名残りを感じるも、馬体は締まって雰囲気は悪くなかったと思います。これなら力を出せるなあと見ていましたが、危惧していたスタートで不安が的中することに。ゲートは出たのですが、踏ん張りが利かないので器用な脚が使えず。本当は鞍上がもっとプッシュして仕掛ければ挽回が利いたように思いますが、スッと下げてしまい、砂を被らないように外目にポジションチェンジ。1角を回る時は後方2番手でしたが勝ち馬もその後ろだったので、結果から振り返ると位置取りが悪すぎたとは言えないと思います。むしろ展開は向いていたと思います。

ただ、道中の行きっぷりは画面越しに見ると一息。走る方へ気持ちが向いていないのかなと見てましたが、鞍上の手応えはそれほど怪しい感じもなく。3角あたりから徐々に促していく形だったのですが、唐突に鞭が2・3発飛ぶことに。ズブさを覗かせているようでもなかったので正直謎です。そして4角を回ってくる時に若干外へ膨れると、あとは流す感じでゴールへ。道中、脚が溜まっていなかったので無理をしなかったのかなとは思いますが、不可解な騎乗と言われても仕方ないと思います。

レース後のプレミアムギフトですが、過去に鼻出血を発症したこともあるので、慎重に経過を窺っているようですが、脚元等に異常は見当たらず。まずはホッとしました。今後は続戦の予定ながら、同世代の牝馬限定戦へ向かうと今回とほぼ同じメンツだということから、少し間隔を空けて、古馬との戦いへ向かうかもしれないとのことです。

今回の競馬を見ると、多頭数の競馬は得意じゃないのかなという印象も。未勝利の勝ちっぷりから能力は足りると思うので、今回の結果は参考外として、次走で改めてどういう競馬をしてくれるか期待したいと思います。また、地道なトレーニングでトモをしっかり鍛えていくようにお願いしたいです。

2019年5月 4日 (土)

前走の勝ちっぷりの良さは牝馬同士なら昇級しても通用して良いレベルも、この番組を狙っていた馬が多く、レベルの高い実力拮抗の1戦。まずはクラス突破にメドの立つ走りを目標に頑張って欲しい。☆プレミアムギフト

201811_1

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

5月4日(土)京都5R・3歳500万下・牝馬限定・ダ1800mにM.デムーロJで出走します。5月1日(水)不良の栗東・坂路コースで2本目に54.0-39.2-25.3-12.8 一杯に追っています。併せ馬では末一杯の相手を0秒1追走して0秒2遅れ。追い切りの短評は「遅れも良化中」でした。発走は12時25分です。

○高野調教師 「5月1日(水)も坂路で。格上のパートナーには僅かに遅れて入線しています。でも、良い追い切りが出来た印象。鼻出血も大丈夫です。前走が非常に強い勝ちっぷり。昇級だけに相手関係がポイントながら、楽しみを持って送り出しましょう」

≪調教時計≫
19.05.01 助手 栗東坂不2回 54.0 39.2 25.3 12.8 一杯に追う カウントオンイット(古馬1000万)末一杯を0秒1追走0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都5日目(05月04日)
5R 3歳500万下
サラ ダ1800メートル 指定 牝馬 馬齢 発走12:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 パールデュー 牝3 54 藤岡佑介
1 2 プレミアムギフト 牝3 54 M.デムーロ
2 3 アッシェンプッテル 牝3 54 城戸義政
2 4 ペプチドフシチョウ 牝3 54 松田大作
3 5 ローザノワール 牝3 54 幸英明
3 6 チャチャチャ 牝3 54 池添謙一
4 7 エリーキャナル 牝3 54 藤岡康太
4 8 エターナルディーバ 牝3 54 松山弘平
5 9 ベイコート 牝3 53 坂井瑠星
5 10 ブロードハースト 牝3 54 福永祐一
6 11 テオレーマ 牝3 54 浜中俊
6 12 オイシイナア 牝3 53 川又賢治
7 13 サルサレイア 牝3 54 岩田康誠
7 14 ノーチラス 牝3 54 武豊
8 15 ベルキューズ 牝3 54 B.アヴドゥラ
8 16 オーパスメーカー 牝3 54 太宰啓介

○高野師 「前走は切れ味不足をダートで補えました。それにジョッキーは『トモが良くなっていた』と。昇級してどうかでしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

鼻出血による休養明けとなった前走。状態面でやや不安を感じての出走でしたが、追い切りの時計は休む前より詰まってきましたし、力は付けてきてくれているなあと見ていたプレミアムギフト。芝ではワンペースの走りでキレ負けしていましたが、雄大な馬体+ダート替わりで変身することが多い父の産駒傾向から、芝からダートへ矛先を変えた効果に注目していました。そして内容・結果はダート替わりで一変という走りを見せて完勝。意識的に早目に仕掛けていった川田Jの手腕も光りましたし、プレミアムギフト自身が力を付けてきていることも確認できました。

前走後は千葉・ケイアイファームで一旦リフレッシュ。前回同様に皮膚炎が広がってしまいましたが、尾を引くことなく改善。速いところは乗っていないも、回復とコンディションの維持は出来、厩舎へと戻っています。帰厩後の追い切りは格上相手に見劣るケースが続くも、プレミアムギフトとすれば悪くない走り。ゆっくりながらも、良化を遂げていっているというのは感じます。

未勝利勝ちの内容から、牝馬同士なら昇級戦でも楽しみは持てると思います。ただ、ここは16頭中12頭が前走で新馬or未勝利勝ち。残り4頭中2頭が前走500万下で馬券に絡む競馬と実力伯仲の1戦。ここで良い勝負が出来れば、今後の展望が大きく広がりますが、良くなってきている段階なのでそこまで期待し過ぎるのもどうか。血統&鞍上から人気を集める1頭になるでしょうが、客観的に見るとこのレースでの信頼度は低いのかなと思います。

トビの大きい馬なので、内々で揉まれ込む展開は厳しいと思うので、まずはスタートを五分に出て、前目の位置でレースの流れに乗って欲しいところ。ただ、速い流れになりそうなのでそれに付き合うことはダメ。序盤は自分のリズムを重視し、トモの嵌りが良くなってから動いていく形が良いのかなと考えています。

勿論、結果が伴ってくれれば嬉しいですが、まだまだ力を付けていく馬だと思うので、今回の目標とすれば500万下突破にメドの立つ走りをまずは見せて欲しいところ。そして最後に伸び負けするのは仕方ないので、自滅するような敗戦だけは避けて欲しいです。

2019年5月 1日 (水)

ロードなお馬さん(厩舎調整組)

Photo_6 ロードザナドゥ

4月24日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.0-39.8-26.0-13.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1回新潟に組まれたダート1800m戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○橋田調教師 「私自身は香港遠征に帯同中。4月24日(水)の動き等を直接には確認できていないものの、順調に来ている・・・との報告が厩舎スタッフより届いていますよ。早ければ次週にスタンバイ。いつでも送り込めるように準備を進めておきたいですね」

≪調教時計≫
19.04.24 助手 栗東坂良1回 54.0 39.8 26.0 13.0 馬なり余力

Photo_6 プレミアムギフト

4月24日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.9-39.6-25.8-12.7 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒1追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。5月4日(土)京都・3歳500万下・牝馬限定・ダ1800mにM.デムーロ騎手で予定しています。

○高野調教師 「育成場へ移ってからも順調な様子を踏まえ、京都3週目に組まれる牝馬限定戦を目標に。逆算して再び厩舎へ戻した格好です。短期間の放牧だけに大きくは変わらぬものの、4月24日(水)の動きを見ても問題は無さそう。予定通りに進めます」

≪調教時計≫
19.04.24 助手 栗東坂良2回 54.9 39.6 25.8 12.7 一杯に追う カウントオンイット(古馬1000万)一杯を0秒1追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ザナドゥは優先権を持っていない身ですが、週末の新潟戦への出走を視野へ。新潟のダ1800mは先行力が生きるので、早め早めの競馬で5着以内をまずは目指して欲しいです。

プレミアムギフトは4日の牝馬限定戦へ向けて着々と態勢を整えています。前走の勝ちっぷりなら昇級しても牝馬同士ならいきなり楽しみ。ただ、M.デムーロJとのコンビになるのでスタートでの出遅れは勘弁を。そこさえクリアできれば、恥ずかしい結果にはならないと思います。

2019年4月20日 (土)

19日に栗東・高野厩舎へ帰厩する予定になっています。☆プレミアムギフト

201903_19

Photo プレミアムギフト(牝・高野)父オルフェーヴル 母インディアナギャル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。4月19日(金)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「4月10日(水)に広いダートコースへ通い始めた後もスムーズに運び、先週末は普通キャンターを交える流れ。18日(木)にトレセンへ向かう予定です。回復とコンディションの維持がメインの滞在。このまま無事に送り出せれば大丈夫だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利を快勝後、千葉・ケイアイファームで疲れを癒しているプレミアムギフト。移動してきた当初は疲労から皮膚炎が広がっていましたが、レースでのダメージが抜けてくると共に改善。角馬場で軽く乗り出していましたが、ダートコースへ連れ出し、普通キャンターで息を整えてきました。

そして、無事帰厩しているかは分かりませんが、予定では18日に千葉を出発して検疫を経て19日に栗東・高野厩舎へ。状態はまだそれほど上向いていないかと思いますが、回復は十分叶っている筈。5月4日の500万下・牝馬限定戦を目標にしているようなので、週末からそこへ向けての調教を進めていってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ