出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アンナベルガイト」の34件の投稿

2018年2月25日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「この中間から坂路コースでハロン15秒の調教を開始しています。ペースを上げた後も、膝の状態は変わりなく落ち着いていますし、調教後の歩様も問題ありません。息づかいは走っているのを確認しても特に気にならないですし、内視鏡検査でも異常は見つからなかったので気にせず進めていきます。馬体はまだ余裕がありますので、今の調教メニューをしっかりこなして引き締めていきたいと思います。馬体重は522キロです」(2/23近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中京3月24日・大寒桜賞
・調教内容:周回コース・坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週末から坂路コースでハロン17秒の調教を開始していますが、動きは悪くありませんし、余裕すらあるので、今週末はハロン15秒まで脚を伸ばしてみようと思います。問題がなければ、来週から週に2~3回のペースで登坂し、帰厩に向けてピッチを上げていきたいと考えています。飼い葉食いが良く、体調面はすこぶる良いですし、馬体の張り・艶は言うことありません。帰厩する日もそう遠くないので、よりいい状態で送り出せるように努めていきたいと思います。馬体重は484キロです」(2/23近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回阪神開催
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路コースで調教を開始後も順調に進められていたことから、20日から坂路コースでハロン15秒の調教を開始しました。まだやり始めて間もないこともあって、動きはまだまだこれからと言った感じですが、本数を重ねていけばピリッとしたところが出てくるようになるでしょう。第2回阪神開催で復帰させると友道調教師から連絡をいただいていますので、ここからピッチを上げて帰厩に備えていきます。馬体重は490キロです」(2/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイトは坂路での乗り込みを強化。膝は我慢が利いた状態ですし、息遣いも特に問題なし。ただ、動き自体はモッサリしているようなので、しっかり乗り込んで動ける下地を作らないといけません。

ドレークは坂路での普通キャンターを開始。余裕十分に対応できているようなので、ハロン15秒の調教へすぐさま移行できるでしょう。体調もかなり良いようなので、未勝利勝ちした舞台で2勝目を意欲的に狙っていって欲しいです。

ピボットポイントは淡々と乗り込んでいますが、良化スピードが今イチ。動きもモッサリしているので、アンナベルガイト同様に現状のメニューを1ヶ月ぐらい消化して、ピリッとしてこないとダメでしょう。素質は高いものがあるだけにまずは早い段階での1勝をお願いしたいです。

2018年2月17日 (土)

シルクなお馬さん(3歳・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週から坂路コースで調教を開始しましたが、その後も脚元の状態は変わりなく、順調に進められています。膝の状態も落ち着きを保っているので、来週はハロンペースを少し上げてみようと考えています。少し馬体に余裕が出てきたので、これ以上太らないように引き締めていきたいと思います。馬体重は522キロです」(2/16近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中京3月24日・大寒桜賞
・調教内容:周回コース・坂路コースでキャンター

厩舎長「こちらに入場後も特に状態は変わりなかったことから、周回コースと坂路コースで調教を開始しています。運動後も飼い葉食い等は特に問題ありませんので、週末から坂路コースでハロン17秒までペースを上げていきたいと思います。馬体重は482キロです」(2/16近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回阪神開催
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「先週まで周回コースをメインに乗り込んでいましたが、この中間は坂路コースにも入れて調教量を増やしています。確かにまだトモの緩さが残っていますが、乗り味はさすがと思わせる動きをするので、成長を邪魔しないように育ててあげれば、先々は良い競馬をしてくれると思います。手応えの割にまだ伸び切れないということは、まだ後ろがしっかりしていないということだと思うので、この休養期間に少しでも強化できればと思っています。馬体重は489キロです」(2/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルの調整にプラスして坂路で乗り出しを開始していたアンナベルガイトですが、この中間も変わらず乗り込みが出来ていた様子。膝に関しても、今のところ落ち着いているとのこと。今後はタイミングを見て、ハロン15秒の調教を取り入れていく予定です。帰厩へ向けて、このまま前進していって欲しいです。

ドレークは連戦の疲れが抜け、早速周回コース&坂路での乗り込みを開始。無難に対応することが出来ています。この感じで進められれば、次走予定の中京・大寒桜賞に十分間に合うでしょう。

ピボットポイントはトレッドミル・周回コース・坂路と施設をフル活用して乗り込み中。素質は秘めていますが、トモがまだまだパンとしていない為、末脚の伸び・切れが今一つ。緩さが解消してくれば、成績も一気に変わってくると思うので、その日をイメージしながらコツコツ進めてもらえればと思います。

2018年2月10日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン17秒

厩舎長「引き続き脚元の状態を見ながら進めていますが、トレッドミルでの運動後も変わりなく来ていたことから、今週から坂路コースで乗り出しています。現在はハロン17秒のところで登坂していますが、運動後も状態は変わりないものの、脚元のこともありますので、もう少し今の調教メニューを継続しながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は510キロです」(2/9近況)

Photo ディグニファイド

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:小倉3月3日・早鞆特別
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~15秒

厩舎長「斉藤崇調教師から来週か再来週の検疫で帰厩させると連絡をいただいていますので、この中間は坂路コースで速い日はハロン13秒まで脚を伸ばしています。普段の調教ではコントロールが取れるようにじっくり時間を掛けましたが、いい方向に向いていると思いますし、これが競馬でも活きてくれば良いですね。馬体重は556キロです」(2/9近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回阪神開催
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯は軽めの調整でレースの疲れを取っていましたが、状態も落ち着いてきましたので、今週から周回コースで調教を開始しています。乗り出したばかりとあって、トモの緩さは感じますが、これから時間を掛けていけばパンとしてくるでしょう。まだ成長途上の体つきですし、休養を挟みながら育てていけば先々は走ってくる馬だと思うので、馬の状態に合わせながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は484キロです」(2/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイトはこの中間から坂路での乗り込みを開始。普通キャンター程度で様子を見ている現状ですが、無難に対応できています。ただ、両前に骨膜を抱えているのでこちらのケア・治療を重点的にお願いしたいです。

ディグニファイドは近々厩舎へ戻ることに。それに伴い、調教のピッチを上げ、馬体の絞り込みを進めています。状態に関しては何ら不安はないでしょう。あとは操縦性を高める調教を行ってきた成果がレースで生きてくることを願うばかり。気持ちが高ぶって、忘れてしまわなければ良いのですが…。

同期のディープインパクト産の牡馬2頭はクラシックを狙っていこうかという立場ですが、ピボットポイントは1勝が遠い現況。運にも恵まれていない感じですが、焦ってもすぐ結果に繋がらないと思うので、他馬に惑わされることなくマイペースを貫いていくしかありません。着実に馬は良くなっていってくれていますから。

2018年2月 3日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「脚元の状態はやや熱感があるものの、調教後も状態は変わりないので、トレッドミルで運動を行いながら経過を見ています。暫くは負担が掛からないようにトレッドミルで調整し、獣医師の許可がおりれば乗り出していこうと考えています。馬体重は510キロです」(2/2近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週6回トレッドミルでハロン25~30秒のキャンター3~5分

担当者「その後も脚元に変わりはないことから、この中間からキャンターの回数を増やし、ペースもハロン25秒まで上げています。負荷を強めてからも大きな問題はなさそうですし、飼い葉も食べて体調面は良好な状態を維持できています」(2/2近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路調教のペースを終いハロン13秒まで上げています。馬体の方は徐々に回復傾向にありますが、もう少しですね。引き続きソエの方も落ち着いていますので、今後もケアを続けながら進めていきます。馬体重は482キロです」(2/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

両前の骨膜の状態に気を掛けながらの調整が続くアンナベルガイト。体調自体は問題ないので、ひとまず無理をせず、脚元が落ち着いてくれるのを待ってもらえればと思います。

ロイヤルアフェアはトレッドミルを活用しての調整。脚元に悪い変化が見られないこともあり、じわじわ負荷を高めています。元々、食欲旺盛で元気一杯なのは頼もしいです。

馬体回復+ソエの不安解消は完了できていませんが、坂路での乗り込みを順調に進めているヴェルトゥアル。1勝馬クラスでも能力は足りるので、他馬を気にする面をどうにかして軽減できるよう取り組んでいってもらいたいです。

2018年1月30日 (火)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき組)

Photo ヴィッセン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「今週の検疫が回ってこなかった為に、来週以降の帰厩になりました。この中間も順調に坂路コースでハロン15秒の調教を行っており、いい状態を保っています。動きも力強く登坂していますし、息遣いもしっかりしているので、今の状態を維持しながら帰厩に備えていきたいと思います。馬体重は508キロです」(1/26近況)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「息づかいが気になるとのことでしたので、こちらで内視鏡検査を行いましたが、喉なりの症状はありませんでした。若駒によくあるDDSPなのかもしれません。坂路コースで息づかいを確認しましたが、普通キャンターでは全く息遣いは気にならなかったので、走りに影響が及ぼすレベルではないと思います。それ以外の状態を確認したところ、両膝に若干熱感があり、獣医師に診てもらうと骨膜が見られるとのことなので、それが邪魔をしているのかもしれません。定期的に治療を行いながら、調教を継続していきたいと思います。馬体重は502キロです」(1/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴィッセンは検疫が回ってこず、帰厩は先送りになりましたが、調整自体は順調。馬体は少し太いように思いますが、やはり寒い時季が合っています。このまま良い状態をキープして厩舎へ戻ってきて欲しいです。

アンナベルガイトは喉の状態を検査しましたが、喉なりという診断は下らず。DDSPという見立てですが、数ヶ月後に再度検査して欲しいところ。また、牧場で馬体をチェックしたところ、両前に骨膜の症状。現状、酷い状況ではありませんが、前向きな馬ではないので、加減して走ることがないように治療を最優先してもらえればと思います。

2018年1月17日 (水)

ひと叩きして雰囲気は悪くなかったも、最後の直線でいざ追われてからが今回も案外で…。経験を積むことよりも心身の成長をまずはしっかり促すべき。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

土曜京都5R 3歳未勝利(芝1800m)12着(11番人気) 菱田J

ブリンカーを着用。無理せず中団よりやや後ろの位置に取り付けます。流れが速くなったあたりで徐々に置かれ気味になり、最後の直線では大きく脚を伸ばすことが出来ず12着に敗れています。

菱田裕二騎手「前走では馬っ気を見せていたようですが、ゲートを五分に出てくれましたし、ブリンカーの効果もあって、最後まで集中して走ってくれました。ゲートは五分に出てくれましたが、スッと動き切れない感じでしたので、前半は急がせずに中団に取り付けました。3コーナー手前までいい感じで追走していましたが、流れが速くなったあたりで置かれ気味になってしまいました。馬体が緩いことでトモが嵌ってこない感じでしたし、動きが重く、息遣いもひと息でしたので、良くなるのはもう少し先かもしれません」

上村技術調教師「大きく変わった感じではありませんが、一度レースを経験したことでだいぶしっかりしてきていると思います。ただ、流れが速くなったところで同じようにスッと動けないのは、トモが緩いことで反応よく動き切れないのでしょう。時期的なことから馬体に余裕があるのも確かなので、筋肉が付いて余分な脂肪が取れていけば走ってくるようになるでしょう。この後は池添兼雄調教師に状態を確認してもらってから今後の予定を決めることになっています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/19日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

池添兼師「レース後も状態は変わりありませんが、デビューから2戦したこともありますので、これまでの疲れを取る為にリフレッシュ放牧に出そうと思います。初戦に引き続き、舌を縛っていたのですが、今回は少し息づかいがひと息だったようなので、放牧先で念のために喉の状態を診てもらおうと思います。19日にNFしがらきへ放牧に出す予定です」(1/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦をひと叩きしてマイナス4キロでの出走。アンナベルガイトは幾らか締まって、適度な落ち着きで雰囲気自体は悪くなかったと思います。

レースに関しては、今回もゲート出は一息も、大きなロスにはならず。フラフラする面はありましたが、スッと中団に取り繕うことは出来ました。そして道中は外目の揉まれない位置で追走。4角を回ってくる時の反応はズブさをやや覗かせるも、余力はあったと思います。ただ、最後の直線でいざ追われると伸びはジリジリ。この馬なりに最後まで集中して走ってくれましたが、好位から伸びていった上位馬との差はあっという間に広がってしまいました。

スタート以外は無難に走ってくれたと思いますが、トモの緩さが目立つなど体力不足が大きな敗因。息遣いも一息ということですし、ここは放牧に出して立て直すことが先。今後は19日にNFしがらきへ放牧に出る予定。今の状態でレースを使っていっても同じ結果しか得られません。また、喉に関しては、若駒がよく見せるDDSPの症状という見立てでしたが、改めて喉の状態を診てもらうことに。状態が芳しくないなら、早めに手術へと踏み切って欲しいです。

2戦目にして厳しい前途ですが、やれることは何でも挑戦し、手を尽くして、道を切り拓いてもらいたいです。

2018年1月13日 (土)

ここへ向けて調整は順調も、一変しそうな雰囲気は感じられず。まずはゲートを五分に出るようにならないと…。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

土曜京都5R 3歳未勝利(芝1800m)5枠9番 菱田J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日にCWコースで追い切り

担当助手「11日にCWコースで追い切りました。騎乗予定の菱田騎手に感触を確かめてもらいましたが、最後は持ったままの手応えでゴールしました。まだ緩さはありますが、初戦で見せ場を作ってくれたように、センスの良さが窺えましたし、馬体と中身が伴えば走ってきそうですね。心身共に幼さはありますが、だいぶしっかり走ってくれるようになりましたし、入厩当初と比較するとかなり成長していると思いますよ。今回もブリンカーを着用して集中力が維持できるようにしたいと思います。前走以上の走りを期待しています」(1/11近況)

助 手 6CW良 83.4- 66.9- 52.2- 38.9- 12.6 馬なり余力
菱 田 11CW稍 83.6- 68.3- 53.9- 40.3- 12.2 馬なり余力 ビーユアヒーロー(三未勝)一杯の外を0.8秒追走5F併0.1秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回京都4日目(01月13日)
5R 3歳未勝利
サラ 芝1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アストルム 牡3 55 加藤祥太
1 2 ハルキスター 牡3 56 鮫島良太
2 3 ザファーストバイオ 牡3 56 国分優作
2 4 ターフェルムジーク 牝3 54 岩田康誠
3 5 アドベントサンデー 牡3 56 国分恭介
3 6 アメリカンワールド 牡3 56 浜中俊
4 7 ブルベアミョウガ 牡3 56 太宰啓介
4 8 セイウンデルレイ 牡3 56 高倉稜
5 9 アンナベルガイト 牡3 56 菱田裕二
5 10 シンハラージャ 牡3 55 荻野極
6 11 ジャンケル 牡3 55 城戸義政
6 12 ダノンアポロン 牡3 55 小崎綾也
7 13 レーヴドリーブ 牝3 54 川田将雅
7 14 ウスベニノキミ 牝3 54 武豊
8 15 アイガー 牡3 56 福永祐一
8 16 エクスパートラン 牡3 56 小牧太

○茶木助手 「トモがパンとしない。大型だけに使いつつ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦からブリンカーを装着したように走るへの前向きさが足りないアンナベルガイト。緩さが残り、馬体を持て余していることでピリッとしない面もあるのでしょう。

デビュー戦の前走はゲートが開いても、自分から出ていく感じはなく、後方からの競馬。レースの流れに乗るまでは鞍上が終始促しながらの追走となり、じわじわ脚を使ってしまいました。そしてそのロスのせいで、最後の直線では早々と力尽きてしまうことに。正直、印象に残らない1戦となってしまいました。

その後は厩舎に滞在して2戦目のここへ。中間の調整に関しては問題なく来ています。動きは幾分素軽くなったかなという印象も、ガラッと変わってきた感じはないので、正直今回も厳しい結果が待っていると思います。幾らかでも走る気が出てきてくれれば良いのですが…。

レースぶりに関しては、まずゲートに大注目。何とか五分に出て、レースの流れに乗ってもらわないと。序盤でモタモタしていては、最後まで脚は続きません。また、スパッと切れる脚も現状ないので、前々で立ち回っていないと、デビュー戦のように見せ場なしの競馬に。

今回、出走頭数が増えているので、前走より着順を落とすことになるでしょうが、一瞬でも『オッ』と思わせる場面を作って欲しいです。逆に今回も心身の幼さを露呈するようなら、早い段階での去勢を検討しても良いのではないでしょうか。

2018年1月 5日 (金)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター/ゲート練習
・次走予定:京都1月13日・芝1800m(菱田J)

池添兼師「前走ゲートの出がモッサリだったことから、今週はゲート練習に専念しました。まだ少しモッサリしているものの、駐立が不安定ではないので、慣れていけばあたり前に出てくれるようになるでしょう。この中間、ブリンカーを外してみたところ、周りを気にして集中力が散漫なところが窺えたので、もう少し着用しておく必要がありそうです。週末と来週に追い切りを行い、1月13日の京都・芝1800mに出走させたいと思います。同じ日に中京で重賞が組まれていることから、リーディーング上位のジョッキーが不在でしたので、空いている中でガッツのある菱田騎手に依頼しました」(1/5近況)

助 手 28CW良 85.8- 69.8- 53.9- 38.5- 13.3 馬なり余力
助 手 31栗坂良 54.6- 40.6- 26.6- 13.2 馬なり余力
助 手 3栗E良 14.8 ゲートなり

Photo ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター
・次走予定:京都1月28日・芝2200m

担当助手「前走の疲れはしっかり取れていますし、状態としてはひと叩きしたことで更に良くなっていますよ。成長を邪魔しないように育てていけば先々は走ってくる馬なので、間隔を空けながら鍛えていきたいと思います。早ければ週末あたりから時計を出し始めていきたいと考えています」(1/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンナベルガイトは来週の京都戦を菱田Jで予定。順調に調整は出来ていますが、動きが変わってきたという感じはなくて…。走ることへの意欲・集中力もまだまだです。経験を積みながら、良い方への変化を気長に待つしかありません。

ピボットポイントはレースまで約1ヶ月あることもあり、リラックス調整。これから時計を出し始めて、徐々にピッチを上げていくことになります。現状は物足りないですが、大事に育てていけば、いつか素質が花開いてくれるものと信じています。

2017年12月21日 (木)

良化途上の現状を示すようなレース内容で7着。使いつつ良い方へ変わってきて欲しいも、時間が掛かりそう。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

日曜阪神5R メイクデビュー阪神 2歳新馬(芝1800m)7着(7番人気) 池添J

ブリンカーを着用しました。ゲートの扉が開いても自分からスッと出ようとせず、押っ付けながらの追走。スピードが乗ってから気の若さを見せることなく、最後の直線に差し掛かりますが、前半スムーズさを欠いた影響から最後は伸び脚を欠き、7着でゴールしています。

池添騎手「ゲートが開いても自分から出ようとせず、これはまずいと思って押っ付けて出して行きましたが、鳴きながら頭を上に向けてしまって、かなり気の若いところを見せていました。流れに乗ってからは外から馬が来ても集中して走っていたので、ブリンカーは効いていたと思います。前半余計な脚を使ったことで、最後は伸びを欠いてしまいましたが、勝負どころでは一瞬伸び切れるかと思ったぐらいでしたから、気の若さを見せていなければ、もっとやれていたかもしれません。心身ともに幼いところがありますが、センスの良さは見せてくれたので、レースを経験しながら育てていく方が良いかもしれませんね。ゲートの出が安定すればマイルあたりが丁度いいかもしれませんが、折り合いを欠くところはなかったので、もう暫くは同じぐらいの距離で競馬を教えていくのも手だと思います」

池添兼調教師「トレセンでは大人しく扱いやすい馬ですが、競馬場で装鞍する際、馬っ気を見せていました。パドックから返し馬まで普通にこなしてくれたものの、ゲートで気の若さを出してしまいました。さすがにあれだけ立ち遅れてしまうと、余計な脚を使ってしまったことで最後は伸び切れませんでしたが、勝負どころでは一瞬オッと思うところがあったぐらいでしたから、気の若さが解消すれば先々は走ってきそうですね。最初は成長を促しながら出走させていくことを考えていましたが、今回のレース振りから競馬を経験させながら育てていくのも手だと思うので、トレセンに戻って状態が変わりなければ続戦させることも考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第1回京都開催

池添兼師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レースの疲れはあるものの、それ以外は特に問題ありません。スピードが乗ってからグッと集中していたところを見るとブリンカーの効果があったと思いますが、ゲートを出た際、両サイドからドッと馬が前に来たのを見てビックリしていたので、ブリンカーを外す方かスムーズにゲートを出るかもしれません。このまま変わりなければ年明けの京都開催を目標に進めていきますが、その前にゲートを五分に出るところから修正していく必要があるので、次走までにゲートの確認を行いたいと思います」(12/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース前のコメント、追い切り内容から厳しい結果になることが予想されたアンナベルガイト。スタートで大きく立ち遅れた時点で正直終わってしまいました。集中力を高める為に着用したブリンカーですが、狭い視界に馬が寄ってきたことに過敏に反応してしまった感じです。

道中の走りは特別気になるところはなかったですが、序盤に余分な脚を使い、緩さが残る現状では脚が溜まらず。直線を向いて他馬が仕掛けていくと、さすがに付いて行くことが出来ず、前とは離されてしまうことに。勝負どころの手ごたえは一瞬良かったですが、見せ場はこれぐらいで…。良くなってくる余地はあるでしょうが、まずは気の悪さが緩和・解消されてこないとダメでしょう。状況によっては、早めに去勢手術をするのも手でしょう。

ロードカナロア産駒は父譲りの従順な馬が多いですが、半弟ロードストームの記憶がよみがえるような極端に気の悪い馬もチラホラいます。キャリアを積んでいった際、気性がどういう風に推移していくのかは気になるところ。大人になってきてくれれば良いのですが、その確率は正直そう高くないと見ています。

レース後のアンナベルガイトは特に異常なし。最後少し集中力を欠いた分、それほど疲れは溜まってない筈。今後は在厩して年明けの京都開催へ備えます。良くなるには相応の時間は必要だと思いますが、次走では着実にこのデビュー戦より内容のある走りを見せてもらいたいです。

2017年12月17日 (日)

緩さが残る現状も、走ることに対して前向きさに欠けるのが1番のネック。動きもピリッとしていないので厳しい結果が待っていそうで…。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

日曜阪神5R メイクデビュー阪神 2歳新馬(芝1800m)7枠7番 池添J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日にCWコースで追い切り

池添兼師「13日にCWコースで追い切りました。時計は平凡なものの、動きそのものは先週と比較しても大分良くなってきましたので、今週出走させることにしました。全体的に緩さが残るものの、1週延ばしたところでそこまで大きな変わり身はないので、レースを経験させながらピリッとさせていく方が刺激を与える意味でも良いと思います。城戸騎手に感触を確かめてもらったところ、『動きはまだまだこれからと言う感じではありますが、緩さはあるものの、走りっぷりはなかなかいいものを持っている馬だと思うので、先々は走ってきそうです。少し喉がゴロゴロと鳴っていましたが、喉鳴りではなく、若駒がよく見せるDDSPの症状だと思います』と言っていました。馬体が大きい割に内面が追いついていないだけなので、成長とともに息づかいは良くなってくると思います。念のために舌を縛ってレースに臨む予定です」(12/14近況)

助 手 10CW良 75.0- 59.0- 43.3- 13.6 馬なり余力 リガス(古500万)馬なりの内同入
城 戸 13CW良 83.8- 68.3- 53.6- 39.9- 13.1 叩き一杯 ビーユアヒーロー(二未勝)馬なりの外0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神6日目(12月17日)
5R メイクデビュー阪神 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走12:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エルモーソ 牝2 54 松山弘平
2 2 イシュトヴァーン 牡2 55 福永祐一
3 3 コスモハバネロ 牝2 54 柴田未崎
4 4 レディーキティ 牝2 54 浜中俊
5 5 フワトロ 牝2 54 和田竜二
6 6 ミアグア 牝2 54 幸英明
7 7 アンナベルガイト 牡2 55 池添謙一
7 8 マイネルハイルング 牡2 55 国分恭介
8 9 アンバービーチ 牝2 54 C.ルメール
8 10 ギベオン 牡2 55 C.デムーロ

○茶木助手 「集中力を欠くのでブリンカーを着用。まだ緩さはあるけど、再入厩後は以前よりしっかりしたし、走れる状態にはある」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

以前お世話になったシルクアーネストの使われ方に不満が残ったので、この厩舎への出資に躊躇いはあったのですが、サンデーRのステルヴィオが新馬勝ちしたことに触発されポチッと。また、母系のバレークイーンの血もあと押しになりました。ただ、芝よりもダートで活躍を見込めるのかなという印象も。手脚が長いのでワンペースの走りになってくるのかなとも想像しました。

育成当初から緩さを残しつつ、調教メニューはそれなりにクリアしてきたアンナベルガイド。お盆過ぎにNFしがらきへ移動し、8月末に栗東・池添兼厩舎へ。王道に近い歩みなので、期待してよいのかなと…。ゲート試験までスムーズに行った後はNFしがらきでリフレッシュ・乗り込み強化に努めてきました。

ただ、この時ぐらいからトモの緩さよりも、前向きさに欠ける点がクローズアップ。併せ馬を豊富に取り入れ、気持ちをピリッとさせていきたかったところですが、早い段階でブリンカーを稽古で着用。気性面のズルさは根が深いかもしれません。

帰厩後は丹念に時計は出せていますが、ラスト1ハロンの伸びが一息だったりと動きは正直平凡。今回の更新でDDSPの症状をも指摘される有様です。デビューが近づくにつれ、期待よりも不安が増大していっています。芝の実戦へ行って良いタイプとは言えないでしょうし…。

10頭立てと落ち着いた頭数で初めての競馬に望めるのは歓迎ですが、阪神・外回りのこれぐらいの距離は切れ味勝負。ましてや2歳の新馬戦ならレースはスローに流れます。動きに物足りなさを感じる状況なのでデビュー戦の今回は正直厳しそう。レース経験を積んでいっての変わり身に期待するしかありません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | ボンディマンシュ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンフォーローズの16 | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ