2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「クレッセントムーン」の104件の投稿

2020年1月21日 (火)

時計の速い決着になると分が悪い印象はあったも、一息入れてパワーアップを感じていただけにここまで負けるとはビックリ。心配した喉等には異常は見当たらないも、この敗戦が尾を引かないように牧場でじっくり立て直して欲しい。★クレッセントムーン

2020011800

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

土曜京都8R 五条坂特別(ダ1800m)15着(4番人気) S.フォーリーJ

モッサリとしたスタートから二の脚を活かして8番手を追走します。3コーナー過ぎから押し上げていこうとしますが、最後の直線では手応えなくズルズル後退し、約4ヶ月振りとなるレースは15着で終えています。

S.フォーリー騎手「レース序盤は無理せず良いポジションに取り付けることが出来ましたし、特に注文を付けるところがないぐらいでした。ただ、向こう正面を過ぎたあたりから徐々に息づかいが苦しそうになり、勝負どころでは全くついて行くことが出来ませんでしたし、最後の直線ではバッタリ止まってしまいました。レース後は特に気になるところが無かったことを考えると、体力がまだしっかり付き切っていないのかもしれません」

高野調教師「道中の雰囲気やこの馬の能力を考えると、ここまでパッタリ止まることはなかなか考えにくいですよね。特に直線での止まり方が気持ち悪かったので、レース後すぐに心音の確認や内視鏡検査などをさせていただきましたが、今のところ問題は無さそうです。歩様も変わらないですし、明確な敗因が掴めません。馬体重を見ると休み明けで二桁プラスでしたから、そこが敗因かもしれませんが、調教ではある程度動けていましたからね。トレセンに戻っての状態次第にはなりますが、このような負け方になってしまいましたから、心身のリフレッシュが必要だと思いますので、いったん放牧させていただく予定です」(レース結果) 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

14キロ増で体には少し余裕。発馬ひと息。二の脚で好位直後につけて流れに乗っていたが、3角からは反応がもうひとつ。右手前のままでパッタリ止まった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:15日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

高野師「トレセンに戻って改めて状態をチェックさせていただきましたが、特に傷んだところはなく、内面に関しても気になるところはありませんでした。調教に関してはしっかり乗り込んでのものでしたから、久々が影響したとは思っていません。優先出走権を獲ることが出来なかったこともありますし、さすがにこのまま続戦させるよりは、一旦牧場へお戻しさせていただいて、もう一度立て直そうと思います。次走の予定につきましては、牧場で状態を確認しながら検討したいと思います」(1/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

目の外傷もあって前走から少しレースが開いていたクレッセントムーン。ただ、帰厩後は坂路で上々の時計を連発し、大事に使われてきて成長しているなあと感心していたのですが…。まさか自滅する感じで15着まで沈んでしまうとは想定外でちょっとショックの大きい敗戦となりました。

プラス14キロは幾分立派かと思いましたが、時期的なものを考えると許容範囲の造り。スタートして1角へ向かう時は良い感じで駆けていたなあと思ったのですが、3角過ぎから早くも余裕がなくなる感じに。息遣いに問題があったようですが、揉まれることになったのも良くなかったのかな? レース後の検査では喉の異常は見当たらなかったということなので、キックバックを吸い込んでしまったりしたのかな?

昇級して速い時計への対応力が1つ鍵にはなると思っていましたが、今回はそれ以前の敗戦。力を出し切っていないので、レース後も外見上は元気一杯。ただ、この敗戦が尾を引かない為に再度立て直すこととなりました。クレッセントムーンは15日にNFしがらきへ放牧に出ています。牧場でも改めて馬体チェックを行い、慎重を期して乗り出してもらえればと思います。あと、手前の替え方が下手なことでギアを1段上げることが出来ていないと思うので、この点の解消にも力を注いでもらいたいです。また、馬体が充実してきた分、短距離志向が強まったと思うので、これからはダ1400mを主戦場に考えた方が良いのかもしれません。

ここですぐ様、頭打ちになってもらっては困るので、陣営にはこの大敗を契機に色々見つめ直してもらい、新しい取り組みを行っていって欲しいです。

2020年1月11日 (土)

目の外傷でレースが開いてしまうも、帰厩後の動きは上々で力を出せる仕上がり。昇級戦でも素質は見劣らないも、いきなり好勝負するには時計を詰める必要がありそう。まずはこのクラスにメドの立つ走りを見せて欲しい。☆クレッセントムーン

2019061800_20200111033901

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

土曜京都8R 五条坂特別(ダ1800m)7枠13番 S.フォーリーJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:8日にポリトラックコースで追い切り

高野師「8日にポリトラックコースで追い切りました。ハーツクリスタルと併せ、終い重点でしっかり負荷を掛けておきましたが、昨年9月以来とは思えない動きでしたから、良い状態に仕上がっていると思います。左目を痛めた為に牧場ではじっくり進めてもらっていましたが、調教を開始するまでそこまで時間は掛からなかったですし、その後も順調に進められました。今回は久々に加え、昇級戦でもありますから、条件としては厳しいですが、馬のポテンシャルからすると、このクラスでも十分やれると思っています。前走は暑さが堪えてかなり厳しいレースでしたが、それを乗り越えて結果を出してくれましたから、今回も良い競馬を期待したいですね」(9/5近況)

藤 懸 6栗坂良 60.1- 43.9- 28.6- 14.4 馬なり余力
助 手 8栗P良 88.0- 70.5- 53.2- 38.7- 11.7 末一杯追う ハーツクリスタル(三未勝)強めの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都3日目(01月11日)
9R 五条坂特別
ダ1800メートル 4歳上2勝クラス 指定 混合 定量 発走14:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ウインプラウド 牡4 56 和田竜二
1 2 ランドジュピター 牡6 57 幸英明
2 3 ブリーズスズカ 牡7 57 加藤祥太
2 4 ネクストムーブ 牡7 57 福永祐一
3 5 ソルトイブキ 牡4 56 四位洋文
3 6 オーヴェルニュ 牡4 56 川田将雅
4 7 レンジストライク 牡5 57 酒井学
4 8 カフジキング 牡7 57 C.ルメール
5 9 テイエムチューハイ 牡6 57 国分恭介
5 10 ベストマイウェイ 牡5 57 西村淳也
6 11 サンティーニ せ5 57 川又賢治
6 12 メスキータ 牡4 56 古川吉洋
7 13 クレッセントムーン 牡4 56 S.フォーリー
7 14 アスカノハヤテ 牡6 57 鮫島良太
8 15 ダノンテイオー 牡4 56 松山弘平
8 16 ウインハイラント 牡6 57 原田和真

○高野師 「調教では動けるようになって、秋より力をつけたと実感。2勝クラスでどうか試してみたいです」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の阪神戦は暑さにへばり、一杯一杯の競馬でしたが、力を振り絞り人気に応えてくれたクレッセントムーン。時計が速くなった際に不安は残りますが、相手なりに走れるタイプだと思うので、2勝クラスに昇級しても恥ずかしい競馬にはならないと思います。

前走後はNFしがらきで再調整し、秋の京都で次走を迎えようと帰厩するも、馬房のどこかに目をぶつけるアクシデント。打撲の症状が見られ、骨などには異常はなかったものの、角膜に軽度の傷を付けてしまうことに。暫く安静にした方が良いとのことで再度NFしがらきへ放牧に出ることになってしまいました。その後、目の回復に時間を要してしまいましたが、トレッドミルを併用しながらコツコツ乗り込みを消化。前走からレースは4ヶ月開いてしまいましたが、じっくり鍛えることは出来たと思います。

先月18日に栗東へ戻ってきたクレッセントムーンは早々に速い時計をマークするなど元気一杯。ビシビシやれていますし、ラスト1ハロンは12秒台前半をコンスタントにマーク。中間の動きを見ると、ここに来て着実に力を付けてきたと思います。また、気性の勝った馬なので久々は苦にしません。

ただ、今回は昇級戦。ここまで大事に使ってきて、まだまだ伸びしろを見込めるクレッセントムーンですが、平場ではなく特別戦になりますし、相手関係に目を遣ると、人気を集める馬はなかなか手強そう。冬場の力の要る馬場はプラスかと思いますが、それでも1分52秒前後の時計が必要になってくるかも。そうなると、これまでの戦績からワンパンチ足りないように思うので、このクラスで強い相手に揉まれる必要があるでしょう。そして地力を付けて、このクラスを早い内に卒業してもらえたら…。

勿論、連勝という淡い期待は持っていますが、まずはこのクラスにメドの立つ走りを見せてくれれば上々だと思います。

2019年12月31日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:25日に坂路コースで追い切り

高野友師「25日に坂路で追い切りました。単走でしっかり負荷を掛けてみましたが、動き・反応ともに良かったですよ。2週続けてしっかり動けていますし、あと2本しっかり時計を出せば態勢が整うでしょうから、このまま問題なければ翌年1月11日の京都・五条坂特別に向かいたいと思います」(12/26近況)

助 手 20栗坂良 52.5- 38.5- 24.9- 12.3 一杯に追う
助 手 25栗坂良 53.9- 39.2- 25.2- 12.3 叩き一杯

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日にBコースで追い切り
・次走予定:京都1月6日・芝2000m(福永J)

斉藤崇師「25日にBコースで追い切りました。長めから時計を出しても最後まで軽快な走りでしたし、しっかりと動けるようになってきましたね。帰厩当初はもう一つ体全体を上手く使って走れていなかったですが、力みが取れてノビノビ走れるようになってきましたので、今の雰囲気なら心身ともに良い状態でレースに向かえそうです」(12/26近況)

団 野 20栗B良 74.4- 58.2- 43.0- 13.5 馬なり余力
助 手 25栗B良 79.9- 64.7- 51.1- 38.4- 12.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クレッセントムーンは来月11日の京都・五条坂特別へ向けて調整中。既に追い切りを2本マークしていますが、ビシッと追ってラスト12秒3は優秀。少しずつダート馬らしい力強さが出てきていると思うので、来年は2勝クラスは卒業し、3勝クラス→OPへと駆け上がって欲しいです。

アマネセールはビシッとはやられていないも、25日の追い切り時計は優秀。ひと追い毎に中身は整ってきているのかなと思います。また、Bコースでこれだけ軽快に動けるのなら、どこかのタイミングでダートを試す価値はあると思います。

2019年12月24日 (火)

18日に帰厩。年明けの京都開催での出走を予定しています。☆クレッセントムーン

201911_20191224043701

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

・在厩場所:18日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:2020年・第1回京都開催

高野師「放牧に出した後は目の傷もすぐ治まりましたし、調教開始後も順調に進められていましたので、18日の検疫でトレセンにお戻しさせていただきました。復帰戦は年明けの京都開催を予定していますが、具体的な番組は追い切りの動きを確かめながら検討していきたいと思います」(12/18近況)

助 手 20栗坂良 52.5- 38.5- 24.9- 12.3 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

目に外傷を負ったことで年内の出走は叶いませんでしたが、年明け早々の出走へ向けてクレッセントムーンは18日に栗東へ。具体的な番組はこれからの動き次第になってくるようですが、早速20日に坂路でビシッと追われています。全体時計&ラスト1ハロンの時計は上々で、じわじわ地力を付けてきてくれている印象です。次走から2勝クラスでのレースとなりますが、まずはメドの立つ走りを見せて欲しいです。

2019年12月18日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「帰厩に備えて引き続き坂路で14-14のペースで乗り込んでいます。この馬なりに動きが良くなってきましたし、態勢は整いつつあります。目の傷も治まっていますし、いい状態で送り出すことが出来ると思います。馬体重は516キロです」(12/13近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:2020年・第1回京都開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「来週から年明け早々には帰厩する予定になっていますので、いつ声が掛かってもいいように乗り込みを続けています。緩さが解消されるにつれて力強さが増してきましたし、この馬なりに成長していますよ。2勝クラスでもいい競馬が出来るように、移動するまでしっかり鍛えていきたいと思います。馬体重は525キロです」(12/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クレッセントムーンは声が掛かれば帰厩できるレベルまで状態は上がっていると思います。おそらく先週末に出走したインヘリットデールとの入れ替えになるのかなと思います。目の傷の影響がレースでなければ良いのですが。

ボンディマンシュは気性面の難しさを残すも、放牧を挟みつつ、馬体はしっかりしてきている様子。どこまで出世できるかは何とも言えませんが、2勝クラスはクリアして欲しいです。帰厩は年明けになってくるのかなと思います。

2019年12月 4日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められており、時間を掛けていくにつれて状態が戻ってきましたよ。この中間から坂路で15-15を開始しましたが、動きに力強さが戻ってきましたし、思っていた以上に良化が窺えます。背腰の肉はまだ完全に戻り切っていないものの、良くなってきているのが目に見えて分かるぐらいですから、引き続き負荷を掛けながら馬体を良くしていきたいと思います。馬体重は561キロです」(11/29近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「この中間はより馬体を引き締める為に、坂路で14-14までペースを上げています。乗り込んでいくにつれて馬体は良くなってきましたし、負荷を掛け続けていけば更に良くなってくるでしょう。具体的な番組は決まっていませんが、いつ声が掛かってもいいようにコンディションを整えておきたいと思います。馬体重は513キロです」(11/29近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路で週2回15-15のペースで登坂していますが、以前と比較するとしっかり走ってくれるようになりましたね。まだ成長途上の中でも2勝を挙げてくれたのですから、今後がますます楽しみな馬ですね。間隔を空けて出走させていることが成長にも繋がっていると思いますから、次走の予定が決まるまで、乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は519キロです」(11/29近況)

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒までペースを上げた後も疲れを見せることもなく、順調に進められています。脚元の方も気になることはありませんし、体調面も良いので、具体的な予定が決まるまでこのまま乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は514キロです」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップはようやく復調気配。ハロン15秒の調教も難なくこなし、動きに力強さが出てきています。あとは落ちてしまった背腰の肉をコツコツ乗り込むことで充実させていってもらえればと思います。

クレッセントムーンは目の怪我の時に緩んでしまった馬体の引き締めに専念中。ハロン14秒まで負荷を高めていますが、動き自体は何ら不安・問題ありません。先週の競馬を使ったインヘリットデールとの入れ替えがあるかもしれません。

ボンディマンシュは心身の幼さが残る中、1勝クラスを突破。未勝利が非常に恵まれた中での勝利だったので正直もっと苦戦するかと思っていました。今後も噛み合わなければ大敗するケースはあるでしょうが、良くなる余地も多くあるので、一喜一憂せずにレースでの経験値をアップさせていって欲しいです。

アマネセールは球節部分が張りやすいですが、それが悪化するところまでは行かず。そして時間の経過と共に緩和してきてくれます。ケアを入念に行いながら、脚元は少しずつでもしっかりしてきてくれればと思います。

2019年11月29日 (金)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

しがらき担当者「角馬場で乗り進めていても体調面に問題はなく、馬体についても段々と戻ってきていますから、今週から坂路コースでの調教を開始しています。まだハロン17秒とそれほど速くはありませんが、良い意味でいつも通りの動きを見せていますから、馬体の雰囲気を見て負荷を上げるタイミングを図っていきます。馬体重は562キロです」(11/22近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

しがらき担当者「この中間も坂路コースでハロン15秒ペースの運動を続けています。その後も目の方は大丈夫ですが、少し楽をさせたことで緩んでしまった馬体はまだ引き締まってこないので、この調子で乗り込んで良化を図っていきたいところです。馬体重は508キロです」(11/22近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

しがらき担当者「この中間は予定通り坂路コースのペースを上げており、ハロン15秒まで脚を伸ばしています。調教の負荷を強めてからもしっかりとした脚取りで登坂できていますし、この感じで乗り込みながら次走の予定を立てられるよう状態アップを図っていければと思います。馬体重は523キロです」(11/22近況)

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15~16秒

しがらき担当者「その後も脚元の状態に問題はないことから、今週から坂路コースのペースをハロン15秒まで上げています。負荷を強めてからも動きは良い意味で変わりありませんし、この感じで乗り込みながら状態が上がってくるのを待ちたいと思います。馬体重は510キロです」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路入りのタイミングを図っていたシングルアップですが、この中間から乗り込みを再開。トレッドミルを併用しつつ、普通キャンターで登坂出来ています。この感じならハロン15秒のところへ踏み出すのもまもなくでしょうが、馬体に張りを取り戻すには相応の時間は必要に。焦る必要はないので淡々と与えられた調教メニューをこなしていってもらえればと思います。

クレッセントムーンは引き続き坂路でハロン15秒の調教を消化中。目に関しては何ら不安は残っていませんが、楽をさせて少し緩んでしまった馬体の引き締めに苦労している様子。年明け早々の始動を思い描いていましたが、予定が少しズレていってしまうかもしれません。

ボンディマンシュは負荷を高めながら馬体のボリュームアップも増している状況に好印象。ここまで順調に乗り進められていますが、まだまだ心身の成長の余地が多い馬だけに、もう少し間隔を空けて昇級戦となる次走へ臨んでもらえればと思います。スピードは上のクラスでもやれるものはあると思うので、精神面の幼さが少しずつでも抜けていって欲しいものです。

左前肢に軽い張りが見られたアマネセールですが、一過性の疲れという感じで時間の経過と共に解消。この中間はハロン15秒まで負荷を高めて乗り込むことが出来ています。この感じなら次走へ向けて問題なく進めて行けるでしょう。ただ、次走となると年明けになってくるのかなと思います。

2019年11月18日 (月)

シルクなお馬さん(3歳上牡・セ馬・NFしがらき組)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、角馬場で軽めの調整

厩舎長「トレッドミルでの運動は順調に進められていましたので、12日に状態を確認するために角馬場で乗り出しています。馬体は緩んでしまいましたが、落ちた筋肉が徐々に戻ってきましたし、経過としては順調に良化が窺えますよ。このまま問題なければ来週あたりから坂路にも入れていきたいと考えていますので、それに備えて運動を継続していきたいと思います。馬体重は563キロです」(11/15近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「目の方はもう気にならないですし、調教を開始した後も順調に進めることが出来ています。この中間から坂路で15-15を開始していますが、緩んだ馬体は徐々に戻ってきましたし、この調子で乗り込みを続けていけば、馬体も引き締まってくるでしょう。馬体重は509キロです」(11/15近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていますし、変わらず良い状態を保っていますよ。この調子ならこのままペースを上げても問題なさそうなので、来週あたりから負荷を掛けていくことを考えています。馬体重は513キロです」(11/15近況)

Photo_3 アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「左前肢に軽い張りが見られましたが、検査では異常はなく、歩様も問題ないことから、週半ばから坂路で乗り出しています。運動後も脚元は変わりないですし、このまま進めていっても問題ないでしょう。暫くは馬の状態に合わせて、徐々にペースを上げて行ければと考えています。馬体重は505キロです」(11/15近況)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回阪神開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「こちらに移動後も問題なく、先週末から調教を開始しています。元気が良いですし、矢作師から第5回阪神開催を目標にトレセンへ帰厩させたいと連絡をいただいていますので、今週から坂路で負荷を掛けた調教メニューに切り替えています。いつ声が掛かっても良いように乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は497キロです」(11/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは角馬場での乗り込みを開始。馬体は緩んでしまいましたが、坂路へ連れ出すのは秒読み段階なので、今はそれに備えてもらえればと思います。

クレッセントムーンはハロン15秒の調教を開始。状態は良さそうなので負荷をしっかり掛けながら馬体を引き締めていってもらえればと思います。

ボンディマンシュは先週と同じ調教メニューを消化。前走の疲れ・反動は全く心配なさそうなので、硬さ対策の為にトレッドミルを併用しつつ、負荷を高めていってもらえればと思います。心身の成長を促していけば、まだまだ伸びシロを見込める馬です。

NFしがらきへ戻って来てまもないアマネセール。左前脚に少し疲れの兆候が見られましたが、検査の結果は異常なし。時間の経過と共に解消されていくとは思いますが、もう少しの間は慎重な姿勢を崩さないようにお願いします。

ナイトバナレットはレースでの結果は出ていないのですが、早速坂路で意欲的に乗られているように元気一杯。馬体に余裕があるのが成績の停滞に繋がっていると思うので、引き締めに全力を上げてもらいたいです。

2019年11月12日 (火)

シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「現在もトレッドミルで常歩、ダクの調整を行っていますが、問題なく進められていますので、タイミングを見計らってキャンターを始めたいと考えています。体の方は徐々に戻ってきましたから、その後も問題なければ乗り運動に移行していきたいと考えています。馬体重は558キロです」(11/8近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「目の状態も順調に回復しましたので、今週から坂路で乗り出しています。運動後も変化はないですし、このまま進めていっても問題ないでしょう。年内は少し急ピッチになりますから、年明けあたりを目標に進めていきたいですね。馬体重は510キロです」(11/8近況)

Photo_3 ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「こちらに移動後も目立った疲れは見られませんでしたので、今週から坂路で乗り出しています。硬さもなく、思いのほかレースの疲れはすぐ回復しているので、このまま進めていっても問題なさそうです。次走の予定は決まっていませんが、いつ声が掛かっても良いように進めていきたいと思います。馬体重は507キロです」(11/8近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:阪神12月1日・猪名川特別
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間から15-15までペースを上げています。負荷を掛けた後もしっかり対応していますし、動きも良くなってきましたよ。次走の予定について高野師と話し合ったところ、このまま問題なく進めて行けるなら、12月1日の阪神・猪名川特別に向けてトレセンへ帰厩させることとなりました。馬体重は494キロです」(11/8近況)

⇒⇒12日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(11日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは引き続きトレッドミルで軽めの調整。負担を少なくしながら馬体の回復を待っている状況です。今しばらくは我慢の調整を続けてもらえればと思います。

クレッセントムーンは目の回復が進んだこともあり、この中間から坂路での普通キャンターを開始。状態面で不安はありませんが、回復に時間を掛けた為、年内の出走は難しいことに。まあ、焦っても仕方はないので、年明けの早い段階で始動できるように乗り込んでいってもらえればと思います。

ボンディマンシュはNFしがらきへ到着してまもないですが、トレッドミルを併用しながら坂路での普通キャンターを開始。硬さが残る点に関しては、トレッドミルで速いところを乗るようにしたりして工夫してもらえればと思います。あとは精神面で更に大人になってきてくれれば、まだまだ上を目指していける筈です。

インヘリットデールは好調をキープし、坂路でハロン15秒のところも消化。動きも悪くない様子。これを受けて次走について話し合いが行われ、来月1日の阪神・猪名川特別へ向かうこととなりました。そして11日の最新情報で本日帰厩する予定です。リフレッシュ後は堅実に駆けてくれるので、1400mを使って3戦目となる次走はチャンスをモノにして欲しいです。

2019年11月 8日 (金)

シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組)

Photo_3 シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、徐々に馬体が回復してきましたので、今週からトレッドミルでの運動を開始しています。暫くは負担が掛からない程度に控えながら、進めていこうと思いますが、移動当初よりふっくらとしてきましたので、トレーニングを続けながら緩んだ馬体を戻していきたいと思います。馬体重は551キロです」(11/1近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「この中間もトレッドミルで運動を行っています。目の状態は徐々に回復していますが、完全に良くなるまで無理する必要はないだろうというのが獣医師の見解でもありますので、もう暫く乗り運動は控えようと思います。トレッドミルでは休まずトレーニング出来ていますので、焦らず進めていきたいと思います。馬体重は518キロです」(11/1近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「周回コースで乗り出した後も問題なく進められていましたので、先週末から坂路にも入れています。今週から周回コースが補修工事のために使えないので、その分トレッドミルで運動を行ってから、坂路に入れています。状態としては良くなってきていますし、このまま問題なければ年内に出走させたいと高野師が仰っていましたので、いつ声が掛かっても良いように調教を行っていきたいと思います。馬体重は490キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

背腰の筋肉が落ち、1から立て直すこととなったシングルアップ。馬体重は回復傾向にあるのでトレッドミルでの運動を開始していますが、内面に疲れが残っているかもしれませんし、追い切りで気難しさを露呈したので精神面のリフレッシュを図る必要があります。個人的には早目に去勢手術を行って、気難しさの緩和と体質強化を図った方が得策かなと思うのですが。

角膜を軽く傷つけたクレッセントムーン。少しずつ快方へ向かっていますが、完全に良くなるまでは無理しない方が良いとのジャッジで軽めの運動までに止めています。焦っても仕方ないので、時間の経過を待ちたいと思います。

周回コースで軽く動かしていたインヘリットデールは坂路で普通キャンターを開始。周回コースが補修工事の為、使えないようですが、その分をトレッドミルでの運動で補填しています。寒い時季は冬毛が伸びやすく、暑い方が良いタイプかなと思いますが、体調は良い意味で安定しています。年内に出走を予定しているようなので調教のピッチを上げていってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ