2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「パラダイスリーフ」の82件の投稿

2019年10月 9日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同じ調教メニューを続けています。先週もお伝えした通り、涼しくなってきたことで状態は上がってきましたよ。そろそろハロン13秒までペースアップできると思います。馬体重は505キロです」(10/4近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「予定通り、運動時間を増やしています。まだ脚捌きを見ても本来の動きではありませんが、患部の経過は良好ですので、この調子で進めていきます。あとは脚元のことを考えても、もう少し体が絞れてきて欲しいですね。馬体重は584キロです」(10/4近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回京都開催、もしくは第5回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り出した後も問題なく進められていますし、この中間も坂路でハロン15秒のペースで乗り込んでいます。心身ともに良い状態を保っていますし、このまま問題なければ第5回京都開催、もしくは第5回阪神開催を目標にトレセンへ戻す方向で高野師と話し合っています。馬体重は510キロです」(10/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは引き続き好調。そろそろ坂路で13秒台まで伸ばすみたいなので、ここを踏ん張れば帰厩の見通しが立ってくることでしょう。

ジーナアイリスはウォーキングマシンでの運動時間を延長。ひとまず患部の経過は良好ですが、馬体重が増え過ぎているのがやはり悩ましいところ。これから汗を掻き辛い季節になっていきますし。他馬のペースよりも時間を掛けて進めていって欲しいです。

クレッセントムーンは坂路でハロン15秒のところを乗り出していますし、順調そのもの。ただ、良くなる余地を多く残している馬だと思うので、レース間隔をしっかり取り、その間にコツコツと心身の成長を促してもらえればと思います。個人的には次走は暮れの阪神まで待機して欲しいです。

2019年10月 2日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も先週と同様の調教メニューで調整を続けています。だいぶ涼しくなってきたことで、体調面は上向いてきましたし、それに伴い坂路調教の動きも良化してきましたね。暑い時期が苦手なタイプかもしれません。様子を見ながら徐々にペースアップしていきます。馬体重は506キロです」(9/27近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「運動を制限していますから、多少の体重増加は仕方ありませんね。当然馬体も緩さが目立つようになってきていますので、脚元に負担が掛からないよう努めていきます。この中間はウォーキングマシンでの運動を始め、来週からは更に運動時間を増やしていきます。馬体重は581キロです」(9/27近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「先週から坂路でハロン15秒の乗り込みをスタートしましたが、その後も問題なく、以前に増して動きに力強さが出てきましたね。歩様もシャキッとしていますし、ボンディマンシュなりに成長していると思います。中内田師から来週か再来週の検疫でトレセンに戻したいと連絡を受けていますので、移動に備えて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は512キロです」(9/27近況)

Photo_3 クレッセントムーン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「こちらに戻ってきた後も大きなダメージはなく、疲れはすぐ回復しましたので、今週から乗り出しています。その後も問題ないですし、馬体が緩まないように週半ばから坂路で15-15を開始しました。早めにひと息入れればスムーズに調教を進められるので、しっかりするまではこの形で進めていく方が良さそうですね。馬体重は503キロです」(9/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは涼しくなってきたことで活気が戻り、体調&動きは良化。これからは更に上昇していくのみなので、1日でも早く帰厩できるようにドンドン進めていってもらいたいです。

ジーナアイリスはウォーキングマシンでの運動を開始。少しずつ時間を延ばしながら負荷を掛けていってもらえればと思います。また、馬体重の増加は致し方ないも、食欲旺盛な馬なのでこれ以上増えるようだと制限をかけることも検討して欲しいです。

ボンディマンシュは近々帰厩することになりそう。動き等に関しては短い期間でも成長を感じるようですが、最後の直線でラチへヨレたりする気の悪さを抱えているので精神面の充実・成長をより重視して取り組んで欲しいです。

レース後、暑さからかなりクタッとしていたクレッセントムーンですが、そのダメージが尾を引くことがなかったのは一安心。早速、坂路で15-15を乗れているので、帰厩の声が届くまで丹念に乗り込むことで更なる成長・良化を遂げてもらいたいです。

2019年9月24日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から更にペースを上げ、週3回ハロン14秒で登坂しています。体調面は安定していますし、ようやく軌道に乗ってきた感じですね。ただ、元々調教では行きっぷりの良い方ではありませんが、それを考慮してもまだモタモタした感があるので、もう少し乗り込みが必要でしょう。馬体重は506キロです」(9/20近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「この中間もトレッドミルでの常歩を行っています。先週から少し運動時間を増やしていますが、良い意味で変わりはありません。歩様も安定しており、来月には更に負荷を掛けた調教メニューを行えるでしょう。馬体重は575キロです」(9/20近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「順調に調教が進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。涼しくなってきたのと同時に調子が上向いてきましたし、ペースアップ後もしっかり対応しています。来月早々には帰厩する方向で中内田充正調教師と話し合っていますので、移動に備えながら、乗り込んでいきたいと思います。馬体重は510キロです」(9/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは負荷を少し高め、週3日坂路でハロン14秒の調教を乗り込み中。動きはもう一つピリッとしませんが、これから本数を重ねていけば良くなってくれるでしょう。ようやく軌道に乗ってきました。

ジーナアイリスは引き続きトレッドミルでの軽めの運動。特に悪い変化は見受けられないので、ゆっくりながらも負荷を高めていけると思います。あとは馬体重が増え過ぎないようにそろそろ注意して欲しいです。

ボンディマンシュはロードカナロア産駒らしく暑さが和らいできたことで動き&状態は上昇ムード。ハロン15秒の調教を開始しましたが、難なく対応してくれている様子です。来月早々には厩舎へ戻るようなので、与えられたメニューをしっかりこなし、その時を待ってもらえればと思います。

2019年9月18日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上・NF天栄組)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「トレッドミルで軽めのキャンター開始後も体調面は落ち着いていますので、今週から周回コースで軽めのキャンターを行っています。運動量が多くないので、時折元気なところは見せていますが、逆に捉えると健康面に問題がないということでしょう。この調子で徐々に立ち上げていければと思います。馬体重は452キロです」(9/13近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路調教再開後も特に問題は見られなかったことから、今週は登坂回数を週3回に増やしています。また、その内の2回はハロン13秒まで脚を伸ばしていますが、しっかりと対応できており、動きは悪くありません。この調子で次走の予定が立てられるように、態勢を整えていければと思います。馬体重は489キロです」(9/13近況)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月27日の東京・天皇賞(秋)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週3回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューでコンスタントに乗り込みをこなしています。まだ気持ちはピリッとしてこないものの、ブレのないフットワークで駆け上がって来られており、相変わらず動きは良好です。良い状態でトレセンへ送り出せるよう、このまま態勢を整えていきたいですね。馬体重は482キロです」(9/13近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。少し右前膝裏に腫れは見られますが、歩様はこの馬なりに落ち着いていますから、大きな問題はないでしょう。ここまで順調に調整することが出来ていますよ。馬体重は562キロです」(9/13近況)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン14秒まで脚を伸ばしています。まだ動きはパッとしませんが、焦らず徐々に上向かせていきたいですね。今のところ体調面に問題はないものの、今後もよく気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は504キロです」(9/13近況)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、レースによる疲れは多少あるものの、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。今週から坂路コースで乗っていますが、いつも通りといった感じで動きに問題はなさそうですから、この調子で徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は500キロです」(9/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは体調も落ち着いてきて、この中間から周回コースで軽く動かすように。元気のあるところを見せているようですし、もう大きな心配は要らないでしょう。

ヴェルトゥアルは週3日の坂路調教へ負荷を高め、終いも少し伸ばしていますが、無難に対応できています。あとはもう少し本数を重ねて状態を上げていってもらえればと思います。そうすれば自然と次走の予定が決まってきてくれるでしょう。

アーモンドアイはそろそろ帰厩の声が掛かるでしょう。気持ちの面で少しのんびりした面は窺えますが、トレセンへ戻って追い切りを行っていけば、良い意味でピリッとしてきてくれるでしょう。とにかくここまで無事に来たのが何より。もう少しの間、気を緩めないようにお願いします。

ウォリアーズクロスは脚元の腫れは解消できていませんが、負荷を更に高めても悪い兆候は窺えません。ケアは引き続き行っていって欲しいも、そう深刻に捉える必要はないでしょう。

パラダイスリーフは少しずつ状態を上げていっていますが、良かった頃の動きと比べると物足りなさを感じる現状。熱中症によるダメージがまだ少し残っているかもしれませんから、無理にピッチを上げていく必要はないでしょう。現状のメニューを継続してこなすことで良かった頃の雰囲気を取り戻して欲しいです。

モンドインテロは前走の疲れは解消し切れていませんが、坂路入りできているように良くなってくるのは時間の問題でしょう。今後の予定は発表されていませんが、アルゼンチン共和国杯→ステイヤーズSへと進む確率が1番高いのかなと見ています。

2019年9月10日 (火)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末から坂路調教を開始し、今週からハロン15秒ペースで登坂しています。一時は熱中症のような症状を見せたので、ペースを落としていましたが、現在のところ体調面は安定しています。ただ、気持ちの問題なのか、動きにはあまり活気がありませんので、これから徐々に良化を図っていきたいと思います。馬体重は502キロです」(9/6近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:曳き運動

担当者「その後も患部の状態に問題はなかったですし、獣医からの許可も出たことから、予定通り今週から曳き運動を開始しています。一つステップアップ出来たのは何よりですし、引き続き獣医と相談しながら、無理のない範囲でペースアップを図っていければと思います。馬体重は558キロです」(9/6近況)

Photo ボンディマンシュ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週一杯は疲れを取る為に軽めの運動に控えていましたが、体調は問題なく元気もありましたので、今週から周回コースで乗り出しています。週半ばから坂路にも入れていますが、このまま進めて行っても問題なさそうなので、徐々に負荷を掛けながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は516キロです」(9/6近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第3回新潟開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

厩舎長「斉藤崇師から、このまま変わりなければ来週か再来週の検疫で帰厩させたいと指示がありました。この中間から更に負荷を掛けた乗り込みを行っており、坂路で14-14からラスト1ハロン13秒まで脚を伸ばすようにしています。乗り出してからも脚元の状態は変わりなく順調そのものです。少し時間が掛かってしまいましたが、良い状態で送り出すことが出来そうです。馬体重は521キロです」(9/6近況)

⇒⇒10日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。(9日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑さが応えて動きに精彩さを欠いていたパラダイスリーフでしたが、軽めの調整で馬体重を戻し、現在はハロン15秒の調教を消化。順調に回復出来たと思いますが、動きには物足りなさも。気持ちが萎えている部分があるのでコツコツ乗り込んで前向きさを促してもらえればと思います。

馬房で静養に努めていたジーナアイリスですが、獣医師の許可が出た為、曳き運動を開始。軽く動かすことでもストレスは発散出来ると思うので、気持ちの面で良い意味で余裕が出てくれればと思います。ただ、復帰への道のりはまだまだ遠いです。

ボンディマンシュは小倉戦の疲れが癒え、トレッドミルと併用ながら騎乗運動を再開。体調も良い意味で安定していますし、着実に負荷を高めていくことが出来るでしょう。ただ、ダ1400mに使おうとなると相応の節(レース間隔)が必要なのがネックです。

アマネセールは9日の最新情報で本日10日にトレセンへ戻ることに。右前肢の球節付近の腫れで時間が掛かってしまいましたが、症状がぶり返すことはなかったですし、ここ最近は本数を重ねてきたことでこの馬らしい素軽さも出てきました。少し休養が長引きましたが、まだまだ上を目指せると思うので、古馬との初対決となる次走でどういうレースを見せてくれるかちょっと楽しみです。

2019年9月 1日 (日)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター 

天栄担当者「先週一杯はウォーキングマシンで様子を見ていましたが、徐々に回復してきていることから、今週は周回コースで軽めのキャンターを行っています。ただ、まだ完全に疲れが抜けたわけではありませんし、今後も状態に合わせてじっくりと進めていきたいと思います。馬体重は502キロです」(8/30近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「この中間は舎飼で様子を見ています。術後の経過は良好で、精神面も安定しており、熱発等もありませんね。レースの疲れが抜けたことで、入場時よりも飼い葉を食べており、良い状態ですよ。来月上旬には曳き運動に入り、早ければ下旬にもウォーキングマシンでの運動を行えそうです。馬体重は558キロです」(8/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

動きに精彩を欠き、馬体が細くなってしまったパラダイスリーフでしたが、早目に余裕を持たせたことで徐々に回復。現在は周回コースで軽めのキャンターを消化中。まだ安心は出来ませんが、気候が涼しくなってきているので、再度悪い方へ向かうことはほぼないと思います。もう少しの間、状態を見守ってから、負荷をどんどん高めていってもらえればと思います。

ジーナアイリスは手術を行ってまもないですが、経過は良好で落ち着きもあるとのこと。ただ、複数個所を骨折していたので全てが良い方へ向かっているのかをしっかり調べる必要はあるでしょう。あとは食欲旺盛な馬なので太らせ過ぎないようにお願いします。

2019年8月28日 (水)

坂路調教を進めていくと、前走の疲れが抜け切っていないのか精彩を欠く動き。一旦軽めの運動で様子を見ることに。★パラダイスリーフ

201905_20190828053401

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ウォーキングマシン

天栄担当者「先週から坂路調教を開始していましたが、動きは順調に良化してくるものと思っていたところ、逆に徐々に精彩を欠いてきました。同時に馬体も寂しくなってきましたので、一旦乗り運動を止めてウォーキングマシンの運動だけに止めています。まだ疲れが完全に抜けていないようですので、一度リセットしてから立ち上げていく方がいいでしょう。馬体重は497キロです」(8/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

坂路で週3日の乗り込みを開始していたパラダイスリーフ。先週の時点では何ら問題なく、このまま軌道に乗っていけると見ていましたが、前走の疲れが完全に抜け切っていなかったのか、次第に精彩を欠く動きに。そして馬体も細く見せるように。暑さが応えている面もあるでしょう。一旦、ウォーキングマシンのみの運動に止め、しっかり立て直すこととなりました。

幸い、脚元等に疲れ・反動は出ていませんし、前走で敗れたことで秋は地道に自己条件で力を付けていってくれればと思っていたので、焦る必要はありません。まずは状態・馬体をしっかり戻すことから始めてもらえればと思います。

2019年8月21日 (水)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo_3 パラダイスリーフ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「周回コースでの運動開始後も疲れは見せなかったですし、今週から坂路コースでの運動を始めています。現在は週3回ハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、動きにも問題はありませんし、このまま軌道に乗せていければと思います。馬体重は494キロです」(8/16近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:舎飼

担当者「10日にこちらへ帰場してきました。レースと長距離輸送での疲れが出てきていますので、じっくり疲労の回復に努めています。また、右前橈骨遠位端の骨折と聞いていますが、こちらでも再度獣医に確認してもらい、社台ホースクリニックの都合が付き次第、オペを行う予定です」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新潟戦の疲れが癒えたパラダイスリーフは坂路での乗り込みを開始。週3日ハロン14秒のところを駆け上がっていますが、特に気になるところはなさそう。暑さ対策をしながらも、コツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

NF天栄を経由して北海道へやってきたジーナアイリス。右前橈骨遠位端の骨折という診断なので骨片を摘出する手術を近日中に予定しているとのこと。それまでは静養に努め、体力を整えておいて欲しいものです。

2019年8月10日 (土)

【シルク】先週のレース結果(8/3-4)

Photo パラダイスリーフ

土曜新潟10R 信濃川特別(芝2000m)3着(1番人気) 石橋脩J

まずまずのスタートから徐々にポジションを取りに行き、道中は好位に付けます。残り400m付近から追い出され、一時は先頭に立って懸命に粘り込みを図りましたが、勝ち馬とコンマ1秒差の3着で昇級初戦を終えています。

石橋脩騎手「相手を見るとあまり前に行きそうな馬がいませんでしたし、パンパンの馬場の中、前残りになっても嫌だったので、今日は前目に付けようと思っていました。道中は考えていた通りの形で進められましたが、勝負どころで外から他馬が上がって行った時に、それをやり過ごしておけば良かったですね。前に入られてポジションを落としてしまうのが嫌だったので一緒に上がって行きましたが、もうワンテンポ待ってあげた方が直線で前に目標が出来て、馬も走りやすい形になったかもしれません。気を抜いていたわけではありませんが、勝ち馬に馬体を併せに行くともう一脚使ってくれましたし、もう少し追い出しを我慢して勝ち馬との追い比べになっていれば、もっと際どい勝負になっていたかもしれないです。結果を残せず申し訳なく思いますが、馬は新馬の時よりも成長して良くなっているなと実感しましたよ」

木村調教師「よく頑張ってくれているのですがね。直線はもう少し追い出しを我慢できていればという感じもしますが、最後まで勝ち馬に食らい付いてくれて、力のあるところは見せてくれたと思います。上がりはかなりフーフー言っていて、息が戻るまで結構時間が掛かりましたし、暑い中よく走ってくれましたから、一旦リフレッシュさせるためレース後に直接ノーザンファーム天栄へ出させていただきました」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

出遅れたが、すぐに巻き返して先団へ。終始、手応えは良く、一旦は抜け出すかの場面。ただ、さすがにキツい競馬になったせいか、ゴール前は少しだけ甘くなったか。今日は若さが出たが、地力が高いのは間違いない。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「レース後に直接こちらへ戻ってきていますが、脚元を含めて馬体にはこれといって問題になるようなダメージは見当たりませんでした。2,3日は軽めの運動に止め、今週半ばから乗り出しを開始し、現在は周回コースで軽めのキャンターを行っています。この調子で状態に合わせて徐々に進めていければと思います。馬体重は498キロです」(8/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo モンドインテロ

土曜札幌11R 札幌日経OP(芝2600m)6着(1番人気) C.ルメールJ

大外枠からあまり良いスタートではありませんが、焦らず中団よりやや後ろでレースを進めます。2周目の向こう正面半ばでペースアップしたところでも我慢をさせ、直線手前で満を持して追い出されますが、ジリジリとしか伸びず、6着で終えています。

C.ルメール騎手「休み明けだったこともあって、体が太く感じました。その分、一昨年勝った時のように直線で速い脚を使えなかったですね。それでも、止まっているわけではありませんし、他馬よりも2キロほど重い58キロの斤量で2600mを走ったわけですから、それを考えれば内容はまずまずだったと思います。久々を1度使ったことで、次はもう少し良い脚を見せてくれるでしょうね」

手塚調教師「道中は良い感じに進められているように見えましたし、掲示板は外さないだろうと思っていましたが、直線は思ったほどの伸び脚が見られませんでした。体調は良かったので期待していたのですが、おそらく最後は久々の影響が出てしまったのだと思います。この後は脚元の状態をよく確認してから、今後の方針を検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。中団の少し後ろ。直線はややゴチャつく位置にいたが、バラけてからもそうは伸びなかった。実績上位とはいえ、今日は58キロを背負っての長期休養明け。条件が厳しかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:9月1日の札幌・丹頂S

手塚調教師「先週の札幌日経オープンは、掲示板は確保しそうな感じだったのですが、久々の分なのか思ったよりも伸び切れなかったですね。レース後はこちらで馬体を確認させていただきましたが、以前痛めた右前膝裏の部分は多少疲れが見られるものの、問題ありません。また、変わらず体調は良さそうですので、このまま状態に変わり無ければ9月1日の札幌・丹頂Sを目標に進めていこうと思います」(8/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パラダイスリーフは4月末の東京戦以来でプラス4キロでの出走。きっちり仕上がっていたと思いますし、充電効果で牡馬らしい逞しさが随分加わったように見えました。今回もスタートは良くなかったですが、鞍上の石橋脩Jが軽く促すとスムーズにポジションアップ。個人的には後方から競馬を進めることになると見ていたので、目標になる形で古馬勢の追撃を封じることが出来るのか期待半分・不安半分でレースを見ていました。そして最後の直線、残り300m付近で先頭に躍り出たパラダイスリーフでしたが、そこから更に加速することは出来ずに、フラフラする幼さを露呈。ソラを使った感じとはちょっと違うかもしれませんが、モタモタしている間に外からアドマイヤアゼリが強襲。そしてその外からサーレンブラントも良い脚を繰り出します。石橋脩Jはアドマイヤアゼリに馬体を併せにいって本気を出させようとしましたが、食らい付くのが精一杯。早目に仕掛けていた分、さすがに差し返すことは出来ませんでした。

レース後のパラダイスリーフはそのままNF天栄へ。馬体には特に異常は見当たらず、回復に努めた後、早速乗り出しています。今後については未定ですが、セントライト記念で同世代のライバルと手合わせする可能性もあるでしょう。今回は目標を間違えた分、自分を苦しくしてしまいましたが、着差は僅かですし、負けて強しの競馬だったと思います。良い素質を秘めているのでしっかり開花できるように厩舎と牧場が連携して今後も取り組んでいってもらえればと思います。

札幌日経OPは大混戦のレースだったとはいえ、脚部不安明け+58キロで1番人気に支持されたのはモンドインテロ。さすがにこれはビックリしましたが、鞍上人気の賜物。仕上がりは入念に乗り込んでいたので悪くなかったと思います。レースプランとすれば出たなりの位置で折り合いに専念。最後の末脚を生かす競馬を試みたと思いますが、勝負どころからの反応が今回は一息。スッと外目を捲っていく形を想像していたのですが、ズブさを覗かせる感じで思ったほど動けずに直線で馬群の間を突く戦法へ変更。直線を向く時はまずまずの手応えでしたが、ちょっと前がゴチャゴチャする場面もあって、いざ追われてから伸びはジリジリ程度。ゴール前で5頭がズラッと横並びになりましたが、そこに加わることは出来ませんでした。

レース後のモンドインテロですが、少し脚元に疲れ・反動は窺えるも、問題ない程度。時間の経過と共に落ち着いてくれると思います。次走についてですが、順調に回復が進めば来月1日の札幌・丹頂Sへ。今回、体調こそ良かったと思いますが、やはり条件は楽ではなかったモンドインテロ。直線での伸びはもう1つでしたが、大負けしなかったように実力は示したと思います。丹念に乗り込んでいた分、次走への上積みはそれほど見込めないかもしれませんが、叩いた効果で良い意味でシャキッとしてきてくれれば思います。

2019年8月 3日 (土)

非凡な素質を秘めるのは間違いないところも、心身の幼さを多く残す現状。豊富なキャリアを誇る古馬+戦績で上回る同世代のライバル相手にどこまで通用するのか…。自滅して負けるようなことは避けて欲しい。☆パラダイスリーフ

2019022000

Photo パラダイスリーフ(牡・木村)父ディープインパクト 母シルキーラグーン

土曜新潟10R 信濃川特別(芝2000m)6枠7番 石橋脩J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7月31日に南芝コースで時計

木村師「7月31日に南芝コースで併せて追い切りを行いました。道中はパラダイスリーフが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。スピードに乗るまで少し時間は掛かりますが、終い促すとちゃんと反応して、ラスト一ハロンを11秒台でまとめられましたし、良い動きを見せてくれたと思いますよ。まだ本当に良くなってくるのはこれからだと思いますが、2連勝しているように能力はあると思いますから、先に繋がるような走りを見せてくれればと思います」(8/1近況)

助 手 26美坂良 62.9- 46.3- 30.3- 14.9 馬なり余力
助 手 28美坂重 54.8- 39.6- 25.3- 12.3 馬なり余力 ユナカイト(古馬1勝)馬なりを0.4秒追走同入
助 手 31南芝良 69.1- 52.9- 38.7- 11.4 G前仕掛け ユナカイト(古馬1勝)馬なりの内0.3秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2019/8/3(土) 2回新潟3日目
信濃川特別
芝2000メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:10
枠馬 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ディアシューター 牡5 54.0 大野拓 
2 2 アシェット 牝4 52.0 藤田菜
3 3 ショパン 牡6 56.0 田辺裕角居勝
4 4 スワンボート 牡9 50.0 岩部純
5 5 アトミックフォース 牡3 54.0 武藤雅
5 6 サーレンブラント牡5 56.0 三浦皇
6 7 パラダイスリーフ 牡3 53.0 石橋脩
6 8 アドマイヤアゼリ 牡5 55.0 戸崎圭
7 9 レッドストーリア 牝5 51.0 野中悠
7 10 ショワドゥロワ 牡5 55.0 内田博
8 11 ワイルドゲーム 牡6 53.0 丸田恭
8 12 プラチナアッシュ セ4 54.0 菊沢一

○太田助手 「前走は川田騎手がよく勝たせてくれました。まだ緩さは残りますが、放牧を挟んで多少はしっかりしてきました。秋につながる競馬を見せてほしいですね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモがしっかりしていない分、序盤モタモタするので、レースの流れにスッと乗れないパラダイスリーフ。また、慌てて仕掛けると最後フットワークがバラバラになりそうと完成度はホント低いのですが、前走は直線でじわじわ脚を繰り出すと、その勢いは最後まで持続。少頭数だったことも味方し、最後は抜け出した2着馬を外からきっちり交わしたところがゴールでした。まだまだ心身の幼さが残るレースぶりですが、エンジンが掛かってからの伸びはさすが良血と思わせるもの。着差以上の完勝劇だったと思います。

前走後はダービーTRに目を向けることなく、すぐさまNF天栄での充電を選択。一時期は週5日の坂路入りを行うなど意欲的にメニューを消化し、じっくり乗り込むことで鍛え上げてきました。当初は福島のラジオNIKKEI賞あたりでの復帰かなと見ていましたが、結局は夏の新潟まで待機することになり、このレースで3戦目を迎えることとなりました。

帰厩後の動きに関しては、ひと追い毎に良化。元々攻め駆けする馬ではありませんが、ユナカイトに食らい付いているように気持ちもしっかり出来ていると思います。あとは現状の完成度で豊富なキャリアを誇る古馬+プリンパルS5着と戦績で上回る同世代のアトミックフォースにどこまで通用するか。追い切りでの仕掛けてからの反応やゴール前での伸びを見ると、集中力が増して気性面の成長を十二分に感じさせ、前走からの上昇度は計り知れないものがあります。ただ、乱ペースになって追走に脚を使わされることになったりすると、直線で全く伸びてこないといったシーンもあるかもしれません。

ここで無傷の3連勝を飾ると秋がホント楽しみになりますが、まずは道中、自分のリズム・ペースを守り、新潟の長い直線でしっかり伸びてくる場面を作ってもらわないといけません。その結果、差し届かないのは仕方ないので、自滅して負けるような敗戦は避けねばなりません。非凡な素質を秘めるのは間違いないところなので、気持ちが悪い方へ向かないようにお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ