出資馬一覧

カテゴリー「クレッセントムーン」の26件の投稿

2018年6月17日 (日)

14日にゲート試験に挑戦し、無事1発合格しました。☆クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター/ゲート練習

高野師「その後も牧場で腫れが見られた左前脚の状態に問題はなく、順調にゲート練習を中心に調教を行っています。まだ出の方は少し遅いものの、枠入りや駐立は特に嫌がる素振りを見せることなくこなしてくれているので、それほど時間を掛けずにゲート試験を受けることが出来そうです。馬房でも落ち着いた様子ですし、今のところ特にこれと言って問題になるようなところはなく、毎日お行儀よく過ごしてくれているので助かっていますよ」(6/13近況)

⇒⇒14日(木)にゲート試験を受けて合格しています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

入厩して1週間が経過したクレッセントムーン。新しい環境に慣れ、本格的にゲート練習に取り組んできました。13日の更新では枠入り・駐立は問題なく、発進が鈍いだけだったので、あと1週間ぐらい練習を重ねれば、合格のメドが立つものと見ていました。

そうしたところ、15日になって前日14日にゲート試験に挑戦していたことが発覚。練習を兼ねて受験したんだと思いますが、1発で合格することが出来ました。まずは無事に競走馬の第一関門をクリア。ピリッとした面はあるも、根は素直なクレッセントムーン。学習能力も高いのかなと思います。

このままデビューを目指すのか一旦仕切り直しをするのかは次の更新時でハッキリするでしょうが、個人的にはゆっくりデビューへの態勢を作っていってもらえればと考えています。

2018年6月11日 (月)

7日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:7日に栗東・高野厩舎へ入厩

高野師「左前肢に腫れが見られたことから、入厩の予定が少し遅れてしまいましたが、幸いにも症状はすぐ落ち着き、調教もすぐ再開されたことから、7日の検疫で入厩致しました。長距離輸送の疲れもあると思いますので、数日間は状態を見させていただき、環境に慣れさせながら調教を開始していきたいと思います」(6/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

GW明けにNFしがらきへの移動が示されたクレッセントムーンでしたが、左前脚の腫れで移動が延期に。順調に来ていたところでの頓挫で長引くことを心配、覚悟したところもあったのですが、一過性のものでホッと一安心。すぐに調教のペースを取り戻し、今回の入厩へと繋がることが出来ました。

少しテンションが上がりやすい性格なので、まずは新しい環境に慣らすことが1番。それから乗り込み・ゲート練習へと進めていってもらえればと思います。

2018年6月 3日 (日)

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2300m

担当者「騎乗調教を再開し、坂路でのハロンペースを15秒まで上げた後も脚元の状態は変わりありません。移動を延期することになってしまいましたが、幸いにもすぐ調教を再開することが出来ましたので、今月の移動を目標に再び乗り込みを強化していきたいと思います。テンションはやや上がり易いので、その点には注意していますが、筋肉隆々の好馬体は本当に惚れ惚れしますね。完成度の高い馬だけに、無事にデビューまで進めることが出来れば、初戦から良い競馬をしてくれると思いますよ。馬体重は475キロです」(6/1近況)

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1~2本、残りの日は軽めの調整

担当者「一時は坂路のペースをハロン17秒まで落としていましたが、この中間からハロン16秒までペースを上げて乗り込んでいます。特に左トモに疲れがあったために走りのバランスが崩れていたのですが、ショックウェーブ治療を行う等ケアした結果、現在はバランスも真っ直ぐになりましたし、歩様も特に気になりません。もともと右トモが上手く使えなかったのですが、それが原因で左トモに負担が掛かってしまったのでしょう。今後もしっかりとケアしつつ進めていきたいと思います。馬体重は519キロです」(6/1近況)

Photo アマネセール(牡・斉藤崇)父エイシンフラッシュ 母アウトオブザウィム

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2200m

担当者「この中間も坂路でハロン15秒のペースで登坂し、速い日は14秒に近いところまで脚を伸ばすようにしています。周回コースでは癖もなく、とても乗り易い馬ですが、坂路だと一変して力んで走ってしまうところが窺えるので、その点には気を付けながらリラックスを心掛けています。登坂回数を重ねていくにつれて、トモの踏み込みが力強くなり、以前よりしっかりしてきたように思えます。先日、斉藤崇師が来場し、状態を確認したところ、6月の13~15日あたりの入厩を目標に進めてくださいと仰っていました。力みから、坂路では上体が上擦ってしまうところがあるので、入厩するまでに出来る限りフォーム修正に努めていきたいと思います。馬体重は474キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クレッセントムーンの左前脚の腫れは大したことはなく、既にハロン15秒の調教をこなせるまでに。このまま行けば6月中の移動となりそう。更新された画像はメリハリがあって、見栄えの良さは◎。あとは単純に脚が遅くなければ、それなりに活躍してくれると思います。

ボンディマンシュはトモに疲れが出て、調教メニューを軽くしていましたが、ショックウェーブ治療など処置を行ったことでほぼ回復。元々、右トモにウィークポイントがあったみたいです。血統面から期待している1頭ですが、デビューまでに改善すべき点は満載。長い目で見ないといけないのは分かっているのですが…。

アマネセールは坂路だとムキになって力んだ走りに。他馬を気にするような面はないと思うのですが、自分のリズムを守れなくなってしまいます。気持ちが空回りしているのかな? その一方で乗り込み自体は順調。今月半ばの入厩を考えているとのことです。

2018年5月28日 (月)

【動画更新】クレッセントムーン

↑↑↑

Photo クレッセントムーン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前肢に腫れでNFしがらきへの移動が白紙になったクレッセントムーンですが、新たに公開されたこの動画を見る限り、腫れは疲れによる一過性のものだったんでしょう。

登坂するクレッセントムーンは併走馬に合わせた走り。多少行きたがる面はありますが、フットワークは軽快そのもの。走りのブレが少なく、体幹がしっかりしているのがやはり良いですね。また、歩いている様子を見ると、カリカリした面が和らいできているのも好印象です。

2018年5月15日 (火)

左前脚に軽い腫れが確認された為、移動は延期になりました。★クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2300m

担当者「この中間は移動に向けて調整が進められています。当初は11日にノーザンファームしがらきに移動する予定でしたが、左前肢に腫れが見られたため大事を取って移動を延期しました。既にトレッドミルでの運動を経て乗り運動を開始しているように、幸い症状も軽く済んでいます。元々移動予定があったくらい動きも良く、毛艶も良好で状態面でも気になるところが無かった馬ですから、患部の状態次第で再度移動予定をたてることになるでしょう。馬体重は475キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7日の最新情報でNF天栄を経由して11日にNFしがらきへの移動が発表されたクレッセントムーンでしたが、今度は10日の最新情報で左前脚に軽い腫れが確認された為、移動の予定が延期になったとのこと。

その後、続報がなく、今日までモヤモヤしましたが、大事を取っての延期で症状自体はごく軽度とのこと。既にトレッドミルでの運動を経て、軽めの騎乗運動を始めているようです。ただ、この腫れはどこかにぶつけたのではなく、疲れによるものなので、念入りなケア・慎重なジャッジで快方へ進んでいくよう、ここは時間を掛けて対応してもらいたいです。

2018年5月 5日 (土)

【近況】【画像&動画更新】クレッセントムーン

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はウォーキングマシン

担当者「この中間は坂路の登坂回数を週3日に増やしています。その分負荷が強まっていますが、飼い葉は問題なく食べていますし、馬体重も大きく減らさず調整できているのはいい傾向だと思います。見た目的にも馬体の張り・艶に問題は見られず、いいボディコンディションを保てていると思いますよ。現在の調教での動きからすると、早い時期から始動していけそうですし、それを見据えてゲート練習も並行して行っていますが、今のところ問題なく進めることが出来ています。馬体重は477キロです」(4/15近況)

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2300m

担当者「この中間は週1回ハロン14秒までペースを上げています。前向きにしっかりと調教に臨めるだけでなく、最後まで脚色が衰えることなく坂路を登坂出来るようになりました。ただ、ハロン14、15秒のペースで上がってきた後の常歩は少しテンションが高いですから、ここは気をつけていかなくてはいけません。体調面や脚元にも現時点で問題なく順調に進められていますので、比較的に早めに移動出来そうです。今後も現在のペースで乗り込みを重ねて5月中の移動を視野に進めてまいります。馬体重は474キロです」(5/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

速い調教を重ねることで気性面でピリピリした面を窺わせるクレッセントムーンですが、前向きさはあるので、これぐらいのテンションの高さは許容範囲という感じ。坂路の動きは躍動感がありますし、芝でも走れるようなら楽しみは更に増します。

今後の課題・注文とすれば、攻めを強化する中での馬体減はいくらか解消されてはいますが、理想はもう少し増えて、多少余裕のある造りで牧場での生活を送って欲しいところ。また、最新動画でも3頭併せで頑張ってくれていますが、僚馬に挟まれる形での3頭併せでの動きを見てみたいです。

2018年4月 6日 (金)

シルクなお馬さん(2歳・関西馬)

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はウォーキングマシン 

担当者「この中間も坂路でハロン15秒ペースの調教をメインに進めています。以前は乗り進めていくと馬体が減ってしまっていましたが、段々と体がしっかりとしてきているのでしょう、乗り込んでいても馬体重の減りがなくなり、逆に先月に比べて少し増えているくらいです。坂路での動きは相変わらず躍動感に溢れていてとても良く、自分からハミを取ってグイグイと進んで行ってくれます。この調子で乗り込みを進めていき、しっかりとした基礎作りに励んでいければと思っています。馬体重は480キロです」(4/1近況)

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2400m

担当者「引き続き坂路でハロン15秒ペースの乗り込みを中心に調教を進めています。また基礎体力強化のため、この中間は周回コースで乗り込む量を増やしています。調教の密度は濃くなっていますが飼い葉食いが減ることはありませんし、馬体をフックラと見せていて体調面は良好です。先月同様、登坂中に息を入れられるよう意識して乗り込んでいますが、まだ気が乗り過ぎていますので、そのあたりはこの先も課題として取り組んでいきたいと思います。今後も夏頃のデビューを視野に入れつつ、4月中旬の移動を目標に進めていきたいと思っています。馬体重は528キロです」(4/1近況)

Photo ボンディマンシュ(牡・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター1600m、残りの日は軽めの調整 

担当者「この中間は週3回の坂路調教を継続し、ハロン18秒をベースに週2回は終いハロン17秒まで伸ばしています。ハロン17秒でも軽い走りを見せており、素質の高さを感じます。ここに来て筋肉量が増し、馬体には更にボリュームが出てきました。馬体・脚元に関しても問題なく、体調面は維持できています。調教中のテンションなど、まだ課題はありますが、それも少しずつ良くなっていますので、今後もこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は498キロです」(4/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コツコツ乗り込むことが出来た結果、体がしっかりしてきたクレッセントムーン。それによって馬体減りは緩和し、逆に馬体が充実してきています。走ることに関してはセンスを秘めているだけに牡馬らしい逞しさが出てきたのはホント嬉しいです。

シングルアップは早ければ今月中の移動も。問題なく乗り込めているので、馬体重がそれほど減ってなくても、最新画像はスッキリした印象。目付きが穏やかなのも好感が持てます。あとは一息で走ってしまうような面が解消されてくれば、期待はグンと上がります。

ボンディマンシュは普通キャンターで乗り込み中。動きにはキラッと光るモノはありそうですが、周囲に敏感なところなど精神面の成長が急務。心身のバランスが整ってくれば、動きも変わってくることでしょう。進んでいる同期の動きに惑わされず、マイペースを貫いていってもらいたいです。

2018年3月30日 (金)

【動画更新】クレッセントムーン

↑↑↑

Photo クレッセントムーン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

カリカリしている面が和らいでくればベターですが、馬場に脚を捕られることなく駆け上がっているのは好感。力強い脚捌きでもあるので、やはりダートで期待できる1頭なのかなと思います。

良い資質を秘めているのは間違いないので、精神面でどっしり構えることが出来るようになれば更に動きは良くなる筈。ただ、急かすと良くない感じもするので、怪我なく、地道に取り組んでいってもらえればと思います。

2018年3月 8日 (木)

シルクなお馬さん(2歳牡馬)

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンター1本、週3回周回コースでキャンター1800m

担当者「先月と変わりなく坂路コースでハロン15秒での調教を継続できています。乗り込み量は増えてきていますが、馬体重もそれほど減ることなく実戦的な調教に対応することができています。先月より登坂中に息を入れるところを作るよう注意して騎乗していますが、良くはなってきているものの引き続き課題として取り組んでいきたいですね。前向きな気性は相変わらず走りにプラスに働いていますし、体調面での心配はいまのところありません。普段からとても元気一杯ですが、そういう時こそ注意が必要ですので、体調を良く観察しながら曜日によって調教に強弱をつけて、徐々に負荷を高めていくつもりです。このまま運動を継続できれば、夏前後のデビューを予定できるかもしれません。馬体重は526キロです」(3/1近況)

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めの1800mのキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「騎乗調教を連続して行うと馬体重が減りやすいので、乗り運動を週3回に止め残りの日はマシンのみにして強弱をつけた調教を行っています。ここ数週間は、目に見えて体重が減ることはなくなりましたので、少しずつ体力がついてきているのを感じます。体重が思うように増えてこない理由の一つとしては、前向き過ぎる気性面が考えられますが、坂路ではその前向きさが、胸のすくような躍動感のある走りを生んでいるのも事実です。焦らず、よく状態を見極めて体調に合った調教していけば、見栄えのする馬体に成長してくれることでしょう。体調面や脚元にも現時点では問題はなく、このまま順調であれば秋頃のデビューを視野にいれられるかもしれません。馬体重は473キロです」(3/1近況)

Photo フロントライン(牡・小笹)父エスポワールシチー 母コールドフロント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2200~2500m

担当者「この中間は坂路調教のペースを上げ、週1回はハロン17秒から終い1ハロン16秒、週1回はハロン16秒ペース、週1回は最初の1ハロンを16秒で入り、終い2ハロンを15秒まで伸ばしています。坂路ではかなり前向きで勢いのある走りを見せており、柔らか味のある動きでとても好感が持てます。ただ、ここに来て少し疲れが出たのか、体重が減ってしまいましたので、今後は抜くところは抜いて、疲労回復に務めていきたいと思います。もう少し馬体がしっかりしてほしいですが、仕上がりは早いタイプだと思いますので、今後も早期デビューを視野に入れて進めていきたいと思います。馬体重は447キロです」(3/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは最新画像を見ても、幾らか締まってきた様子。順調に攻めを課すことが出来ているのは何より。あとは一息で走ってしまわないよう、競馬での走りを教え込むことが最優先課題です。タメの利く走りをしっかりマスターしてもらわないと。

クレッセントムーンは引き続き馬体重の維持・増加が課題。それを叶うには食欲が出てきてもらないと。また、内面の弱さも影響していると思うので、地道な体力強化が必要になってきます。競走馬としてのセンスの良さを感じるだけに大事に育てていって欲しいものです。

フロントラインは歩様に癖のある馬ですが、装蹄で上手に整えているのでしょう。脚元に不安を見せず、乗り込めているのは何より。完成度も高い1頭ですが、ここに来て馬体が一気に減ってしまったのが悩ましいところ。幾らか馬体が引き締まったというのはあるでしょうが…。リフレッシュを上手に取り入れながら、更に鍛えていってもらいたいです。

2018年2月18日 (日)

【動画更新】クレッセントムーン

↑↑↑

Photo クレッセントムーン

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

少し頭の高い走法に見えますが、リズミカルに登坂する姿は好感。へニューヒューズ産駒ですが、案外芝でもやれるタイプかもしれません。体型もスラッとしている方ですし。

走ることに関しては水準以上のモノはあると思うので、調教を継続しながら馬体重の維持・増加が叶うようになってくれれば。課題はそれに尽きると思います。

その他のカテゴリー

アマネセール | アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ボンディマンシュ | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ