最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ロードエース」の73件の投稿

2019年2月13日 (水)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月24日(日)中山・ブラッドストーンS・混合・ダ1200mに三浦騎手で予定しています。

○松下調教師 「力んで一生懸命に駆けるだけに、1戦毎のダメージが大きい印象。もう少しリラックスして走れればベターですね。身体はデキている状況。今しばらくは余裕を持たせましょう。今度は関東圏での競馬。三浦騎手との新コンビが決まっています」

Photo_6 ロードダヴィンチ

2月6日(水)稍重の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン51.7-38.1-12.3 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を1秒0先行して首遅れ。短評は「気合乗り上々」でした。2月16日(土)小倉・4歳上500万下・ダ1700mもしくは2月17日(日)小倉・4歳上500万下・ダ1700mに予定しています。

○田代調教助手 「2月6日(水)にサッと時計をマーク。具合は良い意味で平行線と言えるでしょう。来週のレースにスタンバイ。コース形態も合っている印象だけに、小倉へ向かおうと思っています。土、日にダート1700mが1鞍ずつ。乗り役を調整中です」

≪調教時計≫
19.02.06 吉田隼 栗CW稍 51.7 38.1 12.3 馬なり余力 キラーコンテンツ(古馬1000万)馬なりの外1秒0先行首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、回復に努めているエースですが、12日に坂路で初時計をマークできているので状態面でそれほど心配するようなことはないでしょう。次走は三浦Jとの初コンビを予定。良いスピードがあるので、芝スタートに注意してもらうぐらいで良いのかなと思います。力の要る中山のダートはむしろ合っているのかなと見ています。

ダヴィンチは週末の小倉戦を予定。どちらに使うかは相手関係を見極めてということでしょうが、重賞が行われる日曜日よりも土曜日の方が相手は恵まれそう。鞍上はおそらく吉田隼Jに落ち着くと思います。ひと叩きして動きは良くなっているので、改めてダートでどういう走りを見せてくれるか楽しみにしたいです。

2019年2月 1日 (金)

最後は盛り返してくるも、直線で行き場を失って外へ立て直すロスに泣く。ちょっと勿体ない競馬も、スピードはこのクラスでも十分通用することは証明。この経験が先々に繋がってくれれば。☆ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

1月26日(土)京都11R・橿原S・混合・ダ1200mに福永Jで出走。16頭立て3番人気で1枠2番からハイペースの道中を4、2、2番手と進み、直線では最内を通って0秒4差の4着でした。馬場は良。タイム1分12秒1、上がり37秒0。馬体重は2キロ増加の510キロでした。

○福永騎手 「手綱を抑えている間は我慢が利いていました。ただ、追い出してから砂を被るのを嫌がる素振り。とても良い馬で準オープンは早い段階で勝ち抜けるでしょう。だからこそ今のうちに慣れさせるのがベター。それが先々もっとクラスが上がった際に生きるのでは・・・」

○河北調教助手 「勝負処で幾らか窮屈な場面。内枠だっただけに仕方ない部分かも知れません。でも、そこから盛り返す格好。現級で十分に通用する力は示せたでしょう。本日、先生は他場へ。ひとまず厩舎へ戻って具合を確かめ、その上で今後のプランを相談・・・ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。好位のインでスムーズに流れに乗れたし、直線で外目に持ち出すと、渋太く伸びた。昇級戦とすれば、合格点が与えられる内容。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月24日(日)中山・ブラッドストーンS・混合・ダ1200mに予定しています。

○松下調教師 「本命視されていた馬が除外で混戦模様に。もう少しスムーズだったら・・・でしたね。背腰が幾らか疲れ気味ながら、それ自体は許容範囲と言えそう。続戦で行きたいと思います。近々に組まれるダ1200m戦は中3週。中山を予定しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回は準OPへの昇級戦でしたが、TMでロードエースに◎印を付ける人がチラホラ。前走ぐらい走れば、そんなに見劣ることはないだろうと思っていました。

前走から更に馬体重が増え過ぎているとちょっとどうかな?と見ていましたが、プラス2キロでの出走。追い切りで軽快な動きを見せていましたし、これぐらいが適正なのかなと思います。

スタートはそれほど速くなかったですが、二の脚がスッと付いて3番手の内をキープ。レースの流れにも難なく対応し、道中は持ったままの手応え。楽な感じで直線を迎えることが出来ました。ただ、今回は3着に入ったジャスパープリンスに上手に蓋をされてしまい、直線で外へ持ち出すロス。追い出しが遅れてしまいましたし、その際に砂を被ったことでやや減速しまうことに。ただ、このまま沈んでしまうのかなと見ていたら、そこから盛り返すように渋太さを見せて4着へ。立ち回り一つで勝ち負け出来ていたように思いますが、先々を見据えれば良い経験になったと思います。スピードはこのクラスでも十分通用することは証明できたと思います。

レース後のロードエースですが、クタッと大きく落ち込むような面はなし。背腰を中心にしっかりケアを施してくれれば問題ないでしょう。今後は在厩調整を続け、中3週のローテで中山・ブラッドストーンSへ。長距離輸送は2歳時に福島へ連れて行っているので問題はないでしょうが、中山のダ1200mは芝スタート。今回のような二の脚は期待できないでしょう。次走は外目の枠を引きあてて、内で揉まれ込んでしまうことは避けたいです。

スムーズな競馬が出来れば、今回の4着から着実に前進することは必至。暑さに弱い馬なのでデキが落ちてくる前にOP入りを決めて欲しいというのが率直な願いです。

2019年1月26日 (土)

準OPへの昇級戦で強い相手に揉まれる必要があるも、前走から更なる成長・進化を感じる調教過程。今の勢いは大いに魅力。☆ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

1月26日(土)京都11R・橿原S・混合・ダ1200mに福永Jで出走します。1月23日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.9-40.5-25.5-12.4 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「久々も力強く」でした。発走は15時35分です。

○松下調教師 「先週の時点でデキており、1月23日(水)はサッと。順調に来られたと思います。多少レース間隔は空いたものの、その部分に関しては問題なし。ただ、昇級戦ですからね。デキ自体は良い感じだけに、どのぐらい現状で走れるか・・・でしょう」

≪調教時計≫
19.01.23 助手 栗東坂良1回 56.9 40.5 25.5 12.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回京都1日目(01月26日)
11R 橿原S
サラ ダ1200メートル 4歳上1600万下 指定 混合 定量 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ニホンピロヘーゼル 牝6 55 高倉稜
1 2 ロードエース 牡4 56 福永祐一
2 3 サーティグランド せ7 57 水口優也
2 4 ストロベリームーン 牝5 55 武豊
3 5 メイショウツレヅレ 牝10 55 川須栄彦
3 6 プレシャスルージュ せ7 57 浜中俊
4 7 ジャスパープリンス 牡4 56 松山弘平
4 8 タガノアム 牝4 54 岡田祥嗣
5 9 ガンジー 牡8 57 小牧太
5 10 カネトシビバーチェ 牝8 55 川島信二
6 11 スミレ 牝6 55 池添謙一
6 12 メイショウオルソ 牡6 57 太宰啓介 
7 13 プレシャスエース 牡6 57 古川吉洋
7 14 ディープミタカ 牡8 57 坂井瑠星
8 15 ベルクリア 牝6 55 和田竜二
8 16 ゼンノサーベイヤー 牡6 57 藤岡佑介

○河北助手 「放牧明けだけど、順調にきているし、仕上がり良好。前走の勝ちっぷりが良かった。昇級してもやれる感触はあるからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー時からスッと前へ行って楽に追走できるスピードの高さを見せていたロードエース。3回敗れてはいますが、芝適性のなかった福島2歳S、後手を踏んだしまったダ1400m、初めての古馬相手で一頓挫があり、更に暑さに参って本調子にほど遠かった箕面特別と明確な敗因のあるものばかり。それらを度外視すれば、ダ1200mではまだまだ底を見せていません。特に前走は勝負どころで砂を被って嫌がる面こそ見せましたが、余力十分に抜け出して1分11秒3の勝ち時計。今回もこれぐらい走れれば、恥ずかしい競馬にはならないと思います。

また、前走はプラス14キロでの出走でしたが、暑さに悩まされることがなくなったのでカイ食いが良くなり、馬格に似合うボリュームが備わったもの。完全に軌道に乗ってきたと言えるでしょう。

前走後はクタッとする前に一息入れて充電。相応の疲れはあったも、以前より逞しさが増したことで回復スピードがアップ。着実に負荷を高めていくことが出来、今回の放牧を経て、更にもう1段階、成長することが出来ていると思います。実際、帰厩後の追い切りでは馬なりでサッと流した程度で好時計をマーク。上がりも12秒4で進化を感じさせるもの。準OPへの昇級戦は楽ではありませんが、今の勢いは大いに魅力です。

また、相手関係に目をやると、特別登録の段階で人気を集めそうだったスズカコーズラインが唯一の除外馬に。これは何気に大きいです。また、ゼンノサーベイヤーなど人気を集める馬のスピードは侮れないも、それらを前に見ながら競馬が出来るのはプラス。あとは今回もスムーズに手前を替えてくれれば、良い勝負が出来ると思います。

昇級戦なので過度の期待は控えますが、強豪相手に臆することなく立ち向かっていって欲しいです。

2019年1月21日 (月)

ロードなお馬さん(4歳・入厩組)

Photo_6 ロードエース

1月17日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.0-38.3-24.7-12.2 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月26日(土)京都・橿原S・混合・ダ1200mに福永騎手で予定しています。

○松下調教師 「出走予定の1週前。1月17日(木)はビシッと気合いを付けています。動き、タイム共に申し分なし。ボリュームも維持できており、ここまではイメージ通りです。今朝の一追いで殆んど態勢が整った印象。あとは微調整でOKかも知れません」

≪調教時計≫
19.01.17 助手 栗東坂良1回 53.0 38.3 24.7 12.2 一杯に追う

Photo_6 シグナライズ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月3日(日)東京・4歳上1000万下・混合・芝1400mに北村友一騎手で予定しています。

○田代調教助手 「前走が悪くない競馬でしたからね。短期放牧を挟んだものの、良い意味で具合は平行線。当時の状態は維持できており、テンションも上がっていませんよ。1月17日(木)は普通キャンター。週末から徐々にペースを速めて行こうと思います」

≪調教時計≫
19.01.18 助手 栗東坂稍1回 56.3 39.8 25.5 12.7 馬なり余力

Photo_6 ロードダヴィンチ

1月16日(水)良の栗東・ダートBコースで6ハロン87.5-70.7-54.6-40.7-12.3 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を0秒4追走して0秒2先着。短評は「もう一追い欲しい」でした。1月26日(土)中京・4歳上500万下・ダ1800mにルメール騎手で予定しています。

○田代調教助手 「1月16日(水)はBコースで。長目に乗って息を作るような内容でした。及第点の動きを見せており、砂の走りは悪くない感じ。先行力も秘めるだけに、試す価値は十分でしょう。ルメール騎手が乗れそう。来週の中京へ行きたいと思います」

≪調教時計≫
19.01.16 助手 栗東B良 87.5 70.7 54.6 40.7 12.3 馬なり余力 エイカイキング(古馬500万)末強目の内0秒4追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牡馬の2頭は今週末の出走へ、牝馬のシグナライズは来週の出走を予定。

暑さに滅法弱いエースですが、逆に寒いこの時季は元気一杯。坂路での追い切りはひと追い毎に良くなっていますし、時計も上々。準OPで揉まれる必要はあるかと思いますが、今の勢いは頼もしいですし、今年の飛躍を期待したくなります。まずはメドの立つ走りは最低見せて欲しいです。

シグナライズの次走の舞台は前走と同じ。鞍上も一緒ですから、前走のロスの多さを反省して結果に結びつけて欲しいところ。前に壁を作れば、最後はなかなか良い脚を繰り出せることが分かったので、今回も内目の枠をまずは引き当てて欲しい。

ダヴィンチは16日の追い切りでダートの走りを確認。感触は悪くないと思いますが、10数頭と一緒に走る実戦でも良い雰囲気を維持できるかが1つポイント。秘めたる能力は高いと思うのですが、前走のように不可解な敗戦もある馬なので。砂を被った時の心配は残ります。まあ、そこは鞍上の手腕に託したいところです。

2019年1月14日 (月)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードエース

1月10日(木)稍重の栗東・坂路コースで1本目に53.5-38.9-25.2-12.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。1月26日(土)京都・橿原S・混合・ダート1200mに福永騎手で予定しています。

○松下調教師 「1月10日(木)の坂路は時計が掛かり気味。そんな中を馬なりでスッと上がって来ましたからね。ここ2戦が大きく馬体重を増やしながらの好走。帰厩後は更に数字がプラスを示しており、充実期を迎えているのかも知れません。順調そのもの」

≪調教時計≫
19.01.10 助手 栗東坂稍1回 53.5 38.9 25.2 12.4 馬なり余力

Photo_6 ロードダヴィンチ

1月9日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に56.7-40.0-25.2-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して頭先着。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「順調に調教を消化。本数を重ねるに連れて徐々に良化を遂げている印象です。1月9日(水)も余力十分に登坂。このまま無事に運べば再来週ぐらいには態勢が整うかも知れませんね。ワンペースなタイプ。次はダートも含めて考えています」

≪調教時計≫
19.01.09 助手 栗東坂稍1回 56.7 40.0 25.2 12.5 馬なり余力 シャドウアロング(3歳新馬)一杯に0秒1先行頭先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

再来週の京都・橿原Sを予定しているエースですが、力の要る馬場となった10日の坂路で馬なりで好時計をマーク。しっかり加速出来ているのが素晴らしいです。また、この中間、更に馬体が大きくなっている様子。それでいてこれだけ動けるのですから、充実してきている証なんでしょう。あとは結果が伴ってくれることを願うばかりです。

帰厩後、相手に合わせる形で追い切りを消化しているダヴィンチですが、動きは悪くありません。これから本数を重ねていけば、素軽さ+力強さが増していってくれるでしょう。次走の予定は出ていませんが、順当に良化を辿れば、再来週には出走できるのかなと思います。砂を被った時に不安はありますが、新味を引き出す為に次走はやはりダートでお願いしたいです。

2019年1月 6日 (日)

ロードなお馬さん(入厩馬・追い切り時計)

Photo_6 ロードヴァンドール

≪調教時計≫
18.12.28 助手 栗東坂良1回 64.1 45.5 28.8 14.1 馬なり余力
18.12.31 太 宰 栗東坂稍1回 56.2 40.3 26.2 12.9 馬なり余力
19.01.03 助手 栗CW良 80.5 66.0 52.2 39.1 12.7 一杯に追う ライトオンキュー(古馬500万)馬なりの外0秒6先行3F付0秒4遅れ

Photo_6 ロードイヒラニ

≪調教時計≫
18.12.28 助手 栗東坂良2回 61.0 44.5 29.5 14.5 馬なり余力 ゴルトグランツ(2歳未勝利)馬なりと同入
18.12.31 助手 栗CW稍 84.4 68.3 53.5 39.1 12.0 馬なり余力 フィールドセンス(古馬1000万)馬なりの内同入

Photo_6 ロードエース

≪調教時計≫
18.12.31 助手 栗東坂稍1回 57.6 42.5 28.2 14.4 馬なり余力
19.01.03 栗東坂良1回 54.0 39.3 25.8 12.9 馬なり余力

Photo_6 ロードダヴィンチ

≪調教時計≫
18.12.28 助手 栗東B良 45.5 13.2 馬なり余力
19.01.03 栗東坂良1回 53.8 39.8 26.0 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週以降の出走予定馬は時計のみの更新だったので、それらをまとめて。

ヴァンドールは年末年始、しっかり時計を出せていますが、日経新春杯1週前追い切りとなる3日は先行して遅れるという案外な内容。前走時の重目が解消できていないように思います。週末と最終追いの2本でどこまで変わってきてくれるか…。稽古と実戦が直結するタイプなので注目していきたいです。

イヒラニは年明け後、時計を出していないのはちょっと気掛かりも、休んでいた割に良い時計が出ていると思います。

エースとダヴィンチは無理のない範囲で時計をマーク中。次走へ向けて着々と態勢を整えていってもらえればと思います。

2018年12月27日 (木)

26日に帰厩。引き続き福永Jとのコンビで来月26日の京都・橿原Sを予定しています。☆ロードエース

Photo_3 ロードエース(牡・松下)父エーシンフォワード 母エーシンパナギア

2018.12.26
12月26日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1月26日(土)京都・橿原S・混合・ダ1200mに福永騎手で予定しています。

○松下調教師 「早い段階でリセットして良かったかも。スムーズな立ち上げが叶っている・・・との報告を踏まえ、12月26日(水)に再び厩舎へ戻しています。1ヶ月後に組まれるダート1200m戦が目標。時間は十分に残されており、じっくり乗り込めそうです」

2018.12.25
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。12月26日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「12月21日(金)にハロン14、15秒のラップを刻んだ際も至ってスムーズ。高いレベルで具合の維持が叶ったと思います。毛艶が冴えている他、馬体の張りも申し分無し。滞在中は理想的な流れで進められただけに、昇級初戦から非常に楽しみです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

疲れが出る前に一息入れられていたロードエース。それが功を奏し、千葉・ケイアイファームで丹念に乗り進めることが出来ました。実際、毛ヅヤの良さ・馬体の張りも目立つようで暑さが大の苦手なこの馬らしく今は絶好調です。

前回の更新で今週中の帰厩を示唆されていましたが、26日の検疫で栗東・松下厩舎へ。良い時は厩舎との連携もスムーズにいくものですね。

また、早速次走の予定も決まり、前走時に褒めてもらった福永Jとのコンビ継続で来月26日の京都・橿原Sへ。短期間に馬体を充実させ、本格化を感じた前走時より更に1段良くなっている感じなので、伸びシロも見込んで、昇級初戦から互角以上の走りを期待しています。

2018年12月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「12月15日(土)に15-15を消化しました。ラストまでスムーズな脚取りで駆けており、翌日以降に目立った反動も無し。順調に運んでいると思います。厩舎サイドからの指示通りに年明けの帰厩に備えるのみ。一層の状態アップを心掛けましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「12月14日(金)に普通キャンターを実施。相変わらずガタッと来ておらず、調子は非常に良さそうです。厩舎側と意見を交えた結果、来週にも栗東トレセンへ戻る見込み。そのようなスケジュールを踏まえ、近日中に15-15を行なおうと思います」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「トレセンでの追い切りやレースで蓄積した疲労は日に日に解消。12月14日(金)から跨っており、角馬場でダクとハッキングを繰り返しています。もう少しの間は身体を解す部分に重点を置く方針。準備が整った段階で広いダートを利用しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

年明けの帰厩を示唆されているダヴィンチは15-15の調教を課しても、大きな反動はなし。着実に態勢が整っているのは嬉しいところなので、あとはオーバーワークによる頓挫だけはしっかり避けるようにお願いします。来年はダ1800mで上のクラスを目指していって欲しいです。

エースは冬場で体調が安定していることから硬さは幾分マシな様子。近々厩舎へ戻るようなので、年明け14日の中山・初春S(ハンデ)か21日の京都・山科S(定量)のどちらかのダ120mの番組に使うことになると思います。準OPに上がると経験を積む必要はあるでしょうが、スピードのある馬なのでいずれは通用出来る筈です。

背中のダメージが尾を引いているシグナライズ。それでも時間の経過と共に良くなっているのは確か。気性の勝った馬で仕上がり早ですから、もう少しの間は馬体のケア優先で大丈夫です。

2018年12月14日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。12月7日(金)測定の馬体重は512キロ。

○当地スタッフ 「12月7日(金)からハッキングを消化。具合を確かめた上で、10日(月)にダートへ向かいました。前回の休養時よりもダメージが小さく映るのは、時間を掛けずに勝利を挙げた部分が大きいのかも。また、成長を遂げて逞しさを増しているのでしょう」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。12月7日(金)測定の馬体重は509キロ。

○当地スタッフ 「この中間もウォーキングマシン内の運動をコツコツ続けています。十分に楽をさせている現状は背中のダメージが軽減。また、乗り出すとスイッチがすぐに入る性格ながら、気持ちの面も休養モードに変わった様子で段々と落ち着きが出て来ました」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。12月7日(金)測定の馬体重は541キロ。

○当地スタッフ 「12月4日(火)と7日(金)にもハロン15秒ペースで走らせる形。適度に気合いが乗っており、騎乗者の指示には的確な反応を示しています。牧場レベルでは相応のデキに達しつつある印象。この先もコンスタントに速いところ織り交ぜたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

楽をさせて回復に努めてきたエースですが、10日からダートコース入り。ひとまず感触を確かめる程度で軽く乗られていますが、馬体の硬さは目立たず。この馬なりに良い状態を保つことが出来ています。ただ、一気に負荷を高めると反動が出ると思うので、マイペース調整でじわじわ状態を上げていってもらいたいです。

シグナライズは引き続きウォーキングマシンのみの調整。背中のダメージをしっかり回復させることに時間を費やしています。徐々に良い方へ進み、落ち着きが出てきたのは○。まあ、慌てて乗り出す必要はないので、ケア&リラックス重視で進めてもらえれば良いと思います。

ダヴィンチは定期的に15-15を消化。馬体はまだまだ持て余しているでしょうが、本数を重ねる毎に前向きさが出てきたのは○。年明け早々には厩舎へ戻ることが出来ると思うので、更に本数を重ねていって、帰厩したらすぐ使えるぐらいのところまで状態を上げていって欲しいです。また、来年はダートで上のクラスを目指してもらえればと考えています。

2018年12月 9日 (日)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「当初の計画に沿って11月29日(木)に馬運車を降りました。現状は乗っていない状況ながら、見た目には大きな反動も感じられません。ただ、背中やトモの疲労はいつも通りと言えそう。もう少しの間は楽をさせ、具合に応じて跨り始めましょう」

Photo_6 ロードイヒラニ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「11月28日(水)はハロン14、15秒ペース。そして、12月1日(土)に半マイルから53秒8、終い12秒4の時計を出しました。最後まで余裕を持って回って来たように、現状としては及第点を与えられる内容。徐々に素軽い感じに変わっています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

29日に千葉・ケイアイファームへリフレッシュ放牧に出たエース。使ったなりの疲労は感じられるも、活気はあるので、時間の経過と共に回復していってくれるでしょう。まずはじっくり進めてもらえればと思います。

イヒラニは28日に長目から意欲的な調教を消化。まだまだ馬体を持て余している感じですが、動き自体は及第点。今後も定期的にトレセンでの追い切りのような調教をこなし、帰厩へと進んでいってもらえればと思います。また、真面目に集中して走れるように意識的に取り組んでもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エルスネル | エレンボーゲン | オーサムゲイル | クァンタムリープ | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サリオス | シグナライズ | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | ハーツクリスタル | パラダイスリーフ | パーフェクトルール | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ベルラガッツォ | ボンディマンシュ | ポレンティア | マカリカ | ミスビアンカ | モンドインテロ | リミットブレイク | ルコントブルー | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴァンタブラック | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フォーエバーローズ | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)リゾネーター | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ロードヴォラーレ | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ