2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ジーナアイリス」の75件の投稿

2019年8月21日 (水)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースでの運動開始後も疲れは見せなかったですし、今週から坂路コースでの運動を始めています。現在は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、動きにも問題はありませんし、このまま軌道に乗せていければと思います。馬体重は494キロです」(8/16近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「10日にこちらへ帰場してきました。レースと長距離輸送での疲れが出てきていますので、じっくり疲労の回復に努めています。また、右前橈骨遠位端の骨折と聞いていますが、こちらでも再度獣医に確認してもらい、社台ホースクリニックの都合が付き次第、オペを行う予定です」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟戦の疲れが癒えたパラダイスリーフは坂路での乗り込みを開始。週3日ハロン14秒のところを駆け上がっていますが、特に気になるところはなさそう。暑さ対策をしながらも、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

NF天栄を経由して北海道へやってきたジーナアイリス。右前橈骨遠位端の骨折という診断なので骨片を摘出する手術を近日中に予定しているとのこと。それまでは静養に努め、体力を整えておいて欲しいものです。

2019年8月 9日 (金)

3角から4角にかけてコーナーのキツい新潟・ダ1200mはちょっと忙しかった様子。直線を向く時には余力がなくなり、直線ではジリジリ後退するばかりで12着。レース後、右前橈骨遠位端の骨折が判明。近日中に北海道で手術を行うことに。★ジーナアイリス

2019081200

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜新潟8R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)12着(1番人気) 藤田菜J

五分のスタートから積極的に促して行き、道中は好位の4番手あたりを追走、そのままの位置で直線に向きますが、徐々に後退してしまい、後方でゴールしています。

藤田菜騎手「内にいた他馬が速かったですし、それらを先に行かせて、砂を被らない位置で競馬を進めました。力がある馬だと思っていたので、しっかりとポジションを確保しに行きましたが、道中は促していないと追走に苦労してしまう感じでした。この距離だと周りも速いですし、もう少し距離を延ばして道中溜めを作る競馬をしてあげた方が良いように思います」

田村調教師「斤量が軽かったですし、それを活かしてまずまずの位置取りで運んでくれて、悪くない形だったと思います。ただ、道中の走りを見ると、促していないとポジションをキープ出来ない感じで、この距離は忙しかったですね。新潟のダートだと1200mの次は1800mになってしまって選択肢がないので、1200mに出走させていただきましたが、本質的にはもう1,2ハロン距離が長い方が良いのでしょうね。この後はトレセンでの状態を見て考えますが、一旦放牧に出す方向です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

互角には出たが、行きっぷりがもうひとつ。コーナーでは置かれ気味になり、結局、そのまま失速。距離もあるが、小回りも一息か」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/8日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

田村師「レース後はこちらで馬体を確認したところ、右前膝の部分に触診反応があったのでレントゲン検査を行ったのですが、右前橈骨遠位端の骨折が判明いたしました。敗因は距離だけでは無く、脚元を気にしていたのかもしれません。まずは8日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、脚元の状態を見て北海道・ノーザンファーム空港まで移動することになるでしょう。そして、社台ホースクリニックの都合が付き次第、手術を行ってもらう予定です」(8/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離短縮で更にスピードが生きると見ていたジーナアイリス。中団よりやや前目でレースの流れに乗れたとは思いますが、終始促しながらの追走。そして新潟コースは3角から4角にかけてコーナーがキツいので、スピードが乗ってきたところで外へヨレる場面も。直線を向いた時には既に余力がなくなっており、直線ではジリジリと後退していくのみでした。

久々で若干重目残りも響いたかと思いますが、新潟のダ1200mは忙しかったのは確か。コーナーがそれほどキツくない中山や関西圏(京都・阪神)ならまた結果は違ったとも思います。また、馬力のある馬なので、内田Jのような腕力のある騎手の方がジーナアイリスには合っていると思います。

レース後のジーナアイリスですが、右前膝に触診反応があり、レントゲン検査を行った結果、右前橈骨遠位端の骨折が判明。ダブルパンチを食らうことになってしまいました。今後は骨片摘出手術を行うようでNF天栄経由で北海道は渡ることになります。勝負どころで外へヨレる場面がありましたが、この辺りで脚元を痛めたのかもしれません。全治に関してはハッキリしていませんが、半年から9ヶ月ぐらいは復帰までの時間を要するのかなと思います。

まあ、起ってしまったことは仕方ありませんが、大型馬だけに膝への負担は今後も大きい筈。再発することになったり、馬が加減して走るようになったりするかもしれません。そういうことを想定して、術後は慌てることなく患部の回復に全力を注いでから再始動していく感じでより慎重を期してもらいたいです。また、ジーナアイリス自身もこの休養期間で丈夫さを増してもらわないといけません。

2019年8月 4日 (日)

粒の揃った牡馬相手の昇級戦でどこまでやれるかは未知も、抑え込まずに気分良く走ることができれば通用していい筈。3キロ減で臨める藤田菜Jとのコンビは魅力なので2連勝と行きたい。☆ジーナアイリス

2019061400_20190801133201

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜新潟8R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)6枠11番 藤田菜J

・在厩場所:美浦トレセン 
・調教内容:31日に坂路コースで時計

田村師「31日に坂路コースを1本サラッと登った後、2本目に時計を出しました。最後まで馬なりのままでしたが、動きはしっかりとしていて力強かったですし、息の入りも問題なく、この追い切りで仕上がったと見ています。菜七子(藤田菜七子騎手)騎乗で49キロで出走できるのは大きなアドバンテージだと思いますし、昇級初戦ですが前走くらい走れれば勝ち負けを期待できると思いますから、楽しみにしています」(8/1近況)

助 手 28南P良 54.8- 39.6- 12.4 馬なり余力
助 手 31美坂良 54.5- 40.4- 26.8- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟4日目(08月04日)
8R 3歳上1勝クラス
ダ1200メートル 指定 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ザベストエバー 牡5 57 内田博幸
2 2 シゲルスピネル 牝3 51 川又賢治
2 3 シゲルジルコン 牝3 52 江田照男
3 4 ウインレフィナード 牡3 54 柴田大知
3 5 カッチョエペペ 牝3 52 木幡巧也
4 6 サーストンバーラム 牡3 53 菊沢一樹
4 7 シセイタケル 牡4 57 戸崎圭太
5 8 スリーミネルバ 牝5 52 山田敬士
5 9 セイウンデルレイ 牡4 57 武士沢友治
6 10 シルバーストーン 牡5 57 丸山元気
6 11 ジーナアイリス 牝3 49 藤田菜七子
7 12 サトノユニゾン せ4 56 野中悠太郎
7 13 ブルーオラーリオ 牡5 57 津村明秀 
8 14 スマイルプリティ 牝5 53 木幡育也
8 15 アミュリオン 牡3 54 三浦皇成

○田村師 「距離短縮がいい方に出ました。仕上がりはいいし、昇級でも斤量差を生かせれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りの動きの良さから高いポテンシャルを感じてきたジーナアイリス。それと同時に目に見えない気難しさを抱えていて、レースで実力をフルに発揮することが出来ず。もどかしさが募るばかりでしたが、前走は距離短縮を選択し、道中で変に抑えこむようなことはせず。単純に豊かなスピードを生かすことに専念しました。その結果、相手に恵まれたところはあったとはいえ7馬身差の圧勝。体と気持ちがようやく噛み合って、1勝を掴み取ることが出来ました。

その後はNF天栄でご褒美のリフレッシュ。ソエがぶり返してこないか心配でしたが、頗る良好。元々少し硬さのある馬なので、馬体の解しやすい暑い時季は合っているのでしょう。夏の新潟での出走へ向けて順調に来ることが出来たと思います。

ただ、今回は昇級戦で牡馬相手の1戦。力差が拮抗した粒の揃ったメンバー構成で少しトーンダウンしてしまいましたが、今回は3キロ減でレースへ臨める藤田菜Jとのコンビ。49キロで出走できる恩恵は計り知れません。また、今回は前走から更に200mの距離短縮ですが、府中のダ1600mを走った時の芝の走りは悪くなかったですし、スッと前目の位置でレースの流れに乗れるでしょう。そうなれば変に抑えこむことなく、気分良く走らせてあげてもらえればと思います。

ようやく1つ勝ったことで弾みは付いたので、5週連続で勝ち星を上げている鞍上の勢いを味方に未勝利からの連勝を今回決めて欲しいです。

2019年7月29日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南芝コースで時計
・次走予定:8月3日の新潟・信濃川特別(石橋脩J)

木村師「24日に南芝コースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走し、直線で最内に入れて追い出すと、最後は馬体を並べてゴールしています。直線ではジワジワと加速していく感じで、フットワークは最後までしっかりとしていましたし、追い切りを重ねるに連れて段々と動きは良化してきていますよ。ここまで順調に調整することが出来ていますし、良い状態で来週のレースを迎えられるようこのまま態勢を整えていきます」(7/25近況)

助 手 21美坂稍 57.9- 42.1- 27.6- 13.6 馬なり余力
助 手 24南芝稍 52.1- 38.3- 12.1 G前仕掛け オフウィドゥス(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 26美坂良 62.9- 46.3- 30.3- 14.9 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

調教助手「この中間は坂路コースで軽めのキャンターを行い、体調維持に努めています。24日にも坂路コースでサッと脚を伸ばしましたが、大きな疲れは見られませんでしたし、飼い葉もしっかりと食べてくれています。優先出走権がないので何とも言えないところはありますが、新潟3週目に組まれている牝馬限定の芝2000mが候補の一つだと考えています」(7/25近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Pコースで時計
・次走予定:8月4日の新潟・ダ1200m(藤田菜J)

田村師「24日に南Pコースで併せて追い切りを行いました。道中はジーナアイリスが先行して、直線に向いて外目に持ち出されると、そのまま先着しています。併せた相手は3歳未勝利馬ですが、常に上位に来る馬ですし、その相手を完全に突き放すわけですからとても状態は良いのだと思います。今までよりも更にスピード感が増した走りに加えて、捌きも柔らかくなってきました。来週のレースまで今の状態をキープ出来れば、昇級初戦から十分通用すると思いますよ」(7/25近況)

助 手 21南P良 57.1- 41.4- 12.1 強目に追う
助 手 24南P良 67.6- 51.6- 38.2- 12.2 強目に追う トーセングラン(三未勝)一杯の外0.1秒先行1.0秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは今週末の新潟・信濃川特別に登録済。追い切りに関しては特筆すべき点はありませんが、順調に本数を重ねて良化している様子。心身に幼さを残すので昇級戦+古馬との初対決がどう出るかですが、最後の追い比べに持ち込めれば連勝を伸ばす可能性は高いと思います。

エレンボーゲンは来月11日の新潟・芝2000m(牝馬限定)を目指していますが、優先権のない身なので使えるかどうかは微妙。だからといって枠が入れそうだったら予定を前倒しにするという感じはありません。残されたチャンスは1戦になってくるかもしれませんが、何とか良い状態でレースへ臨めるようにお願いします。

ジーナアイリスは1つ勝ったことが自信に繋がっているのかなと思いますし、悩まされてきたソエの不安が解消したのも大きそう。元々、攻め駆けするタイプですが、動きの良さだけでなく体調の良さが十分伝わってきます。次走はスタートさえ決めれば連勝の可能性は高いかと見ています。藤田菜Jの騎乗での出資馬の初勝利をここで狙いたいです。

2019年7月22日 (月)

次走が来月4日の新潟・ダ1200mに決定。鞍上に藤田菜Jを迎えることになりました。☆ジーナアイリス

2019061400_20190722095801

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:18日に坂路コースで時計
・次走予定:8月4日の新潟・ダ1200m(藤田菜J)

田村師「18日に坂路コースで追い切りを行いました。いつも通り2本登坂させていますが、1本目は少し硬さがあるかなと感じましたが、2本目は解れてきたようで捌きも柔らかかったですね。スッと自分からハミを取ってくれましたし、良い反応を見せてくれていたと思います。昨日の雨の影響でまだ馬場は少し重たかった印象ですが、それを苦にしない走りでもありましたので、ここまでは順調に進められていますね。鞍上は3キロ減の藤田菜七子騎手に依頼しています。49キロという斤量はかなり魅力ですし、スタートを決めて持ち味を存分に活かして欲しいですね」(7/18近況)

助 手 14美坂重 55.1- 40.8- 27.0- 13.3 馬なり余力 ルナエクリプス(新馬)強目を0.3秒追走同入
助 手 18美坂稍 53.8- 40.3- 26.4- 12.6 強目に追う ルナエクリプス(新馬)強目を0.5秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

11日に帰厩したジーナアイリスは早速坂路での追い切りを開始。2歳馬相手に胸を貸している感じですが、活気ある動きを見せてくれているようです。

また、今回の更新で次走の予定が判明。個人的には今週末のダ1200m・牝馬でも良かったのですが、500キロを優に超える馬体の持ち主でさすがに急仕上げは否めないということで1週遅れの来月4日の新潟・ダ1200mを目指すことに。前走より更に距離を縮めることを選択してくれたのは勿論大歓迎ですし、鞍上には藤田菜七子Jを迎えることとなりました。

スタートの上手な騎手ですし、スッと先行できれば1勝馬クラスでもまずは恥ずかしい競馬にはならない筈。現在の心境とすれば、未勝利からの連勝を大いに狙っていって欲しいです。

2019年7月15日 (月)

11日に美浦・田村厩舎へ帰厩しています。☆ジーナアイリス

201907nf

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:11日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第2回新潟開催

田村師「11日にこちらへ帰厩させていただきました。まずは馬体を確認させていただき、翌日から調教を開始していきます。前走後は脚元含めて大きな疲れが出ることもなく、順調に牧場で乗り込みを行えていたようですし、第2回新潟開催の前半で出走させたいと考えています」(7/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離短縮を大いに味方にし、前走の未勝利戦では2着馬に7馬身差をつける完勝を演じたジーナアイリス。その後はご褒美という感じでNF天栄で英気を養ってきましたが、ソエや膝が痛いということもなく元気一杯。これなら早目に次走が迎えられるということで調教をあまり緩めることなく、積極的に乗り進めてきました。1つ勝ったことで馬も自信がついたでしょうし、巡り合わせも良くなってきた感じ。大きなトラブルなく11日に美浦へと戻っています。

今後は新潟の前半での出走へ向けて進めていくとのこと。トレセンでも積極的に乗り進めていけるようなら、開幕週から使えるのでは。個人的には27日の1勝クラスの牝馬限定・ダ1200mで次走を迎えて欲しいです。不器用な馬なので長い距離だと色々考えてしまうようなので、存分にスピードが生かせる短距離で更なる台頭を期待しています。

2019年7月 9日 (火)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は1日置きに周回コースでの乗り運動と、トレッドミルでの軽めのキャンターを行っていましたが、特に問題はなかったので坂路コースでの乗り込みを開始しています。まだ15-15程度ですし、今のところ脚元を含めて不安はありませんが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は496キロです」(7/5近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、脚元に疲れが出ることなく順調ですね。飼い葉もしっかりと食べて、体調面にも不安なところはありませんし、このまま新潟開催での出走に向けて乗り込みを継続していきます。馬体重は540キロです」(7/5近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週2回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ少し促さないといけませんが、ハロン13秒ペースでもまずまず対応できていますし、このまま乗り込んで状態アップを図っていきたいですね。馬体重は491キロです」(7/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは周回コースとトレッドミルを1日交代で繰り返してきましたが、特に気になる点がないことから坂路での乗り込みを開始。ひとまず感触を確かめる程度ですが問題ありません。新聞記事等を見ると、天皇賞・秋に使うことは決まった様子。個人的には前哨戦を使う必要はないと思うので、暑い時季は無理のない範囲で乗り込みを継続できればと考えています。

ジーナアイリスは硬さが残る馬なので、馬体を解しやすい今の時期はホント良さそう。また、1つ勝てたことでジーナアイリスには自信になったと思います。次走でダ1200mに使ってくるようなら連勝の可能性は高いと思うので、帰厩へ向けての仕上げを進めていってもらえればと思います。

ポレンティアは淡々と坂路を乗り込んでいますが、もう少し前向きさが出てきて欲しい感じ。まあ、心配には及びませんし、馬体に1本芯が入ってくれば気持ちも出てきてくれる筈。今はコツコツ乗り込み、馬体にメリハリが出てきてもらいたいです。

2019年7月 1日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は13-13ペースまで脚を伸ばしています。ペースアップ後も順調そのものですし、今のところ次の新潟開催での出走を目標に進めていく方針となっています。馬体重は534キロです」(6/28近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3回コンスタントに坂路調教をこなしています。最後までしっかりとハミを取って走れており、動きには問題ありません。徐々に態勢は整ってきていますし、木村調教師とは次の新潟開催で出走させる方向で打ち合わせています。馬体重は501キロです」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジーナアイリスは暑い時季が合うようで元気一杯。スムーズに負荷を高めることが出来ています。予定では次の新潟開催での出走ということなので、ダ1200mまで距離を縮めてみるのかな? スピードはあるのでむしろ良い方へ向くかもしれません。長い距離だと気難しさというか集中力が足りない感じがしますし。

パラダイスリーフは引き続き与えられたメニューを順調に消化。NF天栄での調教動画を見ましたが、持ったままの手応えでスムーズに加速できているのは頼もしい限り。走ることへの前向きさが大分出てきたように思います。次走は昇級戦で初めての古馬相手と楽ではありませんが、3連勝を決めることが出来れば、秋競馬以降への期待がグッと高まります。この壁をアッサリ乗り越えて欲しいです。

2019年6月23日 (日)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、厩舎から報告を受けていた右トモについては、大きな腫れは見られず特に問題ありません。現在はトレッドミルで軽めに動かしているところですが、しばらくはこれくらいの運動に止め、疲れを取ることに重点を置きたいと思います。馬体重は494キロです」(6/21近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回坂路コースで乗っており、内2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。思ったよりも疲れは見られなかったことから、積極的に調教をこなしていますが、この感じならそれほど時間を空けず次走に向けて進めていけるかもしれませんね。馬体重は541キロです」(6/21近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路コースでの運動をスタートしています。まだハロン15秒程度とそれほど速くはないので何とも言えませんが、今のところ動きそのものは悪くありません。今後も徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は489キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは外傷した右トモの腫れは引いてきたようで問題なさそう。馬体もフックラ良い感じで戻ってきていると思います。あとは暑さに負けないように進めていってもらえればと思いますが、まずはしっかり疲れを取り除いてもらい、十二分にリフレッシュを果たしてもらえればと思います。

ジーナアイリスは順調に負荷を高めることが出来ているのは何より。悩まされてきたソエはもう大丈夫そうです。ただ、次走を使うならどの距離に照準を合わせるのかが難しいところ。新潟で使うのならダ1200mかダ1800mの2鞍のみ。個人的には迷わずダ1200mでスピードを生かしてもらいたいです。また、順調に仕上げっていくのなら、中京の最終日(7/21)尾頭橋特別(ダ1400m)を目指していくことになるのかなと見ています。

脚元に少し疲れが見られたポレンティアですが、時間と共に解消されてきた様子で大丈夫そう。それを受け、この中間から坂路でハロン15秒のところを乗り出しています。あとは本数を重ねて動きの質を高めていってもらえればと思います。物事に少し敏感な面があるところも改善していって欲しいです。

2019年6月 6日 (木)

終わってみればこの距離がベストと思わせる勝ちっぷり。小細工なしに逃げの手に出たことで、道中で力むことなく気分良く走れたことが直線での伸びに繋がる。4戦目にして待望の初勝利。☆ジーナアイリス

2019061400_1

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜東京1R 3歳未勝利・牝馬(ダ1400m)優勝(1番人気) 内田J

好スタートから、少し促してハナを取ります。そのままの位置で進み、楽な手応えで直線に向くと、他馬に影を踏ませぬまま2着馬に7馬身つけて、待望の初勝利を挙げています。

内田騎手「今まではハナに行かずに競馬を教えていましたが、今日はこの馬の持ち味を活かしてハナを奪う形になりました。ハミを抜いて上手く走れていましたが、初めて先頭に立って走ったので、少しフワフワしたところがありましたね。それでも自分のリズムで競馬をすることが出来れば、良い結果に繋がることは今日のレースで分かりましたし、これだけ2着以下に差をつけて勝つのですから、能力のある馬です。上のクラスに行っても、スムーズに走ることが出来れば、十分通用する力は持っているはずですから、今後も楽しみですね」

田村調教師「スピードが有るので、距離を詰めてこの馬のリズムで運べたのが良い結果に繋がったと思います。牝馬限定戦とは言え自分の形になれば、これくらい差をつけて走れるのかと改めてこの馬の能力の高さを感じました。そして、調教の動きから何度もこのクラスの馬では無いと言ってきましたが、それが今日で証明出来てホッとしています。牧場からも良い状態で戻していただきましたし、勝つときは全てがスムーズにいくものです。まずはトレセンで状態を確認させていただいてから、今後のことを決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出かけは硬かったが、スピード上位を示してハナへ。直線を向いても手応えは楽で、追い出されるとポンと弾けて後続を突き放す。距離短縮で能力全開。この勝ち方なら昇級しても楽しみ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:4日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

田村師「先週はありがとうございました。無理させず馬がしっかりしてくるまで待ってあげたことが、今回の走りに繋がったのだと思います。レース後は脚元を含めて大きな問題はありませんでしたが、今回はしっかりと結果を残してくれましたし、いったん放牧に出して心身ともにリフレッシュさせたいと思います」(6/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまで3戦は控える形で競馬を教えていこうという思惑がありましたが、それが道中の力みに繋がり、自分で最後苦しくなっていたジーナアイリス。調教の時計・動きは未勝利にいる馬のものではないですし、前走の先行力なら距離が1ハロン短縮になるのは大いにプラスだと見ていました。それ故、他馬の出方次第では小細工なしに逃げの手に出て欲しいなあと考えていました。

五分のスタートを切ったジーナアイリスと内田Jは軽く促しつつ、二の脚を利かせて前へ。隣のクリノドドンパと先手争いを繰り広げましたが、相手が引いてくれたことでハナヘ。正直、この時点で勝てそうな気がしました。その後も特に絡まれることなくマイペースの逃げ。余力を持って最後の直線を迎えることが出来ました。そして直線で仕掛けられると、少し口向きの悪さを覗かせるも、ラチを頼りながらじわっと加速。見た目のスピード感はなかったですが、後続との差は広がっていくばかり。追って頼りなかった馬ですが、ハナヘ行ったことで道中の力みがなかった分、しっかり伸び切ってくれたと思います。先手を奪いながら最速タイの上がりを披露したジーナアイリスは終わってみれば2着馬に7馬身差をつける圧勝劇。ようやく1つ勝ててホッとしましたが、1勝クラスでも十分通用するモノを見せてくれました。

また、今回のパドックを見ていて、これまでイレ込んでいたジーナアイリスでしたが、落ち着きが出ていたのはビックリ。体質面はまだまだパンとしていないも、この馬なりに気性面で成長が見られたことが結果に直結してくれました。

レース後のジーナアイリスですが、一通りのチェックを行い、既にNF天栄へ放牧に出ています。ソエや膝の状態は完治しているとは言えないので、レースの疲れをしっかり取り除くと共に不安箇所へのケア・治療を重点的に行って欲しいです。

噛み合えば力の秘めることが改めて分かった今回。弱いところを残し、現状の完成度が低い馬ですから、3歳時いっぱいは素質の芽を摘まないように大事に使っていってもらえればと思います。そしてまだまだ上のクラスへ出世していって欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ