出資馬一覧

カテゴリー「アーモンドアイ」の52件の投稿

2017年12月10日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・本州放牧組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:1月8日の京都・シンザン記念(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に乗り込んでいます。目標のシンザン記念に向けて来週中に帰厩予定と聞いています。欲を言えば馬体・毛艶などもう少し良くなってほしかったですが、動き自体はとてもいいですよ。今後も体調管理に気を付け、無事に送り出したいと思います。馬体重は467キロです」(12/8近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回角馬場でフラットワーク、残りの日はトレッドミルの調整

天栄担当者「入場後は軽めの調整で疲労回復を図っているところです。そうは言っても思ったほどのダメージはないので、すぐに進めていけると思います。年明けの1回東京開催辺りになると思います。馬体重は445キロです」(12/8近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

厩舎長「5日まで軽めの運動でレースの疲れを取り、6日から周回コースで軽めに乗り始めています。右前の膝に少し張りが見られましたが、レントゲン検査では特に異常は見られなかったので、レースの疲れからくるものだと思います。調教後も特に変わりありませんし、徐々にスッキリしてきましたので、来週から普通に乗り込んでいく予定です。馬体重は482キロです」(12/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは近々帰厩。暑い時季の方が良さそうですが、疲れはだいぶ抜けてきたと思います。あとは出来る限り、フックラした姿で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

アンブロジオはひとまず脚慣らし程度の調整。予定は出ていませんが、漏れ伝わる情報ではクロッカスS(芝1400m)から始動するようです。早い段階で収得賞金を上乗せして、NHKマイルCから逆算したローテを組めるようになってもらいたいです。

ドレークは軽く乗り出しましたが、右膝に少し張りが。検査の結果、大事には至らずも、デビュー戦の疲れが残っていた様子。2月の小倉ぐらいから再始動できればと思うので、年内は無理せず、治療・ケア最優先でお願いします。

2017年12月 2日 (土)

シルクなお馬さん(国枝厩舎)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:1月8日の京都・シンザン記念(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで乗り込んでいます。時期的なものか毛艶がもう一つ冴えないですが、坂路の動きを見ても状態が上がっていることは間違いありません。このまま予定のレースに向けて進めていきます。馬体重は468キロです」(12/1近況)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整    

天栄担当者「輸送後も特に問題なかったので、先週末から坂路調教も開始しました。北海道ではハロン16秒ペースまで進めていたので、こちらでも継続して進めていきたいと思います。骨折をした右前膝部分は落ち着いています。ただ、これだけ休ませても左トモの弱さは相変わらずですね。その弱さ故に前に負担がかかっていると思うので、今後も注意をしながら進めていきたいと思います。馬体重は558キロです」(12/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは冬毛が出て、見栄えは良くないみたいですが、丹念に乗り込まれることで状態はじわじわ上昇中。課題はやはり馬体重の増加になってくると思います。フックラ見せるようになってきて欲しいです。

ウォリアーズクロスは早速坂路入り。北海道ではハロン16秒まで進めていたので、こちらでもすぐその程度まで進めることが出来るでしょう。ただ、左トモの弱さは相変わらずの様子。骨折による休養でシャキッとしてきて欲しかったですが、これは上手に付き合っていくしかありません。日々の馬体チャックは欠かすことがないようにお願いします。

2017年11月28日 (火)

次走の予定が年明け8日の京都・シンザン記念に決まりました。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:1月8日の京都・シンザン記念(G3)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に乗り込み、坂路調教のペースを徐々に上げています。乗り込みつつ馬体の感じは良くなり、順調に調子が上向いていることが分かります。国枝先生と次走について相談したところ、年明けの京都・シンザン記念を目指すことになりました。今後はそれに向けて進めていきます。馬体重は465キロです」(11/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

体調面の回復が遅れていたアーモンドアイですが、ようやくここに来てリズムを取り戻した感じ。あとは馬体がもっとフックラしてきてくれれば…。課題はその点だと思います。

また、このタイミングで次走が決定。クラブ&牧場の使い分けもあるのでしょうが、年明けの京都・シンザン記念とはビックリ。京都へ持っていくなら翌週の紅梅Sでも良いかと思いますが、マイルにこだわりたいのかな? まあ、裏を返せば、牡馬相手の重賞でもやれるという手応えがあるということなんでしょうが、簡単なハードルではありません。まさに次走はアーモンドアイの真価を問う1戦になってきます。

2017年11月20日 (月)

シルクなお馬さん(NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月23日の中山・グレイトフルS
・調教内容:週2回坂路コース14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場時は歩様に若干の硬さがありましたが、脚元は落ち着いた状態を保っています。すぐに騎乗を開始し、先週末から坂路コースにも入れ始めました。これならば目標のグレイトフルSに問題なく行けると思います。馬体重は469キロです」(11/17近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末から坂路調教を再開しています。先週から馬体重が減ってしまったのは気になるところですが、馬体の張り・艶は上向いてきていますし、状態は確実に上向いていると思います。今後も馬体回復を図りながらじっくり調整を進めていきます。馬体重は469キロです」(11/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄へ戻った当初、レースの疲れから歩様に硬さが見られたというグランドサッシュですが、少し楽をさせて回復。今は坂路へ入り、定期的に速いところを乗っています。この感じなら暮れの中山戦へ向かえるでしょう。

アーモンドアイは坂路入りを控えていましたが、週末から再開。馬体重が減ってしまったのは痛いですが、焦ることなくマイペースで進めていってもらえればと思います。能力は確かなので、良くなってくるのをしっかり待ってもらいたいです。

2017年11月13日 (月)

シルクなお馬さん(NF天栄組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月9日の中山・師走S
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も順調に調整を続けており、今週から坂路調教のペースを更に上げて乗り込んでいます。来週中に帰厩予定と聞いていますので、それまで今の状態を維持していきたいと思います。馬体重は560キロです」(11/10近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月26日の東京・ベゴニア賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「力んで走っているためか、どうしても首や肩が硬くなってしまいますが、馬体減りはなく脚元も問題ないですから、競馬のダメージはあまりないようです。すぐに坂路調教を開始し、今週は終いハロン13秒まで進めています。これならばすぐに次に向かえそうなので、菊沢先生と打ち合わせたところ東京4週目のベゴニア賞を目指すことになりました。来週帰厩予定と聞いています。馬体重は446キロです」(11/10近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「坂路調教を続けていましたが、馬体の回復が遅く、予定も白紙になったことから、今週は調教強度を落し、周回コースで長めにじっくりと乗り込んでいます。数字上はあまり変わってこないですが、見た目では回復傾向にありますので、今後も状態を見ながら進めていきたいと思います。今の感じですと復帰は年明けになるでしょう。馬体重は469キロです」(11/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リゾネーターはもう少し馬体重が減ってきて欲しいところですが、乗り込み強化にしっかり対応できているのは○。あとは厩舎に戻って、坂路よりもコース追いを重視して、いきなりから動ける土台を作り上げて欲しいです。一緒に走ってきたライバルが古馬に混じると通用できていませんが、時計の掛かる中山の馬場なら、古馬相手でも互角にやれるのではと見ています。

アンブロジオはアーモンドアイが自重することになったベゴニア賞へ向かうことに。約10日の滞在で競馬へ向かうことになりますが、これがどう出るか。気性の勝った馬なので仕上がりに苦労するタイプではありませんが…。

アーモンドアイは幾分負荷を緩めましたが、細々でも調教は継続しています。まずはしっかり疲れを取り除き、体をフックラしてきてもらわないと。復帰は年明けということですが、中山よりも東京で使ってもらいたいです。

2017年11月 8日 (水)

体調がどうも一息。予定を一旦白紙に戻すことになってしまいました。★アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様の調教メニューを続けていますが、状態が思ったほど上がってきません。どこが悪いというわけではないのですが、冬毛が伸びてきていますし、体調面がもう一つのようです。一旦は目標を定めたのですが、国枝先生と相談したところ、ここで無理することはないとの結論に至り、予定を白紙に戻すことになりました。今後も馬の状態に合わせて調整を続けていきます」(11/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前回の更新で前走を使ったダメージ・疲れの回復がスローながら東京・ベゴニア賞での復帰予定が示されたアーモンドアイ。3戦目へ向けて調整が1歩進んでいることを期待した今回の更新でしたが、1歩後退する形で予定が一旦白紙に戻ることに。幸い、脚元等の心配ではなく体調面の問題です。疲れが完全に抜け切っていないのでしょう。

この状況だと敢えて年内にもう1走する必要はないと思うので、調教メニューを組み替えて、状態を上げていくことを最優先してもらいたいです。

2017年10月31日 (火)

来月26日の東京・ベゴニア賞で2勝目を目指すことになりました。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月26日の東京・ベゴニア賞
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末から坂路コースでハロン14秒ペースの調教を一日置きに行っています。疲労回復に手間取っていましたが、ようやく疲れも取れてきたので、これから徐々に進めていきたいと思います。状態的には東京の最終週でしたら間に合いそうですので、先日来場された国枝先生と打ち合わせ、東京4週目のベゴニア賞を目指すことになりました。馬体重は467キロです」(10/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ノーステッキで楽勝したので、それほどレースを使ったダメージはないのかなと見ていたアーモンドアイですが、馬体の回復が遅かったりと見た目以上にしっかり走っていたんだなと思います。まあ、それでも今は疲れが抜け、もう大丈夫だと思います。

先日、国枝師がNF天栄を訪問。そこで今後の打ち合わせを行った結果、東京開催が行われている内にもう1戦することが決定。26日の東京・ベゴニア賞へ向かうことになりました。今度は牡馬の強い馬と戦う可能性も出てくるので、今後を占い意味ではひとつ試金石の1戦に。ここでも他馬を圧倒できるようなら、ホント来年が楽しみになってきます。

2017年10月24日 (火)

シルクなお馬さん(2歳・NF天栄組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:11月25日の東京・カトレア賞
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「入場後にチェックしたところ、馬体・脚元に異常は認められませんでした。今週から坂路調教も開始しています。加藤先生からは『次開催の東京4週目のカトレア賞に向かいたい』と連絡を受けていますが、状態的には何ら問題はないので、こちらでもそのつもりで進めていきます。馬体重は477キロです」(10/20近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで軽めのキャンター、残りの日はミニトラックで軽めの調整

天栄担当者「競馬の疲れは徐々に取れてきましたので、今週から坂路コースに入れて軽めの調整を開始しました。馬体は徐々に戻っていますし、脚元にも不安な点は見当たりませんので、今後も状態を確認しながら徐々に進めていきたいと思います。馬体重は462キロです」(10/20近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初勝利を挙げ、NF天栄で英気を養っているヴェルトゥアルとアーモンドアイ。レース後のダメージが少なかったということはそれだけ余力を残した勝利だったということだと思います。

今後の予定として、ヴェルトゥアルはデビュー勝ちと同舞台のダ1600m。冷静に振り返ると、逃げの手が嵌った感じがあるので、1勝している馬たちとのレースでどういうパフォーマンスを見せられるか。2戦目も好内容の競馬が出来れば、将来は明るいです。

アーモンドアイは坂路での調教を再開。もう少し馬体の回復を進めて欲しいですが、それ以外は特に気になる点はなし。次の東京開催を視野に入れているでしょうが、状態・体調をある程度まで高めてから、次走を選別していって欲しいです。

2017年10月14日 (土)

シルクなお馬さん(2歳・先週末出走組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

加藤征師「競馬の後も馬体・脚元に異常はありませんでした。競馬の後の方が馬体の張りなど良くなっていますし、雰囲気はいいですよ。12日に一旦放牧に出しますが、放牧後の状態に問題がなければ、次走は次開催の東京4週目のカトレア賞が有力ではないでしょうか」(10・13近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックで軽めの調整

天栄担当者「レース後も馬体・脚元には特に異常ありませんでした。ただ当然、競馬を使ったなりの疲れはありますので、まずは軽めの調整で疲労回復に努めたいと思います。国枝先生からは『状態が整えば東京開催の内にもう一走したい』と連絡を受けています」(10/13近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末に東京戦で勝ち上がってくれた2頭。既にNF天栄に移動しており、次走へ向けて英気を養っています。

追い切りでやや物足りない面を見せていたヴェルトゥアルは反動よりも良化が目立つ程。レースを使って目覚めてきたものがあるのでしょう。この感じを維持できれば、次走はカトレア賞へ向かうことになるのでしょう。

アーモンドアイは前走後すぐに放牧に出され、松風馬事センター経由でNF天栄へ。それなりの疲れはあるようですが、脚元・馬体は問題なし。まずはゆっくりさせて馬体重の回復を優先してもらえればと思います。今後についてはヴェルトゥアル同様に次開催の東京を視野に入れている模様。2歳馬が多数勝ち上がっているので使い分けが大変ですが、手堅く500万下で2勝目を狙ってほしいです。

2017年10月11日 (水)

2戦目で集中してレースへ臨めたのが何より。ここではモノが違うところを見せつける楽勝。☆アーモンドアイ

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜東京2R 2歳未勝利・牝馬(芝1600m)優勝(1番人気) C.ルメールJ

まずまずのスタートから、中団の外目で流れに乗ります。4コーナーから徐々に進出し、馬なりのまま直線坂上で先頭に躍り出ると、そのままステッキを使うことなく後続を突き放し2着に3馬身半差の圧勝劇を演じています。

C.ルメール騎手「スタートを普通に出てくれましたし、前回は周りの馬に気を使ってフワフワしていましたが、今日は自分からハミを取って進んで行ってくれました。追い出してからの反応も良かったですし快勝ですね。前回もあと少し直線が長ければ差し切れた競馬だったのですが、広い東京コースで今日はきちんと勝ててよかったです」

国枝栄調教師「きちんと走れればこれくらい走れる能力があるのだから、初戦も取りこぼしてはいけなかったですね。この馬のいいところは前半で力んだりせず無駄な消費をしないから、いざ追い出すと全身を大きく使ってストライドが伸ばせるところですね。今後の予定はレース後の状態を見てからになりますが、来年のクラシック路線に乗せないといけない馬ですし、それだけの能力はあると思っています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

シャドーロール。落ち着いた流れも中団の外で脚を溜める。直線は持ったままで先団に並びかけ、残り200mで交わして一気に突き放すと、最後は鞍上が左右を振り返る余裕がありながら、ノーステッキでの快勝。ひと言強い。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【2歳勝ち馬診断】未勝利戦をほぼ馬なりで完勝のアーモンドアイ…重賞級のポテンシャルを感じる(スポーツ報知)

8日の東京2Rの2歳未勝利(芝1600メートル、15頭立て=牝馬限定)は、単勝1・2倍、断然の1番人気に推されたアーモンドアイ(牝、美浦・国枝栄厩舎=ロードカナロア産駒)が直線余裕の手応えで抜け出し、2着コスモフェリークに3馬身半差をつけて2戦目で勝ち上がった。勝ち時計は1分35秒1。

ルメールは「初戦はこの馬には距離(新潟・芝1400メートル=2着)が忙しく、物見もしていた。今日は楽勝」と笑顔で振り返った。

新馬戦は、中間点付近から鞍上がうながしても反応せず、直線で馬群を割って伸びるも、2番手から早めに抜け出した勝ち馬(ニシノウララ)に残られた。

一度叩いたことで、道中自分からハミを取って進む積極的な面が出て、直線もほぼ馬なりの完勝。力が二枚も三枚も違った。

これが新種牡馬ロードカナロア産駒の16勝目。母は2006年エリザベス女王杯を制したフサイチパンドラ(父サンデーサイレンス)。過去に非SS種牡馬のキングカメハメハ、シンボリクリスエス、ハービンジャーと配合されて、大物を出せていなかったが、ようやく最良のパートナーと出会ったか、この馬の器は相当にデカそうだ。

今回の相手は緩かったが、重賞級でも通用のポテンシャルを感じる。レースぶり、中距離以上を主戦場とした母のアシストを得て、2000メートルをこなしていく可能性も。次走が非常に楽しみ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

パドックや返し馬で落ち着いていれば、さすがに負けないと思っていたアーモンドアイ。マイナス6キロでの出走となりましたが、極端に細くなった印象はありません。

今回もスタートはそれほど良くなかったですが、二の脚はマズマズ。今回は中団の外を追走。デビュー戦で見せたようなフワフワした面はなく、今回は上々の行きっぷり。痺れるような手応えで最後の直線を向くと、軽く仕掛けた程度で先頭へ。激しく手が動いている他馬を尻目に抜け出し、ルメールJが軽くこぶしを動かすと大きなスライドのフットワークへ。後続を更に突き放すと、ルメールJが右後方・左後方を確認するパフォーマンス。それだけ余裕があったんだと思います。

これほどのパフォーマンスを見せての初勝利は私の出資馬ではロードクエスト以来でしょうか。このまま無事に育ってくれれば、重賞は間違いなく取れる器。現在、出資している馬でG1奪取の可能性はアーモンドアイが1番高いのかなとも思います。

ただ、繊細な牝馬なので1つリズムを狂うと厄介なことに。ポン駆けの利く馬だと思うので、“1戦してNF天栄でリフレッシュ”という感じでは3歳春までは使い詰めは避け、目の前のレースに万全を期して欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ