最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「パラダイスリーフ」の57件の投稿

2019年4月13日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:10日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都4月21日・比良山特別(松山J)

斉藤崇師「10日にCWコースで追い切りました。馬なりでサッと時計を出しましたが、馬場が悪い中でも最後まで余力がありました。ただ、これまでと比較すると今回は敏感なところがあり、走りに対して気持ちが集中していない感じなので、この中間は改善策としてメンコを着用しています。体調面に関してはこの馬なりに飼い葉を食べていますし、元気の良さが窺えるので、気持ちが良い方に向くように調整していきたいと思います。当初、北村友一騎手にお願いしていましたが、都合が付かなかった為、松山弘平騎手に依頼しました」(4/11近況)

助 手 10CW重 89.0- 73.0- 57.4- 42.0- 12.9 馬なり余力

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に南Wコースで時計
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞(川田J)

木村師「10日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を進み、直線で真ん中に入れて追い出すと、最後は少し遅れる形でゴールしています。直線では強めに追う形になりましたが、全体で6ハロンから85秒くらいを予定していて、馬場が重い中、それを切る形で頑張って走ってくれました。終いの反応等を見るとまだ子供っぽい部分はありますが、少しずつ何をすべきか理解できるようになってきている印象です。来週の鞍上は川田将雅騎手に依頼しています」(4/11近況)

助 手 7美坂良 57.4- 41.9- 27.7- 13.8 馬なり余力
助 手 10南W稍 84.2- 69.4- 54.3- 39.6- 12.8 直一杯追う ロシュフォール(古オープン)馬なりの内0.4秒追走0.1秒遅れ

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計
・次走予定:4月20日の東京・芝1800m(武藤J)

大竹師「11日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方から進める形で、最後まで追い付けずにゴールしています。最初は乗り手としっかりコンタクトが取れていましたが、3コーナーから段々とペースアップしていくタイミングで頭を上げるところを見せてしまいました。先週のように単走であれば大丈夫なのですが、他馬がいると折り合いを欠く面を出してしまいますね。体調面に問題はないので来週の東京開催で出走させたいと思いますが、長い距離だと折り合いを欠いてしまう恐れがありますし、芝1800mを目標にしたいと考えています。また、特に追い切り後は右前の中筋と右トモの繋ぎに疲れが出やすいので、そのあたりはよくケアしながら調整していきたいと思います。鞍上は武藤雅騎手に依頼しています」(4/11近況)

助 手 7美坂良 56.8- 41.3- 26.2- 12.9 馬なり余力
草 野 11南W不 83.2- 67.3- 52.7- 38.0- 13.6 馬なり余力 ロジペルレスト(古1000万)末強目の内0.2秒追走0.6秒遅れ

Photo サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:ゲート練習/ダートコースで軽めのキャンター

堀宣行調教師「先週こちらへ入厩させていただきました。到着当初は微熱が出て飼い葉食いも落ち気味だったのですが、すぐに平熱に下がり、その後は食欲もしっかりあって問題ありません。初めての場所ということもあって、最初は精神的に昂ってしまい変な汗をかくようなところがありましたが、それも時間の経過とともに段々と落ち着いてきています。この中間はゲート練習を中心に調教を進めており、入りや扉を閉めての駐立にも問題は見られません。発馬に関しては、まだどうしたら良いか分かっていないようなので練習が必要ですが、扶助を使えばスッとキャンターへ入っていけますし、大型馬ですが鈍い感じはそれほどありませんよ」(4/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定している3頭と入厩して数日が経ったの2歳馬1頭の近況をまとめて。

ヴィッセンは馬場の悪化を考慮して10日の追い切りはサラッとやった程度ですが、動き自体は軽快。状態も良さそうです。ただ、周囲に気を遣う面が見受けられ、走ることへの集中力が一息。レースではブリンカーを装着するので悪い影響は少ないと思いますが、来週の追い切りは終いだけでもビシッとやった方が良さそう。鞍上の予定が変わりましたが、松山Jは何度も騎乗経験があるので心配は要らないでしょう。

パラダイスリーフは10日にWコースで長目からビシッと。3頭併せで遅れてしまったようですが、時計は悪くありませんし、デビュー前と比べるとだいぶ動けるように。このひと追いでグッと良くなるでしょうから、良い仕上がりでレースへは臨めそう。あとは1勝している馬に混じってどこまで通用するか。川田Jが乗ってくれるのは楽しみです。

ジェラーニオは併せ馬だと周りの馬が気になって、頭を上げて折り合いを欠く素振り。乗り難しさは一筋縄ではいかなさそう。切れる脚は使えないも、レースでは後方でまずは折り合いに専念して末脚勝負に徹した方が良さそうな気がします。

育成時は若駒離れした落ち着きを見せていたサリオスですが、北海道からの長旅+トレセンという新たな環境に精神的な昂りを見せたり、体調を崩したりと不安な面を覗かせましたが、時間の経過と共にサリオスらしい姿が戻ってきています。また、第一関門のゲートに関しては、現状は可もなく不可もなくといった感じですが、学習能力の高い馬なので、日に日に上達していってくれるでしょう。

2019年4月 4日 (木)

2日に美浦・木村厩舎へ帰厩しています。☆パラダイスリーフ

201903nf_2

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:2日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞

木村師「予定している新緑賞が近づいてきましたので、2日にこちらへ帰厩させていただきました。熱発等もなく元気な様子だったので、早速翌日から軽めに運動をスタートしています。今後は徐々に時計を出して行き、レースに向けて態勢を整えていきたいと思います」(4/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

20日の東京・新緑賞で2戦目を迎えることが決まっていたパラダイスリーフは今週中の帰厩が前回の更新で示唆されていましたが、一足先に美浦・木村厩舎へ戻っています。

レースまで約3週間あるので、この週末ぐらいから時計を出し始めることになると思います。デビュー戦前は地味な追い切りが続きましたが、1度実戦を経験し、その後に成長を促してきた今回はどう違ってきているのか、あまり変わっていないのかをまずはチェックしていきたいです。

2019年4月 1日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo シングルアップ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:京都5月5日・橘S
・調教内容:周回コース・坂路コースで軽めのキャンター

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えてレースの疲れを取っていました。これまでと違って今回はそこまで疲れがなく、ガタッと来るところがなかったので、週明けから周回コースで乗り出しを開始し、週半ばから坂路にも入れています。気が緩むと怠けるところがあるので、調教では最後まで気を抜かさないようにしっかり走らせるように心掛けています。この調子なら、予定している橘ステークスに向けて進めて行けそうなので、馬の状態を見ながら徐々に乗り込みを強化していきたいと思います。馬体重は555キロです」(3/29近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めの運動に控えました。今週からトレッドミルで運動を開始していますが、少しソエを気にするような仕草を見せているものの、歩様は特に問題ありませんし、そこまで気にするほどではないと思います。今週いっぱいはトレッドミルで軽めの運動に控え、来週一度跨って歩様のチェックを行ったうえで、調教の進め方を考えていきたいと思います。馬体重は497キロです」(3/29近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいますが、調教をこなすに連れて少しずつ前向きさが出てきているように思います。まだまだこれからの馬ではありますが、馬体も良い方に成長している感じがします。来週帰厩する予定となっています。馬体重は504キロです」(3/29近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン14秒

厩舎長「坂路でハロン15秒までペースを上げた後も脚元の状態は変わりなく、動きに余裕が出てきたことから、この中間はハロン14秒までペースを上げました。ペースアップした後も余裕を持って登坂しており、動きに力強さが出てきましたよ。斉藤調教師とは3歳条件戦があるうちに出走できるように帰厩させる方向で話し合っているので、後は調教の動きを見ながら具体的な予定を決めていくことになります。馬体重は502キロです」(3/29近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「調教を再開した後も順調に進められていたことから、この中間から坂路でハロン15秒までペースを上げました。トモに緩さがあるものの、この馬なりにはしっかり動いているので、後は登坂回数を重ねながらピリッとさせていきたいと思います。去勢手術後ではありますが、馬体が緩んだ感じはありませんし、休むことなくしっかり乗り込むことが出来ているので、帰厩に向けてこの調子で進めていきたいと思います。馬体重は534キロです」(3/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは順調に回復が進み、坂路での乗り込みを開始。これから負荷を高めていくことになりますが、予定している来月5日の京都・橘Sには間に合いそう。体力は水準以上のモノがあるのでハードに鍛えてもらえればと思います。

クレッセントムーンは少しソエを気にしている様子。油断すると悪化の恐れがあるので、ケアはしっかり行って欲しいです。

パラダイスリーフは20日の東京・新緑賞へ出走する為、今週中の帰厩を予定。この馬なりに良くなっていますが、まだまだ心身の未熟さが残る現状。頑張ってもらわないといけない馬ですが、長い目で見ていく必要があります。

アマネセールはハロン15秒から更に1歩前進した攻めの調教を消化。脚元に変わりはありませんし、動きはひと追い毎に上昇中。具体的な番組は未定も、3歳馬同士の対戦には間に合う様子。GW前後には帰厩の声が掛かりそうです。

ボンディマンシュは去勢してそれほど時間は経っていないも、早速ハロン15秒の調教に挑戦。トモの緩さは目立つも、この馬なりに対応してくれた様子。体調は頗る良いので、ドンドン進めていって欲しいです。

2019年3月24日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に進めることが出来ています。もう少し乗り込んでいった方が良化を図れるとは思いますが、この馬なりに悪くはありませんので、帰厩についても頭に入れながら進めていければと思います。馬体重は477キロです」(3/15近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やしています。全体的な負荷を強めましたが、疲れが出ることなく良い手応えで登坂しています。この調子で進めながら、帰厩の目処が立つように態勢作りに努めていきたいと思いますは477キロです」(3/22近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から予定通り坂路コースでの登坂回数を増やしています。まだ気持ち的にとぼけたようなところはありますが、競馬を一度使って少し良くなってきているようには感じます。このまま緩めずに乗り込んで、良化を図っていければと思います。馬体重は501キロです」(3/15近況)

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:4月20日の東京・新緑賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだピリッとしてこなくて全体的に子供っぽいですが、前回もそのような感じでしたし、この馬なりには動けています。木村調教師とは東京1週目の新緑賞を目標に進めていく方向で打ち合わせています。馬体重は500キロです」(3/22近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路で乗り出してからは左前肢に張りが出ることもなく、状態は安定していることから、この中間から15-15の乗り込みをスタートしています。動きとしてはまだまだこれからですが、運動後も脚元の状態は変わりないので、登板回数を重ねていきながら良化を促して行きたいと考えています。ペースを上げても疲れを見せることはなく、飼い葉をよく食べていますよ。馬体重は500キロです」(3/15近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒まで脚を伸ばすようにしてからも、脚元の状態は変わりなく進めることが出来ています。動きも楽をした割にはしっかりしていますし、この調子で登坂回数を重ねていけば復帰の目途も立てられるようになるでしょう。馬体重は490キロです」(3/22近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路コースでハロン17秒のキャンター2本

厩舎長「去勢手術をした後も体調は変わりなく、獣医師から調教を開始しても良いとのことでしたので、14日から坂路で乗り出しています。手術の影響もなく、坂路では元気いっぱい過ぎて抑えるのに苦労しているぐらいです。去勢の効果が表れるのはもう少し先になると思いますが、順調に調教がスタート出来ていますし、このまま帰厩に向けて乗り込んでいきたいと思います。馬体重は547キロです」(3/15近況)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒のキャンター2本

厩舎長「乗り出した後も順調に調教が進められており、現在も1日置きにトレッドミルと坂路調教を行いハロン17秒のキャンターで2本登坂しています。術後の状態も安定していますし、体調も崩すことなく元気よく過ごしています。すぐ調教を開始することが出来たことで、馬体は緩んでいませんし、これから徐々にペースを上げていきながら、帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は543キロです」(3/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジェラーニオは次走の話がまだ出てきませんが、この中間から週3回の登坂。負荷を高められても、クタッとすることなく対応できているのは何より。キックバックはだいぶ慣れてきたでしょうから、帰厩へ向けて状態を上げていってもらえればと思います。

パラダイスリーフはハードな攻めに耐えることが出来ているのは良いのですが、気性面の若さは相変わらず。将来性は高いと思いますが、1勝馬クラスに入って即通用出来るかとなると正直悩ましいです。

アマネセールはハロン15秒の調教へ負荷を高めていますが、左前脚は我慢が出来、動きも上々。帰厩となるともう少し本数を重ねる必要はありますが、良い感じでここまで進めることが出来ています。この良いリズムを維持してもらえれば。

去勢手術後のボンディマンシュですが、体調面は安定。トレッドミルを併用中ですが、普通キャンターで登坂することが出来ています。現時点で未出走の身なので、1日でも早くデビューできるように積極的に進めていきましょう。

2019年3月13日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から終いのペースをハロン13秒まで上げています。ペースアップ後もしっかりとした脚取りで走れていますし、今の感じであれば当初の予定通り中山開催での出走を視野に進めていけそうです。馬体重は502キロです」(3/8近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで調整しています。調教をこなすに連れて、徐々に動きの方は良化してきている印象ですね。まだ完全ではないものの、キックバックにも慣れてきている感じはしますから、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は487キロです」(3/8近況)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元に大きなダメージはなかったので、今週から坂路コースでの運動を開始しています。一度競馬を使ったものの、体は少し重いくらいの印象なので、坂路での乗り込みを増やしていければと思います。馬体重は500キロです」(3/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

フロントラインは疲れを覗かせることなく、与えられたメニューを消化することができているのが何より。スピードは良いモノがあるので、1本調子の馬にならないように、追ってひと伸びできる溜めを利かせた走りを意識して日々の調教に取り組んで欲しいです。

ジェラーニオは根気よくキックバックに慣らしつつ、速い調教を重ねてきたことで、動きはじんわり良化といった感じ。キックバックを気にするところはまだあるも、この馬なりに我慢もできつつあるようです。まあ、実戦へ行って、どう変わってきてくれているかを見ないとダメですが。

パラダイスリーフは大きな疲れが出なかったことで、早速坂路での調教を開始。心身の幼さが残る現状ですが、本気を出した時の走りはポテンシャルの高さを窺わせました。今のところ体質の弱さは感じないので、コツコツ鍛えることでの上昇度は大きい筈。まずは走ることへの意欲を失わないように丁寧に接していってもらえればと思います。

2019年2月28日 (木)

道中、随所に若さを覗かせ、直線でも頻繁に手前を替えていたも、追われてからの伸びは上々。相手に恵まれたのは確かも、潜在能力の高さを示す勝利。☆パラダイスリーフ

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

土曜中山6R メイクデビュー中山 3歳新馬(芝2000m)優勝(1番人気) 石橋脩J

そろっとしたスタートから押し出して好位に取り付きます。終始促しながらの追走になりますが、直線手前で先頭に並びかけるとそのまま押し切り、見事デビュー戦を勝利で飾っています。

石橋脩騎手「返し馬では元気いっぱいだったのですが、ゲートが開いてからは変に落ち着いて行く気がありませんでした。ですから、馬の間に入れてやる気を出させようとしたのですが、1,2コーナーで耳を絞って怒ったような感じになり、少し下がってしまいました。それからはずっとフワフワした走りで、終始促しながらの競馬になりましたし、いかにも初戦というような感じでした。ただ、直線向いて手前を替えてあげると、しっかり伸びてくれて、良い脚を使ってくれましたね。先頭に立っても集中力を欠くところはありましたが、後ろから馬が来ればまた伸びてくれました。まだ本気を出しきっていない走りでも勝ちきるように、とても楽しみな馬ですね」

木村調教師「勝つことは勝ってくれましたが、ずっとジョッキーが促していたようにまだ太め残りだったかもしれません。また、1度テンションが高くなるとカッとなるところがあるので、心配をしていましたが、そこは問題無さそうでした。この状態で勝てるように能力がありますし、まだまだ伸びしろはありそうですから、これからの成長に期待したいですね。この後は、いったん牧場へお戻しさせていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ほぼ仕上がった体つき。テンから気合をつけつつ追走。好位のポジションを確保。いつでも動ける態勢。直線の入り口からスパートして早目に抜け出す。坂上からもうひと伸びして完勝。随所に若さがあり、良化余地は大きそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:27日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

木村師「先週はありがとうございました。レース後に改めて状態を確認させていただいたところ、脚元を含めて大きな問題は見られませんでした。この後については、しっかりと結果を残してくれましたし、5月後半生まれでまだまだ良くなってくるのはこれからの馬ですから、成長を促す意味も込めて一旦NF天栄へお戻しさせていただきます」(2/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関東ではこの世代最後の芝の新馬戦ということで、成長が遅かったり、育成時に一頓挫あったであろう馬の集まりで正直レベルは高くなかったと思います。実際、走破時計&上がりの時計は平凡な部類でしょう。まあ、それでもポテンシャルの高さだけで押し切った感じのパラダイスリーフの将来性は楽しみだと思います。

パドックでは若干余裕のある造り。2人引きでしたが無駄な仕草はなく、垢抜けた馬体は目立つ存在だったと思います。

レースに関してですが、ゲートはそれほど速くなかったですが、軽く促すと二の脚が付いてスッと前へ。良い位置を確保できた点はセンスの良さを感じましたが、そこからはフワフワした走り。競馬というのを全く理解しないまま、自由気ままに走っている感じに見えましたが、石橋脩Jが気を抜かさないように促しながら、ポジションの維持に努めてくれました。ただ、4角を回ってくる時の姿勢が怪しかったので、外の馬にやられてしまうかなあと…。

直線を向いてこのまま沈んでしまうかなと見ていましたが、石橋脩Jの肩ムチで気合を付けられたパラダイスリーフはようやく本気に。外からブライティアセルバに迫られますが、右手前に替えてしっかり抵抗。再度外から迫られると今度は左手前に戻って再加速。直線だけで4・5回手前を替える場面がありましたが、交わされる感じはなく、最後にしっかりした脚を使えたことは収穫だったと思います。結局、鞭は数発の肩ムチ程度でしたし。まあ、褒められた新馬戦とは言えませんが、随所に若さを覗かせながら、見た目以上の完勝劇。1着という結果が伴ったことが何よりだったかなと思います。

レース後のパラダイスリーフですが、脚元等に異常なし。ただ、心身に幼さが目立つ現状なので、一旦NF天栄でリフレッシュさせ、コツコツ乗り込みながら成長を促すことになりました。1度実戦を経験したこと+この放牧で子供っぽさが幾らかでも抜けてきてくれることを願っています。

2019年2月23日 (土)

能力を秘めるのは確かも、これから良くなっていく馬で心身の幼さが多く残る現状。長い目で見守っていきたい。☆パラダイスリーフ

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

土曜中山6R メイクデビュー中山 3歳新馬(芝2000m)4枠7番 石橋脩J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に南Wコースで時計

木村師「20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走し、直線で最内に入れる形を取りました。最後は遅れを取ってしまいましたが、併せた相手がG1馬のステルヴィオでしたし、この馬なりには最後まで頑張って動けていたので、遅れは気にしなくて良いと考えています。先週は残念ながら除外になってしまいましたが、そうなる可能性も頭に入れていましたし、問題なく調整できたと思います。鞍上は石橋脩騎手に依頼しています」(2/20近況)

助 手 17美坂良 55.4- 40.3- 26.1- 12.5 強目に追う
助 手 20南W重 54.4- 38.9- 12.9 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回中山1日目(02月23日)
6R メイクデビュー中山 3歳新馬
サラ 芝2000メートル 指定 混合 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 フッカツノジュモン 牡3 56 伊藤工真
1 2 エバーブラック 牝3 53 木幡巧也
2 3 マヨルカフレイバー 牡3 56 松岡正海
2 4 スタックオンユー 牝3 52 野中悠太郎
3 5 コトブキアゲート 牡3 56 F.ミナリク
3 6 コマノヴァンドール 牝3 54 柴田大知
4 7 パラダイスリーフ 牡3 56 石橋脩
4 8 バモサバイラ 牝3 54 F.ブロンデル
5 9 グリームロータス 牝3 51 山田敬士
5 10 インマイレーベン 牝3 54 大野拓弥
6 11 スリーサンコーズ 牡3 56 江田照男
6 12 キングアゲン 牡3 56 岩部純二
7 13 ブラックエンジェル 牝3 54 田辺裕信
7 14 カフェオセロット 牝3 54 北村宏司
8 15 ブライティアセルバ 牝3 54 戸崎圭太
8 16 マリノオードリー 牝3 54 伴啓太

○太田助手「かなり緩さを残していますが、稽古はしっかり積んできました。兄同様に素質を感じますし、期待はあります」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今開催まで3歳の新馬戦が組まれていますが、芝のレースとなると今週まで。先週の東京戦を除外になったパラダイスリーフですが、ここへ無事出走することが叶って、まずは何よりです。

重賞を2勝するも、脚元の不安で引退を余儀なくされたゼーヴィントの全弟となる同馬。募集時、特別気に入った1頭という感じではありませんでしたが、全兄でお世話になっていた身として縁を大事にして出資することに。5月末の遅生まれで兄よりも一回りコンパクトな造り。繋ぎが立ち気味なのはちょっと嫌だったのですが、キビキビした歩様で好奇心旺盛な気性。教えられたことをしっかり吸収して役立てていける利口な馬なのかなと見ていました。

育成時のパラダイスリーフは概ね順調にきたと思うのですが、心身の幼さが目立った為、良化がスロー。能力を秘めるのは確かなのですが、子供っぽさから真面目さに欠けるような面が見受けられました。ただ、人間に反抗したりする気難しさではありません。

今年の1月に美浦へ戻ってきて、デビューへ向けての調整を本格化させましたが、最初の頃は平凡な時計が続き、能力自体に不安を感じることもありました。これから良くなる馬なので長い目で見ていく必要はありますが、その後はひと追い毎にジワジワ良化を辿り、水準くらいの時計は出るようになってきました。

まあ、それでも冷静に見れば、デビュー戦から勝ち負けを期待できるレベルには到達していない印象。全兄ゼーヴィントも使いつつ上昇してきてくれましたし、同馬はそれよりも上昇カーブが緩やかな感じ。デビュー戦はポテンシャルの高さでどこまで対応できるかでしょう。

それ故、今回は着順云々よりも、まずは実戦へ行ってどういう姿を見せてくれるかに注目。子供っぽさが足を引っ張ってよもやの凡走があるかもしれませんし、血統馬らしく実戦へ行ってセンスの良さを発揮してくれるかもしれません。期待と不安が入り混じる中、一喜一憂せずに現段階のレベルを見守りたいと思います。

2019年2月16日 (土)

17日の東京・芝1800mに出馬投票するも、非当選で除外になってしまいました。★パラダイスリーフ

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:13日に南Wコースで時計
・次走予定:2月17日の東京・芝1800m

木村師「13日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の2番手を追走し、直線で真ん中に入れる形でした。内の馬とは馬体を併せてゴールし、外の馬にはしっかりと先着してくれましたね。最初は少し頼りない印象もありましたが、追い切りを重ねるに連れて、この馬なりに徐々にしっかりしてきている感じがします。除外の可能性があるものの、具合は悪くないと思うので、頑張って良い走りを見せて欲しいですね」(2/13近況)

助 手 10美坂重 55.9- 40.9- 26.5- 12.9 馬なり余力
助 手 13南W良 67.8- 53.5- 39.8- 13.4 直一杯追う アルジェブラ(新馬)馬なりの外0.4秒先行同入

⇒⇒17日の東京5R・芝1800mにC.ルメールJ鞍上で出馬投票しましたが、非当選で除外となったため、23日の中山6R・芝2000mに回る予定です。(14日・出走情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出走を決めるには5頭枠に入らないとダメだったパラダイスリーフですが、31分の6を引き当てるのは難しく、さすがに除外に。C.ルメールJを確保できていたのは嬉しかったのですが、まあ、仕方ないところでしょうし、想定済みのことだと思います。

これまで追い切りではピリッとしなかったパラダイスリーフですが、今週の最終追いは映像で見たところ、綺麗なフットワークで駆けていたと思います。ただ、自分から走ろうという気持ちが足りずに追っ付けながらの追走。併せた相手に手応え・動きは見劣りましたが、最後まで食らい付いた姿勢は○。少しずつですが、目覚めてきているのかなと思います。

また、今回ビシッとやられたことで更に良化は進む筈。来週も除外の可能性はありますが、追い切りを積めることは間違いなくプラスに働いていってくれるでしょう。

2019年2月12日 (火)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7日に坂路コースで時計
・次走予定:2月17日の東京・ダ1600m・牝馬(内田J)

田村師「帰厩後は少し右前のソエが気になるくらいで、他は問題ありません。ソエの方も日を追うごとに良くはなってきていますし、動きに影響は無さそうでしたので、先週末に坂路で併せて追い切りました。大型馬で迫力があって良い動きをしていますし、帰厩後初の時計としては十分だったと思います。そして、7日にも坂路コースで追い切りを行いました。しっかりチップを蹴り上げていて、力強いフォームで駆け抜けてくれましたね。終いは12秒台前半まで脚を伸ばして、良い時計をマークしました。あまり器用な方では無いので、ワンターンの方が合うと考え、2月17日の東京・ダ1600mを目標に進めていくことにしました。今回も牝馬限定戦ですから、相手はそこまで揃わないと思いますし、鞍上もこの馬の癖を分かっている内田博幸騎手に乗ってもらえるとのことですから、ここで勝ち上がりを決めたいですね」(2/7近況)

助 手 7美坂稍 53.6- 39.0- 24.9- 12.2 強目に追う ニーマルティアラ(三未勝)一杯を0.4秒追走0.9秒先着

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで時計
・次走予定:2月17日の東京・芝1800m

木村師「6日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。56-40を目安に乗ってもらいましたが、終いはもう少し伸びても良いかなと感じました。その他、状態面に関しては特に問題ありませんし、順調に進めることが出来ています。予定しているレースまではあと1週ありますので、そこまでに更に良い状態に仕上げていきたいと思います」(2/7近況)

助 手 3美坂良 60.0- 43.6- 28.5- 13.7 馬なり余力
助 手 6美坂稍 56.7- 40.8- 26.4- 12.9 強目に追う アルビオリクス(古500万)馬なりを0.5秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジーナアイリスは右前にソエが残っているのは心配も、動きは上々。能力だけ走ることが出来れば、未勝利は間違いなく勝てる筈。ただ、母系の気難しさを引き継いでいるのが悩ましいところです。距離短縮+ワンターンの競馬は合っていると思うので、気分良く先行できれば良い勝負が出来ると思いますが…。

パラダイスリーフは順調と言えば順調なのですが、動き自体はまだまだ。調教メニューに何とか対応できているという感じです。期待は1・2度使ってからかと正直思います。まあ、今週の追い切りでどういう動きを見せてくれるか注目したいです。

2019年2月 3日 (日)

シルクなお馬さん(関東牡馬・入厩組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:2月9日の東京・雲雀S
・調教内容:30日に南Pコースで時計

菊沢師「30日に南Pコースで追い切りを行いました。単走で馬のリズムを重視した調教でしたが、とても軽快で良い走りでした。また、体は調教前で470キロとひと回り大きくなって帰ってきました。ボディーラインを見ると古馬になったなと感じますし、見映えのする体つきに変化してきていますね。鞍上はアンブロジオを同舞台で勝たせてもらった典さん(横山典弘騎手)に依頼しています」(1/31近況)

調教師 30南P良 65.9- 52.0- 39.0- 13.0 馬なり余力
調教師 1美坂重 58.8- 43.2- 29.0- 14.5 馬なり余力

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:30日に南Wコースで時計
・次走予定:2月17日の東京・芝1800m

木村師「30日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。今週は長めから時計を出しましたが、先週と比べると幾らか動きは良化しています。全体で85秒くらいを目安に乗ってもらいましたが、ほぼその通りの時計で調教自体はまずまずの内容だったと思います。ここまで順調に進められていますが、気持ちが入り過ぎそうな雰囲気もありますので、あまり負荷を掛け過ぎずに少しずつ状態を上げていきたいと思います」(1/31近況)

助 手 30南W良 71.1- 55.4- 40.7- 14.2 一杯に追う ロシュフォール(古1600万)馬なりの内0.2秒追走0.4秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは先月30日に帰厩後の初時計をマーク。ポリトラックでサラッと追われた程度ですが、脚取りは非常に軽やか。馬体重も良い感じに増え、今回の放牧を経て1段良くなってきています。早熟タイプかなと見ていましたが、キンカメ系の父なのでそれなりに成長力を持ち合わせているようです。また、次走の鞍上ですが横山典Jへ戻ることに。先を見据えながら大事に乗ってくれるのは有難いですが、経験と地力を積んできたのでそろそろ勝ちという結果を出して欲しいです。

パラダイスリーフは2週間後のデビューを予定し、調教に励んでいますが、正直動きは一息。競馬ブックの追い切りの短評を参考すると、ちょっと馬体が細くなってしまっているみたいです。潜在能力は高いと思うのですが、現状は心身の幼さが目立つ様子。追い切りの動きが良くなってこなければ、デビュー予定を見直すことも視野に入れて進めてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ