出資馬一覧

カテゴリー「ボンディマンシュ」の14件の投稿

2018年2月 3日 (土)

【近況】【画像&動画更新】ボンディマンシュ

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ロンギ場でキャンター

空港担当者「この中間、ロンギ場が使用できるようになり、ロンギ場で乗り運動を継続して行っています。少しずつ乗り運動にも慣れてきており、このペースであれば近々、周回コースでの調教に移行できそうです。騎乗していて首を使うタイミングが良く、センスを感じますね。背中の感触も申し分ないですし、乗り始めた当初の頃と比べて走りのバランスもとれてきています。馬体や脚元に現時点で気になる点はないのですが、性格的にテンションが高くなると気の強さが前面に出てしまうことがありますので、悪くならないよう注意しています。引き続き心身の成長具合にあったメニューで進めていきます。馬体重は480キロです」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルでの運動を始めていく予定だったボンディマンシュですが、ロンギ場が使用できることになり、そこでの乗り運動を継続中。競走馬としてのセンスを感じる走りを見せてくれているのは楽しみ。

ただ、一方で非常に敏感+ちょっとしたことでテンションが高くなる+気が強い等と気性面の課題が山積しているので、軌道に乗せていく為には、まだまだ我慢の調整が必要でしょう。精神的に追い詰めないようにお願いします。

2018年1月20日 (土)

【シルク】2歳馬の競走馬名が決まりました

Photo_3 ショアーの16

⇒⇒エレンボーゲン ドイツ最北端の海辺の地名。父名、母名より連想

Photo スカイクレイバーの16

⇒⇒クレッセントムーン 三日月。本馬の額にある流星の形と母名より連想

Photo ラフアップの16

⇒⇒シングルアップ 出港準備(航海用語)。母名より連想

Photo_3 ディアジーナの16

⇒⇒ジーナアイリス 母名の一部+虹の女神。母系より連想

Photo_3 ケアレスウィスパーの16

⇒⇒スイートウィスパー 甘い囁き。母名より連想。誰からも愛される事を願って

Photo シルキーラグーンの16

⇒⇒パラダイスリーフ グレートバリアリーフのダイビングスポット。母名より連想

Photo ビアンカシェボンの16

⇒⇒ボンディマンシュ 素敵な日曜日を(仏)。母名より連想

Photo_3 ロジャーズスーの16

⇒⇒ロジャーズクライ 母名の一部+父名の一部

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

発表は2月に入ってからになるのかなと思っていましたが、追加募集のコールドフロントの16以外のシルク・2歳馬の競走馬名が昨日発表されました。

しばらくの間、母馬名と競走馬名がすぐ一致しないかと思いますが、記事を書いていきながら、自分の中で浸透していってくれればと思います。あとはこの中から、ターフを賑わう馬が1頭でも多く出てきてくれることを今から願うばかりです。

2018年1月 6日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・関西牡馬)

Photo スカイクレイバーの16(牡・高野)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間からはハロン16秒までペースアップしています。細くは映りませんが、体重があまり増えてこない点が気になりましたので、少し休ませながら調整しています。坂路では自分から進んでいく姿勢がみえますので、頼もしい限りです。ただ、現状はまだまだ非力ですから、今後調教を重ねることでパワーアップして欲しいですね。気性面に関しては以前よりもいくらか改善されて少しずつではありますが成長の兆しが見えます。今後もリフレッシュ期間を設けるなどして体重に気をつけながら進めていきます。馬体重は468キロです」(1/4近況)

Photo ラフアップの16(牡・寺島)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本、週3回周回コースでキャンター1800m 

担当者「この中間は、坂路でのペースをハロン16秒まで上げて乗り込んでいます。短距離血統らしいスピード感のある良い動きをしますね。前捌きも柔らかくなってきましたし、動きに関しては現地点で問題ありません。しかし、真面目すぎるがゆえに気負ってしまっている部分がありますので、少し楽をさせながら乗り進めています。そこが解消してくればもっとノビノビとしたフォームで走れそうです。調教進めていても体が減ることはありませんし、今後もハロン16秒ぐらいで乗り込みを重ねつつペースアップしていけたらと思います。馬体重は528キロです」(1/4近況)

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回背馴らし

担当者「この中間も馴致を中心に行っていますが、ロンギ場が積雪で使えない為、現在は廊下で跨って常歩を行っています。とても敏感なところがあるので、怪我をしない様に最善の注意を払っていますが、ここまで特に問題なく進められています。飼い葉食い、体調面等はすこぶる良いですし、後肢の状態もここまで進めている限り、特に問題なくきています。このあとはお正月休みを挟むことになりますが、なるべく運動は継続したいので、今後はトレッドミルでの運動を行うことを考えています。馬体重は458キロです」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スカイクレイバーの16は順調に乗られていますが、減ってしまった馬体を維持するのが精一杯で470キロ台へ戻すことが出来ていません。高齢の母の仔ということで内面に弱さを残しているのでしょう。定期的にリフレッシュ・調教に緩急をつけながらじっくり進めてもらえればと思います。

ラフアップの16は変わらず食欲旺盛。この父の産駒らしい良いスピードを見せている様子。ただ、前向き過ぎるので1本調子の馬にならないように注意が必要です。鞍上がしっかりコントロールできるよう、コンタクトを高めてもらいたいです。

ビアンカシェボンの16は馴致が完了しておらず。敏感すぎる面が課題になっています。敏感な面が反応の良さに繋がってくれれば良いのですが、今のところは危うい面が目立っている様子。焦ってもどうしようもないので、じっくり教え込んでいくのがまずは大事になってくるのかなと見ています。

2017年12月31日 (日)

【動画更新】ビアンカシェボンの16

↑↑↑

Photo ビアンカシェボンの16

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先月8日に育成厩舎へようやく移動してきたビアンカシェボンの16。ようやく動画が更新されたのですが、現状はまだ馬場へは出ていません。

気難しく、繊細な面はあるようですが、顔つきを見ると従順そうでもあるので、丁寧に教え込めばそれを吸収していく能力はある筈。出遅れましたが、軌道に乗ってくるまではマイペースで進めてもらいたいです。

2017年12月 3日 (日)

シルクなお馬さん(1歳・関西馬)

Photo スカイクレイバーの16(牡・高野)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、週1回は周回コースで軽めのキャンター1800m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教のペースを17~18秒まで上げて乗り込んでいます。調教では体全体を使って走る姿が印象的ですね。気性面ではまだ子供っぽさが残っており、集中力が続かないところがありますので、その辺りが現状の課題と言えるでしょう。11月中頃には475キロまで体重が増えたのですが、現在は468キロまで減ってしまいました。でも特に細くなった印象は受けませんし、馬体は順調に成長していますよ。脚元・体調面に問題はないので、この調子でしっかり乗り込みを続け体力強化を図っていきたいと思います」(12/1近況) 

Photo ラフアップの16(牡・寺島)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1200m

担当者「この中間は坂路調教のペースをハロン17秒まで上げて乗り込んでいます。調教では立派な馬体のイメージ通りの力強い動きを見せており、現在の調教メニューではまだ余裕があるのか、馬は元気一杯に過ごしています。いくらか冬毛が伸びてきましたが、馬体はしっかりと成長を遂げています。年内中は現在のペースを維持して、ベースづくりに専念したいと思います。馬体重は528キロです」(12/1近況)

201712_3

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回背馴らし、残りの日はロンギ場でキャンター

空港担当者「11月8日にこちらへ入場しております。イヤリングの頃は後肢の疲れがなかなか良化してこないと聞いていましたが、脚元は現在のところ問題ありません。ロンギ場でのキャンターは良いものがありますし、背中の感触も良いですね。父産駒らしく馬っぷりも良いので迫力がありますよ。ただ、気難しさは相変わらずあるようで、気性面は今後も気をつけなければいけません。移動してきたばっかりで、敏感なところも見せておりますので、ゆっくりと馴致を行いながら心身の成長を待ちたいと思います。馬体重は453キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スカイクレイバーの16は普通キャンターまでペースアップ。動きの質は良いみたいですが、まだまだ幼さが残る気性。また、馬体重が減りやすい傾向にあるので、今後は定期的にリフレッシュさせつつ、更にペース・内容を高めていってもらえればと思います。

ラフアップの16も普通キャンターで登坂中。馬体はまだ持て余していると思いますが、先月より10キロ程シェイプアップ。乗り込みを継続することによって、更に脂肪を削り、良い筋肉をまとっていって欲しいです。

ビアンカシェボンの16は先月8日からようやく始動。トモの疲れはもう大丈夫そうですが、気性面で気難しさがある様子。ロードカナロア産駒の牡馬は基本穏やかですが、たまに一癖を持っている馬にも出くわします。良いモノを秘めているだけに、基礎となる馴致はしっかり教え込んでいってもらわねばなりません。

2017年11月11日 (土)

脚元の疲れが癒え、ようやく8日に育成厩舎へ移動しました。☆ビアンカシェボンの16

Photo ビアンカシェボンの16

⇒⇒11月8日に育成厩舎への移動

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモの疲れが尾を引き、イヤリング厩舎から抜け出せないでいたビアンカシェボンの16でしたが、ようやく8日に育成厩舎への移動が完了しました。今月の更新からすると、予定より少し早く移動できたようです。

調整が進んでいる組とは2・3ヶ月遅れを取ってしまいましたが、まずは地道に取り組んでいくことが大事。特に馴致は競走馬としての基礎を養う訳ですから。反抗することなく従順に教えられたことを吸収していってもらいたいです。

2017年11月 3日 (金)

後肢の疲れがなかなか良化せず。引き続きイヤリング厩舎での調整が続いています。★ビアンカシェボンの16

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「先月から見られた後肢の疲れがなかなか良化してこなかったことと、イヤリング厩舎に在厩している1歳馬が数頭となったため、小パドック放牧に切り替え、並行してウォーキングマシン60分の運動と鞍つけ、乗り慣らし馴致等を行っています。小パドック放牧に切り替えた直後は慣れない環境のため、少しイライラしてテンションが上がることもありましたが、今ではすっかりこの生活にも慣れてリラックス出来ています。寒さで少し冬毛が生えてきましたが、馬体には張りがあり相変わらず馬っぷりの良さが際立っています。徐々に歩様は改善されてきており、今の感じであれば11月中旬には育成厩舎へ送り出せるのではないかと思います。馬体重は468キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同世代の馬で進んでいる馬は坂路で普通キャンターを乗り出している中、ビアンカシェボンの16は育成厩舎へ移動できないまま。トモの疲れが尾を引いていますが、今は我慢強く進めていくしかありません。とにかく悪いことを重ねてはダメですから。

更新された画像を見ると、毛は伸びていますが、馬っぷりの良さは目立つところ。表情は活気があるので、ここをしっかり乗り切ってくれれば。出遅れてしまいましたが、じわじわと取り戻してくれることを願っています。

2017年10月 5日 (木)

シルクなお馬さん(1歳・関西馬)

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在も夜間放牧を順調に行なっています。涼しくなってきて放牧地を元気に走り回っているからか、この中間は少し疲れが出てきました。今後は、脚元などしっかりケアして、タイミングよく休みも入れながら進めていきたいと思います。馴致の方もひと通り問題なくこなしてくれており、育成厩舎の馬房が空き次第移動になるので、その時を待ちたいと思います。馬体重は458キロです」(10/2近況)

Photo スカイクレイバーの16(牡・高野)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:9月4日北海道・ノーザンファーム早来へ移動

担当者「こちらに入場後も環境の変化に戸惑うことがなく、ロンギ場の馴致も無事に終え、現在はインドアでの運動に移行しています。馬体は成長途上とあって、幼いところがあるものの、これから調教を進めていくにつれて筋肉がついてくるようになるでしょう。性格は素直で扱い易いですし、ヘニーヒューズ産駒らしい大柄な馬体の持ち主なので、今後どのように育ってくれるかとても楽しみですね。今後は坂路調教も取り入れて徐々にペースアップしていきたいと考えています。馬体重は451キロです」(10/2近況)

Photo ラフアップの16(牡・寺島)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来

担当者「こちらに入場後はウォーキングマシンで調整を行っていましたが、体調面は特に問題なかったことから、現在は坂路と周回コースで軽めの調教を開始しています。馬体はボリューム感があるものの、まだまだ幼いところがあるので、その点をしっかり鍛えながら大事に育てていきたいと思います。負けん気の強さがあり、併せていると噛みつきに行こうとするぐらいなので、その気性を上手く競馬に活かせるように持っていきたいですね。ここまで進めている限り、疲れが出ることもなく順調そのものなので、このままキャンターに移行していきたいと考えています。馬体重は518キロです」(10/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8月上旬に育成厩舎へ移った同期がいる中、ビアンカシェボンの16は今だ声は掛からず。それには中間疲れが出た影響もあるのでしょうが…。出遅れが大きくならないようにお願いします。

枝葉の長い馬体をしているスカイクレイバーの16ですが、全体的な肉付きはまだまだで力強さに欠ける現状。これから騎乗運動を進めていく中で造りに見合うボリュームを付けていってもらえればと思います。先週の阪神・ヤマボウシ賞を勝った同産駒・ドンフォルティスのような馬に育ってほしいです。

ラフアップの16は馴致を終え、坂路・周回コースで軽めの調整。お腹回りが少しスッキリしたことで馬体のバランスは良く見えます。また、牡馬なので噛みつきに行こうという負けん気も好感。大きな怪我なく、順調に育成が進めば、ちょっと面白い馬へ成長するかもしれません。

2017年9月 6日 (水)

シルクなお馬さん(1歳・関西馬)

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在も引き続き夜間放牧を行っています。暑い夏も終わりを迎えようとしていますが、その影響もなく相変わらず放牧地を元気いっぱいに走り回っています。まだまだ背も伸びていますし、全体的に馬体が逞しくなった印象を受けます。背慣らしなどの馴致も問題なく行えており、いつでも育成厩舎に移動する準備はできていますので、その時を楽しみに待ちたいと思います。馬体重は458キロです」(9/1近況)

Photo スカイクレイバーの16(牡・高野)父ヘニーヒューズ

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「引き続き夜間放牧を行っております。また、週3回のウォーキングマシンと週2回程の追い運動を行うことによって、身体も緩むこと無く筋肉にメリハリが出てきました。精神面も相変わらず安定していて、特にこちらの手を煩わせることもなく馴致の方もスムーズに進んでいます。9月4日にノーザンファーム早来へ移動する予定ですが、鞍付け、背馴らし等の馴致も一通り経験しており、今後は回数をこなしながら、鞍を着けた状態でのウォーキングマシンをやっていく予定です。馬体重は458キロです」(9/1近況)

Photo ラフアップの16(牡・寺島)父キンシャサノキセキ

・在厩場所:8月17日に北海道・ノーザンファーム早来へ移動

早来ファーム担当者「態勢が整ったことから17日にノーザンファーム早来へ移動しました。こちらでは夜間放牧を継続しながら、装鞍や馬房内での騎乗、ウォーキングマシンでの常歩など初期馴致を行っていました。飼い食いも良く、運動量も豊富で、徐々に馬体も引き締まってきています。肩の出がスムーズで、体を上手く使って動けるようになってきましたので、移動後のトレーニングも順調にステップアップしてくれるでしょう。馬体重は524キロです」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ビアンカシェボンの16は少し暑さが応えたかなという表情も、背が伸びるなど順調な成長。我の強さはありますが、根は父譲りで穏やかな筈。育成厩舎へ移っても、それほど戸惑うことはないように思います。

スカイクレイバーの16は完成度の高い馬体をしています。目付きも涼しいから、オンオフがしっかりつく競走馬になってくれるでしょう。4日に移動しているようなので、着実に騎乗馴致を終え、本格的な調教へ移行していってもらえればと思います。

ラフアップの16は一足先に育成厩舎へ。ボリューム溢れる馬体の持ち主ですが、少し背が伸びたのか、バランスよく見せます。体力も同世代ではある方でしょう。

2017年8月22日 (火)

【近況】【画像&ツアー動画更新】ビアンカシェボンの16

Photo ビアンカシェボンの16(牡・中内田)父ロードカナロア

・在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「現在は順調に夜間放牧を行なっています。夏場もへこたれることなく、放牧地を元気一杯に走り回っています。放牧時などでは時折やんちゃな一面を見せることがありますが、洗いや鞍付けなどの馴致はスムーズにこなしてくれて、頭の良さが見て取れます。これまで本当に順調な成長を見せてくれているので、育成厩舎に移動してさらなるステップアップを期待せずにはいられません。馬体重は450キロです」(8/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良血のウルトラブレンドの16・プリモスターの16と比べると、垢抜けた感じはありませんが、日々の生活を活発に過ごしている様子は好感。良い意味で気持ちの勝ったところも競走馬向きでしょう。

ただ、我が強すぎて、人間の指示に反抗するようになっては大変。初期馴致は問題なさそうですが、しっかり意思疎通を取りながら基礎を身につけていってもらいたいです。

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | ボンディマンシュ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンフォーローズの16 | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ