出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ブライトクォーツ」の73件の投稿

2017年7月20日 (木)

道中でロスを挽回していくような脚を使えないのが全て。後方のまま見せ場なく終わってしまう。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜函館6R 3歳未勝利(芝2000m)8着(5番人気) 蛯名J

まずまずのスタートを切りますが行き脚が付かず、道中は後方5番手辺りを追走、3,4コーナーに掛けて上がって行こうとしますがスムーズさを欠き、直線はジリジリと脚を伸ばしたものの大きく順位は上げられず、中団でゴールしています。

蛯名騎手「スタートして押して行ったのですが、なかなか行き脚が付かず前に前にと入られてしまいました。包まれて動けなくなるのも嫌だったので向正面で外に出していったのですが、その後もバテた馬が下がってきてしまったりとスムーズさを欠いてしまいました。最後はジリジリと脚を使ってくれているだけに、勿体ない形のレースになってしまいました。申し訳ございません。状態自体は少し間隔を空けたことで、前走に比べて前向きさが戻ってきていて悪くなかったと思いますよ」

荒川調教師「他馬に前に入られてしまったり、バテた馬が下がってきたりと全然スムーズなレースが出来ませんでしたね。前々走は内を突いて上手く距離をロスせず運ぶことが出来たのですが、今回は内枠に入ってしまったのが仇になってしまいました。ただそれがレースですし、仕方のない部分もあると思います。この後はレース後の状態を見てどうするか判断させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:軽めの調整

荒川師「レース後も状態は変わりありません。滞在していることでいい状態でレースに臨めましたが、スムーズな競馬が出来ませんでした。優先出走権を獲ることが出来なかったので、どれだけ節を空ければ使えるのか想定を見ながら考えていかないといけませんが、いつでも使えるように態勢を整えておきたいと思います」(7/19近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

雨天での競馬は想像していませんでしたが、結果にはそう大きな影響はなかったと思います。ただ、何度か言っているようにスムーズさを欠いた時にそれを挽回するような脚を使えない馬。位置取りが後ろになってしまっては出番はありません。

今回のレースもブライトクォーツの弱点がモロに出てしまった感じ。内枠も仇になりましたが、1角を回る時点で勝負ありでした。

最後の直線でジリジリとしか伸びない出資馬は何頭もいましたが、自分から動けない馬は初めて。トモが弱いのか走る気持ちが足りないのか。単に能力不足なのか。ハッキリした答えが知りたいものです。

レース後のブライトクォーツですが、大きな異常はなし。ただ、優先権を逃してしまったので、どれだけ節を空ければ良いかは不透明。厩舎に滞在して出走の機会を窺いますが、ラストチャンスをモノにする可能性は相当低いと思います。数は使いましたが、大きな成長・進歩は見られないままですから。

2017年7月16日 (日)

大崩れはなさそうも、緩急のある脚が使えないのが大ネック。これ以上の前進は正直難しそうで…。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜函館6R 3歳未勝利(芝2000m)1枠2番 蛯名J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:12日に函館Wコースで追い切り

荒川師「12日に函館Wコースで追い切りました。函館に滞在して今回が3走目となりますが、滞在していることでテンションが上がることなく、落ち着きを保っています。前走は追走が楽になると思い、2600mを使ってみましたが、逆に流れが緩むことでスムーズな競馬が出来なかったので、2000mに戻して巻き返しを期待したいと思います。蛯名騎手もだいぶ手応えを掴んでくれていると思うので、状態が良いうちに決めてほしいところです」(7/13近況)

助 手 9函W良 73.6- 58.5- 43.1- 14.5 馬なり余力
助 手 12函W良 67.8- 53.5- 39.5- 13.3 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6R 3第2回函館4日目(07月16日)
3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 馬齢 発走12:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 サーカムスタンス 牡3 56 藤岡佑介
1 2 ブライトクォーツ 牡3 56 蛯名正義
2 3 レッドラフィーネ 牝3 54 藤岡康太
2 4 ナンヨーウラヌス 牡3 56 勝浦正樹
3 5 モーヴ 牝3 54 岩田康誠
3 6 ヒミノブリランテ 牡3 56 国分恭介
4 7 シンデン 牡3 56 木幡初広
4 8 クリップスプリンガ 牡3 56 横山和生
5 9 アドマイヤアルパマ 牝3 54 池添謙一
5 10 リフトトゥヘヴン 牡3 56 C.ルメール
6 11 ノルナゲスト 牡3 55 坂井瑠星
6 12 イージーライド 牡3 56 北村友一
7 13 リンネルクロス 牝3 53 井上敏樹
7 14 サンピッツバーグ 牝3 54 中井裕二
8 15 メイプルストロング 牡3 56 柴山雄一
8 16 コスモメイプル 牡3 56 丹内祐次

○福島助手 「2600mは合うと思ったが、スローの上がり勝負になって逆に流れが向かなかった。展開とうまく噛み合えば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

簡単にバテない、スタミナ豊富なレースぶりから、前走の芝2600mは適距離だと思っていました。実際、1番人気にも支持されていたブライトクォーツ。捲り切ってしまえば、最後はスタミナにモノをいわせることが出来ると見ていたのですが、新たな弱点を発見してしまうことに…。

それは勝負どころでギアチェンジして捲っていく脚を使えないこと。最初から最後まで本当のワンペースの脚のみ。これでは展開や人気馬の凡走に相当恵まれないと勝つことは出来ません。今回、距離を2000mに戻してきましたが、これが巻き返し材料になるとは思えません。

ここ数戦の内容から大崩れはないでしょうが、前進も見込めません。今回で10戦目となりますが、未勝利の期限が終わるまで淡々と使っていくことになるのかなと思います。それまで地道に稼いでいってもらえればと思います。

2017年7月 9日 (日)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・未勝利組)

Photo インペリオアスール

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週6回トレッドミルでキャンター

担当者「引き続き、トレッドミルでのキャンターを行っていますが、ここまで脚元の状態はいい意味で変わりありません。馬体重は520キロと前回計測時に比べて少し増えてしまっているので、今後もよく気を付けながら調整していきたいと思います」(7/7近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:5日に函館Wコースで追い切り
・次走予定:函館7月16日・芝2000m(蛯名J)

荒川師「先週までは普通キャンターで調整していましたが、レース1週前ですから、馬なりでサッと時計を出して調整しました。滞在していることで落ち着きを保っていますし、状態面も全く問題ありません。引き続き蛯名騎手に騎乗してもらう予定なので、来週の競馬にいい状態でバトンを渡せるように調整していきたいと思います」(7/6近況)

助 手 5函W稍 74.0- 58.1- 43.6- 13.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

インペリオアスールは引き続き淡々とトレッドミルで乗り込み中。脚元は悪くなっていませんが、今は我慢の調整。今月中には馬場で乗り出して欲しいところですが、良化がスローなんでしょう。メドが立ってくれません。

ブライトクォーツは来週の函館を予定。サラッとながらも1週前に時計を出せているように連闘の疲れは大丈夫そう。スタミナはあるので、捲っていけるようになれば、着順の前進は見込めるのですが…。追い切りは上がり重点でビシッとやるなど、緩急のある脚を使えるように取り組んで欲しいものです。今のままだと5着確保が精一杯ですから。

2017年6月28日 (水)

距離延長でバテない強みを生かせると思ったも、道中で押し上げていく脚が使えなくて…。5着確保が精一杯。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜函館4R 3歳未勝利(芝2600m)5着(1番人気) 蛯名J

まずまずのスタートから押していくも行き脚が付かず、道中は7番手辺りを追走、2周目の向正面から促されますがペースは上がらず、直線での伸び脚もジリジリで大きく順位を上げられず、5着でゴールしています。

蛯名騎手「スタートは出ているのですが、二の脚が速くないので、考えていたよりもポジションが後ろになってしまいました。そこから前に付けようとしても大きく外を回らなければならず距離をロスしてしまいますし、内に潜り込もうにも一旦後ろに下げないと入れない状況でしたから、あの位置からレースを進めました。2周目の向正面で上がっていこうと思ったのですが、促しても進んで行きませんでしたね。決してバテているわけではないものの、緩急のある脚が使えないんです。距離を延ばすことでそういった部分が上手くカバーできればと思ったのですが、この距離だとけん制し合って団子になってしまい、余計に瞬発力を求められる形になってしまう可能性がありますし、スタートして最初のコーナーまでの距離が短い分、ブライトクォーツのように行き脚が付かない馬は後ろからの競馬になってしまう可能性が高いです。それであれば、2000mの方が最初のコーナーまで距離があるので、押して行けばもう少し前に付けられるかもしれませんし、前走のように内々を回って距離を稼いで、最後に脚を使うような形もできて良いと思います。それでもダートを使っていた頃と比べると、しっかりとした競馬ができるようになってきていますし、チャンスが回ってくる可能性はあると思いますよ」

荒川調教師「ジョッキーは勝った馬の位置くらいに付けようと思っていたようですが、スッと行き脚が付くタイプではないですし、他の速い馬に良いポジションを取られてしまいましたね。それに向正面で早めに上がっていこうと仕掛けたのですが、上がっていけませんでした。体力がある馬なので決してバテているわけではないものの、ワンペースでずっと最後まで走り切ってしまっている感じですね。距離を延ばすことで変わり身が見られたらと思ったのですが、それほど進展は見られませんでしたし、どちらかと言うと前走の方が内容的には良かったように思います。また距離を戻すことも含めて、この後のことはレース後の状態を見て判断させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

中団の外で流れに乗って、5ハロン標から仕掛けて徐々に進出。ただ、コーナーでは5頭分の外を回されたし、反応自体も一息。流れ込んだ程度で入着まで。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:軽めの調整
・次走予定:函館7月16日・芝2000m

荒川師「連闘後ですが、滞在していることもあって、そこまでダメージは見られません。距離が延びて追走が楽になると思っていましたが、レース内容としては2000mの方が良かったので、次走は距離を戻す方向で考えています。今週は疲れを取るメニューで状態を確認し、来週から普通に乗り出していこうと思います。このまま変わりないようであれば、7月16日の函館・芝2000mに向かいたいと考えています」(6/28近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

簡単にバテない強みを芝2600mの舞台で存分に発揮してくれるものと期待したブライトクォーツですが、このレースで捲っていく脚が使えないことも判明。本当の意味でのワンペースの馬です。騎手が替わっても、ブライトクォーツを動かすのは難しそうです。

結局、レース運びとすれば、内々で距離ロスなく追走し、直線はバテない強みを生かすしかなさそう。ただ、Hペースになると、追走に手間取りそうですし、Sペースでは先行している馬を交わしていく脚は使えないでしょう。大崩れはしなくても、これ以上に着順を上げるのは無理に近いかもしれません。相手関係や頭数に恵まれ+人気馬の凡走など相当恵まれないと…。

レース後のブライトクォーツですが、相応のダメージはあっても、クタっとするほどでもなし。このまま函館競馬場に滞在して中2週のローテで16日の芝2000mへ向かう予定です。

2017年6月24日 (土)

簡単にバテないのが最大の長所。距離延長は間違いなくプラスなので今回は強気に押し切って欲しい。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜函館4R 3歳未勝利(芝2600m)7枠9番 蛯名J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:連闘の為に軽めの調整

荒川師「相変わらず落ち着きがないところを見せていますが、レースに行ってだいぶ安定した走りが出来るようになってきましたね。時計が掛かる馬場の方がいいと思い、函館に連れてきましたが、思惑通り差のない競馬をしてくれましたし、この調子ならすぐチャンスがあると思います。距離は長い方がいいと蛯名騎手が言っていましたし、滞在していることで状態は変わりないので、6月24日の函館・芝2600mに連闘させることにしました。引き続き蛯名騎手に乗ってもらえるのも強みですから、ここは勝ち負けを期待したいですね」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回函館3日目(06月24日)
4R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 混合 馬齢 発走11:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ゴールドヘリテージ 牡3 56 藤岡佑介
2 2 ラピュルテ 牝3 54 黛弘人
3 3 ヨシヒコ 牡3 56 中井裕二
4 4 デルママイウェイ 牡3 56 荻野琢真
5 5 サトノコロネット 牡3 56 柴山雄一
6 6 カフジジュエル 牝3 53 小崎綾也
6 7 マイネルシルバリー 牡3 56 松岡正海
7 8 ハリウッドレーヴ 牡3 55 坂井瑠星
7 9 ブライトクォーツ 牡3 56 蛯名正義
8 10 カスタディーヴァ 牝3 51 勝浦正樹
8 11 レッドラフィーネ 牝3 54 藤岡康太

○福島助手 「疲れはないし、カイ食いがいいので連闘は大丈夫。前走は動きたい時に動けなかったようだが、うまく対応できていたと思う。この条件も合いそうだよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スパッと切れる脚はないも、芝2000mに使うようになって成績が安定してきたブライトクォーツ。レースセンスが良いとは言えませんが、最後までバテずに脚を伸ばせるのが同馬の最大の持ち味。それ故、個人的にはもっと長い距離を試して欲しかったので、今回の芝2600mは魅力的な条件。今回も手綱を取ってくれる蛯名Jも進言してくれているので、距離が延びるのは間違いなくプラスでしょう。

今回は連闘で臨むことになりますが、滞在競馬ですし、前走のダメージ等はそう心配しなくて良いでしょう。また、距離が延びることで相手関係もやや手薄に。器用さに欠けるので、手頃な頭数での競馬もプラスでしょう。

先週、11戦目で初勝利を挙げたロードゼスト同様、今回のブライトクォーツには初勝利への御膳立てが整っています。ひょっとしたら1・2番人気での出走になるかもしれません。

あと、勝てるかどうかのポイントは勝負どころで自分から前を捕らえに行くことが出来るかどうか。この距離なら捲くることが出来る筈。切れ味はどうしても見劣るので、4角を先頭で回ってくるような強気な走りを期待。持久力勝負に持ち込んで、他馬を捻じ伏せてもらいたいです。

2017年6月21日 (水)

直線は窮屈な内を突くも、最後までこの馬らしい伸びで4着。連闘で今週の芝2600mを予定しています。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜函館6R 3歳未勝利(芝2000m)4着(7番人気) 蛯名J

まずまずのスタートを切るも行き脚つかず、中団より後方からレースを進めます。向正面から促しつつ追走し、3,4コーナーでは内の経済コースを通って前との差をグッと詰めると、直線は狭いスペースを割って伸び、差のない4着でゴールしています。

蛯名騎手「外を回して差し切るほどの脚は使えないと思ったので、最後は内を突きました。狭いところを割ってよく差を詰めていますが、もう少しでしたね。今回はいつもに比べたら前半は付いていけた方だと思いますが、もう少し距離を延ばす方が追走も楽になると思います。バテない強みはありますからね。洋芝は合っていると思いますし、チャンスは十分に出てきたと思いますよ」

荒川調教師「ここまで来たら勝ちたかったですね。今週の函館コースは時計が速いので、大外を回すわけにもいかず、内を突いたようですが、もう少しスペースが空いていれば差し切っていたかもしれません。ここに来てようやく成績が安定してきましたし、何とかしたいところですね。蛯名騎手は距離を延ばす方が良いと言っていましたから、この後の状態に変わりなければ、連闘で芝2600mに行きたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

イレ込みはなく、落ち着いていた。道中は中団、馬群の中で前を壁にして我慢を利かせる。内からスルスルと位置を上げると、4角ではズラッと前が壁になったが、進路ができてからはジワジワと差を詰める。1戦ごとに内容が良化している。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

初めての滞在競馬で戸惑いがあるかなと心配したブライトクォーツでしたが、それは問題なし。スタートは五分に出るも、鞍上が促しても中団よりやや後ろでの追走。個人的にはもう少しスッと前へ行けるかなと思ったのですが、ブライトクォーツにはこれが精一杯なんでしょうね。道中もそう手応えは良くなかったと思いますが、4角を回ってくる時は良い雰囲気。ただ、内の狭いところを回ってきていたので、あとはスペースが開くかどうか。

実際、進路はなく、詰まりそうな感じでしたが、付かず離れずの感じで伸びていました。ただ、差し切るほどの勢いは…。4着はこれまでの最高着順ですし、頑張った方だと思います。洋芝&速い時計にそれなりに対応できたのも収穫でしょう。

また、レース後、蛯名Jが『もう少し距離を伸ばす方が追走に楽』『バテない強みがある』と進言。個人的にもっと長い距離が合うと見ていたので、嬉しいコメントでした。そしてそれを受けて今週の芝2600mへの連闘を予定しています。状態に気になるところがあれば自重して欲しいですが、滞在競馬の連闘はそれほど負担はないでしょう。良い意味でピリッとしてくるでしょうから、今から今週の競馬が楽しみです。

先週の阪神で11戦目で初勝利を手に入れたロードゼスト。同馬のように芝の中距離で安定感が出てきたブライトクォーツ。豊富なスタミナを存分に生かして待望の初勝利を掴んでもらいたいです。

2017年6月17日 (土)

今回は時計の掛かる洋芝の舞台。簡単にバテない強みを生かして、自分から積極的に仕掛けていって欲しい。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜函館6R 3歳未勝利(芝2000m)4枠7番 蛯名J

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:14日に函館Wコースで追い切り

荒川師「14日に函館Wコースで追い切りました。単走ではありましたが、気を抜かないようにびっしり負荷をかけて行いました。函館競馬場に移動後は落ち着きを保っていますし、飼い葉食いも安定しているので、環境の変化に戸惑わなかったのはこの馬にとっていいことだと思います。気が良い割には実戦に行くとテンに置かれがちなので、時計が掛かる馬場の方が競馬はし易いと思います。蛯名騎手も何度か騎乗してこの馬の感触は分かってくれているでしょうし、道中は出来るだけ気を抜かないように走らせてくれれば、最後まで長く脚を使ってくれるでしょう」(6/14近況)

助 手 11函W稍 44.8- 13.7 馬なり余力
助 手  14函W良 71.7- 57.0- 43.4- 14.8 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回函館1日目(06月17日)
6R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 馬齢 発走12:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 メイプルストロング 牡3 54 坂井瑠星
1 2 ラピュルテ 牝3 54 黛弘人
2 3 レッドラフィーネ 牝3 54 藤岡康太
2 4 ザウォルドルフ 牡3 56 岩田康誠
3 5 ホウオウプライド 牡3 56 国分恭介
3 6 アンフェインド 牡3 56 吉田隼人
4 7 ブライトクォーツ 牡3 56 蛯名正義
4 8 ガジュマル 牝3 54 勝浦正樹
5 9 セイウンニジョーズ 牡3 56 竹之下智昭
5 10 ミヤビエメライン 牝3 54 池添謙一
6 11 ブルースカイハーツ 牡3 56 松岡正海
6 12 シンデン 牡3 56 木幡初広
7 13 フュージョンロック 牡3 56 武豊
7 14 ボムクレイジ 牡3 56 北村友一
8 15 コスモヴァーズ 牡3 56 丹内祐次
8 16 ブリシンガメン 牝3 53 鮫島克駿

○福島助手 「早目に函館に入厩して、状態は良さそう。洋芝は向きそうだし、あとは相手関係」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

2度目の芝の中距離戦で前進を期待したブライトクォーツでしたが、行き脚が一息でレースの流れに乗れずじまい。チグハグな面が目立ちましたが、最後の直線でジリジリ伸びて6着。

掲示板確保はなりませんでしたが、ロスの多い競馬でもそれほど負けなかったことは評価できると思います。簡単にバテない馬なので、3角からロングスパートをかけて、早め先頭から粘り通す競馬が出来れば、勝ち上がるチャンスは出てくると思います。

前走後は時計の掛かる洋芝・函館に照準。4日に函館入りして開幕週に備えてきました。チャカチャカして幼い面を残すので滞在競馬は合いそう。ただ、当日輸送がないので、ブライトクォーツがボケてレースと思わずに終わってしまう可能性も。あまり利口な馬ではないのでこの点は大いに心配です。

相手関係を見渡すと、フュージョンロックが人気を集めるでしょうが、力量差が拮抗したメンツ。16頭という多頭数なので如何にスムーズな競馬が出来るかが1つポイント。今回はベテラン蛯名Jとのコンビ。過去に騎乗経験があるので、ある程度の感触は掴んでいる筈。ゴチャつきそうなメンバーなので、まずは不利を被らないようにお願いします。

ただ、スタートして良い位置を取るのは難しいと思うので、向正面で1度動いてポジションを押し上げて欲しいところ。失速を恐れず、レースの主導権を握ってやるという強気な競馬を見せて欲しいです。そうすれば、気を抜くようなシーンはなくなってくる筈ですし。

じわりじわりと未勝利終了の時期が迫ってきます。それ故、今回は悪くても次走への優先権(5着以内)を確保してもらいたいです。

2017年6月 9日 (金)

函館競馬場へ移動。蛯名Jとのコンビで来週の芝2000mへ。☆ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

・在厩場所:函館競馬場
・調教内容:7日に函館Wコースで追い切り
・次走予定:函館6月17日・芝2000m(蛯名J)

荒川師「函館競馬場に到着直後は少しテンションが上がっていましたが、環境の変化にすぐ対応してくれたことで、落ち着きを取り戻してくれました。その後は順調そのものでしたし、7日にWコースで追い切りましたが、なかなかいい動きをしていましたよ。今の感じなら1週目から十分使っていけそうなので、6月17日の函館・芝2000mを目標に仕上げていきたいと思います。ジョッキーはブライトクォーツに騎乗経験がある蛯名騎手にお願いしました」(6/7近況)

助 手 7函W良 69.4- 54.5- 40.1- 12.8 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

4日に函館競馬場へ移動していたブライトクォーツ。新しい環境にテンションが高くなっていたようですが、少しずつ慣れてきた様子。

体調に関しては、7日に早速追い切りが出来ているように問題なさそう。時計自体もブライトクォーツとすれば、動いた方だと思います。

次走に関してはやはり開幕週からスタンバイ。騎乗経験のあるベテランの蛯名Jが乗ってくれるのは有り難いです。ジリジリしか伸びない馬ですが、簡単にはバテません。3角前後から外を捲くっていく競馬で1発狙って欲しいです。

2017年6月 1日 (木)

シルクなお馬さん(3歳牡馬・入厩組)

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:第1回函館開催
・調教内容:坂路でキャンター

荒川師「この中間は移動に備えながら調教を行っていますが、この馬なりに落ち着きを保っていますし、イライラしたところは特に見られません。3日に栗東トレセンを出発し、4日に函館競馬場へ到着する予定になっています。状態が変わりないようであれば1週目から使っていきたいと思っています」(5/31近況)

助 手 28栗P良 61.0- 45.6- 15.4 馬なり余力
助 手 31栗坂良 56.9- 41.0- 26.6- 13.7 馬なり余力

⇒⇒4日(日)に函館競馬場へ移動する予定です。(31日・最新情報より)

Photo_3 マンボビート

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:31日に坂路で追い切り
・次走予定:阪神6月10日・芝1200m(森裕J)

橋口慎師「31日に坂路で追い切りました。他の馬が走った後の時間帯でしたから、馬場が重くなっていた分、先週より動きは見劣ってしまいましたが、この馬なりにしっかり動けていたと思います。もう少しトモに力強さが出てくれば、どんな馬場になっても対応してくれると思いますし、実戦に行ってもいい競馬が出来るようになるでしょう。ここまで順調に仕上がってきていますし、予定通り、6月10日の阪神・芝1200mを減量の森裕太郎騎手で向かいたいと思います」(6/1近況)

助 手 28栗坂良 55.9- 41.1- 26.9- 13.7 強目に追う
助 手 30栗坂良 58.5- 43.4- 28.8- 14.1 馬なり余力
助 手 31栗坂良 53.5- 39.1- 25.8- 13.1 一杯に追う リュウシンベガス(三未勝)一杯を0.3秒追走0.2秒遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツは軽く時計を出していますが、この週末に函館へ。1週目からスタンバイということで、引き続き芝2000mに使ってくるのかなと思います。小回りコースだけに次走は勝負どころから捲っていけるように。消耗戦ならこっちが有利です。

マンボビートは来週の競馬を予定。ビシビシやれているのは好感ですが、動き自体は目立つものではなく。良化の幅がやはり小さいんですよね。状態の良さ+減量Jでどこまで上位に食い込めるか。

2017年5月25日 (木)

芝2戦目で流れに乗って競馬が出来ると思ったも…。チグハグな面が目立って6着に終わってしまう。★ブライトクォーツ

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜京都5R 3歳未勝利(芝2000m)6着(6番人気) 松山J

モッサリしたスタートから、道中は後方15番手あたりを追走、向正面から前を窺いに行こうとしますが、なかなか前との差を詰め寄ることが出来ません。勝負どころで内が詰まった為に外へ出して追い出しにかかると、スムーズさを欠いた中でも最後までジリジリ脚を伸ばし、6着でゴールしています。

松山騎手「ゲート内はそれほど悪くないですし、反応もしているのですが、二の脚が遅くて前に行くことが出来ませんでした。道中捲るつもりでいましたが、動いて行ったタイミングでレース全体の流れも速くなってしまい、うまく行きませんでした。最後の直線もスムーズさを欠いてチグハグな競馬になってしまいました。距離は延びても大丈夫だと思うので、あとはレース前にもう少し落ち着いてくれるといいですね」

荒川調教師「相変わらずテンションが高いことで、パドックの周回では落ち着きがないところを見せていましたが、発汗はそこまで酷くなかったですし、レースには影響がないレベルだったと思います。ゲートの中で悪いことをしているわけではなく、トモが踏ん張り切れない感じで出てしまっているので、それで行き脚が付かなかったのでしょう。向正面でスッと上がって行こうとしたものの、他の馬も同じようにスピードを上げて行ったために、捲っていけませんでしたね。勝負どころも前の馬が下がってきた為に、内に切り込むことが出来ず外に出していくことになりましたし、最後の直線も前の馬がフラフラしてスッと上がっていけなかったですから、そのあたりがスムーズなら掲示板は十分あったと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認してから検討しようと思いますが、函館開催を本線に調整していきたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

イレ込み気味。煽り君のスタートで出脚が今ひとつ。道中は後方で折り合いをつけてジックリと。直線入り口で少し外に出して最後までジワジワ伸びたが、上位馬とは位置取りの差が出た。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽め調整
・次走予定:第1回函館開催

荒川師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、特に状態は変わりありません。この後は函館競馬場へ移動する予定なので、それまで普通キャンターで調整しておこうと思います。早ければ来週末か再来週に移動させるつもりなので、体調をしっかり整えておこうと思います」(5/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

最後は渋太く伸びて、今回も5着を確保できたかなと思ったら、ハナ差届かなかったブライトクォーツ。芝2戦目で前進を期待したのですが、今回はロスの多い競馬に。もっと流れに乗れると思ったのですが、スタートでのロスが痛かったです。

まあ、それでも今回も直線でそれなりの伸びを見せたことは収穫。簡単にバテないスタミナはあるので、他馬との比較からも距離がもっと合った方が前進出来る筈。

レース後のブライトクォーツですが、特に不安な箇所はなし。今後は当初の予定どおり、函館へ連れていくことに。それまでは軽めの調整に終始し、馬体の回復を優先してもらえればと思います。

少しテンションの高い馬なので、滞在競馬で落ち着きは出る筈。番組はやはり芝2600mを第一候補に考えてもらえればと思います。

既に5戦以上走っているので、1戦1戦が大事になってくるブライトクォーツ。少ないチャンスを何とかモノにして1勝をもぎ取って欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アンナベルガイト | アンブロジオ | アーモンドアイ | インヘリットデール | インペリオアスール | ウォリアーズクロス | グランドサッシュ | ケイティーズソレル | シグナライズ | シルクドリーマー | ゼーヴィント | ソーディヴァイン | タイムレスメロディ | ダイアトニック | ディグニファイド | ドレーク | ナイトバナレット | パブロ | ピボットポイント | ブライトクォーツ | ブロードアリュール | マンボビート | メロウハート | モンドインテロ | ラストインパクト | リゾネーター | リミットブレイク | ロイヤルアフェア | ロードアメイズ | ロードイヒラニ | ロードギブソン | ロードクエスト | ロードザナドゥ | ロードセレリティ | ロードゼスト | ロードダヴィンチ | ロードバリスタ | ロードプレステージ | ロードプレミアム | ロードレジスタ | ロードヴァンドール | ロードヴォラーレ | ヴィッセン | ヴェルトゥアル | 今週の出走馬 | 募集馬【シルク&ロード】 | 挨拶 | 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) | 焼魚定食のコロコロ予想 | 競馬(POG) | 競馬(情報+展望) | 競馬(1口馬主・シルク) | 競馬(1口馬主・ロード) | 競馬(1口馬主・他クラブ) | 第1回みんなの愛馬杯POG大会 | 第1回シルク応援隊杯POG | 第2回シルク応援隊杯POG | 第3回シルク応援隊杯POG | 第4回シルク応援隊杯POG | 第5回シルク応援隊杯POG | 第6回シルク応援隊杯POG | 第7回シルク応援隊杯POG | 週末の競馬より | 野球・スポーツ全般 | (募集中止)スーパーバレリーナの12 | (募集中止)バニーホップ | (地方競馬)ロードグレイス | (引退)アンビータブル | (引退)イリデッセンス | (引退)インストレーション | (引退)ウォースピリッツ | (引退)エタニティリング | (引退)オレンジブルーム | (引退)カルディア | (引退)カルナヴァレスコ | (引退)キープアットベイ | (引退)サリール | (引退)シルクアポロン | (引退)シルクアーネスト | (引退)シルクオフィサー | (引退)シルクオールディー | (引退)シルクキングリー | (引退)シルクケーニッヒ | (引退)シルクジェミニ | (引退)シルクタイムレス | (引退)シルクナトゥール | (引退)シルクバーニッシュ | (引退)シルクフォーチュン | (引退)シルクプラズマ | (引退)シルクプレイヤー | (引退)シルクベルジュール | (引退)シルクメビウス | (引退)シルクユーロスター | (引退)シルクラムパンチ | (引退)シルクラングレー | (引退)シルクルーパス | (引退)シルクレイノルズ | (引退)シルクレグルス | (引退)シルクヴェリタス | (引退)ジスターキ | (引退)ジュメイラリーフ | (引退)ジューヴルエール | (引退)スターコレクション | (引退)スターリーワンダー | (引退)デルフィーノ | (引退)パルテノン | (引退)ファインステラ | (引退)ファヴォリート | (引退)フライトゥザピーク | (引退)プルーヴダモール | (引退)ベルフィオーレ | (引退)メジャースタイル | (引退)ユニバーサルキング | (引退)ルアンジュ | (引退)レディアルバローザ | (引退)ロードアクレイム | (引退)ロードアビリティ | (引退)ロードエアフォース | (引退)ロードエストレーラ | (引退)ロードオブザリング | (引退)ロードカナロア | (引退)ロードガルーダ | (引退)ロードギャラクシー | (引退)ロードクラヴィウス | (引退)ロードシュプリーム | (引退)ロードストーム | (引退)ロードスパーク | (引退)ロードハリアー | (引退)ロードハリケーン | (引退)ロードフェリーチェ | (引退)ロードブルースカイ | (引退)ロードホーリー | (引退)ロードミュートス | (引退)ロードメテオール | (引退)ロードランパート | (引退)ロードレグルス | (引退)ロードレシタール | (引退)ロードヴェッケン | (引退)ワンダフルラスター | (引退)ヴォルケンクラッツ | PROG

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ