出資馬一覧

カテゴリー「アンナベルガイト」の24件の投稿

2017年12月 7日 (木)

今週のデビューは見送り、17日の阪神・芝1800mへ。使いつつ良くなってくれれば…。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神12月17日・メイクデビュー阪神・芝1800m

池添兼師「6日にCWコースで追い切りましたが、追い出してからがまだもう一つ動き切れませんでした。ブリンカーを着けて行きっぷりが良くなり、以前より前進気勢が見られるようになっているので、あとは動きがピリッとすれば態勢が整うと思います。このひと追いで良くなってくると思いますし、トモの緩さは残るものの、順調に成長してくれているので、週末と来週の追い切りで態勢が整えば、12月17日の阪神・芝1800mでデビューさせたいと考えています」(12/6近況)

助 手 3栗坂良 55.1- 40.0- 26.4- 13.2 馬なり余力
助 手 6CW良 83.3- 67.4- 53.1- 39.1- 13.3 稍一杯追う メイショウアリソン(古1000万)一杯の内に0.2秒先行4F付0.7秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週のデビューを視野に入れていたアンナベルガイトは、実戦を想定して初めてCWコースでの追い切りを敢行。ここである程度動けていれば、デビューへGOサインが出てでしょうが、古馬相手とはいえ先行して大きく遅れることに。目一杯ではないも、ラスト1ハロン13秒3は物足りません。まだまだ良化途上の印象。今週のデビューは見送ることになり、来週の芝1800mへ向かうことになりました。

また、牧場時にピリッとしたところがない為、ブリンカーを装着して調教に臨むことはありましたが、この追い切りでは試しにブリンカーを着用。行きっぷりの良さが窺え、改めて効果は感じます。ただ、トモがパンとしていない為、追ってからがモタモタ。切れる脚を使える馬でもないので、芝よりもダートの方が合っていそう。好調が続くシルクの2歳勢ですが、アンナベルガイトは使いつつ、良くなってくるのを待つといった感じになりそうです。

2017年12月 1日 (金)

早ければ来週の阪神・芝1800mでデビューすることに。☆アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:29日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神12月10日・メイクデビュー阪神・芝1800m、もしくは阪神12月17日・メイクデビュー阪神・芝1800m

池添兼師「29日に坂路で追い切りましたが、帰厩してから2本目の速いところとしてはなかなかいい時計が出ましたね。馬なりで反応を確認する程度でしたが、最後まで余裕を持って登坂してくれましたし、短期放牧を挟んだことで、トモの状態がしっかりしてきましたね。ロードカナロア産駒にしては胴長で距離が持ちそうなタイプなので、初戦は1800mぐらいの距離を試してみたい気持ちがあります。12月10日と12月17日の阪神で芝1800mの番組が組まれていますので、週末と来週の追い切りの動きを確認してどちらに向かうか判断したいと思います」(11/29近況)

助 手 29栗坂良 54.0- 40.0- 26.3- 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩してすぐ、左前脚を打撲してしまう小トラブルがあったアンナベルガイトですが、今はもう問題なし。デビューへ向けて調整を徐々に進めているわけですが、29日は坂路で時計をマーク。馬任せに駆け上がった感じですが、時計はマズマズ。ビシッとやれば、まだまだ時計は詰まるでしょうし。

また、この動きを見て、早ければ来週の阪神・芝1800mでのデビューを視野に。一応、週末&来週の追い切りを確認してからということですが、この厩舎なら来週のデビューが濃厚でしょう。まあ、早めに使い出すことは反対しませんが、最終追いは坂路ではなくCWコースで併せ馬を消化し、レースへと送り出してもらいたいです。

2017年11月26日 (日)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日に坂路で追い切り

池添兼師「22日に坂路で追い切りました。馬なりで無理しない程度にサッと時計を出しましたが、まずまず動いてくれましたね。トモはまだ緩さが残っているものの、放牧に出す前よりしっかり登坂できるようになっているので、この馬なりに成長してくれていますね。今朝の厩舎周りの運動も変わりなく、状態は安定しているので、このままデビューに向けて仕上げていきます」(11/23近況)

助 手 22栗坂良 56.2- 41.1- 26.9- 13.5 馬なり余力

Photo ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路でキャンター
・次走予定:阪神12月17日・芝2000m

友道師「23日に坂路で15-15ぐらいの時計を出しましたが、最後まで余裕たっぷりでしたよ。一息入れたことが良かったのか、かなり馬がしっかりしてきましたね。確かに緩さはありますが、休養前よりは明らかにトモをしっかり使って登坂できるようになっているので、確実に成長しているのが分かります。初戦は素質だけで走っていましたが、次走はかなりいい走りが期待できそうです。このまま順調に仕上がるようであれば、12月17日の阪神・芝2000mで復帰させたいと考えています」(11/23近況)

助 手 11.23栗坂重 59.5- 43.8- 28.7- 13.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の打撲で時計を出すことを控えていたアンナベルガイトは22日に坂路でサラッと。脚元は大丈夫そうなので、これからジワジワ負荷を掛けていってもらえればと思います。また、牧場では前向きさが足りなかったので、併せ馬を多く取り入れ、気持ちをピリッとさせてもらいたいです。

ピボットポイントは来月17日の芝2000mで2戦目を迎えます。こちらもこれから負荷を高めていく段階ですが、1度競馬を経験したことで確実に良化が見られるのは何より。距離はもっと合ってよいタイプだと思うので、次走は勝ち負け争いにしっかり参加してもらいたいです。

2017年11月19日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで15日に時計
・次走予定:11月25日の東京・カトレア賞(C.ルメールJ)

加藤征師「15日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭縦列の一番後ろを追走し、直線は最内に入れて追い出したのですが、最後まで追い付くことが出来ませんでした。追い出してから反応できずにモタモタしていて、騎乗した助手はまだ息遣いが重いと言っていましたし、動きを見ても同じように感じましたね。週末、来週としっかり追い切って、出来る限り状態を上げていけるよう努めていきたいと思います。鞍上は前走に続いて、ルメール騎手に依頼しています」(11/16近況)

助 手 15南W稍 69.5- 53.9- 39.5- 13.4 一杯に追う グラデュエイト(二未勝)一杯の内を0.3秒追走0.6秒遅れ

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター

池添兼師「入厩翌日から坂路で調教を開始していましたが、14日に左前脚の管あたりを打撲してしまい、軽く熱感があったので念のために15日は軽めの運動で様子を見ました。幸い、すぐに症状が落ち着いたことから、16日から調教を再開しています。まだ緩さが残るものの、ゲート試験後に一息入れたことで以前より逞しくなっており、確実に良くなっていますね。今週は普通キャンターで調整し、来週から時計を出し始めていきたいと思います」(11/16近況)

助 手 12栗坂良 60.1- 43.7- 28.6- 15.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

週末の東京・カトレア賞の出走を予定しているヴェルトゥアルは15日にWコースでビシッと。ただ、動き自体はモタモタし、追走して追い付けずに遅れています。まあ、デビュー時も追い切りは地味だったので、懸念する必要はないかもしれませんが、レースへ向けて、幾分級仕上げなのは否めません。このひと追いでグッと変わって来て欲しいですが…。

アンナベルガイトはデビューへ向けて進み出しましたが、14日に左前脚の管を打撲するアクシデント。幸い、大事には至っていませんが、時計を出すのを一旦控えています。まずは熱感がしっかり抜けるまで控え目な調整に努めてもらいたいです。

2017年11月10日 (金)

9日に栗東・池添兼厩舎へ帰厩しています。☆アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:9日に栗東トレセンへ帰厩

池添兼師「ここに来てだいぶ成長が窺えるようになってきましたので、9日の検疫で帰厩させることにしました。ゲート試験は受かっていますので、来週から時計を出し始めて、動きを確認しながらデビューの予定を立てていきたいと考えています」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきで淡々と乗り込まれていたアンナベルガイト。前向きさを促す為、もう少し時間を設けて欲しかったのが本音ですが、順調に乗られていたこともあり、9日に栗東へ戻ってきています。

今の感じでは追い切りで併走遅れが続くかと思いますが、目覚めていない面は本数を重ねることで変わってきてくれることを願っています。見切り発車せず、水準以上の時計が出るようになってからデビュー戦へ向かってもらいたいです。

2017年11月 6日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「ブリンカーの効果から、だいぶ気持ちが入るようになり、普段の調教ではだいぶ前向きさが見られるようになりました。それに伴い、体全体をしっかり使って走れるようになったことで、いい具合に筋肉が付いています。この中間は坂路でハロン15秒を切るところまで脚を伸ばしていますが、動きの方もだいぶピリッとしてきています。今の感じで進めていくことが出来れば更に成長が促せると思いますので、帰厩の声が掛かるまでじっくり乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は525キロです」(11/3近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「状態に関しては特に変わりありませんし、レースの疲れもしっかり取れています。いいキャンターをする馬ですが、まだまだ成長途上とあってしっかり走り切れていないところがあるので、そのあたりをこの休養期間に鍛えていきたいと思います。現在は坂路でハロン17秒のキャンターを行っていますが、これから徐々に時計を詰めていきたいと考えています。馬体重は486キロです」(11/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教中、散漫な面が見られたアンナベルガイトですが、気持ちを乗せる調教で少しずつ前向きさが出てきたのは好感。馬体も少しずつ研ぎ澄まされてきているのでしょう。引き続き、現状のメニューを積極的に消化し、今月中には厩舎へ戻れるように進めていって欲しいです。

ピボットポイントはレース後の疲れを拭い去り、坂路で普通キャンターで乗り込み中。遅生まれでしっかりしていない分、走りの力強さ等が足りない感じです。それでも乗り味の良さを絶賛されるように馬体と気持ちがしっかりマッチしてくれば、間違いなく走ってくるはずです。クラシックへ乗って欲しいですが、長期展望で素質を磨いていって欲しいものです。

2017年10月30日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき組)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京11月26日 ジャパンカップ(G1)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「調教を開始後も順調に進められていたことから、先週末から坂路でハロン17秒の調教を開始し、今週からハロン15秒までペースを上げています。ジャパンカップまであと一ヵ月ですし、近いうちにはトレセンに戻ることになると思うので、このまま乗り込んで態勢を整えていきます。馬体重は506キロです」(10/27近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「トレッドミルでキャンターに移行後も、脚元の状態は変わりなく、体調も良好です。もう暫くはじっくり進めていく必要はあると思いますが、段階を踏みながら進めていくことが出来ているので、状態を確認しながら騎乗調教へ移行出来るように調整していきたいと思います。馬体重は520キロです」(10/27近況)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「ブリンカーの効果は確認できましたので、こちらではもう着用せず、普通に調教を行いながら気持ちを乗せていこうと思います。緩さはまだありますが、だいぶ体全体を使って走ってくれるようになってきましたので、登坂回数を重ねながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は527キロです」(10/27近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン18秒

厩舎長「先週一杯は軽めの調整を行っていましたが、特に疲れは見られなかったことから、今週から調教を開始しています。遅生まれとあってこれから良くなってきそうな体付きをしていますが、乗り味は抜群に良いので、心身が伴えば走ってきそうですね。今回の休養期間で更に良くなってくると思うので、このまま乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は483キロです」(10/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンCへ向けて調整を進めているラストインパクト。既に坂路で普通キャンターからハロン15秒のところを乗っています。ここまではホント順調に来ているので、この良い流れを継続して帰厩まで進んで欲しいです。

ナイトバナレットはトレッドミルで乗り込み中。脚元は良い意味で変わらず。もう少し慎重に進める必要はあるでしょうが、問題なく騎乗運動再開へと繋いでいって欲しいです。

アンナベルガイトはブリンカーを着用するとピリッとした面が窺えました。ただ、実戦の前に慣れてしまうと意味がないので、調教では付けずに進めることに。併せ馬や集団調教を多く取り入れ、走る気を養っていって欲しいです。

ピボットポイントは順調に回復したこともあり、普通キャンターでの乗り込みを再開。デビュー時の頃より良くなるのは間違いないので、丹念に乗り込みながら心身の成長を進めていければと思います。ただ、本当に良くなるのは早くて来春ぐらい。馬体に実が詰まってくることが必須条件でしょう。まあ、早い段階で1つ勝っておきたいです。

2017年10月22日 (日)

トモの緩さよりも前向きさに欠ける点がネックになってきそう。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「トモが緩いのは時間と共にしっかりしてくると思いますが、前向きさに欠けるところがある為に、力を抜いて走っているように感じます。今朝、坂路でハロン15秒を行う際、ブリンカーを着けてピリッとしたところが出るか確認したところ、思いのほか行きっぷりが良くなり、効果が窺えました。ずっと着けて逆に慣れてしまう場合があるので、速いところを行う時だけ着けるなど工夫していきたいと思います。馬体重は527キロです」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道からNFしがらきへ移動後、程なくして入厩したアンナベルガイト。体力面でまだまだのところが目立ちましたが、第一関門のゲート試験は既に合格しています。

その後はNFしがらきへ戻って鍛錬中。少し疲れが出た時もありましたが、今はしっかり回復して坂路で速いところを乗り出しています。

ひとまず順調だと言えますが、今回の更新で前向きさに欠ける点を指摘。気持ちに体がついてきていないことが影響していると思いますが、真剣さが足りません。父はオン・オフの切り替えがしっかり付く利口さが1つ特徴でしたが、牡馬の産駒に父とは全く違う気の悪さを抱えたタイプが見受けられます。どうやらアンナベルカイトのこちらのタイプ。更新された画像ではブリンカーを装着して調教に取り組む姿が確認できます。レースでも着用していくことになるでしょうが、競馬で行き詰まった際に切り札となるように着用は我慢してもらいたいです。

2017年10月17日 (火)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき調整組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「腫れと熱感はだいぶ治まってきたことから、今週からトレッドミルでダクの運動を開始しました。脚を曲げるとまだ少し痛みはあるようなので、もう暫くは無理しない程度に調整していきたいと思います。定期検査では骨や筋には異常は見つかりませんので、水で冷やしてケアしておきます。馬体重は513キロです」(10/13近況)

Photo_3 ディグニファイド

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「調教を開始後も順調に乗り込めていたことから、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。まだ開始したばかりなので、動きはまだまだこれからといった感じですが、登坂回数を重ねていけばピリッとしてくるようになるでしょう。馬体重は552キロです」(10/13近況)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「この中間から週に2回坂路でハロン15秒の調教を開始しています。調教に関しては順調に乗り込めていますが、やはりまだ全体的に緩さが残っているために、動きがモッサリしているので、もう少し成長を促しながら進めていく必要がありそうです。飼い葉食い等は問題なく、体調面は良好なので、焦らず日々のトレーニングで良化を図っていきたいと思います。馬体重は525キロです」(10/13近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「調教を開始後も順調に進めることが出来ていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。まだ始めたばかりとあって、自分から前に進んでいく気持ちが足りない感じですね。入厩の話があるまでに、前進気勢が出るように気合いをつけながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は491キロです」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットはトレッドミルでの運動を開始。ただ、脚を曲げるとまだ痛みがあるようなので、ペースアップはせずに患部の回復を最優先することになります。まずはしっかり脚元の不安を解消してもらいたいです。

ディグニファイドはハロン15秒の調教を開始。まだまだ動きはモッサリしているので、本数を重ねる必要はありますが、引き続き順調に来ています。この調子で状態・体調を上げていって欲しいです。

アンナベルガイトは週2本速いところをやっていますが、緩さがまだまだ目立つので、動きは地味。引き続き、丹念に乗り込むことで成長・良化を促していくしかありません。

ドレークも速いところを乗り出していますが、自分から走ろうという感じはありません。本数を重ねることでスイッチが入ってくれることを願っています。

2017年10月 7日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15~17秒

厩舎長「調教を開始後も体調面は安定していますし、順調に進めることが出来ていたことから、この中間は17秒からラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。トモに緩さがあるものの、乗り込んでいくにつれてしっかりしてくるでしょうから、来週あたりからハロン15秒の調教を開始して鍛えていきたいと思います。馬体重は526キロです」(10/6近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月28日の東京・芝1600m(C.ルメールJ)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調です。いくらかその傾向は見受けられますが、聞いていたほどテンションは上がらず、調教中もさほど力みはありません。ここまで問題なく調整できています。馬体重は449キロです」

菊沢隆師「東京4週目の芝1600mを目標に、来週の検疫で帰厩させる予定となりました。鞍上はルメール騎手に依頼しました」(10/6近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎スタッフ「まだ精神的に幼い面が残っていますが、調教に関しては問題なく行えています。入場当初は移動の疲れが窺えましたが、日に日に元気が戻り、今ではだいぶしっかり走ってくれるようになりました。トモの緩さは感じられますが、これから乗り込んでいくにつれてパンとしてくると思うので、入厩に向けてしっかり乗り込んでいきたいと考えています。馬体重は489キロです」(10/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

移動当初、クタッときたアンナベルガイトですが、今は黙々と普通キャンターを乗り込み中。トモに緩さがあるのは仕方ないので、若い内は上手に付き合っていってもらえればと思います。このまま順調に行けば、今月中に帰厩できるでしょう。

アンブロジオは前回の更新で復帰戦が示されましたが、2戦目の鞍上はC.ルメールJに決定。また、今後については来週の検疫で厩舎へ戻る予定です。1度実戦を使うとテンションが上がりやすいですが、アンブロジオは意外にも我慢が利いています。美浦トレセン移動も、このような感じで推移していって欲しいです。

ドレークは心身に幼さを残していますが、調教メニューは無難に消化中。移動当初、少し疲れが見られたようですが、今はもう大丈夫みたいです。既に普通キャンターで坂路を乗られているので、今月末には厩舎へ辿り着けるかなと見ています。

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ