2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「パラダイスリーフ」の75件の投稿

2019年8月21日 (水)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースでの運動開始後も疲れは見せなかったですし、今週から坂路コースでの運動を始めています。現在は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、動きにも問題はありませんし、このまま軌道に乗せていければと思います。馬体重は494キロです」(8/16近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「10日にこちらへ帰場してきました。レースと長距離輸送での疲れが出てきていますので、じっくり疲労の回復に努めています。また、右前橈骨遠位端の骨折と聞いていますが、こちらでも再度獣医に確認してもらい、社台ホースクリニックの都合が付き次第、オペを行う予定です」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟戦の疲れが癒えたパラダイスリーフは坂路での乗り込みを開始。週3日ハロン14秒のところを駆け上がっていますが、特に気になるところはなさそう。暑さ対策をしながらも、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

NF天栄を経由して北海道へやってきたジーナアイリス。右前橈骨遠位端の骨折という診断なので骨片を摘出する手術を近日中に予定しているとのこと。それまでは静養に努め、体力を整えておいて欲しいものです。

2019年8月10日 (土)

【シルク】先週のレース結果(8/3-4)

Photo パラダイスリーフ

土曜新潟10R 信濃川特別(芝2000m)3着(1番人気) 石橋脩J

まずまずのスタートから徐々にポジションを取りに行き、道中は好位に付けます。残り400m付近から追い出され、一時は先頭に立って懸命に粘り込みを図りましたが、勝ち馬とコンマ1秒差の3着で昇級初戦を終えています。

石橋脩騎手「相手を見るとあまり前に行きそうな馬がいませんでしたし、パンパンの馬場の中、前残りになっても嫌だったので、今日は前目に付けようと思っていました。道中は考えていた通りの形で進められましたが、勝負どころで外から他馬が上がって行った時に、それをやり過ごしておけば良かったですね。前に入られてポジションを落としてしまうのが嫌だったので一緒に上がって行きましたが、もうワンテンポ待ってあげた方が直線で前に目標が出来て、馬も走りやすい形になったかもしれません。気を抜いていたわけではありませんが、勝ち馬に馬体を併せに行くともう一脚使ってくれましたし、もう少し追い出しを我慢して勝ち馬との追い比べになっていれば、もっと際どい勝負になっていたかもしれないです。結果を残せず申し訳なく思いますが、馬は新馬の時よりも成長して良くなっているなと実感しましたよ」

木村調教師「よく頑張ってくれているのですがね。直線はもう少し追い出しを我慢できていればという感じもしますが、最後まで勝ち馬に食らい付いてくれて、力のあるところは見せてくれたと思います。上がりはかなりフーフー言っていて、息が戻るまで結構時間が掛かりましたし、暑い中よく走ってくれましたから、一旦リフレッシュさせるためレース後に直接ノーザンファーム天栄へ出させていただきました」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れたが、すぐに巻き返して先団へ。終始、手応えは良く、一旦は抜け出すかの場面。ただ、さすがにキツい競馬になったせいか、ゴール前は少しだけ甘くなったか。今日は若さが出たが、地力が高いのは間違いない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「レース後に直接こちらへ戻ってきていますが、脚元を含めて馬体にはこれといって問題になるようなダメージは見当たりませんでした。2,3日は軽めの運動に止め、今週半ばから乗り出しを開始し、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っています。この調子で状態に合わせて徐々に進めていければと思います。馬体重は498キロです」(8/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo モンドインテロ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)6着(1番人気) C.ルメールJ

大外枠からあまり良いスタートではありませんが、焦らず中団よりやや後ろでレースを進めます。2周目の向こう正面半ばでペースアップしたところでも我慢をさせ、直線手前で満を持して追い出されますが、ジリジリとしか伸びず、6着で終えています。

C.ルメール騎手「休み明けだったこともあって、体が太く感じました。その分、一昨年勝った時のように直線で速い脚を使えなかったですね。それでも、止まっているわけではありませんし、他馬よりも2キロほど重い58キロの斤量で2600mを走ったわけですから、それを考えれば内容はまずまずだったと思います。久々を1度使ったことで、次はもう少し良い脚を見せてくれるでしょうね」

手塚調教師「道中は良い感じに進められているように見えましたし、掲示板は外さないだろうと思っていましたが、直線は思ったほどの伸び脚が見られませんでした。体調は良かったので期待していたのですが、おそらく最後は久々の影響が出てしまったのだと思います。この後は脚元の状態をよく確認してから、今後の方針を検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。中団の少し後ろ。直線はややゴチャつく位置にいたが、バラけてからもそうは伸びなかった。実績上位とはいえ、今日は58キロを背負っての長期休養明け。条件が厳しかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:9月1日の札幌・丹頂S

手塚調教師「先週の札幌日経オープンは、掲示板は確保しそうな感じだったのですが、久々の分なのか思ったよりも伸び切れなかったですね。レース後はこちらで馬体を確認させていただきましたが、以前痛めた右前膝裏の部分は多少疲れが見られるものの、問題ありません。また、変わらず体調は良さそうですので、このまま状態に変わり無ければ9月1日の札幌・丹頂Sを目標に進めていこうと思います」(8/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは4月末の東京戦以来でプラス4キロでの出走。きっちり仕上がっていたと思いますし、充電効果で牡馬らしい逞しさが随分加わったように見えました。今回もスタートは良くなかったですが、鞍上の石橋脩Jが軽く促すとスムーズにポジションアップ。個人的には後方から競馬を進めることになると見ていたので、目標になる形で古馬勢の追撃を封じることが出来るのか期待半分・不安半分でレースを見ていました。そして最後の直線、残り300m付近で先頭に躍り出たパラダイスリーフでしたが、そこから更に加速することは出来ずに、フラフラする幼さを露呈。ソラを使った感じとはちょっと違うかもしれませんが、モタモタしている間に外からアドマイヤアゼリが強襲。そしてその外からサーレンブラントも良い脚を繰り出します。石橋脩Jはアドマイヤアゼリに馬体を併せにいって本気を出させようとしましたが、食らい付くのが精一杯。早目に仕掛けていた分、さすがに差し返すことは出来ませんでした。

レース後のパラダイスリーフはそのままNF天栄へ。馬体には特に異常は見当たらず、回復に努めた後、早速乗り出しています。今後については未定ですが、セントライト記念で同世代のライバルと手合わせする可能性もあるでしょう。今回は目標を間違えた分、自分を苦しくしてしまいましたが、着差は僅かですし、負けて強しの競馬だったと思います。良い素質を秘めているのでしっかり開花できるように厩舎と牧場が連携して今後も取り組んでいってもらえればと思います。

札幌日経OPは大混戦のレースだったとはいえ、脚部不安明け+58キロで1番人気に支持されたのはモンドインテロ。さすがにこれはビックリしましたが、鞍上人気の賜物。仕上がりは入念に乗り込んでいたので悪くなかったと思います。レースプランとすれば出たなりの位置で折り合いに専念。最後の末脚を生かす競馬を試みたと思いますが、勝負どころからの反応が今回は一息。スッと外目を捲っていく形を想像していたのですが、ズブさを覗かせる感じで思ったほど動けずに直線で馬群の間を突く戦法へ変更。直線を向く時はまずまずの手応えでしたが、ちょっと前がゴチャゴチャする場面もあって、いざ追われてから伸びはジリジリ程度。ゴール前で5頭がズラッと横並びになりましたが、そこに加わることは出来ませんでした。

レース後のモンドインテロですが、少し脚元に疲れ・反動は窺えるも、問題ない程度。時間の経過と共に落ち着いてくれると思います。次走についてですが、順調に回復が進めば来月1日の札幌・丹頂Sへ。今回、体調こそ良かったと思いますが、やはり条件は楽ではなかったモンドインテロ。直線での伸びはもう1つでしたが、大負けしなかったように実力は示したと思います。丹念に乗り込んでいた分、次走への上積みはそれほど見込めないかもしれませんが、叩いた効果で良い意味でシャキッとしてきてくれれば思います。

2019年8月 3日 (土)

非凡な素質を秘めるのは間違いないところも、心身の幼さを多く残す現状。豊富なキャリアを誇る古馬+戦績で上回る同世代のライバル相手にどこまで通用するのか…。自滅して負けるようなことは避けて欲しい。☆パラダイスリーフ

2019022000

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

土曜新潟10R 信濃川特別(芝2000m)6枠7番 石橋脩J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7月31日に南芝コースで時計

木村師「7月31日に南芝コースで併せて追い切りを行いました。道中はパラダイスリーフが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。スピードに乗るまで少し時間は掛かりますが、終い促すとちゃんと反応して、ラスト一ハロンを11秒台でまとめられましたし、良い動きを見せてくれたと思いますよ。まだ本当に良くなってくるのはこれからだと思いますが、2連勝しているように能力はあると思いますから、先に繋がるような走りを見せてくれればと思います」(8/1近況)

助 手 26美坂良 62.9- 46.3- 30.3- 14.9 馬なり余力
助 手 28美坂重 54.8- 39.6- 25.3- 12.3 馬なり余力 ユナカイト(古馬1勝)馬なりを0.4秒追走同入
助 手 31南芝良 69.1- 52.9- 38.7- 11.4 G前仕掛け ユナカイト(古馬1勝)馬なりの内0.3秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2019/8/3(土) 2回新潟3日目
信濃川特別
芝2000メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:10
枠馬 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ディアシューター 牡5 54.0 大野拓 
2 2 アシェット 牝4 52.0 藤田菜
3 3 ショパン 牡6 56.0 田辺裕角居勝
4 4 スワンボート 牡9 50.0 岩部純
5 5 アトミックフォース 牡3 54.0 武藤雅
5 6 サーレンブラント牡5 56.0 三浦皇
6 7 パラダイスリーフ 牡3 53.0 石橋脩
6 8 アドマイヤアゼリ 牡5 55.0 戸崎圭
7 9 レッドストーリア 牝5 51.0 野中悠
7 10 ショワドゥロワ 牡5 55.0 内田博
8 11 ワイルドゲーム 牡6 53.0 丸田恭
8 12 プラチナアッシュ セ4 54.0 菊沢一

○太田助手 「前走は川田騎手がよく勝たせてくれました。まだ緩さは残りますが、放牧を挟んで多少はしっかりしてきました。秋につながる競馬を見せてほしいですね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモがしっかりしていない分、序盤モタモタするので、レースの流れにスッと乗れないパラダイスリーフ。また、慌てて仕掛けると最後フットワークがバラバラになりそうと完成度はホント低いのですが、前走は直線でじわじわ脚を繰り出すと、その勢いは最後まで持続。少頭数だったことも味方し、最後は抜け出した2着馬を外からきっちり交わしたところがゴールでした。まだまだ心身の幼さが残るレースぶりですが、エンジンが掛かってからの伸びはさすが良血と思わせるもの。着差以上の完勝劇だったと思います。

前走後はダービーTRに目を向けることなく、すぐさまNF天栄での充電を選択。一時期は週5日の坂路入りを行うなど意欲的にメニューを消化し、じっくり乗り込むことで鍛え上げてきました。当初は福島のラジオNIKKEI賞あたりでの復帰かなと見ていましたが、結局は夏の新潟まで待機することになり、このレースで3戦目を迎えることとなりました。

帰厩後の動きに関しては、ひと追い毎に良化。元々攻め駆けする馬ではありませんが、ユナカイトに食らい付いているように気持ちもしっかり出来ていると思います。あとは現状の完成度で豊富なキャリアを誇る古馬+プリンパルS5着と戦績で上回る同世代のアトミックフォースにどこまで通用するか。追い切りでの仕掛けてからの反応やゴール前での伸びを見ると、集中力が増して気性面の成長を十二分に感じさせ、前走からの上昇度は計り知れないものがあります。ただ、乱ペースになって追走に脚を使わされることになったりすると、直線で全く伸びてこないといったシーンもあるかもしれません。

ここで無傷の3連勝を飾ると秋がホント楽しみになりますが、まずは道中、自分のリズム・ペースを守り、新潟の長い直線でしっかり伸びてくる場面を作ってもらわないといけません。その結果、差し届かないのは仕方ないので、自滅して負けるような敗戦は避けねばなりません。非凡な素質を秘めるのは間違いないところなので、気持ちが悪い方へ向かないようにお願いします。

2019年7月29日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・厩舎調整組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南芝コースで時計
・次走予定:8月3日の新潟・信濃川特別(石橋脩J)

木村師「24日に南芝コースで追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走し、直線で最内に入れて追い出すと、最後は馬体を並べてゴールしています。直線ではジワジワと加速していく感じで、フットワークは最後までしっかりとしていましたし、追い切りを重ねるに連れて段々と動きは良化してきていますよ。ここまで順調に調整することが出来ていますし、良い状態で来週のレースを迎えられるようこのまま態勢を整えていきます」(7/25近況)

助 手 21美坂稍 57.9- 42.1- 27.6- 13.6 馬なり余力
助 手 24南芝稍 52.1- 38.3- 12.1 G前仕掛け オフウィドゥス(三未勝)馬なりの内0.4秒追走同入
助 手 26美坂良 62.9- 46.3- 30.3- 14.9 馬なり余力

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:坂路コースで軽めのキャンター

調教助手「この中間は坂路コースで軽めのキャンターを行い、体調維持に努めています。24日にも坂路コースでサッと脚を伸ばしましたが、大きな疲れは見られませんでしたし、飼い葉もしっかりと食べてくれています。優先出走権がないので何とも言えないところはありますが、新潟3週目に組まれている牝馬限定の芝2000mが候補の一つだと考えています」(7/25近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:24日に南Pコースで時計
・次走予定:8月4日の新潟・ダ1200m(藤田菜J)

田村師「24日に南Pコースで併せて追い切りを行いました。道中はジーナアイリスが先行して、直線に向いて外目に持ち出されると、そのまま先着しています。併せた相手は3歳未勝利馬ですが、常に上位に来る馬ですし、その相手を完全に突き放すわけですからとても状態は良いのだと思います。今までよりも更にスピード感が増した走りに加えて、捌きも柔らかくなってきました。来週のレースまで今の状態をキープ出来れば、昇級初戦から十分通用すると思いますよ」(7/25近況)

助 手 21南P良 57.1- 41.4- 12.1 強目に追う
助 手 24南P良 67.6- 51.6- 38.2- 12.2 強目に追う トーセングラン(三未勝)一杯の外0.1秒先行1.0秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは今週末の新潟・信濃川特別に登録済。追い切りに関しては特筆すべき点はありませんが、順調に本数を重ねて良化している様子。心身に幼さを残すので昇級戦+古馬との初対決がどう出るかですが、最後の追い比べに持ち込めれば連勝を伸ばす可能性は高いと思います。

エレンボーゲンは来月11日の新潟・芝2000m(牝馬限定)を目指していますが、優先権のない身なので使えるかどうかは微妙。だからといって枠が入れそうだったら予定を前倒しにするという感じはありません。残されたチャンスは1戦になってくるかもしれませんが、何とか良い状態でレースへ臨めるようにお願いします。

ジーナアイリスは1つ勝ったことが自信に繋がっているのかなと思いますし、悩まされてきたソエの不安が解消したのも大きそう。元々、攻め駆けするタイプですが、動きの良さだけでなく体調の良さが十分伝わってきます。次走はスタートさえ決めれば連勝の可能性は高いかと見ています。藤田菜Jの騎乗での出資馬の初勝利をここで狙いたいです。

2019年7月22日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・厩舎調整組)

Photo モンドインテロ

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:17日に函館Wコースで時計
・次走予定:8月3日の札幌・札幌日経オープン

手塚師「17日に函館Wコースで併せて追い切りを行いました。3歳未勝利馬のベストマジックを後ろから追いかける形で、直線手前で並びかけると、最後は1馬身ほど先着して終えています。直線向いたところで一瞬反応は遅れましたが、追い出してからは力強い走りでしたね。まだ体つきにやや余裕はあるものの、目標の札幌日経オープンまでは時間がありますので、仕上がってくると思いますよ。そして脚元の状態ですが、この馬なりにすっきり見せていますし、今のところ問題はありません。負荷を掛けた調教にへこたれる様子は無く、北海道の気候がモンドインテロには合っていそうです」(7/18近況)

助 手 7函W良 71.0- 55.2- 40.9- 13.8 馬なり余力
助 手 10函W良 69.2- 53.9- 39.7- 12.8 強目に追う ソルダートダズル(三未勝)一杯の内を1.0秒追走3F併2.0秒先着

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南芝コースで時計
・次走予定:8月3日の新潟・信濃川特別(石橋脩J)

木村師「17日に南芝コースで追い切りを行いました。70-40を目標に乗ってもらいましたが、馬場が重かったこともあって予定のタイムよりは少し遅れてしまいました。まだ帰厩してから日も浅いので、動きも物足りませんが、あと2週あれば仕上がってくるでしょう。先週末は坂路で55-40を目標に乗ってもらいましたが、その時も重馬場でしたし、時計以上に負荷はしっかり掛かっていますよ。信濃川特別の鞍上は、デビュー戦でも手綱を取っていただいた石橋脩騎手を予定しています」(7/18近況)

助 手 14美坂重 55.8- 40.9- 26.8- 13.1 馬なり余力
助 手 17南芝不 71.4- 55.3- 40.7- 12.6 馬なり余力 パイオニアバローズ(三未勝)馬なりの内0.2秒追走同入

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:17日に芝コースで追い切り
・次走予定:小倉7月28日・佐世保S(松山J)

担当助手「今回からあたりの柔らかいハミに替えていますが、その方が力みもなく走ってくれています。17日に芝コースで負荷を掛けた追い切りを行いましたが、道中は折り合いを欠くこともなく、最後まで気分よく走っていたので、ハミを替えた効果が窺えますよ。芝・ダートと言うよりは、いかにリラックスして最後まで集中力を切らさないかだと思うので、今回の調教が良い方に向いてくれると良いですね。ジョッキーは松山弘平騎手に依頼しています」(7/18近況)

助 手 14CW不 55.6- 41.1- 12.9 馬なり余力
助 手 17栗芝稍 68.2- 51.7- 36.9- 12.2 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

脚部不安で昨年12月のステイヤーズS3着からレースが開いているモンドインテロですが、相性の良い札幌日経OPへ向けて函館へ移動後は順調な歩み。疲れ・反動が出てしまうことをある程度覚悟していましたが、予想が外れて良かったです。ただ、まだ馬体に余裕がありますし、動き自体はモッサリ。これから一杯の追い切りを課すことになってくると思うので、その山を乗り越え、良い状態でレース当日を迎えることが出来るように今の良い流れを継続していってもらえればと思います。

Wコースが使えないのはパラダイスリーフにはちょっと誤算かもしれませんが、この中間は坂路と芝で時計をマーク。動きはまだピリッとしていませんが、これから追い切りを重ねていけばジワッと状態は上がってくると思います。まあ、ひとまず順調と言えます。

気難しさがネックになるシングルアップですが、帰厩後は以前よりも柔らかいハミへ変更したとのこと。口向きの悪さがだいぶ緩和されてきたのかなと思います。追い切りでの感触も良いようなので、レース当日でもその効果が結果に繋がるように導いてもらいたいところです。降級制度はなくなりましたが、シングルアップは新たなクラス分けで3勝クラス(準OP)へ割り当て。実質は1つクラスが下がったので、何とかここから再浮上できるように色々と手を尽くしていってもらえればと思います。

2019年7月11日 (木)

10日に美浦・木村厩舎へ帰厩しています。☆パラダイスリーフ

201904_20190711043301

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、飼い葉も食べて充実した毎日を過ごせていますね。そろそろ帰厩の声が掛かると思いますので、良い状態で送り出せるよう努めていきます。馬体重は501キロです」(7/5近況)

・在厩場所:10日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:8月3日の新潟・信濃川特別

木村師「10日にこちらへ帰厩させていただきました。牧場でもしっかり乗り込まれていたようですから、まずは馬体をよくチェックさせていただき、問題無ければ明日から乗り運動を行います。今のところ、8月3日の新潟・信濃川特別を目標に進めていきたいと考えています」(7/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月の東京・新緑賞で連勝を決めた後、NF天栄でじっくり乗り込んできたパラダイスリーフ。1時期は週5日の登坂を課すなどハードに攻められてきましたが、トモに少し疲れが見られた後は週3日にセーブ。それでも休むことなく継続して乗り込まれてきたのは好印象。心身に幼さが目立った春頃からどこまで変わってきてくれているか。非凡な才能を秘めているのは間違いありません。

そして次の新潟開催での出走を目指していたパラダイスリーフは10日に美浦・木村厩舎へ帰厩。2週目の新潟・信濃川特別で3連勝を目指すことになりました。少しレースまで時間があるのでまずは現状をしっかり把握してもらった後、今週末ぐらいから徐々に動かしていってもらえればと思います。一息入れる前は追い切りからモタモタしていたので、この点がどう変わってきているかで春からの成長が見て取れるかなと思います。

2019年7月 1日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は13-13ペースまで脚を伸ばしています。ペースアップ後も順調そのものですし、今のところ次の新潟開催での出走を目標に進めていく方針となっています。馬体重は534キロです」(6/28近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3回コンスタントに坂路調教をこなしています。最後までしっかりとハミを取って走れており、動きには問題ありません。徐々に態勢は整ってきていますし、木村調教師とは次の新潟開催で出走させる方向で打ち合わせています。馬体重は501キロです」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジーナアイリスは暑い時季が合うようで元気一杯。スムーズに負荷を高めることが出来ています。予定では次の新潟開催での出走ということなので、ダ1200mまで距離を縮めてみるのかな? スピードはあるのでむしろ良い方へ向くかもしれません。長い距離だと気難しさというか集中力が足りない感じがしますし。

パラダイスリーフは引き続き与えられたメニューを順調に消化。NF天栄での調教動画を見ましたが、持ったままの手応えでスムーズに加速できているのは頼もしい限り。走ることへの前向きさが大分出てきたように思います。次走は昇級戦で初めての古馬相手と楽ではありませんが、3連勝を決めることが出来れば、秋競馬以降への期待がグッと高まります。この壁をアッサリ乗り越えて欲しいです。

2019年6月24日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、疲れは見せず順調に調教を消化できていますね。見た目には大きく変わった感じはありませんが、乗り手の感触的には上向いてきているようなので、この感じを維持しながら鍛えていければと思います。馬体重は501キロです」(6/21近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者この中間から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。小笠調教師からは来週の検疫で帰厩させたいと連絡を受けていますので、このまま乗り込み、態勢を整えていきたいと思います。馬体重は513キロです」(6/21近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路コース中心のメニューでしっかりと負荷を掛けています。大竹調教師から来週の検疫で帰厩させたいと連絡を受けていますので、このまま乗り込んで態勢を整えていければと思います。馬体重は483キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週3日の登坂になってしまいましたが、パラダイスリーフは丹念に乗り込み中。見た目はガラッと変わってきた感じはないようですが、精神面の幼さは幾らかでも抜けてきた筈。体と気持ちがフィットしてきてくれれば、もっと良いパフォーマンスを見せてくれるでしょうし。怪我には十分気をつけてもらいたいです。

フロントラインとジェラーニオは今週中の帰厩を予定。フロントラインは帰厩目前で左トモを跛行するアクシデントが前回あったので、今回は最後まで気を緩めることなくお願いします。ジェラーニオは正直ようやく声が掛かったかなあという印象。じっくり乗り込んできたことで走ることへの意欲が出てきてくれれば。復帰戦ですが、共に福島で使うことになるとしたら、フロントラインはダ1150mの番組。毎週1鞍は組まれているので、状態に合わせて番組を決めてもらいたいです。ジェラーニオは来月13日に福島・芝2600mという番組があるので、そこを狙ってきているのかなと思います。

2019年6月20日 (木)

シルクなお馬さん(関東3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ14-13を行き始めたばかりですし、今後の動き次第にはなりますが、順調にいけば新潟開催あたりが大きな目標になってくるでしょう。馬体重は506キロです」(6/14近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「この中間は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしています。脚取りや息遣いは最後までしっかりとしていますし、乗り進めていても左トモの状態は維持できています。この調子で乗り込んでいき、さらなる良化を図っていきたいですね。馬体重は515キロです」(6/14近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで進めています。こちらでの動きを見ると、次はもう少しゆったりした距離で走らせてみるのも一つの手のように感じますが、最終的にはトレセンでの走りを見ながら大竹調教師と相談していきたいと思います。このまま緩めず乗り込んでいき、帰厩に向けての態勢作りに努めていきたいと思います。馬体重は481キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

引き続き週3回坂路で速いところを乗っているパラダイスリーフ。まだまだ粗削りなところは残るも、潜在能力はかなりのモノ。2連勝の後、レースを開けて乗り込んできたので、どこまで進化できているか今から3戦目が楽しみです。

フロントラインは左トモの状態に気を掛けながらも、坂路でハロン14秒を消化。動きはまだモッサリしているようですが、本数を重ねていけば、素軽さと終いの踏ん張りが利いてくる筈。スピード自体は未勝利では上の存在なので、久々の次走でキッチリ決める感じで臨みたいです。

ジェラーニオは東京開催中の出走をイメージしていましたが、声が掛からず。未勝利の期限が刻々と迫ってきている中で1勝を挙げることが出来るかとなると正直微妙。スタミナはありそうですが、気難しさが前向きさへ転換できてこないと…。

2019年6月10日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間にややトモに疲れが見られたので、今週は坂路の登坂回数を週3日にセーブしています。今のところケアしていけば問題ないレベルですし、このまま乗り込みを続けながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は505キロです」(6/7近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「トレッドミルで速めのところを継続していても左トモの状態は安定していたので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。歩様には少し見せるものの、坂路を行き出して悪くなったわけではありませんから、今後もケアしながら乗り進めていければと思います。馬体重は525キロです」(6/7近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。ハロン13秒ペースでも脚取りはしっかりしていて走り自体は悪くないのですが、どこかとぼけた様な感じがありますね。乗り込むに連れて徐々に態勢は整ってきていますから、そろそろ次走に向けての段取りを組んでいきたいと考えています。馬体重は482キロです」(6/7近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。週2回坂路入りし、その内の1回はハロン14秒まで脚を伸ばしており、このまま乗り込みを強化して態勢を整えていければと思います。馬体重は444キロです」(6/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週5日坂路入りするハードワークをこなしてきたパラダイスリーフですが、トモに少し疲れが見えた為に週3日へセーブ。回復次第、元のペースに戻すことになるでしょうが、この機会に1週間ウォーキングマシンのみにとどめるなど、リフレッシュを与えても良いのかなと思います。トモの疲れが脚元への不安に繋がらないようにこれだけはお願いします。

フロントラインは坂路入りを開始。少し反動が窺えるようですが、ゆっくり構えていられる時期ではないので入念なケアで不安を解消・緩和してもらえればと思います。

ジェラーニオは淡々と調教を消化中。ただ、走らされている感じで物足りなさを感じます。脚力はそれなりに秘めていると思いますが、走ることに強い気持ちが出てきてくれないと変わり身は期待できないと思います。

エレンボーゲンは次の福島での出走を予定しているので、坂路での乗り込みを開始。馬体重はそれなりに戻ってはいますが、乗り込みながら馬体重を更に増やせるように努力していってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ