出資馬一覧

カテゴリー「アーモンドアイ」の93件の投稿

2018年10月14日 (日)

考え出すと不安は尽きませんが、自分のリズムで競馬が出来れば結果は付いてくる筈。史上5頭目の牝馬3冠を達成して欲しい。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜京都11R 秋華賞(G1・芝2000m)6枠11番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「火曜日の調教で追突が見られましたので、今日は坂路で追い切りを行いました。今週もクリストフ(C.ルメール騎手)に跨ってもらいましたが、全体時計は49秒7とかなり速い時計が出ましたね。先週に比べると時計の出やすい馬場とは言え、やはり能力の高さを感じさせます。また、ほぼ馬なりに近い感じでしたし、無理に出した時計ではないのでそこまで反動も無いと思いますよ。ひと夏越して、見た目もボリューム感が出てきており、充実したなという印象を受けます。桜花賞、オークスとここまで思っていた以上のパフォーマンスを見せてくれましたから、今回の秋華賞もきっと大きな仕事をしてくれると思いますし、無事に出走させられるよう追い切り後のケアをしっかり行いたいと思います」

C.ルメール騎手「10日の追い切りに乗せていただきました。坂路での調教で、時計はかなり出たようですが彼女(アーモンドアイ)にとっては軽い運動のようでした。フットワークやバランスも良く、息遣いも良かったですね。先週と比べても、反応も良いですしコンディションは徐々に上がってきているように感じました。そして、夏場にリフレッシュしたことで筋肉が付いて、またパワフルになっていますよ。京都の2000mはトリッキーなコースなので最初のポジションが大事になるでしょう。彼女のスタートや道中のペース次第にはなりますが、なるべく良い位置でレースを進めたいですね。トリプルクラウン目指して頑張ります」 (10/10近況)

助 手 7美坂良 56.2- 41.1- 27.0- 13.5 馬なり余力
ルメー 10美坂良 49.7- 37.0- 24.7- 12.5 馬なり余力 ミッキークロス(古500万)馬なりを1.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都5日目(10月14日)
11R 秋華賞(G1)
サラ 芝2000メートル 3歳OP 指定 国際 牝馬 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手 調教師
1 1 ラテュロス 牝3 55 秋山真一郎
1 2 カンタービレ 牝3 55 武豊
2 3 スカーレットカラー 牝3 55 岩田康誠
2 4 ランドネ 牝3 55 戸崎圭太
3 5 サラキア 牝3 55 池添謙一
3 6 パイオニアバイオ 牝3 55 柴田善臣
4 7 ラッキーライラック 牝3 55 北村友一
4 8 トーセンブレス 牝3 55 藤岡佑介
5 9 サトノガーネット 牝3 55 浜中俊
5 10 オールフォーラヴ 牝3 55 幸英明
6 11 アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール
6 12 オスカールビー 牝3 55 川須栄彦
7 13 ミッキーチャーム 牝3 55 川田将雅
7 14 ゴージャスランチ 牝3 55 横山典弘
7 15 ハーレムライン 牝3 55 大野拓弥
8 16 プリモシーン 牝3 55 北村宏司
8 17 サヤカチャン 牝3 55 高倉稜
8 18 ダンサール 牝3 55 M.デムーロ

○国枝師 「オークスは力を出し切ったので疲れもあったが、夏場は放牧に出してしっかり休養してリフレッシュ。馬体は増えているくらいで成長を感じる。ステップを挟まなかったのは予定通りで京都の内回りでも自分の走りが出来れば」(土曜・競馬ブックより)

○国枝師 「木曜の計量で480キロ以上あったし、輸送してもプラス10キロぐらいで出走できそう。前走の競馬が出来れば枠順も気にしていない。期待に応える走りをして欲しいね」(日曜・競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞】どよめいた!牝馬3冠へアーモンドアイ破格の坂路49秒7(スポーツ報知より)

第23回秋華賞・G1(14日、京都)の追い切りが10日、東西トレセンで行われた。史上5頭目の牝馬3冠制覇に挑むアーモンドアイは、美浦・坂路で馬なりのまま49秒7と破格の好時計。国枝調教師、ルメールがそろって、最強の頂へ自信をみなぎらせた。

坂路モニターに表示された破格の走破時計。史上5頭目の牝馬3冠を狙うアーモンドアイの走りに、調教スタンドにいた調教師の間から誰からともなくどよめきが起こった。4ハロン49秒7―12秒5。2週続けて騎乗したルメールの手綱はほとんど動かず、馬なりのまま圧巻のデモを披露した。

「走りやすい馬場でもあったし、この馬の能力でもある。ほとんど追っていないからね」。涼しい顔でモニターを見つめていた国枝調教師は一転、坂路下でクールダウンする愛馬の脚元に鋭い視線を送った。

当初は先週に続きWコースで追い切る予定だったが、急きょ坂路に変更した。「追い切り前日の火曜もWコースで乗ったんだけど、馬が充実して、トモ(後肢)の踏み込みが強くなっていたんだ。そのぶん、前脚に(後脚を)ぶつけるところも見られた。坂路の方が軽減できると思ったので」と国枝師は説明。想像以上にパワーが増したことで、自らの脚を傷つける可能性もあった。だからこそ追い切り後は、周囲を寄せ付けないほどのまなざしで入念なチェックを繰り返した。

春よりさらに成長する女王に、「夏休みから、いい状態で戻ってきた。ひょっとしたら、前走からプラス10キロくらいの馬体重でいけるんじゃないか」。その言葉通り、見た目にも筋肉量が増して、馬体も大きく見せている。

貫禄すら感じさせる動きと状態面。初の京都内回り、約5か月ぶりの一戦になるが「競馬なので何があるか分からない。でも、アーモンドアイが普通に走ってくれたら何とかなるんじゃないかと思う」。10年アパパネに続く牝馬3冠達成なら、同一厩舎では史上初。トレーナーの言葉と表情から、揺るぎない自信と信頼がにじみ出た。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイ牝馬3冠へ速い展開を希望/秋華賞(日刊スポーツより)

牝馬3冠の最終戦・秋華賞(G1、芝2000メートル)は明日14日に京都競馬場で行われる。12日は枠順が確定した。

牝馬3冠がかかるアーモンドアイは真ん中に近い枠(6枠11番)になった。国枝師は「枠順はよしとして、流れてくれれば競馬は楽になる」と速い展開を望んだ。この日は馬がイライラしていたため、馬場入りせず厩舎周りの運動のみで終えた。土曜に京都競馬場へ移動する。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞】アーモンドアイ 堂々の京都入り「力は出せると思う」(スポニチより)

あす14日に行われるG1秋華賞で、史上5頭目の牝馬3冠を目指す関東馬アーモンドアイ(牝3=国枝)が13日午後1時1分、決戦の地である京都競馬場に無事到着した。

馬運車から降りると、堂々とした脚取りで馬房へ。「渋滞で少し遅れたが、車の中での終始落ち着いていた。いつも通りの雰囲気」と根岸助手。「調教はしっかりやって、力は出せると思う。春より筋肉量が増え、お尻や腹回りがどっしりした」と、たくましさを増した愛馬に目を細めた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

史上5頭目の牝馬3冠がかかるアーモンドアイの秋華賞。さすがに緊張は高まりますが、タフな競馬となったオークス後、大きなトラブルなく、この舞台に戻ってこれたのは何より。暑い気候にも負けず、コツコツ乗り込んできたことでパワーアップすることも出来ました。元々攻めは抜群に動いていましたが、春よりも更に動きに凄みを増しています。他馬もひと夏越してそれぞれに成長を遂げているでしょうが、春時点の差が詰まっている感じはしていません。本音は同世代の牝馬にはもう負けて欲しくありません。

あとは陣営とアーモンドアイを信じて、レースを見守るのみ。激走後の1戦+久々で気持ちが乗った走りが出来るかどうか、トリッキーなコース+他馬にマークされる立場で不利なく競馬が出来るかどうかなど不安は尽きませんが、色々あるのが競馬です。そう簡単には勝たせてくれないと思っています。

まあ、それでもアーモンドアイの力を出し切ることが出来れば、結果は付いてくる筈。今回もスタート地点がスタンド前なので過度のイレ込みは避けて欲しいところ。ここ最近、涼しくなってきたのはプラスでしょう。レース運びはC.ルメールJにお任せしますが、自分のリズムで勝負どころから動いていって欲しいです。直線の短い京都内回りですが、仕掛けてからの反応が抜群に速い馬ので、ディープインパクトの有馬記念のようにスーッと捲っていって、早目先頭から堂々押し切ってくれることを願っています。

2018年10月 6日 (土)

C.ルメールJを背に格の違う動きを披露。来週の出走へ向けて着々と仕上がっています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「4日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。今週は予定通りクリストフ(C.ルメール騎手)に跨ってもらいましたが、道中は重賞馬のロジチャリスを追走し、直線で内に入れて追い出すと1馬身ほど抜け出してゴールしています。帰厩後初めてウッドチップコースで追い切りましたが、重い馬場に脚を取られることなく、最後までしっかりと走れていて動きは良かったですよ。まだ少し息遣いは重かったようですが、すぐに息が戻りましたし、しっかりと負荷の掛かった追い切りが出来ましたから、これで上向いてくるでしょう。来週も同じような形で追い切りを行う予定です」

C.ルメール騎手「4日の追い切りに乗せていただきました。馬場入りする前は少し力むようなところがありましたが、走り出すと落ち着いていました。直線もしっかりと反応してくれましたし、良いフットワークだったと思います。まだ体には幾分余裕がありそうな印象を受けましたが、乗っていて凄く気持ちが良かったように、動きそのものは良かったと思いますし、とてもクレバーな馬で自分が何をすべきか分かっていますね」 (10/4近況)

ルメー 4南W良 81.8- 66.1- 51.3- 37.4- 12.2 馬なり余力 ロジチャリス(古オープン)馬なりの内0.5秒追走0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞】アーモンドアイ3冠制覇へ視界良好!ルメール背に躍動12秒7「自信あります」(サンスポより)

3歳牝馬の3冠最終戦、秋華賞の1週前追い切りが4日、東西トレセンで行われた。美浦では史上5頭目の3冠牝馬を目指すアーモンドアイ(国枝)がルメール騎手を背に上々の動き。久々の不安を払拭した。

輝きは失われていなかった。オークス以来のぶっつけで牝馬3冠制覇を目指すアーモンドアイが、主戦のルメール騎手を背に躍動した。

美浦Wコースでロジチャリス(OP)を3馬身追走。約4カ月半ぶりとなる人馬の呼吸は完璧で、直線は馬なりで内から併せて鋭く伸び、6ハロン82秒5-12秒7をマークして半馬身先着した。

「たぶんまだ太いけど、フットワークはすごく良く、直線も反応していました。G1なのでトップコンディションに持っていかなければ大変だけど、来週追い切ればそれに近づけます。自信はあります」と、久々に味わう愛馬の感触に鞍上は笑顔。見届けた国枝調教師も「他馬がいて少しごちゃついたけど、実戦みたいな形でよかったんじゃないか。俺たちがどうこうより、クリストフ(ルメール)がいいと言ってくれているのが一番」と納得の表情を浮かべた。10日もルメールが美浦で追い切りに騎乗。総仕上げを行う予定だ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよレースが近づいてきたアーモンドアイ。1週前追い切りは4日に行われ、C.ルメールJが駆け付けてWコースで追われています。

ここまで坂路で仕上げてきましたが、Wコースでの動きは春と変わらない動きの俊敏さ。仕掛けられるとグッと馬体が沈み、力強い脚捌きを見せてくれました。最後の伸びはまさに役者が違うという感じです。このひと追いで馬体が絞れ、グッと良くなるでしょうから、安心してレースへ送り届けることが出来るでしょう。ただ、ここで気を許すことなく、再度気を引き締めてレース当日を迎えてもらえればと思います。

2018年9月29日 (土)

坂路での併せ馬で追走先着。秋華賞・2週前追い切りを無事終える。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に坂路コースで時計
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「26日には坂路コースをサラッと1本登坂し、27日に追い切りを行いました。雨が降って馬場状態が良くなかったので、無理しない程度に坂路コースで併せて行いましたが、道中はアーモンドアイが追走していき、最後は大きく離してゴールしています。500万クラスの馬だったとは言え、楽に相手を交わして行きましたし、やはり動きが違うなと思いましたよ。普段は元気の良いところを見せていますが、走り出してしまえば折り合いを欠いたりしませんし、特に問題はありません。来週はルメール騎手に乗ってもらい、追い切りを行う予定にしています」(9/27近況)

助 手 23美坂稍 57.8- 42.0- 27.8- 13.9 馬なり余力
助 手 27美坂重 53.7- 39.8- 26.0- 12.9 馬なり余力 オノリシャス(古500万)一杯を0.7秒追走0.6秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【秋華賞2週前追い】アーモンドアイ、牝馬3冠へ成長(スポニチより)

今春の桜花賞&オークスを制したアーモンドアイ(牝3=国枝)が27日、牝馬3冠が懸かる秋華賞(10月14日、京都)の2週前追いを美浦坂路で行った。5馬身前を走るオノリシャス(4歳500万)を手綱を押さえたままで抜き去り、豪快に3馬身先着。4F53秒7〜1F12秒9(馬なり)。力感あふれる脚さばきは春より一段と成長した印象だ。

坂路テレビで確認した国枝師は「Wコースの馬場状態が良くないので坂路で追ったが、動きはいいよね。体もボリュームアップしていい感じ。全体的に身が入って、力強さが出た」と目を細めた。オークス優勝後はNF天栄でリフレッシュ。2週前の12日に美浦に戻り、20日に坂路4F55秒5で初時計。同師は「今現在で480キロ(前走・オークスは466キロ)。京都へ輸送もあるのでレース当日は470キロぐらいかな。少し増えているぐらいで出せそう」と3冠に向け、順風満帆の調整を続けている。

次週10月4日の1週前追い、当週10日の最終追いは主戦ルメールが騎乗予定。10年アパパネに続き、自身2頭目の牝馬3冠の偉業が懸かる国枝師は「プレッシャーはやっぱりあります。このまま普通にいってほしい」と気を引き締めていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、ひとまず無理のない範囲で調整が進められているアーモンドアイ。

秋華賞への2週前追い切りにあたる27日の追い切りは馬場を考慮してWコースではなく坂路を選択。僚馬を目標に進めて最後は内から抜いていく形で行われたようですが、サラッと追われて程度でも上々の反応・動きを見せ、僚馬に大きく先着。まだまだ戦闘モードに入っていませんが、さすがの動きです。

また、更新された画像を見ると、馬体の肌艶・張りは上々。目も凛として状態の良さは伝わってきます。暑い中、地道に乗り込んできた成果は想像以上に大きそうです。

1週前追い切り・最終追い切りはC.ルメールJが跨って行われる予定です。同世代の牝馬では抜けた存在なので、絶好調で秋華賞へ臨むのではなく、多少余力を残した状態でレース当日を迎えるように持っていってもらえれば思います。牝馬3冠を意識し過ぎるとオーバーワークに繋がる恐れがあります。それだけは絶対避けなければいけませんから。

2018年9月24日 (月)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:第4回東京開催
・調教内容:19日に坂路コースで時計

牧師「19日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はリゾネーターが追走していき、最後はしっかりと追い付いて同入しています。最後まで持ったままだったように手応えには余裕がありましたし、いい動きを見せてくれたと思います。今回はここまである程度攻めた調教が出来ていますし、それに伴い徐々に馬体も引き締まってきている印象で、順調に調整を進められていると思います」(9/20近況)

助 手 16美坂稍 55.1- 38.6- 25.2- - 馬なり余力 タンクティーエー(二未勝)馬なりを0.2秒追走同入
助 手 19美坂良 55.2- 39.4- -- 13.3 馬なり余力 タンクティーエー(二未勝)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 23南W稍 54.0- 38.2- 12.4 一杯に追う タンクティーエー(二未勝)一杯の内0.2秒追走同入

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計
・次走予定:10月7日の東京・ダ1400m

国枝師「20日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中はウォリアーズクロスが先行していき、最後は併入しています。前半がゆっくりだったので少し全体の時計を要してしまいましたが、格上馬相手にしっかりと食らい付いてくれて、悪い動きではなかったと思いますよ。ただ騎乗した助手は『少し左にモタれるところがあった』と言っていましたので、その点にはよく注意しつつ徐々に状態を上げていければと思います」(9/20近況)

助 手 17美坂良 57.5- 42.6- 27.8- 13.8 馬なり余力
助 手 20美坂良 54.7- 39.7- 25.9- 12.7 馬なり余力 アンティノウス(古1600万)馬なりに0.9秒先行同入
助 手 23南W稍 56.7- 41.9- 13.7 馬なり余力

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:20日に坂路コースで時計
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「久々のトレセンということもあり、こちらの環境に慣れさせるため、先週一杯は軽めの調整で様子を見ていました。19日は全休日明けということに加えて、周りの馬も騒がしかったので、珍しく元気のいいところを見せていたものの、その他に大きな問題はなかったことから、20日に坂路コースで時計を出しました。初時計ということもあり、無理せず単走で行いましたが、軽やかなフットワークで駆け上がれていましたし、やはり他の馬とは動きが違うなと思いましたよ。騎乗した助手は『まだ動きに重さは感じましたが、最後は反応していましたし、走りに悪いところはなかったです』と言っていました。週末も坂路でサッと脚を伸ばして、来週くらいからフラットコースでの調教も取り入れていければと思っています」(9/20近況)

助 手 20美坂良 55.5- 40.7- 26.7- 13.4 馬なり余力
助 手 23美坂稍 57.8- 42.0- 27.8- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

去勢の効果は何とも言えませんが、以前よりも負荷を高めた追い切りが出来ているリゾネーター。脚元を含め、体質面で幾らか強化できているようです。また、太目が残るようなら、プール調教を積極的に取り入れてもらいたいです。

ウォリアーズクロスはひとまず順調に来ていますが、少し左へモタれる仕草。ハミ受けの癖から来ているのなら良いのですが、パンとしていないトモの疲れからモタれる素振りを見せているのなら心配。ビシビシ攻めることが出来ない分、丹念に時計になるところを乗っていってもらいたいです。

アーモンドアイは帰厩後の初時計をマーク。珍しく坂路で追われましたが、脚慣らしという意味合いが強そう。また、元気が有り余っている様子はこの馬には悪いことではありません。それだけ春の疲れが尾を引いていないことですから。週中からWコースで追い切りを強めていくでしょうが、春と変わらない動きを見せてもらえればと思います。

2018年9月14日 (金)

12日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:12日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ

国枝師「予定通り12日に帰厩させていただきました。オークス後はかなり疲労があったもののノーザンファーム天栄がしっかりとケアをしてくれましたし、その後の立ち上げからここまでも予定通りに進めてくれました。牝馬三冠がかかるこの秋はとても注目を集める存在だと思いますし、秋華賞できちんと結果を出してその後の状態に問題がなければ一つの選択肢としてジャパンCへの挑戦も考えられればいいなと思ってはいますが、まずは万全の態勢で秋華賞へ出走させることだけに集中したいと思います」(9/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬2冠アーモンドアイ、ジャパンC参戦も(スポーツ報知)

春の牝馬2冠を完勝したアーモンドアイ(牝3歳、美浦・国枝厩舎)が、秋初戦となる秋華賞の後にジャパンC(11月25日、東京)への参戦を視野に入れていることが12日、分かった。

オークスの後は福島・ノーザンファーム天栄へ放牧に出され、12日に美浦トレセンへ帰厩。国枝調教師は「見た感じでは成長している。ぶっつけ本番になるけど、調教で仕上がるタイプ。あと1か月、しっかりやっていきたい」と、決戦が迫り改めて決意を表明した。

この日、美浦トレセンを訪れたシルクレーシング代表の米本昌史氏は「レースを使って反動が出る馬。あくまで馬の様子を見てから、その後を決めることになるでしょう」と前置きした上で、今後のローテについて言及。「秋にもう一戦使うとなると、ジャパンCが有力。オークスで強い勝ち方をしていますから」と世界の強豪が集う一戦へ意欲をのぞかせた。

ジャパンCを過去に制した3歳牝馬は、12年牝馬3冠馬のジェンティルドンナのみ。「まずは秋華賞。いい結果を残したいですね」と米本氏。同じノーザンファーム生産の歴史的名牝を追い、いよいよ秋の戦いがスタートする。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近況が更新される度に無事であることに胸を撫で下ろしていたアーモンドアイ。大きなトラブルなく、コツコツ乗り進めながら夏を越せたのは何より。無事+鍛えることが出来たので、春から進化しているのは間違いないところでしょう。

そのアーモンドアイは12日に無事美浦へ。ひと夏越して逞しさが増しただけでなく、精神的に落ち着きも出てきた様子。それが馬体増に繋がっているように思います。

今週末から時計を出し始め、まずは万全の状態で秋華賞へ向えるように着実に状態を上げていってもらえればと思います。

2018年9月11日 (火)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様の調教メニューで調整しています。馬体がだいぶ増えてきましたので、加藤調教師と打ち合わせたところ『次は東京開催の後半辺りで出走させたいと思います。帰厩までしっかりと乗り込んでおいてください』ということでした。今後も引き続き乗り込みを続け鍛えていきたいと思います。馬体重は481キロです」(9/7近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週3回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も良い意味で変化はなく、引き続き良い状態を維持しています。いよいよ来週帰厩する予定と聞いていますので、それまで気を引き締めて調整していきたいと思います。馬体重は490キロです」(9/7近況)

⇒⇒12日(水)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(10日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

冴えない成績が続く為、レースを使わずNF天栄で鍛えることを最優先してきたヴェルトゥアル。コツコツ乗り込んできた成果は少なからずあると信じています。また、揉まれ弱い性格は馬具を工夫しつつ対応していかないとダメですが、逃げよりも差し・追い込みで活路を見い出した方が良い気も。ワンパンチ気味だとは思いますが、メリハリの利いた走りを教えていって欲しいです。

アーモンドアイはいよいよ明日帰厩。前走のオークスで掲示板に載った馬たちはこぞって一頓挫ありましたが、オークスの激走による疲れをしっかり取り除き、ここまで順調にメニューを消化できたのは何より。手前を頻繁に替える走法ですが、自ら馬場を上手に捉える走りをして、脚元への負担を軽減させているのでしょうねえ。また、鍛えながら馬体重が490キロに到達しているのも好感。帰厩後もとにかく無事に進めてくれれば。

2018年9月 1日 (土)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「週明けから周回コースで軽い乗り運動を始め、30日から坂路調教も開始しました。レースの疲れはほぼ取れているので、このまま進めていけるでしょう。レース後の状態を見ても徐々にしっかりしていることがわかりますね。馬体重は456キロです」(8/31近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかりと負荷をかけています。引き続き状態面に問題はなく、間隔を空けたことでしっかりとリフレッシュができていますし、好調を維持しています。東京開催を目標に進めていますが、次は何とか変わり身を見せてほしいですね。馬体重は476キロです」(8/31近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週3回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も坂路調教を中心に精力的に乗り込まれています。美浦トレセンに帰厩するのは大体再来週ぐらいになると思いますので、それまで状態維持、体調管理にしっかり努めていきたいと思います。馬体重は487キロです」(8/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは周回コースでの乗り込みを経て、現在は坂路調教をスタート。前走時の疲れは取り除くことが出来ているので、秋の東京開催を目指して負荷を高めていくことが出来るでしょう。このまま軌道に乗ってもらえればと思います。

ヴェルトゥアルはこの中間もしっかり負荷を掛けることが出来ています。コツコツ乗り込んできましたが、クタッとする素振りを見せないのは何より。基礎体力の強化は叶っていると思いますが、精神面が充実してきているかとなると…。正直、肯定的には考えられません。

アーモンドアイはこれ以上無理することなく、状態維持に努めてもらえればと思います。来週・再来週には秋華賞のTRがあるので新たな強敵が出てくるのか注目しています。

2018年8月25日 (土)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・牧場組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:23日に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「美浦トレセン近郊の牧場(茨城県・KSトレーニングセンター)でワンクッション置いてから、23日にこちらへ移動してきました。状態面には特に問題なく、前走から時間が経過しているので、レースの疲れもほぼ取れているようです。すぐに乗り出していけるでしょう」(8/24近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:東京開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も一日置きに坂路調教を行っています。体調面には特に問題なく、調教ではしっかりと負荷をかけることができています。馬体・脚元にも不安なところはないので、今後も東京開催に向けてしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は478キロです」(8/24近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週3回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間はほぼ毎日坂路入りして、状態維持に努めています。これだけ乗り込めることからも状態の良さが伝わりますし、先日確認に来られた国枝調教師も現状に満足されていました。今後も気を緩めずに調整を行っていきます。馬体重は482キロです」(8/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

一旦、茨木のKSトレーニングセンターに移動していたアンブロジオですが、23日にNF天栄へ。疲れを取り除くことに集中していたようで前走の疲れは大丈夫そう。すぐに騎乗運動へ移行できるでしょうが、東京開催まで少し時間があるのでゆっくり進めてもらえればと思います。

ヴェルトゥアルは引き続き丹念な乗り込み。揉まれ弱さも弱点ですが、心肺機能が劣っているとも加藤師に指摘されていたので6月からの乗り込みでどこまで改善が図れているか。逆に変わり映えしないのなら先々辛いところです。ひとまず東京での出走を予定しています。

アーモンドアイは涼しい時間を選んで調教を積まれていることもあるでしょうが、元気一杯で順調そのまま。NF天栄での調教動画を見ましたが、迫力満点で駆け上がってきています。ひと夏を越してパワーアップしていることでしょう。ただ、その分、距離適性は短い方へシフトしてきているかもしれません。

2018年8月22日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかりと負荷をかけています。脚元・体調面に問題はなく、この馬なりに良い状態を維持しています。次は何とか巻き返せるように、今後もしっかりと乗り込みを続けて鍛えていきたいと思います。馬体重は479キロです」(8/17近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整を行っています。引き続き状態面に問題はなく、元気な様子で日々過ごしています。もうしばらくはこちらで調整していくことになると思いますので、今後も体調管理にしっかり取り組んでいきたいと思います。馬体重は482キロです」(8/17近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・次走予定:中山9月23日・外房特別
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター

牧場スタッフ「先週から調教を開始していますが、その後も順調に調整が進められています。現在もトレッドミルと周回コースで運動していますが、来週あたりから坂路にも入れていこうと思います。先日、安田調教師が状態を確認したところ、『このまま変わりないようであれば、9月23日の中山・外房特別に向かいたいと思います。同じ週の阪神にも番組がありますが、前走の内容からハンデが見込まれる恐れがあるので中山に向かうことにしました』と仰っていました。馬体重は496キロです」(8/17近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~15秒

厩舎長「この中間も帰厩に備えて坂路でハロン13秒の乗り込みを継続していますが、登坂回数を重ねていくにつれて素軽い動きになってきましたよ。この放牧期間に成長して力を付けているのが感じられます。春先より逞しくなっているので、レースでも良い競馬が期待できそうですね 。馬体重は491キロです」(8/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルは調教のメリハリをつけつつ、内面の強化に努めています。精神面での脆さもありますが、体力面の途上さもレースでの凡走の要因の1つ。血統的に奥行きはあると思いますし、レースを使わず鍛え込んできた日々の成果が何とか報われて欲しいです。

アーモンドアイは引き続き好調。とにかく順調であればOKです。疲れを溜め込まないように注意して、帰厩までの日々を過ごしてもらえればと思います。

レースを使ってまもないダイアトニックですが、そろそろ坂路での乗り込みを開始する模様。まだまだ体質の弱さは残りますが、回復度合いはだいぶ早くなっています。次走は来月23日の中山・外房特別を予定。積極的に色んな競馬場へ持っていっていることが後々生きて欲しいです。

ドレークは一時調教のペースを控えましたが、この夏場はNFしがらきの坂路でみっちり鍛え込まれました。それによって確実にパワーアップしているので、レースへ行って少しでもピリッとした脚を繰り出せるようなら…。どこまで変わってきてくれているか早く知りたいです。

2018年8月14日 (火)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教を継続しています。先週からペースを少し落としましたが、特に問題があるわけではありません。ただ徐々に増えてきたものの、馬体重はまだ競馬からマイナス6キロなので、もう少し増やしていきたいですね。次は条件を少し変えて距離短縮を図ってみることになりましたので、東京のダ1400m辺りが目標になってくるでしょう馬体重は478キロです」(8/10近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も坂路コースで入念に調整を行っています。体調面に問題はなく、引き続き良い状態を維持しています。今後も気を引き締めて調教を続けていきます。馬体重は483キロです」(8/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルは調教の強弱をつけつつ、この馬なりに順調。ただ、もっと馬体に丸み・迫力が出てきて欲しいところ。牡馬らしい逞しさが備わってきてくれれば良いのですが。今のままでは1勝馬クラスでもしんどいかなと思います。

アーモンドアイは変わらず来ているというのが1番。あと1ヶ月後ぐらいには厩舎へ戻ると思うので、欲張らずに現状キープで進めていってもらえればと思います。とにかく怪我には細心の注意をお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ