2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードダヴィンチ」の166件の投稿

2020年3月28日 (土)

25日に詳しく検査を行ったところ、左前脚の繋靭帯炎との診断が下る。★ロードダヴィンチ

202002_20200327113001

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

ここに来て左前脚に幾らか張りが認められます。精密検査を受けたところ繋靭帯炎との診断が下されました。現在は美浦トレセンで厩舎周辺等の歩行運動を消化。今後は3月26日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して夏以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○新開調教師 「左前脚に生じた張りが思うように引かないまま。念の為に3月25日(水)にエコー検査を受けたところ、繋靭帯に軽度の損傷が判明しました。復帰までに3ヶ月ぐらいは必要・・・との獣医師の診断。申し訳ありませんが、近郊牧場へ移して回復に努めます」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の中筋に幾らか張りがあると言われていたロードダヴィンチ。蹄がフィットしていなかったからという原因なら良かったのですが、張りがなかなか引いてこなかった為、25日にエコー検査を実施。その結果、繋靭帯に損傷が認められました。

症状としては軽度ということですが、500キロを優に超える馬体重の持ち主ですから、思うように回復が進まない場合もあるでしょうし、良くなったとしても再発の可能性はつきまといます。既に千葉・ケイアイファームへ放牧済ですが、早くて復帰は夏ということですし、トレッドミルを使える北海道まで戻した方がベターでしょう。軽度だからといって甘く考えないようにお願いします。

2020年3月24日 (火)

14日に帰厩。そろそろ時計を出していこうとしていた矢先、左前脚の中筋に多少の張りを確認。ひとまず経過を観察中。★ロードダヴィンチ

201911_20200317203501

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

2020.03.18
ここに来て左前脚に幾らか張りが認められます。現在は美浦トレセンで厩舎周辺等の歩行運動を消化。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○新開調教師 「3月18日(水)からタイムを出し始めようと考えていたものの、ここに来て左前脚の中筋に多少張りが認められます。跛行や気に掛ける様子を見せていない状況。蹄鉄のフィット感も関わっているかも知れませんので、調整を施して観察を続けましょう」

2020.03.17
3月14日(土)に美浦トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「先週も計画に沿って18-18を繰り返し、十分に距離を乗るパターン。捻挫を起こした箇所は問題が無いままで、3月14日(土)にトレセンへ向かっています。あとは厩舎の皆さんにお任せすれば大丈夫。スムーズに追い切りへシフトできるはずです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

14日に帰厩したロードダヴィンチ。週中から時計を出していこうと調整を進めていましたが、左前脚の中筋に多少の張りが認められるとのこと。歩様に違和感は出ていないので、蹄鉄がうまく合っていないのかなあという印象。ただ、ちょっとしたことが積み重なって脚部不安になると思うので、今は欠かさずケアを行って、時間の経過と共に快方へ向かってくれることを願うばかりです。

2020年3月12日 (木)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。3月5日(木)測定の馬体重は542キロ。

○当地スタッフ 「捻挫が認められた脚元は落ち着いており、過度な心配は要らない状態。実際に先週半ばにダートへ入れ、普通キャンターを消化していますからね。この先は馬場状態と相談しながらペースアップを検討。動きについても気になる点は浮かんでいません」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。3月5日(木)測定の馬体重は513キロ。

○当地スタッフ 「3月4日(水)も15-15のラップを刻んでいます。本数を積んだなりに前向きさに溢れた走り。無理に引っ張る訳には行きませんので、終いだけ13秒台までスーッと伸ばしました。西浦調教師へ帰厩のタイミングを相談。新たな指示を待ちたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

馬房で右前脚を軽く捻ってしまったダヴィンチですが、順調に快方へ向かい、ダートコースで普通キャンターを乗り込み中。反動も出てないようなので、状況を見ながら更にペースアップは出来かと思います。

シグナライズは速い時計になりがちですが、15-15の調教で無理に抑え込まずに終いを13秒台へ。活気ある動きを見せてくれているのは好感。あとは厩舎との連携を密にし、ロードドミニオンのように直前でのトラブルがないように早めに厩舎へ戻してもらえればと思います。

2020年3月 8日 (日)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング2000m。

○当地スタッフ 「2月26日(水)に馬房で右前脚を軽く捻った模様。跛行こそ見せなかったとは言え、触診反応が出た部分を踏まえてダクとハッキングに制限しました。でも、一過性で回復が叶っている印象。時間を掛けずに元のトレーニングを始められるはずです」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月29日(土)にハロン15秒のラップを刻みました。この中間も気になる点は浮かばず、一定の頻度で同様のパターンを消化するつもり。移動を意識できる段階へ少しずつ近付いて来ただけに、状態を確かめながら厩舎側と意見を交わしましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

そろそろ帰厩が視野に入っていたダヴィンチですが、この中間に右前脚を軽く捻った様子。幸い、大事には至らなかったも、調整に狂いが生じたのは誤算。早めにリカバーできるようにお願いします。

シグナライズは先週末に速いところをマーク。その後も順調に来ているようで、そろそろ帰厩が視野に。中身はある程度伴っていると思うので、テンションが上がり過ぎないように乗り進めてもらえればと思います。

2020年3月 1日 (日)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン18秒ペースのキャンターを消化しています。少し前に新開調教師へ進捗状況を報告したところ、戻すタイミングを慎重に検討されている感じ。牧場レベルでも上積みが見込めるだけに、臨機応変にメニューを組み立てましょう」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「調教メニューについては特にアレンジを加えていません。トレーニング中に近くに他の馬がいると特に燃え易いタイプで、単独の場合でも闘志が漲るのは同じ。表面上は普通キャンターながら、終いは15-15ぐらいのスピードが出ていると思います」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチはコンスタントに普通キャンターを乗り込み、ジワッと状態は上昇中。前回の更新では帰厩間近かなという印象でしたが、少しトーンダウンしたのかな? オーバーワークに繋がらないように現状のメニューをコツコツこなしてもらえればと思います。

シグナライズの闘争心は走る原動力とも言えますが、空回りしては結果は出ません。もう少し落ち着きが出るように効果的な策があれば良いのですが…。日々の調教では気分良く行かせるのではなく、グッと我慢させて制御が利くように取り組んでもらいたいです。

2020年2月25日 (火)

ロードなお馬さん(5歳上・牧場組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「2月14日(金)に15-15を消化。長目からでも最後まで余裕を持って駆け、翌日以降にダメージも生じていません。コンディションは良さそう。小島調教師とは定期的に意見交換を行なっており、今のところは3月上旬の帰厩が検討されています」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「引き続き、入念に18-18を繰り返すパターン。蓄積していた疲労は完全に取り除けている様子で、ペースアップが可能でしょう。馬自身のコンディションも上々なだけに、そろそろ美浦トレセンへの移動を検討できそう。厩舎サイドの指示を仰ぎます」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「計画に沿ってハロン17、18秒ペースのキャンターをこなしていす。少し前に松下調教師と話し合った結果、来週か再来週に栗東トレセンへ向かうことに。大まかなスケジュールが決まっただけに、帰厩へ向けた最終的な仕上げに取り掛かりましょう」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「気持ちが入り過ぎないように角馬場と広いダートコースを併用。この中間も飼い葉を食べており、ネガティブな変化は生じていません。去年の9戦に加えて1月も走った経緯を踏まえ、もう少しの間はリラックスを意識しながら充電を図りましょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは定期的にハロン15秒の調教を行っていますが、重賞勝ち馬なのでこれぐらいの調教は悠々。疲れ・反動は勿論出ていません。3月上旬には帰厩するとのことなので、しっかり立て直した効果が次走で見られれば嬉しいのですが。

ダヴィンチは普通キャンターでコツコツ乗り込み中。状態は上がってきているので、速いところは厩舎へ戻ってからで十分でしょう。中山だけでなく中京での復帰も視野に入れて欲しいです。

エースも無理せず普通キャンターで丹念に乗り込み中。帰厩の予定がハッキリ決まれば、直前に1・2本は速いところを乗るかもしれませんが、良い雰囲気のまま状態を上げて行くことに重きを置いて欲しいです。

シグナライズはスイッチが入らないように角馬場で入念な調整。そしてストレスを溜め込まないようにコースでサラッと動かすという日々を過ごしています。丈夫さは魅力ですが、働きづめで前向きさが足りないと思うので、4月頃の復帰を目指し、もう少しの間はリラックス重視で行きましょう。

2020年2月17日 (月)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は539キロ。

○当地スタッフ 「ダクとハッキングで違和感を覚えなかった為、2月5日(水)には1周1800mのダートコースへ連れ出す形。7日(金)以降は普通キャンターも織り交ぜています。ここまでは順当なステップアップが叶っている通り、なかなか具合も良いでしょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は534キロ。

○当地スタッフ 「時間の経過と共にスムーズに立ち直った感じ。普通キャンターも行なっている通り、今は順調に乗り込めています。遠からずに15-15も消化する予定。その際の動きや翌日以降のダメージの有無を見た上で、栗東へ戻すタイミングを相談したいです」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。2月6日(木)測定の馬体重は524キロ。

○当地スタッフ 「2月6日(木)以降はトラックへ足を運び、普通キャンターも交えています。こちらへ移った当初に比べると背中の張りも緩和するなど、望むべき方向へ進んでいるのは確か。当面は同様のパターンを続け、具合と相談しながら慎重に進めたいです」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

角馬場でじっくり馬体を解してきたダヴィンチはこの中間から馬場での乗り込みを開始。普通キャンターまでスムーズにペースアップ出来ているので状態面の不安はないでしょう。ただ、太りやすい馬なのでそこには十分気をつけながら進めてもらいたいです。

小休止があったエースですが、この中間は順調にペースを取り戻してくれています。そして近々ハロン15秒の調教を予定しているようなので、帰厩へ向けてドンドン進めてもらえればと思います。

シグナライズも角馬場から馬場での乗り込みへ前進。背中の張りに対しては引き続き入念なケアを行ってもらい、徐々に負荷を高めていってもらえればと思います。同じ父フランケルのモズアスコットがダートでも強いところを示したので、それに倣って次走ではダ1200m~ダ1400mに狙いを定めてもらいたいです。

2020年2月11日 (火)

ロードなお馬さん(5歳・牧場組)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「競馬や追い切りで蓄積した疲労は、余裕を持たせて概ね払拭できた感じ。2月1日に受けた獣医師チェックでも問題も浮かばず、3日より騎乗トレーニングを始めました。まずは角馬場で試運転。数日は入念に歩様等を確かめたいです」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ「1月29日(水)にナイラの症状が認められた部分を踏まえ、ウォーキングマシンのみに制限。3日間の休養を挟み、回復が叶った2月3日(月)に騎乗トレーニングの再開に至りました。体温の上昇も無し。様子を窺いながらピッチを速めましょう」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ「1月30日(木)より乗っており、ひとまずは角馬場でダクとハッキングを繰り返す状況です。今後は背中の張りを取り除きつつ、徐々に進めたいところ。レースでいつも全力疾走するタイプだけに、頑張った分のダメージが特に残り易いのでしょう」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは控え目の調整で回復を促してきましたが、獣医師のチェックではもう心配なしのジャッジ。それを受けて騎乗トレーニングを開始しています。ひとまず角馬場で感触を確かめる程度でしたが、この雰囲気なら順調に負荷を高めていけるかなと思います。

エースは馬の風邪と言われるナイラを発症。その為、この中間はウォーキングマシンのみの調整で様子を見る期間がありましたが、回復が叶った3日から再度乗り出しています。調整の狂いとまではいきません。

背腰の疲れを取り除くのに尽力を注いできたシグナライズ。その効果が少しずつ現れてきていると思いますし、この中間は角馬場で脚慣らしを開始。一気に進めるとドッと反動が出てくると思うので、コツコツ乗り込みながら状態をジワッと上げていってもらえればと思います。

2020年1月31日 (金)

ロードなお馬さん(5歳馬)

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ「1月24日(金)にバトンタッチ。移動前に新開調教師から知らされていた通り、レースのダメージはそこまで生じていない印象です。身体も大きくは減っておらず、時間が経てばすぐに増えるタイプ。ひとまずは楽をさせて疲れを取り除きましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「1月21日(火)に跨り始め、先週一杯は角馬場でダクとハッキングを繰り返す形。硬さを持つタイプだけに、時間を掛けて入念に解しておきました。気になる点も浮かばない為、27日(月)より広いダートへ。ハロン20秒ペースで走らせています」

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ「帰厩のタイミングが迫っている状況。1月25日(土)にはハロン13秒まで速めています。直近の計量で490キロ。ボリュームも十分でしょう。早ければ今週中にも栗東へ・・・との話。体調管理に注意を払いつつ、移動の指示を待つばかりです」

Photo_6 シグナライズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ「1月25日(土)に獣医師の診察を受けた際も目立った問題は無し。同日に疲労の蓄積が著しい背中に対し、ショックウェーブ治療を施しておきました。もうしばらくはウォーキングマシンを続けるつもり。具合を探りながら跨り始めようと思います」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチは24日に千葉へ。長い距離を走らされた疲れを懸念しましたが、思っていたよりもクタッとした感じはなし。ひとまずは楽をさせて回復を促す方針も、太りやすい体質なので早めに乗り出してもらえればと思います。

エースは硬さには十分気をつけながら、角馬場で体を解す乗り込み。概ね順調ですし、今週からダートで軽く体を動かす予定に。体調自体は問題ないと思うので、3月の阪神or中山開催での復帰を目指してピッチを上げていって下さい。

帰厩間近のイヒラニ。水or木曜日に帰厩してくるかなと見ていましたが、そういう知らせはなし。まあ、それでもこれまでのパターンから土曜日あたりに栗東へ戻っていそう。小倉開催での出走を予定しているので、次走へ向けての仕上げはすぐ開始してもらえればと思います。

シグナライズは背中の張りだけが問題。その為、この中間はショックウェーブ治療を実施。ひとまずはウォーキングマシンでの運動が続くでしょうが、回復は促されていくと思うので、今後の推移を見ながら、タイミングを図ってもらえればと思います。

2020年1月23日 (木)

距離を延ばしてハナへ行きたかったも、勝ち馬の出脚と主張には抵抗できず。道中はリズム重視で進めることが出来たも、勝負どころからジリジリと引き離されることに。今回もパタッと止まることはなかったも、さすがにこの距離は長過ぎたようで4着に終わる。★ロードダヴィンチ

2020012400

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

1月18日(土)中山6R・4歳上1勝クラス・ダ2400mに木幡巧Jで出走。7頭立て3番人気で3枠3番からスローペースの道中を3、3、3、3番手と進み、直線では内を通って2秒5差の4着でした。馬場は稍重。タイム2分39秒3、上がり40秒6。馬体重は6キロ増加の530キロでした。

○木幡巧騎手 「逃げる指示を受けていたものの、外の馬が速かった今日は断念。好位でリズムを大事に乗りました。ペースが上がった時に付いて行くのがやっとで、ギアが思うように変わらない感じ。結果や脚質的には無理矢理にでもハナを奪うべきだったのかも知れません。また、踏ん張り切れずに3着に残れなかった部分からは、もう少し距離を詰めた方が良さそう。この条件も何とかこなせる印象ながら、東京のダート2100m等が合いそうです」

○新開調教師 「勝ち馬のスタートが速く、こちらが主張しても絶対に譲らない構え。序盤にオーバーペースで競ってしまうと自滅を招くだけに、打ち合わせと異なる位置だったのは仕方が無いでしょう。今日は小倉へ臨場しており、新たなプランについては美浦へ戻ってから考えたいところ。長い距離を続けて走っている点も踏まえ、十分に反動を確かめたいです」

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押して先手を主張したが、勝ち馬との出脚の違いで控える形に。うまく流れには乗れていたが、勝負どころから置かれて流れ込んだ程度だった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は1月24日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して春以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○新開調教師 「脚元等にダメージは窺えませんが、一生懸命に走るタイプ。相応の疲労感と全体的な硬さが認められます。この先もチャンスが続く馬。今回は距離よりも坂がキツかったようにも映るだけに、休養を挟んでローカルの平坦コースも考えて行きたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ハナへ行った方が良さそうということで、距離を延ばしてここへ使ってきたロードダヴィンチ。木幡巧Jは調教師の指示どおりにハナを奪いに行きましたが、残念ながら勝ち馬の方が速かったですし、ハナは譲らないという気合を感じる程。ダヴィンチ&木幡巧Jはもう少し抵抗しても良かったのかもしれませんが、リズム重視に切り替えるのは妥当な判断だと思います。

道中の行きっぷり・走りはそれなりに余裕を持って対応出来ていたと思いますが、勝負どころからジワッとペースが上がると、ジリジリ置かれる形に。鞍上の叱咤激励に応えて1つギアを上げて欲しかったのですが、そういう余裕もなく、上位2頭との差は見る見る広がるばかり。3着争いではこの馬なりに頑張ってはいましたが、最後の急坂で持ちこたえることが出来ずに4着へ下がってしまいました。やはりこの距離は長過ぎたと思いますが、今回もパタッと止まらなかったことは評価できるでしょう。

レース後のダヴィンチですが、脚元等に異常は見受けられないも、スタミナ比べの1戦を走り切った相応の疲れ、それによる硬さが窺えるとのこと。優先権は確保しましたが、大きく落ち込む前に一息入れることに。元々、使い込んで良い馬ではありませんから、賢明な判断でしょう。今後もダ1800mよりは長目の距離(1900m~2100m)を選んでいくことになるでしょうが、喉の具合が良くなった今、改めて芝の中距離を試すことも視野に入れて欲しいなあと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アリーヴォ アンダープロット アンブロジオ アーモンドアイ イルデレーヴ エルスネル オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン クールキャット グランドサッシュ グレイシャーパーク サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジーナアイリス セラフィナイト ソレンニータ ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ドゥラモンド ナイトバナレット ノワールドゥジェ ハーツクリスタル バラキエル パラダイスリーフ パーフェクトルール ヒーズオールザット ピクシーナイト ピボットポイント フライングバレル ブライトクォーツ ブロードアリュール ベルエポック ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー ルージュセリーズ レインドロップス ロコポルティ ロードイヒラニ ロードエース ロードギガース ロードクエスト ロードクラージュ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードフェローズ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラスター ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル ヴェルトハイム 今週の出走馬 先週のレース結果 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアブソルート (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)インヘリットデール (引退)インペリオアスール (引退)ウォリアーズクロス (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)エレンボーゲン (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)シンプリーシャイン (引退)ジェラーニオ (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スイートウィスパー (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)フロントライン (引退)プルーヴダモール (引退)プレミアムギフト (引退)ベルフィオーレ (引退)マカリカ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロイヤルアフェア (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードアメイズ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードザナドゥ (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードラウレア (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴァンドール (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ