最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードイヒラニ」の99件の投稿

2019年4月15日 (月)

ロードなお馬さん(4歳馬)

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。4月4日(木)測定の馬体重は531キロ。

○当地スタッフ 「4月3日(水)に角馬場で乗り出す流れ。ダク、ハッキングで試運転を済ませた後、5日(金)より広いダートへ舞台を移しています。成長を遂げて随分としっかり。若い頃に大事に使って来た判断が、現在の出世へ繋がったのは間違いありません」

Photo_6 ロードダヴィンチ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。

○当地スタッフ 「調教を休むようなレベルとは異なるものの、右トモに幾らか疲れが残っているのかな・・・と。先週末に筋肉注射を打ってケアしています。もう少しの間は同様のパターンを繰り返す予定。次のステップへ移るタイミングを慎重に窺いましょう」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初はレースの反動が窺えました。でも、だいぶダメージは取り除けた印象。4月6日(土)以降は15-15も交えており、帰厩へ向けて概ね順調と言えるでしょう。遠からずに移動の連絡が届くはず。いつ声が掛かっても大丈夫そうです」

Photo_6 シグナライズ

4月11日(木)稍重の栗東・芝コースで4ハロン51.6-36.6-12.0 3分所を強目に追っています。短評は「力強い伸び脚」でした。4月20日(土)東京・4歳上1000万下・牝馬限定・芝1400mにM.デムーロ騎手で予定しています。

○田代調教助手 「4月11日(木)は本馬場でサッと。続けて使っている部分も踏まえ、無理を強いぬぐらいの内容です。具合は良い意味で平行線。思ったよりはテンションも上がっていませんね。M.デムーロ騎手が乗れそう。次週の東京へ行こうと思います」

≪調教時計≫
19.04.11 岩田望 栗東芝稍 51.6 36.6 12.0 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉・ケイアイファームへ移動後、レースによる疲れの解消に努めてきたエースですが、5日から馬場での運動を開始。ひとまず試運転といった感じですが、特に気になるような点はなし。体質の弱かった馬がホントここまでしっかりしてきてくれたことには感謝感謝です。あとは暑さにも、耐えられるようになってくれれば頼もしいのですが…。

北海道で再調整中のダヴィンチ。輸送熱があったり、今回は右トモに幾らか疲れが残っていたりとなかなか順調に回復できていない現状。気持ちの強い馬ではないので、まずは体内の不安材料をしっかり解消することが大事でしょう。態勢が整うのに時間は多少掛かるでしょうが、根気よく接していってもらえればと思います。

イヒラニは近日中に帰厩となりそう。疲れが抜けて動きも悪くないので、トレセンへ戻ればスムーズに追い切りへと移行できるでしょう。ただ、レースでは展開に注文がつくので、なかなか安定した成績を残せないのが悩ましいです。

シグナライズは結果を残せない日々が続きますが、体調は安定。今週末の東京・芝1400mへ向かうことになります。何故かM.デムーロJが乗ってくれることになったので、レースへ行って新味を引き出して欲しいところ。甘やかすことなくしっかり追ってきてもらいたいです。

2019年4月 3日 (水)

ロードなお馬さん(4歳・牧場組)

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「この中間もウォーキングマシンまでに制限。引き続き、目立った傷みは感じられず、以前のように身体が極端にガチガチに硬くなった印象も受けません。今しばらくの間はリラックスに重点を置き、様子を見極めた上でトレーニングを始めましょう」

Photo_6 ロードダヴィンチ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)。3月28日(木)に千葉・ケイアイファームより移動しました。

○当地スタッフ 「到着時に体温の上昇を確認。恐らく輸送熱でしょう。それを踏まえて先週一杯は舎飼い。回復に専念しています。4月1日(月)より跨り始めたものの、ひとまずは負担が掛からぬ程度の内容。今しばらくは具合を探りながら進める方針です」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「到着から数日間は余裕を持たせ、先週末に軽く跨って具合を確認。背腰に幾らか疲労感が認められたのを踏まえ、ショックウェーブを打って回復を促しています。どうやら滞在は短期間の見込み。ケアを中心に進めればOKかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは今年に入って3戦消化しましたが、以前よりも体質強化が出来ていることもあって思っていたよりもダメージは軽微。騎乗運動再開までそれほど時間は要さないと思います。ただ、暑さに弱いのは体質強化されてもそれほど変わらないと思うので、出来るだけ早めに次走を向けてもらいたいです。

ダヴィンチは先月28日に北海道へ移動。到着時に少し体温が上昇してしまったようで回復に専念。1日から軽く乗り出しているのでもう心配は要らないでしょうが、じっくり負荷を高めていってもられればと思います。

イヒラニは栗東・近郊のグリーンウッドでリフレッシュ中。芝のレースへ使う為、節を稼ぐ意味合いが強い放牧なので、牧場ではケア中心で進めてもらえれば十分でしょう。

2019年3月29日 (金)

極端に揉まれた感じはなかったも、外から蓋をされたことで周囲を気遣いながらの追走で力を出し切れず。また、レースの上がりが速過ぎたのも響いて8着に敗れる。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

3月23日(土)中京10R・刈谷特別・混合・芝1600mに幸Jで出走。16頭立て3番人気で4枠8番からスローペースの道中を5、4、4番手と進み、直線では中央を通って0秒7差の8着でした。馬場は良。タイム1分34秒5、上がり34秒6。馬体重は6キロ減少の466キロでした。

○千田調教師「競馬の形としては悪くない印象ながら、どうも周囲を気遣っていた模様です。確かに勝った際は逃げ切りで、前走も外から伸びて来る形。あまり馬込みに入れるのが良くないのかも知れません。ジリジリとは来ているものの、5着以内を外す結果に。恐らく相応の間隔が必要だけに、その点も踏まえてプランを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押して好位の馬込みで折り合って運んで、直線は2着馬の後ろから追い上げようとしたものの、ピリッとした脚は使えず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で、3月27日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して4月29日(月)京都・4歳上500万下・混合・芝1600mへ向けて態勢を整えます。

○千田調教師「見た目には特に変わらぬ様子。脚元等に関しても大丈夫そうです。ただ、すぐには使えぬはず。一旦、近郊の牧場へ移そうと思います。マイル戦で番組を探すと、京都2週目あたりが候補。スケジュールを逆算して帰厩の段取りを組みましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝のマイル戦に戻して力のあるところを示した前走のロードイヒラニ。ただ、最後甘くなってしまったように1400mぐらいが1番合っている印象も。それ故、ローカルとはいえマイルの特別戦だと『前走以上の結果はどうなのかな?』と正直思っていました。

レースぶりは五分のスタートからスッ好位へ。折り合いも付いて悪くない感じでしたが、外から蓋をされる形で淡々とレースが流れたことで周囲に気を遣いながらの走りになっていたとのこと。馬群で揉まれ込んだという感じではなかったのですが。また、直線では少し窮屈な場面も。進路を見い出しながら頑張ってはくれましたが、前とは差は詰まることなく8着止まり。イヒラニにとってはこの上がりは速過ぎたんでしょうし、連続して好走するタイプでもありません。

レース後のイヒラニですが、レースを使った後の相応の疲れが残るだけで脚元等は異常なし。続戦できる体力はありますが、今回優先権を逃してしまったので芝へ使おうと思うと相応の節(レース間隔)が必要に。早速、昨日滋賀・グリーンウッドへ放牧に出て、来月29日の京都・芝1600mを目標に調整を進めていくことになっています。

500万下でも十分通用する力量の持ち主ですが、展開や馬場、相手関係に左右される面も。それが連続して好走できない要因でもあるのでしょう。また、今回の敗戦を受け、次走ではチークピーシズやブリンカーなど馬具の工夫が必須に。ゆくゆくはブリンカーを着用するようになるでしょうが、その前段階としてチークピーシズを着用してみて、どういう変化が見られるかを試して欲しいもらいたいです。

2019年3月22日 (金)

今週の出走馬(3/23・24)

<土曜日>

Photo プレミアムギフト

阪神1R・3歳未勝利・牝馬・ダ1800mに川田Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.4-39.6-25.5-12.4 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手と同時入線。追い切りの短評は「この一追いで良化」でした。発走は9時55分です。

○高野調教師「3月20日(水)もラップ的には上々。手応えの割にラストで伸び切れない・・・と乗り手は感想を述べていたものの、ここまで無事に調整を進められましたからね。体調も良さそう。決め手に欠ける部分を、ダート替わりで補えれば・・・でしょう」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良2回 54.4 39.6 25.5 12.4 一杯に追う イルフェソレイユ(3歳未勝利)一杯と同入

Photo ロードザナドゥ

阪神8R・4歳上500万下・ダ1800mに岩田康Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に52.3-37.9-24.7-12.6 強目に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒8追走して0秒2先着。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は13時50分です。

○橋田調教師 「福島開催を考えていたものの、3月20日(水)が十分な動き。息の入りもOKです。この様子ならば今週のレースへ行っても大丈夫そう。ここを使って転戦・・・がベターかも知れません。想定表を参考。乗り役の兼ね合いも含めて決めましょう」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 52.3 37.9 24.7 12.6 強目に追う ムギ(3歳未勝利)叩一杯を0秒8追走0秒2先着

Photo ロードイヒラニ

中京10R・刈谷特別・芝1600mに幸Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.6-39.4-12.2 8分所を強目に追っています。併せ馬では末一杯の相手の外を通って同時入線。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は14時50分です。

○千田調教師 「3月20日(水)は半マイルをサッと。間隔は詰まるものの、馬自身は元気ですね。見た目にも気に掛かる点は無し。この様子ならば大丈夫でしょう。同じ1600mでも幾らかトリッキーなコース形態。スタートを決めて、上手く立ち回れれば・・・」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗CW良 53.6 39.4 12.2 強目に追う 活気十分 タガノアヴァンス(3歳未勝利)末一杯の外同入

Photo シグナライズ

阪神10R・天神橋特別・芝1600mに加藤祥Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-39.5-25.1-12.4 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒3先行して0秒2遅れ。追い切りの短評は「あまり変わり身無」でした。発走は15時00分です。

○田代調教助手 「中1週だけに3月20日(水)はサッと。テンションも上がっておらず、状態キープと言えるでしょう。軽ハンデは喜ばしい材料ながら、藤岡佑介騎手は52キロだと騎乗不可。鞍上を替えて投票を行ないます。斤量差を生かして前進できれば・・・」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 栗東坂良1回 55.5 39.5 25.1 12.4 末強目追う ビックピクチャー(3歳500万)馬なりに0秒3先行0秒2遅れ

Photo_2 ディグニファイド

中京11R・名古屋城S・ダ1800mに中谷Jとのコンビで出走します。

斉藤崇師「20日に坂路で追い切りました。テンから引っ掛からないように気を付けましたが、上手くまとまった時計で登坂してくれました。この馬なりに良い動きだったと思いますし、良い仕上がりでレースに向かうことが出来そうです。前回はゲートで後手を踏んでしまい、この馬本来の持ち味を活かせないままレースを終えてしまいました。準オープンに上がってからは厳しいレースが続いていますが、五分にスタートを切って自分のリズムでレースを運べばもう少しやれると思っています。距離は前走のレース内容から1800mがギリギリのような気がするので、なるべくロスなく立ち回ってほしいですね。ゲートを五分に出てくれるか心配ですが、中間は入念にゲート練習を行いましたし、その成果が競馬に出てくれることを期待しています(3/21近況)

助 手 17栗坂良 54.7- 40.4- 26.8- 13.7 馬なり余力
助 手 20栗坂良 53.3- 39.3- 25.9- 13.0 馬なり余力

<日曜日>

Photo ロードプレミアム

中山9R・両国特別・芝1800mに三浦Jとのコンビで出走します。3月20日(水)良の美浦・ウッドチップコースで6ハロン83.3-68.3-53.4-39.0-12.8 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して同時入線。追い切りの短評は「活気十分」でした。発走は14時15分です。

○斎藤誠調教師「順当に回復を遂げており、跨り始めてもスムーズに進行。3月20日(水)はウッドへ入れて長目に追い切りました。ここから大きな上積みを望むのは難しいかも知れませんが、中1週続きでも高いレベルで状態を維持。改めて好勝負が可能だと思います」

≪調教時計≫
19.03.20 助手 美南W良 83.3 68.3 53.4 39.0 12.8 馬なり余力 活気十分 キングスバレイ(3歳500万)馬なりの外0秒6先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週9頭の出資馬が出走したので今週は少なくなるかなと見ていたら、珍しくロード馬が大挙出走して計6頭がスタンバイ。出来れば今月の初勝利をこのメンバーの中から出て欲しいところ。

プレミアムギフトは鼻出血明けのレース。幸い、楽をして回復に努めた後はその影響は見られず、良い感じで乗り込むことが出来、仕上がりは良好。ワンペースの走りなのでダート替わり+牝馬限定戦でワンパンチ利けば。体格+血統からダートはこなせる余地は十分あります。

ロードザナドゥは一息入りましたが、追い切りで軽快な動きを披露。いつもより乗り込み量は少なくですが、仕上がりは悪くありません。本当は改めて芝に挑戦して欲しかったですが、今回もダ1800mへ。前走は逃げる形になりましたが、出来れば差し・追い込みの形でまずは見せ場を作って欲しいです。

ロードイヒラニは最後キレ負けしましたが、芝に戻して2着と結果を出すことが出来ました。今回も揉まれない位置で競馬が出切れば大崩れはなさそう。ただ、勝ち負けするには1400mが合っている感じはしています。詰めの甘さをどう補うか。

シグナライズは力を秘めている筈なのですが、ここ2走が案外。走る方へ気持ちが向いていません。今回は1ハロン延ばしてマイル戦に挑戦。中1週でも一応のデキはキープできているも、変わり身の兆しが窺えず。52キロのハンデは魅力ですが…。

ディグニファイドは障害転向を諦め、平地で頑張っていくことになりましたが、準OPでは早くも頭打ち。1000万下でも安定した成績を残すことが出来ていない中、相手関係&展開に恵まれた1000万下での勝利だったので、1つ上のクラス(準OP)で通用しないのは当然です。

ロードプレミアムは再度中1週での出走。追い切りは悪くない動きですが、気持ちの強い馬ではないので目に見えない疲れがあるばコロッと凡走してしまうかも。まあ、今回も相手関係を気にすることなく、後方からじっくり競馬を進めるのみ。そして最後の直線を向くまで出来る限り、脚の温存を。そうすれば一瞬でも良い脚を使ってくれますから。上位へ食い込んで欲しい。

2019年3月15日 (金)

勝ち馬には完敗も、揉まれない位置で追走でき、直線でひと伸び。改めてこのクラスでやれる力を証明。また、現状は芝の方が良さそう。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

3月9日(土)阪神6R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走。14頭立て7番人気で7枠11番から平均ペースの道中を4、5、5番手と進み、直線では中央を通って0秒1差の2着でした。馬場は良。タイム1分35秒2、上がり34秒8。馬体重は12キロ増加の472キロでした。

○松山騎手「ゲートも問題なく、乗り易いタイプ。良い形で運べたでしょう。勝てそうな勢いだったものの、最後の坂で甘さが出てしまい・・・。逆に相手はグイっと一伸び。そこで離されてしまいました。でも、十分に通用する力は示せたはず。申し訳ありません」

○福丸調教助手 「数字は増えていたものの、見た目に太目感は無し。中間の気配からもコンディションは良かったと思います。今回は勝ち馬が一枚上だった印象ながら、本来の走りは見せられたのでは・・・と。先生は他場へ赴いているだけに、厩舎へ戻ってから今後のプランを相談ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

プラス12キロでも太目感はなかった。軽く促してドラグーンシチーの後ろ。3ハロン標過ぎに仕掛けて4角ではドラグーンシチーの外へ。それには競り負けたが、2着は安泰。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月23日(土)中京・刈谷特別・混合・芝1600mもしくは4月7日(日)阪神・4歳上500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「残念。あと一歩でした。5着以内に入って次走を優位に選べる立場。大きな問題も認められぬだけに、在厩で調整を続けようと思います。特典の有効期間内で探すと、中京と阪神の2鞍が候補に。再び跨ってからの感触も踏まえて絞りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝のマイル戦は実績を残しているも、蹄の不安等で長らく休んでいた為、古馬との対戦が少なかったロードイヒラニ。それ故、現状の力量が計り知れませんでした。

馬体重は前走から12キロ増えていましたが、パドックを見る限り、太目感なし。1度使ったことで張りが出てきた様子で雰囲気は良かったです。

レースぶりですが、五分のスタートを切ったイヒラニと松山Jはレースの流れにスッと乗って、自然と人気のドラグーンシチーをマークする形。外目の揉まれない位置で淡々と走ることが出来、手応え十分に4角を回ってきました。

そして最後の直線。馬場の真ん中から突き抜けそうな脚色をみせたイヒラニでしたが、前で構えていたドラグーンシチーが反撃。残り200mまではマッチレースの様相でしたが、最後の坂で地力に勝るドラグーンシチーがひと伸び。そこでつけられた差が最後まで詰まることはありませんでした。

レース後のイヒラニですが、心配した脚元へのダメージは大丈夫そう。優先権を確保できたこともあり、在厩調整で中京or阪神のマイル戦へ向かう予定です。出来れば間隔を詰めず、後者のレースを選んで欲しいです。

終わってみれば、勝ち馬には完敗のレースでしたが、イヒラニ自身は完璧な立ち振る舞い。改めてこのクラスで十分通用する力は見せてくれました。個人的には最後甘くなったところから、1ハロン縮めた芝1400mがベストなのかなという印象です。

2019年3月 9日 (土)

久々の1戦を使って実績のある芝のマイル戦へ。力は通用するも、今後を見据えると自分の競馬スタイルを築くことが大事に。結果よりも内容を問いたい1戦。★ロードイヒラニ

2019011400

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

3月9日(土)阪神6R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走します。3月6日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン88.0-70.7-54.8-40.7-12.7 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って同時入線。追い切りの短評は「多少上向く」でした。発走は12時45分です。

○千田調教師 「3月6日(水)も及第点を与えられる内容だと思います。短期放牧を挟んだものの、上々の雰囲気で送り込めそう。前走は久々でスムーズさを欠いたのに加え、結果的に条件も合わなかった印象です。実績を残す芝1600mで改めて・・・の気持ち」

≪調教時計≫
19.03.06 助手 栗CW良 88.0 70.7 54.8 40.7 12.7 馬なり余力 バブリーダンス(3歳未勝利)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回阪神5日目(03月09日)
6R 4歳上500万下
サラ 芝1600メートル 指定 混合 定量 発走12:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ナンヨーマーズ 牡5 57 秋山真一郎
2 2 ヤマニンルネッタ 牝4 54 富田暁
3 3 ダイシンフォルテ 牡5 56 加藤祥太
3 4 ラグナグ 牝6 55 太宰啓介
4 5 モハー 牝5 55 四位洋文
4 6 カタトゥンボ 牡4 57 国分恭介
5 7 ドラグーンシチー 牡4 57 和田竜二
5 8 ジョーアラビカ 牡5 57 松若風馬
6 9 エアマスカーニ 牡4 57 福永祐一
6 10 デクレアラー 牡4 57 M.デムーロ
7 11 ロードイヒラニ 牡4 57 松山弘平
7 12 バックドアルート 牡5 57 藤井勘一郎
8 13 ゼニステレスコープ 牡5 57 A.シュタルケ
8 14 グランノーブル せ6 57 幸英明

○千田師 「長期休養明けを使って良くなっている。今回は得意の芝のマイル戦。スンナリ運べば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

歩様の違和感等で約8ヶ月ぶりの実戦となった前走のロードイヒラニ。丹念に乗り込まれ、久々でも力を出せる状態でレースへ臨むことが出来、適性を秘めていそうなダートで新味を期待していました。

しかしながら、レースでは度重なる不利でスムーズさを欠く競馬。運がないというか、とにかくチグハグさが目立ち、力を出し切れぬまま終わってしまいました。勿論、砂を被る形になって戸惑いもあったとは思います。ただ、個人的にはこの1戦だけでダートを見限るのは早いと思います。

レース後、久々を使った疲れ・反動を心配しましたが、それは大丈夫。ただ、芝を使うとなると、節を稼がないといけないことから、一旦滋賀・グリーンウッドへ移動し、このレースへ向けて態勢を整えてきました。手探りだった前走とは違い、今回はスムーズに負荷を高め、牧場での調整は頗る順調だったと思いますし、帰厩後も及第点の動きは見せてくれています。久々をひと叩き+芝替わりで実戦勘が戻ってきて欲しいところです。

芝のマイル戦は得意な舞台。ただ、逃げた方が力が発揮できるのか、じっくり構えて末脚を生かした方が良さを引き出せるのかハッキリしないのが悩ましいところ。精神面で幼い面が相変わらず残るので、極端に揉まれるとダメとは思いますが…。500万下を勝つ力は備えているイヒラニですが、それよりも先に自分の競馬スタイルを確立することを望みます。未勝利は逃げて完勝でしたが、末脚に徹する競馬の方が安定感が見込めるので、C.ルメールJが跨った3走前のような競馬が個人的には理想です。

今回は松山Jとの初コンビ。どちらかと言えば、ポジションを取りに行く騎手なので、五分のスタートを切れば、前々の競馬に持ち込むのかなと思います。そうなった時に最後まで集中力を維持することが出来るかどうか。結果が伴ってくれれば勿論喜ばしいですが、芝に戻ってどういうレースが出来るのか、現状のロードイヒラニを冷静に見極めたいです。

2019年3月 4日 (月)

ロードなお馬さん(4歳・厩舎調整組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「相応の疲れが感じられただけに、先週一杯は余裕を持たせてケア優先。このまま次走へ向けて厩舎で調整を続ける予定です。前走5着以内の特典が生きる期間内に再び使えれば・・・と。ただ、回復具合に応じて決めるのが妥当かも知れません」

Photo_6 ロードイヒラニ

2月27日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.2-68.9-53.6-39.7-12.7 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って同時入線。短評は「多少上向く」でした。3月9日(土)阪神・4歳上500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「2月27日(水)はウッドで。最後まで余力十分に回って来ました。長期ブランク明けの前回は手探りだったものの、今回の帰厩後は今のところ気に掛かる点も無し。乗り役に関しては引き続き調整中ながら、次週にはキッチリ仕上がりそうです」

≪調教時計≫
19.02.27 助手 栗CW良 86.2 68.9 53.6 39.7 12.7 馬なり余力 ビービーソウル(3歳未勝利)馬なりの外同入

Photo_6 シグナライズ

2月28日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン50.8-35.9-12.0 2分所を馬なりに乗っています。短評は「上昇気配窺える」でした。3月10日(日)中京・賢島特別・混合・芝1400mに予定しています。

○田代調教助手 「2月28日(木)はウッドで。半マイルを軽く流した程度ですけどね。一度レースを使って良化を遂げている印象。精神的にも落ち着いています。乗り役の決定には至らぬものの、ここまでは次週へ向けて予定通り。このまま無事に運べば・・・」

≪調教時計≫
19.02.28 見習 栗CW良 50.8 35.9 12.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走後、回復に専念してきたロードダヴィンチ。次走の予定はこれからも、在厩調整で進めていくことになりました。前走で先着を許したメイショウワザシは先週の競馬で1000万下を連勝、2着のアドバンスマルスも3着と堅実な走りを見せてくれました。500万下なら引き続き、チャンス大ですが、ダ1800mは微妙に長いようにも。個人的にはダ1400mへの挑戦をお願いしたいです。

ロードイヒラニとシグナライズは今週末の競馬へ。追い切りの雰囲気は悪くありません。イヒラニは芝での変わり身、シグナライズは案外だった前走を叩いての変わり身がどうか。伸びしろはまだまだ見込めると思うので、復調気配を感じさせる走りは最低条件として見せて欲しいところです。

2019年2月26日 (火)

21日に帰厩。来月9日の阪神・芝1600mへ向けて調整を開始しています。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

2019.02.21
2月21日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3月9日(土)阪神・4歳上500万下・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「定期的に牧場を訪れて具合を確認。だいぶフックラして良い雰囲気でした。そんな様子を踏まえて2月21日(木)に再び厩舎へ。早速、明日22日(金)より跨って感触を確かめようと思います。目標は再来週。ジョッキーの選定を進めましょう」

2019.02.19
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、ハロン15秒より速いペースで行く場合も。週2回の割合でコンスタントに強目の内容を消化していますよ。状態はキープ出来ており、近日中にトレセンへ・・・との話。相応のデキには達しているだけに、いつ声が掛かっても大丈夫です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

久々の実戦+ダートで良いところなく12着に終わったロードイヒラニ。その後、滋賀・グリーンウッドへ短期放牧に出されていましたが、順調に回復が進んだことから21日に栗東・千田厩舎へ戻ってきています。

早速、週末から時計を出すことが出来ているように状態は頗る順調。1度使っていますし、仕上がりには苦労しないと思います。あとは芝に戻ってどこまで巻き返せるか。500万下ならやれていいと思うので、こちらの期待に応える走りをお願いします。

2019年2月15日 (金)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。2月6日(水)測定の馬体重は501キロ。

○当地スタッフ 「2月5日(火)に15-15を行なった際は及第点を与えられる走り。この馬なりに前向きさも感じられました。翌日以降も目立った反動は認められず、計画に沿ってメニューをこなす形。橋田調教師と帰厩のタイミングを話し合える状態だと思います」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「来た当初と比べて馬体重は10キロぐらいプラスに。精神的に落ち着いており、毛艶も良化しています。この中間より15-15の稽古を開始。順調ですね。遠からずに帰厩の連絡が届くはず。いつでも送り出せるように、準備を整えておきましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トモのケアを続けつつ、休まずに乗り込みを進めているザナドゥ。この状態でも15-15をこなす体力は4歳なので備えている筈。だいぶ上向いてきているようですが、帰厩はもう少し先にして欲しいところ。トモがクタッとしやすいですが、地道な乗り込みで体力強化を今一度優先してほしいです。

イヒラニは馬体もフックラし、状態の良さを感じさせます。久々の実戦をひと叩きしてガス抜きができたんでしょう。15-15の調教にも難なく対応。早ければ今週末にも帰厩するかもしれません。芝に戻ってどこまで巻き返しが利くのか注目です。

2019年2月12日 (火)

ロードなお馬さん(4歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間は2月1日(金)に積雪に見舞われたとは言え、コンスタントに普通キャンターを交えています。近日中にピッチを速めるつもり。稽古を積むに連れてウィークポイントの右トモが硬くなって来ただけに、消炎剤を使いながら進めましょう」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「騎乗トレーニングを始めてからも、特に気に掛かる点は浮かばぬ状態。既に坂路でハロン18秒まで進んでいます。2月4日(月)には千田先生が来場されて具合をチェック。早ければ1、2週ぐらいの間に移動の段取りが組まれる見込みです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

段々とトモがクタッとしてきていたザナドゥ。普通キャンターを継続できてはいますが、硬さが出てきていることから消炎剤を使って治療も同時に行っています。個人的にはここで焦ってもらいたくありませんが、近日中に感触を確かめる意味も込めて速いところを乗る予定。その動きによって今後の始動時期が変わってくることになりそうです。

イヒラニは滋賀・グリーンウッドで短期放牧中。騎乗運動を既に再開していますが、動きはスムーズで順調です。3月頭の出走を予定しているので、今の雰囲気を維持して厩舎へ送り届けてもらえればと思います。牧場ではハロン15秒の速いところは無理して乗ることはないでしょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ