2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アーモンドアイ」の136件の投稿

2019年8月21日 (水)

天皇賞・秋から再始動。暑さにへこたれることなく、与えられたメニューを悠々とこなしています。☆アーモンドアイ

201907_20190818032901

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月27日の東京・天皇賞・秋(G1)
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週3回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗っていますが、動きは変わらずしっかりとしていますし、毛艶も良好で状態に問題はなさそうですね。先日状態を確認された国枝調教師と今後の予定について相談したところ、このままコンディションに変わりなければ、天皇賞(秋)を目標に進めていくことになりました。休み明けを苦にするタイプではありませんし、ステップレースを挟まずに向かいたいと思います。馬体重は485キロです」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイ、秋初戦の天皇賞へ来月中旬頃に帰厩(スポーツ報知より)

国内外G1・5勝を誇り、秋の初戦としてぶっつけ本番で天皇賞・秋(10月27日、東京)に向かうことが決まったアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝厩舎)が、9月中旬頃に美浦トレセンへ帰厩する見込みとなった。先週に放牧先の福島・ノーザンファーム天栄で視察した国枝調教師は17日、「10月のレースだから、いつものように1か月くらい見て、9月半ばに帰って来ると思う。今は暑いけど、もうすぐ涼しくなるしね。順調にきているし、いいスタートが切れると思う」と説明した。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

秋の最初の目標として天皇賞・秋がターゲットになっていましたが、大方の予想どおりにひと叩きすることなく、天皇賞・秋から始動することが正式に発表されたアーモンドアイ。ここを使った後のローテが気になるところですが、まずはここへ全力投球してもらえればと思います。

この中間の調整に関しては変わらず順調そのもの。暑さにへこたれることなく、週4日のハロン14秒の登坂にも難なく対応してくれています。帰厩まであと1ヶ月を切っているので、好調をキープすることに終始してもらい、無駄な怪我だけは絶対しないようにお願いします。

2019年8月15日 (木)

シルクなお馬さん(牝馬・牧場組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週3回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「まだ週1日だけではありますが、今週から14-13ペースの調教もスタートしています。ハロン13秒でも相変わらずしっかりとしたフットワークで駆け上がれていて動きは良いですね。ただ、中にはこの暑さに少し疲れを見せている馬もいますから、体調面にはよく気を付けながら進めていきます。馬体重は482キロです」(8/9近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第4回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「坂路でハロン15秒まで脚を伸ばすようにしてからは順調に調教が進められており、暑さの影響もなく元気いっぱいに登坂していますよ。飼い葉食いが良く、良いコンディションを保っていますし、順調そのものですよ。高野師から第4回阪神開催で復帰させたいと連絡を受けているので、帰厩に備えながら乗り込みを続けていきたいと思います。馬体重は498キロです」(8/9近況)

Photo ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3日の坂路調教を中心に乗り込みを進めています。まだ動き的にはもう一歩のところではありますが、コンスタントに調教を積めていることから段々と馬体は締まってきて、この馬なりに良くなってきていますね。引き続き、怪我にはよく気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は508キロです」(8/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは夏バテすることなく、週4日坂路でハロン14秒で登坂中ですが、この中間からその内1日は最後を13秒まで伸ばすように。普通の馬ではそう簡単なことではないと思いますが、それを物足りないくらいに動けるのはさすがです。早ければ9月中旬頃に美浦へ戻るようなのでひとまず現状維持に努めていってもらえればと思います。

インヘリットデールは次の阪神開催での出走を予定。芝1400m~芝1800mの範囲で適鞍が結構組まれているので、どこへ使ってくるのかちょっと注目したいです。また、体調は変わらず良好なので、そろそろ1つ結果を出してもらいたいです。

ルコントブルーは与えられたメニューを淡々と消化中。ただ、思っているよりも良化度が一息。まだまだ力が付き切っていません。体調自体は何ら不安はありません。素質は秘めていると思うので、今は焦ることなく地道に乗り込んでいくことで先々の能力発揮・開花へと繋いでいって欲しいです。

2019年8月 7日 (水)

シルクなお馬さん(牝馬・牧場組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週4回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「まだペース的には14-14のところですが、この中間は週4日坂路入りし、少し全体の負荷を強めています。段々と暑さが厳しくなってきていて、体調面に負荷が掛かりやすくなっていますし、しばらくはこれくらいのところで乗り込みつつ基礎固めに努めていきたいと思います。馬体重は484キロです」(8/2近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「周回コースで乗り出した後も順調に進められていましたので、この中間から坂路で15-15を開始しています。負荷を掛けた後も飼い葉をよく食べており、コンディションは安定しています。具体的な予定が決まるまでこの調子で乗り込みながら、鍛えていきたいと思います
。馬体重は493キロです」(8/2近況)

Photo ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。3ハロンを40秒で上がってくることを目標に進めていますが、まだそこまで動けませんね。ただ、乗り込んでいても歩様の方は問題ありませんし、この調子でしっかりと負荷を掛けていき、良化を図っていければと思います。馬体重は508キロです」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは週4日坂路で14-14を消化。他馬から見れば、厳しいメニューに当たるでしょうが、この馬にとっては少し刺激を与える程度。悠々と対応してくれています。ただ、暑さが厳しく、馬体重が減少傾向にあるので、日々の様子をしっかり観察してメリハリの利いた調教を行ってもらえればと思います。

インヘリットデールはやはり夏場は体調が良さそう。ただ、レースへ行くとワンパンチ足りない結果が続くので、距離短縮だけでなくチークピーシズや浅めのブリンカーなど馬具を工夫する余地はあるかと思います。潜在能力は2勝クラスの馬ではないですから。

ルコントブルーは坂路で終いを13秒まで伸ばしていますが、駆け上がってくる姿に余裕はまだない感じ。もう少しの間、現状のメニューを続けていってどういう変化が見られるかでしょう。歩様等に疲れ・反動は窺えないも、大型馬ですし日々のケアは入念にお願いします。

2019年7月26日 (金)

シルクなお馬さん(牝馬・牧場組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、週1回15-14、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「登坂回数は週3回と先週と変わりありませんが、ペースは徐々に上げています。負荷を強めてからも状態には良い意味で変わりありませんし、14-14でもアーモンドアイにとっては容易いようで、楽な感じで上がってきていますよ。馬体重は499キロです」(7/19近況)

Photo インヘリットデール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「こちらに移動した後も目立った疲れは見られなかったので、今週から周回コースで乗り出しています。跨った感触も悪くなかったですし、乗り込みを強化しても問題なさそうなので、週末から坂路にも入れていきたいと考えています。飼い葉をよく食べていますし、普段の様子を見ても穏やかに過ごしているので、気になるところはありませんよ。馬体重は482です」(7/19近況)

Photo ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路コースのペースを15-15まで上げています。動き的にはまだモッサリとした感じで本数を積んでいく必要がありますが、少しずつ負荷を強められているように、大きな不安なく調整することが出来ていますよ。馬体重は516キロです」(7/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは微妙に刻むラップを変えつつも、週3回の登板を難なくクリア。体調さえ安定していればこれぐらいの調教はササっと動けるのでしょう。とにかく元気に日々過ごせているのは何よりです。

インヘリットデールは元気一杯。やはり暑い時季は合いそうなので、このまま負荷を高めていって夏の小倉・新潟で1戦できるように状態を上げていってもらえればと思います。また、日々の調教では集中して取り組めるように何か一工夫を考えてもらえればと思います。

ゲート練習の時間を多く要してしまったルコントブルーでしたが、その為、全体的に疲れを感じさせていましたが、日にちの経過と共に順調な回復。尾を引くことがなかったのは何よりです。ただ、500キロを超える馬体の持ち主で脚元が強いタイプとは違うので、一気に負荷を高めるのは危険しかありません。良いモノは持っていると思うので、焦ることなくコツコツ乗り込んでいってもらえればと思います。

2019年7月15日 (月)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「1日置きにトレッドミルでの運動を挟みながらではありますが、今週は坂路入りする回数を週3日に増やしています。メニュー的にはまだそれほど強いものではないものの、ここまでは順調に立ち上げられていると言えるでしょう。馬体重は500キロです」(7/12近況)

Photo ルコントブルー

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで軽めのキャンター、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、ゲート試験合格まで時間が掛かってしまいましたし、全体的に疲れは見られますね。今週から乗り運動をスタートし、現在はハロン17秒くらいのところで乗っていますが、大型馬ということもあり、まだ全体的に緩く、乗り込む必要がありますから、焦らずに進めていきたいと思います。馬体重は517キロです」(7/12近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週2回とも坂路コースのペースを終いハロン13秒まで上げ、順調に調教強度を上げられています。動き自体は14-13でも悪くありませんし、この調子で進められるようであれば、新潟や札幌開催後半でのデビューも見えてくると思います。馬体重は494キロです」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイはトレッドミルを併用して慎重を期しつつつも、週3日の登坂メニューへ。この馬にとってはそれほど負荷は高くないと思いますが、変わりなく来ているのは何より。秋の第1目標が天皇賞・秋と決まったので、これからの仕上がり具合で直行するのかどこか叩くのかが決まってくるのでしょう。直行が濃厚でしょうが、叩くとしたら中山・オールカマーになってくるのでしょう。

ゲート練習に時間を要していたルコントブルーはさすがにクタッとした感じは窺えるも、時間を掛けて回復に努めれば問題ないレベルでしょう。ただ、脚元は少し弱いところを以前に指摘されていたので、普通キャンター程度でひとまずコツコツ乗り込むのが賢明でしょうか。デビューは早くて秋の中山だと思いますが、芝でのデビューかダートでのデビューか、どういう選択をしてくるのか注目していきたいです。

ポレンティアは徐々に負荷を高められていますが、少しずつ体力が伴ってきたようで現状のメニューにも慣れてきた様子。デビューに関しては、まだまだ不透明も、夏競馬でのデビューは視野に入っているようなので、ポレンティアがこの1ヶ月ぐらいにどこまで上昇を遂げていってくれるか。ただ、焦る時期ではないということを頭の片隅に入れておいて欲しいです。

2019年7月 9日 (火)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は1日置きに周回コースでの乗り運動と、トレッドミルでの軽めのキャンターを行っていましたが、特に問題はなかったので坂路コースでの乗り込みを開始しています。まだ15-15程度ですし、今のところ脚元を含めて不安はありませんが、今後も慎重に進めていきたいと思います。馬体重は496キロです」(7/5近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで13-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、脚元に疲れが出ることなく順調ですね。飼い葉もしっかりと食べて、体調面にも不安なところはありませんし、このまま新潟開催での出走に向けて乗り込みを継続していきます。馬体重は540キロです」(7/5近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は週2回の坂路入りの内、1回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。まだ少し促さないといけませんが、ハロン13秒ペースでもまずまず対応できていますし、このまま乗り込んで状態アップを図っていきたいですね。馬体重は491キロです」(7/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは周回コースとトレッドミルを1日交代で繰り返してきましたが、特に気になる点がないことから坂路での乗り込みを開始。ひとまず感触を確かめる程度ですが問題ありません。新聞記事等を見ると、天皇賞・秋に使うことは決まった様子。個人的には前哨戦を使う必要はないと思うので、暑い時季は無理のない範囲で乗り込みを継続できればと考えています。

ジーナアイリスは硬さが残る馬なので、馬体を解しやすい今の時期はホント良さそう。また、1つ勝てたことでジーナアイリスには自信になったと思います。次走でダ1200mに使ってくるようなら連勝の可能性は高いと思うので、帰厩へ向けての仕上げを進めていってもらえればと思います。

ポレンティアは淡々と坂路を乗り込んでいますが、もう少し前向きさが出てきて欲しい感じ。まあ、心配には及びませんし、馬体に1本芯が入ってくれば気持ちも出てきてくれる筈。今はコツコツ乗り込み、馬体にメリハリが出てきてもらいたいです。

2019年6月29日 (土)

シルクなお馬さん(関東4歳・牧場組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「その後もトレッドミルで軽めに動かしつつ様子を見ていましたが、脚元を含めて大きな問題はなかったので、今日から周回コースでの運動を開始しています。まだ完全にレースの疲れが取れたわけではないでしょうし無理は禁物ですが、徐々に乗り運動中心のメニューへと移行できればと思っています。馬体重は498キロです」(6/28近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も脚元を含めて問題はなかったので、今週から登坂回数を週3日に増やしています。徐々に負荷を強めてられていることからも分かるように、ここまでは順調に立ち上げられていますし、このまま波に乗せていきたいですね。馬体重は466キロです」(6/28近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込みを進めています。脚元を含めて疲れは見られず、しっかりとした手応えで坂路を登ってこられています。もう少しこのまま乗り込みながら、レースの予定が立てられるよう中身を整えていければと思います。馬体重は485キロです」(6/28近況)

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「この中間もハロン14秒ペースの坂路調教を行っています。調教に向かう途中、立ち上がるような格好になるなど、煩いところがありますね。ただ、調教中はこちらの指示にも従えますし、集中力を保てています。先週よりも息の乱れが少なくなりましたし、動きも上向いてきましたよ」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルでの軽めの運動でレース後の疲れを和らいできたアーモンドアイ。完全にリフレッシュされた状態まではいっていないも、この中間から周回コースでの乗り込みを開始。もうしばらくはトレッドミルとの併用で進められるでしょうが、状態が上向いてくるまではゆっくり進めていってもらえればと思います。

アンブロジオは早くも週3日ハロン14秒のところを乗り出しています。それだけ元気だということです。この感じで乗り込みを継続出来れば、8月10日の新潟日報賞へ向かうことが出来ると思うので、あとは調子の乗り過ぎてオーバーワークにならないように気をつけながら進めていって欲しいです。

転厩することになったヴェルトゥアルですが、すぐに入厩という感じではなく、ある程度の態勢が整ってから予定を組んでいく様子。そうなると次走は左回りの新潟・ダ1800mになってくるのでしょう。個人的には小回りのダ1700mで改めてどういうレースが出来るのかを見てみたいところですが。

ロイヤルアフェアは相変わらず煩い面が目立つようですが、調教時は鞍上の言うことを大分聞くようになったようですし、この馬なりに集中力が出てきた様子。この雰囲気をレースでも維持できれば、まだまだやれると思うのですが、前走でもレースへ行くと悪い方へ豹変してしまったので実際に次走を見てみないと去勢手術の効果は何とも。変わり映えがなければ辛いです。

2019年6月23日 (日)

シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、厩舎から報告を受けていた右トモについては、大きな腫れは見られず特に問題ありません。現在はトレッドミルで軽めに動かしているところですが、しばらくはこれくらいの運動に止め、疲れを取ることに重点を置きたいと思います。馬体重は494キロです」(6/21近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3回坂路コースで乗っており、内2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。思ったよりも疲れは見られなかったことから、積極的に調教をこなしていますが、この感じならそれほど時間を空けず次走に向けて進めていけるかもしれませんね。馬体重は541キロです」(6/21近況)

Photo ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路コースでの運動をスタートしています。まだハロン15秒程度とそれほど速くはないので何とも言えませんが、今のところ動きそのものは悪くありません。今後も徐々に負荷を強めていければと思います。馬体重は489キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アーモンドアイは外傷した右トモの腫れは引いてきたようで問題なさそう。馬体もフックラ良い感じで戻ってきていると思います。あとは暑さに負けないように進めていってもらえればと思いますが、まずはしっかり疲れを取り除いてもらい、十二分にリフレッシュを果たしてもらえればと思います。

ジーナアイリスは順調に負荷を高めることが出来ているのは何より。悩まされてきたソエはもう大丈夫そうです。ただ、次走を使うならどの距離に照準を合わせるのかが難しいところ。新潟で使うのならダ1200mかダ1800mの2鞍のみ。個人的には迷わずダ1200mでスピードを生かしてもらいたいです。また、順調に仕上げっていくのなら、中京の最終日(7/21)尾頭橋特別(ダ1400m)を目指していくことになるのかなと見ています。

脚元に少し疲れが見られたポレンティアですが、時間と共に解消されてきた様子で大丈夫そう。それを受け、この中間から坂路でハロン15秒のところを乗り出しています。あとは本数を重ねて動きの質を高めていってもらえればと思います。物事に少し敏感な面があるところも改善していって欲しいです。

2019年6月13日 (木)

12日にNF天栄へ放牧に出ています。☆アーモンドアイ

201905_35

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

国枝師「この中間も引き続きこちらで様子を見させていただきました。右トモに負った外傷はまだ若干残ってはいるものの、腫れはほぼ引いてきていますよ。既に動かすことは出来ていますし、歩様に出たりすることもありませんので、心配は要りません。予定より少し遅くなってしまいましたが、12日にノーザンファーム天栄に放牧させていただくことになりました」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週末にNF天栄へ移動しているイメージがあったアーモンドアイですが、実際は厩舎で様子を窺っていて、外傷を負ったトモのケアに専念。ほぼ腫れが引いたことを確認した後に12日にNF天栄へ放牧に出ています。

レース後の疲れはほぼ大丈夫でしょうが、NF天栄で改めてチェックしてもらい、無事を確認してもらえればと思います。そして心身のリフレッシュを存分に行ってもらってから、秋競馬へ向けてゆっくり進めていってもらえればと思います。まずは無事に夏を越せるようにお願いします。

2019年6月 8日 (土)

スタート直後の不利と道中でポジションを押し上げていくことが出来ずに厳しい位置取りに。進路を見い出して外へ持ち出してからは素晴らしい伸びを見せるも、先に抜け出した2頭も最後まで伸びていたので僅差の3着までが精一杯。連勝が止まってしまったのは残念も、改めて1枚上の力は見せる。★アーモンドアイ

2019063

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜東京11R 安田記念(G1・芝1600m)3着(1番人気) C.ルメールJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計

シャドーロール着用。スタート後に挟まれてしまい、中団後ろからの競馬になります。直線に入って上がり3ハロン最速の32秒4で追い込んできますが、タイム差なしの3着に敗れています。

C.ルメール騎手「スタートで外から寄られてしまって、5馬身くらい大きな不利がありました。3~4コーナーでペースが速くなるところでは少し促しながらになりました。直線ではいつも通り彼女は頑張ってくれましたが、トップマイラーが集まるレースでは他の馬の末脚もなかなか鈍らないですし、ここまで差を詰めるのが精一杯でした。道中やや忙しい感じがしましたし、直線でのスピードの持続力などを考えると2000mくらいの方が競馬は合うと思います」

国枝調教師「スタートで外から寄られてしまったのが痛かったですね。競馬ですからこういうことも起こり得ることですが、負けてしまったのはやっぱりショックだし申し訳ないです。海外遠征から帰国しての初戦でしたが、馬自身はボリューム感に溢れた馬体でいい仕上がりだったと思います。ダノンプレミアムも同じように不利を受けたことで、道中はアーモンドアイの外で進めることになって、なかなか位置を上げていかないものだから、こちらも動くに動けませんでした。さらに、直線でも勝ち馬が外へ持ち出したことで、こちらはさらに外へ行かなければなりませんでした。それでも進路が開いてからは物凄い脚で伸びてくれましたが、内枠の馬はスムーズな競馬をしていましたからね・・・。レース後ですが今日はやや蒸し暑かったもののそれほど日差しは強くなかったですし、ここ数戦よりはシャキッとした感じで戻って来てくれました。不利を受けたときのダメージや、速い上がりの競馬後ですからまずはトレセンでしっかり状態を確認したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場先出し。ドバイ帰り。仕上がりは良好。出負け。直後に寄られて後方から。馬込みに入れて追走。直線は外からブロックされたので少しだけ内に誘導。坂下で前が開くと鋭く伸びて最後は猛追したが、僅かに及ばずの3着。展開と発馬直後の不利に泣いた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【安田記念】アーモンドアイ、G1・6連勝ならず…スタート直後の不利響き3着(スポーツ報知より)

まさかのアクシデントに泣いた。1番人気のアーモンドアイは、上がり最速32秒4の豪脚で懸命に追い上げたが、勝ち馬から首、鼻差及ばずタイム差なしの3着に終わった。ルメールは「冷静に走っていたし、直線もよく伸びていたが、しようがない。やはりG1はスタートが大事」と悔しさを抑えきれなかった。国内外G1・5連勝を含む自身の連勝は7で止まり、国内復帰戦を白星で飾れなかった。

スタート直後に大外のロジクライが内に切れ込み、挟まれて後方に置かれる不利を受けた。「スタート後に問題があり、5馬身ほど遅れた」とルメール。道中はきっちりと折り合っていたが、先行有利の馬場、流れのなかでは致命的といっていいロスだった。

国枝調教師は「スタートが全てだな。ありえることだとは思っていたけど、ただでさえ外枠が不利なのに、もっと不利になってしまった」と渋い表情。今後は放牧に出して休ませる予定。「暑い時期に使うのもあれなので、天皇賞・秋(10月27日、東京)にぶっつけもあると思う」と見通しを語った。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

国枝師「先週は結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした。トレセンに戻って状態を確認したところ、右トモに傷腫れが見られますが、傷自体は特に酷いものではありませんし、腫れも徐々に引いてきていますから大きな心配は要りません。もう少しこちらでケアさせていただいた後、週末にどこかのタイミングでノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただき、今後に向けてしっかりと英気を養ってもらいたいと思います」(6/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牡馬の現役最強馬クラスのダノンプレミアムを始め、マイルのスペシャリスト相手でも絶対能力の違いで勝ち切ってくれると信じていたアーモンドアイでしたが、スタートでの不利でスッとレースの流れに乗れず、道中はダノンプレミアム等に外から蓋をされる形でポジションを押し上げていくことも出来ず。外枠なら自分のリズムで動いていけると見ていたので、レースは思っていたのとは全く逆の形に。直線でも追い出しを待たされ、外へ振られるロス。試練の連続でこのまま沈んでも不思議ではなかったですが、残り300mぐらいで外目に出して進路を確保し、エンジンが掛かった残り200mちょっとからは大外から猛然と強襲。一完歩ずつ前を追い詰めていったアーモンドアイでしたが、先に抜け出していたインディチャンプ・アエロリットもしっかり伸びていただけにクビ+ハナ差の3着までが精一杯。未勝利勝ちからの連勝は7で遂にストップしてしまいました。

さすがにレース直後は『あ~あ』という感じで意気消沈しましたが、海外帰りで調整は難しかったと思いますし、その中でも能力はちょっと違うなあというところは見せてくれました。これで評価が下がるということもないでしょうし。また、競馬は常に強い馬が勝つものではないということも教えてもらいました。秋競馬でのリベンジに期待したいです。

レース後のアーモンドアイですが、スタートでゴチャ付いた際に傷を負ったようですが、腫れが少し残るぐらいで大事には至らず。レース直後の反動はこれまでよりもマシだったようなのでホッとしています。

おそらく秋は2戦のみ。新聞報道とかでは天皇賞・秋への直行が有力なようです。その後にJCで連覇を目指すか香港遠征かのどちらかになってくるでしょうか。悪い流れをここでしっかりリセットして、秋競馬でリベンジできることを今から切に願っています。結果は残念でしたが、アーモンドアイは良く頑張ってくれました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ