出資馬一覧

カテゴリー「ロードゼスト」の83件の投稿

2017年11月18日 (土)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、ハロン15秒より速いペースでも走らせています。動き等は大きく変わらぬものの、以前に比べて回復が早い感じ。そのあたりが成長している部分なのかも知れません。このレベルまで課せばOK。近々に帰厩の段取りが組まれそうです」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。11月9日(木)測定の馬体重は505キロ。

○当地スタッフ 「様子を見ながらピッチを速め、11月11日(土)に15-15を交えました。レース出走へ向けて追い切りを重ねていた馬だけに、かなりハミ掛かりが良い状態。コンディションに問題はありません。今週もしくは来週前半にトレセンへUターンします」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは速い調教を織り交ぜ、順調そのもの。体質面で幾らか成長も見込める様子。近々帰厩とのことですが、同厩のイヒラニが17日に滋賀・グリーンウッドへ放牧に出たので、それと入れ替えの形で既に厩舎へ戻っているかもしれません。

セレリティも帰厩を意識した調教へ。ひとまず無難な対応を見せてくれています。ただ、ここ数走は状態面を1番に敗因に挙げていたので、良い頃の状態に戻っているかとなると少々疑問も。厩舎へ戻ってからの追い切り・調教師のコメントに注目したいです。

2017年11月10日 (金)

ロードなお馬さん(牧場組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。もうレースの疲れは取り除けていますね。速いペースも交えて乗り込めており、ある程度のデキには達した印象。声が掛かれば対応可能でしょう。同様のパターンを繰り返しつつ、移動の連絡に備えるばかり」

Photo_3 ロードセレリティ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング2000m。

○当地スタッフ 「11月4日(土)にこちらへ。右前脚球節が浮腫み気味ですが、これ自体は以前から抱えている部分。過度な心配は不要でしょう。7日(火)より角馬場でハッキングをスタート。今回は短期放牧と聞いており、上手く調子を整えて送り返したいです」」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは淡々と乗り込みを続け、帰厩して進められるレベルには到達。あとは声が掛かるのを待つだけなので、良い状態を維持してもらえればと思います。個人的には次走は芝2000m~2200mで番組を選んでもらいたいです。

セレリティは球節の浮腫みはあるようですが、心配するレベルではありません。暮れの中山への出走を予定しているので良い状態を取り戻すことに専念して欲しいです。

2017年11月 6日 (月)

シルク&ロードなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・次走予定:12月9日の中山・師走S
・調教内容:週2回坂路コースで14-13、週1回14-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューで調整を続けています。動きはまだ少し重いですが、状態はだいぶ上がってきています。ここまで待った甲斐がありましたね。再来週ぐらいの検疫で帰厩する予定と聞いています」(11/3近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:トレッドミル

厩舎長「この中間もトレッドミルで運動を行っており、少しずつ負荷をかけている段階ですが、脚元の状態も変わりありませんし、ここまで順調に調整が進められています。腫れはまだ少し残っていますが、運動後は腫れが大きくなることもなく、状態は維持していますので、もう少し運動時間を掛けてから、騎乗調教に移行していくことになると思います。馬体重は516キロです」(11/3近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター

担当者「ここまでハロン16秒ペースで様子を見てきましたが、脚元の状態は維持しながら調整できていますので、この中間からハロン15秒までペースを上げています。15-15ペースをコンスタントにこなしていっても、今の状態を維持できるかがポイントになると思いますが、一つ前進できたのは良かったです」(11/3近況)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。脚元を含めて不安は生じておらず、15-15にもキッチリ対応できていますよ。あと2週間ぐらいで厩舎へ・・・との話。この様子ならば大丈夫でしょう。オーバーワークに注意しながら調整を続ける方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

リゾネーターは今月中旬には厩舎へ戻れそう。それまでしっかり鍛え込んで、息遣い等の中身を整えてもらえればと思います。ただ、同世代の馬が古馬と一緒に走っている姿を見ると、世代間のレベル差が大きそう。強い相手に揉まれながら、地力アップしていかないと、厳しい結果が続きそう。

ナイトバナレットは引き続きトレッドミルでの調整。腫れがなかなか引かないのは悩ましいですが、少しずつ良い方へは向かっています。今はまだまだ辛抱です。

インペリオアスールはいよいよ15-15へ。ここを乗り切らないと競走馬としての再出発とは行きません。疲れ・反動を見せずにドンドン進んでいって欲しいです。

ロードゼストは速い調教も無難に対応して前進中。まもなく帰厩の声が届くでしょうから、この調子を維持してその時を待ってもらえればと思います。ここ2走、結果が出ていないので、次走ではまずは5着以内確保を目標にして欲しいです。

2017年10月25日 (水)

ロードなお馬さん(牡馬・グリーンウッド調整組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「時折、ハロン18秒より速いペースでも行くように。及第点ですね。ただ、コンスタントにレースを使っている馬。あまり強い稽古を課すよりも、ケア中心でOKかも知れません。千田先生は定期的に来場。意見を仰ぎながら取り組みましょう」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「帰厩を見据えて仕上げに取り掛かるように。動き自体は及第点でしょう。ただ、強目の稽古を始めたところ背腰が再び疲れ気味に。改めてショックウェーブ治療を行っています。これで恐らく大丈夫。近日中に移動の段取りが組まれそうです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは引き続き普通キャンター程度で乗り込み中。特に気にかかるところはありませんが、速いところをビシビシ乗る必要もありません。ケア中心で進め、フックラした馬体で厩舎へ送り届けてもらえればと思います。

プレステージは前走の疲れが完全に抜けたかとなると怪しいですが、適切な処置は行っています。この水・木曜日に帰厩の知らせが届くかもしれませんが、その時はまた改めて記事にしたいと思います。

2017年10月19日 (木)

ロードなお馬さん(牡馬・グリーンウッド調整組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「騎乗トレーニングを開始。既に坂路コースへ連れ出しており、18-18までペースも速めています。軽く筋肉注射を打った程度。思っていたよりもレースのダメージは少ないかも知れません。概ね順調と言えそう。このまま進めて行きましょう」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「この1、2週ぐらいの間で厩舎へ戻る可能性も・・・との話を踏まえて調教レベルを強化。ここに来て坂路コースへ連れ出しており、時折18-18より速いペースでも走らせています。無難な対応。乗り進めつつ必要に応じてケアを施しましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは騎乗運動を開始。既に坂路で普通キャンターを乗り込んでいます。予定が決まれば、更にピッチを上げることが出来ると思いますが、走る方へ気持ちが向くように意識的にゆったり進めてもらえればと思います。

プレステージはそろそろ帰厩へ。状態は上がってきていると思うので、馬体のボリュームを損なわないことを第一に進めて欲しいです。

2017年10月13日 (金)

ロードなお馬さん(3歳上・牧場組)

Photo_3 ロードゼスト

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「到着後はウォーキングマシン。まだ競馬を終えて日が浅いのを踏まえ、ひとまずは余裕を持たせている状況です。見た目には大きな問題も無く、近日中に軽く跨る予定。そこでの感触に応じて以後の進め方を検討できれば・・・と思っています」

Photo_3 ロードプレミアム

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。10月5日(木)測定の馬体重は538キロ。

○当地スタッフ 「引き続き、70-40程度のトレーニングを意欲的な姿勢で消化。目に見えて動きがシャキッとして来ただけに、これで準備OKと言えるでしょう。結構な仕上がりに達しており、あとは厩舎からの連絡が届いた段階で馬運車に乗せるのみだと思います」

Photo_3 ロードプレステージ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)。

○当地スタッフ 「心身共にコンディションは安定。一通りのケアは既に済ませており、指示が届けばピッチを上げられるでしょう。今しばらくは同様のパターン。次走の予定が示された時点でスケジュールを逆算し、そこから仕上げに取り掛かろうと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストはレース後、間もないこともあり、ウォーキングマシンのみの調整。特にクタッとした感じは窺えないので、運動開始には時間は要しないと思います。

プレミアムは70-40の調教を繰り返し、体力・息を整え中。動きにもピリッとした面が窺え、状態は着実に上がっています。あとは2歳馬のデビューが進んでいく時期なので、どのタイミングで声が掛かるかでしょう。全弟は重賞を勝ちましたが、プレミアムもまだまだ上を目指して欲しいです。

プレステージはケア中心の調整を続けていましたが、状態はしっかり回復した模様。こちらも次走の予定が組まれれば、調教のレベルを高めて、帰厩へと進めるでしょう。

2017年10月 5日 (木)

結果的に仕掛けが早くなった為、最後の直線半ばで末脚の勢いは早くも鈍り出して…。集中力散漫な面は今後の課題に。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月30日(土)阪神7R・3歳上500万下・芝2600mに岩田Jで出走。18頭立て2番人気で7枠13番からスローペースの道中を12、10、8、5番手と進み、直線では外を通って0秒7差の7着でした。馬場は良。タイム2分41秒2、上がり35秒3。馬体重は2キロ減少の450キロでした。

○岩田騎手 「勝負処で外から早目に並ばれる格好。もう少し溜めを利かせたかったものの、あの場面では一緒に動かざるを得ないでしょう。その分だけ最後に止まった感じ。直線半ばまでは上々の勢いで来たのですけどね。事前に先生より聞いていた通り、やはり使える脚は3ハロンぐらい。距離は2000m以上で幅が持てるのでは・・・」

○千田調教師 「あまり集中力が続かぬ感じなのを踏まえ、終いだけビシッと走らせる競馬が合うかも・・・とジョッキーに伝達。序盤は良い形で運べていたと思います。ただ、あれだけの手応えでラストに失速。ちょっと始動が早かったのは確かながら、やはりメンタルの部分も大きいのでしょう。レース後の様子を確認した上で新たなプランを検討する方針」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。10月4日(水)に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して秋以降のレース出走へ向けて心身のリフレッシュを図ります。

○千田調教師 「脚元等は大丈夫ながら、ちょっと腰が疲れ気味。コンスタントに長い距離を使っていますからね。ここでリセット。育成場でケアしつつリフレッシュを図る方針です。帰厩のタイミングに関しては移動後の状態次第。まずは回復に努めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2番人気に支持されたのは正直意外でしたが、初勝利を挙げた阪神・外回りで巻き返しを期待されたんだと思います。今回は前走と違いパドックで適度な落ち着き。じっくり進めることが出来れば、これまでの戦績から改めて大崩れはしないと思ったのですが…。

道中は折り合いがついて、中団よりやや後方での追走。前走と同じ轍を踏まないように岩田Jは上手に進めてくれました。ただ、勝負所で外から他馬が被せてきた時に早目に突っ張ることになったのが誤算。結果論ですが、そこでまずは他馬を先にやらして、仕掛けを我慢できていれば結果は違っていたでしょう。まあ、勝ち負けの争いに加われたかとなると…。

最後の直線、ロードゼストなりに伸びてくれましたが、急坂を迎える前に失速。小回りの芝2600mは守備範囲だと思いますが、未勝利勝ちした芝2400mが広いコースでは距離の上限かも。今後は2000m~2400mのレースを選んでいってもらえればと思います。

レース後の状態ですが、背腰に連戦の疲れが残る様子。そう心配することはありませんが、ここで一旦リフレッシュすることに。最近、集中力に欠けるところが見受けられたので、走ることへの前向きさを取り戻して欲しいです。

出資しているロードの3歳で唯一勝ち上がってくれたゼスト。このまま低迷してしまうのは寂しいですから。

2017年9月30日 (土)

自滅する形で敗れた前走から巻き返して欲しいも、フルゲート18頭と頭数が揃ったのは厄介。自分の競馬に徹して改めてどこまで通用するか…。★ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月30日(土)阪神7R・3歳上500万下・芝2600mに岩田Jで出走します。9月27日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に60.2-43.0-28.1-13.6 馬なりに乗っています。また、良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン53.1-39.0-11.8 8分所を強目に追っています。追い切りの短評は「デキ落ちなし」でした。発走は13時15分です。

○千田調教師 「9月27日(水)も相応に時計は出ています。週を追う毎に良化を感じる一方で、まだ幾らか前向きさに欠ける印象。そこがレースで如何に影響を及ぼすか・・・。気分良く運び過ぎて失速した前走も踏まえ、ある程度じっくり今回は進めるつもり」

≪調教時計≫
17.09.27 助手 栗CW良 53.1 39.0 11.8 強目に追う
17.09.27 助手 栗東坂良1回 60.2 43.0 28.1 13.6 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

7R 3歳上500万
第4回阪神8日目(09月30日)
7R 3歳上500万下
サラ 芝2600メートル 指定 定量 発走13:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 レレオーネ 牡5 57 北村友一
1 2 ワラッチャウヨネ 牝3 49 森裕太朗
2 3 ナムラメルシー 牝3 49 富田暁
2 4 ケイアイアン 牡3 53 義英真
3 5 ジャストコーズ せ4 57 菱田裕二
3 6 ディスピュート 牡4 57 和田竜二
4 7 タマモベルガモ 牡4 56 鮫島克駿
4 8 マジックルーラー 牝3 51 坂井瑠星
5 9 ローズシュクレ 牝3 51 荻野極
5 10 メイショウブルゴー 牡3 53 城戸義政
6 11 スティルウォーター 牝4 55 四位洋文
6 12 ダンツペレット 牡4 57 藤懸貴志
7 13 ロードゼスト 牡3 54 岩田康誠
7 14 ストーミーワンダー 牡3 54 菅原隆一
7 15 ヤマニンアウォーズ 牡3 53 岩崎翼
8 16 メイショウカミシマ 牡3 54 松若風馬
8 17 マイブルーヘブン 牡3 54 松山弘平
8 18 メイショウキリマ 牡3 53 加藤祥太

○千田師 「前走は気分良く行き過ぎた。前々走のようにジックリとタメていければ変わっていい」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離経験と近走の走りっぷりから大崩れはないと見ていた前走のロードゼスト。クラス2戦目で勝ち上がれば、菊花賞がチラッと見えてくるかなと思いを巡らしていたのですが、よもやの8着。決め手の差が出てしまう分の敗戦なら諦めはつくのですが、自滅による失速。川田Jとも手が合うと見ていただけにそれなりのショックがありました。

その後は厩舎に滞在して、再度芝2600mのこのレースへ。中間の調整自体は問題ありませんが、少し前向きさに欠ける様子。前走の敗戦が尾を引いているのかな? まあ、長丁場の1戦なので、スタミナを考慮すると、逆にこれぐらいの方が良いのかもしれません。個人的にはあまり気にせずにレースを見守りたいです。

ただ、中央場所ということでフルゲート18頭と相手が揃ったのは厄介なところ。降級馬2頭を中心に力が拮抗しているように感じます。道中の捌き・仕掛けによって結果はコロコロ変わるでしょう。

距離は違えど、今回の阪神・外回りは未勝利を勝った舞台。レースプランとすれば、その時の走りを再現して欲しいですが、外々を回し過ぎると前走のような失速シーンも。詰まるのを覚悟で内にこだわるのも一考でしょう。このクラスで3着という実績はありますが、関西の中央場所でどこまで通用するか。改めてゼストの力量を問う1戦かなと見ています。

2017年9月25日 (月)

岩田Jとのコンビで週末の阪神・芝2600mへ挑みます。☆ロードゼスト

Photo_3 ロードゼスト(牡・千田)父ヒルノダムール 母エミネンスグリーズ

9月21日(木)良の栗東・坂路コースで1本目に58.9-43.2-28.9-14.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン84.4-68.0-53.2-39.1-12.0 6分所を強目に追っています。短評は「デキ落ちなし」でした。9月30日(土)阪神・3歳上500万下・芝2600mに岩田騎手で予定しています。

○千田調教師 「9月21日(木)もウッドへ入れています。本当に良かった頃には及ばぬものの、先週と比べれば馬自身がヤル気に。来週までに何処まで雰囲気を近付けられるか・・・でしょう。上位の中から改めて選定。次は岩田騎手とのコンビで臨む予定です」

≪調教時計≫
17.09.21 助手 栗CW良 84.4 68.0 53.2 39.1 12.0 強目に追う
17.09.21 助手 栗東坂良1回 58.9 43.2 28.9 14.0 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

この土曜日の阪神・芝2600mを予定しているロードゼスト。サッパリな結果に終わった前走の疲れもなく、中間の調整は頗る順調。気持ちが少し後向きになっていましたが、負荷を高めることで良い意味でピリッとしてきています。

また、未定だった鞍上は岩田Jに決定。追える騎手なので手は合うでしょう。ただ、前走で気分良く動き過ぎたのが敗因に繋がったので、今回は折り合い重視でじっくり進めてもらいたいです。そして3角すぎの勝負どころから仕掛けていってもらえればと思います。今回は悪くても掲示板(5着以内)は確保してもらわないと。巻き返しを心から願っています。

2017年9月16日 (土)

ロードなお馬さん(千田厩舎)

Photo_3 ロードゼスト

9月13日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に60.0-42.9-27.8-13.3 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン82.1-66.8-51.9-38.7-12.6 6分所を強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を2秒5追走して0秒2遅れ。短評は「順調に乗り込む」でした。9月30日(土)阪神・3歳上500万下・芝2600mに予定しています。

○千田調教師 「騎乗トレーニングを再開。さほどダメージも窺えず、厩舎で調整を続けています。ただ、9月13日(水)は集中力に欠けるような走り。外を回った相手に手応えも劣勢で・・・。もう少し頑張って欲しかったところ。再来週の2600m戦が目標です」

≪調教時計≫
17.09.13 助手 栗CW稍 82.1 66.8 51.9 38.7 12.6 強目に追う タガノヤグラ(古馬500万)馬なりの内2秒5追走0秒2遅れ
17.09.13 助手 栗東坂稍1回 60.0 42.9 27.8 13.3 馬なり余力

Photo_3 ロードイヒラニ

滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「併せ馬の際などは問題ないものの、1頭だと仲間を探すような素振り。寂しくて鳴いているのかも知れませんね。直近の計量で馬体重は475キロ。15-15の稽古を交えつつ乗り込みながらも、見た目には十分なボリュームが備わっていますよ」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは騎乗運動を再開して、13日にCWコースで併せ馬を消化。相手の動きが素晴らしいだけでこの馬の時計はそう悪くありません。ただ、“集中力に欠けた”というのは気になる材料。前走の大敗がメンタル面で狂いを生じさせているような…。

イヒラニは順調に調教を消化。馬体もフックラして状態は着実に上がってきています。ただ、精神面の幼さは急には良くならずで…。仲間を探す・付いていく感じなので、レースではなかなか先頭に立ちあがらない馬かも。そうなると、勝ち切れないレースが続くのかなと想像します。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケアレスウィスパーの16 | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディアジーナの16 | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | モンドインテロ | ラストインパクト | ラフアップの16 | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードエース | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退・地方競馬)ロードバリスタ | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パブロ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)マンボビート | (引退)メジャースタイル | (引退)メロウハート | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードプレステージ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ