出資馬一覧

カテゴリー「アンナベルガイト」の17件の投稿

2017年10月22日 (日)

トモの緩さよりも前向きさに欠ける点がネックになってきそう。★アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「トモが緩いのは時間と共にしっかりしてくると思いますが、前向きさに欠けるところがある為に、力を抜いて走っているように感じます。今朝、坂路でハロン15秒を行う際、ブリンカーを着けてピリッとしたところが出るか確認したところ、思いのほか行きっぷりが良くなり、効果が窺えました。ずっと着けて逆に慣れてしまう場合があるので、速いところを行う時だけ着けるなど工夫していきたいと思います。馬体重は527キロです」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道からNFしがらきへ移動後、程なくして入厩したアンナベルガイト。体力面でまだまだのところが目立ちましたが、第一関門のゲート試験は既に合格しています。

その後はNFしがらきへ戻って鍛錬中。少し疲れが出た時もありましたが、今はしっかり回復して坂路で速いところを乗り出しています。

ひとまず順調だと言えますが、今回の更新で前向きさに欠ける点を指摘。気持ちに体がついてきていないことが影響していると思いますが、真剣さが足りません。父はオン・オフの切り替えがしっかり付く利口さが1つ特徴でしたが、牡馬の産駒に父とは全く違う気の悪さを抱えたタイプが見受けられます。どうやらアンナベルカイトのこちらのタイプ。更新された画像ではブリンカーを装着して調教に取り組む姿が確認できます。レースでも着用していくことになるでしょうが、競馬で行き詰まった際に切り札となるように着用は我慢してもらいたいです。

2017年10月17日 (火)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき調整組)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「腫れと熱感はだいぶ治まってきたことから、今週からトレッドミルでダクの運動を開始しました。脚を曲げるとまだ少し痛みはあるようなので、もう暫くは無理しない程度に調整していきたいと思います。定期検査では骨や筋には異常は見つかりませんので、水で冷やしてケアしておきます。馬体重は513キロです」(10/13近況)

Photo_3 ディグニファイド

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「調教を開始後も順調に乗り込めていたことから、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。まだ開始したばかりなので、動きはまだまだこれからといった感じですが、登坂回数を重ねていけばピリッとしてくるようになるでしょう。馬体重は552キロです」(10/13近況)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「この中間から週に2回坂路でハロン15秒の調教を開始しています。調教に関しては順調に乗り込めていますが、やはりまだ全体的に緩さが残っているために、動きがモッサリしているので、もう少し成長を促しながら進めていく必要がありそうです。飼い葉食い等は問題なく、体調面は良好なので、焦らず日々のトレーニングで良化を図っていきたいと思います。馬体重は525キロです」(10/13近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「調教を開始後も順調に進めることが出来ていたことから、この中間から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。まだ始めたばかりとあって、自分から前に進んでいく気持ちが足りない感じですね。入厩の話があるまでに、前進気勢が出るように気合いをつけながら乗り込んでいきたいと思います。馬体重は491キロです」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ナイトバナレットはトレッドミルでの運動を開始。ただ、脚を曲げるとまだ痛みがあるようなので、ペースアップはせずに患部の回復を最優先することになります。まずはしっかり脚元の不安を解消してもらいたいです。

ディグニファイドはハロン15秒の調教を開始。まだまだ動きはモッサリしているので、本数を重ねる必要はありますが、引き続き順調に来ています。この調子で状態・体調を上げていって欲しいです。

アンナベルガイトは週2本速いところをやっていますが、緩さがまだまだ目立つので、動きは地味。引き続き、丹念に乗り込むことで成長・良化を促していくしかありません。

ドレークも速いところを乗り出していますが、自分から走ろうという感じはありません。本数を重ねることでスイッチが入ってくれることを願っています。

2017年10月 7日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・本州牧場組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15~17秒

厩舎長「調教を開始後も体調面は安定していますし、順調に進めることが出来ていたことから、この中間は17秒からラスト1ハロン15秒まで脚を伸ばすようにしています。トモに緩さがあるものの、乗り込んでいくにつれてしっかりしてくるでしょうから、来週あたりからハロン15秒の調教を開始して鍛えていきたいと思います。馬体重は526キロです」(10/6近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月28日の東京・芝1600m(C.ルメールJ)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調です。いくらかその傾向は見受けられますが、聞いていたほどテンションは上がらず、調教中もさほど力みはありません。ここまで問題なく調整できています。馬体重は449キロです」

菊沢隆師「東京4週目の芝1600mを目標に、来週の検疫で帰厩させる予定となりました。鞍上はルメール騎手に依頼しました」(10/6近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎スタッフ「まだ精神的に幼い面が残っていますが、調教に関しては問題なく行えています。入場当初は移動の疲れが窺えましたが、日に日に元気が戻り、今ではだいぶしっかり走ってくれるようになりました。トモの緩さは感じられますが、これから乗り込んでいくにつれてパンとしてくると思うので、入厩に向けてしっかり乗り込んでいきたいと考えています。馬体重は489キロです」(10/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

移動当初、クタッときたアンナベルガイトですが、今は黙々と普通キャンターを乗り込み中。トモに緩さがあるのは仕方ないので、若い内は上手に付き合っていってもらえればと思います。このまま順調に行けば、今月中に帰厩できるでしょう。

アンブロジオは前回の更新で復帰戦が示されましたが、2戦目の鞍上はC.ルメールJに決定。また、今後については来週の検疫で厩舎へ戻る予定です。1度実戦を使うとテンションが上がりやすいですが、アンブロジオは意外にも我慢が利いています。美浦トレセン移動も、このような感じで推移していって欲しいです。

ドレークは心身に幼さを残していますが、調教メニューは無難に消化中。移動当初、少し疲れが見られたようですが、今はもう大丈夫みたいです。既に普通キャンターで坂路を乗られているので、今月末には厩舎へ辿り着けるかなと見ています。

2017年10月 2日 (月)

シルクなお馬さん(2歳・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

調教主任「その後は体調を崩すことなく、状態は安定していますので、この中間から周回コースでの運動と坂路でハロン17秒の調教を行っています。坂路調教スタート後も脚元を含めて特に問題はなさそうなので、このまま乗り込みを強化していければと思います。馬体重は528キロです」(9/29近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

調教主任「先週こちらに到着しており、特に輸送による疲れも見られず体調は安定していますので、この中間は坂路と周回コースで乗り込んでいます。北海道で十分に調教を積んできているので、馬体はしっかりとしていますし、いつ声が掛かっても対応できる状態にありますね。こちらの環境に慣らしていきながら、入厩に向けての態勢を整えておきたいと思います。馬体重は493キロです」(9/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

移動後、疲れが見られたアンナベルガイトですが、日に日に回復。坂路で普通キャンターを乗れているのでもう大丈夫でしょう。ただ、全体的に良化途上で緩さが目立つでしょうから、今月いっぱいはNFしがらきでじっくり乗り込んでもらいたいです。

ドレークは北海道から移動してきたばかりですが、すぐに乗り出せているのは何より。環境の変化にも無難に対応できています。こちらは早い段階で一旦厩舎へ入り、ゲート試験合格を目指してもらいたいです。

2017年9月27日 (水)

シルクなお馬さん(2歳関西馬・牧場組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:坂路でキャンター

厩舎長「下痢の症状が窺えたので、今週は無理をせずに坂路でハッキング程度の調教を行っています。トレセンでの疲れがドッと出てしまったのかもしれませんね。だいぶ体調は戻ってきているので、来週あたりから普通に乗り出して行けると思いますが、あくまで馬の状態に合わせて進めていきたいと考えています。馬体重は530キロです」(9/22近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター2本、週3回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も順調に調教を行っています。毎日飼い葉をしっかりと食べていますし、脚元を含めた体調面に不安なくトレーニングに取り組めています。馬体重は512キロと少し減っていますが、細くは映りませんし、おそらく余分な脂肪が取れてきた分だと思います」(9/22近況)

Photo_3 ケイティーズソレル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「ここまで曳き運動で様子を見てきましたが、脚元の状態は安定していますので、この中間からウォーキングマシンでの運動をスタートしています。しばらくはこれくらいのメニューで様子を見ていくことになると思いますが、一歩前進できて良かったですね」(9/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格し、NFしがらきで乗り込むことになったアンナベルガイトですが、厩舎で調整を続けてきた疲れが出た様子。幸い、脚元等のトラブルではないので、時間の経過と共に体調は持ち直してくれるでしょう。まあ、焦ることなくマイペースに進めてもらえればと思います。

ダイアトニックは淡々と乗り込み中。それによってだいぶ無駄肉が削がれてきた様子。年内の入厩は可能性あるでしょうから、それを目指して前進あるのみです。

ケイティーズソレルは脚元に変わりがないということでウォーキングマシンでの運動を開始。ひとまず1歩前進は叶いましたが、騎乗運動再開にはまだ時間を要するでしょうから、引き続きじっくり進めてもらえればと思います。

2017年9月15日 (金)

JRAの競走馬登録完了。14日にゲート試験に合格しています。☆アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:栗東トレセン/15日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:14日にゲート試験合格

池添兼師「この中間も入念にゲート練習を行っていましたが、だいぶ出の反応が良くなってきたことから、14日にゲート試験を受けたところ、何とか1発で合格しました。トモが緩いことで、二の脚が付くのに時間が掛かってしまいましたが、ギリギリのところで受かりました。乗り込む毎に馬体はしっかりしてきていますが、まだそこまでの基礎体力が備わっていないので、このあとは成長を促す意味で放牧に出そうと思います。これからグングン良くなってくると思うので、放牧先で態勢が整い次第、デビューに向けて進めていきたいと思います。15日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」(9/14近況)

助 手 14栗E稍 14.4 ゲートなり

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この度、JRAの競走馬登録が完了したアンナベルガイト。競走馬としての1歩を歩み出した訳ですが、14日はゲート試験に初挑戦。緩さが目立ち、気持ちに馬体が付いてこない現状ながら、何とか1発合格してくれました。ギリギリで受かるのと落ちるのとでは大きな差ですから、ラッキーです。

今後はNFしがらきへ戻し、再調整することに。まだまだ体力不足な面を露呈していただけにこの判断は妥当でしょうが、この厩舎でもノーザンF産は扱いが良くなるんだなと再認識しました。まずはゲート練習・試験の疲れをしっかり取り除き、それから騎乗運動を進めていってもらえればと思います。

2017年9月 8日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都10月15日・芝1800m
・調教内容:角馬場・周回コース、もしくは坂路でキャンター

友道師「先週一杯は軽めのメニューで調整していましたが、疲れが取れるのが少し遅かったので、今週まで普通キャンターで馬体回復に専念しました。予定しているレースまでまだ1か月以上あるので、来週から時計を出し始めていけば十分仕上がると思います」

担当助手「トリコロールブルーにも携わらせていただいていましたが、本馬も兄同様に普段はとても扱い易く大人しい馬です。兄は競馬に行ってテンションが上がり易いところがあったので、こちらもその点には気を付けながら進めていこうと思います。遅生まれとあってまだまだこれからの馬だと思いますが、兄に引けを取らないぐらい素質の高さは感じるので、デビュー戦から良い競馬が出来るように調整していきたいと思います」(9/6近況)

助 手 7栗坂良 58.9- 42.5- 28.0- 13.8 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりに0.1秒先行クビ先着

Photo_3 アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習

池添兼師「今週から同じ2歳新馬と一緒に坂路1本行ったあとに、ゲート練習を行っています。まだ出の反応はゆっくりですが、入り・駐立は問題ないので、このまま時間を掛けていけば行き脚が付くようになるでしょう。普段の様子を見ると全体的に緩さがあり、トモの踏み込みも甘いですし、息づかいもまだ出来ていないようですから、焦らず馬の状態に合わせながら進めていく方が良さそうです」(9/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早ければ先週末から時計を出すと言われていたピボットポイントですが、北海道から移動してきた疲れが完全に抜けていないようなのでセーブ気味の調整。牡馬とすれば少し食も細いのでしょう。時計は来週ぐらいから出していくのかなと見ていたら、7日に坂路で初時計をマーク。映像を見ましたが、幼さが残る走るも、フットワークは大きくて芝で楽しみ。環境に慣れ、堂々と振る舞えるようになれば、動きの無駄も少なくなってくるでしょう。

アンナベルガイトは僚馬とゲート練習中心の日々。今のところ特に問題はなさそうですが、全体の緩さ・トモの踏み込みの甘さなど体力面の途上さが目立ちます。ゲート試験を突破すれば、NFしがらきで鍛え直した方がベターでしょう。また、シルクアーネストでお世話になった時と違い、扱いは丁寧に思います。これはやはりノーザンファーム産というブランドのおかげですね。

2017年9月 1日 (金)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで30日に時計
・次走予定:9月9日の中山・芝2000m(内田博J)

古賀慎師「北村宏騎手に手伝ってもらい、30日に南Wコースで追い切り、3頭併せで直線は真ん中に入れる形で行いました。北村宏司騎手には『あまり自分からハミを取って行く方ではない』と伝えていましたが、その点はあまり気にならなかったようで、自分からちゃんと進んでいったそうです。こちらでは、今のところ立ち上がったりだとか、そういう気の悪いところは見せていません。予定通り来週の中山・芝2000mに向かいますが、鞍上は内田騎手にお願いしました」(8/31近況)

助 手 27南W良 70.6- 54.7- 40.9- 14.1 馬なり余力
北村宏 30南W良 67.3- 52.3- 39.0- 13.6 G前仕掛け カフェガーネット(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走0.1秒遅れ

Photo_3 アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習

担当助手「馬体が大きい馬らしくまだ全体的に緩さが残っているので、無理に進めていくよりは時間を掛けながら良化を図っていく方が良さそうです。ゲート練習はまだ見せる程度ですが、今週末に同じ2歳新馬が入ってくるので、その馬と一緒に来週から本格的に進めていくつもりです。跨った感触は良いものを持っている馬なので、大事に育てていきたいと思います」(8/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週のデビューを予定しているロイヤルアフェア。水曜日の追い切りはWコースで併せ馬を行っていますが、最後に少し仕掛けて遅れる形に。気の悪さを抱えているので、3頭併せの真ん中に入ったのが良くなかったのかな? また、動きはモタモタしている感じがするので、馬体をまだまだ持て余しているのでしょう。デビュー戦からというよりも、1度使ってからの期待という印象です。

アンナベルガイトはまずは環境に慣らして、軽めの調整。乗り味は良さそうですが、大型馬で緩さが残る現状。本当はNFしがらきで鍛えてからの入厩で良かったんでしょう。11月の京都ぐらいのデビューを視野にじっくり進めてもらえればと思います。

2017年8月29日 (火)

24日に栗東・池添兼厩舎へ入厩しています。☆アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:24日に栗東トレセンへ入厩

池添兼師「24日に栗東トレセンへ入厩致しました。NFしがらきに移動後も特に状態が変わりなかったと聞いているので、こちらの環境に慣れさせながら調教を進めていきたいと思います。順調なら来週からゲート練習を開始していくつもりです」(8/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道からNFしがらきへ移動してきたアンナベルガイト。大型馬で緩さが残る現状から、入厩するには今しばらく乗り込みが必要かなと思っていましたが、約1週間ほどの滞在で先週24日に栗東・池添兼厩舎へ入厩しています。

まずは第一関門のゲート試験へ向けての調整を優先していくことになりますが、気性面で特に難しい面はない馬なので、練習を重ねていけばメドは立ってくる筈。あとは気持ちに馬体がしっかり付いて行けるかどうかでしょう。まあ、奥行きのある血統なので、じっくり進めてもらえればと思います。

2017年8月23日 (水)

18日にNFしがらきへ到着しています。☆アンナベルガイト

Photo アンナベルガイト(牡・池添兼)父ロードカナロア 母アンナヴァン

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター1~2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は週3回の坂路調教の内、週1回はハロン15秒から終い14秒まで伸ばしています。スピードに乗るまでにまだ少しモタつきを感じますが、スピードに乗ってしまえばとても良い走りをしますよ。ここに来て毛艶がグッとよくなり、馬体の感じもかなり良化してきました。池添兼雄先生と打ち合わせ、16日にこちらを発ってノーザンファームしがらきへ移動し、調教を進めることになりました。馬体重は512キロです」(8/16近況)

⇒⇒17日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しており、18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動する予定です。(17日・最新情報より)

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

厩舎長「今朝、こちらに無事到着しています。疲れはなさそうに見えますが、落ち着いてからドッと疲れが出る場合もあるので、今週いっぱいは軽めの運動に控えてゆっくりさせてあげようと思います。状態に変わりがなければ来週から調教を開始していきたいと考えています」(8/18近況)

⇒⇒18日(金)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ移動しています。(18日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

北海道でコツコツ鍛えてきたアンナベルガイト。16日に北海道を発ってNF天栄経由で18日にNFしがらきへ無事到着しています。

ひとまずは輸送の疲れを癒すのが先決。長旅で色んなところに負担が掛かっている筈。状態を十二分に観察後、騎乗運動を始めてもらえればと思います。

大型馬でまだまだモタモタするところが残るので、NFしがらきで鍛え上げる必要がありそう。それ故、入厩はもう少し先のことかと見ていたら、24日に入厩の予定が出ています。その記事に関しては、また改めて書き記したいと思います。

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ