2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ボンディマンシュ」の105件の投稿

2020年3月31日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「この中間も先週と同じ調教メニューで進めていますが、動きが良く、調子が上向いていますよ。矢作芳人調教師より、近いうちにトレセンへ帰厩させたいと連絡を受けているので、いつ声が掛かってもいいように調整していきたいと思います。馬体重は522キロです」(3/27近況)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「坂路に入れた後も順調に進められており、この中間も同じペースで乗り込んでいます。硬さは徐々に解れてきましたし、もう少し馬の状態に合わせて進めていけば、軌道に乗っていけるでしょう。馬体重は526キロです」(3/27近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で15-15のペースで登坂していますが、しっかりとした脚取りで駆け上がっていますよ。この馬なりに逞しくなって成長が感じられますし、充実した日々を過ごしています。負荷を掛けた後も歩様が硬くなることはないですし、ここまで順調に進められているので、帰厩に向けて今の状態を維持しながら乗り込みを行っていきたいと思います。馬体重は523キロです」(3/27近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「この中間は帰厩に備えて坂路でハロン14秒までペースを上げました。負荷を掛けてもしっかり動けていますし、馬体もメリハリが出て良い体つきになりました。来週か再来週に帰厩する予定になっていますので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は497キロです」(3/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは先週と同じ内容で乗り込み中。本数を重ねることで動きは着実に良くなっています。また、近々帰厩させたいようなので、声が掛かるまでは緩めることなくしっかり乗り込んでもらえればと思います。馬体重はもう少し絞れてきて欲しいところ。

ピボットポイントは少し良化スピードが鈍いですが、焦ることなく状態が上向いてきてくれるのを待ってもらえればと思います。状態が上がってくれば、脚捌きの硬さも和らいできてくれると思いますから。

ボンディマンシュは大事に育ててきたことで、一息入れるたびに逞しさを増しています。どこまで出世できるかは分かりませんが、コツコツと稼げる馬へと育ってもらえればと思います。

アマネセールは早ければ今週中の帰厩を予定。意欲的に乗ることが出来ていることから状態の良さは伝わってきますし、去勢後ですが、馬体が萎んだ感じはありません。あとはレースへ行って真面目に走ってくれれば。芝での決め手に欠けるのでダートでそれを補うことが出来ればと思います。

2020年3月25日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「順調に進められていたことから、この中間は坂路で15-15のペースから、ラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を掛けた後も最後まで良い手応えで登坂していますし、徐々に調子が上向いていますよ。左にモタれることはなく、考えていた通りに良くなってきました。いつ声が掛かっても良いように乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は518キロです」(3/20近況)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「レースの疲れから首・肩に軽い張りが見られたので、低周波治療を施しています。ただ、調教は行っても問題ないレベルですので、今週からトレッドミルの運動を開始し、週半ばから坂路にも入れています。疲れさえ取れれば、すぐペースを上げても問題ないと思うので、馬の状態を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は521キロです」(3/20近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間からハロン15秒までペースを上げています。レースを使う毎に逞しさが増していますし、この馬なりに成長しているなと実感しています。4月上旬には帰厩する方向で中内田師と話し合っていますので、いつ声が掛かってもいいように態勢を整えておきたいと思います。馬体重は510キロです」(3/20近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「負荷を掛けた後も馬体は維持できていますし、調子は上向いてきていますよ。坂路での動きも登坂回数を重ねていくにつれて素軽くなってきましたし、ここまで順調そのものです。第3回京都開催までまだ少し時間があるので、今の状態を維持しながら移動に備えておきたいと思います。馬体重は497キロです」(3/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは左へモタれる面を見せず、この中間は坂路で終い14秒台まで伸ばしていますが、手応えは良好。ここまで立て直すのに少し時間は要しましたが、もう問題はありません。あとは良いタイミングで帰厩して欲しいところ。馬体重が増え過ぎないようには注意して欲しい。

ピボットポイントは首・肩に少し張りが残っているようですが、調教は行っていいレベルということでトレッドミルから立ち上げて、坂路にも連れ出しています。引き続きケアを行いながら、乗り進めて行ってもらえればと思います。

ボンディマンシュはこの中間からハロン15秒の調教を開始。気性面や脚元の関係でデビューが遅れましたが、大事に使ってきたことで地道に力を付けていってくれています。4月上旬の帰厩を予定しているとのことで、まずはそこへ向けて状態を上げていってもらえればと思います。

アマネセールはしっかり乗り込まれていますが、それでいて馬体重が増えているのは好印象。本数を重ねていけば、動きは良くなってくるでしょうし、復帰戦へ向けて着々と進めてもらえればと思います。

2020年3月17日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15までペースを上げています。左にモタれずに真っすぐ走ってくれるようになりましたし、動きも良くなっているので、このまま登坂回数を重ねていけば、帰厩の目途も立てられるようになるでしょう。馬体重は513キロです」(3/13近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「トレッドミルで運動を開始した後も順調に進められていましたので、今週から坂路にも入れています。コースに入れた後も気になるところはありませんので、このまま問題なければ帰厩に向けて徐々に負荷を掛けて行きたいと思います。馬体重は512キロです」(3/13近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

騎乗スタッフ「この中間も坂路で15-15のペースで登坂しており、ここまで変わりなく順調に進められています。登坂回数を重ねていくにつれて動きが良くなってきましたし、息づかいもしっかりしてきましたよ。コンディションは変わらず良いですし、今の状態を維持しながら帰厩に備えて行きたいと思います。馬体重は489キロです」(3/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットはこの中間からハロン15秒の調教を開始。左へモタれる面を見せずにしっかり駆け上がることが出来ているのは何より。馬体のバランスが整ってきたのでしょう。あとは本数を重ねていき、動きの質を高めていってもらえればと思います。

ボンディマンシュはトレッドミルで軽く馬体を動かしていましたが、順調に回復が進んでいることから坂路での乗り込みを開始。反動等もなく、ひとまず順調です。引き続きトレッドミルを上手に活用しながら更なる成長を促していってもらえればと思います。

アマエセールは次の京都開催での出走予定。調教は順調に消化することが出来ています。ただ、去勢手術を行った効果に関しては現状は何とも。芝では詰めの甘さが残るので、早い段階で1度ダートを試してもらいたいです。

2020年3月 9日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「左にモタれるところは徐々に治まってきましたし、トモの状態もしっかりしてきましたよ。坂路では3ハロンあたりで急にハミを噛んでやる気をみせたりしていますが、気持ちがないよりかは良いと思うので、この調子で徐々に負荷を掛けて行きたいと思います。馬体重は511キロです」(3/6近況)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中京3月28日・障害オープン
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

調教主任「前走後は馬体が萎むこともなく、すぐ調教を開始することが出来ましたし、乗り出してからも順調に進められました。来週の検疫で帰厩する予定になっていますが、ここに来てグンと調子が上向いてきているので、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は567キロです」(3/6近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

調教主任「こちらに戻ってきた後も大きなダメージはなく、硬さもそこまで気にならなかったので、今週からトレッドミルで運動を開始しています。まだ緩さがありながらも、この馬なりにしっかりしてきましたから、その点が良くなればもっといい競馬が見られると思います。このまま問題なければコースにも入れていきたいと考えています。馬体重は505キロです」(3/6近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

調教主任「坂路でハロン15-15を開始した後も順調に進められており、動きも登坂回数を重ねていくにつれて良くなってきました。このまま順調に進められるなら、4月後半あたりには復帰させられそうです。負荷を掛けた分、馬体は減ってしまいましたが、筋肉が付いてメリハリが出てきましたので、この調子で鍛えていきたいと思います。馬体重は489キロです」(3/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットは引き続きトレッドミルを併用しながら坂路で普通キャンターを消化。モタれる面が治まってきていることからも左トモの具合は着実に良化中。少し元気が有り余っている感じですが、元々大人しいタイプではないので問題ないでしょう。

月末のレースへ向け、しっかり調教を消化することが出来ているシングルアップ。馬体のボリュームを維持できていますし、良い状態で厩舎へ送り届けることが出来そうです。ローカルの障害戦は合っていると思うので、気分を損ねないように乗ることを意識してもらえたらと思います。

ボンディマンシュはひとまず楽をさせている現状。硬さは使った後なので許容範囲かと思います。ここ数走は放牧を挟むごとに心身の成長を感じられるので、今回の放牧も自身のパワーアップに繋がるように有意義なものにして欲しいです。

アマネセールはハロン15秒の調教へ移行後も順調。本数を重ねる毎に動きも良化を辿っています。今後の予定として4月後半での復帰を予定しているので、やはり春の福島へ使うことになるのでしょう。去勢手術を行ったほどで馬体が細くなっているかもしれないので、コツコツ乗り込むことで馬体の充実を怠らないようにお願いします。

2020年2月28日 (金)

スタートが良くなく、道中は揉まれる形になりましたが、直線で追い出されるとジワジワと脚を繰り出し、他馬と馬体を併せることで勝負根性を発揮。勝ち馬の決め手には屈しましたが、混戦の2着争いからは1歩抜け出して2着を確保。このクラス卒業に完全にメドを立てました。☆ボンディマンシュ

2020021400_20200227022901

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

日曜京都12R 4歳上2勝クラス(ダ1400m)2着(3番人気) 坂井瑠J

まずまずのスタートから促しながら中団やや前目を追走します。最後の直線で懸命に追われるとジリジリ脚を伸ばしましたが、惜しくも半馬身差捉えきれず2着に敗れています。

坂井瑠星騎手「ゲート内で脚をバタバタしていましたが、タイミングよくスタートを決めることが出来ました。道中はリズムよく運べましたが、最後の直線で追い出しに掛かるとモタモタしてしまい、その分勝ち馬を捉え切れなかったですね。でも、右回りコースでも内にモタれることなく、真っすぐ走ってくれました。距離はもう少し延びてもいいように感じましたが、この距離でも安定した競馬が出来ているので、同じようなレースを続けていけばどこかでチャンスがあると思います」

中内田調教師「勝負どころで少しジリっぽくなってしまいましたが、最後まで長く脚を使ってくれましたね。ただ、今回は斤量差もありましたし、勝った相手が一枚上でした。前走に続いて差のない競馬をしてくれましたし、右回りコースでも真っすぐ走ってくれましたから、この馬なりに力を付けていると思います。まだ良くなっている段階でもありますし、もう少し長い目で見ながら育てていきたいですね。トレセンに戻って状態を確認した後はこれまでの疲れを取る為に放牧へ出す方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れたが、気合をつけると中団の少し前にはつけられた。直線でもジワジワと脚を伸ばして、ゴール寸前で2着手に浮上。ダートの短距離では1度も大崩れしておらず、現級もすぐに何とかなりそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/27日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

中内田師「走ったなりの疲れはあるものの、それ以外は大きなダメージはありませんでしたが、これまでの疲れを取る為に放牧に出そうと思います。2勝クラスでも堅実に走ってくれていますし、心身ともに成長すればもっと良い競馬をしてくれると思いますので、今後も大事に育てていきたいと思います」(2/26近況)

⇒⇒27日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(27日・最新情報より) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫ありながらも昇級戦の前走で3着と頑張ってくれたボンディマンシュでしたが、今度は粒の揃った関西圏のレース。前走の結果は鵜呑みにせず、改めてどこまで通用するのかなと半信半疑の気持ちでレースを見守っていました。

今回は京都・ダ1400mということで芝スタート。レースの流れに乗って欲しいなあと見ていたところ、煽り気味にゲートを出てしまい出遅れ。これでは厳しいなあと思いましたが、少し促していくとポジションを上げて行くことに成功。レースは淀みなく流れましたが、序盤はそこまで速くならなかったのは好都合だったかもしれません。ダートへ入る頃には4・5番手の位置まで押し上げることが出来ていました。その後は8枠の両頭にそれぞれ蓋をされるような形になってフワッとする場面があって少しポジションを下げましたが、4角を回ってくる時の手応えはマズマズ。あとは追い出してどこまで伸びるかでしたが、直線を向いて仕掛けられると反応は一息。『道中で揉まれる形が応えていたのかな…』と頭を過ぎったのですが、坂井瑠Jの叱咤激励にボンディマンシュも渋太く反応。じわじわ脚を繰り出し、他馬と馬体を併せることで勝負根性を発揮。3キロ減の恩恵があったタガノプレトリアにはアッサリ抜けられてしまいましたが、混戦の2着争いからはグイッと1歩前へ出る形で2着を確保。負けはしましたが、内容の濃いレースをしてくれたと思います。

レース後のボンディマンシュですが、相応の疲れは感じられるも、馬体には異常なし。引き続き優先権を確保することは出来ましたが、しっかりメドは立ったので、無理することなく一息入れられることとなりました。個人的にもこの判断は歓迎です。

脚元がパンとせず、気性面でも危うさを抱えていた為、デビュー前から去勢していたボンディマンシュ。ラッキーな形で1つ勝つことは出来ましたが、正直その後が続くか不安でしかありませんでしたが、放牧を挟みながら大事に使ってきたことで、確実に心身の成長・逞しさを成し遂げてくれているのは頼もしい限り。今後は更に速い時計へ対応できるようにならないといけませんが、伸びしろも十分残しています。どこまで駆け上がってくれるか楽しみですし、脚捌きの硬さが軽減されてくれば1度芝に挑戦もして欲しいです。

2020年2月23日 (日)

昇級戦の前走で3着。このクラスでも十分通用することは分かったので、慣れが見込める今回はスッとレースの流れに乗りたい。また、スパッと切れる脚はないも、エンジンが掛かれば最後まで粘り強い脚を発揮する長所を存分に引き出して欲しい。☆ボンディマンシュ

202001_20200219104801

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

日曜京都12R 4歳上2勝クラス(ダ1400m)5枠9番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日にポリトラックコースで追い切り

中内田師「19日にポリトラックコースで追い切りました。単走で反応を確かめる程度でしたが、前走以上に動きが軽快でしたし、上積みが感じられます。硬さも気にならないですし、良い状態を維持していますから、クラス慣れが見込める今回はいい競馬が期待できそうです。左回りでも内ラチを頼るようなところがあると坂井瑠Jが言っていましたが、前走でこの馬の癖を分かってくれたでしょうし、今回も気を付けて追ってくれると思うので、昇級2戦目で良い結果を期待したいですね」(2/20近況)

助 手 19栗P良 66.8- 51.5- 37.7- 11.9 稍一杯追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回京都8日目(02月23日)
12R 4歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走16:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アルベニス 牡4 57 岩崎翼
1 2 ミスティック 牝5 55 国分優作
2 3 メイショウダブル 牡5 56 菊沢一樹
2 4 メイショウドウドウ 牡5 57 太宰啓介
3 5 タガノプレトリア 牡5 54 亀田温心
3 6 ホイールバーニング 牡7 57 荻野極
4 7 カズマペッピーノ 牡6 57 池添謙一
4 8 スズカモナミ 牝6 54 川又賢治
5 9 ボンディマンシュ セ4 57 坂井瑠星
5 10 キタサンタイドー 牡5 57 国分恭介
6 11 ライトオブピース 牡6 57 酒井学
6 12 ジャスパーモア 牝5 52 服部寿希
7 13 ヨハン 牡4 57 松田大作
7 14 サンキュー 牡7 57 藤岡佑介
8 15 ケイアイターコイズ 牡4 57 藤懸貴志
8 16 グトルフォス 牡4 57 岩田康誠

○猿橋助手 「追い切りはいつも通り、いい動きをしている。実戦に行くと攻めほど走れていない気がするが、うまく噛み合えば十分やれていいと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コズミが酷くなった為、予定を1週延ばして東京での昇級戦となったボンディマンシュ。初めての左回り+関東圏への輸送で苦戦は覚悟していたのですが、少しレースの流れに乗り切れない中で最後まで諦めずにファイト。外から被されることになっても勝負根性を発揮し、ジリジリという伸びでしたが粘り強く頑張った結果、3着へ。勝ち負けの争いには食い込めなかったですが、昇級戦でこれだけやれれば上々です。

その前走から中2週でのレースとなる今回。追い切りでは追われてフラつく若さを覗かせていたようですが、歩様の硬さはそこまで酷くない様子。大事に使ってきたことで体質強化が進んでいるのは確かでしょう。ひと叩きした上積みはそれほどなくても、順調に来ています。

相手関係に目を遣ると、関西圏のレースということで前走より粒の揃った感じなので、前走以上は簡単ではありませんが、クラス2戦目で追走に幾らか余裕が出てくれれば。芝スタートが良い方へ出て欲しいです。スッと3番手あたりをキープして回ってこれれば、前々走のような渋太さを発揮してくれるでしょう。スパッと切れる脚は使えないも、エンジンが掛かれば、ジワジワ最後まで伸び続けてくれるのがボンディマンシュの長所です。坂井瑠Jも前走で感じるところがあったでしょうから、連続騎乗となる今回、その経験をしっかり役立ててもらえればと思います。

今回でキャリア6戦目。心身共に成長の余地を残していますし、まだまだ上を目指していって欲しい1頭です。

2020年2月14日 (金)

シルクなお馬さん(牡馬/父ロードカナロア・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神3月1日・阪急杯(G3)・北村友J

安田隆師「13日に坂路で追い切りました。しっかり負荷を掛けてみたところ、先週より反応が良くなり、迫力ある動きでしたよ。馬体も引き締まって良い体付きになってきましたし、ここまで順調そのものですね。短期放牧を挟んだことでフレッシュさが窺えますし、気持ちの方も乗ってきましたので、あと2週間しっかり乗り込み、阪急杯で良い走りをお見せできるように調整していきたいと思います。来週は北村友一騎手に跨ってもらって、しっかり負荷を掛ける予定です」(2/13近況)

助 手 9栗坂重 58.1- 41.7- 26.5- 13.0 馬なり余力
助 手 13栗坂稍 53.0- 38.9- 25.3- 12.3 馬なり余力

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にポリトラックコースで追い切り
・次走予定:京都2月23日・ダ1400m(坂井瑠J)

中内田師「この中間も疲れが出ないか状態を確認していましたが、硬さもなく元気いっぱいの様子なので、予定通り来週の競馬に向かっても問題ないでしょう。13日にポリトラックコースでサッと時計を出しましたが、反応・動きともに良かったですし、良い状態を維持していますよ。なお、前走に引き続きジョッキーは坂井瑠星騎手に依頼しています」(2/13近況)

助 手 13栗P良 86.7- 71.4- 54.9- 40.3- 12.3 馬なり余力

Photo クァンタムリープ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター
・次走予定:2月23日の東京・ダ1400m(木幡育J)

鹿戸師「この中間は慌てず、坂路コースでの軽めのキャンターを中心に様子を見ていますが、良い意味で状態面に変わりはありません。飼い葉もしっかりと食べていて体調面にも問題はなさそうです。来週のレースに向けて、今後は徐々にピッチを上げて仕上げに入っていきたいと思います」(2/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックはまだビシッとは追われていませんが、13日の追い切りは馬なりで上々の時計。このひと追いでグッと良くなってくれるでしょうし、1週前追い切りとなる来週は北村友Jに乗ってもらい、更に負荷を高め、感触を確かめてもらうとのこと。寒い時季なので硬さが気にはなりますが、今のところはリフレッシュさせて理想的な仕上がり過程を踏んでいるのかなと思います。

東京戦を使って中2週のローテで次走に臨むことになるボンディマンシュ。疲れ・反動を心配しましたが、硬さが出ることなく元気一杯。サラッと伸ばす程度でも1週前に追い切りを行うことが出来たのは好印象です。次走の鞍上は引き続き坂井瑠Jということで、前走の経験・感触を生かし、前走以上の結果を目指して欲しいです。

クァンタムリープも来週の競馬を予定していますが、こちらは時計を出さずに日々の調教を消化。上積みは期待できないかもしれませんが、状態は高いレベルで安定していると言えるでしょうか。週末に1本時計を出して、最終追いに備えてもらいたいです。

2020年2月 9日 (日)

東京への長距離輸送+初めての左回りは問題なくクリア。道中の行きっぷりは良くなかったですが、直線で追われるとジリジリ脚を使って奮闘。4着馬と併せ馬の形になったのも好都合でゴール間際でグイッと3着に上がる。昇級初戦でここまでやれるとは嬉しい誤算。☆ボンディマンシュ

2020021400_20200205042601

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜東京12R 4歳上2勝クラス(ダ1400m)3着(3番人気) 坂井瑠J

五分のスタートを切り、促して好位から競馬を進めます。直線入口で鞍上の手が動くと、長く脚を使って昇級初戦を勝ち馬とコンマ1秒差の3着で終えています。

坂井瑠星騎手「これまで減量騎手でレースに臨んでいた中で、今回は昇級戦かつ57キロと条件的には厳しかったと思いますが、それでも最後までジリジリと脚を使って3着を確保出来ました。過去のレースを見ると、時折幼い面を見せるなと感じていましたので、その点に気をつけていましたが、ゲートで若干テンションが上がったところ以外は問題ありませんね。初の左回りでも難なく対応してくれていましたし、外から4着馬に並びかけられると盛り返す勝負根性を見せるなど、素質の高さを感じました。このクラスでも十分通用しますよ」

中内田調教師「ゲートの中でチャカチャカしていましたが、スタートはある程度出てくれました。最初は少しキックバックを気にしていましたが、慣れてくれば問題なかったようですし、直線もジリジリと差を詰めてくれましたから、休み明けで2勝クラス初戦と思えば、なかなかの内容だったと思います。特にエピックアンが外から併せにきてから、もう1度盛り返そうとしておりましたし、良い勝負根性を見せてくれましたね。今日でこのクラスにメドを立てられましたので、ますますこれからが楽しみです。関東までの輸送もありましたし、まずはトレセンに戻って状態を確認した上で、今後の予定を決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ゲート裏までメンコ。関東圏への輸送は初めてだったが、落ち着いていた。好位から。追われてスッとは反応しなかったが、ジリジリと最後まで粘り強く伸びる。モタれる面も気にならず、久々、昇級、外枠とすれば好内容。追い切りの好時計は伊達ではなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:京都2月23日・ダ1400m

中内田師「東京からトレセンに戻って状態を確認しましたが、思いのほかダメージはなく、今の感じならこのまま続戦させられそうです。昇級戦としてはよく最後まで長く脚を使ってくれましたし、次走に期待が持てる内容だったと思います。今週いっぱい状態を確認させていただき、それでも問題なければ2月23日の京都・ダ1400mに向かいたいと考えています」(2/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

東京への長距離輸送+左回りと初モノづくしで期待よりも不安な気持ちが強かったボンディマンシュ。レースはライブで見ることは出来なかったのですが、パドックでは落ち着きを保っていた様子。馬体重も前走より増えているぐらいですから、長距離輸送に関しては問題なかったと思います。

今回、ゲート内で煩い面を覗かせていたようでゲート出と二の脚はもう1つでしたが、外枠が幸いして4番手ぐらいまで押し上げて追走とリカバーは出来ました。道中の手応えは外目を追走していたこともあるのでしょうが、良く見えず、終始軽く促しながらの追走。4角を回ってくる雰囲気はこのまま下がっても不思議ない感じでしたが、追われてから意外な粘り腰を発揮。追い出してモタモタしたのは57キロを背負っていたからだと思いますが、ジリジリと脚を使い、外から4着馬が交わしに掛かると勝負根性を発揮して内から抵抗。併せ馬になったことで闘志に火が付いた様子で最後の最後でグイッと伸びて3着を確保。時計が掛かったのも幸いだったと思いますが、昇級戦でここまでやれるとは想定外。キャリアは浅いですし、放牧を上手に挟むことで体質強化が進んでいるので伸びシロはまだまだ見込めそうです。

レース後のボンディマンシュはクタッするような素振りを見せず、元気一杯。優先権を確保することが出来たので、このまま状態に変わりがなければ中2週のローテで次走は京都・ダ1400mへ。在厩調整で使うのは初めてなので、1度使ったことで気持ちが悪い方へ向かなければ良いのですが…。そこだけが今から心配です。馬体のケアよりも精神面のケアを念入りに施して良い雰囲気のままレース当日を迎えて欲しいです。

2020年2月 2日 (日)

今回は昇級戦。コズミが酷くなって出走予定を1週スライドする頓挫はありましたが、Pコースでの追い切りに切り替えてひと追い毎に上昇中。素質はここでも通用して良いモノを秘めていますが、東京への長距離輸送+初めての左回りの競馬がどこまでマイナスに働くか。まずはクラス突破へのメドの立つ走りを。★ボンディマンシュ

2019103_20200131165401

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜東京12R 4歳上2勝クラス(ダ1400m)8枠15番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日にポリトラックコースで追い切り

中内田師「29日にポリトラックコースで追い切りました。中間に一頓挫ありましたが、その後は順調に進められましたし、2週続けてしっかり負荷を掛けることが出来ました。単走で行った分、少し遊ぶところが見られましたが、先週併せて行った時はガツンとハミを取っていくぐらいやる気を見せてくれたので、それだけオン・オフの切り替えがしっかり出来るようになったということだと思います。良い状態に仕上がったと思いますし、あとは初めて経験する左回りコースにしっかり対応できるかどうかがカギになりますね。また、先週の追い切りで、坂井瑠星騎手に内にモタれることと、左回りコースに対応できるか確認してもらっているので、気を付けてレースに行ってくれると思います。短期放牧を挟むにつれて成長が感じられますし、昇級戦でも力を発揮してくれるはずです」(1/29近況)

助 手 26栗P良  39.5- 11.7 馬なり余力
助 手 29栗P良  76.7- 62.4- 48.9- 36.4- 12.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回東京2日目(02月02日)
8R 4歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 混合 定量 発走14:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サンタナブルー 牡8 57 川須栄彦
1 2 クレディブル 牡5 57 C.ルメール
2 3 コールドターキー 牡5 57 M.デムーロ
2 4 コーラルプリンセス 牝6 55 丸山元気
3 5 ベイオブコトル 牡4 57 福永祐一
3 6 ヘニッヒ せ4 57 内田博幸
4 7 ミッキーボニータ せ5 57 横山典弘
4 8 テキスタイルアート せ8 57 北村宏司
5 9 ハヤブサレジェンド 牡5 56 菊沢一樹
5 10 フローラルパーク 牝4 55 武豊
6 11 アオイサンシャイン 牝7 55 O.マーフィー
6 12 モリトシラユリ 牝6 53 木幡育也
7 13 エピックアン 牡5 57 田辺裕信
7 14 ワンダープラヤアン 牡6 56 野中悠太郎
8 15 ボンディマンシュ セ4 57 坂井瑠星
8 16 ニシノジャガーズ 牡5 57 岩部純二

○猿橋助手 「稽古はやればやるほど動くタイプで今週も好時計が出た。モタれる癖を出さなければ、昇級戦でも通用していいと思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

未勝利勝ち時は禁止薬物であるテオブロミンを間違えて摂取してしまった可能性があるということでライバルが一気に競走除外になるという恵まれた形だったので、ボンディマンシュは1勝クラスでかなり苦労することになると思っていました。実際、昇級初戦となった2走前は出遅れるとチグハグな競馬で9着。前走に関しても、もう1つ臨戦過程が良くなく、広いコース+ワンターンのダ1400mで少しは形を作ってくれるかな程度の期待でしたが、道中は揉まれない2番手で悠々と追走。4角を回る時は後続を待ち過ぎることなく早くも先頭へ。直線では2着馬がジリジリ迫ってきましたが、危なげなく押し切ってくれました。正直、昇級して2戦で1勝クラスを突破してしまうとは想像していませんでした。

前走後はNFしがらきでリフレッシュ。疲れが癒えると、心身の成長を促す為にコツコツ乗り込んできました。実際、これまでレースと放牧を上手に組みたて、その度にパワーアップを感じさせるボンディマンシュ。この中間は更に逞しさを増して、1段と力をつけてきてくれている様子。年明け早々に栗東へ戻ってきました。

帰厩後は先週の京都・ダ1400mへの出走を目標に進められましたが、先月10日のCWコースでの追い切り後に前捌きの硬さが目立ち、筋肉痛のジャッジ。幸い、数日余裕を持たせて回復出来ましたが、予定していた京都戦をパスして今週の東京・ダ1400mへ。その後の追い切りはコズミ対策としてCWコースではなく、幾らかでも負担の軽いPコースでの追い切りを重ねてきました。元々、攻め駆けする馬ですが、追い切りの時計・動きを見ると、ひと追い毎に上昇中。軽い一頓挫はありましたが、今は問題ないと思います。

ただ、今回は2勝クラスへの昇級戦。力を出し切れば通用していい素質は秘めていますが、デビュー前に去勢手術を行っているように気性面での危うさは付きまといます。今回は東京への長距離輸送がありますし、初めての左回り。期待よりも不安な気持ちが大きいです。揉まれない外枠を引き当てたのは良かったですが…。

ですので、今回のレースに関しては、まずはクラス突破へのメドの立つ走りを見せてくれれば良しとしたいです。右回りでは内へモタれる面を見せていましたが、左回りに替わることで真面目に走ってくれるかな?

2020年1月24日 (金)

次走の鞍上が坂井瑠Jに決定。筋肉痛の症状で予定を1週スライドしましたが、もう心配は要らなさそう。☆ボンディマンシュ

2019061400_20200124085701

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:東京2月2日・ダ1400m(坂井瑠J)
・調教内容:23日にポリトラックコースで追い切り

中内田師「23日の追い切りは、雨の影響でウッドチップコースが悪くなる恐れがあったので、馬場が軽いポリトラックコースで追い切りました。レースに乗ってもらうことになった坂井瑠星騎手に感触を確かめてもらったところ、『歩様の硬さはありますが、走りだせばしっかりとしたフォームで走ってくれますし、追い出してからの反応も良かったですから、レース1週前としては良い状態に仕上がっていると思います』と言っていました。筋肉痛の症状が治まってからは順調に進められていますし、追い切りの動きを見る限りほぼ仕上がっていますので、来週の競馬には良い状態で向かえると思いますよ」(1/23近況)

坂井瑠 23栗P良 80.7- 65.0- 50.1- 37.1- 11.5 強め追伸る フリークアウト(三未勝)一杯の外を0.4秒先行3F付0.5秒先

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

本来は今週末の京都・ダ1400mへの出走を予定していたも、筋肉痛の症状が見られたことから少し軽めの調整期間があったボンディマンシュ。不安は時間と共に解消しましたが、追い不足を懸念して1週スライドすることに。その後はPコースで追い切られていますが、1週前追い切りとなる23日の追い切りは次走でタッグを組む予定の坂井瑠Jを背に併せ馬を敢行。元々、攻め駆けする馬ですが、先行して突き放しているように動きは上々。楽をさせた時期があった影響は感じさせませんし、このひと追いで更に良くなってくれるでしょう。

ただ、次走は昇級戦で初めての左回りの1戦。東京への輸送も多少心配です。終わってみればキャリアの浅さが仇に出るかも。ただ、それも良い経験だと思うので、現時点の力関係を把握する1戦と肩肘張らずにレースへ臨んでもらえればと思います。勿論、激走は大歓迎です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ