最近の記事

出資馬一覧

カテゴリー「ロードヴォラーレ」の64件の投稿

2018年5月19日 (土)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードエース

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500~3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○ウ当地スタッフ 「乗り進めて行くと右トモに疲れが感じられるように。回復を促すべく先週末にショックウェーブを打っています。あと1、2週ぐらいで帰厩の段取りが組まれるはず。同様のパターンを繰り返しつつ、今後も必要に応じたケアを施しましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「治療を行なった効果が得られており、触診反応は少しずつ緩和。念には念を押して5月12日(土)にも左前脚のソエを焼きました。楽をさせて身体もジワジワと回復。シルエット、数字共に増えて来た点を踏まえ、今週から乗り始めようと思います」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「この中間より角馬場へ連れ出し、ダクとハッキングを入念に繰り返す状況。勝手にハミを取って動こうとするなど、休んでいた影響で前向き過ぎる部分が目に付きます。リラックスを心掛けつつ、広いダートコースへ移るタイミングを考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

速いところを乗り出して、右トモに少し疲れが見られたエースですが、ショックウェーブ治療で回復を促進。調教の内容は維持できているので心配し過ぎることはありません。

ヴォラーレは再度ソエの焼烙治療を実施。これでより我慢は利いてくれる筈。また、楽をさせたことで馬体が戻ってきたのも○。これで乗り出せると思いますが、まだまだ慎重に進めていく段階です。未勝利の期限がじわじわ迫ってきますが、慎重を期して進めてもらいたいです。

ザナドゥは騎乗運動を再開。ひとまず脚慣らしという内容ですが、競馬を使ってきたピリピリ感が抜けてない様子。元気があるのは悪くないのですが、今しばらくはリラックスさせることを優先して欲しいです。

2018年5月13日 (日)

ロードなお馬さん(牡馬・放牧組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。5月3日(木)測定の馬体重は481キロ。

○当地スタッフ 「ダートをメインに使うメニューへ移ってからも計画通りに進んでいます。併せ馬でもリラックス。走りに気になる点は認められず、コンスタントに15-15も交えています。厩舎側から連絡を受け、早ければ今週末に帰厩の段取りが組まれる予定です」

Photo_6 ロードエース

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500~3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1~2本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「体調、脚元共に問題なし。トレセンで一通りの治療を済ませてから来たのでしょう。そんな様子を踏まえ、すぐに跨り始めるように。時折、18-18より速いペースでも走らせています。ここまでは大丈夫そう。徐々にピッチを上げる予定です」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。5月3日(木)測定の馬体重は438キロ。

○当地スタッフ 「5月5日(土)に左前脚のソエに焼烙治療を実施。管理を任された当初と比較すれば落ち着いて来ていたとは言え、乗った際に症状が強くなる部分を見据えた予防的な措置も兼ねています。寂しくなった身体を戻しつつ、跨る機会を検討しましょう」

Photo_6 ロードザナドゥ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「ひとまずは輸送熱の症状も認められません。5月5日(土)に受けた獣医師チェックで全身の疲れを指摘されたとは言え、本馬はレース後にそう言った面を見せるタイプ。許容範囲でしょう。十分に楽をさせた上で跨がり始める機会を窺いたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストは帰厩へ向けての最終段階。既に厩舎へ戻っているかもしれませんが、気候の上昇と共に確実に良くなっています。次走は函館スプリントSを目指すことになるのかな?

エースはトレセンでの治療の効果が大きく、グリーンウッドで普通やキャンターを乗っています。一頓挫ありましたが、上手にリカバーできたのはホント良かったです。今月末前後に帰厩となるでしょうから、乗り込みを継続・強化していって状態を上がっていってもらえればと思います。

ヴォラーレはソエの焼烙治療を実施。これまでを振り返ると、あまり効果が出ていない治療ですが、やれることを地道にするしかないのかなと思います。あまりのんびりは出来ませんが、まずは馬体をフックラさせ、乗り始める準備を整えてもらえればと思います。

ザナドゥは久々の千葉・ケイアイファーム。コンスタントに使われてきたので相応の疲れは残っているようですが、深刻なものではありません。まあ、1つ区切りを付けることが出来たので、当面は心身の成長を促す調整をお願いします。潜在能力の高い馬だと思うので、それを発揮できる下地を築いていってもらいたいです。

2018年5月 3日 (木)

両前のソエが痛い状態。27日に千葉・ケイアイファームへ放牧に出ています。★ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。4月27日(金)に栗東トレセンより移動しました。

○当地スタッフ 「両前脚のソエが痛い状態で4月27日(金)にこちらへ。元から持っていた右に比べると新しい左の方が強く反応が出ています。それなりの時間を掛けてケアを施す必要がありそう。獣医師に意見を仰ぎつつ、今後の治療計画を考えて行く方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後、左前脚にソエの兆候が出ていたロードヴォラーレ。時間の経過と共に回復することを期待していましたが、程度が酷いようで27日に千葉・ケイアイファームへ移動しています。

右前脚にも前からのソエの症状が出ているようですし、それなりの時間を掛けてケアを施す必要があるということなので、これは未勝利脱出に黄色信号。地方からの出戻りをこの時点から意識しておいた方が良いのかなと思います。また、次走ではダートに使うことも視野に入れておいて欲しいです。

2018年4月27日 (金)

道中の走りに幼さを多分に残すも、エンジンが掛かってからはそれなりの脚を披露。ソエの不安さえ解消できれば…。★ロードヴォラーレ

2018041800_2

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

4月21日(土)京都5R・3歳未勝利・芝1800mに小崎Jで出走。18頭立て5番人気で5枠10番から平均ペースの道中を5、6、4番手と進み、直線では外を通って0秒5差の4着でした。馬場は良。タイム1分48秒5、上がり35秒7。馬体重は6キロ減少の432キロでした。

○小崎騎手 「中団よりも前のポジションで・・・との指示。あまりゲートは速くないかも・・・と聞いていたものの、軽く促すとスッと好位へ付けられました。ただ、馬群に入れたらフワッと。また、ハミも取ったり取らなかったりで・・・。まだ幾らか精神的に幼いのかも知れません。そのあたりが解消すれば更に走れそう。最後も脚を使っているように、チャンスは訪れるはずですよ」

○中内田調教師 「追っ付けながらの道中。その割には直線でバラけてからも踏ん張っています。もしかすると気性的な難しさを出したのかな・・・と。ジョッキーの話を聞くと、思っていた通りでしたね。この感じだと今日と同じ1800mの方が運び易そう。脚元等の状態を確認した上で新たなプランを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の左前脚に幾らかソエの症状が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○中内田調教師「やはりソエっぽい感じ。左前脚に症状が表れています。馬自身も幾らか気に掛ける素振り。早々に治まれば続戦を考えられるものの、数日で落ち着かない場合は厳しいかも・・・。今しばらくは観察が必要。経過に応じて対応を検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

12月のデビュー戦2着以来の競馬となったロードヴォラーレ。マイナス6キロでの出走ときっちり出来ていたと思います。また、1度実戦を経験したことで煩い面が出てくるかなと見ていましたが、パドックでは適度な気合。無駄にテンションが上がっているような感じはしませんでした。

レースですが、スタートはそう速くなかったですが、二の脚+軽く促してスッと好位へ。良いポジションを確保したなあと見ていましたが、馬群に入ってフワフワと。反応が悪くなって、ポジションを下げたりと危うさを感じながらの走り。4角を回ってくる時、勝ち馬に外から被せられるようなことになり、手応えもよくなかったので、このまま沈んでしまうことを覚悟しましたが、直線に入ると渋太い伸び。何とかポジションを確保している感じでしたが、残り200mから加速。馬群がバラけて本気を出した感じで1完歩ずつ前との差を詰め、2着馬とは僅差の4着まで。不安定さを感じつつも、能力の一端はしっかり示してくれました。

ただ、レース後のヴォラーレは左前脚にソエの症状。気にする素振りが見られるので、3戦目へ向かうにはまた間隔を空けないとダメかもしれません。出来るだけ長い期間、状況を観察してもらい、続戦の方向へ進めてもらえればと思います。ソエの回復が良くないなら、芝にこだわらず、ダートにも矛先を向けて欲しいです。血統的にダートも大丈夫でしょうから。

2018年4月21日 (土)

今週の出走馬(4/21・22)

<土曜日>

Photo ロードヴォラーレ

2018.04.19
京都5R・3歳未勝利・芝1800mに小崎Jとのコンビで出走します。4月18日(水)稍重の栗東・芝コースで5ハロン68.2-52.6-38.5-12.5 4分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒2先行して0秒2遅れ。追い切りの短評は「この一追いで良化」でした。発走は12時20分です。

○中内田調教師 「4月18日(水)も芝コースへ。格上のパートナーには幾らか遅れた格好ながら、ロードヴォラーレ自身もキッチリ動けていましたよ。先週と比較しても確実に良化。ジョッキーに変更こそ生じたものの、予定通りに出馬投票へ向かう方針です」

≪調教時計≫
18.04.18 小 崎 栗東芝稍 68.2 52.6 38.5 12.5 一杯に追う エクレアスパークル(古馬500万)馬なりの外0秒2先行0秒2遅れ

2018.04.12
4月12日(木)稍重の栗東・芝コースで6ハロン82.8-65.2-50.5-36.9-12.2 3分所を強目に乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒5追走して0秒2遅れています。4月21日(土)京都・3歳未勝利・芝1800mに藤岡佑介騎手で予定しています。

○中内田調教師 「まだ多少ソエっぽさが残っているのを踏まえ、4月12日(木)は適度にクッションの利く本馬場へ。時計は相応に出ています。ただ、幾らか緩い印象。ここまで脚元を気遣いながらの調整でしたからね。今朝の一追いで何処まで上向くか・・・」

≪調教時計≫
18.04.12 藤岡佑 栗東芝稍 82.8 65.2 50.5 36.9 12.2 強目余力 ゼンノワスレガタミ(古馬1000万)馬なりの内0秒5追走0秒2遅れ

Photo_2 タイムレスメロディ

福島8R・4歳上500万下・牝馬・ダ1150mに川又Jとのコンビで出走します。

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日に坂路で追い切り

高野師「先週一杯は坂路で普通キャンターの調整を行っていましたが、体調は変わりありませんし、飼い葉もこの馬なりに食べています。11日に坂路でサッと時計を出してみましたが、動きそのものは悪くありませんし、このままレースに向けて仕上げていきたいと思います。来週の想定を見て、少しでもチャンスがある番組に投票したいと考えています」(4/12近況)

助 手 8栗坂重 59.8- 42.7- 27.6- 13.6 馬なり余力
助 手 11栗坂良 58.1- 41.3- 26.5- 13.1 馬なり余力

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日に坂路で追い切り

高野師「18日に坂路で追い切りました。馬場がかなり悪かったので時計は目立つものではありませんが、この馬なりにしっかり最後まで走っていましたし、動きも悪くなかったと思います。筋肉が硬くなりやすいので、調教後はしっかりケアを行いながら調整してまいりましたが、いい状態を保っていますし、力を発揮できる仕上がりにあると思います。初めてのダート戦も対応してくれましたし、次は慣れが見込めることから、前走以上に上手く立ち回ってくれると思います。4月21日の京都・ダ1200mも視野に入れていましたが、相手関係を考慮した結果、4月21日の福島・ダ1150m(牝)の方がチャンスがあると判断し、川又騎手で投票させていただきました。3キロ減も有利になると思うので、小回りコースに上手く対応できれば前走以上のパフォーマンスを見せてくれると思います」(4/19近況)

助 手 15栗坂不 59.7- 43.7- 28.0- 13.4 一杯に追う マツリカ(三未勝)馬なりを0.1秒追走0.3秒遅れ
助 手 18栗坂不 57.5- 41.1- 26.5- 13.0 強目に追う

<日曜日>

Photo_2 ピボットポイント

阪神4R・3歳未勝利・芝2000mにC.ルメールJとのコンビで出走します。

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:11日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都4月22日・芝2000m(C.ルメールJ)

友道師「11日にCWコースで追い切りました。同じ3歳馬のジュンバルロと併せて行いましたが、先行し、直線に入って併せにかかると最後はクビ差先着しました。先週しっかり負荷を掛けているので、今週は反応を確認する程度に抑えましたが、この馬なりに動きはしっかりしてきていると思います。当初予定していた4月14日の阪神・芝2200mは除外確実だった為に、急遽4月15日の中山・芝2200mをルメール騎手で投票しましたが、残念ながら非抽選で除外になってしまいました。4月22日の京都・芝2000mなら引き続きルメール騎手が乗れるとのことでしたので、気持ちを切り替えて来週の競馬に臨みたいと思います」(4/12近況)

助 手 8CW重 90.2- 73.9- 58.8- 43.3- 14.0 馬なり余力
助 手 11CW良 99.9- 83.2- 67.9- 52.7- 38.3- 12.5 馬なり余力 ジュンヴァルロ(三オープン)馬なりの外0.4秒先行クビ先着

⇒⇒4/15(日)中山4R・芝2200mに出馬投票しましたが、非抽選で除外となったため、来週の京都・芝2000mに回る予定です。(12日・出走情報より)

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:18日にCWコースで追い切り

友道師「18日にCWコースで追い切りました。先週除外になってしまったので、今週は反応を確認する程度に抑えましたが、後半の馬場が悪い時間帯としては上々の内容だったと思います。除外になってしまったのは残念ではありましたが、結果的に開幕週の良い馬場で競馬が出来るのはこの馬には好都合だと思います。週末の天候も良さそうですし、条件としては申し分ないので、あとはルメール騎手には早めの競馬を意識しながら乗ってもらいたいと思います」(4/18近況)

助 手 15栗坂不 58.0- 41.2- 27.2- 13.8 馬なり余力
助 手 18CW不 85.1- 67.8- 52.5- 38.7- 12.7 馬なり余力

Photo ロードイヒラニ

京都6R・3歳500万下・芝1600mにC.ルメールJとのコンビで出走します。4月18日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.7-38.8-12.1 6分所をゴール前気合い付けています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って頭遅れています。発走は12時50分です。

○千田調教師 「ゲート自体は特別に問題なかった・・・と言うのが前走で跨った三浦騎手の感想。ひとまず練習は見合わせています。4月18日(水)が元気一杯。想定の段階で少頭数なのに加え、ルメール騎手が手綱を取れそうです。今週の参戦を考えましょう」

≪調教時計≫
18.04.18 助手 栗CW不 53.7 38.8 12.1 G前気合付 ビービーバーレスク(古馬500万)馬なりの内頭遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週も先週同様に簡易版で出走記事を。シルク・ロード共に2頭ずつスタンバイ。

ヴォラーレはソエの為、昨年12月以来のレース。ここでも通用する脚力は秘めていますが、この血統らしくまだまだ荒削り。1度実戦を経験したことで難しい面が出てきていなければ良いのですが…。また、本質的にマイルが上限の馬。人気を集める馬と比較すると、距離延長はプラスとは言えません。ここでも大崩れしなければ、将来的に楽しめる1頭だと言えるでしょう。

タイムレスメロディはダート2戦目。前走は相手に恵まれましたが、最後までしっかり駆けていたのは好感。今回は慣れを見込んで前進を。3キロ減の川又Jの起用も魅力です。あとは福島への長距離輸送でどこまで馬体重を維持できるかがポイントでしょう。

ピボットポイントは先週の競馬を除外に。今回、正直相手に恵まれたように思います。それ故、ここで取りこぼしているようでは…。ここ2走で見せた気持ちの弱さを克服して、まずは1つ勝っておきたいです。

イヒラニは予定を早めての出走。C.ルメールJが乗ってくれるのは魅力ですが、この馬の将来を考えると、当初の予定通りに使ってもらうのがベストでしょう。開幕週の馬場では正直辛いでしょうが、最後まで集中力を切らさず、走ることができているかにまずは注目したいです。

2018年4月11日 (水)

復帰戦が21日京都・芝1800mに決まりました。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

4月4日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.7-40.3-26.3-13.0 強目に追っています。併せ馬では叩き一杯の相手を0秒5追走して0秒1先着。短評は「坂路コースで入念」でした。4月21日(土)京都・3歳未勝利・芝1800mに予定しています。

○中内田調教師 「4月4日(水)は軽く気合いを付ける形でした。本数を重ねる毎に段々と具合は上向いている印象。今のところはソエも落ち着いています。この様子ならば再来週には出走態勢が整いそう。京都の初日に組まれた芝1800m戦を予定しましょう」

≪調教時計≫
18.04.04 助手 栗東坂良1回 55.7 40.3 26.3 13.0 強目に追う パワフルドンキ(3歳未勝利)叩一杯を0秒5追走0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

帰厩後、ソエの具合に気を掛けつつ坂路で時計を出しているロードヴォラーレ。時計自体は目立つものではありませんが、丹念に乗られていることは評価できると思います。また、気の勝った馬なので基本は仕上げやすいタイプ。ひと追い毎に態勢は整っていくと思います。

また、今回の更新で復帰戦が21日の京都・芝1800mに決定。距離は守備範囲かと思いますが、個人的には1400m~マイルが合うのかなという印象です。開幕週の綺麗な馬場を激走した反動は今から心配ですが、未勝利戦なら地力の違いで押し切って欲しいところ。詰めて使えないでしょうから、レース直前まで状態・相手関係を見極めてから出走へのGOサインをお願いします。

予定は出ていますが、間隔が空いている分、レースを選びやすい立場なのでその優位性を生かしても欲しいです。個人的には相手が落ちる新潟へ回って、確勝を期すこともありかなと思います。

2018年4月 4日 (水)

先月23日に栗東・中内田厩舎へ戻っています。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

3月29日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に55.5-40.3-26.9-13.5 末強目に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒3追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○中内田調教師 「脚元の部分を考慮して、3月29日(木)は坂路で。ひとまずは無理を強いぬ内容です。久々の分は感じるものの、進めて行けそうな雰囲気。徐々に良化を遂げると思います。ただ、相応の時間は必要かも。あと3週間ぐらいは欲しいでしょう」

≪調教時計≫
18.03.29 助手 栗東坂良1回 55.5 40.3 26.9 13.5 末強目追う パワフルドンキ(3歳未勝利)一杯を0秒3追走同入

3月23日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○当地スタッフ 「移動が近付いていた点を踏まえ、最後の1週間は18-18まで。3月22日(木)に馬運車へ乗せました。右前脚のソエに気を配りながらの調整で、ビシビシ本数を積んでいないのは確か。でも、向こうの追い切りにはスムーズに対応できる状態です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

右前脚のソエには引き続き注意していく必要が残るロードヴォラーレですが、3月23日に栗東へ。

早速、坂路で乗り進めていますが、速い調教が不足しているのでレースへ向かうには相応の時間が必要に。また、デビュー戦前は坂路・CWを併用して仕上げられてきましたが、今回はソエの件があるので坂路オンリーになりそう。プール調教を上手に取り入れながら、仕上げていって欲しいです。

能力的に未勝利はすぐ勝てるレベル。あとは1度実戦を経験したことで気性面が悪い方へ向かないようにも注意しながら調整を進めて行ってもらえればと思います。

2018年3月23日 (金)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードクエスト

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「そこまでのダメージは感じられません。ただ、今回は普段よりも長く休ませる模様。昨秋以降はコンスタントに使われていただけに、目に見えない部分までの疲労を取り除いてあげましょう。しばらくの間はウォーキングマシンを続けるつもりです」

Photo_6 ロードダヴィンチ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「時折、馬房でテンションの高い面を覗かせる程度。その他に変わった様子は認められませんし、日が経つに連れて落ち着いた雰囲気を取り戻すはずです。厩舎サイドから報告を受けた喉の荒れについては、獣医師と相談しながら対策を講じましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「3月13日(火)にハロン15秒のメニューを実施。その後も反動は生じておらず、予定通りに普通キャンターも交えました。少しずつ息遣いが良くなっており、右前脚のソエも我慢が利いている感じ。今週末もしくは来週中の出発が示唆されています

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クエストはレースでの疲れはほぼ解消できていると思いますが、今回はじっくり休ませるということで、ウォーキングマシンでの運動のみに止めています。意識的にゆっくりさせ、良い頃の活気を取り戻してもらえればと思います。

ダヴィンチは先週末に移動してきたばかり。少しテンションは高いようですが、輸送での体温上昇はなかった様子。喉の荒れについては獣医師の診断・アドバイスを元に、まずは適切な処置をお願いします。

ヴォラーレはハロン15秒のところを乗ってみましたが、その後の反動は大丈夫。懸念材料のソエも我慢が利いています。遅くても来週には帰厩ということなので、それまで無理のない範囲で乗り進めてもらえればと思います。

2018年3月17日 (土)

ロードなお馬さん(3歳馬)

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「一定の割合で18-18を消化しても、右前脚のソエは落ち着いたまま。この調子で心肺機能の強化を図りましょう。移動のタイミングについては厩舎サイドと話し合っている段階。いつ声が掛かっても対応できるように、しっかり準備を整えたいです」

Photo_6 シグナライズ

栗東トレセンで軽目のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は入念に乗り込みます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「3月14日(水)は緩やかなペースでダートを1周。前走のダメージは感じられず、厩舎で調整を続ける方針です。桜花賞(G1)にも登録は行なう予定ながら、本馬の賞金だと非抽選で除外の可能性も。その場合の対応策も考えておきましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

普通キャンター程度ならソエへの悪影響はなさそうですが、速いところをやると反動が出てしまいそうなヴォラーレ。牧場ではこれ以上のペースアップは避け、コツコツ乗り込むことで内面を強化していくことになるのでしょうが、早目に栗東へ戻し、プール調教を上手に活用して欲しいというのが私の希望です。

シグナライズは在厩調整。ひとまず桜花賞出走を目指し登録するようですが、現状800万の賞金では抽選対象でもありません。同週に行われる中山・ニュージーランドTか阪神・忘れな草賞、その翌週のアーリントンCへ回ることになるのでしょう。まあ、その辺の準備はこの厩舎なら抜かりないので、最善の策を選んでもらえればと思います。

2018年3月10日 (土)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_6 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「運動量に重点を置いた調整へシフト。見た目に多少フックラしたのは好材料です。ここ最近は気持ちも落ち着き、リラックスして走れるように。徐々に成長を遂げているのかも知れませんね。1、2週ぐらいの間に移動の段取りが組まれそう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。3月2日(金)測定の馬体重は457キロ。

○当地スタッフ 「右前脚のソエの痛みは一過性の症状だった模様。ケアの効果が表れており、先週はハロン20秒程度を交えました。ただ、改めて負荷を高めると繰り返してしまう懸念も。普通キャンターで息を作った上で、早目にトレセンへ送り込むかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは近々帰厩予定。今週競馬に使うイヒラニとの入れ替えなんでしょう。来週半ばまでに厩舎へ戻るなら、10日競馬で3月24日の芝・2200mへ進めていくことになるでしょうが、間に合わなければ、福島開催へ目標を切り替えていくことになるのでしょう。

ヴォラーレはソエの悪化を心配しましたが、一過性の症状でホッと。ただ、ぶり返す心配はまだまだ付き纏うので、ケアは入念に続けてもらえればと思います。また、トレセンではプールがありますし、トレーニングコースは多彩。厩舎スタッフに任せた方が復帰まで順調に行きそうです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール | アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | エレンボーゲン | クレッセントムーン | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | シングルアップ | ジェラーニオ | ジーナアイリス | スイートウィスパー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パラダイスリーフ | ピボットポイント | フォーエバーローズ | フロントライン | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | プレミアムギフト | ボンディマンシュ | マカリカ | モンドインテロ | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズクライ | ロードアドミラル | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ・再ファンド応じず | ロードプレミアム | ロードラウレア | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードグレイス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードセレリティ | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ