出資馬一覧

カテゴリー「リゾネーター」の74件の投稿

2017年8月16日 (水)

暑さが応えているのか歩様がゴトゴト。しっかり立て直す必要がありそうで…。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルでダク

天栄担当者「先週から坂路コースに入れて、進めていこうとしていたのですが、歩様がゴトゴトしていて、どうもまだ状態が上がってこないようですので、今週はトレッドミルでダクの調整にして様子を見ています。これまでの過程を見ると少し時間がかかりそうですし、ここはしっかり立て直す方がいいでしょう。馬の状態を見ながら調整していきます。馬体重は555キロです」(8/11近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大井のジャパンダービー4着後、NF天栄で調整中のリゾネーター。レース後はさほど疲れを覗かせていなかったと思うのですが、ここに来て暑さが応えている様子。気候が落ち着いて、馬自身に覇気が戻ってくる迄はトレッドミルで体を動かす程度で十分。ここで無理をしてしまうと、後々まで尾を引きそうですから、今は我慢のしどころだと思います。

また、次走からは古馬のOP馬を相手にしなくてはなりません。リゾネーター自身の完成度を上げないと通用しないでしょう。牧場でしっかり鍛え、その後に帰厩できるようにお願いしたいです。

2017年8月 6日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・牧場組)

Photo ブロードアリュール

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「先週まではトレッドミルの調整を続けていきましたが、今週から周回コースで軽めの乗り運動を始めました。乗り出すと、硬さがやや気になりますが、その辺りに注意しながら、今後も調整を続けていきたいと思います。馬体重は501キロです」(8/4近況)

Photo リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで17-17、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「今週から坂路コースでハロン17秒ペースの調教を始めました。その後は体温が上がることはないですが、全体的に覇気がなく、疲れが取り切れていない印象です。状態を見ながら少しずつ進めていきます。馬体重は547キロです」(8/4近況)

Photo ナイトバナレット

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コース、坂路でハロン15秒 

厩舎長「秋の番組が発表されましたが、まだ具体的な予定は決まっていないので、引き続きオーバーワークにならない程度に調教を行っています。動きはハロン15秒の本数を重ねていくにつれて良くなってきていますし、緩さもだいぶ解消されていると思います。いつ声が掛かるか分かりませんが、態勢だけは整えていい状態で送り出せるように調整していきます。馬体重は491キロです」(8/4近況)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:週5回トレッドミルでキャンター、残りの日はウォーキングマシン

担当者「引き続き、トレッドミルでの運動を行っています。時折り右前膝がモヤッとすることがありますので、今後も気を使いながらよくケアしつつ進めていきたいと思います。飼い葉食い等の体調面は変わらず問題ありません」(8/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは周回コースでの騎乗運動を開始。硬さが少し気になるようですが、パンとしていない体質から来るものもあると思うので、そう神経質になる必要はないと思います。焦ることなく進めてもらえれば。

リゾネーターは夏負けの兆候。また、前走使う前に前捌きの硬さを覗かせてもいたので、疲れが抜け切っていないんだと思います。ここはしっかり立て直す必要がありそう。

ナイトバナレットは唯一元気一杯。秋の番組は発表されましたが、復帰戦は確定していません。コツコツ乗り込んできた成果を秋競馬で存分に見せて欲しいです。

インペリオアスールは引き続きトレッドミルでの調整。それでいて右前膝がモヤッとすることがあるとは…。体調自体は何ら問題ないんですが。未勝利がある内での復帰は絶望的。軌道に乗ってくるにはどれくらい時間が必要なのかなあ。

2017年8月 1日 (火)

シルクなお馬さん(NF天栄調整組)

Photo_3 リゾネーター

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:トレッドミルで軽めのキャンター

天栄担当者「入場後は軽めの調整で様子を見ていましたが、24日に体温が少し上がりました。体温はすぐに落ち着きましたし、さほど問題はなかったのですが、やはり少し疲れがあるのかもしれません。そろそろ乗り出せると思いますが、今後も様子を見ながら調整していきます。馬体重は542キロです」(7/28近況)

Photo ヴェルトゥアル

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:周回コースで軽めのキャンター

天栄担当者「この中間も周回コースで乗り運動を行っています。右トモの状態はまだ少し気になるので、治療を続けながら軽めの調整で様子を見ています。馬体重は476キロです」(7/28近況)

Photo ロイヤルアフェア

・在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
・調教内容:週2回坂路コースで14-14、週1回15-14、残りの日は軽めの調整

天栄担当者「この中間も先週と同様のメニューの調教を続けています。たまに立ち上がるなど、気性面の難しさを見せていて、そこだけ注意が必要ですが、乗り込みつつ体力が徐々に付いてきて、動きはだいぶよくなってきましたよ。今後もこの調子で上向かせていきたいですね。馬体重は521キロです」(7/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブロードアリュールは尾関厩舎の括りで先に記事にしましたが、同馬以外のNF天栄調整組の近況をまとめて。

リゾネーターはNF天栄後、体温の上昇が認められたようですが、今は回復。見た目以上に疲れが残っているのでしょう。暑さに強い感じもしないので、まずはしっかり疲れ・脚元の硬さを取り除くことに専念して欲しいです。また、次は古馬と一緒に走ることになるので、自身のレベルアップも必要になるでしょうし。

ヴェルトゥアルは徐々に良くなっていますが、まだまだ無理はできません。まずは治療最優先で十分。不安箇所を一掃して後、基礎体力を身につけ、厩舎へと進んでもらいたいです。

ロイヤルアフェアは難しいところを見せているようですが、走り出せば問題ないようですし、気の強さがレースでの勝負根性に繋がってくれればと思います。走ることが嫌にならないよう、そこには十分気を遣ってもらいたいです。

2017年7月21日 (金)

20日にNF天栄へ放牧に出ています。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

・在厩場所:美浦トレセン/20日に福島県・NF天栄へ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

牧師「ここまで軽めの調整で様子を見ていましたが、それほど疲れはなく、脚元も問題ありませんでした。ただ、正直まだ緩さが残る現状ですから、続けて使っていくと上積みどころか、状態が落ちてしまうと思いますので、ここは一旦放牧に出して、しっかりリフレッシュさせる方がいいと思います」(7/19近況)

⇒⇒20日(木)に福島県・NF天栄へ放牧に出ています。(20日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ジャパンダートダービーで死力を尽くしたリゾネーター。状態に関して、特に気になるところはないようですが、ここは無理せず一旦NF天栄へ。20日に移動しています。

あまり暑さに強そうではありませんし、連戦できる体力もありません。この選択は賢明でしょう。また、前走で改めて力のあるところは見せたので、今後も大事に使って行って欲しいものです。

2017年7月15日 (土)

4角を回ってくる時は押し切れそうな雰囲気はあったも、最後の直線で手前を替え切れず。その結果はワンパンチ足りずの4着に終わる。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

水曜大井11R ジャパンダートダービー(Jpn1・ダ2000m)4着(3番人気) 木幡巧J

五分のスタートから促して行き、道中は5番手辺りを追走、4コーナーで徐々に進出し前を窺いに掛かり、直線に向いて追い出されますがジリジリとした伸び脚で、上位には及ばず4着でゴールしています。

木幡巧騎手「前走に比べると跨った時の雰囲気が良かったですし、これならいい勝負をしてくれると思いました。スタートはいつも通り出ているのですが、中央に比べて砂が深いので、行き脚が付くまでに少し時間が掛かってしまいました。変に囲まれてしまって動くに動けなくなるのは嫌だったので、向正面に入ってからはいつでも抜け出せるようなポジションで追走していき、4コーナーで内の馬が上がって行くのと一緒に動いて行きました。直線に向くまでの手応えも良かったですし、これならと思って追い出したのですが、最後は押し切れませんでした。勝負どころで外を回らされて苦しい部分もありましたし、直線でも一押ししたいところで手前が変わらず、そういったところの影響もあったのかもしれません。馬は頑張って走ってくれているのですが、結果を残すことが出来ず申し訳ありませんでした」

牧調教師「今回は装鞍所から元気がありましたし、前走時に比べるとパドックから前向きで雰囲気は良かったと思います。向正面で少し押していった時には手応えが悪いのかなと少々不安がよぎったのですが、そこから盛り返してよく見せ場を作ってくれたと思います。外々を回らされる厳しい形になりましたし、それに今回は帰厩当初にいつもより硬さが見られ、連勝していた頃と比べるとセーブしながらの調整になってしまった部分が正直あり、最後はもしかするとそういった部分の影響が出てしまったのかもしれません。ただ敗れてはしまいましたが、前走に比べるとレースの内容的には良かったと思いますし、まだ成長途上の中でこの馬の力は示してくれたと思います。暑い中がんばって走った疲れがあると思いますし、この後は一旦放牧に出させていただく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【ジャパンダートダービー】(大井)~船橋のヒガシウィルウィンが制覇(ラジオNIKKEI・競馬実況ウェブより)

大井競馬場(天候:晴 馬場:良)で行われたダートグレード競走の第19回ジャパンダートダービー(第11競走・Jpn1・3歳OP・ダ2000m・1着賞金4500万円)は14頭が出走した。

スタートしてJRAのノーブルサターンが大外枠から先手を取り、向正面では6番人気のJRAのローズプリンスダムが2番手となり、3番手に4番人気のJRAのサンライズソアがつけ、その後にJRAのシゲルコング、そして固まるようにして3番人気のJRAのリゾネーターが追走。その内に5番人気となった船橋のヒガシウィルウィンがつけ、1番人気のJRAのサンライズノヴァはその集団の外8番手あたりにつけた。その集団の直後を2番人気のJRAのタガノディグオが追走した。

3コーナーを回って外からリゾネーターが先に動いて4コーナーではノーブルサターンに並びかけて直線に向いた。前2頭に最内を突いたサンライズソアと4コーナーで内から外に持ち出したヒガシウィルウィンが襲い掛かり、残り200メートルで抜けて2頭の追い比べとなり、最後はクビの差をつけてヒガシウィルウィンが優勝した。勝ちタイムは2分5秒8。勝利騎手は船橋の本田正重。外から追い込んだタガノディグオがゴール前でリゾネーターを交わして3着となり、逃げたノーブルサターンが5着。サンライズノヴァは6着に終わった。

ヒガシウィルウィンは、船橋の佐藤賢二厩舎の所属馬。父はサウスヴィグラス、母はプリモタイム(母父はブライアンズタイム)という血統の牡3歳栗毛馬。北海道競馬でデビューし、今年1月のニューイヤーカップから南関東で走り、前走の東京ダービーを制して南関東の3歳No.1の座を手にしていた。通算成績はこれで14戦7勝。南関東に移籍してからの4戦すべてで騎乗した森泰斗騎手がケガのために乗れず、今回初めてコンビを組んだ本田正重騎手がみごとに大役をはたした。佐藤賢二調教師は2001年のトーシンブリザード以来の2度目のジャパンダートダービー制覇。地方競馬の馬がこのレースを制したのはマグニフィカ以来7年ぶり。

4着 リゾネーター 木幡巧也騎手
「スタートがいつものように出てくれませんでしたが、道中は良い競馬ができました。向こう正面でも直線でも手応えがあり、いけると思ったのですが。甘くなかったです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走が不可解な敗戦で、この中間も良い頃の雰囲気にないと思っていたリゾネーター。正直、前走のような大敗まであるかなと覚悟をしていました。

パドックに登場したリゾネーター。初めてのナイター競馬に戸惑いはなかったですが、今回もプラス体重。手脚が長い分、重苦しくはありませんが、お腹回りは余裕のある造り。無駄肉が削がれ、馬体にメリハリが出てくれば、また違ったパフォーマンスを見せることが出来るんでしょうが…。

いざレースですが、初めての大井ということでスタートのタイミングが一息で出脚が付かず。幸い、外目の枠を引いていたので、揉まれ込むようなことはなかったですが、促しながらの追走に。道中もやや外目を追走することになりました。ただ、それでも勝負どころで今回は置かれることなく余力十分。直線を向いた時も手応えが良かったので、『これなら!』と力が入ったのですが…。そこからの伸びが渋かったです。早めに捲り切って、直線はラチを頼りに走らせた方が良かったのかな? まあ、結果論ですが、色々思うところはありました。そして最後にリゾネーターの課題・手前を上手に替え切れなかったのが響きました。馬体がパンとしてくれば、スッと替えるようになるんでしょうが…。最後まで人馬頑張ってくれましたが、残念ながらワンパンチ足りずの4着に終わりました。

残念な思いと改めて力のあることが分かってホッとした面も。まあ、まだまだこれからの馬ですし、内面に弱さも残ります。当面は欲張らずに出走と放牧を繰り返しながら、強い相手との戦いに揉まれながら、じわじわ地力を養っていってもらえればと思います。

2017年7月12日 (水)

いよいよ大一番も、前走で不可解な大敗を喫しただけに過度の期待はどうか。能力は十分足りるでしょうが…。★リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

大井(07月12日)
11R ジャパンダートダービー(Jpn1)
サラ ダ2000メートル 3歳OP 定量 ダ・2000m (右) 発走20:05  
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サヴァアルジャン 牡3 56 町田直(浦和)
2 2 ローズプリンスダム 牡3 56 大野(JRA)
3 3 タガノディグオ 牡3 56 川島信(JRA)
3 4 ヒガシウィルウィン 牡3 56 本田重(船橋)
4 5 キャッスルクラウン 牡3 56 吉原寛(船橋)
4 6 キャプテンキング 牡3 56 矢野貴(大井)
5 7 シゲルコング 牡3 56 内田(JRA)
5 8 サンライズソア 牡3 56 川田(JRA)
6 9 サンタンパ 牡3 56 大畑雅(愛知)
6 10 リゾネーター 牡3 56 木幡巧(JRA)
7 11 ブラウンレガート 牡3 56 的場文(大井)
7 12 サンライズノヴァ 牡3 56 戸崎(JRA)
8 13 サザンオールスター 牡3 56 岡部誠(愛知)
8 14 ノーブルサターン 牡3 56 鮫島良(JRA)

○牧師 「前走は小回りに戸惑ったか、見えない疲れがあったのか…。敗因がつかみきれないが、放牧に出し、ここ目標に乗り込んだ。距離は問題なくこなしてくれるはず」(スポニチより)

助 手 9南坂良 54.1- 39.4- 25.2- 12.6 馬なり余力 グラスエトワール(古1600万)馬なりを0.4秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ同世代のライバルと雌雄を決することにジャパンダートダービー。未勝利勝ちから3連勝した時点でココを意識してきました。個人的にも中央&地方のレースで初めてのG1挑戦(シルクメビウス・2着)となったのが同レースだけに、久しぶりの参戦に色々思うところがあります。

ただ、今回に関しては、前走の兵庫CSで不可解な敗戦をしてしまった後のレースだけに意気込みは控え目。地方の小回りコースが合わなかった+厩舎に滞在しての連戦+GW期間の長距離輸送と悪い条件が重なり合いましたが、もう少し格好をつけて欲しかったのが本音。精神的に強いタイプとはいえないので、敗戦のショックが尾を引いているかもしれません。

先月15日に美浦へ戻ってきたリゾネーター。調整自体はひとまず順調も、前捌きの硬さが気になる現状。前走の疲れが完全に抜け切ったとは言えないのでしょう。実質的な最終追いこそWコースでビシッとやられましたが、それ以外は坂路追いばかり。見た目はスッキリ仕上がっていても、中身が伴っていないかもしれません。

能力を出し切れば、このメンバーでも良いところがあると思いますが、正直なところはいざレースになってみないと分からないことばかり。これまでのようにスッと好位を取れるか取れないかで結果は大きく違ってくるでしょうし。

まあ、本来力の要る馬場は向くと思うので、広いコース+関東圏のレースへ戻って、巻き返してくれることを心の中で願っています。

2017年7月 7日 (金)

最終追いはWコースでビシッと。格上馬を圧倒する動きを見せています。☆リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:南Wコースで5日に時計
・次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(Jpn1)

牧師「5日に南Wコースで時計を出しました。オープンクラスの古馬と併せて行い、リゾネーターが追走し、最後は内に併せて追い出すと、しっかりと反応して先着してくれました。動きそのものは力強くて良かったと思いますし、いい追い切りが消化出来たと思います。ここまで坂路中心にして、それほどコンスタントに強い追い切りを課しているわけではないので、前捌きの硬さの方は徐々に取れてきていますし、今後もよくケアしながら進めていきたいと思います。週末の追い切りをどうするかは、この後の状態を見て考えたいと思いますが、前走の巻き返しが出来るよう状態を整えていければと思います」(7/6近況)

助 手 2南坂良 55.1- 40.1- 26.0- 13.1 馬なり余力 プロトコル(古オープン)馬なりを0.3秒追走同入
木幡巧 5南W不 82.5- 67.5- 53.3- 37.6- 13.0 一杯に追う ディアデルレイ(古オープン)一杯の内を0.4秒追走4F併0.2秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ大井・ジャパンダートダービーが来週に迫ってきたリゾネーター。週末・直前に時計を出すかもしれませんが、本格的な追い切りは5日が最後。

これまで前捌きの硬さを懸念して、坂路オンリーで進めてきましたが、悔いを残さないようにWコースでビシッと。6ハロンの長目から行って、格上馬のディアデルレイに追走先着。重い馬場を考慮すれば、しっかり動けていると思います。これで息の入りが違ってくるでしょう。

ただ、前走がよもやの凡走。それから更にJRAのライバルが強化されて臨むこの1戦。期待と不安が入り混じりますが、勝てる能力は秘めていると思います。長い直線コースは向いているとは言えませんが、広いコースに替わって、自分のリズムでノビノビ走ってきて欲しいです。そしてそれに結果が伴ってくれれば…。

2017年7月 1日 (土)

シルクなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo リゾネーター

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで28日に時計
・次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(Jpn1)

牧師「28日に坂路コースで時計を出し、併走馬を追走・同入しました。終いは強めに追ったのですが、いい反応を見せ、好時計をマークしています。まだ、前捌きの硬さが取り切れないので、坂路中心に進めていますが、動きは順調に良化しています。競馬までには、もう少し時間があるので、引き続きケアをしながら、更に状態を上げていきたいと思います」(6/29近況)

助 手 25南坂稍 56.0- 40.7- 26.2- 12.8 馬なり余力
助 手 28南坂稍 52.0- 38.3- 24.9- 12.4 末強目追う レオイノセント(古500万)一杯を0.3秒追走同入

Photo マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:28日に坂路で追い切り
・次走予定:中京7月8日・芝1400m(森裕J)

橋口慎師「28日に坂路で追い切りました。併せて遅れはしたものの、馬場が悪い時はいつもこんな感じですから、あまり気にしなくていいでしょう。この中間もいい状態を維持していますし、体調を整えてあげれば前走のようにしっかり走ってくれると思います」(6/29近況)

助 手 25栗坂重 58.0- 42.6- 28.3- 14.0 馬なり余力
助 手 28栗坂稍 55.5- 40.6- 26.5- 13.4 一杯に追う モンラッシェ(古1000万)強目に0.2秒先行0.5秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前捌きの硬さが抜けず、坂路オンリーの追い切りを続けているのは不満ですが、ひと追い毎にリゾネーターの調子は上がってきていると思います。レースまでに1本でもWコースで負荷を掛けることができるかが1つポイントかなと見ています。また、前走の大敗が尾を引かないようにお願いします。

マンボビートは来週の中京戦を予定。追い切りは相変わらず地味ですが、1週前にしっかり負荷を掛けることが出来ているのは○。状態に陰りはありません。前走より1ハロン延長となりますが、レースプランとすれば、揉まれない位置で追走して終いに賭ける形を次走でも貫いて欲しいです。正攻法の競馬で押し切る力はないと思いますし。

2017年6月25日 (日)

鞍上は引き続き木幡巧Jを予定しています。☆リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:坂路コースで21日に時計
・次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(Jpn1)

牧師「21日に坂路コースで時計を出し、併走馬を追走・同入しています。帰厩後初時計なので、あまり無理をさせないように注意しましたが、時計は悪くないですし、いい感じで動いていました。ただ前回初めて2戦続けて使った影響か、いつもに比べ多少硬さが感じられます。その点はよくケアしつつ競馬に向けて調整を進めていきます。鞍上についてですが、巧也(木幡巧也騎手)にもう一度チャンスを与えてやってください」(6/22近況)

助 手 21南坂重 53.6- 39.4- 25.8- 12.9 馬なり余力 グローリアスイリス(三未勝)強目を0.2秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

15日に美浦へ戻ってきたリゾネーターは21日に坂路で初時計をマーク。軽めの内容ですが、動きは悪くありません。来週ぐらいからWコース主体に切り替えて、内面の強化に努めてもらえればと思います。硬さが残るのはちょっと嫌な材料ですが、厩舎で出来る限りのケアをお願いします。

登録馬の発表は近々だと思いますが、OP勝ちを含む3勝しているリゾネーターは出走枠に選ばれる筈。鞍上は引き続き木幡巧Jを予定。前回の不甲斐ない敗戦をこのコンビの絆で挽回してくれることを願っています。

2017年6月16日 (金)

15日に美浦・牧厩舎へ戻っています。☆リゾネーター

Photo_3 リゾネーター(牡・牧)父Blame 母Bluegrass Sara

・在厩場所:15日に美浦トレセンへ帰厩
・次走予定:7月12日の大井・ジャパンダートダービー(Jpn1)

牧師「15日に無事にこちらへ帰厩しています。馬体チェックを行い問題がなければ、ジャパンダートダービーを目標に早速明日から乗り出していきたいと思います。前走は残念な結果になってしまいましたが、あれがリゾネーターの実力ではないと思っていますし、何とか巻き返せるように調整していきたいと思います」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近々厩舎へ戻ることが示唆されていたリゾネーターは15日に美浦・牧厩舎へ。すぐさま来月12日に行われる大井・ジャパンダートダービーへ向けて、追い切りを重ねていくことになります。状態に関しては、馬体に余裕が残るぐらいで問題はないでしょう。

前走は厩舎に滞在しての2戦目、GW期間の地方競馬場での出走と初めての経験で攻め切れなかったところがあったと思います。そしてそれがレースでの前向きさに欠けた要因の1つでしょう。能力的にあそこまで負ける馬ではないと思っています。

前走で先着を許したタガノディグオ、今週のユニコーンSの勝ち馬等が同レースに出走してくると思います。相手関係は更に強化され、結果を出すのは容易ではありませんが、敗れたとしても、『リゾネーターはやはり力があるよね』と言ってもらえる走りを見せてもらいたいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | ショアーの16 | シルキーラグーンの16 | シルクドリーマー | スカイクレイバーの16 | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ビアンカシェボンの16 | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロジャーズスーの16 | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギブソン | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードレジスタ | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ