出資馬一覧

カテゴリー「ピボットポイント」の41件の投稿

2017年11月13日 (月)

シルクなお馬さん(NFしがらき組)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル、坂路でハロン18秒

厩舎長「獣医師に状態を確認してもらったところ、乗り出しても良いと許可をいただきましたので、今週から坂路でハロン18秒のキャンターを開始しています。暫くは週に3回だけ登坂し、それ以外の日はトレッドミルで調整しようと思います。調教後も脚元の状態は変わりなく落ち着いているので、本数を重ねて動きを良くしていきたいと考えています。馬体重は515キロです」(11/10近況)

Photo_3 タイムレスメロディ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:中京12月2日・芝1400m
・調教内容:トレッドミル、周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「この中間も坂路でハロン15秒の調教を継続していますが、軽快な動きを見せるようになり、調子がグングン上向いてきています。充実した日々を過ごしていることで体調が良く、飼い葉をしっかり食べてくれていますが、逆にフックラし過ぎているぐらいなので、帰厩に向けて引き締めていきたいと思います。馬体重は475キロです」(11/10近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第5回阪神開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「先日、友道調教師が状態を確認したところ、『一度レースを経験したことで、馬の雰囲気が良くなっていますね。完成されるのはまだまだ先だと思いますが、確実に良くなってきているので、成長を促しながら出走させていきたいと思います。近いうちに戻して12月の阪神開催で復帰させたいと考えているので、このまま帰厩に備えてください』と仰っていました。帰厩の連絡があるまで体調をしっかり整えて送り出せるように努めたいと思います。馬体重は493キロです」(11/10近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トレッドミルでの調整を続けていたナイトバナレットですが、獣医師からようやく乗り運動OKの許可。普通キャンターで坂路を駆け上がっていますが、当面は週3回ペースで。メリハリを付けた調教でジワジワ前進してもらえればと思います。

タイムレスメロディはそろそろ帰厩へ。これから寒くなると、筋肉が硬くなりやすいでしょうが、調子は頗る良さそう。攻めをこなしながら、馬体重が増えることは今までなかったことですから。このパワーアップが実戦での結果に繋がってくれることを願うばかりです。

ピボットポイントは普通キャンターでじっくり乗り込み中。成長の速度はゆっくりですが、これから良くなる一方ですから。今は地道に体力強化に勤しんでもらえればと思います。そして、とにかく怪我をしないようにお願いします。

2017年11月 6日 (月)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「ブリンカーの効果から、だいぶ気持ちが入るようになり、普段の調教ではだいぶ前向きさが見られるようになりました。それに伴い、体全体をしっかり使って走れるようになったことで、いい具合に筋肉が付いています。この中間は坂路でハロン15秒を切るところまで脚を伸ばしていますが、動きの方もだいぶピリッとしてきています。今の感じで進めていくことが出来れば更に成長が促せると思いますので、帰厩の声が掛かるまでじっくり乗り込んで鍛えていきたいと思います。馬体重は525キロです」(11/3近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「状態に関しては特に変わりありませんし、レースの疲れもしっかり取れています。いいキャンターをする馬ですが、まだまだ成長途上とあってしっかり走り切れていないところがあるので、そのあたりをこの休養期間に鍛えていきたいと思います。現在は坂路でハロン17秒のキャンターを行っていますが、これから徐々に時計を詰めていきたいと考えています。馬体重は486キロです」(11/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教中、散漫な面が見られたアンナベルガイトですが、気持ちを乗せる調教で少しずつ前向きさが出てきたのは好感。馬体も少しずつ研ぎ澄まされてきているのでしょう。引き続き、現状のメニューを積極的に消化し、今月中には厩舎へ戻れるように進めていって欲しいです。

ピボットポイントはレース後の疲れを拭い去り、坂路で普通キャンターで乗り込み中。遅生まれでしっかりしていない分、走りの力強さ等が足りない感じです。それでも乗り味の良さを絶賛されるように馬体と気持ちがしっかりマッチしてくれば、間違いなく走ってくるはずです。クラシックへ乗って欲しいですが、長期展望で素質を磨いていって欲しいものです。

2017年10月30日 (月)

シルクなお馬さん(牡馬・NFしがらき組)

Photo ラストインパクト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:東京11月26日 ジャパンカップ(G1)
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン17秒

厩舎長「調教を開始後も順調に進められていたことから、先週末から坂路でハロン17秒の調教を開始し、今週からハロン15秒までペースを上げています。ジャパンカップまであと一ヵ月ですし、近いうちにはトレセンに戻ることになると思うので、このまま乗り込んで態勢を整えていきます。馬体重は506キロです」(10/27近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「トレッドミルでキャンターに移行後も、脚元の状態は変わりなく、体調も良好です。もう暫くはじっくり進めていく必要はあると思いますが、段階を踏みながら進めていくことが出来ているので、状態を確認しながら騎乗調教へ移行出来るように調整していきたいと思います。馬体重は520キロです」(10/27近況)

Photo アンナベルガイト

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「ブリンカーの効果は確認できましたので、こちらではもう着用せず、普通に調教を行いながら気持ちを乗せていこうと思います。緩さはまだありますが、だいぶ体全体を使って走ってくれるようになってきましたので、登坂回数を重ねながら良化を図っていきたいと思います。馬体重は527キロです」(10/27近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン18秒

厩舎長「先週一杯は軽めの調整を行っていましたが、特に疲れは見られなかったことから、今週から調教を開始しています。遅生まれとあってこれから良くなってきそうな体付きをしていますが、乗り味は抜群に良いので、心身が伴えば走ってきそうですね。今回の休養期間で更に良くなってくると思うので、このまま乗り込みながら鍛えていきたいと思います。馬体重は483キロです」(10/27近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンCへ向けて調整を進めているラストインパクト。既に坂路で普通キャンターからハロン15秒のところを乗っています。ここまではホント順調に来ているので、この良い流れを継続して帰厩まで進んで欲しいです。

ナイトバナレットはトレッドミルで乗り込み中。脚元は良い意味で変わらず。もう少し慎重に進める必要はあるでしょうが、問題なく騎乗運動再開へと繋いでいって欲しいです。

アンナベルガイトはブリンカーを着用するとピリッとした面が窺えました。ただ、実戦の前に慣れてしまうと意味がないので、調教では付けずに進めることに。併せ馬や集団調教を多く取り入れ、走る気を養っていって欲しいです。

ピボットポイントは順調に回復したこともあり、普通キャンターでの乗り込みを再開。デビュー時の頃より良くなるのは間違いないので、丹念に乗り込みながら心身の成長を進めていければと思います。ただ、本当に良くなるのは早くて来春ぐらい。馬体に実が詰まってくることが必須条件でしょう。まあ、早い段階で1つ勝っておきたいです。

2017年10月18日 (水)

ホロ苦いデビュー戦(5着)になるも、最後の直線だけで追い上げる。ビシビシ鍛えることが出来るようになれば変わってくる筈。★ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

日曜京都5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1800m)5着(2番人気) C.ルメールJ

モッサリとゲートを出ると、促しながら9番手辺りを追走、3コーナーを過ぎた辺りで流れが速くなるとついて行けなくなりましたが、直線で追い出しに掛かるとジリジリ脚を伸ばし、5着でゴールしています。

C.ルメール騎手「出遅れてしまいましたが、駐立が悪かったわけではなく、まだ自分から出ていこうとする気持ちがありませんでした。ゲートを出て促していくと、物見して気の幼いところを見せていました。流れが速くなったところでは少し置かれ気味になってしまいましたが、最後の直線で追い出しに掛かると、馬場を気にせず脚を伸ばしてくれました。調教と同じでまだ緩いところがあるので、これから成長して経験を積んでいけばいい馬になってくれると思います」

友道調教師「パドックでの周回を見ていても、テンションが上がることなく我慢してくれていましたし、返し馬では物見をするぐらい余裕がありました。ゲート内では自分から出ていこうとする雰囲気がなかったようですが、ルメール騎手がそれを察してゲートを出てすぐに鞭で気合いをつけて出してくれました。3コーナー辺りから流れに乗り遅れてしまったのは、まだ緩さが残っていることで、スッと反応し切れないことが影響しているのでしょう。ただ、最後の直線ではストライドの大きな走りを見せてくれたので、これから成長して緩さが解消されていけば、先々はかなり走ってきそうですね。5着に敗れてしまいましたが、見どころのあるレースをしてくれましたし、大事に育てていけば活躍してくれるはずです。この後は短期放牧に出して、これまでの疲れを取ってもらい、状態が変わりなければ12月の阪神開催あたりを目標に調整してもらおうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

下見所でメンコ。仕上がる。発馬ひと息で馬群の後尾。促されながら、全体に行きっぷりは良くなく、4角でも後方。直線だけで追い上げて、ゴール寸前で5番手浮上。流れに乗れるようになればすぐにチャンス。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:18日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

友道師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に疲れなどはなさそうです。ゲートや勝負どころの反応はこれから成長しながら経験を積んでいけば対応してくれるようになるはずです。最後の直線では馬場が悪い中、しっかり脚を伸ばしてくれたので、心身が伴っていけば走ってくるようになるでしょう。成長を促す意味で短期放牧に出しましたが、放牧先で順調に乗り込めるようなら12月の阪神あたりで復帰させたいと思います。18日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただきました」(10/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

正直、物足りないレース内容・結果に終わってしまったとは思いますが、4角では後方2番手の位置。反応も良くなかったので、そのまま沈んでいくことも頭をよぎったのですが、エンジンが掛かったラスト200mからはマズマズの伸び。ピボットポイントなりに諦めずにジワジワ詰めてきたことは評価できるでしょう。

また、丹念に本数をこなしていたとはいえ、馬なり調教ばかりで攻めてなかった臨戦過程。最終追いも芝でサラッとやっただけ。能力で押し切って欲しいという思いはあったでしょうが、勝ち負けを演じた2頭はクラシックに乗っていくでしょうし、3・4着馬も味のある競馬を見せていました。終わってみれば、粒の揃ったメンバーだったと思います。レースへ行って、初めて鞭が入る経験をしたと思いますが、反抗する感じはなく、集中して走ってくれました。

まあ、今回に関しては、早めに1度実戦を経験できたことを良しとしたいです。まだまだ幼さを残しますが、学習能力の高い馬。2戦目で行きっぷりがガラッと変わってくれば、即巻き返しは可能でしょう。ただ、本格化は早くて身が詰まってくる3歳春以降でしょう。それまでは無理使いを避け、放牧を挟みながら心身の成長を促してもらえればと思います。その点、2戦目を12月の阪神あたりに設定しているのは好感です。早めに左回りを経験させる意味で暮れの中京もありでしょう。

5着というホロ苦いデビューとなりましたが、この経験を大事にし、次走から馬券圏内の走り~勝ち負けを演じることが出来るように着実な歩み(前進)を見せてくれることを願っています。

2017年10月15日 (日)

実戦タイプだと思うも、まだまだ芯が入っていない現状。今回に関しては外々を大事に回って、末脚に賭ける競馬でどこまでやれるか。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

日曜京都5R メイクデビュー京都 2歳新馬(芝1800m)6枠7番 C.ルメールJ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に芝コースで追い切り

友道師「12日に芝コースで追い切りました。先週に引き続いてルメール騎手に感触を確かめてもらいましたが、『だいぶ素軽くなっていい走りをしていました。操縦性も問題ありませんし、とても乗り易いですね。ただ、緩さがあり、しっかりしていない感じなので、良くなるのはもう少し先かもしれません』と言っていました。ウッドチップだともう一つ動き切れていなかったことから、今回は芝コースで時計を出してみましたが、やはり良い動きをしますね。確かに馬体は成長途上の感じではありますが、乗り込んでいくにつれてしっかりしてきました。ポテンシャルの高さはかなり感じるので、あとは使いつつ成長を促して行ければと思っています。ここを勝っても負けてこの後はひと息入れる予定なので、能力の違いを見せてほしいところです」(10/12近況)

助 手 8CW重 キリ キリ不明 スーパーフェザー(新馬)の外同入
ルメー 12栗芝良 77.3- 62.4- 49.4- 36.5- 12.0 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりの内を0.2秒追走4F併クビ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回京都5日目(10月15日)
5R 2歳新馬
サラ 芝1800メートル 指定 馬齢 発走12:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 トーヨーキング 牡2 55 和田竜二
2 2 ノーブルステップ 牝2 53 荻野極
3 3 ダノンテアトロ 牡2 55 田辺裕信
4 4 ヴィーヴァバッカス 牡2 55 池添謙一
5 5 メイショウマンカイ 牝2 54 武豊
5 6 ニシノキントウン 牡2 55 幸英明
6 7 ピボットポイント 牡2 55 C.ルメール
6 8 シメイ 牡2 55 浜中俊
7 9 ドラセナ 牡2 55 福永祐一
7 10 ヴィンテージパール 牝2 54 北村友一
8 11 ショウナンラヴィ 牝2 54 岩田康誠
8 12 フォックスクリーク 牡2 55 川田将雅

友道師 「重いCWでは走りにくそうですが、本馬場の動きは悪くないですね。体は良く、柔らかみも十分。能力はあると思います」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【京都新馬戦】友道厩舎からまた大物ディープ産駒がデビュー(スポニチより)

無傷の2連勝を飾ったワグネリアンを擁(よう)する友道厩舎からまた良血ディープインパクト産駒がデビューする。日曜京都5R新馬戦(芝1800メートル)に登場するピボットポイント(牡)は4歳上の全兄が14年の青葉賞で2着したワールドインパクト。すぐ上の異父兄が来週の菊花賞に出走するトリコロールブルー。走るべくして走る血統だ。友道師は称賛の言葉を惜しまない。

「体はワールドインパクトと比べてひと回りぐらいコンパクト。480〜90キロぐらい。兄は“重たい”イメージがあったが、こっちは軽い。能力的にも上だと思ってる」と言い切る。

追い切りには2週続けてルメールが騎乗。1週前のCWでは「走り辛い馬場もあって」(友道師)6Fは86秒5程度だったが、最終追い切りの本馬場(芝コース)で一変。新馬スーパーフェザーの内に併せ、追走の形で内からクビ差食い下がり、6F77秒3〜1F12秒0の時計をマーク。「動きに関してはまずまず。あとは実戦に行ってどうか」と指揮官だが、その表情には自信がみなぎっていた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

現2歳のシルクのディープインパクト産駒の牡馬は3頭の1億円ホースがいますが、最初は大型馬ながら完成度の高い馬体+長距離をこなせそうという点からパーシステントリーの15に行く気満々だったのですが、やや神経質な面が窺えたので自重。それならもっと1発長打を狙ってペンカナプリンセスの15ことピボットポイントへの出資と踏み出しました。

募集DVDでの右トモの踏み込みの甘さは気になりましたが、血統馬らしい伸びシロに期待。目つき等から利口そうで学習能力の高さを感じました。実際、馴致は手間取らず、すぐ次の段階へと移行できていました。その後も意識的に心身の成長を促しながら、ゆっくり進めてきたところはありましたが、大きなトラブルはなし。一旦函館へ入るもすぐにゲート試験に合格。再放牧から乗り込みを進め、8月26日に栗東へとやってきました。

入厩後に関しても、このレースでのデビューを早々に決め、逆算しながらの調整。本数はしっかり乗っています。ただ、これまで1度もビシッとやられていません。意識的にやらないのか弱いところがあるのでやれないのか。本当のところはよく分かりません。

頑張ってもらわないといけない素材ですが、今回に関しては、ポテンシャルの高さに託すのみ。稽古より実戦へ行って良いタイプなのは間違いありませんが、相手がいての競馬ですから。また、今回の立ち回りに関しては、馬群に入れず、勝負どころから外を動いていく形でお願いします。ルメールJにはとにかくストレス少なく、伸び伸び走らせてあげて欲しいです。それで結果が付いてくれば大万歳ですが、欲張らずに冷静に見守りたいです。

2017年10月 6日 (金)

デビュー1週前追い切りにC.ルメールJが騎乗。このひと追いでグッと上昇してくれれば。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・芝1800m(C.ルメールJ)

友道師「5日にCWコースで追い切りました。レース1週前ですのでルメール騎手に感触を確かめてもらったところ、『まだ少し重い感じではありましたが、力強い走りで感触は良かったですよ。ダイナミックな走りをする馬ですし、まだまだ良くなりそうなので、今回の追い切りでガラッと上向いてくるでしょう』と言っていました。目一杯には追わず、感触だけ確かめてもらいましたが、動きは重いものの、息づかいは良かったと言っていましたし、今回の追い切りでピリッとしてくるでしょう。来週は変則日程の為、週末に時計を出して、その感触を確認してから当該週の調教メニューを考えたいと思います」(10/5近況)

助 手 1栗坂良 58.7- 42.5- 27.5- 13.5 馬なり余力
ルメー 5CW良 86.5- 70.9- 55.7- 40.7- 12.6 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)末強目の内を0.4秒追走4F併同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週15日の京都・芝1800mでデビュー予定のピボットポイント。先週の予告通り、デビュー1週前追い切りにあたる5日はC.ルメールJが跨ってCWコースで併せ馬を消化しています。

個人的にはもう少しビシッとやると思っていたので、この時計はちょっと残念ですが、余力十分に追走併入。遅生まれでこれから馬体がしっかりしてくる馬なので、成長を阻害しない意味でも目一杯にはやらないのでしょうが、息遣いは良かったということで中身はほぼ大丈夫でしょう。

8割程度の仕上げでデビュー勝ち出来れば、楽しみは広がりますが、まずはレースを体感させ、素質の片鱗を示す末脚を見せてくれれば合格かなと見ています。

2017年9月29日 (金)

シルクなお馬さん(父ディープインパクト牡馬・入厩組)

Photo_3 ラストインパクト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月9日 京都大賞典・G2(浜中J)

角居師「27日にCWコースで追い切りを行いました。1週前になりますので、長めからしっかりと負荷を掛ける形で行いましたが、折り合いを欠くことはありませんでしたし、直線での動きも良く、いい追い切りを消化することが出来たと思います。この中間も飼い葉をしっかりと食べて、体調面は変わらず良好ですし、このままいい状態で来週のレースに向かえるよう調整していきたいと思います」(9/28近況)

助 手 23栗坂稍 62.5- 45.0- 29.1- 13.9 馬なり余力
助 手 24栗坂良 54.0- 39.2- 25.6- 13.0 馬なり余力 モンアムール(新馬)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 26栗坂良 61.2- 44.5- 29.0- 14.5 馬なり余力
助 手 27CW良 81.6- 64.3- 50.0- 37.6- 12.3 馬なり余力 

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・愛宕特別、もしくは京都10月21日・ダ1800m

石坂師「先週こちらへ帰厩してきてからも疝痛の症状は窺えませんし、体調は安定しています。27日にはCWコースで時計を出しました。帰厩後1本目ということでそれほど強い追い切りではないものの、動きは悪くなかったと思います。今のところ10月15日の京都・愛宕特別を本線に調整していきたいと考えていますが、それ以降もダ1800mの番組は組まれていますので、状態や相手関係を考慮しながら最終的に判断させていただきたいと思います」(9/27近況)

助 手 27CW良 86.8- 72.1- 57.5- 43.6- 14.1 馬なり余力 ベストマイウェイ(新馬)馬なりの外同入

Photo ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:27日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都10月15日・芝1800m(C.ルメールJ)

友道師「27日にCWコースで併せて追い切りを行いました。ピボットポイントが追走する形で行い、最後は少し遅れてしまいましたが、ゴールするまでしっかり走れていましたし、動きは悪くなかったと思いますよ。体調面は変わらず良好ですし、この調子を維持しながら目標のレースまで調整を進めていきたいと思います。来週の追い切りにはルメール騎手に跨ってもらう予定にしています」(9/28近況)

助 手 24CW良 75.0- 59.5- 43.7- 13.9 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりの外に0.5秒先行4F付同入
助 手 26栗坂良 62.5- 45.0- 29.1- 13.9 馬なり余力
助 手 27CW良 85.7- 70.4- 54.6- 39.4- 12.2 一杯に追う スーパーフェザー(新馬)強目の内を1.4秒追走アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ラストインパクトは来週の京都大賞典へ向けて、丹念に時計を出して調整は順調。ただ、レースではピリッとしない現状なので強気にはなれず。レースでの集中力が薄れてきていると思うので、シャドーロール・チークピーシズなど馬具の工夫を試し、効果があれば、レースで着用するようにして欲しいです。

ヴィッセンは27日にCWで帰厩後の初時計。ひとまず体力づくりの一環という感じで最後は無理をせずに併入。体調は安定し、良さそうです。これから追い切りで負荷を高めていっても無難に対応してくれるものと見ています。

ピボットポイントはじわじわ攻めを強化中。27日は遅れてしまいましたが、大きく追走していますし、相手も最後少し気合を付けているので遅れを割り引く必要はないでしょう。来週はデビュー戦で手綱を取る予定のC.ルメールJが跨っての追い切りを予定。レース1週前追い切りにあたるので、ビシッと行くものと思います。その際、どこまで動けるのか。まだまだパンとしていない現状ですが、楽しみにしたいです。

2017年9月23日 (土)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都10月15日・芝1800m
・調教内容:21日にCWコースで追い切り

担当助手「21日にCWコースで追い切りました。70-40ぐらいで上がってくる予定でしたが、若干それより遅めではあったものの、ラストひとハロンの伸びは良かったですよ。まだ坂路だとトモを滑らすなど緩いところがありますが、周回コースだとそれなりにしっかり走ってくれますね。まだまだこれから良くなってくる馬だとは思いますが、素質の高さは十分窺えます。これから徐々にピッチを上げて行く予定なので、このまま順調に行ってほしいですね」(9/21近況)

助 手 17CW重 88.9- 73.0- 57.5- 42.3- 13.1 馬なり余力 マカヒキ(古オープン)馬なりの外を3F併0.4秒遅れ
助 手 21CW良 71.9- 55.1- 40.6- 12.4 強目に追う リッチーリッチー(古1600万)馬なりの内を2.3秒追走同入

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・教内容:南Wコースで21日に時計
・次走予定:9月30日の中山・ダ1800m

古賀慎師「21日に北村宏司騎手に手伝ってもらい、南Wコースで時計を出しました。3頭の先頭から外に併せて同入しました。格上相手にいい動きを見せていましたね。競馬の前よりも気持ちが出てきましたし、調教の動きは明らかに変わってきました。また、競馬の後でも変にテンションが上がることがなくいい雰囲気を保っています」(9/21近況)

北村宏 21南W良 68.0- 52.8- 38.2- 12.9 馬なり余力 ロジヒューズ(新馬)馬なりの外に0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴェルトゥアル以外のシルク・2歳牡馬の厩舎調整組の近況をまとめて。

ピボットポイントはCWコースでの追い切りを開始。それに伴い、攻め内容も高められています。肝心の動きはマダマダかなと思いますが、馬体がしっかりしてくればまだまだ良くなってくる筈。2歳時は成長を促しながら、まずは大事に使って行ってくれればと思います。

ロイヤルアフェアは中2週のローテで来週の中山・ダ1800mへ。間隔は詰まっていますが、1週前にしっかり負荷を掛けられたのは○。体力が備わっているのは頼もしいので、可愛がらずに鍛えていってもらえればと思います。次走も内田Jに依頼しているのかもしれませんが、個人的には追い切りに乗ってくれ、癖を掴んでいる北村宏Jに乗ってもらいたいです。

2017年9月17日 (日)

ひとまず順調。これから攻めを強化してどこまで動けるか。☆ピボットポイント

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:14日に坂路で追い切り
・次走予定:京都10月15日・芝1800m

友道師「14日に坂路で追い切りました。重い馬場の割にはしっかり動けていましたし、余裕を持って登坂していたようです。ここまで調教を進めていますが、テンションが上がることなく落ち着いてくれていますし、いい雰囲気を保っています。あと1か月ほど時間はあるので、初戦から良い競馬が出来るように乗り込みを強化していきたいと思います」(9/14近況)

助 手 14栗坂良 56.2- 39.9- 26.3- 13.1 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりを0.1追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューまで1ヶ月を切ってきましたが、今のところ追い切りは余裕を持たせた内容。今週も高額馬スーパフェザーとの併せ馬を消化し同入。こちらの方が追走しているので、現状はこちらの方が動けそうな感触があるのかなと想像します。

ただ、これからが正念場。追い切りを強化していくでしょうし、CW他コースでの追い切りも始まる筈。そこでどこまで動けるのかが見どころでしょう。期待と若干の不安な気持ちが入り混じっています。

2017年9月 8日 (金)

シルクなお馬さん(2歳関西牡馬・入厩組)

Photo_3 ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:京都10月15日・芝1800m
・調教内容:角馬場・周回コース、もしくは坂路でキャンター

友道師「先週一杯は軽めのメニューで調整していましたが、疲れが取れるのが少し遅かったので、今週まで普通キャンターで馬体回復に専念しました。予定しているレースまでまだ1か月以上あるので、来週から時計を出し始めていけば十分仕上がると思います」

担当助手「トリコロールブルーにも携わらせていただいていましたが、本馬も兄同様に普段はとても扱い易く大人しい馬です。兄は競馬に行ってテンションが上がり易いところがあったので、こちらもその点には気を付けながら進めていこうと思います。遅生まれとあってまだまだこれからの馬だと思いますが、兄に引けを取らないぐらい素質の高さは感じるので、デビュー戦から良い競馬が出来るように調整していきたいと思います」(9/6近況)

助 手 7栗坂良 58.9- 42.5- 28.0- 13.8 馬なり余力 スーパーフェザー(新馬)馬なりに0.1秒先行クビ先着

Photo_3 アンナベルガイト

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路でキャンター、ゲート練習

池添兼師「今週から同じ2歳新馬と一緒に坂路1本行ったあとに、ゲート練習を行っています。まだ出の反応はゆっくりですが、入り・駐立は問題ないので、このまま時間を掛けていけば行き脚が付くようになるでしょう。普段の様子を見ると全体的に緩さがあり、トモの踏み込みも甘いですし、息づかいもまだ出来ていないようですから、焦らず馬の状態に合わせながら進めていく方が良さそうです」(9/7近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早ければ先週末から時計を出すと言われていたピボットポイントですが、北海道から移動してきた疲れが完全に抜けていないようなのでセーブ気味の調整。牡馬とすれば少し食も細いのでしょう。時計は来週ぐらいから出していくのかなと見ていたら、7日に坂路で初時計をマーク。映像を見ましたが、幼さが残る走るも、フットワークは大きくて芝で楽しみ。環境に慣れ、堂々と振る舞えるようになれば、動きの無駄も少なくなってくるでしょう。

アンナベルガイトは僚馬とゲート練習中心の日々。今のところ特に問題はなさそうですが、全体の緩さ・トモの踏み込みの甘さなど体力面の途上さが目立ちます。ゲート試験を突破すれば、NFしがらきで鍛え直した方がベターでしょう。また、シルクアーネストでお世話になった時と違い、扱いは丁寧に思います。これはやはりノーザンファーム産というブランドのおかげですね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ