出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードゼスト」の75件の投稿

2017年9月25日 (月)

岩田Jとのコンビで週末の阪神・芝2600mへ挑みます。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に58.9-43.2-28.9-14.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.4-68.0-53.2-39.1-12.0 6分所を強目に追っています。短評は「デキ落ちなし」でした。9月30日(土)阪神・3歳上500万下・芝2600mに岩田騎手で予定しています。

○千田調教師 「9月21日(木)もウッドへ入れています。本当に良かった頃には及ばぬものの、先週と比べれば馬自身がヤル気に。来週までに何処まで雰囲気を近付けられるか・・・でしょう。上位の中から改めて選定。次は岩田騎手とのコンビで臨む予定です」

≪調教時計≫
17.09.21 助手 栗CW良 84.4 68.0 53.2 39.1 12.0 強目に追う
17.09.21 助手 栗東坂良1回 58.9 43.2 28.9 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この土曜日の阪神・芝2600mを予定しているロードゼスト。サッパリな結果に終わった前走の疲れもなく、中間の調整は頗る順調。気持ちが少し後向きになっていましたが、負荷を高めることで良い意味でピリッとしてきています。

また、未定だった鞍上は岩田Jに決定。追える騎手なので手は合うでしょう。ただ、前走で気分良く動き過ぎたのが敗因に繋がったので、今回は折り合い重視でじっくり進めてもらいたいです。そして3角すぎの勝負どころから仕掛けていってもらえればと思います。今回は悪くても掲示板(5着以内)は確保してもらわないと。巻き返しを心から願っています。

2017年9月16日 (土)

ロードなお馬さん(千田厩舎)

Photo_3 ロードゼスト

9月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に60.0-42.9-27.8-13.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.1-66.8-51.9-38.7-12.6 6分所を強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を2秒5追走して0秒2遅れ。短評は「順調に乗り込む」でした。9月30日(土)阪神・3歳上500万下・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「騎乗トレーニングを再開。さほどダメージも窺えず、厩舎で調整を続けています。ただ、9月13日(水)は集中力に欠けるような走り。外を回った相手に手応えも劣勢で・・・。もう少し頑張って欲しかったところ。再来週の2600m戦が目標です」

≪調教時計≫
17.09.13 助手 栗CW稍 82.1 66.8 51.9 38.7 12.6 強目に追う タガノヤグラ(古馬500万)馬なりの内2秒5追走0秒2遅れ
17.09.13 助手 栗東坂稍1回 60.0 42.9 27.8 13.3 馬なり余力

Photo_3 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「併せ馬の際などは問題ないものの、1頭だと仲間を探すような素振り。寂しくて鳴いているのかも知れませんね。直近の計量で馬体重は475キロ。15-15の稽古を交えつつ乗り込みながらも、見た目には十分なボリュームが備わっていますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは騎乗運動を再開して、13日にCWコースで併せ馬を消化。相手の動きが素晴らしいだけでこの馬の時計はそう悪くありません。ただ、“集中力に欠けた”というのは気になる材料。前走の大敗がメンタル面で狂いを生じさせているような…。

イヒラニは順調に調教を消化。馬体もフックラして状態は着実に上がってきています。ただ、精神面の幼さは急には良くならずで…。仲間を探す・付いていく感じなので、レースではなかなか先頭に立ちあがらない馬かも。そうなると、勝ち切れないレースが続くのかなと想像します。

2017年9月 7日 (木)

ペースが緩んだところで気分良く前へ行き過ぎて…。勝負どころから挽回する脚はさすがに残っておらず失速の8着。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月3日(日)小倉12R・3歳上500万下・混合・芝2600mに川田Jで出走。11頭立て1番人気で7枠8番からスローペースの道中を4、3、2、4番手と進み、直線では最内を通って0秒8差の8着でした。馬場は良。タイム2分42秒1、上がり36秒8。馬体重は10キロ増加の452キロでした。

○千田調教師 「10キロの増加は前走時に減っていた分が戻っただけ。上々のコンディションでレースを迎えられたと思います。ただ、1周目のスタンド前を気分良く走らせ過ぎた感じ。もう少しジワッと行けば良かったかも・・・とレース後に川田騎手が振り返っていたように、序盤を積極的に運んだのが最後に響いたかも知れませんね。残念。ひとまずトレセンへ戻してダメージ等を確認し、その上で新たなプランを検討しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ペースの緩んだスタンド前でハミを噛んで、一旦は2番手グループへ。出入りの激しくなった3~4角では促されていたが、上位勢より劣勢。そのまま挽回する場面がなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。

○千田調教師 「無事に栗東へ。見た目には大きな問題も窺えませんね。近日中に再び跨る予定。そこでの感触に応じて今後の予定を立てる計画です。阪神開催後半の自己条件に、芝2000m以上のレースが2鞍。続戦で行く場合には、そのあたりが候補でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

芝の中・長距離戦を継続して使いつつ、安定感が出てきていたロードゼスト。昇級戦の前走でも渋太く3着に踏ん張っていたので、11頭立て+手薄なメンバーの今回も決め手の差が最後に出てたとしても、大崩れはしないものと見ていました。

スタートは少し煽るように出ましたが、大したロスには至らず。中団で競馬を進めることが出来ました。そして1周目のスタンド前で内からスルスルと進出。上手にポジションを上げていくことが出来たと思ったのですが…。向正面では馬群はギュッと凝縮。3角手前からレースの流れは一気にペースアップしたのですが、そこで苦しくなってしまって…。4角を回る頃には脚色が怪しくなり、よもやの8着に終わってしまいました。

ポジションを上げていった時にハミを噛んだのが全て。他馬の後ろで我慢させていれば結果は違ったでしょうが、まったくのテン乗りではさすがの川田Jでもイメージ通りには行きませんでした。

厳しい競馬を強いられたゼストですが、レース後のダメージは想定内。クタッとした感じはありません。今後の予定は跨ってからになるでしょうが、厩舎に滞在して進めることになっています。初勝利を挙げた阪神の方が走りやすいでしょうから、次走できっちり巻き返してもらいたいです。

2017年9月 3日 (日)

決め手に欠けるので何かに差される可能性は高いも、距離経験は強み。手頃な頭数ですし、大崩れはなさそう。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月3日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝2600mに川田Jで出走します。8月30日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.5-43.4-27.9-13.0 馬なりに乗っています。また、良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン70.5-54.1-39.4-12.3 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を通って0秒2先着。追い切りの短評は「好調持続」でした。発走は16時15分です。

○千田師 「8月30日(水)もウッドで。イイ感じで駆けていました。幾らか馬体重はプラスを示すかも。でも、好走した前回と同等のデキで送り出せそうですよ。ちょっとズブい面を持つタイプ。しっかり動かせるジョッキーが乗れるのはベターでしょう」

≪調教時計≫
17.08.30 助手 栗東坂良1回 60.5 43.4 27.9 13.0 馬なり余力
17.08.30 助手 栗CW良 70.5 54.1 39.4 12.3 馬なり余力 ゴールデンローズ(古馬500万)馬なりの内0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉12日目(09月03日)
12R 3歳上500万下
サラ 芝2600メートル 特指 混合 定量 発走16:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クールジョジョ 牝6 54 義英真
2 2 タガノシャルドネ 牡3 54 和田竜二
3 3 テイエムナナヒカリ 牡4 57 小牧太
4 4 ディスピュート 牡4 57 幸英明
5 5 ミッキーロイヤル 牡3 54 松若風馬
6 6 エイシンキスミー 牝4 54 荻野極
6 7 フォースフィールド 牡5 54 森裕太朗
7 8 ロードゼスト 牡3 54 川田将雅
7 9 ブルノ 牡3 54 水口優也
8 10 ユキエファルコン 牡3 51 富田暁
8 11 ノーブルソニック 牝5 55 北村友一

○千田師 「放牧明けでも仕上がりは良く、減った体も戻っていい状態。昇級戦が好内容だし、立ち回りひとつ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

長い距離を使うようになって、この馬なりに安定感が出てきているので、関東馬相手の昇級戦の前走でも恥ずかしい競馬はしないと思っていました。結果は3着に敗れ、決め手の差が出てしまった形ですが、勝負どころから自分で動いて行く正攻法の競馬。直線で交わされても、パタッと止まることなく頑張っていたレース内容は大いに褒められると思います。

その後はグリーンウッドでリフレッシュ。目標にしていたこのレースに照準を合わせてきました。コンスタントに使われてきているので上昇度は乏しいですが、活気ある動きを披露。デキはしっかりキープできていると思います。

相手関係に目を移すと、11頭と手頃な頭数。ライバルになってくるのは同年代の2番・5番の馬になってくると思いますが、ゼストには距離経験の強みがあります。前走は少し早く動いてしまったので、今回はその辺を修正してもらえれば。あとは追える川田Jに最後まで叱咤激励してもらい、粘り通して欲しいです。

まあ、決め手に欠けるので、何かに差される可能性も高いのですが、まずは大崩れはないと思います。

2017年8月26日 (土)

17日に厩舎へ。来月3日の出走へ向けて良い雰囲気を保っています。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

8月23日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.2-43.9-28.5-13.7 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン52.7-37.5-12.0 7分所を馬なりに乗っています。短評は「好気配保つ」でした。9月3日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「北海道のセリに来ており8月23日(水)の様子を直接には未確認。でも、終いの動きが良かった・・・とスタッフより報告が届いていますよ。ここまでは順調と言えそう。ジョッキーに関しては調整中ながら、予定通りに次週へ向かえるでしょう」

≪調教時計≫
17.08.23 助手 栗東坂良1回 60.2 43.9 28.5 13.7 馬なり余力
17.08.23 助手 栗CW良 52.7 37.5 12.0 馬なり余力

2017.08.17
8月17日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、9月3日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「だいぶ回復が図れた様子。8月17日(木)に再び厩舎へ戻しています。3週間での帰厩は当初の計画通り。放牧前に挙げたプランに沿って、小倉最終週を目指す方針です。早速、明日18日(金)より馬場へ。実際に跨って感触を確かめましょう」

2017.08.15
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「先週半ばより登坂を開始。時折、ハロン18秒より速いペースでも走らせています。ここ最近は背腰の具合も安定。概ね順調でしょう。当初のスケジュール通りならば、そろそろ移動の連絡が届くタイミング。声が掛かれば対応できそうですよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2週間分の近況をまとめて。

来週の小倉・芝2600mへの出走を予定しているロードゼストは17日に栗東へ。順当に回復が進んだようで、この感じなら予定しているレースには間に合いそうです。

また、夏の福島で1戦しているので、追い切りに関してはサラッと息を整える程度で良さそう。実際、23日は少し終いを伸ばすような追い切りを消化。活気があって良い雰囲気を維持できています。

前走は関東馬相手でしたが、3着と昇級初戦でクラスへのメドは立てています。パワー型なので、最終週の傷んできた馬場が2勝目へと後押しして欲しいです。

2017年8月 9日 (水)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング3600m。8月3日(木)測定の馬体重は512キロ。

○当地スタッフ 「8月2日(水)より人間を背に迎えています。角馬場で十分に試運転を行なった上でダートコースへ。今のところは順調でしょう。トモの捌きがシャキッとしないのは、これまでに携わった兄弟に共通している部分。血統的な特徴とも言えそうです」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。8月3日(木)測定の馬体重は516キロ。

○当地スタッフ 「計画通りに推移。8月2日(水)には半マイル55秒9、終い13秒8を記録しました。上々の行きっぷりを示しており、幾らか楽をさせていた割には素軽いフットワークを披露。今後も右前脚球節の浮腫みに注意しながら帰厩を目指そうと思います」

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「治療の効果も手伝って、徐々に持ち直している感じ。ひとまずは周回コースでの調整ながら、近日中には坂路へも連れ出そうと思います。ただ、今回の滞在は短期間の予定。あまり強い稽古を課すよりも、ケア中心で行くのがベターでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

プレミアムは騎乗運動を再開。まずは馬体をしっかり解してから軽めの内容ですが、特に気になるところはなし。ただ、まだまだ暑い時季なので、暑い日は無理をしないようにお願いします。

セレリティは球節に浮腫みが残るようですが、調整中の動きは良好。暑さに参っている感じはありません。秋の番組が発表されているので、早めに予定を決め、そこへ向けて進めていって欲しいです。

ゼストは早目の処置で背腰のダメージは軽減。引き続き回復を優先していけば、予定している小倉最終週には間に合うでしょう。数を使ってきている馬ですし、外厩では無理をする必要はありません。

2017年8月 5日 (土)

ロードなお馬さん(千田厩舎)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「背腰に疲れが感じられる状態。レースによるダメージでしょう。千田先生と意見を交換。スムーズな回復を求めるべく、ショックウェーブを打ちました。近日中に再び跨り始める予定。そこでの感触に応じて以後の進め方を検討する方針です」

Photo_3 ロードイヒラニ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、8月13日(日)小倉・2歳未勝利・混合・芝1200mに予定しています。

○千田調教師 「馬自身は元気。再び跨り始めてからもコレと言って気に掛かる点は見当たりませんね。この様子ならば大丈夫そう。週末と来週に時計を出して次走へ向かおうと考えています。今度もトップジョッキーを配せるように・・・。乗り役を調整中です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストはグリーンウッドに滞在中。福島で頑張った疲れ・反動が残るようですが、適切な処置をしてどう変わってくるか。小倉の最終週を予定していますが、回復が遅いようなら無理しないようにお願いします。

イヒラニはレース後も元気一杯。暑さにクタッとしている様子もありません。これなら来週の競馬へ使えるでしょう。1度実戦を経験してどこまで学習できているか。父の初勝利の舞台でイヒラニも初勝利といきたいです。

2017年7月26日 (水)

最後は決め手の差が出るも、直線で交わされてからも渋太く踏ん張る。昇級戦で3着なら上々。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

7月22日(土)福島8R・3歳上500万下・芝2600mに大野Jで出走。14頭立て6番人気で5枠8番からスローペースの道中を5、4、2、2番手と進み、直線では中央を通って0秒3差の3着でした。馬場は良。タイム2分40秒5、上がり36秒2。馬体重は8キロ減少の442キロでした。

○千田調教師 「積極的なレース。また、一旦は交わされた相手を最後に差し返しています。渋太いタイプ。このような形で運ぶのが合うのでしょう。勝ち馬は以前に1000万下で走っていたのも考えると、クラスの目途が立ったと言えるのでは・・・。ただ、暑い時期と福島への輸送でマイナス8キロ。長い距離も走っただけに、ダメージを確認してから次のプランを検討すべきですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

馬体スッキリ。出たなりから先団で折り合い、流れに乗る。3分3厘から動き、正攻法の競馬。直線で勝ち馬に前に出られるも、そこから渋太く踏ん張った。昇級戦で上首尾の内容。(B誌より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は7月27日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して9月3日(日)小倉・3歳上500万下・混合・芝2600mへ向けて態勢を整えます。

○千田調教師 「脚元等に関しては大丈夫そうです。ただ、飼い葉が幾らか落ち気味に。ちょっと回復の時間を設けるべきでしょう。7月27日(木)に栗東近郊の牧場へ。3週間程度で帰厩の段取りを組み、小倉最終日の長丁場へ向かえれば・・・と考えています」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

長距離での一連の安定感から、昇級してもそう恥ずかしい競馬にはならないと思っていたロードゼスト。また、今回は関東圏での競馬で相手にも多少は恵まれるかなと見ていました。

パドックに登場したゼストはマイナス8キロ。絞れたというよりは細くなってしまったという感じ。活気はあったので、レースへの影響はそうなかったと思います。

大野Jはテン乗りでしたが、ゲートを出たなりでソツのない競馬をしてくれました。折り合いも特に問題はなかったです。ただ、結果論ですが、3角過ぎからもう少し強気に動いても良かったかなと。外から捲くられそうになってから内から抵抗していたので、早めに先頭へ立って、ラチを頼りに粘り込みを図って欲しかったです。まあ、それでも勝つところまでは厳しかったですね。渋太く3着を確保したことを大いに褒めてあげたいです。

レース後のゼストですが、脚元等は大丈夫。ただ、カイバ食いが落ちて、更に細くなってしまっている様子。明日、グリーンウッドへ移動し、英気を養うことになっています。そして順調に回復するなら、9月3日の小倉の芝2600mへ向かう予定となっています。

仮にここを勝つようなら、中2週で神戸新聞杯に挑戦して欲しいですが、ダメな場合はローカル中心に走っていって、早めに2勝目を挙げていくことを目標に据えて欲しいです。

2017年7月22日 (土)

決め手のなさを補う必要はあるも、芝の長めの距離なら昇級しても大崩れはなさそう。まずはクラスにメドの立つ走りを見せて欲しい。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

7月22日(土)福島8R・3歳上500万下・芝2600mに大野Jで出走します。7月18日(火)不良の栗東・坂路コースで1本目に63.7-45.3-29.0-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、7月19日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に58.9-41.9-27.2-12.9 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。また、不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン52.2-38.0-11.8 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の外を2秒1追走して同時入線。追い切りの短評は「毛ヅヤ冴える」でした。発走は14時05分です。

○千田調教師 「7月19日(水)はラストに軽く気合いを付けました。これまでの中で1番の状態かも・・・と言うのが乗り手の感想。見た目にも上々の雰囲気です。想定メンバーを確認すると、どうやらゲートインが果たせそう。福島の2600m戦へ行きましょう」

≪調教時計≫
17.07.18 助手 栗東坂不1回 63.7 45.3 29.0 14.3 馬なり余力
17.07.19 助手 栗CW不 52.2 38.0 11.8 一杯追伸る 毛ヅヤ冴える シゲルヒノクニ(障害オープン)馬なりの外2秒1追走同入
17.07.19 助手 栗東坂不1回 58.9 41.9 27.2 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島7日目(07月22日)
8R 3歳上500万下
サラ 芝2600メートル 指定 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 コスモヴェッキオ 牡4 57 宮崎北斗
2 2 ラペルトワ 牝4 55 津村明秀
3 3 コウキチョウサン 牡4 57 石神深一
3 4 ダイメイサンジ 牡8 54 野中悠太郎
4 5 セシルクラウン 牡4 57 小野寺祐太
4 6 ゴールデンハープ 牝5 55 吉田豊
5 7 クレッシェンドラヴ 牡3 54 石橋脩
5 8 ロードゼスト 牡3 54 大野拓弥
6 9 レジェ 牝4 55 戸崎圭太
6 10 ボーントゥレイン 牡4 57 北村宏司
7 11 バレエダンサー 牝4 52 武藤雅
7 12 ナンヨーテンプル 牡5 54 菊沢一樹
8 13 ドンリッチ 牡3 54 内田博幸
8 14 コスモジャーベ 牡4 57 柴田大知

○千田師 「少しズブい面があるから、前走は早目に動く形を取ったのが持ち味を生かせる結果にに結びついた。この条件は合っているし、昇級でも相手なりに動けそうに思うから」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月、福島・ダ1700mへの出走が叶わず、仕方なく芝2200mへ方向転換したところから、競走馬としての運命が変わってきたロードゼスト。ダートでは勝ち馬に1秒以上離される競馬が続いていた中、その阪神戦では直線で前が詰まるロスがありながらのコンマ6秒差。一応の適性を示すことが出来ました。そしてその次のレースでもコンマ4秒差の4着に健闘。連続して内容のある競馬が出来たのは自信になりました。ただ、その一方で決め手に欠けることを認識させられもしました。

そしてM.デムーロJを迎えて臨んだ前走。調整も順調だったので、勝てるなら今回かなと見ていましたが、スタートで後手を踏む形。決め手に欠ける馬だけに頭を抱えましたが、向正面で外目をスッと進出。淡々とした流れの中、仕掛けて行ったことが結果的には吉に。フラフラする面を覗かせながらも、早め先頭で後続を抑えきったのは立派です。着差以上に余裕はあったと思います。色んな条件がうまく噛み合い、待望の初勝利を得ることが出来ました。

前走後は早くから今回のレースを目標に設定。レース後、短期放牧を挟んできましたが、状態に関しては前走と何ら遜色ない状態だと言えるでしょう。また、数を使ってきている馬ですが、芝に戻してからはじわじわ成長を遂げてくれているようにも思います。

相手なりに走ってくれそうに思いますが、今回は昇級戦。決め手に欠ける馬なので、Sペースでの瞬発力勝負では分が悪いです。前走同様、ためらうことなく自分から仕掛けていくことで活路を見出して欲しいです。結果は優れなくても、内容のある走りを引き続き見せてもらいたいです。

2017年7月15日 (土)

ロードなお馬さん(3歳関西馬)

Photo_3 ロードゼスト

7月12日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に58.6-42.9-28.2-13.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-72.9-57.2-42.0-13.3 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を追走して0秒5先着。短評は「好調持続」でした。7月22日(土)福島・3歳上500万下・芝2600mもしくは7月23日(日)中京・渥美特別・混合・芝2200mに予定しています。

○千田調教師 「7月12日(水)はウッドへ入れています。馬自身は元気。前走の疲れも感じられず、調子は良さそうですね。以前に比べて落ち着きを増しており、最近はメンコも着けずに稽古を行なえるように。少しずつ精神面も成長を遂げているのでしょう」

≪調教時計≫
17.07.12 助手 栗CW良 89.7 72.9 57.2 42.0 13.3 馬なり余力 ダノンキラメキ(3歳未勝利)馬なりの内追走0秒5先着
17.07.12 助手 栗東坂良1回 58.6 42.9 28.2 13.8 馬なり余力

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月29日(土)小倉・3歳未勝利・ダ1700mに予定しています。

○昆調教師 「騎乗トレーニング再開後も大きな問題は無さそうです。ただ、見通しが立て辛い状況。一応は小倉の開幕週へ合わせて進める予定ながら、実際に出走を果たせるか否か・・・。7月12日(水)は普通キャンター。動向を確認しつつペースを上げます」

Photo_3 ロードレジスタ

7月13日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-73.1-57.5-42.4-13.2 8分所を追って一杯になっています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒3先行して1秒8遅れ。短評は「鋭さひと息」でした。7月29日(土)小倉・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは7月30日(日)小倉・3歳未勝利・芝2000mに予定しています。

○田代調教助手 「7月13日(木)にウッドで時計を出しています。でも、サッと流した程度。殆んど馬なり・・・と言った内容です。一度レースを使った後も、具合は変わり無さそう。経験を積むのが大事でしょう。小倉まで待てば恐らくゲートインも叶うはず」

≪調教時計≫
17.07.13 岡田祥 栗CW良 89.7 73.1 57.5 42.4 13.2 追って一杯 アレススピアー(3歳未勝利)一杯の外1秒3先行1秒8遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは来週の競馬を予定。距離は長い方が良いだけに福島が本線。この距離+夏競馬を考えると、フルゲート割れでレースが行われる可能性は高いと思います。また、中京で使うなら、イヒラニのデビュー戦の手綱を取る武豊Jにゼストの騎乗もお願いしているかもしれません。少しずつながら、大人になってきてくれているのは好感です。

バリスタとレジスタはひとまず小倉開幕週からスタンバイ。あとは出走するのに節(間隔)が足りるかどうか。両馬の調整は対照的。テンションの上がりやすいバリスタは普通キャンターでの乗り込みまで。一方のレジスタはレース後の初時計を13日にマーク。サッと流した程度みたいですが、ラストの踏ん張りは一息。良血馬ながら1度使った上積みも案外なのかもしれません。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ