出資馬一覧

カテゴリー「アンナベルガイト」の7件の投稿

2017年8月 4日 (金)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・父ロードカナロア)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1~2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間も順調に来ており、週2回は坂路コースを2本登坂し、調教量を増やしています。ここに来て、少しずつではありますがトモに力強さが出てきて、動きに躍動感が出てきたように感じます。調教の動きが良くなるにつれて、トモの筋肉の張りが増し、更に無駄な肉も取れてきて、メリハリのある馬体になりつつあります。首から肩にかけての張りも継続したショックウェーブ治療で、少しずつ良くなってきています。馬体重は512キロです」(8/1近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週5回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「この中間も週に2回坂路でハロン17秒の調教を行い、それ以外の日は周回コースで長めに乗り込みながら体力強化に努めています。時間を掛けていることで、普段の運動からだいぶ乗り易くなり、動きもしっかりしてきました。体力がつけば苦しさもなくなり、もっと楽に動けるようになるでしょうし、煩いところも収まってくるでしょう。まだ馬道では落ち着きがないところを見せているので、その点には気を付けながら進めていく必要がありそうです。脚元・体調等は特に問題ないですし、飼い葉食いも良いので、成長を促しながら鍛えていきたいと思います。馬体重は514キロです」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイトは調教量を強化。コツコツ乗り込んだことで、徐々にトモに力がついてきている様子。ただ、首や肩にコズミの症状が見られるように体質自体が弱そう。これ以上のペースアップは一旦控え、成長を待った方が良さそうに思います。

骨折で出遅れたダイアトニックですが、調教メニューはだいぶ追い付いてきたと思います。ただ、精神面で幼さを残す点が現状の課題の1つ。ピリッとしていることはレースへ行ってプラスに出ると思うのですが、牡馬らしく堂々と構えることができるようになって欲しいです。

2017年7月19日 (水)

ロード&シルクなお馬さん(父ロードカナロア・北海道組)

Photo_6 ロードザナドゥ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。6月30日(金)測定の馬体重は496キロ。

○当地スタッフ 「ファーストクロップが好発進を決めたロードカナロア。こちらで手掛ける2歳で最も父に似る本馬も楽しみでしょう。ただ、心身を育んでいる今は日々の稽古を丹念にこなすことが大事。以前より更に走りが纏まった点を最近の収穫に挙げたいです」

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミル

担当者「坂路でのハロン15秒の調教では、だいぶ余裕をもって登坂してくれるようになってきたことから、この中間から登坂回数を3回に増やして乗り込みを強化しています。馬体の張り・毛艶が良く、体調面は問題ありませんが、まだ体を持て余している感じが窺えます。調教に対して気持ちが入り易いところがあるので、動きとのバランスを上手く連動できるようにトモを使わせた運動を心掛けていきたいと思います。馬体重は520キロです」(7/18近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、週5回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「動きそのものは悪くないものの、少し落ち着きがないところが窺えるので、この中間はペースを上げずにハロン17秒に抑え、出来るだけ集中力を維持させながら調教を行っています。脚元・体調等は問題なく進めることが出来ているので、周回コースと坂路コースでじっくり体力を付けながら、走りと気持ちのバランスが伴っていけるように進めていきたいと考えています。馬体重は514キロです」(7/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道から脱出できていないロード&シルクで出資しているロードカナロア産駒の近況をまとめて。

同期の牡馬はほぼ本州へと旅立った中、ロードザナドゥはマイペース調整。緩さは急に良くなる訳ではないので、淡々と乗り込むしかありません。それでも乗り込みつつ馬体が絞れてきたのは○。1200mで活躍する父の産駒は珍しくなりそうなので、ロードザナドゥには父の路線(スプリント界)を継承できる馬になってもらいたいです。

アンナベルガイトは攻めを強化しましたが、現状の課題はロードザナドゥと同様。体を持て余していますし、上手に使い切れていません。まずはこの夏をしっかり鍛え抜いて良くなってくることを願って。また、同馬はダートの方が良いかもしれません。

骨折で出遅れたダイアトニックですが、調教のペースは追い付いてきました。その一方で精神面で幼いところが目立ってもきました。ここからはもう少し丁寧に調教を重ねていく必要があるのかなと思います。

2017年7月11日 (火)

【動画更新】ケイティーズソレル&ドレーク&アンナベルガイト

↑↑↑

Photo ケイティーズソレル

↑↑↑

Photo ドレーク

↑↑↑

Photo アンナベルガイト

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牧場での調整が続いている出資馬3頭の動画がアップされていました。

ケイティーズソレルは負荷を高めていることでテンションが高め。普段の調教からメンコを着け始めてのかな思います。ただ、動きは素軽くて好感。体高が低く、ピッチ走法なので、距離はマイルまで持つかな?という印象ながら、溜めれば、終い切れそうな感じがしています。

ドレークは地味なアクションの割に15-15の時計が出ています。以前に比べると、体が大きくなって、左右にぶれずに駆け上がってくるようになっています。遅生まれですし、まだまだ伸びしろが期待できそうです。

アンバベルガイトは2頭と比較すると、動きの質が見劣るのは事実。速いペースで入ると、まだまだトモに緩さが残るので、ラスト1ハロンがかったるくなってしまいます。ひと夏越せばグンと良くなってくると思うので、この馬のペースで今しばらくは丹念に乗り込みを重ねてもらえればと思います。

2017年7月 7日 (金)

シルクなお馬さん(関西2歳牡馬・マイラータイプ)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミル

担当者「この中間も坂路でハロン15秒の調教を行っていますが、だいぶ余裕をもって登坂出来るようになっています。常歩、ダクではトモの緩さが気になりますが、キャンターではあまり気にならなくなってきているので、徐々に馬体がしっかりしてきているように感じます。今後はもう少しトモの力強さを求めていきたいと考えていますので、気持ちと走りのバランスが伴うように運動を心掛けていきたいと思います。馬体重は518キロです」(7/3近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週4回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「週に3回坂路でハロン15秒の調教を行っていましたが、この中間はリフレッシュ期間を設け、速いところは控えて周回コースで長めに乗り込んでいます。馬体の良化はまだまだ見込めるものの、現時点で乗り味抜群でバランスが非常に良く、また気性面も凄く真面目で操縦性がいいですね。だいぶ体力が付いてきたことで、余裕をもって登坂出来るようになってきました。ここまで順調に調整することができましたし、今回の休養で更に状態が上がってくると思います。煩いところを時折見せますが、今の雰囲気を維持して進めていけば心配ないでしょう。馬体重は495キロです」(7/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マイル、もしくはそれよりも短い距離に適性を感じる2頭の近況をまとめて。

トモの緩さを解消することが第一命題のアンナベルガイト。まあ、そうすぐに良くなる・解消できる話ではないので、内面の強化を進めながら、馬体にメリハリが出てきてくれればと思います。また、背腰のケアは他馬よりも重点的にお願いします。

ドレークは坂路入りを控えてリフレッシュ。気性面でピリッとしているのは父譲りだと思うので、それが悪化しないように常に気を配ってもらえればと思います。また、5月生まれということで、ここに来ての上昇度は好感。コメントを鵜呑みには出来ませんが、良い意味で化けてくれれば。あと1ヶ月しっかり鍛え込んで、お盆過ぎに栗東近郊へ移動してきて欲しいです。

2017年6月19日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・父ロードカナロア)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週1回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日はトレッドミル

担当者「トモにまだ緩さが残る状態で速めの調教を行うと前に負担がかかるようで、首から肩にかけて張ることがあるのでショックウェーブで治療を行い、騎乗する日とトレッドミルで調整する日を決めて調教を行っています。まだ体をうまく使い切れていない状況ですが、それでもハロン15秒を切るペースで最後までしっかり走れているので、パンとしてくればかなり楽しみな存在です。8月下旬の入厩に向けて焦らずに取り組んでいきたいと思います」(6/15近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「この中間も周回コースで乗り込んでいます。若干これまでの疲れが出てきたのか、皮膚病が少し窺えるので、ケアをしながら良化を図っていきたいと思います。ただ、調教は順調に行えていることで、筋肉がついて良い体付きになってきましたし、煩いところがあるものの、人には従順ですから、この調子でどんどん調教メニューをこなしていきたいと思っています。馬体重は514キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイドは以前『前駆だけで走ってしまうので、首・腕に疲れが出ないように…』と示唆されていましたが、速いところを行うと馬体に反動が出てしまう様子。満口になった途端、トレッドミルを併用し出したのは嫌な感じですが、先を急がずにコツコツと鍛えていくしかありません。そして怪我をしないように細心の注意を。

ダイアトニックは引き続き周回コースでの乗り込み。皮膚病の症状が出て、疲れを感じさせますが、今のところは許容範囲。ただ、暑さに強くないでしょうから、これ以上の疲れのサインを見落とさないようにお願いしたいです。早めにリフレッシュさせることも検討して欲しいものです。

2017年6月 6日 (火)

産駒の新馬勝ちに触発されて…。

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2500m

担当者「この中間もハロン15秒ペースで順調に坂路調教を消化することが出来ています。トモの緩さはまだ残りますが、それでもこのペースを少し切る時計でも最後までしっかり走ってくれますからね。毛ヅヤは良好ですし馬体の張りも申し分ありません。今のところ夏はこちらでしっかりと鍛錬を積んで、8月下旬の入厩を目標にしていますのでじっくり乗り込んでさらにひと回り成長させて行きたいと思います。馬体重は507キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードカナロア産駒に出資し過ぎかなと思いつつ、サンデーRのステルヴィオが新馬勝ちしたことに触発されてしまい、アンナヴァンの15ことアンナベルガイトをポチッと。カナロア牝馬のエールマリアージュも積極的に様子見していたのですが、やはり牡馬に1発長打の魅力を感じた次第です。これでシルクの2歳馬は打ち止めにしたいと思います。

この厩舎に出資するのはちょっと躊躇もあったのですが、この厩舎にはなかなか入らないNF生産馬ですし、牧場からの指示・影響力は強いと思います。それなら、レース選び等で迷走は少ないかなと判断しました。

また、個人的にはバレークイーンの母系が魅力。仕上がり早ではないですが、奥行きのある血筋。フサイチコンコルドに思い入れがあるので1度は出資したかったです。

雰囲気は父を彷彿とさせるモノを持っていますし、体高がある分、手脚の長さで距離の融通は利くのかなというイメージ。ただ、その分、ワンペースの馬に育ってしまうかもという恐れはあります。まあ、そうなれば、ダートで力を発揮してくれると信じたいです。

現在、ひとまず順調に調教を積んでいるアンナベルガイト。トモの緩さが残り、坂路を駆け上がる姿は少し力強さに欠けますが、前向きに走ろうという姿勢は感じます。今後もコツコツ乗り進めながら芯が入ってきてくれれば、馬格に見合ったパワフルさを見せてくれるでしょう。

最後に同馬に出資されている皆さん、どうぞよろしくお願いします。

2017年4月25日 (火)

【シルク】第2回追加募集のご案内

第2回追加募集を実施させていただきます。今回の追加募集は以下の6頭になります。※シルクホースクラブ・ウェブサイトより

70.カイゼリンの15(父:ルーラーシップ)
【測尺】 体高:160.0センチ 胸囲:184.0センチ 管囲:19.0センチ 体重:447キロ

71.ストラスペイの15(父:ルーラーシップ)
【測尺】 体高:157.5センチ 胸囲:182.0センチ 管囲:20.0センチ 体重:479キロ

72.プロミストスパークの15(父:ヘニーヒューズ)
【測尺】 体高:154.0センチ 胸囲:184.0センチ 管囲:20.0センチ 体重:473キロ

73.スルーレートの15(父:ダイワメジャー)
【測尺】 体高:156.0センチ 胸囲:176.0センチ 管囲:18.0センチ 体重:443キロ

74.アンナヴァンの15(父:ロードカナロア)
【測尺】 体高:163.0センチ 胸囲:190.0センチ 管囲:21.5センチ 体重:506キロ

75.アーデルハイトの15(父:エイシンフラッシュ)
【測尺】 体高:159.0センチ 胸囲:184.0センチ 管囲:18.5センチ 体重:450キロ

■会員様向けインターネット先行受付期間
5月1日(月)午前10時~5月8日(月)午前10時は会員様向けインターネット先行受付期間となります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年はもう追加はないのかなと思っていたら、このタイミングで6頭の追加。幾分、在庫処分的な感じはしますが、ノーザンFにはまだまだ馬がいるんですね。

カイゼリンの15は血統的な魅力はあるも、初仔の現3歳馬が案外な成績。動きはマズマズですが、一緒に登坂しているピボットポイント(紫色のシャドーロール)の手応えが目立っています。

ストラスペイの15はメンコをして登坂。それでいて気難しい面を覗かせているので…。

プロミストスパークの15はトモの甘い歩様。坂路を駆け上がっている姿も良くないので。

スルーレートの15はこじんまりしていますが、センスはありそう。ダートの短距離かなと思いますが、2・3つと勝利を重ねていけるかとなると。

アンナヴァンの15の外見は父を彷彿させますが、トビの大きい走りでややワンペース。綺麗な走りなので芝でもやれそうも、やはりダ1600m~1800mぐらいが良さそう。即戦力ではないも、息の長い活躍は見込めるかも。検討中。

アーデルハイトの15は価格&血統&厩舎を踏まえると、この中だと1番最初に触手が伸びるでしょう。父は未知数ですが、シャープな馬体の造りなので、父のようなキレのある走りをしてくれそう。調教動画は引っ掛かり気味で前向きすぎる点が課題になるでしょうが、それでいてバタバタせずに登坂できているので、楽しみな素質は秘めているのでしょう。あまり牝馬の数は増やしたくないのですが、検討中。

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ