出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ピボットポイント」の34件の投稿

2017年9月23日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都10月15日・芝1800m
・調教内容:21日にCWコースで追い切り

担当助手「21日にCWコースで追い切りました。70-40ぐらいで上がってくる予定でしたが、若干それより遅めではあったものの、ラストひとハロンの伸びは良かったですよ。まだ坂路だとトモを滑らすなど緩いところがありますが、周回コースだとそれなりにしっかり走ってくれますね。まだまだこれから良くなってくる馬だとは思いますが、素質の高さは十分窺えます。これから徐々にピッチを上げて行く予定なので、このまま順調に行ってほしいですね」(9/21近況)

助 手 17CW重 88.9- 73.0- 57.5- 42.3- 13.1 馬なり余力 マカヒキ(古オープン)馬なりの外を3F併0.4秒遅れ
助 手 21CW良 71.9- 55.1- 40.6- 12.4 強目に追う リッチーリッチー(古1600万)馬なりの内を2.3秒追走同入

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・教内容:南Wコースで21日に時計
・次走予定:9月30日の中山・ダ1800m

古賀慎師「21日に北村宏司騎手に手伝ってもらい、南Wコースで時計を出しました。3頭の先頭から外に併せて同入しました。格上相手にいい動きを見せていましたね。競馬の前よりも気持ちが出てきましたし、調教の動きは明らかに変わってきました。また、競馬の後でも変にテンションが上がることがなくいい雰囲気を保っています」(9/21近況)

北村宏 21南W良 68.0- 52.8- 38.2- 12.9 馬なり余力 ロジヒューズ(新馬)馬なりの外に0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアル以外のシルク・2歳牡馬の厩舎調整組の近況をまとめて。

ピボットポイントはCWコースでの追い切りを開始。それに伴い、攻め内容も高められています。肝心の動きはマダマダかなと思いますが、馬体がしっかりしてくればまだまだ良くなってくる筈。2歳時は成長を促しながら、まずは大事に使って行ってくれればと思います。

ロイヤルアフェアは中2週のローテで来週の中山・ダ1800mへ。間隔は詰まっていますが、1週前にしっかり負荷を掛けられたのは○。体力が備わっているのは頼もしいので、可愛がらずに鍛えていってもらえればと思います。次走も内田Jに依頼しているのかもしれませんが、個人的には追い切りに乗ってくれ、癖を掴んでいる北村宏Jに乗ってもらいたいです。

2017年9月17日 (日)

ひとまず順調。これから攻めを強化してどこまで動けるか。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路で追い切り
・次走予定:京都10月15日・芝1800m

友道師「14日に坂路で追い切りました。重い馬場の割にはしっかり動けていましたし、余裕を持って登坂していたようです。ここまで調教を進めていますが、テンションが上がることなく落ち着いてくれていますし、いい雰囲気を保っています。あと1か月ほど時間はあるので、初戦から良い競馬が出来るように乗り込みを強化していきたいと思います」(9/14近況)

助 手 14栗坂良 56.2- 39.9- 26.3- 13.1 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりを0.1追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューまで1ヶ月を切ってきましたが、今のところ追い切りは余裕を持たせた内容。今週も高額馬スーパフェザーとの併せ馬を消化し同入。こちらの方が追走しているので、現状はこちらの方が動けそうな感触があるのかなと想像します。

ただ、これからが正念場。追い切りを強化していくでしょうし、CW他コースでの追い切りも始まる筈。そこでどこまで動けるのかが見どころでしょう。期待と若干の不安な気持ちが入り混じっています。

2017年9月 8日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都10月15日・芝1800m
・調教内容:角馬場・周回コース、もしくは坂路でキャンター

友道師「先週一杯は軽めのメニューで調整していましたが、疲れが取れるのが少し遅かったので、今週まで普通キャンターで馬体回復に専念しました。予定しているレースまでまだ1か月以上あるので、来週から時計を出し始めていけば十分仕上がると思います」

担当助手「トリコロールブルーにも携わらせていただいていましたが、本馬も兄同様に普段はとても扱い易く大人しい馬です。兄は競馬に行ってテンションが上がり易いところがあったので、こちらもその点には気を付けながら進めていこうと思います。遅生まれとあってまだまだこれからの馬だと思いますが、兄に引けを取らないぐらい素質の高さは感じるので、デビュー戦から良い競馬が出来るように調整していきたいと思います」(9/6近況)

助 手 7栗坂良 58.9- 42.5- 28.0- 13.8 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりに0.1秒先行クビ先着

Photo_3 アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習

池添兼師「今週から同じ2歳新馬と一緒に坂路1本行ったあとに、ゲート練習を行っています。まだ出の反応はゆっくりですが、入り・駐立は問題ないので、このまま時間を掛けていけば行き脚が付くようになるでしょう。普段の様子を見ると全体的に緩さがあり、トモの踏み込みも甘いですし、息づかいもまだ出来ていないようですから、焦らず馬の状態に合わせながら進めていく方が良さそうです」(9/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早ければ先週末から時計を出すと言われていたピボットポイントですが、北海道から移動してきた疲れが完全に抜けていないようなのでセーブ気味の調整。牡馬とすれば少し食も細いのでしょう。時計は来週ぐらいから出していくのかなと見ていたら、7日に坂路で初時計をマーク。映像を見ましたが、幼さが残る走るも、フットワークは大きくて芝で楽しみ。環境に慣れ、堂々と振る舞えるようになれば、動きの無駄も少なくなってくるでしょう。

アンナベルガイトは僚馬とゲート練習中心の日々。今のところ特に問題はなさそうですが、全体の緩さ・トモの踏み込みの甘さなど体力面の途上さが目立ちます。ゲート試験を突破すれば、NFしがらきで鍛え直した方がベターでしょう。また、シルクアーネストでお世話になった時と違い、扱いは丁寧に思います。これはやはりノーザンファーム産というブランドのおかげですね。

2017年8月30日 (水)

26日に栗東入り。10月15日の京都・芝1800mでのデビューを予定しています。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めのキャンター
・次走予定:京都10月15日・芝1800m

担当助手「まだ環境の変化に対応できていない感じで、気持ちに余裕がない為、じっくり進めている段階です。早ければ週末あたりから徐々に時計を出し始めていこうと思っています。まだ幼いところがあるものの、跨った感触はさすが良血馬らしい雰囲気があるので、このままデビューに向けて進めていきたいと思います。順調に仕上がるようであれば、10月15日の京都・芝1800mでデビューさせる予定になっています」(8/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

26日に栗東へ到着しているピボットポイント。初めての環境に戸惑いが見られるようですが、学習能力の高い馬なので慣らしていけば大丈夫でしょう。

また、今後の調整次第ではありますが、デビュー日は決定済。鞍上もどうやらルメールJになる模様。早ければ週末から時計を出していくようですが、追い切りを重ねていって、どういう動きを見せてくれるか。北海道での最新動画では、以前より重心が下がり、それでいて前へ前へというダイナミックな走りを見せてくれています。期待は高まるばかりですが、まだまだ進化してくれることを願っています。

2017年8月21日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・北海道組)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「坂路入り後も脚元を含めて疲れが出ることはありませんので、この中間からハロン14秒まで脚を伸ばしています。もともと乗り味は良かったですが、ペースを上げてからも走りは良く、いい形でここまで調教を積めていると思います。飼い葉食いにも不安はありませんし、乗り込んできて馬体の張りが良化し、段々と競走馬らしい体付きに成長してきていると思います。馬体重は483キロです」(8/16近況)

Photo_3 ダイアトニック

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「この中間も順調に乗り込めていたことから、坂路の登坂回数を3回に増やし、ハロンペースも16秒まで上げて調教を行っています。馬体もだいぶしっかりとしていい具合に筋肉がついてきましたし、ペースを上げても脚元の状態は変わりなく来ています。馬道で落ち着きがないところは相変わらず見せているものの、だいぶ治まってきているのは確かなので、引き続き気を付けながら進めていきたいと思います。馬体重は518キロです」(8/16近況)

Photo_3 ドレーク

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1~2本、週3回周回コースでハロン25秒のキャンター2500m

担当者「本州への移動の話も出てきましたので、この中間から週に3回坂路でハロン15秒を行い、そのうちの2回は14秒までペースを上げています。本数を重ねていくにつれてピリッとするところが出てくるようになりましたし、テンションが高くなることもなく、いい雰囲気で調教を継続することが出来ています。毛艶も良く、体調面はすこぶる良いので、このまま無事に送り出せるように、今の状態を維持しながら調整を行っていきたいと思います。馬体重は499キロです」(8/16近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピボットポイントは秋華賞の日の芝1800mでのデビューが噂されていますが、攻めを強化しても難なく対応できています。それでいてまだまだ伸びしろを残しているので、期待は高まります。とにかく無事に進めていくのが1番です。

骨折で出遅れたダイアトニックですが、そろそろハロン15秒の速いところへ。脚力は良いモノを秘めていると思いますが、その一方で精神面での幼さが残ります。この幼さが実戦で悪い影響を及ぼさないように躾は厳しくやって欲しいです。

ドレークはそろそろNFしがらきへ移動となりそう。攻めを強化してもクタッと来ていませんし、着実に心身の成長を遂げていってくれているように感じます。父ルーラーシップですが、マイルが良さそうなお馬さんです。

2017年8月 3日 (木)

シルクなお馬さん(2歳・北海道組/ゲート試験合格済)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター、週1回ロンギ場でフラットワーク、残りの日は軽めの調整

担当者「その後も疲れが出ることなく体調面に特に問題はありませんので、この中間から坂路での運動をスタートしています。まだ幼さは残っているものの、一度牧場以外での経験を積んだことで、以前に比べると精神面での成長を感じますね。坂路では変わらず素軽い走りを見せてくれていますよ。ゲート試験には順調に受かったものの、デビューに向けて進めていくためにはもう一段階体力を付けていく必要があると思いますので、さらに負荷を強めて乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は488キロです」(8/1近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週1回坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週2回周回コースで軽めのキャンター1200m~1600m

担当者「この中間、特に疲れもなくすこぶる順調なので坂路での調教を再開しています。通常であれば、調教量を増したメニューで負荷を高めていくタイミングですが、メンタル面に気を付けて調整するように菊沢先生から指示がでていますし、馬の様子をみながら徐々にピッチを上げているところです。8月の終わりから9月上旬くらいに入厩する予定とのことで、今後も入厩に向けてメンタル面に注意した調教を行っていきます。馬体重は499キロです」(8/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ピボットポイントは坂路での乗り込みを再開。これから順調にペースアップできそうですが、デビューへ向けてはもうワンランク力をつける必要はありそう。まあ、とにかく怪我のないようにお願いします。

アンブロジオも坂路での乗り込みを再開。こちらもデビューへ向けてもうワンランク力をつけないとダメでしょうが、精神面の幼さが大きな課題。バリバリ攻められない感じですが、その分、長めの距離をじっくり乗り込むことで力をつけていって欲しいです。

2017年7月20日 (木)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・ゲート試験合格/牧場組)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週5回トレッドミルでダク~キャンター、残りの日は軽めの調整

担当者「ゲート試験合格後に帰場してきましたが、特に大きな問題はないようで、現在はトレッドミルで徐々に負荷を強めているところです。馬体重が示すように、競馬場に送り出す前よりも馬体がしっかりして、筋肉のメリハリがついてきたように思います。気性的な幼さはまだ残りますが、それも今後の成長とともに改善されてくるでしょう。脚元・体調面に問題はありませんので、これから競馬に向けて進めていきたいと思います。馬体重は488キロです」(7/18近況)

Photo_3 アンブロジオ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

担当者「ゲート試験合格後に戻ってきましたが、馬体・脚元には特に問題なく、精神的にも以前に比べて特にテンションが上がっているわけでもありません。あまり時間をかけずにゲート試験に合格しましたので、それほど疲れはなさそうです。今は軽めの調整で様子を見ていますが、これから競馬に向けて進めていきたいと思います。菊沢先生からは『引き続きメンタル面に気を付けて調整してください』と言われていますので、その点に注意しつつ徐々にピッチを上げていきたいと思います」(7/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

函館競馬場へ入り、ゲート試験合格済みの2頭。今はNF空港へ戻っていますが、調整自体は控え目。ゲート練習等による目に見えない疲れを考慮しているのかなと思います。

今後についてはハッキリしませんが、移動は1ヶ月以上先のことかなというイメージです。もう1度牧場で良化・成長を促してからでしょう。特にアンブロジオは幼さというか神経質な面があるので、牡馬らしく堂々と構えることができるように再教育していって欲しいです。

2017年7月 6日 (木)

30日にゲート試験合格。1日にNF空港へ戻っています。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:函館Wコースでキャンター、ゲート練習

友道師「入厩後は環境の変化に戸惑うことはなく、落ち着きを保ちながら調教することが出来ています。2歳馬らしく気の若いところを見せることが時折ありますが、基本的には素直なので問題ありません。ゲート練習も順調そのものですし、出の反応も思いのほか良いので、この調子なら近日中にはゲート試験を受けることが出来ると思います」(6/29近況)

⇒⇒30日(金)にゲート試験を受けて合格しています。7月1日(土)に北海道・ノーザンファーム空港へ放牧に出ています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

函館へ入厩してゲート練習を進めていたピボットポイント。馴致もスイスイ進めることができたので、ゲートで躓くことはないと思っていました。実際、友道師の感触も悪くなく、29日の更新から翌日にゲート試験に挑戦するのかなと見ていました。

どれくらいの時計だったかは現段階で不明ですが、やはり30日にゲート試験に初挑戦。まずは無事に第一関門のゲートをクリアしてくれました。まずはホッと一安心です。その後、ピボットポイントはNF空港へ戻っています。

これから秋以降のデビューを目指し、本格的に攻めていくことになります。まずはゲート試験による目に見えない疲れをしっかり取り除き、乗り込みへと進めて行って欲しいです。

2017年6月24日 (土)

23日に函館競馬場へ入厩しています。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:23日に函館競馬場へ入厩

友道師「23日に函館競馬場へ入厩させていただきました。多少は輸送の疲れもあるでしょうから、よく馬体をチェックさせていただいて、問題がないようであれば、明日から調教を開始していきたいと思います。こちらの環境に慣れさせながら、ゲート試験合格を目標に進めていきます」(6/23近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

秋の始動を睨み、黙々と鍛えられてきたピボットポイント。先週の更新で今月中に函館競馬場へ移動する方針が発表されましたが、23日遂に函館競馬場へ入厩しました。

まずは輸送の疲れを取り除き、新しい環境に慣らしていくことになります。牧場時と変わらない雰囲気になってから次のステップ・ゲート練習に取り組んでもらえればと。

まあ、馴致も非常にスムーズだった馬なので、今回も学習能力の確かさを見せてくれるものと思います。

2017年6月17日 (土)

今月中に函館競馬場へ移動し、ゲート試験合格を目指すことに。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も良い意味で変わらず、順調に調教を積むことができています。月日を経る毎に馬体重が増加していますが、それに伴い馬体も少しずつですが大きくなってきましたね。まだトモ高でキ甲も抜けていませんが、筋肉の張りはここひと月でさらに良くなっています。友道先生とは今月中に函館競馬場へ入厩させて、ゲート試験を受ける方向で打ち合わせていますので、いつ声が掛かっても良いように態勢を整えていきたいと思います。馬体重は472キロです」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

友道厩舎の2歳馬は順々に函館競馬場へ移動し、ゲート試験に合格すれば、牧場へ戻る形式を取られていますが、まもなくピボットポイントにもその順番が回ってくる様子。具体的な日にちは未定も、今月中には函館競馬場へ入厩する運びです。

中間の調整ですが、リフレッシュを挟むことなく、順調に攻めを消化。それがしっかり馬体に反映されているのは頼もしい限り。それでいて、トモ高・キ甲が抜けていないと伸びシロを残す現状なので、どうしても期待が高まってしまいます。

まあ、何はともあれ、怪我をしないように日々のケア・注意を怠らないようにお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ