出資馬一覧

最近のコメント

カテゴリー「(引退)ロードレジスタ」の65件の投稿

2017年8月 2日 (水)

スッと好位を取って競馬は出来たも、勝負どころから追走に手一杯。直線は伸びを欠いて7着。レース後、右前脚に屈腱炎が判明。僅か2戦のキャリアで引退することになってしまいました。★ロードレジスタ

Photo_3 ロードレジスタ(牡・藤原英)父ディープインパクト 母サッカーマム

7月30日(日)小倉4R・3歳未勝利・芝2000mに和田Jで出走。18頭立て3番人気で1枠2番から平均ペースの道中を3、3、3、3番手と進み、直線では最内を通って0秒9差の7着でした。馬場は良。タイム2分00秒7、上がり36秒6。馬体重は増減無しの430キロでした。

○田代調教助手 「前日に現地へ入り、イレ込みは許容範囲。一度レースを使った分、行きっぷりも良かったですね。ただ、勝負処で早々に鞍上の手が動く形に。どうしてもラストに垂れてしまいます。まだ後肢に力が備わり切らぬ現状。それが大きな原因でしょう。残された時間内で何処まで変われるか・・・。大きな問題さえ無ければ小倉開催後半へ・・・と考えていたものの、どうもレース後に脚元を気に掛ける素振り。栗東へ戻ったら精密検査が必要かも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後の右前脚に腫れ、熱感が認められます。エコー検査を受けたところ屈腱炎で全治9ヶ月以上の診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。

○田代調教助手 「右前脚に腫れを確認。エコー写真を撮ったところ、屈腱炎との診断が下されています。損傷の度合いが大きくて、治療には相当の時間を要す見込み。また、仮に復帰できても本来のパフォーマンスを見せられるか・・・。協議の結果、登録を抹消する方針に。残念な結果に終わり、申し訳ありません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビュー戦前と違い、追い切りでは動いていたロードレジスタ。ガラッと変わってくるところまでいかなくても、何とか掲示板確保を期待したのですが…。

パドックに登場したレジスタはこの馬なりに落ち着きはあったと思います。1度経験した効果はあった筈。また、レースは内目の枠を引き当てたので、逃げてみるのも面白いと見ていましたが、そこまでの出足はなかったのですが、スッと内目の3番手をキープ。行きっぷりも悪くなかったので、“これなら!”と期待してレースを見守っていました。

ただ、勝負どころでの反応が一息。追っ付け追っ付けの手応え。前との差を離されないように食い下がったのですが、最後の直線で再加速する脚は残っていなかったです。内で揉まれる形はやっぱり良くなかったのかもしれません。次走へ繋げる意味でも5着は死守して欲しかったのですが、7着に粘るのが精一杯でした。そして掲示板の情報では入線後、和田Jが下馬していたとのこと。嫌な感じが漂ってきました。

レース後の陣営のコメントでも、脚元の不調を示唆され、水曜日の更新で右前脚の腫れを確認。詳しく検査した結果、屈腱炎という診断が下されました。うーん、残念です。

出資している現3歳馬で唯一のディープインパクト産駒だったロードレジスタ。堅実な母系+ロードと好相性の藤原英厩舎ということで出資に至ったのですが、元々前脚の造りに不安がありましたから、冷静に馬体の不備を懸念すべきでした。結果として、高い買い物になってしまいましたが、これを今後の出資にしっかり生かしていきたいです。

2017年7月30日 (日)

実戦を経験して良くなってきているも、デビュー戦が案外な競馬だったので強気にはなれず。何とか次走への優先権は確保して欲しいが…。★ロードレジスタ

Photo_3 ロードレジスタ(牡・藤原英)父ディープインパクト 母サッカーマム

7月30日(日)小倉4R・3歳未勝利・芝2000mに和田Jで出走します。7月26日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン79.8-65.5-52.1-39.0-12.7 9分所を強目に追っています。追い切りの短評は「大外回って好時計」でした。発走は11時30分です。

○田代調教助手 「7月26日(水)は単走でサッと。長距離輸送も控えており、これぐらいで十分ですね。初めての実戦だった前回は幾らか周囲を気に掛けていた様子。調教では集中力を増している印象だけに、そのあたりはレースでもプラスに働くのでは・・・」

≪調教時計≫
17.07.26 助手 栗CW良 79.8 65.5 52.1 39.0 12.7 強目に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉2日目(07月30日)
4R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 馬齢 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブレーメン 牝3 53 岩崎翼
1 2 ロードレジスタ 牡3 56 和田竜二
2 3 ゴードン せ3 56 太宰啓介
2 4 タルトリンツァー 牝3 51 森裕太朗
3 5 ヒロノオンリーワン 牡3 56 川島信二
3 6 マコトステッラミラ 牝3 54 秋山真一郎
4 7 ブブールチャチャ 牝3 52 荻野極
4 8 アマノスペシャル 牝3 54 菱田裕二
5 9 ゴレアーダ 牝3 54 松若風馬
5 10 リネンロマン 牝3 53 鮫島克駿
6 11 オメガガーディアン 牡3 56 浜中俊
6 12 マントン 牡3 56 高倉稜
7 13 ビクトリアペスカ 牝3 51 富田暁
7 14 スマートシグルズ 牡3 56 武豊
7 15 サマープリンス 牡3 56 高田潤
8 16 ディープベイ 牡3 56 松山弘平
8 17 タイセイバロン 牡3 56 幸英明
8 18 カレンラヴニール 牡3 56 藤懸貴志

○田代助手 「初戦は集中し切れていなかった。使って前向きさが出てきたし、攻め通りに走れれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

喉の手術をしたこともあって、デビューが遅れてしまったロードレジスタ。ようやく7月の中京で初実戦となりましたが、コンマ9秒差とはいえ11着という結果に。追い切りの動きが目立っていなかったので、嫌な予感は漂っていましたが、正直見どころもなかったと思います。馬群に入れて追走したのも、結果的には良くなかった感じ。まあ、利口な母系ではないので、初めての実戦で戸惑った面は多々あったんでしょうが…。

その後は厩舎に滞在して出走機会を探ることに。中京をパスすれば小倉の初めに使えるだろうという見立てで追い切りを重ねてきました。時計を出し始めた時は地味な動きでしたが、ここ2週は目立つ動き・気配に。特に今週の追い切りは馬場の大外を回って6ハロン80秒切りは胸を張れる内容。ガラッと変わってきたとは言えないも、集中力を増しているのは確か。2度目の実戦で前走の経験等が生きてくれることを願うばかり。軽い芝の小倉へ替わるのも悪くないと思います。スタートが決まれば、逃げても良いのかも…。

ただ、冷静に考えると、デビュー戦が目立たない内容。あの走りを見ての2戦目なので、強気にはなれません。前走から後退する可能性はホント少ないとは思いますが…。前進・良化の幅が想像できないというのが本音です。

未勝利馬の猶予期間が迫ってくる中なので、再度掲示板を外すとなると辛いところ。悪くても優先権(5着以内)は確保してもらわないと…。

2017年7月25日 (火)

ロードなお馬さん(3歳未勝利馬)

Photo_3 ロードレジスタ

7月19日(水)不良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン73.0-56.4-40.9-12.1 9分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒4先行して同時入線。。短評は「気合乗り上々」でした。7月29日(土)小倉・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは7月30日(日)小倉・3歳未勝利・芝2000mに予定しています。

○田代調教助手 「7月19日(水)は15-15ペースで運び、終いだけスッと伸ばしています。急激に上向いた印象こそ受けぬものの、体調が安定しているのは喜ばしい材料。実戦を経た分の前進は見込めるでしょう。次週の2鞍を視野に仕上げを進める方針です」

≪調教時計≫
17.07.19 助手 栗CW不 73.0 56.4 40.9 12.1 馬なり余力 アレススピアー(3歳未勝利)馬なりの外0秒4先行同入

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月29日(土)小倉・3歳未勝利・ダ1700mに予定しています。

○昆調教師 「北海道へ入っていて最近の様子を直接には確認できていません。でも、この中間は馬体が更に増加傾向・・・との報告。好材料でしょう。これがレースでの結果に繋がれば・・・。テンションを上げないように。週末から再びペースを速める予定です」

Photo_3 メロウハート

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。右前脚の腫れは段々と良化の傾向を窺わせており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高柳調教師 「今週から坂路へ入れており、7月19日(水)は普通キャンター。右前脚中筋に腫れと熱感が僅かに残るものの、そろそろ15-15を始められそうなところまで持ち直しました。当初の見立てより早い回復が叶っている印象。引き続き、慎重に進めましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レジスタとバリスタの2頭は優先権がないので確定ではありませんが、週末の競馬を予定。中間の調整を見る限り、大きな上積みは感じられませんが、状態は安定していると思います。両馬とも次走では悪くても優先権(5着以内)を確保してもらいたいです。

メロウハートは23日に坂路で時計を出しています。油断は出来ませんが、脚元の状態は回復傾向。このまま出走へ向けて態勢を整えていきたいです。脚元を考えると、次走はダートに使ってみるのが無難かな?

2017年7月15日 (土)

ロードなお馬さん(3歳関西馬)

Photo_3 ロードゼスト

7月12日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に58.6-42.9-28.2-13.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-72.9-57.2-42.0-13.3 6分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を追走して0秒5先着。短評は「好調持続」でした。7月22日(土)福島・3歳上500万下・芝2600mもしくは7月23日(日)中京・渥美特別・混合・芝2200mに予定しています。

○千田調教師 「7月12日(水)はウッドへ入れています。馬自身は元気。前走の疲れも感じられず、調子は良さそうですね。以前に比べて落ち着きを増しており、最近はメンコも着けずに稽古を行なえるように。少しずつ精神面も成長を遂げているのでしょう」

≪調教時計≫
17.07.12 助手 栗CW良 89.7 72.9 57.2 42.0 13.3 馬なり余力 ダノンキラメキ(3歳未勝利)馬なりの内追走0秒5先着
17.07.12 助手 栗東坂良1回 58.6 42.9 28.2 13.8 馬なり余力

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月29日(土)小倉・3歳未勝利・ダ1700mに予定しています。

○昆調教師 「騎乗トレーニング再開後も大きな問題は無さそうです。ただ、見通しが立て辛い状況。一応は小倉の開幕週へ合わせて進める予定ながら、実際に出走を果たせるか否か・・・。7月12日(水)は普通キャンター。動向を確認しつつペースを上げます」

Photo_3 ロードレジスタ

7月13日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン89.7-73.1-57.5-42.4-13.2 8分所を追って一杯になっています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒3先行して1秒8遅れ。短評は「鋭さひと息」でした。7月29日(土)小倉・3歳未勝利・混合・芝1800mもしくは7月30日(日)小倉・3歳未勝利・芝2000mに予定しています。

○田代調教助手 「7月13日(木)にウッドで時計を出しています。でも、サッと流した程度。殆んど馬なり・・・と言った内容です。一度レースを使った後も、具合は変わり無さそう。経験を積むのが大事でしょう。小倉まで待てば恐らくゲートインも叶うはず」

≪調教時計≫
17.07.13 岡田祥 栗CW良 89.7 73.1 57.5 42.4 13.2 追って一杯 アレススピアー(3歳未勝利)一杯の外1秒3先行1秒8遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゼストは来週の競馬を予定。距離は長い方が良いだけに福島が本線。この距離+夏競馬を考えると、フルゲート割れでレースが行われる可能性は高いと思います。また、中京で使うなら、イヒラニのデビュー戦の手綱を取る武豊Jにゼストの騎乗もお願いしているかもしれません。少しずつながら、大人になってきてくれているのは好感です。

バリスタとレジスタはひとまず小倉開幕週からスタンバイ。あとは出走するのに節(間隔)が足りるかどうか。両馬の調整は対照的。テンションの上がりやすいバリスタは普通キャンターでの乗り込みまで。一方のレジスタはレース後の初時計を13日にマーク。サッと流した程度みたいですが、ラストの踏ん張りは一息。良血馬ながら1度使った上積みも案外なのかもしれません。

2017年7月 7日 (金)

3番人気に支持されてのデビュー戦も、正直見せ場を作れぬまま終わる。この結果を見て、次走への巻き返し策を講じて欲しい。★ロードレジスタ

Photo_3 ロードレジスタ(牡・藤原英)父ディープインパクト 母サッカーマム

7月2日(日)中京4R・3歳未勝利・混合・芝2000mに福永Jで出走。17頭立て3番人気で5枠9番から平均ペースの道中を7、7、8、7番手と進み、直線では最内を通って0秒9差の11着でした。馬場は良。タイム2分02秒3、上がり36秒8。馬体重は430キロでした。

○田代調教助手 「序盤から上々の行きっぷり。また、真面目に走っていたでしょう。競馬の形としては悪くなかったものの、最後は息切れを起こしたような感じに。距離に関しては再考の余地を残すかも知れません。初めてのレースを終えたばかり。ひとまず厩舎へ戻してダメージ等を確認し、その上で新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「喉や息遣いに関しての指摘は無かったものの、幾らか周囲を気に掛けていた・・・と言うのが福永騎手のコメント。そのあたりが初出走の分でしょう。あまり時間も残されていないだけに、トレセンで調整を続けながら出走機会を探る予定です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3歳の7月にようやくデビューとなったロードレジスタ。いきなり結果を出してくれれば、勿論ベストですが、ひとまず次へ繋がる走りを見せて欲しかったです。しかしながら、レースを終えてみると、正直見せ場は作れずじまい。次へ繋がるという意味では、2000mは長かったですし、馬群で揉まれる形もどうなの?と課題が見えたのは救いかもしれませんが。

パドックに登場しての第一印象は半姉ルアンジュに良く似た雰囲気。距離はマイルぐらいが合いそう。レースではスッと流れに乗ることは出来ましたが、馬群での追走に気を遣っているように見えました。3~4角は内をピッタリ回ってきましたが、行きっぷり・手応えが案外。最後の直線で少し伸びるシーンはありましたが、坂を駆け上がってからは止まってしまいました。

この結果を受けて、2戦目でどう巻き返せるかが分岐点。まずは追い切りの段階で素軽さ・キレが出てきて欲しいです。併せ馬でしっかり先着できないようでは変わり身は見込めず、辛いでしょう。

レース後のレジスタは特に変わりなし。デビュー戦の疲れを早く回復し、次走への態勢を整えて欲しいです。おそらく中京では使えないでしょうから、次走は小倉になるでしょう。軽い芝の方が合うかもしれません。

見通しは正直暗いですが、厩舎力を発揮してもらって、良い方へ変わってきて欲しいです。

2017年7月 2日 (日)

1月に喉の手術をしたこともあり、ここまでデビューが延びてしまう。良くなってきている最中なので次に繋がる走りを優先して欲しい。★ロードレジスタ

Photo_3 ロードレジスタ(牡・藤原英)父ディープインパクト 母サッカーマム

7月2日(日)中京4R・3歳未勝利・混合・芝2000mに福永Jで出走します。6月28日(水)稍重の栗東・芝コースで5ハロン67.0-51.5-37.2-12.3 4分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒6追走して首遅れ。追い切りの短評は「馬体は上々」でした。発走は11時30分です。

○田代調教助手 「6月28日(水)は初戦でコンビを組む福永騎手の手綱で。初めて芝コースへ入れただけに、多少モタモタしたのは仕方ないでしょう。悪くなかった・・・と言うのがジョッキーの感想。経験馬相手は厳しいものの、どんな走りを見せられるか・・・」

≪調教時計≫
17.06.28 福 永 栗東芝稍 67.0 51.5 37.2 12.3 馬なり余力 タンタグローリア(3歳未勝利)馬なりの内0秒6追走首遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回中京2日目(07月02日)
4R 3歳未勝利
サラ 芝2000メートル 指定 混合 馬齢 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 テンペスト 牡3 53 富田暁
1 2 サンタナ 牡3 55 義英真
2 3 アーダルベルト 牡3 56 和田竜二
2 4 ガルトマーン 牡3 56 藤岡佑介
3 5 ヤマニンアドルフォ せ3 53 川又賢治
3 6 エオヒップス 牡3 56 菱田裕二
4 7 ペガーズ 牡3 56 横山典弘
4 8 スカイフ 牝3 54 戸崎圭太
5 9 ロードレジスタ 牡3 56 福永祐一
5 10 スリーソードシチー 牡3 54 荻野極
6 11 ピュアラブ 牝3 54 太宰啓介
6 12 グランドホール 牝3 51 森裕太朗
7 13 ラニカイブルーム 牡3 56 松山弘平
7 14 リープジーン 牝3 54 幸英明
7 15 スズカマイゲスト 牡3 56 北村友一
8 16 トウシンアサヒ 牡3 56 高倉稜
8 17 クロスアミュレット 牝3 54 M.デムーロ
8 18 バーボネラ 牝3 54 大野拓弥

○田代助手 「体質が弱くてデビューが遅れたが、水準の時計は出るようになってきた。長く脚を使うタイプ。素質はありそうだよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1勝するのに苦闘を続けている私のロード3歳勢。そんな中、血統的に頑張ってもらわないといけないサッカーマムの14ことロードレジスタがようやくデビューとなります。

骨折など大きな怪我はなかったのですが、2歳夏に暑さにクタッとし一旦ペースダウン。2歳の暮れに初入厩できましたが、年が明けてゲート試験を突破した時に今度は喉の違和感が判明。獣医師との協議の結果、手術を行うことに。一旦北海道へ逆戻りしたので、態勢が整うのに時間を要してしまいました。

再入厩となったのが5月18日。そこから丹念に攻めを積んでデビューの日を迎えました。動きに関してはひと追い毎に良くなってきましたが、目立つ動きとは言えず。併せ馬で遅れるケースが多いのも事実です。残念ながらスパッと切れる脚は使えないかも。芝の実戦で変わってくれれば嬉しいのですが…。また、中京の芝をよく理解している福永Jの手腕に期待です。

ただ、冷静に捉えると、今回が初めての競馬。良くなってきている最中でもあるので、初戦から勝ち負けというよりは次に繋がる走り・内容を優先して欲しいところ。最後の直線はしっかり脚を繰り出して、確かな伸びを見せてくれることを願っています。

2017年6月24日 (土)

ロードなお馬さん(父ディープインパクト・入厩組)

Photo_3 ロードプレミアム

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月9日(日)中京・有松特別・混合・芝1600mに川田騎手で予定しています。

○池江調教師 「中京2週目を目指して仕上げを進める方針。ここまでは優先的に出走が叶いますね。クラスが上がるだけにハンデ戦なのもベターでは・・・。6月21日(水)は普通キャンター。時間は十分に残されており、すぐに時計を出す必要も無いでしょう」

Photo_3 ロードレジスタ

6月22日(木)稍重の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン83.6-68.0-52.7-38.7-12.1 8分所を一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手の外を0秒8先行して0秒3遅れ。短評は「追い比べで見劣り」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「6月22日(木)も水準の時計を記録しています。落ち着きを増しているのも好材料。来週ぐらいにはゴーサインを出せるかも知れません。ただ、続けて使う為には初戦から少なくとも5着以内を得ないと。番組も含めて慎重に判断しましょう」

≪調教時計≫
17.06.22 和田竜 栗CW稍 83.6 68.0 52.7 38.7 12.1 一杯に追う レオナルド(古馬500万)一杯の外0秒8先行0秒3遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走で待望の2勝目を挙げたロードプレミアム。今はまだ軽めの調整を続けていますが、体調は何ら心配なし。次走に関してですが、優先権の効果がある来月9日の中京・有明特別へ向かう予定となっています。引き続き、川田Jが乗ってくれるのは嬉しいです。ただ、昇級戦ですから、ここでの好走を臨むのはちょっと酷かも。1000万下に慣れていく必要があるでしょう。マイルは案外合うと思います。

レジスタは先週同様にCWコースで併せ馬をビシッと。先週は追走という形でしたが、今週は先行という形。実戦を想定して色々教えている最中でしょうが、追ってからが一息。同期のディープインパクト産の牡馬は既に2頭とも勝ち上がっていますが、レジスタに関しては期待よりも不安な気持ちが強くなってきています。能力的に遜色ない存在だと思うのですが…。

2017年6月16日 (金)

ロードなお馬さん(3歳未勝利・厩舎調整組)

Photo_3 ロードレジスタ

6月15日(木)良の栗東・Cウッドチップコースで6ハロン81.5-65.5-51.5-38.0-12.4 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を0秒8追走して0秒3遅れ。短評は「追われて案外」でした。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「6月15日(木)はビシッと。及第点の内容だと思います。もう脚元は問題なし。実際にレースへ行くまで分からぬものの、調教中には特に喉も気に掛かりませんね。段々と態勢が整いつつある感じ。具体的な出走プランの検討に入りましょう」

≪調教時計≫
17.06.15 岡田祥 栗CW良 81.5 65.5 51.5 38.0 12.4 一杯に追う トルネードアレイ(3歳未勝利)馬なりの内0秒8追走0秒3遅れ

Photo_3 ロードバリスタ

6月14日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.8-38.9-25.1-12.3 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。6月24日(土)阪神・3歳未勝利・ダ1400mに予定しています。

○昆調教師 「6月14日(水)に坂路で軽く時計を出しています。身体を使えるように変わり、中間は数字も増加傾向・・・との報告。ここに来て具合が上向きな感じですね。次週に向けてスタンバイ。そこでギリギリ出走枠に入れるか・・・。そんな情勢でしょう」

≪調教時計≫
17.06.14 助手 栗東坂良1回 53.8 38.9 25.1 12.3 一杯に追う

Photo_3 メロウハート

6月15日(木)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.7-52.1-37.6-12.4 6分所を直線強目に追っています。併せ馬では末一杯の相手の内を0秒4追走して0秒6先着。短評は「馬体引き締まる」でした。6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに津村騎手で予定しています。

○高柳調教師 「6月15日(木)は津村騎手を背にウッドへ。5ハロン68秒6、終い12秒6の記録を残しました。動きは良好。ジョッキーも手応えを掴んでくれたでしょう。心身に気掛かりなポイントは認められず、この調子を保ったままレース当週を迎えたいです」

≪調教時計≫
17.06.15 津 村 美南W良 67.7 52.1 37.6 12.4 直強目追う リウォード(3歳未勝利)末一杯の内0秒4追走0秒6先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

左前脚の膝下の打撲で先週の追い切りを自重したレジスタでしたが、11日にCWで時計をマーク。そして15日はCWでビシッと追われました。時計自体は悪くありませんが、追って案外なのは非力な面があるからかな? 手術した喉は問題なさそうですが…。このひと追いで変わってきてくれることを願っています。

バリスタは来週の阪神・ダ1400mを予定。ただ、出走が叶うかどうかは微妙なラインみたいです。前走後の初時計を14日に記録。攻め駆けする馬ですが、上がりの脚はさすが。状態はキープできていると思います。前走はスタートで後手を踏むも、最後までジリジリと脚を伸ばすことは出来ました。この経験をバリスタがしっかり学習してくれていれば。

メロウハートも来週の競馬を予定。これまでは控えめな攻め内容でしたが、15日は次走で手綱を取ってくれる津村Jを背に終いを伸ばす追い切り。余裕のあった馬体は引き締まってきたようですし、浅いキャリアからも上積みは見込める筈。あとは牡馬相手に能力がどこまで通用するかでしょう。

2017年6月11日 (日)

左前脚の膝下が腫れるアクシデント。8日の追い切りは見合わせることに。★ロードレジスタ

Photo_3 ロードレジスタ(牡・藤原英)父ディープインパクト 母サッカーマム

栗東トレセンで軽目の乗り運動を消化。ここに来て左前脚に幾らか腫れが認められ、もう少しの間は無理の生じぬ範囲で調整を続けます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○田代調教助手 「左前脚の膝下がポコッと。角馬場へ入れて軽く跨っているものの、6月8日(木)の追い切りは見合わせました。異常が無いのは検査で確認済み。打撲の可能性が高そうですね。回復次第では週末から再びペースを上げられるかも知れません」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

8日に時計を出すということでしたが、追い切られていないことが判明。嫌な予感で更新情報を覗いたのですが、左前脚の膝下がボコッと腫れるアクシデントを発症していました。

幸い、打撲のようで骨や腱には異常はなさそうですし、完全休養ではなく軽い乗り運動は行っているとのこと。患部の腫れが治まってくれるまで無理をしないで欲しいですが、大幅な足踏みにはならないでしょう。

未勝利の終了期限が刻々と迫ってくるので、こういうアクシデントが2度と起こらないように十二分に気をつけて欲しいです。

2017年6月 9日 (金)

ロードなお馬さん(3歳・入厩組)

Photo_3 ロードギブソン

6月7日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで4ハロン52.5-38.7-12.0 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を0秒8先行して同時入線しています。体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○奥村調教師 「馬体に関して問題は見当たらず、息の入り自体も悪くない感じ。6月7日(水)も相応のタイムです。ただ、直線で突っ張るような面が窺えた・・・と言うのが乗り手の感想。気の難しさがレースにも表れているのでしょう。対応策を検討します」

≪調教時計≫
17.06.07 藤 懸 栗CW良 52.5 38.7 12.0 馬なり余力 エイシンクリオネ(3歳未勝利)馬なりの外0秒8先行同入

Photo_3 ロードバリスタ

栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○昆調教師 「6月7日(水)も追い切りは行なっていませんよ。すぐにペースを上げるとイライラしそう。出走が叶うのは早くても来週ぐらいかな・・・と言った状況ですからね。身体はデキており、もう強い稽古も不要。動向を確認しながら微調整しましょう」

Photo_3 メロウハート

6月7日(水)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン55.0-39.6-13.5 7分所を馬なりに乗っています。併せ馬では馬なりの相手の外を1秒4先行して同時入線。短評は「順調に乗り込む」でした。6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに津村騎手で予定しています。

○高柳調教師 「6月4日(日)に15-15で足慣らし。そして、7日(水)は新馬を誘導する形で無理せず回って来ました。6日(火)の時点で523キロだったように、幾らか身体は締まった印象です。ここまでは予定通り。今回は津村騎手とのコンビで臨みましょう」

≪調教時計≫
17.06.07 助手 美南W良 55.0 39.6 13.5 馬なり余力 ロードネプチューン(2歳新馬)馬なりの外1秒4先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レジスタ以外のロード・3歳馬(入厩組)の近況をまとめて。

ギブソンは早速時計を出せているように体調・状態は良好。ただ、直線で突っ張るような素振りと反抗する仕草。スムーズな競馬が出来れば、もっとやれていい馬だと思いますが、レース数をこなして、競馬が嫌になってきているようです。再浮上は難しいかな…。

バリスタは早ければ来週の競馬に。ただ、イライラした面が目立っているようなので、キャンター調整に止めています。去勢明けを1度使ってガス抜きが出来ると思ったのですが、現状は逆な感じで…。この状態で力を発揮するのは難しいかもしれません。

メロウハートは2歳馬・ロードネプチューンに胸を貸すような追い切り。まだ速いところはやっていませんが、日・水と2本時計は出しています。それなりに負荷は掛かっていると思うので、馬体は良い意味でスッキリしてきて欲しいです。また、未定だった鞍上は津村Jに決定。今度は牡馬との1戦でやはり相手はかなり強化されそう。2戦目で良い方へ変わってきて欲しいものですが、そう簡単にはいかない感じですね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アマネセール アンブロジオ アーモンドアイ インヘリットデール インペリオアスール ウォリアーズクロス エルスネル エレンボーゲン オーサムゲイル クァンタムリープ クレッセントムーン グランドサッシュ サリオス シェダル シグナライズ シベール シングルアップ ジェラーニオ ジーナアイリス スイートウィスパー ダイアトニック ディランズソング トルネードフラッグ ナイトバナレット ハーツクリスタル パラダイスリーフ パーフェクトルール ピボットポイント フロントライン ブライトクォーツ ブロードアリュール プレミアムギフト ベルラガッツォ ボンディマンシュ ポレンティア マカリカ ミスビアンカ モンドインテロ リアンティサージュ リミットブレイク ルコントブルー レインドロップス ロイヤルアフェア ロードアブソルート ロードイヒラニ ロードエース ロードクエスト ロードクラージュ ロードザナドゥ ロードセッション ロードダヴィンチ ロードドミニオン ロードプレミアム ロードベイリーフ ロードユリシス ロードラウレア ロードヴァンドール ヴァンタブラック ヴィッセン ヴィースバーデン ヴェルトゥアル 今週の出走馬 募集馬【シルク&ロード】 挨拶 焼魚定食のまんぷく予想(重賞競走) 焼魚定食のコロコロ予想 競馬(POG) 競馬(情報+展望) 競馬(1口馬主・シルク) 競馬(1口馬主・ロード) 競馬(1口馬主・他クラブ) 第1回みんなの愛馬杯POG大会 第1回シルク応援隊杯POG 第2回シルク応援隊杯POG 第3回シルク応援隊杯POG 第4回シルク応援隊杯POG 第5回シルク応援隊杯POG 第6回シルク応援隊杯POG 第7回シルク応援隊杯POG 週末の競馬より 野球・スポーツ全般 (募集中止)スーパーバレリーナの12 (募集中止)バニーホップ (地方競馬)ロードアメイズ (引退)アンナベルガイト (引退)アンビータブル (引退)イリデッセンス (引退)インストレーション (引退)ウォースピリッツ (引退)エタニティリング (引退)オレンジブルーム (引退)カルディア (引退)カルナヴァレスコ (引退)キープアットベイ (引退)ケイティーズソレル (引退)サリール (引退)シルクアポロン (引退)シルクアーネスト (引退)シルクオフィサー (引退)シルクオールディー (引退)シルクキングリー (引退)シルクケーニッヒ (引退)シルクジェミニ (引退)シルクタイムレス (引退)シルクドリーマー (引退)シルクナトゥール (引退)シルクバーニッシュ (引退)シルクフォーチュン (引退)シルクプラズマ (引退)シルクプレイヤー (引退)シルクベルジュール (引退)シルクメビウス (引退)シルクユーロスター (引退)シルクラムパンチ (引退)シルクラングレー (引退)シルクルーパス (引退)シルクレイノルズ (引退)シルクレグルス (引退)シルクヴェリタス (引退)ジスターキ (引退)ジュメイラリーフ (引退)ジューヴルエール (引退)スターコレクション (引退)スターリーワンダー (引退)ゼーヴィント (引退)ソーディヴァイン (引退)タイムレスメロディ (引退)ディグニファイド (引退)デルフィーノ (引退)ドレーク (引退)パブロ (引退)パルテノン (引退)ファインステラ (引退)ファヴォリート (引退)フォーエバーローズ (引退)フライトゥザピーク (引退)プルーヴダモール (引退)ベルフィオーレ (引退)マンボビート (引退)メジャースタイル (引退)メロウハート (引退)ユニバーサルキング (引退)ラストインパクト (引退)リゾネーター (引退)ルアンジュ (引退)レディアルバローザ (引退)ロジャーズクライ (引退)ロードアクレイム (引退)ロードアドミラル (引退)ロードアビリティ (引退)ロードエアフォース (引退)ロードエストレーラ (引退)ロードオブザリング (引退)ロードカナロア (引退)ロードガルーダ (引退)ロードギブソン (引退)ロードギャラクシー (引退)ロードクラヴィウス (引退)ロードグレイス (引退)ロードシュプリーム (引退)ロードストーム (引退)ロードスパーク (引退)ロードセレリティ (引退)ロードゼスト (引退)ロードハリアー (引退)ロードハリケーン (引退)ロードバリスタ (引退)ロードフェリーチェ (引退)ロードブルースカイ (引退)ロードプレステージ (引退)ロードホーリー (引退)ロードミュートス (引退)ロードメテオール (引退)ロードランパート (引退)ロードレグルス (引退)ロードレシタール (引退)ロードレジスタ (引退)ロードヴェッケン (引退)ロードヴォラーレ (引退)ワンダフルラスター (引退)ヴォルケンクラッツ PROG

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ