最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ロードヴォラーレ」の77件の投稿

2018年8月14日 (火)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。左瞼の傷腫れは段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、当初のプランを変更して8月26日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝1800mに予定しています。

○橋田調教師 「治療を終えて馬場入りは再開したものの、馬体に幾らか緩みが感じられる印象。3日ほど調教を休みましたからね。中途半端な状態で競馬へ向かっても、望むような結果は得られぬはず。次に1800m戦が組まれる5週目へ向けて準備しましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

8月8日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.6-39.1-25.3-12.5 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒6先行して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。8月19日(日)小倉・3歳未勝利・混合・ダ1700mに荻野極騎手で予定しています。

○中内田調教師 「8月8日(水)は及第点を与えられる内容。集中して走れていた印象です。ブリンカーを装着すると道中でハミを噛み過ぎる心配も。それだけに次走へは外して臨もうかな・・・と考えています。十分に態勢が整いそう。来週を予定しましょう」

≪調教時計≫
18.08.08 荻野極 栗東坂良1回 53.6 39.1 25.3 12.5 一杯に追う フロンティア(古馬オープン)馬なりに0秒6先行同入

Photo_6 プレミアムギフト

8月8日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に54.9-40.0-25.6-12.5 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒1追走して0秒2遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。2回新潟もしくは4回阪神を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「8月8日(水)に刻んだラップも示す通り、段々と走りにメリハリが利くように。先週との比較でも随分と良化していると思います。広いコースが合いそう。新潟で使うか阪神開催まで待つか・・・。いずれにせよ今しばらく本数を重ねましょう」

≪調教時計≫
18.08.08 川 須 栗東坂良2回 54.9 40.0 25.6 12.5 一杯に追う ショウナンラーゼン(古馬500万)一杯を0秒1追走0秒2遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左瞼の傷腫れの為、3日ほど調教を休むことになったザナドゥは先週末のレースへの出走を自重。休んだことで緩みが感じられることから1度仕切り直すことになりました。追い切りは10日から再開できているので、あと2本ビシッとやれば、まずまずの状態で出走できるのかなと思います。

ヴォラーレは小倉ダ1700mで未勝利脱出を狙っていますが、8日の追い切りでは関屋記念に出走したフロンティアと併せ馬を敢行。貫禄の違いを見せられて圧倒された感じですが、最後まで食い下がることが出来たのは○。順調に仕上がっているとのジャッジで今週末の出走を予定しています。鞍上は引き続き荻野極J。今回は追い切りにも乗ってくれているので、一癖あるヴォラーレを手の内に入れてもらいたいです。

プレミアムギフトは順調に追い切りを重ねていますが、併せ馬で先着は出来ていません。それは馬体に芯が入ってなく、モタモタした面が窺えるからでしょう。ただ、ひと追い毎に良くなっているのは確かなので、これからの動きに改めて期待・注目していきたいです。

2018年8月 6日 (月)

1日に帰厩。今後は小倉・ダ1700m戦を狙っていくことになりました。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

2018.08.01
8月1日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2回小倉に組まれたダ1700m戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○中内田調教師 「約2週間での帰厩は当初の予定通り。8月1日(水)に再びトレセンへ戻しています。次走プランに関して検討。今度は小倉のダ1700mを狙う方針です。まずは実際に跨って具合をチェック。仕上がりを見ながら目標を絞り込みましょう」

2018.07.31
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター1500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。8月1日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「どうやら脚元は大丈夫そう。そんな様子を踏まえて徐々に調教レベルを高めています。先週末には15-15も実施。7月31日(火)にも同等の内容を課して、8月1日(水)に厩舎へ向かう予定です。このまま無事に送り出せれば・・・でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走6着後、千葉・ケイアイファームではなく栗東近郊の滋賀・グリーンウッドで調整されていたロードヴォラーレ。幾らかソエを気にする素振りを見せていましたが、大きな問題には至らず。速いところも問題なくこなし、1日に栗東・中内田厩舎へ戻っています。

今後は目先を替えて、小倉・ダ1700m戦への出走を予定。芝だと節を必要としますし、ここ2走の走りは明らかにキレ負け。母はダートで結果を残しましたし、オルフェーヴル産駒もダート替わりで変身する馬がチラホラ。馬格がないのがどうかですが、非力という感じではないので…。次走までに1度ダートでの走りを確認してもらえればと思います。

2018年7月30日 (月)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・北海道組)

Photo_6 ロードイヒラニ

三石・ケイアイファーム在厩。引き運動15分。

○当地スタッフ 「先週と比べて良くも悪くも大きな変化は無し。色々と策は講じているものの、なかなか歩様が改善されずに・・・。数日間の休養を挟み、現在は引き運動に。今後も獣医師のチェックを継続しながら、まずは原因究明に努めたいと思っています」

Photo_6 ロードヴァンドール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この1週間で馬体重が10キロのプラスを示しました。調教内容や飼い葉の量は据え置いたまま。身に付いている様子からも、体調が上向きなのかも・・・。いずれにせよ時間に余裕が持てる状況。今しばらくはメリハリを利かせつつ行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

蹄は状態は落ち着いているも、歩様が改善されてこないイヒラニ。休養・軽めの運動で様子を窺っていますが、まだ原因が掴めていない様子。改めてレントゲン検査を行い、骨折等の怪我がないか調べてもらいたいです。

夏負けの症状が窺えたヴァンドールですが、普通キャンターを乗り込みながら10キロの馬体増。これは良い傾向だと思います。一時期の苦しいところは抜けたのかもしれません。ただ、まだ安心は出来ませんので、ヴァンドールの日々の様子に注意しながら現状のメニューをもう少し継続してもらえればと思います。

2018年7月26日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・本州牧場組)

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「ウォーキングマシン内の歩行運動を続けています。与えた飼い葉をしっかりと平らげているのは好材料。今のうちにボリュームアップを図る方向で取り組み、そのプラン通りに数字も徐々に増えて来ました。8月に入ったあたりで跨り始めたいです」

Photo_6 ロードヴォラーレ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「3歳未勝利の立場なのを踏まえ、すぐに騎乗トレーニングを開始。既に坂路へも連れ出しています。歩様に影響は認められぬものの、触診に対して幾らかソエの反応。中内田先生にも意見を仰ぎながら、今後の進め方を検討して行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

エースは引き続きウォーキングマシンのみの運動。もう少し暑さが和らいでから騎乗運動を開始する方針です。まずはカイバをしっかり食わし込んで馬体のボリュームアップに専念してもらえればと思います。

ヴォラーレはソエの症状が伺えるも、未勝利の身なのでのんびり構えることは出来ません。すぐに使っていけるように放牧先をグリーンウッドにしてのでしょうし。必要とあれば焼烙治療を施してもらえればと思います。また、直線で伸び切れないのが1つネックなので、相手関係の落ちるダートに矛先を向けるのもありだと見ています。

2018年7月19日 (木)

手応え十分に最後の直線へ。あとは追われて伸びるだけでしたが、外から並び掛けられ前へ出られるとフワッとして集中力を欠いた感じに。巻き返す脚は残っておらず6着に敗れる。★ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

7月14日(土)中京7R・3歳未勝利・混合・芝1600mに荻野極Jで出走。16頭立て5番人気で8枠16番からスローペースの道中を6、4、2番手と進み、直線では外を通って0秒5差の6着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分34秒5、上がり34秒9。馬体重は4キロ減少の432キロでした。

○中内田調教師 「ブリンカー着用の効果も手伝って、これまでと比べて道中の行きっぷりは良化。馬群に入るよりは外枠も良かったかも知れませんね。上々の雰囲気で直線へ向いたものの、そこから思ったよりも伸び切れずに・・・。キレ負けなのか、中1週が響いたのか・・・。残念。レース後の様子を確認してから新たなプランを検討させて下さい」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。ある程度の間隔を開けないと出走が難しい状況を踏まえた上で今後は7月19日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して2回小倉でのレース出走へ向けて態勢を整えます。

○中内田調教師 「まだ若干ソエっぽさは残るものの、時間が経てば落ち着きそうな感じ。ただ、5着を外してしまっただけに・・・。次走までには恐らく相応の間隔が必要でしょう。2週間程度の予定で、トレセン近郊の牧場へ。小倉開催に備えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今回もゲートは遅かったですが、ブリンカー装着+大外枠ということでスッと揉まれない位置をキープして競馬をすることが出来たロードヴォラーレ。4角を回ってくる時は雰囲気が良く、手応えもありました。あとはキッチリ伸びて、後続の追撃を封じるのみだったのですが…。

いざ追い出されてからの伸びが案外。早目に外からブレイニーランに並び掛けられたのが響いたのか抵抗できずに前へ出られると、少しフワッとした感じに。巻き返す脚は残ってなく、5着以内を確保できなかったのはショックでした。道中、気分良く行き過ぎたのかな? 序盤は折り合いに専念し、外から被せられないようにしないとダメなのかな? 素質はあると思うのですが、気性面の難しさが1戦ごとに顕著になってきているのが悩ましい限りです。

レース後のヴォラーレですが、若干ソエっぽいも、深刻という感じではありません。適切な処置をして時間が経てば大丈夫でしょう。ただ、優先権を逃してしまったので間隔を空けないと芝のレースには使えません。18日に千葉のケイアイファームではなく、栗東近郊のグリーンウッドへ放牧に出ています。

2週間程度の予定ということでソエ・馬体の回復に専念するだけになりそうですが、先入観なく見てもらうことで、ちょっとしたことでも次走に繋がる発見があれば嬉しいのですが…。

2018年7月14日 (土)

馬群に入るとフワッとするので大外枠は歓迎。真面目に走ってくれれば能力は足りる筈。集中力アップに着用するブリンカーが利き過ぎなければ良いのですが…。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

7月14日(土)中京7R・3歳未勝利・混合・芝1600mに荻野極Jで出走します。7月11日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン80.8-66.8-53.6-40.8-13.6 9分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「引っ掛かる」でした。なお、ブリンカーを装着します。発走は13時25分です。

○中内田調教師 「出張中で7月11日(水)の動きを直接は見ていません。でも、無事に追い切りを終えた様子。具合は平行線・・・と言った感じでしょう。予定通り今週のレースへ。勝ち上がる力は秘めているだけに、気難しさを出さずに集中して走れれば・・・」

≪調教時計≫
18.07.11 助手 栗CW良 80.8 66.8 53.6 40.8 13.6 馬なり一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京5日目(07月14日)
7R 3歳未勝利
サラ 芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走13:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サウンドガバーナ 牡3 56 松若風馬
1 2 アトミカ 牝3 54 武豊
2 3 クーファウェヌス 牝3 54 秋山真一郎
2 4 マイネルルティレ 牡3 56 国分優作
3 5 タレンティドガイ 牡3 54 川又賢治
3 6 メイショウココロ 牝3 54 松山弘平
4 7 ナムラユッキー 牝3 54 酒井学
4 8 イリアンソス 牝3 54 太宰啓介
5 9 ディアブライド 牝3 54 幸英明
5 10 ガナドゥール 牡3 56 M.デムーロ
6 11 ブレイニーラン 牡3 56 福永祐一
6 12 ソールライト 牡3 54 森裕太朗
7 13 シャドウノエル 牝3 54 鮫島克駿
7 14 シーアフェアリー 牝3 52 富田暁
8 15 ウインサクヤヒメ 牝3 54 和田竜二
8 16 ロードヴォラーレ 牡3 55 荻野極

○猿橋助手 「実戦では稽古で見せる気の悪さを出していない。ただ、他馬を気にする面があるようなので今回からブリンカー着用」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

良いモノを秘めているも、血統的に難しい面を抱えているロードヴォラーレ。毎回ゲートが遅いですが、二の脚は付くタイプ。容易にポジションをリカバーできるのですが、馬群に入るとフワフワしてしまい、集中力を欠いた走りに。行きっぷりが見た目にも悪くなります。それ故、馬群から離れた位置で折り合い、勝負どころで外目を動いていく形が合っているんじゃないかなと思うのですが、若手騎手の起用が続き、乗りこなすのがやっという感じ。レースを組み立てることが出来ません。スタートが良ければ、無理に控えずに逃げても良いのかもしれません。真面目に走ってくれれば、未勝利を勝つ力は十分ある筈です。

今回は前走から中1週でのローテ。詰めて使えるのは歓迎ですが、追い切りの動きは褒められたものではありません。操縦性の難しさを感じさせます。そういう中、他馬を気にする面があるということから今回はブリンカーを着用。集中力アップに効果はあるでしょうが、視界が遮られることでヴォラーレにパニックが生じる可能性も。ただでさえ操縦性が難しいのに抑えが利かなくなってしまうかもしれません。まずはチークピーシズ着用で様子を見ても良かったのかなとは思います。

芝のマイル戦で今回も相手は揃いますが、前走の上位馬と比べるとマシかなと。決め手が光るという馬はいません。コース形態から大外枠は良くないも、毎回出遅れるヴォラーレには後入れとなるのはプラス。中団での競馬になっても揉まれる心配はなく、自分のリズムで競馬は出来そう。これだけでも道中の走りは大きく変わってくると思います。あとはブリンカーが利きすぎないことを願うばかりです。

2018年7月 6日 (金)

能力は秘めているも、精神面での幼さがまだまだ目立つ現状。集中して走らせるには何が良いのか合っているのかをしっかり探って欲しい。★ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

7月1日(日)中京2R・3歳未勝利・芝1600mに荻野極Jで出走。15頭立て4番人気で3枠5番からスローペースの道中を10、11、11番手と進み、直線では外を通って0秒9差の5着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分35秒0、上がり34秒3。馬体重は4キロ増加の436キロでした。

○中内田調教師 「幾らか後手を踏んだものの、すぐに相応のポジションへ。ただ、その後が思うように進んで行きませんね。直線でバラけてからは最後まで走り切れたものの、伸びたと言うよりはバテた馬を交わした感じで・・・。ひとまずレース後の様子を確認し、その上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。出遅れて中団から。勝負どころは押っつけ押っつけで余裕がなかったが、直線はジワジワと脚を伸ばしていた。経験を積むにつれて良くなっていきそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月14日(土)中京・3歳未勝利・混合・芝1600mに予定しています。

○中内田調教師 「ソエに悩まされて来たものの、今回は今のところ大丈夫そう。時間も残されぬだけに、続戦で行こうと思います。ただ、あまり適鞍が組まれておらず・・・。番組的に中1週の1600mが目標に。ここへ向かえるように、上手く調整したいですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

戦前の予想通り、人気上位馬が順当に力を発揮したこのレース。特に勝ち馬・2着馬は1勝馬クラスでもすぐになんとかなりそうな雰囲気。単純に相手が悪かったです。

もう1つ追い切りの動きがピリッとしなかったヴォラーレですが、馬体はきっちり出来ていて力を出せるデキだったと思います。懸念したゲートは今回も遅かったですが、軽く促すとスッと前へ。リカバーは出来ていたと思いますが、馬群に入った途端にフワッとした感じに。このしぐさは前走でも見せていました。揉まれ弱いということはないのですが、周囲を気にして集中力を乱し、追走に手間取ってしまうことに。道中、脚が溜まっていれば、もう少しピリッとした脚を使えると思うのですが…。

中内田師は先行抜け出しをヴォラーレに求めていますが、この両親なので行儀の良い競馬が出来るわけありません。道中は揉まれない位置で脚を溜め、勝負どころから外目を動いていく方が力は出せると思うんです。スパッと切れなくても、長く良い脚を繰り出せる筈。ノビノビ走らせることを重視して欲しいですし、若手騎手よりも経験のある騎手に乗って欲しいです。

レース後のヴォラーレですが、悩まされ続けたソエは大丈夫。適鞍がないので強行軍になりますが、来週の中京・芝1600mへ向かう予定です。メリハリの利いた競馬でこれまでとは違った面を見せて欲しいです。

2018年7月 1日 (日)

まだまだ精神面の幼さが目立つも、気持ちと動きが噛み合えば上位に来る力は有り。正攻法の競馬よりも末脚勝負に徹した方が良さそう。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

7月1日(日)中京2R・3歳未勝利・芝1600mに荻野極Jで出走します。6月27日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.7-67.2-52.3-38.1-11.8 8分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒4追走して首遅れ。追い切りの短評は「立て直すもひと息」でした。発走は10時30分です。

○中内田調教師 「6月27日(水)はウッドで併せました。パートナーは格上で稽古駆けするタイプ。それでも頑張って食らい付いていたように、今朝の内容は悪くなかったでしょう。戦績からも上位の存在。あとはレースへ行って気難しさを出さなければ・・・」

≪調教時計≫
18.06.27 荻野極 栗CW良 83.7 67.2 52.3 38.1 11.8 一杯追伸る ダノンレーザー(古馬1600万)馬なりの内0秒4追走首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京2日目(07月01日)
2R 3歳未勝利
サラ 芝1600メートル 指定 馬齢 発走10:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジョーマキアート 牝3 54 高倉稜
1 2 タイセイトレンディ 牡3 56 M.デムーロ
2 3 ヤマニンフェイト せ3 56 岩崎翼
2 4 エイシンセレクト 牡3 56 太宰啓介
3 5 ロードヴォラーレ 牡3 55 荻野極
3 6 ショウナンパシスタ 牝3 54 国分優作
4 7 サトノエターナル 牡3 56 川田将雅
4 8 ショウナンラヴィ 牝3 54 浜中俊
5 9 ヒダザクラ 牝3 54 小牧太
5 10 ナリタブルー 牡3 56 和田竜二
6 11 エターナルソウル 牡3 54 富田暁
6 12 クリノアリエル 牝3 54 武豊
7 13 ダノンテアトロ 牡3 56 幸英明
7 14 スズカノルナ 牝3 52 森裕太朗
8 15 イリアンソス 牝3 54 福永祐一
8 16 クールアイランド 牝3 54 鮫島克

○福永助手 「気持ちが幼いが勝てる力はある。本数をこなして、仕上がりは悪くないからね」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ソエに悩まされて今回が3戦目となるロードヴォラーレ。デビュー戦で2着に来ているように能力を秘めているのは確かですが、その一方で、現役時に一癖あるところを見せていた両親の血もしっかり受け継いでいます。何となくですが、キャリアを重ねる毎に難しいところを覗かせていくのではないかなと…。

前走は京都の芝1800m戦でしたが、個人的に1ハロン延長が鍵かなと見ていましたが、それは無難に対応。ただ、馬群に入るとフワッと。ハミを取ったり取らなかったりと精神面の不安定さを見せました。そして直線でも馬群が広がると、再度脚を使うような感じ。結果的に勝ち馬からコンマ5秒差の4着に踏み止まりましたが、見せ場は正直なかったです。

その後は再度ソエを痛がり出して、千葉・ケイアイファームで立て直すことに。復帰までもっと時間を要することを覚悟していたのですが、2ヶ月半ほどで出走できたのはちょっとビックリ。また、帰厩後は坂路オンリーの追い切りではなく、CWコースでしっかり負荷を掛けることが出来ているところを見ると、ソエの不安はほぼ解消出来ているのかなと思います。痛いところがなくなれば、その分だけでも真面目に駆けて欲しいところ。

相手に目をやると、人気を集める3頭が1歩リードしている感じ。そこにヴォラーレが4番手で続く感じ。幼さを残すので初めての左回りがどう出るかですが、バラけやすい直線の長いコース+1ハロン短縮はヴォラーレに味方してくれるでしょう。

長い目で見れば走ってくる馬だと思っているので、最悪地方からの出戻りという形を覚悟していますが、気持ちと動きが噛み合えば勝ち負けに持ち込むことは出来る筈。荻野極Jには勝ちを急がず、直線で大外を強襲するぐらいの大胆な競馬を見せて欲しいです。母アンビータブルもそういう競馬で一時期の不調から復活してくれましたから。

2018年6月22日 (金)

シルク&ロードなお馬さん(3歳牡馬・来週出走予定)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日にCWコースで追い切り
・次走予定:中京6月30日・芝2200m、もしくは中京7月1日・芝2000m

担当助手「20日にCWコースで追い切りました。相手のペースに合わせながら反応を確認しましたが、手応えはこれまでにないぐらい抜群でしたよ。前走をひと叩きして状態が更にアップしていますし、飼い葉をよく食べていることで馬体に幅が出てきました。実戦では手応えの割に追い出してからが案外ですが、ここに来て本当に良くなってきているだけに、次こそは決めてほしいところです」(6/21近況)

助 手 16栗坂稍 66.9- 46.9- 30.0- 14.4 馬なり余力
助 手 17栗坂良 60.5- 42.5- 27.0- 13.5 馬なり余力
助 手 21CW稍 87.8- 71.7- 56.3- 42.0- 13.5 馬なり余力 アドマイヤポラリス(新馬)馬なりの内を0.1秒追走3F併同入

Photo_6 ロードヴォラーレ

6月20日(水)重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.9-68.3-53.9-40.7-14.0 9分所を馬なりに乗っています。短評は「馬体細化なし」でした。7月1日(日)中京・3歳未勝利・芝1600mに荻野極騎手で予定しています。

○猿橋調教助手 「6月20日(水)は朝一番にウッドへ向かいました。ただ、最も混み合う時間帯。途中までは宥めながら乗っていたものの、前方に馬を見付けるとスイッチが入ってしまい・・・。幾らかチグハグな内容に。なかなかコントロールが難しいですね」

≪調教時計≫
18.06.20 助手 栗CW重 83.9 68.3 53.9 40.7 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の出走を予定しているピボットポイントとロードヴォラーレの近況をまとめて。いまだ未勝利というのが悩ましいところです。

ピボットポイントは前走から中2週のローテでレースへ臨むことになりますが、馬なりとはいえCWで負荷を掛けることが出来ているのは○。手応え抜群というジャッジも頼もしいです。梅雨の時季ですが、何とか来週末は良い馬場でレースを行いたいです。

ヴォラーレは20日にCWコースで追い切りを消化。チグハグな時計になってしまったのは残念ですが、ソエはだいぶ良くなってきていると思います。乗り難しさを緩和する為にメンコ・チークピーシズの着用、ハミの変更など色々手を尽くして欲しいです。

2018年6月18日 (月)

ロードなお馬さん(牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードクエスト

6月14日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン53.2-39.3-12.8 5分所を馬なりに乗っています。短評は「時計以上の動き」でした。6月24日(日)東京・パラダイスS(OP)・国際・芝1400mに三浦騎手で予定しています。

○小島調教師 「6月14日(木)もウッドで追い切っています。それなりに速くなっても構わない・・・と伝えたものの、既にビュッと動ける感じで十分に良い状態・・・とのジョッキーのジャッジ。楽に回って来ました。まだ毛ヅヤは一息ですが、ここまでは順調でしょう」

≪調教時計≫
18.06.14 三 浦 美南W良 53.2 39.3 12.8 馬なり余力

Photo_6 ロードヴォラーレ

2017.06.14
6月14日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に53.1-38.6-25.4-13.0 強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒5追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。7月1日(日)中京・3歳未勝利・芝1600mに荻野極騎手で予定しています。

○中内田調教師 「父の産駒らしいヤンチャな面が目立つように。いざ走り始めれば問題ないのですけどね。実質1本目なのと全体が速かったのも手伝い、6月14日(木)はラストが苦しい感じに。番組上、再来週のマイル戦へ間に合わせたいな・・・と思います」

≪調教時計≫
18.06.14 助手 栗東坂良1回 53.1 38.6 25.4 13.0 強目に追う ダノンレーザー(古馬1600万)馬なりを0秒5追走同入

2017.06.12
6月8日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「最終的に15-15を行なった際も無難なフットワーク。その後も目立ったダメージを残さず、十分にエネルギーを蓄えた状態で送り出しました。調教で跨っていても能力の感じられる1頭。今度は勝ち上がってから休養に来てくれれば・・・と思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは今週末の東京・パラダイスSを予定。1週前追い切りは久々に三浦Jが跨ってくれましたが、派手なアクションはなくスムーズな走り。力む面がなくなってきたのはクエストにとっても良い傾向だと思います。レースへ行っても、リラックスしていてくれれば。

帰厩後、丹念に時計になるところを乗っていたヴォラーレ。14日の追い切りは少し負荷を高め、格上相手に食い下がる内容。最後は苦しくなったようですが、悪い内容ではありません。むしろ1本目とすれば上々でしょう。引き続きソエには注意が必要ですが、ひと追い毎に動ける態勢を整えていってもらえればと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | サロミナの17 | サンドミエシュの17 | シグナライズ | シャトーブランシュの17 | シルクドリーマー | シングルアップ | シーズインクルーデッドの17 | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | パーフェクトジョイの17 | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プチノワールの17 | プルーフオブラヴの17 | プレミアムギフト | ベッラレイアの17 | ペンカナプリンセスの17 | ボンディマンシュ | ポーレンの17 | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードアブソルート | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンナベルガイト | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードゼスト | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ