出資馬一覧

カテゴリー「ロイヤルアフェア」の83件の投稿

2018年9月23日 (日)

未勝利勝てる力を秘めている筈も、気難しさからレースでの集中力維持に不安大。距離はこれぐらいが合ってそう。★ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

日曜中山3R 3歳未勝利(ダ1800m)2枠3番 吉田隼J

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:20日に南Wコースで時計

古賀慎師「20日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はロイヤルアフェアが先行し、直線で外に併せて同入しています。ハロー掛け直後でしたが、最後まで力強い脚取りで走り切れていましたし、動きは良かったと思いますよ。これまではゲート入り直前にブリンカーを着用していましたが、今回は装鞍時から着用して挑みたいと思います。これが未勝利戦出走のラストチャンスですし、自分の力を出せれば能力的にはこのクラスを勝つ力は十分あるはずですから、何とか良い結果を残してもらいたいと思っています」(9/20近況)

助 手 20南W良 70.8- 54.9- 40.2- 13.1 馬なり余力 カフェアトラス(古500万)強目の外1.0秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山7日目(09月23日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ1800メートル 指定 馬齢 発走11:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アイワナシーユー 牝3 52 藤田菜七子
1 2 スーパースナッズ 牝3 54 柴田大知
2 3 ロイヤルアフェア 牡3 56 吉田隼人
2 4 サクラメント 牝3 54 丹内祐次
3 5 オレンジヒロイン 牝3 51 山田敬士
3 6 イディナローク 牝3 54 大野拓弥
4 7 ボウルオブチェリー 牡3 56 丸山元気
4 8 ジェネラルシップ 牡3 56 石橋脩
5 9 ロジフレンチ 牡3 56 池添謙一
5 10 アンダンテバイオ 牝3 54 石川裕紀人
6 11 ワンダースラガン 牡3 55 木幡巧也
6 12 キッズジョリー 牡3 56 内田博幸
7 13 アンバーマイル 牡3 56 C.ルメール
7 14 バトルフガクオウ 牡3 55 武藤雅
8 15 アルジ せ3 56 田辺裕信
8 16 サンマルアナザー 牡3 56 津村明秀

○古賀慎師 「好走した前々走と同じ条件だっただけに前走は前進してくれると思ったが…。メンタルの問題かな。状態は変わりないし、何とか頑張って欲しい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の札幌戦はC.ルメールJが連続騎乗してくれたので、きっちり決めたかったのですが、ロイヤルアフェアは気難しい面を覗かせて集中力を欠く走りに。悪くても掲示板は外さないと見ていたので、8着に沈んでいく姿を見て、ショックを受けてしまいました。

レース後は美浦へ舞い戻り、中山のスーパー未勝利に備えることに。ただ、レース間隔が微妙だったので使えない可能性もありましたが、何とかギリギリ節が足りて出走へ。最後の最後で運があったと思います。

札幌で2戦レースを行ったロイヤルアフェアですが、クタッとした様子は窺えず元気一杯。この中間、ビシビシやられていませんが、丹念に時計を出し、動きも悪くないと思います。札幌戦からブリンカーを着用していますが、今回はレース直前ではなく装鞍時から着用して臨むとのこと。イレ込んでしまう恐れはありますが、陣営なりに勝負を賭けて来たのだと思います。

あとはレースで気持ちを切らさずに走り切れるかどうかに懸かってきます。全てが噛み合えば未勝利を勝てる力は備えているので、悔いを残さないようにラスト1戦に臨んでもらいたいです。

2018年9月17日 (月)

シルクなお馬さん(関東牡馬・入厩組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:12日に南Wコースで時計

牧師「先週帰厩させていただき、馬体に問題は見られなかったので、週末には坂路コースをサッと時計を出しました。12日には南Wコースで併せて追い切りを行いましたが、道中は新馬を追走していき、直線は外に併せて脚を伸ばすと、最後は先着しています。去勢した効果は今のところ特別これといって感じられませんが、一時期よりは馬に活気があるように思いますし、調教の動きも悪くなかったですよ。休養期間を考えると、中山開催だと急仕上げになってしまいますし、東京開催での出走を目標に調整していきたいと考えています」(9/13近況)

助 手 9美坂稍 17.0- 14.2- 12.9- - 馬なり余力 フィナルタ(新馬)一杯と同入
助 手 12南W良 70.4- 55.1- 40.1- 13.3 馬なり余力 サニークラウド(新馬)強目の外0.1秒追走0.1秒先着

Photo ロジャーズクライ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に南Wコースで時計
・次走予定:9月22日の中山・芝1800m(C.ルメールJ)

国枝師「12日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はロジャーズクライが先行して、直線では外に併せて最後は同入しています。新馬勝ちした同じ2歳のボスジラが相手でしたが、直線の手応えはロジャーズクライの方が優勢でしたし、動きも前向きで良かったと思います。状態は良さそうで特に気になるところもありませんし、この感じで来週のレース向けて態勢を整えていきたいと思います。鞍上はルメール騎手に依頼しています」(9/13近況)

助 手 9南W稍 53.9- 39.6- 13.0 馬なり余力 ボスジラ(二500万)馬なりの内0.6秒追走同入
助 手 12南W良 69.2- 54.5- 40.1- 13.5 G前仕掛け ボスジラ(二500万)直一杯の外を0.8秒先行3F付同入

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで時計
・次走予定:9月22日の中山・ダ1800m、もしくは9月23日の中山・ダ1800m

古賀慎師「12日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はロイヤルアフェアが先行し、馬体を並べてゴールしています。ここまで2戦消化してきていますし、終いサッと脚を伸ばす形でしたが、脚取りは最後まで軽快で、動きは悪くはなかったと思いますよ。今週日曜のダ1800m戦の想定を見ると、4節の馬たちが抽選の対象となっています。まだハッキリとは分かりませんが、来週はダ1800m戦が2鞍組まれていますし、おそらく節的には出られるでしょうから、相手関係などを考慮しつつ、どちらに向かうか検討していきたいと考えています」(9/13近況)

助 手 9美坂稍 58.0- 41.7- 26.9- 13.3 馬なり余力
助 手 12美坂稍 54.1- 39.9- 26.0- 12.8 馬なり余力 ベネディクション(三未勝)強目に0.7秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リゾネーターは帰厩してまもないですが、先週末から追い切りを開始。去勢した効果はそれほど感じないようですが、活気がある様子は好感です。次走は東京開催ということなので、おそらく来月13日の平場戦(ダ2100m)へ向かう公算が高いと思います。丹念に時計を出し、馬体をきっちり絞った状態でレースに使ってもらいたいです。

ロジャーズクライは今週末の出走へ向け、着実に状態アップ中。新馬勝ちした厩舎の期待馬・ボスジラと一緒に追い切られていますが、動きはこちらの方が良いくらい。夏場にコツコツNF天栄で乗り込んできた成果を感じます。これなら2戦目が楽しみです。鞍上は引き続き北村宏Jで良かったのですが、確勝を期してC.ルメールJを配してきました。

今週末のスーパー未勝利への出走を予定しているロイヤルアフェア。まずは出走が叶わないとラストチャンスを掴めませんが、想定を見る限り、何とか滑り込みそう。札幌から戻ってきた後も状態は良さそうなので、真面目に走ってくれれば、チャンスを掴めそう。まあ、それがこの馬には難しいことですが…。

2018年9月 8日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山9月23日・外房特別(北村友J)

安田隆師「6日に坂路で追い切りました。時計としてはまずまずでしたが、騎乗した助手の話ではこれまでよりは硬さが感じられると言っていました。ただ、時間を掛けて運動を行うと徐々に解れてきますし、獣医師に診てもらっても特に気になるところはないようなので、運動時間をしっかり取って状態を上げていきたいと思います。ジョッキーは北村友Jに依頼しているので、レースまでに一度感触を確かめてもらいます」(9/6近況)

見 習 1栗坂重 57.9- 41.7- 27.3- 13.0 馬なり余力
助 手 6栗坂良 56.2- 40.2- 25.4- 12.3 馬なり余力

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:北Cコースでキャンター
・次走予定:9月22日の中山・ダ1800m、もしくは9月23日の中山・ダ1800m

古賀慎師「この中間も軽めのキャンターを中心に調整を進めています。飼い葉はしっかりと食べていますし、普段の様子に特に変わりはありませんね。節的にどうかという部分はありますが、出走できることを信じて引き続き中山3週目に向けて態勢を整えていきたいと思います」(9/5近況)

助 手 6南W良 69.9- 54.4- 40.5- 13.5 馬なり余力 ブリッツェンシチー(新馬)末強目の外0.8秒先行同入

Photo ドレーク

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山9月22日・九十九里特別

担当助手「5日に坂路で追い切りました。もともと坂路では動く方ではないので、時計はあまり気にしていませんでしたが、動きとしてはまだ重く、余裕があるように感じました。ただ、追い切り翌日に跨ってみると動きが軽くなっているので、追い切りを重ねていくにつれて良くなってくるでしょう。予定しているレースまであと2週あるので、競馬を迎える頃には丁度いい体付きになっているでしょう」(9/6近況)

助 手 5栗坂不 54.8- 40.4- 26.5- 13.3 強目に追う モズカクシダマ馬なりを0.2秒追走0.3秒遅れ
助 手 7栗坂重 60.6- 44.3- 29.0- 14.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは23日の外房特別へ向けて追い切りを開始。6日は馬場状態を考慮して、坂路でサラッと。動きは問題ありませんが、これまでより硬さが感じられるとのこと。前走夏の新潟で激走した疲れが尾を引いているのかもしれませんし、暑さが微妙に応えていたのかもしれません。レースまでまだ時間があるので解消されてくると思いますが、丁寧に日々の調教をこなしていってもらいたいです。

ロイアルアフェアはスーパー未勝利へ向けて追い切りを再開。札幌で2戦消化しましたが、クタッとしている様子はなし。あと1戦、レースへ向う体力は十分。予定しているどちらかのレースへ無事使えることを願うばかりです。

帰厩後、ドレークはスムーズに追い切りを開始。地味な時計はそれほど気にしなくて良いと思いますが、追い切りで十分な負荷を掛けておかないと、レースで力を出し切れない面はあります。今後も丹念に時計を出していって、状態をじわじわ上げていってもらえればと思います。

2018年9月 1日 (土)

シルクなお馬さん(3歳未勝利馬)

Photo_3 ケイティーズソレル

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター
・次走予定:阪神9月29日・ダ1400m

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、特に大きなダメージはなく、疲れも見られなかったことから、今週から乗り出しています。乗り味は決して悪くない馬ですから、何とか能力を発揮できるように、来週あたりから負荷を掛けて少しでも競馬に繋がるように鍛えていきたいと思います。馬体重は463キロです」(8/31近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:第4回中山開催

古賀慎師「美浦トレセンに戻ってからも、特に変わりなく順調に調教を行っています。中山3週目にダ1800mの番組が2鞍あるので、その辺りが目標になってくると思います。2400mから1800mに距離短縮になるので、どう立ち回れるかがカギになるでしょう」(8/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次開催のスーパー未勝利でのワンチャンスに賭ける2頭の近況をまとめて。

ケイティーズソレルは軽めの運動で回復を図ってきましたが、状態に関しては何ら問題なく、この中間から騎乗運動を再開。それなりの脚は持っているのですが、ゲートが遅く、二の脚も付かないのが悩ましいところ。短期間の調整となりますが、その辺の改善に尽力して欲しいです。

ロイヤルアフェアは札幌から美浦へ。状態に陰りはありません。目標は3週目のダ1800mの2鞍のようですが、距離短縮は問題なく対応してくれると思います。アテにならない気性ですが、未勝利を勝つ力はあるので、節が足りて無事に出走できることを願っています。

2018年8月23日 (木)

好内容の前走の走りを受け、今回で決めたかったのですが、気難しい面を覗かせて集中力を欠く走り。よもやの8着に崩れてしまう。★ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

日曜札幌2R 3歳未勝利(ダ2400m)8着(1番人気) C.ルメールJ

ブリンカー着用。五分のスタートを切ると、道中は5番手あたりを追走、2周目の3コーナーあたりから鞍上の手が動き出し始め、直線で巻き返す脚もなく中団で流れ込んでいます。

C.ルメール騎手「2周目の向正面までは手応え良く進められたのですが、3コーナーあたりから段々と手応えが悪くなって進んで行かなくなってしまいました。状態面は前走時と変わりなかったと思いますし、おそらく気持ちの問題が大きいと思います。また距離も少し長いように感じましたし、1800mとか2000mくらいの方がいいかもしれません」

古賀慎調教師「今回はゲートを上手く出てくれましたし、向正面まではいい感じだったのですが、勝負どころからレースが動き始めると自分から走るのを止めてしまった感じですね。今回は装鞍から苦労しましたし、父産駒にたまに見られるレースへの集中力の無さが出てしまった結果だと思います。優先出走権が取れませんでしたし、もう札幌で出走することは難しいでしょうから、いったん美浦トレセンへ戻して、節的に微妙になるとは思いますが限定未勝利戦を目指したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。好位で流れには乗れたが、勝負どころの反応が鈍く直線は失速。意外な脆さだった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:22日に美浦トレセンへ移動
・次走予定:第4回中山開催

古賀慎師「先週は申し訳ありませんでした。パドックからチャカチャカしていて全然レースに集中できておらず、ネオ産駒の良くないところが出てしまいましたね。レース後は脚元に問題は見られず、22日にはいったん美浦トレセンへ移動させていただきました。優先出走権を獲れませんでしたので、おそらく次走は中山開催後半のダ1800mの番組になると思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中間、色々手を尽くしたことで、ようやく変わり身を見せた前走のロイヤルアフェア。鞭を落とすアクシデントがありながらも僅差の4着に踏み止まった内容から今度は初勝利を決めるチャンスだと思っていたのですが…。

パドックは見れなかったのですが、チャカチャカして幼さを残す仕草。イレ込みまでは行かなかったようですが気持ちが散漫に。レース前にちょっと懸念したように初めての滞在競馬で競馬モードに入らなかったのかな? まあ、元々こういう危険性を抱えたタイプではあります。

レースぶりですが、今回はスタートを決め、スッと良い位置をキープ。やや力んだ走りではありましたが、折り合いを欠くような素振りはなし。淡々とレースの流れに乗っていたと思います。ただ、道中で距離ロスを避ける為に馬群の内へ。揉まれ込んではいないのですが、行きっぷりがやや怪しくなり、勝負どころではC.ルメールJの手が激しく動き、鞭まで飛んで…。馬群の外へ出して追い上げようとするも、4角を回る時点では逆に引き離される感じに。既に余力をなくしてしまっていました。

結果的にちょっと距離も長かったのでしょうが、前走4着からここまで着順を落とすとは予想外。ネオユニヴァース産駒らしい気難しさがここで発揮されなくても…。うーん、残念ですし、勿体ないです。

レース後のロイヤルアフェアですが、脚元等に異常はなく22日に美浦へ。今後は中山のスーパー未勝利に向けて調整を進めていくことになりますが、コメントを見ると節が微妙でその1戦に使えない可能性も。調整は難しくなりますが、まずはいつでも出走できる状態にしておく必要がありそうです。何とかラストチャンスを狙える舞台に立って欲しいです。

2018年8月19日 (日)

前走肝心なところで鞭を落としてしまったのは痛恨も、じっくり立て直してきたことでようやく未勝利脱出のメドが立つ。今回は更に前進して待望の初勝利を掴み取って欲しい。☆ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

日曜札幌2R 3歳未勝利(ダ2400m)5枠6番 C.ルメールJ

在厩場所:札幌競馬場
調教内容:札幌ダートコースで15日に時計

古賀慎師「15日に札幌競馬場のダートコースで追い切りを行いました。競馬を使ってきていますし馬場状態も悪い状況でしたので、強めの負荷を掛けるというよりは態勢を整えることを重点に行いました。単走・馬なりで終いサッと脚を伸ばす形でしたが、ゴールするまで脚取りはしっかりとしていて動きは悪くなかったと思います。前走はもしかすると輸送の影響があったのかもしれませんし、状態的には一叩きして上がってきているように思います。引き続きルメール騎手に乗ってもらえるのは強みだと思いますし、あと一歩のところまではきていますから、ここでしっかりと決められるよう頑張って欲しいですね」(8/16近況)

助 手 12札ダ不 71.7- 55.0- 40.6- 13.4 馬なり余力
助 手 15札ダ不 68.6- 54.9- 40.6- 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌2日目(08月19日)
2R 3歳未勝利
サラ ダ2400メートル 指定 馬齢 発走10:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クルスブランカ 牝3 54 小崎綾也
2 2 ビヨンド 牡3 54 菊沢一樹
3 3 サンライズソル 牡3 56 M.デムーロ
4 4 エンドウォーニング 牡3 56 長岡禎仁
5 5 ポンデザール 牝3 54 J.モレイラ
5 6 ロイヤルアフェア 牡3 56 C.ルメール
6 7 エンドゾーンダンス 牡3 56 丹内祐次
6 8 ワイズワン 牡3 56 藤岡康太
7 9 ブルックリン 牡3 56 荻野琢真
7 10 ファイトアローン 牡3 56 松岡正海
8 11 アイムワン 牡3 56 川島信二
8 12 ナムラシシマル 牡3 56 国分恭介

○室山助手 「前走は少し落ち着きを欠いていたし、直前入厩の影響もあったかも。今回は滞在で落ち着いている。条件も2度目で」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折明けの前々走で大敗を喫した後、NF天栄で懸命に立て直しを図ってきたロイヤルアフェア。併せ馬を多く取り入れたり、馬具を工夫したりと走ることに対して前向きな気持ちが出るように努めてきました。

その甲斐あって前走の札幌戦は見せ場十分。スタートでやや後手を踏みましたが、向正面から捲っていく強気な競馬を披露。4角を先頭で回ってきた時は押し切れるかと思ったのですが、ラスト100mあたりで勢いが鈍ると、後ろで息を潜めていた3頭にどっと押寄られて…。内容は勝ちに等しいのですが、惜しくも4着に終わってしまいました。

また、レース後に分かったのですが、鞭を持ち変えようとした時に落としてしまうハプニングが発生していたとのこと。反応の良い馬ならそう影響はなかったでしょうが、ズブくて前向きさが一息のロイヤルアフェアを叱咤激励するのに鞭がなかったのは余計に痛かったです。タラレバは禁物ですが、着差が着差だっただけにホント勿体なかったと思います。

その前走から中2週で臨む同舞台。馬房の都合から函館競馬場へ一旦戻されそうになりましたが、都合をつけて何とか回避。札幌競馬場に滞在して今回備えてきました。初めてレースで全力を出し切ったと思うので輸送のリスクがなくなったのは大きいと思います。ただ、これまでと違う出走過程なので、競馬モードにならないままレースを終えてしまう恐れも。そこだけが心配です。

相手関係に目をやると、前走で先着を許した2頭が出てきますし、前走よりも幾らか強化された感じ。まあ、それでもロイヤルアフェア自身に叩き2走目の上積みが見込めるし、スムーズな競馬が出来れば、未勝利では力は上の筈。

前走でようやく未勝利脱出への1歩を大きく踏み出したので、良い流れを継続し、今回はビシッと決めてもらいたいと切に願っています。朗報が届いて欲しい。

2018年8月13日 (月)

シルクなお馬さん(関東牡馬・入厩組)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:札幌競馬場
・次走予定:8月19日の札幌・ダ2400m
・調教内容:札幌ダートコースで8日に時計

古賀慎師「札幌の馬房の都合がついたため、函館移動は行わず、札幌在厩のまま次走に向かえることになりました。8日にはダートコースで終い重点に時計を出しましたが、動きに問題はなく状態維持できています。予定通り来週の競馬に向かいますが、鞍上は前走に引き続きルメール騎手が騎乗できるようです。今度こそしっかり決めてほしいですね」(8/9近況)

助 手 8札ダ良 74.3- 57.4- 42.0- 12.3 馬なり余力

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで8日に時計
・次走予定:8月18日の新潟・日本海S

武市師「8日に坂路コースで時計を出しました。終いだけやや強めに追いましたが、馬場状態の悪い中、好時計が出ましたし、動き・息遣いともに良好です。これまで暑い時期は飼い葉食いが落ち、動きにも硬さが出ていたのですが、今回は暑さにも耐えてくれていますし、いい状態を維持しています。ただ今週は気温が少し下がって楽でしたが、これからまた暑さが戻ってくると思いますので、来週のレースまで油断せずに体調管理に努めていきます」(8/9近況)

調教師 3南坂良 52.5- 38.0- 24.8- 12.3 馬なり余力
調教師 8美坂稍 52.3- 37.7- 24.7- 12.2 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロイヤルアフェアは馬房の都合がついて札幌競馬場に在厩。短期間に輸送を繰り返すのは負担を掛けてしまうので、これは良かったと思います。そして早速前走後の初時計をマーク。終いを伸ばした程度ですが、活気ある姿を見せてくれています。引き続きC.ルメールJが乗ってくれますし、次走で何とか初勝利を。

グランドサッシュは帰厩後2本時計をマーク。この馬とすれば良い感じで動いています。また、今のところ暑さは大丈夫そう。ただ、長距離輸送をすると馬体を減らしてしまう馬なので、新潟への輸送が1つ課題に。体力を消費してしまうと、今度は耐えていた暑さにやられてしまいます。最終追い切りは余力を残す形で終えてもらえればと思います。

2018年8月 2日 (木)

勝負どころから自分のリズムで進出して4角先頭。押し切り濃厚かと見ていたも、最後の最後で力尽きての4着。道中で鞭を落としていたのが結果的に1番痛かった。☆ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

土曜札幌3R 3歳未勝利(ダ2400m)4着(3番人気) C.ルメールJ

シャドーロールとブリンカーを着用して出走します。スタートでやや出負けすると、道中は中団5番手を追走。2周目の向こう正面から捲り気味に上がっていき、先頭で最終コーナーを回ると、直線懸命に粘り込みを図るも4頭が横一線でゴールし、惜しくもコンマ1秒差の4着となっています。

C.ルメール騎手「途中でステッキを落としてしまい、肝心なところでステッキを使うことができなかったのが痛かったです。着差を考えると本当に申し訳ない気持ちです。大跳びですし、ややズブさもあるので、これぐらいのゆったりした距離は合っていると思います」

古賀慎調教師「レース前には『プッシュしてでも行けたらハナに行ってください』と話していたのですが、スタートが一息だった上に、出てから少し躓いたような感じになり遅れてしまいました。途中から捲っていく形になりましたが、その分最後は踏ん張れなかったですね。マイナス体重でしたが、前回休み明けで増えていた分が絞れたと見ていいでしょう。優先出走権を獲りましたし、中2週で同条件の番組があるので、レース後の状態に問題がなければ、このまま札幌に滞在し、そこに向かいたいと思います。次はもう少し深いブリンカーを着けることも考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

初ブリンカー。シャドーロール。美浦からの直前入厩でも落ち着いていた。絞れて好気配。出負けし、スタート後に躓いて好位。向正面で捲って先頭へ。手応えも良かったが、4頭の追い比べで競り負ける。それでも内容は良く、ブリンカーの効果はありそう。すぐにチャンス。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:8月19日の札幌・ダ2400m

古賀慎師「スタートで躓いてしまった時にはどうなるかと思いましたが、勝つことは出来なかったものの優先出走権は確保してくれて、何とか最低限の結果を残してくれたのは良かったです。レース後は走ったなりの疲れはあるものの、脚元を含めて特に問題は見られませんので、予定通りもう一度同じ条件の番組に出走させたいと思います。馬房の兼ね合いがあるため、今週いったん函館競馬場へ移動させていただく方向で考えています」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

陣営は逃げの手を考えていたようですが、個人的には想像していたようなレース運びをしてくれたロイヤルアフェアとC.ルメールJ。自らのリズムで捲っていき、4角を先頭で回ってきた時は押し切れると思ったのですが…。本当は短い札幌の直線が今回は嫌に長く感じました。勝負所から直線を向くところで少し待つ余裕があった馬たちに一押しされた格好です。

ただ、レース後のコメントを見ると、C.ルメールJがレース途中でステッキを落とすハプニングがあった様子。改めてレース映像を見て、どこで落としたかはハッキリしませんが、自分のリズムで上がっていった時には既に鞭はありませんでした。

反応の良い馬ならそれほどマイナスにならないのでしょうが、走ることに前向きさを欠くロイヤルアフェアには鞭で叱咤激励をし、気を抜かせないように走らすことが出来たでしょう。着差が着差だけに惜しいというか勿体ないです。

まあ、それでもキャリア4戦目でようやく目覚めてくれたロイヤルアフェア。残された時間は少ないですが、未勝利勝ちのメドはしっかり立てることは出来ました。

レース後のロイヤルアフェアですが、相応の疲れはあるも、大きな問題はなし。今後は中2週のローテで今回と同条件のレースを予定しています。ただ、馬房の兼ね合いで札幌滞在が出来ず、一旦函館へ移動することに。本州からの直前輸送で今回気持ち減り過ぎていたので、次走へ向けては馬体重の維持が1つ鍵になってくるのかなと思います。鞍上は引き続きC.ルメールJに乗ってもらい、今回のリベンジを果たしてもらいたいです。

2018年7月28日 (土)

惨敗の前走の結果を受けて苦心の調整。ブリンカー装着+鞍上強化で今回こそガラッと変わってきてもらわないと…。☆ロイヤルアフェア

Photo ロイヤルアフェア(牡・古賀慎)父ネオユニヴァース 母ゴールドティアラ

土曜札幌3R 3歳未勝利(ダ2400m)5枠5番 C.ルメールJ

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースで25日に時計

古賀慎師「先週末に南Wコースで時計を出した際、試しにブリンカーを着けてみましたが、悪い方には向いていませんでした。25日に坂路コースで追い切りを行いましたが、その時にももう一度確認のためにブリンカーを着けてみたところ、特に問題はなさそうだったので、レースでも着用したいと思います。今週の追い切りは札幌競馬場までの輸送もあるので、終い脚を伸ばすイメージでサッと行いましたが、動きは悪くなかったですよ。前走は久々の影響が出てしまったもので度外視して良いと思いますし、何よりルメール騎手が乗ってくれるのは心強いですね。残された時間も多くはないですし、ブリンカーの効果も期待できるはずですから、何とかここで決めてもらいたいところです」(7/26近況)

助 手 22南W良 55.1- 40.3- 12.8 馬なり余力 ロジヒューズ(古500万)馬なりの外0.6秒先行同入
助 手 25南坂良 55.3- 41.6- 27.6- 13.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回札幌1日目(07月28日)
3R 3歳未勝利
サラ ダ2400メートル 指定 混合 馬齢 発走10:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エンドウォーニング 牡3 56 長岡禎
2 2 ビヨンド 牡3 54 菊沢一樹
3 3 イグレット 牝3 52 横山武史
4 4 キタノテイオウ 牡3 55 木幡初也
5 5 ロイヤルアフェア 牡3 56 C.ルメール
6 6 テーオーエンブレム 牡3 56 藤岡佑介
7 7 ファイトアローン 牡3 56 松岡正海
7 8 キングオブハーツ 牡3 56 小崎綾也
8 9 サンライズコロン 牡3 56 丸山元気
8 10 プレビアス 牡3 55 井上敏樹

柄崎助手 「休み明けを一度叩いて、いい状態です。この条件を求めて札幌へ。攻め馬の動きが良くなっていますし、前進を」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

骨折による休養で約7ヶ月半ぶりのレースとなった前走の東京戦。プラス18キロでも太目感なく見た目はスッキリ仕上がっていたと思います。ただ、追い切りの動きはやや重苦しく、ブランクを感じさせるものだったので、地力でどこまで対応してくれるかと見ていたのですが…。

返し馬からテンションが高く、レースでも力みが目立ち、手前を替えずに走る幼さを露呈。勝負どころを前にそういう状態だったので、前との差が開いた直線は無理せずに入線。2歳の秋以来の競馬で仕方ない面もありますが、何とも悩ましい結果に。

パワーアップした分、父ネオユニヴァースの気難しさも表面化してきた印象を受けました。また、以前からの課題“走ることへの前向きさ”も足りません。

レース後はNF天栄へ移して再調整。レースでのダメージが少なかった分、すぐに乗り出すことが出来、走ることに気持ちが向くように併せ馬を豊富に取り入れて鍛え直してきました。ガラッと良くなってきたところまでは行かないも、良い意味でピリッとした面は窺えるようです。

今月7日に帰厩してからも、追い切りでは良い雰囲気を維持。集中力を補う為にチークピーシズ、ブリンカーを試してきましたが、一応の効果が認められるようでレースではブリンカーを装着することになりました。また、今回は鞍上にC.ルメールJを確保。乗り難しい馬とは言え、頼もしいパートナーですから、その手腕に大いに期待です。

未勝利を勝つ力はあると思うので、苦心の調整+ブリンカー効果+鞍上強化で今回こそガラッと変わってきてくれることを願っています。序盤はマイペースで追走し、自分のリズムで馬群の外を捲っていって欲しいです。

2018年7月21日 (土)

シルクなお馬さん(関東馬・来週出走予定馬)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで18日に時計
・次走予定:7月29日の新潟・苗場特別(石川J)

国枝師「18日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが追走していき、最後は少し遅れてゴールしています。遅れはしたものの大きく離されたわけではありませんし、オープン馬のアペルトゥーラ相手に見劣りしない動きを見せてくれましたよ。左トモの歩様は相変わらずではありますが、特に悪化しているわけではありませんし、今後もケアしながら上手く付き合っていこうと思います」(7/19近況)

助 手 15南坂良 - - - - 馬なり余力

助 手 18南坂良 52.4- 38.3- 25.5- 12.8 馬なり余力 アペルトゥーラ(古オープン)馬なりを0.6秒追走0.2秒遅れ

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで18日に時計
・次走予定:7月28日の札幌・ダ2400m(C.ルメールJ)

古賀慎師「18日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の先頭を走り、直線は大外に出して脚を伸ばしていくと、最後はしっかりと同入しています。ブリンカーを試す前段階として今回はチークピーシズを着けて追い切ってみましたが、特に悪い方に向くことはありませんでしたし、時計的にも十分な動きを見せてくれましたよ。週末にかけてのどこかでブリンカーを試してみる予定にしており、その反応を見てレースでも着用するかどうか検討していきたいと考えています」(7/19近況)

助 手 15南坂良 14.7- 14.1- 12.8- 馬なり余力 フォルミダーブル(三未勝)馬なりと同入

助 手 18南W良 68.4- 52.6- 38.5- 12.7 直強目追う アジュールローズ(古1000万)馬なりの外0.8秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ウォリアーズクロスは坂路オンリーの追い切りですが、動きは上々。18日の追い切りでは来週のアイビスSDに出走予定のアペルトゥーラに食らい付いています。左トモの状態は相変わらずですが、悪くはなっていないのでケアを続けながら状態を保っていってくれればと思います。

ロイヤルアフェアは未勝利を勝てる力はあると思うも、気持ちの面の問題が大きい1頭。天栄での動画を見ると、だいぶ前向きさは出てきたように見えました。また、追い切りでは馬具の効果を確認中。個人的にはひとまずチークピーシズ着用までで良いのかなと思いますが、その判断はおまかせします。あとは小回りのコースがどう出るか。出入りの激しい展開になった際に集中力を保てるかどうか…。距離自体は大丈夫だと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ