出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ロードゼスト」の67件の投稿

2017年7月22日 (土)

決め手のなさを補う必要はあるも、芝の長めの距離なら昇級しても大崩れはなさそう。まずはクラスにメドの立つ走りを見せて欲しい。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

7月22日(土)福島8R・3歳上500万下・芝2600mに大野Jで出走します。7月18日(火)不良の栗東・坂路コースで1本目に63.7-45.3-29.0-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、7月19日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に58.9-41.9-27.2-12.9 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「坂路コースで入念」でした。また、不良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン52.2-38.0-11.8 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の外を2秒1追走して同時入線。追い切りの短評は「毛ヅヤ冴える」でした。発走は14時05分です。

○千田調教師 「7月19日(水)はラストに軽く気合いを付けました。これまでの中で1番の状態かも・・・と言うのが乗り手の感想。見た目にも上々の雰囲気です。想定メンバーを確認すると、どうやらゲートインが果たせそう。福島の2600m戦へ行きましょう」

≪調教時計≫
17.07.18 助手 栗東坂不1回 63.7 45.3 29.0 14.3 馬なり余力
17.07.19 助手 栗CW不 52.2 38.0 11.8 一杯追伸る 毛ヅヤ冴える シゲルヒノクニ(障害オープン)馬なりの外2秒1追走同入
17.07.19 助手 栗東坂不1回 58.9 41.9 27.2 12.9 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島7日目(07月22日)
8R 3歳上500万下
サラ 芝2600メートル 指定 定量 発走14:05
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 コスモヴェッキオ 牡4 57 宮崎北斗
2 2 ラペルトワ 牝4 55 津村明秀
3 3 コウキチョウサン 牡4 57 石神深一
3 4 ダイメイサンジ 牡8 54 野中悠太郎
4 5 セシルクラウン 牡4 57 小野寺祐太
4 6 ゴールデンハープ 牝5 55 吉田豊
5 7 クレッシェンドラヴ 牡3 54 石橋脩
5 8 ロードゼスト 牡3 54 大野拓弥
6 9 レジェ 牝4 55 戸崎圭太
6 10 ボーントゥレイン 牡4 57 北村宏司
7 11 バレエダンサー 牝4 52 武藤雅
7 12 ナンヨーテンプル 牡5 54 菊沢一樹
8 13 ドンリッチ 牡3 54 内田博幸
8 14 コスモジャーベ 牡4 57 柴田大知

○千田師 「少しズブい面があるから、前走は早目に動く形を取ったのが持ち味を生かせる結果にに結びついた。この条件は合っているし、昇級でも相手なりに動けそうに思うから」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4月、福島・ダ1700mへの出走が叶わず、仕方なく芝2200mへ方向転換したところから、競走馬としての運命が変わってきたロードゼスト。ダートでは勝ち馬に1秒以上離される競馬が続いていた中、その阪神戦では直線で前が詰まるロスがありながらのコンマ6秒差。一応の適性を示すことが出来ました。そしてその次のレースでもコンマ4秒差の4着に健闘。連続して内容のある競馬が出来たのは自信になりました。ただ、その一方で決め手に欠けることを認識させられもしました。

そしてM.デムーロJを迎えて臨んだ前走。調整も順調だったので、勝てるなら今回かなと見ていましたが、スタートで後手を踏む形。決め手に欠ける馬だけに頭を抱えましたが、向正面で外目をスッと進出。淡々とした流れの中、仕掛けて行ったことが結果的には吉に。フラフラする面を覗かせながらも、早め先頭で後続を抑えきったのは立派です。着差以上に余裕はあったと思います。色んな条件がうまく噛み合い、待望の初勝利を得ることが出来ました。

前走後は早くから今回のレースを目標に設定。レース後、短期放牧を挟んできましたが、状態に関しては前走と何ら遜色ない状態だと言えるでしょう。また、数を使ってきている馬ですが、芝に戻してからはじわじわ成長を遂げてくれているようにも思います。

相手なりに走ってくれそうに思いますが、今回は昇級戦。決め手に欠ける馬なので、Sペースでの瞬発力勝負では分が悪いです。前走同様、ためらうことなく自分から仕掛けていくことで活路を見出して欲しいです。結果は優れなくても、内容のある走りを引き続き見せてもらいたいです。

2017年7月15日 (土)

ロードなお馬さん(3歳関西馬)

Photo_3 ロードゼスト

7月12日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に58.6-42.9-28.2-13.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-72.9-57.2-42.0-13.3 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を追走して0秒5先着。短評は「好調持続」でした。7月22日(土)福島・3歳上500万下・芝2600mもしくは7月23日(日)中京・渥美特別・混合・芝2200mに予定しています。

○千田調教師 「7月12日(水)はウッドへ入れています。馬自身は元気。前走の疲れも感じられず、調子は良さそうですね。以前に比べて落ち着きを増しており、最近はメンコも着けずに稽古を行なえるように。少しずつ精神面も成長を遂げているのでしょう」

≪調教時計≫
17.07.12 助手 栗CW良 89.7 72.9 57.2 42.0 13.3 馬なり余力 ダノンキラメキ(3歳未勝利)馬なりの内追走0秒5先着
17.07.12 助手 栗東坂良1回 58.6 42.9 28.2 13.8 馬なり余力

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月29日(土)小倉・3歳未勝利・ダ1700mに予定しています。

○昆調教師 「騎乗トレーニング再開後も大きな問題は無さそうです。ただ、見通しが立て辛い状況。一応は小倉の開幕週へ合わせて進める予定ながら、実際に出走を果たせるか否か・・・。7月12日(水)は普通キャンター。動向を確認しつつペースを上げます」

Photo_3 ロードレジスタ

7月13日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-73.1-57.5-42.4-13.2 8分所を追って一杯になっています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒3先行して1秒8遅れ。短評は「鋭さひと息」でした。7月29日(土)小倉・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは7月30日(日)小倉・3歳未勝利・芝2000mに予定しています。

○田代調教助手 「7月13日(木)にウッドで時計を出しています。でも、サッと流した程度。殆んど馬なり・・・と言った内容です。一度レースを使った後も、具合は変わり無さそう。経験を積むのが大事でしょう。小倉まで待てば恐らくゲートインも叶うはず」

≪調教時計≫
17.07.13 岡田祥 栗CW良 89.7 73.1 57.5 42.4 13.2 追って一杯 アレススピアー(3歳未勝利)一杯の外1秒3先行1秒8遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは来週の競馬を予定。距離は長い方が良いだけに福島が本線。この距離+夏競馬を考えると、フルゲート割れでレースが行われる可能性は高いと思います。また、中京で使うなら、イヒラニのデビュー戦の手綱を取る武豊Jにゼストの騎乗もお願いしているかもしれません。少しずつながら、大人になってきてくれているのは好感です。

バリスタとレジスタはひとまず小倉開幕週からスタンバイ。あとは出走するのに節(間隔)が足りるかどうか。両馬の調整は対照的。テンションの上がりやすいバリスタは普通キャンターでの乗り込みまで。一方のレジスタはレース後の初時計を13日にマーク。サッと流した程度みたいですが、ラストの踏ん張りは一息。良血馬ながら1度使った上積みも案外なのかもしれません。

2017年7月11日 (火)

6日に栗東・千田厩舎へ戻っています。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

2017.07.06
7月6日(木)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月22日(土)福島・3歳上500万下・芝2600mもしくは7月23日(日)中京・渥美特別・混合・芝2200mに予定しています。

○千田調教師 「7月6日(木)に再び厩舎へ。2週間で戻すのは当初の計画に沿ったスケジュールです。早速、明日7日(金)より馬場入りの予定。まずは実際に跨って感触を確かめましょう。放牧前にも伝えていた通り、再来週のレースへ向けて調整します」

2017.07.04
滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「坂路コースへ連れ出しています。順調に調教内容の強化が図れており、15-15の稽古にも無難な対応と言えそう。もうレースのダメージも取り除けた印象です。そう遠からずに再びトレセンへ向かうはず。いつ声が掛かっても大丈夫でしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

順調にレースの疲れが抜けてきたロードゼストは6日に帰厩。週末から時計を出し始めていますし、ここまではホント予定通りなんでしょう。

次走に関しては、距離が延びて良さが出てきた馬なので、次走は福島で使えればベストですが、自ブロック制の壁があり。まあ、パワーを要する中京の芝は合うと思うので、ダメなら関西圏で奮闘してもらえればと思います。ただ、昇級して即通用するかとなると、正直何とも言えません。

2017年6月28日 (水)

ロードなお馬さん(3歳上牡馬・牧場組)

Photo_3 ロードヴァンドール

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「計画に沿ってメニューを消化しています。心身に気掛かりな点は窺えず、気候の変化にも柔軟に対応できているでしょう。夏の目標に掲げられた札幌記念(G2)へ向けて状態アップを叶えたいところ。出発の日程やルートの詳細については調整段階です」

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「レースを走り終えたばかり。先週一杯は余裕を持たせました。そして6月26日(月)より軽く跨り始めるように。コレと言って気に掛かる点は見当たらず、馬体を減らしている印象も受けません。特別なケアは不要な感じ。乗り進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ヴァンドールは特に不安なく進められていますが、函館競馬場へ入厩する際、馬体重が大きく減る可能性があります。その点を考慮して、幾らか余裕のある馬体を保ちつつ、内面をきっちり作っていって欲しいです。

ゼストは短期放牧なので、来週中には厩舎へ戻っていると思います。状態は変わらず来ているので、馬体をフックラさせることに集中して欲しいです。牧場で無理をする必要はありませんから。

2017年6月22日 (木)

向正面で動いていってポジションを大きく押し上げたのが勝因。早め先頭でフワフワしながらも、後続の追撃を封じて待望の初勝利を挙げる。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

6月17日(土)阪神6R・3歳未勝利・混合・芝2400mにM.デムーロJで出走。17頭立て5番人気で7枠15番からスローペースの道中を14、13、2、2番手と進み、直線では内を通って0秒2差で優勝。初勝利を飾りました。スタートで出遅れて1馬身の不利を受けました。馬場は良。タイム2分25秒4、上がり35秒8。馬体重は2キロ減少の450キロでした。

○デムーロ騎手 「ペースが遅かったのを踏まえて向正面から進出。それが上手く行きましたね。道中で物見が目立つなど、ま だ本気を出していないのかも。そんな状況の中でも強い競馬だったでしょう」

○千田調教師 「ジョッキーには特徴だけ伝えて送り出しました。最後の直線では何度も切り返すような格好。デムーロ騎手だからこそ動かし切れたのかも知れませんね。まずは無事に勝利を得られて何より。レース後の様子も確認した上で新たなプランを考えましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

緩いペースとあって、向正面半ばから動いていって3角手前で単独の2番手。半マイル標では促されてステッキが入っていたが、直線は脚色が鈍らずに抜け出して、激しい2着争いを尻目にゴールへ。ビュッと切れる印象はなかったが、長く脚を使って快勝。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は6月22日(木)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して7月22日(土)福島・3歳上500万下・芝2600mもしくは7月23日(日)中京・渥美特別・混合・芝2200mへ向けて態勢を整えます。

○千田調教師 「多少の疲れが窺える程度ですね。一旦、近郊の牧場へ。2週間ほどリフレッシュさせ、その上で次走に向かいたいと思います。長丁場が合う感じ。ただ、ブロック制なので・・・。福島にゲートインが叶わなければ、中京の2200mへ回りましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

時計・パワーを要する阪神へのコース替わり、順調な攻め過程+動きの良さ、そして鞍上にM.デムーロJを迎え、初勝利への御膳立てが整っていた今回のロードゼスト。ただ、これまで10戦して1度も馬券に絡んだことがなかっただけに、勝つイメージは沸いていませんでした。

芝の中長距離戦へ転じてから、スタートでスッと流れに乗れるようになっていましたが、今回はスタートが得意じゃないM.デムーロJということもあって後方からの競馬に。決め手の足りない馬なのでこれは厳しい展開になったなと見ていましたが、向正面で馬群の外をジワッと進出。3角手前で2番手まで押し上げることが出来ました。結果的にこれが大正解でした。ただ、4角を回ってくる時の反応・手応えが良くなく、強気に動きすぎたかなとも。

それ故、直線での失速を覚悟しながらゼストの走りを見守っていましたが、直線の走りはこれまで通り。スパッと切れることはなかったですが、最後までジワジワと脚を伸ばしてくれました。ただ、これまで先頭に立つことがなかったので、先頭に立つと物見をするシーンも。そこはM.デムーロJの手腕で何とか辛抱させ、11戦目で待望の初勝利をもぎ取ることが出来ました。また、この勝利は出資しているロード3歳馬の初勝利でもあります。

恵まれた面もあったとは思いますが、1勝は1勝。チャンスを掴み取ることが重要です。レース数を多くこなしているゼストですが、芝2400m前後の距離ならまだまだ上り目はあると思います。今ジワジワと力を付けてきているのも感じます。

レース後のゼストですが、一生懸命走った分、ここ数走の中では疲れが窺える様子。本日滋賀・グリーンウッドへ放牧に出され、英気を養うことになっています。次走に関しては、福島・芝2600mを第一候補に予定。ただ、ブロック制なので関東馬で枠が埋まってしまうとこのレースに使うことは出来ません。

昇級して即通用するほど甘くないでしょうが、スタミナを生かせる長丁場なら大崩れはしないと思います。夏競馬の間にもう1勝することが出来れば、菊花賞出走を目指してもらいたいです。

2017年6月17日 (土)

芝の長いところを使い出してこの馬なりに安定。決め手のなさは相変わらずも、バテない強みを生かした競馬で更なる前進を期待。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

6月17日(土)阪神6R・3歳未勝利・混合・芝2400mにM.デムーロJで出走します。6月14日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.8-44.4-29.4-14.5 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.3-38.2-11.6 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では強目の相手の内を0秒8追走して0秒2先着。追い切り短評は「更に上昇」でした。発走は12時50分です。

≪調教時計≫
17.06.14 助手 栗CW良 53.3 38.2 11.6 馬なり伸る シゲルキツネダイ(古馬500万)強目の内0秒8追走0秒2先着
17.06.14 助手 栗東坂良1回 60.8 44.4 29.4 14.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神5日目(06月17日)
6R 3歳未勝利
サラ 芝2400メートル 指定 混合 馬齢 発走12:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レッドラペル 牝3 53 加藤祥太
1 2 リネンロマン 牝3 54 松若風馬
2 3 ロードギブソン 牡3 56 太宰啓介
2 4 ニホンピロレイカー 牡3 56 酒井学
3 5 ロードフェイム 牡3 56 秋山真一郎
3 6 ギルデドアーマー 牡3 56 川田将雅
4 7 ステッドファスト 牡3 55 岩崎翼
4 8 ブルベアライノ 牡3 53 富田暁
5 9 ローズカスケイド 牝3 52 荻野極
5 10 サンタナ 牡3 55 義英真
6 11 グランドエポワール 牡3 56 松山弘平
6 12 ラフィンナ 牝3 51 森裕太朗
7 13 ラピッドシップ 牡3 56 小牧太
7 14 ダブルバインド 牡3 56 福永祐一
7 15 ロードゼスト 牡3 56 M.デムーロ
8 16 スプリングボックス 牡3 56 和田竜二
8 17 ジュンハーツ 牝3 54 四位洋文
8 18 アバルラータ 牝3 54 幸英明

○千田師 「長距離に切り替えてからある程度位置が取れるようになったし、落ち着きも出た。集中して走れるようなら更にやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前々走は8着ながら、直線で外へ切り替えるロス等ありながらコンマ6秒差。負けはしましたが、芝の中距離で可能性を示す競馬でした。

それを受けての前走は外目の揉まれない位置で追走し、終始スムーズな競馬。4角を回ってくる時も手応え上々で一瞬勝ち切るかと思うも、そこからはゼストらしい決め手のなさ。ワンパンチ・ツーパンチ足りない感じで4着という結果に。まあ、それでもレース運びは安定していましたし、この馬なりに成長の跡は示してくれました。

その前走後は引き続き厩舎に滞在しての調整。中2週で臨むことになりますが、攻めの本数も多く、内容も良好。暑い時季が合うのか分かりませんが、状態は前走以上。そして今回は鞍上にM.デムーロJを迎えることに。初勝利への御膳立ては整いつつあります。あとは消耗戦で時計の掛かる決着になってくれれば。

ロードギブソン同様にレース数を消化している身なので、残されたチャンスは限られたもの。5着以内を外してしまうと一気に立場が苦しくなってしまいます。それ故、凡走だけは避けて欲しいというのが率直な思いです。

2017年6月10日 (土)

ロードなお馬さん(千田厩舎)

Photo_3 ロードゼスト

6月6日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に62.4-45.5-29.5-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、6月7日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン57.5-42.3-13.5 6分所を馬なりに乗っています。短評は「順調に乗り込む」でした。6月17日(土)阪神・3歳未勝利・混合・芝2400mに予定しています。

○千田調教師 「6月7日(水)は15-15ちょっと。前走後も大きなダメージは感じられず、特別にテンションも上がっていません。前回に僅差の勝負を演じた相手が、連闘で先週のレースに使って2着に。そのあたりを踏まえると、本馬も次が楽しみでしょう」

≪調教時計≫
17.06.06 助 手 栗東坂良1回 62.4 45.5 29.5 14.3 馬なり余力
17.06.07 岡田祥 栗CW良 57.5 42.3 13.5 馬なり余力

Photo_3 ロードイヒラニ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。

○千田調教師 「6月7日(水)は坂路を軽く登ってからゲートへ。枠内では大人しく立っているものの、スタートに関しては反復が必要な感じですね。ちょっと周囲を気に掛ける素振り。もう少し環境に慣れて落ち着けば、余計な消耗を防げるかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは来週の阪神・芝2400mを予定。中2週と間隔が詰まっても、1週前にそれなりの負荷を掛けることが出来ているのは○。これがレースでのひと踏ん張りに繋がってくれれば。

2歳のイヒラニは坂路でのキャンター調整とゲート練習を併行して進めています。覚えないといけないことばかりですが、当面はマイペースでOK。まずはたくさん馬がいるトレセンの環境に慣れていって欲しいです。

2017年5月31日 (水)

スムーズな競馬で最後まで脚を繰り出すも、決め手が足りないので4着まで。レースぶりは安定しているも…。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

5月28日(日)京都2R・3歳未勝利・混合・芝2400mに川須Jで出走。18頭立て7番人気で5枠9番からスローペースの道中を8、7、6、5番手と進み、直線では中央を通って0秒4差の4着でした。馬場は良。タイム2分28秒4、上がり36秒6。馬体重は2キロ増加の452キロでした。

○川須騎手 「以前に短い距離を使っていた分、スッと前々の位置へ付けられました。ただ、追い出すと幾らかフワッと。また、最後までジリジリ・・・と言った感じですね。そのあたりを踏まえても、このぐらいの条件は合っていそう。集中力も切らさずに走れていただけに、今日のようなレースを続ければチャンスが訪れるでしょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位直後。スムーズに流れに乗れ、4角でも周囲の馬より余裕があるように見えた。追われてそれなりに伸びているが、ビュッと切れる脚はなく、最後に3着馬に差されて4着に。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、6月17日(土)阪神・3歳未勝利・混合・芝2400mに予定しています。

○千田調教師 「悪くない競馬。以前はパニックを起こして装鞍所で外したものの、ここ最近は精神的にも落ち着いていますからね。改めてチークピーシズの装着を検討しても良いかも知れません。大きな問題は無さそう。中2週で再び芝2400mに行きましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲートを出たなりで折り合いに終始したロードゼストと川須J。良い感じで進めていると思いましたが、個人的にはもっと前目で流れに乗って欲しかったというのが本音。今回は窮屈なシーンもなく、揉まれ込むこともなかったので、最後までしっかり伸びてはくれたのですが…。

レースでの集中力が出てきた一方で、決め手の物足りなさは相変わらず。芝のこれぐらいの距離ならゲートは遅くないので、ハナを主張するのも1つの作戦。フワッとする面はラチを頼りに走らせれば補えるでしょうし。また、ハナヘ行けないなら、3角手前くらいから早めにポジションを押し上げるのも1つの手でしょう。ゼストには4角を先頭で回ってくる競馬が理想に思います。

レース後のゼストですが、特に異常なし。少し楽をさせれば回復できる範囲でしょう。また、次走は再度芝2400mに挑戦。決め手に欠けるので、時計&上がりの掛かる阪神へのコース替わりは○。フワッとするところがあるので、チークピーシズの再着用も悪くないでしょう。あとは相手に恵まれれば…。レースぶりは安定してきただけに1勝するのに運も三方して欲しいものです。

2017年5月28日 (日)

芝の中距離戦で少し良さが見えた前走。この距離を走れるスタミナはあると思うので、前々の競馬で渋太さを発揮して欲しい。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

5月28日(日)京都・3歳未勝利・混合・芝2400mに川須Jで出走します。5月23日(火)良の栗東・坂路コースで1本目に61.8-45.3-29.7-14.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、5月24日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン85.7-69.5-54.4-39.6-13.2 5分所を馬なりに乗っています。追い切りの短評は「上昇気配窺える」でした。発走は10時20分です。

○千田調教師 「5月24日(水)はウッドへ。余力十分に回って来ました。放牧で立て直しを図り、だいぶ背腰とトモも楽に。今朝の様子ならば今週からゴーサインを出せそうです。日曜日の芝2400mを視野に。想定メンバーも確認してプランを煮詰めましょう」

≪調教時計≫
17.05.23 助手 栗東坂良1回 61.8 45.3 29.7 14.3 馬なり余力
17.05.24 調教師 栗CW良 85.7 69.5 54.4 39.6 13.2 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回京都12日目(05月28日)
2R 3歳未勝利
サラ 芝2400メートル 指定 混合 馬齢 発走10:20
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブラックマイスター 牡3 55 加藤祥太
1 2 ヤマニンアルクール 牡3 56 田中健
2 3 アテンソード 牡3 56 菱田裕二
2 4 カンポデフィオーリ 牝3 52 荻野極
3 5 デンコウジェネシス せ3 53 三津谷隼人
3 6 ラピッドシップ 牡3 56 小牧太
4 7 テイエムアレグレス 牡3 56 国分恭介
4 8 ハギノシャーウッド 牡3 56 和田竜二
5 9 ロードゼスト 牡3 56 川須栄彦
5 10 アルマシャール 牡3 53 森裕太朗
6 11 テイエムファンドル 牡3 56 幸英明
6 12 フットステップ 牡3 56 藤岡康太
7 13 シュクラ 牡3 56 酒井学
7 14 ディープスピリッツ 牡3 56 丸山元気
7 15 タガノヤグラ 牡3 56 藤懸貴志
8 16 ゴールドヘリテージ 牡3 54 坂井瑠星
8 17 マサノペンダント 牝3 53 義英真
8 18 サンタナ 牡3 55 城戸義政

○千田師 「前走は窮屈なところに入ったのが響いた感じ。徐々に力をつけているから、当日落ち着きがあれば更にやれていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

福島ダ1700mへの出走を模索するも、出走枠に入りそうにないことから、出走できる阪神の芝の中距離戦に矛先を向けたロードゼスト。これまでの戦績から厳しい結果は避けられないと見ていましたが、ダートの短い距離を使ってきていたので、ゲートを出たなりでスッと好位へ。行きっぷり良く追走し、4角を回ってくる時の手応えもマズマズ。そしていざ追われるとこの馬らしいジリ脚でしたが、最後まで渋太い伸び。ただ、惜しむらくは直線で幾らか窮屈になる場面が…。スムーズに走れていれば、もう少し上位を目指せたでしょう。

結果は8着ながら、勝ち馬とはコンマ8秒差。初勝利はまだまだ遠いですが、今後に少し明るい光を差し込んでくれたかと思います。

前走後は滋賀・グリーンウッドでリフレッシュ。当初は新潟の最終週での復帰を予定していましたが、真面目に走った分、レース後の疲労が尾を引いてしまいました。それ故、復帰がこのレースに。数を使ってきているので上積みは少ないでしょうが、一息入れて、心身共に良い雰囲気でレースへ臨めそうです。

今回は前走より更に距離延長の芝2400m。掛かる馬ではないですし、前走の内容から十分距離はこなしてくれるでしょう。決め手は見劣ってしまうも、渋太さを発揮して、まずは掲示板確保を目指して欲しいです。勿論、それ以上の頑張りを心の中で願っています。

2017年5月20日 (土)

16日に栗東・千田厩舎へ戻っています。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

2017.05.17
5月17日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に60.6-44.0-28.9-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「早速、5月17日(水)より馬場へ。元気一杯でした。次週は3鞍の芝中距離戦が組まれており、分散してメンバーに恵まれる可能性も。実際の出否は仕上がり具合も含めての判断ながら、いつでも送れるように準備しておくべきかも知れません」

≪調教時計≫
17.05.17 助手 栗東坂良2回 60.6 44.0 28.9 14.1 馬なり余力

2017.05.16
5月16日(火)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、3回阪神を視野に体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「当初は新潟最終週での戦列復帰を考えていました。ただ、トモの疲れを微妙に引き摺っていた感じ。ようやくペースアップを図れる段階には至ったものの、当初の見立てよりも遅れが生じたのは確かでしょう。阪神開催に目標を変更の予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

当初の予定では今週末の新潟戦を目指していましたが、帰厩の声が届かぬまま。結局は予定が白紙になり、ようやく16日の帰厩となりました。大きなトラブルではありませんが、トモの回復が微妙に長引いてしまいました。

今後の予定はこれからの調整次第でしょうが、千田師のコメントを見る限り、来週の競馬に使ってくる可能性は高そう。使うなら28日の芝2000m又は芝2400mのどちらかかな? 個人的にはもう1週待って来月3日の阪神・芝2600mを推したいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ