最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ヴェルトゥアル」の167件の投稿

2020年5月 6日 (水)

メンバー強化の1戦でも前々で競馬が出来たのは良かったも、勝負どころからのペースアップに対応出来ず。悪くないレースだったと思うも、近走の成績を考慮してJRAの競走馬登録を抹消することになりました。★ヴェルトゥアル

202004_20200506063301

Photo ヴェルトゥアル(牡・稲垣)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

土曜福島4R 障害4歳上未勝利(障2770m)6着(8番人気) 五十嵐J

五分のスタートから少し促して、道中は2番手でレースを運びます。順回りに入り、向こう正面のペースアップしたところでやや位置を下げますが、最後の直線では再び盛り返して、6着で終えています。

稲垣調教師「スタートしてからは左回りですので、そこで少し張るところはあったように見えましたが、右回りになってからは問題無さそうでした。ただ、飛越や体力面では課題が残る内容だったと思いますし、レースを経験してきていますが、ガラッとは変わってこないですね。また、五十嵐騎手は向こう正面で無理に急かさず、この馬のリズムで走らせてくれたことで、最後はまた詰めてきてくれましたが、それでも上位とはかなり差がありましたので、現状はこれくらいが精一杯かもしれません。五十嵐騎手も『前半はラチ沿いを走りたいと考えていたので、少し促して位置を取りにいきました。ただ、見た目以上に右に張ろうとしており、なかなか難しかったですね。それでも、順回りになってからは問題ありませんでしたし、最後まで良く頑張ってくれてはいるのですが、勝ちきるまでには時間が掛かるかもしれません』との事でした。ここまでダートの短距離戦や障害レースを使ってきましたが、いずれも良い結果に繋がらず、申し訳ございませんでした」(レース結果)

近走の競走結果を考慮して、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたします。近日中に抹消の手続きを行わせていただき、7日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相手関係+1番人気馬が落馬するアクシデントがあって、障害3戦目にして初めて掲示板を確保したヴェルトゥアル。相手関係が強化された今回は一筋縄では行かないと苦戦を覚悟する中、改めてレースの流れに乗っていけるかどうかに注目していました。

また、中1週で再度の福島遠征となりましたが、見た目にクタッとした感じはなし。使った上積みは少なくても、一連のデキをキープしてレースへ臨むことは出来たと思います。

レースに関してですが、ゲートで時々立ち遅れることがあるヴェルトゥアル。レースの流れに乗っていくには五分のスタートを切ることが大事だと思っていたので注目していましたが、今回もタイミングは○。軽く促すと小脚を使ってスッと外目の3番手をキープ。5着に入った前走よりもスムーズな競馬運び。タスキコースとバンケットを終えた時は2番手まで押し上げていたので、『これなら結構やってくれるかも…。』と胸の内で思いました。

ただ、勝負どころからのペースアップで押し上げてくる馬と脱落していく馬がクッキリ。一気にサバイバルな様相となり、前でレースの流れに乗れていたヴェルトゥアルはジリジリ遅れ出すことに。ここでひと踏ん張りして前へ食らい付いていければ違った結果を得られたと思うのですが、何とか落馬せずにゴールに辿り着くのがやっと。まあ、それでもこのメンバー相手に6着なら頑張ったかなと個人的には見ていました。

しかしながら、レース結果のコメントで近走の競走成績を考慮して引退することが決定。唐突な感じはするのですが、確かに障害で初勝利となると道のりは険しいもの。脚元をスッキリ見せなくなっているので、レースでの落馬・故障のリスクもあります。残念ではありますが、仕方ないのかなと思います。

母シルクユニバーサルの仔はユニバーサルキング・モンドインテロに次いで3頭目の出資となったヴェルトゥアル。最初から欲しい1頭とは違いましたが、馬のデキと価格を見比べるとお得感があると思った1頭。デビュー戦を快勝した時は今後への期待が広がったのですが…。成績の低迷と共に気性面での難しさ・脆さがクローズアップされていくことに。それを修正することが出来ませんでした。今後はサラブレットオークションに上場される予定です。第2の馬生が少しでも充実した生活となることを願っています。ひとまずお疲れ様でした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【追記】

・在厩場所:美浦トレセン

稲垣師「レース後はこちらで馬体の確認をさせていただきましたが、右前の歩様に違和感が見られました。そこで獣医に詳しく診てもらったところ、副管骨の骨折が判明し、全治3ヶ月の診断がおりました。もしかするとレースでもその影響があったのかもしれませんが、いずれにしましても結果を残すことが出来ず申し訳ございません」(5/6近況)

骨折が判明したことから、7日(木)のサラブレッドオークションへの上場を取り止め、乗馬へと変更させていただくこととなりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

上場予定でしたが、右前脚の副管骨の骨折が判明。今後は乗馬へ転出されることとなっています。良い余生を過ごしてもらいたいです。

2020年5月 2日 (土)

中1週のローテで再度の福島へ。叩いた上積みは少ないも、目立ったデキ落ちもなし。ただ、今回は明らかにメンバー強化。改めてレースに参加することが出来るかどうか、走破時計が速くなることに対応できるのかを問いたい。★ヴェルトゥアル

202004_20200429034801

Photo ヴェルトゥアル(牡・稲垣)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

土曜福島4R 障害4歳上未勝利(障2770m)7枠12番 五十嵐J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計

稲垣師「29日に南Wコースで追い切りを行いました。中1週になりますし、単走で5ハロンから70-40くらいのところでサッと脚を伸ばして、息を整える程度に止めています。『前捌きの硬さやトモの具合にも大きな問題はなさそう』と跨った五十嵐騎手は言ってくれており、左回りだったので少し外に張り気味ではありましたが制御できないほどではなく、最後まで走りにも余裕のある感じでしたよ。引き続き力を出せる状態にはあると思いますし、2回目の福島コースで慣れも見込めるはずですから、さらなる前進を見せてもらいたいですね。なお、五十嵐騎手と相談して、2日の方に出馬投票させていただく予定です」(4/29近況)

五十嵐 29南W稍 70.8- 55.6- 40.8- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回福島7日目(05月02日)
4R 障害4歳上未勝利
障2770メートル 混合 定量 発走11:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リョウランヒーロー 牡6 60 上野翔
2 2 マイネルエイブ 牡4 59 伴啓太
3 3 ブルベアリーノ 牡4 59 植野貴也
3 4 シオンコタン 牝4 57 大江原圭
4 5 ブライトエンパイア 牡5 60 難波剛健
4 6 メジャーリーガー 牡7 60 草野太郎
5 7 マイネルバッカーノ 牡4 59 山本康志
5 8 フォワードカフェ 牡8 60 石神深一
6 9 ジョーカーワイルド 牡5 60 小野寺祐太
6 10 カイラーサナータ 牝4 57 蓑島靖典
7 11 テイエムリボー 牡5 60 黒岩悠
7 12 ヴェルトゥアル 牡5 60 五十嵐雄祐
8 13 クーザ 牡4 59 高野和馬
8 14 デアリングアイデア 牡6 60 北沢伸也

○稲垣師 「まだ成長途上だが、それでも前走で変わり身があったし、今回も立ち回り次第で」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

障害3戦目となった前走はかなり手薄なメンバー構成。それに加えてレース中に1番人気馬が落馬とヴェルトゥアルにはかなり恵まれた1戦になりましたが、互角以上のスタートからスッと前目のポジションを確保。レース序盤は左回りだったので行きっぷりは一息でしたが、バンケットとタスキコースを終え、右回りになってからは再度ジワッと押し上げていき3番手をキープ。淡々とレースを運べていたと思います。

ただ、レース終盤、引き離し気味に逃げていた勝ち馬を1番人気のシゲルシマダイが捕まえにいこうとした矢先に落馬。馬体が接触することは避けることが出来たのですが、落馬の煽りを受けてモタモタ。ここで気持ちが切れても不思議ではないのですが、再度促すと前を追い掛けようとする姿勢が見られました。平地時代は淡白なイメージが強かったですが、経験を積んだことで少なからず粘り・根性を見せてくれたのは嬉しかったです。ただ、最後はタフな道悪馬場が応えて、バテバテの中での5着。褒められた内容とは言えませんが、諦めずにレースに参加できたことが今回以降に繋がってくれれば。

前走後は在厩調整を続け、中1週のローテで再度の福島戦へ。間隔が詰まっているので軽めの追い切りでも問題なし。トモや球節やと心配な点が尽きませんが、デキ落ちはなさそうです。

今回の顔ぶれですが、いつ勝ち上がっても不思議ではないフォワードカフェが主役。落馬明けとなるテイエムリボーもその前はいつ勝っても不思議ではなかったですし、平地の1勝クラスを勝ち上がって再度の障害入りのブライトエンパイアも侮れません。前走と比べると明らかなメンバー強化。前走でやっとこさ掲示板の右端を確保出来たヴェルトゥアルに前走以上の結果を求めるのは正直酷でしょう。

ですので、今回は結果は二の次で、まずは前走同様に前めのポジションでレースの流れに乗れるかどうかに注目。また、良馬場で行われるでしょうから、前走から走破時計が一気に縮まります。それに対し、ヴェルトゥアルがどこまで辛抱・対応できるかも注目。淡白な面を見せずに、今回も頑張って欲しい。その中で掲示板を確保できるようなら、障害馬として着実に成長していると見ていいでしょう。

2020年4月25日 (土)

全体的に低調なメンバー構成+1番人気馬の落馬とかなり恵まれたのは確かも、障害3戦目にして初めてレースの流れに乗って競馬を進めることが出来た。今回のこの経験が次走以降に繋がって欲しい。★ヴェルトゥアル

202004_20200424102201

Photo ヴェルトゥアル(牡・稲垣)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

日曜福島5R 障害4歳上未勝利(障2750m)5着(10番人気) 五十嵐J

まずまずのスタートから行き脚を付けて、好位集団の一角でレースを運びます。向正面で前を走る馬が落馬し、それを避ける場面はありましたが、無事に全障害をクリアして、前とは離されたものの、障害戦で初めて掲示板を確保しています。

稲垣調教師「初めての福島コースでしたが、全体的にソツなく回ってきてくれたと思います。途中で落馬した馬の煽りを受けてしまうところがあり、そこは少し勿体なかったですが、初めて掲示板を確保できたように、この馬なりに少しずつレースを理解してくれているように感じています。五十嵐騎手は『少しずつ競馬を学習してくれていて、内容は徐々に良くなってきていますね。少し右に張るようなところはありましたので、それは今後も課題になってくると思いますが、落馬の影響があった中でもしっかりと掲示板を確保できましたし、悪い内容ではなかったと思います』と話してくれています。まだ右に張る面があったようなので、厩舎サイドとしては調教を通じて今後も修正に努めていかないといけないと思っていますし、あとは左回りでも今日のように安定して走れるようにしていくことも、これからの課題だと考えています。脚元に疲れが出やすいタイプですから、まずはレース後の状態をよく確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位から。落馬のアオリを受けながらもペースアップに対応。前に食らいついていたが、直線で苦しくなり流れ込んでの5着。それでも、休養前に比べていい位置で運べていたし、進境は窺えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:5月2日の福島・障2770m、もしくは5月3日の福島・障2770m(共に五十嵐J)

稲垣師「レース後はトレセンに戻って状態を確認しましたが、疲れの出やすい右前球節は大きく悪化していませんし、歩様もレースで走ったなりの硬さはあるものの、大きな問題はありません。トモに少し疲れが出ているかなという感じがしますが、ケアしていけば進めていけるレベルだと思いますし、このまま次走に向けて調整していきたいと思います。今後について五十嵐雄祐騎手に相談したところ、まだ右に張る面は残っていますし現状だと左回りで走らせるのは止めておいた方が良いのではないかということです。中1週にはなりますが、来週の福島の障害未勝利戦のどちらかに、引き続き五十嵐騎手で向かいたいと思います」(4/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の京都戦は最下位に敗れ、NF天栄で立て直しを図るも、トモに疲れが出やすい体質+右前球節がモヤモヤと牧場では坂路入りが出来ず、トレセンでは障害練習を封印して臨んだ今回のヴェルトゥアル。こういう状態だったので馬場の悪化が心配でしたが、そこまで酷い状態ではなかったのは幸い。これまで障害2戦はレースの流れに乗ることが出来ていないので、まずは無事に完走。その中でレースに参加できればと見ていました。

注目のスタートですが、今回は五分のスタートから小脚が利いてスッと前へ。外からハナを主張したリーチザサミットを先に行かせ、1角過ぎで少し窮屈な場面はありましたが、5番手あたりのポジションを確保して淡々とレースを進めていきました。そして向正面では3番手までポジションを押し上げていきましたが、最後から2つ目の障害で1番人気のシゲルシマダイが落馬。内目にポジションを切り替えていたヴェルトゥアルは煽りを受けてしまいましたが、立て直した後も渋太く食い下がったのは○。ただ、今回はしっかりレースに参加していたことで、スタミナをジリジリ消費。そして最後の直線を迎えるところでガス欠となってしまいましたが、障害入り3戦目で5着と初めて掲示板を確保。1番人気が落馬して、全体的なメンバー構成もかなり低調だったので諸手を挙げて喜べませんが、何はともあれ1つ結果を残せたのは良かったです。

レース後のヴェルトゥアルは反動・疲れを心配しましたが、ひとまずトモや右前球節の悪化は見られず。ケアで十分対応可能な範囲とのこと。また、次走ですが本当は少し間隔を取って欲しいところですが、中1週のローテで再度福島戦を目指すことに。まだまだ障害での初勝利への道のりは遠く険しいですが、今回の経験が次走以降に繋がってくれればと思います。

2020年4月19日 (日)

トモに疲れが出やすい体質+右前球節の腫れを抱え、障害練習は封印してソフトな調教・追い切りに終始。まずは無事完走して欲しいも、レース内容に進化は期待し辛く、今回も苦戦は免れません。★ヴェルトゥアル

202001_20200414211301

Photo ヴェルトゥアル(牡・稲垣)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

日曜福島5R 障害4歳上未勝利(障2750m)7枠9番 五十嵐J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:15日に南Wコースで時計

稲垣師「15日に南Wコースで追い切りを行いました。3週続けて五十嵐騎手に跨ってもらい単走で行いましたが、動きに問題はなかったですし、予定通り今週出走させても力を発揮できる態勢は整っていると思います。福島の障害戦は襷コースやバンケットがあり、少しトリッキーなので実際に走ってみないことには何とも言えませんが、そこまで不器用なタイプでもないと思いますし、上手くこなしてこの先に繋がる走りを見せてもらいたいところです。行ければ前目のポジションに付けて欲しいところですが、他馬の動きやスタートからの流れがどうなるかによって左右されますし、最終的にはジョッキーのその時の判断に委ねたいと思います。なお、どうしても調教後は右前脚に張りが出やすいですし、レースまで障害は飛ばさない方向で考えています」(4/15近況)

五十嵐 15南W稍 67.7- 52.7- 39.4- 12.8 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回福島4日目(04月19日)
5R 障害4歳上未勝利
障2750メートル 定量 発走12:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 シゲルシマダイ 牡7 60 植野貴也
2 2 ゲンパチシャドウ 牡4 59 江田勇亮
3 3 クリノハプスブルク 牡6 60 大庭和弥
4 4 ゴルトグランツ 牡4 59 小野寺祐太
5 5 ワラウウマザンマイ 牡4 59 草野太郎
5 6 ラインコマンダー 牡4 59 上野翔
6 7 メイショウハニー 牝5 58 平沢健治
6 8 クールエイジア 牡8 60 伴啓太
7 9 ヴェルトゥアル 牡5 60 五十嵐雄祐
7 10 ディード 牡4 59 熊沢重文
8 11 オブリゲーション 牡7 60 小坂忠士
8 12 リーチザサミット せ4 59 大江原圭

○稲垣師 「右回りの方が良さそうとジョッキー。福島で見直したいが、変わり身はひと息で」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

障害レース転向2戦目となった前走は右回りに替わり、ヴェルトゥアルの右にモタれる面はマシになりましたが、スタート直後に窮屈になり、最後方からの競馬に。その後は急かさずにリズム重視で淡々と飛越をこなしていきましたが、道中でポジションを押し上げることは出来ず。そして最後2つの障害で乱れてしまった為、結局は最後方のまま競馬を終えてしまいました。

まさかの惨敗に頭を抱えましたが、デビュー戦で右へ大きくモタれてしまった為、五十嵐Jは恐る恐る乗っていた分もあるのでしょう。スターを五分に出て、レースの流れに乗せていった際にどういう競馬を見せてくれるかです。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。春の福島に目標を定めてコツコツ乗り込んできましたが、背腰からトモにかけての疲れが出やすいことから、坂路入りは控え、周回コースで長目を乗り込むように。調教を休むようなことはなかったですが、正直攻め切れていません。そんな中、レースが近づいてきたことから3月12日に美浦・稲垣厩舎へ帰厩しました。

美浦トレセンへ戻った当初は時計を出さずに慎重に進めていたのですが、障害練習での疲れ・反動から右前球節に腫れを確認。幸い、大事には至っていませんが、その後はトモの疲れ・球節の腫れという二重苦を気にしつつ、加減した調教・追い切りに終始してきました。また、トレセンでの障害練習は封印。体調自体は良さそうですが、脚元が障害レースに耐えられる状態と言えるかとなると…。雨の影響でタフな馬場が予想されるのも不安でしかありません。

そろそろ障害戦で結果を出して欲しい気持ちはありますが、今回はこれまで以上に無事に完走して欲しいという気持ちが強いです。ただ、その一方でレース内容に進歩が見られなければ、人馬の故障を避ける意味でも、平地へ戻すこともを考えていかないとダメでしょう。ヴェルトゥアルにとって今後を左右するレースになってくるのかなあと思います。

2020年4月10日 (金)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo クールキャット

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:馬場で軽めのキャンター、ゲート練習

奥村武師「2日に入厩させていただいた後は、こちらの環境に慣れさせつつ、ゲート練習も行っています。入り・駐立は問題なくこなしてくれましたし、8日からは前扉を手開けして、発馬の練習に取り組んでいます。まだダッシュは付きませんが、練習していけばちゃんと反応してくれそうな雰囲気ですし、ゲート試験に目途を立てられるようにこの調子で進めていきたいところですね。ただ、練習中の仕草から、もしかすると寄りが悪くなってしまいそうな感じも見受けられるので、その点はよく注意していきたいと思います。入厩後からここまで飼い葉はしっかりと食べていて、体調面での不安は特にありませんよ」(4/8近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:9日に南Wコースで時計
・次走予定:4月19日の福島・障2750m(五十嵐J)

稲垣師「9日に南Wコースで追い切りを行いました。単走で、70-40を少し切る程度でしたが、馬場の外目を回りながらも最後まで楽な感じで走れていましたね。今週も五十嵐騎手が騎乗し感触を確かめてもらいました。歩様の硬さから角馬場での準備運動中に2,3回躓くようなところがあったようですが、速いところに行けば特に気にならず、動きも良かったので大丈夫ということでした。そこで、今後について相談した結果、あまり調教をやり過ぎて脚元に負担が掛かってもいけませんし、来週の福島の障害未勝利戦を目標にすることにしました。なお、飛越が下手なタイプでもないですし、あまり障害練習をする必要はないと思うというジョッキーからの進言もあり、こちらでは飛ばさないで調整していくことも考えています」(4/9近況)

五十嵐 9南W良 68.7- 53.5- 39.6- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

美浦入り後のクールキャットはゲート練習中心の日々。今のところは順調ですが、大型馬なので発馬はモタモタ。練習を重ねていく必要がありそうです。ただ、少し気の悪さを持っている馬なので、詰め込み過ぎると逆効果。気分を損ねないように注意して欲しいです。

ヴェルトゥアルは来週の福島の障害未勝利を予定。時計は出していますが、脚元の状態が不安。衝撃の大きい障害だと余計に怖いです。飛越に関しては下手ではありませんが、レースの流れに乗って飛越することで、バランスを崩したりしなければ良いのですが…。レースでの落馬は回避してもらわないといけません。

2020年4月 4日 (土)

シルクなお馬さん(障害馬・入厩組)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:1日にCWコースで追い切り
・次走予定:中山4月18日・中山グランドジャンプ(J・G1)

荒川師「1日にCWコースで追い切りました。西谷誠騎手に跨ってもらって感触を確かめてもらいましたが、最後まで楽な手応えで、前走以上に動きが良かったと言っていました。障害は安定して飛んでくれるので、競馬までに確認する程度で十分だと思いますし、中山競馬場の許可が下りればレース当該週にスクーリングを行いたいと考えています。脚元の状態もここまで気にならないですし、今の状態を維持しながら再来週のレースを目標に進めて行きたいと思います」(4/1近況)

助 手 29栗坂不 59.7- 43.8- 29.4- 14.7 馬なり余力
西 谷 1CW良 68.3- 52.9- 39.3- 12.3 馬なり余力

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:2日に南Wコースで時計

稲垣師「予定通り3月28日に坂路コースで終いサッと脚を伸ばす形で時計を出しましたが、次の日から右前球節の腫れが少し増してきてしまいました。元々、左トモに弱さがあって、その対角線上にある右前に負担が掛かってくるためだと思いますが、歩様には見せていませんし、触診での反応もありません。週明けからは軽めの運動で様子を見てきましたが、状態は落ち着いていたので、2日に南Wコースで追い切りを行いました。五十嵐騎手に感触を確かめてもらいましたが、より負荷の掛かった状況でも、先週に続いて特に気になるところはなかったとのことです。動きも悪くなかったですし、上がりの感じも異常は見られませんが、今後もよく脚元をケアしながら進めていきたいと思います」(4/2近況)

助 手 28美坂良 58.1- 42.8- 28.1- 13.2 馬なり余力
五十嵐 2南W不 68.0- 53.0- 39.5- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツは前走時に脚元に疲れが出てしまったので、この中間もそういうことが起きないかドキドキしていましたが、プール調教を活用しながら問題なく調整が進んでいるのは何より。前走で余裕のあった馬体も競馬ブックの追い切りの短評を見ると、着実に絞れて来ている様子。前哨戦を叩いて状態は上がってきています。次走の鞍上に関してはハッキリとしたアナウンスはありませんが、追い切りで西谷Jが跨っているので、熊沢Jに次走で戻ることはなさそう。前走でチャレンジした先行策が本番で生きて欲しいです。

ヴェルトゥアルはようやく時計を出し始めましたが、元々弱さの残る左トモの対角線上にある右前に負担が掛かってきている様子。球節の腫れは油断は出来ませんが、入念なケアによって酷くなるのを耐えてもらうしかありません。ただ、レースへ行くと飛越しないとダメですから、今の状態では故障の可能性はじりじり上がってきているように思います。正直心配です。

2020年3月27日 (金)

シルクなお馬さん(障害馬)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:中山4月18日・中山グランドジャンプ(J・G1)

荒川師「先週一杯はレースの疲れを取る為にプール調教を取り入れるなどして、軽めの調整に控えていましたが、その後も状態は変わりありませんでした。脚元に疲れが出ることもないですし、このまま中山グランドジャンプに向けて進めて行けそうです。レースまでまだ少し時間があるので、暫くは普通キャンターで調整しておきます」(3/26近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:馬場で軽めのキャンター

稲垣師「先週追い切ってからしばらくして、右前球節に徐々に腫れが出てきてしまいました。歩様には大きく見せていませんでしたが、騎乗した人間は少し気になるということだったので、先週末は速めのところを行わず、軽めの運動に控えました。週明けの歩様にもまだ硬さが見られるものの、五十嵐騎手に感触を確かめてもらったところ、大きく気になる部分はないということなので、このまま在厩で進めていきたいと思います。依然として、右前には浮腫みが見られますが、靭帯に傷みはないようですし、今週末に改めて少し速めのところを行ってみたいと考えています」(3/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツは前走の調整時にモヤっとした右前球節はまだ万全とは言えないも、プール調教を取り入れることで心肺機能は強化中。ひとまずケアは入念に行ってもらい、来週の週中ぐらいから時計を出していってもらえればと思います。

リフレッシュ効果を感じさせたヴェルトゥアルですが、障害練習を行った後ぐらいから右前球節に腫れを確認。歩様にはその影響をさほど感じさせないも、騎乗者には少し気になる様子。ひとまず軽めの調整で推移を窺っていますが、福島で使えるまでに回復が進むかとなると正直怪しい感じ。ズルズル予定は延びて行きますが、再度一息入れることを早めに検討したほうが無難に思います。

2020年3月20日 (金)

シルクなお馬さん(障害馬)

Photo シングルアップ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に障害コースで追い切り
・次走予定:中京3月28日・障害オープン(森 一J)

寺島師「18日に障害練習を行ってから、障害コースで時計を出しました。障害飛越は問題ないですし、追い切りでも折り合いを欠くことはなかったので、レース1週前としては順調に仕上がってきています。負荷を掛けても良い体つきを維持しているので、今の状態を維持しながら来週の競馬に向かいたいと思います」(3/19近況)

森 一 18栗B良 53.7- 37.5- 12.2 馬なり余力

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:障害練習
・次走予定:第1回福島開催

稲垣師「帰厩後も特に馬体に問題はありませんでしたので、17日に五十嵐騎手に手伝っていただき、障害練習を行っています。特段何か変わった印象はありませんが、右トモに疲れが無く、馬はフレッシュなことで活気がありますね。右にモタれる面も今のところはそれほどキツくないですし、あとは週末に少し速めのところを行う予定ですので、そこでの動きで、福島開催のどこで使うか決めたいと思います」(3/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シングルアップは来週の出走へ向け、着々と仕上がっている印象。気分良く走らせてあげれば、折り合いも問題ないと思うので、失速を怖がらない競馬を貫いてもらえればと思います。

ヴェルトゥアルは時計はまだ出していないも、障害練習には着手。トモに疲れが溜まり出すとモタれる面を覗かせるのですが、今のところは大きな問題には至らず。ただ、これから障害練習や追い切りを重ねていくと疲れが蓄積されていくと思うので、その際に悪い癖を覗かせないように、今の段階から馬体の入念なケアを行っていってもらいたいです。次走で障害3戦目。変わってこないと厳しいジャッジが下されるかもしれません。

2020年3月14日 (土)

12日に美浦・稲垣厩舎へ帰厩しています。☆ヴェルトゥアル

202003_20200313064301

Photo ヴェルトゥアル(牡・稲垣)父スマートファルコン 母シルクユニバーサル

・在厩場所:12日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:第1回福島開催

稲垣師「12日の検疫でこちらへお戻しさせていただきました。目標の福島開催に向けて明日から乗り運動を開始する予定ですが、トモに疲れが溜まりやすいタイプですし、慎重に立ち上げていきたいと思います。なお、引き続き障害練習は五十嵐騎手にお願いする予定です」(3/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春の福島開催での出走へ向け、NF天栄で調整を続けていたヴェルトゥアルは12日に美浦へ。これから出走へ向けて態勢を整えていくことになりますが、背腰からトモにかけて疲れが蓄積しているようで坂路入りを避けて周回コースで乗り込んでいました。これから障害練習を始めていくと、更に疲れが溜まりそうなのが心配。無事にレースまで辿り着けるかとなるとちょっと怪しいかも。また、前走は馬群の後ろをに何とかついて行っているだけだったので、平地へ戻すことも検討しても。ただ、どちらへ転んでも、次走では厳しい結果が待っているでしょうねえ。

2020年3月 9日 (月)

シルクなお馬さん(5歳上牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「左前脚については無理をさせなかったことで、順調に良化してきていたことから、今週は坂路コースでの乗り込みを再開しています。一頓挫ありましたが、動きは良い意味で変わりないので、このまましっかりと乗り込んでいきたいですね。馬体重は490キロです」(3/6近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第1回福島開催
・調教内容:週2回周回コースで6ハロン15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「トモに疲れが出やすいタイプなので、今週も周回コースメインで進めています。先日来場して状態を確認された稲垣調教師は『五十嵐騎手と相談して、福島開催を目標にする方針となりましたので、来週帰厩させたいと考えています』と仰っていました。帰厩の声が掛かるまでは、このまま乗り込んで状態を整えておきたいと思います。馬体重は502キロです」(3/6近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは左前球節を少し傷付けてしまいましたが、無理をさせなかったことで順当に良化。一頓挫はありましたが、結果的には1週間ほどリフレッシュさせたと同じようなことなので、ここからしっかり乗り込んでいけば問題ないでしょう。

ヴェルトゥアルはトモに疲れが出やすいということで引き続き坂路に入れず、周回コースで長目の15-15を消化中。動きには特に問題ありません。また、この中間、次走の予定が話し合われて春の福島開催での出走へ。障害入り後もなかなか結果が出ていません。飛越はそこまで下手ではないのでレースの流れにスッと乗っていければ変わり身はあるかと信じたいのですが…。

より以前の記事一覧

  • シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)
  • その他のカテゴリー

    アクウェイントの18 アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グレイシャーパーク サファリミスの18 サリオス シェダル シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ ラッキートゥビーミーの18 リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ ロコポルティ ロッシェノワールの18 ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 週末の競馬より (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)トルネードフラッグ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)グランドサッシュ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シグナライズ (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レインドロップス (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴェルトゥアル (引退)ヴォルケンクラッツ

    2020年7月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    カテゴリー

    無料ブログはココログ