出資馬一覧

カテゴリー「ロードヴォラーレ」の48件の投稿

2018年1月18日 (木)

ロードなお馬さん(3歳牡馬・千葉ケイアイF組)

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「1月13日(土)に3度目の焼烙治療を終えています。今週末に4度目を行なった上で一旦ストップするつもりです。ソエの大きさは相変わらず。無理を強いると骨折に繋がり兼ねませんので、もうしばらくの間はウォーキングマシンに止めましょう」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「寒さと雨の影響で先週はダートがカチコチ。大事を取って普通キャンターに止めました。また、再びトモが硬くなった為、1月13日(土)に背腰に揉み針治療を実施。近日中に追い切りを行ない、その動き次第で帰厩の見通しが立つかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴォラーレは現状のソエの具合がハッキリ分からず。定期的に焼烙治療を行っていますが、効果的な働きはしていないような…。骨を強くするようなサプリをカイバに混ぜるなど食の面での工夫を合わせてして欲しいです。

エースはすぐにトモなど馬体を硬くしてしまうのがネック。それ故、調教後は他馬よりも入念なケア・チェックを欠かさないでもらいたいです。1勝していますし、今は心身の成長を促し、地道に体力を養っていってもらいたいです。

2018年1月 9日 (火)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードプレミアム

葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。1月4日(木)測定の馬体重は524キロ。

○当地スタッフ 「コンスタントにハロン17、18秒のキャンターを交えています。競馬に使っていた時の状態を上手く維持。高いレベルで具合は安定している印象です。遠からずに速いところへシフトできるはず。この先も斎藤調教師と相談しながら更に進めましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。1月4日(木)測定の馬体重は458キロ。

○当地スタッフ 「コツコツと乗り続けていたところ、右前脚のソエが次第にピンポン球のように。年末から焼烙治療を始め、1月6日(土)には2回目も施しました。ここまでは考えていた通りの流れで運んでおり、同様のケアを繰り返しながら良化を促す方針です」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。1月4日(木)測定の馬体重は511キロ。

○当地スタッフ 「順当に筋肉痛が落ち着いた為、改めてピッチを上げています。少し前に半マイルから15-15を交えたところ、上々の行きっぷり。短距離レースを使って来た馬らしい感じに変わっていますね。ただ、息遣いはまだ重い印象。更に本数が必要でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは馬体重がかなり増えていますが、普通キャンターを消化して状態自体は安定。予定が決まればすぐピッチを上げることが出来るでしょう。

ヴォラーレはソエがぶり返すことに。焼烙治療を行い、今はウォーキングマシンのみの調整で患部の推移を見守っています。出来れば早く、脚元が固まって欲しいものですが…。今は焦ることなく少しずつでも良い方へ向かって欲しいです。

エースはコズミがマシになって、攻めのピッチを強化。行きっぷりが良く、前向きに走ることが出来ていますが、常に反動・疲れには注意して欲しいです。気候の上昇と共に体調・状態を上げていくことが出来ればと思います。

2017年12月27日 (水)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。

○当地スタッフ 「時間の経過と共にダメージが取り除けている様子。脚元の浮腫みも落ち着いて来ました。12月25日(月)まではウォーキングマシン内の運動に止め、26日(火)より軽く乗っています。数日間の様子を慎重に見極めた上で次のメニューを考えたいです」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「普段から元気が良過ぎるぐらい。12月20日(水)より角馬場へ通い、23日(土)に広いダートコースへ向かいました。右前脚のソエが中に籠っている部分がネックになりそう。調教を進めながら出し切った上で、治療を施すのが望ましいと思います」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「先週半ばにハロン17、18秒へシフトしたところ、全身に筋肉痛の症状が見えて来ました。元々の特徴と言える部分でもあり、特別な心配は要らない程度。12月23日(土)にショックウェーブ治療を行ない、一旦はマシン内の運動にセーブしています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムはウォーキングマシンの運動に止め、様子を見てきましたが、26日から騎乗運動を開始。ひとまず脚慣らし程度ですが、その後の状態を注意しながら、徐々に負荷を高めていってもらえればと思います。

ヴォラーレはレース後の疲れ・輸送熱の影響は解消できていますが、右前脚のソエが難敵。表現が専門的なのでピンと来ないですが、ボコッと膨れたところに膿みたいなのがあるのかな? 1400m~1600mならすぐ勝てる馬ですし、今はソエへの対処・処置に重点を置いてもらえればと思います。

ゆっくり負荷を高めてきたエースですが、普通キャンターに達したところで全身にコズミの症状が。少し楽をさせれば回復できる範囲ですが、馬体が硬くなりやすい冬場はスロー調整を貫いてもらいたいです。

2017年12月20日 (水)

ロードなお馬さん(千葉ケイアイファーム組)

Photo_6 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「斎藤調教師から事前に指示を受け、12月13日(水)より管理を行なっています。両トモが幾らか浮腫み気味ながら、以前から持っている特徴の一つ。問題視するような症状ではありません。十分に回復を促しつつ、跨るタイミングを計りましょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「現状は450キロ台で推移。身体がまだまだ寂しく映る点を踏まえ、ウォーキングマシンを続けています。一応は飼い葉を平らげているものの、数字の増え方がゆっくり。この先もしっかりと食わせ込み、480~490キロぐらいまで増やしたいです」

Photo_6 ロードエース

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「ハロン20秒のキャンターを繰り返しています。身体の増え方は計画通り。十分に余裕を持たせた上で負荷を高めましょう。調教中の動きや息遣いについては、楽をさせた期間相応に重い印象。この先も日々の具合と相談しつつ、徐々に進めたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは中1週続きで3回使ったので、脚元に疲れが出ても致し方ないところ。まずはしっかり回復を促してから、騎乗運動を始めていってもらえればと思います。

ヴォラーレは輸送熱を発症した影響もあり、レース後の回復が遅れている様子。ソエも引き続き治療をしないとダメでしょうから、年内は無理せず回復・治療に専念してもらえればと思います。デビュー戦で敗れたアンコールプリュが先週の競馬で500万下を連勝。未勝利はすぐ勝てると思うので、ボリュームアップが叶った馬体で厩舎へと送り届けてもらえればと思います。

エースは少しずつピッチを上げていますが、現状はまだまだ軽めの内容。馬体は順調に回復を遂げていますが、楽をさせたので動きはまだまだ。良くなってくるのに時間は掛かるでしょうが、引き続きマイペースを崩さず、取り組んでください。

2017年12月16日 (土)

ロードなお馬さん(2歳未勝利)

Photo_6 ロードダヴィンチ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター3500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「12月7日(木)より跨り始めるように。背腰に疲れが感じられたのを踏まえ、ショックウェーブを打っています。さほどソエに関しては気に掛からず、今すぐに特別な治療は要らぬ感じ。今後の状況に応じて必要なケアを施せばOKでしょう」

Photo_6 ロードヴォラーレ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「こちらへ移った際に輸送熱が認められたものの、処置を施すとすぐに回復を遂げました。また、レースを終えて生じた右前脚のソエはボコッとしていますが、触診時の反応はそこまで出ていません。まずは冷却を徹底して症状の緩和を促しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダヴィンチ・ヴォラーレ共に前走2着後、ソエの治療で放牧中。ただ、ソエの程度は差があるようで…。

ダヴィンチはソエよりも背腰に2戦した疲れが残っていましたが、ショックウェーブなど適切な処置を実施。時間の経過と共に疲れは解消していってくれるでしょう。今後については分かりませんが、元々短期の予定だったので、年内に帰厩するかもしれません。

ヴォラーレは千葉への移動後、熱発。レースを使ってまもないので疲れが出たのでしょう。また、痛みはそれほどでもないようですが、ソエは見た目にボコッとしているとのこと。ひとまず軽めの運動に終始し、ソエの治療に全力を注いでもらいたいです。

2017年12月 7日 (木)

道中ロスの多い競馬で心身の幼さを覗かせるも、最後の直線で外目に出すとグイグイ脚を伸ばして2着は安泰。やはり芝の実戦へ行って良いタイプ。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

12月3日(日)阪神5R・2歳新馬・芝1600mに北村友Jで出走。15頭立て2番人気で6枠10番から平均ペースの道中を12、13、9番手と進み、直線では中央を通って0秒1差の2着でした。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム1分36秒0、上がり35秒0。馬体重は438キロでした。

○北村騎手 「あまり反応が速くないだけに、早目にアクセルを踏むように・・・との指示。ただ、ゲートで頭を上げてしまいました。一歩目が遅れて後方からの競馬に。もう少し前々で運びたかったのですけどね。また、ずっと外へ逃げ気味の走り。まだ心身共に幼い面が目立っており、そのあたりが徐々に解消されれば・・・」

○中内田調教師 「スタートで後手を踏む格好に。もう少し出られると思ったのですけどね。また、矯正しながら・・・と言った道中。調教では御せる範囲ながら、レースだと勝手が違うのでしょう。気性面の難しさに加えて体力的にも途上。そのあたりの影響が大きいかも知れません。それでも初戦としては悪くない競馬。厩舎へ戻って様子を確認した上で今後のプランを検討したいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。出遅れて馬群の後方。前半はフワフワしていたが、3~4角、そして直線にかけて手応えは十分。1ハロン標手前から外目をグイグイ伸びてきたが、あと1歩及ばなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の両前脚に幾らかソエの症状が認められます。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は12月7日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して冬以降の戦列復帰へ向けて不安箇所の治療に努めます。

○中内田調教師 「どうもソエっぽい感じ。戦前の兆候は左前脚だったものの、競馬後は右側に症状が見られます。また、このような気性の持ち主なので・・・。治療に努めると同時にリフレッシュさせるのがベターでしょう。12月7日(木)に育成場へ移す予定」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての競馬でパドックで大暴れしている姿を想像していたのですが、実際のロードヴォラーレは1人引きで多少チャカチャカする程度。438キロの馬体で力強さはなかったですが、バネの利いた歩様だったのでやはり実戦で良さが出そうと見えました。

スタートは鞍上と息が合わず、頭を上げた時にゲートが開いたので出遅れてほぼ最後方。少し気合をつけて押し上げていき、フワフワしながらもレースの流れには乗れていたと思います。そして勝負どころでも変に動かずに馬群の中で追走。最後の直線を向いてヴォラーレ&北村友Jは仕掛けていきました。

ただ、前に十分な進路がなかったこともあり、直線に入ってからは何度も切り替えながら馬場の外目へ。残り200mぐらいからグイグイ脚を伸ばしてくれましたが、内からタイミング良く抜け出したアンコールプリュに馬体を併せるところまで行かず。

勝ち馬には完敗の2着でしたが、スタート・道中でロスがありながら、最後までしっかり脚を伸ばせたことは評価できます。距離はマイルが上限かも。芝1400mが1番合ってそうな印象を持ちました。

レース後のロードヴォラーレですが、クタッとした感じはないも、両前脚にソエの症状が判明。非凡な能力は示すことが出来たので、ここで無理をする必要はなし。7日に千葉・ケイアイファームへ放牧に出ることとなりました。まずはソエの治療に専念し、それと同時にこのリフレッシュ期間で心身の成長を促してもらいたいです。

2017年12月 3日 (日)

出資していた母の仔が初めてのデビューへ。芝の実戦へ行って良いタイプだと思うも、気性面で危うさを抱えているので、デビュー戦の今回、まずは無事に走り終えて欲しい。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

12月3日(日)阪神5R・2歳新馬・芝1600mに北村友Jで出走します。11月29日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.3-69.8-53.5-38.0-12.4 5分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒9追走して0秒1遅れ。追い切りの短評は「時計平凡も伸び良」でした。発走は12時25分です。

○中内田調教師 「11月29日(水)は上がり重点。それだけに全体のタイムは目立ちません。でも、最後は相応の伸び。これで態勢が整ったでしょう。切れると言うよりは長く脚を使えそうなイメージ。鞍上に変更は生じたものの、今週の競馬へ向かう予定です」

≪調教時計≫
17.11.29 藤岡佑 栗CW良 86.3 69.8 53.5 38.0 12.4 一杯に追う ノーブルスピリット(2歳未勝利)一杯の内0秒9追走0秒1遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神2日目(12月03日)
5R 2歳新馬
サラ 芝1600メートル 指定 馬齢 発走12:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ディープエクセル 牝2 54 池添謙一
2 2 バンブトンエガオ 牝2 54 竹之下智昭
2 3 ショウナンパシスタ 牝2 54 川田将雅
3 4 ヴァリアスシチー 牡2 55 菱田裕二
3 5 エイシンエレガンス 牝2 54 酒井学
4 6 ルプス 牝2 54 和田竜二
4 7 アンコールプリュ 牝2 54 M.デムーロ
5 8 ノヴェレッテ 牝2 54 浜中俊
5 9 ガーネットムーン 牝2 54 小牧太
6 10 ロードヴォラーレ 牡2 55 北村友一
6 11 ブレークテーラー 牡2 55 高倉稜
7 12 クラウンローチ 牝2 53 鮫島克駿
7 13 キュアサニー 牝2 54 松若風馬
8 14 クインズオライリー 牝2 54 小林徹弥
8 15 メイショウカグヤマ 牝2 54 幸英明

○猿橋助手 「かなり乗り込んだ。切れるというよりは、長くいい脚を使えそうなタイプかと」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

出資していた母の仔で初めて競走馬として登録されたのはスターコレクションの仔・ロードメテオールでしたが、肺炎の後遺症が尾を引き、未出走に。出資していた母の仔で2頭目の出資となったのがこのロードヴォラーレですが、こちらは入厩してまもなく他馬に突っ込んで鼻を蹴られた以外は、概ね順調にデビューまで辿り着くことが出来ました。

この両親の仔なので一癖・二癖ある気性は覚悟してきましたが、オルフェーヴルの牡馬で1口4万という価格が魅力だったロードヴォラーレ。左右対称のシンメトリーに近い顔つき、バネを感じさせる歩様も惹かれた要因です。育成時の早い段階から、背中の感触・フットワークの良さは褒められてきました。まあ、母馬も身体能力は高いものを持ち合わせていた馬ですから。

入厩後のヴォラーレは最初に大きなトラブルを引き起こしましたが、骨折しなかったのは何より。環境に慣らしながら、慎重を期して進めてきました。ゲートに関してはひとまず1発合格。10月下旬からデビューを目指した本格的な調教へ移行し、坂路とWコースを併用して丹念に乗り込んできました。非力な面が残るので、目立った追い切り時計は出ていませんが、素軽い走りをするので、芝の実戦に行って良さが出ると思います。

相手関係に目をやると、阪神のマイル戦ということで桜花賞への期待を託すディープインパクト産の牝馬が強敵になってくるでしょうが、デビュー戦の今回に関しては、相手云々よりも我を忘れず、落ち着いてレースへ臨めるかどうかが大事。そして無事走り終えて欲しいです。

一瞬の切れよりも長く脚を使えるタイプ。馬群でゴチャつくと嫌だったので外目の枠が当たったのは良かったです。道中、前に馬を置いて進めるでしょうが、勝負どころから早めに外へ出して、エンジンを吹かして最後の直線を迎えて欲しいです。

器用な脚を使える馬ではないと思うので、北村友Jにはノビノビ走らせることを重視してもらえればと思います。デビュー戦の今回、どこまでやれるかなあ…。

2017年11月25日 (土)

A.アッゼニJを鞍上に迎え、来週の阪神・芝1600mでデビューすることが正式決定。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

11月23日(木)良の栗東・芝コースで6ハロン84.9-67.2-51.5-37.5-12.4 4分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒7追走して0秒1先着。短評は「ひと追い毎に良化」でした。12月3日(日)阪神・2歳新馬・芝1600mにアッゼニ騎手で予定しています。

○中内田調教師 「11月23日(木)はデビュー戦でコンビを組むアッゼニ騎手を背に本馬場へ。ちょっとエンジンの掛かりが遅かったものの、スピードに乗ってからはOK・・・との感想でした。事前に特徴を把握したのはプラス。来週へ向けて仕上げを進めます」

≪調教時計≫
17.11.23 アッゼ 栗東芝良 84.9 67.2 51.5 37.5 12.4 一杯に追う メメント(2歳新馬)一杯の内0秒7追走0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦のおおよその予定は決まっていたも、追い切りの動きが一息でデビューへ向けてのGOサインは出ていなかったロードヴォラーレ。木曜日の追い切りは実戦を想定して芝での併せ馬を敢行。併せた相手のメメントの調教動画で確認できましたが、反応は一息も、エンジンが掛かってからはメメントを煽る形。パワフルな前捌きではないので、やはり芝で良さが出そうなタイプです。

この動きを見て、中内田師から来週のデビューへ向けてGOサイン。鞍上はこの追い切りに跨ってくれたA.アッゼニJに決まりました。現段階で相手関係は分かりませんが、開幕週なのでそれなりに揃う筈。また、この両親なので初めてのデビュー戦で平常心を失うことが十分考えられます。新馬戦で結果を出している厩舎の一員ですが、ヴォラーレはそれらと少し違うタイプと見てもらえればと思います。まずは良い状態で来週の競馬を迎えてもらいたいです。

2017年11月20日 (月)

ロードなお馬さん(2歳・未デビュー馬)

Photo_6 ロードヴォラーレ

11月16日(木)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.3-67.0-52.5-39.0-12.7 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒6遅れ。短評は「力強さに欠け」でした。12月3日(日)阪神・2歳新馬・芝1600mに予定しています。

○中内田調教師 「11月16日(木)もウッドで。全体的には相応の時計が出ています。ジワジワと良化を遂げており、今朝の一追いで更に上向くはず。ただ、もう少し本数を積みたい感じですね。阪神1週目で態勢が整うか否か・・・。そんな印象かも知れません」

≪調教時計≫
17.11 栗プール 10
17.11.16 藤岡佑 栗CW稍 82.3 67.0 52.5 39.0 12.7 一杯に追う メメント(2歳新馬)一杯の外0秒6遅れ

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。ゲートからの発進に対しても段々と慣れて来ており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「扉の開く音に反応してスタートがワンテンポ遅れる形。怖いのかも知れませんね。でも、こればかりは慣れないと。その後はスッと出て行けるように変わっており、少しずつ上達を遂げているのは確かですよ。試験合格へ向けて反復しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴォレーレは今週末のデビューも視野に入れていましたが、16日の追い切りが案外だったので、阪神開催まで待つことに。しっかり追えているのは良いことですが、まだ体力面で途上なところが窺えます。もう少し調教を重ねて、素軽さだけでなく力強さを感じさせて欲しいです。

ザナドゥはゲートの開く音に反応するといった慎重な面を見せていますが、反復を繰り返すことで徐々に慣れている様子。早ければ今週中にゲート試験に挑戦できるかもしれませんが、これまで通り、一気に負担が掛からないようにマイペースを維持して進めてもらえればと思います。

2017年11月12日 (日)

芝1600mでのデビューを予定しています。☆ロードヴォラーレ

Photo_6 ロードヴォラーレ(牡・中内田)父オルフェーヴル 母アンビータブル

11月9日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.1-69.0-53.6-39.0-11.8 9分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒0先行して0秒1先着。短評は「時計平凡も動き良」でした。11月25日(土)京都・2歳新馬・混合・芝1600mもしくは12月3日(日)阪神・2歳新馬・芝1600mに予定しています。

○中内田調教師 「11月9日(木)は終い重点。動きも徐々に良化して来ており、ここまでは概ね順調でしょう。芝のマイルぐらいが合いそうなイメージ。今後の様子とジョッキーの兼ね合い等も踏まえつつ、候補の2鞍から絞り込んで行きたいと思っています」

≪調教時計≫
17.11.09 中 井 栗CW良 86.1 69.0 53.6 39.0 11.8 一杯追伸る メメント(2歳新馬)一杯の外1秒0先行0秒1先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

先週の更新であと3本ぐらい強い攻めが必要というジャッジだったロードヴォラーレ。9日の追い切りは先週同様にCWコースでの併せ馬を行い、終いを伸ばしています。

6ハロンの時計は平凡ですが、ラスト1ハロンは11秒8をマーク。追われてしっかり伸びているのは好感。まだまだ体力面で物足りなさはあっても、やはり良いモノは秘めています。

デビュー戦については、京都の最終週or阪神の開幕週の芝1600mを両睨み。個人的には強気に後者を選んでほしいかなと。鞍上はアッゼニJor川田Jあたりが有力でしょうか。

競馬へ行って、パニックになる恐れはありますが、素軽い走りをするので、芝で更に良さが出そうなタイプ。出資していた母の仔がデビューするのはヴォラーレが最初のことなので、今からデビュー戦が楽しみです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | コールドフロントの16 | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンフォーローズの16 | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ