出資馬一覧

カテゴリー「アーモンドアイ」の44件の投稿

2017年10月14日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・先週末出走組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

加藤征師「競馬の後も馬体・脚元に異常はありませんでした。競馬の後の方が馬体の張りなど良くなっていますし、雰囲気はいいですよ。12日に一旦放牧に出しますが、放牧後の状態に問題がなければ、次走は次開催の東京4週目のカトレア賞が有力ではないでしょうか」(10・13近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックで軽めの調整

天栄担当者「レース後も馬体・脚元には特に異常ありませんでした。ただ当然、競馬を使ったなりの疲れはありますので、まずは軽めの調整で疲労回復に努めたいと思います。国枝先生からは『状態が整えば東京開催の内にもう一走したい』と連絡を受けています」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末に東京戦で勝ち上がってくれた2頭。既にNF天栄に移動しており、次走へ向けて英気を養っています。

追い切りでやや物足りない面を見せていたヴェルトゥアルは反動よりも良化が目立つ程。レースを使って目覚めてきたものがあるのでしょう。この感じを維持できれば、次走はカトレア賞へ向かうことになるのでしょう。

アーモンドアイは前走後すぐに放牧に出され、松風馬事センター経由でNF天栄へ。それなりの疲れはあるようですが、脚元・馬体は問題なし。まずはゆっくりさせて馬体重の回復を優先してもらえればと思います。今後についてはヴェルトゥアル同様に次開催の東京を視野に入れている模様。2歳馬が多数勝ち上がっているので使い分けが大変ですが、手堅く500万下で2勝目を狙ってほしいです。

2017年10月11日 (水)

2戦目で集中してレースへ臨めたのが何より。ここではモノが違うところを見せつける楽勝。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜東京2R 2歳未勝利・牝馬(芝1600m)優勝(1番人気) C.ルメールJ

まずまずのスタートから、中団の外目で流れに乗ります。4コーナーから徐々に進出し、馬なりのまま直線坂上で先頭に躍り出ると、そのままステッキを使うことなく後続を突き放し2着に3馬身半差の圧勝劇を演じています。

C.ルメール騎手「スタートを普通に出てくれましたし、前回は周りの馬に気を使ってフワフワしていましたが、今日は自分からハミを取って進んで行ってくれました。追い出してからの反応も良かったですし快勝ですね。前回もあと少し直線が長ければ差し切れた競馬だったのですが、広い東京コースで今日はきちんと勝ててよかったです」

国枝栄調教師「きちんと走れればこれくらい走れる能力があるのだから、初戦も取りこぼしてはいけなかったですね。この馬のいいところは前半で力んだりせず無駄な消費をしないから、いざ追い出すと全身を大きく使ってストライドが伸ばせるところですね。今後の予定はレース後の状態を見てからになりますが、来年のクラシック路線に乗せないといけない馬ですし、それだけの能力はあると思っています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。落ち着いた流れも中団の外で脚を溜める。直線は持ったままで先団に並びかけ、残り200mで交わして一気に突き放すと、最後は鞍上が左右を振り返る余裕がありながら、ノーステッキでの快勝。ひと言強い。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【2歳勝ち馬診断】未勝利戦をほぼ馬なりで完勝のアーモンドアイ…重賞級のポテンシャルを感じる(スポーツ報知)

8日の東京2Rの2歳未勝利(芝1600メートル、15頭立て=牝馬限定)は、単勝1・2倍、断然の1番人気に推されたアーモンドアイ(牝、美浦・国枝栄厩舎=ロードカナロア産駒)が直線余裕の手応えで抜け出し、2着コスモフェリークに3馬身半差をつけて2戦目で勝ち上がった。勝ち時計は1分35秒1。

ルメールは「初戦はこの馬には距離(新潟・芝1400メートル=2着)が忙しく、物見もしていた。今日は楽勝」と笑顔で振り返った。

新馬戦は、中間点付近から鞍上がうながしても反応せず、直線で馬群を割って伸びるも、2番手から早めに抜け出した勝ち馬(ニシノウララ)に残られた。

一度叩いたことで、道中自分からハミを取って進む積極的な面が出て、直線もほぼ馬なりの完勝。力が二枚も三枚も違った。

これが新種牡馬ロードカナロア産駒の16勝目。母は2006年エリザベス女王杯を制したフサイチパンドラ(父サンデーサイレンス)。過去に非SS種牡馬のキングカメハメハ、シンボリクリスエス、ハービンジャーと配合されて、大物を出せていなかったが、ようやく最良のパートナーと出会ったか、この馬の器は相当にデカそうだ。

今回の相手は緩かったが、重賞級でも通用のポテンシャルを感じる。レースぶり、中距離以上を主戦場とした母のアシストを得て、2000メートルをこなしていく可能性も。次走が非常に楽しみ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックや返し馬で落ち着いていれば、さすがに負けないと思っていたアーモンドアイ。マイナス6キロでの出走となりましたが、極端に細くなった印象はありません。

今回もスタートはそれほど良くなかったですが、二の脚はマズマズ。今回は中団の外を追走。デビュー戦で見せたようなフワフワした面はなく、今回は上々の行きっぷり。痺れるような手応えで最後の直線を向くと、軽く仕掛けた程度で先頭へ。激しく手が動いている他馬を尻目に抜け出し、ルメールJが軽くこぶしを動かすと大きなスライドのフットワークへ。後続を更に突き放すと、ルメールJが右後方・左後方を確認するパフォーマンス。それだけ余裕があったんだと思います。

これほどのパフォーマンスを見せての初勝利は私の出資馬ではロードクエスト以来でしょうか。このまま無事に育ってくれれば、重賞は間違いなく取れる器。現在、出資している馬でG1奪取の可能性はアーモンドアイが1番高いのかなとも思います。

ただ、繊細な牝馬なので1つリズムを狂うと厄介なことに。ポン駆けの利く馬だと思うので、“1戦してNF天栄でリフレッシュ”という感じでは3歳春までは使い詰めは避け、目の前のレースに万全を期して欲しいです。

2017年10月 7日 (土)

当初の予定より復帰は延びたも、追い切りでは他馬を圧倒する動きを連発。どういう勝ち方をするか注目したい。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜東京2R 2歳未勝利・牝馬(芝1600m)6枠11番 C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで4日に時計

国枝栄師「4日に南Wコースで追い切りを行い、併走馬を追走し内から同入しました。動きは抜群でしたし、2歳新馬と併せましたが『2歳馬同士では格が違う』と感じました。前走も勝たせないといけなかったのですが、いかにも新馬らしさが出てしまいましたね。距離延長もプラスでしょうし、東京コースも合っているでしょうから、今回はしっかりと決めたいところです」(10/4近況)

助 手 4南W良 66.8- 52.0- 38.0- 12.4 馬なり余力 コズミックフォース(新馬)強目の内を0.9秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京2日目(10月08日)
2R 2歳未勝利
サラ 芝1600メートル 指定 牝馬 馬齢 発走10:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ロマンテソーロ 牝2 54 田辺裕信
2 2 ヒメベニサクラ 牝2 54 丸田恭介
2 3 ラブリートーク 牝2 51 菊沢一樹
3 4 セイウンミツコ 牝2 54 大野拓弥
3 5 メイモアナ 牝2 54 内田博幸
4 6 ヒヤシンス 牝2 54 西田雄一郎
4 7 レネット 牝2 54 三浦皇成
5 8 コスモフェリーク 牝2 54 柴田大知
5 9 ディーズフェイク 牝2 54 勝浦正樹
6 10 ブラックイメル 牝2 54 蛯名正義
6 11 アーモンドアイ 牝2 54 C.ルメール
7 12 アポロアミ 牝2 54 津村明秀
7 13 スワーリングミスト 牝2 54 戸崎圭太
8 14 ダブルミリオン 牝2 54 宮崎北斗
8 15 ウィナーポイント 牝2 51 藤田菜七子

○国枝師 「初戦は急かさない競馬だったが、終いは伸びていた。叩いて状態は上向き、距離延長で」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

圧倒的に人気を集めたアーモンドアイのデビュー戦。出資した牝馬でこれほど前評判が高かった馬はいなかったので、ちょっと緊張するほどでしたが、ただ、環境等に繊細な面を窺わせていたので、初めての実戦に戸惑うことも十分想像しての1戦でした。

そしてその嫌な予感は的中し、ゲートをボコッと出たアーモンドアイは周囲を気にする素振りを見せていたので、C.ルメールJは腹を据えての後方待機策。道中の追走もフワフワする仕草を見せ、勝負どころから押し上げることができないまま最後の直線へ。

普通なら人気を大きく裏切る凡走に終わっても仕方ないところですが、ようやくエンジンが掛かったアーモンドアイは目を見張るような伸び。勝ち馬も最後まで伸びていたのでさすがに届きませんでしたが、素質の片鱗はキラッと見せてくれました。

その後はNF天栄へリフレッシュ。当初は前開催の中山を予定していましたが、帰厩目前で左トモの球節の腫れが判明。ドキッとしましたが、少し楽をさせてことで回復。再度乗り出してからは順調で厩舎へ戻ってからも、素質馬が揃った厩舎の先輩・同期を煽る動きを披露。4日の最終追いは併せた相手の調教動画で確認出来ましたが、ゴール前の迫力・手応えの違いは明らか。1度競馬を使った後もテンションは上がらず、逆に落ち着きが出たようにも。ビシビシとはやられていないも、今度こそ初勝利を。

相手を見渡すと、なかなか粒の揃った印象を持ちましたが、アーモンドアイがスムーズな競馬が出来れば、正直負けないと思います。久しぶりにどういう勝ち方をするかを楽しみにしたいです。

2017年9月29日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関東馬・入厩組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで27日に時計
・次走予定:10月8日の東京・ダ1600m(C.ルメールJ)

加藤征師「27日に南Wコースで時計を出しました。2頭をリードし、直線は外に併せて同入しました。追ってからの反応が、思ったほどガツンと来るところがなかったですし、調教後の息の入りも少し時間がかかっていました。1週前の追い切りとしては、少し物足りないかなという印象です。来週までにどこまで変わってくるかですね」(9/28近況)

助 手 27南W良 69.4- 54.4- 40.2- 13.5 強目に追う シシハクト(新馬)馬なりの外に0.2秒先行同入

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで27日に時計
・次走予定:10月8日の東京・芝1600m・牝馬(C.ルメールJ)

国枝師「27日に南Wコースで時計を出しました。併走馬に先行し、直線は外に併せて同入しました。格上相手に全く見劣りしない動きを見せていましたし、一度使った分、調教の動きは更によくなってきましたね。来週の鞍上はルメール騎手にお願いしました。次はきっちり決めたいところです」(9/28近況)

助 手 24南坂稍 56.0- 40.4- 26.2- 12.6 馬なり余力 フロンテアクイーン(古1600万)馬なりに0.8秒先行同入
助 手 27南W良 69.0- 52.7- 38.6- 12.7 馬なり余力 アルミレーナ(古1000万)馬なりの外に1.3秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の日曜に出走を予定している2歳馬2頭の近況をまとめて。

ヴェルトゥアルは不安なく乗られていますが、肝心の動きが一息。息の入りも遅いということで良化途上なんでしょう。センスは良さそうなので実戦での変わり身に期待はしたいですが、大きなことは言えません。来週の動きがピリッとしなければ、デビューを見送って、立て直すことも視野に入れてもらいたいです。

一頓挫あって、復帰が延びたアーモンドアイ。現状、中山より東京の広いコース向きだと思うので、これは却って良かったのかなと見ています。27日はWコースで帰厩後の本格的な追い切り1本目。相変わらず稽古では素晴らしい動きを見せています。2戦目の次走はきっちり決めてもらわねばなりません。

2017年9月21日 (木)

20日に美浦・国枝厩舎へ戻っています。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:20日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:10月8日の東京・芝1600m(牝)

国枝師「20日に美浦トレセンへ戻ってきました。早速、翌日から調教を開始し、状態を見ながら追い切りも行っていきたいと思っています。東京1週目の芝1600m(牝)を本線に考えています」(9/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースまで約3週間というところになったので、アーモンドアイは20日に美浦へ。中山開催を見送ることになった左トモの球節の腫れはもう大丈夫でしょう。早ければ今週末から時計を出し始めるものと思います。

また、能力的に未勝利はすぐ脱出できると思いますが、1度競馬を経験したことで煩い面が出てこないかどうかが心配。普段のテンションが高くなると、馬体重の維持にも課題が出てくるでしょう。それさえ問題なければ、もっと上のステージでの活躍が見込める素材ですから。良い流れを築いて2戦目で勝ち上がって欲しいです。

2017年9月17日 (日)

シルクなお馬さん(2歳関東馬・牧場組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月8日の東京・芝1600m(牝)
・調教内容:週2回坂路コースでハロン14-13、週1回15-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週から登坂回数を週3回に増やし、またペースもハロン13秒まで上げています。ペースアップ後も左トモ球節の状態はいい意味で変わりありませんし、しっかりと動けています。そろそろ帰厩の声が掛かると思いますので、このまま乗り進めて態勢を整えていきたいと思います。馬体重は474キロです」(9/15近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「先週無事にこちらへ帰場しています。使ったなりの疲れは見られますし、到着後はウォーキングマシンで様子を見ています。レースで少し切ってしまった口の状態も含めて、馬体にそれほど大きな問題は見られませんので、様子を見ながら徐々に乗り出していきたいと思います」(9/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

球節に腫れが出て、中山での復帰が見送られたアーモンドアイですが、球節は落ち着いているようですし、ペースアップにも無難に対応。このまま変わらず調整が進めば、来週には帰厩となりそうです。

アンブロジオはレース後まもないということでウォーキングマシンで軽めの調整。馬体のダメージは時間が解消してくれるでしょうが、今は無理せずに進めてもらいたいです。

2017年9月 8日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関東馬・牧場組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月8日の東京・芝1600m(牝)
・調教内容:週2回坂路コースでハロン16~17秒のキャンター、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から乗り運動を開始し、坂路コースにも入れています。引き続き左トモ球節の状態は変わりないので、このまま進めていけると思います。国枝先生と打ち合わせ、東京1週目の芝1600m(牝)を目標に調整していくことになりました。馬体重は470キロです」(9/8近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:5日に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧

菊沢隆師「スムーズだったら、もう少し際どい競馬が出来たと思いますが、力のあるところは見せてくれたと思います。競馬ではモタれる面はあまり見せなかったようですが、それは口向きというよりもトモの弱さからくるものだと思いますので、これからパンとしてくれば解消されてくると思います。レース後は口を少し切っていましたし、テンションも高くなっているので、リフレッシュのため、5日にノーザンファーム空港へ放牧に出しました。放牧先での状態を見ながら、2戦目をどうするか判断したいと思います」(9/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは騎乗運動を再開。一頓挫の要因となった左トモの球節の腫れは我慢が利いている様子。このまま進めていけるでしょう。また、次走に関しては、東京開幕週の芝1600mを目標に。遅くても再来週には厩舎へ戻ることになるでしょうから、このまま調子を上げていってもらえればと思います。

アンブロジオはNF空港でリフレッシュ。少しテンションが上がっているようなので、まずは落ち着きを取り戻すことに専念してもらえればと思います。また、デビュー戦でそれなりの力は示した訳ですから、この機会に心身の成長を促す時間を設けてもらいたいです。

2017年9月 1日 (金)

シルクなお馬さん(国枝厩舎)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間はトレッドミルでキャンターの調整を行っています。左トモ球節の腫れは引いてきましたし、痛みもすでに取れているので、そろそろ乗り運動も開始し、徐々に進めていけると思います。馬体重は470キロです」(9/1近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「引き続き、ウォーキングマシンでの運動を行っています。まだ無理は出来ない状況に変わりはありませんが、脚元の状態は落ち着いています。毛艶は良好で、体調面に不安はありませんね」(9/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左トモの球節の腫れでペースダウンしたアーモンドアイ。まだまだ無理はできませんが、痛みが取れているのは何より。引き続きケアを念入りにしてもらって、騎乗運動再開のタイミングを見極めてもらえればと思います。

6月中旬に骨片除去手術を行ったウォリアーズクロスですが、引き続きウォーキングマシンでの調整のみ。脚元の腫れ・熱感はまだ完全に取れていないのかな? また、大型馬ゆえに時間が掛かっているのもあるでしょう。今月中にはトレッドミルでの運動へと移行して欲しいですが…。

2017年8月28日 (月)

左トモの球節に腫れが判明。中山開催での出走は見送ることに。★アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで常歩

担当者「23日の午後に左トモの球節が腫れているのが確認されました。痛みがあり、歩様にも出していたので検査をしたのですが、骨や腱に異常は見つかりませんでした。おそらく馬房内で蹴った拍子に打撲を負ったのだと思います。今でも腫れはまだ残っているものの、痛みは取れて歩様も改善されました。予定していた中山2週目は見送らざるを得ないですが、回復具合を見ると大きくずれ込むことはないと思います。東京開催の前半ぐらいには行けるのではないでしょうか。馬体重は466キロです」(8/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9月・中山開催での復帰戦が決まり、そろそろ帰厩というところだったアーモンドアイですが、今回の更新で左トモの球節に腫れが判明。一時、歩様にも出ていたようですが、まだ腫れが残るぐらいで快方へと向かってはいます。

ただ、予定していた中山戦は勿論回避へ。まずはしっかり治療・ケアに努め、気持ちを落ち着かせてから次走へ向けて再調整に入ってもらえればと思います。急ぐ必要は何もないですから。

2017年8月23日 (水)

シルクなお馬さん(2歳・NF天栄組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間もトモの状態に問題はなく、順調に進めています。決して細いわけではないですが、体重が思ったほど増えてこないので、もう少し増やしたいところですね。東京開催を目標に進めていきます。馬体重は460キロです」(8/18近況)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:9月18日の中山・芝1600m・牝馬
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に来ており、先週末から坂路コースでハロン14秒ペースの調教を開始しています。飼い葉はそれなりに食べていますし、決して細く見えるわけではないのですが、馬体重が競馬からマイナス12キロですから、もう少し増えてほしいところですね。国枝先生と打ち合わせ、中山2週目の芝1600m(牝)を目標に調整することになりました。馬体重は460キロです」(8/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルは坂路での攻めを強化しても、トモ等に大きな反動・疲れはなし。このまま調教を重ねて行けば、帰厩orデビュー予定が見えてくるでしょう。体重が増えてこないのは半兄モンドインテロと同じ課題。暑さによる影響・周囲を気に掛けるところがあるのかな? 対処法をしっかり掴んでもらいたいです。

アーモンドアイは来月18日の中山マイル戦で2戦目を迎えることに。非凡なモノを秘めているのは確認済みなので、気性面が悪い方へ向いていかないように日々注意して欲しいところ。精神的に追い詰めないようにお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ