出資馬一覧

カテゴリー「ロードアメイズ」の41件の投稿

2017年11月 2日 (木)

来週のデビューが決まった矢先、右前脚に屈腱炎が判明。一旦、地方競馬に転籍した上で中央競馬の再登録を目指すことに。★ロードアメイズ

Photo_6 ロードアメイズ(牡・高野)父ディープインパクト 母グラシャスギフト

2017.11.02
追い切り後、右前脚に腫れ、熱感が認められます。エコー検査を受けたところ屈腱炎で全治9ヶ月以上の診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、一旦、地方競馬に転籍した上で中央競馬への再登録を目指す方針が決まりました。地方競馬での出走及び結果は分かり次第お伝えします。詳細は書面にてご案内を申し上げます。

○高野調教師 「11月2日(木)の朝、右前脚に腫れを確認。幾らか熱も帯びていました。念の為に検査を受けると屈腱炎との診断。さほど外見上は目立たぬものの、実際の損傷範囲が広くて度合いも大きく・・・。いよいよ来週デビュー・・・と出走プランを挙げた矢先。本当に申し訳ありません」

2017.11.01
11月1日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に53.5-39.3-25.7-12.7 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒2先着。短評は「坂路コースで入念」でした。11月12日(日)京都・2歳新馬・混合・芝1800mに予定しています。

○高野調教師 「11月1日(水)は相応の動き。タイムも出ています。ここまで十分な調教量も消化。態勢が整いつつある印象です。次週の京都に組まれる芝1800m戦を本線に。ジョッキー等の兼ね合い次第では、東京を含めて他のレースへ回るかも知れません」

≪調教時計≫
17.11.01 助手 栗東坂良2回 53.5 39.3 25.7 12.7 強目に追う ショウナンサリュー(古馬500万)一杯に0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューへ向けて、乗り込みを続けていたロードアメイズ。徐々に動けるようになってきて、1日は坂路で水準以上の動き・時計を披露。これを受け、来週の京都・芝1800mを本線にデビューすることが決まりました。実戦の芝で更に良さが出そうな馬なので、楽しみがホント増していたのですが…。

何気に本日のUPDATEをクリックしたところ、右前脚に屈腱炎発症の知らせとは…。正直、呆気に取られてしまいました。まさかのこのタイミングですからねえ。タラレバですが、ゲート試験に合格したタイミングでリフレッシュさせて欲しかったです。

今後は一旦地方競馬に籍を移して、JRAの再登録を目指すことに。診断では全治9ヶ月以上とのことですが、高野師のコメントから推測すると、幹細胞手術を行って順調に回復しても1年半ぐらいは掛かりそう。実際、JRAの再登録が叶う可能性は0に近いように思います。

ここ数週、2歳馬の勝ち上がりが増えてきて、良い流れだなと思っていたのですが、この世代の期待馬の1頭・ロードアメイズがこういうことになってしまうとは。骨折なら気楽に待てるのですが…。ホント、残念と言うしかありません。

2017年10月31日 (火)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・未出走組)

Photo_6 ロードヴォラーレ

10月25日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に60.5-44.5-28.4-13.7 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒1追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○中内田調教師 「10月25日(水)に時計を出したものの、馬場が悪くて思うように動けず・・・。これではジャッジが難しいですね。日を改めて再び速いペースで行く予定。このままレースまで向かえるか否か・・・。そこでの感触も含めて判断したいと思います」

≪調教時計≫
17.10.25 助手 栗東坂重1回 60.5 44.5 28.4 13.7 馬なり余力 グレイトパール(古馬オープン)馬なりを0秒1追走同入
17.10.26 助手 栗東坂稍1回 62.2 45.7 29.2 14.4 馬なり余力

Photo_6 ロードアメイズ

10月25日(水)重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.3-70.2-55.3-40.7-12.4 7分所を末強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒5追走して首先着。短評は「順調に乗り込む」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「10月25日(水)もウッドで併せました。自分から進んで行く感じとは異なり、抜け出してからフワッとする場面も。馬体も幾らか頼りなく、心身共に幼い印象です。初戦から勝ち負け・・・を求めたい気持ち。出走プランは慎重に判断しましょう」

≪調教時計≫
17.10.25 川 須 栗CW重 86.3 70.2 55.3 40.7 12.4 末強目追う タレンティドガイ(2歳未勝利)一杯の内0秒5追走4F併首先着

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「栗東の坂路はチップが深く、最初は幾らか走り辛そうに。でも、少しずつ慣れて来ました。10月25日(水)はゲート練習へ。枠内でも大人しいですね。一方、まだ扉を開けても反応が今一つ。スタートに関しては今しばらく反復が必要でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴォラーレはこの馬なりに順調に来ていますが、速いところは今週の週中以降に。そこでどういう動きを見せてくれるか楽しみにしたいです。

アメイズは上がり重点で追い切ったこともあり、25日のCWコースで上がり12秒4をマーク。着実に良化しているように思いますが、その一方で心身の幼さをまだまだ残しています。デビュー戦についてはまだ示されていませんが、この厩舎なら京都よりも東京へ連れていく可能性が高いかも。ピボットポイントのように結果は二の次で早目に実戦を経験させるのも有りかと思います。

ザナドゥはやや体力不足かなと思いますが、ゲートに関しては練習を重ねていけば良くなっていきそう。ただ、短距離馬なのでダッシュ力は備わって欲しいです。

2017年10月22日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組)

Photo アンブロジオ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで18日に時計
・次走予定:10月28日の東京・芝1600m(C.ルメールJ)

菊沢隆師「18日に南Wコースで時計を出しました。アンブロジオが追走し、最後は外を回って同入という内容でした。馬場が重かったのでパワータイプではないこの馬にとってはしんどい条件でしたが、それを考えるとよく動けていたと思いますし、息遣いも帰厩後一本目にしては悪くはありません。心配していたテンションの方も、帰厩して2、3日はチャカチャカしたところ見せていましたが、今は他馬を先導できるくらいで、とてもお利口ですよ。飼い葉も食べてくれていますし、今の感じを維持しながら来週のレースに向けて調整を進めていきたいですね」(10/6近況)

調教師 18南W稍 55.4- 40.0- 13.4 馬なり余力 ミッキーポジション(新馬)馬なりの外同入

Photo_6 ロードアメイズ

10月18日(水)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.2-66.6-52.3-38.9-13.4 6分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒4追走して0秒7遅れ。短評は「順調に乗り込む」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「10月18日(水)は全体で約83秒。馬場が重かったのも考えれば相応の時計だと思います。通常ならばデビューを検討できるレベルながら、これだけの血統馬だけに中途半端には使えぬところ。更なる上昇を求めて今しばらく本数を重ねましょう」

≪調教時計≫
17.10.18 助手 栗CW稍 83.2 66.6 52.3 38.9 13.4 一杯に追う ディープベイ(古馬500万)一杯の内0秒4追走0秒7遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の東京で2戦目を迎えるアンブロジオ。初めての美浦トレセンでテンションが上がることを心配しましたが、1度実戦を経験したことが良い方に出ているのか今は落ち着いて調教へ臨めている様子。帰厩後の初時計となる18日のWコースでの追い切りはマズマズの動きを見せてくれているので、この雰囲気をレース当日まで維持してもらえればと思います。

ロードアメイズは一旦放牧に出して成長を促すことを視野に入れていましたが、引き続き在厩しての調整を続けています。18日の追い切りは初めてCWコースでの併せ馬を敢行。外のディープベイが先行し、アメイズが真ん中を追走。ロードラナキラがその内で更に2頭を追走する形だったようですが、最後は脚が上がり気味。馬場も重たかったみたいなので仕方ないでしょう。まあ、それでもビシッとやられた効果はあるでしょうし、ひと追い毎に動けるようになってくる筈。次開催の京都or東京でデビューすることになるでしょうが、自信を持ってレースへ挑めるレベルまで達してからGOサインを出して欲しいです。

2017年10月13日 (金)

ロードなお馬さん(2歳入厩組・デビュー予定未)

Photo_6 ロードヴォラーレ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。環境の変化に対しても段々と慣れて来ており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○中内田調教師 「ヤンチャな面は目立たぬように。環境にも慣れて来たのでしょう。ただ、性格を考慮。幾らか時間を要してでも、この馬自身のペースで進めるのがベターですね。現在はゲート中心。早ければ来週ぐらいには試験を受けられるかも知れません」

Photo_6 ロードアメイズ

10月11日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.2-39.3-25.6-12.5 末強目に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒2追走して首先着。短評は「坂路コースで入念」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「10月11日(水)はマズマズ動けていた感じ。背中を含めて全体的に頼りなさが残るものの、ここまで対応できるのは能力の証だと思います。これから更に良化を遂げそうな印象だけに、放牧へ出して成長を促すのも一案。慎重に判断しましょう」

≪調教時計≫
17.10.11 助手 栗東坂良2回 54.2 39.3 25.6 12.5 末強目追う タイキサターン(2歳新馬)一杯を0秒2追走首先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走・デビューの予定が決まっていない2頭(入厩組)の近況をまとめて。

アクシデントが続いたヴォラーレですが、ようやくトレセンの環境に慣れてきた様子。ただ、いつスイッチが入るか分からないので油断は出来ません。1つ1つ丁寧に教え込んでいってもらえればと思います。ゲートに関しては、今のところ問題なさそうです。

先週4日の坂路での追い切りから時間が掛かりそうな印象だったアメイズですが、11日の坂路は及第点の時計をマーク。良いラップを刻んでいますし、最後1ハロンは強め程度で先着。坂路2本追いで体力的に厳しい中ですから評価できると思います。今後については一旦放牧に出して、デビューへ向けて万全を期す形を取るかも。個人的には結果は二の次で早目にレースを経験させた方が良いのかなと見ています。まあ、厩舎の方針におまかせです。

2017年10月 8日 (日)

JRAの競走馬登録が完了。追い切りを重ねていってピリッとしてきて欲しい。☆ロードアメイズ

Photo_6 ロードアメイズ(牡・高野)父ディープインパクト 母グラシャスギフト

10月4日(水)稍重の栗東・坂路コースで2本目に55.9-40.2-26.0-13.0 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒2先行して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「10月4日(水)は坂路で。初めてだけに目一杯とは違うものの、まだ十分には動き切れぬ感じでした。体調は良くて厩舎で調整を続ける予定ながら、出走プランを示すまでには更に本数が必要な印象。段階を踏んで一歩ずつ・・・かも知れません」

≪調教時計≫
17.09.24 助手 栗東坂良2回 58.2 42.3 27.2 13.2 ロックザボート(2歳新馬)馬なりを0秒2追走同入
17.10.01 助手 栗東坂良2回 58.5 42.6 27.9 13.7 馬なり余力 カワイアラ(古馬500万)馬なりと同入
17.10.04 助手 栗東坂稍2回 55.9 40.2 26.0 13.0 一杯に追う タイセイビビッド(2歳新馬)一杯に0秒2先行0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

JRAの競走馬登録が完了したロードアメイズ。一旦放牧に出すかこのまま厩舎で調整を続けるか未定でしたが、坂路で時計を出し始めているようにデビューを目指す方針のよう。ただ、素軽い走りで非力さが残るタイプなので、坂路の動きは一息。本数を重ねて慣れてくれば変わり身は見込めるでしょうが、そこまで達するには1ヶ月前後掛かるかな?

まあ、ここで焦っても何も良いことはないので、腰をじっくり据え、良くなってくるのを待ちましょう。坂路とCWコースを併用しながら鍛えていって欲しいです。

2017年10月 2日 (月)

28日にゲート試験に初挑戦。無事1発で合格しています。☆ロードアメイズ

Photo_6 ロードアメイズ(牡・高野)父ディープインパクト 母グラシャスギフト

9月28日(木)栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「最初からスタートは出られたものの、ちょっと駐立が怪しい感じでした。早々に縛り付けて矯正。9月28日(木)の試験で無事にゲート合格を果たしています。このままレースへ向かえるか否か・・・。数日間の様子を踏まえつつ判断しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先月20日に栗東・高野厩舎へ入厩したロードアメイズ。乗り込みと併行してゲート練習を行ってきましたが、28日にゲート試験に挑戦。無事1発で合格することが出来ました。

ゲート内での駐立に怪しい面があったようですが、この厩舎らしくゲート内で縛り付けて、観念させる手法を採用。これが効果を発揮したようですが、デビュー前にはもう1度ゲートから出すなど練習をしてレースへ臨んでもらいたいです。

今後についてはこのままデビューを目指すのか一旦放牧に出して乗り込むのかは未定。個人的には少し調教を進めて見て、その動きを判断してから今後の方針を決めても良いのかなと思います。

2017年9月24日 (日)

20日に栗東・高野厩舎へ入厩しています。☆ロードアメイズ

Photo_6 ロードアメイズ(牡・高野)父ディープインパクト 母グラシャスギフト

2017.09.21
9月20日(水)に栗東・高野友和厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○高野調教師 「準備OK・・・との報告を受けて9月20日(水)に厩舎へ。輸送熱等にも見舞われず、無事に到着を果たしています。ある程度の状態までは伝え聞いているものの、実際に本馬に触れるのは今回が初めて。特徴を把握しながら進めて行きましょう」

2017.09.19
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。9月20日(水)に栗東・高野友和厩舎へ入厩の予定です。

○当地スタッフ 「この中間に70-40程度の時計を出し、ラストは12秒台前半を記録しました。非常に素軽いフットワーク。牧場レベルでは万全でしょう。9月19日(火)に馬運車が迎えに来るスケジュール。出発に備えて直前は軽目のメニューへ切り替えました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集は締め切りになったとはいえ、入厩まで少し待たされることを覚悟していたアメイズですが、スムーズな流れで20日に栗東・高野厩舎へ。輸送熱に見舞われることなく、無事に到着しています。まずは新しい環境に慣らし、第一関門のゲート試験突破を目指すことになります。

精神面で幼く、幾らか繊細な面を持っているので、ゲート練習・試験にはちょっと手間取りそうな印象。ワガママにならないように厩舎で改めて厳しく躾けてもらいたいです。まだまだ2歳の9月。焦る必要はありません。

2017年9月13日 (水)

9月下旬の入厩がほぼ決定。まもなく募集締め切りに。☆ロードアメイズ

Photo_6 ロードアメイズ(牡・高野)父ディープインパクト 母グラシャスギフト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週はハロン15秒の稽古を2度消化。指示に対して的確な反応を示し、余裕を持って駆けていました。高野調教師と話し合い、9月下旬の入厩がほぼ決定。ディープインパクト産駒らしい柔らかさとバネを持っており、楽しみは増す一方だと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2016年募集馬No.11 グラシャスギフト'15(父ディープインパクト)は9月下旬に栗東・高野友和厩舎へ入厩の可能性がございます。ご出資のお申し込みは9月15日(金)午後5時で締切となります

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑さに悩まされてきたロードアメイズですが、だいぶ涼しくなって状態は上昇中。調教のレベルを高めてても、余力十分に対応できています。

この近況を受け、高野師と話し合った結果、9月下旬の入厩がほぼ決定。ズレ込んだとしても、10月頭には移動が叶っているでしょう。

2歳の僚馬ロードラナキラが楽しみな資質を示しました。血統背景から期待度はこちらの方が高いでしょうから、あとはそれにアメイズが応えることができるかどうか。ただ、心身に幼さを残しているので、経験を積みながら上昇を遂げてくれるかなと見ています。

2017年9月 7日 (木)

ロードなお馬さん(父ディープインパクト)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。9月1日(金)測定の馬体重は529キロ。

○当地スタッフ 「両トモの浮腫みは大分落ち着いた印象。ここ最近は幾らか涼しくなり、馬自身の様子も楽な感じに変わっています。時間の経過と共に活気が出始めただけに、脚元の状態が安定した段階で先に進めるつもり。引き続き、慎重なスタンスで臨みたいです」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。9月1日(金)測定の馬体重は486キロ。

○当地スタッフ 「小休止を挟んだ部分が功を奏し、具合は上向いています。ただ、少し前まで台風の影響で荒天だった為、15-15を見送る形。近日中に仕切り直す考えです。2、3本のタイムを記録した段階で、この先の大まかなプランを検討できるかも知れませんね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

暑い気候に苦労していた父ディープインパクトの2頭。風が涼しくなり、過ごしやすくなってきたので、状態は上向きに。

プレミアムはトモが浮腫みがちで無理は出来ませんでしたが、症状は落ち着き、馬にも活気が戻ってきました。まあ、今しばらくは普通キャンターに止めて、状態を見守る必要はあるでしょうが、状態に変わりがなければ、ピッチを上げていけるでしょう。

アメイズは早目に小休止することで夏負けの症状が尾を引かないに取り組んできましたが、その甲斐あって着実に良化中。先週末に速いところをやる予定こそ流れましたが、すぐに仕切り直しは出来るでしょう。そして調教を順調に重ねて行けば、入厩の声が届く筈。これから数週間、キツイ調教に対して奮闘して欲しいです。

2017年9月 1日 (金)

ロードなお馬さん(父ディープインパクト)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500mもしくはダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「暑さの厳しい日にはトモが浮腫みがち。無理を避けて先週は角馬場とダートを併用しつつ、緩み過ぎない程度のメニューにセーブしました。朝晩は過ごし易くなって来たとは言え、まだまだ夏らしい気候。本調子を取り戻すのはもう少し先でしょう」

Photo_6 ロードアメイズ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「暑い日が続いたこの中間に大量の汗を掻くなど、幾らか疲れた素振り。夏負けを起こして休養が長引かないように、先週は角馬場でのハッキングに止めてリフレッシュを図りました。8月28日(月)に改めてダートへ。今週末には時計を出しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは暑さが増すと、トモが浮腫みがちに。涼しくなるまで無理は出来ませんし、手術した喉に悪影響を及ぼしてなければ良いのですが…。時間を掛けて立て直してもらいたいです。

アメイズもプレミアム同様に暑さに苦労して幾分クタッと。ただ、この時季なので汗をかくこと自体は悪くないと思います。今しばらくは無理のない範囲の調教に止め、活気が戻れば、入厩を意識した攻めの調教へと移行していって欲しいです。9月中に入厩できるようにお願いします。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ