出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「シングルアップ」の46件の投稿

2018年11月10日 (土)

マイペースの逃げに持ち込みたかったも、横へ飛ぶような形でゲートを出てしまい隣の馬と接触。また、他馬に周りを囲まれたことで力んだ走りになってしまい、最後もピリッとした脚を繰り出せず。力を出し切れぬまま7着に終わる。★シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜東京11R 京王杯2歳S(G2・芝1400m)7着(4番人気) 松山J

まずまずのスタートを切りますが行き脚が付かず、道中は後方3番手あたりを追走、直線は外に進路を取って、残り400m付近から追い出されますが、前との差を詰めることが出来ず、後方でレースを終えています。

松山騎手「スタートはまずまずだったものの、大型馬ということもあってスッと行き脚がつきませんでした。外枠だったらどこかで押し上げてもいけたのですが、外から蓋をされてしまっていたので、動くに動けませんでした。ペースも緩くて行きたがるようなところもありましたし、展開的に一番向かない形になってしまいました」

寺島調教師「スタート自体は悪くなかったものの、その後の二の脚が付かなくて、思ったよりも後ろからの競馬になってしまいました。ジョッキーはどこかで上がって行きたかったようですが、ポケットに入ってしまったので、それも難しかったですね。流れも落ち着いて瞬発力勝負になってしまい、この馬の力を発揮できませんでした。この後は栗東トレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか検討させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場先入り。出脚も良くなかったが、今日は折り合いに専念させるような形。道中はかなり力んで、いざ追い出してからもサッパリ。今日はチグハグになってしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:園田11月28日・兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)

寺島師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、長距離輸送の疲れもなく、状態は変わりありませんでした。デビュー戦から芝で2勝を挙げましたが、この2走は芝のスピードに対応し切れていないことから、目先を替えてダート戦に矛先を向けたいと思います。体付きと走りのフォームから、いずれはダートで活躍する馬だと感じていましたし、丁度ここがいいタイミングかもしれません。11月28日の園田・兵庫ジュニアグランプリなら条件的にはピッタリだと思いますので、そこを目標に調整していきたいと思います」(11/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

G2戦ということで前走の小倉2歳Sより更に相手が強化されるも、少頭数で競馬が出来ることに魅力を感じていた今回。1ハロン延長は守備範囲ですし、小細工なしに逃げの手に出れば、巻き返せると思ったのですが…。

その淡い希望はスタートしてすぐ終わってしまうことに。ゲートは五分に出たのですが、横へ飛ぶように出てしまったことで隣のアウィルアウェイと接触。二の脚が付かなかったところに外枠のカルフィーノ・アスターペガサスが外から内へ切れ込んできたことで進路が塞がってしまい、シングルアップとすればジ・エンド。また、道中、他馬に囲まれることになった為、頭を上げたりする場面が数回あり、かなり力んで走ってしまいました。

そんな状況で溜める競馬に切り替えても、追われてからピリッとした脚は使える筈もなく。後方追走から見せ場を作ることが出来ないまま7着に終わってしまいました。これが実力ではないと思いますが、とにかくチグハグなレースだったと思います。

レース後のシングルアップですが、輸送・レースによる疲れは大丈夫そう。今回の結果を度外視して、暮れの朝日杯フュチュリティSへ向かうのかなと見ていたら、早速矛先をダートへ向けることに。今月28日に園田で行われる兵庫ジュニアグランプリに挑戦することになりました。いきなりの路線変更にちょっとビックリしましたが、厩舎サイドとすれば早くからダート適性を買ってくれていたんでしょう。OP勝ちで賞金を稼いでいることも役に立ってくれました。

ただ、ここ2戦は自分の力を発揮できないままレースを終えています。運のなさもありますが、気性面の難しさがチラチラ見えてもいるので、その点は早く修正できるように普段の調教から遊ばせず、集中して走れるように取り組んでもらいたいです。

2018年11月 3日 (土)

ゲート内で待たされスムーズさを欠いた前走。その中で得た経験を糧に、広い東京コースでノビノビ気分よく走って巻き返して欲しい。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜東京11R 京王杯2歳S(G2・芝1400m)4枠5番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10月31日にCWコースで追い切り

寺島師「10月31日にCWコースで追い切りました。最後のもうひと伸びが足りない印象を受けましたが、全体の時計がかなり速かったので、終いは掛かっても仕方ないと思います。馬場が重く、最後は嫌気を差して自分で止めてしまうところがあったようですが、実戦の軽い芝なら問題ないでしょう。前走は行き脚が付かず、自分のリズムで競馬が出来なかったですし、瞬発力勝負になると分が悪くなるので、フェニックス賞を勝ち上がった時のように強気の競馬を心掛けてもらいたいと思っています」

松山騎手「先週はかなり動きが良かったですが、今回は馬場を気にしてか、最後は耳を絞って自分から走るのを止めようとしていました。これまでのレースでも気難しいところを見せることがありましたが、前回のレースのようにリズムよく競馬が出来ないとモロさを見せてしまうので、この馬の持ち味を活かせるように強気の競馬をしたいと思います」(11/1近況)

助 手 28栗坂良 55.7- 41.7- 27.5- 13.8 馬なり余力
松 山 31CW良 81.5- 65.9- 52.3- 39.1- 12.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京1日目(11月03日)
11R 京王杯2歳S(G2)
サラ 芝1400メートル 2歳OP 指定 国際 馬齢 発走15:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ファンタジスト 牡2 55 武豊
2 2 メイショウオニテ 牡2 55 秋山真一郎
3 3 ココフィーユ 牝2 54 戸崎圭太
4 4 シングルアップ 牡2 55 松山弘平
5 5 アウィルアウェイ 牝2 54 M.デムーロ
6 6 カルリーノ 牡2 55 三浦皇成
7 7 アスターペガサス 牡2 55 福永祐一
8 8 ラバストーン 牡2 55 江田照男

○寺島師 「発走前のトラブルで気が抜けてしまいました。我慢して切れるタイプではないし、普通に出て、自分で競馬を作って、それから相手強化してもやれるかを見たいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬→フェニックス賞を連勝して1番人気で臨んだ前走の小倉2歳S。暑い時季に2度の小倉への長距離輸送を懸念しましたが、そこは無難にクリアし、馬体重が絞れて良い雰囲気でシングルアップはレースへ臨めたと思います。

ただ、レースではゲート内で待たされたことによって集中力を欠いてしまうことに。真面目そうで一癖隠しているこの馬にはこれが全てだったと思います。自分から走ろうという姿勢に欠け、鞍上がかなり促してようやく前へ進む感じ。ポジションをリカバーしたところで今度は前が窮屈になることに。大トビで俊敏さに欠けるので、馬群で揉まれ込むことになってしまいました。とにかくチグハグな競馬に終わってしまいましたが、それでも最後の直線で先頭を窺うような場面は作りましたし、レースレベルを別にすれば、コンマ4秒差の6着という結果はよく踏ん張った方かもしれません。多頭数の競馬は初めてでしたし、この経験を今後の競走馬生活に役立ててもらいたいです。

前走後はNFしがらきへリフレッシュ。早くから次走を京王杯2歳Sに定めて、調整を進めてきましたが、到着後にレースでの疲れ・短期間に2度小倉へ輸送したダメージがどっと出てしまうことに。幸い、脚元等に異常は見られませんでしたが、活気に欠け、馬体の張りも一息に。

このまま1週間ほど回復が遅れるようなら、さすがに間に合わないということで次走予定を見直す必要が生じましたが、それはギリギリのところで回避。状態が上向いてからは着実に上昇を遂げ、先月7日に栗東へと戻ってきています。

帰厩後は少し動きに重苦しさがありましたが、先週と今週の追い切りで松山Jが跨り、意欲的に追われたことで状態・動きはひと追い毎に上昇。態勢は整ったと思いますが、気の悪い面も覗かせていたようです。

今回は1400mの1戦となりますが、距離自体はデビュー戦で経験済。時計も上々でしたし、揉まれずにマイペースの競馬が出来れば、変わってくると思います。相手はより強化されましたが8頭立て。ここは小細工なしにマイペースの逃げへ持ち込んで欲しいです。

この京王杯2歳Sは4年連続で父キンシャサノキセキの仔が激走しているレース。その傾向が続くようなら、該当するのがシングルアップとメイショウオニテ。後者が来て穴を出す可能性もありますが、シングルアップには吉兆データ。まあ、あまりそういうことは気にしないようにしていますが、良いことは積極的に受け入れたいです(笑)。

2018年10月26日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日にCWコースで追い切り
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2) ・松山J

寺島師「25日にCWコースで追い切りました。普段の調教では動きが重く感じていましたし、息づかいも出来ていない印象を受けましたが、追い切りではそれを感じさせないほど抜群の動きを見せてくれました。騎乗した松山騎手は『太目と聞いていましたが、追い出してからの反応は良かったですし、最後までバテずに頑張ってくれました。息づかいも良かったので、1週前としては順調に仕上がってきていると思います』と言っていました。こちらが思っていた以上に仕上がってきていますし、いい状態で来週の競馬に向かえそうです。ジョッキーは引き続き松山騎手に依頼しています」(10/25近況)

助 手 21栗坂良 54.5- 40.3- 26.7- 13.3 馬なり余力
松 山 25CW良 81.1- 65.8- 51.7- 38.4- 12.1 一杯に追う

Photo アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:24日にCWコースで時計
・次走予定:福島11月4日・芝1800m(川又J)

斉藤崇師「24日にCWコースで15-15ぐらいの時計を出しました。間隔が詰まっていますし、雨の影響で馬場も悪くなっていたので、反応を確認する程度に抑えました。前走後もいい状態を保っていますし、ひと叩きした上積みもあるので、次はもっと良い競馬が期待できそうです。このまま変わりなければ11月4日の福島・芝1800mに向かおうと思いますが、鞍上は前走に引き続き川又騎手に依頼しています」(10/25近況)

助 手 24CW良 74.3- 58.9- 44.2- 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬を予定している2頭の近況をまとめて。

シングルアップはレースまで本当はもう少し日が欲しい感じですが、25日に行われた1週前追い切りでは引き続き手綱を取る松山Jを背にCWコースでビシッと。想像以上に動くことが出来たと思いますし、このひと追いで息遣いを含めてグッと良くなっても来る筈。来週は輸送を控えているので上がり重点に止められるかもしれませんが、心身のバランスを整えてレースへ欲しいです。

アマネセールは中2週のローテで早速福島戦へ参戦。今週の追い切りはサラッと少し末を伸ばす程度でやられましたが、前走時のデキはキープ出来ている様子。休み明けを1度使った上積みも少なからずはあるでしょうし。引き続き川又Jとのコンビで芝1800mを予定しています。

2018年10月21日 (日)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に坂路コースで追い切り
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2)

寺島師「18日に坂路で追い切りました。17日にも坂路で自然と15-15ぐらいの時計が出ましたので、14-14程度の調整でしたが、前向きさを見せて最後まで余裕のある動きでした。牧場で立て直してもらったことでいい状態で戻ってきていますので、再来週の競馬に向けてピッチを上げていきたいと思います」(10/18近況)

助 手 14栗坂良 57.4- 42.3- 27.5- 13.7 馬なり余力
助 手 18栗坂良 55.1- -- 26.6- 13.4 馬なり余力

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に坂路コースで追い切り
・次走予定:京都10月27日・ダ1400m、もしくは京都10月27日・ダ1800m

高野師「18日に坂路で追い切りました。ラスト1ハロンの時計が計測不能でしたが、おそらく12秒4ぐらいで上がってきていると思います。最後まで脚色が鈍ることなく良い動きでしたし、態勢は整いつつあります。このまま順調に仕上がるようであれば来週の京都・ダ1400m、もしくはダ1800mに出走させたいと考えています。どちらもミルコにお願いしていますので、相手関係など考慮してどちらに向かうか検討したいと思います」(10/18近況)

助 手 15栗坂良 58.7- 43.2- 27.3- 12.8 馬なり余力 クリエイトザライフ(新馬)馬なりを0.3秒追走クビ先着
助 手 18栗坂良 53.8- 38.7- 24.9- - 一杯に追う キラープレゼンス(二未勝)一杯に0.1秒先行クビ先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩間もないということでサラッと坂路を駆け上がっているシングルアップ。前向きさがあり、脚取りは軽やかで良い頃の雰囲気を取り戻せていると思います。来週あたりから攻めを1段強化すると思うので、それにしっかり応えてもらい、ひと追い毎に状態を上げていってもらいたいです。

4週目での復帰をぼんやり示されていたクレッセントムーンですが、18日の追い切りの動き・時計を踏まえて、来週の出走へ向けてGOサインが出ました。ただ、番組に関しては現在両睨み。相手関係をなどを踏まえて決定されるようですが、デビュー戦の行きっぷりの悪さの印象が強いので、追走に余裕が出ることを期待して個人的にはダ1800mを希望します。また、最終追いはM.デムーロJに跨ってもらい、感触を確かめてもらいたいです。その感触によって番組選びに反映できるでしょうから。

2018年10月17日 (水)

12日に栗東・寺島厩舎へ帰厩しています。☆シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

・在厩場所:12日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2)

寺島師「回復に時間が掛かり、一時は間に合うかどうか心配しましたが、今月に入ってから調子がドンドン上向いてきたことから12日の検疫でトレセンへ戻しました。予定通り11月3日の東京・京王杯2歳Sを目標に仕上げに入っていきたいと思います」(10/12近況)

助 手 14栗坂良 57.4- 42.3- 27.5- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

小倉2歳S6着後、すぐ次走東京・京王杯2歳Sへ向かうことが示唆されたシングルアップでしたが、レースの疲れと共に暑い時季に2度小倉への輸送したダメージが出てしまい、疲れがなかなか抜けず、回復に時間を要することに。このままだと間に合わないところまで追い込まれましたが、9月末になってようやく回復の兆し。そこからはこの馬らしい元気を取り戻し、V字回復のように調子を上げていってくれました。そしてこの12日に栗東へ。

早速時計になるところを乗り出せているので、もう心配は要らないと思います。レースまでそう時間は残されていませんが、日程を逆算しながら出走態勢を整えていってもらえればと思います。

2018年10月11日 (木)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週見られた硬さについては、もう問題なさそうですから、今週から再び坂路コースでの調教を始めています。一頓挫ありましたが、引き続き11月の東京開催での出走を目指して、乗り込みを進めていきたいと思います 。馬体重は453キロです」(10/5近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「徐々に本来の良さが見られるようになってきたことから、この中間から坂路でハロン15秒までペースを上げ、速い日は14秒まで脚を伸ばすようにしています。徐々に良い頃の動きに戻ってきましたし、馬体の張り・艶も良くなってきたことから、寺島調教師と今後について相談した結果、来週の検疫でトレセンに戻し、11月3日の京王杯2歳Sに向けて進めていくことになりました。週明けに速いところを行って帰厩に備えたいと思います。馬体重は546キロです」(10/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少し硬さが見られた為、坂路入りを控えて周回コースでの軽めのキャンターで様子を見ていたスイートウィスパー。幸い、すぐ回復が見られたようで何よりです。今は坂路調教を再開し、急ピッチで帰厩への道筋に戻していっています。

シングルアップは回復に手間取りましたが、状態が上向いてからはグングン上昇。次走・京王杯2歳Sへ向けて近日中に帰厩となる模様です。ベストは1200mかもしれませんが、1ハロン延長は十分守備範囲。多少、テンからの流れが落ち着く分、スムーズに前へ行けると思います。前走からの巻き返しを今から期待しています。

2018年10月 1日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:角馬場、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「ソエの状態は全く気にならないですし、順調に調教メニューを消化できています。動きも徐々に良くなってきましたし、もう少し時間を掛けてあげれば帰厩の目途も立てられるようになるでしょう。馬体重は505キロです」(9/28近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「ここに来てようやく疲れが取れてきたのか、この馬本来の元気の良さが見られるようになってきました。この中間から坂路にも入れて調教量を増やしていますが、走りっぷりは悪くありませんし、この調子なら京王杯2歳Sに間に合いそうです。徐々にペースを上げて動きを良くしていきたいと思います。馬体重は546キロです」(9/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クレッセントムーンは調教を重ねる毎に上昇中。ソエの不安なく乗り込むことが出来ているのは何よりです。能力は秘めていますが、デビュー戦では手前の替え方が下手であったり、幼い面が目立ちました。操縦性を高めることを意識して今後の調教を進めていってもらいたいです。

シングルアップはようやく気配が上向き。疲れが抜けて活気が戻ってきたのは○。9月一杯、停滞しているようなら次走を見直さないといけなかったでしょうが、京王杯2歳Sに間に合わせることは可能そう。帰厩までそう時間はないでしょうが、積極的な調教で出来るだけ状態を上げていってもらえればと思います。

2018年9月28日 (金)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「先週から坂路でハロン15秒の乗り込みを開始していますが、動きは良くなってきていますし、馬体も引き締まってメリハリが出てきましたよ。ソエの状態は定期的に獣医師に診てもらっていますが、経過は順調とのことですので、このまま帰厩に向けて乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は498キロです」(9/21近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳ステークス(G2)

厩舎長「この中間も周回コースで軽めのキャンターを行っていますが、まだ疲れが取り切れていないのか、気配がもう一つですね。馬体の張りは悪くなく、徐々に回復しているのは確かなので、もう暫く馬の状態を見ながら無理しない程度に乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は536キロです」(9/21近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、少し背腰に疲れが見られますので、よくケアしながら進めています。ただ徐々に回復してきてはいますし、脚元には問題ないので、今週から周回コースでのキャンターを始めています。田村調教師とは出来れば次の東京開催で出走させたいと打ち合わせていますので、まずは馬体のケアに努める予定です。馬体重は514キロです」(9/14近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週からさらに坂路コースでのペースを上げて、ハロン13秒まで脚を伸ばしています。全体的にはまだしっかりしていない印象ですが、調教をこなすに連れてこの馬なりに少しずつしっかりしてきている印象です。さすがに次の東京開催は難しいでしょうが、11月の東京開催を目標に進められればと考えています 。馬体重は461キロです」(9/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クレッセントムーンは坂路でハロン15秒の調教を開始。ソエの治療を優先し、じっくり乗り込んできた甲斐があって、無難に対応できています。これから本数を重ねていけば着実に状態アップは叶う筈。デビュー戦は若さを覗かせて期待を裏切りましたが、2戦目の次走では本領発揮となることを期待しています。ソエが良くなれば、手前を替えてしっかり走ってくれるでしょう。

シングルアップはまだまだ前走の疲れが尾を引く状況。次走に予定している京王杯2歳Sへ黄色信号でしょう。ただ、悪い・苦しい状態でレースを使ったところでは何の成果も得られないので、活気が戻ってくるように地道に取り組んでいくしかありません。

デビュー戦3着後、NF天栄でリフレッシュ中のジーナアイリス。体質面で弱さがあるのでダメージの回復は早い方ではありませんが、脚元はスッキリ見せ、大きな問題はなさそうです。この感じなら来月末にレースを予定しても間に合うでしょう。

スイートウィスパーは成長曲線が緩やかな馬。順調に乗り込みを進めることが出来ているのは○なので、地道に力がついてくるのを楽しみに待ちましょう。また、目標として11月の東京開催でのデビューを予定。不器用な馬だと思うので、直線の長いコースなら伸び伸び走れることでしょう。

2018年9月20日 (木)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回新潟開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り込んでいくにつれてしっかりしてきましたし、成長が窺えますよ。先週に引き続き坂路でハロン15秒の乗り込みを行っていますが、息づかいが乱れることはありませんし、態勢が整いつつありますよ。斉藤調教師は『検疫が回り次第帰厩させ、10月の新潟開催を目標にしたいと思います』と仰っていました。いつ帰厩の連絡があっても対応できるように乗り込みながら態勢を整えておきます。馬体重は487キロです」(9/14近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳ステークス(G2)

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控え、今週から周回コースで乗り出しています。夏場に連戦したこともあって、良い頃からすると疲れが見られるので、暫く馬体のケアを行いながら調教を進めていきたいと思います。馬体重は531キロです」(9/14近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースを更に上げて、ハロン14秒で登坂しています。ペースを上げても歩様に変化はなく安定していますので、今後も状態を確認しながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は464キロです」(9/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールは京都と新潟開催を両睨みでしたが、まだまだ未完成ということもあり、2戦目は相手関係の落ちる新潟を選択。追ってから良いところがなかったデビュー戦からどう変わってきているか楽しみであり不安でもあります。何とか未勝利突破のメドを立てて欲しいです。

シングルアップはさすがに2度の小倉遠征は辛かった様子でまだ疲れが抜けてない様子。ここでの無理は禁物なので、入念な馬体のケア+時間の経過で回復を促し、活気を取り戻してあげて欲しいです。無理に次走へ間に合わすことだけは勘弁を。

スイートウィスパーはペースアップにも無難に対応。歩様も変わりありません。今しばらく本数をこなす必要はありますが、このまま順調に進めば帰厩が見えてくるので、ここは踏ん張りどころです。後戻りしないようにお願いします。

2018年9月 6日 (木)

今回はゲートで待たされ、集中力を欠いてしまったのが全て。馬群の中で窮屈な競馬を強いられて自分のリズムで動けず。ロスの多い競馬でラスト1ハロンで力尽きてしまう。★シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

日曜小倉11R 小倉2歳S(芝1200m)6着(1番人気) 松山J

まずまずのスタートを切るも、行き脚が付かず一旦は最後方まで下がってしまいますが、スピードが乗ると先行グループの後ろまで押し上げます。そのままの位置で4コーナーに差し掛かり、最後の直線で抜け出しを図ろうとしますが、ジリジリとしか脚を伸ばせず初めての重賞挑戦を6着で終えています。

松山騎手「ゲートインした時は気合いが乗って臨戦態勢が整っていたのですが、ゲートを待たされたことで、フッと気が抜けてしまいました。ゲートを出ても自分から進んでいこうとしなかったですし、押っ付けていってもスピードが乗るまでかなり時間が掛かってしまいました。流れが遅かったので無理せずポジションを押し上げていくことが出来ましたが、今度はペースが遅すぎた為に動きたい時にスッと動いていくことが出来ませんでした。跳びが大きく器用さがないだけに、前走のようにのびのび走らせてあげないと力を発揮できませんし、今回は揉まれ弱いところも見られました。この馬のリズムで競馬が出来なかったことに尽きます。この馬の力を引き出すのであれば、1400mぐらいの距離で広いコースの方がより持ち味を活かせそうです。1番人気の支持を受けていたにもかかわらず、いい結果を残せず申し訳ありませんでした」

寺島調教師「前走と同様に長距離輸送は全く堪えなかったですし、ひと叩きしたことで馬体が絞れ、張り・艶は更に良くなっていましたね。返し馬では前に馬がいると追いかけてしまうことから、先出を行いましたが、リラックスした様子で走っていました。ハナにはこだわらずに、リズムよく競馬をしてほしいと指示を出していましたが、今回のレースに限っては横の馬が暴れてしまったことで、ゲートを待たされたのがすべてだと思います。こればかりは競馬なので、運がなかったということなのでしょうが、状態が良かっただけに残念な結果になってしまいました。ジョッキーの話では、小回りコースより広い競馬場で、距離ももう少しある方が良いと言っていましたので、それを踏まえて次走の予定を検討させていただきます。トレセンに戻って状態を確認したあとは夏場の疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出す予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

絞れる。出脚が鈍かったが、押して好位へ。道中は少し抑えるくらいで追走。直線入り口でうまく前が開き、一旦先頭に迫ったが、1ハロン標過ぎに甘くなってしまった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【小倉2歳S】1番人気シングルアップは6着敗退 松山「前で運ぶ競馬が理想なので…」(サンケイスポーツより)

新馬→フェニックス賞を連勝し1番人気の支持を集めた松山弘平騎手騎乗のシングルアップは、スタートで後手を踏むと二の脚で先行集団に取り付いたものの、直線に向いて前2走のような伸びを見せることができず6着に敗れた。松山弘平騎手「出負けの形から押し上げましたが、最後は少しジリっぽくなりました。前で運ぶ競馬が理想なので…。もう少し器用さが出れば」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:5日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
・次走予定:東京11月3日・京王杯2歳S(G2)

寺島師「トレセンに戻って獣医師にメディカルチェックを行ってもらいましたが、走ったなりの疲れが少し見られるぐらいで、普段と変わりない状態とのことでした。小倉へ2度連れていったこともありますので、これまでの疲れを取る為に5日にNFしがらきへ放牧に出させていただきました。前走は1番人気の支持を受けたにも関わらず、いい結果が残せなかったのは申し訳ありませんでしたが、決して力負けではないので、次走にむけて巻き返せるように努めていきたいと思います。レース後のジョッキーの話にもあったように、小回りコースより広いコースの方がノビノビと走れて、この馬の力を引き出すにはもってこいとのことでしたので、放牧先で順調に進められるようであれば、11月3日の東京・京王杯2歳Sに向かいたいと思っています」(9/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬+OP特別を連勝し、その勢いで重賞制覇を期待したシングルアップですが、冷静に考えると、ここ2走は手頃な頭数で相手にも幾らか恵まれた印象。そして今回は前走から中2週のローテで再度の小倉遠征。目に見えない負担は大きく、2歳馬には辛いかなと見ていました。それ故、今回勝つようなら本物ですし、負けても深刻に考えなくても良いのかなという心境でレースを迎えました。

馬体重は前走からマイナス8キロ。見た目にはまだ少し立派な印象でしたが、ひと叩きして雰囲気は良化。色々工夫をして調整を行った成果でしょう。あとは多頭数の競馬で未対決の馬との力関係がどうかで…。

ただ、今回は隣の馬がゲート内で暴れ、レースへ向けての集中力が一旦オフになってしまったのが全て。よもやの出遅れを喫し、勝ち馬に外から寄られれたのも痛かったです。

後手を踏んだことでここ2走と違う競馬を強いられたシングルアップ。ペースが緩かったのでスッとポジションを挽回することは出来たのですが、窮屈な位置で追走する形になってしまい、今度は自分のリズムで動くことが出来ず。トビが大きく、器用に加速できない弱みが出てしまいました。

それでも最後の直線、逃げ馬が外へ膨らんだことで綺麗に前が開くことに。荒れた馬場を苦にする感じはなく、内から盛り返す走りを披露。残り200mあたりでは勝ち負けを演じてくれました。しかし、そこからはもうひと伸びする力はさすがに残っておらず。後続に飲み込まれる形で6着に。出遅れを挽回しようとして一気に脚を使ったのが響きましたし、前に馬がいると追い掛けてしまう習性もマイナスに働いたと思います。

レース後のシングルアップは相応の疲れはあるようですが、脚元等に異常は見当たらず。ただ、短期間に小倉を2度往復していることから無理することなく一度リセットすることに。5日にNFしがらきへ放牧に出ています。今後は回復次第になりますが、順調なら11月3日の東京・京王杯2歳Sへ向かうとのこと。広いコースの1400mで巻き返したいところですが、個人的には1200mに適性を感じています。

今回は残念な結果に終わりましたが、苦しい展開の中、見せ場を作って力のあるところは見せることが出来ました。まだまだ競走生活は長いですし、今後の良い経験になったと前向きに捉えています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ