最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ロードイヒラニ」の70件の投稿

2018年9月21日 (金)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚15分、ポリトラックコース・ダク1000m。8月下旬測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「現在のメニューを始めて約1週間。ここまでは歩様にも違和感を覚えません。近日中に次のステップへ移る予定。何処まで進めたら不具合が生じるか・・・。定期的に獣医師のチェックを受けながら、今後も慎重なスタンスで取り組みましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「9月14日(金)に15-15を交えました。息遣いに幾らか重さが残っているとは言え、及第点を与えられる動きを披露。ペースを速めた分のダメージも小さかっただけに、この調子で同様のパターンを積みながら状態アップを心掛けようと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは良い方へ進んでいますが、その歩みはスロー。引き続き慎重に接していくしか道は拓けません。

エースはハロン15秒の調教を実施。動きに重苦しさは残りますが、本数を重ねていけば素軽さは出てくる筈。あとはオーバーワークによる頓挫を招かないように注意して進めてもらえればと思います。

2018年9月18日 (火)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚15分、ポリトラックコース・ダク1000m。

○当地スタッフ 「先週半ばより並脚を開始。停電で一時的にウォーキングマシンは使えなかったものの、騎乗トレーニングは1日も休まずに行なっていますよ。異常が認められぬのを踏まえ、9月10日(月)にはポリトラックへ。ひとまずは問題なさそうです」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。9月6日(木)測定の馬体重は516キロ。

○当地スタッフ 「9月5日(水)に再び乗り出し、先週末に普通キャンターを消化。ケアの効果がそれなりに得られており、目立っていた硬さが緩和しました。近日中に調教レベルを引き上げる予定。その際のパフォーマンスに応じて今後の進め方を検討しましょう」

Photo_6 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。9月6日(木)測定の馬体重は514キロ。

○当地スタッフ 「9月5日(水)に到着。早速、7日(金)より騎乗トレーニングへ移り、10日(月)にはトラックへ連れ出しました。十分な元気が感じられる一方、毛ヅヤはもう一つ。到着後の2、3日は飼い葉が細かったのですが、現在は普通に平らげています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右肘の関節にボーンシストが判明したイヒラニ。診断を聞いた時は長期戦を覚悟しましたが、この中間から馬場に連れ出しています。ひとまず感触を確かめる感じでしょうが、特に問題ないようならゆっくりゆっくり乗り出してもらえればと思います。

涼しくなってくると共に上昇気配のエース。硬さはこれからも上手に付き合っていく必要はありますが、気にし過ぎるのも良くないと思います。秋の京都開催での出走を目指して、今後はピッチを上げていって欲しいです。

ヴァンドールは5日に千葉へ到着。輸送による疲れが少し見られたものの、時間の経過と共に回復。馬場での乗り出しを始めています。状態が上がってくれば、次走の予定などが示されると思うので、自分のリズムを早く取り戻して急ピッチで態勢を整えて欲しいです。

2018年9月 7日 (金)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「ウォーキングマシンは30分から開始。違和感を覚えなかっただけに、現在は1時間まで延ばしています。9月3日(月)に改めて歩様を確認。大丈夫そうですね。近日中に軽く跨る予定。少しずつ負荷を高めながら、経過観察を続けましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「18-18へ移ったところ、背中を中心に全体的な硬さが気になるように。獣医師のアドバイスに従い、9月1日(土)にショックウェーブ治療を実施しました。更なるペースアップを図る前のメンテナンスの一環。現在はマシン内の運動に止めています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この中間からウォーキングマシンでの運動を開始したイヒラニ。現在60分まで延長することが出来、歩様に悪い兆候は窺えません。治療の効果は出ていますが、焦りは禁物なので、獣医師の意見を聞いて引き続き慎重に進めてもらえればと思います。

段階を踏みながら、着実に良くなってきていたエースですが、普通キャンターまでペースアップした途端に背中を中心に硬さが窺えることに。まあ、元々硬いところはあるので深刻に考える必要はないでしょう。ショックウェーブ治療と余裕を持たせたことで症状が緩和してくれればと思います。

2018年8月31日 (金)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「8月27日(月)にダクを踏んで歩様をチェックしています。異常なし。治療の効果が確実に認められるのに加え、蹄の角度を調整したのも良かったですね。いずれにせよ快方へ向かっているのは何より。ウォーキングマシンを再開しましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「引き続き、1周1800mのトラックでハロン20秒のキャンターを入念に繰り返す形。ひとまずは理想的な立ち上げが叶っており、この馬としては身体の使い方もスムーズだと思います。いつも飼い葉を食べ切って数字が減っていない点も好材料です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニはこの中間、蹄の角度を微妙に調整。その効果か歩様はこの馬なりに安定してきた様子。まだまだ安心は出来ませんし時間も掛かるでしょうが、前へ進んだのは確か。ウォーキングマシンでの運動を再開していく予定になっています。

エースは段階を踏みながらですが、良い方へ進んでいるのは確か。状態面の不安がなくなったことが大きいです。ただ、急減に負荷を高めると反動が出るでしょうから、マイペースを維持しつつ、土台を築いていってもらえればと思います。

2018年8月23日 (木)

ロードなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「現在の処置に対して一定の効果を確認。それは肘、トモに共通する話です。良化傾向が窺えるのは喜ばしい材料。継続したいと思います。軽い運動は行なうものの、当面は治療が最優先。獣医師の意見を仰ぎつつ、焦らずに取り組みましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週半ばより騎乗トレーニングをスタート。今のところは前回の時のような極端な硬さは窺えず、無理を避けて楽をさせていた部分が正解だった印象です。角馬場での足慣らしが順調に運び、8月20日(月)からはダートコースへ連れ出しています」

Photo_6 シグナライズ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「競馬を走り終えたばかりなのも踏まえ、到着後はウォーキングマシンの調整。ひとまずは余裕を持たせています。元々、右トモに疲れが溜まり易いタイプ。筋肉注射を打って回復を促しましょう。一通りケアを終えたら、早々に送り出すかも」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは引き続きボーンシストの治療を最優先。ストレスを溜めない程度で体は動かしてもらえればと思います。長期戦になるでしょうが、着実に前へ進んでいってもらいたいです。

暑さに弱いところを見せていたエースですが、早目に余裕を持たせて無理をしなかったのが正解。騎乗トレーニングを再開後も無難に対応することが出来ています。涼しくなるにつれて状態は更に上がってくるでしょうから、調教メニューもそれに合わせて強化していってもらえればと思います。

シグナライズはレースを終えたばかり。トモに疲れが見受けられましたが、筋肉注射を打って、回復を促進。時間の経過と共に快方へと向かってくれる筈。コメントから早い段階で千葉へ移動することになりそうです。

2018年8月16日 (木)

精密検査の結果、右肘の関節にボーンシストが判明しました。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。7月下旬測定の馬体重は478キロ。

○当地スタッフ 「繰り返して精密検査を行なったところ、右肘の関節にボーンシストが判明しました。手術できない箇所。骨代謝のバランスを整えるティルドレンを投与しつつ、ショックウェーブ等で回復を求める方針です。また、右トモの筋肉も幾らか傷めている模様。並行して治療に努めましょう。復帰までには相応の時間を要す見込み。ただ、今しばらく経過を観察しないと具体的な見通しを語るのは難しいかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉ケイアイファームでの調教中に右前脚の違和感を感じたロードイヒラニ。最初は蹄を痛めているのではないかと治療を進めてきましたが、蹄が良くなっても歩様は安定せず。なかなか原因が特定できないまま時間は過ぎましたが、今回の更新で右肘の関節にボーンシストが判明しました。

手術できない箇所だというので、今後は骨代謝のバランスを整える治療を行い、自然治癒を目指していくことに。具体的な見通しを語れる状況ではありませんが、1年ぐらい時間が掛かるのかなと思います。また、右トモの筋肉も傷めているようです。

ようやく症状を特定できたことは1歩前進なのでしょうが、悩ましい症状に頭を抱えたというのが率直なところ。このまま復帰戦を迎えることなく現役を終えてしまうことだけは避けてもらわないと…。

2018年8月13日 (月)

ロードなお馬さん(牡馬・北海道組)

Photo ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここに来て毛艶が良化。徐々に食欲も増している印象です。刺激を与えた際に如何なる反応が見られるか・・・と。そんな意味合いも込めて中間に15-15を交えています。悪くない感じ。無理を強いぬ範囲で強弱を付けながら乗り進めましょう」

Photo ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「ちょっと良化したかと思えば、翌日には違和感を覚えたり・・・。蹄は落ち着いたものの、歩様が安定しませんね。勝ち上がっているのが幸い。中途半端に進めれば余計なリスクが増すだけに、ここは慎重なスタンスで接して行こうと思います」

Photo ロードアブソルート

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分。

○当地スタッフ 「先週と比べて目立った変化は無し。抗生物質等を与えつつコンディション維持に努めており、今のところはコレと言って特に問題も生じていませんよ。遠からずに術後のチェックを行なう予定。その結果で今後の進め方が示されると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは夏負けの兆候が見えましたが、ここに来て回復傾向。毛ヅヤ・食欲ともに良くなっていますし、これから気候も涼しくなってきます。もう心配は要らないと思います。

それに対して、心配なのがイヒラニ。歩様がまだまだ安定しません。獣医師に定期的に見てもらい、少しでも早く良くなるように手を尽くして欲しいです。

アブソルートは術後のチェックが行われてから再始動という流れ。それまでは負担を軽くして体力回復を優先してもらえればと思います。

2018年8月 5日 (日)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・北海道組)

Photo ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは良くも悪くも平行線。数字に多少の増減が生じるぐらいで、先週と比べて大きな変化は認められません。当面は馬自身の雰囲気を見ながら進めるのがベターかな・・・と。脚元は落ち着いており、問題は無さそうです」

Photo ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「軽い運動こそ続けているものの、日によって歩様がバラ付き気味。すぐにペースを上げるのは難しいと思います。原因が特定できれば対処も可能ながら、まだ箇所も判別し切らぬ状況だけに・・・。今しばらくは検査を繰り返して行く予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは暑さに弱いところを覗かせていましたが、今は良い意味で安定している感じ。ただ、もう少し涼しくならないとピッチを上げていくのは難しいのかなと思います。秋競馬のローテに狂いが生じないようにお願いします。

イヒラニは引き運動で軽く体を動かしていますが、歩様が安定せず。原因が特定できないのは悩ましいですが、見つけにくい箇所で骨折等の怪我をしているのでは? 複数の獣医師に診てもらうなど手を尽くしていってもらいたいです。

2018年7月30日 (月)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・北海道組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「先週と比べて良くも悪くも大きな変化は無し。色々と策は講じているものの、なかなか歩様が改善されずに・・・。数日間の休養を挟み、現在は引き運動に。今後も獣医師のチェックを継続しながら、まずは原因究明に努めたいと思っています」

Photo_6 ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この1週間で馬体重が10キロのプラスを示しました。調教内容や飼い葉の量は据え置いたまま。身に付いている様子からも、体調が上向きなのかも・・・。いずれにせよ時間に余裕が持てる状況。今しばらくはメリハリを利かせつつ行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄は状態は落ち着いているも、歩様が改善されてこないイヒラニ。休養・軽めの運動で様子を窺っていますが、まだ原因が掴めていない様子。改めてレントゲン検査を行い、骨折等の怪我がないか調べてもらいたいです。

夏負けの症状が窺えたヴァンドールですが、普通キャンターを乗り込みながら10キロの馬体増。これは良い傾向だと思います。一時期の苦しいところは抜けたのかもしれません。ただ、まだ安心は出来ませんので、ヴァンドールの日々の様子に注意しながら現状のメニューをもう少し継続してもらえればと思います。

2018年7月20日 (金)

蹄は落ち着きを保つも、歩様の違和感は解消出来ず。軽めの調整で様子を見ています。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン30分。

○当地スタッフ 「蹄の状態は落ち着いています。ただ、その割に歩様が不安定で・・・。他の箇所に原因が潜んでいる可能性を疑い、レントゲンを含めて検査を繰り返す状況。しかし、まだ特定には至っていません。当初の見立てよりも、幾らか時間が必要かも」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

挫跖ということで、そう心配することはないだろうと見ていたロードイヒラニでしたが、歩様の違和感が解消できていない様子。検査を繰り返し行っているようですが、原因が掴み切れていないのはホント悩ましい限りです。また、こういう時にノーザンファーム等が導入しているトレッドミルがあれば、適度に体を動かすことも出来るのですが。

まあ、今は無理を控え、適切な処置を施して歩様の改善を待つしかありません。夏の北海道開催での復帰はなくなったと思いますが、長い目で取り組んでいくことが1番です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ