2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードダヴィンチ」の151件の投稿

2019年12月14日 (土)

【ロード】今週の出走馬(12/14-15)

Photo_6 ロードユリシス

12月14日(土)阪神3R・2歳未勝利・ダ1400mに川須Jで出走します。12月11日(水)良の栗東・ニューポリトラックコースで5ハロン66.7-50.8-36.9-12.0 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒5先行して0秒6先着。追い切りの短評は「楽な相手に先着」でした。発走は11時10分です。

○高野調教師 「12月11日(水)は上がり重点。併せ馬で先着しています。具合は良さそう。十分に競馬へ送り出せる態勢でしょう。過去3戦を改めて振り返った結果、ダート1400mで逃げる形も一案に。想定メンバー表も参考に、実際の出否を判断しましょう」

≪調教時計≫
19.12.11 助手 栗東P良 66.7 50.8 36.9 12.0 一杯に追う アリシア(2歳未勝利)一杯の外0秒5先行0秒6先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初芝に矛先を向けた前走のロードユリシス。追走に苦労することなく、芝は問題なく走れていたと思うのですが、早目に外からピタッと被せられる形が響いて最後の直線で大きく失速。1600mの距離も幾分長いように感じました。その後は在厩調整を続け、中2週のローテで今度はダ1400mへ。ゲートの速さを存分に生かすなら1200mの距離がベストかなと思いますが、この条件は悪くないと思います。

そして今回は大外枠をゲット。芝でも行き脚は付くと思うので、ここは唯一の持ち味・ゲートの速さを生かし、小細工なしに逃げの競馬に転じて欲しいところ。多少速いペースで行っても良いでしょう。状態に関しては一息入った後のレースを叩いて、多少なりとも上積みは見込める筈。過度の期待は控えるも、展開や人気馬の凡走など諸々の条件が味方すれば、大駆けの可能性は残っています。まあ、ひとまず未勝利脱出へのキッカケをここで掴んで欲しいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_6 ロードイヒラニ

12月14日(土)中京10R・豊川特別・芝1600mに松田Jで出走します。12月11日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン56.4-39.1-12.1 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒6先行して0秒1先着。追い切りの短評は「徐々に良化見せる」でした。発走は15時00分です。

○千田調教師「間隔が詰まっているのを考慮して、12月11日(水)は半マイルをサッと。動きは良かったと思います。芝1200m戦は前走5着以内の馬が多く集まりそう。再びマイルへ行きましょう。川須騎手は阪神で騎乗予定。今回は新コンビで臨む方針です」

≪調教時計≫
19.12.11 助手 栗CW良 56.4 39.1 12.1 馬なり余力 メイショウサンガ(2歳未勝利)一杯の外0秒6先行3F付0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最内枠に入った前走はスタートを決めてハナへ行きたかったも、2頭ほど抜群にスタートが速い馬がいて断念。内々で揉まれ込むことを心配しましたが、内ラチに上手に身を寄せることで集中力を維持。最後の直線では外へ持ち出し、勝ち馬が抜けて行った進路をイヒラニは突いてくるも、もうひと伸び欲しい残り200mあたりで勢いは鈍り出して…。パタッと失速することはなかったですが距離が幾分長いように感じることに。そんな中、5着を死守できた意味は大きいです。

その前走から中1週のローテで臨むロードイヒラニ。個人的には芝1200mへチャレンジして欲しかったのですが、検討の結果、前走と同じ舞台を選択。ここ数走乗ってくれていた川須Jが阪神で乗ることになったので、今回は松田Jとのコンビに。地味な存在も腕達者な騎手なので、今回結果が出なくても、イヒラニの適性について何か進言してもらえればと思います。休み明けをひと叩きして状態面の上積みは多少なりとも見込めるも、前走は少し恵まれた中での5着死守だったので、前走以上は簡単ではないのかなと正直思っています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Photo_6 ロードダヴィンチ

12月15日(日)中京2R・3歳上1勝クラス・ダ1900mに横山武Jで出走します。12月11日(水)稍重の美浦・ウッドチップコースで6ハロン81.6-67.2-53.4-40.1-13.0 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒8先行して0秒8先着。追い切りの短評は「上積み十分」でした。発走は10時25分です。

○新開調教師 「12月11日(水)は後ろからプレッシャーを掛けられる形。2勝クラスのパートナーに手応えで勝るなど、余裕の感じられる走りでした。一叩きの効果が出ており、前進が叶いそう。検討を重ねた結果、ダート1900mに横山武史騎手で臨もうと思います」

≪調教時計≫
19.12.11 助手 美南W稍 81.6 67.2 53.4 40.1 13.0 馬なり余力 ドロス(2歳新馬)一杯の外0秒8先行0秒8先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術+転厩を経て、4ヶ月ぶりの実戦となった前走のロードダヴィンチ。馬体重はマイナス18キロと大きく減っていましたが、その前までは滞在競馬でしたし、元々余裕のある造りでレースへ臨んでいたというのもあるので、むしろ前走の514キロはベストに近い数値だったのかなと思います。レースでは好位から正攻法の競馬。最後の直線は苦しくなって伸びあぐねましたが、集中力を切らして一気に失速するような場面はなし。手術の効果で喉を気にしなかったというのが1番の収穫でした。結果は7着に終わりましたが、不調の底は脱したかなと思います。

また、素材として1勝クラスなら十分やれていい馬なので、叩き2戦目の今回は順当に前進を期待。ここは何とか5着以内を確保してもらわないと。トモに緩さが残り、疲れを溜め込みやすいので前走後はビシビシとはやれていないも、11日の最終追いでは6ハロンから時計をマーク。時計以上に余裕を感じる走りだったようですし上積みはありそう。ローカル場所での横山武Jの騎乗は楽しみですし、喉の不安が和らいだ今なら簡単にバテないと思うので、強気な競馬でスピードの持続力を生かして欲しいです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

2019年12月 9日 (月)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

12月4日(水)良の美浦・ニューポリトラックコースで3ハロン42.4-13.1 8分所を馬なりに乗っています。短評は「攻め軽目も順調」でした。当初のプランを変更して12月14日(土)中京・3歳上1勝クラス・混合・ダ1800mもしくは12月15日(日)中京・3歳上1勝クラス・ダ1900mもしくは12月15日(日)中京・3歳上1勝クラス・若手騎手限定・ダ1800mに予定しています。

○新開調教師 「12月4日(水)はポリトラックでサラッと。締まったシルエットに映るものの、ここに来て数字的には十分戻ってくれました。中山4週目まで間隔を開けるよりも来週の競馬へ向かった方が良さそう。適鞍が多く組まれる中京への参戦を考えましょう」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 美南P良 42.4 13.1 馬なり余力

Photo_6 ロードフェローズ

12月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.9-39.4-25.3-12.8 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して0秒4遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。12月21日(土)中山・2歳新馬・芝2000mもしくは12月28日(土)中山・2歳新馬・混合・芝2000mもしくは12月28日(土)阪神・2歳新馬・混合・芝2000mに予定しています。

○藤岡調教師 「12月4日(水)は53秒9。だいぶ時計を詰めており、最後まで踏ん張りました。幾らかフォームがバラ付くものの、乗り込みを重ねるに連れて良化。もう一歩・・・と言った感じですね。年末には使いたい気持ち。東西の2000mを見据えましょう」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 栗東坂良1回 53.9 39.4 25.3 12.8  一杯に追う クレイス(2歳新馬)一杯に0秒1先行0秒4遅れ

Photo_6 トルネードフラッグ

12月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.3-39.1-25.7-13.0 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒3先行して首遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「12月4日(水)は53秒3。しっかり負荷を掛けています。馬場が重くてラストは幾らか時計を要した格好ながら、段々と前向きさも出始めたように一定の評価は与えられそう。良いリズムで進んでおり、この調子で上昇カーブを描ければ・・・」

≪調教時計≫
19.12.04 助手 栗東坂良1回 53.3 39.1 25.7 13.0 一杯に追う ディメンシオン(古馬オープン)馬なりに0秒3先行首遅れ

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬体重の回復が遅れているロードダヴィンチですが、この中間の調整は軽めに止め、回復を優先。喉の負担を考えると、若干細めの方がむしろ良いかもしれません。また、状態に関しては不安はないので、週末の中京へ矛先を変えています。

ロードフェローズは相変わらず渋い時計しか出ませんが、この馬なりにじんわり良化中。トモの緩さが目立つ中でしっかり負荷を掛けることが出来ているのは○。調教量は足りているだけにあとは藤岡師のGOサイン町です。

トルネードフラッグはもう少し踏ん張って欲しいというのが率直なところですが、全体時計は水準のものはマークできるように。ゆくゆくは芝の短距離での活躍を期待するも、パンとするまではダート中心で番組を選んでいった方がベターな印象。また、現状ではスパッと切れる脚は使えないと思うので、スピードの持続力を生かした競馬で他馬を封じてもらいたいです。

2019年12月 2日 (月)

ロードなお馬さん(4歳上・入厩組)

Photo_6 ロードプレミアム

11月27日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン64.7-49.9-37.7-12.5 6分所を強目に追っています。短評は「変わりなく順調」でした。12月8日(日)中山・3歳上2勝クラス・混合・芝1600mに菅原明良騎手で予定しています。

○斎藤調教師 「11月27日(水)は単走で5ハロン65秒を切るタイム。最後まで落ち着いた感じで、乗り手が合図を送るとしっかり動けていました。本数を積み重ねるに連れ、期待通りの状態アップが叶っている様子。このリズムを保ちながらレースへ臨みたいです」

≪調教時計≫
19.11.27 助手 美南W良 64.7 49.9 37.7 12.5 強目に追う

Photo_6 ロードザナドゥ

11月27日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン68.9-53.6-39.4-12.6 7分所を馬なりに乗っています。短評は「変わりなく順調」でした。12月7日(土)中山・3歳上1勝クラス・混合・ダート1800mに予定しています。

○新開調教師 「11月27日(水)も先週と同程度のラップを刻む形。ここまでは気になる部分が浮かばず、至って順調に運んでいるでしょう。近々の芝に適当な番組も組まれていませんので、まずはダートの中距離戦を試すつもり。ジョッキーの選定を始めています」

≪調教時計≫
19.11.27 助手 美南W良 68.9 53.6 39.4 12.6 馬なり余力

Photo_6 シグナライズ

11月27日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に52.1-37.9-24.9-12.7 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中京・鳥羽特別・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「11月27日(水)はビシッと。十分に時計も出ているように、上々の内容だったと思います。出遅れながらも促して、前回は中途半端な競馬に。気分を損なわずに運べるか・・・。そこが本馬の場合は重要だけに、今度は終い勝負でもOKでしょう」

≪調教時計≫
19.11.27 国分優 栗東坂良1回 52.1 37.9 24.9 12.7 一杯に追う

Photo_6 ロードエース

11月27日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.5-38.4-24.7-12.5 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中山・アクアラインS・混合・ダート1200mに三浦騎手で予定しています。

○松下調教師 「出走予定の1週前。11月27日(水)はビシッと攻めています。今朝は幾らか力の要るコース状態。馬場の荒れた後半だったのも踏まえれば、時計的には及第点を与えられるでしょう。まだ多少の重さが残る印象。この一追いで変わるのでは・・・」

≪調教時計≫
19.11.27 助手 栗東坂良1回 53.5 38.4 24.7 12.5 一杯に追う

Photo_6 ロードダヴィンチ

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。心身共にコンディションは段々と上向いており、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、当初のプランを変更して12月22日(日)中山・3歳上1勝クラス・混合・ダート1800mに予定しています。

○新開調教師 「11月21日(木)の測定で518キロだったように、もう少しはふっくらさせるのが望ましい感じ。レースプランを見直しましょう。一叩きをしてコンディションは上向いている印象。中山を本線に中京のダート中距離戦へのエントリーも考えたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは今週末の中山・芝1600mを予定。鞍上には今年デビューの菅原明Jに声を掛けているようで、出資馬には初騎乗となります。結構勝ち星を重ねているようですし、失敗を恐れずにプレミアムをレースでしっかり動かしてもらえればと思います。

ザナドゥは前走から間隔が空いている次走こそ芝のレースを狙っていって欲しいのですが、今週末のダ1800mへ方向転換。中京へ連れて行くという選択肢がないのが寂しいです。仕上がり・状態に関しては悪くなさそうですが。

シグナライズはひと追い毎に上昇中。前走はチグハグな競馬で最下位負け。下手に動かそうとすると反抗しちゃうと思うので、良いポジションを確保出来なくても、レース序盤はソロッと回る方が得策。そして徐々にレースの流れに乗せていけば、集中力の維持が叶うのかなと思います。

エースはまだ太いようですが、馬場の荒れた後半に追ったことを考慮すれば、上々の時計をマーク。このひと追いで良い意味でピリピリしてきてくれればと思います。使い込むより久々の方が良い馬ですし、旧1600万下で中山・ダ1200mで3着という実績はあります。馬券的には今回が妙味あると思いますが、ワンパンチ欲しいのも事実。休養が長引きましたが、その間に幾らかでも力を付けていてくれれば嬉しいのですが。

ダヴィンチも今週末の出走へ傾いていましたが、馬体重の回復が思わしくないことから22日の中山・ダ1800mへ。状態が上がってくれば、前倒しで中山or中京へ使う可能性はあります。時計の掛かる馬場は合っているので、ひと叩きした次走では掲示板入り以上を目指して欲しい。

2019年11月22日 (金)

シルクなお馬さん(4歳・入厩組)

Photo_6 シグナライズ

11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.0-39.4-25.6-13.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中京・鳥羽特別・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「11月20日(水)も坂路で。相応に気合いを付けています。リフレッシュが図れており、イイ感じで駆けていた印象。いずれにせよ本馬の場合、落ち着いて競馬へ臨めるか・・・がポイントでしょうね。今のところは計画通り。乗り役を調整中です」

≪調教時計≫
19.11.20 助手 栗東坂良1回 54.0 39.4 25.6 13.0 馬なり余力

Photo_6 ロードエース

11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.4-38.3-24.7-12.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中山・アクアラインS・混合・ダ1200mに三浦騎手で予定しています。

○松下調教師 「11月20日(水)は余力十分に相応のタイムを記録。以前から稽古は動けるものの、イイ感じで駆けていたでしょう。だいぶ本来の姿を取り戻して来たのかな・・・と。背腰に疲れが溜まり易いタイプだけに、上手くケアしつつ進めたいと思います」

≪調教時計≫
19.11.20 助手 栗東坂良1回 53.4 38.3 24.7 12.4 馬なり余力

Photo_6 ロードダヴィンチ

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月7日(土)中山・3歳上1勝クラス・混合・ダ1800mに予定しています。

○新開調教師 「トレーニングの再開に至ってからも順調そのもの。減った身体を徐々に戻しつつ、時計を出すタイミングを検討しています。11月20日(水)は坂路で普通キャンター。当初の候補に間に合わないようであれば、4週目へスライドするかも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここまでソフトな追い切りに終始しているシグナライズですが、リフレッシュが叶ったことで動きは軽快。また、落ち着きを増す為にプール調教を併用していますが、これが良い効果を生んでくれればと思います。

ロードエースは反動が出やすいタイプなので追い切り後のケアは欠かせませんが、20日の追い切りは相応の時計をマーク。それでいて余裕を感じさせるので良い雰囲気でここまで来ていると思います。暑さに弱いので休養が長引いてしまいますが、脚力は良いモノがあるので何とかOP入りを果たして欲しいです。

ロードダヴィンチは暮れの中山戦へ向け、馬体の回復を優先中。それ以外は特に不安は見当たらないので、次走に関しては臨機応変に対応していってもらえればと思います。

2019年11月14日 (木)

結果は7着に終わるも、勝負どころでスムーズに動けていればもう少しやれていたかも。喉の手術を行い、実戦でも喉に不具合を感じることがなかったのは大きな収穫。★ロードダヴィンチ

2019112100

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

11月10日(日)東京7R・3歳上1勝クラス・ダ2100mに柴田大Jで出走。13頭立て11番人気で4枠4番から平均ペースの道中を4、4、5、8番手と進み、直線では内を通って1秒2差の7着でした。馬場は良。タイム2分13秒6、上がり37秒7。馬体重は18キロ減少の514キロでした。

○柴田大騎手 「4コーナーでは幾らかモタ付きましたが、凄く素直な乗り易い馬。直線の食らい付いて行きたい場面でキツくなったとは言え、今日は喉も全く気になっていません。叩いた次は変わってくれるはず。コントロールが利くタイプだけに、どの位置からでも運べるイメージです」

○新開調教師 「私自身は福島へ臨場していました。馬体重が結構減っていたものの、追い切る毎に状態が上がっていて飼い葉食いも大丈夫。許容範囲内でしょう。久々らしく最後は力尽きた様子ながら、本番でも喉に不具合が感じられなかったのは1番の収穫。まずは状態を確かめ、基本的には続けて使う方針です」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月7日(土)中山・3歳上1勝クラス・混合・ダ1800mに予定しています。

○新開調教師 「レース後に両前脚が多少浮腫んだものの、現在はほぼ引いた状態。当たり前の疲れから来た部分で特に心配は要りません。乗り役もダートの中長距離戦が合っている・・・との感想。跨ってからの様子次第ながら、中山2週目の1800mを本線に考えます」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術明け+美浦・新開厩舎へ転厩とここからロードダヴィンチの第2章のスタートと言えるこの1戦。追い切り時点までは手術した喉に不安はなかったのですが、全速力で走ることになる競馬での影響は果たしてどうかと。もう1点は精神面の脆さから大敗を喫することが続いていたので喉の不安が和らいだことで違った面が見られるかに注目していました。ですので、この1戦に関しては、結果にはさほど拘ってはいませんでした。

馬体重は前走から18キロ減と大きく減らしてしまいましたが、前走は滞在競馬でしたし、少し立派な馬体で使っていたというのは事実。短円に追い切りを重ねて臨むことが出来ていたので、好仕上がりと見るのが妥当でしょう。

レースに関しては、五分のスタートから好位へ。柴田大Jは距離ロスを避けて内々を立ち回りましたが、勝負どころからはジワッと外へ持ち出して欲しかったなあというのが個人的な見解。内でモタモタしているところへ後続が一気に押し上げてきたので厳しい位置に入ってしまいました。

そして最後の直線。内目で反応が怪しくなっていましたが、柴田大Jの叱咤激励によってズルッと後退することはなく、ジリジリ脚を使って応戦。ダヴィンチの外から差し・追い込み馬が交わしていくと、最後は盛り返し気味に脚を使っていたのはちょっとビックリ。結果は7着に終わりましたが、勝負どころでスムーズに動いていれば、もう少しやれた感じはします。

レース後のダヴィンチですが、一生懸命走った為、ここ数走とは違う疲労感はありますが、心地よい疲れといって良いのかなと思います。引き続き、厩舎へ置いて中山のダ1800mを目指していくこととなりました。連戦で臨むとこれまでは着順を大きく落とすことが多かったので、十二分に馬体のケアを行ってから次走へ臨んでもらいたいです。

ひとまず喉の手術をした効果を実戦でも感じることが出来ましたし、脆さを出さずに食い下がってくれたことは正直嬉しかったです。

2019年11月10日 (日)

追い切りを重ねても、手術した喉の具合は気にならないも、全速力で走ることになった際に息苦しくなることを憶えてしまっているようだと厄介。転厩緒戦で仕上がりは良さそうも、精神面の脆さという課題も存在するので、良い結果をイメージし辛くて…。★ロードダヴィンチ

2019072000_20191110035601

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

11月10日(日)東京7R・3歳上1勝クラス・ダ2100mに柴田大Jで出走します。11月6日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン70.8-56.5-42.4-12.9 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒4先着。追い切りの短評は「動きスムーズ」でした。発走は13時15分です。

○新開調教師 「相応の本数を積んで準備が整っている点を踏まえ、11月6日(水)は確認程度。しっかりと動けていました。転厩初戦で未知な面が揃うものの、納得の仕上がりで送り込めそう。予定していたジョッキーが負傷で乗れず、柴田大知騎手に頼んでいます」

≪調教時計≫
19.11.06 助手 美南W良 70.8 56.5 42.4 12.9 馬なり余力 ヴィジョンオブラヴ(古馬2勝)一杯の外0秒4先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京4日目(11月10日)
7R 3歳上1勝クラス
ダ2100メートル 指定 定量 発走13:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジェイケイエース 牡3 55 北村宏司
2 2 ハツセ 牝3 53 三浦皇成
3 3 サルーテ 牡4 55 木幡育也
4 4 ロードダヴィンチ 牡4 57 柴田大知
4 5 プレイングラン 牡3 55 吉田豊
5 6 スズノアリュール 牡4 57 武士沢友治
5 7 サージュミノル 牡4 56 野中悠太郎
6 8 ボヘミアラプソディ 牡3 55 田中勝春
6 9 トウシンアサヒ 牡5 54 山田敬士
7 10 サクララージャン 牡3 55 横山典弘
7 11 アリスカン 牡5 56 武藤雅
8 12 ベルウッドカザン 牡3 55 黛弘人
8 13 ニューツーリズム 牡3 55 大野拓弥

○新開師 「追う毎に動きは良化しているし、喉の手術明けだけど状態もいい。まだ緩さがあるので、長い距離は良さそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の函館へ参戦するも、2戦とも惨敗してしまったロードダヴィンチ。敗因とすれば他馬に囲まれて一気に手応えを失ったという気持ちの問題と勝負どころで捲りに行った際に喉に異音を生じていたという疾患の問題。デビュー戦で一緒に走った馬は有馬記念を制して凱旋門賞へ参戦するところまで駆け上がったのに、ダヴィンチは下級クラスで燻ぶり続けています。

前走後は喉の具合をチェック。静止している限りでは、喉の状態に問題はなかったのですが、速いところを行った際の喉の具合をチェックしたところ、神経が麻痺しており、気道を塞いでいることを確認。喘鳴症の手術を行うことが決定したのですが、それと同時に栗東・藤原英厩舎から美浦・新開厩舎への転厩も決まりました。ドライな決定にちょっと考えさせらえれましたが、訳ありの馬をよく引き取ってくれたと思います。

7月末に喉の手術を終えたダヴィンチは新たな競走生活へ向けて再始動。術後1ヶ月ぐらいは軽めの調整に終始してきましたが、そこからは通常の放牧馬と同じように徐々に負荷を高めて、動きの質と状態を高めてきました。牧場時の感触では手術した喉の具合はかなり良さそうとのですが、全速力で走ることになる実戦でどうなのか。まずはそこを1つ知りたいというか確認したいです。全速力で走ると息苦しくなることをダヴィンチが憶えてしまっていると厄介です。

美浦入り後のダヴィンチは最初モタモタするところが目立ちましたが、追い切りを重ねて少しずつ動きはスムーズに。寒さが増してきて太目が残るかもしれませんが、走れる態勢は整っていると思います。あとは喉の具合と共に、揉まれ弱い精神面の脆さが出てしまうかどうか。転厩緒戦でブリンカーは外していますが、シャドーロールorチークピーシズは着用してくるのかはチェックしたいです。距離のダ2100mはさすがに長いように思いますが、大トビでワンペースな走法を生かして積極策で競馬を進めて欲しいです。

鞍上は先週の競馬で負傷した木幡巧Jから柴田大Jにスイッチ。思いきった競馬をして欲しいので、木幡巧Jには気の毒ですが、そういう面ではこの変更は良かったように思います。相手関係に目を遣ると抜けた存在はいないも、この舞台を何走から走っている馬が揃っている印象。最後まで集中して走り、喉に問題がなければよもやの激走というシーンはゼロではないと思いますが、冴えない成績が続く近況から前向きな期待は持ち辛くて…。距離の不安と揉まれ弱さが出てしまうと、大きく沈んでしまうでしょうねえ。厳しい結果は避けられないかもしれませんが、喉の手術+美浦への移籍をキッカケに再浮上の道を歩み出してもらいたいです。

2019年11月 4日 (月)

次走の鞍上が木幡巧Jに決まりました。☆ロードダヴィンチ

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

10月30日(水)重の美浦・ウッドチップコース1ハロン12.6 強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って0秒4先着。短評は「キリで見えず」でした。11月10日(日)東京・3歳上1勝クラス・ダ2100mに木幡巧Jで予定しています。

○新開調教師 「10月30日(水)もウッドで打ち合わせ通りに追い切りを消化。モヤが出ていた為に時計の詳細は不明ながら、乗り手の感触は良好だった模様です。一追い毎に理想的な上昇カーブを描くのは何より。木幡巧也騎手とのコンビでレースへ臨みましょう」

≪調教時計≫
19.10.30 助手 美南W重 キリ 12.6 強目に追う ゴールドフレーム(古馬1勝)馬なりの内0秒4先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩当初はモタモタした動きをしていたダヴィンチでしたが、ひと追い毎に上昇中。30日の追い切りはキリで最後の部分しか見えなかったようですが、鞍上の指示に反応してスッと先着しています。喉に関しては、レースへ行ってみないと分からない部分はあるも、手術をしたことで負担はだいぶ軽減されていると思います。

未定だった鞍上ですが、木幡巧Jに決定。道中で気を抜かさないように追走し、最後まで走ることに集中できるように持っていって欲しいと思います。復調の兆しが見えるレースを今から期待しています。

2019年10月25日 (金)

ロードなお馬さん(ロードカナロア産駒・入厩組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

10月23日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン72.4-57.3-42.7-12.6 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒6先行して0秒6先着。短評は「攻め軽目も順調」でした。11月10日(日)東京・3歳上1勝クラス・ダ2100mに予定しています。

○新開調教師 「10月23日(水)も先週と同程度のタイムで回って来ました。相応の負荷を掛けても現時点で喉は気にならず、手術の効果が得られている印象。大トビでエンジンの掛かりが幾らか遅いだけに、最初は東京2週目に組まれるダ2100mを狙います」

≪調教時計≫
19.10.23 助手 美南W良 72.4 57.3 42.7 12.6 馬なり余力 攻め軽目も順調 ドロス(2歳新馬)一杯の外0秒6先行0秒6先着

Photo_6 ロードドミニオン

10月23日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.0-41.0-27.3-14.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。11月3日(日)京都・2歳未勝利・芝2000mに川須騎手で予定しています。

○西浦調教師 「10月23日(水)は55秒の時計で坂路頂上へ。続けて使っているだけに、軽く調整程度の内容です。順調と言えそう。連戦の疲れも窺えませんね。良化が感じられるのに加え、距離を延ばしたのもプラスに。次回は更に前進を・・・と思っています」

≪調教時計≫
19.10.23 助手 栗東坂良1回 55.0 41.0 27.3 14.2 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチはビシビシとはやれていないも、丹念に乗り込み中。追い切りの段階では喉に違和感はなさそうですが、競馬のタイトな流れでどうなるか。実戦では念の為に舌を括ってレースへ臨んだ方が良いかもしれません。

ドミニオンは来週の出走へ向けてひとまず順調。ガラッと良くなってきた感じはないですが、少しずつでもしっかりしてきてくれればと思います。ただ、前走は上位3頭と他ではかなり差があったので、着順は素直に喜べません。3戦目で更に前進できるのか相手強化で着順を落としてしまうのか、要注目です。

2019年10月22日 (火)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 ロードヴァンドール

10月17日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に52.2-38.0-24.9-12.7 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。11月10日(日)福島・福島記念(G3)・国際・芝2000mに横山武史騎手で予定しています。

○昆調教師 「10月17日(木)はビシッと。相応の時計は出ています。ただ、併せた2歳馬に劣勢。徐々に良化している印象ながら、まだまだ途上・・・と言った感じかも知れません。でも、レースは3週間後。時間が残される状況だけに、恐らく大丈夫でしょう」

≪調教時計≫
19.10.17 助手 栗東坂良1回 52.2 38.0 24.9 12.7 一杯に追う ヒルノエドワード(2歳未勝利)一杯に0秒2遅れ

Photo_6 ロードクエスト

10月17日(木)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン66.3-52.7-40.0-12.8 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を1秒4追走して0秒6先着。短評は「先着で脚色に余裕」でした。10月26日(土)京都・スワンS(G2)・国際・芝1400mにシュタルケ騎手で予定しています。

○小島調教師 「10月17日(木)はウッドで目標を置き、最終的には3馬身ぐらい先着。スーッとは伸びたとは言え、もう少しは切れ味に磨きを掛けられそうな印象です。ゴール後に舌を出していた部分は特に問題無いはず。ここまではイメージ通りに運んでいます」

≪調教時計≫
19.10.17 助手 美南良 66.3 52.7 40.0 12.8 馬なり余力 バイオンディップス(障害オープン)馬なりの内1秒4追走0秒6先着

Photo_6 ロードダヴィンチ

10月17日(木)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン73.5-58.4-44.0-13.7 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒8先行して0秒4先着。短評は「攻め軽目も順調」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○新開調教師 「10月17日(木)はウッドで70-40を消化。腰のあたりがまだ緩い感じで、道中はトモを滑らせるような部分が見受けられました。ダートを選ぶ予定ながら、目標を掲げるのはまだ早い印象。ピリッとして来るまでは本数を積む必要があると思います」

≪調教時計≫
19.10.17 助手 美南W良 73.5 58.4 44.0 13.7 馬なり余力 ドロス(2歳新馬)馬なりの外0秒8先行0秒4先着

Photo_6 ヴィースバーデン

10月17日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.9-68.5-52.5-38.5-12.2 7分所を馬なりに乗っています。短評は「好調持続」でした。10月26日(土)京都・萩S(L)・国際・芝1800mに和田竜二騎手で予定しています。

○辻野調教助手 「前走後に余裕を持たせた分、馬体に緩みが生じた印象。でも、さほど気に掛からなかった・・・と10月17日(木)の追い切りに跨った和田騎手は述べていました。一度レースを使って気持ちも乗っている感じ。次週へ向けて順調と言えそうです」

≪調教時計≫
19.10.17 和田竜 栗CW良 85.9 68.5 52.5 38.5 12.2 馬なり余力

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

17日の追い切りでビシッと追われたヴァンドール。2歳未勝利馬に見劣ってしまいましたが、久々にビシッと追われたことを考慮すれば、マズマズかなと思いますし、このひと追いでグッと気持ちが乗って来てくれればと思います。

今週末のスワンSに出走するクエストはゴール後に舌を出したり、もう一つ集中し切れていない印象ですが、追走して先着と動き自体は良好。サマーマイルシリーズを完走した疲れは微塵も感じさせず、その頑張りには頭が下がります。ただ、レースへ行くと、運のない馬なので、そこらが好転してきて欲しいです。気楽な気分でスワンS連覇を狙って欲しい。

ダヴィンチは帰厩してまもないですし、馬体に緩さが残る馬なので、日々の調教の延長という感じで追い切りを何本か重ねていく必要がありそう。また、走ることに対する前向きさ・意欲が欠けているので、ピリッとさせる意味で併せ馬を多く取り入れてもらいたいです。

牡馬の強いところと一緒に走ることになるヴィースバーデンですが、一頓挫あった影響がどこまで響くか。1週前追い切りに関しては、ソフトにやられましたが、動きには気になるところはなさそう。京都コースに替わるのはプラスだと思いますし、馬群を全く気にしないのも魅力。ここでも互角以上の走りが出来れば、ホント先々が楽しみです。

2019年10月15日 (火)

10日に美浦・新開厩舎へ入厩しています。☆ロードダヴィンチ

201910_20191015214501

Photo_3 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

2019.10.10
10月10日(木)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○新開調教師 「千葉の育成牧場へ移ってからも順調に運んでいた模様。現地の担当者と打ち合わせを重ね、こちらの準備が整った10月10日(木)に迎え入れました。初めての美浦の環境にしっかりと慣れさせると同時に、仕上がり具合や特徴の把握に努めたいです」

2019.10.09
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。10月10日(木)に美浦トレセンへ帰厩の予定です。10月2日(水)測定の馬体重は517キロ。

○当地スタッフ 「先週は10月1日(火)と4日(金)に15-15を行なっており、長目に走らせた場合でも手術を施した喉が気にならないのは何よりでしょう。この調子であれば本来の能力をレースでも発揮できるはず。10日(木)に美浦へ向かうスケジュールです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術をキッカケに美浦・新開厩舎へ転厩となったロードダヴィンチ。術後は思いのほか順調に乗り込みが進み、あとは厩舎から声が届くのを待つのみでしたが、今月10日に美浦へ。

トレセンの環境・雰囲気は慣れ親しんだものでしょうが、美浦は初めての場所。舞い上がったりする馬ではありませんが、初めての環境ということで色んな場所へ連れて行って、慣れさせていってもらえればと思います。あとは喉の負担がどこまで軽減されているのか。1勝クラスなら通用する力は秘めていると思うので、走ることへの意欲を今後の調教・追い切りで引き出していってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アドマイヤテンバの18 アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エスメラルディーナの18 エルスネル オーサムゲイル カリスペルの18 キャサリンオブアラゴンの18 クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サダムグランジュテの18 サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ シンプリーディヴァインの18 シーイズトウショウの18 シーズインクルーデッドの18 ジーナアイリス スターコレクションの18 スリールドランジュの18 ダイアトニック ダイヤモンドローズの18 ディランズソング デイトユアドリームの18 トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピクシーホロウの18 ピボットポイント フィロンルージュの18 ブライトクォーツ ブロンシェダームの18 ブロードアリュール プチノワールの18 ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マチカネタマカズラの18 ミスビアンカ メジロトンキニーズの18 モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードヴァンドール ワイルドココの18 ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)マカリカ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ