出資馬一覧

カテゴリー「ボンディマンシュ」の44件の投稿

2019年1月13日 (日)

シルクなお馬さん(3歳関西馬・NFしがらき組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン15秒、トレッドミル

厩舎長「ソエの状態はショックウェーブ治療の効果もあって、その後も気にする素振りは見せていないことから、この中間から坂路でハロン15秒までペースを上げています。動きとしてはまだまだこれからですが、ペースアップ後も脚元の状態は変わりなく来ていますので、乗り込みながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は512キロです」(1/11近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神2月23日 マーガレットS
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていたことから、現在はハロン14秒までペースを上げています。思いのほか疲れが取れるのが早かったですし、その後もコンスタントに時計を出すことが出来ています。周回コースではじっくり時間を掛けてフォーム矯正に努めましたが、その効果も徐々に出てきているので、後は動きを良くしていきたいと思います。次走について寺島調教師と相談したところ、2月23日の阪神・マーガレットSを目標に進めていくこととなりました。帰厩の予定が決まるまで引き続き乗り込みながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は558キロです」(1/11近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も右トモ飛節の状態には気を付けながら進めてまいりましたが、その後も順調に乗り込むことが出来ていました。依然緩さはありますが、この馬なりにしっかりしてきたことから、坂路主体で調教していたところを、現在は周回コースにも入れています。良くなるのはもう少し先だと思いますが、確実に良化が窺えるので、入厩の声が掛かるまで乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は547キロです」(1/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエが落ち着いてきたクレッセントムーンは坂路でハロン15秒のところを乗り出しています。動きにはまだ余裕がないようですが、これから本数を重ねていけば良くなってくれるでしょう。引き続き、ソエの状態を気に掛けつつ、状態を上げていってもらえればと思います。

近走、成績が伴っていないシングルアップですが、順調に疲れが抜け、坂路でハロン14秒までペースアップ。大型馬なので脚元への注意は怠ることは出来ませんが、タフさは褒めて上げたいです。また、周回コースでの調教ではフォームの矯正に着手。どのように変わってきているかは不明も、良い方へ進んでいるのは確かです。次走に関しては、来月23日の阪神・マーガレットSを予定しています。

昨年末、滑り込みで入厩するのを待っていたボンディマンシュですが、右トモの飛節に疲れが出た影響で現段階で入厩は叶っていません。この馬なりにゆっくりと良化は辿っているのですが…。ひとまず今月中に入厩の知らせが届いて欲しいです。とにかく頓挫なく着実に進んでいきましょう。

2018年12月26日 (水)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・牧場組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒、トレッドミル

厩舎長「この中間にショックウェーブでソエの治療を行いました。治療の効果から、脚元を触ってもそこまで気にする素振りは見せなくなってきましたので、週半ばから坂路で乗り出しています。現在はハロン17秒のペースですが、運動後も痛がることはありません。もう暫くは今の調教メニューを継続し、脚元の様子を確認しながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は514キロです」(12/21近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:翌年1月26日・京都・梅花賞(芝2400m)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「先週からペースを上げていますが、その後も疲れを見せることはなく順調に乗り込んでいます。登坂回数を重ねて動きは良くなってきましたし、馬体も良い感じに引き締まってきましたよ。ここまで思惑通り調整することが出来ているので、この調子で帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は506キロです」(12/21近況)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「馬の状態に合わせながらじっくり進めてきましたが、徐々に上向いてきたことから、坂路にも入れています。現在は週に1回だけハロン15秒までペースを上げています。周回コースではフォームが伸びて溜めが利かない走りになっているので、帰厩するまでに改善できればと思っています。馬体重は550キロです」(12/21近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り込みを強化しても右トモ飛節の状態が安定していたことから、この中間から坂路でハロン15秒までペースを上げています。運動後も状態は変わりありませんし、緩さは残るものの、徐々にしっかりしてきていると思います。良くなるのはもう少し先だと思いますが、上昇線を描いているのは確かなので、引き続き入厩の声が掛かるまで、乗り込みを続けながら鍛えていきたいと思います。馬体重は548キロです」(12/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエを気にする素振りが目立ったクレッセントムーンですが、ショックウェーブ治療によって触診による反応も緩和。その後、坂路で普通キャンターを乗り出しています。ひとまず前進しましたが、まだまだ焦ることなく慎重を期して進めていって欲しいです。

アマネセールは乗り込みの継続によって更に1段階良くなっている感じ。2歳勢がパッとしないだけにこの馬への期待は高まっています。ムキになって走る面が薄れ、折り合いが楽につくようになればホント楽しみです。

シングルアップは元気いっぱいですが、ここ3戦が案外な内容だけに1から手直しする必要があります。雄大な馬体を生かしたパワー溢れる走りを備えていってもらいたいです。

ボンディマンシュは攻めを強化。まだまだ良くなり切れていませんが、少しずつでも前進できているのは確か。年内に声が掛かるかどうかは微妙なところですが、頓挫することなく更に鍛えていってもらえればと思います。

2018年12月18日 (火)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、トレッドミル

厩舎長「調教を開始後も順調に進められていることから、徐々にキャンターのペースを上げて乗り込み量も増やしています。トレッドミルも併用しながら進めていますが、状態が上向いてからは疲れを見せることもなく、順調そのものなので、今回の放牧期間にしっかり成長を促せられるように鍛えていきたいと思います。馬体重は542キロです」(12/14近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒

厩舎長「この中間も坂路主体の調教を行っており、右トモ飛節の状態も変わらず落ち着いています。緩さがある中でも、この馬なりにしっかり走ってくれるようになりましたし、後はこのまま無事にトレセンへ送り出せるように細心の注意を払いながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は541キロです」(12/14近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週4回坂路入りしており、一気に負荷が強まってしまわないように、内2回は15-15で乗っています。まだ子供で真面目に走っている感じはしませんが、動きはまずまずですね。ただ、体は太く映りますし、もう少しこのまま乗り込んでいく必要があるでしょう。馬体重は499キロです」(12/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の疲れが少し残っていたシングルアップですが、日が経つに連れて回復傾向。トレッドミルを併用しながらの調整ですが、特に心配は要らなさそうです。次走に関しては早くて3月くらいかな? ここでしっかり心身の成長を促し、もうワンランク上の馬になれるように鍛え上げていってもらいたいです。

年内の入厩を視野に入れているボンディマンシュ。まだまだパンとしていない現状ですが、環境に敏感な面があるので早くトレセンを経験させてあげて欲しいです。

パラダイスリーフはまだまだ幼い面が目立ちますが、それでいて週4回坂路入りできる体力があるのは○。先週東スポのNF天栄発のコラムで取り上げれていたように良い素材の馬だと思います。デビュー戦の予定は立っていませんが、年明けの東京開催にはデビューできるように進めていってもらえればと思います。

2018年12月11日 (火)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

厩舎長「入場後は疲れが少し見られましたが、徐々に回復してきたことから、馬体が緩まない程度に週半ばから乗り出しています。予定はすぐに決めず、馬の状態に合わせながら進めていく方向で寺島調教師と話し合っています。周回コースでじっくり時間を掛けながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は535キロです」(12/7近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン16秒

厩舎長「先週末から坂路で乗り出しを再開しています。今週いっぱいは馬場がまだ馴染んでいないこともあるので、脚元に負担が掛からない程度に抑えていますが、来週あたりからペースを上げていけると思います。坂路では力みがなく、落ち着きを保ちながら登坂しているので、今の雰囲気を大事にしながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は503キロです」(12/7近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週末から坂路調教を再開していますが、乗り出した後も順調に進められています。筋肉痛の症状はもう気になりませんし、体調面も良好なので、ここから徐々にペースを上げていきながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は507キロです」(12/7近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒

厩舎長「右トモ飛節の状態が落ち着くまで軽めの運動に控えていましたが、症状が治まったことから、この中間から乗り出しています。周回コースだとコーナーで負担が掛かってしまう恐れがあるので、坂路主体で乗っていますが、調教後も状態は変わりありません。年内には入厩する方向で中内田調教師と話し合っていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えておきます。馬体重は541キロです」(12/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

兵庫ジュニアGPで良いところなく敗れたシングルアップ。NFしがらきへ移動後、少し疲れが出たようですが、時間と共にそれは回復。大型馬で緩みがちな馬体なので軽めながら早速周回コースで乗り出しています。ここ2走の負け方が終わるので、ここでしっかり再教育を施し、再度上昇していくことを目指さないとダメでしょう。まずは地道に乗り込みを進めていってもらえればと思います。

アマネセールはこの中間から坂路入りを開始。ひとまず感触を確かめる程度ですが、雰囲気は良さそう。芝の2000m前後で活躍して欲しいので、気性面でカリカリしてこないように注意お願いします。

クレッセントムーンは筋肉痛の症状を気にすることなく、順調に乗り込み中。体調自体も高値で安定している様子。あとはコツコツ乗り込むことで状態を上げていってもらえればと思います。

右トモ飛節に疲れが出た為、年内入厩に赤信号が灯ったと見ていたボンディマンシュでしたが、その後の回復が良好。症状は落ち着いて我慢が利いている様子。現在は坂路で普通キャンターを乗れているので、ひとまずV字回復できてホッとしています。ただ、入厩したからといってデビューまでの道のりはまだまだ遠そうです。

2018年12月 4日 (火)

右トモの飛越に疲れが出てしまい、軽めの調整で回復を促しています。年内の入厩は難しそう。★ボンディマンシュ

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「年内の入厩を目標に調教を進めていたのですが、今週初めに右トモの飛節に疲れが出た為に軽めの運動に控えています。腫れ自体は徐々に治まってきましたが、まだ完全にはスッキリしていないので、今週いっぱいは無理をしない方が良いでしょう。トモの緩さから疲れが溜まったものだと思いますので、今後もあまり負荷を掛けすぎないように努めていきます。また、このまま順調に回復すれば来週からトレッドミルで運動を再開していく予定です。馬体重は549キロです」(11/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で年内を目途に入厩の方針が打ち出されたボンディマンシュですが、この中間に右トモの飛節に疲れ。腫れが若干残っているようなので当面は無理をしないこととなりました。

折角、入厩へ向けて最終段階に入ってきたと思っていたら、コンスタントに乗ってきた疲れが出てしまったのでしょう。今は1日でも早い回復となるように適切な対応をしてもらい、この頓挫による落ち込みを最小限に食い止めて欲しいところ。年明けの早い段階で厩舎へ送り届けてことを目標によろしくお願いします。

2018年11月27日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

しがらき担当者「引き続き周回コースで乗り込んでいますが、体はすっかり回復してきましたね。前進気勢の強いタイプですから、気持ちが強くなりすぎないように周回コースで折り合いに気を付けながら調教を行っています。年が明けてからのレースになると思いますが、しっかり鍛えて行きたいですね。馬体重は498キロです」(11/23近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

しがらき担当者「筋肉痛の症状が見られた左肩周囲は、しっかりと解しながら調教を行うことで再び硬くなるようなことはありません。今の雰囲気であれば少しずつペースを上げて行っても大丈夫でしょう。トレッドミルを併用しながら乗り進めて行きたいと思います。馬体重は500キロです」(11/23近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

しがらき担当者「引き続き先週と同じペースで登坂しています。トモがこの馬なりにしっかりとして来たことで、動きも良化してきました。中内田調教師にも状況を伝え『年内を目途に入厩させましよう』ということになっています。馬体重は547キロです」(11/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールは順調に前走時の疲れを解消。馬体重もしっかり戻っています。ただ、気性面で燃えやすいところがあるので、単調な調教は悪影響を及ぼすと思うので、メリハリの利いた調教を意識的に課していってもらいたいです。坂路で速いところを乗り続けるのはプラスではないように思います。

クレッセントムーンは左肩周辺の筋肉痛は緩和。しっかり解してから日々の調教に出るようにしているとのこと。過度の心配は要らないのかもしれませんが、無理せずじっくり進めていってもらえればと思います。

ボンディマンシュはまだまだ物足りない面を残しますが、継続して乗れているのは何より。また、この中間、中内田師との間で年内入厩を目指す方針が確認された様子。ゲート試験に合格すればまたNFしがらきで乗り込むことになるでしょうが、敏感なところがある馬なので、トレセンの環境を1日でも早く経験させてあげて欲しいです。

2018年11月21日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、そこまで大きなダメージはなく、元気いっぱいの様子でしたので、今週から調教を開始しています。周回コースでじっくり乗っていますが、感触は悪くありませんし、このまま進めて行けそうです。状態を見ながら今後は坂路にも入れていきたいと考えています。馬体重は488キロです」(11/16近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒

厩舎長「筋肉痛の症状が見られた為にこちらへ戻ってきましたが、軽度のものだったようで、特に気にならないぐらいまで回復しています。今週から坂路で乗り出していますが、運動後も歩様は気にならないですし、このまま進めて行けそうなので、馬の状態を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います。馬体重は502キロです」(11/16近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の乗り込みを行っています。まだモサモサしたところがありますが、この馬なりに良くなってきています。調教を進めていても飼い葉食いが悪くなることもなく、体調面はすこぶる良いので、この調子で乗り込みを続けながら良化を促していきたいと思います。馬体重は548キロです」(11/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アマネセールは周回コースで体慣らし程度のキャンターを消化。未勝利勝ちの疲れはほぼ大丈夫そうなので、馬の状態を見ながら、調教の負荷を高めていく方針です。個人的には次走は年が明けてからで十分かなと見ています。

クレッセントムーンは心配された筋肉痛の状態は回復傾向。もう少し楽をさせて回復を促した方がベターでしょうが、心配するほどではありません。2戦目で変わり身を見せましたが、素材とすればあのぐらい走って当然。1つ勝てたことですし、心身の成長を再度促しながら、大事に使っていってもらいたいです。

ボンディマンシュはコンスタントにハロン15秒の追い切りを消化。ただ、このペースに慣れてきて欲しいところですが、動きはまだまだモッサリ。併せ馬を多く取り入れるなどして走ることへの前向きさが出るように取り組んでいって欲しいです。年内に入厩の声が届いて欲しいですが、現状は何とも微妙なところでしょうか。

2018年11月15日 (木)

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路と周回コースを併用した調教を行っています。先週と同様のペースで進めているので、動きは変わりなく順調です。ただ、欲を言えばもう少しトモがパンとして、走りに力強さが出てくれれば良いですね。週の半ばに休みを与えていることで、脚元に疲れは今のところ見られませんし、右後肢球節部分も変わりなく問題ありませんよ」(11/9近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路コースの馬場の入れ替え工事中のため、登坂回数は週1回に止めていますが、ペースはハロン14秒まで上げています。気性面に子供っぽいところがありますし、動き的にもまだ乗り込み不足な感じではありますね。でも乗り味は良いということですし、物は良さそうなので、じっくりと良化を図っていきたいと思います。馬体重は492キロです」(11/9近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「右前の骨瘤の状態は徐々に落ち着いてきていますので、今週から周回コースで軽めの乗り運動を開始しています。体調面にも特に問題はなさそうですから、このまま徐々に乗り込みを強化していきたいですね。馬体重は516キロです」(11/9近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「ペースアップ後も順調に乗り込めていますが、まだ動きとしてはモッサリとした感じです。馬体重は先週とあまり変わりないものの、体付きは引き締まって見映えが良くなってきているので、もう少し時間を掛けて鍛えていけば動きも良くなってくるでしょう。馬体重は547キロです」(11/9近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回中山開催
・調教内容:週1回坂路コースで13-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路コースのポリトラックの入れ替えを行っていることから、登坂回数は週1回となっていますが、全体的なペースを13-13まで上げています。ペースアップ後もソエの状態は落ち着いていますし、このまま中山開催に向けて調整していきたいと思います。馬体重は526キロです」(11/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは坂路と周回コースを併用しての調教。疲れを見せることなく、与えられたメニューを消化できているのは何より。ただ、トモの緩い馬なので、動きの迫力は一息。地道に鍛えることで良くなってきてくれるのを見守るしかありません。

パラダイスリーフは心身の幼さを残す現状。ただ、全兄ゼーヴィントがそうであったように、デビューしてまもなくは結果が出なくても、出走・放牧を繰り返すことで着実に良くなってくるイメージです。年内デビューの可能性は残すも、この感じだと年明けデビューでしょう。

フロントラインは周回コースでの乗り込みを開始。右前の骨瘤の状態は常に気に掛ける必要はありますが、体調には何ら問題なし。じっくり段階を踏んでいってもらうのが1番です。

ボンディマンシュは調教を重ねることが出来ていますが、もっと前向きさが出てきて欲しいところ。それでないと動きはピリッとしてこないでしょう。恵まれた馬格からポテンシャルを秘めていると思いますが、実戦でどこまでそれを発揮できるかがポイントになってくるのかなと思います。

2歳の牧場組の中で唯一年内の出走が叶いそうなのがジーナアイリス。ソエの心配は大丈夫そう。あとは帰厩へ向けて、動きの質を良くしていくのみです。未勝利勝ちして新年を迎えることが出来るようにお願いします。

2018年11月 6日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週4回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間からはハロン15秒ペースを始めました。トレッドミルや周回コースで調教を重ねてきたことで基礎体力が備わっています。また、回数を重ねて素軽い走りを見せてくれていますし、良い状態を保てていますよ。ペースを上げても右後肢球節の腫れは今のところ治まっていますので、引き続きこの調子で進めていきます。馬体重は488キロです」(11/2近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週2回に増やし、少し負荷を強めています。まだ15-15ペースではありますが、蹄の状態にいい意味で変わりは見られませんし、動き的にもまずまず対応してくれていますよ。馬体重は496キロです」(11/2近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「ゲート試験を合格してこちらに戻ってきましたが、少し全体的に疲れがあるように思いますね。右前に出かかっている骨瘤も悪化しているわけではないものの、もう少し軽めのところで様子を見ていった方が良さそうなので、脚元の様子と疲れの取れ具合を見ながらメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は500キロです」(11/2近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間からハロン15秒までペースを上げています。開始したばかりとあって、まだモタモタとした動きですが、登坂回数を重ねていくにつれて素軽くなってくるでしょう。集中力は保っていますし、雰囲気としては悪くありませんので、乗り込みを継続しながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は547キロです」(11/2近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回中山開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「週から週2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。段階を踏みながらペースアップ出来ていますし、今の感じであれば中山開催での出走も視野に入れていけそうです。ソエは悪化していませんが、引き続きケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は522キロです」(11/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは球節の腫れがぶり返してこないか心配はありますが、調教の負荷を高めています。ひとまず順調な対応ぶりですが、地道なトレーニングで背腰・トモの強化に努めてもらえればと思います。年内にはNF天栄への移動or入厩まで進んでおきたいです。

パラダイフリーフもジワッと負荷を高めています。蹄に悪い変化は見受けられませんし、マズマズの動き。本数を重ねていけば、動きに素軽さが出てきてくれるでしょう。今月中に帰厩できれば、年内ギリギリのデビューが見えてくるかも。

フロントラインは体力が整わない内にゲート試験に挑戦した分、その疲れ・反動が出てしまった様子。もう少しの間は軽めのメニューで体力の回復・骨瘤の安定を優先してもらえればと思います。焦らずじっくり進めてもらえれば。

ボンディマンシュは調教では集中して走れるようになってきたのは○。ただ、これから入厩していざ競馬となると、真面目に走ってくれるかどうかは今のところ未知数。また、調教の負荷を高めているのに馬体重は増加傾向。悪いことではないですが、入厩へ向けては馬体にメリハリが出てきてもらいたいです。現状、馬体を持て余しているようですし。

ジーナアイリスは暮れの中山での復帰を予定。番組を見ると、12月9日・16日・28日に牝馬限定のダ1800mが組まれているので、この3つの中から次走が選ばれることになるでしょうが、9日か16日が有力でしょう。ソエに関しては良い意味で落ち着いているので、引き続きケアを続けて良化を促してもらえればと思います。

2018年10月31日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、週4回周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「この中間からは坂路コースでの調教を始めています。周回コースで体力強化を図ったことで坂路でもチップに脚を取られることなくしっかりと登坂出来ています。右後肢球節に見られていた腫れは完全に引いたので、これから少しずつペースを上げていきたいですね」(10/26近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「無理せず楽をさせたことで、歩様の方は順調に良化してきていましたので、今週から乗り出しています。周回コースでの軽めのキャンターからスタートし、大丈夫そうなので、現在は坂路コースでハロン15秒くらいのところを乗っています。乗り出してからも蹄の方は問題なさそうなので、このまま様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は496キロです」(10/26近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「引き続き坂路でハロン17秒のペースで乗り込んでいますが、まだ力強さに欠けるものの、この馬なりにはしっかり乗り込めるようになってきています。環境にも慣れ、今では集中力を欠くこともありませんし、順調に進められています。もう少し時間を掛けながら鍛えていきたいと思います。馬体重は539キロです」(10/26近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続きソエの様子を見ながらの調整ですが、少しずつペースを上げてこられており、現在は週3回坂路コースでの運動を行っています。同時にペースもハロン14秒まで上げていますが、今のところ悪くはなっていないので、この調子で進めていければと思います。馬体重は527キロです」(10/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一頓挫の原因となった右トモの球節の腫れが治まったジェラーニオ。これでようやく攻めていけると思いますが、トモの緩さが目立つこともあるので、周回コースで長目を乗り進めることで地道な体力強化に努めてもらえればと思います。

蹄を痛めていたパラダイスリーフですが、楽をさせたことで歩様は良化。まだ安心は出来ませんが、攻めは順調に強化できています。このまま問題なく、軌道に乗っていってくれることを願うばかりです。

ボンディマンシュは馬体を持て余し気味ですし、ジェラーニオ同様にトモの緩さが現状の大きな課題。気性面はだいぶ常識に掛かってきただけに馬格に似合った体力を備えて行ってもらえればと思います。

ソエで2戦目が延びてしまったジーナアイリスですが、ソエがぶり返すことなく、乗り込むことが出来ています。この調子で進めて行けば帰厩が見えてきますが、週末から始める5回東京の後半戦で牝馬限定のダ1600mの番組はないので、暮れの中山で2戦目を迎えることになると予想します。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フォーエバーローズ | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ