最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「パラダイスリーフ」の68件の投稿

2019年6月24日 (月)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、疲れは見せず順調に調教を消化できていますね。見た目には大きく変わった感じはありませんが、乗り手の感触的には上向いてきているようなので、この感じを維持しながら鍛えていければと思います。馬体重は501キロです」(6/21近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者この中間から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。小笠調教師からは来週の検疫で帰厩させたいと連絡を受けていますので、このまま乗り込み、態勢を整えていきたいと思います。馬体重は513キロです」(6/21近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路コース中心のメニューでしっかりと負荷を掛けています。大竹調教師から来週の検疫で帰厩させたいと連絡を受けていますので、このまま乗り込んで態勢を整えていければと思います。馬体重は483キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週3日の登坂になってしまいましたが、パラダイスリーフは丹念に乗り込み中。見た目はガラッと変わってきた感じはないようですが、精神面の幼さは幾らかでも抜けてきた筈。体と気持ちがフィットしてきてくれれば、もっと良いパフォーマンスを見せてくれるでしょうし。怪我には十分気をつけてもらいたいです。

フロントラインとジェラーニオは今週中の帰厩を予定。フロントラインは帰厩目前で左トモを跛行するアクシデントが前回あったので、今回は最後まで気を緩めることなくお願いします。ジェラーニオは正直ようやく声が掛かったかなあという印象。じっくり乗り込んできたことで走ることへの意欲が出てきてくれれば。復帰戦ですが、共に福島で使うことになるとしたら、フロントラインはダ1150mの番組。毎週1鞍は組まれているので、状態に合わせて番組を決めてもらいたいです。ジェラーニオは来月13日に福島・芝2600mという番組があるので、そこを狙ってきているのかなと思います。

2019年6月20日 (木)

シルクなお馬さん(関東3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ14-13を行き始めたばかりですし、今後の動き次第にはなりますが、順調にいけば新潟開催あたりが大きな目標になってくるでしょう。馬体重は506キロです」(6/14近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「この中間は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしています。脚取りや息遣いは最後までしっかりとしていますし、乗り進めていても左トモの状態は維持できています。この調子で乗り込んでいき、さらなる良化を図っていきたいですね。馬体重は515キロです」(6/14近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで進めています。こちらでの動きを見ると、次はもう少しゆったりした距離で走らせてみるのも一つの手のように感じますが、最終的にはトレセンでの走りを見ながら大竹調教師と相談していきたいと思います。このまま緩めず乗り込んでいき、帰厩に向けての態勢作りに努めていきたいと思います。馬体重は481キロです」(6/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

引き続き週3回坂路で速いところを乗っているパラダイスリーフ。まだまだ粗削りなところは残るも、潜在能力はかなりのモノ。2連勝の後、レースを開けて乗り込んできたので、どこまで進化できているか今から3戦目が楽しみです。

フロントラインは左トモの状態に気を掛けながらも、坂路でハロン14秒を消化。動きはまだモッサリしているようですが、本数を重ねていけば、素軽さと終いの踏ん張りが利いてくる筈。スピード自体は未勝利では上の存在なので、久々の次走でキッチリ決める感じで臨みたいです。

ジェラーニオは東京開催中の出走をイメージしていましたが、声が掛からず。未勝利の期限が刻々と迫ってきている中で1勝を挙げることが出来るかとなると正直微妙。スタミナはありそうですが、気難しさが前向きさへ転換できてこないと…。

2019年6月10日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間にややトモに疲れが見られたので、今週は坂路の登坂回数を週3日にセーブしています。今のところケアしていけば問題ないレベルですし、このまま乗り込みを続けながら状態アップを図っていきたいですね。馬体重は505キロです」(6/7近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「トレッドミルで速めのところを継続していても左トモの状態は安定していたので、今週から坂路コースでの調教を開始しています。歩様には少し見せるものの、坂路を行き出して悪くなったわけではありませんから、今後もケアしながら乗り進めていければと思います。馬体重は525キロです」(6/7近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。ハロン13秒ペースでも脚取りはしっかりしていて走り自体は悪くないのですが、どこかとぼけた様な感じがありますね。乗り込むに連れて徐々に態勢は整ってきていますから、そろそろ次走に向けての段取りを組んでいきたいと考えています。馬体重は482キロです」(6/7近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から坂路コースでの乗り込みを開始しています。週2回坂路入りし、その内の1回はハロン14秒まで脚を伸ばしており、このまま乗り込みを強化して態勢を整えていければと思います。馬体重は444キロです」(6/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週5日坂路入りするハードワークをこなしてきたパラダイスリーフですが、トモに少し疲れが見えた為に週3日へセーブ。回復次第、元のペースに戻すことになるでしょうが、この機会に1週間ウォーキングマシンのみにとどめるなど、リフレッシュを与えても良いのかなと思います。トモの疲れが脚元への不安に繋がらないようにこれだけはお願いします。

フロントラインは坂路入りを開始。少し反動が窺えるようですが、ゆっくり構えていられる時期ではないので入念なケアで不安を解消・緩和してもらえればと思います。

ジェラーニオは淡々と調教を消化中。ただ、走らされている感じで物足りなさを感じます。脚力はそれなりに秘めていると思いますが、走ることに強い気持ちが出てきてくれないと変わり身は期待できないと思います。

エレンボーゲンは次の福島での出走を予定しているので、坂路での乗り込みを開始。馬体重はそれなりに戻ってはいますが、乗り込みながら馬体重を更に増やせるように努力していってもらえればと思います。

2019年6月 3日 (月)

シルクなお馬さん(3歳・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、週2回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週5日坂路コースで乗り込んでいます。より負荷を強めた調教へ移行していますが、バテることなく充実した調教を積めており、この調子でさらなる良化を図っていきたいところです。馬体重は509キロです」(5/31近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「今週もトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。調教メニューに変わりはないものの、先週に比べると少し運動時間を延ばして負荷を強めていますが、今のところトモの歩様も変わらずに調整できています。馬体重は527キロです」(5/31近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ具体的な予定は決まっていませんが、順調にペースアップを図れていますし、この調子で乗り込んで態勢を整えていきたいと思います。馬体重は486キロです」(5/31近況)

Photo エレンボーゲン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、馬体に特に問題はないものの、全体的にレースによる疲れが見られるので、無理せずウォーキングマシンでの運動に止めています。ただ、鹿戸調教師からは夏の福島開催に向かいたいと言われていますし、それに間に合うように立ち上げていきたいところです。馬体重は433キロです」(5/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週5日登坂とハードに鍛えられていますが、それに応えうる体力・ポテンシャルを秘めているのは頼もしい限り。また、伸びシロも大きい馬ですから、復帰後は大きな夢を見ることが出来るように素質に磨きを掛けていって欲しいです。

フロントラインは引き続きトレッドミルで軽めのキャンター調整。騎乗運動を再開するにはちょっと時間を要しそうですが、まずは後戻りしないように慎重を期してもらえればと思います。

ジェラーニオも意欲的に鍛錬中。ガラッと変わってくる感じはないですが、少しずつでも良い方へ変わってくることを願うばかりです。今後の予定は分かりませんが、スタミナはあると思うので、夏の北海道シリーズへ向かった方がベターかなと思います。

エレンボーゲンはレース後まもないですし、馬体を減らしてしまったので、軽めの調整で回復に専念中。前走は相手に恵まれての3着でしたが、少し良い光は見えたので、残り少ないチャンスで何とか1勝をもぎ取って欲しいです。

2019年5月28日 (火)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間もペース的に14-14と変わりありませんが、先週まで1日1本だった登坂本数を2本に増やしています。調教強度を上げてからも特に問題は見られず、順調に調整を積めていますよ。馬体重は508キロです」(5/24近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「トレッドミルでのダクを継続していても左トモの歩様は安定していたので、今週半ばから軽めのキャンターまでペースを上げています。まだ軽めのところですし、しばらくはこれくらいのところで様子を見ていくことになると思いますが、順調に立ち上げられているのは何よりですね。馬体重は521キロです」(5/24近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3日の坂路調教をこなしています。キックバックや馬添え等、こちらで調教している分には特に気になる部分は見当たりませんね。ちゃんと能力を発揮できればレースではもっと上の着順にこれそうな感触があるだけに歯痒いですが、このまましっかりと本数を乗り込み鍛えていければと思います。馬体重は487キロです」(5/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週3日坂路でハロン14秒のところを継続していますが、登坂回数を2本に増やして更に強化。まだまだ心身の幼さは残るでしょうが、体質がしっかりしているのは何より。ここまで良い感じで鍛えることができていると思います。

フロントラインは1つ1つ課題をクリアして徐々に調教内容を強化。馬場で乗り出すにはもう少し時間は掛かるでしょうが、今は根気よく進めていくしかありません。

ジェラーニオも週3日の坂路調教をこなしつつ、キックバック等への適応力を確認。体力もあり、調教している分には特に問題はないのですが、10数頭で走る競馬に行って、集中力を維持できるように取り組んでいってもらえればと思います。そして走ることへの前向きさを促していって欲しいです。

2019年5月19日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NF天栄組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいますが、最後まで脚取りはしっかりしており動きは安定していますね。飼い葉を食べて体調的にも悪いところは見られませんし、このまま緩めないように乗り進めていければと思います。馬体重は505キロです」(5/17近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでダク

天栄担当者「ここまで無理せずに進めてきた甲斐あって、トモの歩様は良化傾向にあったことから、今週からトレッドミルでの運動を始めています。まずは常歩からスタートし、その後も状態は落ち着いていたので、現在はダクまで進めています。一歩前進できて良かったですし、今後も状態に合わせたメニューを組んでいきたいと思います。馬体重は518キロです」(5/17近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。特に悪いところはなく順調なのですが、大きく良くなってきた感じも正直ありませんから、もう少し乗り込みつつ良化を図っていきたいところです。馬体重は487キロです」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは週3回ハロン14秒のところを意欲的に行っていますが、安定した脚取りで元気いっぱい。さすが血統馬というポテンシャルを示していると思います。ただ、これから暑さが増していくと思うので、疲れの兆候を掴んだら、すかさず楽をさせてあげて欲しいです。

フロントラインはゆっくりながらもトモの歩様は良化。この中間からトレッドミルでの運動を開始し、現在はダクまで進んでいるとのこと。まだまだ慎重を期して進めてもらわないといけませんが、このままスムーズに馬場での乗り込みを開始できるところまで進んで欲しいです。

ジェラーニオも坂路で意欲的に鍛えられていますが、もう一つその成果が感じられず。馬自身の成長力が足りないのか、気性面でズル賢いところが脚を引っ張っているのか。3歳未勝利馬なのでゆっくりはしていられませんが、現状の調教内容を維持して、もう少しの間、良くなってきてくれることを待ってもらえればと思います。

2019年5月16日 (木)

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・北海道組)

Photo_3 ベルラガッツォ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、週4回トレッドミル

担当者「この中間はこれまでの疲れを取る為にリフレッシュ期間を設け、坂路入りは控えました。それまではコンスタントに坂路でハロン14秒まで脚を伸ばしていましたが、動きとしてはドンドン良くなってきていますよ。以前より力強さが増し、安定したフォームで登坂してくれるようになり、また乗り込み量が充実したことで、トモに筋力が付いて張りが出てきました。体調が良さそうで、飼い葉を残すこともなくしっかり食べてくれていますし、毛艶も良好です。この馬のセールスポイントは、なにより走りに無駄がなく、綺麗なフォームで推進力をスムーズに前へ運べることだと思います。リフレッシュしたことで疲れがしっかり取れていますし、今後は元の調教メニューに戻し、本州への移動に備えてピッチを上げていきたいと思います。馬体重は492キロです」(5/15近況)

Photo_3 ハーツクリスタル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,000~2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間から周回コースでの運動日を増やした為、坂路コースでのペースをやや抑えて登坂しています。ここまでハロン14秒まで進めていたので、やや疲れがあるのか、歩く際に前脚の蹄を引きずって爪が少し減っていたので両前に蹄鉄を履かせました。蹄鉄を履いた後の歩様は改善しています。登坂中の背中の動きなど高い素質を感じますね。トモの緩さもゆっくりではありますが、徐々に力を付けているので、動きのリズムや蹴り上げる力などが良くなってきていることを騎乗していて感じます。体調面は毛ヅヤも変わらず良好ですし、飼い葉もしっかり食べています。気性面も余計な動作もなく引き続き落ち着いています。今後も体の成長にともなってトモが発達していけば、本馬のポテンシャルは更に高まりますので、まずは焦らずじっくりと調教を進めていきたいと思います。やや腹回りが引き締まり過ぎている感じもしますので、近いうちにリフレッシュと取り入れようと思います。馬体重は497キロです」(5/15近況)

Photo_3 パーフェクトルール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン30分

担当者「この中間も左前肢の歩様には気を付けながら運動を行っていますが、その後も問題なく進められています。定期的に獣医師にレントゲン検査など行って状態を見てもらっていますが、骨や筋には異状なく経過は順調とのことです。もう少しウォーキングマシンでの運動を継続し、獣医師の許可がおり次第調教を開始していきたいと考えています。馬体重は481キロです」(5/15近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本に周回コースで軽めのキャンター2700m、週2回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間もメリハリを付けた調教メニューで進めており、坂路で時計を出す時はハロン15秒のペースからラスト1ハロンは14秒まで脚を伸ばすようにしています。ここまで特に問題なく進められており、暖かくなってきたことで、馬体の張り・艶がかなり良くなってきましたよ。馬体重の数字は前回とさほど変わりないですが、この馬なりに飼い葉をよく食べていることで、良い体付きを維持しています。前向きに調教に取り組めており、ムキになることもなくリラックスして走ってくれるようになってきましたよ。今の状態をしっかり維持しながら本州への移動に備えていきたいと思います。馬体重は428キロです」(5/15近況)

Photo_3 ローブティサージュの17

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「ハロン15秒ペースでしばらく乗り込んできましたが、現在は週1回だけ終いハロン14秒までペースを上げています。調教時の動きはよく、騎乗者も良い感触を得ているようです。先々はどうなるか分かりませんが、現時点では芝のマイル前後の距離が適性だと考えています。飼い葉食いは良いですし、体調面・毛艶等、問題のない状態です。馬体・脚元にも不安なところはありません。精神面・馬体面共にまだまだ成長の余地がありそうなので、それを考えると今後が楽しみですね。今の進み具合ですと、6月上旬の入厩も可能だと思いますので、移動に備えて今後もしっかり乗り込んでいきたいと思います。馬体重は458キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ベルラガッツォはリフレッシュの為、この中間は坂路入りを控えていますが、状態面に不安はありません。また、コツコツ乗り込むことが出来たことで馬体が充実してきているのも好感。無駄のない綺麗なフォームで推進力を前へ伝えることが出来るのは体幹の良さなんでしょう。これからもっと体力が付いて来れば、動きの良さも更に進化してくれると期待しています。

ハーツクリスタルは少し疲れを感じさせますが、蹄鉄を履かせたことで歩様が改善されたのは良かったです。この母系らしく成長スピードが緩やかですが、半兄ピボットポイントを見ていると、走るかどうかは馬自身の気持ち・性格に起因するところが大きそう。ハーツクリスタルは適度な前向きさがあって、以前のコメントで『調教で併せ馬を行うと、並々ならぬ勝負根性を向き出して走る』とありました。競走馬として良い性格を持ち合わせているので、体力が付いて来ればグッと良くなってくると見ています。

パーフェクトルールは歩様を悪くして約1ヶ月半が経過。ウォーキングマシンで軽く動かす日々が続いていますが、慎重に経過を見てきたところ、骨や筋には問題なく、ゆっくりながらも快方へ向かっているとのこと。今月一杯は現状の調整が続きそうですが、来月ぐらいからトレッドミルを併用しながら進めていけそうです。あとは再発しないように気をつけていかねばなりません。

エルスネルの課題は何といっても馬体増ですが、それ以外のことはソツがなく、競走馬としての平均点は高そう。体力が付いてくればカイ食いも良くなってきてくれると思うので、早期デビューは敢えて見送り、9月の阪神開催あたりを目標にじっくり進めてもらえればと思います。

ローブティサージュの17はもう少し距離の融通が利くのかなというイメージでしたが、マイル以下が合いそうとのこと。ムキになって気持ちが空回りすると1本調子の馬になってしまうと思うので、タメの利いた走りを今の内に習得しておいて欲しいです。気性に一癖あった両親なのでこれからそういう面が足を引っ張るかもしれませんが、身体能力の高さは誇れるものがあると見ています。

2019年5月14日 (火)

シルクなお馬さん(関東3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3日に登坂回数を増やしています。ここまで順調に立ち上げられていますが、前走後は全身に疲れが見られたことや、成長を促す意味も含めて、今回は少し間隔を空ける方向で木村調教師とは打ち合わせています。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「引き続き曳き運動での調整ですが、少しずつ運動時間を延ばすことが出来ています。まだダクをさせると歩様に見せてしまいますが、着実に良化はしてきていますから、このまま動かしながらケアしていきたいと思います。馬体重は516キロです」(5/10近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回14-14ペースで登坂し、少し全体的な負荷を強めています。このまま緩まないように乗り込んでいきたいと思いますが、こちらで乗っている分にはレース時ほどキックバックを嫌がるような感じはありませんね。馬体重は486キロです」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは早速坂路週3回のレベルまで調教を高めていますが、まだまだ体質がパンとせず、精神面でも幼さを残すことから、コツコツ乗り込んで成長を促すことに。個人的にもこの方針は大賛成です。器用さはないので、復帰は夏の新潟の後半戦ぐらいで良いのかなと思います。

フロントラインはすぐに回復というのは難しいも、少しずつでも良い方へ向かっているのは確か。引き続き入念なケアを行って、回復のスピードを少しでも速めてもらいたいです。

ジェラーニオはこの馬なりに順調。適度に速いところを行って、良い意味で刺激を与えていってもらえればと思います。そうすることで走ることへの前向きさがもっと出てきてくれればと思います。次走の予定は立っていませんが、前走の走りと騎手のコメントから芝2400mに照準を合わせてくるのかなと見ています。

2019年5月 8日 (水)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきた当初は歩様にも硬さがありましたし、全体的にレースでの疲れが見られましたが、それも順調に回復してきていたことから、今週半ばから坂路コースでの調教をスタートしています。どちらかと言うと太くなりやすいタイプですし、このまま緩まないように調整していきたいですね。馬体重は504キロです」(5/3近況)

Photo フロントライン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:曳き運動

天栄担当者「今週も曳き運動を継続しています。左トモの歩様にはまだ違和感はあるものの、楽をさせていることで少しずつ良化傾向にはありますね。まだ断定は出来ませんが、トモの筋肉に痛い部分があるようなので、まずはそちらの治療をしっかり行っていきながら経過を見ていきたいと思います。馬体重は507キロです」(5/3近況)

Photo ジェラーニオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、馬体にそこまでダメージは見られませんでしたし、もしかすると本気で走っていないのかもしれませんね。すぐに乗り出しを開始していて、現在は週3日ハロン14秒まで脚を伸ばしています。今後もあまり緩めないように乗り込んでいければと思います。馬体重は484キロです」(5/3近況)

Photo クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン14~15秒

厩舎長「ペースを上げた後もソエを気にすることはありませんし、動きも登坂回数を重ねてピリッとしてきましたよ。この中間はラスト1ハロン14秒まで脚を伸ばすようにしていますが、運動後も状態は変わりないので、後は反応と動きが良くなれば帰厩の目途が立てられそうです。馬体重は519キロです」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体質がパンとしていない中、好時計で新緑賞を勝ったことで、少し疲れ・反動が出たパラダイスリーフですが、日にちの経過と共に症状は改善。既に週1回とはいえ坂路へ連れ出しているので心配はもう要らないでしょう。また、次走に関してはハッキリしていませんが、緩まないように調整していきたいということなので、それほど先のことにはならないのかなと思います。

最悪、骨折まであり得るかなと見ていたフロントラインですが、今の感じだとトモを痛めた感じ。骨折の心配は回避できたかなと思います。ただ、歩様の違和感は相変わらず。獣医師に改めて診てもらい、原因と症状を早く確定することができればと願っています。

ジェラーニオの前走は上がりだけの競馬になったことでレースの疲れ・ダメージは少なく済んだ感じ。ただ、一癖ある性格なので、本気を出していない可能性は確かにありそう。それ故、馬具の矯正を検討する余地はあるでしょうが、非常に怖がりなので、チークピーシズやブリンカーを装着して視野が狭くなってしまうとパニックを起こしてレースどころではなくなってしまうかも。まあ、試す価値はあると思います。

クレッセントムーンは帰厩へ向けて順調にペースアップ。動きも徐々に良くなっている様子。3歳馬同士で走る間に1戦できるように厩舎へ送り届けてもらえればと思います。心身共に若い馬なので、まだまだ伸びシロは多く残していると思います。

2019年4月25日 (木)

残り200mぐらいでスッと離された時は万事休すに思えたも、そこからギアを1段上げて急追。最後は外からねじ伏せるかのような迫力で差し切り勝ち。心身の幼さがまだまだ目立つ中、デビュー2連勝を飾る。☆パラダイスリーフ

201904_23

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

土曜東京9R 新緑賞(芝2300m)優勝(1番人気) 川田J

スタートで後手を踏み、道中は最後方からの追走、4コーナーから徐々に促して行き、直線は外目からジワジワと脚を伸ばすと、ゴール直前で計ったように差し切って、見事に2連勝を飾っています。

川田騎手「後ろがしっかりしていないので蹴る力が弱いことから、ダラッとした感じでスタートを出てしまいましたね。まだ全体的に幼いこともあり前半はジックリと進めました。勝負どころはもう少し2着馬との差を詰めて回りたかったのですが、あまり急かしてしまうと走りがバラけてしまいそうだったので、後ろが嵌ってくるのを待ってあげながら徐々に追い出していきました。直線ではエンジンが掛かると、ジワジワ脚を伸ばしてくれましたし、最後まで止まらずに差し切ってくれて良かったですね。上のクラスで戦っていくためにはもっと全体的にしっかりしてこないといけませんが、その分伸びしろは秘めていると思います」

木村調教師「何とか人気に応えることが出来ました。まだまだ、鞍上が促しながらでないと進んでいかないですね。今日は少頭数だったこともあり、最後は大外から間に合いましたが、これがオープンクラスの馬を相手にしてどうなるかだと思います。道中のペースももっと速くなると思いますし、これからはゲートを含めて今日の課題をクリアにしていかなくてはいけませんね。体付きを見ても成長途上ですから、トレセンで状態を確認した後は1度牧場にお戻しすることも考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

二人引き。好馬体。前走よりも良く見せる。出遅れ。4角手前で押っつけ気味になったが、エンジンがかかってからの伸びはさすが。まだ幼さを残すだけに今後の成長が楽しみ。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【新緑賞】直線一気!パラダイスリーフ連勝(サンスポより)

新緑賞(3歳500万下、芝2300メートル)が20日、東京競馬場で8頭によって争われ、川田騎乗で1番人気のパラダイスリーフ(美・木村、牡、父ディープインパクト、母シルキーラグーン)が最後方から直線一気を決め、デビュー連勝を飾った。タイム2分19秒3(良)は同レース史上最速だ。

「体がまだ幼いので前半から上手に走ることができないですが、それでも勝ち切ってくれて良かったと思います」と川田騎手。全兄はラジオNIKKEI賞、七夕賞の重賞2勝を挙げたゼーヴィントで、血統的にも今後の活躍が期待される。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/25日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

木村師「先週はありがとうございました。改めてこちらで状態を確認させていただきましたが、脚元には特に問題は見られませんでした。ただ、頑張って走ってくれたのでしょう、全身ガタガタで結構疲れがありますね。結果を残してくれて無理する必要はありませんので、明日NF天栄へ放牧に出してリフレッシュさせたいと思います」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー勝ちした後、NF天栄で鍛え直されてきたパラダイスリーフ。デビュー前は追い切りであっさり見劣るケースが目立ちましたが、今回は併せ馬でもしっかり食らいつき、それなりの時計を出せるように。体つきも背が少し伸びたのか、バランス良く見せていました。

ただ、かなり良くなってきているとはいえ、子供っぽい性格は依然残るので、1勝馬同士だとデビュー戦のような恵まれれることはないと見ていたので、今回はクラス突破にメドの立つ走りを見せてくれれば上々と考えていました。それ故、ここで1番人気に支持されるとは正直意外でした。

レースに関しては、積極的にポジションを取りに行く川田Jとのコンビだったので、正攻法の競馬をイメージしていましたが、ゲートを出て行き脚が付かなかったことで腹を括るような競馬へ。最後方から進めていくとは考えてもいませんでした。ひょっとしたら追走に手一杯になるのかなと見ていましたが、レースの流れに置かれるようなことはなく淡々と追走。目の前に当面のライバル・エデリーがいたのもラッキーで、マイペースの追走に終始しつつも、レースはしやすかったのかなと思います。

レースは3角過ぎからジワッとペースアップ。そこで反応の鈍さを見せだし、川田Jは仕掛けつつの追走へ。持ったままで4角を回ってきたエデリーに対して、こちらは手が動いて押っ付け気味。直線でもいち早く鞭が入ったパラダイスリーフでしたが、エデリーに並びかけるところまでは行かず。そしてエデリーが残り250mぐらいで満を持して先頭へ。パラダイスリーフ&川田Jは懸命に追うも、残り200mあたりでスッと突き放されたところではさすがに交わせないかなと思いました。ただ、そこから勝負根性を発揮し、隠されたギアが1段上がった感じで急追。一完歩ずつ差を詰めていくと、最後はねじ伏せるかのような差し切り勝ち。着差以上に強さ・凄みを感じましたし、勝ち切るところにポテンシャルの高さを再認識させてくれました。

レース後のパラダイスリーフは力を出し切ってくれたので、さすがにクタッとした様子。脚元等に異常は見られないも、相当頑張ってくれたのでしょう。25日にNF天栄へ放牧に出し、英気を養うこととなりました。

新馬戦→特別戦の2連勝で今後への期待が更に高まったパラダイスリーフ。本格化した時が今から楽しみですが、冷静に見れば、まだまだ心身共に幼いので、ここで無理をすると成長を阻害してしまいます。まずはNF天栄でしっかりレースの疲れを取り除き、その後はある程度時間を設け、コツコツ乗り込んで鍛え上げて欲しいです。伸びシロに関してはまだまだ計り知れないですし、次走でも今回のような驚きの進化を今から期待しています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ