最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ボンディマンシュ」の33件の投稿

2018年10月17日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター2400m、週2回ロンギ場で運動、残りの日は軽めの調整

担当者「トレッドミルでの運動を経て、この中間からは周回コースでの運動に入りました。元々ある程度まで乗り運動を進めていたので、馬に戸惑いは感じられませんでしたが、走りに硬さは見られます。スムーズに脚を運ぶことが出来ればもっと素軽いキャンターをしてくれると思いますので、しばらくは慣れも含めてあまり速いところはやらないつもりです」(10/12近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター、週3回周回コースで軽めのキャンター2250m

担当者「調教内容の工夫を図ったことで、馬に前向きなところが出てきました。ハロン15秒ペースでも良いキャンターを見せてくれていますので、ペースを上げても良いと思います。ここまで落ちついて調教にも臨めていますし、体調も良さそうですね」(10/12近況)

⇒⇒16日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動し、17日(水)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(15日・最新情報より)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「調教開始当初は物見をしていましたが、環境に慣れてくるにつれて、集中して走ってくれるようになりました。調教に関しては順調に進めて行けそうなので、徐々にペースを上げていきながら入厩に備えていきたいと思います。馬体重は532キロです」(10/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオはトレッドミルで我慢の調整を続けてきましたが、この中間から周回コースへ連れ出すように。ひとまず脚慣らし程度の内容ですが、動きに少しぎこちなさがある様子。この点が良くならないとピッチを上げることは出来ないと思うので、動きが変わってくるのを地道に待つしかありません。

前向きさが課題になっていたフロントラインですが、調教を工夫して刺激を与えることでピリッとしてきた様子。それによって動きに素軽さが出てきたようです。そして順調に来ていることからNF天栄を経由して17日に小笠厩舎へ入厩する運びとなりました。

ボンディマンシュは新しい環境に少しずつ慣れてきたことで動きも上昇。素質は良いモノを秘めていると思うので、厩舎での調整・追い切りで過敏な面を覗かせないように色んなケースを想定しながら日々の調教に取り組んでいってもらえればと思います。

2018年10月10日 (水)

3日にNFしがらきへ到着。既に騎乗運動を始めています。☆ボンディマンシュ

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:軽めの運動

調教主任「3日にこちらへ無事に到着しています。先週こちらに移動する予定でしたが、熱発した為に福島県・ノーザンファーム天栄で体調を整え、その後は状態が落ち着いたことから今週の移動となりました。4日は軽めの運動に控えていましたが、思いのほか体調が良いことから、5日からコースで乗り出しました。乗り出したばかりとあって周りを物見していますが、こちらの環境にすぐ慣れてくれるでしょう。馬体を見ると少し立派なところがあるので、もう少しこちらで乗り込んでから入厩させる予定です」(10/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

熱発を発症した為、NF天栄で足止めとなっていたボンディマンシュでしたが、順調に回復してくれたようで3日にNFしがらきへ無事到着。今度は体温上昇などなく、5日にはコースでの騎乗運動を開始しています。

ひとまず感触を確かめ、環境に慣らすことが先決。繊細なタイプだけに他馬よりもより丁寧に接していってもらえればと思います。また、ボンディマンシュも教えられたことを素直に吸収していってくれることを願っています。

2018年10月 2日 (火)

中継地・NF天栄到着後に熱発が判明。大事を取ってNFしがらきへの移動を延期しています。★ボンディマンシュ

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「26日にこちらへ到着しましたが、熱発してしまいました。まだ完全に下がり切ってはいないものの、徐々に治まってはきているので、現在はウォーキングマシンで軽めに動かして様子を見ています。このまま状態が落ち着けば、来週NFしがらきへ移動する予定となっています」(9/28近況)

⇒⇒福島県・NF天栄へ到着後に熱発が確認されたため、大事を取って滋賀県・NFしがらきへの移動を延期することになりました。(27日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

他馬と一緒に速いところを乗っても、我慢が利くようになってきたボンディマンシュ。良い方へ向かっているのは確かも、動きの質を高めるにはもう少し乗り込みが必要だと思っていました。

それ故、週中にNFしがらきへの移動予定を告げる最新情報には良い意味でビックリしたのですが、翌日になって中継地のNF天栄で熱発してしまったことが判明。ズッコケそうになりましたが、ボンディマンシュはストレスを溜めやすい馬だと思いますし、初めての輸送ということなので仕方ない面も。体温が落ち着けば、それほど日を要さずNFしがらきへ移動することになるでしょうが、それまでは手間隙かけて、熱発による内面のダメージを拭い去ってもらいたいです。

2018年9月26日 (水)

シルクなお馬さん(牡馬・北海道組)

Photo ゼーヴィント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回ウォーキングマシン

担当者「引き続きウォーキングマシンでの運動を行っています。依然として患部は良化している様子もありませんね。時間が掛かるとは思いますが、じっくりと焦らずに進めていき、ケアもしっかりと行います」(9/21近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週2回は周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めのキャンター 

担当者「自ら進んで前向きに調教をこなしてはいますが、ハロン14秒ペースになるとやや手応えが鈍りますね。それでもスピード感はありますし、動きに関してはさほど気にしていません。飼い葉も与えられた分は食べてくれますし、馬体重が502キロと大きな増減なく進められています」(9/21近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルでハロン25秒のキャンター3分、週3回トレッドミルでダク10分、残りの日は軽めの調整

担当者「右後肢球節の腫れは少しずつ治まってきましたが、もう少しトレッドミルで様子を見たほうがいいですね。無理をさせる時期ではありませんし、快方に向かっているところですからゆっくりと進めていく方針です」(9/21近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2250m、週1回角馬場で軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「左トモの経過は良好で坂路の登坂回数を増やしました。走りに少し重たさはありますが、概ね動きに関しては問題ありません。馬体重は518キロと更に体重が増えていますので、注意して進めていきます」(9/21近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「馬の状態に合わせながら進めていったことで、動きが良くなってきましたね。他馬と一緒に調教を行っても気の難しさを見せることなく、集中して走ってくれるようになりました。今後もリフレッシュを挟むなど疲労を蓄積しないよう乗り込んでいきたいと思います 」(9/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼーヴィントはまだまだ患部の良化が窺えない状況。屈腱炎は改めて先の見えない怪我だということを痛感させられています。

そのゼーヴィントの全弟がパラダイスリーフ。引き続き積極的に進められていますが、遅生まれなので体力面での途上さも感じます。まあ、それでも本数を重ねていけば、シャキッとしてくれるでしょうから、今しばらくは淡々と乗り込みを進めてもらえればと思います。

ジェラーニオは痛めた球節の腫れがまだ残っているので、無理をせず、トレッドミルで脚慣らし中。もどかしさはありますが、我慢するところはしないと。

フロントラインは調教メニューをじんわり強化。動きはまだまだですが、休んでいた時期が長いので致し方ないところ。急いで進めると反動が怖いので、マイペースを念頭に歩んでいってもらえればと思います。

ボンディマンシュは素材は良いと思うので、気難しさがマイナスする幅を小さくしていきたいところ。操縦性を高めることは競馬での活躍に大いに繋がる訳ですから。

2018年9月19日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路と周回コースでの調教を行っています。夏場に1度体調を崩してからここまで順調に進められています。涼しくなったことで馬も元気に調教に臨めております。元々ハロン14秒ペースまで乗り込まれていたこともあり、手応え良くスピード感溢れる走りを見せてくれています」(9/14近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回トレッドミルでダク10分、週1回トレッドミルでダク5分、週1回トレッドミルで常歩20分

担当者「この中間からトレッドミルでのダクを開始しています。球節の腫れはやや良化してきました。それでもトモがしっかりしてくるまでは大きくメニューを変えて進めることは出来ませんので、この調子で1歩ずつ前進していければと思います」(9/14近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2250m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「先月と比べると左トモの状態は幾分良くなりつつあります。定期的に行うチェックでもこの調子ならペースを上げても問題ないという獣医の許可が下りましたので、早速ペースを上げています。引き続きトモに負担が掛かり過ぎないようケアをしっかり行いながら進めていきます」(9/14近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を行えています。他馬との併せ馬で集中して走ってくれますし、精神的に成長が窺えます。今後も調教にメリハリを付けながら乗り込んでいきたいと思いますが、くれぐれも状態を優先することには変わりありません 」(9/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは夏バテの兆候が見られた時がありましたが、少しメニューを軽減することで対応。その後はこれまで通り、意欲的な調整が続いています。走ることに対して良いモノを秘めていますが、幼い面が残るので精神面の充実・強化も意識して進めてもらえればと思います。

ジェラーニオはトレッドミルでのダクを開始。少しずつ進んでいますが、球節の腫れは残っているので、まだまだゆっくり進めていくしかありません。

フロントラインは左トモがウィークポイント。それでも一時期の不調を脱し、この馬なりのペースで良化を遂げていっています。今後も反動に気をつけつつ、調教の負荷を淡々と増やしていってもらえればと思います。

ボンディマンシュもトモに疲れが出やすい馬ですが、不安を見せることなく坂路を駆け上がっています。ただ、好調が長く続く現状ではないので、ちょっとした疲れのサインを見逃さないようにお願いします。

2018年9月 9日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回トレッドミルで常歩20分

担当者「今週は週6日トレッドミルでの常歩20分を行っています。球節の腫れがまだ見られますが、経過としては良好です。これからも運動後のケアはしっかりと行い、悪化することが無いように努めていきたいと思います」(9/7近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本と周回コースで軽めのキャンター2250m、週2回トレッドミルで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路入り後もトモの状態に変化は見られないので、この中間から登坂回数を週3日に増やし、同時に周回コースでの乗り込みも加えています。馬体重は510キロと前回計測時より少し増えてしまってはいますが、調教を進めつつシェイプアップしていければと思います」(9/7近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週2回ウォーキングマシン、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に進めています。まだ終いにかけて少しこちらが促していかないといけない部分はありますが、脚が上がっているわけではありませんし、真っ直ぐと最後まで登坂することが出来ています」(9/7近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路での調教を中心に進めています。負荷を強めながらも馬体重が増えてきているのは良いですね。530キロまで大きくなりましたが、脚元に疲れが出ている様子もありませんし、上手く調整出来ていると思います。ハロン13秒のペースに対応出来るようになったら本州への移動も考えていきたいと思います」(9/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは引き続きトレッドミルで軽めの調整。腫れが引いてくれないと次のステップへ進めないのでまだまだ我慢ですし、悪化させないようにお願いします。

フロントラインはようやくトモが良化し、普通キャンターでの登坂を週3回に。引き続き入念なケアをお願いしたいですが、継続して乗り進めることで地道に下地を整えていってもらえればと思います。

パラダイスリーフは意欲的な調整が続いていますが、少し促さないといけないところもあるようなので前向きさを引き出すことを意識してもらえればと思います。

ボンディマンシュはいつトモに疲れが出てしまうか心配ですが、ケアを続けながら負荷を高めることが出来ているのは何より。この辺りはさすがノーザンファームというところでしょう。ただ、馬体に関してはこれ以上無駄に太らせるのは避けてもらいたいです。

2018年9月 1日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回トレッドミルで常歩20分、残りの日はトレッドミルで常歩10分

担当者「先週はトレッドミルで常歩10分の調整でしたが、今週から週3日は20分に延ばしています。歩様が乱れたりということはありませんが、まだ球節には腫れが見られますし、引き続きケアしながら進めていきたいと思います」(8/31近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2250m、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

担当者「慎重にトレッドミルでの調整を続けてきた甲斐あって、だいぶ歩様は良化してきましたので、周回コースでの運動を経て、この中間から坂路コースでの運動をスタートしています。まだペース自体は緩めではありますが、これまでに比べるとトモに掛かる負担は増えてくるでしょうから、よくケアしながら進めていきたいと思います」(8/31近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週1回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでの調教を中心に進めています。休まず運動を続けていますが、飼い葉は食べて馬体重は499キロと大きく減らさず調整できています。5月後半生まれでまだ伸びしろが見込め、これからさらに良くなってきそうですから、馬の成長を阻害しないように進めていきたいと思います」(8/31近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も同様のメニューで調教を行っています。調教後の入念なケアは欠かせませんが、ここまでコンスタントに乗り込みながらも脚元に疲れが出ることなく進められています。本数を積むに連れて登坂時の手応えも良くなってきていますから、次のステップへ進むことも検討していきたいですね」(8/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右トモの球節を腫らしてしまったジェラーニオは引き続きトレッドミルでの調整。じわじわ負荷を高めてはいますが、球節の腫れは残っている状態。ケアを最優先に慎重に進めていってもらえればと思います。

フロントラインはトレッドミルで慎重に進めてきましたが、この中間から騎乗運動を再開。周回コースを経て、現在は坂路で乗り出しています。ひとまず無難に対応できているようですが、休ませた時期が長いですし、疲れ・反動は出やすい筈。入念なケアは怠ることなく、続けていってもらいたいです。

パラダイスリーフは引き続き牧場で入念な乗り込み。クタッとしても不思議ないメニューですが、馬体重をキープしつつ、鍛えることが出来ているのは頼もしい限り。あとは幼さが残る気性面が大人になってきてくれれば理想的でしょう。

ボンディマンシュはトモに疲れが溜まりやすいので柔軟な対応を求められますが、この馬なりに良くなっているのは確か。調教動画では見た目以上に時計が出ているので良いモノは秘めている筈。また、他馬を気にするところがあるので、牡馬らしい堂々とした振る舞いが出来るように慣らしていってもらえればと思います。

2018年8月20日 (月)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ゲート試験合格後、こちらに入場しましたが状態に変わりなかったことから周回コースでの運動を始めました。前後の連動性が上手く取れていないと聞いていましたが、周回コースでの乗り運動ですとそこまで感じられません。しかしトモはまだ甘さが目立ちますのでこれから坂路に入れてしっかりトモを鍛えて、筋肉を付けていく必要がありそうです。まだまだ馬体は未完成ではありますが、この1ヶ月ほどで見た目は大きくなって帰ってきたことから、今が成長期だと思いますので、今後も馬の成長を妨げないように進めていきます。馬体重は473キロです」(8/15近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

担当者「この中間も引き続きトレッドミルにてキャンターを行っています。左トモの経過は悪くなっている様子はありませんが、先月とあまり変わってきませんね。良化傾向だったのでこのまま乗り運動へ進めていけるかと思いましたが、無理はさせずにトレッドミルでの運動で様子を見ています。継続した運動で体重も安定しており、緩さは依然として残すものの許容範囲でしょう。今後も方針は変わらず、状態面を優先して進めていきます。馬体重は502キロです」(8/15近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター1800m、週2回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週3回は周回コースで軽めのキャンター3000m

担当者「この中間もすこぶる順調です。坂路の後に周回コースでの運動を追加し、周回コースのみの日も距離を延ばすなど乗り込み量を増やしています。先月は少し夏バテ気味でしたので調教量を抑えておりましたが、すっかり回復いたしました。現在はとても元気があり、前向きに運動に取り組んでいます。しっかりと運動できているので、馬体が日々競走馬らしくなってきています。体重増はそれほどありませんが、先月辺りから体を大きく見せますし、調子がいいのでしょう。体調のバイオリズムがいい時にしっかりと鍛えて基礎体力をつけていくつもりです。スピード調教にも手応え良く登坂できているので、体力も十分ついてきたようです。この調子を維持できるよう注意して進めていきます。馬体重は500キロです」(8/15近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路コースでの調教を再開しています。本数をこなすに連れて、だいぶ余裕を持って駆け上がれるようになってきましたね。走りは良化しており全体的にこの馬なりには良くなってきていますが、他馬に比べるとまだ馬体がしっかりしていないので、焦らず時間を掛けながら進めていく必要があるでしょう。馬格が大きい分、脚元に掛かる負担も大きくなりますので、その点はよく注意しながら進めていきたいと思います。馬体重は527キロです」(8/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格してNF空港へ戻ってきたジェラーニオ。早速乗り出しているのは何よりですが、ハミ受け・トモの緩さが大きな課題。良くなるには時間が必要なので気長にコツコツ進めていくしかありません。また、これまで定期的にリフレッシュを挟むことがあったので、そういうのを少しずつ無くして、鍛えていってもらえればと思います。

左トモの違和感が良くなってきたフロントラインですが、回復度合いがまだまだスロー。無理を控えてトレッドミルでの運動に止めています。乗り出すタイミングは難しいでしょうが、慎重に見極めて前へ進めていってもらえればと思います。

パラダイスリーフは体調が良くなってきたことで再度調教メニューを強化。色々考えられて乗り込めているのは好感。しっかり対応していけば、基礎体力が自然と身に付くことでしょう。また、ゲート試験合格の為に函館or札幌競馬場に1度入厩するプランはありましたが、鍛え上げることを選択したようです。ここまでハードに攻められた馬はいなかったので、今からデビューが楽しみです。とにかく順調に進めていってもらいたいです。

ボンディマンシュは年内デビューとなると微妙な現状ですが、調教にメリハリをつけ、この馬のペースで鍛えていってもらえればと思います。気性面の幼さ・体質の弱さが悩ましいですが、搭載しているエンジンは確かなので、今しばらくは素質を磨くことに専念してもらえればと思います。

2018年8月 4日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週2回は周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間、坂路の登坂回数を週4回にしていたのと気温が上がってきた為、夏バテしている感じも見られたので、坂路を週3回して様子を見ていました。その効果もあって、すでに持ち直してきており、坂路調教を継続して行うことができています。少し疲れは見せましたが、ここを乗り切ったことで筋肉がつき体に幅が出て馬体を大きく見せるようになってきました。体力もついてきたようで、坂路でも最後まで動ききることができています。これから更にもう一皮むけそうな成長をみせているので、今後がとても楽しみです。この調子であれば、移動を意識した調整を進めていけそうです。今後はいつ声がかかっても大丈夫なように準備していきます 。馬体重は500キロです」(8/1近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間は坂路コースでハロン14秒ペースでの乗り込みを続けていましたが、左トモに疲れが出やすい体質ですし、ウォーキングマシンでの運動に止めてリフレッシュに充てています。全体的に走りはしっかりしてきていますが、坂路でハロン15秒以上の乗り込みを何度か行うと、どうしてもトモに疲れが出てきてしまいますね。今後もこの馬のペースに合わせて、出来る範囲で進めていきたいと思っています。馬体重は527キロです」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週4回坂路を駆け上がっていましたが、夏バテの兆候が見られることから週3回に軽減。それでも十分負荷が掛かっていると思いますが、早目に少し緩めたことで状態は持ち直した様子です。4月頃は馬体重の増減の幅が大きく、450キロ後半でしたが、ここに来て500キロに到達。しっかり負荷を高めながら増えてきているのはホント楽しみ。それでいて一皮剥けそうというのですから頼もしいです。

ボンディマンシュは坂路でハロン14秒台と調教を開始していましたが、左トモに疲れが出やすい現状を踏まえてウォーキングマシンのみの運動に切り替え、リフレッシュを図っています。今後、調教を高めていくと再度左トモに疲れを覗かせるでしょうが、体質がしっかりしてくるまでは上手に付き合っていくしかないでしょう。

2018年7月19日 (木)

【近況】【動画更新】ボンティマンシュ

↑↑↑

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整

担当者「これまでリフレッシュを挟みつつ乗り込んでいましたが、今のペースでもだいぶ余裕を持って登坂してくれるようになってきたことから、この中間から坂路でハロン14秒の乗り込みを開始しています。ゆっくりではありますが、少しずつ上昇線を描いていますし、今後も馬の状態に合わせながら進めていけば更に良くなってくると思います。最近は他の馬と一緒に調教を行っても気にしなくなり、集中して走ってくれるようになりました。今後も疲れが出ない程度にメリハリを付けながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は524キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

これまで単走での動画が続いていたボンディマンシュ。今回更新された動画でようやく2頭併せで坂路を駆け上がっています。

ただ、走っている様子を見ると、まだまだ気にしている素振り。フラフラ走っていますし、余裕はありません。騎乗運動を始めるのが遅くなった分、精神面での未熟さが残っているんだと思います。

今後も地道に乗り進め、学習していってくれれば、まだまだ良くなってくる筈。途上な面が多い中でも良いラップを踏んでいるので、素質は良いモノを秘めていると思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ