出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「メロウハート」の53件の投稿

2017年9月15日 (金)

今週の牝馬限定戦は除外に。来週以降のレースへ回ることになりました。★メロウハート

Photo_6 メロウハート(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディマーメイド

9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mを除外されました。9月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.1-38.2-13.4 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では直線強目の相手の外を0秒7先行して0秒2遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。目標を切り替えて9月23日(土)中山・3歳未勝利・ダ1800mもしくは9月24日(日)中山・3歳未勝利・混合・ダ1800mに予定しています。

○高柳調教師 「変則開催で本番が月曜日である部分を踏まえ、9月14日(木)に三浦騎手が乗って追い切りました。前走後は一頓挫を挟んだとは言え、十分に力を出せる状態でしょう。ただ、思ったよりも希望馬が多い様相。除外の場合は来週へスライドしましょう」

≪調教時計≫
17.09.14 三 浦 美南W良 52.1 38.2 13.4 馬なり余力 ロードセレリティ(古馬1600万)直強目の外0秒7先行0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートの牝馬同士の1戦なら、チャンスはあるかなと見ていたメロウハートですが、水曜日の段階で除外対象。スーパー未勝利ですから出走予定馬が回避することはありませんでした。まあ、14日の追い切りは多少余裕残しみたいなので、除外を想定していたんだと思います。

ただ、来週以降だと牡馬との1戦に。精神的な脆さが目立つ馬なので、厳しい競馬になると力を出し切れぬまま終わってしまいそう。ブリンカー着用以外にも、色々工夫してもらいたいです。

2017年9月 9日 (土)

ロードなお馬さん(高柳厩舎)

Photo_3 メロウハート

9月7日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで4ハロン51.0-37.3-12.6 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒4追走して0秒4先着。短評は「力強い伸び脚」でした。9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに三浦騎手で予定しています。

○高柳調教師 「9月7日(木)はジョッキーを背に約52秒で回って来ました。楽な手応えでパートナーを抜き去るなど、相変わらず稽古の動きは申し分ありません。脚元の具合が安定している点も喜ばしい材料。このまま目標に照準を合わせて仕上げを進めたいです」

≪調教時計≫
17.09.07 三 浦 美南W稍 51.0 37.3 12.6 馬なり余力 フラマブル(古馬500万)一杯の内0秒4追走0秒4先着

Photo_3 ロードセレリティ

9月7日(木)稍重の美浦・ウッドチップコースで6ハロン82.8-67.8-52.9-38.7-13.1 6分所を末一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒7追走して0秒6先着。短評は「意欲的な攻め内容」でした。9月18日(月)阪神・仲秋S・混合・芝1400mに松山騎手で予定しています。

○高柳調教師 「9月7日(木)は余裕を持って追い抜く形。ラストに重点を置き、スピード感溢れる動きを見せていました。ジワジワと良化を遂げており、来週には準備が整いそうな状況。乗り役について検討を重ねた結果、松山騎手との初コンビが決まっています」

≪調教時計≫
17.09.07 伴 美南W稍 82.8 67.8 52.9 38.7 13.1 末一杯追う サクラフローラ(古馬1600万)馬なりの内0秒7追走0秒6先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定している高柳厩舎の2頭の近況をまとめて。

ここ2走、ブービー→最下位に終わっているメロウハートですが、追い切りの動きは引き続き良好。能力を出し切れば、牝馬同士のダート戦なら勝機はある筈。あとはブリンカーが利いてくれるかどうか。最後まで集中して走り切ってもらいたいです。

セレリティは来週輸送を控えているので、1週前にビシッとやったんでしょう。動きはマズマズ。このひと追いで更に良くなってくれると思います。阪神の芝1400mは合いそうに思うので、前々で上手に立ち回って欲しいです。右回りで変身を。

2017年9月 1日 (金)

ロードなお馬さん(高柳厩舎)

Photo_3 メロウハート

8月30日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン57.4-42.3-13.6 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して同時入線。短評は「ブリンカー着用」でした。9月18日(月)中山・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに三浦騎手で予定しています。

○高柳調教師 「8月30日(水)は15-15より幾らか速い時計を出しています。自分で止めて下位に沈んだ可能性も捨て切れませんので、ブリンカーの装着を検討。今朝の感触からは邪魔になっていない様子でした。2週目の牝馬限定戦へ三浦騎手で向かいましょう」

≪調教時計≫
17.08.30 助手 美南W良 57.4 42.3 13.6 馬なり余力 セイントヘレナ(3歳未勝利)馬なりの外0秒6先行同入

Photo_3 ロードセレリティ

8月30日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.6-38.8-12.9 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒8先行して同時入線。短評は「余裕ある手応え」でした。9月18日(月)阪神・仲秋S・混合・芝1400mに予定しています。

○高柳調教師 「8月30日(水)はウッドで僚馬に先行。半マイル54秒を切るぐらいのタイムを出しています。まだ走りが幾らかバラ付き気味。でも、スッと反応して併入しました。レース本番までの残り時間を考えれば、ここまでは計画通りに運んでいるでしょう」

≪調教時計≫
17.08.30 助手 美南W良 52.6 38.8 12.9 馬なり余力 ザブルグ(2歳新馬)一杯の外0秒8先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースを使ってまもないメロウハートですが、30日にWコースで時計をマーク。ぶつけた蹄の状態は問題ないようですし、体力面等のダメージも少ない様子。やはり最後は自分から止めていたからでしょう。それ以外に敗因は見つからないですし。次走ではブリンカー装着を検討。追い切りでは違和感なく対応できていた様子。ダートの走りは悪くなかったということですから、一変して欲しいです。

セレリティは次走へ向けて着実に進行中。コースで追い切られているので、球節の状態は良い意味で安定しているのかなと思います。引き続き、マイペースを崩さず、追い切りを重ねていってもらえればと思います。

2017年8月23日 (水)

ロスの多い競馬になってしまうも、ダートの走りは悪くなく。ただ、直線で他馬に外から勢い良く交わされると一気に失速。最下位に沈んでしまう。★メロウハート

Photo_6 メロウハート(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディマーメイド

8月19日(土)新潟4R・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに吉田隼Jで出走。15頭立て2番人気で3枠4番から平均ペースの道中を8、6、6、6番手と進み、直線では中央を通って2秒5差の15着でした。馬場は良。タイム1分58秒4、上がり41秒8。馬体重は8キロ増加の532キロでした。

○高柳調教師 「ゲートの反応が悪く、狭くなって好位に付けられず。外からゆっくりとポジションを上げたところまでは期待が持てそうな感じでした。でも、条件の異なる前回と同じように、早々に余力を失う形。囲まれていた訳ではないだけに、気持ちの問題とは考え難いでしょう。返し馬のダートの走りが良好で、十分に戦えそうだった・・・とジョッキーは話しており、明確な原因は掴めていません。レース後の様子を確かめ、中山のラストチャンスに懸けたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、4回中山に組まれたダ1800m戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「レース中に右前脚の蹄をぶつけています。でも、戻ってからも歩様に問題は無し。このまま中山開催に備えましょう。芝を選ぶのは現実的に難しい状況。結果が伴わなかったとは言え、砂の走りは悪くありません。次もダ1800mへ向かう方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダート替わり+牝馬限定戦で力を出し切ればアッサリ勝っても不思議ないと思っていましたが、結果は散々なものに。プラス8キロの出走で馬体が重目残りだったのは確かですが、自分から走ろうという気持ちが足りないように感じました。

それが如実に出たのがゲート。ボコッと出て、行き脚が付かず。ここでのロスは痛かったですが、外目に持ち出して砂を被るのことを回避。他馬から被せられることもなかったです。向正面から3角過ぎまでの走りは序盤のロスをリカバーできているように見えたのですが…。

ただ、行きっぷりと手応えは一息。4角を回って直線を向いた時、外から勢い良く他馬に交わされてしまうと内へ少し押し込まれてアラアラに。集中力が切れてしまい、最下位に沈んでいます。レース中に蹄をぶつけたのは痛かったですが、さすがに負け過ぎでしょう。

レース後のコメントで高柳師は『気持ちの問題とは考え難い』とのことですが、ダートの走りは悪くなかった・追い切りはしっかり動いていた背景+レース後の脚元は異常なしということから、敗因は気持ちの問題でしかありません。騎乗ミスとも言えませんし。

今後は厩舎に滞在してスーパー未勝利へ備えることに。再度、ダ1800mの番組を使うことになりそうです。

今回の敗因を精神的なモノと認めていないだけに、馬具を工夫して次走へ臨むようなことはしなさそう。もうワンチャンス残っているとはいえ、それをモノにする可能性は極めて少ないと言わざるを得ません。

2017年8月19日 (土)

精神面の弱さが心配も、ダート替わりはプラスに出そう。良い結果を出して欲しい。☆メロウハート

Photo_6 メロウハート(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディマーメイド

8月10日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.0-38.0-13.4 4分所を直線強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒1追走して0秒8先着。短評は「馬体は上々」でした。8月19日(土)新潟・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに吉田隼人騎手で予定しています。

○高柳調教師 「8月10日(木)は52秒6をマーク。幾らか重い状態・・・と伴騎手が話すとは言え、見た目には上々の走りだったでしょう。番組数が減って強い馬が集中し始めた芝よりも、今はダートの方がチャンスが高まりそう。パワータイプでこなせると思います」

≪調教時計≫
17.08.10 伴 美南W良 52.0 38.0 13.4 直強目追う リュクスワンダー(3歳未勝利)一杯の内1秒1追走0秒8先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟7日目(08月19日)
4R 3歳未勝利
サラ ダ1800メートル 指定 牝馬 馬齢 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メリルフォンテン 牝3 54 丸田恭介
2 2 ラインディオーネ 牝3 51 武藤雅
2 3 ペイシャリサ 牝3 54 的場勇人
3 4 メロウハート 牝3 54 吉田隼人
3 5 プラスドピラミッド 牝3 54 田中勝春
4 6 クリノアンヌ 牝3 54 三浦皇成
4 7 パープルハート 牝3 53 木幡巧也
5 8 ルーセントオーデ 牝3 54 柴田善臣
5 9 チアフルガール 牝3 54 岩田康誠
6 10 アイティプリンセス 牝3 54 吉田豊
6 11 ミッキークルソラ 牝3 54 横山典弘
7 12 アクアリオ 牝3 54 北村宏司
7 13 オンワードラスター 牝3 54 木幡初広
8 14 ハッピーパーティー 牝3 51 藤田菜七子
8 15 サンボストン 牝3 51 野中悠太郎

○高柳師 「前走は距離が長かったかもしれないが、負け過ぎ。牝馬でもパワーがあってダートは向きそうだし、動きもいいので」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦でそれなりの能力を見せたので、2戦目の前走は稽古の動きも良く、これなら悪くても掲示板を確保してくれるものと見ていたメロウハート。牡馬との1戦でも3番人気に支持されていたように専門誌の評価も高かったです。

スタートを決め、スッと好位置をキープ。折り合いもバッチリで『これなら!』と手に汗握るも、3角過ぎに外から他馬に交わされた時に不穏な反応。私には怯んだように見え、ポジションを下げてしまいました。そこから再度前へと促したのですが、手応えが一息。府中の長い直線を迎える前に余力が尽きてしまいました。

結果的に距離は長かったんでしょうが、これほどの大敗は精神面の弱さが響いている筈です。

その前走後は出走が叶いやすい函館への移動を検討。実際、まもなく移動というところでしたが、今度は右前脚中筋に腫れと熱感を確認。骨折ではなく捻挫の症状だったようですが、厩舎で1から立て直してきました。3歳未勝利の期限が迫ってくる中で正直モヤモヤする時期も…。まあ、それでも8月に入ってから調整は急ピッチ。追い切りではやはり良い動きを見せています。

今回は目先を替えてダート戦へ。牝馬離れした馬格にパワーを生かした走り。追い切りで動く馬ですし、適性を秘めているように思います。力を出し切れば、牝馬同士ですし、勝ち負けのチャンスも。ただ、前走での失速ぶりを見ると、レース運びに注文が付きそう。揉まれ込むと辛い筈です。ですので、この内枠が吉と出るか凶と出るか。

ここで敗れても、スーパー未勝利への出走は可能なメロウハート。チャンスは残されるも、今回より明らかに相手強化となります。1勝を目指すならやはりココで。個人的な感覚ですが、ダートで勝ち負けに持ち込むか今回も大きく沈んでしまうか。両極端な結果が待っていそう。何とか良い結果が得られることを願っています。

2017年8月12日 (土)

来週の新潟・ダ1800m(牝)で復帰することに。★メロウハート

Photo_6 メロウハート(牝・高柳)父ハーツクライ 母レディマーメイド

8月10日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.0-38.0-13.4 4分所を直線強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒1追走して0秒8先着。短評は「馬体は上々」でした。8月19日(土)新潟・3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800mに吉田隼人騎手で予定しています。

○高柳調教師 「8月10日(木)は52秒6をマーク。幾らか重い状態・・・と伴騎手が話すとは言え、見た目には上々の走りだったでしょう。番組数が減って強い馬が集中し始めた芝よりも、今はダートの方がチャンスが高まりそう。パワータイプでこなせると思います」

≪調教時計≫
17.08.10 伴 美南W良 52.0 38.0 13.4 直強目追う リュクスワンダー(3歳未勝利)一杯の内1秒1追走0秒8先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出走機会を求めて函館への遠征を予定していた中、右前脚中筋に腫れと熱感を生じてしまったメロウハート。消炎剤を用いたことで腫れ・熱感は思いのほか早く落ち着きましたが、大型馬だけに一旦緩めてしまうと、態勢を整えるのに時間が掛かります。

まあ、それでも再度患部がぶり返すようなことはなく、じわじわと負荷を掛けてきました。先週は坂路で少し速いところを乗って、今週は久々にWコースで終い重点。重めが残っているのは仕方ないことですが、動き自体はこの馬らしいパワフルなモノ。芝でスパッと切れる感じはなかったのでダート替わりはむしろプラスでしょう。ただ、前走の敗因は距離だけでなく精神的なものもあったと思います。揉まれない競馬が出来るかどうかが1つ鍵になってくると見ています。

2017年8月 7日 (月)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_3 ロードヴァンドール

8月2日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン70.3-54.4-39.1-12.6 9分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して0秒2遅れ。短評は「久々で完調手前」でした。8月20日(日)札幌・札幌記念(G2)・国際・芝2000mに太宰騎手で予定しています。

○昆調教師 「8月2日(水)も最後まで殆んど手綱を抑えた状態で回って来ました。休養前よりも全体的に多少しっかり。もう少し馬体に張りが出れば・・・と思うものの、調教施設も制限される状況下では仕方ない部分かも知れません。順調なのは確かですよ」

≪調教時計≫
17.08.02 助手 函館W良 70.3 54.4 39.1 12.6 G前仕掛け トップヴォイス(2歳新馬)馬なりの外0秒6先行0秒2遅れ

Photo_3 ロードプレステージ

8月3日(木)良の栗東・ダートEコースで7ハロン98.7-81.8-64.9-51.1-37.4-11.6 7分所を強目に追っています。短評は「幾分上向くも」でした。8月13日(日)新潟・麒麟山特別・混合・ダ1800mに予定しています。

○杉山調教師 「気性面も考慮して、攻め過ぎぬように・・・と指示。8月3日(木)は終い重点の内容です。それでも相応のタイムを記録。状態の良さが窺い知れるでしょう。ウッドでは引っ掛かるものの、ダートコースだと折り合いもOK。順調だと思います」

≪調教時計≫
17.08.03 助手 栗東E良 98.7 81.8 64.9 51.1 37.4 11.6 強目に追う

Photo_3 メロウハート

8月2日(水)稍重の美浦・坂路コースで1本目に54.5-39.6-25.5-12.6 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒8先行して同時入線。短評は「馬体持て余し」でした。2回新潟を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「ペースアップを図ってからも脚元は我慢が利いている感じ。8月2日(水)は余裕を持って54秒5を記録しました。再び軌道に乗ってくれたものの、元々の特徴を差し引いても動きに硬さが認められる印象。もう少し乗り込んでから競馬へ向かいたいです」

≪調教時計≫
17.08.02 助 手 美南坂稍1回 54.5 39.6 25.5 12.6 馬なり余力 アプト(古馬500万)馬なりに0秒8先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースがいよいよ近づいてきたヴァンドール。順調に追い切りを重ねることは出来ていますが、動き自体は一息。1度使えばガラッと変わってきそうな雰囲気はありますが…。復帰戦の札幌記念は相手が揃いますし、ちょっと厳しいかもしれません。

プレステージは日曜新潟・麒麟山特別への出走を予定していますが、登録が32頭。除外になることは十分想定しておく必要がありそう。3日の追い切りはダートコースで7ハロン追い。良い時計が出ていますし、陣営の意気込みは感じられます。

メロウハートは一頓挫後、初めて本格的な時計をマーク。脚元は我慢が利いているようですが、身のこなしに硬さが感じられる様子。態勢が整うには今しばらく時間が掛かるでしょう。スーパー未勝利の1戦に賭けることになってきそうです。

2017年7月31日 (月)

ロードなお馬さん(3歳未勝利馬)

Photo_3 ロードギブソン

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「7月22日(土)より跨り始めています。現在は坂路コースへも連れ出すように。今のところは大きなダメージ等も見受けられませんね。滞在は短期間の予定。このまま乗り進めて行きながら、必要に応じてケアを施すスタンスでOKでしょう」

Photo_3 メロウハート

7月26日(水)重の美浦・坂路コースで1本目に60.6-44.8-29.9-14.7 馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目が気掛り」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「7月23日(日)に15-15を消化。その後も右前脚中筋は落ち着いていた為、26日(水)も同等の内容を課しました。楽をさせていただけに、流石に緩んだ状態。一歩一歩段階を踏まざるを得ず、細かな目標を掲げるにはまだ時間が必要だと思います」

≪調教時計≫
17.07.26 助手 美南坂重1回 60.6 44.8 29.9 14.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

グリーンウッドでリフレッシュ中のロードギブソンですが、回復は早くて坂路で普通キャンターを消化。これ以上の早い攻めはいらないので、馬体・疲労の回復に全力を注いでもらいたいです。また、次走で優先権を逃すとジ・エンド。少しずつレースぶりは良くなっているので、悔いを残さないようにお願いします。

メロウハートは右前脚中筋の腫れ・熱感で一頓挫ありましたが、坂路で時計を出し始めています。ただ、楽をさせたことで馬体に緩みが生じている現状。大型馬ですし、態勢を整えるのには時間が必要です。新潟で1戦してスーパー未勝利へ向かうことができれば良いのですが…。

2017年7月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳未勝利馬)

Photo_3 ロードレジスタ

7月19日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン73.0-56.4-40.9-12.1 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒4先行して同時入線。。短評は「気合乗り上々」でした。7月29日(土)小倉・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは7月30日(日)小倉・3歳未勝利・芝2000mに予定しています。

○田代調教助手 「7月19日(水)は15-15ペースで運び、終いだけスッと伸ばしています。急激に上向いた印象こそ受けぬものの、体調が安定しているのは喜ばしい材料。実戦を経た分の前進は見込めるでしょう。次週の2鞍を視野に仕上げを進める方針です」

≪調教時計≫
17.07.19 助手 栗CW不 73.0 56.4 40.9 12.1 馬なり余力 アレススピアー(3歳未勝利)馬なりの外0秒4先行同入

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月29日(土)小倉・3歳未勝利・ダ1700mに予定しています。

○昆調教師 「北海道へ入っていて最近の様子を直接には確認できていません。でも、この中間は馬体が更に増加傾向・・・との報告。好材料でしょう。これがレースでの結果に繋がれば・・・。テンションを上げないように。週末から再びペースを速める予定です」

Photo_3 メロウハート

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。右前脚の腫れは段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「今週から坂路へ入れており、7月19日(水)は普通キャンター。右前脚中筋に腫れと熱感が僅かに残るものの、そろそろ15-15を始められそうなところまで持ち直しました。当初の見立てより早い回復が叶っている印象。引き続き、慎重に進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レジスタとバリスタの2頭は優先権がないので確定ではありませんが、週末の競馬を予定。中間の調整を見る限り、大きな上積みは感じられませんが、状態は安定していると思います。両馬とも次走では悪くても優先権(5着以内)を確保してもらいたいです。

メロウハートは23日に坂路で時計を出しています。油断は出来ませんが、脚元の状態は回復傾向。このまま出走へ向けて態勢を整えていきたいです。脚元を考えると、次走はダートに使ってみるのが無難かな?

2017年7月17日 (月)

ロードなお馬さん(関東馬・入厩組)

Photo_3 ロードクエスト

7月13日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン57.6-41.5-12.6 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒8先行して同時入線。短評は「攻め軽目も順調」でした。8月13日(日)新潟・関屋記念(G3)・国際・芝1600mに池添騎手で予定しています。

○小島調教師 「7月13日(木)は新馬の誘導役。全くの楽走で併入しました。パラダイスS(OP)の前まではハミ受けが幾らか雑だったものの、久々の実戦を経てそのあたりが改善。トータルで状態アップが叶っていると思います。徐々に負荷を高めて行きましょう」

≪調教時計≫
17.07.13 調教師 美南W良 57.6 41.5 12.6 馬なり余力 ロードトレジャー(2歳新馬)馬なりの外0秒8先行同入

Photo_3 メロウハート

美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。右前脚の腫れは段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「消炎剤の効果も手伝い、右前脚中筋の腫れは段々と落ち着いて来ました。7月12日(水)は角馬場でダクまで。跨っている際に大きな問題が無かったとは言え、調教後の歩様検査で幾らか気に掛ける感じ。時計を出すのはもう少し控えておきたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ロードクエストは賞金加算を狙う関屋記念へ向けて、追い切りを開始。状態面の上積みはそう大きくないでしょうが、操縦性は少し改善された様子。力まずにフワッと追走できないと切れ味に繋がりませんから。

メロウハートは消炎剤を使い、患部の腫れは回復傾向。ただ、本格的な騎乗運動には少し時間が掛かりそう。大型馬だけに負担が大きいのでしょう。スーパー未勝利の前に1度使えれば良いのですが…。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ