最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「エレンボーゲン」の22件の投稿

2018年5月15日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・関東馬)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター1600m

担当者「この中間も一日置きに週3回の坂路調教を継続しており、ハロン16秒から日によっては終いハロン15秒まで伸ばしています。常歩時はいくらかソワソワして集中力を欠いたところを見せていますが、走り始めると真面目ですし、とても前向きに調教に取り組むことができています。徐々に筋肉量が増しており、騎乗していてもとても安定したパフォーマンスを見せるようになってきました。夏の北海道開催でゲート試験にパスすることを、現時点の目標にしています。馬体重は466キロです」(5/15近況)

Photo アンプレヴーの16

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路での乗り込みを再開しハロン14秒まで脚を伸ばしています。トモの緩さからハミにもたれてくる馬なのですが、コントロールしにくいわけではなく、逆に柔らかい乗り味が気持ちよく感じます。もう少し馬体がしっかりして、もたれる面が解消されてくると、より良くなってきそうですよ。凄く煩い性格ではありませんが、あまり人懐っこい感じではなく、どちらかと言うと気難しいタイプですから、ひねくれてしまわないよう丁寧に付き合っていきたいと思います。馬体重は464キロです」(5/15近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めています。継続した乗り込みでトモに力が付いてきたことで、背中からトモを上手に使って走れるようになってきていますね。跨ってもドシッとしてだいぶ安定感が出てきた印象です。普段は落ち着いていながらも、調教へいけば気持ちが入るメリハリのある気性になってきています。ここにきて全体的に良くなってきている印象ですが、まだ鍛えていけばトモに力強さが出てくると思うので、しっかりと体を使わせながら運動を進めていきたいと思います。馬体重は415キロです」(5/15近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も週2回の坂路調教で強めの負荷をかけています。2回ともに2本ずつ登坂し、1回は1本目ハロン17秒・2本目ハロン15秒、1回は1本目ハロン17秒・2本目ハロン14秒から終いハロン13秒までペースアップしています。ハロン13秒でもまずまずの手応えで登坂していますし、ペースを上げてもテンションが高くなったり、入れ込んだりすることが全くないところは好感が持てますね。馬体は更にボリュームアップしており、順調な成長ぶりを見せています。相変わらず毛艶もよく、脚元にも不安な点はありません。走りはパワフルですし、スタミナもありますから、ダートの中長距離戦に適性がありそうですね。馬体重は513キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは幼さを垣間見せますが、速い調教に関しては真面目に対応。自分から走ろうとする姿勢が見えるのも好印象です。ただ、成長のスピードは緩やかな馬ですから、根気良く進めていくのがベターな選択でしょう。走ってくる馬だと思うので、心身のバランスが整ってくることを待ちましょう。

アンプレヴーの16はそれほど大きな馬ではありませんが、トモに緩さが残るので、現状はハミに頼った走りになっているとのこと。周回コースで走らせると、内か外へモタれる面を見せているのでしょう。まあ、この点は馬体がパンとすれば改善の余地はあると思いますが、ハミ受けがスムーズになるように意識して日々乗る必要があるのかなとも思います。性格に関しては、一癖秘めているようなので、今の内に人間との信頼関係を再構築してもらえればと思います。

エレンボーゲンは休むことなく継続して乗られているのは○。じわじわ良くなってきているのは確かでしょう。ただ、やはり1番の課題は馬体重。410キロ台から減ることはないのですが、増えてもいません。食欲が増すような取り組みをそろそろ考えていって欲しいです。

ジーナアイリスは考えられたメニューで十分な負荷を掛けられています。それに応えて、着実にパワーアップしているのも○。そして堂々と立ち振る舞うことが出来ているのも頼もしいです。活躍はダートの中・長距離でしょうが、母の名を高めるような活躍をぜひともお願いします。

2018年5月 6日 (日)

【近況】【画像&動画更新】エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「調教ペースを上げた後も難なく対応できていますし、登坂回数を重ねていくにつれて走りのバランスが良くなり、スピードも増してきました。全体的に筋肉量が増し、競走馬らしい体つきになりました。馬体重は若干減ってしまっていますが、調教後も飼い葉をしっかり食べてくれているので、あまり気にせず進めています。今後も今の調教メニューをベースにして、全体的なレベルアップを図っていきたいと思います。馬体重は417キロです」(4/15近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2400m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「先週はリフレッシュのためウォーキングマシンのみの調整に止めましたが、今週から坂路入りを再開しています。登坂回数も週3日に増やし全体的な調教の負荷を強めていますが、とても前向きに毎日のトレーニングに取り組めています。馬体にも少しずつ張りが出てきましたし、無理せずリフレッシュを図ったことで毛艶が良くなり体調面も良好です。脚元にも特に問題は見られず順調そのものですので、この調子で暑くなる前の移動を目標に進めていければと思っています。馬体重は418キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リフレッシュを挟みつつ、じわじわ攻めを強化中のエレンボーゲン。適度な前向きさ+軽快な脚捌きでセンスの良さを感じさせます。

ただ、課題はやはり馬体重の増加。見た目に細い印象こそないも、実際の数値が増えてなくて…。スカッと見せ、無駄肉が付かないタイプなんでしょうが、牧場時は440キロぐらいの馬体重を維持して欲しいところ。カイバ食いが少しでも良くなるように色々と手を尽くしてもらいたいです。

2018年4月 7日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・関東馬)

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター1800m、週2回ウォーキングマシンのみ

担当者「この中間、坂路コースに入る日を1日増やして乗り込んでいます。調教量が増えて、少し馬体がシャープになってきたので、マシンのみの日を作り、あまり体を減らさないように注意しました。先月と比べて現在は、馬体重が10キロ増えましたが、太ったというよりも幅が出てゆとりのある馬体に成長しています。気性的にはまだ幼さは残るものの、以前より落ち着けるところが増えてきています。ここ数カ月の馬体重の増減が大きいですが、飼葉をしっかり食べて運動しての変化ですので、心身ともに日々力強く成長をしていることを感じています。馬体重は457キロです」(4/1近況)

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2200~2500m

担当者「この中間も坂路でハロン15秒を中心に調教を進められています。まだまだ体を上手く使えていないところもありますが、乗り味が良く非常に背中が柔らかい馬です。懸念していた馬体重ですが、疲労も抜けて本来の馬体重に近づいてきました。先月と比較すると10キロ以上増加していることから状態は徐々に上向いていると思います。また、以前外傷を負った左後肢の状態はここまで進めてきましたが問題なさそうですね。仕上がりが早く新馬向きに感じますし、早い時期からの活躍が見込めそうです。今後は、入厩に備えた体作りに努めてまいります。馬体重は458キロです」(4/1近況)

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間から坂路コースでハロン15秒までペースを上げていますが、堪えることなく対応してくれています。先月の調教と比較しても、だいぶしっかり動けるようになっていますし、バランスよくハミを取って坂路を駆け上がっています。数字的には先月より馬体重は減ってしまっていますが、見た目の寂しさはなく、無駄な肉が落ちたものだと考えています。この冬でだいぶ成長した印象を受けますし、非力さも解消されてきているので、今後も成長を促しながら鍛えていきたいと思います。馬体重は427キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体重の変動が大きいことは歓迎ではないも、細かくメニューを組んで対応しているパラダイスリーフ。坂路入りを1日増やし、調教自体は強化できています。ただ、5月生まれで馬体にも幼さを感じるので、メニューの変更だけでなくリフレッシュ期間を設けて、心身の成長を促すことをしっかり行ってほしいです。

フロントラインは順調に進んでいる一方で、まだ芯が入ってきていない現状。馬体の完成度は高そうですが、個人的にはじっくり進めていった欲しいです。また、印象とすれば、レースへ行けば、気持ちで走りそうなタイプに思います。

エレンボーゲンは牝馬とすればこの時期の肌艶の良さが目立ちますが、見た目から非力さを感じる馬体。バランス自体は整っているのですが。調教ではハロン15秒台へ踏み込んでいますが、当面はこれぐらいの内容に止め、地力強化と馬体のパワーアップを推し進めてもらいたいです。

2018年3月21日 (水)

【動画更新】エレンボーゲン

↑↑↑

Photo エレンボーゲン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

引き続き、素軽いフットワークを見せているエレンボーゲン。順調に来ていると思いますが、速い調教を消化していく中で牝馬らしいピリッとした面も。

普段からピリピリし出すと、馬体重の増加・維持等に悪影響を及ぼすので、近々リフレッシュ期間を設けて欲しいなあと思います。競走馬として良い資質を備えている1頭なだけに大事に育ててもらいたいです。

2018年3月 7日 (水)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間も順調に調教を進めています。以前は背中、トモが緩くて力強さが物足りませんでしたが、徐々にしっかりと踏み込めるようになり、それにより力強いキャンターが出来るようになりました。元々ストライドが大きく、伸びのある柔らかい走りをしますが、更にそう感じさせるようになり、距離の融通も利きそうですね。少しずつ筋肉がつきはじめ、体も少しずつ幼さが抜けてきました。毛艶も良好で体調は良さそうですが、飼い葉を残すこともたまにありますので注意が必要です。走りに関しては素質がありそうで、この走りにより力強さが備わってくれば更に楽しみです。飼い葉を食べればより筋肉もついてくると思いますし、今後も適度に飼い食いが良くなるようリフレッシュ期間を設けつつ、負荷を掛けていきたいです。馬体重は430キロです」(3/1近況)

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「引き続き坂路コースでハロン16秒の調教を継続していますが、先月と比べると基礎体力が付いてきたことで、疲れることなく最後までしっかりとした脚取りで登坂出来るようになってきました。大型馬特有の緩さがありながらも、今の時期としては十分と言っていいほどの動きが出来ています。馬体の方も飼い葉食いがだいぶ実になってきており、先月より馬体重が増えているのは良い傾向だと思います。体調の良さから、冬毛が徐々に抜け始め、馬体の張り・艶がかなり良くなっています。精神的に冷静でコントロールが利くタイプなので、調教面ではここまで全く不安なく進められています。とても力強い走りを見せてパワータイプの印象を受けるので、ダートの長い距離に適性がありそうな感じがします。問題なければこのままハロン15秒の調教へ移行し、より力強い動きが出来るように鍛えていきたいと思います。馬体重は524キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調に乗り込み、良い動きを見せているエレンボーゲンですが、この中間10キロほど馬体重が減少。無駄肉が付かないタイプだと思いますが、やはり牧場ではフックラ見せるようにならないと。しっかり食べることができるというのも1つの才能です。秘めたる素質をフルスロットルできる土台を築き上げていってもらたいです。

ジーナアイリスはペースを上げず、現状のメニューをコツコツ乗り進めてきたジーナアイリスは順当に良化。時季的なものもあって毛ヅヤは冴えませんが、馬体は少しずつメリハリが出てきた印象も。調教を積みつつ、馬体重が増えてきたのも好感です。そろそろ1段階調教を高めるようですが、慣れてくれば無難に対応してくれるでしょう。

2018年2月25日 (日)

【動画更新】エレンボーゲン

↑↑↑

Photo エレンボーゲン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体の成長が課題のエレンボーゲンですが、走りはセンスの良さを感じさせます。馬場の外目を馬まかせで駆け上がっていますが、脚取りは最後までしっかり。軽い走りはブラックタイド産駒とすれば異質の存在かなと思います。

無事デビュー出来れば計算できる1頭だと思うので、心身の成長を促しながら大事に素質を磨いていって欲しいものです。

2018年2月 5日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

Photo スイートウィスパー(牝・萩原)父ルーラーシップ 母ケアレスウィスパー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路での調教を中心に進めています。以前よりも力強さが増してしっかりとメニューをこなしています。馬体も調教を行う毎に無駄なものが取れて先月よりも毛艶がよくなってきました。コースに入ってキャンターをしているときは、真面目で折り合いもついており、跳びの大きい走りをしていますが、常歩などでは周りの様子を気にして立ち上がるような素振りを見せますね。性格に関してはキツいところが多々見られるので、特に注意していかなくてはいけないと思います。まだまだトモ高で、これからも更に成長していきそうですので、今後も坂路調教をメインに基礎となる部分をしっかり固めてからペースアップしていきます」(2/1近況)

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を消化しており、週2回の坂路調教ではハロン16秒ペースで2本ずつ登坂しています。継続した乗り込みで徐々に体力が備わってきており、今の調教メニューにも対応できるようになってきました。ストライドの大きい、伸びのある柔らかい走りをしますが、まだ全体的なフレームが小さめで、窮屈なところで動いているように感じます。体をもっと大きく使えるようになれば、更に良くなると思いますので、今後はそれを課題に取り組んでいきたいと思います。背は伸びてきて成長していますが、幅がもう少し欲しいですね。性格は大人しく、手がかかりません。馬体・脚元ともに問題なく体調面も良好です。早熟なタイプではないと思いますので、今後も焦らずに調教を進めていきます。馬体重は440キロです」(2/1近況)

Photo ジーナアイリス(牝・田村)父ゴールドアリュール 母ディアジーナ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も先月と同様ハロン16秒のペースで調教しています。昨年と比べると筋力が付いてきたことでキャンターに余裕が出てきました。更に、追い出し時の反応も良くなってきましたので、少しずつ調教に慣れてきたようです。そして、首から肩にかけて疲れが溜まりやすかったものの、今はこのペースで乗り込みを重ねていても歩様が硬くなってくることはありません。状態面に関しても馬体の張りや毛艶が、寒い時期とは思えないほど良くなってきましたし、今のところ脚元にも不安は問題ありません。今後もハロン16~17秒のペースで乗り続けて基礎体力や体質の強化を行い、馬の状態をみながら進めていきます。馬体重は513キロです」(2/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スイートウィスパーは父の血がよく出ている感じで、牝馬ながら気の強さを持っています。これがレースへ行っての勝負根性に繋がってくれれば言うことなしですが、鞍上の指示を無視して気ままに走るようなことになっては大変です。意識的に丁寧に接するようにお願いしたいです。

エレンボーゲンは順調にメニューを強化できているのは何より。ただ、課題は横への成長。良いモノを秘めているだけに幅が出てパワーアップを叶えて欲しいです。そうすれば、センスの良さが光る走りにキレが増してくるんじゃないかなと想像します。

ジーナスイートは早い組でこれまで調整されてきましたが、体質面で弱さを残すことから、メニューは据え置きという感じ。ただ、運動を休んでいる訳ではないですし、まだまだ2歳の2月。ここでしっかり土台を固めていきたいです。

2018年2月 1日 (木)

【動画更新】エレンボーゲン

↑↑↑

Photo エレンボーゲン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後は苦しくなってやや右へ寄れていますが、先頭で他馬を引き連れる格好でも真面目に駆けることが出来ているのは好感。脚の回転も速い方かなと思います。

走ることには対して非凡なモノがあるのは確かなので、馬体の成長が伴うかどうかが1つポイントに。まあ、元々太りにくい体質かもしれませんが、横幅が出るようなボリュームアップを願っています。

2018年1月20日 (土)

【シルク】2歳馬の競走馬名が決まりました

Photo_3 ショアーの16

⇒⇒エレンボーゲン ドイツ最北端の海辺の地名。父名、母名より連想

Photo スカイクレイバーの16

⇒⇒クレッセントムーン 三日月。本馬の額にある流星の形と母名より連想

Photo ラフアップの16

⇒⇒シングルアップ 出港準備(航海用語)。母名より連想

Photo_3 ディアジーナの16

⇒⇒ジーナアイリス 母名の一部+虹の女神。母系より連想

Photo_3 ケアレスウィスパーの16

⇒⇒スイートウィスパー 甘い囁き。母名より連想。誰からも愛される事を願って

Photo シルキーラグーンの16

⇒⇒パラダイスリーフ グレートバリアリーフのダイビングスポット。母名より連想

Photo ビアンカシェボンの16

⇒⇒ボンディマンシュ 素敵な日曜日を(仏)。母名より連想

Photo_3 ロジャーズスーの16

⇒⇒ロジャーズクライ 母名の一部+父名の一部

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

発表は2月に入ってからになるのかなと思っていましたが、追加募集のコールドフロントの16以外のシルク・2歳馬の競走馬名が昨日発表されました。

しばらくの間、母馬名と競走馬名がすぐ一致しないかと思いますが、記事を書いていきながら、自分の中で浸透していってくれればと思います。あとはこの中から、ターフを賑わう馬が1頭でも多く出てきてくれることを今から願うばかりです。

2018年1月 8日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牝馬)

Photo ケアレスウィスパーの16(牝・萩原)父ルーラーシップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路調教を週3回に増やし、ペースもハロン16秒まで上げています。以前よりも走りのバランスが良くなり、更にしっかりと調教メニューをこなせるようになってきました。相変わらず跨った時の背中の感触が素晴らしいです。馬体の無駄な肉が取れてきて、張り感が増し、競走馬らしいバランスの取れた体つきになってきました。気性面は以前よりも落ち着いてきていますが、たまに我の強さを見せる場面があるので、その点には引き続き気を付けながら進めていきます。今後も馬体の成長を促しながら、坂路調教をメインにベース作りに努めていきます。馬体重は446キロです」(1/4近況)

Photo ショアーの16(牝・鹿戸)父ブラックタイド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間から坂路のハロンペースを16秒まで上げています。まだペースを上げたばかりですので若干のしんどさはありますが、すぐに慣れて対応してくれるでしょう。動きは柔らかくて大きいですし、乗っていて綺麗に前脚が前に出てくるのを感じます。厩舎ではとても落ち着いていますが、調教になると気合いが入るのか、いい意味で以前よりピリッとした面を見せるようになってきました。段々と成長して背が伸びてきており、まだ物足りないものの幅も少しずつ出てきています。もう少し後ろを踏ん張って走れるようになればというところではありますので、今後はその点を意識して乗り込んでいきたいと思います。馬体重は438キロです」(1/4近況)

Photo ディアジーナの16(牝・田村)父ゴールドアリュール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本、残りの日は坂路コースでハロン20秒のキャンター1本

担当者「この中間は坂路調教をメインに行い、ハロン16~17秒ペースで2本と、軽めのキャンター1本を一日置きに行っています。坂路での動きは以前より素軽くなっており、ペースアップにもスムーズに順応しています。脚元もスッキリとしていて問題ありません。時期的なものか冬毛が少し伸びてきましたが、飼い食いは良いですし、腹回りもフックラして筋肉の張りも悪くありません。首から肩にかけての筋肉に疲れが出やすく、最近は軽度ですがスクミの症状も出てきたので、しばらくは今のペースを維持し、体質の強化を図っていきたいと思います。馬体重は507キロです」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ケアレスウィスパーの16は我の強さを残していますが、これは父譲り。目付きは穏やかなので、レースでの競り合いで根性を見せてくれればと思います。また、前肢の可動域の広さが魅力の同馬。コツコツ乗り込みながら、トモの強化を意識して進めて欲しいです。

ショアーの16は非力な面が1つ課題に。無駄肉が付かないタイプかなと思いますが、トモのボリュームは少しずつでも増していってもらいたいです。その為にもカイバをしっかり食わし込んで欲しいです。

ディアジーナの16はひとまず順調。本数を増やしても無難に対応できています。ただ、筋肉の質が幼く、疲れが溜まりやすい面も。当面ペースアップを控え、体力強化を主眼を置いて調教を継続していってもらいたいです。

その他のカテゴリー

アマネセール | アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ボンディマンシュ | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ