最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードイヒラニ」の110件の投稿

2019年6月25日 (火)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードザナドゥ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター1000~2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「乗り続けるに連れて、段々と歩様は改善傾向。大丈夫そうな感じですね。少しずつ運動量を増やしているものの、今しばらくは小規模なポリトラックで。心身のコンディションを探りながら、無理の生じぬ範囲で進められれば・・・と思います」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「一通りのケアが済んで、だいぶ回復が図れた感じ。6月22日(土)の15-15にも、無難な対応を見せていました。反動を確認しながら進めて行きたいところ。千田先生は定期的に来場されるだけに、意見を交わしつつ取り組めれば・・・ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右トモの歩様が良くなかったザナドゥですが、筋肉注射を打って回復を促してきましたが、今のところはその効果があって歩様は改善傾向。今後も段階を踏んでいく必要はありますが、1つ1つクリアしていけば先が見えてくると思います。

イヒラニは背腰の疲れが良くなり、15-15を乗っても難なく対応。馬体もフックラと保てているようですし、あとは千田師と意見交換をしてある程度の予定を組んでいってもらえればと思います。また、小倉で出走となると芝1800mに使うことになるでしょう。4つのコーナーを回る競馬にどういう対応力を見せてくれるか注目したいです。

2019年6月23日 (日)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードザナドゥ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m。

○当地スタッフ 「跨り始めたところ、どうも歩様が今一つ。トモの具合、特に右側です。6月14日(金)に筋肉注射を打って、騎乗トレーニングを一旦ストップ。17日(月)より馬場入り再開に至ったものの、今しばらくは感触を確かめつつ・・・だと思います」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初から14キロプラスに。順当にボリュームアップが叶っており、段々とダメージも取り除けている印象です。そんな様子を踏まえ、徐々に運動量も増加。あまりテンションを上げないように、少しずつペースも速められれば・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

去勢手術後、ひとまず順調に進んでいる感のあったザナドゥですが、騎乗運動を開始した途端に歩様が一息。何故か右トモがクタッとしてしまいました。筋肉注射を行って回復を促しましたが、2日間は完全に騎乗運動をストップ。17日から再開していますが、反動が出る可能性が高いので、まずは脚慣らしをしてから、徐々に負荷を高めていってもらえればと思います。

背腰に疲れが溜まっている様子が窺えたイヒラニですが、馬体はフックラして良い雰囲気。普通キャンターより遅いペースに止められていますが、疲れが解消されてきたこれからは順調に負荷を高めていけるでしょう。焦る必要はないので、じわじわ状態を上げていってもらえればと思います。

2019年6月17日 (月)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。6月8日(土)に美浦トレセンより移動しました。

○当地スタッフ 「6月8日(土)にバトンタッチ。レースで負った傷腫れが右後脚に残るだけに、フレグモーネに注意を払って管理を行ないましょう。小島調教師と話し合った結果、今回は十分に休ませる方針に。2、3週間の放牧期間中は跨らないかも知れません」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「どうも背腰が疲れ気味な印象。続けてレースを使った影響でしょう。6月7日(金)にショックウェーブを打ち、10日(月)より馬場へ連れ出すように。治療の効果は窺えるものの、今しばらくは具合を探りつつ・・・がベターかも知れません」

Photo_6 ロードアブソルート

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン16~20秒ペース)。5月下旬測定の馬体重は440キロ。

○当地スタッフ 「徐々にペースアップ。先週半ばに16-16まで速めています。今のところ膝は落ち着いた状態。歩様も大丈夫です。このまま無事ならば、近日中に更に踏み込む予定。心身のコンディションを確かめつつ、積極的に進めて行ければ・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ザナドゥ以外の3歳上牡馬・牧場組の近況をまとめて。

クエストはアーモンドアイ同様に安田記念のスタート時に外傷を負いましたが、そこから細菌が入ってフレグモーネに繋がらないようにしばらくは無理を控えることに。次走は中京記念を引き続き予定しているようですが、牧場で乗り込むことが出来ず、厩舎へ戻して果たして間に合うのかな? 新潟の関屋記念に目標を切り変えても良いのかなと思います。

イヒラニはタフな印象を持っていましたが、今回は背腰の疲れが多く残っている様子。青鹿毛ですし、やはり暑さが応えていることもあるのでしょう。ひとまずショックウェーブ治療を行って回復傾向ですが、もう少しの間は無理を控えて欲しいです。

アブソルートはそろそろハロン15秒の調教を課そうかという段階。ここまでは膝は我慢が利いて、歩様に違和感が出ることはありません。ここをしっかり乗り越えないと先が見えないので、アブソルートには踏ん張り通して前へ進んでもらいたいです。

2019年6月 7日 (金)

待望の外枠から3角までは良い感じで進めることが出来たも、外から被せられるのを嫌がって早目に押し上げて行ったのが裏目に。残り200mぐらいまでは渋太く頑張ってはいたも、最後は力尽きてしまう形で7着に敗れる。★ロードイヒラニ

2019061600_1

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

6月2日(日)阪神8R・3歳上1勝クラス・混合・芝1600mに丸山Jで出走。17頭立て3番人気で8枠16番から平均ペースの道中を6、6、3番手と進み、直線では外を通って0秒5差の7着でした。馬場は良。タイム1分35秒8、上がり35秒7。馬体重は増減無しの468キロでした。

○丸山騎手 「ある程度のペースで流れており、3コーナーまでは理想的な形に。ただ、そこで外から早目に来られてしまいました。被されると良くない・・・と聞いていただけに、あの場面では一緒に動かざるを得ぬ格好。もう少し本当は待ちたかったのですけどね。その分が最後に響いた感じ。申し訳ありません」

○千田調教師 「具合が良さそうだったのに加え、希望していた外寄りの16番スタート。期待を持って送り出しました。ただ、結果は残念。色々と注文の付くタイプですからね。5着を外してゲートインの見通しが立て辛い状況に。連戦で来たのも踏まえると、一息を入れるのがベターでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

テンション高め。軽く仕掛けて中団のやや前。道中も流れに乗って手応え良く追走。勝負どころから外を回って早目に動いていき、直線もジワジワ脚を使ったが、最後は伸び負け。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で、6月5日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して2回小倉に組まれた芝1800m戦を視野に心身のリフレッシュを図ります。

○千田調教師 「見た目には特に変わらぬ印象。脚元等に関しても大丈夫そうな感じです。中京のマイルはコース形態がトリッキー。ここはパスして小倉の芝1800m戦に備えましょう。育成場での様子と出走状況を確認。その上で帰厩のタイミングを検討します」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

待望の外枠が当たり、前走以上の結果を期待したロードイヒラニ。追い切りの動きもマズマズで仕上げは悪くなかったと思いますが、パドックに登場したイヒラニは少し覇気がないように見えました。コンスタントに使われてきて、蒸し暑い天候がジワジワ応えてきていたのかな?

レースぶりに関して、たまに出遅れることがあるスタートですが、今回は偶数枠というのも良く、五分のスタート。前に行きたい馬をやり過ごして中団よりやや前目でレースの流れに乗れていたと思います。そして3角までは手応え十分。ただ、3角過ぎに外から捲っていく馬がいたので、それに付き合ったのが裏目。また、4角で内にいたプリヴェットが外へ持ち出した際、ゴチャ付いてしまい、イヒラニは他馬の動きに過敏に反応して外へ膨れてしまいました。

直線で追われたイヒラニはジワジワ脚を繰り出してくれましたが、前を交わしていくような勢いはなし。残り200mぐらいまでは横一線の叩き合いに加わってはいましたが、勝負どころでの2つのロスと早仕掛けが響いてしまってギブアップ。何とか5着は確保して欲しかったのですが、それも叶わずの7着に崩れてしまいました。

レース後のイヒラニですが、特に気になる点はなさそうも、優先権を逃してしまったので次に使うには節を稼がないといけません。5日に栗東近郊のグリーンウッドへ放牧に出ています。また、次走は相性の悪い中京をパスして、小倉の芝1800mに使っていく予定。小回りなら距離は守備範囲も、捲り合いなどで出入りの激しい流れになった時に辛抱できるかどうか。個人的にはチークピーシズやブリンカーの着用をそろそろ検討していく段階に入ってきたように思います。

2019年6月 2日 (日)

前走時のデキはキープ。待望の外枠を引き当てた今回は前進を期待したいも、斤量差の大きい3歳馬の勢いに立ち向かうことが出来るかとなるとワンパンチ足りないような…。最低限の目標として次走の優先権確保はクリアして欲しい。☆ロードイヒラニ

2019041600_1

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

6月2日(日)阪神8R・3歳上1勝クラス・混合・芝1600mに丸山Jで出走します。5月29日(水)重の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン70.1-54.1-39.2-11.9 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って0秒1先着。追い切りの短評は「デキ安定」でした。発走は13時40分です。

○千田調教師 「5月29日(水)は3頭併せ。雰囲気はイイですね。立て続けに使っているだけに、上積みを求めるのは難しいかも。でも、好調キープと言えるでしょう。スムーズな競馬が叶えば、今回も好勝負できるはず。外枠を引ければ理想的だと思います」

≪調教時計≫
19.05.29 助手 栗CW重 70.1 54.1 39.2 11.9 馬なり余力 ケプラー(古馬1勝)馬なりの外0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神2日目(06月02日)
8R 3歳上1勝クラス
サラ 芝1600メートル 指定 混合 定量 発走13:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 プリヴェット 牝4 55 和田竜二
1 2 ウォーターミリオン 牡6 57 国分恭介
2 3 セグレドスペリオル 牡3 54 藤岡佑介
2 4 タニノミッション 牝3 52 藤岡康太
3 5 ナンヨーマーズ 牡5 56 富田暁
3 6 カフジジュピター 牡3 54 中谷雄太
4 7 シゲルホウレンソウ 牡4 54 斎藤新
4 8 ディープサドラーズ 牡3 51 岩田望来
5 9 ハクサンフエロ せ4 57 酒井学
5 10 アントーニオ せ4 57 鮫島克駿
6 11 リュクスポケット 牡4 57 秋山真一郎
6 12 スラッシュメタル 牡4 55 西村淳也
7 13 シーアフェアリー 牝4 55 荻野極
7 14 クリノアリエル 牝4 55 四位洋文
7 15 トーアライジン 牡6 57 小崎綾也
8 16 ロードイヒラニ 牡4 57 丸山元気
8 17 プライドランド 牡3 54 石橋脩
8 18 ミッキーバディーラ 牝3 52 松若風馬

○千田師 「前走もラストは来ているけど、周りを気にしていた。外目をスムーズに回れれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースを見ていて、馬込みを嫌がっている素振りは直接感じないのですが、揉まれる競馬で良い結果が出ていないロードイヒラニ。最内枠を引き当てた前走はゲートからの行き脚が一息なこともあって最後方からの競馬に。道中はしっかり脚を溜め、直線では思い切って最内を突っ込んできましたが、前が止まらない流れでは4着まで精一杯。力は出し切ってくれたのですが、能力的な限界もチラチラ感じるところはあります。個人的には勝ち切れなくても、コツコツ稼いでくれるのは有難い存在ですし。

前走は中1週での出走となりましたが、今回は中2週。1週だけ間が空いただけですが、リラックスした感じで雰囲気は良さそう。あとは枠がどこに決まるかドキドキしていましたが、今回は待望の外枠。たまに行き脚が付かないことがあるので、偶数枠を引き当てたのは更に良いでしょう。4走前のこの条件で2着に頑張った時のように、揉まれない位置でスムーズにレースを運んでいって欲しいです。

降級制度がなくなった為、上のクラスから強い馬が下りてくることはなくなりましたが、3歳馬とは斤量差が牡馬なら3キロ、牝馬なら更に2キロの恩恵が生じます。そして3歳馬に減量騎手が騎乗となれば、ハンデ戦といえるような斤量の開きが生じてきます。フルゲート18頭で混戦模様の1戦ですが、印を集めている馬は3歳馬に集中しています。この枠ならイヒラニは堅実な走りを期待できるでしょうが、ワンパンチ欠くと言うのも事実なので、余計に斤量差が最後の最後で結果に繋がってきそう。好枠を引き当てたので勿論期待はアップしましたが、冷静な目で見ると、前走以上の結果を残すことはそう簡単ではなさそう。最低限の目標として次走への優先権(5着以内)確保はクリアして欲しいです。

2019年5月28日 (火)

ロードなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードヴァンドール

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○昆調教師 「5月22日(水)はウッドコースを緩やかに周回。ダメージが取り除けて来た感じで、段々と元気も戻り始めています。タイミングを見計らって、15-15程度から再開予定。そのぐらいの段階まで達してから、次走プランを検討できれば・・・ですね」

Photo_6 ロードプレミアム

5月21日(火)不良の美浦・坂路コースで1本目に59.4-43.9-29.2-14.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、5月22日(水)重の美浦・ウッドチップコースで5ハロン69.0-53.6-39.3-12.7 7分所を直線一杯に追っています。併せ馬では末一杯の相手の内を1秒1追走して同時入線。短評は「脚取り確か」でした。6月9日(日)東京・江の島特別・混合・芝1600mもしくは6月15日(土)阪神・小豆島特別・混合・芝1600mに予定しています。

○斎藤調教師 「5月22日(水)はウッドで併せる形。最後までしっかり動けたように、及第点を与えられる内容だったと思います。今のところは気になる部分も無し。この調子で本数を積み重ね、仕上がり具合や相手関係等を考慮した上でレースを絞り込みたいです」

≪調教時計≫
19.05.21 助手 美南坂不1回 59.4 43.9 29.2 14.5 馬なり余力
19.05.22 助手 美南W重 69.0 53.6 39.3 12.7 直一杯追う ワシントンテソーロ(3歳500万)末一杯の内1秒1追走同入

Photo_6 ロードイヒラニ

5月23日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン59.0-43.2-12.8 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒7追走して同時入線しています。6月2日(日)阪神・3歳上1勝クラス・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「5月23日(木)は15-15ぐらい。間隔も詰まっていますからね。連戦で来ているものの、さほど傷んだ様子は無し。身体の張りを保っており、馬自身も元気そうです。鞍上は調整中。安田記念の裏だけに、適当な乗り役が見付かるか・・・」

≪調教時計≫
19.05.23 助手 栗CW良 59.0 43.2 12.8 馬なり余力 ハッピーゴラッキー(3歳500万)馬なりの外0秒7追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは引き続きマイペース調整。天皇賞・春の疲れはほぼ取り除くことは出来た感じですが、ここからピッチを上げていくとなると、今度は暑さがネックになってきそう。どこまで耐えてくれるか…。

プレミアムは出走へ向けて淡々と追い切りを消化。プレミアムも暑さに弱いタイプですが、今のところは辛抱できていそう。また、まだまだ馬体に余裕がありそうなので、しっかり負荷を掛け続けていって欲しいです。

イヒラニは今週末の阪神戦を予定。イキの良い3歳馬相手にクラス上位の貫禄を示すことが出来るかどうか。また、ここ2走は内枠を引いてしまったので、今度こそスンナリ運べるように外枠を手にしたいです。

2019年5月16日 (木)

最内枠を引き当てた時点で難しいレース運びになるのは分かっていたも、ダッシュが付かずに最後方からの競馬になったは誤算。直線は内を突いて差を詰めてくるも、前残りの展開では4着までがやっと。★ロードイヒラニ

2019051600

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

5月11日(土)京都7R・4歳上500万下・混合・芝1600mに岩田康Jで出走。14頭立て3番人気で1枠1番から平均ペースの道中を14、14、14番手と進み、直線では最内を通って0秒5差の4着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分34秒6、上がり33秒5。馬体重は2キロ減少の468キロでした。

○岩田康騎手「思ったよりも行き脚が付かず、序盤は後方のポジションに。馬込みが苦手・・・との話も踏まえつつ運びました。外を回しては間に合わない・・・と考えて、最後の直線は内を突く形に。それでも怯むような面は見せずに、しっかり伸びてくれたでしょう。今日の感じならば色々な競馬が出来そう。距離も融通が利くのでは・・・」

○福丸調教助手 「中1週でも活気十分。ジョッキーに特徴を伝えて送り出しました。だいぶ安定して走れるように。普段から物見や鳴く面も減ったように、成長を遂げているのかも知れません。本日、先生は他場へ。新たなプランに関しては、ダメージ等を確かめてから・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

返し馬まで二重メンコ。出負けして最後方。ジッと我慢して、終始内々。終いの伸びは良かったが、前が止まらずここまでが精一杯。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、6月2日(日)阪神・4歳上500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「希望とは真逆の最内枠に。ラストは差を詰めて来たものの、あと一歩が及ばずに残念でした。レース後も問題なし。再び5着以内も確保しているだけに、厩舎で調整を続けたいと思います。番組表を確認。中2週のマイル戦がベターでしょうね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最内枠を引き当ててしまった時点で難しい競馬になることが予想できたロードイヒラニ。ただ、もう少しレースの流れに乗れると見ていたので、ダッシュが付かずに最後方から競馬を進めることになったのは想定外で痛かったです。

道中の走りは折り合いを欠くようなことはなく自分のリズムで追走。勝負どころでも下手に動くことはせず、直線は岩田康Jらしく腹を括ってのイン突きを狙ってきました。いざ追われたロードイヒラニは反応して、この馬らしい末脚を発揮。内を突いたことで上手に位置を挽回することは出来たと思います。ただ、鞍上は怯むような面はなかったとコメントしていますが、内から抜け出してくる時に一瞬モタモタというか、伸びが緩んだ感じは受けました。本音は最後にもうひと伸びして上位との差をグッと詰めてきて欲しかったです。まあ、それでも上がり3ハロンは33秒5。前が有利な展開では4着までが現状のイヒラニでは精一杯といったところでしょうねえ。

レース後のイヒラニですが、クタッとした感じはなし。今回も次走への優先権は確保出来たので引き続き厩舎で調整し、中2週のローテで来月2日の阪神・芝1600mへ向かうこととなりました。

安定した成績を残すという意味では末脚を生かす競馬がベストな選択だと思っています。こういう競馬を続けていけば大崩れはしないでしょうが、道中の位置取りはもう少し前でレースの流れに乗ってもらわないとダメ。そして勝負どころからジワッと外目に出して、直線は馬群を捌くよりは大外を気分良く走らせることがより力を発揮できるのかなと考えます。また、ここに来て幼さも大分解消されてきたようなので、ロスをなくすことで速い時計への対応力を培っていって欲しいです。

2019年5月11日 (土)

中1週での出走も前走の疲れは感じられず元気一杯。ただ、周りに馬がいると集中力を乱すので最内枠を引いてしまったのは痛い。馬群の切れた位置でリズム良く追走して末脚を伸ばして欲しい。☆ロードイヒラニ

201902_12

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

5月11日(土)京都7R・4歳上500万下・混合・芝1600mに岩田康Jで出走します。5月8日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン55.1-39.0-12.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒2追走して同時入線。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は13時15分です。

○千田調教師 「5月8日(水)は余力残しで。中間も馬自身は元気一杯で、好調キープと言えそうです。京都の外回りコースならば運び易いはず。今週のレースへ行きましょう。松山騎手に先約が入っており、今回は新コンビで臨む予定。外枠が当たれば・・・」

≪調教時計≫
19.05.08 助手 栗CW良 55.1 39.0 12.0 馬なり余力 イズジョークラウン(3歳未勝利)馬なりの外0秒2追走3F併同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都7日目(05月11日)
7R 4歳上500万下
サラ 芝1600メートル 指定 混合 定量 発走13:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロードイヒラニ 牡4 57 岩田康誠
2 2 ドゥオーモ 牡6 57 藤岡佑介
3 3 プリヴェット 牝4 55 和田竜二
3 4 トウカイシュテルン 牝5 55 国分優作
4 5 スズカフェラリー 牝4 55 松山弘平
4 6 シゲルホウレンソウ 牡4 57 松若風馬
5 7 サンマルジョイ 牝4 55 古川吉洋
5 8 ナリタブルー 牡4 57 高倉稜
6 9 ヤマニンルネッタ 牝4 52 亀田温心
6 10 レンジャックマン 牡5 57 中谷雄太
7 11 フォンス 牡6 57 浜中俊
7 12 ステラローザ 牝4 55 B.アヴドゥラ
8 13 マジックバローズ 牡4 57 川田将雅
8 14 デクレアラー 牡4 57 藤岡康太

○千田師「包まれると良くない馬で、内から外へ出すのに時間がかかってしまった。周りに馬がいないのが条件。外目スンナリなら」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

揉まれるとダメということはないのですが、気性面で幼さを残すロードイヒラニは、他馬に囲まれてしまうと気がそちらにいってしまい、走ることへの集中力を欠いてしまうのがネック。それ故、理想の競馬は外枠からスンナリ2・3番手追走からの抜け出しなのですが、気分良く行き過ぎると詰めの甘さを覗かせる可能性も。力はあるのですが、脚の使いどころが難しい馬です。

前走は内枠からスッと前へ行こうとするも、他馬が速過ぎて断念。道中はリズム良く走らせることに集中し、3角過ぎから徐々に外目へ持ち出し、直線は大外から強襲。前残りの展開+外々を回した為、もう一つ捌き切れませんでしたが、それなりに目立つ脚を使って5着まで頑張ってくれました。ロスの多さは課題になってきますが、個人的には正攻法の競馬よりは脚を溜めて末脚を生かす前走の競馬をイヒラニの形にして欲しいと思っています。

前走で5着までに来たことで次走への優先権を確保したロードイヒラニ。中2週のローテで相手関係の落ちる新潟へ回っても良いのかなと見ていましたが、陣営は中1週のローテで前走と同舞台を選択。追い切りは4ハロンからサラッと行われましたが、動き自体は良好。前走の疲れ・反動は感じられず、リフレッシュ明け2戦目で前進を見込みたいです。

ただ、悩ましいのが今回も内枠を引き当ててしまった点。それも最内枠です。ゲートの中で待たされる時間が長いので、まずは五分にゲートを出ることができるかが1つポイント。出たとしても前へ行けないと思うので、岩田Jには馬群の切れたあたりでリズム良く走らせることを意識してもらえればと思います。そして直線は外へ回しても良いのですが、岩田Jの真骨頂といえるイン突きを狙っても面白いかも。

相手関係に目をやると、ディープインパクト産駒2頭が手強そうも、あまりそれらを意識せず、リズム良く追走することでしっかり自分の力を出し切ってもらえればと思います。それで負ければ、相手が強かったということですから。

2019年5月 7日 (火)

内枠が災いして前目で流れに乗ることは出来なかったも、リズム重視の走りへ切り替えて最後は上々の伸びを披露。次走への優先権を確保。多少、勝ち味に遅くなっても、こういう競馬を自分のモノにしていけばまだまだ上を目指せる筈。☆ロードイヒラニ

2019031600_4

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

4月29日(月)京都8R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走。15頭立て2番人気で2枠3番から平均ペースの道中を11、10、10番手と進み、直線では外を通って0秒3差の5着でした。馬場は良。タイム1分33秒5、上がり34秒1。馬体重は4キロ増加の470キロでした。

○松山騎手 「2、3番手へ・・・と思ったものの、周りが速くて断念。あれ以上に無理を強いれば、最後に余力を失ってしまいます。リズム重視に切り替えた格好ながら、前へ行った組が残る傾向のコース状態で・・・。前々走は余裕を持って追走できていたのに対し、軽い京都の馬場だと軽く促しながらの道中。今回に関しては1ハロン延びた方が楽だったかも知れません」

○千田調教師 「内枠で難しい競馬だったものの、外へ持ち出してからはキッチリ。内容自体は悪くなかったと思います。今回は5着以内も確保。ひとまずはレース後の様子と番組を確かめ、その上で新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

パドックではメンコ。中団やや後ろ。ミエノウインウインのひとつ前の位置で進んで、こちらは4角から直線にかけて外へ。こちらも目につく脚勢で追い上げて掲示板確保。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「無事にトレセンへ。見た目には変わらぬ様子で過ごしており、今のところは脚元等も大丈夫そうですね。マイル戦を中心に番組は色々と組まれる状況。馬自身のコンディションに加えて相手関係、乗り役の兼ね合いも含めて考えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スンナリとした流れなら力を出し切れるロードイヒラニですが、内枠を引き当てた時点で苦戦を覚悟。ハナへ行けるようなダッシュがあれば逃げての手に出て欲しかったですが、それはさすがに難しいんだろうなあと考えていました。

実際、ゲートを五分に出たイヒラニでしたが、回りが速くて5番手ぐらいの位置。内々で少しゴチャつきそうな感じがあったので、松山Jはスッと控える形を選択。これは賢明な判断ですし、道中は悪くない走りだったと思います。3角過ぎから徐々に外目に持ち出し、4角を回る時は大外から直線へ。

いざ追い出されたイヒラニですが、スッと加速することは出来ず、やや内へモタれる素振り。それを矯正して外へ立て直すと、リズム良く追走できていたおかげでなかなかの伸びを披露。前が止まらなかった分+外を回ったことで5着止まりでしたが、先々を見据えると収穫のあるレースだったと個人的には思います。最低限の目標として次走への優先権を確保出来た訳ですし、速い時計の決着にもある程度のメドは立ったかなと思います。

レース後のイヒラニですが、目立つ疲れはなし。厩舎での調整を続けて次走を目指していくことになりました。松山Jは『1ハロン延ばしても…』とコメントしてくれましたが、前々で流れに乗った際は微妙に距離が長そう。詰めの甘い結果になることでしょう。多少、勝ち味に遅くなっても、今回のような差し競馬をイヒラニのスタイルにしてくれれば、安定感が期待できます。そして今後勝つことがあってクラスが上がった際、案外スッと通用できるんじゃないかなと思います。是非とも今回の形を継続し、自分のモノにしていって欲しいです。

2019年4月29日 (月)

スムーズな競馬が出来れば前々走(2着)ぐらい走れる力は秘めるも、幼さが残る気性が災いし、馬に囲まれると集中力を欠いてしまうのがネック。内枠は良くないですし、速い時計の出る今の京都の馬場は合わない感じ。何とか次走への優先権は確保して欲しいも…。★ロードイヒラニ

2019031600_3

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

4月29日(月)京都8R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走します。4月24日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.9-69.0-53.9-39.2-12.5 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って首先着。追い切りの短評は「デキ落ちなし」でした。発走は14時00分です。

○千田調教師 「4月24日(水)もウッドで。イイ感じで駆けていたでしょう。前回の中京はトリッキーなコース形態。ワンターンの1600mに戻った方が走り易いと思います。馬込みが苦手な印象。枠順にも左右されるものの、外を回すように指示する予定です」

≪調教時計≫
19.04.24 助手 栗CW良 85.9 69.0 53.9 39.2 12.5 馬なり余力 ケプラー(3歳500万)馬なりの外首先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都4日目(04月29日)
8R 4歳上500万下
サラ 芝1600メートル 指定 混合 定量 発走14:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レンジャックマン 牡5 57 中谷雄太
2 2 ゲイルバローズ 牡5 57 太宰啓介
2 3 ロードイヒラニ 牡4 57 松山弘平
3 4 ナンヨーマーズ 牡5 56 富田暁
3 5 ミエノウインウイン せ4 57 藤岡佑介
4 6 ペプチドオーキッド 牡4 57 松田大作
4 7 ロードマドリード 牡4 57 A.シュタルケ
5 8 サンライズクロンヌ 牡6 57 岡田祥嗣
5 9 ワンパーパス 牝5 55 鮫島克駿
6 10 ステラルージュ 牝5 55 高倉稜
6 11 ゴールドハット せ5 57 M.デムーロ
7 12 ラドルクス 牝4 55 藤井勘一郎
7 13 タガノアスワド 牝5 55 岩田康誠
8 14 パルフェクォーツ 牡5 57 B.アヴドゥラ
8 15 シアン 牝5 52 亀田温心

○千田師「ゴチャつくと良くない。囲まれずにスンナリと運べば、前々走くらいはやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューしてまもない頃はレース中に鳴きながら走っていたように心身の幼さが非常に目立ったロードイヒラニ。その名残というか馬群の中で追走する形になると周囲に左右されてしまう感じに。揉まれ弱いとはちょっと違う気がしますが、集中力を乱してしまいます。単純に脚力だけならこのクラスを勝ち上がることができるモノを秘めていますが、成績にムラがあるのは大人になり切れないイヒラニの性格が大いに関係しています。もう少し学習能力があれば良いんですが…。

前走の中京戦はソツのない騎乗でレースの流れは向いたと思うのですが、トリッキーなコース形態と他馬に囲まれる形での追走で力を出し切れず。芝のレースは優先権(5着以内)を外してしまうと、節(レース間隔)を稼がないとダメなのが厄介。今回の出走に際しても、一旦滋賀・グリーンウッドで移動して再調整することになってしまいました。それ故、デキに関しては放牧を挟んだことでリフレッシュが叶って良好。帰厩後の調整・追い切りに関して、気になる点もありません。

ただ、内目の枠を引き当てたのは誤算。ここからスンナリとした展開に持ち込むとなると逃げるくらいの勢いでゲートを出て行く必要がありますが、時々ゲートの出が甘く時があるので心配。また、時計が速くなり過ぎると辛くなるタイプ。切れる脚を使える馬ではありませんから、今の京都の馬場は向かない印象です。このクラスで2着が2度あるので、常に人気になってしまいますが、今回は凡走してしまうパターンになりそう。あとはちょっと酷かと思いますが、テン乗りでイヒラニをほぼ完璧に導いてくれた松山Jの手腕に託して。勝てなくても、何とか次走への優先権は掴み取って欲しいというのが私の願いです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ