出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アンブロジオ」の96件の投稿

2018年12月 7日 (金)

ハナ差負けしてしまったのは悔しいも、実績のなかった右回り+高速決着に対応できたのは大きな収穫。今後の展望が大きく広がる価値ある1戦となりました。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

日曜中山10R 市川S(芝1600m)2着(2番人気) W.ビュイックJ

まずまずのスタートから出たなりの位置で競馬を進めます。4コーナー手前で鞍上が動き、前との差を徐々に詰めますが、最後は勝ち馬との首の上げ下げで僅かにハナ差敗れて、2着でゴールしています。

W.ビュイック騎手「勝ったと思ったのですが、最後は僅かに差されていましたね。菊沢調教師からは口元がセンシティブな面があるので気を付けておいてと言われていましたが、レースではそのような面はありませんでしたし、とても乗りやすい馬でしたよ。また、右回りでもコーナリングは問題無く、リズム良くレースを運べました。この馬にとってベストな騎乗は出来ただけに敗れたのは悔しかったですが、勝った馬のキレ脚が一枚上だったと思うしかありません」

菊沢調教師「新馬こそ2着でしたが、あまり右回りで結果が出ていないようなイメージを持っていましたので、今日は良い結果を残すことが出来て良かったです。本当に僅かな差でしたので、欲を言えば勝って欲しかったのですが、次が楽しみになる内容の濃いレースでした。コースや距離を含めて今日の経験は必ず活きてくると思いますし、今後のレース選択にも幅が広がりますね。この後はトレセンに戻ってテンションを含めて状態をよく見させていただいてから、今後の予定を考えたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場佐寿出す、いつも通りテンション高め。好位のポケット。3~4角から追い出し開始。残り100mで一旦は先頭に立ったが、ゴール寸前で勝ち馬に差し切られ2着惜敗。クラス卒業まであと1歩。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/6日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

菊沢師「先週は本当にあと僅かな差で勝つことが出来なかったのは残念でしたが、右回りでも良い競馬が出来たことは収穫でしたね。マイルでも上手に走れていたと思いますし、今後に向けて選択肢が広がるレース内容だったと思います。レース後は脚元を含めて特に問題は見られませんが、走ったなりの疲れはありますので、6日にノーザンファーム天栄へ放牧に出させていただく予定です」(12/5近況)

⇒⇒6日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(6日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

春のニュージーランドTでの負け方、微妙に長いイメージのあった1600m、繊細な馬なので乗り替わりによるマイナスと正直惨敗まで覚悟していた今回のアンブロジオ。ですので、レースを見終わって最初にアンブロジオに謝りたくなるほどの頑張り。この馬の意地を見せつけられた進境です。

道中、馬群の中で頭を上げたりすることなく淡々と追走。ただ、3角過ぎからのペースアップでズブさを覗かせます。そこで完全に外から被せられるとダメだったかもしれませんが、W.ビュイックJの叱咤激励でアンブロジオは内から渋太く抵抗。進路を確保しつつ、直線を向いてくれました。

そして最後の直線でギアがもう1つ上がったのは立派。スパッと切れる感じではなかったも、馬場の真ん中から抜け出した時は押し切ったと思ったのですが、そこへ大外からキャプテンペリーが強襲。アンブロジオも最後までしっかり伸びていたのですが、ゴール前の頭の上げ下げで2着に敗れてしまいました。これは運がなかったとしか言えませんし、直線半ばで内へモタれていくのを修正した時に逆に外へ一瞬フワッとしたのが残念でした。

まあ、それでも走破時計も悪くないですし、結果こそ2着も、非常に中身の濃い1戦。こういうレースが出来るなら、OPへ上がっても十分通用することでしょう。

レース後のアンブロジオは大きなダメージはなさそうも、いつも通りに一旦NF天栄へ。6日に移動しています。今回の走りでレースの選択肢が広がりましたが、次走は無理せず実績のある東京まで待つのかな?

ここ2走、準OPで連続2着。3度目の正直で次走でOP入りを果たしてくれることを願っています。そして来年はOP・重賞で奮闘してもらいたいです。

2018年12月 2日 (日)

OP入りに手の届く位置まで来ているも、今回は実績のない右回りのマイル戦。苦戦は覚悟の上、どういう走りが出来るのかを見守りたい。★アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

日曜中山10R 市川S(芝1600m)4枠5番 W.ビュイックJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計

菊沢師「28日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はアンブロジオが先行して行き、直線では気を緩めなようパートナーに後ろから突いてもらい、最後は馬体を並べる形でゴールしています。最後まで楽な感じで走り切れていて動きは良かったと思いますし、良い状態で今週のレースに挑めそうです。マイルへの対応が鍵になると思いますが、良いジョッキーを確保できましたので、ビュイック騎手の手綱捌きにも期待したいですし、ここで良い走りが出来れば今後の選択肢が広がりますから、頑張って欲しいですね」(11/28近況)

助 手 24美坂良 56.6- 40.0- 26.3- 12.9 馬なり余力
助 手 28南W良 キリ 13.3 馬なり余力 ハットラブ(古オープン)馬なりの外同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回中山2日目(12月02日)
10R 市川S
サラ 芝1600メートル 3歳上1600万下 特指 混合 定量 発走14:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ショウナンライズ 牡5 57 石川裕紀人
2 2 ライブリシュネル 牡8 57 藤田菜七子
3 3 チャンピオンルパン 牡7 57 津村明秀
4 4 マイネルメリエンダ 牡7 57 丹内祐次
4 5 アンブロジオ 牡3 56 W.ビュイック
5 6 ウインフェニックス 牡7 57 柴田大知
5 7 ウエスタンメルシー 牝7 55 武士沢友治
6 8 エスターテ 牝3 54 野中悠太郎
6 9 トミケンキルカス 牡6 57 丸山元気
7 10 シャルルマーニュ 牡3 56 北村宏司
7 11 キャプテンペリー せ5 57 大野拓弥
8 12 インビジブルレイズ 牡4 57 田辺裕信
8 13 ヴェネト 牡6 57 北村友一

○菊沢師 「帰厩して日は浅いが、今回も牧場で乗り込んできたから力は出せる。内にモタれる右回りに実績はないが、今は気性が成長し、身体のバランスも大分良くなったからね。中山でも頑張って欲しい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

準OP・2戦目となった前走の白秋Sは完璧な立ち回りで2着とOP入りに大きく前進したアンブロジオ。ただ、その一方で小さな差とはいえ、勝ち切るにはもう1歩レベルアップが必要な感じ。展開&相手に恵まれて現段階でOP入りしても、壁にぶつかり苦労するのかなと想像します。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。少しピリピリしたところがあったようですが、乗り込み自体は順調。ただ、東京開催で適鞍がなかった為、実績のない右回りの中山戦へ使うことになりました。

実際、今春のニュージーランドTでは大外枠が応えたとはいえ、よもやの最下位に敗れています。その当時とは成長しているとはいえ、右回りはその惨敗以来の競馬。横山典JがG1に乗りに行くために乗り替わりになったのもマイナスです。まあ、このタイミングで右回りに挑戦してきたことは歓迎です。右回りでも遜色ない競馬が出来れば、レース選択の幅が広がります。ただ、マイルは微妙に長いでしょうねえ。

それ故、今回苦戦することは覚悟済。幸い、内目の枠が当たったので、馬群の中で辛抱して競馬を進めて欲しいところ。そして最後の直線はラチを頼りに走ることができれば、上位争いに顔を覗かせることが出来るかもしれません。まあ、直線でどこまで内へモタれるのかじっくり観察したいと思います。

2018年11月25日 (日)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:22日に南Wコースで時計
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)・W.ビュイックJ

手塚師「22日に南Wコースでビュイック騎手に手伝っていただき、併せて追い切りを行いました。先週と同様にジョッキーに乗ってもらっているからか、タイムも悪くないですし、フットワークもなかなか良かったですね。前回時よりもしっかり負荷を掛けて馬体を作ることが出来ていますので、1週前としては上出来ではないでしょうか。年齢的なこともありますし、大きな上積みがあるわけではありませんが、ここまでは予定通りの調教メニューを消化して良い状態で進めることが出来ています」

W.ビュイック騎手「22日の調教に乗せていただきました。手塚調教師は年齢的な部分を気にしていましたが、走りはまだまだ若くて良いフットワークをしています。乗った感触としては、距離は長いところ方が良さそうな感じがしましたし、スタミナも有りそうでした。一昨年に同じレースで3着に来ているくらい実績はありますので、その時よりも更に良い結果が出せるように頑張ります」(11/22近況)

助 手 18美坂良 56.2- 41.4- 27.3- 13.1 馬なり余力
ビュイ 22南W稍 56.1- 41.0- 12.4 強目に追う ムスコローソ(古1000万)馬なりの内0.4秒追走同入

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:21日に南Wコースで時計
・次走予定:12月2日の中山・市川S(W.ビュイックJ)

菊沢師「21日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。終いは14秒くらいまで脚を伸ばしましたが、とても良い動きで好感触でしたよ。最近は落ち着きが有って、心身共に大人になってきた様子が窺えますし、馬体重以上に見た目はしっかりしてきました。週末坂路で軽く乗って、その状態次第で来週はしっかりと負荷をかける予定ですので、万全の態勢でレースに臨めればと思います」(11/22近況)

調教師 21南W良 55.6- 41.1- 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬をW.ビュイックJとのコンビで予定しているモンドインテロとアンブロジオ。

土曜メインのステイヤーズSへ出走するモンドインテロですが、1週前追い切りにあたる22日はW.ビュイックJが跨って併せ馬を消化。先週は長目6ハロンから意欲的に追われましたが、22日は4ハロンからの上がり重点。何とか併入に持ち込んだ形ですが、ラスト1ハロンの時計は上々。低迷が続いていますが、この2週は良い感じに動けているので、マラソンレースで何とか掲示板入りを目指して欲しいです。

アンブロジオの1週前追い切りは菊沢師自らWコースでサラッと。雰囲気は良さそうなので、来週のひと追いでピリッとさせれば十分という判断です。ただ、中山のマイル戦はニュージーランドTで最下位に敗れている過去があるので、不得手な右回りをどう対処できるか注目です。右回りでもソツなく走れるようになれば、レース選択の幅が広がりますから。

2018年11月21日 (水)

16日に帰厩。次走の鞍上がW.ビュイックJに決まりました。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:16日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:12月2日の中山・市川S(W.ビュイックJ)

天栄担当者「予定しているレースが近づいてきましたので、16日にこちらへ帰厩させていただきました。問題なければ明日から乗り運動を開始していく予定にしています。なお鞍上は短期免許で来日中のビュイック騎手に依頼しています」(11/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来月2日の中山・市川Sへの出走が一足先に決まっていたアンブロジオは16日に美浦へ。帰厩後の初時計はまだですが、気持ちが入り過ぎないように多少余裕を持たせているのかなと思いますし、状態に関して心配することはないでしょう。

また、次走の鞍上がW.ビュイックJに決定。ここ数戦乗ってくれている横山典Jが当日の中京・チャンピオンズカップでアンジュデジールへの騎乗予定の為、代打起用となったのだと思います。ただ、繊細な馬なので、外国人Jにありがちな強引な競馬は止めてもらいたいです。リズム良く、いかにスムーズに走らせるかを追求し、内容のある競馬を見せて欲しいものです。

2018年11月14日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上関東馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回周回コースで5ハロンから14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は坂路コースの馬場入れ替え工事を行っているので、登坂回数が週1回になってしまっていますが、その分周回コースで乗り込んで緩めないように努めています。12月の阪神開催もしくは中山開催を目指していますが、時期的なこともあるのか少し硬さが窺えるので、あまり詰め込み過ぎない方が良いと思います。馬体重は479キロです」(11/9近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月2日の中山・市川S
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は馬場の入れ替えを行っているので、登坂回数は週1回となっていますが、調教そのものは順調に積めています。来週帰厩予定となっていますが、動きは上向いてきていますし、このまま良い状態で送り出せるよう努めていきたいと思います。馬体重は457キロです」(11/9近況)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきており、現在は疲労回復に重点を置いてトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。特に右前、左トモに疲れが溜まっている感じなので、よくケアしながら進めていきたいと思います。馬体重は541キロです」(11/9近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄の坂路でチップの入れ替え作業が行われている為、先週の坂路入りは制限されてしまいましたが、グランドサッシュ・アンブロジオはひとまず順調。

グランドサッシュは少し硬さが窺えるようですが、コズミやすい面のある馬ですし、年が明ければ8歳。仕方ないところだと思います。

アンブロジオは攻めが軽くなった分、落ち着きが戻ってきたのかなという印象。今週中の帰厩を予定しているので、ソフトな仕上げで厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

リミットブレイクは久々の1戦で力を出し切ったことで、相応の疲れ・反動が出ています。まずは無理せず、疲れの解消に全力を注いでもらえればと思います。前走で賞金を加算出来ただけに、年内はのんびりモードで良いでしょう。

2018年11月 7日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上牡馬・NF天栄組&地方組)

Photo_3 モンドインテロ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月1日の中山・ステイヤーズS(G2)
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。年齢的なものもあり、それほど大きな変わり身は見られませんが、この馬なりに順調にきています。来週帰厩する予定だと聞いていますので、このまま態勢を整えていければと思います。馬体重は505キロです」(11/2近況)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、特に疲れが出ることなく順調に進められています。まだ具体的な予定は立っていませんが、このまま乗り進めて次走に向けてのベースを整えていければと思います。馬体重は476キロです」(11/2近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・12月2日の中山・市川S
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今坂路入り後も特に問題は見られなかったので、今週からハロン14秒まで脚を伸ばしています。動きには活気がありますし、体調面も良好なことから菊沢調教師と相談したところ、中山1週目の市川Sを目標とすることになりました。ここ最近は落ち着きが見られたのが、今回は少し気持ちが入り過ぎている感じがするので、その点は気を付けて調整していきたいと思います。馬体重は457キロです」(11/2近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:水沢競馬場
・調教内容:馬場馬場でキャンター

板垣師「その後も馬場でのキャンターを中心に調整していますが、こちらの環境にも徐々に慣れてきており、段々と精神的に落ち着いてきていますね。1日には単走で少し速めのところを行ってみましたが、まずまずの動きを見せてくれましたよ。今のところ10日からの水沢開催、もしくは翌週17日からの水沢開催での出走を検討しています」(11/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

モンドインテロは来月1日の中山・ステイヤーズS出走へ向け、近々帰厩へ。年齢から来る衰えは感じる現状ですが、この馬なりに順調に来ています。レースでは少しでも上の順位を目指してもらいたいです。

グランドサッシュは年内にもう1戦することになると思いますが、具体的なレース・時期は未確定。ひとまずコツコツ乗り込みながら、状態を上げていってもらえればと思います。

アンブロジオは前走で準OP・初連対。クラス突破が見えてきましたが、次走は久々の右回りの1戦。正直、危うさを抱えているので、次走は変に頑張らず、その先のレースへ悪影響を及ぼさないように努めてもらえればと思います。

ロイヤルアフェアは少しじつ岩手の環境に慣れ、落ち着きを取り戻している様子。レースまでそう遠くないので、ひと追い毎に態勢を整えてもらえればと思います。幸先の良いスタート切って、年内にJRA復帰の権利を掴んでもらわないと。

2018年10月29日 (月)

シルクなお馬さん(3歳関東馬・NF天栄組)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでダク、キャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて、改めて脚元を含めて状態を確認しましたが、特に問題はありませんでした。ただ、目に見えない疲労もあるでしょうから、現在はトレッドミルでの運動に止めて疲れを取っている段階です。今後も慎重に様子を見ながら進めていきたいと思います。馬体重は480キロです」(10/26近況)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきましたが、そこまでダメージは見られなかったので、今週から坂路コースでの調教を行っています。以前は女馬のような感じで、レースから戻ってくると体が減ってしまっていましたが、最近はそれほど減ることがありませんし、そういった意味でもこの馬なりに段々としっかりしてきているのでしょう。馬体重は458キロです」(10/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

牝馬三冠を成し遂げ、NF天栄でリフレッシュ中のアーモンドアイ。ひとまず大きな疲れは出ていないようですが、もう少しの間はトレッドミルのみの運動にセーブし、状態を見極めています。今後1週間の回復具合を確認して、次走(ジャパンC)へのGOサインが出るか否か決まると思います。

アンブロジオは早熟な馬だと見ていましたが、ひと夏を越して繊細な内面は徐々に解消。牡馬らしいどっしり感が出てきたのは何より。良い方へ着実に向かっていると思います。あとは10キロぐらい馬体のパワーアップを図ることが出来れば、まだまだ上を目指していけるのかなと見ています。

2018年10月19日 (金)

絶好枠を生かした完璧な立ち回り。勝ち馬の切れ味にこそ屈しましたが、最後まで渋太く脚を繰り出して、ゴール前で逃げ馬をきっちり交わして2着。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京10R 白秋S(芝1400m)2着(4番人気) 横山典J

まずまずのスタートを切ると、道中は5番手あたりを追走、残り400mを切ったあたりから追い出されると、外から脚を伸ばした勝ち馬には及ばなかったものの、先団勢をきっちりと捉えて、2着を確保しています。

横山典弘騎手「よく頑張っていると思いますし、馬は良くなってきているなと感じました。前回乗った時と比べて体の嵌りが良くなってきているように思いますからね。ただ上のクラスで戦っていくためには、もう一回り力を付ける必要があるでしょう。無理せず使っていけばまだ成長しそうな感じがしますから、今後も色々と教えていきながら大事に育ててあげたいですね」

菊沢調教師「勝った馬には敵いませんでしたが、それ以外はしっかりと捉えてくれていますし、よく頑張ってくれましたね。パドックや返し馬でのキャンターの下ろしがけでは少しテンションが上がっていましたが、典さん(横山典弘騎手)が上手くエスコートしてくれた部分も大きかったと思います。この後はトレセンに戻ってからよく状態を確認して、どうするか検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬場先出し。出たなりで先団直後。終始、手応えは良く、直線も比較的スムーズに捌いて追い出せた。少しモタついたが、ゴール前でショウナンライズをキッチリ交わして2着は確保。このクラス卒業も時間の問題か。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/18日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

菊沢師「先週はいい結果を残すことが出来なかったものの、しっかりと2着は確保してくれましたし、よく頑張ってくれていると思います。レース後は走ったなりの疲れはあるものの、脚元を含めて特に問題はありません。ただ典さん(横山典弘騎手)も言っていましたが、まだ成長の余地を残していると思いますし、いったん放牧に出して精神的にも肉体的にもリセットさせたいと思います」(10/17近況)

⇒⇒18日(木)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(18日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

変則開催の煽りを受け、月曜追いでレースへ臨むことになったアンブロジオ。中間の追い切り本数もやや少なかったので、力を発揮できるかどうか心配したのですが、そこは気性の勝ったタイプの競走馬。レースへの影響はほとんどなかったと思います。

今回、絶好枠を引き当てたアンブロジオは好発を決め、スッと内目の3~5番手をキープ。道中は馬群の中で息を潜め、上々の手応えで進めることが出来ました。そして最後の直線。進路が見い出せず、待たされることを覚悟したのですが、前を走っていたアッラサルーテが内へ切れ込みながら先頭へ迫ってくれたので、アンブロジオの前には難なく進路が出来、横山典Jもすぐにそこを狙って追い出しを開始しました。

前も伸びている分、アンブロジオの伸びはジワジワという感じでしたが、その勢いはゴール前まで持続。勝ち馬の切れ味には屈しましたが、ゴール前でOPでも実績のあるショウランライズを交わし切っての2着は立派です。連続して騎乗してくれている横山典Jの手腕によるところも大きいです。

レース後のアンブロジオですが、きっちり走ったので相応の疲れは見受けられますが、脚元等に異常はなし。リフレッシュを図る為、18日にNF天栄へ放牧に出されています。

今回のレースで準OP卒業まであと1歩という感じですが、冷静に見ると、完璧なレースをしても、勝ち切ることが出来なかったと言えます。この感じだと相手の凡走で準OPを勝つことが出来ても、OPに入ると苦労することでしょう。血統的に奥行きがあるタイプではありませんが、アンブロジオ自身は身のこなしなどに上昇の余地が残ります。今後も精神的に追い詰めないように1戦ごとに放牧を挟み、心身の成長を着実に求めていってもらえればと思います。

2018年10月13日 (土)

月曜追いで臨むことになって攻め本数は不足気味も、仕上がりは悪くありません。絶好枠を引き当てたので溜めの利いた走りで1歩前進を。☆アンブロジオ

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京10R 白秋S(芝1400m)2枠2番 横山典J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:8日に坂路コースで時計

菊沢師「8日に坂路コースで追い切りを行いました。先週の4日にWコースである程度負荷を掛けた調教が出来ていたので、月曜日は全体時計が54秒台とあまり出し過ぎないようにしました。調教後も飼い葉をしっかり食べて艶が非常に良く、状態はすこぶる良好ですね。追い切り後の馬体重は456キロと勝った2走前とあまり変わらない体重で臨めるのではないかと思います。ここまで全3勝を挙げている東京コースで良い結果を期待したいです」(10/10近況)

助 手 8美坂良 54.2- 39.8- 25.9- 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京4日目(10月13日)
10R 白秋S
サラ 芝1400メートル 3歳上1600万下 特指 混合 定量 発走15:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 リナーテ 牝4 55 田辺裕信
2 2 アンブロジオ 牡3 55 横山典弘
2 3 ハウメア 牝4 55 福永祐一
3 4 アッラサルーテ 牝5 55 戸崎圭太
3 5 キングクリチャン 牡9 57 石川裕紀人
4 6 ショウナンライズ 牡5 57 三浦皇成
4 7 ドルチャーリオ 牡5 57 池添謙一
5 8 ダノンアイリス 牝5 55 田中勝春
5 9 ナンヨーアミーコ 牡5 57 柴田善臣
6 10 マイネルバールマン 牡4 57 松岡正海
6 11 サプルマインド 牝5 55 C.ルメール
7 12 バリス 牡7 57 内田博幸
7 13 コーディエライト 牝3 53 岩田康誠
8 14 レインボーフラッグ 牡5 57 M.デムーロ
8 15 ダイトウキョウ 牡6 57 武藤雅

○菊沢師 「外枠だった前走は前の馬が残る流れでもあり、この馬には条件が厳しかった。それを考えればよく頑張っている。その後は放牧を挟み、ここを目標に仕上がりは良さそう。うるさい気性も以前よりはマシになったし、実績のある東京で改めて期待したい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

準OPに上がると1つ壁を乗り越える必要があると思っていたので、昇級緒戦は苦労するかと思っていたアンブロジオ。結果は4着で馬券圏内を外すことになってしまいましたが、カーブがキツく、圧倒的に前有利な新潟・芝1400m。8枠17番が応え、道中は外々を回される形に。なし崩しに脚を使わされることになってしまい、直線でのひと伸びを欠きました。結果は残念でしたが、個人的にはレース前のイメージより走ってくれた思いが強く、満足はしています。

その後はNF天栄で夏を過ごし、実績のある東京・芝1400mのここを目標に調整。順調にここまで来たと思いますが、変則開催の煽りを受けて8日に最終追いを済ませるなど攻め本数は不足気味。まあ、前向きな気性で元々仕上がり早な馬なので大丈夫だと思いたいです。

東京・芝1400mもどちらかというと前有利な条件。それだけにどの枠を引いてくるか注目していましたが、内の偶数枠とは理想的。今度は脚を溜めて追走することが出来るでしょうし、鞍上の手腕の見せ所。先に行きたい馬を行かせて、道中はそれを見る形でリラックスして走って欲しいです。あとはこれらを相手にして現状のアンブロジオの実力が試されます。今回は1歩前進して馬券に絡む走りを見せて欲しいところ。ただ、勝ち切るには展開・人気馬の凡走が必要かもしれません。

2018年10月 7日 (日)

シルクなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:3日に坂路コースで時計
・次走予定:10月13日の東京・ダ2100m(岩田J)

牧師「3日に坂路コースで追い切りを行いました。道中は相手を先導する形で進めていき、最後は強めに追って同入していますが、今週も全体時計が52秒8としっかりと負荷の掛かった追い切りを消化することが出来ました。先週もある程度の負荷を掛けたことで馬がピリッとしてきた様子ですし、レースに向けて良い気合い乗りをしてきています。こちらに帰厩してきた当初よりも徐々に状態は上向いてきていますので、いい形で来週のレースに向かえるよう努めていきたいと思います」(10/3近況)

助 手 30美坂不 57.6- 41.2- 27.0- 14.0 馬なり余力
助 手 3美坂良 52.8- 37.9- 24.7- 12.7 一杯に追う リパーカッション(古1000万)一杯に0.2秒先行同入

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:4日に南Wコースで時計
・次走予定:10月13日の東京・白秋S(横山典J)

菊沢師「週末にポリトラックで時計を出しましたが、動きは軽快で活気もあり、良い状態で戻してもらったことを確認できました。4日には南Wコースで追い切りを行いました。単走で半マイルから時計を出しましたが、力の要るウッドチップでも動きはしっかりとしていて良かったですし、予定しているレースには十分態勢が整うと思います。鞍上は前走に続いて典さん(横山典弘騎手)に依頼しています」(10/4近況)

助 手 30南P稍 69.0- 53.4- 39.2- 13.3 馬なり余力
助 手 4南W良 52.7- 38.8- 13.1 直強目追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リゾネーターは引き続き坂路オンリーの追い切りですが、3日の追い切りは全体&上がり時計は上々。攻めで抜群に動くという馬ではないので更に評価できるでしょう。ただ、馬体に関しては重目残りだと思うので、週末と来週の追い切りも十分な負荷を掛け、レースへ臨んでもらいたいです。

アンブロジオは帰厩して早速2本時計をマーク。4日の追い切りは走りにくいWコースに戸惑った感じですが、活気ある姿&動きを見せてくれているのは好感。元々仕上がり早な馬ですし、良い雰囲気でレース当日を迎えることが出来そうです。引き続き横山典Jが跨ってくれるので、クラス2戦目で勝ち負けの争いまで前進して欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シェアザストーリーの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | ショウナンアオバの17 | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジャズキャットの17 | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ティアドロップスの17 | ディグニファイド | ナイトバナレット | ハリケーンフラッグの17 | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | レディルージュの17 | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ヴィッセン | ヴィーヴルの17 | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (再ファンド・未)ロードバリスタ | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロイヤルアフェア | (地方競馬)ロードヴォラーレ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)ケイティーズソレル | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクドリーマー | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)ゼーヴィント | (引退)デルフィーノ | (引退)ドレーク | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロジャーズクライ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ