出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ドレーク」の89件の投稿

2018年10月18日 (木)

詳しく検査した結果、重度の浅屈腱炎との診断。このまま引退することになってしまいました。★ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

・在厩場所:17日に競走馬登録を抹消

牧場で改めて左前肢の繋部を詳しく検査したところ、重度の浅屈腱炎とのことでした。全治9ヵ月以上の診断を受け、復帰までには相当の時間が掛かる見込みであり、その過程において再発のリスクも高いと言わざるを得ません。このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。17日に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前肢の浅屈腱炎が判明したドレークは改めて詳しい検査を行う為、13日にNFしがらきへ放牧に出ていましたが、再検査の結果、全治9ヶ月以上の休養が必要とされ、予後も思わしくないことから、休養に入る前のこの段階で引退が決定してしまいました。

これからの活躍が十分見込めただけに残念でなりませんが、今後は乗馬になるということなので少しで良い第2の馬生を送ってくれることを願うばかりです。

また、短期間に屈腱炎による引退が3頭出てしまったので、負の連鎖はここで断ち切りたいところです。

2018年10月13日 (土)

12日の朝になって左前肢の繋ぎに腫れと熱感が判明。エコー検査の結果、浅屈腱炎の診断が下ってしまう。★ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路コースで追い切り
・次走予定:東京10月20日・芝2400m(藤岡康J)

藤岡師「11日に坂路で追い切りました。前で追い切りを行っていたヒーズインラブを追いかけていく形で単走で行いました。目標を見失うことなく、最後まで離されずについて行くことが出来ましたし、力強い走りを見せていました。ひと叩きしたことで動き・気持ちともにピリッとしてきて、気配は良くなっていますよ。来週も変則日程の為、週末にある程度負荷を掛けて、来週は輸送を考慮した調整で仕上げる予定です」(10/11近況)

助 手 7栗坂重 58.6- 43.4- 28.7- 13.6 馬なり余力
助 手 11栗坂良 54.6- 40.0- 26.1- 12.9 一杯に追う

・在厩場所:栗東トレセン/13日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定

藤岡師「11日に追い切りを無事に済ませ、その日は特に異状なかったものの、12日の朝に馬体チェックを行ったところ、左前肢の繋ぎに腫れと熱感が見られました。午後に診療所で詳しくエコー検査してもらったところ、残念ながら浅屈腱炎の診断がおりてしまいました。程度としては軽くはないとのことです。牧場の獣医師と相談した結果、ノーザンファームしがらきへ戻し、もう一度詳しく検査を行ったうえで、今後の方針を決めることになりました。次走は良い競馬が出来ると思っていただけに、このような結果になってしまい申し訳ありません。13日にノーザンファームしがらきへ移動する予定です」(10/12近況)

⇒⇒13日(土)に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(13日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

中山戦を1度使い、次走へ向けて順調にきていたドレーク。1週前追い切りに当たる11日の坂路調教は活気十分。良い意味でピリッとしてきており、次は負けられない気持ちでした。

ただ、翌日になってまさかの報告が。12日の朝に馬体をチェックしたところ、左前肢の繋ぎに腫れと熱感が判明。詳しく検査を行った結果、浅屈腱炎の診断が下ってしまいました。まさに青天の霹靂。これまで蹄を気にしたことがあるぐらいで脚元の丈夫な馬というイメージだったのに…。夏場、ハードに鍛えてきたことで目に見えない疲れが溜まってきていたんでしょうねえ。

損傷の程度は軽くないとのことで、13日にNFしがらきへ移動後に再度詳しい検査を行うことに。それによって今後の方針が決まるとのことです。今の段階では長期休養を余儀なくされることは確定しています。

レースセンスの良さが光り、相手なりに走れるドレーク。決め手勝負だと辛い馬ですが、立ち回りの巧さでその弱点を補える馬。堅実に走りつつ、上のクラスを目指していける馬だっただけにこの戦線離脱は痛いですしショックです。まずは再検査によってどういう方針が示されるのかを静かに待ちたいと思います。

2018年10月 6日 (土)

シルクなお馬さん(関西馬・入厩組)

Photo_3 ソーディヴァイン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで追い切り
・次走予定:京都10月13日・ダ1400m(川田J)

担当助手「3日に坂路で時計を出しました。動きとしては良い頃の7割ぐらいの仕上がり具合ですが、1,2週前はいつもこんな感じなので、レース直前にグッと調子が上がってくると思います。春先と比べると脚元の状態はスッキリしていますし、しっかり負荷を掛けて仕上げられるのは良いことですね。引き続き川田騎手に乗ってもらえるので、前走以上の状態で乗ってもらえるように態勢を整えていきたいと思います」(10/3近況)

助 手 29栗坂不 59.5- 41.0- 25.9- 13.0 馬なり余力
助 手 2栗坂良 60.2- 43.2- 28.1- 13.9 馬なり余力 
助 手 3栗坂良 55.1- 40.2- 26.3- 13.2 一杯に追う 
助 手 5栗坂良 65.1- 46.2- 29.5- 14.3 馬なり余力

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで追い切り
・次走予定:東京10月20日・芝2400m(藤岡康J)

藤岡師「3日に坂路コースで追い切りました。前走後も状態は変わりありませんでしたし、追い切りの感触も悪くなかったですよ。馬体も引き締まってきましたし、休み明けを叩いた上積みは感じられるだけに、次走はもっと良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。このまま順調に調整が出来れば10月20日の東京・芝2400mに引き続き康太で向かいたいと思っています」(10/4近況)

Photo アマネセール

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:日にCWコースで追い切り
・次走予定:新潟10月14日・芝2000m(川又J)

斉藤崇師「3日にCWコースで追い切りました。遅い時間帯に行ったこともあって、時計は余計にかかってしまいましたが、先週よりしっかり動けていたと思います。ワンペースなところがあるので、ヨーイドンの展開になると厳しいですが、デビュー当初より馬は成長しているので、ゆったりした距離で早めに動いて行く競馬が良いかもしれません。順調に仕上がっていますので、予定通り来週の競馬を目標にピッチを上げていきます。ジョッキーは減量の川又騎手に依頼しています」(10/4近況)

助 手 30CW不 45.7- 15.4 馬なり余力
岩崎翼 3CW良 86.3- 69.2- 53.6- 39.6- 13.1 一杯に追う コウユーヌレエフ(古1600万)叩一杯の内1.1秒先行同入

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:3日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月14日・三年坂特別、もしくは東京10月14日・神奈川新聞杯

矢作師「3日にCWコースで追い切りました。前走をひと叩きして状態がアップしているのが調教を見ていても分かりますし、馬体もスッキリとしてメリハリのある体つきになっています。今週の出走を検討しましたが、相手関係など考慮した結果、今週は回避し、来週の京都・三年坂特別、もしくは東京・神奈川新聞杯に登録をしてどちらかに向かいたいと思います」(10/4近況)

国分優 3CW良 66.7- 51.7- 37.0- 11.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソーディヴァインはいつもと変わらず、丹念に坂路で時計をマーク。一時よりも脚元の不安は軽減していますが、動き自体はもう少しピリッとしても良いのかなとも。次走は実績のある距離に戻ります。引き続き川田Jが乗ってくれるので、このクラスを再卒業できるメドは立てて欲しい。

前走後ので初時計を坂路でマークしたドレーク。ガラッと変わってきた感じはないですが、すぐ時計を出せたように状態は良好。1度使って反応等は良化してくる筈です。また、稽古と結果が直結するタイプでもあるので、緩めることなく十分な負荷を掛けて次走へ臨んでもらいたいです。

アマネセールは川又Jとのコンビで来週の新潟・芝2000mへ向かうことに。動きはちょっと物足りない感じですが、丹念に時計は出せています。この追い切りで変わってきて欲しいところ。ピリッとした脚は使えない馬ですが、距離延長で追走が楽になれば、今度は追ってから脚を使えるでしょう。また、ワンペースな走りということなので、早い段階で1度ダートを試してもらいたいです。

ナイトバナレットは今週末の出走を視野に入れていましたが、検討の結果、無理することなく来週の競馬へ。京都と東京を両睨みしていますが、1400mより1600mの方がレースはしやすそう。パーティー当日の京都・三年坂特別へ回ってもらいたいです。また、国分優Jは癖を掴んできているのでこのコンビを出来るだけ長く継続していってもらいたいです。

2018年9月28日 (金)

終わってみれば勝ち馬が強過ぎましたが、持ち前のレースセンスの良さを生かして古馬相手にも堂々たるレース運びで2着。まだまだ上を目指して行けそう。☆ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

土曜中山9R 九十九里特別(芝2500m)2着(2番人気) 藤岡康J

まずまずのスタートを切ると、道中は先頭から大きく離れた5番手あたりを追走、2周目の3,4コーナー中間あたりから徐々に前との差を詰めに掛かり、勝ち馬には届かなかったものの、直線はジワジワと脚を伸ばして、昇級初戦で2着に入っています。

藤岡康騎手「虫が多かった影響で、返し馬では怒って走っていたので心配していたのですが、レースでは落ち着いて走れていました。ヨーイドンの競馬になると分が悪いので、勝負どころでペースが上がる展開になったのは良かったと思います。ただスパッと切れる脚を使えるタイプではないものの、直線でもう一つギアが上がり切らなかったですし、その辺はおそらく休み明けの影響が大きかったのだと思います。本当に良くなってくるのはこれからだと思いますし、この条件だと安定して走ってくれますね」

藤岡調教師「馬群がかなり縦長になって、少し特殊な展開になってしまいましたね。最後はジリジリと差を詰めているのですが、少しモタついていましたし、そこは休み明けの分だと思います。勝てなかったのは残念ですが、昇級初戦でこれだけ走れるのですから、やはり力はありますね。まだ子供ですし本当に良くなってくるのはこれからですから、今後も大事に育てていきたいです」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がり良好。好馬体。枠なりで縦長の4番手を追走。インでピタッと折り合ってスムーズな追走。4角手前から満を持して差を詰め、直線入り口では射程内。最後もしっかりと伸びて2着確保。一言、相手が強すぎた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

藤岡師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レースの疲れはあるものの、それ以外は特に問題ありません。敗れはしたものの内容としては悪くなかったですし、ひと叩きしたことで上積みが十分見込めるだけに、次走はしっかり決めたいところですね。具体的な予定はまだ決まっていませんが、東京・京都に適鞍が組まれているので、今週いっぱい状態をしっかり確認したうえで検討したいと思います」(9/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勝って菊花賞へ駒を進めたかったので2着という結果に残念な思いはありますが、初めての古馬相手に臆することなく、ドレークは正攻法の立ち回り。五分のスタートから無理にポジションを取りに行かずにスッと折り合いに専念。内枠を生かして手応え良く追走することが出来ていました。

ただ、休み明けの分なのか勝負どころでの反応は一息。少し促されるとポジションアップは出来ましたが、もう少し差を詰めて直線を向きたかったかなと思います。そして最後の直線でも1つギアが上がらなかった様子で鞍上のアクションの大きさとは裏腹にジリジリとした伸び。それでも最後2着に押し上げてきたのは地力上位の証です。

冷静に振り返ると、2番手追走から抜け出したプライムセラーが強すぎましたが、春と変わらないレースセンスの良さを見せ、まだまだ上を目指せることが分かって一安心。馬体重はもう少し増えていて欲しかったですが。

レース後のドレークですが、目立った疲れもなく、変わりない雰囲気。今回、若干攻め量が少なかったので叩いた次走はより走れる状態にあると思います。引き続き厩舎での調整を続け、次開催の京都or東京の適鞍を使っていく予定です。

Sペースからの瞬発力勝負だと信頼度は下がりますが、勝負どころで自分から仕掛けていく形になれば大崩れはまずないと思います。目先の目標として年内にこのクラスを卒業してもらいたいです。

2018年9月22日 (土)

約4ヶ月の充電期間を経ての実戦。器用さが生きるこの条件は合っていますし、しっかり勝ち切って大舞台へ道を切り拓いて欲しい。☆ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

土曜中山9R 九十九里特別(芝2500m)3枠3番 藤岡康J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:19日にCWコースで追い切り

藤岡師「19日の追い切りでは、先週に引き続き藤岡康Jに感触を確かめてもらいました。併せた馬がゆっくり過ぎた為に全体の時計が遅くなってしまいましたが、最後の直線では先週より反応が良くなっていましたよ。先週の段階でまだ少し重く感じたので、ジョッキーにはゴールを過ぎて1コーナーに差し掛かるところまでしっかり追っておくように指示を出していましたが、軽快な走りで重苦しさはなくなっていたので、今回の追い切りで態勢が整ったと思います。あとは中山までの輸送で馬体も丁度良い体付きになると思うので、昇級初戦どれだけ良いパフォーマンスを見せてくれるかですね。ひと夏越して馬もしっかりしてきていますし、ここでどれだけ良い競馬をしてくれるのかとても楽しみにしています」

藤岡康騎手「先週の段階ではまだ体を持て余していましたし、動きも少し重く感じていましたが、先週しっかり負荷を掛けたことで息づかいも良くなり、こちらのゴーサインにもしっかり反応してくれました。まだ少し余裕のある体付きではありますが、輸送もあるので丁度良い仕上がりで臨めるのではないでしょうか。いい結果が出るように頑張りたいと思います」(9/19近況)

藤岡康 19(水)CW良 87.7- 70.4- 54.1- 39.3- 11.7 強目追鋭く アールグランツ(二未勝)強目の内0.9秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山6日目(09月22日)
9R 九十九里特別
サラ 芝2500メートル 3歳上1000万下 特指 混合 定量 発走14:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 コスモピクシス 牝5 55 柴田大知
2 2 シャリオヴァルト せ5 57 蛯名正義
3 3 ドレーク 牡3 54 藤岡康太
4 4 ヴァントシルム 牡4 57 C.ルメール
5 5 マイネルクラフト 牡5 57 丹内祐次
6 6 ホクセンジョウオー 牝3 52 大野拓弥
6 7 プライムセラー せ5 57 石橋脩
7 8 クレッシェンドラヴ 牡4 57 内田博幸
7 9 シャインブライト 牡5 57 木幡巧也
8 10 フォーラウェイ 牡5 57 津村明秀
8 11 エストスペリオル 牡3 54 田辺裕信

○藤岡健師 「先週までの動きは重かったが、今週の動きが良く、順調に仕上がった。久々の分がどう出るかだが、素質のある馬で、長距離輸送も経験済み。昇級でもやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Sペースからの瞬発力勝負となると弱さを見せてしまうも、立ち回りの巧さ+持久力がモノを言う展開なら安定した力を発揮するドレーク。一息入る前の前走はまさにそういう展開で、強さを感じさせないも、ゴール前ではきちんと先頭に躍り出ていました。これで5戦2勝2着2回。4着と崩れたゆきやなぎ賞は瞬発力を問われましたし、予定を早めた参戦で稽古不足もマイナスに。また、先着を許した馬の多くはクラシック路線でしっかり爪痕を残しています。地味な存在ですが、レースセンスの良さはピカ1です。

前走後は菊花賞を意識して夏の北海道シリーズ参戦するのかなと見ていましたが、NFしがらきで意欲的な乗り込みを消化。爪を気にする素振りを見せ、少し緩めた期間はありましたが、ハロン15秒より踏み込んだハロン13秒のハードワークを課し、鍛え上げてきました。

そして今回は約4ヶ月ぶりの実戦。昇級戦で初めての古馬との1戦。未知な部分は大きいですが、これまで戦ってきた相手を考えるとここでも素質は上位。立ち回りの巧さから小回りの芝2500mは克服してくれるでしょう。また、瞬発力が削がれる馬場も歓迎材料です。手頃な頭数ということもあり、まず大崩れはしないと思います。ただ、菊花賞参戦を目指すにはしっかり勝ち切らないと道は拓けません。

手頃な頭数とは言え、好枠をゲットした今回。道中は内でじっと身を潜め、勝負どころからは自分の進路を確保し前を射程圏に捉えて最後の直線を向いてもらいたいです。そして早目の抜け出しから後続の追撃を完封する競馬ぶりを思い描いています。失速を恐れず、ここは勝ちにいく競馬を見せて欲しいです。

2018年9月15日 (土)

シルクなお馬さん(関西牡馬・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り
・次走予定:中山9月23日・外房特別(北村友J)

安田隆師「12日にCWコースで追い切りました。予定しているレースが来週に控えているので、しっかり負荷を掛けておきましたが、全体・終いの時計ともに良かったですよ。解れるまで硬さは感じられますが、時間を掛けてあげれば問題ないですし、走りだせば気にならないので、あとは中山までの輸送に備えて体調をしっかり整えておきたいと思います」(9/12近況)

助 手 9栗坂重 57.9- 42.4- 27.8- 13.5 馬なり余力
助 手 12CW稍 80.3- 65.2- 51.5- 39.0- 12.4 一杯に追う アエラス(三未勝)一杯の内2.0秒追走0.5秒先着

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:13日に坂路コースで追い切り
・次走予定:阪神9月23日・甲東特別、もしくは中山9月23日・外房特別

担当助手「13日に坂路で追い切りました。動きとしてはなかなか良かったですし、最後まで止めることもなく、しっかり動いてくれました。馬体はもうひと絞り出来る体付きなので、来週の追い切りでどこまで絞れてくるかですね。9月23日の阪神・甲東特別、もしくは9月23日の中山・外房特別のどちらかに向かう予定です」(9/13近況)

助 手 9栗坂重 54.0- 39.1- 25.6- 12.9 馬なり余力
助 手 13栗坂稍 53.0- 38.4- 25.1- 12.8 一杯に追う ワンモアバイト(三未勝)強目を0.9秒追走同入 

Photo ドレーク

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日にCWコースで追い切り
・次走予定:中山9月22日・九十九里特別(藤岡康J)

担当助手「12日にCWコースで追い切りました。藤岡康太騎手に感触を確かめてもらいましたが、時計はまずまず出たものの、良い頃の動きと比較するとモタモタしていました。乗り込んでいくにつれて馬体は引き締まってきましたが、まだ脂肪が取れていない為にコロンとした体つきをしています。来週までにどれだけメリハリのある馬体になってくれるかですね。ジョッキーは前走に引き続き藤岡康太騎手で向かう予定です」(9/12近況)

助 手 7栗坂重 60.6- 44.3- 29.0- 14.5 馬なり余力
助 手 9栗坂重 59.7- 44.5- 29.5- 15.0 馬なり余力
藤岡康 12CW稍 84.1- 67.4- 52.1- 38.0- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

相変わらず歩様に硬さが残るダイアトニックですが、しっかり解してから追い切りへ移行。ひと追い毎に良くなっていますし、ほぼ態勢は整ったと思います。中山は初めてですが、東京と新潟への輸送は経験しているのでイレ込んだりすることもないでしょう。トリッキーな中山マイルですが、ダイアトニックとすれば、道中で動きやすい真ん中から外目の枠を引き当てたいです。

ナイトバナレットはスムーズに追い切りへ移行して動きは良好。まあ、元々攻め駆けする馬なのでいつも通りという感じでしょう。週末・来週としっかり追えば、太目も解消してくる筈。あとは阪神or中山のどちらで使うか。個人的には出資馬対決は避けたいので、ナイトバナレットには阪神に向かって欲しいです。ただ、近走が冴えなくても、OPを勝った実績があるのでハンデはそれなりに背負わされるでしょうが。

ドレークはセントライト記念への登録もせず、来週の自己条件に専念。オジュウチョウサンとの対決がなくなったのは残念です。現状まだコロンとした体型で重目が残っているようですが、動き自体は良好。中山への輸送を控えますが、最終追いもしっかり負荷を掛けてレースへ臨んでもらいたいです。追い切りの動きと実戦での結果が直結するタイプですから。

2018年9月 8日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山9月23日・外房特別(北村友J)

安田隆師「6日に坂路で追い切りました。時計としてはまずまずでしたが、騎乗した助手の話ではこれまでよりは硬さが感じられると言っていました。ただ、時間を掛けて運動を行うと徐々に解れてきますし、獣医師に診てもらっても特に気になるところはないようなので、運動時間をしっかり取って状態を上げていきたいと思います。ジョッキーは北村友Jに依頼しているので、レースまでに一度感触を確かめてもらいます」(9/6近況)

見 習 1栗坂重 57.9- 41.7- 27.3- 13.0 馬なり余力
助 手 6栗坂良 56.2- 40.2- 25.4- 12.3 馬なり余力

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:北Cコースでキャンター
・次走予定:9月22日の中山・ダ1800m、もしくは9月23日の中山・ダ1800m

古賀慎師「この中間も軽めのキャンターを中心に調整を進めています。飼い葉はしっかりと食べていますし、普段の様子に特に変わりはありませんね。節的にどうかという部分はありますが、出走できることを信じて引き続き中山3週目に向けて態勢を整えていきたいと思います」(9/5近況)

助 手 6南W良 69.9- 54.4- 40.5- 13.5 馬なり余力 ブリッツェンシチー(新馬)末強目の外0.8秒先行同入

Photo ドレーク

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山9月22日・九十九里特別

担当助手「5日に坂路で追い切りました。もともと坂路では動く方ではないので、時計はあまり気にしていませんでしたが、動きとしてはまだ重く、余裕があるように感じました。ただ、追い切り翌日に跨ってみると動きが軽くなっているので、追い切りを重ねていくにつれて良くなってくるでしょう。予定しているレースまであと2週あるので、競馬を迎える頃には丁度いい体付きになっているでしょう」(9/6近況)

助 手 5栗坂不 54.8- 40.4- 26.5- 13.3 強目に追う モズカクシダマ馬なりを0.2秒追走0.3秒遅れ
助 手 7栗坂重 60.6- 44.3- 29.0- 14.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは23日の外房特別へ向けて追い切りを開始。6日は馬場状態を考慮して、坂路でサラッと。動きは問題ありませんが、これまでより硬さが感じられるとのこと。前走夏の新潟で激走した疲れが尾を引いているのかもしれませんし、暑さが微妙に応えていたのかもしれません。レースまでまだ時間があるので解消されてくると思いますが、丁寧に日々の調教をこなしていってもらいたいです。

ロイアルアフェアはスーパー未勝利へ向けて追い切りを再開。札幌で2戦消化しましたが、クタッとしている様子はなし。あと1戦、レースへ向う体力は十分。予定しているどちらかのレースへ無事使えることを願うばかりです。

帰厩後、ドレークはスムーズに追い切りを開始。地味な時計はそれほど気にしなくて良いと思いますが、追い切りで十分な負荷を掛けておかないと、レースで力を出し切れない面はあります。今後も丹念に時計を出していって、状態をじわじわ上げていってもらえればと思います。

2018年8月31日 (金)

29日に栗東へ。次走は中山・九十九里特別を予定しています。☆ドレーク

Photo_3 ドレーク(牡・藤岡)父ルーラーシップ 母ディアアドマイヤ

・在厩場所:29日に栗東トレセンへ帰厩
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:中山9月22日・九十九里特別

担当助手「29日の検疫で帰厩いたしました。30日から調教を開始しましたが、この短期間に馬がどっしりとして成長が窺えます。9月22日の中山・九十九里特別に向かう予定だと調教師から聞いています」(8/30近況)

助 手 31栗坂良 54.6- 40.3- 26.3- 13.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月の京都・メルボルンTを勝ってから、レースを使うことなく、NFしがらきで乗り込んできたドレーク。右前蹄を挫跖して少し緩めたことありましたが、ハロン13秒台まで踏み込み、とにかくハードに攻めてきました。実際この調教に対応できたのは立派ですし、成長しているのは間違いないところ。ピカイチのレースセンスにパワーが備わったことで、どういうレースを見せてくれるか今から楽しみでなりません。

復帰戦ですが、菊花賞TRへの参戦もあるかなと見ていましたが、来月22日の中山・九十九里特別へ向かう予定。まあ、同週の神戸新聞杯に登録はするかもしれません。中山戦はオジュウチョウサンが出走とこちらも注目の高い1戦。中山・芝2500mはドレークの器用さが生きる舞台だと思うので、オジュウチョウサンらに勝ち切ることで名前を売ってもらいたいです。そして菊花賞へと駒を進めて欲しいです。

2018年8月25日 (土)

シルクなお馬さん(3歳関西馬・牧場組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中山9月23日・外房特別
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター、坂路コースでハロン15秒

厩舎長「乗り出した後も順調に調教が進められていたことから、この中間から坂路で乗り出しを開始し、週半ばからハロン15秒の乗り込みを開始しています。再来週には帰厩することになると思うので、乗り込みを継続しながら動きを良くしていきたいと思います。馬体重は502キロです」(8/24近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「先週一杯は軽めの運動に控えていましたが、大きなダメージは見られなかったことから、今週からトレッドミルでの運動に切り替えています。トモに疲れが溜まっているので、獣医師にケアを行ってもらいながら運動を継続していきたいと思います。一つ勝ってくれたことですし、焦らず成長を促しながら調子を上向かせていきます。馬体重は483キロです」(8/24近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~15秒

牧場スタッフ「この中間も坂路でハロン15秒から、速い日は13秒までペースを上げています。ペースアップ後は順調そのものですし、力強さが増して動きとしては言うことありません。来週の検疫が回ればそこで帰厩する予定になっていますので、態勢を整えながら乗り込んでおきます 。馬体重は494キロです」(8/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは順調に攻めを強化。無難に対応できているのは何よりなので、本数を重ねて能力を発揮できるように土台を築いていってもらえればと思います。

ピボットポイントはトレッドミルでの運動を始めていますが、トモに連戦の疲れが溜まっているようなのでまずはそこの治療・回復を優先してもらえればと思います。そして馬が着実に良くなってきたと実感できるくらい心身の成長を遂げてもらいたいです。その為には復帰戦を定めず、まずはコツコツと乗り込んでいってもらえればと思います。

ドレークは来週にも帰厩の予定。夏場にしっかり鍛え上げることが出来たので春からの成長を密かに楽しみにしています。

この3頭はいずれOPクラスまで出世してもらいたい素材です。

2018年8月22日 (水)

シルクなお馬さん(3歳・牧場組)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も週3回の坂路調教でしっかりと負荷をかけています。脚元・体調面に問題はなく、この馬なりに良い状態を維持しています。次は何とか巻き返せるように、今後もしっかりと乗り込みを続けて鍛えていきたいと思います。馬体重は479キロです」(8/17近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:10月14日の京都・秋華賞(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週2回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も順調に調整を行っています。引き続き状態面に問題はなく、元気な様子で日々過ごしています。もうしばらくはこちらで調整していくことになると思いますので、今後も体調管理にしっかり取り組んでいきたいと思います。馬体重は482キロです」(8/17近況)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・次走予定:中山9月23日・外房特別
・調教内容:トレッドミル・周回コースでキャンター

牧場スタッフ「先週から調教を開始していますが、その後も順調に調整が進められています。現在もトレッドミルと周回コースで運動していますが、来週あたりから坂路にも入れていこうと思います。先日、安田調教師が状態を確認したところ、『このまま変わりないようであれば、9月23日の中山・外房特別に向かいたいと思います。同じ週の阪神にも番組がありますが、前走の内容からハンデが見込まれる恐れがあるので中山に向かうことにしました』と仰っていました。馬体重は496キロです」(8/17近況)

Photo ドレーク

・在厩場所:滋賀県・NFしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路コースでハロン13~15秒

厩舎長「この中間も帰厩に備えて坂路でハロン13秒の乗り込みを継続していますが、登坂回数を重ねていくにつれて素軽い動きになってきましたよ。この放牧期間に成長して力を付けているのが感じられます。春先より逞しくなっているので、レースでも良い競馬が期待できそうですね 。馬体重は491キロです」(8/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアルは調教のメリハリをつけつつ、内面の強化に努めています。精神面での脆さもありますが、体力面の途上さもレースでの凡走の要因の1つ。血統的に奥行きはあると思いますし、レースを使わず鍛え込んできた日々の成果が何とか報われて欲しいです。

アーモンドアイは引き続き好調。とにかく順調であればOKです。疲れを溜め込まないように注意して、帰厩までの日々を過ごしてもらえればと思います。

レースを使ってまもないダイアトニックですが、そろそろ坂路での乗り込みを開始する模様。まだまだ体質の弱さは残りますが、回復度合いはだいぶ早くなっています。次走は来月23日の中山・外房特別を予定。積極的に色んな競馬場へ持っていっていることが後々生きて欲しいです。

ドレークは一時調教のペースを控えましたが、この夏場はNFしがらきの坂路でみっちり鍛え込まれました。それによって確実にパワーアップしているので、レースへ行って少しでもピリッとした脚を繰り出せるようなら…。どこまで変わってきてくれているか早く知りたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ