2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)エレンボーゲン」の84件の投稿

2019年8月15日 (木)

懸念したスタートはほぼ五分に出て、それなりにレースの流れに乗れていたと思うも、3角過ぎからのペースアップで一気に手応え・反応が怪しくなる。そして4角手前で外から他馬に交わされるとレースへの気持ちがプチンと切れてしまって13着まで沈んでしまう。これまでの競走内容を考慮した結果、14日にJRAの競走馬登録を抹消しています。★エレンボーゲン

2019082000

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜新潟4R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)13着(8番人気) 木幡育J

今回もシャドーロールとブリンカーを着用しての出走。ゲートの出はそれほど速くはなかったものの促して中団の位置から進めます。ただ、3コーナーあたりから徐々に手応えが悪くなりはじめると、盛り返すことなく後方でのゴールとなりました。

木幡育也騎手「もう少し前で進めたかったのはありますが、ゲートが開いてからの反応がなくてスッとは行けませんでした。それでも、向こう正面くらいまでは抱えながら追走することが出来たのですが、徐々に手応えがなくなって、さらに外から他の馬に来られたら、ハミを取ってくれずにそのままゴールまで変わらずに走ってしまいました。ラストチャンスでしたが結果を出せずに申し訳ございません」

鹿戸調教師「大外枠でしたからあの位置になってしまったのでしょうが、もう少し積極的に乗って欲しかったですね。ただ、ハミを終始取ってくれなかったようですし、まだ気性的にも幼い部分があるようです。芝・ダート問わず様々な条件を使わせていただき、そしてブリンカーを着用するなど馬具も工夫してみましたが、なかなか結果に結びつけることが出来ず申し訳ございませんでした」(レース結果)

これまでの競走内容を考慮して今後について協議した結果、短期間のうちに変わり身を求めることは難しい状況であることから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に競走馬登録抹消の手続きを行わせていただき、15日(木) のサラブレッドオークションに上場する予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので、予めご承知おきください。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

無事予定していた牝馬限定の芝2000mへ出走が叶ったエレンボーゲン。輸送で馬体が更に減ると嫌だなと思っていたのですが、プラス2キロでの出走。上積みはなくても、デキ落ちもないのかなとパドックの様子を見て思ったのですが…。

レースに関しては、懸念したゲートは最後入れの大外枠だったこともあり、まずまずの出。行き脚もそれなりについてレースの流れには乗れていたと思います。ただ、どこかのタイミングで内へ潜り込みたかったのですが、終始外目を走らされてしまうことに。そして3角過ぎから徐々にペースが上がった際、エレンボーゲンはズブさを覗かせたということではないも、手応え・反応が一気に怪しくなってしまい、追走に手一杯。外から勢い良く他馬に交わされると、走ることへの集中力がプチンと切れてしまいました。その結果、13着まで沈み、これまでの競走内容を考慮して競走馬登録を抹消することになってしまいました。

母ショアーの仔は堅実に駆けていましたし、見た目に品の良い感じだったエレンボーゲン。マイルで末脚の切れる競走馬を思い描いていました。また、育成時の調教動画から結構期待できるかなと見ていたのですが、その一方で馬体にはなかなかボリュームが伴わず、見た目に変わってきた感じは窺えず。成長力のなさに段々と『あれ?あれ?』と思い出し、実戦デビューを果たすとその不安は現実なものに。兄姉のような切れ味は発揮できないまま、3着までが精一杯という競走生活に終わってしまいました。正直、物足りない結果ですが、血統は1本筋が通っていると思うので、次のステージ(繁殖)で良い仔を送り出してくれることを出資者として期待しています。お疲れ様でした。

2019年8月11日 (日)

今週の出走馬(8/11)

<日曜日>

Photo ロードアブソルート

札幌2R・3歳未勝利・芝1500mに福永Jとのコンビで出走します。8月7日(水)良の函館・ウッドチップコースで4ハロン56.0-41.6-13.3 8分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「マズマズ仕上がる」でした。発走は10時25分です。

○田中調教助手 「札幌への輸送が控えているのを踏まえ、8月7日(水)は意識的にセーブ気味。キッチリと仕上がった印象です。過去3戦のレースぶりを振り返ると、この距離にも対応は出来るはず。血統面を考えれば洋芝も合うのでは・・・と思っています」

≪調教時計≫
19.08.07 助手 函館W良 56.0 41.6 13.3 馬なり余力

Photo_2 エレンボーゲン

新潟8R・3歳未勝利・牝馬・芝2000mに木幡育Jとのコンビで出走します。

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計

鹿戸師「7日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は同じ3歳未勝利馬を追走して、最後まで追いつくことが出来ずに2馬身ほど遅れて終えています。少し見劣りしてしまいましたが、レースと同様にブリンカーを着用していればもっと集中して前を追いかけていたでしょうから、そこまで気にしなくて良いと思います。今回は前々走で好走した舞台に戻りますので、ここで何としてでも勝利を掴みたいですね。鞍上は減量騎手の中から木幡育也騎手に依頼いたしました。今回も積極的な競馬をしてもらいたいと思います」(8/8近況)

助 手 4美坂良 55.9- 41.3- 27.1- 13.1 馬なり余力
助 手 8美坂良 55.6- 40.8- 26.7- 13.5 強目に追う ベルレガッタ(三未勝)馬なりを0.3秒追走0.4秒遅れ

Photo ロードイヒラニ

小倉9R・青島特別・芝1700mに川須Jとのコンビで出走します。8月7日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.8-67.2-52.4-38.9-12.4 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の外を通って0秒6先着。追い切りの短評は「一息入るも仕上る」でした。発走は14時25分です。

○千田調教師 「8月7日(水)もウッドで。大きく変わった印象こそ受けぬものの、無事に来られたのは何よりでしょう。馬込みが苦手なのに加えて、前が止まらぬ傾向の馬場。1700mへの対応もポイントながら、ハナへ行っても良いかな・・・と思っています」

≪調教時計≫
19.08.07 助手 栗CW良 84.8 67.2 52.4 38.9 12.4 馬なり余力 ブルベアベージュ(3歳未勝利)末強目の外0秒6先着

Photo_2 ナイトバナレット

新潟9R・豊栄特別・芝1400mに中谷Jとのコンビで出走します。

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日にCWコースで追い切り

矢作師「7日にCWコースで追い切りました。しっかり負荷を掛けましたが、長めから時計を出しても最後まで脚色が鈍ることもなく動きは良かったですよ。帰厩して日は浅いですが、牧場でしっかり乗り込んでもらっていたことで息づかいが良いですし、馬体も引き締まっています。仕上がりがもう一つなら無理する必要はないと思っていましたが、今週の追い切りで態勢は整いましたし、これなら今週復帰させてもこの馬なりのパフォーマンスを見せてくれると思います。8月10日の小倉・宮崎特別にも念のために特別登録させていただきましたが、8月11日の新潟・豊栄特別の方がナイトバナレットにとっては好条件だと思うので、中谷騎手で投票させていただきました」(8/8近況)

助 手 4CW良 60.6- 44.6- 14.7 馬なり余力
中 谷 7CW良 78.5- 63.8- 50.2- 37.8- 12.4 一杯に追う

Photo ロードクエスト

新潟11R・関屋記念(G3)・芝1600mにM.デムーロJとのコンビで出走します。8月7日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン54.4-40.3-12.6 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「落ち着き欲しい」でした。発走は15時45分です。

○小島調教師 「同じパターンの繰り返しで飽きないように、8月7日(水)は半マイルからの追い切り。前半を緩やかに運び、終いにスッと伸ばしました。跨ったデムーロ騎手も納得の表情を浮かべていた・・・との報告。イメージ通りの仕上がりで送り出せそうです」

≪調教時計≫
19.08.07 Mデム 栗CW良 54.4 40.3 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前膝のモヤモヤから来る歩様の違和感でレースが少し開いてしまったロードアブソルート。その不安は解消したとは言えず、一旦落ち着いた程度。それがレースへ行ってどう響くか。条件の札幌・芝1500mは悪くないと思うので、有力馬を上手に外から蓋をして好位からひと押しを利かせたい。未勝利を勝てなければ地方から再出発でしょうが、何とか残り少ないチャンスで1勝を。

エレンボーゲンは優先権のない身でしたが、希望していた新潟・芝2000mの牝馬限定戦へ出走が叶うことに。前走まで跨ってくれた大塚Jは先約があって乗れず、今回は木幡育Jとのコンビ。個人的には減量騎手に拘らず、腕の利く騎手で良いとは思うのですが。大外枠が当たってしまいましたが、ゲートの開く音に必ずビックリするなので出遅れた際はスムーズに挽回が利くかも。ただ、強引に序盤から前のポジションを取りに行くと脚を使い、最後に甘くなってしまうでしょう。3着に来ている相性の良い舞台ですが、正直善戦止まりかと思います。

青鹿毛のロードイヒラニは暑さが応えていないか心配してきましたが、追い切りの動き・雰囲気は脚取りが軽快で順調そのもの。リフレッシュ明けで状態の良さは保証済でしょう。あとは4つコーナーを回るこの舞台がどう出るか。また、今回はイヒラニに初勝利をプレゼントしてくれた川須Jとのコンビ結成。その時以来の騎乗とはちょっと勿体なかったですが、前々の競馬から強気に攻めていくにはもってこいの騎手。内目の奇数枠を引き当てたのでスタートがより肝心になってくるでしょうが、何とか互角以上に出て、主導権を握るくらいの積極性を期待。気分良く走れれば、意外な粘りを発揮してくれるかもしれません。

ナイトバナレットは追い不足かなとは思いますが、追い切りの動き自体は良好。1番この馬を知り尽している中谷Jが跨ってくれるのも有難いです。1400mの距離は大丈夫ですが、新潟・内回りのカーブのキツいコースで外へ振られ、勝負どころからの押し上げに苦労しそうな予感が…。それなら一か八か直線まで出来る限り我慢させ、追い込み一手の決め手に期待を賭けるです。

ロードクエストは前走の中京記念をひと叩きしてこの馬なりに硬さがマシになり状態はアップしています。引き続きM.デムーロJが跨ってくれるのは心強いですが、現状は1400mがベストですし、勢いのある有力馬相手に劣勢は否めない感じ。後方から良い脚を使っても、掲示板に載れるかどうかくらいかなあ。この後は中山・京王杯AHへ進むことになるでしょうが、今回の結果次第では早目に一息入れ、秋競馬に備えることも検討して欲しいです。

2019年8月 5日 (月)

シルクなお馬さん(関東牝馬・入厩組)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

萩原師「この中間も軽めの運動で体調維持に努めていますが、左前と右トモの状態があまり良くありませんね。特に左前の出し方が良くなくて、まだひょっとしたら違和感があるのか、それとも骨折した痛みを馬が覚えてしまっているのか分かりませんが、庇いながら歩いている感じがします。それに伴い対角線上の右トモの状態ももう一つしっくりこないのだと思いますが、未勝利の身で残された時間も少ないですし、よくケアしながら進めていきたいと思います」(8/1近況)

助 手 4美坂良 56.6- 40.5- 26.4- 13.0 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:31日に坂路コースで時計
・次走予定:8月11日の新潟・芝2000m(牝)

鹿戸師「この中間も坂路コースでの軽めのキャンターを中心に、馬体を緩めない程度に乗っていますが、良い意味で体調面含めて変化はありません。31日には単走で坂路コースを終い15-15を少し切る程度のところでサッと脚を伸ばしてみましたが、軽快な脚取りで駆け上がれていましたよ。今のところ8月11日の新潟・芝2000m・牝馬を予定していますが、続けて乗ってくれていた大塚騎手が騎乗できないということなので、代わりのジョッキーを探しておきます」(8/1近況)

助 手 31美坂良 60.5- 44.5- 29.2- 14.4 馬なり余力
助 手 4美坂良 55.9- 41.3- 27.1- 13.1 馬なり余力

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:7月31日に函館Wコースで時計
・次走予定:8月17日の札幌・芝1500m(牝馬)・池添J

田中博師「7月31日に函館Wコースで追い切りを行っています。併せて行い、同じ新馬相手に大きく先着する形で終えています。まだ少し動きが硬く、速いペースだとフットワークが乱れてしまうところはありますが、直線での伸び脚はなかなかのものだったとスタッフからは報告を受けています。まだしっかりしてくるのはこれからだと思いますが、能力はありそうですし、コースで乗っていても少し腫れが見られた右前膝裏を含めて脚元に大きな問題はありませんよ。鞍上は今週の追い切りに乗ってもらった、池添謙一騎手に依頼しています」(8/1近況)

助 手 28函W稍 71.9- 55.5- 40.9- 12.7 馬なり余力 アールクインダム(新馬)馬なりの外0.6秒先行同入
池 添 31函W良 69.7- 54.0- 39.8- 12.6 強目に追う コスモオーブ(新馬)一杯の内3.1秒先着
助 手 4函W良 44.4- 13.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折明けのレースを使い、順当に良くなってきて欲しかったスイートウィスパーですが、以前に膝を骨折した影響が強く残り、歩様にぎこちなさを感じる様子。馬自身が痛みを覚えてしまっているのでしょう。残されたチャンスはあと1回になってくるでしょうが、現状で芝に使うのはかなり危険。血統馬なので無事に次のステージ(繁殖)へ進めて上げた方が良いのかなと思います。

エレンボーゲンは優先権がないので使えるかどうかは不透明も、今週末の新潟・芝2000m(牝馬)を予定。状態に関しては、特筆すべきことはないですが、デキ落ちはなさそう。あと、ここ2走で手綱を取ってくれた大塚Jは自厩舎の馬に乗るのかどうかは分かりませんが、先約があって乗れないので新たなパートナーを選定中。減量騎手に拘らず、落ち着いて乗れる騎手を選んでもらいたいです。

ポレンティアは池添Jとのコンビでデビュー戦へ向かうことに。脚元をスッキリ見せないのは気掛かりですが、追い切りの動きは及第点。ただ、身のこなしに硬さが窺えるようなのでパンパンの良馬場だと追い出してフットワークがバラバラになる可能性が…。デビューまでに1度芝で追い切りを行って欲しいです。

2019年7月29日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南芝コースで時計
・次走予定:8月3日の新潟・信濃川特別(石橋脩J)

木村師「24日に南芝コースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走し、直線で最内に入れて追い出すと、最後は馬体を並べてゴールしています。直線ではジワジワと加速していく感じで、フットワークは最後までしっかりとしていましたし、追い切りを重ねるに連れて段々と動きは良化してきていますよ。ここまで順調に調整することが出来ていますし、良い状態で来週のレースを迎えられるようこのまま態勢を整えていきます」(7/25近況)

助 手 21美坂稍 57.9- 42.1- 27.6- 13.6 馬なり余力
助 手 24南芝稍 52.1- 38.3- 12.1 G前仕掛け オフウィドゥス(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 26美坂良 62.9- 46.3- 30.3- 14.9 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

調教助手「この中間は坂路コースで軽めのキャンターを行い、体調維持に努めています。24日にも坂路コースでサッと脚を伸ばしましたが、大きな疲れは見られませんでしたし、飼い葉もしっかりと食べてくれています。優先出走権がないので何とも言えないところはありますが、新潟3週目に組まれている牝馬限定の芝2000mが候補の一つだと考えています」(7/25近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Pコースで時計
・次走予定:8月4日の新潟・ダ1200m(藤田菜J)

田村師「24日に南Pコースで併せて追い切りを行いました。道中はジーナアイリスが先行して、直線に向いて外目に持ち出されると、そのまま先着しています。併せた相手は3歳未勝利馬ですが、常に上位に来る馬ですし、その相手を完全に突き放すわけですからとても状態は良いのだと思います。今までよりも更にスピード感が増した走りに加えて、捌きも柔らかくなってきました。来週のレースまで今の状態をキープ出来れば、昇級初戦から十分通用すると思いますよ」(7/25近況)

助 手 21南P良 57.1- 41.4- 12.1 強目に追う
助 手 24南P良 67.6- 51.6- 38.2- 12.2 強目に追う トーセングラン(三未勝)一杯の外0.1秒先行1.0秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは今週末の新潟・信濃川特別に登録済。追い切りに関しては特筆すべき点はありませんが、順調に本数を重ねて良化している様子。心身に幼さを残すので昇級戦+古馬との初対決がどう出るかですが、最後の追い比べに持ち込めれば連勝を伸ばす可能性は高いと思います。

エレンボーゲンは来月11日の新潟・芝2000m(牝馬限定)を目指していますが、優先権のない身なので使えるかどうかは微妙。だからといって枠が入れそうだったら予定を前倒しにするという感じはありません。残されたチャンスは1戦になってくるかもしれませんが、何とか良い状態でレースへ臨めるようにお願いします。

ジーナアイリスは1つ勝ったことが自信に繋がっているのかなと思いますし、悩まされてきたソエの不安が解消したのも大きそう。元々、攻め駆けするタイプですが、動きの良さだけでなく体調の良さが十分伝わってきます。次走はスタートさえ決めれば連勝の可能性は高いかと見ています。藤田菜Jの騎乗での出資馬の初勝利をここで狙いたいです。

2019年7月19日 (金)

課題のスタートで上へ伸び上がる形で出てしまったのが痛恨。ポジションを挽回するのに脚を使い、前を追い掛け過ぎてしまってHペースに巻き込まれる。最後は完全にバテてしまい9着に終わる。ちょっと運もなかった。★エレンボーゲン

2019072000

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜福島6R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)9着(7番人気) 大塚J

ブリンカーにシャドーロールを着用しての出走。やや上に伸びあがるようなスタートから巻き返して先団に付けます。前半1000mが60秒と、馬場状態を考えると未勝利戦ではかなりのハイペースで進み、勝負どころで早々と手応えがなくなり後方でゴールしています。

大塚騎手「ゲートが開いた瞬間に反応はしているものの、体に芯が入っていなくてダッシュが利かずに遅れてしまいました。それでも、勝ち馬が強いと思っていたので巻き返して行って、その馬を目標に競馬を進めたのですが、ペースが速くて3コーナーで一杯になってしまいました。馬場は問題なかったと思うのですが、前回乗せていただいた時の方が、ピリッとした感じがありました。プラス体重でしたが、体つきももう少しシャープな方が走れるのかもしれませんね」

鹿戸調教師「うちのも行きたかったのですが、逃げた馬もブリンカーを着用して抑えが利かなくなっていてハイペースに巻き込まれる形になってしまいました。今日は展開が噛み合わなかったことで大きく負けてしまいましたが、こればかりは仕方がないですね。優先出走権は取れませんでしたが、このまま在厩で調整して、出走できるレースを探しながら調整することになると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

▲51キロ。シャドーロール。10キロ増も太目感なし。出遅れ。押してポジションを取りにいく。向正面では2番手。ペースが流れた中で少し力んでいた。リラックスし切れなかった分、直線の伸びは今ひとつ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第2回新潟開催

鹿戸師「レース後はこちらで馬体を確認させていただきましたが、多少の疲れは有るものの、大きな問題はありませんでした。馬格が有るわけではないですし、先週のような力の要する馬場だと少し分が悪いように感じます。この後は優先出走権を獲れませんでしたので、他馬の動向を見ながらにはなりますが、状態に変わり無ければ第2回の新潟開催で再度出走させたいと考えています」(7/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ローカル場所とはいえ前走で3着と結果を残していたエレンボーゲン。相手が強化されている今回はその結果を鵜呑みに出来ないのは重々承知していましたが、好走できる形が見えたので絶好枠を得た今回も自分の形に徹すれば良いところを見せてくれると期待はしていました。

早目に一息入れてここへ備えてきたことでプラス10キロでの出走と前走で減っていた分はひとまず回復。活気も窺えたので仕上がり自体は悪くなかったと思います。

エレンボーゲンのレースでの第一の課題がスタート。前走は二の脚が付いて前目のポジションを取ることが出来ましたが、デビュー以来、どうしてもゲートの開く音を怖がって立ち遅れるばかり。今回もそうなってしまうんじゃないかなとゲートに注目していましたが、今回は上へ伸びあがる感じでゲートを出てしまった為、行き脚も付かず。大塚Jは態勢を整えた後、ポジションを挽回しに行きますが、1番人気のグロリアーナが初ブリンカー着用で暴走気味にハナへ。スタートから1角までに結構脚を使ってしまった中で1番人気の馬を追い掛ける展開。結局はHペースに巻き込まれてしまい、非力で体力面に劣るエレンボーゲンは3角過ぎから余裕がなくなってきて、最後は完全にバテてしまって9着に沈んでしまいました。速い脚が使えないという弱みがこういう展開・結果に繋がってしまいます。

レース後のエレンボーゲンは全力で走り切った分、ダメージが少し尾を引きそうなのでまずは回復に専念を。そして想定を見ながら次走の予定を組んでいって欲しいです。来月11日に新潟・芝2000mの牝馬限定戦が組まれているのでそこで使えればベストかなと思いますが、相手はかなり揃いそう。それなら出走しやすくて、レースレベルの落ちるダ1800mの牝馬限定戦で勝負を賭けてみるのも1つ手だと思います。ただ、最後の最後で冒険することは難しいでしょうねえ。

2019年7月14日 (日)

前走より明らかに相手強化の1戦も、序盤からポジションを取りに行き、速い脚が使えない分、後続を待ちすぎることなく自分から仕掛けていって欲しい。あとは最後の直線でどこまで辛抱できるかどうか。☆エレンボーゲン

201907_20190712123001

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜福島6R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)1枠2番 大塚J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計

鹿戸師「10日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は1勝クラスのアロハブリーズを誘導する形で最後は並び掛けられるも、しぶとく脚を使って同入で終えています。先週末も重たい馬場の中である程度時計が出ていたため、動きについては心配していませんでした。今週も動きは変わらず良好でしたし、前走で優先出走権を獲ったものの放牧させたことで心身ともにフレッシュな状態ですね。また、前走と同様にレースではブリンカーを着用する予定で、大塚海渡騎手には積極的な競馬をしてもらおうと思います。ここでは力は上位でしょうから、何としてでも勝ちあがりを決めたいですね」(7/11近況)

助 手 7美坂重 55.9- 40.9- 26.6- 12.8 馬なり余力
助 手 10美坂良 55.2- 40.7- 26.4- 12.7 馬なり余力 アロハブリーズ(古馬1勝)馬なりに0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島6日目(07月14日)
6R 3歳未勝利
芝2000メートル 指定 牝馬 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アーブルルージュ 牝3 53 菊沢一樹
2 2 エレンボーゲン 牝3 51 大塚海渡
2 3 プリンセスシャイン 牝3 51 小林凌大
3 4 シビックテック 牝3 54 横山典弘
3 5 ベストデイエヴァー 牝3 51 山田敬士
4 6 ビジュティエ 牝3 54 柴田大知
4 7 サクラテゾーロ 牝3 51 木幡育也
5 8 マリノオードリー 牝3 53 木幡巧也
5 9 スパークオブライフ 牝3 51 藤田菜七子
6 10 グロリアーナ 牝3 54 戸崎圭太
6 11 ノアクリスティン 牝3 54 松岡正海
7 12 ラテルネラ 牝3 54 江田照男
7 13 オールイズスパーブ 牝3 54 吉田豊
8 14 スズロザーナ 牝3 54 三浦皇成
8 15 ココリアッピア 牝3 52 野中悠太郎

○鹿戸師 「ブリンカーと3キロ減騎手が良かったのか、前走は先行して頑張った。間を開けて体調は変わらないから、今回も楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートを使ったり、芝の長丁場を使ったりと適性を探ってきたエレンボーゲン。それがなかなか結果に結び付かなかったのですが、前走は芝2000mに照準を合わせ、斤量差を出すために減量Jを起用。最後の直線で手応え程、伸びなかったのは物足りなく思ったのですが、前々の競馬から最後までジリジリ脚を伸ばして3着へ。相手に恵まれたところは多分にあったとしても、1つ結果を残せたことは未勝利突破へ希望を繋ぐことが出来ました。

前走後は馬体重が減っていたこともあって、早めに一息入れることを選択。そして器用な立ち回りを生かすために小回りの福島・芝2000mに照準を合わせてきました。牧場時からここまでトラブルなく良い雰囲気で来ていると思いますが、前走時に減らしてしまった馬体重が思ったほど戻っていないのが心配。今は前走よりマイナス体重になってしまうことは何とか回避したいところ。馬自身は活気があって、体調そのものは不安はなさそうですが…。

今回、1枠2番と先行するには絶好といえる枠を選択。ゲートが開く音に反応してしまうのでどうしても立ち遅れると思いますが、福島・芝2000mはスタートから1角まで少し距離があるので、前走以上に序盤は押していって3番手以内で1角を回っていって欲しいです。速い脚は使えませんが、非力な馬なので、出来れば良馬場でレースを迎えたいです。

福島開催が関東のメイン場になるので、前走のローカル・新潟開催と比較すると相手関係はグッと強化された感じですが、エレンボーゲンと大塚Jのコンビはとにかく前走の再現を目指して競馬に挑むのみです。そして手応え程、追って伸びなかった前走の結果を踏まえ、3角過ぎの勝負どころでは後続を待つことなく、早めにエンジンを吹かしていってもらえればと思います。あとはどこまで辛抱出来るですが、失速を恐れることなく、果敢に勝利を掴みにいって欲しいです。

2019年7月 6日 (土)

シルクなお馬さん(関東3歳馬・入厩組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「3日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭併せの2番手を進み、最後まで遅れを取ることなくゴールしています。先週末にも坂路で時計を出しましたが、その際に全然動けなかったら今週の追い切りではブリンカーを着けようと思っていたものの、ちゃんと動けていたので着用しませんでした。それでも少し強めに追った相手に対して、エレンボーゲンは最後まで楽に動けていましたし、乗ってもらった大塚騎手も『前に乗せていただいた時よりもしっかりと動けていました』と好感触を得てくれました。ここまで良い感じで仕上げられていると思いますよ。鞍上は引き続き大塚騎手に依頼しています」(7/4近況)

助 手 28美坂稍 60.6- 45.3- 29.6- 14.9 馬なり余力
助 手 30美坂稍 59.6- 43.2- 27.5- 12.9 馬なり余力
大 塚 3美坂稍 55.0- 40.5- 26.3- 13.1 馬なり余力 サンメイコン(古馬1勝)末強目を0.3秒追走同入
助 手 5美坂重 61.5- 45.2- 29.9- 15.1 馬なり余力

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計
・次走予定:第2回福島開催もしくは第2回新潟開催

大竹師「3日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。これまでと比べて大きく変わった感じはありませんが、最後までしっかりとした脚取りで持ったまま駆け上がれていましたね。脚元を含めて特に気になるところはありませんし、このまま乗り込んで態勢を整えていきたいと思います。今のところ福島開催4週目、もしくは新潟開催1週目あたりのレースを検討しています」(7/4近況)

助 手 30美坂稍 62.2- 45.6- 29.2- 14.1 馬なり余力
草 野 3美坂稍 54.7- 40.2- 26.2- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の牝馬限定戦を予定しているエレンボーゲンは丹念に時計になるところを乗り込み中。Wコースが改修で使えない分を本数で補っている感じで時計自体は目立つものではありません。まあ、それでも暑い時季が合っているのか体調はかなり良さそう。大塚Jは連続での騎乗となるので、前走で掴んだ感触を次走でしっかり生かしてもらいたいです。

ジェラーニオは来週の芝2600mへ使って欲しかったのですが、早くても福島最終週での出走となる模様。そうなると芝2000m前後の番組に的を絞ってくるのでしょう。良くなってきた感触に乏しいのは寂しい限りですが、残り少ないチャンスでの好走を目指し、これからも奮闘してもらえればと思います。

2019年6月28日 (金)

シルクなお馬さん(関東牝馬・入厩組)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回福島開催
・調教内容:26日に北Cコースで時計

萩原師「26日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。道中はスイートウィスパーが先行し、直線は外に併せて少し遅れてゴールしています。遅れてしまったものの、先週は非力に映ったフットワークも、今週の脚取りは最後までしっかりとしており改善してきているように思いますし、トモの状態も先週末くらいから段々と上向いてきているように感じます。今の感じであれば福島開催の後半くらいであれば態勢は整ってきそうですし、それくらいのイメージで進めていきたいと思います」(6/27近況)

助 手 23南W稍 56.0- 41.1- 13.3 馬なり余力
助 手 26北C良 68.8- 52.9- 38.6- 12.7 一杯に追う ブレイブメジャー(古馬2勝)一杯の外1.3秒先行0.2秒遅れ

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に坂路で時計
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「26日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、最後は馬体を並べてゴールしています。時計的には55-40くらいとそれほど速くはありませんが、遅れることなく最後まで馬なりのまま楽に走れていて、この馬なりにまずまずの動きを見せてくれましたね。こちらに戻ってきてからも特に気になるところはありませんし、まだ予定しているレースまで時間はありますから、この感じで徐々に態勢を整えていきたいと思います」(6/27近況)

助 手 26美坂良 55.6- 40.9- 26.5- 13.1 馬なり スピーナ(三未勝)馬なりに0.2秒先行同入

Photo ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/ダートコースでキャンター

勢司師「この中間もゲート練習を中心に調教を進めています。扉の開閉にはだいぶ慣れてきてくれて、ゲートの寄りは改善されてきています。駐立は引き続き安定していますから、あとは発馬を本格的に取り組んでいきたいと思っています。この時期の大型馬ということもあり、まだ体を持て余してしまっている部分がありますし、少しお時間をいただいてしまっている状況ですが、あまり厳しくやり過ぎてゲートが苦しいものだと間違って覚えてしまわないように気を付けないといけないと思っています。一度嫌になってしまうと、それを修正するのには大きな苦労が掛かってしまいますし、特にこの仔は女の子ですから、慎重に接していきたいと思います」(6/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、トモの状態が一息で軽めの調整に終始してきたスイートウィスパーですが、ケアに努めてきたことで少しずつ良化。それに伴って追い切りの強度を高めています。今週からトレセンの改修工事でWコースが使用できないということで、26日の追い切りはダートのCコースでの併せ馬を敢行。ラジオNIKKI賞へ出走するブレイブメジャーの先導役となったスイートウィスパーは遅れてしまいましたが、最後はやや盛り返し気味。非力さはまだまだ残るも、やはりダートの走りは悪くありません。復帰戦は福島開催の後半戦ということですが、牝馬限定戦の芝2000mや芝1800mの番組ではなく、牝馬限定のダ1700m(7/14or7/20)へ向かって欲しいです。

23日に坂路でサラッと初時計をマークしているエレンボーゲンは26日の追い切りもサラッと行っていますが、実戦を想定して3頭縦列で進めて最後は馬体を併せる形。動きに特に気になる点はありません。これから負荷を高めていってもスムーズに対応できる状態だと言えます。

ルコントブルーは引き続き時間を慎重を期してゲート練習に着手。扉の開閉にビビったり、ゲート入りを渋る面が見られていましたが、これらの点はだいぶ改善されてきた様子。ゲートの中では大人しいようなので、あとは発馬の練習を重点的に行えば、試験へのメドは立ってくるかと思います。出来れば1回で試験をクリアしてもらいたいので、練習がてらに挑戦するのではなく、メドが立った状態で試験へ臨むようにお願いしたいです。

2019年6月25日 (火)

21日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆エレンボーゲン

201812_20190624150701

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:21日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「21日の検疫で帰厩させていただきました。まずはよく馬体を確認させていただき、問題なければ福島のレースに向けて明日から乗り運動を開始していきたいと思います」(6/21近況)

助 手 23美坂稍 59.2- 44.1- 29.0- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で次走の予定と近日中の帰厩が示唆されていたエレンボーゲンですが、21日に美浦・鹿戸厩舎へ。早速23日に坂路でサラッと時計を出しているように暑さに負けず元気一杯な様子。この雰囲気なら予定しているレースには十分間に合うことでしょう。

レースではゲートが開く音に反応する為、相変わらず出は遅いのですが、前走では押してポジションを確保することが出来たので3着という結果に繋がったと思います。福島・芝2000mは1角まで少し距離があるので前走と同様に少し動かしていけば良い位置は確保できるのかなと思います。あとの課題は手応え十分に回ってきても、思ったほどピリッとした脚を使えない点。溜めても切れないので早目に仕掛けていって後続に脚を使わせるしかないでしょう。立ち回り自他は上手なので小回りコースを味方に粘り込みを図って欲しいです。

2019年6月20日 (木)

次走は来月14日の福島・牝馬限定の芝2000mを目指すことに。19日に帰厩する予定になっています。☆エレンボーゲン

2019052000_3

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m・牝馬
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週3回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回とも終いハロン14秒まで脚を伸ばして、全体的な負荷を強めています。今の感じであれば福島開催に向けて進めていけそうですし、鹿戸調教師とは福島3週目の牝馬限定戦を目標に、来週帰厩させる方向で打ち合わせています。馬体重は447キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースでの疲れが解消し、坂路で速いところを乗り込むことができているエレンボーゲン。この雰囲気なら福島開催に間に合うということで、3週目の牝馬限定戦を目標にすることが決定。14日の更新では来週帰厩ということでしたが、実際19日に美浦へ戻ることが決まっています。

前走は3着と初めて良い結果を残してくれましたが、他馬の凡走など恵まれた面があったのは確か。そこに自身は3キロ減の騎手を起用で。初勝利を掴むとなるともうワンランク以上力をつけないとダメでしょうが、1つ結果を残せたのは事実なので、エレンボーゲンにはそれが自信になってくれていることを願っています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ