2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ボンディマンシュ」の75件の投稿

2019年8月24日 (土)

今週の出走馬(8/24)

<土曜日>

Photo_2 スイートウィスパー

新潟2R・3歳未勝利(牝馬)・ダ1800mに津村Jとのコンビで出走します。

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:21日に北Cコースで時計

萩原師「21日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。道中はスイートウィスパーが先行して、最後は外目に出して追われると、1馬身ほど遅れてゴールしています。併せた相手が、新潟2歳ステークスに出走予定のトライフォーリアルだったので、手応え的には見劣りはしているものの、先週よりかなり動きが良くなってきていますね。脚元も左膝を含めて今のところは問題ありませんし、前走でダート戦を経験したことで慣れは見込めますから、しっかり結果を残したいと思います。鞍上は津村騎手に依頼しています」(8/22近況)

助 手 17北C良 54.4- 39.8- 13.2 馬なり余力 エストロ(新馬)馬なりの外0.6秒先行同入
助 手 21北C稍 68.1- 51.9- 38.1- 12.9 強目に追う トライフォーリアル(二オープン)馬なりの外0.8秒先行0.2秒遅れ

Photo ロードベイリーフ

8月24日(土)新潟3R・2歳未勝利・混合・芝1800mに内田Jで出走します。8月21日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に52.9-38.1-24.9-12.7 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して首遅れ。追い切りの短評は「余裕ある動き」でした。発走は11時05分です。

○森田調教師 「8月21日(水)は52秒台で上がって来ました。以前に比べて坂路でも動けるように。そのあたりからも良化を遂げているのかも知れません。想定メンバーを確認。状況次第ではプラン再考が必要ながら、問題なければ予定通りに新潟へ投票です」

≪調教時計≫
19.08.21 助手 栗東坂良1回 52.9 38.1 24.9 12.7 強目に追う レディギャング(古馬1勝)一杯に0秒1先行首遅れ

Photo ロードアブソルート

8月24日(土)札幌4R・3歳未勝利・混合・芝1500mに三浦Jで出走します。8月20日(火)重の函館・ウッドチップコースで5ハロン70.3-54.0-39.5-13.3 4分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「上昇気配窺える」でした。発走は11時25分です。

○田中調教助手 「函館が閉場する兼ね合いで、8月20日(火)にサッと。21日(水)に札幌へ運んでいます。今週の芝1500m戦へ。休み明けの影響が感じられたのに加え、前回は気の悪さも覗かせた印象です。一度レースを使ってピリッとした面が出れば・・・」

≪調教時計≫
19.08.20 助手 函館W重 70.3 54.0 39.5 13.3 馬なり余力

Photo_2 ボンディマンシュ

小倉7R・3歳上1勝クラス・ダ1700mに亀田Jとのコンビで出走します。

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで時計

担当助手「21日に坂路で追い切りましたが、終い重点とは言え動きはかなり良かったですよ。最初は少しモタモタしていましたが、スピードが乗っていくにつれてしっかりとした脚取りになり、ゴールした後も息が乱れなかったので、良い状態に仕上がっています。未勝利を勝ち上がった後は成長を促す為に牧場で乗り込んでもらいましたが、この期間に逞しく育ってくれましたね。昇級戦になりますが、調教の動きから引けを取らないと思いますので、良い競馬を期待したいですね」(8/22近況)

助 手 18CW良 72.5- 54.6- 38.5- 11.8 馬なり余力
亀 田 21栗坂良 53.7- 39.4- 24.0- 11.8 一杯に追う クラヴァシュドール(新馬)馬なりを0.9秒追走同入

Photo_2 ロイヤルアフェア

札幌8R・3歳上1勝クラス・ダ2400mに吉村J(園田)とのコンビで出走します。

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:21日に札幌ダートコースで時計

加藤士師「21日に札幌ダートコースで追い切りを行いました。動き自体はまずまずでしたが、直線で手前を替えてくれずに左にモタれる面がありました。苦しくてやっている感じでは無いのですが、最後の伸びに繋がってきますので、鞍上の吉村騎手にはこの癖を事前に伝えておこうと思います。また、ゲートに関してですが、先週と比べるとメンコを着けたことで落ち着きが有りますね。立ち上がろうとすることも無くなりましたから、良い傾向だと思いますし、レースでも着用して臨みたいと思います。また、前走は集中力を欠きましたから、ブリンカーも併せて着用させていただきます」(8/21近況)

助 手 18札ダ稍 58.8- 44.6- 15.2 馬なり余力 エトワールドパリ(古馬1勝)馬なりの内0.6秒先行同入
助 手 21札ダ重 68.4- 53.0- 38.5- 13.0 馬なり余力 ゲハイムローゼ(三未勝)一杯の内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週も計8頭がスタンバイしていますが、進退が掛かってくる2頭を含む5頭が土曜日(8/24)の出走に。

骨折明けの前走はダート替わりを味方にいきなり好勝負を期待したスイートウィスパーですが、思っていた程のダート適性を示すことは出来ず、勝負どころでのペースアップに付いて行けずにモタモタ。コツコツ時計を出していたと思ったのですが、中身が伴っていませんでした。また、追い切り後に左前脚を気にして1週スライドした影響も少なからずあったと思います。その後、ひと叩きされて順当に良くなることを期待したのですが、左前脚と右トモに疲れ・反動が残ってしまうことに。一時期は未勝利がある内に出走できないかもと覚悟する程でしたが、入念なケアと軽めの調整に努めたことで少しずつ不安は解消。21日の追い切りは2歳馬相手に見劣ってしまいましたが、スイートウィスパー自身の走りはマズマズの内容。何とか態勢は整ったかなと思います。

ただ、来週で3歳未勝利が終了ということで、牝馬限定のここは力のある馬が揃った印象。秘めたる素質は見劣らないと思うも、前走からの一変を期待するのは酷ですし、非力さが残る現状ですし、時間が足りないというのが率直なところ。少しでも上の順位を目指して欲しいとしか言えません。

ベイリーフは入念に乗り込んでの前走のデビュー戦(新潟)。ゲートを決めてスムーズにレースの流れに乗ることは出来ましたが、フワフワして2歳馬らしい幼い面も。直線で追われて渋太く脚を繰り出しましたが、エンジンの掛かりが遅くて3着に詰め寄るところまで。内容は悪くなかったと思いますが、ワンパンチ足りない気もしました。そこから中3週のローテで臨む今回。短期放牧を経てリフレッシュが叶い、デビュー時よりも追い切りで動けるように。1度実戦を経験したことがプラスに出ていると思います。

ただ、今回はデビュー戦で先着を許した馬も出てきますし、デビュー戦で動けなかった血統馬がひと叩きしてピリッとしてきています。それらとの決め手比べとなるとちょっと分が悪そう。前走の走りなら1ハロン延長は何とか対応してくれると思っていますが、血統的にはマイルがベストかなと思うので、最後に詰めの甘さを覗かせてしまうかも。勿論、早く1勝を挙げて欲しいところですが、前走の着順(3着)まで来れば上々かなと見ています。

アブソルートはレースを使う度に気難しい面が出てきているのが悩ましいところ。前走は好発を決めたのに外から他馬が来たことでじわじわポジションを下げてしまうロス。最後の直線で外へ持ち出して何とか5着を確保してホッとしましたが、未勝利を勝てる力はある一方で、展開や相手関係に恵まれる必要もあるかなと感じました。

個人的には一か八かでダートへ使って欲しかったですが、今回も前走と同じ札幌・芝1500mへ。内が有利な条件なので最内枠を引き当てたのは良かったと思います。あとはスタートを決めて小細工なしの逃げの手に出て欲しいです。そうすれば最後に差されたとしても、5着以内は十分確保することは出来そう。そうすれば連闘で来週のワンチャンスに賭けることが出来ます。勿論、ここで決めることが出来ればベストですが。陣営もこの枠が決まったことで腹は決まっていると思うので、強気な競馬で押し切りを狙ってもらいたいです。

ボンディマンシュは2戦目で未勝利勝ちを決め、その後はNFしがらきで疲れを癒し、コツコツ乗り込むことで心身の成長を促してきました。その成果は帰厩後の坂路での時計・動きに反映されていると思います。ただ、21日の時計に関しては、軽量の亀田Jが乗っていたので額面どどおりの価値があるとは言えません。まあ、それでも今回でキャリア3戦目。伸びシロを多く残していますし、頑張ってもらわないといけない1頭です。

ただ、未勝利勝ち時は禁止薬物騒動でライバルが挙って除外になるラッキーな面があったので、馬が確実に良くなっているとはいえ昇級戦でいきなり通用するかとなると半信半疑。揉まれる可能性が低い外枠に入ったのは良かったです。案外アッサリ勝つ可能性もありますが、展開次第ではよもやの大敗まであるかもしれません。

ロイヤルアフェアはJRA再転入後の2戦目。前走は気難しい面が目立ってしまい、レースどころではありませんでした。その後、去勢手術を行い、気性面の改善を図ってきましたが、煩い面は幾らかマシになった程度。劇的な変化は残念ながら見込めません。状態に関してはここを目標に丹念に時計をマーク。仕上がりは悪くないと思います。ただ、追い切りの動きは強調できるモノではありません。

また、今回は集中力アップを狙ってブリンカーも装着する予定。色々と手を尽くしてくれるのは有難いので、あとはロイヤルアフェアが出資者・陣営の思い・願いに応えて欲しいところ。小回りコースの長丁場は合っていると思うので吉村J(園田)の手腕に期待したいです。

2019年8月19日 (月)

次走は土曜小倉(24日)・ダ1700mを亀田Jで予定しています。☆ボンディマンシュ

201908_20190819052001

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日にCWコースで追い切り
・次走予定:小倉8月24日・ダ1700m(亀田J)

担当助手「14日にCWコースで追い切りました。帰厩後、周回コースで強めの時計を出すのは今回が初めてでしたので、どれだけ動けるのか確認したところ、終始楽な手応えで最後も余力があったぐらいでした。以前はスピードに乗るのに少し時間が掛かりましたが、馬がしっかりしたことで、スピードの乗りが早くなりましたね。短期放牧を挟んだことで心身共に成長が窺えますし、ボンディマンシュなりに逞しくなっていますよ。このまま変わりなければ、8月24日の小倉・ダ1700mに亀田温心騎手で向かう予定です」(8/14近況)

助 手 11栗坂良 54.8- 39.6- 25.4- 12.5 馬なり余力 フロンティア(古オープン)馬なりに0.2秒先行同入
助 手 14CW良 84.3- 68.3- 54.7- 40.7- 12.7 馬なり余力 ミッキーメテオ(新馬)一杯の内0.8秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2戦目で初勝利を掴み、その後はNFしがらきで心身の成長を促してきたボンディマンシュ。まだ緩さや弱いところは残るも、コツコツ乗り込んできたことで丈夫さは確実にアップ。それに伴い、スムーズにスピードに乗れるようになってきたようですし、追い切りでは坂路&CWコースで軽快な動きを見せています。去勢して半年ぐらいですが、気持ちと動きがフィットしてきたのもあるのでしょう。

次走は小倉の後半戦とぼんやりしていましたが、14日の動きを受けて今週末(土曜)の小倉・ダ1700mへ向かうことに。減量騎手にこだわる必要はないと思うのですが、鞍上はデビュー戦で手綱を取ってくれた亀田Jへ戻ります。

ここまで良い雰囲気で進めることが出来ていますが、未勝利勝ちは恵まれた形だっただけに、昇級していきなり通用するかとなると不透明。ただ、伸びしろはまだまだ見込めるので、このクラスは勝ち上がることが出来るでしょうし、もっと上へと進めていける筈です。

2019年8月13日 (火)

シルクなお馬さん(3歳上関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:7日にCWコースで追い切り
・次走予定:小倉8月17日・英彦山特別(和田J)

友道師「7日にCWコースで追い切りました。集中力を高める為に今回はブリンカーを着けてみましたが、先行し、直線で併せに掛かると最後まで抜かせない気持ちを見せてくれました。後ろから突かれる形が良かったのかもしれませんが、効果は窺えましたし、レースで試してみる価値がありそうです。この馬なりに状態が上がってきているだけに、ブリンカーの効果が良い方に出てくれると良いですね」(8/8近況)

助 手 6栗坂良 61.6- 43.9- 28.7- 14.6 馬なり余力
助 手 7CW良 83.6- 67.9- 53.3- 39.3- 12.8 一杯に追う ヴァルコス(新馬)一杯の外2.3秒先行0.3秒遅れ
助 手 9栗坂良 59.0- 42.5- 27.9- 14.2 馬なり余力
助 手 11栗坂良 54.7- 38.9- 25.1- 12.6 末強目追う

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:8日に坂路コースで追い切り

中内田師「8日に坂路で追い切りました。道中は相手のペースに合わせながら併走し、最後は軽く促した程度でしたが、想定していたより楽に時計が出ました。未勝利を勝ち上がった後は、牧場で鍛え直してもらいましたが、その期間に逞しく成長していますね。第2回小倉開催の後半には復帰させたいと考えていますが、具体的な予定は来週の追い切りを確認したうえで検討したいと思います」(8/8近況)

助 手 4栗坂良 57.5- 42.1- 27.7- 14.0 馬なり余力
助 手 8栗坂良 51.6- 37.6- 24.6- 12.0 強目に追う ロードエクスプレス(新馬)末強目を0.2秒追走0.3秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピボットポイントは今週末の小倉・英彦山特別への出走へ向け、引き続き意欲的な調教・追い切りを重ねています。体力的にこれぐらいやれるまで丈夫になった訳ですが、気性面の不真面目さは変わらずじまい。個人的には早くブリンカー装着を望んでいましたが、7日の追い切りでブリンカーの効果を確認された様子。試してみる価値があるということで小倉戦では初ブリンカーとなります。劇的に変わってくることはないでしょうが、最後まで集中力を保てるようになって渋太さを発揮してもらいたいです。

ボンディマンシュは8日に帰厩後の本格的な初追い切りを実施。他厩舎の2歳馬に胸を貸すこととなりましたが、余力を残した状態でこれだけ動ければ文句は付けられません。1つ勝って早目に余裕を持たせたことで心身の成長を促すことが出来てるんでしょう。ただ、ビシビシやり続けると硬さが出てくると思うので、メリハリの利いた調教・追い切りを組み立てていって欲しいです。

2019年8月 7日 (水)

1日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しています。☆ボンディマンシュ

201905_20190807030601

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:1日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:第2回小倉開催

中内田師「未勝利を勝ち上がった後は、牧場へお戻しさせていただきましたが、調教を開始後も順調に進められていましたので、1日の検疫でトレセンへ戻させていただきました。こちらでも順調に進められるようであれば、第2回小倉開催の後半で復帰させたいと思います」(8/1近況)

助 手 4栗坂良 57.5- 42.1- 27.7- 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2戦目で初勝利を掴んだ後、NFしがらきで英気を養ってきたボンディマンシュ。2回小倉開催での出走へ向けてコツコツ乗り込んでいましたが、今月1日の検疫で厩舎へと戻っています。

具体的な日程・番組は追い切りを重ねていって決まっていくことでしょうが、帰厩して早々に時計を出せている状態自体は良さそう。おそらく次走はダ1700mを使ってくると思われますが、中央場所でダ1400mが得意な馬はローカル場所の小回り・ダ1700mも得意にする馬が多いので、その法則に倣えば、ボンディマンシュも距離延長に対応してくれると思います。デビュー戦の走りから馬群の中でも辛抱できるタイプに思いますし。キャリアが浅く、心身に良化の余地が大きい馬だけに経験を積みながら上のクラスへと駆け上がってもらいたいです。

2019年7月25日 (木)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミルでキャンター

厩舎長「脚元の状態はスッキリしてきましたし、トレッドミルで速めのキャンターを行っても変わりないので、あとは獣医師の許可がおり次第乗り出していきたいと思っています。トレッドミルでじっくり運動していることもあって、馬体はそこまで緩んでいないので、乗り出していけばすぐ本来の体付きに戻ってくると思います。馬体重は516キロです」(7/19近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。ペースアップ後も特に疲れを見せることはありませんし、コンディションは良いですよ。具体的な予定はもう少し時間を掛けてから決めることになっていますので、この調子で乗り込んでいきたいと思います。馬体重は492キロです」(7/19近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「帰厩に備えてこの中間から坂路で15-15を開始しています。ペースを上げた後も問題なく進められていますし、動きも悪くありません。コンディションは良いので、この調子で乗り込んでいきたいと思います。馬体重は508キロです」(7/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールはここに来て脚元がだいぶスッキリ。トレッドミルで速目のキャンターを乗りているので、騎乗運動再開は秒読みだと思います。このまま良い流れで進んでいって欲しいです。

レースはちょっと不可解な敗戦でしたが、NFしがらきへ戻ってからのクレセントムーンは元気一杯。早速15-15を乗っていますが、今週末から始まる小倉開催中の出走はそんなに積極的ではない様子。コツコツ乗り込みながら、ダート馬らしい逞しさが備わってきてくれれば楽しみです。

ボンディマンシュも好調キープ。夏の小倉開催を予定しているのでそう遠からず栗東へ戻ってくるでしょう。これからまだまだ伸びゆく素材ですが、未勝利勝ちは禁止薬物騒動でライバルが除外になるラッキーがあったので、1勝クラスで即通用となると難しそう。レース数をこなしながら、地道に地力をつけていってくれればと思います。

2019年7月16日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「この中間もトレッドミルでの運動を継続しています。脚元の状態を確認しながら徐々にペースを上げているところですが、ここまで進めている限り変わりありません。もう少しトレッドミルで運動を続けながら乗り出すタイミングを見計らっていきたいと思っています。馬体重は517キロです」(7/12近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに戻ってきた後も脚元などに疲れはなく、それ以外にも変わった様子は見られなかったので、今週から坂路で乗り出しています。レースの疲れはすぐ取れましたし、落ち着きも見られるので、このまま進めて行っても問題ないでしょう。馬の状態を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は487キロです」(7/12近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16~17秒

厩舎長「この中間も坂路でじっくり乗り込みながら鍛えていますが、緩さがありながらもボンディマンシュなりにしっかりしてきていると思います。先日、中内田調教師と今後の予定について相談したところ、このまま変わりなく進めることが出来れば、第2回小倉開催を目標にトレセンへ帰厩させる方向で話し合いました。帰厩に備えて週末から徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は511キロです」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールはトレッドミルでの運動を継続中。じわじわペースを上げても、脚元は落ち着いた状態をキープしているので、そう遠からず乗り出せるのかなと思います。獣医師の判断を仰ぎながら、引き続き進めていってもらえればと思います。

2戦連続で使ったことによる疲れを心配したクレッセントムーンですが、ソエを気にするようなこともなく、予想以上に元気一杯。小倉への参戦もあり得るのかなと思いますが、個人的にはコツコツ乗り込んで馬体のボリュームアップに優先的に取り組んでもらえたらと思っています。

ボンディマンシュは次開催の小倉での出走が決定。それに伴い、これから帰厩へ向けての仕上げへ移行していくようです。次のターゲットはダ1700mになるでしょうが、脚捌きに硬さがあって走りはピッチ気味。小回りコースなので辛抱できるかと思いますが、本質的に距離が延びていくのは良いとは言えないのかなと見ています。放牧を経て脚捌きの硬さが幾らかでも解消してきてくれれば嬉しいのですが。

2019年7月11日 (木)

シルクなお馬さん(関西3歳牡馬・牧場組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「トレッドミルでダクの運動を行い脚元の状態を見ていましたが、経過がよく、獣医師からもう少し進めて行っても良いと許可がおりましたので、今週から軽めのキャンターに移行しています。その後も問題なく進められていますし、この調子で徐々にペースを上げていければと思っています。馬体重は517キロです」(7/5近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉7月28日・佐世保S
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「先日、寺島調教師と次走の予定を相談したところ、7月28日の小倉・佐世保Sを目標にトレセンへ戻すことになりました。来週か再来週あたりにはトレセンに戻ることになるでしょうから、それまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。こちらでは気難しいところは見せず、いい雰囲気で調教に取り組んでいるので、この馬なりに心身ともに成長していると思いますよ。馬体重は547キロです」(7/5近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16~17秒

厩舎長「この中間もまだペースを上げずに先週と同じ調教メニューで乗り込んでいます。レースの疲れは取れていますし、飼い葉もよく食べています。まだトモの甘いところがある馬なので、もう暫くは成長を促しながら進めていきたいと思います。馬体重は512キロです」(7/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールはトレッドミルで慎重に進めていますが、経過は良好。もう少し負荷を高めても大丈夫そうですが、油断することなく着実に前へ進んでいってもらえればと思います。また、それと同時に気性面でも大人になってきて欲しいものです。

シングルアップは今月末の小倉・佐世保Sを予定。牧場でしっかり乗り込み、10日から2週間での厩舎滞在でレースへ臨むことになります。気性面で課題のある馬なのでこのパターンが嵌ってくれれば良いのですが。

ボンディマンシュはレースの疲れも癒え、元気一杯という感じでしょうが、乗り込みのペースを据え置きして心身の成長を促しながらの調教。脚捌きの硬さやトモの甘さなど改善の余地はありますし、馬体を持て余さないようになって欲しいところ。未勝利勝ちは幾分相手に恵まれたところがあったので、今のままでは1勝クラスでは苦労することでしょうから。

2019年7月 2日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがき組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「この中間もトレッドミルでダクの運動を毎日行っています。右前肢の腫れはまだ少し残っていますが、徐々に治まってきていますし、調教後も変わりないので、もう少し今の調教メニューで経過を見ていきたいと思います。馬体重は512キロです」(6/28近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「馬の様子を見ながら徐々にペースを上げてきましたが、その後も問題なく進められていましたので、この中間から坂路で14-14の調教をスタートしています。ペースを上げた後も問題なく対応していますし、飼い葉も与えた分はしっかり食べています。こちらで調教している分には、鞍上の指示にしっかり応えてくれていますし、以前より大人になってきているなと感じさせられます。今の状態をキープしながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は558キロです」(6/28近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16~17秒

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えてレースの疲れを取っていましたが、特に気になるところもなかったので、今週からトレッドミルと坂路で調教を開始しています。わずか2戦で結果を出してくれましたし、今後は馬の状態に合せながら進めて行けるのが良いですね。もう暫くは無理をしない程度に乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は517キロです」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

腫れが残る為、トレッドミルで軽めの運動が続くアマネセールですが、運動によって反動が出ることもないので、現状のメニューを継続しながら腫れが治まるのを待ってもらえればと思います。また、前走の負け方も悪かっただけにそれが精神的に響いていかないようにこの機会にリフレッシュもしっかり行ってもらいたいです。

シングルアップは暑さに負けることなく元気一杯。夏場の新馬→フェニックス賞を連勝しているだけあって、この時季は合うのでしょう。ただ、精神面の課題は大きいので、好走できる可能性があるのは少頭数の時でしょう。多頭数で他馬に惑わされることなく、自分のスタイルを貫けるようになれば、これからの巻き返しはあると思います。

ボンディマンシュは快勝後ということで無理のない調整で回復を優先。その甲斐あって現在はトレッドミルと坂路で調教を進めています。中京開催が終わると、夏場にダ1400mの条件はないので、次走に関しては秋の阪神以降で良いのかなと見ています。硬さが残るようにまだまだ体質面の弱さを残しているでしょうから、この機会に更なる心身の成長を遂げていってもらいたいです。

2019年6月20日 (木)

ライバル達が競走除外になったことが1番の勝因であるのは確かも、若さを残す走りでも悠々と押し切ったことを評価したい。2戦目での勝ち上がり。☆ボンディマンシュ

2019061400_3

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜阪神4R 3歳未勝利(ダ1400m)優勝(1番人気) 斎藤J

互角のスタートから促しながら先頭に立ちます。手応え良く最後の直線に差し掛かり、懸命に追われると、そのまま後続馬を振り切り、デビューから2戦目で嬉しい初勝利を挙げています。

斎藤騎手「一度レースを経験したこともあって、スッと二の脚が付きましたし、思い切った競馬をしようと思い、そのままハナに立ちました。終始外の馬にプレッシャーを掛けられる厳しい流れではありましたが、手応え良く勝負どころに差し掛かることが出来ましたし、最後の直線で追い出しに掛かると、しっかり反応して最後まで脚を伸ばしてくれました。捌きの硬さはそこまで気にならなかったですし、良い状態の時に乗せていただきました」

中内田調教師「おめでとうございました。今回も落ち着いた状態で競馬に向かうことが出来ましたし、上積みから良い競馬を期待していました。ただ、捌きの硬い馬なので、締まった馬場がどう出るか気掛かりでしたが、その心配は全くなかったですね。3キロ減のジョッキーを起用したことで、初戦同様にゲートを出てから、スッと二の脚が付いてハナに立つことが出来ましたし、終始マークされる展開でも勝負どころの手応えはボンディマンシュの方が良かったので、最後の直線は安心してレースを見ることが出来ました。成長途上の中でも、これだけ良い競馬をしてくれるのですから、完成される頃にはもっと良いパフォーマンスを見せてくれそうですね。この後は一旦牧場へ戻して、これまでの疲れを取ってもらおうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

返し馬のキャンターは硬かった。スタートから出していってハナへ。直線の残り300mで外ステッキが入ると内へヨレてラチに接触しかける場面があったが、そのあとは危なげなし。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

担当助手「入厩した当初は、気性が若く、馬体も幼いところがありましたが、ポテンシャルの高さは感じていましたし、ゲート試験後に去勢をしたことと、成長を促したことで、いい方に向いてくれましたね。この後は放牧に出る予定ですが、まだまだ伸びしろのある馬ですし、成長を促して行けばもっと良い競馬をしてくれると思いますので、これからも大事に育てていきたいですね」(6/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦2着から中1週での競馬となったボンディマンシュ。1度使ったことで煩い面が出てくることを懸念しましたが、パドックでは尻尾を振って若干気の悪いところは窺えましたが、イレ込みに繋がるような面はなし。ひとまず良い雰囲気でレースへ臨めたと思います。

レースに関してですが、今回は芝スタートでもまずまず出脚。強引にハナへ行く感じではなかったも、人気を集めていたこともあり、促しながら先手を奪うことに。この判断は新人ながら斎藤Jは落ち着いていたと思います。ただ、道中の行きっぷりを見ると手応え抜群という感じではなく、先手を奪ってからも少し促しながらの走り。2番手以降の馬にプレッシャーを与えられているのかなと心配でした。また、コーナーの走りも若干ぎこちなかったように見えました。

そして最後の直線。デビュー戦は手前を替え切れませんでしたが、今回は斎藤Jの鞭に反応して加速。ただ、ビシッと入ったことで過敏に反応し、内ラチに接触しそうになった時はドキッとしましたが、何とか態勢を整え直すと残り200mで安全圏へ。捌きの硬い馬なので脚抜きの良い馬場は不安材料の1つでしたが、ここでは力が違ったという感じでした。引き続き3キロ減の騎手起用も良かったのかもしれません。

レース後のボンディマンシュですが、ひとまず状態に関しては問題なさそう。ただ、レース出走後もしばらく厩舎において状態を見極めてから放牧に出すのがこの厩舎流なので、放牧に出るのは少し先のことになるかもしれません。

まあ、今回に関しては、当初はデビュー戦より相手が揃っていましたが、一連の騒動でライバルになると思われていた馬がごそっと競走除外になるという大ラッキーが1番の勝因なのは確か。それでもそういう運を持っているのは大きいですし、しっかり決めることが出来たことを評価したいと思います。今回の走破時計+内容から1勝クラスでは経験を積んでいく必要はあるでしょうが、ボンディマンシュの若さが残る走りから伸びシロはまだまだ大きい筈。内面がもっとしっかりしてくれば多少なりとも柔らかみも出てくるでしょう。これからの成長を楽しみにしたいです。

2019年6月15日 (土)

川田Jを配して必勝態勢で臨む予定だったも、直前で再度3キロ減の騎手起用へ。1度レースを使ったことで気難しい面を出さなければ、ここでも上位争い。2戦目で初勝利を決めたい。☆ボンディマンシュ

2019061400_2

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜阪神4R 3歳未勝利(ダ1400m)1枠2番 斎藤J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで追い切り

中内田師「鞍上強化を図る為に川田騎手に依頼し、12日の追い切りで感触を確かめてもらったのですが、前捌きが硬いためストライドが前に伸びず、目一杯に追うと躓きそうな感じだった為に、やや追うことをためらったようです。トモがまだしっかりしていないことに加え、前捌きも少し硬めなところがあるので、そう感じてしまったのだと思いますが、初戦も同じような状態であれだけの競馬をしてくれましたし、上積みを考えると今週の出走でも良い競馬は出来ると思います。調教では川田騎手に乗ってもらいましたが負担重量を軽くした方が先行出来るでしょうし、物怖じしない若手騎手の方がしっかり諦めずに追ってくると思うので、3キロ減の斎藤新騎手で臨むことにしました。新人騎手の中では結果を出しているジョッキーでもありますし、しっかりゲートを出して初戦のようなレースを心掛けてもらおうと思います」(6/13近況)

川 田 12栗坂良 53.4- 38.7- 25.2- 12.4 馬なり余力 レッドモアナ(古馬1勝)一杯を0.4秒追走同入
斎 藤 14栗坂良 60.3- 44.6- 29.0- 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神5日目(06月15日)
4R 3歳未勝利
サラ ダ1400メートル 指定 馬齢 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ニホンピロコレール 牡3 56 小牧太
1 2 ボンディマンシュ セ3 53 斎藤新
2 3 マテンロウカフェ 牡3 56 太宰啓介
2 4 ラー 牡3 56 酒井学
3 5 オーブラン 牡3 56 川須栄彦
3 6 インヴィンチービレ 牡3 53 岩田望来
4 7 ルフレシャンス 牝3 54 小崎綾也
4 8 キタサンハイドン 牡3 56 福永祐一
5 9 ダイシンリカール 牡3 56 松山弘平
5 10 ナムラシェパード 牡3 56 幸英明
6 11 ラッキーグラン 牡3 56 和田竜二
6 12 バトルウインリンク 牝3 54 城戸義政
7 13 ローザジルベルト 牡3 54 西村淳也
7 14 メイショウイギョク 牡3 55 川又賢治
8 15 マティス 牝3 54 浜中俊
8 16 ハクサンカイザー 牡3 56 松若風馬

○片山助手 「初めての競馬であれだけやれた。トップスピードに入ってからの走りがいい。まだ緩さは残るが、前走よりは良化」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

育成時、順調さを欠くことが多く、素行の悪さからデビュー前に去勢手術を行ったボンディマンシュ。ようやく6月になってデビューすることが出来た訳ですが、去勢手術を行って気難しい面はガラッと緩和。厩舎がしっかり再教育したのもあるでしょうが、パドックでは拍子抜けするくらい落ち着いた周回。レースでも内々のストレスの掛かる場所で競馬を進めることになるも我慢し、直線ではジリジリという伸びではありましたが、勝ち馬を1完歩ずつ詰め寄る走りを見せ、いきなり2着に食い込む健闘を見せてくれました。

その前走から中1週のローテで臨む今回。当初、確勝を期す為に中内田厩舎の主戦・川田Jを予定し、12日の追い切りで実際に感触を掴んでもらいました。時計や格上を煽る動きから追い切りは上々だと思うのですが、川田Jは前捌きの硬さに不安を覚えた様子。ちょっとバタバタしたのかなと思いますが、最終的には再度の減量Jの起用に落ち着き、2戦目は斎藤Jとのコンビで臨むことになりました。今年デビューした新人では抜けた成績を残していますし、実際なかなか腕の良いところを見せています。金曜日に跨ってくれたようなのでそこで掴んだ感覚をレースで生かしてもらえればと思います。

相手関係に目をやると、前走より相手は揃っている印象でしたが、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬が競走除外に。その6頭の中には競馬ブックの本紙では本命・単穴・二重△・△1頭と4頭が該当。○印だったボンディマンシュには正直凄い追い風が吹きました。
2戦目の今回も平常心でレースへ臨み、ソツのない競馬出来れば、チャンスはかなり大きいかと。

不安は前捌きに硬さがある馬なので、ゲートを出て行き脚が付くかどうかと脚抜きの良い馬場になった際に対応できるかどうか。実際、デビュー戦時の芝部分の走りはスピードの乗りが良くないように見えましたから。逆に2戦目で行き脚が付くようならこの枠を生かしてハナを切るのも有りでしょう。また、現在の馬場状態は稍重。出来ればこれ以上脚抜きの良い馬場にはなって欲しくありません。

ここできっちり勝ち上がってくれることを願っていますが、デビューまで色々あった馬なので簡単に事が運ぶとは思えず。とにかく1度レースを使ったことで気難しいところが出てこないように。また、未勝利馬の猶予期間が刻々と迫ってくるので、掲示板を外すような大負けだけは回避して欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ