最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「シングルアップ」の67件の投稿

2019年4月16日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都5月5日・橘S
・調教内容:周回コース・坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15の乗り込みを継続していますが、ムキになることもなく、道中はリラックスしていますよ。追い日以外はなるべくゆったり走らせる意味で、周回コースでじっくり息を整えながら乗っていますが、道中の雰囲気は良いですよ。放牧に出てくると気が抜けてしまうところがこれまでありましたが、今回はそのようなこともなく、いい意味で前向きさがあります。今の状態をしっかり維持しながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は552キロです」(4/12近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「ソエの状態を確認しながらここまで進めてまいりましたが、脚元を触っても気にすることもなく、良化が窺えます。調教は引き続き坂路でハロン17秒のペースで乗り込み、日によってはラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。もう少し今のペースで乗り込みを行い、ソエがぶり返さないか様子を見て、それでも変わりないようであれば徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は506キロです」(4/12近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「ペースを上げた後はここまで順調に乗り込まれており、徐々に動きが良くなってきましたよ。馬体の張り・艶は良いですし、コンディションはとても充実していると思います。脚元の状態はここまで進めている限り問題ありませんし、この調子で帰厩に向けてより動きを良くしていきたいと思います。馬体重は508キロです」(4/12近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も週に3回坂路で15-15の乗り込みを行っていますが、ボンディマンシュなりにトモがしっかりしてきましたし、それに伴って動きも力強さが出てきましたよ。脚元に疲れが出ることもなく、コンディションも安定しているので、良い状態を保っていると思います。去勢手術後は体調が不安定になる馬もいるようなので、その点には気を付けて状態を確認しています。ただ、ここまでは変わりなく来ているので、このまま無事に送り出せるように調整していきたいと思います。馬体重は540キロです」(4/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップはレースへ行ってテンションの上がりやすいタイプ。緩急をつけた現在の調整法はベストだと思います。ただ、油断すると怠けやすい馬だとも思うので、集中力を欠いた姿を見せればビシッと怒って上げて欲しいです。

クレッセントムーンはソエが解消し切れないのが現状ネックになっています。そこが解消してくれば、レースでの手前の替え方もスムーズになるかも。ポテンシャルは高いので、3歳秋以降の本格化を目指して今は我慢の時だと思います。

アマネセールは帰厩へ向けて順調そのもの。脚元もしっかり我慢が利いています。クラシック路線には残念ながら乗れませんでしたが、背腰がパンとしてくればまだまだ上を目指せる素材。この休養期間が良い効果をもたらしてくれることを願っています。

ボンディマンシュは1日でも早くデビューが待たれるも、早目に去勢したのは良かったと思います。気性面の変化はハッキリ分かりませんが、体質に関しては間違いなく強化されている感じです。引き続き意欲的な調教を課し、デビューへ向けて突き進んで欲しいです。

2019年4月 7日 (日)

シルクなお馬さん(2・3歳牡馬☆NFしがらき組)

Photo_3 ヴァンタブラック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「最初のうちは環境の変化に戸惑いを見せていましたが、今では慣れて物怖じしなくなりました。調教を開始後も順調に進められていたことから、現在は坂路にも入れています。兄達と比べるとピリピリしたところがなく、そのあたりは競馬に行っても良い方に出てくれるかもしれませんね。厩舎の都合が付き次第、入厩する予定になっていますので、移動に備えて体調をしっかり整えておきたいと思います。馬体重は514キロです」(4/5近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都5月5日・橘S
・調教内容:周回コース・坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていたことから、この中間はハロン15秒までペースを上げました。追い日以外の日もなるべく長めの距離を乗り込みながら鍛えていますが、体力がある馬なので、疲れを見せることもなく元気いっぱいに調教に取り組んでいます。今月中旬には帰厩することになると思いますので、移動に備えながら調教を続けていきたいと思います。馬体重は551キロです」(4/5近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「引き続きソエの治療を行いながら調教を行っていますが、小康状態を保っていますし、それ以外も特に気になるところはありません。この中間から周回コースで乗り出していますが、運動後も問題ないことから、週半ばから坂路にも入れています。ハロン15秒まで脚を伸ばしてみましたが、動きそのものは悪くありませんので、引き続きソエの状態を見ながらこのまま進めていきたいと思います。馬体重は502キロです」(4/5近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「この中間も週に2~3回坂路で速めのところを行っていますが、疲れを見せることはなく、脚元の状態も変わりなく進められています。登坂回数を重ねていくにつれて馬体が引き締まり、それに伴って動きがピリッとしてきましたよ。5月の競馬を目標にトレセンへ戻す方向で斉藤調教師と話し合いましたので、このまま乗り込みながら移動に備えていきたいと思います。馬体重は507キロです」(4/5近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「ペースを上げた後も順調そのものですし、疲れを見せることもなく元気いっぱいに調教に取り組んでいます。調教の感じだけならいつ帰厩しても良いぐらいの感触ですが、去勢手術してまだ日も浅いので、もう少し時間をかけてあげる方が良いでしょう。移動の予定が決まるまで乗り込みながら馬体を鍛えていきたいと思います。馬体重は534キロです」(4/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての環境に戸惑いを見せていたヴァンタブラックですが、慣れてしまえば堂々とした振る舞い。兄姉と違ってピリピリしていないところに大物感は感じます。今後は厩舎の都合が付き次第、栗東へ。デビューする頃には注目の1頭として挙げられる馬へとまずはなっていて欲しいです。

シングルアップはすぐ太ってしまうことを考慮して、NFしがらきでもハードに鍛錬中。これから汗を掻きやすい時期になってくるのは歓迎だと思います。近々帰厩舎することになりそうですが、どんどん攻めの調教を課していってもらえればと思います。

クレッセントムーンはソエが小康状態とはいえ、ぶり返す恐れがあるので、負荷を高める際はよりケアを入念にしていく必要があると思います。また、手前の替え方が下手なのも、ソエが残っているのも多少なりとも影響はあるでしょうし。素質はまだまだ上を目指せるものがあるだけに、今のうちにソエをしっかり治してもらいたいです。

アマネセールはトレッドミルでの運動を継続しつつ、坂路をハロン14秒で登坂。馬体にメリハリが出てきたことで前向きさもアップ。良い傾向だと思いますが、レースへ行って若干折り合いに不安のあるタイプなので、自由気ままに走らせすぎないようにお願いします。

ボンディマンシュは意欲的に調教をこなしているのは○。ただ、去勢してそれほど時間が経っていないので、身体に馴染んでいないところがあるのかなと想像します。ひとまず乗り込みを継続することで、体力強化に努めてもらえればと思います。

2019年4月 1日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都5月5日・橘S
・調教内容:周回コース・坂路コースで軽めのキャンター

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えてレースの疲れを取っていました。これまでと違って今回はそこまで疲れがなく、ガタッと来るところがなかったので、週明けから周回コースで乗り出しを開始し、週半ばから坂路にも入れています。気が緩むと怠けるところがあるので、調教では最後まで気を抜かさないようにしっかり走らせるように心掛けています。この調子なら、予定している橘ステークスに向けて進めて行けそうなので、馬の状態を見ながら徐々に乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は555キロです」(3/29近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めの運動に控えました。今週からトレッドミルで運動を開始していますが、少しソエを気にするような仕草を見せているものの、歩様は特に問題ありませんし、そこまで気にするほどではないと思います。今週いっぱいはトレッドミルで軽めの運動に控え、来週一度跨って歩様のチェックを行ったうえで、調教の進め方を考えていきたいと思います。馬体重は497キロです」(3/29近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいますが、調教をこなすに連れて少しずつ前向きさが出てきているように思います。まだまだこれからの馬ではありますが、馬体も良い方に成長している感じがします。来週帰厩する予定となっています。馬体重は504キロです」(3/29近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「坂路でハロン15秒までペースを上げた後も脚元の状態は変わりなく、動きに余裕が出てきたことから、この中間はハロン14秒までペースを上げました。ペースアップした後も余裕を持って登坂しており、動きに力強さが出てきましたよ。斉藤調教師とは3歳条件戦があるうちに出走できるように帰厩させる方向で話し合っているので、後は調教の動きを見ながら具体的な予定を決めていくことになります。馬体重は502キロです」(3/29近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「調教を再開した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒までペースを上げました。トモに緩さがあるものの、この馬なりにはしっかり動いているので、後は登坂回数を重ねながらピリッとさせていきたいと思います。去勢手術後ではありますが、馬体が緩んだ感じはありませんし、休むことなくしっかり乗り込むことが出来ているので、帰厩に向けてこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は534キロです」(3/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは順調に回復が進み、坂路での乗り込みを開始。これから負荷を高めていくことになりますが、予定している来月5日の京都・橘Sには間に合いそう。体力は水準以上のモノがあるのでハードに鍛えてもらえればと思います。

クレッセントムーンは少しソエを気にしている様子。油断すると悪化の恐れがあるので、ケアはしっかり行って欲しいです。

パラダイスリーフは20日の東京・新緑賞へ出走する為、今週中の帰厩を予定。この馬なりに良くなっていますが、まだまだ心身の未熟さが残る現状。頑張ってもらわないといけない馬ですが、長い目で見ていく必要があります。

アマネセールはハロン15秒から更に1歩前進した攻めの調教を消化。脚元に変わりはありませんし、動きはひと追い毎に上昇中。具体的な番組は未定も、3歳馬同士の対戦には間に合う様子。GW前後には帰厩の声が掛かりそうです。

ボンディマンシュは去勢してそれほど時間は経っていないも、早速ハロン15秒の調教に挑戦。トモの緩さは目立つも、この馬なりに対応してくれた様子。体調は頗る良いので、ドンドン進めていって欲しいです。

2019年3月25日 (月)

シルクなお馬さん(先々週末・出走組)

Photo_3 インヘリットデール

・在厩場所:栗東トレセン/21日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

高野師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、走ったなりの疲れがあるものの、それ以外は大きなダメージはありませんでした。外々を回る厳しい競馬でしたが、大きく崩れることはなかったですし、この馬なりによく頑張ってくれたと思います。距離に関しては問題なく、もう少し短くても対応してくれそうですね。この後は一旦牧場へ戻させていただき、これまでの疲れを取ってもらう予定です。次走の予定につきましては、馬の状態を確認しながら相談していきたいと思います」(3/20近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:20日に福島県・NF天栄へ放牧

加藤征弘調教師「レース後は脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。ただ、連闘で頑張ってくれましたし、目に見えない疲れもあるでしょうから、予定通りいったん放牧に出させていただきたいと思います。ノーザンファーム天栄での状態次第になりますが、問題なければ新潟開催を目標に進めてもらいたいと考えています」(3/20近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン/22日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・調教内容:軽めの運動

高野師「トレセンで状態を確認いたしましたが、大きなダメージはなく、体調も変わりありません。このまま続戦しても問題ないレベルですが、成長段階で無理に詰めて出走させる時期でもないので、この後は一旦牧場へ戻して調整してもらおうと思います。次走の予定につきましては牧場で状態を確認しながら検討させていただきます」(3/21近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:19日に滋賀県・NFしがらきへ放牧
・次走予定:京都5月5日・橘S

寺島師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、疲れを見せることもなく、体調は変わりありませんでした。これまでの疲れを取る為に一旦牧場へ戻し、すぐ乗り出していけるようであれば、5月5日の京都・橘Sに向かいたいと考えています」(3/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末(3/15・16)に出走したシルク馬4頭はレース後、大きなダメージは見当たらないも、それぞれ牧場で一息入れられることになりました。

インヘリットデールはおそらく次走では芝1400mの番組を使うのでしょう。スッと前へ行ける器用さはあるので、出たなりの位置で脚を溜めることが出来れば、ひと押しあるかも。また、前脚を掻き込む感じで走るので、ダートを試すのもありかと。ワンパンチ足りない分をひょっとしたら補えるかも。

連闘使いながら5着とこの馬なりに頑張ってくれたヴェルトゥアル。今のところドッと疲れが出るようなことはなかったですが、日にちを経過してどういう変化が見られるか。左回りの方が走りがスムーズなので、何とか新潟開催の後半戦に間に合ってくれれば。

クレッセントムーンは続戦するのかなと見ていましたが、前走後も軽い筋肉痛の症状が出ましたし、長い目で見れば放牧に出すのは正解でしょう。まずは疲れをしっかり取り除き、心身の成長を促しながらコツコツ乗り込んでもらえれば。これから実が入ってきて更に良くなってくれると思います。あとは手前をスムーズに替えることが出来るように今のうちに再教育をお願いします。

シングルアップは一息入れて5月5日の京都・橘Sへ向かう予定。重賞だと力不足ですが、同世代のリステッド競走の次走は何とか巻き返しを。噛み合えば十分やれると思うので、牧場では改めて操縦性を良くするように取り組んでもらいたいです。

2019年3月24日 (日)

先週のレース結果

<土曜日>

Photo_2 ブロードアリュール

中京8R 4歳上500万下(ダ1400m) 10着(3番人気) 田辺J

シャドーロール着用。五分のスタートを切ったものの、ズルズルと後退していき、後方からの競馬になります。直線で外目に出しましたが伸び脚は今一つで、10着でゴールしています。

田辺騎手「去勢明けということでしたが、返し馬からゲート裏までのメンタルで気になることはなかったですよ。スタートは良かったのですが、芝の部分が長いことやストライドが伸びずスピードの乗りが悪くて、位置取りが下がってしまいました。道中も体を上手く使えず前にノメっていましたし、勝った時のように外へ出してスムーズな競馬をしたかったところなのですが、手応えに全く余裕がありませんでした。2勝目を挙げた時は上のクラスへ行けそうな手応えを感じていた馬ですが、その頃と比較すると雲泥の差ですし、本来の姿に戻るには少し時間が必要かもしれません」

尾関調教師「スタートはまずまずだったものの、そこから体をしっかり使って走れなかったので、ズルズルと遅れてしまいましたね。砂を被ってしまったことで余計に進んで行きませんでしたが、外を回していくほど手応えにも余裕はなかったようです。去勢して初の実戦でしたが、馬体重には大きな変化はなかったものの、しっかりとフィットするまでには少し時間が必要なのかもしれません。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか判断させていただきたいと思います」(レース結果)

Photo_2 インヘリットデール

中山9R 鎌ヶ谷特別(芝1600m)4着(4番人気) 石橋脩J

パドック先出し。まずまずのスタートから、道中は中団で構えます。そのままの位置で、直線は外に持ち出されるとジワジワと伸びて、人気通りの4着でゴールしています。

石橋脩騎手「以前に乗せていただいた時よりも、返し馬で力が入っていました。ただ、その部分がレースでも引きずっていた感じはありませんでしたし、レースで難しさを出すようになるまではあまり気を使わなくても良いと思います。今日は3コーナーから急激にペースが上がって、内で競馬を進めていた馬が上位を独占するような展開でしたから、この馬のように外目で競馬をさせられた馬たちにとっては少し厳しかったですね。ただ、距離短縮でも良いスピードを見せてくれましたし、今ならもっと距離を詰めても対応できると思いますよ」

高野調教師「今日は前半のペースが緩かったものの、急激にペースが上がって長く良い脚を使える馬でないと勝負にならない特殊なレースでした。それに、上位の3頭は最終的に内目を通ってきた馬たちですし、それを考えると外枠から終始外目を回されたこの馬は内容のある競馬をしてくれたと思います。今回は距離を詰めてみましたが、スピードは通用しそうですし、1400mくらいまでなら問題なさそうですね。今後についてですが、まずはトレセンでの状態を確認して、予定を決めたいと思います」(レース結果)

Photo ロードエース

阪神10R・なにわS・ダ1200mに川田Jとのコンビで出走。15頭立て2番人気で6枠10番から平均ペースの道中を2、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒6差の4着でした。馬場は稍重。タイム1分11秒0、上がり36秒2。馬体重は増減無しの504キロでした。

○川田騎手「人気馬を楽に逃がさぬように。軽くプレッシャーを掛けながらの追走でした。ただ、結果的に最後は自分自身が苦しい感じに。今回は相手が悪かったと思います。それでも堅実なレースぶり。1200mもピッタリ合っているでしょう」

○松下調教師「ジョッキーには特徴だけ伝達。乗り方は任せました。勝ちに行った分の4着。ラストに交わされたのは仕方ないでしょう。あまり使い込んで大きく落ち込むと、立て直すのに時間を要してしまいそう。ここで小休止を挟むのがベターかも知れません」

Photo_2 シングルアップ

土曜中京11R ファルコンS(G3・芝1400m)10着(10番人気) 中谷J

まずまずのスタートを切ると、道中は好位グループのすぐ後ろ7番手あたりを追走、直線では進路を探しながらもジリジリと脚を使って、10着でゴールしています。

中谷雄太騎手「スタート後は積極的に出して行きましたが、他の馬も速くてあの位置からの競馬になりました。スタートしてすぐにぶつけられた時と3コーナーで、少しハミを取っていましたが、全体的に良いリズムで運ぶことが出来たと思います。直線では切れる脚がないので、スペースが空いてもスッと反応できませんでしたが、最後までよく頑張ってくれました。外枠スタートから前目に付けて、直線でそのまま押し切るような競馬が出来れば理想ですね」

寺島良調教師「今回もパシュファイヤーと口籠を装着して、パドックと返し馬を行いましたが、この馬なりにまずまず落ち着いてレースに向かえましたね。スタート後に他の馬に入られてしまったものの、これまでに比べると良いスタートを切れたと思いますし、全体的に流れに乗って進められたと思います。本来は前に付けて押し切る競馬が理想ですが、このクラスだと他馬も速いですし、そう上手くはいかなかったものの、最後まで止まらずによく頑張ってくれていると思います。この後は続けて使ってきましたので、いったん牧場に戻して疲れを取ってもらう方向です」(レース結果)

<日曜日>

Photo_2 クレッセントムーン

阪神6R・3歳上500万下(ダ1800m)A.シュタルケJ

まずまずのスタートから出鞭を入れて、好位2番手をキープします。直線で先頭に並び掛け、そのまま抜け出しを図りますが、ゴール手前で力尽き3着に敗れています。

A.シュタルケ騎手「少し幼いところがあり、ゲートの中で落ち着きのないところを見せていましたが、ゲートのやり直しでリラックス出来たのか、2度目は大人しく駐立していました。厩舎サイドから『良いポジションで競馬をして欲しいけど、ズブいところがある』と聞いていたので、ゲートを出て気合いを入れていくとスッと二の脚が付いて好位でレースを運ぶことが出来ました。最初はハミを噛んで行きたがる素振りを見せていましたが、すぐ収まってくれましたし、それからはリズムよく競馬が出来ました。ゴーサインを出すとしっかり反応してくれましたが、最後は久しぶりの影響から伸び切れませんでした。とても乗りやすく良い馬でしたし、次はもっと良いパフォーマンスを見せてくれると思いますよ」

高野調教師「シュタルケ騎手には気を抜かせないように競馬をして欲しいとリクエストしていたのですが、それが頭にあってか出鞭をいれていったことで、少し力んで走っていましたね。それ以外は良い位置で運べましたし、最後まで頑張って走ってくれて、久々だったことを考えれば悪くない競馬だったと思います。この後はトレセンに戻ってからどうするか検討したいと思います」(レース結果)

Photo_2 ヴェルトゥアル

中京8R 4歳上500万下・若手(ダ1800m)5着(10番人気) 伴J

まずまずのスタートから無理せず、道中は後方3番手からレースを進めます。4コーナーから徐々に促して行き、直線では外からジワジワと脚を伸ばして、5着まで追い上げたところでゴールしています。

伴啓太騎手「湿った馬場になったことで追走に苦労しないか心配でしたが、無理なく追走できましたね。馬群の中でも落ち着いて走れていましたよ。脚抜きが良い馬場でしたし、途中で上がって行くことも考えましたが、前走はそれで最後脚が上がってしまっていましたし、直線まで我慢しました。この形だと最後まで頑張ってくれますし、乗り味は良い馬ですから、展開が嵌ればチャンスはあると思います」

加藤征弘調教師「前走は少し動いていくのが速すぎましたが、今回はしっかり脚を溜めて終いの脚を活かすような競馬が出来ました。勝ち馬とは離されましたが、2着馬とはそこまで差がなかったですし、良い内容だったと思います。また、右回りより左回りの方がスムーズな印象を受けましたね。この後は連闘したこともあって、疲れも出てくると思いますので、いったん牧場へお戻ししたいと考えています」(レース結果)

Photo ロードダヴィンチ

中京8R・4歳上500万下・若手・ダ1800mに岩田望Jとのコンビで出走。12頭立て2番人気で5枠5番から平均ペースの道中を3、3、3、5番手と進み、直線では中央を通って1秒8差の9着でした。馬場は良。タイム1分55秒2、上がり40秒2。馬体重は増減無しの526キロでした。

○田代調教助手「窮屈なポジションに入っていただけに、プレッシャーがキツかったかな・・・と。まだ脆い面も持ち合わせていますからね。また、遠征の疲れも微妙に残っていたのかも。いずれにせよ残念な結果でした。ひとまず今後に関しては厩舎へ戻ってから。ダメージ等の確認が必要でしょう」

Photo ロードヴァンドール

阪神11R・阪神大賞典(G2)・芝3000mに横山典Jとのコンビで出走。11頭立て10番人気で1枠1番からハイペースの道中を2、1、1、1番手と進み、直線では最内を通って1秒2差の3着でした。馬場は稍重。タイム3分07秒7、上がり39秒2。馬体重は2キロ減少の498キロでした。

○横山典騎手「先生から聞いていた通り、だいぶ良化して来た感じ。今回は返し馬の雰囲気が違いましたからね。スタートも決まり、ようやく競馬の形に。更に上向きそうな印象だけに、これから先が楽しみでしょう。結構タフなレースだった分、反動が出ないか・・・が心配。厩舎サイドに上手くケアして欲しいです」

○昆調教助手「入れ替わり先手を奪い合う形に加え、勝ち馬に早目に来られるキツい展開。そんな中でもラストまで辛抱してくれたでしょう。どちらかと言うと叩き上げタイプ。ここ2戦は全く走っていませんからね。これでピリッとするのでは・・・。ジョッキーも話しているように、まずはレース後の確認が必要。その上で新たなプランを相談したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回、去勢明けの1戦となったブロードアリュール。レースまでの調整過程を見ると、その効果が出ているのかハッキリ分かりませんでした。ただ、500万下を1度勝っているように地力は上の存在。速い時計の決着になると分が悪いとは思っていましたが、ある程度格好をつけてくれると見ていました。しかし、レースを見て、最初に感じたのが以前のようなフットワークではないということ。こじんまりした走りで推進力がありません。走ることへの意欲が失われているというのが現状のブロードアリュールです。復調してくるには相当時間が掛かりそう。

デビュー戦以来のマイル戦となったインヘリットデール。スムーズにレースの流れに乗れたとは思いますが、外枠が災いし、終始外々を回される形。道中、脚を溜めつつ進めることが出来ていたと思いましたが、追ってからひと伸び出来なかったのはそういう面の影響があったと思います。4着と一応の形は残しましたが、収穫はそれほどなかったかなというのが率直なところ。芝ではちょっと限界が見えてきたようにも思うので、1度ダートを試すのもありかと。追い切りは動きますし、前脚を叩きつけるフットワーク。案外、適性があるかもしれません。

ロードエースは準OPでの3戦目。ここまで着実に成績を上げてきていましたが、今回は強い逃げ馬と強い差し馬がいて、エースのレース運びは難しくなるというのは想定済ではありました。ポンとスタートを切って、逃げ馬に少しプレッシャーを掛けてからの追走。この辺りの手綱捌きはさすが川田J。ただ、今回は相手が1枚上という感じで最後はこちらが苦しくなって失速。時計が少し速くなったのも分が悪かった印象です。この経験が次に繋がってくれれば。

シングルアップは同世代とはいえ1400mの重賞では荷が重かったということ。この馬なりに失速せずに最後まで頑張っていたのは評価したいところではありますが。切れ不足なので、もう1度ダートを試すことを考えても良いのかなと思います。

クレッセントムーンは久々の1戦が昇級戦と楽ではありませんでしたが、休ませて馬が良くなっていたので秘かに楽しみにしていた1戦。積極的にポジションを取りにいったのは予想外でしたが、まずまず良い雰囲気で走ることが出来ていたと思います。課題は追ってからの伸び。最後の直線で手前を替え切れていなかったのがひと押し欠いた要因だと見ています。若さが抜けて行けば、自然と上達するのかなと思いますが、牧場では改めて基礎(スムーズな手前の替え方)を反復して欲しいです。

ヴェルトゥアルとロードダヴィンチは同じレースに出走。ヴェルトゥアルは前半ちょっと力んだ走りになりましたが、末脚を生かす競馬に終始。最後の直線を向くまで我慢することが出来ました。まあ、追ってからそれほど目立つ脚を使うことはなかったですが、最後まで頑張り通せたのは○。全体時計&上がりが掛かってくれればもう少しやれそう。ロードダヴィンチはスタートで挟まれる形になったのが痛かったですし、道中は馬の間で追走することになってしまいました。コロッと凡走するように脆さがあるダヴィンチには酷な感じに。4角を回ってくる時点で追っ付け通しだったので『これはダメだと・・』。追い切りの動きは良く、前走から更なる前進が叶うかと見ていたら、弱いダヴィンチが顔を出してしまいました。

ロードヴァンドールは3000mに対応できるかどうか正直不安でしたが、ここ2走と違い、追い切りの雰囲気・動きが良化。この馬らしくビシッとやって好時計が出るようになってきていました。この1戦で何とか復調の兆しを見せてくれればと願っていましたが、レースはまさかの展開。サイモンラムセスが行くのは分かっていましたが、ヴァンドールも逃げを主張するとは。2番手で折り合いをつけるのかなと見ていたら、途中からハナを奪いかえることに。また、これまで気性面の幼さから離して逃げることが出来なかったのですが、今回は初めて大逃げの形が出来ました。こういうレースが出来れば、今後面白そう。早目にシャケトラに交わされ、パタッと止まってしまうかなと見ていましたが、3着に踏み止まったのは素晴らしかったです。天皇賞・春でもこういう競馬を見せて欲しいです。

2019年3月16日 (土)

今回もレース前のテンションの高さが1つポイント。馬具の効果で我慢が利いて欲しい。ただ、多頭数の重賞へ入ると、課題一杯の現状ではさすがに分が悪そう。今後に繋がる走りを見せて欲しい。★シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜中京11R ファルコンS(G3・芝1400m)4枠7番 中谷J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にポリトラックコースで追い切り

寺島師「13日にポリトラックコースで追い切りました。先週と同様に周回コース内の角馬場で体を解してからポリトラックコースに入れましたが、スムーズにコースに入ることが出来ましたし、道中も行きたがる素振りを見せながらも、この馬なりに我慢が出来ていたと思います。溜めが利いている分、終いもしっかり伸びてくれましたし、調整を工夫した努力が実になっているように思います。大型馬だけに窮屈な位置で競馬をするよりは、ノビノビ走りやすい外目の枠を引いて、出たなりの位置でリズムよく競馬が出来るのが理想ですね。前走も大きく負けていませんし、立ち回り次第では十分チャンスがあると思うので、良い競馬を期待したいですね」(3/13況)

助 手 10栗坂良 63.3- 44.7- 27.8- 13.0 馬なり余力
調教師 13栗P良 68.6- 53.0- 39.3- 12.3 末一杯追う
調教師 15栗坂良 62.6- 44.8- 29.0- 14.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中京3日目(03月16日)
11R ファルコンS(G3)
サラ 芝1400メートル 3歳OP 特指 国際 別定 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ニューホープ 牡3 56 佐藤友則
2 2 ショウナンタイガ 牡3 56 柴山雄一
2 3 スタークォーツ 牝3 54 川又賢治
3 4 ローゼンクリーガー 牝3 54 福永祐一
3 5 ジャカランダシティ 牡3 56 荻野極
4 6 ジャパンスウェプト 牡3 56 藤岡康太
4 7 シングルアップ 牡3 56 中谷雄太
5 8 ザイツィンガー 牡3 56 国分恭介
5 9 ダノンジャスティス 牡3 56 小崎綾也
6 10 ヴァッシュモン 牡3 56 田辺裕信
6 11 ドゴール 牡3 56 津村明秀
7 12 ブリングイットオン 牝3 54 丹内祐次
7 13 グルーヴィット 牡3 56 北村友一
8 14 イッツクール 牡3 56 松田大作
8 15 ハッピーアワー 牡3 56 吉田隼人

○寺島師 「馬具など、いろいろと工夫して臨んだことで、レース前の煩さがマシになりました。追い切りも収まりがついていい感じ。今回もいいテンションで臨めれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は少頭数、尚且つリステッド競走としてレベルの低い1戦の中、先着馬に完敗の3着だったシングルアップ。褒められたレースとは言えないも、パドックでホライゾンネット+口籠を装着し、レース前の体力消耗を軽減。一息入った後でリフレッシュが叶っていたことでこの馬なりに落ち着きを保ってレースへ臨めたのは1つ評価できることだと思います。また、レースでは行き脚が一息も、最後までジワジワ脚を繰り出せたことも評価できるでしょう。

その前走から中2週での今回。正直、動きはまだまだモッサリしていますが、馬体には幾らかでも締まりが出てきた様子。肉体面で叩いた効果は大きそう。あとは1度使ったことでピリピリしてこなければ良いのですが…。

距離の1400mは十分守備範囲ですが、今回は重賞ということで15頭立て。器用さ+決め手に欠けるので捌き切れないと思いますし、レースへ行く前に自分との戦いが続いている現状では余計に荷が重いのかなと思います。馬場が渋って力の要る馬場になるのはプラスでしょうが。

早い時期に恵まれた相手に連勝したことで、茨の道が続くシングルアップ。ここも結果は二の次で、落ち着きを保った状態でレースへ参戦することが出来るかどうか、苦しい展開になっても投げ出さずに最後まで渋太く脚を繰り出せるかなど今後に繋がる競馬が出来たかどうかをしっかり見て行きたいです。

2019年3月 8日 (金)

シルクなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山3月16日・鎌ヶ谷特別

担当助手「6日に坂路で追い切りました。先週末にも坂路で時計を出しましたが、帰厩して日が浅い割には動いていましたし、今回もテンから負荷を掛けていった割には最後までしっかりとした脚取りで登坂していましたよ。放牧先で緩めず乗り込んでもらっていたことで、良い状態でこちらに戻ってきていますし、来週の追い切りの動きが悪くなければ、3月16日の中山・鎌ヶ谷特別に出走させたい気持ちがあります。もし動きがもう一つであれば、翌週に阪神・天神橋特別がありますので、来週の動き次第で出否を検討したいと思います」(3/6近況)

助 手 6栗坂良 52.5- 37.5- 24.6- 12.5 一杯に追う リスグラシュー(古オープン)馬なりに0.7秒先行0.3秒遅れ

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月17日・ダ1800m、もしくは中京3月17日・沈丁花賞

高野師「6日に坂路コースで併せて追い切りました。道中はクレッセントムーンが追走していき、最後は少し先着する形でゴールしています。先週も久々の割には良い動きを見せてくれましたが、今週も最後まで余裕のある走りで登坂できており、動きは良かったですね。元々悪いわけではありませんでしたが、前走から無理させなかったことで、一回り馬体が成長して良くなっているように思います。来週どちらに向かうかは、相手関係等を見ながら検討させていただければと思います」(3/7近況)

助 手 3栗坂良 56.8- 40.8- 25.8- 12.3 馬なり余力 プライドランド(三500万)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 6栗坂良 54.0- 39.2- 25.3- 12.3 馬なり余力 アウステルリッツ(古500万)一杯を0.1秒追走クビ先着

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日にポリトラックコースで追い切り
・次走予定:中京3月16日・ファルコンS(G3)・中谷J

寺島師「いつも使っている外の角馬場だと地下馬道に入る際、ゴネてしまうところがあるので、今回は周回コース内の角馬場でじっくり体を解した後に、そのままポリトラックコースに入れてみました。するといつもよりゆったりキャンターに入ることが出来ましたし、その後も徐々にスピードを上げていくことが出来ました。最後まで脚色が鈍ることなくしっかり伸びてくれましたし、これまでになく良い追い切りが行えました。一度レースに出走したことで、体が締まってきましたし、上積みが感じられるだけに、今の雰囲気のままレース当日を迎えられると良いですね。ここまで手綱を取ってもらった松山騎手がレース当日は阪神で騎乗予定とのことでした。リーディング上位の騎手が不在でしたので、空いている中で最後まで諦めずにしっかり追ってくれる中谷騎手に依頼させていただきました」(3/7近況)

調教師 6栗P良 67.0- 51.5- 38.0- 12.1 強目余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは6日に帰厩後の初時計をマーク。リスグラシューのパートナーに抜擢されるも、アッサリ先着を許す形。まあ、格の違いを見せつけられた格好ですが、この馬とすれば悪くない時計で走れています。次走に関しては、来週の中山・鎌ヶ谷特別が本線のようですが、動きに物足りなさが残るなら1週延ばす可能性もあります。

クレッセントムーンはビシビシとはやられていないも、坂路での動きは非常に軽やか。ソエの影響でここまで休み休みで使う形になっていますが、この馬の成長を促す意味では良い効果が出ています。ただ、精神面での幼さはまだ残ると思うので、1つ勝っている馬同士のレースへ行って、そこがどう響くか。レースプランとすれば、末脚を生かす形のレースをモノにしていって欲しいです。

シングルアップは相変わらずの気難しさですが、色々工夫することで新たな発見も出来ている様子。その努力には感謝感謝です。馬体にはまだ余裕がありそうですが、6日の追い切りは悪くない時計。1度使っての上積みは大型馬らしく十分見込めそう。当日、松山Jが乗れない為、中谷Jに乗り替わりとなりますが、しっかり追える騎手なので新味をもたらしてくれれば。ただ、この距離の重賞だと頭数が揃うでしょうねえ。多頭数の競馬は器用さ+決め手に欠けるので割引材料です。

2019年2月28日 (木)

出脚が付かず、スピードの乗りが悪い為、後方からの競馬になってしまう。今回は少頭数+相手関係に恵まれて3着に押し上げるも、多頭数の競馬だとちょっと辛いかも。馬具を工夫した効果は有り。★シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜阪神10R マーガレットS(L)(芝1200m)3着(3番人気) 松山J

まずまずのスタートを切ると、道中は後方2番手を追走、4コーナーで外を回りながら徐々に仕掛けて行き、直線でジワジワと脚を伸ばして3着でゴールしています。

松山騎手「スタートは出ているものの、大型馬だけに小脚が使えず、スピードが乗るまでに時間が掛かってしまうので、後ろからの競馬になってしまいますね。道中は力むところがありましたが、人気馬を前に見て進められ、悪い形ではなかったと思います。ジワジワと脚を伸ばすタイプなので、先行できればもっとこの馬の持ち味が活きると思いますが、直線は最後まで脚を使ってくれましたし、能力は示してくれたと思います」

寺島調教師「ここ数戦はレース前から気負ってしまって、レースまでに体力を消耗してしまうことが続いていたので、パシュファイヤーと口籠を装着して、パドックと返し馬を行いました。パドックは落ち着いて周回できていましたし、返し馬は先出ししましたが、スムーズに入っていけましたね。また馬体重は大きく増えていましたが、確かに休み明けの分もあるものの、ほとんどは成長分だったと思います。レースは後ろからの競馬になってしまいましたが、最後までジワジワと脚を伸ばして頑張ってくれましたね。松山騎手の言う通り、前目で進められるようになれば、もっと良い勝負が出来るようになるでしょう。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て、どうするか検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

パドックでホライゾンネットを着用。リフレッシュと馬具の効果だろう、テンションはそう上がっていなかった。出遅れたし、流れも落ち着いていたため行きたがったが、何とか我慢。直線はイッツクールに追い負けの形だが、外からそれなりの末脚。折り合いがつけばオープンでもそこそこはやれていい馬。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:中京3月16日・ファルコンS(G3)

寺島師「トレセンに戻って状態を確認させていただきましたが、走ったなりの疲れは見られるものの、煩くなった感じがなく、この馬なりに良い雰囲気を保っています。今週いっぱい様子を見させていただき、それでも変わりないようであれば、3月16日の中京・ファルコンSを目標に進めていきたいと考えています」(2/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

結果を知って、レースを見直すことになったので、パドックの様子は分かりませんが、パシュファイヤーと口籠を装着する物々しさでレース前の消耗を出来る限り、抑えようという陣営の意図・工夫は感じます。前走からプラス17キロの馬体重は成長分を見越しても少し余裕が残り、良化途上だったのかなと見ています。

リフレッシュされたことでゲートはマズマズ出ましたが、大型馬で器用な脚を使えない分、二の脚が一息。スピードが乗り辛い分、後方からの競馬になってしまいました。道中のシングルアップは思いのほか折り合いが付いて、引っ張りきりの手応え。前に人気のディアンドルがいてレースはしやすかったかなと思いますが、同馬主の人気馬ということで早目に外から被せて内へ押し込むところまでは行かず。4角でスッと突き放されてしまいました。

まあ、それでも直線でのシングルアップは渋太い伸び脚。先着を許した2頭には完敗も、最後まで頑張る姿勢を見せてくれたことは評価したいです。

レース後のシングルアップですが、相応の疲れは感じられるも、煩い面は見られず。良い意味でガス抜きできたかもしれません。また、このまま状態に変わりがなければ、在厩調整で来月16日の中京・ファルコンSを目指していくこととなりました。

芝に戻って息を少し吹き返す結果にはなりましたが、ゲートを出てからのスピードの乗りが悪いので、1200mの多頭数の競馬だと今後辛いかも。追走が楽になる分、1400mへ距離延長となる次走は良いかと思いますが、その際、今回のように最後まで踏ん張れるかが鍵に。個人的にはダメ元で1度マイル戦を試して欲しいです。

2019年2月23日 (土)

6頭立てはラッキーも、不安材料ばかりで復調を感じるところがないのが悩ましく。レースの流れに乗り、自分から止めるような面を見せず、最後まで頑張り通して欲しい。★シングルアップ

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜阪神10R マーガレットS(L)(芝1200m)6枠6番 松山J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日にポリトラックコースで追い切り

寺島師「20日にポリトラックコースで追い切りました。馬場入りの際など少し煩いところを見せるので、この中間は舌を縛ってみましたが、この馬なりに我慢が利く様になりました。ただ、コースに入って走りだすと馬力のある馬なので抑えるのにかなり苦労しますし、テンから力を出し切ってしまうために、最後は苦しくなって自分から走るのを止めてしまいます。でも競馬に行けばそれなりにペースが流れてくれると思いますし、そこまで折り合いを欠くことはないと思います。乗り慣れた松山騎手ならこの馬の癖を分かったうえでレースを運んでくれると思うので、良い競馬を期待したいですね」(2/21近況)

助 手 17栗P良 74.2- 56.5- 40.7- 12.1 末強目追う
調教師 20栗P良 キリ 12.6 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神1日目(02月23日)
10R マーガレットS(L)
サラ 芝1200メートル 3歳OP 特指 国際 別定 発走15:01
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 イッツクール 牡3 57 松田大作
2 2 ロードワンダー せ3 56 丸山元気
3 3 ブリングイットオン 牝3 54 和田竜二
4 4 スタークォーツ 牝3 54 藤岡佑介
5 5 ディアンドル 牝3 55 C.ルメール
6 6 シングルアップ 牡3 57 松山弘平

○寺島師 「2走前から発走前にかなりうるさい面が。リフレッシュして今はマシですが、本番に行ってどうなるか、少頭数の今回はマイペースで運べそうなのはいいですが」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

500キロを優に越す雄大な馬体でパワフルな走りをするシングルアップ。それ故、ダートで新味を期待した前走の兵庫ジュニアグランプリでしたが、1角で他馬との接触、他馬のキックバックを嫌がり、地方競馬特有の小回りコースにも戸惑いを見せ、パニックを起こしてしまい、レースどころではなくなってしまいました。ダート自体は悪くないとは思うのですが。

レース後はNFしがらきでリフレッシュ。新馬→OPと連勝して頑張ってくれたお馬さんですが、相手が強くなってきて尻すぼみの現状。もう少しやれていいと思うのですが、内面にかかえていた気難しいところが徐々に表面化してきたのが悩ましいところ。放牧を挟んで、煩い面は幾らかマシになっているようですが、追い切りの動きは重苦しくて平凡。自由気ままに走って、最後は自分から止めるような面を見せています。前走、精神的に苦しいレースになってしまったことが尾を引いているのでしょう。それ故、レースでの集中力の維持が心配で不安ですが、少頭数とこの距離で幾らかごまかしが利くのかなとは見ています。

ここは同じシルクのディアンドルが1頭抜けた存在。それ以外とは実績上位でヒケは取らないと思いますが、自滅する可能性が高いのがシングルアップ。能力を発揮してくれれば見苦しいレースにはならないと思うのですが、前走後の雰囲気+帰厩後の動きを見ると、不安材料ばかりで復調を感じるものがありません。

ですので、今回の結果はちょっと横に置いといて、ゲートを五分に出て、しっかり競馬に参加することが出来るかどうかを見守りたいところ。自分から止めるような面を見せず、最後の直線で渋太く頑張っている姿が見たいです。

2019年2月15日 (金)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神2月23日・マーガレットS(松山J)

寺島師「14日にCWコースで追い切りました。1週前なので長めからしっかり負荷を掛けたいと思い、テンから意識的に負荷を掛けていきましたが、最後の直線では脚がやや鈍ったものの、このひと追いでガラッと変わってきそうです。13日に坂路を1本登板した後にゲート練習を行いましたが、ゲート裏に行くと何かやりそうな雰囲気を見せたものの、それ以上は何もしませんでした。普段も馬場入りする前にゴネるような素振りを見せますが、納得すれば問題ないですし、その辺りはこの馬なりに大人になってきているように思えます。順調には仕上がってきていますので、良い状態で来週の競馬に向かえるように努めていきたいと思います」(2/14近況)

助 手 10栗坂稍 62.0- 44.3- 28.5- 14.2 馬なり余力
調教師 14CW良 82.2- 66.5- 52.6- 39.5- 13.6 追って一杯

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にCWコースで追い切り
・次走予定:小倉2月24日・皿倉山特別(荻野極J)

斉藤崇師「13日にCWコースで追い切りました。先週の追い切りでは緩い馬場を気にしていた分、ややモタれ気味に走っていましたが、今週は最後までしっかりとした脚取りで走っていましたよ。本数を重ねていくにつれて動き・反応ともに良くなってきているので、レース1週前としては順調に仕上がってきています。長距離輸送だと馬体重がかなり減ってしまいますので、15日に小倉へ移動させようと思います。向こうに着けば飼い葉をすぐ食べてくれると思いますし、こちらでも輸送に備えて少し余裕を持って体を作っているので、このまま良い状態で来週の競馬に向かいたいですね。当初、中谷騎手に依頼していましたが、予定を変更して荻野極騎手で向かうことになりました」(2/13近況)

助 手 9CW良 75.7- 59.7- 44.2- 13.7 馬なり余力
助 手 13CW良 83.7- 67.8- 53.1- 39.0- 12.0 一杯に追う レティキュール(三未勝)強目の外を0.6秒先行3F付0.1秒先着

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回中京開催
・調教内容:13日に南Wコースで時計

加藤征師「13日に南Wコースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、直線では大外に出して行き、馬体を並べてゴールしています。帰厩後初めてWコースで強めの追い切りを行いましたが、良い感じで走れていましたね。以前は終いで少しモタっとするところがありましたが、今回は相手を待つくらい最後まで良い手応えで走れていました。もう少し追い切りを重ねてから具体的な予定を検討したいと思いますが、今日の動きからすれば1週目から間に合うかもしれませんね」(2/14近況)

助 手 8美坂良 57.9- 42.7- 28.5- 14.4 馬なり余力
助 手 13南W良 70.0- 54.6- 40.2- 13.8 馬なり余力 アドマイヤスコール(三500万)馬なりの外0.4秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の阪神・マーガレットSを予定しているシングルアップ。帰厩してそれほど時間は経っていませんが、14日の追い切りはCWコースでテンから仕掛けていってビシッと。馬場の外目を回って82秒2は優秀な部類ですが、ラスト1ハロン13秒6にはやや不満。馬体を持て余していることが原因ならまだ良いのですが、鞍上の指示に反抗するような面を見せていたら心配です。来週もビシッとやるでしょうから、どのような時計・動きを見せるか注目したいです。

年齢的な上積みは乏しいでしょうが、帰厩後も順調に来ているヴィッセン。この馬とすれば時計も出ている方だと思います。ひと追い毎に確実に良くなっているのは好感です。そして輸送に弱いことを踏まえて15日に小倉入りすることに。20キロ前後減ってしまう馬なので滞在1週間でどこまで体調・馬体を整えることが出来るかが1つポイント。ここまで良い感じで来ているので、この輸送で大きくリズムを乱さないことを願うばかりです。

ヴェルトゥアルはNF天栄で丹念に乗り込んできた効果もあって、スムーズに追い切りへ移行。13日に70-40程度で軽く流していますが、気分良く走ることができている様子。これなら仕上げに手間は掛からないでしょう。丹念に時計を出して、着実に上昇カーブを描いていってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ