出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「アンブロジオ」の122件の投稿

2019年6月25日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:8月17日の新潟・日本海ステークス
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は登坂回数を週3回に戻しています。先日、来場された武市調教師と今後について相談したところ、次走は新潟開催に組まれている日本海ステークスが良いだろうということになり、そこを目標に進めていく方針となっています。馬体重は479キロです」(6/21近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの乗り込みを開始しています。依然として歩様に硬さは見られるのでよくケアしながら進めていかないといけませんが、徐々に乗り運動の頻度を増やしていきたいと思います。馬体重は503キロです」(6/21近況)

Photo_3 ウォリアーズクロス

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回周回コースで軽めのキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「まだトレッドミルを併用しながらではありますが、今週から周回コースでの運動を始めています。周回での走りを見てもまだ硬さがありますし、今後も状態に合わせて徐々に進めていきたいと思います。馬体重は557キロです」(6/21近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きな問題はありませんでした。念のため先週一杯は軽めの運動に止め、今週から乗り出しを開始し、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。このまま徐々に坂路中心のメニューへ移行していければと思います。馬体重は472キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは復帰戦こそ決まりましたが、約2ヶ月先のレース。そこまで暑さに負けることなく、淡々と進めていければ良いのですが、油断は出来ません。

ブロードアリュールはトレッドミルを併用しながらも、攻めは順調に前進中。歩様の硬さは仕方ないので、調教後のメンテナンスは時間を掛けて行ってもらえればと思います。また、暑さに強いタイプではないので、体調面の変化にも気を配っていって欲しいものです。

ウォリアーズクロスは内面に疲れを抱えているようで身のこなしに硬さが残るとのこと。まだまだ調教の負荷を高めていける段階ではないので、控え目な調教に終始し、状態が上がってくるのを気長に待ってもらえればと思います。

アンブロジオはなかなか結果が伴わなくなってきていますが、それは気持ちの面が影響している感じ。状態面は特に不安はありません。1つキッカケ・リズムを掴むと上昇してくれると思います。集中力を高める意味でチークピーシズやブリンカーの着用を視野に入れておくのも有りかなと思います。

2019年6月13日 (木)

五分のスタートからサッと2番手につけてレースの流れに乗る。ただ、Sペースの瞬発力勝負では分が悪かったですし、最後にひと踏ん張りを欠くところもあって11着まで下がってしまう。今回も厳しい結果に終わる。★アンブロジオ

201906_12

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京11R 多摩S(芝1600m)11着(13番人気) 津村J

五分のスタートから、楽な感じで道中は2番手を追走します。そのままの位置で直線に向きますが、少しずつ順位を下げて後方でゴールしています。

津村騎手「道中は良いリズムで運べたのですが、追い出してからは思ったよりも伸びてくれませんでした。折り合いも欠くところは有りませんでしたし、マイルも問題無かったと思いますよ。ただ、今日は自分の力を全て出し切っていない感じに受けましたから、あとは気持ちの面が今後走る方にどう向いてくれるかですね」

菊沢調教師「勝ち馬の後ろで競馬をすることになったのですが、瞬発力勝負になってしまい、分が悪かったですね。結果的にハナまで行ききってしまい、逃げ残るような形を取っていれば良かったのかもしれません。また、今日は暑さなのかパドック以外にもテンションの高いところがあり、余計なスタミナを消耗していたのかもしれません。この後は気持ちの面でもリフレッシュさせた方が良いと思いますから、いったん牧場へお戻しさせていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:12日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

菊沢師「先週は大きく負けてはないものの、展開的にはもう少し踏ん張って欲しかったですね。でも、今年に入って初のマイル戦で、久々に先行出来た経験が次に繋がってくると良いと思います。レース後は脚元を含めて大きな問題はありませんでしたが、テンションの高いところは見られますので、予定通りいったん放牧に出させていただきます」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今年に入っての2戦が共に57キロを背負わされ、道中の不利や初めての関西圏への輸送など大敗を喫しているとはいえ明確な敗因を挙げることができたアンブロジオ。今回もマイル戦で相手が揃っている中で厳しい1戦になることは覚悟していましたが、マイルでの切れ味勝負ではやはり分が悪かったです。また、最後はパタッと止まってはいないのですが、ひと踏ん張り・ひと伸びは見せて欲しかったというのが率直な感想。復調を示す競馬だったとは言えないと思います。

レースは五分のスタートから出たなりの位置で追走。若干行きたがる面もあって2番手の位置で。その後はほぼスムーズに追走できていたかなと思いますが、前に壁を置くことが出来なかった分、脚が溜まらなかったのかなと思います。また、津村Jのコメントで『自分の力を全て出し切っていない感じ』と指摘されていたので、ここ2戦の敗戦がアンブロジオの走る気力を萎えさせてしまっているみたいです。

レース後のアンブロジオですが、レース同様にちょっとテンションの高さが目立つ様子。暑さに弱いイメージはなかったのですが、精神面でキツくなってきているようです。早速12日にNF天栄へ放牧に出ています。

夏場は適条件が少ないですし、低迷の要因がメンタル面の課題が多くの部分を占めていると思うので、レース間隔を十分取ってリフレッシュさせ、1から立て直す気持ちでじっくり乗り込み、手間暇かけてアンブロジオに接して欲しいところ。クラス突破にメドを立てていたように力は足りている筈なので何とか良かった頃の雰囲気を取り戻してくれることを願っています。

2019年6月 8日 (土)

4歳になって物足りない結果が2戦続いたも、敗因がしっかりしているのは救い。多士済々のメンバー相手で今回も楽ではないも、出たなりの位置で脚を溜め、自分のリズムで競馬を進めて欲しい。★アンブロジオ

201905_31

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京11R 多摩S(芝1600m)4枠7番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Pコースで時計

菊沢師「5日に南Pコースで追い切りました。先週末にも坂路コースで時計を出していますし、今週は単走で息を整える程度にサラッと行いました。これまでと同様、素軽いフットワークで最後まで走れていて、動きは良かったですね。また、段々と気合いが入ってきて良い意味でアンブロジオらしさが出てきましたし、馬体には実が入って張りも出てきた感じがします。前走よりも状態は良さそうですし、前走は上手く脚が溜められずこの馬らしい走りが出来ませんでしたが、マイル戦でリズム良く進められれば良い走りを見せてくれると思っています」(6/6近況)

調教師 1美坂良 53.9- 40.2- 27.0- 14.0 馬なり余力
助 手 5南P良 66.6- 52.4- 39.3- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京3日目(06月08日)
11R 多摩川S
サラ 芝1600メートル 3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アバルラータ 牝5 53 丸山元気
1 2 エルプシャフト 牡6 55 三浦皇成
2 3 リカビトス 牝5 54 C.ルメール
2 4 ラセット 牡4 56 柴山雄一
3 5 ペルソナリテ 牝6 53 丹内祐次
3 6 アシュリン 牝4 53 石川裕紀人
4 7 アンブロジオ 牡4 56 津村明秀
4 8 ミュージアムヒル 牝4 54 戸崎圭太
5 9 トーセンブレス 牝4 54 柴田善臣
5 10 サトノキングダム 牡6 55 M.デムーロ
6 11 エスターテ 牝4 52 松岡正海
6 12 メイショウオーパス 牡4 56 横山典弘
7 13 ルーカス 牡4 56 D.レーン
7 14 チャンピオンルパン 牡8 55 横山和生
7 15 バティスティーニ 牡6 55 石橋脩
8 16 レオナルド 牡6 54 内田博幸
8 17 トライン 牡4 55 松山弘平
8 18 ファストアプローチ せ4 56 木幡育也

○菊沢師 「前走は流れが速くて脚が溜まらなかった。その後は放牧を挟んだが、いつもより美浦で1本多く終えたし、状態は前走時より良さそう。距離は1600mでも大丈夫だからうまく脚をタメられれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP入りに手が届くところまで来ていながら、4歳になったアンブロジオは2戦連続で情けない結果に。ただ、2戦共に57キロを背負っていたとか、前々走は雪の影響で競馬が順延+スタート直後の不利、前走は僚馬の桜花賞挑戦に帯同して初めての関西圏のレースと明確な敗因を上げることが出来るのが救い。あとは大敗を2度連続で喫したことが精神面でどう応えているか。

前走後はいつも通り、NF天栄でリフレッシュを図ったアンブロジオ。脚元等に異常は見られず、すぐ乗り出すことは出来ましたが、良い頃の馬体の迫力を取り戻せないと本調子を欠く感じで大敗したことがやはり尾を引いている様子も。まあ、それでも地道に本数を乗り込んでくると、馬体の張り・毛ヅヤは良化を辿ってきて、最近少し大人しかったアンブロジオに以前のようなピリッとしたところが出てきました。崩れてしまっていた本来の姿を取り戻しつつあります。

今回の舞台は実績のある東京・芝1400mより1ハロン長いマイル戦。年齢・キャリアを重ねてズブさが窺えますし、脚をタメて走ることができれば辛抱できる距離だと思います。実際、右回りの中山ではハナ差の2着という結果を残していますし。ただ、マイル戦ということで相手は多士済々で、10回やれば10回勝ち馬が違っても不思議ではありません。このメンバー相手に1歩先んじて抜け出すというシーンは現状を踏まえれると想像し辛いもの。道悪に関しては、速い時計に1つ難があるアンブロジオなので、時計が掛かることはプラス。ただ、ぐちゃぐちゃになり過ぎると非力なタイプなので良くはないのかなと思います。あと1キロとは言え、56キロで戦えるのは勿論プラス。

復調の兆し・キッカケは窺えるも、冷静な目で見ると今回も苦戦することが濃厚。まあ、それは良くなる過程ということで辛抱強く、結果を受け入りたいと思います。ただ、ノーチャンスでもないので、津村Jにはロスのない競馬で脚を溜め、ゴール前の混戦に食い込んでくるような場面を作って欲しいです。

2019年5月31日 (金)

次走の鞍上が津村Jに決まりました。☆アンブロジオ

201904_35

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計
・次走予定:6月8日の東京・多摩川S(津村J)

菊沢師「29日に南Wコースで単走で追い切りを行いました。直線で他馬が絡んで少し併せるような形になってしまいましたが、問題なくスッと脚を伸ばしてくれましたよ。雨が降って重い馬場でしたが、脚を取られることなく動きは良かったと思いますし、何より普段から落ち着いていて雰囲気が良いですね。この感じをキープしながら来週のレースに向けて進めていければと思います。鞍上は津村騎手に依頼していますが、時間の都合が合えばレースまでのどこかで感触を確かめてもらいたいと考えています」(5/30近況)

助 手 26美坂良 55.5- 39.7- 26.0- 13.2 馬なり余力
調教師 29南W重 52.3- 38.8- 13.4 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

23日に帰厩して来週の東京・多摩Sへの追い切りを重ねているアンブロジオ。時計に関しては可もなく不可もなくという感じでひとまず順調に来ていると思います。また、厩舎では落ち着きがあって良い雰囲気ということですが、成績が下り坂なので気力が薄れている気もするのですが。

また、未定だった鞍上が津村Jに決定。新たなパートナーを迎えることになりましたが、このことから推測すると、相手が結構揃いそうな予感。そろそろ復調の兆しを見せて欲しいところですが、ハンデ戦でまたそれなりに背負うことになりそうですし、速い時計の決着が見込まれる馬場状態。条件は相変わらず厳しいものがあるので、簡単には行かないでしょうねえ。

2019年5月26日 (日)

23日に美浦・菊沢厩舎へ帰厩しています。☆アンブロジオ

201902_13

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

・在厩場所:23日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:6月8日の東京・多摩川S

菊沢師「23日にこちらへ帰厩いたしました。目標にしている6月8日の東京・多摩川Sまで2週間ほどありますので、気性面に気を付けてしっかりと仕上げていきたいと思います。まずは馬体を確認させていただき、問題無ければ翌日から乗り運動を開始いたします」(5/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の更新で今週中の帰厩を予定していたアンブロジオは23日に美浦入り。出走を予定している来月8日の東京・多摩Sへ向けて、早ければこの週末から時計を出し始めていくことになるでしょう。

昨年末の時点ではOP入りは時間の問題かなと見ていましたが、今年2戦はまさかの二桁着順での敗戦。色々とその要因はあるでしょうが、敏感な馬なので57キロの斤量は間違いなく応えていると思います。また、前走は桜花賞へ出走する厩舎の馬の帯同馬として初めての関西圏での競馬で勝手が違ったでしょうし、時計の速い決着は辛かったと思います。

次走予定の東京・多摩Sは正直適した舞台とはちょっと離れますが、次の東京開催では3勝馬クラスに1400mは組まれていませんので致し方ありません。引き続きハンデ戦、馬場の高速化で結果を求めるのは酷かもしれませんが、このレースを契機に再上昇の1歩を踏み出してもらいたいです。

2019年5月19日 (日)

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「トレッドミルでの運動を継続していても脚元の状態は維持できていたことから、今週から周回コースでの乗り運動を開始しています。騎乗運動スタート後も状態に変わりはないですし、今後は坂路調教開始のタイミングを図っていければと思います。馬体重は496キロです」(5/17近況)

Photo_3 リミットブレイク

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「こちらへ到着後によく脚元の状態を確認しましたが、トレセンでケアしてもらっていたことに加え無理をさせていなかったこともあり、そこまで状態は悪くありません。現在はトレッドミルで軽めに動かしているところですが、今後もよくケアしながら無理せず進めていきます。馬体重は548キロです」(5/17近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月8日の東京・多摩川S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「引き続き週3回坂路コースでの乗り込みを行っていますが、疲れは見せず活気ある走りを見せてくれています。来週トレセンへ帰厩する予定となっていますが、前走時よりも状態は良さそうですし、良い形でバトンタッチ出来ると思いますよ。馬体重は467キロです」(5/17近況)

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター 

天栄担当者「その後は少しずつ調教強度を上げており、現在はトレッドミルで軽めのキャンターを行っています。馬体重は先週よりも少し減っていますが、飼い葉はしっかりと食べて体調面は落ち着いていますし、ここまでの術後の経過は良好と言えるでしょう。馬体重は510キロです」(5/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

脚元の状態が少しずつながら落ち着いてきたグランドサッシュはこの中間から周回コースでの乗り込みを開始。ひとまずは感触を確かめる感じですが、引き続き変わりない状態なら、タイミングを慎重に見計らって坂路調教へと踏み出していってもらえればと思います。

右前球節に痛みが出て、NF天栄へ戻されたリミットブレイク。厩舎での適切な処置で現状は意外にも落ち着いている様子。ただ、NF天栄では見切り発車で坂路調教を始めて歩様に違和感を発症するケースが2度ほどあったので、楽観視することなく、入念なケアを更に続けていって欲しいと思います。

アンブロジオは近々帰厩する予定。速い追い切りを重ねてグングン状態を上げているのは好感。暑さにはどちらかというと強い印象です。ただ、次走の多摩Sは実績のある距離よりも1ハロン長い1600mに加え、引き続きハンデ戦。さすがに前走の57キロから1キロほど斤量は恵まれるとは思いますが、ちょっと低迷期に入ってしまっているだけに何とか次走では再浮上の兆しを見せて欲しい。

去勢手術を終えたロイヤルアフェアは体調が安定しているのは何より。これから徐々に動かしていくことになりますが、今の感じならスムーズに負荷を高めていけると思います。あとは煩い面が幾らかでも緩和してきてくれれば。

2019年5月13日 (月)

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間もトレッドミルでの調整ですが、キャンターのペースは少し上げています。体調面や右前の状態に変わりはありませんが、引き続き無理せずに調整していきたいと思います。馬体重は486キロです」(5/10近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:6月8日の東京・多摩川S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週も同様のメニューで乗り込んでいます。持ったままの手応えで楽に坂路を駆け上がれていますし、馬体の感じを見ても前走時よりも状態は良さそうに見えます。今のところ、次の東京2週目の多摩川ステークスを目標とする予定になっています。馬体重は465キロです」(5/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは引き続きトレッドミルでキャンター調整。少しペースを上げてはいるようですが、まだまだ無理は出来ません。

アンブロジオは継続して乗れていることで馬体の張り・状態は着実にアップ。良い感じになってきたと思います。また、次走は予想どおり来月8日の多摩Sに決定。ハンデ戦でタフな東京マイルと条件は楽ではありませんが、適鞍がないだけに…。次走以降に繋がる走りをここでは心掛けて欲しいです、

2019年5月 8日 (水)

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「右前脚の状態は徐々に良化傾向にあったので、この中間からトレッドミルのペースを軽めのキャンターまで強めています。キャンターを始めてからも今のところ脚元の状態に変わりはありませんが、年齢的な部分も含めて今後も無理せず進めていった方が良いでしょう。馬体重は486キロです」(5/3近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間は少し全体的な負荷を強めて、週3日坂路での調教を行っています。前回の反省を活かして、ここまで坂路コース中心に進めていることで、少し歩様に硬さが出てきてしまっていますが、許容範囲内ではありますから今後もよくケアしながら調整していきます。馬体重は501キロです」(5/3近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から週3日の坂路入りの内、2日はハロン13秒まで脚を伸ばしています。コンスタントに調教を積みつつ、落ちていた馬体の張りや毛艶は順調に良化してきていますね。次走の予定を立てられるように、このままハロン13秒ペースで乗り込みながら態勢を整えていければと思います。馬体重は470キロです」(5/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは半歩前進できたかなという程度ですが、トレッドミルで軽めのキャンターを開始。脚元には悪い変化は窺えませんが、油断するとぶり返す可能性が大なので慎重に進めていく必要があります。とにかく根気強く行きましょう。

ブロードアリュールは週3日坂路へ入れて負荷を強化。さすがに歩様に硬さが窺えるようですが、入念なケアでこれ以上酷くならないようにお願いします。また、酷くなるようだと坂路入りの日数を減らすorピッチを緩める、トレッドミルを併用するなど調教メニューにアレンジを加えて、柔軟に対応してもらえればと思います。

アンブロジオはここに来て上昇ムード。丹念に乗り込むことで馬体の張り・毛ヅヤが良くなってきているとのこと。来月になると1600万下から3勝クラスという表記になりますが、順調に仕上がるようなら、6月8日の東京・多摩S(芝1600m・ハンデ)へ向かうのかなと見ています。ここ2走は57キロを背負って凡走しているので、多摩Sに使うとなるとハンデは56キロでお願いしたいです。

2019年5月 2日 (木)

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで常歩

天栄担当者「この中間に右前脚の治療を行ったので、調教のペースを常歩まで落としています。飼い葉はしっかりと食べて体調面に問題はありませんので、脚元の状態に合わせて徐々に進めていきたいと思います。馬体重は486キロです」(4/26近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から週2回の坂路入りの内、1回はハロン13秒まで脚を伸ばしています。ペースアップ後も順調で、運動後にしっかりケアしていることで歩様は悪くならずに調整できていますよ。馬体重は500キロです」(4/26近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間から坂路コースでの乗り込みをスタートしており、現在はハロン14秒まで脚を伸ばしています。負荷を強めてからも飼い葉は食べ、体調面に問題はありませんが、まだ馬体は良化途上なので乗り込みながら状態アップを図っていければと思います。馬体重は472キロです」(4/26近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週3回坂路コースで15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「坂路入り後も変わりはなかったので、今週から登坂回数を週3回に増やしています。ペースも終いハロン14秒まで脚を伸ばしていますが、脚取りはしっかりとしていますし、飼い葉も食べて体調面にも問題はありませんよ。馬体重は478キロです」(4/26近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グランドサッシュは右前脚の治療を優先していた為、この中間はトレッドミルで常歩のみ。馬体重は10キロ増え、体調面は何ら心配ないのですが、脚元の回復具合がどうなるか。もう8歳ですし、時間が掛かりそうなら厳しいジャッジが下るかもしれません。

ブロードアリュールは週2回の坂路調教を継続。その内、1本は末を伸ばす感じでハロン13秒までペースアップしています。今のところ、歩様に違和感が出ることなく我慢できているのは何よりです。ただ、週3回の坂路調教を課すこととなると怖い面も。週2回を維持し、その中で更に負荷を高めていくのがベターでしょうねえ。何とかデビュー時の勢いがあった頃の状態へ近づいて欲しいです。

アンブロジオは順調に負荷を高めることが出来ていますが、動き自体は物足りない感じ。当面は本数を重ねていくことで、動きを良くしていくしかありません。現在の東京開催はロングランですし、状態が上がってきてから、次走を決めて欲しいです。

アーモンドアイは先月末に検疫が終了。これからは他馬と同じ時間で調教できるはず。まあ、今でも特に不安なところはありません。安田記念には十分間に合うと思いますが、正式にGOサインが出るのかどうか。レースまで約1ヶ月。近日中にはハッキリすると思います。

2019年4月23日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上・NF天栄組)

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「先週こちらに戻ってきて改めて状態を確認しましたが、武市調教師から報告を受けていた左前の中筋については特に問題は見られませんでした。ただ、右前の種子骨靭帯に疲れが見られたので、現在はトレッドミルで軽めに動かしながら様子を見ています。まずは脚元の回復に重点を置いて進めていきたいと思います。馬体重は476キロです」(4/19近況)

Photo_3 ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースで14-14ペースの乗り込みを開始しています。前回は周回コース中心に調教を行ったところ案外な結果でしたから、状態次第ではありますが、今回は坂路コースでしっかりと乗り込んでいった方が良いのかなと考えています。馬体重は500キロです」(4/19近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:ミニトラックでハッキング、トレッドミルでハッキング

天栄担当者「こちらに戻ってきて状態を確認しましたが、脚元を含めて大きなダメージは見られませんでした。現在は1日置きにミニトラックとトレッドミルでハッキングを行っていますが、どうも良かった頃に比べると馬体の迫力に欠ける印象です。体は細く映りませんし、毛艶も悪いわけではないのですが、しばらくは状態に合わせて進めていきたいと思います。馬体重は469キロです」(4/19近況)

Photo_3 アーモンドアイ

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週1回坂路コースで15-15、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から乗り出しを開始しており、周回コースでの運動を経て、現在は坂路コースで15-15のメニューをこなしています。坂路入り後も脚元を含めて変わった様子はありませんし、馬体の方も徐々に戻ってきており、ここまで特に問題なく立ち上げられていると言えるでしょう。馬体重は475キロです」(4/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄へ13日に移動してきたグランドサッシュ。左前の中筋の腫れは大丈夫そうも、右前の種子骨靭帯の方に疲れが。ひとまずは軽めの調整に終始し、患部の回復・治療を最優先していかないとダメでしょう。

ブロードアリュールは歩様の硬さからNF天栄では周回コースで鍛えるというのが定番でしたが、案外な結果が続いていることから坂路調教中心に切り替えることに。まあ、去勢して幾らか体質面での強化は見込めるので、ブロードアリュールに良い刺激となって欲しいです。

OP入りあと1歩のところまでいったアンブロジオですが、57キロの斤量が応えたとはいえ凡走。外見上はレースでの疲れ・ダメージは感じないも、精神的にクタッとしているというか弱気なのかな? 前向きさが失われないように十分なリフレッシュをお願いします。

アーモンドアイは着地検疫中ですが、馬体の回復も徐々に進み、週1回とはいえハロン15秒で登坂するように。海外で色々不慣れなところはあったでしょうが、アッサリ勝てたことで馬体面のダメージが少なかったのが何よりです。ただ、海外遠征がなくなったので、体調重視で乗り込みを進めていって欲しいです。無理に暑い時期の安田記念へ向かうこともないでしょうし。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ