2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アンブロジオ」の129件の投稿

2019年8月16日 (金)

【シルク】先週のレース結果(8/10-11)

Photo アンブロジオ

土曜新潟11R 新潟日報賞(芝1400m)11着(12番人気) 丸山J

互角のスタートから道中は最後方を追走します。直線では大外へ持ち出し追われましたが他の馬を上回る末脚は使えず11着でのゴールとなりました。

丸山騎手「ゲートを出れば前へ行くつもりでいましたが他の馬が速かったですし、最近のレース内容からも無理に付いて行くと直線で脚が上がりそうだったので、後ろで脚を溜める競馬をしました。ここ最近はこのような競馬をしていないので、直線で馬と馬の間へ入るのをやや躊躇する場面はありましたが、まずまず伸びてくれたと思います。追ってから左へ逃げる面など課題はありますが、気難しい馬ですしもう一度こういう競馬を教えて行った方が今後に繋がると思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

菊沢師「先週は良い結果を残すことが出来ず、申し訳ありませんでした。丸山騎手には正直もっと積極的に乗って欲しかった部分はありましたが、それでも最後までジリジリと脚を使ってくれたと思います。レース後は暑い中走ったこともあり、少し全体的に疲れが見られますので、一旦放牧に出してリフレッシュさせたいと思います。また、ここ最近は二桁着順のレースが続いてしまっていることに加え、少し気性的に難しい部分がある馬ですし、精神面での改善を図ることを目的に去勢したいと考えています」(8/14近況)

⇒⇒15日に福島県・NF天栄へ放牧に出ています。(15日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_2 ナイトバナレット

日曜新潟9R 豊栄特別(芝1400m)9着(8番人気) 中谷J

1馬身ほど出遅れてしまい道中は後方を追走します。直線では馬群の中を突いて伸びましたが前も止まらず9着入線となりました。

中谷騎手「スタートはいつも通り速くなかったですね。馬群の中でもファイト出来るタイプの馬なので、ロスの無いように馬群の中を突いて直線はいい伸びをしてくました。でも、このコース形態だと直線が短いですし、他の馬もトップスピードをゴールまで維持できてしますので、もう少し距離があった方がいいですね」

矢作調教師「ここ最近は1600m~1800mを主に出走させていたこともあって、1400mだと流れに乗り切れず位置取りが悪くなってしまいましたね。それに最後の直線も進路を探しながらの追い上げでしたし、致命的な位置からよく9着まできてくれたと思います。6月の東京以来の競馬でしたが、良い状態で復帰させることが出来ましたし、伸び脚は見せてくれたので、次走は上積みからもっと良い競馬が期待できると思います。トレセンに戻って状態が変わりなければそのまま続戦させる方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:新潟8月25日・五頭連峰特別

担当助手「新潟からトレセンに戻って状態を確認いたしましたが、目立った疲れはなく体調も問題ありませんでした。今週いっぱい様子を見させていただき、それでも問題がなければ8月25日の新潟・五頭連峰特別を目標に進めていきたいと思います」(8/14近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年になって低迷が続くアンブロジオですが、暑い時季を迎えて少し雰囲気が良くなってきたかなと思っていたのですが、今回のレースは消化不良の内容に。スタートは互角に出たのですが、前々で気分良く追走するとなし崩しに脚を使うと丸山Jの判断で控える形を選択。それは悪いとは言えませんが、新潟の芝1400mのコース形態を考えると極端すぎる位置取りでさすがにあそこからでは前は届きません。道中でもう少し動くなりして、勝ちに行く姿勢を見せて欲しかったです。アンブロジオ自身はまずまず良い脚は使ってくれました。

レース後のアンブロジオですが、全体的に疲労感を漂わせているようですが、そこまで深刻なものではなし。ただ、適鞍がないですし、一旦NF天栄へ放牧に出して秋競馬に備えることに。また、近走の低迷ぶりと気性的に難しい部分があるということから去勢手術を行うことに。思惑通りに精神面の改善に繋がれば良いのですが、ピリッとしたところがアンブロジオの走る原動力に繋がっていたと思うので、闘争心が薄れて余計に走らないということにならなければ良いのですが。

新潟の芝1400mはさすがに忙しいとレース前から思っていたナイトバナレット。それだけにスタートは互角に出てほしかったのですが、痛恨の出遅れ。ナイトバナレットとすればマズマズ出たとも言えませんが、向正面では相当先頭と離れてしまっていましたから。前が止まりにくいこの舞台ではほぼ絶望的な差。それを考えれば、最後はよく詰めてきましたが、モタれる面を覗かせていたのはちょっと気になりました。画面から受ける印象ですが、少し足取りが重たかったかなあ。

レース後のナイトバナレットですが、目立った疲れも見られず元気いっぱい。中1週のローテで25日の新潟・五頭連峰特別へ向かう予定です。帰厩時にはこのレースでの復帰が本線だと見ていたので、今回の豊栄特別を叩き台と見れば、良い状態でレースへ臨めそう。あとは開催が進んで時計が幾らかでも掛かるようになってくれればチャンスは出てくるかと思います。次走は善戦以上の結果を期待したいです。

2019年8月10日 (土)

今週の出走馬(8/10)

<土曜日>

Photo マカリカ

札幌4R・3歳未勝利・牝馬限定・芝1200mに岩田康Jとのコンビで出走します。8月7日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン69.4-54.5-39.8-12.8 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して同時入線。短評は「順調に乗り込む」でした。発走は11時25分です。

○久保田調教師 「8月7日(水)は相手が強目だったものの、こちらは持ったままで併入しました。2度目のスプリント競走で慣れが見込める他、追い切りの動きからも具合は良さそう。3歳未勝利戦の終了が迫る状況だけに、何とか決められれば・・・と考えています」

≪調教時計≫
19.08.07 助手 函館W良 69.4 54.5 39.8 12.8 馬なり余力 ビービーガウディ(古馬2勝)馬なりの外0秒6先行同入

Photo ロードユリシス

新潟5R・メイクデビュー新潟 2歳新馬・ダ1800mに戸崎Jとのコンビで出走します。※詳細は別記事

Photo アンブロジオ

新潟11R・新潟日報賞・芝1400mに丸山Jとのコンビで出走します。

在厩場所:美浦トレセン
調教内容:7日に南Pコースで時計

調教助手「7日に丸山騎手に手伝っていただき、南Pコースで単走で追い切りを行いました。いつもより力んだりすることは無かったですし、丸山騎手も『先生から乗り難しいと聞いていましたが、そのような感じでは無かった』と言っていました。ただ、少しカリカリするような面は普段見せているので、それが実戦で出ないと良いですね。昨年の同レースは4着でしたが、枠も大外でかなり厳しいレースだったにも関わらず、勝ち馬からコンマ2秒しか離されていませんし、新潟の芝1400mの適性は高いと思いますよ」(8/8近況)

助 手 4美坂良 55.9- 40.6- 26.8- 13.4 馬なり余力
丸 山 7南P良 65.2- 51.1- 37.5- 12.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は土日で8頭が出走予定。ただ、慌ただしくしているのと記事が遅れているので、出走に関しては1頭ずつではなく土曜版・日曜版といい感じで簡易版にしたいと思います。

マカリカはようやく前走でスプリント戦へ挑戦。馬群で揉まれる形+タフな馬場でも辛抱することができ、上位2頭とは少し離されましたが3着に奮闘。適性の高さを結果で示してくれたと思います。その後は牝馬限定の芝1200mに照準を合わせて北の大地へ。長距離輸送を挟んだ中3週のローテがどう響くかですが、数字から見る追い切りは上々の部類。馬体重は維持できていないかもしれませんが、活気ある状態ではあると思います。2度目のスプリント戦+岩田康Jの手腕でこのチャンスを掴んで欲しいところ。

アンブロジオは今年に入ってよもやの低迷。着順ほど大きく負けてはいないのですが、見せ場すら作れないレースが続きます。自分から今回、牧場時から帰厩後の追い切りに関して、良くなってきている感じはしますが果たして結果は。ハンデ戦で57キロの呪縛から解き放たれたのも好材料ですし、距離は1400mがベスト。外目の枠に入ったのはちょっと痛いですが、そろそろ復調の兆しを見せてもらわないと…。

2019年8月 6日 (火)

シルクなお馬さん(関東牡馬・入厩組)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7月31日に南Pコースで時計
・次走予定:8月10日の新潟・新潟日報賞(丸山J)

菊沢師「7月31日に南Pコースで追い切りを行いました。単走で最後まで馬なりのままでしたが、折り合いは問題なかったですし、良い感じで動けていましたね。3勝クラスとなるとスピードのある馬が揃いますし、いかに道中の追走に苦労せず進められるかが鍵となるでしょう。最近は以前のように行きたがる面がおさまってきているように思いますし、メンコを外して出走させた方が良いかもしれません。鞍上は丸山Jに依頼しています」(8/1近況)

助 手 28美坂重 56.7- 41.1- 27.1- 13.6 馬なり余力
調教師 31南P良 67.6- 52.7- 39.3- 12.4 馬なり余力
助 手 4美坂良 55.9- 40.6- 26.8- 13.4 馬なり余力

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:7月31日に坂路コースで時計
・次走予定:8月17日の新潟・ダ1200m

稲垣師「こちらに入厩してからは飼い葉もちゃんと食べてくれていますし、環境の変化に動じた様子はありませんね。7月31日には坂路コースで追い切りを行いました。単走で53秒を少し切るくらいのところを、最後まで馬なりのまま上がってきてくれましたね。速いところは入厩してから初めてですので、それを考えれば悪い動きではなかったと思います。ただ、右に比べると少し左トモが弱いようで、ハミにもたれるほどではないものの、ハミの取り方に少し左右差があるので、その点を修正しながら調整していきたいと思います。次走はこれまでと目先を変えて距離を短縮してみたいと考えていますが、再来週あたりには態勢が整いそうですから、17日の新潟・ダ1200m戦を目標にしたいと思います」(8/1近況)

助 手 28美坂重 57.6- 43.1- 28.6- 14.1 馬なり余力
助 手 31美坂良 52.9- 39.6- 25.9- 12.8 馬なり余力
助 手 4美坂良 57.0- 42.4- 28.2- 13.1 馬なり余力

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・次走予定:8月17日の新潟・日本海S
・調教内容:7月31日に坂路コースで時計

武市師「7月31日に坂路コースで追い切りを行いました。単走で最後まで馬なりのままでしたが、ゴールまで力強いフットワークで走れていましたよ。牧場サイドからは少し硬さがあると聞いていて、確かに前捌きには硬さが見られるものの、年齢を考えると許容範囲内だと思います。まだ立ち上げている段階ですが、ここまでのイメージとしては悪くない感じで進められていますから、あとは出来るだけこれ以上に硬さが出てこないよう、よくケアしながら進めていければと思います」(8/1近況)

助 手 28美坂重 55.1- 41.0- 26.8- 12.8 馬なり余力
調教師 31美坂良 52.7- 37.9- 25.0- 12.5 馬なり余力
助 手  4美坂良 59.8- 44.6- 29.7- 14.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは今週末の新潟日報賞への出走へ向けて、淡々と追い切りを消化中。リフレッシュして状態は良さそう。次走ではメンコを外すことを検討中ということで良い意味でピリッとしてきてくれれば。また、次走は丸山Jとの新コンビで臨むことに。速い脚は使えないので前々で渋太さを生かす競馬で粘り込んで欲しいです。力は足りる筈なので1つキッカケさえ掴めれば。

新天地で奮闘中のヴェルトゥアル。次走では久々に芝にチャレンジするのかなと見ていましたが、距離を1200mに縮めることに。脚を溜める競馬がだいぶ板に付いてきていただけにこの距離短縮がどう出るか。この距離でも差し・追い込みに徹して欲しいです。

グランドサッシュは硬さが窺えるようですが、元々がそういうタイプ。ただ、年齢を重ねることで柔らかみが薄れて、余計に目立つのでしょう。入念なケアを行うことで幾らかでも解消させて欲しいところ。また、レースまで少し時間があるのでビシビシとはやられていないも、今のところ、暑さが応えている感じはないですし、この馬とすれば好調の部類でしょう。

2019年7月26日 (金)

25日に美浦・菊沢厩舎へ帰厩しています。☆アンブロジオ

201907_20190725053801

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月10日の新潟・新潟日報賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き週3日の坂路調教を中心に調整を進めています。菊沢調教師からは来週の検疫で帰厩させたいと連絡を受けていますので、いつ声が掛かっても良いようにこのまま態勢を整えていきたいと思います。馬体重は462キロです」(7/19近況)

・在厩場所:25日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:8月10日の新潟・新潟日報賞

菊沢師「ノーザンファーム天栄で順調に乗り込めたことから、25日の検疫で美浦トレセンへ帰厩いたしました。まずは馬体を確認させていただき、問題無ければ翌日から乗り運動を行う予定です。予定のレースまでは2週ありますから、こちらで更に状態を上げていきたいと思います」(7/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄の坂路で週3日みっちり鍛え上げられてきたアンブロジオは今週中の帰厩を予定していましたが、25日の検疫で無事美浦へと戻っています。

状態に問題なければ今週末から時計を出し始めるものと思いますが、レースまで2本しっかり追えるのは好感。今年になって低迷が続くも、状態は上がっていると思うので、そろそろ力のあるところを見せつけてもらいたいです。枠に左右される条件ですが、前々から抜け出しを図る競馬で復活を待っています。

2019年7月17日 (水)

シルクなお馬さん(関東4歳牡馬)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月10日の新潟・新潟日報賞
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も同様のメニューで乗り込んでいますが、順調そのものです。今の感じであれば、このまま競馬に向けて進めていけそうなので、菊沢調教師と相談し、新潟3週目の新潟日報賞を目指す方針となりました。馬体重は465キロです」(7/12近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「今週も特に問題なく坂路コースでの乗り込みをこなしています。稲垣調教師とは、あと2,3週くらいこちらで乗り込んでからトレセンへ送り出す方向で話していますので、今後もこの感じで進めながら状態アップを図っていければと思います。馬体重は488キロです」(7/12近況)

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は坂路主体のメニューに切り替えています。普段ややテンションの高さはありますが、調教中はしっかりと集中して走ることが出来ていますよ。レースでも集中力が鍵となってくると思いますので、引き続き調教でも意識させながら進めていきます。また、体重が少しずつ減ってきている点は良い傾向ですね。馬体重は512キロです」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

アンブロジオは引き続き順調に乗り込めていたので、次走について菊沢師と打ち合わせ。その結果、やはり新潟3週目の新潟日報賞へ向かうこととなりました。今年に入ってからの低迷が続くので、さすがに今度はハンデ戦でも57キロは背負わされないはず。体調は上がっているので、そろそろ巻き返して欲しいところですが…。

ヴェルトゥアルは変わってきた様子は窺えないも、週3回の登坂は継続中。そろそろ帰厩が視野に入っているので、オーバーワークには気をつけながら、淡々と乗り進めていってもらえればと思います。

ロイヤルアフェアは去勢後もテンションの高さは見受けられも、調教に関しては集中して取り組むことが出来ている様子。今後もこの雰囲気を継続できるようにお願いします。

2019年7月11日 (木)

シルクなお馬さん(関東4歳牡馬・牧場組)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週3回の坂路入りの内、2回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も前向きに自らハミを取って走れており、具合は良さそうですね。この調子で次走の目処が立てられるよう乗り込んでいきたいと思います。馬体重は469キロです」(7/5近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:第2回新潟開催
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整 

天栄担当者「この中間も週3回の坂路コースでの乗り込みを中心に進めています。動きは良い意味で変わりありませんので、新潟開催を目標にしたいと思いますが、前半だと幾らか急仕上げになってしまうでしょうし、後半での出走になると考えています。馬体重は484キロです」(7/5近況)

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン13~15秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m 

担当者「この中間はハロン13秒ペースまで脚を伸ばしています。重賞馬のセダブリランテスと併せ馬を行っていますが、最後まで良く食い下がって根性ある走りをしています。息の戻りが少し遅いですから、もう少し鍛えてスタミナ向上を図りたいと思います。馬体重は520キロです」(7/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近走、不完全燃焼の内容が続いているアンブロジオ。良い仔を送り出している母馬ですが、父ローズキングダムということで血統的な伸びシロはあまり期待できなくなっている感じ。このままでは苦戦は続きそうですが、前走後からここまでは悪くない雰囲気。自分から走ろうという気持ちが出ているのも好感です。次走は間違いなく8月10日の新潟・新潟日報賞になってくると思うので、逆算しながらの調教をお願いします。

ヴェルトゥアルは週3回登板し、着実に状態を上げていっています。ただ、新潟の前半戦だと急仕上げになりそうとのこと。また、帰厩後は前回と違う環境になるので、新しい厩舎にも戸惑うことがないようにお願いします。

ロイヤルアフェアはセダブリランテスの胸を借りながらの調教。最後まで食らい付いているのは好印象も、息の戻りが一息ということで中身はまだまだな様子。これ以上の負荷は要らないと思うので、現状のメニューを悠々とこなすぐらいになるまで黙々と調教に臨んでもらえればと思います。

2019年6月29日 (土)

シルクなお馬さん(関東4歳・牧場組)

Photo アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「その後もトレッドミルで軽めに動かしつつ様子を見ていましたが、脚元を含めて大きな問題はなかったので、今日から周回コースでの運動を開始しています。まだ完全にレースの疲れが取れたわけではないでしょうし無理は禁物ですが、徐々に乗り運動中心のメニューへと移行できればと思っています。馬体重は498キロです」(6/28近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も脚元を含めて問題はなかったので、今週から登坂回数を週3日に増やしています。徐々に負荷を強めてられていることからも分かるように、ここまでは順調に立ち上げられていますし、このまま波に乗せていきたいですね。馬体重は466キロです」(6/28近況)

Photo_3 ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込みを進めています。脚元を含めて疲れは見られず、しっかりとした手応えで坂路を登ってこられています。もう少しこのまま乗り込みながら、レースの予定が立てられるよう中身を整えていければと思います。馬体重は485キロです」(6/28近況)

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本、週3回周回コースで軽めのキャンター2700m

担当者「この中間もハロン14秒ペースの坂路調教を行っています。調教に向かう途中、立ち上がるような格好になるなど、煩いところがありますね。ただ、調教中はこちらの指示にも従えますし、集中力を保てています。先週よりも息の乱れが少なくなりましたし、動きも上向いてきましたよ」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルでの軽めの運動でレース後の疲れを和らいできたアーモンドアイ。完全にリフレッシュされた状態まではいっていないも、この中間から周回コースでの乗り込みを開始。もうしばらくはトレッドミルとの併用で進められるでしょうが、状態が上向いてくるまではゆっくり進めていってもらえればと思います。

アンブロジオは早くも週3日ハロン14秒のところを乗り出しています。それだけ元気だということです。この感じで乗り込みを継続出来れば、8月10日の新潟日報賞へ向かうことが出来ると思うので、あとは調子の乗り過ぎてオーバーワークにならないように気をつけながら進めていって欲しいです。

転厩することになったヴェルトゥアルですが、すぐに入厩という感じではなく、ある程度の態勢が整ってから予定を組んでいく様子。そうなると次走は左回りの新潟・ダ1800mになってくるのでしょう。個人的には小回りのダ1700mで改めてどういうレースが出来るのかを見てみたいところですが。

ロイヤルアフェアは相変わらず煩い面が目立つようですが、調教時は鞍上の言うことを大分聞くようになったようですし、この馬なりに集中力が出てきた様子。この雰囲気をレースでも維持できれば、まだまだやれると思うのですが、前走でもレースへ行くと悪い方へ豹変してしまったので実際に次走を見てみないと去勢手術の効果は何とも。変わり映えがなければ辛いです。

2019年6月25日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海ステークス
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は登坂回数を週3回に戻しています。先日、来場された武市調教師と今後について相談したところ、次走は新潟開催に組まれている日本海ステークスが良いだろうということになり、そこを目標に進めていく方針となっています。馬体重は479キロです」(6/21近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの乗り込みを開始しています。依然として歩様に硬さは見られるのでよくケアしながら進めていかないといけませんが、徐々に乗り運動の頻度を増やしていきたいと思います。馬体重は503キロです」(6/21近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの運動を始めています。周回での走りを見てもまだ硬さがありますし、今後も状態に合わせて徐々に進めていきたいと思います。馬体重は557キロです」(6/21近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。念のため先週一杯は軽めの運動に止め、今週から乗り出しを開始し、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。このまま徐々に坂路中心のメニューへ移行していければと思います。馬体重は472キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは復帰戦こそ決まりましたが、約2ヶ月先のレース。そこまで暑さに負けることなく、淡々と進めていければ良いのですが、油断は出来ません。

ブロードアリュールはトレッドミルを併用しながらも、攻めは順調に前進中。歩様の硬さは仕方ないので、調教後のメンテナンスは時間を掛けて行ってもらえればと思います。また、暑さに強いタイプではないので、体調面の変化にも気を配っていって欲しいものです。

ウォリアーズクロスは内面に疲れを抱えているようで身のこなしに硬さが残るとのこと。まだまだ調教の負荷を高めていける段階ではないので、控え目な調教に終始し、状態が上がってくるのを気長に待ってもらえればと思います。

アンブロジオはなかなか結果が伴わなくなってきていますが、それは気持ちの面が影響している感じ。状態面は特に不安はありません。1つキッカケ・リズムを掴むと上昇してくれると思います。集中力を高める意味でチークピーシズやブリンカーの着用を視野に入れておくのも有りかなと思います。

2019年6月13日 (木)

五分のスタートからサッと2番手につけてレースの流れに乗る。ただ、Sペースの瞬発力勝負では分が悪かったですし、最後にひと踏ん張りを欠くところもあって11着まで下がってしまう。今回も厳しい結果に終わる。★アンブロジオ

201906_12

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京11R 多摩S(芝1600m)11着(13番人気) 津村J

五分のスタートから、楽な感じで道中は2番手を追走します。そのままの位置で直線に向きますが、少しずつ順位を下げて後方でゴールしています。

津村騎手「道中は良いリズムで運べたのですが、追い出してからは思ったよりも伸びてくれませんでした。折り合いも欠くところは有りませんでしたし、マイルも問題無かったと思いますよ。ただ、今日は自分の力を全て出し切っていない感じに受けましたから、あとは気持ちの面が今後走る方にどう向いてくれるかですね」

菊沢調教師「勝ち馬の後ろで競馬をすることになったのですが、瞬発力勝負になってしまい、分が悪かったですね。結果的にハナまで行ききってしまい、逃げ残るような形を取っていれば良かったのかもしれません。また、今日は暑さなのかパドック以外にもテンションの高いところがあり、余計なスタミナを消耗していたのかもしれません。この後は気持ちの面でもリフレッシュさせた方が良いと思いますから、いったん牧場へお戻しさせていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

菊沢師「先週は大きく負けてはないものの、展開的にはもう少し踏ん張って欲しかったですね。でも、今年に入って初のマイル戦で、久々に先行出来た経験が次に繋がってくると良いと思います。レース後は脚元を含めて大きな問題はありませんでしたが、テンションの高いところは見られますので、予定通りいったん放牧に出させていただきます」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年に入っての2戦が共に57キロを背負わされ、道中の不利や初めての関西圏への輸送など大敗を喫しているとはいえ明確な敗因を挙げることができたアンブロジオ。今回もマイル戦で相手が揃っている中で厳しい1戦になることは覚悟していましたが、マイルでの切れ味勝負ではやはり分が悪かったです。また、最後はパタッと止まってはいないのですが、ひと踏ん張り・ひと伸びは見せて欲しかったというのが率直な感想。復調を示す競馬だったとは言えないと思います。

レースは五分のスタートから出たなりの位置で追走。若干行きたがる面もあって2番手の位置で。その後はほぼスムーズに追走できていたかなと思いますが、前に壁を置くことが出来なかった分、脚が溜まらなかったのかなと思います。また、津村Jのコメントで『自分の力を全て出し切っていない感じ』と指摘されていたので、ここ2戦の敗戦がアンブロジオの走る気力を萎えさせてしまっているみたいです。

レース後のアンブロジオですが、レース同様にちょっとテンションの高さが目立つ様子。暑さに弱いイメージはなかったのですが、精神面でキツくなってきているようです。早速12日にNF天栄へ放牧に出ています。

夏場は適条件が少ないですし、低迷の要因がメンタル面の課題が多くの部分を占めていると思うので、レース間隔を十分取ってリフレッシュさせ、1から立て直す気持ちでじっくり乗り込み、手間暇かけてアンブロジオに接して欲しいところ。クラス突破にメドを立てていたように力は足りている筈なので何とか良かった頃の雰囲気を取り戻してくれることを願っています。

2019年6月 8日 (土)

4歳になって物足りない結果が2戦続いたも、敗因がしっかりしているのは救い。多士済々のメンバー相手で今回も楽ではないも、出たなりの位置で脚を溜め、自分のリズムで競馬を進めて欲しい。★アンブロジオ

201905_31

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京11R 多摩S(芝1600m)4枠7番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Pコースで時計

菊沢師「5日に南Pコースで追い切りました。先週末にも坂路コースで時計を出していますし、今週は単走で息を整える程度にサラッと行いました。これまでと同様、素軽いフットワークで最後まで走れていて、動きは良かったですね。また、段々と気合いが入ってきて良い意味でアンブロジオらしさが出てきましたし、馬体には実が入って張りも出てきた感じがします。前走よりも状態は良さそうですし、前走は上手く脚が溜められずこの馬らしい走りが出来ませんでしたが、マイル戦でリズム良く進められれば良い走りを見せてくれると思っています」(6/6近況)

調教師 1美坂良 53.9- 40.2- 27.0- 14.0 馬なり余力
助 手 5南P良 66.6- 52.4- 39.3- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京3日目(06月08日)
11R 多摩川S
サラ 芝1600メートル 3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アバルラータ 牝5 53 丸山元気
1 2 エルプシャフト 牡6 55 三浦皇成
2 3 リカビトス 牝5 54 C.ルメール
2 4 ラセット 牡4 56 柴山雄一
3 5 ペルソナリテ 牝6 53 丹内祐次
3 6 アシュリン 牝4 53 石川裕紀人
4 7 アンブロジオ 牡4 56 津村明秀
4 8 ミュージアムヒル 牝4 54 戸崎圭太
5 9 トーセンブレス 牝4 54 柴田善臣
5 10 サトノキングダム 牡6 55 M.デムーロ
6 11 エスターテ 牝4 52 松岡正海
6 12 メイショウオーパス 牡4 56 横山典弘
7 13 ルーカス 牡4 56 D.レーン
7 14 チャンピオンルパン 牡8 55 横山和生
7 15 バティスティーニ 牡6 55 石橋脩
8 16 レオナルド 牡6 54 内田博幸
8 17 トライン 牡4 55 松山弘平
8 18 ファストアプローチ せ4 56 木幡育也

○菊沢師 「前走は流れが速くて脚が溜まらなかった。その後は放牧を挟んだが、いつもより美浦で1本多く終えたし、状態は前走時より良さそう。距離は1600mでも大丈夫だからうまく脚をタメられれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP入りに手が届くところまで来ていながら、4歳になったアンブロジオは2戦連続で情けない結果に。ただ、2戦共に57キロを背負っていたとか、前々走は雪の影響で競馬が順延+スタート直後の不利、前走は僚馬の桜花賞挑戦に帯同して初めての関西圏のレースと明確な敗因を上げることが出来るのが救い。あとは大敗を2度連続で喫したことが精神面でどう応えているか。

前走後はいつも通り、NF天栄でリフレッシュを図ったアンブロジオ。脚元等に異常は見られず、すぐ乗り出すことは出来ましたが、良い頃の馬体の迫力を取り戻せないと本調子を欠く感じで大敗したことがやはり尾を引いている様子も。まあ、それでも地道に本数を乗り込んでくると、馬体の張り・毛ヅヤは良化を辿ってきて、最近少し大人しかったアンブロジオに以前のようなピリッとしたところが出てきました。崩れてしまっていた本来の姿を取り戻しつつあります。

今回の舞台は実績のある東京・芝1400mより1ハロン長いマイル戦。年齢・キャリアを重ねてズブさが窺えますし、脚をタメて走ることができれば辛抱できる距離だと思います。実際、右回りの中山ではハナ差の2着という結果を残していますし。ただ、マイル戦ということで相手は多士済々で、10回やれば10回勝ち馬が違っても不思議ではありません。このメンバー相手に1歩先んじて抜け出すというシーンは現状を踏まえれると想像し辛いもの。道悪に関しては、速い時計に1つ難があるアンブロジオなので、時計が掛かることはプラス。ただ、ぐちゃぐちゃになり過ぎると非力なタイプなので良くはないのかなと思います。あと1キロとは言え、56キロで戦えるのは勿論プラス。

復調の兆し・キッカケは窺えるも、冷静な目で見ると今回も苦戦することが濃厚。まあ、それは良くなる過程ということで辛抱強く、結果を受け入りたいと思います。ただ、ノーチャンスでもないので、津村Jにはロスのない競馬で脚を溜め、ゴール前の混戦に食い込んでくるような場面を作って欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スイートウィスパー スリールドランジュの18 ダイアトニック ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードアメイズ ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ