最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「エレンボーゲン」の44件の投稿

2018年10月21日 (日)

距離は未知数も広いコース+軽い芝はプラス材料。実戦を経験して走ることに気持ちが出てきて欲しい。今回は悪くても見せ場は作ってもらわないと…。☆エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜東京2R 2歳未勝利(芝2000m)6枠6番 三浦J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Pコースで時計

鹿戸師「17日に南Pコースで併せて追い切りを行いました。道中はエレンボーゲンが追走していき、直線で内に入れると馬体を並べてゴールしています。Wコースは雨が降った影響で馬場が重たかったですし、レースに向けて気分良く走らせたかったのでポリトラックを使用しましたが、最後まで楽な感じで走れていましたね。新馬戦の時に比べると良化はしてきているように感じますが、騎乗した皇成(三浦皇成騎手)の話だと、『以前よりもハミを取って走れるようにはなってきていますが、追い出してから少し前向きさが足りない印象でした』と話していたので、レースではチークピーシズを着用することも検討しています。一度レースを経験して馬の雰囲気は良くなっているように思いますし、二戦目で変わり身を見せて欲しいですね」(10/18近況)

助 手 14美坂重 54.9- 40.6- 26.9- 13.6 馬なり余力
三 浦 17南P良 72.6- 56.8- 41.7- 12.7 馬なり余力 ストームリッパー(新馬)馬なりの内を0.6秒追走4F併同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京7日目(10月21日)
2R 2歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 馬齢 発走10:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 オウムアムア 牡2 55 嘉藤貴行
2 2 ブレーヴウィザード 牡2 52 木幡育也
3 3 ピカブー 牝2 54 北村友一
4 4 ペルソナデザイン 牡2 55 大野拓弥
5 5 マイネルセリオン 牡2 55 丹内祐次
6 6 エレンボーゲン 牝2 54 三浦皇成
7 7 エクリリストワール 牡2 55 横山典弘
8 8 グレイジャックマン 牡2 55 内田博幸

○鹿戸雄師 「前走は体に余裕があった。この馬なりに良くなっているが、牝馬の割にズブいからチークPを着けるかもしれない」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

育成時の調教動画の走りっぷりから、芝の実戦で切れを発揮してくれると思っていたエレンボーゲン。

前走のデビュー戦は懸念したスタートで立ち遅れ、後方からの競馬を余儀なくされることに。道中、幾らか行きたがる仕草を見せるも、それ自体は大きな問題ではなかったですが、勝負どころの3角過ぎからの反応が一息。手応えも案外だったエレンボーゲンは最後の直線でギアを上げることは出来ませんでした。

正直、見せ場すら作れぬまま8着に敗れるとは想定外でしたが、今回のコメント等を踏まえると、デビュー戦は幾らか可愛がり過ぎた印象。初めての実戦で戸惑いばかりだったでしょうから、余計に走る方へ気持ちが向かなかったのかなと思います。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。次の東京開催ぐらいで戻ってくるのかなと見ていたら、デビュー戦で動き切れなかったことにより疲れが少なく、早目の帰厩→2戦目となりました。帰厩後の動き・時計はそれほど変わってきた感じはありませんが、素軽さは出てきたようです。

2000mという距離に関して、合っているのか長いのかは分かりませんが、広いコース+軽い芝という舞台へ変わることは間違いなくプラス。人気どころの牡馬は手強いですが、少頭数でレースはしやすいでしょう。実戦を経験して少なからず学習してくれているでしょうから、今度はもう少しやれていい筈。前走、勝負どころでの反応が一息だったことから、チークピーシズを着用してレースへ臨む予定です。

勝ち切るイメージはまだ沸かないですが、メリハリの利いた競馬で渋太く2・3着に食い込むことは十分可能でしょう。もし、それを下回る結果でも、2戦目の今回はしっかり爪痕を残せるような走りを見せて欲しいです。先週のアマネセールのような変身を期待しています。

2018年10月14日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで追い切り

高野師「自ら跨って感触を確認しましたが、常歩と速歩では姿勢が高くなってしまうために背中が張り気味なので、改善を図る為に追い切り以外の日はネックストレッチバンドを着用して改善を図っています。先週末の段階ではまだ動き切れない感じでしたが、11日の追い切りでは馬場が悪い中でも最後までしっかり動いてくれましたし、併せた古馬相手に引けを取らない動きをしてくれました。乗り込んでいくにつれて良化が窺えますし、このまま順調に仕上がれば今開催の4週目あたりには態勢が整いそうです。もう少し時間を掛けたうえで、具体的な番組を検討したいと思います」(10/11近況)

助 手 8栗坂稍 56.9- 41.3- 26.6- 13.0 馬なり余力 ショウナンバーチ(古500万)馬なりを0.1秒追走0.2秒遅れ
助 手 11栗坂良 55.1- 39.8- 25.6- 12.7 一杯に追う ブルヴェルソン(古500万)馬なりを0.2秒追走0.3秒遅れ

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで時計
・次走予定:10月21日の東京・芝2000m

鹿戸師「11日に坂路コースで追い切りを行いました。時計は53秒程度でしたが、手応え良く登坂出来ていましたね。1度競馬を使ったことで、馬にも自覚が出てきたようですし、自ら走ろうとする気持ちが出てきてくれました。この動きなら今週末からWコースで追い切りを始めても問題ないと思います」(10/11近況)

助 手 11美坂稍 55.8- 40.5- 26.3- 13.2 馬なり余力 レッドベルディエス(新馬)馬なりを0.2秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5日に栗東へ戻ってきたクレッセントムーンは早速追い切りを開始。ひとまず無理のない範囲で追われ、追走遅れが続いていますが、古馬相手なので仕方ない面も。これから本数を重ねていけば、良くなってくれるでしょう。また、この中間から普段の調教ではネックストレッチバンドを着用。姿勢が高いということは頭が高い走りということでしょうから、そこを矯正して改善に努めています。力んで走る面が緩和されて欲しいです。

実戦へ行って良さが出るタイプと見ていたエレンボーゲンですが、中山のデビュー戦はピリッとしたところがなく、大した見せ場を作ることも出来ませんでした。正直、見立て違いだったかなとも思ったのですが、放牧から戻ってきたエレンボーゲンは少し目覚めた感じ。走りやすい馬場状態も味方したんでしょうが、軽快な動きを見せています。次こそはこれが結果に繋がってくれれば。直線の長いコースの方がレースはしやすいと思うので、今度は末脚を生かした競馬で変わってきてもらいたいです。

2018年10月11日 (木)

6日に帰厩。2戦目は21日の東京・芝2000mを予定しています。★エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:福島県・NF天栄/6日に美浦トレセンへ帰厩予定
・次走予定:10月21日の東京・芝2000m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路での調教を始めており、週2回はハロン13秒まで脚を伸ばしていますが、動きは悪くありません。鹿戸調教師と相談し、東京3週目の芝2000戦での出走を目指して、6日に美浦トレセンへ帰厩する予定となりました。競馬を1度使った上積みはあると思いますから、次はもっと動いてくれるのではないでしょうか。馬体重は435キロです」(10/5近況)

⇒⇒6日(土)に美浦トレセンへ帰厩しています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦は動き切れていない印象が強かったエレンボーゲン。非力な面があり、軽い芝でこそのタイプでしょうが、体力不足がそういう走りになってしまったんだと思います。

それ故、2戦目へ向かうに際しては確実な良化・成長を感じ取ってからの出走を待ち望んでいたのですが、短期で厩舎へ戻されたのは正直不満。そして来週には出走となる訳ですから。距離を延ばすことも正直プラスなの?と思ってしまいます。

ただ、レースへ行って変な癖を見せず、真面目に走っていたことだけは○。品のある顔立ちの馬ですから学習能力も備わっている筈。1度実戦を経験したことによる上積みはある程度計算できるでしょう。次走の舞台は広い東京へと替わります。体力&距離に幾分不安を残すことから、直線勝負に徹してメリハリのある走りを見せて欲しいです。個人的に2戦目は大事だと思っているので、悪くても見せ場は演出してもらわないと。

2018年10月 1日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「先週まではトレッドミルとウォーキングマシンで様子を見てきましたが、今週から周回コースでの運動を始めています。馬体にはそこまでダメージは見られませんから、目一杯走ってあの結果ということではないでしょうし、もっと走れそうな感じはしますね。鹿戸調教師とは短期で戻す方向で検討していますので、さらにペースを上げていければと思います 。馬体重は461キロです」(9/28近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月20日の東京・ダ1600m
・調教内容:週1回周回コースで5ハロンから70-40、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も軽めのメニューで様子を見てきましたが、馬体も徐々に回復してきていますので、今週から周回コースのペースを上げています。次の東京開催の3週目に牝馬限定のダ1600m戦が組まれており、田村調教師とはそこを目標に進めていく方針で打ち合わせていますので、今週末からさらにペースを上げる予定にしています。馬体重は518キロです」(9/28近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「その後も坂路コースでの運動を行っていましたが、この中間に少し硬さが出てしまったので、周回コースでの運動にペースを落としています。程度的に大したことはないですし、徐々に硬さも取れてきているので、今週末からまた坂路での調教を再開する予定にしています 。馬体重は457キロです」(9/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦を使ってまもないエレンボーゲンですが、最後あまり無理しなかったことが良かったのかダメージ自体は少なく済んだ様子。早速周回コースに連れ出し、騎乗運動を再開しています。短期で戻すとのことなので、次走は28日の芝1600m(牝馬)または21日の芝1800mあたりが有力でしょうか。

ジーナアイリスは正式に次走が決定。デビュー戦の行きっぷりの良さならマイルへの距離短縮はプラスに働きそう。また、次走は牝馬同士の1戦なのできっちり決めて欲しいです。牧場では回復に専念し、帰厩後に負荷を高めていってもらえればと思います。

スイートウィスパーは少し硬さが窺えるということから坂路入りをストップ。周回コースでの軽めのキャンターで様子を見ています。幸い、硬さは解消されつつあるので、一過性の疲れから来るものなんでしょう。5回東京でのデビューを目指し、調整を加速していって欲しいです。

2018年9月21日 (金)

懸念したスタートで後手を踏み、レースの流れに乗り損ねる。最後までジリジリ脚は使っているも、見せ場を作るところまでは行かず。ホロ苦いデビュー戦になってしまいました。★エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜中山4R メイクデビュー中山 2歳新馬(芝1800m)8着(4番人気) 三浦J

スタートでやや後手を踏み、道中は10番手あたりを追走、4コーナーで外を回りながら仕掛けに入りますが、直線はジリジリとした脚で大きく差を詰めることが出来ず、中団でゴールしています。

三浦騎手「スタートはゆっくりでしたが、1ハロンくらい走ったら自らハミを取って走ってくれました。道中は問題なく走れていましたし、勝負どころで外を回りながらも最後まで脚が上がらずに走り切れていました。今日は新馬戦ということもあり、ペースが緩かったので届きませんでしたが、最後まで気持ちを切らさず走ってくれました。牝馬ですが一度使って良くなってきそうな雰囲気がありますし、次はもっといい走りを見せてくれると思いますよ」

鹿戸調教師「道中は良い格好で走っているのですが、良馬場とは言え前日の雨の影響も多少は残っていたと思いますから、直線で差を詰め切れなかったのはその辺も少なからず影響してしまったかもしれませんね。皇成(三浦皇成騎手)も言っていましたが、レースを経験して変わってきてくれると思います。この後はいったん放牧に出させていただく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:19日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

鹿戸師「調教の時もそうでしたが、レースでも道中の走りは良いものの、いざ追い出しに掛かると思ったほどの伸びが見られなかったですね。調教でも馬場の重いウッドチップだと苦労していましたし、良馬場だったとは言え前日の雨が多少は影響してしまった部分もあったと思いますから、出来れば次は軽い馬場で走らせてあげたいですね。レース後は脚元を含めて特に問題は見られませんが、予定通りいったん牧場にお戻ししてしっかりと馬体のケアを行ってもらいたいと思います」(9/19近況)

⇒⇒19日(水)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(19日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実戦へ行って良さを発揮してくれると期待していたエレンボーゲン。良馬場に回復したのも追い風だと思っていたのですが、乾いたばかりの馬場は内枠+前有利。懸念したスタートで後手を踏み、二の脚も一息。中団よりやや後方から競馬を進めることになったのは誤算でした。

道中の走りは少し行きたがる面はありましたが、折り合いは許容範囲。外々を回されることを嫌って、自分から仕掛けていくことはしませんでしたが、勝負どころの3角過ぎからのペースアップについていくのに精一杯。4角を向いた時の手応えの悪さから惨敗まで覚悟しました。

実際、追われてからの伸びも一息。ギアを上げることが出来ませんでした。軽い芝の東京・新潟なら結果は違ったかもしれませんが、雨の影響が残るタフな中山で現状のパワー不足を露呈してしまいました。ただ、外から被され、プレッシャーを受けながら、嫌気を差さずに最後までジリジリ伸び続けたのは唯一の収穫です。

パドックのエレンボーゲンは適度な気合乗りで好仕上がりに映りましたが、耳を動かし、初めての実戦で周囲に気を遣っている面も。品のある馬で学習能力はあると思うので、この敗戦を糧に2戦目での巻き返しに期待しましょう。

レース後のエレンボーゲンは特に異常は見当たらないも、成長途上の現状から一旦牧場へ移してリフレッシュさせることに。19日にNF天栄へ放牧に出ています。素質は秘めていると思うので、デビュー戦の疲れが抜け切った後は心身の成長を促しながら、コツコツ乗り込んでもらえればと思います。そして確かな成長を遂げてから、厩舎へ戻ってきてくれればと思います。

2018年9月16日 (日)

まだまだ体力をつけていく必要はありますが、コツコツ乗り込んで仕上がり良好。素軽い走りをするので芝の実戦で真価を発揮してくれることを期待。☆エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜中山4R メイクデビュー中山 2歳新馬(芝1800m)4枠4番 三浦J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に南Wコースで時計

鹿戸師「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はエレンボーゲンが追走していき、直線で内に入れて追い出しましたが、追い付けずにゴールを迎えています。追い切りに跨ってもらった皇成(三浦皇成騎手)は『4コーナーまでは楽に来られたのですが、そこから追い出してもまだ動き切れなかったですね。追い切りを重ねてもまだ精神的におっとりした感じですし、馬場の重いウッドチップだと余計に動けないのかもしれません。でも息遣いには問題ありませんし、軽い芝で動きが変わってきてくれる可能性は十分あると思いますよ』と話していました。確かに追い出しても少しモタついてしまった印象ですが、1800m戦ということを考えれば変に前向き過ぎるよりはこれくらいで良いのかもしれません。帰厩後から順調に調教を積んでこられましたから、初戦から良い走りを見せて欲しいですね」(9/12近況)

助 手 9美坂稍 58.4- 44.2- 30.0- 15.3 馬なり余力
三 浦 12南W良 56.1- 41.5- 14.1 G前仕掛け ダイワスキャンプ(古1000万)馬なりの内0.2秒追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山4日目(09月16日)
5R メイクデビュー中山 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 マジックパフォーム 牝2 51 木幡育也
2 2 サルウェーテ 牡2 54 蛯名正義
3 3 プライム 牡2 54 内田博幸
4 4 エレンボーゲン 牝2 54 三浦皇成
4 5 ニューデイズドーン 牝2 54 柴田大知
5 6 エリーグローリー 牝2 53 木幡巧也
5 7 ポートロイヤル 牡2 54 大野拓弥
6 8 スティーリア 牝2 54 石川裕紀人
6 9 インテンスライト 牡2 52 菊沢一樹
7 10 アルタマレーア 牝2 54 戸崎圭太
7 11 フォーエロ 牡2 54 丸山元気
8 12 フォーコーナーズ 牡2 54 田辺裕信
8 13 スッポン 牡2 54 嘉藤貴行

○鹿戸雄師 「半兄と違い素直で落ち着きがある。今週のWは重くて最後は苦しくなったが、稽古は十分にやったから動けるはず」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

堅実な産駒を送り出す母ショアー。縁があれば1度出資してみたいと思っていて、巡り合ったのがショアーの16ことエレンボーゲン。完成度の高い馬体+良血馬らしい品の良さ+手先が軽いので芝の実戦で切れ味を期待できそう等から出資へと至りました。父ブラックタイドにも興味がありましたし。

育成時のエレンボーゲンは概ね順調に来ましたが、馬体のボリュームアップに関しては不満。もう少し大きくなってくるイメージを持っていたのですが…。その一方で調教動画を見て、早くからフットワークの良さに好印象。競走馬としての資質は良いモノを秘めているなあと高く期待をしていました。

6月7日に初入厩したエレンボーゲンはゲート練習に着手。枠入り・駐立はスムーズにこなしていたのですが、扉が開くと音に反応するのか頭を上げる癖。ゲートからの発進に課題を残しました。幸い、ゲート試験では遅れが目立たなかった為、合格を勝ち得ましたが、この癖はまだ解消できていません。デビュー戦の今回、ゲートで立ち遅れてしまうかもしれません。

その後、デビューへ向けて追い切りを1・2本消化するも、体力不足の面が否めないとしてNF天栄へ戻って再調整。移動した当初は体力不足を改めて指摘されましたが、大きな怪我をすることなく継続して乗り込みを消化。まだまだ動き切れない面はありますが、放牧を挟んで幾らかでも逞しさは増したと思います。

8月末に帰厩後はココを目標に急ピッチで調整。チップを入れ替えて走りにくくなっているので時計・動きは地味ですが、軽い走りをするので実戦の芝で良さが生きるタイプ。デビュー戦で手綱を取ることになった三浦Jが3週連続で追い切りに跨り、感触を掴んでくれているのは心強いです。デビュー戦から力を発揮できる状態に持ってくることは出来たと思います。

あとは初めての実戦で色々戸惑わないかが1つポイントに。まあ、こればかりは見てみないと分かりませんが、変に舞い上がることがないように注意して欲しいです。そしてレースではスムーズな競馬を意識して走って来てもらえればと思います。もし出遅れたとしたら、道中は後方で折り合いに専念し、最後の直線を向くまで力を溜め込んでもらえればと思います。そして最後の直線でどんな脚を繰り出してくれるか…。結果が伴わなくても、今後に繋がるような走りを見せてもらいたいです。

2018年9月 8日 (土)

シルクなお馬さん(牝馬・入厩組)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神9月16日・夙川特別(川田J)

西村師「5日に坂路で追い切りました。自ら跨って感触を確かめてみましたが、先週より前向きさが見られるようになり、追い出してからの反応も良くなっていましたよ。馬場が悪かったので、なるべく脚元に負担が掛からないように行いましたが、それでもいい時計が出たぐらいなので、態勢は整いつつありますよ。ただ、馬体の張り・艶が良い頃と比較するとまだ少し物足りないので、週末と来週の追い切りでどこまで良くなってくれるかがカギになりますね。選択肢を広げるため9月17日の中山・浦安特別にも登録するかもしれませんが、今のところ9月16日の阪神・夙川特別を川田騎手で予定しています」(9/5近況)

助 手 2栗坂稍 54.1- 39.8- 26.3- 12.9 一杯に追う
助 手 4栗坂良 58.9- 42.5- 27.9- 14.2 馬なり余力
調教師 5栗坂不 52.6- 38.1- 24.8- 12.3 一杯に追う
助 手 7栗坂重 67.4- 47.4- 29.8- 14.3 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Wコースで時計
・次走予定:9月16日の中山・芝1800m

鹿戸師「5日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はエレンボーゲンが追走していき、直線は内に入れて追い出すと、最後は同入しています。馬場状態が悪かったので無理しませんでしたから、タイム的にはそれほど速いものではないものの、格上馬相手にしっかりと食らい付いていましたし、動きそのものも良かったと思いますよ。来週のレースに向けてここまで順調にきていると思います」(9/6近況)

助 手 2南W稍 56.3- 40.8- 13.7 馬なり余力
三 浦 5南W重 56.3- 41.8- 13.5 強目に追う ダブルコーク(古1000万)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次週の出走へ向けて、濃厚な追い切りを重ねているソーディヴァイン。引き続き脚元は落ち着いた状態を保ち、前向きさが出てきたのは○ですが、乗り込んでいる割に馬体の張り・毛ヅヤが一息。まあ、元々こういう面がある馬なのでマイナスに考えることもないのでしょうが…。また、次走は16日の阪神・夙川特別にほぼ1本化。2度目の1200mで行き脚が付いて先行して欲しいところ。鞍上の川田Jの手腕にも期待しています。

エレンボーゲンも来週の競馬を予定。5日の追い切りは先週に引き続いて三浦Jを背に行われています。内容は追って少し案外な面を覗かせましたが、これは重い馬場を苦にしたものと見て良いと思います。また次週の最終追い当日、馬場が悪いようなら芝かポリトラックに場所を変えて行っても良いかもしれません。

2018年8月31日 (金)

三浦Jとのコンビでデビュー戦へ向かうことになりました。☆エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで29日に時計
・次走予定:9月16日の中山・芝1800m

鹿戸師「帰厩後も順調に調整されており、26日と29日に南Wコースで併せ馬を行いました。26日は帰厩後初時計のせいか、少しモタモタしている感じがありましたが、29日は攻め駆けする格上の相手と互角に動いていましたよ。騎乗した三浦皇成騎手も動きの良さを評価してくれましたし、予定のレースに向けて順調に良化しています。デビュー戦の鞍上は調教でも騎乗してもらった三浦皇成騎手に依頼しました」(8/30近況)

助 手 26南W良 68.9- 53.5- 39.0- 13.1 馬なり余力 マーヴェラスロード(新馬)末強目の内1.5秒追走同入
三 浦 29南W良 54.7- 40.6- 13.2 馬なり余力 レッドベルローズ(古1000万)馬なりの内0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

22日に帰厩後、デビューへ向けての調教をを開始しているエレンボーゲン。線の細い馬なのでまだビシビシやってはいませんが、2本追い切りを消化。これまで同じ2歳馬と併せ馬を行われてきましたが、29日の追い切りは来週の紫苑Sを予定しているレッドベルローズに胸を借りる形。相手も十分余力を残した中、追走して内へ併せる形とはいえ同入は及第点以上。やはり走ることに対して良いセンス・能力を秘めています。

課題があるなら、今後追い切りを重ねていった際、ピリッとした面が出てこないか、食欲が落ちて馬体重の維持が難しくならないかでしょう。

また、デビュー戦の鞍上ですが、29日の追い切りに跨った三浦Jに決定。色々考えて乗ってくれる騎手なのでデビュー戦から無理をすることはないでしょうが、スムーズな競馬でエレンボーゲンの切れ味を引き出してもらいたいです。

2018年8月23日 (木)

22日に美浦・鹿戸厩舎へ帰厩しています。☆エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:22日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:9月16日の中山・芝1800m

鹿戸師「22日に美浦トレセンへ帰厩させていただきました。まずはよく馬体をチェックさせていただき、問題なければ予定している中山2週目の新馬戦に向けて明日から調教を行っていきたいと思います」(8/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で今週中の帰厩を示唆されていたエレンボーゲンは22日に美浦へ。まだまだ非力さが残り、ガラッと変わってきた感じはありませんが、地道に乗り込んできたので多少なりともしっかりはしてきたと思います。

おそらく週末には初時計をマークすると思うので、デビューへ向けて期待の出来る動き・時計を見せていって欲しいです。あと、追い切りを重ねていった際、馬体の維持に苦労するのかどうかも見ていきたいです。

2018年8月22日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo ロジャーズクライ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第4回中山開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調で坂路調教を週3回に増やして乗り込んでいます。馬体は戻ってきましたし、良い感じで状態が上がってきています。引き続き中山開催を目標に調整していきます。馬体重は496キロです」(8/17近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:ウォーキングマシン

厩舎長「ソエの回復に少し時間が掛かっている為に、今週もウォーキングマシンでの運動を行っています。この中間にソエの治療を行ってもらいましたので、それでどこまで症状が治まってくれるかですね。今は我慢の時だと思いますので、良化が見られるまで状態を見ながら軽めの運動を行っておきます。馬体重は498キロです」(8/17近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒の乗り込みを開始後も順調に進めることが出来ています。もう少し時間を掛けて馬体を鍛えていく必要がありますが、この馬なりに成長は感じられますし、帰厩の予定が決まるまで距離を乗り込んで良化を図っていきたいと思います。背中の感触が良く、先々は走ってくる馬だと思います。馬体重は468キロです」(8/17近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:9月16日の中山・芝1800m
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかり負荷をかけています。坂路の動きはまずまずですし、状態は徐々に上がってきました。来週中に帰厩する予定と聞いていますので、このまま状態維持に努めていきます。馬体重は435キロです」(8/17近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「治療の甲斐あって、左前脚の歩様はまだ完全ではないものの、少しずつ良化していますので、この中間はトレッドミルで軽めのキャンターを始めました。まだ油断はできませんので、今後も状態を見ながら慎重に進めていきたいと思います。馬体重は455キロです」(8/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロジャーズクライは暑さが落ち着いたことで状態アップ。攻めを強化しても難なく対応できています。引き続きしっかり乗り込んで自身のパワーアップに繋げてもらえればと思います。

クレッセントムーンはソエの回復に時間を要していますが、ここは我慢のしどころ。この中間、しっかりソエの治療に取り組んだようなのでその効果に期待です。

アマネセールは順調に乗り込んでいますが、まだまだ芯が入ってこない現状なのでコツコツ乗り込んで確かな良化を遂げてもらわないと結果は伴いません。乗り味は褒められているように、それなりの素質は秘めている訳ですから。

エレンボーゲンは今週中の帰厩を予定。メニューどおりに乗り込むことは出来ていますが、実際のところはまだまだ非力な感じ。鍛えながら馬体重が増えてくる理想。デビューして数戦は出走→放牧を繰り返し、大事に使っていってもらいたいです。

左前脚を跛行してしまったスイートウィスパーですが、治療のおかげで良化の兆し。ただ、安心できる段階ではまだないので慎重を期して進めていってもらわないといけません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ