2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アンブロジオ」の148件の投稿

2020年1月 7日 (火)

【シルク】12月28日のレース結果

Photo_2 ピボットポイント

土曜中山9R 2019YJS ファイナルラウンド中山第2戦(ダ1800m)4着(7番人気) 小林凌J

ブリンカー着用。まずまずのスタートを切ると、道中は好位の4~5番手に付けます。直線では内目から馬群の間を割る形でジワジワと脚を伸ばし、ダート初挑戦で掲示板を確保しています。

小林凌大騎手「松下先生からは行ければ行って欲しいと言われていましたが、他に行きたい馬がいましたし、無理せず好位に付けました。道中は少しハミにモタれる面はありましたが、砂を被っても怯まず良い感じで運ぶことが出来ました。直線で内から脚を伸ばした時は一瞬オッと思いましたが、最後は外から差されてしまいましたね。芝で乗ったことはありませんが、今日の感じからするとこの条件は合っていそうですし、流れが向けば楽しみはあると思いますよ」

松下調教師「ダート替わりが良い方に出てくれないかと期待していましたが、初めてにしては最後までしっかり走ってくれましたね。ダートの目処が立ちましたし、次走もダート戦に向かいたいと考えています。ただ、時計はそこまで速くなかったので、時計勝負になった時にどれだけ対応してくれるかが今後の課題になりそうです。トレセンに戻って状態を確認した後は、これまでは疲れを取るため、年明け以降に牧場へお戻しさせていただく予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:4日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

松下師「レース後も目立った疲れは見られませんでしたが、予定通り一旦牧場にお戻しさせていただきました。ダート戦の目途も立ちましたし、心身ともにリフレッシュしてもらい、状態が上向き次第、次走の予定を検討させていただきたいと思います」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダート替わりがどう転ぶか半信半疑でしたが、時計が掛かったのも幸いして4着と大健闘。芝では辛い状況だったピボットポイントには良い兆しが窺えました。

スタートのタイミングがピッタリで好発を切ったピボットポイント&小林凌Jでしたが、内の馬も速い馬がチラホラいてハナには行かず。無理することなく好位の5番手をキープしてレースを進めてくれました。また、向正面では外から捲っていく馬も乱ペース気味になりましたが、馬群の中でじっと我慢。勝負どころでの反応・行きっぷりは良くなかったですが、小林凌Jに促されて最内をジワジワ押し上げて行きます。そして直線でも最内を突く形になりましたが、一瞬内から抜け出して2番手へ上がるシーンも。最後は勢い良く伸びてきた差し馬の追撃に抵抗出来ませんでしたが、内容のある4着で時計の掛かるダートならまだまだ頑張れそうです。JRAでの1勝を挙げるのに時間が掛かった小林凌Jですが、上手に乗ってくれたと思います。

レース後のピボットポイントですが、もう1つ上の着順(3着)なら優先権確保で続戦という可能性はあったんでしょうが、メドの立つ走りが出来たということで一旦NFしがらきへ移してリフレッシュさせることに。4日に移動しています。

まずはレースでの疲れを癒してもらえればと思いますが、時計の掛かる冬場のダートは合っていると思うので、出来るだけ早く次走へ向かうことが出来るように態勢を整えていってもらえればと思います。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_2 アンブロジオ

土曜中山10R 立志S(芝1600m)15着(15番人気) 池添J

スタートでやや遅れ、レース序盤は中団後方からの追走となります。向正面で外目から位置を上げて勝負どころを6番手あたりで回って行きますが、直線では脚が上がってしまい、後方に敗れています。

池添騎手「他の馬を怖がっているのか分かりませんが、道中は外に張るような感じで走っていましたね。それに、ハミ掛かりが良くて力み気味に追走していたことで、途中で無駄な体力を使ってしまった分、直線は脚を伸ばすことが出来なかったです。返し馬の雰囲気は良かったですし、レースでもあれくらいゆったりと走ってくれれば良いのですが・・・」

菊沢調教師「最近は周りに敏感になってきていましたし、パワーが付いてきた分抑えるのが大変になってきているので、パドック・返し馬とパシュファイヤーを着用して行いました。その効果もあって、この馬なりに落ち着いて良い雰囲気でレースに向かえたと思います。ただ、レースでは少し出負けして促して行った分、ハミを取ってしまいましたし、ずっと外に張りながら走ってしまっていましたね。飼い葉は食べながらもなかなか実にならず馬体重は減ってしまっていましたし、去勢の効果がしっかりと出てくるまでは、もう少し時間が必要なのかもしれません」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/5日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

菊沢師「レース後は軽めの運動で様子を見てきましたが、馬体面にこれといった問題はありませんでした。ただ、全体的にレースの疲れは少し見られますし、一旦ノーザンファーム天栄へ戻して心身ともにリフレッシュさせたいと思います。牧場での状態を見ながら、今後についてご相談させていただきたいと考えています」(1/4近況)

⇒⇒5日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。(5日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

気難しさを緩和する為に去勢手術を行ったアンブロジオですが、周りに敏感になって他馬を怖がるように。結果的に言えば、去勢したことが見事に裏目に出た感じに。

スタートで後手を踏んだアンブロジオですが、外枠の利を生かしてジワッと挽回。ただ、前に壁を作ることが出来ず、力んで走っていたこと+外々を回されることでジリジリとスタミナをロス。4角手前では手応えに余裕はなく、直線を向いて両サイドから少し挟まれる形になると抵抗できずに下がっていってしまいました。時計の掛かる馬場で浮上の余地はあったんですが、15着に惨敗を喫してしまいました。

レース後のアンブロジオですが、脚元等には異常なし。ただ、現状の心身のバランスでは良い結果は得られないということで5日にNF天栄へ放牧に出ています。少しずつ去勢したことに心と体が馴染んでもらえればと思いますが、敏感になってしまった面は改善されるのかな?

当面は惨敗と放牧を繰り返すことになりそうなアンブロジオ。その中で何とか浮上の兆しが見えてきてくれることを願っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_2 ナイトバナレット

土曜中山12R ベストウィッシュC(芝1600m)5着(13番人気) 坂井瑠J

内枠からまずまずのスタートを決めるも、中団で競馬を進めます。4コーナーでは最後方まで下がりますが、大外から末脚を伸ばして、勝ち馬からコンマ2秒差の5着で終えています。

坂井瑠星騎手「京都で続けて2回乗せていただき、終いで少し甘くなるようなイメージを持っていたので、最後まで脚が続くようジュニアカップで勝った時の映像を見て、その競馬を心掛けました。実際にかなり良い脚を使ってくれていましたし、もう少し前が流れていれば、差しきっていたかもしれません。今日のような競馬であれば展開次第にはなるものの、どこかで嵌まってくれそうな感じがします」

矢作調教師「この馬にしてはスタートが決まって、枠も良かったですし、中団からの競馬になるのかなと思っていましたが、結局後方まで下げてしまいましたね。それに、早めに外に持ち出せていれば、もっと上位とは際どかったのではないでしょうか。ただ、元々1度使って良くなるタイプで、今日は体重的も余裕がありそうな印象ですから、次はさらに前進が見込めるでしょう。トレセンで状態を見てからになるものの、脚元等に問題なければこのまま続戦させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

担当助手「中山競馬場から戻ってきた後も、目立った疲れは見られず、体調も問題ありませんでした。今週から調教を開始していますが、跨った雰囲気は悪くありませんので、このまま続戦させる予定です。優先出走権が獲れなかったので、想定を見ながら検討していきたいと思います」(1/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

丹念に時計になるところを乗り、中山への長距離輸送で絞れて来てくれるかなと見ていたナイトバナレットですが、プラス4キロと更に増えていたのはガッカリ。坂路追いばかりではなく、コースでの追い切りやプール調教などを取り入れて運動量を増やさないといけないでしょう。

レースに関してですが、スタートに課題のあるナイトバナレットですが、五分のスタートからスッと中団へ。良い雰囲気で走っているなあと見ていたのですが、坂井瑠Jが末脚が甘くなることを意識し過ぎたのは残念。出たなりの位置で脚を溜め、仕掛けるのを我慢して欲しかったですが、4角では最後方の位置。そして直線は勢いをつけて大外へ。馬群が苦手な馬ではないので一か八の賭けにはなりますが、最後まで内にこだわって欲しかったです。まあ、それでも直線は太目残りの馬体ながらジワジワと加速。この時期の中山のタフさはナイトバナレット向き。もう少し流れてくれていれば、上位へ肉薄出来ていたかもしれません。でも、色々と考えて乗ってくれ、着順を押し上げることが出来たのは感謝したいです。

レース後のナイトバナレットは相応の疲れはあるようですが、早速乗り出しているように元気一杯。在厩で調整を続け、次走へ向かう予定です。出来れば次も中山へ連れてきて欲しいです。番組表を見ると、今週末に中山・芝1600mの平場戦は組まれてはいます。あとは18日の京都・木津川特別、25日の中山・東雲賞あたりが候補になってくると思います。個人的にはそろそろダートを試して欲しいのですが…。

タフさは素晴らしいので、今年1年は積極的に数を使っていって欲しいです。その為、矢作厩舎から離れることになっても個人的には素直に受け入れたいです。

2019年12月28日 (土)

【シルク】今週の出走馬(28日)

Photo_2 ピボットポイント

土曜中山9R 2019YJS ファイナルラウンド中山第2戦(ダ1800m)8枠13番 小林凌J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日にBコースで追い切り

松下師「25日にBコースで追い切りました。間隔が詰まっていますので、反応を確かめる程度に抑えましたが、硬さもなく動きは軽快でしたよ。前走はややハミにモタれ掛かるようなところがありましたが、その時よりも状態としては良いですし、上積みとダート替わりが良い方に出てくれると良いですね。調教の感じなら対応してくれると思いますし、あとは力まず自分のリズムでノビノビ競馬が出来るかどうかがカギになるでしょう」 (12/26近況)

助 手 25栗B良 86.6- 71.6- 56.6- 42.4- 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2勝クラスに上がってからは連続して2桁着順と壁にぶち当たってしまったピボットポイント。前々でレースの流れに乗ることは出来ているのですが、勝負どころでペースアップした際にあたふたし出して、直線を向く時点で余力なし。根性・体力が足りないのかなと思いますが、スピード自体も足りないのかな?

そこで今回は目先を替える意味もあってダートに初挑戦。攻め駆けする馬ではないのでダート適性に関しては不安ですが、決め手に欠けるし、捌きに硬さはある馬。厩舎スタッフのコメントだとダートの走りは悪くない様子。砂を被るのは良くないと思うので、外目の8枠13番が当たったのは良かったです。ただ、若手Jの晴れ舞台なので乱ペースの1戦になってしまうかも。そうなると前でレースを進めるであろうこの馬には辛い展開になって、惨敗のシーンまで。

なかなか好走するイメージが沸きませんが、新味を求めたこの挑戦によって、次走以降に少しでも希望が出てきてくれることを願っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_2 アンブロジオ

土曜中山10R 立志S(芝1600m)7枠13番 池添J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで時計

菊沢師「25日に坂路コースで追い切りを行いました。無理させることなく自分のリズムを重視した調教でしたが、去勢の効果からか反応がとても鋭くなっており、良い加速をしますね。ただ、物事に敏感になって怖がりな面が出てきましたので、多頭数のレースになった時にその辺りがどうかでしょう。また、体つきがやや細く映りますが、飼い葉はまずまず食べてくれていますし、毛艶も問題ありませんので、レースに向けて態勢は整ったと思います。瞬発力勝負になると厳しい部分がありますから、少しでも上がりの掛かる競馬で出番があると良いですね」(12/25近況)

助 手 25美坂良 54.7- 39.7- 26.0- 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末は旧準OPで連続2着するなどOP入りが現実化していたアンブロジオですが、今年になって出走したレースは全て二桁着順。斤量に対して敏感に反応してしまっているところがあるかも。また、気性的に難しいところを抱えている為、その改善の為にこの中間に去勢手術を行っています。その効果については実戦へ行ってみないとダメでしょうが、物事に過敏になって怖がりな面が出てきているというのは悩ましいところ。今にして思えば無理に去勢する必要があったのかなあ…。

また、アンブロジオは気性の勝った馬で元々仕上がり早。4ヶ月半ぶりの出走でも力を発揮できる状態にはあると思います。追い切りに関してはしっかり乗られていますが、時計は強調できるものではありませんし、実際動きも目立たない様子。3勝クラスとすればメンバーも揃っているので、厳しい戦いは避けられません。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_2 ナイトバナレット

土曜中山12R ベストウィッシュC(芝1600m)1枠2番 坂井瑠J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に坂路コースで追い切り

矢作師「25日に坂路で追い切りました。併せ馬を追い掛けて行きましたが、最後は届かなかったものの、良い時計が出ましたし、動きとしても十分だと思います。牧場でじっくり乗り込んでもらっていたこともあって、馬体は引き締まっていい体付きをしていますし、良い仕上げでレースに向かえそうです。掲示板にあと一歩届かないレースが続いていますが、着順ほど負けていませんし、それにこの2走はゲートをしっかり出てくれているので、坂井瑠星騎手は手が合っていると思います。後は展開一つだと思いますし、そろそろジュニアC以来となる勝利を期待したいですね」(12/26近況)

助 手 22栗坂良 54.1- 38.4- 25.5- 13.2 馬なり余力
助 手 25栗坂良 51.7- 37.8- 25.1- 13.0 一杯に追う パンサラッサ(二歳1勝)馬なりを0.9秒追走0.5秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩してそれほど時間が経っていないナイトバナレットですが、ここへ向けてハードな追い切りを消化。クタッとすることなく頑張ってくれていますが、馬体に関してはなかなか絞れて来ない様子。また、太目が解消できないことで走ることへの意欲・集中力が欠けています。矢作師のコメントでは良い体になっているらしいですが、これは鵜呑みには出来ません。中山への長距離輸送でグッと絞れて来て欲しいものです。

今回はマイル戦へ戻りますが、ここは中山・ジュニアCで鮮やかに追い込みを決めた舞台。1枠2番と枠は絶好のところを引き当てました。馬群を苦にする馬でもないので、ここは内ピッタリを通り、距離ロスを避けた乗り方に徹して欲しいところ。そして直線でも外へは回さず、内の開いているところをこじ開ける感じで突っ込んできて欲しいです。あとは消耗戦になってもらい、走破時計&上がりの時計が掛かってくれることを願っています。

今回で3戦連続での坂井瑠Jでの出走。確かに相性は悪くないと思うので、不本意な結果に終わった近2走の反省を生かし、まずは掲示板にのれるように作戦を組み立ててもらいたいです。

2019年12月23日 (月)

シルクなお馬さん(入厩組・28日出走予定馬)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:18日に南Pコースで時計
・次走予定:12月28日の中山・立志S(池添J)

菊沢師「18日に南Pコースで単走で追い切りを行いました。濃霧の影響で詳細な時計は分かりませんが、自ら跨がって追い切った感触的には、全体で67~68秒くらいは出ていたと思います。去勢した馬によく見られることですが、普段のちょっとした物音に敏感に反応するようになってきている感じがします。でも、角馬場での準備運動時や追い切りでは落ち着いていて、これまでと同様の動きを見せてくれていますから、大きく心配する必要はないと思いますよ。来週の鞍上は池添謙一騎手に依頼しています」(12/19近況)

調教師 18南P良 キリ 馬なり余力

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に坂路コースで追い切り
・次走予定:中山12月28日 ベストウィッシュC

矢作師「前走後は牧場で緩めないようにしっかり乗り込んでもらっていましたから、馬体はしっかり出来ていますし、良い状態で戻ってきていますよ。18日の追い切りでは遅れはしたものの、追い掛けた分届かなかったものなので気にしなくて良いでしょう。動きがもう一つなら年明けでもと考えていましたが、今日の感じなら来週には態勢が整うでしょうから、このまま問題なければ12月28日の中山・ベストウィッシュCに向かいたいと思います」(12/18近況)

助 手 17栗坂良 61.1- 44.5- 29.9- 15.0 馬なり余力
助 手 17栗坂良 60.7- 44.6- 29.3- 14.1 馬なり余力
助 手 18栗坂稍 53.6- 39.0- 25.0- 12.5 一杯に追う ジェシーハート(二未勝)一杯を0.3秒追走アタマ遅れ
助 手 22栗坂良 54.1- 38.4- 25.5- 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週除外になったピボットポイントもスライドで土曜日の競馬を予定していますが、それ以外に28日の出走を予定している2頭の近況をまとめて。

アンブロジオは池添Jを鞍上に迎えて出走へ。キリの為、動きの詳細は分かりませんが、水準レベルの時計では動いている様子。去勢の影響で少し物音に敏感な面はあるようですが、操縦性に関しては問題なさそう。今年1年苦戦しましたが、去勢効果がどこまで見込めるか。

ナイトバナレットは帰厩後熱心に時計をマーク。簡単にへこたれない根性は褒めて上げたいですが、それが結果に繋がらないのが悩ましいところ。最終追いもビシッと攻め、中山への輸送で太目残りであろう馬体を引き締めてもらいたいです。逆に前走より増えているようだと、結果は期待できません。

2019年12月13日 (金)

3日に美浦・菊沢厩舎へ帰厩しています。☆アンブロジオ

201908_20191213034201

Photo アンブロジオ(ゼ・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:3日に美浦トレセンへ帰厩
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:12月28日の中山・立志S

菊沢師「3日の検疫が回ってきましたので、こちらに戻させていただきました。体調面に問題はなかったので、早速軽めに跨って調教を開始しており、このまま目標としている中山最終週に良い状態で向かえるよう調整していければと思います」(12/4近況)

助 手 6美坂良 60.5- 44.8- 30.4- 15.8 馬なり余力
助 手 8美坂稍 55.6- 40.7- 26.7- 13.4 馬なり余力

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:12日に南Wコースで時計
・次走予定:12月28日の中山・立志S

菊沢師「12日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。軽く運動をさせている時は早く走りたいのか、少し煩くなるようなところはあるものの、調教中はムキになることも無く、軽快なキャンターをしてくれていますね。牧場からも良い状態で戻してもらって脚元には問題ありませんが、速いところを行うと背腰に疲れが溜まりやすくなっていますので、そこはしっかりケアをしていきます。ここまで特にアクシデントもありませんし、順調に進められていますので、更に状態を上げて再来週の立志Sへ向かうことが出来ればと思います」(12/12近況)

助 手 12南W稍 68.3- 53.3- 39.3- 12.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年の最終開催日の中山・立志Sへ向かうことが決まっていたアンブロジオは3日に帰厩。レースまで少し時間は残されていますが、早速時計をマークして元気一杯。少し煩い面は残っているようですが、走ることへの意欲が出てるとも言えるので、去勢手術を行った効果で幾らかでも従順さが戻って来てくれればと思います。

あとはレースまでの期間を逆算し、当日しっかり力を発揮できる状態へと持っていってもらえればと思います。早く仕上がり過ぎないようにだけ注意して欲しいです。

2019年12月 2日 (月)

シルクなお馬さん(NF天栄組)

Photo_3 シェダル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:2020年第1回中山開催 
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。元々調教での動きはそれほど目立つタイプではありませんが、ペースアップ後もまずまずの走りを見せてくれています。今の感じであれば年明けの中山開催を目標に出来るでしょうから、そこに向けて進めていきたいと考えています。馬体重は525キロです」(11/29近況)

Photo_3 ポレンティア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は登坂回数を週3回に増やして、少し全体的な負荷を強めています。坂路コースでの動きは、ハロン13秒ペースでも徐々にしっかりとしてきましたし、段々と態勢は整ってきていますから、そろそろ田中調教師と今後の予定について相談していければと思います。馬体重は507キロです」(11/29近況)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月21日の中山・グレイトフルS
・調教内容:週3回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回とも坂路コースのペースを、終いハロン13秒まで上げています。負荷を強めてからも疲れは見せず、調教そのものは順調に進められています。おそらく来週には帰厩の声が掛かるでしょうから、この調子で態勢を整えておきたいと思います。馬体重は482キロです」(11/29近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月28日の中山・立志S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいます。来週トレセンへ帰厩する予定となっていますが、フィジカル的には順調にレースに向けて整ってきている印象です。あとは、こちらでは以前のように引っ掛かる感じがなくなって大人しくなってきているので、それがレースでも良い方に向いてくれればと思っています。馬体重は459キロです」(11/29近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

シェダルは週3回の登坂に増やし、その内2本は13秒台まで末を伸ばすように。帰厩を意識した調教へと踏み出しています。ここをしっかり耐えてくれれば、帰厩の声が届く筈。デビューへ向けて突き進んでもらいたいです。

ポレンティアも帰厩を意識した調教を消化。本数を重ねることで動きにも余裕が出てきていますし、馬体重を減らすことなく、むしろ増えていることは好印象。先に次走予定が発表されそうなので、どこに挑戦してくるのか楽しみです。

グランドサッシュは近々帰厩予定。負荷を高めても黙々とこなしてくれていますし、馬体もマズマズふっくらしていると思います。このまま良い流れで厩舎へ戻って来てくれればと思います。

アンブロジオは今年1年まさかの低迷。大きくない馬なのでハンデ戦で57キロを背負わされたのが響いているのかな? 予定ではグランドサッシュ同様に近々帰厩へ。調教はしっかり取り組むことが出来ています。あとは去勢手術を行ったことで、良い効果が見られると嬉しいのですが…。

2019年11月28日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上・本州牧場組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月21日の中山・グレイトフルS
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3回の坂路調教をメインにしっかり負荷をかけています。脚元に変化はありませんし、動きには活気があり全く年齢を感じさせませんね。近日中に帰厩することになると思いますので、今後も状態維持に努めていきます。馬体重は489キロです」(11/22近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月28日の中山・立志S 
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「その後も先週同様、週3回の坂路調教でしっかり負荷をかけています。レースの予定が決まり、そこに向けて進めていますが、予定通りの調整過程を踏むことができています。今後も更なる状態アップに努めていきます。馬体重は456キロです」(11/22近況)

Photo_3 ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回阪神開催
・調教内容:トレッドミル、坂路コースでハロン13~14秒

しがらき担当者「この中間もコンスタントに速めのところで乗り進めています。特に疲れた感じはありませんし、動きの方も良い意味でいつも通りですね。近く帰厩することになるでしょうから、このまま緩めないように乗り進めておきます。馬体重は505キロです」(11/22近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走が中山・グレイトフルSに決まったグランドサッシュは引き続き週3回の坂路調教を無難に消化。12月に入れば帰厩することになると思うので、今の良い雰囲気を維持してもらえればと思います。馬体重がちょっと増え過ぎかもしれませんが、それだけ体調は良いのでしょう。

アンブロジオも目標が定まったこともあり、逆算しながらの調整過程。こちらも活気ある姿を見せてくれています。コツコツ乗り込みながら更なる良化を辿って欲しいです。

ナイトバナレットも年内の出走を予定。タフに頑張ってくれていますが、この馬の場合は食欲が旺盛すぎるのが悩ましいところ。帰厩の声が届く頃には500キロは下回っていて欲しいです。

2019年11月21日 (木)

シルクなお馬さん(4歳・NF天栄組)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月28日の中山・立志S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週はリフレッシュを図る意味も込めて、坂路入りの回数を週1回に止めましたが、今週は週3回に増やし、その内の2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。先日、菊沢調教師が来場されて次走について相談した結果、中山最終週を目標に進めていくこととなりました。馬体重は455キロです」(11/15近況)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月8日のシャティン・香港カップ(G1)・C.ルメールJ
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週2回15-14、残りの日は軽めの調整

担当者「今週は登坂回数を週4回に増やし、ペースもハロン14秒まで上げています。徐々に負荷を上げられていることからも分かるように、順調そのものですし、先日来場された国枝調教師も状態には納得されていましたよ。今のところ来週の検疫でトレセンへ帰厩する予定となっています。馬体重は476キロです」(11/15近況)

⇒⇒21日(木)に美浦トレセンへ帰厩する予定です。(18日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオの次走は予想通り、来月28日の中山・立志Sに決定。先週は坂路入りを週1回に手控えてリフレッシュに充てていましたが、今週から週3回に戻しています。そして終いは13秒まで伸ばすように。仕上げに入っていると言えるのでグングン状態を上げていってもらえればと思います。

アーモンドアイは18日の最新情報では本日帰厩予定。無理のない範囲で乗り進めていますが、前走後の疲れ・反動はほぼ解消出来たと思います。あとは香港遠征を見据えて少しフックラさせた姿で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

2019年11月13日 (水)

シルクなお馬さん(3歳上関東馬・牧場組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は坂路コースのペースを終いハロン13秒まで上げていますが、右前脚の状態には良い意味で変わりありません。少しペースを緩めた影響はあまり感じられませんが、12月中の出走が可能かどうかはもう少し乗り込みながら決めていきたいと思います。馬体重は478キロです」(11/8近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「あまり詰め込み過ぎて疲れが出てしまってもいけませんし、今週は登坂回数を週1回に止め、ペースも15-15くらいに抑えています。今後も状態に合わせてメニューにメリハリを付けつつ、次の予定を立てられるように状態アップを図っていきたいと思います。馬体重は456キロです」(11/8近況)

Photo ジーナアイリス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「この中間も引き続き、ウォーキングマシンでの運動を行っています。一時と比べると体は少し締まってきたように思えますが、それでもまだ全体的に緩みがありますし、捌きも硬いですね。今月中にはトレッドミル中心の調教メニューに移行したいものの、焦らずに馬の状態に合わせて進めていきます。馬体重は574キロです」(11/8近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは右前の繋ぎ部分が腫れ、軽めの運動で様子を見る時期がありましたが、この中間は坂路でのピッチを上げて調整。脚元に疲れ・反動は見受けられず、一過性のものだったと思います。予定していた年内の出走は現状五分五分かなと思いますが、動き等を見極めて、早目に決断してもらえればと思います。

発表はされていないも、おそらく12月28日の中山・立志Sを次走に予定しているアンブロジオ。レースまでまだ1ヶ月ちょっとあることから、この中間は週1日の登坂でピッチもハロン15秒に止めて、リフレッシュさせています。乗り込み量はほぼ足りていると思うので、帰厩が近づいてきたら再度ピッチを上げる感じで十分かなと思います。

馬体重が減りつつあるのは良い傾向だと思いますが、良化度は一息なジーナアイリス。当初の予定より少し遅れているのかなと思いますが、かなりの大型馬で両脚に骨折が見つかっているだけに慎重にならざるを得ません。今月中にはトレッドミルでの調教を開始したいようですが、状態最優先でお願いします。

2019年11月 8日 (金)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週末、右前の繋ぎ部分が腫れたので軽めの運動で様子を見ていましたが、検査では異常は見つからず、すぐに腫れも治まってきたので、坂路調教を開始しました。恐らく何かにぶつけたのだと思いますが、もう心配はなさそうですので、様子を見ながら調教を戻していきたいと思います。馬体重は480キロです」(11/1近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様の調教メニューを続けています。脚元・体調共に問題ありませんが、去勢後ですので急ピッチで進めることは避けたいと思います。早くても12月の中山開催の後半ぐらいになるでしょうか。馬体重は459キロです」(11/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暮れの中山戦へ向け、熱心に乗り込んでいたグランドサッシュでしたが、この中間右前の繋ぎ部分を腫らすアクシデント。幸い、症状は軽くて腫れも治まったようですが、出走が可能な状況なのかは次の更新を待ちたいと思います。

アンブロジオも年内の出走へ向けて着々と態勢が整っていますが、去勢明けの1戦は12月28日の中山・立志Sになってくると思うので、時間はまだまだ許されています。気持ちと動きがしっかり噛みあってくるように丁寧に乗り込みを重ねていって欲しいです。 

2019年10月31日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週は週3回の坂路入りの内、2回は終いハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も動きはいつも通りですし、今のところ体調面含めて特に問題は見られませんから、この感じを維持しながら進めていきたいですね。馬体重は478キロです」(10/25近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も週3回の坂路コースでの乗り込みを中心に調教を進めています。動きに大きな変わり身はないものの、この馬なりにしっかりとしたフットワークで駆けてくれています。飼い葉も食べて体調面にも問題ありませんから、このまま緩めないように進めていければと思います。馬体重は459キロです」(10/25近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認したところ、背腰を中心に疲れが見られたので、しばらくは軽めの運動でケアに努めました。だいぶ疲れも取れてきたので、今日から周回コースでの運動を始めています。レース後に疲れが見られたという、左前脚についても今のところ問題はありません。馬体重は482キロです」(10/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは暮れの中山戦を視野に入れているので結構な負荷を掛けていますが、無難な対応。やり過ぎて馬体が硬くなり過ぎないように注意していく必要はありますが、今の雰囲気を維持できれば大丈夫でしょう。

アンブロジオも年内の出走を視野に入れての調整中。去勢前と動きに大きな違いはないようですが、精神面でどこまで落ち着きを取り戻してくれているか。一時期はOPまであと1歩のところまで行っただけにまずは3勝クラスで掲示板に載れるところまで再浮上してきて欲しい。

ヴェルトゥアルはこの中間、軽めの運動のみ。左前脚の疲れなどレース後のダメージがそれなりにあったので、もうしばらくの間は馬体のケア・回復を最優先してもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ