最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「エレンボーゲン」の80件の投稿

2019年7月19日 (金)

課題のスタートで上へ伸び上がる形で出てしまったのが痛恨。ポジションを挽回するのに脚を使い、前を追い掛け過ぎてしまってHペースに巻き込まれる。最後は完全にバテてしまい9着に終わる。ちょっと運もなかった。★エレンボーゲン

2019072000

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜福島6R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)9着(7番人気) 大塚J

ブリンカーにシャドーロールを着用しての出走。やや上に伸びあがるようなスタートから巻き返して先団に付けます。前半1000mが60秒と、馬場状態を考えると未勝利戦ではかなりのハイペースで進み、勝負どころで早々と手応えがなくなり後方でゴールしています。

大塚騎手「ゲートが開いた瞬間に反応はしているものの、体に芯が入っていなくてダッシュが利かずに遅れてしまいました。それでも、勝ち馬が強いと思っていたので巻き返して行って、その馬を目標に競馬を進めたのですが、ペースが速くて3コーナーで一杯になってしまいました。馬場は問題なかったと思うのですが、前回乗せていただいた時の方が、ピリッとした感じがありました。プラス体重でしたが、体つきももう少しシャープな方が走れるのかもしれませんね」

鹿戸調教師「うちのも行きたかったのですが、逃げた馬もブリンカーを着用して抑えが利かなくなっていてハイペースに巻き込まれる形になってしまいました。今日は展開が噛み合わなかったことで大きく負けてしまいましたが、こればかりは仕方がないですね。優先出走権は取れませんでしたが、このまま在厩で調整して、出走できるレースを探しながら調整することになると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

▲51キロ。シャドーロール。10キロ増も太目感なし。出遅れ。押してポジションを取りにいく。向正面では2番手。ペースが流れた中で少し力んでいた。リラックスし切れなかった分、直線の伸びは今ひとつ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第2回新潟開催

鹿戸師「レース後はこちらで馬体を確認させていただきましたが、多少の疲れは有るものの、大きな問題はありませんでした。馬格が有るわけではないですし、先週のような力の要する馬場だと少し分が悪いように感じます。この後は優先出走権を獲れませんでしたので、他馬の動向を見ながらにはなりますが、状態に変わり無ければ第2回の新潟開催で再度出走させたいと考えています」(7/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ローカル場所とはいえ前走で3着と結果を残していたエレンボーゲン。相手が強化されている今回はその結果を鵜呑みに出来ないのは重々承知していましたが、好走できる形が見えたので絶好枠を得た今回も自分の形に徹すれば良いところを見せてくれると期待はしていました。

早目に一息入れてここへ備えてきたことでプラス10キロでの出走と前走で減っていた分はひとまず回復。活気も窺えたので仕上がり自体は悪くなかったと思います。

エレンボーゲンのレースでの第一の課題がスタート。前走は二の脚が付いて前目のポジションを取ることが出来ましたが、デビュー以来、どうしてもゲートの開く音を怖がって立ち遅れるばかり。今回もそうなってしまうんじゃないかなとゲートに注目していましたが、今回は上へ伸びあがる感じでゲートを出てしまった為、行き脚も付かず。大塚Jは態勢を整えた後、ポジションを挽回しに行きますが、1番人気のグロリアーナが初ブリンカー着用で暴走気味にハナへ。スタートから1角までに結構脚を使ってしまった中で1番人気の馬を追い掛ける展開。結局はHペースに巻き込まれてしまい、非力で体力面に劣るエレンボーゲンは3角過ぎから余裕がなくなってきて、最後は完全にバテてしまって9着に沈んでしまいました。速い脚が使えないという弱みがこういう展開・結果に繋がってしまいます。

レース後のエレンボーゲンは全力で走り切った分、ダメージが少し尾を引きそうなのでまずは回復に専念を。そして想定を見ながら次走の予定を組んでいって欲しいです。来月11日に新潟・芝2000mの牝馬限定戦が組まれているのでそこで使えればベストかなと思いますが、相手はかなり揃いそう。それなら出走しやすくて、レースレベルの落ちるダ1800mの牝馬限定戦で勝負を賭けてみるのも1つ手だと思います。ただ、最後の最後で冒険することは難しいでしょうねえ。

2019年7月14日 (日)

前走より明らかに相手強化の1戦も、序盤からポジションを取りに行き、速い脚が使えない分、後続を待ちすぎることなく自分から仕掛けていって欲しい。あとは最後の直線でどこまで辛抱できるかどうか。☆エレンボーゲン

201907_20190712123001

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜福島6R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)1枠2番 大塚J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計

鹿戸師「10日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は1勝クラスのアロハブリーズを誘導する形で最後は並び掛けられるも、しぶとく脚を使って同入で終えています。先週末も重たい馬場の中である程度時計が出ていたため、動きについては心配していませんでした。今週も動きは変わらず良好でしたし、前走で優先出走権を獲ったものの放牧させたことで心身ともにフレッシュな状態ですね。また、前走と同様にレースではブリンカーを着用する予定で、大塚海渡騎手には積極的な競馬をしてもらおうと思います。ここでは力は上位でしょうから、何としてでも勝ちあがりを決めたいですね」(7/11近況)

助 手 7美坂重 55.9- 40.9- 26.6- 12.8 馬なり余力
助 手 10美坂良 55.2- 40.7- 26.4- 12.7 馬なり余力 アロハブリーズ(古馬1勝)馬なりに0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島6日目(07月14日)
6R 3歳未勝利
芝2000メートル 指定 牝馬 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アーブルルージュ 牝3 53 菊沢一樹
2 2 エレンボーゲン 牝3 51 大塚海渡
2 3 プリンセスシャイン 牝3 51 小林凌大
3 4 シビックテック 牝3 54 横山典弘
3 5 ベストデイエヴァー 牝3 51 山田敬士
4 6 ビジュティエ 牝3 54 柴田大知
4 7 サクラテゾーロ 牝3 51 木幡育也
5 8 マリノオードリー 牝3 53 木幡巧也
5 9 スパークオブライフ 牝3 51 藤田菜七子
6 10 グロリアーナ 牝3 54 戸崎圭太
6 11 ノアクリスティン 牝3 54 松岡正海
7 12 ラテルネラ 牝3 54 江田照男
7 13 オールイズスパーブ 牝3 54 吉田豊
8 14 スズロザーナ 牝3 54 三浦皇成
8 15 ココリアッピア 牝3 52 野中悠太郎

○鹿戸師 「ブリンカーと3キロ減騎手が良かったのか、前走は先行して頑張った。間を開けて体調は変わらないから、今回も楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートを使ったり、芝の長丁場を使ったりと適性を探ってきたエレンボーゲン。それがなかなか結果に結び付かなかったのですが、前走は芝2000mに照準を合わせ、斤量差を出すために減量Jを起用。最後の直線で手応え程、伸びなかったのは物足りなく思ったのですが、前々の競馬から最後までジリジリ脚を伸ばして3着へ。相手に恵まれたところは多分にあったとしても、1つ結果を残せたことは未勝利突破へ希望を繋ぐことが出来ました。

前走後は馬体重が減っていたこともあって、早めに一息入れることを選択。そして器用な立ち回りを生かすために小回りの福島・芝2000mに照準を合わせてきました。牧場時からここまでトラブルなく良い雰囲気で来ていると思いますが、前走時に減らしてしまった馬体重が思ったほど戻っていないのが心配。今は前走よりマイナス体重になってしまうことは何とか回避したいところ。馬自身は活気があって、体調そのものは不安はなさそうですが…。

今回、1枠2番と先行するには絶好といえる枠を選択。ゲートが開く音に反応してしまうのでどうしても立ち遅れると思いますが、福島・芝2000mはスタートから1角まで少し距離があるので、前走以上に序盤は押していって3番手以内で1角を回っていって欲しいです。速い脚は使えませんが、非力な馬なので、出来れば良馬場でレースを迎えたいです。

福島開催が関東のメイン場になるので、前走のローカル・新潟開催と比較すると相手関係はグッと強化された感じですが、エレンボーゲンと大塚Jのコンビはとにかく前走の再現を目指して競馬に挑むのみです。そして手応え程、追って伸びなかった前走の結果を踏まえ、3角過ぎの勝負どころでは後続を待つことなく、早めにエンジンを吹かしていってもらえればと思います。あとはどこまで辛抱出来るですが、失速を恐れることなく、果敢に勝利を掴みにいって欲しいです。

2019年7月 6日 (土)

シルクなお馬さん(関東3歳馬・入厩組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「3日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭併せの2番手を進み、最後まで遅れを取ることなくゴールしています。先週末にも坂路で時計を出しましたが、その際に全然動けなかったら今週の追い切りではブリンカーを着けようと思っていたものの、ちゃんと動けていたので着用しませんでした。それでも少し強めに追った相手に対して、エレンボーゲンは最後まで楽に動けていましたし、乗ってもらった大塚騎手も『前に乗せていただいた時よりもしっかりと動けていました』と好感触を得てくれました。ここまで良い感じで仕上げられていると思いますよ。鞍上は引き続き大塚騎手に依頼しています」(7/4近況)

助 手 28美坂稍 60.6- 45.3- 29.6- 14.9 馬なり余力
助 手 30美坂稍 59.6- 43.2- 27.5- 12.9 馬なり余力
大 塚 3美坂稍 55.0- 40.5- 26.3- 13.1 馬なり余力 サンメイコン(古馬1勝)末強目を0.3秒追走同入
助 手 5美坂重 61.5- 45.2- 29.9- 15.1 馬なり余力

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計
・次走予定:第2回福島開催もしくは第2回新潟開催

大竹師「3日に坂路コースで単走で追い切りを行いました。これまでと比べて大きく変わった感じはありませんが、最後までしっかりとした脚取りで持ったまま駆け上がれていましたね。脚元を含めて特に気になるところはありませんし、このまま乗り込んで態勢を整えていきたいと思います。今のところ福島開催4週目、もしくは新潟開催1週目あたりのレースを検討しています」(7/4近況)

助 手 30美坂稍 62.2- 45.6- 29.2- 14.1 馬なり余力
草 野 3美坂稍 54.7- 40.2- 26.2- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の牝馬限定戦を予定しているエレンボーゲンは丹念に時計になるところを乗り込み中。Wコースが改修で使えない分を本数で補っている感じで時計自体は目立つものではありません。まあ、それでも暑い時季が合っているのか体調はかなり良さそう。大塚Jは連続での騎乗となるので、前走で掴んだ感触を次走でしっかり生かしてもらいたいです。

ジェラーニオは来週の芝2600mへ使って欲しかったのですが、早くても福島最終週での出走となる模様。そうなると芝2000m前後の番組に的を絞ってくるのでしょう。良くなってきた感触に乏しいのは寂しい限りですが、残り少ないチャンスでの好走を目指し、これからも奮闘してもらえればと思います。

2019年6月28日 (金)

シルクなお馬さん(関東牝馬・入厩組)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回福島開催
・調教内容:26日に北Cコースで時計

萩原師「26日に北Cコースで併せて追い切りを行いました。道中はスイートウィスパーが先行し、直線は外に併せて少し遅れてゴールしています。遅れてしまったものの、先週は非力に映ったフットワークも、今週の脚取りは最後までしっかりとしており改善してきているように思いますし、トモの状態も先週末くらいから段々と上向いてきているように感じます。今の感じであれば福島開催の後半くらいであれば態勢は整ってきそうですし、それくらいのイメージで進めていきたいと思います」(6/27近況)

助 手 23南W稍 56.0- 41.1- 13.3 馬なり余力
助 手 26北C良 68.8- 52.9- 38.6- 12.7 一杯に追う ブレイブメジャー(古馬2勝)一杯の外1.3秒先行0.2秒遅れ

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:26日に坂路で時計
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「26日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、最後は馬体を並べてゴールしています。時計的には55-40くらいとそれほど速くはありませんが、遅れることなく最後まで馬なりのまま楽に走れていて、この馬なりにまずまずの動きを見せてくれましたね。こちらに戻ってきてからも特に気になるところはありませんし、まだ予定しているレースまで時間はありますから、この感じで徐々に態勢を整えていきたいと思います」(6/27近況)

助 手 26美坂良 55.6- 40.9- 26.5- 13.1 馬なり スピーナ(三未勝)馬なりに0.2秒先行同入

Photo ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/ダートコースでキャンター

勢司師「この中間もゲート練習を中心に調教を進めています。扉の開閉にはだいぶ慣れてきてくれて、ゲートの寄りは改善されてきています。駐立は引き続き安定していますから、あとは発馬を本格的に取り組んでいきたいと思っています。この時期の大型馬ということもあり、まだ体を持て余してしまっている部分がありますし、少しお時間をいただいてしまっている状況ですが、あまり厳しくやり過ぎてゲートが苦しいものだと間違って覚えてしまわないように気を付けないといけないと思っています。一度嫌になってしまうと、それを修正するのには大きな苦労が掛かってしまいますし、特にこの仔は女の子ですから、慎重に接していきたいと思います」(6/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、トモの状態が一息で軽めの調整に終始してきたスイートウィスパーですが、ケアに努めてきたことで少しずつ良化。それに伴って追い切りの強度を高めています。今週からトレセンの改修工事でWコースが使用できないということで、26日の追い切りはダートのCコースでの併せ馬を敢行。ラジオNIKKI賞へ出走するブレイブメジャーの先導役となったスイートウィスパーは遅れてしまいましたが、最後はやや盛り返し気味。非力さはまだまだ残るも、やはりダートの走りは悪くありません。復帰戦は福島開催の後半戦ということですが、牝馬限定戦の芝2000mや芝1800mの番組ではなく、牝馬限定のダ1700m(7/14or7/20)へ向かって欲しいです。

23日に坂路でサラッと初時計をマークしているエレンボーゲンは26日の追い切りもサラッと行っていますが、実戦を想定して3頭縦列で進めて最後は馬体を併せる形。動きに特に気になる点はありません。これから負荷を高めていってもスムーズに対応できる状態だと言えます。

ルコントブルーは引き続き時間を慎重を期してゲート練習に着手。扉の開閉にビビったり、ゲート入りを渋る面が見られていましたが、これらの点はだいぶ改善されてきた様子。ゲートの中では大人しいようなので、あとは発馬の練習を重点的に行えば、試験へのメドは立ってくるかと思います。出来れば1回で試験をクリアしてもらいたいので、練習がてらに挑戦するのではなく、メドが立った状態で試験へ臨むようにお願いしたいです。

2019年6月25日 (火)

21日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆エレンボーゲン

201812_20190624150701

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:21日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m(牝)

鹿戸師「21日の検疫で帰厩させていただきました。まずはよく馬体を確認させていただき、問題なければ福島のレースに向けて明日から乗り運動を開始していきたいと思います」(6/21近況)

助 手 23美坂稍 59.2- 44.1- 29.0- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で次走の予定と近日中の帰厩が示唆されていたエレンボーゲンですが、21日に美浦・鹿戸厩舎へ。早速23日に坂路でサラッと時計を出しているように暑さに負けず元気一杯な様子。この雰囲気なら予定しているレースには十分間に合うことでしょう。

レースではゲートが開く音に反応する為、相変わらず出は遅いのですが、前走では押してポジションを確保することが出来たので3着という結果に繋がったと思います。福島・芝2000mは1角まで少し距離があるので前走と同様に少し動かしていけば良い位置は確保できるのかなと思います。あとの課題は手応え十分に回ってきても、思ったほどピリッとした脚を使えない点。溜めても切れないので早目に仕掛けていって後続に脚を使わせるしかないでしょう。立ち回り自他は上手なので小回りコースを味方に粘り込みを図って欲しいです。

2019年6月20日 (木)

次走は来月14日の福島・牝馬限定の芝2000mを目指すことに。19日に帰厩する予定になっています。☆エレンボーゲン

2019052000_3

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:7月14日の福島・芝2000m・牝馬
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週3回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回とも終いハロン14秒まで脚を伸ばして、全体的な負荷を強めています。今の感じであれば福島開催に向けて進めていけそうですし、鹿戸調教師とは福島3週目の牝馬限定戦を目標に、来週帰厩させる方向で打ち合わせています。馬体重は447キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースでの疲れが解消し、坂路で速いところを乗り込むことができているエレンボーゲン。この雰囲気なら福島開催に間に合うということで、3週目の牝馬限定戦を目標にすることが決定。14日の更新では来週帰厩ということでしたが、実際19日に美浦へ戻ることが決まっています。

前走は3着と初めて良い結果を残してくれましたが、他馬の凡走など恵まれた面があったのは確か。そこに自身は3キロ減の騎手を起用で。初勝利を掴むとなるともうワンランク以上力をつけないとダメでしょうが、1つ結果を残せたのは事実なので、エレンボーゲンにはそれが自信になってくれていることを願っています。

2019年6月10日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間にややトモに疲れが見られたので、今週は坂路の登坂回数を週3日にセーブしています。今のところケアしていけば問題ないレベルですし、このまま乗り込みを続けながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は505キロです」(6/7近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「トレッドミルで速めのところを継続していても左トモの状態は安定していたので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。歩様には少し見せるものの、坂路を行き出して悪くなったわけではありませんから、今後もケアしながら乗り進めていければと思います。馬体重は525キロです」(6/7近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。ハロン13秒ペースでも脚取りはしっかりしていて走り自体は悪くないのですが、どこかとぼけた様な感じがありますね。乗り込むに連れて徐々に態勢は整ってきていますから、そろそろ次走に向けての段取りを組んでいきたいと考えています。馬体重は482キロです」(6/7近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。週2回坂路入りし、その内の1回はハロン14秒まで脚を伸ばしており、このまま乗り込みを強化して態勢を整えていければと思います。馬体重は444キロです」(6/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週5日坂路入りするハードワークをこなしてきたパラダイスリーフですが、トモに少し疲れが見えた為に週3日へセーブ。回復次第、元のペースに戻すことになるでしょうが、この機会に1週間ウォーキングマシンのみにとどめるなど、リフレッシュを与えても良いのかなと思います。トモの疲れが脚元への不安に繋がらないようにこれだけはお願いします。

フロントラインは坂路入りを開始。少し反動が窺えるようですが、ゆっくり構えていられる時期ではないので入念なケアで不安を解消・緩和してもらえればと思います。

ジェラーニオは淡々と調教を消化中。ただ、走らされている感じで物足りなさを感じます。脚力はそれなりに秘めていると思いますが、走ることに強い気持ちが出てきてくれないと変わり身は期待できないと思います。

エレンボーゲンは次の福島での出走を予定しているので、坂路での乗り込みを開始。馬体重はそれなりに戻ってはいますが、乗り込みながら馬体重を更に増やせるように努力していってもらえればと思います。

2019年6月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週5日坂路コースで乗り込んでいます。より負荷を強めた調教へ移行していますが、バテることなく充実した調教を積めており、この調子でさらなる良化を図っていきたいところです。馬体重は509キロです」(5/31近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「今週もトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。調教メニューに変わりはないものの、先週に比べると少し運動時間を延ばして負荷を強めていますが、今のところトモの歩様も変わらずに調整できています。馬体重は527キロです」(5/31近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ具体的な予定は決まっていませんが、順調にペースアップを図れていますし、この調子で乗り込んで態勢を整えていきたいと思います。馬体重は486キロです」(5/31近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、馬体に特に問題はないものの、全体的にレースによる疲れが見られるので、無理せずウォーキングマシンでの運動に止めています。ただ、鹿戸調教師からは夏の福島開催に向かいたいと言われていますし、それに間に合うように立ち上げていきたいところです。馬体重は433キロです」(5/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週5日登坂とハードに鍛えられていますが、それに応えうる体力・ポテンシャルを秘めているのは頼もしい限り。また、伸びシロも大きい馬ですから、復帰後は大きな夢を見ることが出来るように素質に磨きを掛けていって欲しいです。

フロントラインは引き続きトレッドミルで軽めのキャンター調整。騎乗運動を再開するにはちょっと時間を要しそうですが、まずは後戻りしないように慎重を期してもらえればと思います。

ジェラーニオも意欲的に鍛錬中。ガラッと変わってくる感じはないですが、少しずつでも良い方へ変わってくることを願うばかりです。今後の予定は分かりませんが、スタミナはあると思うので、夏の北海道シリーズへ向かった方がベターかなと思います。

エレンボーゲンはレース後まもないですし、馬体を減らしてしまったので、軽めの調整で回復に専念中。前走は相手に恵まれての3着でしたが、少し良い光は見えたので、残り少ないチャンスで何とか1勝をもぎ取って欲しいです。

2019年5月23日 (木)

今回もスタートで1歩出遅れるも、押していってポジションをすぐ挽回できたのが好走の1番の要因。あとは手応え通りに最後ひと伸びできる体力が備わってくれば、初勝利が見えてくる筈。☆エレンボーゲン

2019052000_1

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜新潟5R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)3着(12番人気) 大塚J

ブリンカーとシャドーロール着用。やや出負けするも、押して好位の外目を追走します。手応え十分で直線に向くと、最後までジリジリと脚を伸ばして、3着と健闘しています。

大塚騎手「今日は3番手くらいを取りたいと思っていたので、促しながらでしたが理想的な位置を取れました。そして、道中の手応えも良かったのですが、最後は思ったほど切れませんでしたね。とても気合が乗っていて、良い雰囲気だっただけに何とかしたかったのですが、この競馬が出来ればチャンスは回ってくるでしょう。初めて騎乗させていただいたので、比較は出来ませんがブリンカーの効果で走る気になっていたように感じますし、他馬を気にするところはありませんでした」

鹿戸調教師「少し気合が入りすぎていて心配な部分がありましたが、ブリンカーの効果もあってか、これまでよりもかなり進歩したレースを見せてくれましたね。スタートはトレセンでも練習していましたが、やはり遅かったですね。ただ、こればかりはセンスの部分もあるので、仕方ないと思います。上位2頭との差を広げられてしまったところを見ると、あれ以上は速い脚を使えなさそうですし、東京競馬場で牡馬と混じっての地力比べとなると分が悪いように思います。優先出走権を獲ってくれたものの、この後は一旦放牧に出し、福島開催あたりで出走させる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

初ブリンカー、シャドーロール。テンション高め。スタートで後手を踏んだが、二の脚で挽回して好位集団へ。4角で抜群の手応えで先頭に並びかけて直線入り口ではアワヤのシーン。最後は1、2着馬に離されたが、渋太く流れ込んで3着に好走。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

鹿戸師「先週はブリンカーの効果もあって、今までで一番良い競馬でしたね。自分の力を発揮出来ればこれくらいは走れることを証明出来たので、ひと安心です。こちらに戻ってきて馬体を確認しましたが、レースによる疲れに加えて、新潟までの輸送で体が寂しく映ります。ですから、予定通りいったん放牧に出させていただき、夏の福島開催を目標に帰厩させたいと思います」(5/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4角で手応え抜群で先頭へ躍り出ようとした時には『オッ』と力が入ったエレンボーゲン。ただ、直線で追い出しに掛かると、外にいた1・2着馬の勢いに少し怯むようなところもあって伸びはジリジリ。外から交わされてパタッと止まってしまうことも覚悟したのですが、馬場の良い外目に再度持ち出すと、そこからもうひと踏ん張り。上位2頭には離されましたが、4着以下にもそれなりの差をつけての3着と奮起してくれました。

今回もスタートで1歩遅れましたが、その後に押して3番手までポジションを押し上げることが出来たのが好走の1番の要因。馬体を大きく減らしてしまった中で気持ちを切らさずに頑張ってくれました。追ってから頼りないのは課題ですが、もっともっと馬体に芯が入ってきて、追ってから沈むような面が出てきてくれれば更なる前進を期待できるのかなと思います。

レース後のエレンボーゲンですが、相応の疲れは残るも、それ以上に心配なのが馬体が細くなっている点。残された時間は少なくなってきてしまいますが、先を見越してもここで状態を立て直すのが賢明。近日中にNF天栄へ放牧に出る予定となっています。

先週、出走した出資馬の中でエレンボーゲンが最上位に来るとは良い意味で予想外でしたが、何とか初勝利に希望をつなぐことは出来ました。ただ、現状のままでは相手にかなり恵まれないと厳しいと思うので、何とかパワーアップが叶うように試行錯誤を続けていってもらいたいです。

2019年5月19日 (日)

まずは前走で大きく増やした馬体重をどこまで維持してレースへ臨めるかが1つポイント。速い脚は使えないので、3キロ減の騎手起用+ブリンカー着用で積極的な競馬で粘り込む競馬を見せて欲しい。ゲートが開く音にビックリせず、五分のスタートを。★エレンボーゲン

201905_15

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜新潟5R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)5枠10番 大塚J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:15日に南Wコースで時計

鹿戸師「15日に南Wコースで、単走で追い切りを行いました。半マイルから終いを重点に置いたメニューでしたが、脚取りはしっかりとしていましたし、動きは悪くないですね。ただ、牧場からこちらに戻ってきた時は少し体が細く映りましたので、新潟までの輸送で体が萎まないと良いですね。飼い葉は食べてくれていますので、毛艶等は問題ありませんよ。先週の追い切りでブリンカーを試して、最後まで気持ちを切らさずに追い切りを行えましたので、レースでも着ける予定です」(5/15近況)

助 手 12美坂良 56.4- 41.9- 27.5- 13.7 馬なり余力
助 手 15南W稍 39.8- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回新潟8日目(05月19日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 牝馬 馬齢 発走12:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ワイルドオーキッド 牝3 54 柴田大知
1 2 フラワーズアート 牝3 51 木幡育也
2 3 ラプリュベル 牝3 54 太宰啓介
2 4 ラヴィンジャー 牝3 51 藤田菜七子
3 5 ベストオンアース 牝3 52 西村淳也
3 6 ブラックエンジェル 牝3 51 菅原明良
4 7 シビックテック 牝3 53 横山武史
4 8 ネガイ 牝3 54 丸田恭介
5 9 パイオニアプライド 牝3 54 内田博幸
5 10 エレンボーゲン 牝3 51 大塚海渡
6 11 セイウンフェアリー 牝3 54 勝浦正樹
6 12 ガビーズメモリー 牝3 54 江田照男
7 13 ミコクイーン 牝3 54 黛弘人
7 14 タイセイアヴァンセ 牝3 54 中谷雄太
8 15 ミフリマ 牝3 54 菱田裕二
8 16 コンステレーション 牝3 51 斎藤新

○鹿戸師 「今回は少し減るが、体重が増えて体は良くなっていた。3キロ減騎手とブリンカーで変わり身を期待している」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冬場はレースに使わず、NF天栄でコツコツ乗り進めてきたエレンボーゲン。その成果でプラス18キロとボリュームアップした姿で復帰することが出来ました。また、前走は新味を求めて芝2600mへ挑戦。速い脚に欠ける分を長い距離で補うことが出来ればという狙いでした。しかし、思惑どおりに事は運びません。ゲート一息で後方追走からのレースとなりましたが、勝負どころで押し上げていくことは出来ず、逆に4角で一杯になる有様。終わってみれば明らかに距離が長かったという1戦に終わりました。

レース後は節を稼ぐ為にNF天栄へ。力を出し切れずに敗れたことから、レースの疲れ・反動は見当たらず、ここへ参戦することが出来ました。ただ、帰厩後の動きに関してはやや地味で、最終追いが3ハロンからの上がり重点になったように馬体の維持に苦労している様子。トレセンでの最新画像を見ても、お腹回りはスッキリ。新潟への長距離輸送を行うとさすがにお腹は巻き上がり気味になりそう。二桁台のマイナス体重は避けたいところですが…。

距離の2000mに関しては、エレンボーゲンがこなせる上限かなと思います。3キロ減騎手の起用+ブリンカー装着と好走できるようにと対策は練ってきました。ただ、充電させても大きく変わってこなかった前走の結果からここでの苦戦は免れず。速い脚を使えないので、まずはゲートが開く音にビックリせず、スーッと先行できないとダメ。まあ、失い物は何もないので、何とか次走以降に活路を見い出す走りをお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ