2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ジーナアイリス」の82件の投稿

2019年10月 9日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同じ調教メニューを続けています。先週もお伝えした通り、涼しくなってきたことで状態は上がってきましたよ。そろそろハロン13秒までペースアップできると思います。馬体重は505キロです」(10/4近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「予定通り、運動時間を増やしています。まだ脚捌きを見ても本来の動きではありませんが、患部の経過は良好ですので、この調子で進めていきます。あとは脚元のことを考えても、もう少し体が絞れてきて欲しいですね。馬体重は584キロです」(10/4近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回京都開催、もしくは第5回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていますし、この中間も坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。心身ともに良い状態を保っていますし、このまま問題なければ第5回京都開催、もしくは第5回阪神開催を目標にトレセンへ戻す方向で高野師と話し合っています。馬体重は510キロです」(10/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは引き続き好調。そろそろ坂路で13秒台まで伸ばすみたいなので、ここを踏ん張れば帰厩の見通しが立ってくることでしょう。

ジーナアイリスはウォーキングマシンでの運動時間を延長。ひとまず患部の経過は良好ですが、馬体重が増え過ぎているのがやはり悩ましいところ。これから汗を掻き辛い季節になっていきますし。他馬のペースよりも時間を掛けて進めていって欲しいです。

クレッセントムーンは坂路でハロン15秒のところを乗り出していますし、順調そのもの。ただ、良くなる余地を多く残している馬だと思うので、レース間隔をしっかり取り、その間にコツコツと心身の成長を促してもらえればと思います。個人的には次走は暮れの阪神まで待機して欲しいです。

2019年10月 2日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も先週と同様の調教メニューで調整を続けています。だいぶ涼しくなってきたことで、体調面は上向いてきましたし、それに伴い坂路調教の動きも良化してきましたね。暑い時期が苦手なタイプかもしれません。様子を見ながら徐々にペースアップしていきます。馬体重は506キロです」(9/27近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「運動を制限していますから、多少の体重増加は仕方ありませんね。当然馬体も緩さが目立つようになってきていますので、脚元に負担が掛からないよう努めていきます。この中間はウォーキングマシンでの運動を始め、来週からは更に運動時間を増やしていきます。馬体重は581キロです」(9/27近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「先週から坂路でハロン15秒の乗り込みをスタートしましたが、その後も問題なく、以前に増して動きに力強さが出てきましたね。歩様もシャキッとしていますし、ボンディマンシュなりに成長していると思います。中内田師から来週か再来週の検疫でトレセンに戻したいと連絡を受けていますので、移動に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は512キロです」(9/27近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「こちらに戻ってきた後も大きなダメージはなく、疲れはすぐ回復しましたので、今週から乗り出しています。その後も問題ないですし、馬体が緩まないように週半ばから坂路で15-15を開始しました。早めにひと息入れればスムーズに調教を進められるので、しっかりするまではこの形で進めていく方が良さそうですね。馬体重は503キロです」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは涼しくなってきたことで活気が戻り、体調&動きは良化。これからは更に上昇していくのみなので、1日でも早く帰厩できるようにドンドン進めていってもらいたいです。

ジーナアイリスはウォーキングマシンでの運動を開始。少しずつ時間を延ばしながら負荷を掛けていってもらえればと思います。また、馬体重の増加は致し方ないも、食欲旺盛な馬なのでこれ以上増えるようだと制限をかけることも検討して欲しいです。

ボンディマンシュは近々帰厩することになりそう。動き等に関しては短い期間でも成長を感じるようですが、最後の直線でラチへヨレたりする気の悪さを抱えているので精神面の充実・成長をより重視して取り組んで欲しいです。

レース後、暑さからかなりクタッとしていたクレッセントムーンですが、そのダメージが尾を引くことがなかったのは一安心。早速、坂路で15-15を乗れているので、帰厩の声が届くまで丹念に乗り込むことで更なる成長・良化を遂げてもらいたいです。

2019年9月24日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から更にペースを上げ、週3回ハロン14秒で登坂しています。体調面は安定していますし、ようやく軌道に乗ってきた感じですね。ただ、元々調教では行きっぷりの良い方ではありませんが、それを考慮してもまだモタモタした感があるので、もう少し乗り込みが必要でしょう。馬体重は506キロです」(9/20近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「この中間もトレッドミルでの常歩を行っています。先週から少し運動時間を増やしていますが、良い意味で変わりはありません。歩様も安定しており、来月には更に負荷を掛けた調教メニューを行えるでしょう。馬体重は575キロです」(9/20近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に調教が進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。涼しくなってきたのと同時に調子が上向いてきましたし、ペースアップ後もしっかり対応しています。来月早々には帰厩する方向で中内田充正調教師と話し合っていますので、移動に備えながら、乗り込んでいきたいと思います。馬体重は510キロです」(9/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは負荷を少し高め、週3日坂路でハロン14秒の調教を乗り込み中。動きはもう一つピリッとしませんが、これから本数を重ねていけば良くなってくれるでしょう。ようやく軌道に乗ってきました。

ジーナアイリスは引き続きトレッドミルでの軽めの運動。特に悪い変化は見受けられないので、ゆっくりながらも負荷を高めていけると思います。あとは馬体重が増え過ぎないようにそろそろ注意して欲しいです。

ボンディマンシュはロードカナロア産駒らしく暑さが和らいできたことで動き&状態は上昇ムード。ハロン15秒の調教を開始しましたが、難なく対応してくれている様子です。来月早々には厩舎へ戻るようなので、与えられたメニューをしっかりこなし、その時を待ってもらえればと思います。

2019年9月16日 (月)

シルクなお馬さん(北海道組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「この中間は獣医に患部を再度確認してもらった後、トレッドミルで常歩を行っています。調教メニューが変わってから日が浅いこともあり、少し戸惑う部分は見られるものの、状態は良い意味で変わりませんね。まだ長時間動かすことは出来ませんが、この調子で徐々に負荷を掛けていきたいと思います。馬体重は568キロです」(9/13近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回トレッドミルでキャンター、週4回ウォーキングマシン

担当者「引き続きトレッドミルとウォーキングマシンでの運動を行っていますが、7月末に痛めた左飛節の状態は良好ですね。とは言え体の大きい馬で、一気に負荷を掛けて再度痛みが出てきてしまっても良くないですから、少しずつペースアップしていきたいと思います」(9/13近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間からは坂路調教に入っております。ハロン16秒ペースとそこまで速いところは行っていませんが、周回コースでここまで基礎体力強化を図ってきたことで、終いまで良い脚色で登坂出来ていますね。ただ、トモが甘いからか時折走りがバラバラになってしまうことがありますので、その点を修正していきたいです。馬体重は504キロです」(9/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジーナアイリスは1歩前進してトレッドミルで軽めの運動を開始。少し戸惑うところを見せているようですが、患部には悪い影響は出ていません。ただ、焦りは禁物なので、ストレス発散の運動という感じでひとまずは進めていって欲しいです。

ディランズソングはトレッドミルとウォーキングマシンで軽めの運動を継続中。7月末に痛めた左飛節は安定した状態をキープ。獣医師の判断を仰ぎながら、じわじわ負荷を高めていってもらえればと思います。あとは無駄に太らせないようにも注意して欲しいです。

周回コースで脚慣らしをしていたパーフェクトルールはこの中間から坂路調教を解禁。ひとまず普通キャンターより少し早いところを乗って感触を確かめていますが、思いのほか、最後まで脚色はしっかり。ただ、その一方でトモの甘い走りから、走りのバランスを乱すようなことも見受けられるとのこと。しばらくの間は無理にペースアップはせず、現在のメニューを余裕を対処できるように地道に取り組んでもらえればと思います。

2019年9月10日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末から坂路調教を開始し、今週からハロン15秒ペースで登坂しています。一時は熱中症のような症状を見せたので、ペースを落としていましたが、現在のところ体調面は安定しています。ただ、気持ちの問題なのか、動きにはあまり活気がありませんので、これから徐々に良化を図っていきたいと思います。馬体重は502キロです」(9/6近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:曳き運動

担当者「その後も患部の状態に問題はなかったですし、獣医からの許可も出たことから、予定通り今週から曳き運動を開始しています。一つステップアップ出来たのは何よりですし、引き続き獣医と相談しながら、無理のない範囲でペースアップを図っていければと思います。馬体重は558キロです」(9/6近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、体調は問題なく元気もありましたので、今週から周回コースで乗り出しています。週半ばから坂路にも入れていますが、このまま進めて行っても問題なさそうなので、徐々に負荷を掛けながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は516キロです」(9/6近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回新潟開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「斉藤崇師から、このまま変わりなければ来週か再来週の検疫で帰厩させたいと指示がありました。この中間から更に負荷を掛けた乗り込みを行っており、坂路で14-14からラスト1ハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。乗り出してからも脚元の状態は変わりなく順調そのものです。少し時間が掛かってしまいましたが、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は521キロです」(9/6近況)

⇒⇒10日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑さが応えて動きに精彩さを欠いていたパラダイスリーフでしたが、軽めの調整で馬体重を戻し、現在はハロン15秒の調教を消化。順調に回復出来たと思いますが、動きには物足りなさも。気持ちが萎えている部分があるのでコツコツ乗り込んで前向きさを促してもらえればと思います。

馬房で静養に努めていたジーナアイリスですが、獣医師の許可が出た為、曳き運動を開始。軽く動かすことでもストレスは発散出来ると思うので、気持ちの面で良い意味で余裕が出てくれればと思います。ただ、復帰への道のりはまだまだ遠いです。

ボンディマンシュは小倉戦の疲れが癒え、トレッドミルと併用ながら騎乗運動を再開。体調も良い意味で安定していますし、着実に負荷を高めていくことが出来るでしょう。ただ、ダ1400mに使おうとなると相応の節(レース間隔)が必要なのがネックです。

アマネセールは9日の最新情報で本日10日にトレセンへ戻ることに。右前肢の球節付近の腫れで時間が掛かってしまいましたが、症状がぶり返すことはなかったですし、ここ最近は本数を重ねてきたことでこの馬らしい素軽さも出てきました。少し休養が長引きましたが、まだまだ上を目指せると思うので、古馬との初対決となる次走でどういうレースを見せてくれるかちょっと楽しみです。

2019年9月 1日 (日)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター 

天栄担当者「先週一杯はウォーキングマシンで様子を見ていましたが、徐々に回復してきていることから、今週は周回コースで軽めのキャンターを行っています。ただ、まだ完全に疲れが抜けたわけではありませんし、今後も状態に合わせてじっくりと進めていきたいと思います。馬体重は502キロです」(8/30近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「この中間は舎飼で様子を見ています。術後の経過は良好で、精神面も安定しており、熱発等もありませんね。レースの疲れが抜けたことで、入場時よりも飼い葉を食べており、良い状態ですよ。来月上旬には曳き運動に入り、早ければ下旬にもウォーキングマシンでの運動を行えそうです。馬体重は558キロです」(8/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

動きに精彩を欠き、馬体が細くなってしまったパラダイスリーフでしたが、早目に余裕を持たせたことで徐々に回復。現在は周回コースで軽めのキャンターを消化中。まだ安心は出来ませんが、気候が涼しくなってきているので、再度悪い方へ向かうことはほぼないと思います。もう少しの間、状態を見守ってから、負荷をどんどん高めていってもらえればと思います。

ジーナアイリスは手術を行ってまもないですが、経過は良好で落ち着きもあるとのこと。ただ、複数個所を骨折していたので全てが良い方へ向かっているのかをしっかり調べる必要はあるでしょう。あとは食欲旺盛な馬なので太らせ過ぎないようにお願いします。

2019年8月26日 (月)

検査を行った結果、4か所もの骨折が新たに判明。21日に骨片除去手術を終えていますが、復帰となるとかなり時間を要しそう。★ジーナアイリス

2019061400_20190826064601

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港

担当者「レースの疲れは取れて、状態が上がってきたことから、再度獣医に脚元を詳しく診てもらったところ、右前橈側手根骨と中間手根骨に加え、左前第3手根骨と中間手根骨の骨折も判明いたしました。ですので、21日に社台ホースクリニックにて骨片除去手術を行い、無事に終了しています。トレッドミル開始まではおよそ2ヶ月の見込みですが、患部の状態を見ながら今後も進めていきます」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前橈骨遠位端の骨折との診断で北海道へ移動し、手術を受けることになっていたジーナアイリスですが、改めて脚元の検査を受けた結果、右前橈側手根骨と中間手根骨に加え、左前第3手根骨と中間手根骨の骨折と両前脚に複数の骨折が判明したのは正直引くほどの驚き。

21日に社台ホースクリニックで骨片除去手術は終えていますが、全治に関しては不明。トレッドミル開始まではおよそ2ヶ月ほど掛かるようですし、順調に進めていったとしても9ヶ月ぐらいは掛かりそう。今のところは1年ぐらい掛かると思っていた方がむしろ気は楽かもしれません。ここでしっかり休ませることによって、骨折箇所の完治と弱さが残る体質面の強化をぜひ叶えてもらいたいです。

2019年8月21日 (水)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースでの運動開始後も疲れは見せなかったですし、今週から坂路コースでの運動を始めています。現在は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、動きにも問題はありませんし、このまま軌道に乗せていければと思います。馬体重は494キロです」(8/16近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「10日にこちらへ帰場してきました。レースと長距離輸送での疲れが出てきていますので、じっくり疲労の回復に努めています。また、右前橈骨遠位端の骨折と聞いていますが、こちらでも再度獣医に確認してもらい、社台ホースクリニックの都合が付き次第、オペを行う予定です」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟戦の疲れが癒えたパラダイスリーフは坂路での乗り込みを開始。週3日ハロン14秒のところを駆け上がっていますが、特に気になるところはなさそう。暑さ対策をしながらも、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

NF天栄を経由して北海道へやってきたジーナアイリス。右前橈骨遠位端の骨折という診断なので骨片を摘出する手術を近日中に予定しているとのこと。それまでは静養に努め、体力を整えておいて欲しいものです。

2019年8月 9日 (金)

3角から4角にかけてコーナーのキツい新潟・ダ1200mはちょっと忙しかった様子。直線を向く時には余力がなくなり、直線ではジリジリ後退するばかりで12着。レース後、右前橈骨遠位端の骨折が判明。近日中に北海道で手術を行うことに。★ジーナアイリス

2019081200

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜新潟8R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)12着(1番人気) 藤田菜J

五分のスタートから積極的に促して行き、道中は好位の4番手あたりを追走、そのままの位置で直線に向きますが、徐々に後退してしまい、後方でゴールしています。

藤田菜騎手「内にいた他馬が速かったですし、それらを先に行かせて、砂を被らない位置で競馬を進めました。力がある馬だと思っていたので、しっかりとポジションを確保しに行きましたが、道中は促していないと追走に苦労してしまう感じでした。この距離だと周りも速いですし、もう少し距離を延ばして道中溜めを作る競馬をしてあげた方が良いように思います」

田村調教師「斤量が軽かったですし、それを活かしてまずまずの位置取りで運んでくれて、悪くない形だったと思います。ただ、道中の走りを見ると、促していないとポジションをキープ出来ない感じで、この距離は忙しかったですね。新潟のダートだと1200mの次は1800mになってしまって選択肢がないので、1200mに出走させていただきましたが、本質的にはもう1,2ハロン距離が長い方が良いのでしょうね。この後はトレセンでの状態を見て考えますが、一旦放牧に出す方向です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

互角には出たが、行きっぷりがもうひとつ。コーナーでは置かれ気味になり、結局、そのまま失速。距離もあるが、小回りも一息か」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/8日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

田村師「レース後はこちらで馬体を確認したところ、右前膝の部分に触診反応があったのでレントゲン検査を行ったのですが、右前橈骨遠位端の骨折が判明いたしました。敗因は距離だけでは無く、脚元を気にしていたのかもしれません。まずは8日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、脚元の状態を見て北海道・ノーザンファーム空港まで移動することになるでしょう。そして、社台ホースクリニックの都合が付き次第、手術を行ってもらう予定です」(8/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離短縮で更にスピードが生きると見ていたジーナアイリス。中団よりやや前目でレースの流れに乗れたとは思いますが、終始促しながらの追走。そして新潟コースは3角から4角にかけてコーナーがキツいので、スピードが乗ってきたところで外へヨレる場面も。直線を向いた時には既に余力がなくなっており、直線ではジリジリと後退していくのみでした。

久々で若干重目残りも響いたかと思いますが、新潟のダ1200mは忙しかったのは確か。コーナーがそれほどキツくない中山や関西圏(京都・阪神)ならまた結果は違ったとも思います。また、馬力のある馬なので、内田Jのような腕力のある騎手の方がジーナアイリスには合っていると思います。

レース後のジーナアイリスですが、右前膝に触診反応があり、レントゲン検査を行った結果、右前橈骨遠位端の骨折が判明。ダブルパンチを食らうことになってしまいました。今後は骨片摘出手術を行うようでNF天栄経由で北海道は渡ることになります。勝負どころで外へヨレる場面がありましたが、この辺りで脚元を痛めたのかもしれません。全治に関してはハッキリしていませんが、半年から9ヶ月ぐらいは復帰までの時間を要するのかなと思います。

まあ、起ってしまったことは仕方ありませんが、大型馬だけに膝への負担は今後も大きい筈。再発することになったり、馬が加減して走るようになったりするかもしれません。そういうことを想定して、術後は慌てることなく患部の回復に全力を注いでから再始動していく感じでより慎重を期してもらいたいです。また、ジーナアイリス自身もこの休養期間で丈夫さを増してもらわないといけません。

2019年8月 4日 (日)

粒の揃った牡馬相手の昇級戦でどこまでやれるかは未知も、抑え込まずに気分良く走ることができれば通用していい筈。3キロ減で臨める藤田菜Jとのコンビは魅力なので2連勝と行きたい。☆ジーナアイリス

2019061400_20190801133201

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

日曜新潟8R 3歳上1勝クラス(ダ1200m)6枠11番 藤田菜J

・在厩場所:美浦トレセン 
・調教内容:31日に坂路コースで時計

田村師「31日に坂路コースを1本サラッと登った後、2本目に時計を出しました。最後まで馬なりのままでしたが、動きはしっかりとしていて力強かったですし、息の入りも問題なく、この追い切りで仕上がったと見ています。菜七子(藤田菜七子騎手)騎乗で49キロで出走できるのは大きなアドバンテージだと思いますし、昇級初戦ですが前走くらい走れれば勝ち負けを期待できると思いますから、楽しみにしています」(8/1近況)

助 手 28南P良 54.8- 39.6- 12.4 馬なり余力
助 手 31美坂良 54.5- 40.4- 26.8- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟4日目(08月04日)
8R 3歳上1勝クラス
ダ1200メートル 指定 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ザベストエバー 牡5 57 内田博幸
2 2 シゲルスピネル 牝3 51 川又賢治
2 3 シゲルジルコン 牝3 52 江田照男
3 4 ウインレフィナード 牡3 54 柴田大知
3 5 カッチョエペペ 牝3 52 木幡巧也
4 6 サーストンバーラム 牡3 53 菊沢一樹
4 7 シセイタケル 牡4 57 戸崎圭太
5 8 スリーミネルバ 牝5 52 山田敬士
5 9 セイウンデルレイ 牡4 57 武士沢友治
6 10 シルバーストーン 牡5 57 丸山元気
6 11 ジーナアイリス 牝3 49 藤田菜七子
7 12 サトノユニゾン せ4 56 野中悠太郎
7 13 ブルーオラーリオ 牡5 57 津村明秀 
8 14 スマイルプリティ 牝5 53 木幡育也
8 15 アミュリオン 牡3 54 三浦皇成

○田村師 「距離短縮がいい方に出ました。仕上がりはいいし、昇級でも斤量差を生かせれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追い切りの動きの良さから高いポテンシャルを感じてきたジーナアイリス。それと同時に目に見えない気難しさを抱えていて、レースで実力をフルに発揮することが出来ず。もどかしさが募るばかりでしたが、前走は距離短縮を選択し、道中で変に抑えこむようなことはせず。単純に豊かなスピードを生かすことに専念しました。その結果、相手に恵まれたところはあったとはいえ7馬身差の圧勝。体と気持ちがようやく噛み合って、1勝を掴み取ることが出来ました。

その後はNF天栄でご褒美のリフレッシュ。ソエがぶり返してこないか心配でしたが、頗る良好。元々少し硬さのある馬なので、馬体の解しやすい暑い時季は合っているのでしょう。夏の新潟での出走へ向けて順調に来ることが出来たと思います。

ただ、今回は昇級戦で牡馬相手の1戦。力差が拮抗した粒の揃ったメンバー構成で少しトーンダウンしてしまいましたが、今回は3キロ減でレースへ臨める藤田菜Jとのコンビ。49キロで出走できる恩恵は計り知れません。また、今回は前走から更に200mの距離短縮ですが、府中のダ1600mを走った時の芝の走りは悪くなかったですし、スッと前目の位置でレースの流れに乗れるでしょう。そうなれば変に抑えこむことなく、気分良く走らせてあげてもらえればと思います。

ようやく1つ勝ったことで弾みは付いたので、5週連続で勝ち星を上げている鞍上の勢いを味方に未勝利からの連勝を今回決めて欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ