出資馬一覧

カテゴリー「ロードザナドゥ」の36件の投稿

2017年11月13日 (月)

ロードなお馬さん(2歳・ロードカナロア産駒)

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだゲートからの発進に対して不慣れな面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「11月8日(水)もゲートへ。練習を重ねているものの、どうもスタートが今一つです。馬体に問題は見当たらぬ状況ながら、まだ全体的な緩さが残る感じ。一気に進めると反動が出そうな印象だけに、ある程度じっくり取り組みたいと思います」

Photo_6 ロードダヴィンチ

11月8日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン64.6-50.8-37.4-12.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒6先行して同時入線。短評は「楽に好時計」でした。11月19日(日)東京・2歳新馬・混合・芝1800mに戸崎騎手で予定しています。

○田代調教助手 「11月8日(水)は軽く気合いを付けてラスト12秒0を記録しています。徐々に反応が良化。まだ息遣い等に上昇の余地は残すものの、ジワジワと上向いているのは確かでしょう。このまま順調に運べば、予定通り次週にデビューを果たせそう」

≪調教時計≫
17.11.08 岩 田 栗CW良 64.6 50.8 37.4 12.0 馬なり余力 ガリバルディ(古馬オープン)馬なりの外0秒6先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ザナドゥは引き続きゲート練習中心の日々。体力面で劣っているので、トントン拍子には行きません。また、ゲート試験に合格した後、球節とかに疲れがドッと出ることも避けねばなりません。時間が掛かるならリフレッシュ期間を設けて、馬体のメンテナンスを行ってもらいたいです。

これまで追い切りで動き切れない感じだったダヴィンチですが、8日はそれを一変するような動き。重賞勝ち馬のガリバルディに余裕十分に食らい付いています。このひと追いで更に上昇するでしょうし、週中にもう1本負荷を掛ければ、態勢は整うでしょう。本当は1度使った方が良い馬かもしれませんが、恥ずかしい競馬にはならないと思います。

2017年11月 4日 (土)

JRAの競走馬登録が完了。引き続きゲート練習中心のメニューを消化しています。☆ロードザナドゥ

Photo_6 ロードザナドゥ(牡・橋田)父ロードカナロア 母シンメイフジ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。環境の変化に対しても段々と慣れて来ており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「11月1日(水)もゲート中心。重点的にスタートを練習しています。まだ理解し切れていない感じ。なかなかスッと出て行けませんね。おっとりした性格。もう少し前向きさが欲しい印象ながら、調教のピッチが上がるに連れて変わるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新着POG馬紹介(netkeiba.comより)

ロードザナドゥ(牡 栗東・橋田満 父ロードカナロア、母シンメイフジ)

3代母シンコウラブリイはマイルCS(G1)など6つの重賞を制覇し、2代母レディミューズはチューリップ賞(G3)2着馬で、母シンメイフジは新潟2歳S(G3)と関東オークス(Jpn2)の覇者と、この牝系は代々優れた資質を伝えている。父ロードカナロアは現在、ファーストシーズンサイアーランキングで首位を独走中。初年度の10月終了時点でJRA22勝は、ディープインパクトの20勝(2010年)を上回るハイペース(率はディープのほうが上)。ディープインパクトは最終的に41勝まで数字を伸ばしたので、ロードカナロアもその域に達する可能性は大いにある。

2代母レディミューズはHyperionを豊富に含んでおり、その多くはSon-in-Lawとセットの血(Swaps、Imitation、Forli、Abernant、Aureole)。父ロードカナロアはGraustark=His Majesty 6×4が配合的骨格のひとつで、その母Flower BowlがHyperionとSon-in-Lawの組み合わせから成る血なので、同じ組成の血を母方に豊富に持つ本馬の配合は大物感を感じさせる。半姉と半兄はいずれも未勝利馬だが、この馬は違うのではないか。芝向きのマイラーだろう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この度の競走馬登録で晴れてJRAの一員となったロードザナドゥ。まだ時計になるところは乗っておらず、ゲート練習中心の日々を送っています。

ゲートでの一連の流れを嫌がるような素振りはないのですが、ダッシュが一息。トモに緩さが残るのも影響しているのでしょうが、良い意味でスイッチが入っていません。また、丹念に練習を重ねるのは良いのですが、トモに疲れが出ないように十分気を配ってもらいたいです。

2017年10月31日 (火)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・未出走組)

Photo_6 ロードヴォラーレ

10月25日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に60.5-44.5-28.4-13.7 馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒1追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○中内田調教師 「10月25日(水)に時計を出したものの、馬場が悪くて思うように動けず・・・。これではジャッジが難しいですね。日を改めて再び速いペースで行く予定。このままレースまで向かえるか否か・・・。そこでの感触も含めて判断したいと思います」

≪調教時計≫
17.10.25 助手 栗東坂重1回 60.5 44.5 28.4 13.7 馬なり余力 グレイトパール(古馬オープン)馬なりを0秒1追走同入
17.10.26 助手 栗東坂稍1回 62.2 45.7 29.2 14.4 馬なり余力

Photo_6 ロードアメイズ

10月25日(水)重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.3-70.2-55.3-40.7-12.4 7分所を末強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒5追走して首先着。短評は「順調に乗り込む」でした。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○高野調教師 「10月25日(水)もウッドで併せました。自分から進んで行く感じとは異なり、抜け出してからフワッとする場面も。馬体も幾らか頼りなく、心身共に幼い印象です。初戦から勝ち負け・・・を求めたい気持ち。出走プランは慎重に判断しましょう」

≪調教時計≫
17.10.25 川 須 栗CW重 86.3 70.2 55.3 40.7 12.4 末強目追う タレンティドガイ(2歳未勝利)一杯の内0秒5追走4F併首先着

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「栗東の坂路はチップが深く、最初は幾らか走り辛そうに。でも、少しずつ慣れて来ました。10月25日(水)はゲート練習へ。枠内でも大人しいですね。一方、まだ扉を開けても反応が今一つ。スタートに関しては今しばらく反復が必要でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴォラーレはこの馬なりに順調に来ていますが、速いところは今週の週中以降に。そこでどういう動きを見せてくれるか楽しみにしたいです。

アメイズは上がり重点で追い切ったこともあり、25日のCWコースで上がり12秒4をマーク。着実に良化しているように思いますが、その一方で心身の幼さをまだまだ残しています。デビュー戦についてはまだ示されていませんが、この厩舎なら京都よりも東京へ連れていく可能性が高いかも。ピボットポイントのように結果は二の次で早目に実戦を経験させるのも有りかと思います。

ザナドゥはやや体力不足かなと思いますが、ゲートに関しては練習を重ねていけば良くなっていきそう。ただ、短距離馬なのでダッシュ力は備わって欲しいです。

2017年10月21日 (土)

19日に栗東・橋田厩舎へ入厩しています。☆ロードザナドゥ

Photo_6 ロードザナドゥ(牡・橋田)父ロードカナロア 母シンメイフジ

2017.10.19
10月19日(木)に栗東・橋田満厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○橋田調教師 「順調に乗り込めていた様子。上手く馬房の調整が付いた10月19日(木)に厩舎へ連れて来ています。左トモに幾らか甘さが残る・・・との特徴は聞いており、そのあたりを確認しつつ少しずつ進めて行く方針。まずは実際に感触を確かめましょう」

2017.10.17
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。10月19日(木)に栗東・橋田満厩舎へ入厩の予定です。

○当地スタッフ 「先週半ばにハロン15秒を切るタイムを記録した際も無難に対応。ハミの取り方が良く、前向きさも十分です。オンとオフがハッキリしている点はロードカナロア産駒らしい部分かも。10月18日(水)にトレセンへ出発するプランが固まっています」

2017.10.13
10月下旬もしくは11月上旬に栗東・橋田満厩舎へ入厩の可能性がございます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同時期に千葉へ移動してきた僚馬2頭(アズライト・アンノウン)は一足先に募集締め切りとなりましたが、ザナドゥは10月中と言うよりは晩秋に移動する可能性が高いということで早くて11月頃の入厩をイメージしていたのですが、13日に入厩による募集締切のアナウンス。

まあ、それでも実際の入厩は早くても今月下旬だろうと見ていたら、募集が締め切られた17日に今度は入厩の予定が示されることに。このトントン拍子の流れに驚いていたのですが、19日には栗東・橋田厩舎に入厩しています。

運も実力の内で、この良い流れにスイスイ乗っていって欲しいところですが、意識的にゆっくり進められてきた背景があるので、まずは厩舎でもコツコツ乗り込んで鍛えて欲しいです。トモの緩さ・甘さに関して、当面上手に付き合っていく必要があるので、まずは怪我をしないことを最優先してもらいたいです。

2017年10月11日 (水)

ロードなお馬さん(2歳・牧場組)

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。10月5日(木)測定の馬体重は510キロ。

○当地スタッフ 「計画通りに進行。10月4日(水)に15-15を実施しました。トラックで時計を出すパターンにもすっかり慣れたようで、始めた当初に比べて随分と素軽さを増している印象。順当にコンディションも上向いており、この調子で更に鍛錬を積みます」

Photo_6 シグナライズ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「メニュー自体は先週と同じ。そう遠からずに移動の段取りが組まれる見込みだけに、このまま無理の生じぬ範囲で乗り続ければ大丈夫でしょう。体調面に関して問題は無し。見た目には大きく変わらぬものの、飼い葉も普通に食べていますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ザナドゥは定期的に15-15を実施。最初は大きなトラックに戸惑いを見せていましたが、今はすっかり慣れ、動き自体も素軽さを増したとのこと。同期の馬と比べると育成は遅れていますが、この馬なりに頓挫なく来ているのは何より。今後もまずは怪我なく進めて欲しいです。

シグナライズは普通キャンターで乗り込み中。速い調教はテンションを高めるだけなので控えて、声が掛かるまでリラックス重視で進めてもらえればと思います。

2017年10月 5日 (木)

黙々と調教メニューをを消化・強化できているも、移動は早くて11月頃になりそう。☆ロードザナドゥ

Photo_6 ロードザナドゥ(牡・橋田)父ロードカナロア 母シンメイフジ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「仕上がり具合を考慮すると、10月中と言うよりは晩秋に移動する可能性が高そう。勿論、この先の良化度合いや厩舎側との意見交換によって多少は前後すると思います。9月30日(土)はラスト1ハロンを13、14秒台までスムーズに加速しました」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2016年募集馬(2015年産2歳馬)の出資申込受付は2017年10月31日(火)で終了となります(11月1日(水)以降のお申し込み無効となります)。ご検討を宜しくお願い申し上げます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

同時期に千葉へ移動してきたロードアズライト・ロードアンノウンに入厩警報が発令されましたが、ザナドゥには声が掛からず。ただ、現2歳は10月末までの募集となるので、まもなく募集締切が待っています。

この中間の調整もひとまず順調。ラストを少し伸ばす形でも難なく対応。入厩予定が出た2頭と比較すると、見劣っていないと思うのですが、晩秋の移動ということなので、11月頃の入厩を視野に入れているのでしょう。まあ、まだまだ牧場で鍛える余地が残っているということで前向きに捉えたいと思います。

ケイアイF産のロードカナロア産駒で初勝利を挙げたダノンスマッシュに負けてはいられません。

2017年9月27日 (水)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○千田調教師 「京都3週目のマイル戦を考えています。同日の新潟にも同じ条件が組まれており、こちらへ回った方が相手関係には恵まれるかも知れません。一応、現時点では両睨みのスタンスで。スケジュールを逆算して、近日中にトレセンへ戻す予定です」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン15秒程度のタイムを記録。本数を積む毎に前向きな面が出ているのは好材料でしょう。現状は左トモに多少の緩さが感じられるとは言え、成長を遂げるに連れて変わって来ると思います。この調子で上昇カーブを描きたいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

早ければ先週末にも厩舎へ戻っているかなと思っていたイヒラニは現在もグリーンウッドに。ただ、復帰戦が京都の3週目ということでそろそろなのは間違いありません。真面目に走れない分、追走に余裕のあるマイルは合うかもしれませんが、集中力を高める工夫は必要だと思っています。

ザナドゥは与えられたメニューを淡々と消化中。本数を重ねることで着実に良化は遂げています。左トモにやや弱いところがあるようですが、若い内は上手に付き合っていく必要があるでしょう。10月中に入厩が叶うように良い流れに乗って進んでいってもらいたいです。

2017年9月21日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。週2回ほど強目の内容を課しており、近日中に更にペースを速める予定です。どうやら遠からずに移動の段取りが組まれそう。ある程度の状態には達しており、いつ声が掛かっても対応は可能だと思います」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この中間に15-15を実施。同時期に北海道から移った牡馬3頭で併せる格好でした。規模の大きなトラックで時計レベルを行なうのは初めてで、幾らか戸惑い気味。一定の頻度で同様のパターンを繰り返しつつ、しっかりと慣れさせようと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは帰厩を睨み、ハロン15秒よりも更に踏み込んだペースで負荷を高める模様。コメントのニュアンスだと早ければ今週末にも厩舎へ戻りそう。

ザナドゥは北海道でコツコツ乗り込んだきたことで下地はそれなりにしっかり。ただ、ロード馬らしく精神面の幼さを残しています。本数を重ねていって、操縦性の高さを褒められるようであれば嬉しいのですが…。

2017年9月15日 (金)

ロードなお馬さん(2歳・千葉ケイアイF組)

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「定期的に強目のトレーニングを重ねる形。ゲート練習ではスムーズな対応を見せており、精神面も安定していますよ。月内の移動へ向けて一層の良化を叶えたいところ。声が掛かった段階で送り出せるように、しっかりと準備を整えておきましょう」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「ダートへ足を運んでからも大きな問題は無し。質、量共に強化を図っており、ハロン17、18秒のキャンターも交えています。それなりに力強さが感じられるフットワーク。体力面は足りている印象を受けるだけに、近日中にタイムを出すつもりです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

募集締め切りのアナウンスを受け、最終的に満口に到達したヴォラーレ。ゲート練習を行うなど入厩を意識した調整を続けています。ピリピリせずに落ち着いているのは○。オーバーワークには十分気をつけながらも、厩舎で進めることができる体力づくりを進めてもらいたいです。

ザナドゥはダートコースへ連れ出され、普通キャンターまで進めることが出来ています。今のところ特に気掛かりな点は見当たりません。じっくり進めてきた甲斐があって、体力面は大丈夫そう。更に踏み込んだ調教を行っていて、どう変わってくるか…。楽しみにしたいです。

2017年9月 7日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「段々と集中して稽古へ臨めるように。一癖を持っていた兄姉と比べれば扱い易いかも知れません。週1回の割合で強目のトレーニングを開始。もう少し踏み込んだ内容を・・・との指示が届いており、これから更にピッチを上げようと思います」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。9月1日(金)測定の馬体重は465キロ。

○当地スタッフ 「この中間もハロン15秒のラップを刻み、終いに14秒台まで加速。こちらのダートでも余裕を持って駆けるなど、確かな成長が窺えます。最近の充実振りを踏まえて中内田調教師と意見を交えた結果、遠からずに栗東へ向かうプランが浮上しました」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。

○当地スタッフ 「先週末に北海道から移動。輸送熱等の症状は生じておらず、飼い葉を普通に食べています。具合が安定している部分を踏まえ、9月4日(月)より跨り始める形。ひとまずはハッキング程度で様子を探りつつ、少しずつピッチを速めて行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニは週1回速いところを消化するメニューへ。心身の成長を促しながら、牧場でもしっかり攻めていくことになっています。良いモノは持っているだけに真面目に走ってくれるようになれば…。その為にも普段の調教から真面目に取り組ませるようにお願いします。

ヴォラーレはまもなく募集終了。攻めを強化していっていますが、問題なく対応できているのは何より。この馬なりに体力が備わってきた証拠ですし、完全に軌道に乗ってきたと思います。この調子を維持して入厩へと繋いで欲しいです。

ザナドゥは無事千葉へ到着。体温の上昇・カイ食いが落ちた等の悪い報告はありません。そして4日から角馬場で騎乗運動を開始。まずは具合を確かめ、調教メニューを組んでいってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ