最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「ブライトクォーツ」の169件の投稿

2019年6月24日 (月)

シルクなお馬さん(4歳・NFしがらき組)

Photo ダイアトニック

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「この中間も周回コースで長めの距離を乗りながらコンディションを整えていますが、脚元の疲れも取れて状態は安定していますよ。もう少し今の調教メニューで乗り込んで、それでも変わりなければ坂路にも入れていきたいと考えています。馬体重は517キロです」(6/21近況)

Photo ピボットポイント

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「こちらで状態を確認しましたが、目立った疲れは見られませんでしたので、今週から周回コースで乗り込んでいます。具体的な予定は調子が上がった段階で話し合うことになっていますので、馬の状態を見ながら調教を強めていきたいと思います。馬体重は482キロです」(6/21近況)

Photo ブライトクォーツ

・在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
・調教内容:周回コースでキャンター

厩舎長「こちらで状態を確認しましたが、疲れは少し見られたものの、徐々に回復に向かっています。骨折した経緯があるので、しっかり疲れを取ってからペースを上げていく方が良いと思います。今週は周回コースで長めの距離をじっくり乗り込んで、それでも状態に変わりなければ、坂路にも入れていきたいと考えています。馬体重は492キロです」(6/21近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダイアトニックは引き続き周回コースでのキャンター調整で脚元の状態を確認中。腫れも引いて落ち着いてきたのでもう心配は要らないかと思いますが、先々を見据えてしっかり治して欲しいです。

ピボットポイントとブライトクォーツはレースを終えてNFしがらきへ移動してきたばかり。ピボットポイントはやはり全力を出し切っていない感じで、目立った疲れもなく元気一杯。次走に関しては状態が上がってきてから検討ということですが、実際は節を稼がないダメでしょうから、今しばらくは無理のない範囲で進めてもらえればと思います。一方、ブライトクォーツは最後に前を交わし切ったように初めて本気を出し切った感じ。タフさが売りのブライトクォーツが見た目に疲れを感じられたぐらいですから。まあ、時間の経過と共に状態は上がってくると思うので、深刻に考えることではありません。

2019年6月13日 (木)

残り200mぐらいで馬体が接近したことでスイッチが入る。ひと追い毎にスターオブペルシャを追い詰め、ゴール板目前で捉え切っての初勝利。キャリア27戦目、ようやく歓喜の瞬間を迎えることが出来ました。☆ブライトクォーツ

2019063000

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜東京4R 3歳上障害未勝利(障3000m)優勝(2番人気) 熊沢J

大外枠。好スタートをきりますが、中団よりやや前目の位置からの競馬になります。2周目の向こう正面からジリジリ前との差を詰めていき、最後の直線では人気馬とのマッチレースになると、見事に競り落として27戦目にて待望の初勝利を挙げています。

熊沢騎手「前走以上に状態が上がっていたので今日はなんとかしたいと思っていました。障害飛越はレースを使うたびに上手になってきていましたが、初の東京コースでも完璧にこなしてくれました。2着馬は平地の脚があるので併せると分が悪いと思ったので直線では離れた位置を走らせていたのですが、こちらもトボけて走っていたので最後は併せに行ったら、やっと本気で走ってくれましたよ。新潟では道中からペースが上がって追走するのにも促しながらになってしまい、飛越も体が伸びきっていたのですが、今日は道中のペースがちょうど良くて体を起こして飛越させることが出来ました。距離は延びても問題ないタイプですし、相手に合わせて走れる馬なのでオープンに入っても十分にやれると思います」

荒川調教師「おめでとうございました。平地で未勝利を勝ち上がることが出来ず、ここまで歯痒いレースが続いていましたが、ようやく一つ勝たせることが出来てホッとしています。熊沢騎手が『前回より状態が更に良くなり、今回はもっと良い競馬ができそう』と言っていましたが、その通り有言実行してくれましたね。これまでになくズブさも目立たなかったですし、最後まで長く脚を伸ばしてくれました。障害飛越は安心して見ることが出来ますし、これならオープンでも良い競馬をしてくれそうですね。遠征続きでもありますし、この後の予定はトレセンに戻って、状態をしっかり確認したうえで検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位の外で安定した飛越。折り合いはしっかりとついて、2着馬を見ながらリズム良く運ぶことができた。直線はほぼマッチレース。ゴール前でキッチリ掴まえたように、上でも面白そう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

荒川師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、大きなダメージもなく、このまま続戦させても問題ないぐらい体調は変わりありません。ただ、遠征続きでもありますし、ようやく一つ勝つことも出来ましたので、近日中に牧場へ戻してこれまでの疲れを取ってもらうことにしました」(6/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

頭数と相手関係に恵まれた前走できっちり決められなかったので、1勝する日がやってくるのかなとちょっと途方に暮れたブライトクォーツでしたが、キャリア27戦目して待望の瞬間がやってきました。

4角入口で逃げるスターオブペルシャのすぐ後ろまで追い上げ、直線ダートではほぼマッチレースの展開に。ただ、2頭の差は詰まりそうで詰まらない状況が残り200mまで続き、『今回もダメだったかあ・・・』と諦めかけた途端、馬体が近づいたことでスイッチが入ったブライトクォーツ。これまでの詰めの甘さが嘘かのようにひと追い毎にグイグイ差を詰めてきて、ゴール直前できっちり交わし切った時には嬉しいよりも正直驚きました。こんな勝負根性を持っているなら、もっと早くに発揮してくれないと(苦笑)。

これまでローカルを渡り歩いてきた為、中央の固定障害を苦にするかなと見ていましたが、レースを見たところ、飛越に関しては1度もミスがなく、スムーズに追走が叶っていましたし、大きいコースの分、勝負どころでのズブさもマシに。今後、上を目指していく際、固定障害の方が相性が良いというのは明るい材料ですし、スタミナとタフさは特筆モノですから、もっと長い距離で良さが出る可能性は大きいでしょう。

レース後のブライトクォーツですが、特に気になる点はなく元気一杯。続戦できるレベルですが、待望の初勝利を掴み取ったご褒美で近日中にNFしがらきへ放牧に出され、一旦リフレッシュする予定となりました。

OPに上がって即通用するほど甘くはないですが、飛越は1戦ごとに上達していますし、実際に1つ勝てたことで勝ちパターンが熊沢Jも良く分かったと思います。あとは勝負どころでズブさを出す癖さえマシになってきてくれることを願っています。そして強い相手に揉まれながら、更に1勝・2勝と上積みできるように今後も精進をお願いします。今後も無事に使っていければ、結構良いところまでいくかもしれません。

2019年6月 8日 (土)

距離延長+直線ダートはプラスも、雑な飛越を見せる時があるので固定障害への対応力が今回の結果に直結しそう。慎重な性格なので戸惑う可能性は正直高そうで…。★ブライトクォーツ

201905_33

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜東京4R 3歳上障害未勝利(障3000m)8枠14番 熊沢J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に障害練習~障害コースで追い切り

担当助手「5日に障害練習を行った後に追い切りました。障害練習に関しては全く危なげないですし、とても上手に飛越していましたよ。追い切りは先週長めからしっかり負荷を掛けているので、今週は直線だけサッと気合いをつけた程度でしたが、動きは良かったですよ。飛越に関しては心配していませんし、あとは勝負どころでスッと自分から動いて行けるかどうかに尽きますね。平地と同じで、どうしてもズブさが出てしまうために、勝ち切れないレースが続いてしまっています。何とか調子が良いうちに決めてほしいですね」

熊沢騎手「前走後は疲れがあるのかなと感じた時もありましたが、すぐ持ち直しましたし、逆に前走以上に調子が上がっていますよ。障害練習は慣らし程度で十分ですし、スクーリングもレース当日の朝に軽く見せる程度にして、ガスを抜いてあげてレースではリラックスした状態で臨めるようにしたいと思っています」(6/5近況)

助 手 2栗坂良 59.6- 43.8- 28.9- 14.1 馬なり余力
熊 沢 5栗障良 70.9- 54.0- 38.2- 12.6 追って一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京3日目(06月08日)
4R 3歳上障害未勝利
サラ 障3000メートル 混合 定量 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クスリバコ 牡4 60 伴啓太
2 2 リネンソング 牡6 60 蓑島靖典
3 3 メイショウボンロク 牡8 60 中村将之
3 4 スターオブペルシャ せ6 60 五十嵐雄祐
4 5 エールブリリアンツ 牡5 60 白浜雄造 
4 6 ウインバローラス 牡7 60 大庭和弥
5 7 エジステンツァ 牡5 60 佐久間寛志
5 8 ビーハグ せ7 60 小野寺祐太
6 9 トゥルーウインド 牡7 60 山本康志
6 10 グランソード 牡4 60 難波剛健
7 11 スマートヴォルフ 牡4 60 金子光希
7 12 シゲルタケノコ せ4 60 草野太郎
8 13 ニシノベイオウルフ 牡4 60 大江原圭
8 14 ブライトクォーツ 牡5 60 熊沢重文

○佐藤助手 「起用な方ではなく。勝ち味に遅い面があるが、力は十分。状態も変わりないから」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

頭数&相手関係に恵まれた前走の新潟戦は待望の初勝利と期待を大きくして見守ったのですが、ペースアップした3角過ぎで一旦置かれてしまい、押して押して差を埋めていって直線を迎えるも、勝ち馬に内から出し抜けを食らうと最後までその差が詰まらずじまい。飛越は上達しているのですが、勝負どころでズブさを発揮+最後の最後での詰めの甘さは平地時代から一向に克服できない課題。勝ちパターンとすれば、スタミナは豊富なので、勝負どころを迎えるまでに好位またはハナまで押し上げておく必要があるのかなと個人的には考えます。

前走後、少し疲れは出たようですが、回復を優先したことで上手にリカバー。1週前にしっかり追って、直前の追い切りは東京への輸送が控えているので上がり重点。持ち前のタフさを発揮し、デキ落ちということはまずありません。

ただ、障害4戦目の今回はローカルではなく本場での障害戦。スタミナはあるので距離が延びること、詰めの甘さがあるので直線ダートは味方してくれるかなと思うのですが、今回は竹柵・いけ垣・水ごうとこれまでとは違う障害。1戦ごとに飛越は上達しているとはいえ、これまでのレースでも1・2回は雑な飛越でドキッとさせられました。今回もそういう面を出してしまうと、最悪のケースとして落馬まで十分考えられるでしょう。まあ、そのあたりの課題は熊沢Jも認識してくれているでしょうから、大外枠を生かして窮屈な走りにならないようにお願いします。

相手関係ですが、障害経験組なら何とか互角以上に対応できると思いますが、未知なのが初障害となるスターオブペルシャ。平地でOP勝ちを勝っているように脚力は断然ですし、障害試験で破格の時計を出して、飛越のうまさも目立っていたとのこと。スタミナさえもてば、アッサリやられてしまう可能性も。初めての障害戦に戸惑って欲しいものです(苦笑)。

まあ、順調に着順を上げてきている障害戦の結果から、いつ勝っても不思議ではない存在のブライトクォーツ。消耗戦になればよりチャンスは拡大します。あとは固定障害に対する適応力だけ。経験を積んでいけば大丈夫とは思いますが、慎重な性格ゆえに初体験の今回は苦労しそうな感じ。着順を落とすことになっても悲観し過ぎず、無事に完走できたことだけでも良しとして前を向いていたいです。

2019年5月30日 (木)

来週の東京・障害未勝利戦へ出走することになりました。☆ブライトクォーツ

201905_26

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

・在厩場所:栗東トレセン
・次走予定:東京6月8日・障害未勝利(熊沢J)
・調教内容:障害練習、29日にCWコースで追い切り

荒川師「29日に障害練習を行った後に、CWコースで追い切りました。前走後は少し疲れが見られましたが、今ではしっかり回復して元気の良さが感じられます。熊沢騎手に感触を確かめてもらったところ、『障害練習は問題ないですし、追い切りの動きも前走以上に良い走りを見せていましたよ』と言っていました。これなら来週の競馬には態勢が整うと思いますので、このまま状態に変わりなければ、6月8日の東京・障害未勝利戦に向かいたいと考えています」(5/29近況)

助 手 26栗坂良 57.9- 42.1- 27.4- 13.4 馬なり余力
熊 沢 29CW重 80.0- 65.2- 51.6- 38.5- 12.0 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次走については3鞍、候補に挙がっていたブライトクォーツ。前走後少し疲れが見られたことから、次走へは少し間隔を空ける方針でしたが、29日の追い切りは熊沢Jを背に上々の時計をマーク。単走でこれだけ動くことが出来れば、ケチはつけられないでしょう。また、熊沢Jも好感触ということから、来週の競馬へ間に合うとの判断。8日の東京・障害未勝利へGOサインが出ました。

障害戦でも詰めの甘さは残りますが、1戦ごとに内容は進歩し、実際に着順を上げてきました。何とか次走で待望の初勝利と行きたいです。

2019年5月26日 (日)

シルクなお馬さん(4歳上関西馬・入厩組)

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター
・次走予定:東京6月8日・障害未勝利、もしくは東京6月15日・障害未勝利、もしくは阪神6月16日・障害未勝利

荒川師「福島、新潟と長距離輸送が続いたので、次走は少し間隔を空けて出走させようと熊沢騎手と話し合いました。今のところ、6月8日・15日の東京、もしくは6月16日の阪神の障害未勝利戦あたりを目標にして調整しています。レースの疲れそのものはしっかり取れているので、後はメンバーなど少しでも有利な番組を狙って投票していきたいと思います」(5/23近況)

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:22日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神6月9日・三田特別(荻野極J)

斉藤崇師「前回はハミに少し乗っかかるようなフォームでしたし、気持ちの面でも走りに集中し切れていないところがありましたが、今回はバランスよく走れていますし、走りに対しても集中しています。22日にCWコースで時計を出しましたが、最後までいい手応えで走っていましたし、状態は良いですね。このまま再来週のレースに向けてしっかり仕上げていきたいと思います。ジョッキーは荻野騎手に依頼しています」(5/23近況)

助 手 18栗B良 60.2- 45.1- 13.4 馬なり余力
助 手 22CW良 85.2- 68.1- 52.6- 38.4- 11.9 強目に追う サマーセント(三500万)馬なりの外0.7秒先行アタマ遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ブライトクォーツはローカル場所を転戦して3着→2着。平地時代と同様に最後のひと押しで見劣っているのはもどかしいですが、さすがにそろそろ順番が回ってくると思います。ただ、目に見えない疲れがあるかもということで、次走へは少し間隔を空けることに。3鞍予定されていますが、今度は中央場所での未勝利戦。最後の直線はダートになると思うので、詰めの甘さを補えればと思います。ただ、飛越が雑になると、今度は落馬が怖くなってきます。

ヴィッセンは一息入ったことで精神面のリフレッシュが叶い、調教でも集中力が戻ってきた様子。時計が平凡なのは攻め駆けしないので特に気にする必要はありません。あとは予定しているレースへ向けてじわじわ状態を上げていってもらえればと思います。

2019年5月17日 (金)

少頭数+相手関係にもやや恵まれた1戦だったので勝ちを意識するも、今回もペースアップした時にズブさを覗かす。何とか前に取り付き、最終障害を飛び終えた時は押し切れそうだったも、内で脚を溜めていた勝ち馬に伸び負けして2着に甘んじる。★ブライトクォーツ

201905_13

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜新潟4R 4歳上障害未勝利(障2890m)2着(1番人気) 熊沢J

好スタートを切りますが、二の脚つかず中団からの競馬になります。2周目の3コーナー手前から追い上げを開始し、直線では先頭に並びかけるも、勝ち馬との決め手比べに屈して2着でゴールしています。

熊沢騎手「エンジンの掛かりが遅い分、ペースが上がったところで上手く対応出来ませんでした。それでもこの馬なりに最後まで頑張ってくれており、直線では並びかけるところまで行けたのですが、切れる脚が無い分、勝ち馬に離されてしまいましたね。飛越に関しては2コーナーのところで完歩が合わなかったのを除くと、大きなミスは無かったと思いますよ。少しずつ慣れてきており、着順も上がってきていますから、もうあとひと押しで勝つところまで来ていると思います」

荒川調教師「向正面からずっと促し通しでしたね。あれが持ったまま上がっていけるようなら、進路を探しつつロスなく勝負どころを回って来られるのでしょうが、ずっと追い通しだから外を回らざるを得ないですね。それでも良い形で最終障害に向かえましたが、ロスがあった分捕まえ切れませんでした。ただ、時計的には悪くありませんし、いずれチャンスは回ってくるはずです。この後はトレセンに戻ってからの状態を見てどうするか検討します」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押していこうとしたが、行けずに後方で雑な飛越。それでも、2周目の向正面で動いていって勝負どころでは前を射程圏に捉える。最終障害飛越前には先団の外。最後は内から抜け出していた勝ち馬に馬体を併せに行ったが伸びてきたが、届かなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

荒川師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、出走したなりの疲れは見られるものの、飼い葉は食べてくれていますし、数日軽めの運動でケアしてあげれば問題ないでしょう。良い状態でレースに向かえただけに勝ち切れず歯痒いですが、堅実に走ってくれているので、後は展開と相手次第でしょう。次走の予定につきましては熊沢騎手と相談しながら検討していきたいと思います」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コース替わりに一抹の不安は感じていたも、幾らか恵まれた相手関係+少頭数ということで、今回は待望の初勝利の期待大と見ていたブライトクォーツ。プラス2キロでの出走でしたが、ひと叩きしたことで馬体にメリハリが出て、馬体はむしろスッキリ見せていました。

ゲートを出た途端、頭1つ出る程の好発を決めたブライトクォーツ。そのまま先手を奪っていくのかなと見ていたのですが、二の脚が遅くてモタモタ。また、最初の障害での飛越が雑になってしまったことで中団より後ろ目のポジションになったのは想定外。馬に囲まれる位置での追走となって窮屈そうでしたし、仮に前の馬が落馬をすると巻き込まれてしまうなあとドキドキして見守っていました。個人的には早目に少し引いて、外目に出してノビノビ走らせてあげて欲しかったです。

レースは2周目の向正面からジワッとペースアップしましたが、ブライトクォーツは今回もズブさを覗かせて、スムーズに追い上げていくことは出来ず。熊沢Jはその後ずっと追い通しで4角手前で何とか前を射程圏に捉えるところまで押し上げ、最終障害を飛ぶ頃には横並びの位置へ。飛越して着地後、珍しくモタモタしなかったので、持ち前のスタミナを生かしてこのまま押し切れると思ったのですが…。一足先に先団に取り付き、内で息を潜めていたローレルヴィクターが直線で追われると再加速。熊沢Jは馬体を併せに行きますが、逆にひと伸びされてしまうことに。今回も最後のところで決め手のなさ・詰めの甘さが出てしまいました。

レース後のブライトクォーツはしっかり走った分の疲れは残るも、カイ食い等は問題なし。次走に関しては熊沢Jと相談して決めるとのことですが、出走となるとローカル場所から阪神or東京でのレースとなります。決め手のない馬なので直線ダートはプラス。ただ、飛越に雑なところがある馬なので、気を引き締めてないと落馬の恐れがありそうです。

あと、レース運びに関してですが、どうしても勝負どころでのペースアップにスムーズに対応できずに置かれるので、豊富なスタミナを生かして早目にポジションを押し上げていることが必要。途中で先頭へ立つぐらいの強引さがあっても良いのかなと思います。熊沢Jはブライトクォーツの癖・特徴は十分把握してくれているでしょうから、結果を出せるような乗り方を考え、実践して欲しいです。

2019年5月12日 (日)

小脚が使えないので飛越して着地後の1歩・2歩はモタモタするも、1戦ごとに飛越自体は上達中。今回は頭数&相手関係に恵まれて待望の初勝利のチャンス。ここは何とかモノにしたい。☆ブライトクォーツ

2018072400m

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜新潟4R 4歳上障害未勝利(障2890m)2枠2番 熊沢J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:9日にCWコースで追い切り

荒川師「9日にCWコースで追い切りました。前走より明らかに動きが良くなっていますし、上積みがかなり期待出来そうです。熊沢騎手は『以前は伸びたようなフォームで溜めが利かないところがあったけど、今はバランスが取れてまとまったフォームで走れていることもあって、最後までしっかり伸びてくれました』と言っていました。障害飛越に関しては安定していますし、最後まで気を抜かずに走れば、良い競馬が期待できると思います。状態が良いうちに勝ち上がりを決めてほしいですね」(5/9近況)

熊 沢 9CW良 80.7- 64.9- 51.0- 38.2- 11.8 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第1回新潟6日目(05月12日)
4R 4歳上障害未勝利
サラ 障2890メートル 混合 定量 発走11:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジャスパーゲラン 牡4 59 金子光希
2 2 ブライトクォーツ 牡5 60 熊沢重文
3 3 シンティエンディー 牝4 57 大江原圭
4 4 グランソード 牡4 59 難波剛健
5 5 ジョーカーワイルド 牡4 59 小野寺祐太
6 6 シュンクルーズ 牡7 60 蓑島靖典
7 7 サトノクロノス せ5 60 石神深一
7 8 ローレルヴィクター 牡5 60 森一馬
8 9 ウインバローラス 牡7 60 上野翔
8 10 ビーハグ せ7 60 草野太郎

○佐藤助手 「スタミナがあるし、久々の前走も内容は悪くなかった。モタモタする面もマシになってくるだろうし、メンバーひとつ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

障害デビュー戦となった前々走では飛越ごとのスピードダウンが酷かったブライトクォーツですが、1度実戦を経験した前走ではそういう面はだいぶ緩和。それなりにレースの流れに乗れていたと思いますが、勝負どころでペースが上がるとズブい面を覗かせてワンテンポ・ツーテンポと仕掛けが遅れることに。ここでもっと楽に差を詰めることが出来ていれば、前走はもっと肉薄できたように思います。ただ、小脚が使えない馬なので、飛越して着地後の1歩・2歩がどうしてもモタモタ。ここが解消されれば、スタミナは豊富なので、障害馬としてかなり活躍できるんでしょうが…。まあ、この弱点を補っていくには数多く実戦を経験する必要があるでしょう。走りのフォームがバランス良くまとまってきたというのは勿論明るい材料です。

当初は中2週のローテで先週の新潟戦を予定していましたが、GW期間中の交通渋滞を避ける意味で先週の競馬は自重。1週スライドしての参戦ですが、追い切りを見る限り、デキ落ちはなさそう。一息入っていた前走を叩いた上積みも見込めます。また、相手関係に関しても、今週は幾分恵まれたような気がします。新潟にコースが替わる点ですが、新潟の障害はデビュー戦で苦労した中京とよく似たコース。飛越の上手さ・スピードが生きるコースなので、多少の不安はありますが、スタミナを生かした強気な走りでねじ伏せにかかってほしいところ。

何度か惜しい競馬はありましたが、どうしても1着に手が届いていないブライトクォーツ。目に見えない壁が存在しているかのようですが、今回で平地と障害を合わせて26戦目。ようやく初勝利を手にする舞台が整ったと思います。善戦止まりの域から1歩踏み出して、このチャンスをモノにして欲しいです。

2019年5月 4日 (土)

シルクなお馬さん(障害馬)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計
・次走予定:5月18日の新潟・障3290m

尾関師「2日に南Wコースで、併せて追い切りを行いました。3頭併せの先頭に立ち、後続を従えるような格好から最後の直線は真ん中に入れて、同入しています。チップが重いなか、手応えに余裕のある走りで、反応も良かったですね。右前の球節部分に一気に負担が掛かってもいけませんから、あまり無理をさせず進めていますが、状態面に大きく変化はありません。むしろその部分を庇って、他の箇所に大きな負荷が掛かってもいけませんので、そこは気を付けて進めていきます。まだ目標のレースまであと2週ありますので、しっかり仕上げていきたいと思います」(5/2近況)

助 手 28美坂良 55.8- 40.7- 26.9- 13.0 馬なり余力
助 手 2南W重 85.7- 69.9- 54.7- 39.8- 12.7 馬なり余力 アンネリース(古1000万)末強目の内1.4秒先行同入

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:1日にCWコースで追い切り
・次走予定:新潟5月12日・障害未勝利(熊沢J)

荒川師「1日に障害練習を行った後に、CWコースで追い切りました。この中間はどちらになっても対応できるように態勢を整えていましたが、良い状態を保っていますし、追い切りの動きだけ見れば今週出走させても問題ないレベルです。熊沢騎手と相談したところ、『動きに関しては前走よりかなり良くなっていますね。相手関係はどの番組に行っても何かしら強い馬はいるので、後は馬の状態を優先させてあげる方が良いと思います』と言っていました。今週はゴールデンウィーク期間とあって輸送に時間が掛かる恐れがありますし、馬のことを考えるともう1週待つ方が良いと判断し、今週は回避することにしました。来週にも2つ番組が組まれていますので、熊沢騎手と相談してどちらに向かうか検討したいと思います」(5/2近況)

助 手 29栗坂良 59.4- 42.4- 27.4- 13.7 馬なり余力
熊 沢 1CW不 92.6- 78.7- 65.2- 51.9- 39.1- 12.7 一杯に追う

⇒⇒検討の結果、今週の出馬投票は見送り、来週の新潟に回る予定です。(出走情報)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

持病といえる右前球節の状態を意識しつつの調整が続くリミットブレイクですが、攻め駆けする馬らしく追い切りの時計・雰囲気は良好。ビシビシやれない分を長目からの追い切りや日々の運動量のアップ等で補ってもらえればと思います。

ブライトクォーツは今週末の出走を予定していましたが、GW期間中の混在を避けて来週の新潟戦へ回ることに。1日の追い切りでCWで長目からしっかり動けているように状態に関しては何ら不安はありません。ただ、新潟コースは障害でもスピードを要求されるコース。小脚が使えず、着地後にどうしてもモタモタする馬なのでそのロスがどう響くか。また、障害3戦目でどこまで上達してくれているかも注目したいです。

2019年4月27日 (土)

シルクなお馬さん(障害馬)

Photo リミットブレイク

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:25日に南Wコースで時計
・次走予定:5月18日の新潟・障3290m

尾関師「24日には坂路コースをサラッと登坂し、25日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はリミットブレイクが先行して行き、直線で外に出して最後は同入する形でした。相手がそれほど追い切りで動くタイプではなかったことはありますが、雨で湿って幾分重めの馬場でも、馬なりのまま最後まで楽に走れていましたね。跨った助手は馬の感じは悪くなかったと言っていましたが、まだ馬体は重めではありますから、脚元に注意しながらフィジカルを整えていければと思います。新潟最終週に障害オープン戦が組まれていますから、そこを目標に進めていく予定です」(4/25近況)

助 手 21美坂良 59.9- 44.4- 29.6- 14.4 馬なり余力
助 手 25南W稍 85.3- 69.6- 54.7- 40.2- 13.4 馬なり余力 キールコネクション(障未勝)一杯の外0.6秒先行同入

Photo_3 ブライトクォーツ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:坂路コースでキャンター、プール調整
・次走予定:新潟5月4日・障害未勝利、もしくは新潟5月5日・障害未勝利(共に熊沢J)

荒川師「前走後は普段の調教以外にプール調教を取り入れて体調を整えていますが、レースの反動もなく状態は変わりありません。熊沢騎手と次走の予定について相談したところ、このまま状態が変わりなければ来週の新潟に向かう方向で話し合っています。障害未勝利の番組は2つ組まれていますので、想定を見ながら検討したいと思います」(4/24近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

19日に美浦へ戻ってきたリミットブレイクは早速2本追い切りを消化。元々攻めは動くので太目残りでも動きは悪くありません。ただ、これから障害練習を行っていくでしょうから、脚元の我慢が利いてくれるかどうか。日々のケアは入念に行ってもらいたいです。

ブライトクォーツは中2週のローテで来週の新潟戦を予定。ここまで軽めの調整を続けていますが、疲れが出たり細くなったりはしていません。スタミナは豊富なだけに、飛越ごとのスピードダウン・モタモタを少なくしていけば、すぐ結果に繋がる筈。まあ、2戦目でしっかり慣れ・進歩は窺えたので、3戦目の次走は更に頑張って欲しいです。

2019年4月18日 (木)

障害2戦目で障害ごとのロスは減るも、着地後にスッと加速できないのが弱点。最後の追い比べでその差が出て3着に敗れるも、未勝利突破にメドの立つ走りが出来たことは満足。☆ブライトクォーツ

201904_18

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜福島4R 障害4歳上未勝利(障2750m)3着(3番人気) 熊沢J

五分のスタートを切ると、序盤は中団からレースを進め、1コーナーで4番手あたりまで進出していきます。3コーナーあたりから鞭を入れて加速して行き、先頭に並ぶ形で最終障害を無事に飛越しますが、直線はジリジリとした脚色で3着でゴールしています。

熊沢騎手「勝負どころでスッと上がって行けなくて、その分の差が最後は出てしまいましたね。それでも飛越は全体的に上手くまとめていましたし、メンバー的にもそこまで弱くはなかったですから、障害2戦目ということを考えれば評価できると思いますよ。この競馬を続けていけば、どこかでチャンスが回ってくると思います」

荒川調教師「平地の時もそうでしたが、今回も最後は切れ味の差が出てしまいました。ジョッキーは向正面から促してくれましたが、なかなか進んで行かなかったですからね。それでも障害2戦目でこのメンバー相手によく頑張ってくれていると思います。厩舎に戻ってからの状態に問題なければ、新潟開催での出走を検討していきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

久々も好仕上がり。中団から。バンケットの下りで軽く躓くところがあったが、問題ない程度。勝負どころで追い上げを開始し、直線では3頭の追い比べに。僅かに遅れを取ったが、2戦目で内容は良化。叩いた次走は更にやれそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

担当助手「トレセンで状態を確認しましたが、脚元はスッキリしていますし、体調も疲れを見せることもなく状態は変わりありません。今週いっぱい様子を見させていただき、それでも変わりなければこのまま続戦させる予定です。次走の予定につきましては熊沢騎手と相談しながら検討していくことになっています(4/17近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

軽度の骨折明けで臨んだ障害2戦目。マイナス10キロでの出走となったブライトクォーツですが、太目が解消して適度な気合い。良い仕上がりでレースへ臨むことが出来たと思います。

福島の障害コースはたすきコースで途中にバンケットのある特殊なコース形態。飛越のロスが目立った前走の走りから追走がどうなるか心配でしたが、1度実戦を経験したことで慎重に上へ飛ぶような面はだいぶ解消。ただ、飛越して着地した際に小脚が使えないので、そこで2・3歩のロスがあります。そこが勿体ないところで…。道中は早目にポジションを押し上げていくも、なかなかその差は詰まりませんでしたが、障害があと1つになった4角手前でグンと肉薄。勢いの良さから『これは勝てるかも!?』と思ったのですが、飛越でスピードが緩まない上位2頭とブライトクォーツとの差が最終障害で出てしまうことに。そこでの1馬身ちょっと差がゴールまで続きました。

終わってみれば、平地時代同様にズブさが目立ち、最後のひと押しが利かない末脚を露呈。道中で一旦先頭へ出るシーンがあれば、他馬のやる気を殺いで持ち前のスタミナとタフさが生きてくるのですが…。器用な脚を使えない弱点をどう補っていくのかを厩舎と熊沢Jには考えてもらいたいです。

レース後のブライトクォーツですが、脚元をスッキリ見せ、目立った疲れはなさそう。このまま変わりなければ優先権の効果がある内に続戦することになります。

改めてレースを振り返ると、ちょっと勿体ないなあという気持ちが残りましたが、障害2戦目でそれなりの前進が見られたことで合格点を上げても良いとは思います。まだまだ上達する余地があると思うので、障害3戦目となる次走では更なる進化を見せ、結果を出して欲しいです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)リミットブレイク (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ