最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)マンボビート」の70件の投稿

2017年8月30日 (水)

スタートで不利を受け、道中の位置どりが後ろ過ぎたのが全て。9着という結果を受け、JRAの登録を抹消することになりました。★マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

日曜小倉3R 3歳未勝利(芝1200m)9着(5番人気) 森裕J

スタート直後に躓いたことに加え、前をカットされたことで行き脚が付かず、道中は最後方を追走、勝負どころから前を窺いにいき、最後の直線で大外に出して懸命に追い出しにかかりましたが、上位馬との差を詰めることが出来ず、9着に敗れています。

森裕騎手「出来れば中団よりやや後ろ目あたりを追走したかったのですが、スタートしてすぐ躓いてしまい、それに加えて横の馬が寄ってきて前をカットされたために、ワンテンポ行き脚をつけるのが遅れてしまったので、流れに乗ることが出来ませんでした。勝負どころでスッと反応してくれましたし、惰性をつけて上がって行くことが出来たので、最後までしっかり脚を伸ばしてくれましたが、位置取りの差が最後に出てしまいました。スムーズな競馬をすることが出来ず申し訳ありませんでした」

橋口慎調教師「長距離輸送も堪えることなく、いい状態でレースに臨めました。今週からBコースになり、内目が有利な馬場になっていましたし、あまり後ろ過ぎると届かないと思っていたので、もう少し前目に取り付ければ良かったのですが、スタートで躓いたことと、行き脚が付く前に前をカットされたことで、位置取りがかなり後ろになってしまったのは誤算でした。最後の直線で内を突ければ良かったのですが、馬群がゴチャ付いていたために外に出すしか方法がなかったようです。悪くても優先出走権は獲ってくれると思っていただけに、結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした」(レース結果)

これまでの競走内容や、今回優先出走権が獲れず、未勝利戦への出走機会が事実上なくなったことを踏まえ、今後について協議した結果、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。近日中に抹消の手続きが取られ、8月31日(木)のサラブレッドオークションに上場する予定です。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

映像を見る限り、スタートでの大きなロスは見えなかったのですが、マンボビートは知らない間に後方に置かれ、4角手前ではほぼ巻き返し不可能な位置。直線は大外から勢い良く伸びては来ましたが、道中の位置取りの差が全てで9着に終わってしまいました。

差し脚は確実になってきたので、実績のある距離で5着以内は大丈夫だろうと見ていたのですが、ショックの大きい敗戦になってしまいました。そしてレース後、現状を踏まえてこのまま引退することに。個人的には短い距離での追い込みが板に付いてきていただけに、もう少し可能性に賭けた欲しかったです。早くマンボビートの適性を掴んであげたかったです。

今後はサラブレットオークションに上場し、新たな馬主の手に渡ることに。再転入できる力は秘めていると思うので、もう1度競馬を走らせてあげて欲しいです。

2017年8月27日 (日)

距離短縮はプラス。JRAでの生き残りを賭けた1戦も、ここ2戦のような後方待機策で末脚に全てを賭けて欲しい。☆マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

日曜小倉3R 3歳未勝利(芝1200m)5枠9番 森裕J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:23日に坂路で追い切り

橋口慎師「23日に坂路で追い切りましたが、動きに関しては言うことありません。あとはこの馬の競馬に徹してどこまで末脚を伸ばしてくれるかですね。今週からBコースになり、先行馬有利の馬場になってしまいそうですが、そのような時は先行馬が競い合ってペースが速くなり易い傾向があるので、マンボビートの末脚を信じて自分の競馬に徹してもらおうと思います」(8/24近況)

助 手 23栗坂良 54.0- 38.8- 25.2- 12.9 強目に追う キリシマアスカ(二未勝)馬なりに0.8秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉10日目(08月27日)
3R 3歳未勝利
サラ 芝1200メートル 指定 馬齢 発走10:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 タガノイシス 牝3 54 川島信二
1 2 エヴリトリック 牝3 54 北村友一
2 3 イサチルリョウマ 牡3 56 菱田裕二
2 4 メモリーディディ 牝3 54 秋山真一郎
3 5 プラチナバイオ 牡3 56 松山弘平
3 6 ワンダーアマービレ 牝3 54 松若風馬
4 7 レッドフィエルテ 牝3 53 荻野極
4 8 サンバディ 牝3 54 川須栄彦
5 9 マンボビート 牡3 53 森裕太朗
5 10 エイシンプレミアム 牝3 54 小牧太
6 11 ミツルファミリー 牡3 56 鮫島克也
6 12 ミスパッション 牝3 53 鮫島克駿
7 13 タガノフレイア 牝3 54 和田竜二
7 14 カズマデプレシャン 牡3 56 幸英明
7 15 シャイニーホーム 牝3 53 岩崎翼
8 16 ファニーフェロー 牡3 56 浜中俊
8 17 セレッソプレミオ 牝3 54 山口勲
8 18 アルバシュルク 牝3 51 富田暁

○橋口慎師 「前走は外を回るロス。1200mの方がいいと思いますし、展開が向いてくれれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の中京芝1400mは追い込み一手のマンボビートには辛い条件でしたが、最後は大外からラスト3ハロン33秒9の脚を使っての6着。番組が合わなかっただけで引き続き良い末脚を使えたことは評価できます。

その前走から短期放牧を挟んで臨む1戦。キャリア7戦の身なので、小倉に使えないと道が途絶えてしまうのですが、まずは無事に出走できたことが何より。そして適条件の芝1200mに出走できるだけに何とかこのチャンスをモノにして欲しいです。状態に関しては特に気になるところはなく、順調に仕上がったと思います。

ただ、今週からBコース使用。内の傷んだところがカバーされたので、先行馬有利。マンボビートには高い壁として立ちはだかりそう。また、1分8秒台半ばの決着だと差し届かないかもしれません。今回も良い末脚を使ってくれるでしょうが、逃げ・先行馬がガリガリやってくれて、差し・追い込み馬に有利な流れになってもらいたいです。

レース運びとすれば、ここ2戦の形で良いと思います。下手に道中で動くと、最後の脚が鈍ると思います。出来るだけ道中は脚を溜め、3角過ぎから馬群の外を捲っていく形を。多少強引な競馬で他馬を内に閉じ込めても仕方ないでしょう。

まあ、地方からの出戻りとなっても、この条件なら通用する余地はあると思うので、森裕Jには結果を恐れず、大胆に乗ってきてもらいたいです。

2017年8月19日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・来週出走予定馬)

Photo_3 マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:16日に坂路で追い切り
・次走予定:小倉8月27日・芝1200m(森裕J)

橋口師「16日に坂路で追い切りました。前半の馬場が良い時間帯だったので、時計は出易かったかもしれませんが、それを考慮しても良い動きをしていましたね。今週の想定を見ても来週なら十分節が足りそうなので、予定通り8月27日の小倉・芝1200mに向けて万全の状態でレースに臨みたいと思います」(8/17近況)

助 手 13栗坂良 55.4- 40.2- 26.4- 13.5 馬なり余力 ミッキーラブソング(古オープン)馬なりを0.5秒追走同入
助 手 16栗坂不 52.2- 38.1- 25.0- 12.5 一杯に追う ミッキーラブソング(古オープン)一杯を0.2秒追走0.2秒遅れ

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:16日に函館Wコースで追い切り
・次走予定札幌8月27日・芝2600m

荒川師「函館競馬場で調整していますが、いい状態を保っていますし、何より落ち着いていることが良いですね。16日に函館Wコースでサッと時計を出しましたが、反応良くスッと動けていました。今週でも使える態勢ではありますが、前走と同じ2600mの番組を求めて予定通り来週使いたいと思います。蛯名騎手が乗れないとのことなので違うジョッキーに打診中です」(8/10近況)

助 手 16函W稍 72.5- 56.6- 41.6- 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の競馬で進退が掛かってくる2頭の近況をまとめて。

マンボビートは引き続き森裕Jとのコンビで来週の小倉芝1200mへ向かうことが決定。無事出走が叶うかが1つポイントになってきますが、今週の想定を見る限りは大丈夫そうとのこと。追い切りでは今週の北九州記念に出るミッキーラブソングに胸を借りる形。16日の追い切りは動画で見ましたが、最後は突き放されたものの、外へ併せてよく食い下がっていました。良い状態で臨めそうですから、あとは運が味方して欲しいです。

ブライトクォーツは前走で初めて3着。もうひと押しが課題ですが、これぐらい距離があると、追走にメリハリが付きます。ただ、次走で蛯名Jが乗れないのは残念。2017ワールドオールスタージョッキーズの開催の煽りを受け、新潟で騎乗するのかな? まあ、内外のトップJが集まる週なので、新パートナーは見つけやすい筈。ズブい馬なのでしっかり追える・馬を動かせる騎手を選んでもらいたいです。

2017年8月12日 (土)

シルクなお馬さん(牡馬・厩舎滞在組)

Photo_3 マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:9日に坂路で追い切り

橋口師「9日に坂路で追い切りました。先週末の追い切りでもまずまず動いてくれましたが、今回はそれ以上の動きで、最後まで余力が残っていました。確実に力を付けてきているのがよくわかりますし、レース内容もだいぶ形が出来てきているだけに、あとは1200mの番組に使えるかどうかですね。小倉の5週目あたりを考えていますが、もし来週使えそうなら投票してもいいと思っています。態勢はほぼ整いつつありますし、どちらになっても対応できるように調整していきたいと思います」(8/9近況)

助 手 6栗坂良 54.8- 40.2- 26.5- 13.1 馬なり余力 ミッキーラブソング(古オープン)馬なりを0.1秒追走同入
助 手 8栗坂不 60.5- 43.9- 28.8- 14.6 馬なり余力
助 手 9栗坂稍 54.6- 39.4- 25.6- 12.5 馬なり余力 ミッキーラブソング(古オープン)馬なりに0.9秒先行アタマ先着

Photo_3 グランドサッシュ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Aコースでキャンター
・次走予定:8月19日の新潟・日本海S(岩田J)

武市師「この中間も変わりなく順調です。先週はこの時期にしては涼しかったこともあり、馬体回復・疲労回復はスムーズでした。ただ今週はまた暑さがぶり返してきましたので、バテないように気を付ける必要があるでしょう。11日に時計を出す予定です」(8/10近況)

調教師 11南坂稍 54.8- 39.6- 26.0- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

マンボビートは丹念に時計を出して調整を進めています。ただ、どれぐらいで節が足りるかハッキリせず、芝1200mのレースに使えるかも。適条件なら勝ち上がる力はあるのですが…。何とか運が向いてくれることを願うばかりです。

グランドサッシュは来週の競馬を予定。気温の変化に体調が左右されるところのある馬ですが、とにかく馬体の回復を最優先に。脚元の加減もあるので追い切りは無理する必要はありません。

2017年8月 3日 (木)

勝負の1戦へ向け、2日に栗東・橋口厩舎へ戻っています。☆マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

・在厩場所:2日に栗東トレセンへ帰厩
・次走予定:第2回小倉開催

橋口慎師「2日の検疫が回ってきましたので帰厩いたしました。どれぐらい節があれば確実に使えるのか想定を見ないとわかりませんが、出走態勢を整えていつでも使えるように調整していきたいと思います」(8/2近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳未勝利馬の淘汰がそろそろ佳境を迎える中、マンボビートは2日に帰厩。優先権がないだけに次走には節(レース間隔)が必要となります。まずはどれぐらいあればレースへの出走が可能かどうかをしっかり調査をお願いしたいです。

状態に関しては、問題なく来ていると思うので、勝負の1戦へ向けて状態を上げていって欲しいです。

2017年8月 1日 (火)

シルクなお馬さん(3歳未勝利馬)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:トレッドミルでキャンター

担当者「この中間もトレッドミルでキャンターを行っています。馬体重は526キロと前回計測時と比較してまた少し増えてしまっていますが、変に太くは映りません。脚元の状態にも変わりはありませんし、今後もキャンターを行いながら、基礎体力強化を図っていきたいと思います」(7/28近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:26日に函館Wコースで追い切り
・次走予定:札幌8月5日・芝2600m(蛯名J)

荒川師「26日に函館Wコースで追い切りました。ここまで使ってきていることもありますし、サッと反応を確認する程度でしたが、状態・動き共に好調を維持していますよ。これまでの競馬を振り返っても、距離云々と言うよりは、スムーズな競馬が出来るかどうかに尽きると思います。8月5日の2600mならおそらく節が足りそうなので、蛯名騎手にお願いして使う予定で進めていきたいと思います」(7/26近況)

助 手 26函W良 73.4- 57.1- 42.1- 13.4 馬なり余力
助 手 29函W良 61.0- 45.3- 15.4 馬なり余力
助 手 30函W良 74.0- 57.5- 42.4- 14.2 馬なり余力

Photo マンボビート

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター、坂路でハロン15秒

厩舎長「そろそろ帰厩の予定が決まるころだと思うので、今週から坂路でハロン15秒の調教を開始しています。状態は変わらず好調を維持していますし、暑さの影響を受けることなく順調そのものです。だいぶレース内容が安定し、勝てるところまで来ているだけに、悔いがないように調整していきたいと思います。馬体重は472キロです」(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳未勝利馬の進退がそろそろ決まっていく中、牧場でのトレッドミル調整が続くインペリオアスール。“基礎体力強化”と言われていますし、どう見てもスーパー未勝利にも間に合わないかと。地方へ一旦出すことになるなら、早めに申告してもらえればと思います。

ブライトクォーツは優先権はありませんが、今週末の競馬に。状態は引き続き安定していますし、スタミナもありますが、捲っていく脚が使えないのが全て。道中でポジションを上げていけないですから…。正直、今から結果が見えています。

シルク・ロードの3歳未勝利馬の中で、勝ち上がる可能性があるならマンボビート。展開に左右される脚質ですが、追い込みで一定の脚は使えるように。あとは相手関係・展開が味方してくれれば。そろそろ帰厩となるでしょうから、良い状態で厩舎へ送り届けて欲しいです。

2017年7月22日 (土)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・未勝利馬)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週5回トレッドミルでキャンター、残りの日はウォーキングマシン 

担当者「引き続きトレッドミルを中心に進めていますが、体調面に問題なく飼い葉もしっかりと食べています。脚元に関しても小康状態を保っていますので、今後もよくケアしながら進めていきたいと思います」(7/21近況)

Photo マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「先週一杯はレースの疲れを取る為に軽めの調整を行っていましたが、特に状態は変わりなかったので、今週から周回コースで調教を開始しています。小倉開催の後半を予定しているので、週末から坂路でハロン16秒の調教を開始し、帰厩に向けて徐々にピッチを上げていきたいと思います。馬体重は473キロです」(7/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールは変わらずトレッドミルでの生活。どのタイミングで騎乗運動を再開するか、その判断は難しいでしょうね。ここで一頓挫あると完全にアウトですから。

結果は伴わなかったも、2戦連続で良い末脚を見せてくれたマンボビート。レース運びとすれば、これで合っていると思います。あとは展開が向くかどうか…。芝1200mの方が嵌りやすいと思うので、ラストチャンスといえる次走は悔いのない仕上げで臨んでもらいたいです。

2017年7月12日 (水)

前走がフロックではなかったことを証明するも、前有利の条件・流れではここまで。優先権を逃してしまったのは痛すぎる…。★マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

土曜中京7R 3歳未勝利(芝1400m)6着(8番人気) 森裕J

まずまずのスタートを切り、前走同様にじっくり脚を溜めながら最後方でレースを運びます。最後の直線で大外に出して懸命に追い出しにかかりましたが、展開が向かなかったこともあり、6着でゴールしています。

森裕騎手「前走と同じように、じっくり脚を溜めながら追走していきました。手応えは良かったですし、追い出しにかかるといい脚を使ってくれましたが、先行馬有利の流れになってしまったことで差し切ることが出来ませんでした。結果論ですが、外には出さず、内に入れていればもう少し差を詰め寄っていたかもしれません。2戦ともしっかり末脚を活かすことが出来ましたし、展開が嵌れば十分勝ち負けできる力がある馬だと思います」

橋口慎調教師「指示通り上手く乗ってくれましたが、先行馬有利の展開になってしまったのが痛かったですね。ジョッキーも言っていましたが、早めに内へ入れて追い出していれば、優先出走権は取れていたかもしれません。残念な結果になってしまいましたが、ここに来て力を付けてきているのは確かだと思います。次走の予定を立てるのが難しくなってしまいましたが、小倉開催の後半で使えるように態勢を整えておこうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/13日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・次走予定:第2回小倉開催
・調教内容:軽めの調整

橋口師「レース後も状態は変わりありませんが、一旦放牧に出して小倉開催の後半で出走できるように帰厩させる予定です。13日にノーザンファームしがらきへ放牧に出す予定です」(7/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走2着がフロックではなかったことを示す末脚を繰り出してくれたマンボビート。じっくり脚を溜め、末脚勝負に徹する乗り方が合うことを証明してくれました。

その一方、勝ち馬こそ内からスパッと切れ味を発揮しましたが、1400mはどの競馬場でも前有利な条件。最後方からの追走で大外をぶん回していては上位を脅かすところまで行きません。

そして今回痛恨だったのが6着で次走への優先権を取れなかったこと。既に5戦以上を消化しているマンボビートにとって、出走の道は険しくなっていきます。おそらく小倉の後半戦で1度使えるとは思いますが、厳しい立場へ追いやられたのは確かです。まあ、仮に1勝できなければ、地方へ転出してJRAへの再登録を目指して欲しいです。追い込みのスプリンターとして、まだまだやれる可能性は秘めていますから。

2017年7月 8日 (土)

前走から1ハロン延長で追走は楽になりそうも、レースの流れに乗った競馬をすると最後甘くなりそう。今回も揉まれない位置で脚を溜め、直線勝負に徹して欲しい。☆マンボビート

Photo_3 マンボビート(牡・橋口慎)父スズカマンボ 母ヒシエンジェル

土曜中京7R 3歳未勝利(芝1400m)4枠7番 森裕J

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:5日に坂路で追い切り

橋口慎師「7日に坂路で追い切りました。馬場が良ければもっと動いていたと思いますが、少しでも重くなってしまうともう一つ動いてくれませんね。立派な馬体の割には、少しパワーに欠けるところがあるので、やはりダートよりは芝の方が良いのかもしれません。前走は明らかに距離が長い印象を受けましたから、今回は1200mを使うことにしましたが、スタートさえ上手く決まれば流れに乗ることが出来ると思うので、対応してくれるはずです。今回は3キロ減の森裕太朗騎手を起用したので、上手く斤量を活かしてほしいですね」(6/8近況)

助 手 5栗坂不 57.2- 41.2- 27.0- 13.2 叩き一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京3日目(07月08日)
7R 3歳未勝利
サラ 芝1400メートル 指定 混合 馬齢 発走13:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヤマニンペダラーダ 牡3 56 松山弘平
1 2 シルバーフォー 牝3 54 高倉稜
2 3 ジェニアル 牡3 56 武豊
2 4 クラウンジュエリー 牡3 54 荻野極
3 5 オウケンヴィクトリ 牝3 54 太宰啓介
3 6 メイショウモウコ 牡3 56 川島信二
4 7 マンボビート 牡3 53 森裕太朗
4 8 アネロワ 牝3 54 幸英明
5 9 ロードアイビス 牡3 56 和田竜二
5 10 イズナ 牝3 54 秋山真一郎
6 11 マダムサッシュ 牝3 54 武士沢友治
6 12 イェーガーオレンジ 牝3 54 福永祐一
7 13 アドマイヤホルン 牝3 54 国分優作
7 14 ホープバイオ 牡3 56 中谷雄太
7 15 ディレットーレ 牡3 55 加藤祥太
8 16 ウインスーペリア 牡3 56 酒井学
8 17 キンショースピード 牡3 53 川又賢治
8 18 ガーネットホープ 牝3 53 岩崎翼

○橋口慎師 「前走、テンに行けなかったもののラストはいい脚。馬場が渋ると心配ですが、1400mはレースがしやすいかもしれません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走のマイル戦での行きっぷりの良さから、前走の芝1200mなら楽に追走できるものと思っていたら、二の脚が一息。そして折り合いに専念すると、後方で置かれる形。何ともチグハグなレースで今回も厳しい結果を覚悟しましたが、4角では勢いよく大外へ。そこからグイグイ伸びて2着まで来るとはこれまでの走りからは全く想像できませんでした。結果的に揉まれない位置で脚を溜めれば、いい脚を使えることを見せてくれました。

その激走から中3週で臨む今回。相変わらず稽古の動きは地味ですが、2本ビシッと終えていますし、反動や疲れは大丈夫。走れる態勢には十分あるでしょう。

今回はデビュー戦と同じ芝1400m。前走から1ハロン延びたことで行きっぷり・追走に余裕が出るかもしれません。ただ、馬群の中で気分良く追走してしまったら、最後は甘くなってしまい、失速する可能性が高いと思います。不器用なレース運びでも、揉まれない位置で脚を溜め、直線は大外へ持ち出すのがベストだと思います。レースの流れに乗った競馬はマンボビートにはプラスに働きません。

前走で変わり身を見せて変わり身を見せてくれましたが、既に6戦を消化している身。次に崩れてしまうと、また立場が苦しくなってしまいます。それ故、今回の走りはホント重要。前走の走りがフロックではないことを証明し、5着以内確保が求められます。ただ、冷静に見ると、前走より相手は大幅に強化。展開・人気馬の凡走など恵まれる必要がありそうで…。

2017年7月 1日 (土)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで28日に時計
・次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(Jpn1)

牧師「28日に坂路コースで時計を出し、併走馬を追走・同入しました。終いは強めに追ったのですが、いい反応を見せ、好時計をマークしています。まだ、前捌きの硬さが取り切れないので、坂路中心に進めていますが、動きは順調に良化しています。競馬までには、もう少し時間があるので、引き続きケアをしながら、更に状態を上げていきたいと思います」(6/29近況)

助 手 25南坂稍 56.0- 40.7- 26.2- 12.8 馬なり余力
助 手 28南坂稍 52.0- 38.3- 24.9- 12.4 末強目追う レオイノセント(古500万)一杯を0.3秒追走同入

Photo マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:28日に坂路で追い切り
・次走予定:中京7月8日・芝1400m(森裕J)

橋口慎師「28日に坂路で追い切りました。併せて遅れはしたものの、馬場が悪い時はいつもこんな感じですから、あまり気にしなくていいでしょう。この中間もいい状態を維持していますし、体調を整えてあげれば前走のようにしっかり走ってくれると思います」(6/29近況)

助 手 25栗坂重 58.0- 42.6- 28.3- 14.0 馬なり余力
助 手 28栗坂稍 55.5- 40.6- 26.5- 13.4 一杯に追う モンラッシェ(古1000万)強目に0.2秒先行0.5秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前捌きの硬さが抜けず、坂路オンリーの追い切りを続けているのは不満ですが、ひと追い毎にリゾネーターの調子は上がってきていると思います。レースまでに1本でもWコースで負荷を掛けることができるかが1つポイントかなと見ています。また、前走の大敗が尾を引かないようにお願いします。

マンボビートは来週の中京戦を予定。追い切りは相変わらず地味ですが、1週前にしっかり負荷を掛けることが出来ているのは○。状態に陰りはありません。前走より1ハロン延長となりますが、レースプランとすれば、揉まれない位置で追走して終いに賭ける形を次走でも貫いて欲しいです。正攻法の競馬で押し切る力はないと思いますし。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (再ファンド・未)ロードバリスタ (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ