出資馬一覧

カテゴリー「ロードイヒラニ」の23件の投稿

2017年10月22日 (日)

距離延長+広いコースで追走が楽になるのはプラスも、最後まで集中して走ることが出来るかとなると怪しくて…。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

10月22日(日)新潟1R・2歳未勝利・混合・芝1600mに川須Jで出走します。10月18日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に62.1-44.6-29.5-14.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、稍重の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン71.4-55.4-40.6-12.6 5分所を馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手の内を通って0秒1先着。追い切りの短評は「脚いろで勝る」でした。発走は9時50分です。

○千田調教師 「10月18日(水)はラストに気合いを付ける形。上々の動きでした。以前に比べれば鳴く回数も減った印象。少しずつながらも成長を遂げているのかも知れません。前回よりも舞台は好転すると思うだけに、あとは集中力を保てれば・・・でしょう」

≪調教時計≫
17.10.18 助手 栗東坂稍1回 62.1 44.6 29.5 14.6 馬なり余力
17.10.18 助手 栗CW稍 71.4 55.4 40.6 12.6 馬なり余力 サチノクイーン(古馬500万)末強目の内0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回新潟4日目(10月22日)
1R 2歳未勝利
サラ 芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走09:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カシノベスト 牝2 52 伴啓太
2 2 ナンヨーオートヌ 牡2 55 丸山元気
3 3 ランウェイデビュー 牝2 54 石橋脩
3 4 サンライズカナロア 牡2 55 北村友一
4 5 サンダラボッチ 牝2 51 藤田菜七子
4 6 ミーティアトレイル 牡2 55 中谷雄太
5 7 スピードウイング 牡2 55 丸田恭介
5 8 ライリー 牡2 52 川又賢治
6 9 ゼットジガンテ 牡2 55 鮫島良太
6 10 モンファロン 牡2 54 鮫島克駿
7 11 フレネシー 牡2 55 田中健
7 12 バレットテソーロ 牝2 53 木幡巧也
8 13 クインチ 牝2 54 丹内祐次
8 14 ロードイヒラニ 牡2 55 川須栄彦

○千田師 「距離延長はプラス。まだ子供もすんなり運べれば、やれる力はある」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走は父が初勝利を挙げた小倉・芝1200m。距離短縮でスピードが生きると見ていたのですが、結果はレースの流れに乗れず、最後の直線で差を詰めただけの競馬に。追い切りでは軽快な動きを見せてくれるも、レース中はずっと鳴いていたり、牝馬に反応して馬っ気がキツくて走ることに気持ちが向いていませんでした。

2歳の夏なので精神面で幼さを残すのは仕方ないですが、イヒラニの場合はその限度を超えているような…。未デビューながら、育成時に馬っ気が酷くなったロードラズライトは去勢手術を行っていますが、個人的にはイヒラニも同様の処置が妥当かなと感じています。

前走後は滋賀・グリーンウッドトレーニングでリフレッシュ。一生懸命走っていない分、ダメージは少なかったですが、じっくり乗り込む時間を設けて、牧場でそれなりに鍛えてきました。そして帰厩後の動きも軽快で良い状態で3戦目を迎えることが出来たのは確かでしょう。

今回は再度馬場の広いコースへ。距離の芝1600mは守備範囲でしょう。また、大外枠なら揉まれずに競馬が出来ると思います。内の逃げ馬を行かし、それらを見る形で競馬を進めてもらいたいです。川須Jは1度追い切りで跨っているので、ある程度の癖等は把握してくれていると思います。何とか走る方へ気持ちが向くように手を尽くして欲しいです。

ただ、相手関係を考慮して新潟へ回ってきましたが、3枠2頭を中心に手強い相手がチラホラ。崩れてしまった2走目からの巻き返しを願っていますが、楽ではありません。

それ故、今回は結果は二の次でレース内容を重視。改めて力のあるところを示して欲しいです。ただ、逆に今回も前走のようなチグハグな競馬をするようなら、去勢手術を真剣に考えてもらいたいです。

2017年10月15日 (日)

川須Jとのコンビで来週の新潟・芝1600mへ。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

10月12日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン74.3-57.6-42.6-12.8 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を通って同時入線しています。10月22日(日)新潟・2歳未勝利・混合・芝1600mに川須Jで予定しています。

○千田調教師 「10月12日(木)は次走でコンビを組む川須騎手を背にウッドコースへ。3コーナーで鳴いていたものの、動き自体は良かった模様です。また、スプリント戦よりは1600mが合いそう・・・との感想も。レース前に特徴を掴めたのはプラスでしょう」

≪調教時計≫
17.10.12 川 須 栗CW良 74.3 57.6 42.6 12.8 馬なり余力 プロネルクール(2歳新馬)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週のレースへ向けて、調整を加速させているロードイヒラニ。12日の追い切りは次走でパートナーを組むことになった川須Jが跨って消化。動き自体は素軽いも、走りながら鳴く面が残ります。また、追い切りでビシビシやられていないのも不満。体質が弱いということはなく、幼さが残るので攻め切れないのだと思います。

走ってみないと分かりませんが、マイルへ距離が延びるのは大丈夫そう。新潟の外回りだとゆったり流れるので、前向きさに欠ける現状でも追走に手間取る可能性は低いでしょうし。

正直、勝ち負けするにはまだまだ経験を積み、走ることに集中してくれないとダメでしょうが、崩れた2戦目から更に着順を落とすようなことだけは避けてもらいたいです。

2017年10月 8日 (日)

4日に帰厩。22日の新潟・芝1600mへの出走を予定しています。☆ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

2017.10.04
10月4日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、10月22日(日)新潟・2歳未勝利・混合・芝1600mに予定しています。

○千田調教師 「スケジュールを逆算し、10月4日(水)に厩舎へ。事前に示していたプラン通り、再来週を予定したいと思います。やはりメンバーを考慮。新潟へ向かう方針です。早速、明日5日(木)より馬場へ。まずは実際に跨って感触を確かめましょう」

2017.10.03
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、ハロン15秒より速いペースでも走らせています。コンスタントに乗り込みながらもヘコ垂れる様子は無し。真面目に取り組めており、動き自体も及第点でしょう。なかなか状態は良さそう。今週中に帰厩の段取りが組まれる見込みです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9月中旬には帰厩できるレベルに到達していたロードイヒラニですが、レースまでのスケジュールを逆算して結果、4日に栗東・千田厩舎へ。今後スムーズに追い切りへ移行できると思いますが、寂しくてよく鳴くといった幼さが目立つ精神面がどう変わってきているか注目したいです。脚力はそれなりに良いモノを持っているだけに、真面目に走ってくれれば、巻き返せる筈。

また、京都or新潟のマイル戦を次走候補にしていましたが、相手関係を考慮して新潟へ向かう予定になっています。同馬の性格から早めに先頭に立つと止めてしまうと思うので、ゴール前ギリギリで交わすような競馬を心がけてもらいたいです。

2017年9月27日 (水)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○千田調教師 「京都3週目のマイル戦を考えています。同日の新潟にも同じ条件が組まれており、こちらへ回った方が相手関係には恵まれるかも知れません。一応、現時点では両睨みのスタンスで。スケジュールを逆算して、近日中にトレセンへ戻す予定です」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン15秒程度のタイムを記録。本数を積む毎に前向きな面が出ているのは好材料でしょう。現状は左トモに多少の緩さが感じられるとは言え、成長を遂げるに連れて変わって来ると思います。この調子で上昇カーブを描きたいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早ければ先週末にも厩舎へ戻っているかなと思っていたイヒラニは現在もグリーンウッドに。ただ、復帰戦が京都の3週目ということでそろそろなのは間違いありません。真面目に走れない分、追走に余裕のあるマイルは合うかもしれませんが、集中力を高める工夫は必要だと思っています。

ザナドゥは与えられたメニューを淡々と消化中。本数を重ねることで着実に良化は遂げています。左トモにやや弱いところがあるようですが、若い内は上手に付き合っていく必要があるでしょう。10月中に入厩が叶うように良い流れに乗って進んでいってもらいたいです。

2017年9月21日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。週2回ほど強目の内容を課しており、近日中に更にペースを速める予定です。どうやら遠からずに移動の段取りが組まれそう。ある程度の状態には達しており、いつ声が掛かっても対応は可能だと思います」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間に15-15を実施。同時期に北海道から移った牡馬3頭で併せる格好でした。規模の大きなトラックで時計レベルを行なうのは初めてで、幾らか戸惑い気味。一定の頻度で同様のパターンを繰り返しつつ、しっかりと慣れさせようと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは帰厩を睨み、ハロン15秒よりも更に踏み込んだペースで負荷を高める模様。コメントのニュアンスだと早ければ今週末にも厩舎へ戻りそう。

ザナドゥは北海道でコツコツ乗り込んだきたことで下地はそれなりにしっかり。ただ、ロード馬らしく精神面の幼さを残しています。本数を重ねていって、操縦性の高さを褒められるようであれば嬉しいのですが…。

2017年9月16日 (土)

ロードなお馬さん(千田厩舎)

Photo_3 ロードゼスト

9月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に60.0-42.9-27.8-13.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.1-66.8-51.9-38.7-12.6 6分所を強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を2秒5追走して0秒2遅れ。短評は「順調に乗り込む」でした。9月30日(土)阪神・3歳上500万下・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「騎乗トレーニングを再開。さほどダメージも窺えず、厩舎で調整を続けています。ただ、9月13日(水)は集中力に欠けるような走り。外を回った相手に手応えも劣勢で・・・。もう少し頑張って欲しかったところ。再来週の2600m戦が目標です」

≪調教時計≫
17.09.13 助手 栗CW稍 82.1 66.8 51.9 38.7 12.6 強目に追う タガノヤグラ(古馬500万)馬なりの内2秒5追走0秒2遅れ
17.09.13 助手 栗東坂稍1回 60.0 42.9 27.8 13.3 馬なり余力

Photo_3 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「併せ馬の際などは問題ないものの、1頭だと仲間を探すような素振り。寂しくて鳴いているのかも知れませんね。直近の計量で馬体重は475キロ。15-15の稽古を交えつつ乗り込みながらも、見た目には十分なボリュームが備わっていますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは騎乗運動を再開して、13日にCWコースで併せ馬を消化。相手の動きが素晴らしいだけでこの馬の時計はそう悪くありません。ただ、“集中力に欠けた”というのは気になる材料。前走の大敗がメンタル面で狂いを生じさせているような…。

イヒラニは順調に調教を消化。馬体もフックラして状態は着実に上がってきています。ただ、精神面の幼さは急には良くならずで…。仲間を探す・付いていく感じなので、レースではなかなか先頭に立ちあがらない馬かも。そうなると、勝ち切れないレースが続くのかなと想像します。

2017年9月 7日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「段々と集中して稽古へ臨めるように。一癖を持っていた兄姉と比べれば扱い易いかも知れません。週1回の割合で強目のトレーニングを開始。もう少し踏み込んだ内容を・・・との指示が届いており、これから更にピッチを上げようと思います」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。9月1日(金)測定の馬体重は465キロ。

○当地スタッフ 「この中間もハロン15秒のラップを刻み、終いに14秒台まで加速。こちらのダートでも余裕を持って駆けるなど、確かな成長が窺えます。最近の充実振りを踏まえて中内田調教師と意見を交えた結果、遠からずに栗東へ向かうプランが浮上しました」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。

○当地スタッフ 「先週末に北海道から移動。輸送熱等の症状は生じておらず、飼い葉を普通に食べています。具合が安定している部分を踏まえ、9月4日(月)より跨り始める形。ひとまずはハッキング程度で様子を探りつつ、少しずつピッチを速めて行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは週1回速いところを消化するメニューへ。心身の成長を促しながら、牧場でもしっかり攻めていくことになっています。良いモノは持っているだけに真面目に走ってくれるようになれば…。その為にも普段の調教から真面目に取り組ませるようにお願いします。

ヴォラーレはまもなく募集終了。攻めを強化していっていますが、問題なく対応できているのは何より。この馬なりに体力が備わってきた証拠ですし、完全に軌道に乗ってきたと思います。この調子を維持して入厩へと繋いで欲しいです。

ザナドゥは無事千葉へ到着。体温の上昇・カイ食いが落ちた等の悪い報告はありません。そして4日から角馬場で騎乗運動を開始。まずは具合を確かめ、調教メニューを組んでいってもらえればと思います。

2017年9月 1日 (金)

ロードなお馬さん(父ロードカナロア・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「徐々に運動量を増加。また、時折18-18より速いペースでも走らせています。調教レベルを高めてからもクタッとするような素振りは無し。ヤンチャな面を覗かせ始めたものの、体調や動き自体は良さそうですからね。進めて行けるでしょう」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「8月23日(水)に5ハロンから15-15を行ないました。淡々と余裕を持って周回。でも、併せ馬や追い掛ける形ではしっかりとハミを取って駆けています。落ち着き払った態度で乗り易いのは、ロードカナロア産駒らしさと言えるかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは順調に回復が進み、この馬らしい気の若さを見せていますが、体調等は問題なし。良いモノは持っているだけに走りに集中できるように日々意識して進めてもらえればと思います。

8月中の入厩は叶わなかったダヴィンチですが、調教自体は頗る順調。本数を重ねて、心身に余裕が出てきているように思います。僚馬のシグナライズが放牧に出れば入れ替えでの入厩かなと思いますが、もう1戦するなら今しばらく待たされるように思います。だいたい中身はできているので、オーバーワークには十分気をつけてもらいたいです。

2017年8月27日 (日)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「角馬場での確認を経た上で、改めてダートコースへ連れ出しました。ハロン20秒のキャンターで具合を探っている段階。ひとまずは十分な元気を有しており、脚元についても問題ありません。獣医師のアドバイスを踏まえつつ、徐々に進めましょう」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「すぐに跨り始めています。現在は坂路で普通キャンター。今のところ馬体が傷んでいる感じも見受けられません。事前に聞いていたよりは大人しい印象。可能な範囲で積極的に・・・との指示だけに、具合を探りながらピッチを上げたいですね」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「順調に運んでおり、8月16日(水)は半マイル59秒0、1ハロン14秒5の時計を出しました。2歳の若駒でまだ緩さを残すのは当然。むしろ、大きい割にはしっかりしている方でしょう。厩舎サイドと改めて出発のタイミングを話し合っています」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン15秒のタイムを消化する一方、少し前に馬場入りを嫌がる素振りを見せています。幾らか繊細なタイプだけに、精神的に段々とキツくなっているのでしょう。秋の入厩を見据える為にも、ここからの頑張りに期待したいですね」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間にハロン16、17秒を消化。引き続き、心身に目立った問題が認められないだけに、近日中に時計を出すスケジュールを組んでいます。運動量に比例して体力が備わりつつある印象。秋の移動を視野に入れ、一層の上昇カーブを描きたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはトモの浮腫みからウォーキングマシンのみの調整となっていましたが、ひとまず回復が進んだようで馬場へ。今のところは気になるところはありません。ただ、今しばらくはより慎重に進めるべきでしょう。

イヒラニは真面目に走らなかった分、レース後のダメージは少ないのでしょう。煩い馬ではないでしょうが、周囲を気にしたり・馬っ気が強かったりという点が課題。個人的には早目に去勢しても良いと思っているのですが、これからペースを速めて行った際、どういう変化が見られるか注目したいです。

ダヴィンチは引き続き順調。厩舎と連絡を取り合っているので入厩は近いでしょうが、3歳未勝利馬の処遇が決まっていく時期なので待たされるのは仕方ないところ。この馬なりに中身が伴ってきているようなので、オーバーワークを避けた調教にシフトしてもらえればと思います。

アメイズは良いモノを持っているとは思いますが、精神面はそう強い馬ではなさそう。気持ちが悪い方へ向かないように適度にリフレッシュさせながら、入厩できる体力を整えていってもらえればと思います。

ヴォラーレはようやく軌道に乗ってきた印象ですが、まだまだ体力作りが必要な気も。今はまだ焦る必要はないと思います。兎に角、無事に育ってくれれば、大化けする可能性を秘めた馬ですから。

2017年8月17日 (木)

小回りコースも合わなかった印象も、馬っ気がキツくてレースへ気持ちが向かわず。早めに去勢手術を行った方が良さそう。★ロードイヒラニ

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

8月13日(日)小倉1R・2歳未勝利・混合・芝1200mに武豊Jで出走。12頭立て3番人気で6枠8番からハイペースの道中を9、9、10番手と進み、直線では内を通って1秒4差の7着でした。馬場は良。タイム1分10秒2、上がり35秒6。馬体重は2キロ減少の462キロでした。

○千田調教師 「ゲートを出てからも、ずっと鳴いていた・・・との話。引き上げて来て鞍を外す際も同じでしたね。走る方に気持ちが向いていない感じ。最後に幾らか差を詰めたとは言え、今日は力を出し切れずに終わった格好でしょう。ここで一旦リセットするのが良さそう。今回はレース条件云々の問題とは違う印象ながら、番組に関しても再考するのも一案かも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は8月17日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して秋の戦列復帰へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○千田調教師 「飼い葉もバリバリ食べており、栗東へ戻ってからも元気一杯。全く走っていない分だけダメージも少なそうですね。次走はマイル戦を視野に。広いコースで巻き返しを図りましょう。阪神開催中に帰厩させ、京都での復帰プランを描いています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦で見せたスピードから、父が初勝利を挙げた舞台で勝ち負けを期待した1戦でしたが、イヒラニの精神面の幼さがモロに出てしまったレースに。

まず、パドックの周回からちょっとした異変が発生。馬番号順に歩かずに1番最後を歩いていました。イレ込むようなことはなかったのですが、馬番号どおりなら牝馬に囲まれることに。何か嫌な気配をこの時点で感じました。

今回、ゲートは五分に出ました。ただ、レース経験を積んでいる馬との1戦なので、他馬の出脚も良く、中団からの競馬に。そして外から他馬がポジションを上げに行った際、内外に挟まれる格好になってしまったイヒラニは急ブレーキが掛かった感じに。置かれ気味になり、追走に手一杯へと変貌を遂げてしまいました。

終わってみれば、小回りコースも仇になったと思いますが、2戦目で後退するレース内容に終わったのは正直頭の痛いところ。鳴き続ける姿は相変わらずで…。また、武豊Jのレース後のコメントを見ると、馬っ気がキツくてレースへ気持ちが集中できていないとのこと。成長を促すことで幾らかは改善されるでしょうが、早めに去勢手術を行った方が賢明に思います。

レース後のイヒラニはレースで力を出し切っていない分、食欲旺盛で元気一杯。続戦できる状態に十分あるでしょうが、このまま使っていっても良いことはないので、一旦リセットを図る意味で栗東近郊のグリーンウッドへ。鍛え直すというよりも、心身の成長をしっかり促してもらいたいです。変わってきた感じがないなら、秋の京都戦での復帰を延ばしてもらいたいものです。

追い切りの動きから、それなりの能力は秘めているイヒラニ。これ以上悪い方へ嵌らないように色々と手を尽くし、真面目に走れるように1日でも早い軌道修正をお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ