出資馬一覧

カテゴリー「ロードゼスト」の92件の投稿

2018年1月14日 (日)

前走でチークピーシズ着用の効果は確認。瞬発力勝負では分が悪いのは明らかなので、1歩先の仕掛けで渋太さが生きる競馬に持ち込んで欲しい。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

1月14日(日)中京12R・金山特別・混合・芝2200mに川須Jで出走します。1月11日(木)稍重の栗東・坂路コースで1本目に58.5-43.0-28.5-13.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、稍重の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン54.2-39.4-12.2 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「疲れなく」でした。発走は16時00分です。

○千田調教師 「1月11日(木)は無理を強いぬ形で。相変わらず元気ですね。一定の効果が窺えただけに、今回もチークピーシズを装着。積極的に運べればベターでしょう。ただ、今週は出走枠に入れるか微妙なライン。投票の状況を確認しながら対応します」

≪調教時計≫
18.01.11 助手 栗CW稍  54.2 39.4 12.2 馬なり余力
18.01.11 助手 栗東坂稍1回 58.5 43.0 28.5 13.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回中京2日目(01月14日)
12R 金山特別
サラ 芝2200メートル 4歳上500万下 混合 定量 発走16:00
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 インターンシップ 牡7 57 松山弘平
1 2 バリオラージュ 牡4 56 藤岡康太
2 3 ピエナアラシ 牡4 56 古川吉洋
2 4 コンボルド 牡4 56 松岡正海
3 5 ナンヨーテンプル 牡6 57 丸田恭介
3 6 ミッキーロイヤル 牡4 56 中谷雄太
4 7 スリープレッピー せ5 57 岩崎翼
4 8 アルマレイモミ 牝5 55 国分優作
5 9 シャリオヴァルト 牡5 57 秋山真一郎
5 10 キャリアベスト 牡4 56 丸山元気
6 11 コールストーム 牡4 56 松若風馬
6 12 サクラセンティーレ 牝4 54 菱田裕二
7 13 ロードゼスト 牡4 56 川須栄彦
7 14 レオクイック 牡6 57 岩部純二
7 15 フォースフィールド 牡6 57 横山武史
8 16 レレオーネ 牡6 57 荻野極
8 17 コスモトゥイーク 牡4 56 木幡巧也
8 18 スパイクナード 牝4 54 北村友一

○千田師 「前走は少しフワフワする面を見せていたし、距離もちょっと長かったように思う。最後まで集中して走れればもっとやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

連闘で臨んだ昨年末の前走は大きめのチークピーシズを装着してきたロードゼスト。馬群の中での追走で多少フワフワした面を覗かせたようですが、この馬とすれば我慢が利き、行きっぷりは上々。そして最後の直線もジリジリと脚を繰り出す走りを見せてくれました。結果として6着は残念ですが、再浮上のキッカケにはなったと思います。

その後は厩舎で調整し年越し。早速、今週から始まった中京戦へ使ってくることになりました。間隔が詰まっているので追い切りは控え目な内容ですが、デキ落ちはなさそう。

中京・芝2200mは前々走と同じ舞台。距離はこれぐらいがベストだと思います。スタートして1角まで距離があるので、その間に積極的にポジションを確保して欲しいです。流れが落ち着きそうならハナへ行く選択肢も有りでしょう。流れが落ち着いての瞬発力勝負はどうしても分が悪いので、渋太さを生かすように1歩先の仕掛けを期待。まあ、その辺はゼストをよく理解してくれている川須Jに任せておけば大丈夫でしょう。

ただ、相手関係に目をやると、ローカルの1戦とはいえレベルが高そう。上位へ食い込むのは容易ではありませんが、コンスタントに使っていけるように5着以内確保に全力を注いでもらえればと思います。

2018年1月 7日 (日)

ロードなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組)

Photo_6 ロードヴァンドール

1月3日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.3-68.3-52.8-38.8-11.8 8分所を稍一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を0秒6追走して同時入線。短評は「好調持続」でした。1月14日(日)京都・日経新春杯(G2)・国際・芝2400mに横山典弘騎手で予定しています。

≪調教時計≫
18.01.03 助手 栗CW良  84.3 68.3 52.8 38.8 11.8 稍一杯追う ヒルノアトラーニ(古馬500万)一杯の内0秒6追走同入

Photo_6 ロードゼスト

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1回中京に組まれた芝の中距離戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

来週の日経新春杯を予定しているヴァンドールは前走時の状態を維持。使いつつ良くなるタイプですから、前走以上の粘り腰を発揮してくれるかと思います。あとは芝2400mという距離への対応。神戸新聞杯の走りからやはり長い印象は残っています。

ゼストは時計こそ出していないも、まもなく始まる中京開催へ向けて順調。チークピーシズ着用の効果は認められたので、今度は思い切った逃げの手に出て欲しいです。次走の鞍上は引き続き川須Jでお願いします。

2017年12月27日 (水)

チークピーシズ装着の効果大。最後は決め手の差が出てしまうも、最後までジリジリ脚を伸ばして6着。ひとまず収穫のあるレースに。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

12月23日(土)阪神7R・3歳上500万下・混合・芝2600mに川須Jで出走。17頭立て13番人気で1枠2番からスローペースの道中を4、4、7、7番手と進み、直線では内を通って0秒5差の6着でした。馬場は良。タイム2分40秒3、上がり34秒9。馬体重は4キロ減少の464キロでした。

○川須騎手 「ある程度プレッシャーを掛けた方が集中力を保てるはず。内枠も当たっており、馬込みで我慢させました。でも、それ以上に馬具が利いていた印象。この感じならば何処から運んでも大丈夫そうです。流れが落ち着いてしまい、最後は瞬発力の勝負に。切れるタイプとは違うだけに、ハナへ行っても良いかも知れません。収穫ある1戦だったのでは・・・」

○千田調教師 「ジョッキーの進言も受けてチークピーシズを装着して臨みました。その効果か行きっぷり上々。そんな様子を踏まえると、もう少し積極的に運んで行けば・・・。5着に入れたら更に良かったかも。それでも最後まで頑張っているでしょう。長い距離を続けて2戦。レース後のダメージ等を確認した上で新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

チークピーシズ。スッとスピードに乗って好位から。なだめながらの追走だったが、ずっと内目を通ってコースロスはなかった。直線に向いてから追い出したものの、ピリッとした脚は使えず。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、1回中京に組まれた芝の中距離戦を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「無事にトレセンへ。特別にクタッとした様子も窺えませんね。この感じならば大丈夫かも。厩舎で調整を続けながらレース出走を目指そうと思います。年明け2週目から再び3場開催に。芝の中距離戦が多く組まれる中京を本線に考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここ数走は少し距離が長い印象もありましたが、気ムラな面から集中力を欠いた走りになっていたロードゼスト。レース前、大き目のチークピーシズを着用するなど馬具の工夫を強く望んでいたのですが、連続騎乗となる川須Jも進言してくれていて、今回のレースではチークピーシズを装着してのレースへ。ガラッと変わってこなくても、良いキッカケになってくれればとレースを見守っていました。

スッとゲートを出たロードゼストですが、先に行きたい馬を前にやって内の3番手で追走。先週のレースは道中フワフワした感じで追走していましたが、今回は手応え十分。ただ、意識的に馬群で進めることで集中力を保とうと川須Jが考えたこともあり、じりじりとポジションが後ろになってしまうことに。勝負どころで仕掛けていって欲しかったのですが、動けなかったのは痛かったと思います。

最後の直線、この馬なりに脚は溜まっていたんでしょうが、やはり切れる脚は使えずじまい。一瞬、馬群に沈みそうになりながら、盛り返し気味に脚を繰り出せたことは良かったのですが、あと1歩で掲示板入りは出来ませんでした。タラレバですが、積極的に進めていたら、もう少しやれたと思います。まあ、それでも浮上のキッカケとなるレースだったと言えるでしょう。

レース後のロードゼストですが、連闘で使った割にダメージはなさそう。このまま厩舎に滞在して年明けの中京戦へ向かう予定です。

シルクで出資している同世代にブライトクォーツという馬がいるのですが、ロードゼストはタイプ的に良く似ていると思います。芝の長丁場だけでなく、ダートの長丁場にも視野を広げていってもらいたいです。

2017年12月23日 (土)

連闘で臨むも状態は何ら問題なさそう。要は集中して走ることが出来るかどうか。内枠を生かして積極的に進めて欲しい。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

12月23日(土)阪神7R・3歳上500万下・混合・芝2600mに川須Jで出走します。レース後も特に異常は認められません。12月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に67.1-47.9-30.4-14.2 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。発走は13時20分です。

○千田調教師 「今週の阪神に芝2600m戦が組まれており、ここは狙い目と言えるかも知れません。栗東へ戻ってからも特に変わらぬ様子。この感じならば大丈夫でしょう。想定メンバー表で改めて動向を確認。もしも出走枠に入れる様相ならば連闘の予定です」

≪調教時計≫
17.12.21 助手 栗東坂良1回 67.1 47.9 30.4 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神7日目(12月23日
7R 3歳上500万下
サラ 芝2600メートル 指定 混合 定量 発走13:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 エール せ3 55 中谷雄太
1 2 ロードゼスト 牡3 55 川須栄彦
2 3 レッドコルディス 牝3 53 藤岡康太
2 4 メイクグローリー 牡3 55 国分恭介
3 5 ローズシュクレ 牝3 53 福永祐一
3 6 オンザロックス 牡4 57 H.ボウマン
4 7 ホットファイヤー 牡4 54 富田暁
4 8 ウインカートゥーン 牡4 57 C.ルメール
5 9 マーヴェルズ 牡3 54 鮫島克駿
5 10 スプマンテ 牡3 55 川田将雅
6 11 ノースストーム 牡5 57 浜中俊
6 12 シェルブルック 牡3 55 秋山真一郎
7 13 バリオラージュ 牡3 55 M.デムーロ
7 14 デューズワイルズ 牡4 54 川又賢治
8 15 ピエナアラシ 牡3 55 古川吉洋
8 16 フォースフィールド 牡5 54 三津谷隼人
8 17 ナルハヤ 牝3 53 柴田未崎

○千田師 「前回、馬体は成長していたし、いい形で運んでいたが、フワフワした走りだった。能力はあると思うから、真面目に走れば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リフレッシュ効果に期待した先週の競馬でしたが、前々でレースを進めるも、馬群の中で進めたのが逆効果だったのが、フワフワした走りになってしまったロードゼスト。中京の最後の坂を駆け上がる前に早々とジリジリ後退していってしまいました。

このクラスでも通用する力はあると思うのですが、成績の下降と共にゼストの気ムラな面が浮上することに。一時期、真面目に走れるようになっていたのですが…。大きめのチークピーシズを着用するなどそろそろ馬具の着用を再検討しないとダメでしょう。

今回、連闘策を取ってきたゼスト。自身、1度経験済みなので連闘が応えることはないでしょう。また、少しゆとりのある造りで先週の競馬に使っていたので、この行動は先週のレースを使う前から頭にあったはず。あとは1度使ったことで良い意味でピリッとし、走る方へ気持ちが向いてくれれば良いのですが…。

相手関係は中央場所に戻ったことで確実に強化。おそらく内のエールが逃げるでしょうから、ゼストはそれを追い掛ける形で積極的に進めて欲しいです。外から被せられることは極力避けて欲しいところ。そして川須Jには道中ゼストが気を抜かないように注意して進めてもらいたいです。勝ち負けは正直難しいでしょうが、先週の10着より下の順位にならないようにお願いします。

2017年12月20日 (水)

立て直して前向きさが戻ってきたと見ていたも、馬群の中での追走で他馬を気にする素振り。最後は今回も集中力を欠いた走りになってしまう。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

12月17日(日)中京9R・3歳上500万下・芝2200mに川須Jで出走。18頭立て10番人気で7枠14番から平均ペースの道中を5、5、4、4番手と進み、直線では内を通って0秒8差の10着でした。馬場は良。タイム2分13秒7、上がり37秒2。馬体重は18キロ増加の468キロでした。

○千田調教師 「数字は増えていたものの、決して太い印象は無し。スタート後もスッと好位へ付けられたでしょう。ただ、道中から直線ではフワフワしていた様子。ここを使って良化を遂げそう・・・とジョッキーは感想を述べています。このぐらいの条件ならば長く間隔を空けずにゲートインが叶うはず。大きな問題が無ければ続戦の予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

18キロ増の数字ほど太く見えなかった。好位グループから。4角では促されていたが、反応が鈍かった。直線の追い比べでは早々と脱落。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

9月末の前走から少し間隔を空けて臨んだロードゼスト。追い切りはビシビシやっていた訳ではありませんが、動き自体は軽快。レース前の陣営のコメントでは『前向きさが戻ってきている』と。ここ数走は少し距離が長い感じだったし、2200mの距離で最後の粘りが違ってくることを期待しました。

パドックに登場したゼストは前走からプラス18キロ。数字ほど見た目は太く見せず、走れる態勢にはあったと思います。追い切りも軽快に動いていました。

いざレースですが、好発を切ってスッと先行策。力んで走っているようなこともなく、レースの流れに乗れていたと思います。ただ、揉まれない位置で追走して欲しかったのですが、結果的に馬群の中で競馬を進めることに。『フワフワしていた』ということなので、他馬にかなり気を遣ったんだと思います。そして直線で追い出しにかかっても、反応が鈍くてジリジリと。大きくバテるようなことはなかったですが、ラスト200mぐらいからは集中力を欠いてしまったと思います。

レース後のゼストですが、状態に関しては特に問題なし。当初から頭の片隅にあったようですが、週末の阪神・芝2600mへ連闘する予定です。集中力を欠いた現状なので、距離延長では更に厳しいと思いますが、ハナヘ行くなり、序盤は後方で脚を溜め、勝負どころで外を捲くっていくなどメリハリの利いた競馬で変わり身を見せてもらいたいです。

2017年12月17日 (日)

精神面のケアに努めて前向きさが戻ってきたのは好感。これがレースでの結果・内容に繋がれば…。このクラスでもやれるメドを再度付けて欲しい。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

12月17日(日)中京9R・3歳上500万下・芝2200mに川須Jで出走します。12月13日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に64.6-46.1-29.8-14.2 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン86.5-69.8-54.4-39.9-12.1 7分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「攻量の割に仕上る」でした。発走は14時15分です。

○千田調教師 「12月13日(水)もウッドで。良い感じで駆けていました。休養明けながらもキッチリ態勢は整った印象。前向きさが出て来たのも好材料でしょう。3走前に昇級初戦で3着。当時と同じぐらい走れれば、ここでもチャンスを見出せるのでは・・・」

≪調教時計≫
17.12.13 助手 栗CW良 86.5 69.8 54.4 39.9 12.1 馬なり余力
17.12.13 助手 栗東坂良1回 64.6 46.1 29.8 14.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中京6日目(12月17日)
9R 3歳上500万下
サラ 芝2200メートル 指定 定量 発走14:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ファスナハト 牡4 57 藤岡康太
1 2 ライトオブピース 牡3 55 北村友一
2 3 スリープレッピー せ4 57 太宰啓介
2 4 シンデン 牡3 54 木幡巧也
3 5 マサノヒロイン 牝4 55 秋山真一郎
3 6 ナンヨーテンプル 牡5 57 丸田恭介
4 7 ブラックカード 牡3 53 森裕太朗
4 8 カマクラ 牝4 55 藤岡佑介
5 9 マサハヤダイヤ 牡4 57 岩崎翼
5 10 ダノンスターズ 牡3 52 富田暁
6 11 ブライアンキング 牡5 57 菱田裕二
6 12 アルマレイモミ 牝4 52 菊沢一樹
7 13 メルドオール 牡5 56 鮫島克駿
7 14 ロードゼスト 牡3 55 川須栄彦
7 15 クラウンマグマ 牡4 54 川又賢治
8 16 エール せ3 55 古川吉洋
8 17 コンボルド 牡3 55 長岡禎仁
8 18 マスターコード 牡3 55 松若風馬

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関東馬中心の相手ながら、昇級戦で3着とクラスにメドを付けていたロードゼストですが、ここ2走が8着→7着と尻すぼみに。距離が幾分長いとは思いますが、走ることに対して集中力を欠くような面が見え出しています。

前走後は一旦放牧に出し、いつもより精神面のリフレッシュを重点的に。意識的に少しレース間隔を空けてきました。その甲斐があって、帰厩後の追い切りでは自分から進んでいく姿勢を見せているのは好感。未勝利勝ちへのキッカケを掴んでくれた川須Jとのコンビも楽しみです。

レース運びとすれば、メリハリをつけた方が良さそう。外目の枠が当たったので、距離損には注意して欲しいですが、揉まれたり被されずに競馬が出来そう。勝負どころから自分のタイミングで仕掛けていけるでしょう。決め手に欠けるので早めに捲る形が良いのか、中京の長い直線を意識して仕掛けを遅らせるのが良いのかはちょっと何とも言えませんが…。そこは川須Jにおまかせです。

今回がデビュー15戦目。シルクのブライトクォーツとゼストはホントタフに頑張ってくれています。これからもコツコツ稼いでもらいたいので、このクラスでも対等にやれる姿を久しぶりに見せてくれることを期待しています。

2017年12月11日 (月)

ロードなお馬さん(入厩組)

Photo_6 ロードセレリティ

12月5日(火)重の美浦・坂路コースで1本目に65.0-48.4-30.7-14.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、12月7日(木)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン68.4-53.6-39.5-13.9 7分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒1追走して0秒8秒先着。短評は「末の伸び素晴しい」でした。12月17日(日)中山・南総S・混合・芝1200mに三浦騎手で予定しています。

○高柳調教師 「12月7日(木)は5ハロン約67秒、ラスト12秒台をマークしています。絶好調時の追い出して沈み込むフォームは見せていませんが、除外の際より状態はアップ。極端なモタれが認められない点も好材料でしょう。三浦騎手との初コンビが決まりました」

≪調教時計≫
17.12.07 上野翔 美南W良 68.4 53.6 39.5 13.9 G前仕掛け ジュンパッション(2歳500万)一杯の内1秒1追走0秒8先着

Photo_6 ロードゼスト

12月5日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に58.5-42.2-27.9-13.9 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、12月6日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に62.0-44.5-28.6-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.1-67.1-52.2-38.1-12.4 7分所を一杯に追っています。短評は「一息入るも上々」でした。12月17日(日)中京・3歳上500万下・芝2200mに予定しています。

○千田調教師 「どちらかと言えば促さないと進んで行かぬタイプ。でも、12月6日(水)は引っ掛かるぐらいの勢いでしたからね。馬体を大きく見せているように体調が良いのかも。この感じならば来週でOKでしょう。中京の方がメンバーにも恵まれるはず」

≪調教時計≫
17.12.05 助手 栗東坂良1回 58.5 42.2 27.9 13.9 馬なり余力
17.12.06 助手 栗CW良 83.1 67.1 52.2 38.1 12.4 一杯に追う
17.12.06 助手 栗東坂良1回 62.0 44.5 28.6 14.1 馬なり余力

Photo_6 ロードザナドゥ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。まだゲートからの発進に対して不慣れな面を窺わせており、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○橋田調教師 「12月6日(水)もゲート練習。少しずつは上達しています。ただ、ダッシュが利かぬのは後肢のパワー不足に起因。並行して入念に乗り込みを重ねながらも、なかなか急激には変わらぬ部分なので・・・。じっくり取り組む姿勢が大事でしょうね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

セレリティは今週末の南総Sを予定。登録数は多いですが、除外の権利1つ持っているので、出走は大丈夫でしょう。中央では1200mは初めてですが、この距離が合うのは確かですし、右回りもプラス。変わり身があるなら今回だと思います。

ゼストは丹念な攻め。こちらは日曜の中京戦を予定。ここ数走を見ると、芝2200mが適距離かなと思いますし、幾らか時計の掛かる決着になれば面白いでしょう。仮に勝てなくても、今回は掲示板確保(5着以内)でお願いします。

ザナドゥは引き続きゲート練習中心。ダッシュが利けば、合格できるのですが、その課題克復がなかなか叶わず。厩舎で面倒見てくれるのは有り難いですが、年内に合格することができるのかな?

2017年12月 1日 (金)

29日に栗東・千田厩舎へ帰厩しています。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

2017.11.29
11月29日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月17日(日)中京・3歳上500万下・芝2200mもしくは12月23日(土)阪神・3歳上500万下・混合・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「定期的に牧場を訪れて様子をチェック。11月29日(水)に厩舎へ戻しています。早速、明日30日(木)より馬場へ。まずは感触を確かめる予定です。中京、阪神に組まれる芝の長丁場2鞍が候補。仕上がり具合を踏まえながら絞り込みましょう」

2017.11.28
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「すぐに馬場入り再開に至りました。既に坂路コースへも連れ出しており、18-18より速いペースでも行くように。もう殆んど大丈夫ですね。検疫馬房が取れ次第トレセンへ・・・との話。今週中に帰厩の段取りが組まれる可能性が高いでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

滋賀・グリーンウッドで立て直されていたロードゼスト。直前、右瞼に擦り傷が判明し、少し帰厩舎は延びてしまいましたが、29日に栗東・千田厩舎へ。

目標は中京or阪神での芝の長丁場ですが、ここ2走の走りを見ると、芝2600mは長いというか集中力が続かない印象なので、中京の芝2200mへ矛先を向けて欲しいところ。また、中京の方が時計の掛かる馬場ですし。500万下でも心身が噛み合った走りが出来れば、堅実に駆けてくれる筈。この立て直した効果で走りへの前向きさが戻ってきてくれれば…。

2017年11月26日 (日)

ロードなお馬さん(3歳以上・関西馬)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分、並脚30分。

○当地スタッフ 「右の瞼に傷を確認。痒くて馬房内で擦ったのも知れません。すぐに処置。幸い、大事には至らずに済みそうです。一旦は調教をセーブしているものの、すぐに元通りのメニューへ戻せるはず。移動プランに大きな影響は及ぼさないと思います」

Photo_3 ロードヴァンドール

11月22日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.9-39.2-24.8-12.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月9日(土)中京・中日新聞杯(G3)・国際・芝2000mに横山典騎手で予定しています。

○昆調教師 「11月22日(水)も余力十分に坂路頂上へ。相変わらず元気一杯です。予定レースの1週前。次週の追い切りはビシッと行こうと考えています。相応に頭数は集まる見込みながら、ゲートイン自体は大丈夫そう。天気と馬場状態だけが心配でしょう」

≪調教時計≫
17.11.22 助手 栗東坂良1回 55.9 39.2 24.8 12.3 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

イヒラニと交代で厩舎へ戻ると見ていたゼストですが、右の瞼にキズを確認。馬房の壁にでもこすりつけた様子。すぐに処置をして回復に向かっているようですが、ウォーキングマシンと並脚のみに一旦セーブ。大きなロスではないでしょうが、年内の出走に黄色信号が灯った感じです。

ヴァンドールは中日新聞杯・2週前追い切りを消化。上がりをサラッと伸ばしていますが、活気はある様子。来週からCWへ追い切り場所を移動し、仕上げに掛かるのでしょう。極悪馬場を走った肉体的なダメージは大丈夫そうなので、あとはヴァンドールの気持ちが走る方へ向いているかしっかりチェックしていって欲しいです。

2017年11月18日 (土)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、ハロン15秒より速いペースでも走らせています。動き等は大きく変わらぬものの、以前に比べて回復が早い感じ。そのあたりが成長している部分なのかも知れません。このレベルまで課せばOK。近々に帰厩の段取りが組まれそうです」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。11月9日(木)測定の馬体重は505キロ。

○当地スタッフ 「様子を見ながらピッチを速め、11月11日(土)に15-15を交えました。レース出走へ向けて追い切りを重ねていた馬だけに、かなりハミ掛かりが良い状態。コンディションに問題はありません。今週もしくは来週前半にトレセンへUターンします」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは速い調教を織り交ぜ、順調そのもの。体質面で幾らか成長も見込める様子。近々帰厩とのことですが、同厩のイヒラニが17日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に出たので、それと入れ替えの形で既に厩舎へ戻っているかもしれません。

セレリティも帰厩を意識した調教へ。ひとまず無難な対応を見せてくれています。ただ、ここ数走は状態面を1番に敗因に挙げていたので、良い頃の状態に戻っているかとなると少々疑問も。厩舎へ戻ってからの追い切り・調教師のコメントに注目したいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インディアナギャルの16 | インヘリットデール | ウォリアーズクロス | キャサリンオブアラゴンの16 | キャトルフィーユの16 | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | コールドフロントの16 | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ワンフォーローズの16 | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)インペリオアスール | (地方競馬)ロードグレイス | (屈腱炎療養中)ロードアメイズ | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ラストインパクト | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ