出資馬一覧

カテゴリー「エレンボーゲン」の55件の投稿

2019年1月21日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回東京開催
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から登坂回数を週3回に増やしています。ここまで順調にペースアップ出来ていますし、今の感じでいければ次の東京開催での出走を目指していけそうですから、この調子でしっかりと乗り込んでいきたいと思います。馬体重は528キロです」(1/18近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も周回コースでの運動で様子を見ていましたが、脚元は良化傾向だったので、今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。現在はハロン14秒まで脚を伸ばしており、今後も状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は452キロです」(1/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調に乗り込みが進んでいるジーナアイリスはこの中間から週3回に登坂回数を増加。帰厩を意識した調整へ踏み出しています。スピードと能力は上を目指せるものを持っていると思いますが、この母の仔はどうも難しいところを隠しもっているのがネック。次走はデビュー2戦とは違い東京での1戦へ。広いコースでワンターンの方が良さそうに思うので、崩れた2戦目からの巻き返しを期待しています。

脚元に疲れが出て、周回コースでのキャンター調整に切り替えていたエレンボーゲン。幸い、その後の回復が早かったこともあり、現在は休む前のメニューを乗り込むことが出来ています。前向きさがあって気性面は競走馬向きですが、馬体の成長が物足りな過ぎるのがホント悩ましいです。

2019年1月12日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牝馬・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに帰場後、改めて状態を確認しましたが、特に問題は見られませんでした。レースの疲れの方も徐々に取れて、馬体の方は回復してきていますし、前回はソエが出てしまったものの今回は大丈夫そうです。現在は坂路コースでハロン14秒ペースで乗っていますが、このまま緩めずに進めていきたいですね。馬体重は527キロです」(1/11近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間も坂路コースでの調教を続けていたのですが、脚元に疲れが出てきてしまいました。少し楽をさせたことで、状態は徐々に良くなってきていたので、現在は周回コースでの運動を行っています。今後もしっかりとケアを行いながら進めていきたいと思います。馬体重は450キロです」(1/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の回復が順調に進んだジーナアイリス。既に坂路でハロン14秒のところを乗っており、ソエが落ち着いているのも何より。あとは緩めることなく乗り込み、動きの質を高めてもらいたいです。

エレンボーゲンは順調に乗り込んでいましたが、この中間、脚元に疲れが出てしまったとのこと。幸い、大事には至らなかったも、現在は一旦楽をさせ、周回コースで軽めのキャンターに終始しています。まだ、油断できない感じなので、入念なケアで脚元の不安を払拭することを優先してもらえればと思います。

2018年12月22日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。調教には前向きに取り組んでくれていますが、動きは以前に比べてもそれほど大きくは変わってきませんね。体調面に問題はありませんから、今後もしっかりと鍛えていきたいと思います。馬体重は442キロです」(12/21近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「この中間は舎飼で様子を見ています。術後の経過は特に問題ありませんが、少し元気が無いのが気になりますね。飼い葉は食べてくれており、体調が悪いという様子はないので、日を重ねていけば本来の元気な姿に戻ってくれると思います。引き続き状態をよく確認して曳き運動に入っていく予定です。馬体重は448キロです」(12/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週3回坂路入りして鍛えられているエレンボーゲン。前向きに取り組んでくれているのは良いのですが、良くなってきた気配は乏しくて。乗り込みを継続しつつ、馬体重を増やせるようにならないと正直厳しいのかなと思います。

スイートウィスパーは術後まもないので馬房で静養中。手術にどのくらい時間を要したかは分かりませんが、骨片摘出手術と共にまた橈側手根骨周辺組織のクリーニング手術も行ったので相応の負担は掛かっている筈。少し元気がないのは仕方ありませんが、静養に努めることで活気が出てきてくれればと思います。ゆっくり構えてはいられませんが、今しばらくは慎重なスタンスでお願いします。

2018年12月15日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・牧場組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで進めています。坂路コースではこの馬なりに動けていますし、まずまずの走りを見せてくれています。ただ、今回は間を空ける方針ですので、しばらくはこれくらいのところでじっくりと進め、パワーアップを図っていきたいと思います。馬体重は443キロです」(12/14近況)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「レース後の疲労も取れて、社台ホースクリニックの都合がついたことから10日に左前第三手根骨の骨片摘出手術を行いました。また、手術の際に橈側手根骨周辺組織の傷みが見られたので、クリーニング手術も併せて行いました。その後の経過も良好で、今のところ体調面に変化はありません。今後も経過が順調であれば、3か月後を目途にトレッドミルでの運動を開始する予定にしています。馬体重は436キロです」(12/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エレンボーゲンは週3回坂路で乗り込むことが出来ているように状態面での不安はありませんが、レースでのパフォーマンスに良い変化が見られないことからしっかり充電することに。この機会で変わってくれないと今後の変わり身はホント厳しいでしょう。

10日に骨片摘出手術を終えたスイートウィスパーですが、橈側手根骨周辺組織の傷みが見られた為、同時にクリーニング手術を行ったとのこと。JC当日の硬い馬場は反動が大きかったんでしょう。全治6ヶ月という診断でしたが、ちょっと復帰が延びてしまいそう。来年からスーパー未勝利がなくなりますし、復帰後の道のりは険しそうです。

2018年12月11日 (火)

シルクなお馬さん(2歳関東馬・NF天栄組)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やして乗り込んでいます。坂路での動きに問題はないのですが、これまでのレースを見るとどうもワンパンチ足りない印象なので、今回はしばらくこちらで馬体の成長を促しながら進めていく方針となっています。馬体重は442キロです」(12/7近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やし、さらに負荷を強めた運動を行っています。この馬なりに徐々に動けるようにはなってきていますが、もう少しこのまま乗り込んでいき状態が上向いてきたところで、小笠調教師とデビューに向けての段取りを組んでいければと思います。馬体重は510キロです」(12/7近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から全体的な負荷を強めて乗り込んでいます。まだ体は緩く、全体的に子供っぽい印象ではありますが、ハロン13秒ペースにも対応してくれていますし、能力はありそうな印象を受けますよ。馬体重は498キロです」(12/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エレンボーゲンは週3回登坂するなど調整は順調なのですが、レースではワンパンチが足りず。元々、完成度の高い馬体をしていましたが、そこからの成長度が一息。パワー不足が否めません。馬体のボリュームアップが叶えば、変わってくる余地はあると思うのですが…。温かくなるまでレースには使わず、しっかり乗り込み、しっかり食わし込むことが重要かなと思います。

フロントラインは帰厩を目指して攻めを更に強化。さすがに最後は少し苦しくなっている様子ですが、本数を重ねて体力を付けていくしかありません。ここを乗り越えてくれれば、デビューへの道筋がしっかり見えてくると思います。

パラダイスリーフは全兄ゼーヴィントよりも遅い5月末の生まれ。非凡なモノを秘めていると思うのですが、現状は心身の幼さが目立つ現状。急には変わってきてくれません。全兄も3歳春になって一気に良くなったので、この馬もそれ以降に良くなってくるのかなという印象です。今しばらくは長い目で成長を優先してもらえればと思います。

2018年12月 4日 (火)

シルクなお馬さん(2歳関東馬・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2400m 

担当者「この中間も坂路と周回コースを併用した調教を行っています。坂路ではハロン14秒までペースを上げてみましたが、動きは変わらず良好ですし、反応も瞬時にしてくれていますよ。終いまでしっかり登坂出来ていますから、この調子で進められれば近々移動の声が掛かることになるでしょう。引き続き精力的に乗り込んでいきたいと思います」(11/30近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から終いのペースをハロン13秒まで上げています。ペースアップ後も動き自体はまずまずですが、まだ馬体が太い印象ですし、もう少し乗り込んでシェイプアップしていく必要があるでしょう。馬体重は511キロです」(11/30近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒までペースを上げています。まだハロン13秒を行き出したばかりということを考えれば、この馬なりに上々の動きを見せてくれていると思いますよ。馬体重は494キロです」(11/30近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、レース後しばらく厩舎の方で楽をさせていたこともあって、それほど疲れは見られませんでしたので、今週から坂路で乗り出しています。そこまで酷くはないものの、皮膚病はまだ見られるので、よくケアしつつ進めていきたいと思います。馬体重441キロです」(11/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは丹念な乗り込みによって、トモの緩さは軽減。それに伴い、最後の踏ん張り・反応が良くなってきたのかなと思います。あとは本数を重ねていって、素軽さと前向きさが出てきてくれれば。このまま帰厩へ向けて突き進んでもらいたいです。

フロントラインも攻めを強化。馬体に余裕のある分、もう少しピリッとしてきて欲しいのかなと思いますが、引き続き精力的に乗り込みを進めていってもらえればと思います。個人的な見解ですが、東京のダ1400mが合いそうなイメージなので、2月の東京デビューを目標に据えてもらいたいです。

パラダイスリーフは血統馬なので求めるところは高いですが、与えられたメニューはしっかりこなしています。全兄ゼーヴィントも3歳春ぐらいから力を付けて行ったので、パラダイスリーフも良く似た成長曲線を辿ってくれるかと思います。フロントライン同様に2月の東京開催でデビューできればと考えています。

エレンボーゲンはレース後、皮膚病の治療の為、厩舎に1週間ほど滞在していたこともあって、レースでのダメージはもう大丈夫そう。ただ、皮膚病の症状はまだ見られるようですし、急いで攻めを強化する必要はないと思います。また、こちらはもっと馬体重を増やして、パワーアップを図ってもらいたいです。

2018年11月24日 (土)

21日にNF天栄へ放牧に出ています。★エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

・在厩場所:21日に福島県・NF天栄へ放牧
・調教内容:軽めの調整

鹿戸師「全体に広がっていた皮膚病は落ち着いてきたので、21日にNF天栄へ放牧に出させていただきました。恐らく競馬の疲れから免疫力の低下を招いたのが原因だと思います。その他は異常ありませんので、状態が上向いてきたら放牧先で乗り込んでもらい、心身の強化に努めてもらいたいと思います」(11/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、疲れから皮膚病を発症してしまったエレンボーゲン。厩舎で楽をさせ、治療に専念してきたことで症状が緩和されてきたことを踏まえ、21日にNF天栄へ放牧に出ています。

前走の内容から芝の方が合っていると思いますし、現状は力が付き切っていません。育成時は良いフットワークを見せていた馬ですし、パワーアップが叶えば変わり身の余地はあると思うのですが…。ただ、ここ3走の内容は正直寂しい限り。次走へ向かうにあたり、復帰を急ぐことなく、着実な成長を遂げてから戻ってくるように是非ともお願いします。

2018年11月15日 (木)

鞍上人気で1番人気に支持されるも、レース内容はダート替わりでも大して変わらず。追ってギアが上がらないように体力不足は否めません。もう一回りは大きくなってもらわないと。★エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

土曜東京2R 2歳未勝利・牝馬(ダ1600m)7着(1番人気) C.ルメールJ

シャドーロール着用。スタートで後手を踏み、道中は後方4番手からの追走、4コーナーで徐々にポジションを押し上げて行きましたが、直線半ばで脚が上がってしまい、中団で流れ込んでいます。

C.ルメール騎手「スタートが遅かったので後ろからの競馬になりました。4コーナーでポジションを上げられましたが、最後は苦しくなってしまいました。砂を被っても大丈夫でしたし、最後までよく頑張っていますが、まだ全体的に馬がしっかりしていない印象を受けましたね」

鹿戸調教師「スタートが速い方ではないので、後ろからの競馬になってしまいました。馬場が渋ったのは良いかなと思っていましたが、逆に勝負どころで脚を使う形になり、最後は脚が上がってしまいましたね。ダートが合わないというわけではないのでしょうが、芝と比べても大きな変わり身は見られませんでした。今後についてはトレセンに戻って状態を確認してから決めたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。相変わらずスタートが悪い。追い上げに見せ場は作ったが、直線で伸び切れず。前とは大きく離されてしまう。距離、ダートの適性以前にまだ力をつけ切っていない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

鹿戸師「先週は申し訳ありませんでした。レース後は脚元には特に問題は見られないものの、顔全体に皮膚病が出てきてしまいました。最初は目の上に少し見られる程度だったのですが、それが段々と広がってしまった形です。おそらくまだ内面的にしっかりしていないことから、レースでの疲れがそういった格好で出てきてしまったのでしょう。今は薬を塗って回復を図っているところですが、ある程度症状が治まるまではもう少しこちらでケアさせていただきたいと思います」(11/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

C.ルメールJが騎乗+NF生産ということで、1番人気に支持されことに正直驚いたエレンボーゲン。自分の見立てが悪く、この支持が正解なら良かったのですが、レースでは大した見せ場を作ることが出来ないまま7着。パサパサの力の要る馬場なら、もっと結果は悪かったと思います。

競馬に行っての1番の課題はゲート。周りやゲートの開く音を気にし、頭を上げた形で出てしまうので行き脚が付かず。C.ルメールJが乗ってこれですから、ゲート内に縛り付けるなど荒療治をしないと、今後も出遅れ続けると思います。

また、出遅れることによって、挽回するために脚を使ってしまいます。今回、馬群の中で砂を被る形になってもポジションを上げることが出来たのは収穫ですが、最後の直線でいざ追い出しに掛かると、今回もギアが上がらず。伸びずバテずの脚は使っていますが、他馬が伸びている分、差が付いてしまったという感じです。ダート適性は“こなせる”程度でしょう。

レース後のエレンボーゲンですが、顔全体に皮膚病の症状が拡がっているとのこと。脚元は大丈夫ですが、疲れが出てしまった形で内面の弱さを見せています。少しの間、厩舎でその治療に専念し、症状が落ち着けばNF天栄へ放牧に出ることになるでしょう。

これで3回レースを経験したエレンボーゲン。敗因の大半はゲート難、追ってギアが上がらないように体力不足の2点に尽きると思います。もう一回り・二回り大きくなってくれないと…。パワーアップが叶えば、走ることへの気持ちも出てくると思いますし、ゲートに関しても幾らか解消されるかもしれません。品のある馬で育成時のフットワークは良かったので、土台が出来れば、変わり身の余地はある筈。

個人的には冬場は充電期間と捉え、早くて来春の復帰で良いのかなと思います。それぐらい腰を据えて成長を促さないと、結果は何ら変わってきませんから。距離は芝2000よりはマイルぐらいの方が合っていると思います。

2018年11月10日 (土)

周囲を気にしたり、追われてから身体を使い切れていない現状。ダートに適性があるとは思えず、心の拠りどころはC.ルメールJが乗ってくれるということだけ。少しでも次走以降に繋がる走りを見せて欲しい。★エレンボーゲン

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

土曜東京2R 2歳未勝利・牝馬(ダ1600m)4枠5番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に南Wコースで時計

鹿戸師「7日に南Wコースで時計を出しました。先週末の飼い葉食いが少し落ちてしまいましたし一度競馬を使っていますから、負荷を掛けるというよりは息を整えることを重点にした調教を行いました。自厩舎の馬を前に見て、最後まで距離を保ったままゴールを迎えていますが、馬なりのまま楽に走り切れており動きは悪くなかったと思いますよ。ダート適性については走ってみないことには何とも言えませんが、ルメール騎手に乗ってもらえるのは強みだと思いますし、変わり身を見せて欲しいですね」(11/8近況)

助 手 2美坂良 60.8- 45.1- 29.7- 14.6 馬なり余力
助 手 4南W良 56.7- 41.5- 13.7 馬なり余力
助 手 7南W稍 67.7- 52.8- 39.8- 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京3日目(11月10日)
2R 2歳未勝利
サラ ダ1600メートル 指定 牝馬 馬齢 発走10:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タイトロープウィン 牝2 54 三浦皇成
2 2 スミレヴィオレッタ 牝2 54 伊藤工真
3 3 ミツカネラクリス 牝2 54 横山典弘
3 4 アドアステラ 牝2 54 柴田大知
4 5 エレンボーゲン 牝2 54 C.ルメール
4 6 ロマンチョウサン 牝2 54 松岡正海
5 7 ユノートルベル 牝2 54 宮崎北斗
5 8 ユメアカリ 牝2 54 菅原隆一
6 9 カンタベリーメガミ 牝2 54 武士沢友治
6 10 インバウンド 牝2 54 北村宏司
7 11 ペイシャコリンナ 牝2 54 田中勝春
7 12 ステイドネス 牝2 54 江田照男
8 13 エスペランサ 牝2 51 野中悠太郎
8 14 アウティミアー 牝2 54 石川裕紀人

○鹿戸雄師 「もうワンパンチがないし、練習してもスタートが遅くて…。決して体調は悪くないから、ダートで違った面を期待」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少頭数+広い東京コース+1度実戦を経験したことから、変わってくることを期待した前走。実際、前向きさが出てきて雰囲気は良化していたように思います。

ただ、ゲート内で他馬や開く音を気にしてしまい、頭を上げた形でゲートを出てしまうので、今回も出が一息で行き脚が付かず。少頭数ということでポジションを押し上げることは出来ましたが、序盤に無駄な脚を使ってしまっては良いことはありません。道中の折り合いに関しては問題なかったのですが、最後の直線でいざ追い出されてからが案外。走ろうとする気持ちはあるのでしょうが、身体を使い切れていない感じでギアが1つも上がらず。育成時は軽快な動きをしていたと思うのですが、ここまで違うとはホント悩ましい限りです。

一応、前走で優先権を確保できたことで、在厩調整を続けて中2週のローテで3戦目を迎える訳ですが、今回は適性を見る意味合いで早速ダートへ挑戦。距離が縮まることは歓迎でしょうが、非力さが目立つ現状+走法からダートで変わってくる余地は少ないかと思います。脚抜きの良い馬場になってくれないと辛いでしょう。状態に関してはデキ落ちは感じられず、力を出せる状態でレースへ向うことが出来る筈。

今回の心の拠りどころはC.ルメールJが乗ってくれること。それぐらいしか買い材料がないのは寂しい限りですが、スタートでのロスを最小限に止め、エレンボーゲンが気分よく走れるように導いてもらいたいです。そして最後の直線でしっかり脚を繰り出せるように…。

今回もあまり変わり身がないようなら、最低でも3ヶ月ぐらいは間隔を空け、心身の成長を十二分に感じ取ってから次走へ向かうようにして欲しいです。気持ちの弱いところがある馬なので、無駄遣いによって走る気持ちが萎えてしまってはどうしようもないですから。

2018年11月 2日 (金)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・入厩組)

Photo スイートウィスパー

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第5回東京開催
・調教内容:1日に南Wコースで時計

萩原師「こちらに移動してきてからも飼い葉は食べていますし、体調面に問題はなかったので、1日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。まだ軽めのところではありますが、想定していたよりも素軽い走りを見せてくれました。ただまだ全体的に非力感がありますし、これから時計を詰めていった時にどれだけ動けるかというところではありますね。もう少し本数を積んでから、デビューの予定を組んでいきたいと考えています」(11/1近況)

助 手 1南W良 42.4- 13.9 馬なり余力 ロジフェーヴル(新馬)強目の内同入

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:11月10日の東京・ダ1600m(牝)(C.ルメールJ)

鹿戸師「その後も体調面に問題は見られませんし、10月31日には南Pコースで運動を行っています。一度競馬を使っていますし、3コーナー付近から15‐15程度に脚を伸ばす形にセーブしていますが、走りは軽やかで良かったと思いますよ。前走からしっかりと状態は維持できていると思いますし、このまま態勢を整えていきたいと思います。来週のレースの鞍上はルメール騎手に依頼しています」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スイートウィスパーは帰厩後の初時計をマーク。内容はごく軽めのものですが、思いのほか動くことは出来た感じ。ただ、非力さが残るように体力をしっかり付けていくことあ大事でしょう。動き次第では暮れの中山でのデビューにズレ込んでも良いと見ています。

エレンボーゲンはこの中間、時計こそ出していませんが、前走時のデキはキープ。ダート適性に関しては半信半疑ですが、C.ルメールJが跨ってくれるのは有難いです。距離短縮を味方に一押しが利けば。ただ、パサパサの力の要るダートはマイナスかと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ワイルドココの17 | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フォーエバーローズ | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ