出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードダヴィンチ」の36件の投稿

2017年9月24日 (日)

JRAの競走馬登録が完了。坂路等で時計を出し始めています。☆ロードダヴィンチ

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・藤原英)父ロードカナロア 母レディアーティスト

9月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に56.2-41.1-26.5-13.0 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒5先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○田代調教助手 「体力アップを叶えるべく、15-15を交えるように。順調に乗り込めていますよ。並行してゲート練習もスタート。試験を受ける段階までには今しばらく反復が必要な感じながら、今のところは特別に手を焼くような場面も見受けられませんね」

≪調教時計≫
17.09.14 助手 栗東坂良1回 60.8 44.2 29.1 14.6 馬なり余力
17.09.17 見習 栗東坂重1回 61.6 45.1 29.5 13.8 馬なり余力
17.09.18 助手 栗CW不 46.0 13.0 馬なり余力
17.09.21 助手 栗東坂良1回 56.2 41.1 26.5 13.0 馬なり余力 アッフィラート(古馬500万)馬なりに0秒5先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2歳・ロード勢の入厩が相次ぎましたが、それらより1歩早く入厩しているロードダヴィンチはJRAの競走馬登録が完了。晴れてJRAの一員、競走馬として1歩踏み出しています。

緩さが残り、体力UPを進めていく必要はありますが、現段階で4本も時計になるところを乗っているのは正直ビックリ。手脚が長いので同じキンカメ系のルーラーシップの仔のように見えますが、やはり馬っぷりの良さは目立ちます。あとは単純に脚が速いかどうかですが、立派な馬格+半兄クルセーダーからダートでの可能性は秘めていそう。半姉デルフィーノもダートを使っていれば、もっと楽しめたと個人的には思っていますし。

ゲート練習に関しては、無難にこなしている様子。新しい環境にもすぐに慣れたようですし、メンタルがしっかりしているのは父譲りかなと思います。

2017年9月17日 (日)

ロードなお馬さん(藤原英厩舎)

Photo_6 ロードダヴィンチ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○田代調教助手 「9月8日(金)より馬場へ。すぐに跨り始めています。落ち着いて臨めているように、メンタルは結構しっかり。性格も素直ですよ。一方、大柄で全体的な緩さが目立つ感じ。じっくり時間を掛けながら取り組むのがベターかも知れませんね」

Photo_6 シグナライズ

9月14日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン66.6-51.8-37.9-12.4 5分所を直線強目に乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒5追走して頭遅れ。短評は「高いレベルで安定」でした。9月23日(土)阪神・2歳未勝利・牝馬限定・芝1600mにルメール騎手で予定しています。

○田代調教助手 「事前に跨って特徴を掴んでおくのは大事。9月14日(木)は次走でコンビを組む予定のルメール騎手を背に時計を出しています。気持ちも入っているだけに、もう強い稽古は要らぬはず。このまま無事に次週まで持って行ければ・・・でしょう」

≪調教時計≫
17.09.14 ルメー 栗CW良 66.6 51.8 37.9 12.4 直強目余力 ボンナヴァン(古馬1000万)馬なりの内0秒5追走頭遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

栗東入りしたダヴィンチはすぐに騎乗運動を開始。新しい環境にも舞い上がらず、堂々としているのは好感。このあたりは父の血を感じます。ただ、大型馬で緩みが目立つとのことなので、まずは厩舎で土台づくりをすることになります。

来週の阪神戦を予定しているシグナライズですが、引き続き岩田Jが乗るのかなと見ていたら、ルメールJとの新コンビに決定。追走して少し遅れましたが、時計は悪くありません。右回りで変わって欲しいですが、広いコースだと内・外のどちらかへモタれる可能性も。強い相手がデビューしていない今の段階に早く1つ勝っておきたいです。

2017年9月 9日 (土)

7日に栗東・藤原英厩舎へ入厩しています。☆ロードダヴィンチ

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・藤原英)父ロードカナロア 母レディアーティスト

2017.09.07
9月7日(木)に栗東・藤原英昭厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○田代調教助手 「順調に調整が運んでいた様子。検疫馬房が確保できた9月7日(木)にトレセンへ連れて来ましたよ。ある程度の特徴等は伝え聞いているものの、実際に本馬に触れるのは今回が初めて。環境に慣れさせながら、少しずつ進めて行きましょう」

2017.09.05
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。9月6日(水)に栗東・藤原英昭厩舎へ入厩の予定です。9月1日(金)測定の馬体重は540キロ

○当地スタッフ 「厩舎側からの連絡を受け、9月6日(水)の入厩が決定。この1週間は移動に備えて体調を整える部分に重点を置き、ハロン17、18秒のキャンターを繰り返しました。5日(火)の夜間に出発する段取り。ゲート試験までスムーズに運ぶはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

検疫の関係で1日予定がズレ込んだみたいですが、ロードダヴィンチは7日に栗東・藤原英厩舎へ。まずは新しい環境に慣らして、ゲート試験合格を目指すことになります。

まあ、藤原英厩舎なので、当面はじっくり進めていくものと思います。ダヴィンチ自身も540キロ前後の馬体重を誇るので、コツコツ乗り込んで無駄肉を削いでいく必要がありますし。

父ロードカナロアながら、ある程度距離が欲しいのがダヴィンチ。ちょっと異質なタイプですが、血統は一本筋が通っています。頑張ってもらわないといけない1頭ですが、速い脚を使えるかどうかが気になるところ。馬格+母系からダートは悪くないでしょう。

2017年9月 1日 (金)

ロードなお馬さん(父ロードカナロア・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「徐々に運動量を増加。また、時折18-18より速いペースでも走らせています。調教レベルを高めてからもクタッとするような素振りは無し。ヤンチャな面を覗かせ始めたものの、体調や動き自体は良さそうですからね。進めて行けるでしょう」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「8月23日(水)に5ハロンから15-15を行ないました。淡々と余裕を持って周回。でも、併せ馬や追い掛ける形ではしっかりとハミを取って駆けています。落ち着き払った態度で乗り易いのは、ロードカナロア産駒らしさと言えるかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは順調に回復が進み、この馬らしい気の若さを見せていますが、体調等は問題なし。良いモノは持っているだけに走りに集中できるように日々意識して進めてもらえればと思います。

8月中の入厩は叶わなかったダヴィンチですが、調教自体は頗る順調。本数を重ねて、心身に余裕が出てきているように思います。僚馬のシグナライズが放牧に出れば入れ替えでの入厩かなと思いますが、もう1戦するなら今しばらく待たされるように思います。だいたい中身はできているので、オーバーワークには十分気をつけてもらいたいです。

2017年8月27日 (日)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「角馬場での確認を経た上で、改めてダートコースへ連れ出しました。ハロン20秒のキャンターで具合を探っている段階。ひとまずは十分な元気を有しており、脚元についても問題ありません。獣医師のアドバイスを踏まえつつ、徐々に進めましょう」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「すぐに跨り始めています。現在は坂路で普通キャンター。今のところ馬体が傷んでいる感じも見受けられません。事前に聞いていたよりは大人しい印象。可能な範囲で積極的に・・・との指示だけに、具合を探りながらピッチを上げたいですね」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「順調に運んでおり、8月16日(水)は半マイル59秒0、1ハロン14秒5の時計を出しました。2歳の若駒でまだ緩さを残すのは当然。むしろ、大きい割にはしっかりしている方でしょう。厩舎サイドと改めて出発のタイミングを話し合っています」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン15秒のタイムを消化する一方、少し前に馬場入りを嫌がる素振りを見せています。幾らか繊細なタイプだけに、精神的に段々とキツくなっているのでしょう。秋の入厩を見据える為にも、ここからの頑張りに期待したいですね」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間にハロン16、17秒を消化。引き続き、心身に目立った問題が認められないだけに、近日中に時計を出すスケジュールを組んでいます。運動量に比例して体力が備わりつつある印象。秋の移動を視野に入れ、一層の上昇カーブを描きたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはトモの浮腫みからウォーキングマシンのみの調整となっていましたが、ひとまず回復が進んだようで馬場へ。今のところは気になるところはありません。ただ、今しばらくはより慎重に進めるべきでしょう。

イヒラニは真面目に走らなかった分、レース後のダメージは少ないのでしょう。煩い馬ではないでしょうが、周囲を気にしたり・馬っ気が強かったりという点が課題。個人的には早目に去勢しても良いと思っているのですが、これからペースを速めて行った際、どういう変化が見られるか注目したいです。

ダヴィンチは引き続き順調。厩舎と連絡を取り合っているので入厩は近いでしょうが、3歳未勝利馬の処遇が決まっていく時期なので待たされるのは仕方ないところ。この馬なりに中身が伴ってきているようなので、オーバーワークを避けた調教にシフトしてもらえればと思います。

アメイズは良いモノを持っているとは思いますが、精神面はそう強い馬ではなさそう。気持ちが悪い方へ向かないように適度にリフレッシュさせながら、入厩できる体力を整えていってもらえればと思います。

ヴォラーレはようやく軌道に乗ってきた印象ですが、まだまだ体力作りが必要な気も。今はまだ焦る必要はないと思います。兎に角、無事に育ってくれれば、大化けする可能性を秘めた馬ですから。

2017年8月21日 (月)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「その後も捻った左前脚球節は大丈夫。先週はタイムこそ記録しませんでしたが、8月12日(土)にハロン17、18秒のキャンターを交えています。獣医師のチェックでも良好な見解が示されたように、元々考えていた時期の移動に支障はありません」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「週1、2回の割合で速いところを織り交ぜています。コツコツと乗り込んだ分に比例して着実に体力が備わって来ており、段々と走りに素軽さが感じられるように。本馬にとっては今が成長期なのかも知れません。一層の変身が期待できるでしょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここに来て普通キャンターへ着手。今のところは無難な対応を見せており、もうしばらくの間は同様のパターンを繰り返すつもりです。このまま特に問題が生じなければ、来週あたりには15-15を始められるはず。慎重にタイミングを計りましょう」

Photo_6 ロードザナドゥ

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン20~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~20秒ペース)。7月31日(月)測定の馬体重は490キロ。

○当地スタッフ 「心身共に良い意味で具合は安定。引き続き、週1、2回の割合でハロン15秒のラップを刻んでいます。最近はラストにより加速するパターンを試しており、その場合も結構対応できている感じ。今のリズムを保ったまま更なる成長を促したいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは球節を軽く捻りましたが、大事には至らず。既に普通キャンターを乗られているので、タイミングを見て速いところへ行けるでしょう。今月中に入厩の声が届くかな?

暑さにクタッとしたアメイズでしたが、ここに来て急上昇。速いところを織り交ぜながら、着実に力を付けてくれている様子。このまま入厩へ向けて上昇カーブを描き続けて欲しいです。

ヴォラーレは普通キャンターまで到達。ペースアップにも無難に対応できています。この状況なら更にペースアップしても大丈夫そう。あとは着実に体力が備わってくれれば、入厩が見えてくるでしょう。

ザナドゥは特に新しい動きこそありませんが、疲れを見せずに淡々と調教をこなしているのが何より。その中で末を伸ばしてみたりと色々取り組んでいるようです。あとは父のように賢い馬なら良いのですが。

2017年8月10日 (木)

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイF組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。8月3日(木)測定の馬体重は539キロ。

○当地スタッフ 「この中間も計画に沿って時計を出していたものの、8月7日(月)の早朝に左前脚球節の外側に軽い捻挫を確認。当日は念の為に休養を取りました。午後には症状が落ち着いた為、8日(火)より再び跨り始めています。大きな問題は無いでしょう」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。8月3日(木)測定の馬体重は489キロ。

○当地スタッフ 「この中間に涼しい日が多かったこともあり、楽をさせて活発な様子が窺えます。騎乗トレーニングの再開後も具合は安定。先週末にハロン20秒のキャンターを取り入れました。前向きさが出ているだけに、遠からずにピッチを上げられるはずですよ」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。8月3日(木)測定の馬体重は461キロ。

○当地スタッフ 「1周1800mのトラックへ通うように。順を追って少しずつ進めており、ハロン20秒のキャンターを消化しています。フットワークが凄くイイ馬。成長途上で現状の体力はまだ物足りないとは言え、大事に育ててあげれば将来に楽しみが広がりそうです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダビンチは順調に調教を進めていましたが、7日に左前脚の球節に軽い捻挫が判明。幸い症状が落ち着き、翌日から騎乗運動を始めているようですが、大型馬ですし、無理をして反動が出ないか気掛かりです。

アメイズは涼しい日が多かったことで夏負け気味から幾らか体調は回復。ただ、まだまだ無理は出来ないと思うので、1日1日天候を見ながら調教メニューに強弱をつけてもらいたいです。

ヴォラーレはじわじわ攻めを強化中。これから軌道に乗ってくれると思います。そんな現状でもフットワークには光るモノが。馬体も少しずつ増えてきていますし、今は焦ることなく心身の成長を促していってもらたいです。

2017年8月 6日 (日)

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイF組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「定期的に強目の稽古を消化できており、前向きな部分が認められるように変わりました。トレセンへ移ってゲート試験を受けるまでの体力は備わっているだけに、声が掛かった段階で即座に応じられそう。体調管理に注意を払いつつ進めて行きます」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。

○当地スタッフ 「計画に沿って先週半ばから跨っています。ダク、ハッキングでしっかりと状態を把握。この間は同等のメニューを課してすぐに疲労が生じてしまいましたが、今のところは無難に運んでいる印象です。ダートへ連れ出すタイミングを見極めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは暑さに参ることなく、着実にメニューを消化。速いところをやるようになって、前向きさが出てきたのも○。8月中に初入厩といきたいです。

移動による疲れが尾を引いていたヴォラーレですが、騎乗運動を再開。今回は疲れを見せず、淡々と調教をこなすことが出来ているようです。ただ、前回のことがありますし、暑い時季なので慎重を期して進めていってもらいたいです。

2017年7月26日 (水)

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「大型でモタ付き気味な面が窺えるとは言え、7月19日(水)に時計を出した際も楽々。及第点を与えられるでしょう。徐々に態勢が整いつつあり、暑さの峠を越えた頃には送り出せそう。オーバーワークに気を付けながら一層の良化を促したいです」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週よりペースを速めており、7月21日(金)にも半マイルからハロン15秒のラップを刻んでいます。1周1800mのトラックでは初めてのパターン。5ハロンまで延長するには、もう少し底上げが必要な感触です。コツコツと鍛錬に励みましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「現在もウォーキングマシンまでに止めているものの、楽をさせて着実に復調。既に食欲は戻っており、事前に聞いていた自己主張の強さを覗かせています。そのような面や獣医師のゴーサインを受け、近日中に角馬場へ通い始める目途が立ちました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは器用な脚は使えない感じですが、スピードに乗ってしまえば、良いモノがありそう。ある程度、中身は出来てきていると思うので、やり過ぎないように注意して欲しいです。

アメイズはまだまだ基礎体力が未熟な印象。心身共にこれから良くなってくれれば。まだまだ長い目で見守ってほしいです。

ヴォラーレは引き続きウォーキングマシンでの調整。食欲は順調に戻ってきているのは良い傾向。ただ、内面はクタッとしているでしょうから、騎乗運動再開は慎重に見極めて欲しいです。

2017年7月20日 (木)

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週の追い切りは終いに13秒台までペースアップ。特に問題は見当たらず、無難に対応できているでしょう。単走の場合は落ち着き払った態度で駆ける一方、併せ馬の形ではしっかりと相手を意識。前回の報告時に触れた右トモは既に治っています」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「体力強化をメインに据えており、この1週間も調教メニューは据え置き。こちらのダートコースに着実に慣れて来ており、移動当初に比べると無駄な動きが随分と減っている点は評価できるでしょう。近日中に15-15を始められそうな雰囲気です」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「移動直後は元気な姿を見せていましたが、数日経ってからクタッと。歩様に硬さが出た他、飼い葉の食べ方がもう一つです。長距離輸送に加え、極端な暑さの影響が表れた模様。まずは環境の変化に順応させつつ、しっかり疲労を取り除きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチはラスト1ハロン13秒と末を伸ばす調教を敢行。ひとまず無難に対応してくれた様子。今のところ走ることに関しては特に不安はなさそう。あとはピリッとした脚を使えるかどうか。入厩の声が届くまで頓挫なく鍛え続けてもらいたいです。

アメイズは普通キャンターでコツコツ乗り込み中。少しずつでも千葉の環境に慣れてきています。非凡なモノはあると思うので、焦ることなく進めてもらえればと思います。

ヴォラーレは北海道からの輸送による疲れに加え、暑さが増した気候にグロッキー状態。これは立て直すのに時間を要しそう。まずは食欲を戻す手法・工夫を考えて欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ